「上がっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ 上がっ[動詞]
坂道を上がっ  段を上がっ  手ぐられでもするように、上がっ  ベンチを起ち上がっ  歓声が上がっ  ふたりは上がっ  階段を上がっ  台に上がっ  縁に上がっ  全身から水をしたたらせて、上がっ  スタート台に上がっ  亜紀子は上がっ  玄関から板の間に上がっ  上まで上がっ  気持ちがわき上がっ  二階へ上がっ  ステップを上がっ  土手に上がっ  砂丘を上がっ  廊下に上がっ  土手へ上がっ  児がひとり上がっ  三人が上がっ  そうにもれ上がっ  衣服を着けただけで上がっ  綺麗に禿げ上がっ  きゅうにグングンと上がっ  だんだん海面にのび上がっ  お前さんも上がっ  彼らの育ち上がっ  二人が起ち上がっ  全体としてはひどくちぢれ上がっ  ところまでのび上がっ  砂利は、吹き上がっ  お月さまが上がっ  落葉松が驚くほど育ち上がっ  裏ばしごを上がっ  四階へ上がっ  まま階段を跳び上がっ  学校へ上がっ  上防波堤へ上がっ  ほうをのび上がっ  雨も上がっ  物価の上がっ  梯子段を上がっ  目が円くふくれ上がっ  昔に上がっ  高座に上がっ  声が上がっ  衝動が湧き上がっ  米が炊き上がっ  火の手が上がっ  髄から湧き上がっ  確実に膨れ上がっ  裏梯子を上がっ  中へ上がっ  洲から這い上がっ  乳母に上がっ  小股のきれ上がっ  お茶屋に上がっ  ッこく駈け上がっ  先へ這い上がっ  陸へ上がっ  知名度は上がっ  旗が上がっ  煙が上がっ  上に上がっ  階上に上がっ  ペントハウスに上がっ  気温も上がっ  小学校へ上がっ  地響をたてて上がっ  口にくわえて、ぴょこんとうかび上がっ  んを上がっ  峠へ駈け上がっ  火の手は上がっ  駿河台へ駈け上がっ  ここへ、駈け上がっ  河から這い上がっ  一番あとから渡舟場を上がっ  蓮見茶屋に上がっ  抽出から眼鏡をだして、上がっ  女は上がっ  跳り上がっ  ひま人はいよいよ附け上がっ  リザヴェッタは起ち上がっ  ことで起ち上がっ  二寸ほど上がっ  一角は、またのび上がっ  もちの木坂を駈け上がっ  寝台に這い上がっ  彼は起ち上がっ  男はおもむろに起ち上がっ  真っすぐに起ち上がっ  気が付いたが、起ち上がっ  上から起ち上がっ  コスモは起ち上がっ  ようにふくれ上がっ  花火が上がっ  時に、上がっ  環になってフワフワと上がっ  弾が上がっ  竹屋三位卿が上がっ  そこへ上がっ  屋根へ上がっ  まま跳び上がっ  中二階へ上がっ  お酒をそんなに上がっ  舟を上がっ  座敷へ上がっ  裏二階へ上がっ  慄え上がっ  あざやかに上がっ  足元から物価はどしどし上がっ  表面近く浮かみ上がっ  陸地へ上がっ  沿岸へ上がっ  手から、研ぎ上がっ  相談に上がっ  調べが上がっ  後退ってきたので、のび上がっ  ざぶりと飛び込んで、すぐ上がっ  所へ上がっ  上へ上がっ  うちに起ち上がっ  奮然として、起ち上がっ  んですが、上がれば上がっ  五円ぐらい上がっ  誰が上がっ  丸が上がっ  風船がまた上がっ  鼻がふくれ上がっ  燈明が上がっ  極まりに涌き上がっ  淀川を上がっ  左にさげて上がっ  ように撥ね上がっ  香爐からは煙りが上がっ  ボートへ這い上がっ  ドッと上がっ  から屋根へ這い上がっ  樹皮がまくれ上がりふくれ上がっ  だんだん空中へ上がっ  廊下へ這い上がっ  栗がぽんとはね出して、とび上がっ  唄声が、上がっ  大刀片手に、すっと起ち上がっ  そりと起ち上がっ  演壇に上がっ  家に上がっ  林太郎はとび上がっ  乞食はつえついて上がっ  度胆をぬかれて跳び上がっ  彼ははげしく跳び上がっ  彼女はようよう起ち上がっ  八橋も上がっ  不意に起ち上がっ  劉備は起ち上がっ  官兵はちぢみ上がっ  部将からして、怯み上がっ  ように這い上がっ  大男があたかも這い上がっ  方に高く上がっ  一瞬わき上がっ  報告が上がっ  思想とによって育ち上がっ  階を上がっ  すべて曠野へ上がっ  海から押し上がっ  生え際が抜け上がっ  水平線がみるみる脹れ上がっ  陸に跳び上がっ  幕が上がっ  温度が上がっ  中には延び上がっ  一段階を上がっ  徐州城へ上がっ  朝廷に上がっ  屋根に上がっ  こちらへ上がっ  中からうき上がっ  そこから起ち上がっ  張飛が攻めてきたと知って、ちぢみ上がっ  宙へとび上がっ  向こう側がもり上がっ  充分に上がっ  牛肉屋へ上がっ  蠕動を起しつつあるごとく、むくむくと捲き上がっ  んざどうでもいいから、早く上がっ  君どうかして上がっ  気の毒だな、どうかして上がっ  彼はふと、乾き上がっ  水けむりと共に跳び上がっ  机上を片附けて起ち上がっ  砂浜を洗うて打ち上がっ  塩焼をもって上がっ  岸へ上がっ  岸へとび上がっ  勃然として湧き上がっ  根に上がっ  みんな砂利に上がっ  馳け上がっ  周瑜は、俄然、起ち上がっ  趙雲は起ち上がっ  陸地へ駈け上がっ  馬は高く跳び上がっ  気のはれ上がっ  階子段を上がっ  二階に上がっ  二階を片づけには上がっ  綱を伝って上がっ  上に軽々と上がっ  海面から浅くもれ上がっ  感情が目まぐるしくわき上がっ  立ちは上がっ  裏から這い上がっ  糜芳も驚いて跳び上がっ  馬忠が上がっ  誰か上がっ  二人で上がっ  縁側から日本間へ上がっ  庭を通って、上がっ  縁側へ上がっ  プラットホームへ上がっ  蹇げて上がっ  石段を上がっ  から瑠美子を連れて上がっ  瑠美子をつれて上がっ  そこにおいて、上がっ  商売屋なので、上がっ  何の気なしについて上がっ  家へ上がっ  客が上がっ  三人でどかどか上がっ  玄関へ上がっ  お見舞いに上がっ  玄関を上がっ  縁へ上がっ  双方が互いに上がっ  床へ上がっ  御願があって上がっ  陣営から黒煙が上がっ  昼飯を食いに上がっ  五条を少し上がっ  二三十歩北へ上がっ  大変がもち上がっ  武は上がっ  上にさらに延び上がっ  河田翁が延び上がっ  汗を洗いながして上がっ  おねえさまが上がっ  こまかい砂が、もり上がっ  浜ちかく上がっ  円天井まで上がっ  上にうき上がっ  お国へうかび上がっ  岸に上がっ  ようにかるく上がっ  空をただよいながら上がっ  一緒に上がっ  入り口を駆け上がっ  台所を上がっ  うずうずするほどわき上がっ  蠱惑がわき上がっ  もので上がっ  にょきにょきと延び上がっ  海岸線に沿うてむっくり盛れ上がっ  砂の盛れ上がっ  事件がまくし上がっ  寝床から跳り上がっ  類を持って干しに上がっ  何を上がっ  熱が上がっ  穴倉を上がっ  坂を上がっ  料理屋へ上がっ  寄席を上がっ  それから三階へ上がっ  土手を這い上がっ  椽側へ上がっ  美禰子も上がっ  心持ちになって上がっ  一度に高く上がっ  擂鉢山へ駆け上がっ  青筋がもりもりと膨れ上がっ  顫え上がっ  本堂へ上がっ  お願いに上がっ  天井裏へ上がっ  地位が少し上がっ  暮れかかっているので、驚いて起ち上がっ  一人鐘撞堂に上がっ  黒塀のみねへ、とび上がっ  陸に上がっ  あたりから顔へ上がっ  底から涌き上がっ  舞り上がっ  隅から好感が湧き上がっ  ように駈け上がっ  むく犬が、さっそくとび上がっ  ほうへとび上がっ  わたしはすぐにとび上がっ  上にかけ上がっ  青空に上がっ  うずたかくもり上がっ  上にとび上がっ  一人で上がっ  しき物が高く高くふくれ上がっ  ほうまで巻き上がっ  目が覚めて、とび上がっ  わたしはとび上がっ  木にとび上がっ  はしごを上がっ  てっぺんに上がっ  とおりはれ上がっ  雪踏を脱いで急いで上がっ  から又上がっ  たんかにとび上がっ  わたしはさけんですぐとび上がっ  うずを巻いて上がっ  姿を見ると、かれはうれしがって、とび上がっ  水がどっと上がっ  水が上がっ  うちいく人竪坑に上がっ  上に上げてやったので、どうにかかれは上がっ  上へうき上がっ  いちばん先に上がっ  マチアはとび上がっ  からとび上がっ  寝台にとび上がっ  底力強く湧き上がっ  ますますおもしろそうに上がっ  駛け上がっ  月給が上がっ  邪魔に上がっ  話を承りたいと思って上がっ  邪魔ならまた上がっ  二階を上がっ  上へ坐って抜け上がっ  上なんかで遊んでいないで早く上がっ  水兵みな起ち上がっ  あとを追うて、たたきのめしてくれようと、一旦は起ち上がっ  ここへ上がっ  ポーチを上がっ  屋上へ上がっ  湯気が上がっ  炎となってもえ上がっ  後へついて上がっ  そのまま階段を上がっ  二尺も膨れ上がっ  転把が上がっ  品位が上がっ  戸を閉めに上がっ  寝室へ上がっ  花なぞを持って上がっ  側壁へ這い上がっ  死体の上がっ  死体が上がっ  死体も上がっ  屍体の上がっ  瓦斯が吹き上がっ  恐怖が這い上がっ  濡れ縁に上がっ  プラットフォームに上がっ  プラットフォームから階段を上がっ  右へ上がっ  一番で上がっ  だんだんに這い上がっ  雨が上がっ  からだつきや、禿げ上がっ  牡牛がのっそり起ち上がっ  彼が起ち上がっ  匍い上がっ  像が掛かって上がっ  火の見へ上がっ  焔が巻き上がっ  仕事は段々と上がっ  ようになって這い上がっ  店先に立て掛け上がっ  事実が上がっ  ようで高く巻き上がっ  腕が上がっ  口中はすっかりかわき上がっ  客様はつかつかと上がっ  長谷川君が上がっ  ままで押し上がっ  葉はすっかりかわき上がっ  花の上がっ  河原地へ、跳び上がっ  陸へ逃げ上がっ  屍体が上がっ  馬が驚いて跳び上がっ  谷から這い上がっ  露台へ上がっ  露台に駆け上がっ  刎ね上がっ  三階へ、もう上がっ  旗岡が上がっ  そこまで、上がっ  三階へ上がっ  階段を駈け上がっ  御簾が上がっ  ピョンと起ち上がっ  扶けられて上がっ  ちょっと起ち上がっ  堤に上がっ  陸路へ上がっ  盲目的に駈け上がっ  崖を這い上がっ  敦賀へ上がっ  あとへ上がっ  高座へ上がっ  目蓋がそっと上がっ  手が上がっ  椅子から起ち上がっ  内へ駈け上がっ  加勢に上がっ  苦もなく駆け上がっ  へん近く上がっ  水屋から這い上がっ  波光を描きつつ上がっ  宙へ翔け上がっ  前へ上がっ  音が上がっ  神霊の上がっ  茶具を持って上がっ  女中が上がっ  ようにわき上がり延び上がっ  母ア、上がっ  一せいに駈け上がっ  日はいつしか高く上がっ  そこに放りだして、上がっ  デッキに上がっ  泥坊猫のように縁に這い上がっ  地面をころがって、起ち上がっ  男が上がっ  符売りも上がっ  二畳に這い上がっ  纒をぬいで起ち上がっ  お茶でも上がっ  取込みに上がっ  二階へかけ上がっ  茶の間へ上がっ  夢中で駈け上がっ  げんは初めて起ち上がっ  妾奉公に上がっ  九州へ上がっ  相場が上がっ  堤へ上がっ  届けに上がっ  右手が、高く上がっ  御茶屋へ上がっ  首なしが、上がっ  そのまま茶の間へ上がっ  躙り上がっ  玄関に上がっ  熱をもって、はれ上がっ  御所に上がっ  御所へ上がっ  大広間へ上がっ  道路に上がっ  拝措物に上がっ  一つ駆け上がっ  ようにとび上がっ  すきまをもれていましがた上がっ  メラメラともえ上がっ  声で起ち上がっ  血の湧き上がっ  蒲団から刎ね上がっ  善兵衛も上がっ  内部から湧き上がっ  地平線から抜け上がっ  湯を上がっ  方に上がっ  あとから階段を上がっ  奥底から湧き上がっ  念にふくれ上がっ  足に這い上がっ  家中が上がっ  小坊主をねぎらい、やおら起ち上がっ  太鼓櫓へ上がっ  成績の上がっ  城へ上がっ  三分の間にまくし上がっ  ことがまくし上がっ  きもちよくもえ上がっ  上へ勢いよくとび上がっ  月が上がっ  雲が、むくむくとふくれ上がっ  処に上がっ  水面に浮かみ上がっ  大儀そうに起ち上がっ  三人は起ち上がっ  彼女は上がっ  ものも言わずに起ち上がっ  中へ落ちたり、また這い上がっ  馬車に上がっ  大股に上がっ  ため指揮台に上がっ  客間へ上がっ  鼻つきや、もち上がっ  室に上がっ  脚のふくれ上がっ  シャツがたくね上がっ  古城にまで上がっ  騒ぎがもち上がっ  騒動がもち上がっ  むっそりと河原へ上がっ  岩公が駈け上がっ  上へ逃げ上がっ  河原から逃げ上がっ  心に湧き上がっ  客間に上がっ  ために生き上がっ  慰安を得て起ち上がっ  炎が上がっ  四方から湧き上がっ  火刑台に上がっ  いっしょに上がっ  はじめて桐壺の更衣の上がっ  人並みに上がっ  悲しみが湧き上がっ  胸がせき上がっ  後ろへ巻き上がっ  それが湧き上がっ  ほうへ上がっ  宮中へ上がっ  ことですし、困ってしまって上がっ  あとそのまま宿直に上がっ  窓からのび上がっ  悲しみは湧き上がっ  だんだん地位が上がっ  方へ上がっ  際にも上がっ  内から湧き上がっ  女御に上がっ  局へ上がっ  そばに上がっ  底から吹き上がっ  弁当を上がっ  ものが湧き上がっ  仰せになるまで上がっ  東宮へ上がっ  そうにふくれ上がっ  油壜をもって上がっ  叙事詩がふたたび生き上がっ  階へ上がっ  斜に上がっ  女房などもただあわてるだけでおじけ上がっ  端の上がっ  簾が上がっ  葉も少し縮れ上がっ  ほうの少し上がっ  悲しみはせき上がっ  中へ、おくれて上がっ  方が上がっ  宿直に上がっ  女御が上がっ  先にと思って上がっ  童女時代に上がっ  山の寺へ上がっ  路を上がっ  のを聞くと、すぐにも上がっ  階まで上がっ  努力をもってしだいに起ち上がっ  室へ上がっ  ところへ上がっ  値が上がっ  初めに上がっ  胸へせき上がっ  部屋へ上がっ  服が縫い上がっ  中に吹き込まれ、生き上がっ  卵形にもち上がっ  周囲に生き上がっ  逆せ上がっ  匐い上がっ  瞳の脹れ上がっ  房の、ふくれ上がっ  太陽が上がっ  一束ずつ持って上がっ  時田は起ち上がっ  一番上まで上がっ  ように、抓み上がっ  今雨戸を開けるから、上がっ  一つも上がっ  顔じゅうふくれ上がっ  頭から爪先までしびれ上がっ  疑惑が湧き上がっ  胸がまくれ上がっ  限り砂漠でところどころのくぼみにはかわき上がっ  夜ひとりボートデッキへ上がっ  一つだけ上がっ  方は白く濁る、上がっ  確証が上がっ  酒を上がっ  御所車を上がっ  縁側に上がっ  人が上がっ  泰親は忽ち起ち上がっ  衝と起ち上がっ  玉藻はすくっと起ち上がっ  岡へ上がっ  額の抜け上がっ  から、いきなり上がっ  傍へ上がっ  お座敷へも上がっ  料亭へ上がっ  銀子が上がっ  それを上がっ  そのまま段梯子を上がっ  佐吉がたち上がっ  ふところから、揺れ上がっ  平気で起ち上がっ  高は、ゆらりと起ち上がっ  心痛がもち上がっ  あいだへはさんで、たち上がっ  ものが上がっ  奉公になぞ上がっ  奉公に上がっ  飄々とたち上がっ  高はたち上がっ  顔をして、たち上がっ  高は、もうたち上がっ  留守に上がっ  ようにたち上がっ  ふうもなく、いきなりたち上がっ  磯五も、たち上がっ  急に思い出して、たち上がっ  砂けむりが上がっ  会所へどやどや上がっ  額部が抜け上がっ  磯五はあきらめて、たち上がっ  美代は、そっとたち上がっ  梯子を上がっ  舞台に駈け上がっ  火は高く上がっ  甲板へ上がっ  天井へ上がっ  吉原見物をといって上がっ  今に至るまで上がっ  これでも上がっ  これは追って改めて上がっ  前に延び上がっ  今日まで上がっ  急に起ち上がっ  若い者は起ち上がっ  からまあ上がっ  壇上へ駈け上がっ  陽が上がっ  草履を脱いで上がっ  ほこりも払わず上がっ  ように抜き上がっ  雨は上がっ  さっき坂を上がっ  婆さんが上がっ  階下段を上がっ  内に、上がっ  後からまた上がっ  診察場へ上がっ  ひとりは、たち上がっ  からだがちぢくれ上がっ  烟が上がっ  今年から学校へ上がっ  起伏を上がっ  彼女はのび上がっ  救急隊員が上がっ  フロアへ上がっ  桟橋に上がっ  道路へ上がっ  小径を上がっ  七階まで上がっ  フロアに上がっ  廊下へ上がっ  屋敷へ上がっ  其男は上がっ  段梯子をカタカタ上がっ  まんま黙って上がっ  腕はいよいよ上がっ  高座へ駈け上がっ  ソーッとまた上がっ  池から這い上がっ  僅かにいよいよ上がっ  ニコニコ愛敬たっぷりに上がっ  ヌーッと上がっ  晴れやかにして上がっ  師匠圓生が上がっ  会釈をして上がっ  渡し舟ン中から馬道師匠が上がっ  気軽に上がっ  もんで忘れてうかうかと上がっ  ように上がっ  女中の駈け上がっ  嘘をいって上がっ  三味線も持たずに上がっ  学校に上がっ  さかえ屋へ上がっ  悲鳴が上がっ  脇差しを引っ下げ、抜け上がっ  川から岩の上へ這い上がっ  それをくわえて、翔び上がっ  足で上がっ  懸命に這い上がっ  渡舟を上がっ  暖かい空気が上がっ  われわれが先ず上がっ  手前が上がっ  方に巻き上がっ  背の高い、育ち上がっ  空へ上がっ  後ろからまた、のび上がっ  日が上がっ  ところに上がっ  きょうだいはひとちぢみにちぢみ上がっ  六階へ上がっ  階段を駆け上がっ  エスカレーターで上がっ  彼女も上がっ  なかでのび上がっ  道玄坂を上がっ  途中まで上がっ  防波堤から階段を上がっ  宙へ上がっ  酔いが上がっ  肉は膨れ上がっ  紫色に膨れ上がっ  夜は上がっ  空にとび上がっ  御者台へ上がっ  山に上がっ  味方に上がっ  磯に上がっ  島に上がっ  香潮が上がっ  地盤が上がっ  十円ずつ上がっ  牛肉店に上がっ  餡パンよりは一段上がっ  二倍半まで上がっ  価格の上がっ  勢力もまた上がっ  自然相場が上がっ  態度が上がっ  小姓組に上がっ  血の気がいっぱい上がっ  ぴょんぴょんととび上がっ  手がすっと上がっ  血相を変えて駈け上がっ  文次がたち上がっ  ものがまき上がっ  手が、すうっと上がっ  梯子段を踏み上がっ  垂幕からかけ上がっ  一人が上がっ  オオビュルナンは起ち上がっ  時あなたは起ち上がっ  手前も折角こうして上がっ  こっちを目掛けて駈け上がっ  助は駈け上がっ  助は上がっ  あちこちから火の手が上がっ  そうに上がっ  ため、わざわざ上がっ  顔をして上がっ  上に跳び上がっ  それから彼は跳び上がっ  小さな部屋まで上がっ  いつでも跳び上がっ  下でもち上がっ  十度また上がっ  本堂に上がっ  ちゃんと材料は上がっ  ちゃんと種は上がっ  トントン階段を上がっ  通り階段を上がっ  馬吉はそっと上がっ  のを知って、上がっ  山姥が上がってくるか、上がっ  山姥は、すぐにはなかなか上がっ  血が上がっ  上方に這い上がっ  自分が上がっ  いちばんおしまいに上がっ  風采が上がっ  頬髯や、ちょっぴり禿げ上がっ  から、上がっ  線香なども上がっ  線香などが上がっ  宿屋に上がっ  そこまで上がっ  こちらに上がっ  後から後からと突き上がっ  さが突き上がっ  嫌悪が突き上がっ  屋根裏へ上がっ  まま、どやどやと上がっ  一間へ上がっ  上へ、跳び上がっ  高い石段を駈け上がっ  里の子が上がっ  絶壁へ上がっ  沢庵がひょっこり上がっ  男が起ち上がっ  三十号は起ち上がっ  二百二十四号は起ち上がっ  二人は起ち上がっ  様子で起ち上がっ  七十六号がだまってたち上がっ  興奮して起ち上がっ  時分から山々へ上がっ  家など上がっ  こと、上がっ  妓、上がっ  猫のように跳び上がっ  堤へ駈け上がっ  城太郎が上がっ  梯子段をのろく上がっ  先へ上がっ  説教壇へ上がっ  考えが湧き上がっ  堤防に上がっ  身内に湧き上がっ  後から後からと湧き上がっ  そのまま土手を上がっ  板屋根が乾き上がっ  うえに上がっ  部屋までそっと上がっ  又八はぬっくと起ち上がっ  咥えて高く上がっ  尻を斬られて跳び上がっ  内からは膿んで膨れ上がっ  きょう研ぎ上がっ  夜、研ぎ上がっ  医師と共に又上がっ  胚子と思って跳び上がっ  岸へ跳び上がっ  底を這い上がっ  割れ目から這い上がっ  室内へ上がっ  欄干にとび上がっ  寝床へ上がっ  ように巻き上がっ  昼飯を持って上がっ  小間使に上がっ  下から階段をきしませて上がっ  意気も上がっ  老中に上がっ  好奇心は膨れ上がっ  店へ上がっ  看板が上がっ  内からもり上がっ  ように湧き上がっ  爬い上がっ  裏切者が上がっ  爺さんは、とうとう上がっ  曲線は上がっ  ぺりと剃り上がっ  舟へのび上がっ  小鼻が小さくて食い上がっ  さが物語られているし、禿げ上がっ  上へまくれ上がっ  束が、煙りをともなって上がっ  両手が上がっ  うねりにうねって上がっ  刀が上がっ  身分が上がっ  から歴史に上がっ  直ぐに起ち上がっ  梯子を駈け上がっ  三階に上がっ  感情のこみ上がっ  きが湧き上がっ  出来事がわき上がっ  中にわき上がっ  少女に、どうか上がっ  木の根からたち上がっ  炉ばたへ上がっ  心持ちが湧き上がっ  草鞋でも脱いで、上がっ  海から陸へ上がっ  旨を奉じて起ち上がっ  彼もたち上がっ  青山君、こんなにおそく上がっ  一足ずつ高く高く迫り上がっ  省さんもう上がっ  茶わんが上がっ  地上に上がっ  巣へ上がっ  間反抗して、とうとう上がっ  デッキへ上がっ  ベッドへ上がっ  泣き声が上がっ  絶頂に上がっ  遊びに上がっ  ボーレンへ、のこのこ上がっ  彼が上がっ  商売が上がっ  ブリッジに上がっ  娘も逸早く上がっ  そのまま船首甲板へ上がっ  桟橋を上がっ  けがますます然え上がっ  屋根とが延び上がっ  からロープをおろしてもらって上がっ  ん丸くふくれ上がっ  ブリッジへ駆け上がっ  チーフメーツが上がっ  喊声が上がっ  物価が上がっ  根から這い上がっ  海月は、むくむくと泳ぎ上がっ  足が上がっ  色がわき上がっ  町人が上がっ  心にふとわき上がっ  そうそうに上がっ  ますますじれ上がっ  背景から浮み上がっ  ことだきゃはっきりと上がっ  余一郎は思い切って起ち上がっ  梅雨もまったく上がっ  屋敷奉公に上がっ  虎の門からだらだらと上がっ  座敷へどんどんと上がっ  ふくらはぎを見せながら上がっ  無遠慮に上がっ  知らないように喜び上がっ  水煙が上がっ  下足札を受け取って上がっ  人相書きはすでに上がっ  下に白い、むっちりともり上がっ  切り通しを上がっ  ままに上がっ  ごめんとばかり上がっ  とくにひらめき上がっ  土俵に駆け上がっ  やつめがげらげらと笑いながら駆け上がっ  いただきに上がっ  面にまず上がっ  ネタが上がっ  お知らせに上がっ  わずに上がっ  二階へ駆け上がっ  涙があふれ上がっ  けいこしに上がっ  女の子を連れて上がっ  とき高坐に上がっ  不審がわき上がっ  うちにぽんぽんとやられちゃ、ちぢみ上がっ  大のぼりの上がっ  彼女は思わず起ち上がっ  おしゃべり虫がちぢみ上がっ  会釈もせずに駆け上がっ  取り次ぎも受けずにずいと上がっ  仕事場に上がっ  入道が、上がった、上がっ  長つゆがようやく上がっ  案内も請わず、ぎしぎしと鳴らしながら上がっ  回廊にそっと上がっ  静かに上がっ  床から生え上がっ  河から吹き上がっ  声々の湧き上がっ  気なしに上がっ  がたに、なにげなく上がっ  波を切って上がっ  お前も上がっ  事で上がっ  部屋に上がっ  さそうに上がっ  雪煙がさあっと上がっ  雪煙が上がっ  そのまま河原へ駆け上がっ  河原へ向かって駆け上がっ  屋根に這い上がっ  気軽にかけ上がっ  びっこ引きながら上がっ  弦の切れて巻き上がっ  山腹を駆け上がっ  掛け声を出してとび上がっ  受付は、と尋ねつつ上がっ  救いに上がっ  空高く土煙として巻き上がっ  見事に書き上がっ  矢庭に跳び上がっ  直ぐに又上がっ  港へ上がっ  ようにもり上がっ  船が高く上がっ  大海原がもり上がっ  志村は突然起ち上がっ  ように膨れ上がっ  濛々と上がっ  弾力を持って丸々と高く延し上がっ  方から駈け上がっ  紫色に脹れ上がっ  頭上へ高く上がっ  教団中が湧き上がっ  力に応じて、多少引き上がっ  彼女の上がっ  二度高座へ上がっ  腕も上がっ  世界的リアリストになり上がっ  胆玉は上がっ  額に上がっ  綱をたぐって上がっ  田舎者であるから、すっかり上がっ  女郎屋に上がっ  トンと上がっ  顔を見ながら起ち上がっ  ちょっと二階へ上がっ  私が上がっ  ようにすっくと起ち上がっ  反射的に起ち上がっ  今年から学校に上がっ  夫婦して上がっ  佗びし気に上がっ  ころを持って押し上がっ  圓太郎が上がっ  ツルリと抜け上がっ  物干しへ連れて上がっ  手をさすっていたが、とび上がっ  彼にまたきいたので、とび上がっ  訴訟当事者たちは下がったり、上がっ  後を追って、できるだけ早く駆け上がっ  時計を見て、とび上がっ  ちょっととび上がっ  山奥まで上がっ  女学校にも上がっ  畦を、這い上がっ  わたしは上がっ  土蔵梯子をたれか上がっ  二階へ駈け上がっ  ビクッと上がっ  源吉が上がっ  先が捲くれ上がっ  ズンズン上へ上がっ  上へと上がっ  空に向かって巻き上がっ  瞬間に上がっ  三回鬨が上がっ  紋太郎はつと上がっ  頂上まで駈け上がっ  腹がへっているからだろうが、まあ、上がっ  胸にもり上がっ  別府湾に上がっ  北九州へ逃げ上がっ  物に描き上がっ  ノコノコ高座へと上がっ  ものが書き上がっ  砂地へ這い上がっ  一度に起ち上がっ  小坂部はすぐに起ち上がっ  陸へは上がっ  人形と並んで上がっ  前に上がっ  金仏さまが上がっ  冷雨が上がっ  側室に上がっ  頭上へ上がっ  岩へ上がっ  櫓に上がっ  お酒でもすこし上がっ  頭へ上がっ  跫音を聞くと、やっと起ち上がっ  容貌も上がっ  宮へ上がっ  暇乞に上がっ  方から、禿げ上がっ  気持ちが、押さえても押さえても湧き上がっ  成墾費が安く上がっ  右腕が上がっ  決心して、起ち上がっ  海から、上がっ  湯気の上がっ  



前後の言葉をピックアップ
あがこ  アガサ・クリスチィ  アガサ・クリスチー  挙っ  揚っ  騰っ  アガッ  挙がっ  あがっ  揚がっ


動詞をランダムでピックアップ
ふみつぶし慕え厭きかみあうあみあげ見当ることほいかすまいきかえっ阻め択べ飼えよ見定める用いる織成ししんじる持切っわかくさっ
形容詞をランダムでピックアップ
気恥しくっさうない間近し等しきふさわしゅう気軽う重き恐くっ畏きたのしかっうら寂し初初しさとし大きけりゃすべっこくえげつなひくく願わしきたっとい固し