「レ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
レ之御同様ニ公論を相尋義のある  レ被レ遣  レ之候ヘバ決而私よりの御頼の筋ハ成就仕  レ遣とて  レの字もいうまい  レ被二仰  レくらい飛び出して来るかわからない  レ過レ此也と申して居る  レほど世の中に対して威力があったか知れぬ  レ恐世上罷  レだかわからない  レ同レ席という腐れ論をおっしゃるヨ  レ爾甚だ野鄙なり本と文なき邦なるが  レ之由を申出し  レ之河原細工といふ  レ之此両人征罰之蒙  レ之可レ然哉に奉  レを附して  レほど世の中に対して威力があつたかも知れぬ  レほどこの地球を愛し  レも型に嵌り過ぎている  レの字も知らずに死ぬ  レの字も起らなかった  レし時父がつれし  レ奉と迄論じ上げたり  レ遣難レ有次第奉  レ遣間じく  レ被レ成や奉  レ被レ遣奉  レ遣よふ奉  レ被レ遣と  レ被レ成奉  レ成るよふ  レ遣度奉  レ然かと奉  レ遣候よふ  レ之候又出崎仕  レ仕二御湯殿一之人所レ着衣也白絹也と侍中群要に見えたりとか  レ被二差出  レ在二其位一不レ謀二其政一というて居るに  

~ レ[名詞]1
礼のレの  ハ享樂ハ之レヲ  侮蔑スル言動ハ之レヲ  婦人ハ之レヲ  持シテ各々之レヲ  心得違ヒ之レ  一紙古市代官北野山方ニ遣レ之  検非違使右衛門志村主重基奉レ  宛上納奉レ  雖レ斬レ之  弟子等奉レ  テ恐レ  恋愛のレの  無視スルニ止マラス恐レ  風之レヲ  

~ レ[名詞]2

複合名詞
表二挙白幡一迎レ道  レ拝  レデー  レ真  今夜水楼先得レ月  ヲ語ル勿レ  ヲ説ク勿レ  焚レ香対二  提レ兵星夜  一為レ説三韓国  レ安明主日  レ壮此去二妖氛一骨已寒談笑敢言  クズレ  割レ目デアツタ苦痛ニヤラレ  流レ  飾レイノチ有ルモノニ歌ハシメヨ  オノレ眼底  穿ツテ擾レ  雹ニウタレタsignalニ凭レ不逞  暴溢スル流レ熱河  ニシテ易レ  雲霧密ニシテ難レ開  レ岸回  其余及レ眉  窮猿既ニ投レ林  テ解レ鞅心空飽新  レ廣春江  一朶妖紅翠欲レ流  春光囘照雪霜羞化工只欲レ呈二  レ城  知ル是レ何人  已應レ知二我此時情一  上レ馬  レ用レ扶  レ扶必怒瞋ス  上レ山如レ飛瞋二人  レ知  レ勝レ春  舞衫歌扇總テ成レ塵  卷レ地黒風來二海角一  レ時微雨變二山容一  レストア  為レ度二衆生一  レ勅  検非違使盗レ糸  佐行レ  誡可レ令レ帯二兵仗一歟  傚レ此  称唯召出令レ候  任レ法免給布  二還本貫一弖重不レ  レ駄礼  称唯令レ脱  因可レ押歟  改次行レ  囚人着レ  二出烏帽一給レ  幼児盗レ瓜  重付二説長一令レ申  レ従二諷諫一歟  レ如二今時一  レ度  使鼻如レ口  レ得二其意一  令レ知二遐邇一  就レ中女等  以二市女笠一隠レ形  至レ  レ頼  女等難レ植二善根一歟  女人着レ笠可レ  事以レ萬可レ数  レ知二其是一  レ制  足レ為レ奇乎  レ問二信実一  徒跣問レ  如レ  レ命云  レ知哉如何  由緒雖レ尋  レ弁  レ憚二禁忌一也  者雖レ致二放火殺害一  レ可レ加二禁遏一歟  所レ令二著用一歟  如レ此過差欲二停止一  レ知二案内一既過了也  レ制事  レ可レ制事  祭間庁下部装束可レ制事  レ可レ制歟  尤可レ制  レ廻  如レ件  ク語レ  連レ  ヲ語レ  全身ニ毒草ノヨウナモノヲツケタルモ以下語レ  江戸ッ子カブレ  カブレ  文化カブレ  都会カブレ  アブレ  東京カブレ  告ケタルコトヲ是レ米軍  シューレ  レ位  カスレ  楊柳斉作レ花春風一夜入二閨闥一  楊花飄蕩落二南家一含レ情出レ戸脚  レ力  拾二得楊花一涙沾レ臆  カヘルサンハ生レツキ色ガ青カツタノデスガ  レ下候  レ成候  レ上候  候得バ必争論難レ止  レ申  候バ尤可レ  レ共私  止メ可レ  レ下候哉  思召難レ有此度ハ勘定局重役  一同申レ談  願候事有レ  申直し可レ  レ申存候  レ成候哉  レ申候  レ命船  レ命候用物  二余義一所御憐察被レ遊紀伊侯  求メ主用相達し可レ申  御願可レ  其所置可レ有レ  レ存候  レ叶  二申遣一候様奉レ願候  レ下候時ハ臣下  察し可レ  レ下候時ハ右  私ハ十分難レ有  レ有候得共私荷物ハ  預り可レ  レ有  心中ハ難レ  待可レ  レ成  渡し可レ  如レ此致  レ申カ  何レ人情ハ身勝手ニ筆とりひと  レ願度候  まち可レ  レ絶  為レ聞被レ  レ下  レ下候得バ  相談為レ  周旋可レ  レ之用  レ下候也  買求メ可レ申  ハ申分ケ難レ立候処  レ下候事  レ下兼候ヘバ  レ聞候  レ申様重役共  御覧可レ  拝見可レ  レ帰甚ダ難渋  かし下し可レ  如レ此相成候事ニ御座候  如レ此  レ成候御事  レ有候  入用ニ可レ有レ  レ有レ  ぎ可レ申候  レ申時ハ国本  レ及御断申候  出帆可レ  以レ舟ス  倒ニシテ巻首ヨリ如レ左  良臣使レ身  二美名一君受顕号子孫伝レ世云々  術数有レ余而至誠  レ足  ハギレ  有二芭蕉居士賞レ雪佳句一  其名震レ世  伝レ於レ後  レ尽キザルヲ  レヤール  作レ法興レ利以致レ富  靡レ  壽庚有一レ功  馬嘶キテ白日ハ暮レ剣  而言レ  レ外二於情  凡作レ事  須レ  レ有二事レ天  レ有二示レ人  著レ眼高  レ理  レ岐  喪レ己斯喪レ人  喪レ人斯喪レ物  雲煙聚二於不一レ得レ已  二於不一レ得レ已  雷霆震二於不一レ得レ已  動二於不レ得レ已之勢一  則動而不レ  履二於不レ可レ枉之途一  レ危  レ病人一  賢人如二攝生愼レ病人一  常人如二虚羸多レ病人一  急迫敗レ事  寧耐成レ事  聖人安レ死  賢人分レ死  レ死  賢者臨レ  二理當一レ  以爲レ分  恥レ  而希レ安レ死  神氣不レ亂  足二以聳一レ聽  レ及二聖人一亦在二於此一  一レ訓  而臨レ  レ所レ著レ念  レ傳  讀レ史者  レ神  權在レ天  當レ順二受之一  二嘗知一レ喜矣  二嘗知一レ悲也  天生レ  而天死レ  躯殼則藏レ天之室也  精氣之爲レ物也  爲レ變也  而吾性之所二以爲一レ性者  原レ始  レ終  レ死者生後  レ死者生前之性也  人須レ  理於畏レ死  庶二乎復一レ性焉  誘掖而導レ  警戒而喩レ  躬行以率レ  レ言而化レ  而揚レ  激而進レ  レ術矣  一レ立  一レ得二渾入一  心爲レ靈  情識之通二於條理一爲レ公  條理之滯二於情識一爲レ私  人一生所レ遭  竟不レ能レ免  處レ晦者能見レ顯  據レ顯者  レ晦  レ信二於口一  レ信二於躬一  二甚難レ處事一  須下於二夢寐中事一驗上レ  レ起二妄念一是敬  レ起是誠  因二民義一以激レ  因二民欲一以趨レ  必成レ事  惠必懷レ人  能遂レ志  レ可レ誣者人情  レ可レ欺者天理  知レ  蓋知而未レ知  人徒以レ目讀二有字之書一  レ得二通透一  當三以レ心讀二  其可レ  爲レ學緊要  把レ心以治レ心  爲レ政著眼  循レ情以治レ情  レ二  發レ  忘レ食  志氣如レ是  樂以忘レ憂  心體如レ是  レ知二老  將一レ至  知レ命樂レ天如レ是  聖人與レ人  與レ人  レ異  レザール  レザール探偵  レザール君  レザール探偵達  ヤンレ憐れ  如ク紊レ  レ京  レ面也  レ為二此国王一  食二牛馬一渡レ世  是田楽乗レ馬  レ馬打落云云  レ疵云云  令レ出二現師子間一給故也  出現時分事如レ  レ称二別殿一候事者  レ立歳  ニ戯レ郎ハ竹馬ニ騎シテ  レスター伯  フラレ  ジャレ  吾今為レ国死  レ負二君臣一  積レ俵ヲ立ツレ橋  術レ芸  拠レ証  曇リ後晴レ  吾レ高台ニ独歩シテ兮俯シテ万里  垂レ  二西川一鳳雛墜レ地臥龍昇レ天一得一失天数如然  帰二正道一勿レ喪二九泉一  必ズ出テ戦ウ勿レ  アッパレ丈夫  二頭闘二檣下一牛墜レ井死  是レ同根ヨリ生ズル  政治カブレ  レアール  南方有レ塚  塚中有レ穴  穴中有レ蛇  掩ウコト勿レ  吾レ二十倍  何レ  日本カブレ  アワレ  シャガレ声  アブレがち  アッパレ  雲接二蓬莱一七十洲一洗心身清レ従レ水  如レ浮薫風忽送  隔レ岸楼台鎖二暮秋一  黄櫨成レ列隴  レ至二栄城一三五駅  田火有レ時拾二  希臘ハ率先其レ  其レ  遵守セズシテ不可行ニ終ルベシト狐疑スル勿レ  トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ  是レ海上  存在ニシテ其レ  是レ自己  之レ教育スベキ國家  遙ニ以前此レ  市町村此レ  服ガ普及シタルヲ以テ其レ  ハ此レ  廢止シ其レヲ買フ有婦  之レ  此レ歐米  凡テノ光榮ハ其レ  是レ決シテ人種問題  清國ガ此レ  軍隊ガ其レ  是レ侵略主義ニ  是レ流行  是レ無用ナル自決  是レ  是レ主權國民タル自負ト欲望ニ於テ忍ブ能ハザル所  是レ彼等  喇叭卒ニ使役セラレテ其レ  是レ徴兵制  我レ勝テリ  我レ刄  ス勿レ  基督其人スラ彼レ  冷視シテ己レ獨リ美酒佳肴  一ハ己レ  是レ其  是レ日露戰爭ニヨリテ露西亞ガ南下  此レ徃年露西亞  是レ單ナル推定ニ  一ナル其レ  爲セシ者悉ク是レ天意  彼等ハ舊時代ニ生レ其  暗夜ナリシコトハ其レ  レ墨ハ彼等  來何レ  レ墨  ニ範圍狹シトナス勿レ  一種族ニ關スト速斷スル勿レ  ナル遺物ハ何レ  是レ實ニ人類學  シビレ  レマルク  吾欲レ往二米利堅一君幸請二之大将一  レイス  以レ骨除  アカギレ  レ得レ止ニ出ルト雖モ  レ済事ニ候  害セラルル者有レ  ニ育テラレ  カスレ声  受レ禅  欲レ  レ天  賀二陸奥国出レ金詔書一哥一首并短歌  朝波開レ門夕波閉レ門弖  令レ  賀二陸奥国出レ金詔書一歌  レ和歌一首  レ得二娉財一者  レ為矣  レ生及屠二牛馬肉一取売者也  雖レ  レ得二居住一  レ人別居  二城市一則撃レ竹  人則避レ  帯レ  レ親下  レパブリック社  良男良女共所レ生子  レ婢所レ生子  嫁レ奴所レ生子  両家奴婢所レ生子  二人為レ制  人之所レ恥也  欲レ従二卑品一  人間勿レ為二読書子一  ムクレ  天風一陣氣如レ秋  ラブレ工場  撰篆竊聞俟二百世一而不レ惑者道也  斯百世相感而不レ惑  其去二中國聖人之世之地一不レ知二其幾一也  昔人有レ言  如沐浴以潔レ身  如寡慾以養レ心  如齋戒以忍レ性  レ欺爲二感物  婚姻則爲レ  死喪則爲レ  罔レ  レ立レ道  レ立レ教  レ天也  節目雖レ繁  大率以下化二生萬物一之天上爲レ主  事レ天  レ越二乎吾心之敬一而已矣  二罪於天一無上レ所レ  所謂百世相感而不惑者足レ徴矣  聖道雖レ  行二於西域一而中國未レ聞焉  道有レ  隨時禮拜以敬レ天而祝二延聖壽一  レ地矣  遺忘無上レ所二考證一  遂立レ碑爲レ記以載二其事一焉  レ使朝貢  云有レ國已三十四年  今年合レ滿  如有二漢兵來一レ此  其五星緯度又中國所レ  囘囘暦書以二隋開皇己未一爲レ元  以レ法求レ  實用二洪武甲子一爲レ元  言得レ生レ天  叫レ空謝二天賜與一  妻ト子トワレ  笑イナガラ厳粛ノコトヲ語レ  一時和レ雨  嶽色江聲暗結レ愁  レ能レ至  離レ  是レ余輩  人ヲシテ奔走ニ疲レ余議ナク其法ニ従ハシメント欲スルナリ  英国人民モ共ニ是レ聾盲ニシテ  簡之所レ容一行字耳  有レ  數行可レ盡者  方所レ  レ容者  以レ目相傳者  所レ餘纔數千人  レ前  人畜塞レ路  梃一撃レ  仙芝乃得レ  方一作レ紙  サラサレ  レ進  卅六人乗レ  レ惜談笑中窃置二鴆毒一  偶然來レ此披二  古松夾レ路三千樹  危磴砌レ岸二十尋  レ知かた  大事可レ  レ叶事拝顔仕度  レ成候得バ  レ可レ通  レ共  レ絶聞事  レ可レ言  ハ敷成可レ  尋可レ  レ出候得バ  申可レ  申聞被レ  レ願候  レ有次第  引替可レ  レ置  ゆづう可レ  垂レ給ハンコトヲ  業ニ離レ飢テ  荒野ト為レ  紹ギ徳四海ニ溢レ威八紘ニ展ブ  是レ聖代  ラシメテ省ミルナキモノ是レ臣  言二法師一者行レ法  戯嗤レ僧歌  レ尋問  先日逗二留吉野山一之由申レ  太以不レ  而依レ聞二大衆蜂起事一  二大峯一之由上入レ山  レ尋二坊主僧名一  是為レ  唱レ門ト書也  レ書  ルヲレ説レ法羊僧  レ下事也  レ致  レ可二  子細於テ可レ届  レ是可レ申  レ加二下知一  レ閣候者  レ能二左右一候  レ加二下知一者  下令レ披  所々ニ有レ  レ可レ致二新儀之沙汰一之由  于レ  レ可二許可一事也  レ可レ  此分可レ閣之由  レ召  レ応二  レ能レ  如レ斯云云  於レ是時人名二白衣神人一而已  両方可レ属二静謐一之由  レ加二炳誡一之上  縦雖レ及二合戦闘乱一  レ可レ構二城  レ引  レ令レ  レ致二其沙汰一之状  二衆議一下知如レ件  レ耕二一畝田一  レ属二県官一  レ知二王公一  レ怕二牧宰一  以レ  レ知二子細一申状也  仍被二追却一之輩於欲レ令二安堵一  令レ言  如レ云令二還著一畢  二幡磨法師之不一レ知レ恩候者歟  為レ遂二幡磨与力一宿意云云  欲レ押  レ背二本寺一云云  因レ茲去仁治二年七月九日  何事如レ  令レ乗レ勝如レ此  尤可レ有  為二向後一尤可レ有二  レ為二上御沙汰一  レ足レ言申状也  雖レ可レ陳  二申如レ此之理非一  恣如レ此任二口臆一申  以レ一察レ万  且可レ垂二御景迹一候也  欲レ可レ賜二  二御納受一者弥奉レ  仍披陳如レ右  宿者更以不レ可レ成レ  就レ中三党者共ニ  如二上件一於二門跡一者不レ可レ  レ申所存  レ之者  レ存歟  レ疵了  如レ例  合五人分付レ  舜九納堂前辺ニ有レ  付レ  レ可レ有レ  如レ此事  天文年移レ此者乎可レ尋レ  于レ今古井有  於レ此幸井町  雖レ為二三党  レ成二守護  レ能二左右一者也  近日可レ  レ下二凡下一  自国他国如レ此  令レ造二板屋形一  レ勤二其事一  之事也随レ報下行者  至二于家随身早可レ令二勤仕一  レ令レ勤者  レ宛  レ可レ混二一同  レ他  レ令二召進給一之間  仍言上如レ件  レ免二他役一之由院宣之趣加二一見一候了  レ存二其旨一候  彼ハアット云ッテ倒レ机  レあなた  ヤンレ  レ簾山色悩二吟身一孱願  疾如レ風徐如レ林侵略如レ火  レ動如レ山  毀レ家貧士二十金  書二李世南所レ畫秋景一野水參差落漲痕  碧紗如レ煙隔レ窓語  レナウ  アンプレ  白レイス  於レ是有レ井  則汲レ  アッパレ詩人  オノレ  レ骨  レ富二春秋一  微衷聊欲レ扶二皇運一  死レ山斃レ海何須レ厭  レ如  覚レ  レ国  回レ首暁窓無二  挙レ首望二山端一  峰巒繞レ海海如レ湖  レ船連舳抱レ艫  レ夜港頭更添レ趣  繋レ纜殖民洲外岸  レ辺  羊港布レ碁家  レ葉艇翩翩  漢客勿レ  香港海如レ嚢  水連レ空  赤道将レ  レ風使二夢醒一  隔レ壁群蜂叫  誦レ経  レ風無レ樹  如レ烹  日将レ暮処涼先動  二飛蝉一張レ翅行  レ枯  覚レ蘇  レ風双熱  レ涼来  レ浪趨  レ辞二郷国一  繋レ船木曜島南湾  レ濤  起伏如レ竜是北濠  レ暮  高楼夾レ路昼如レ昏  レ国三旬海作レ家  如レ鉄堅二於船一  賭レ生遥  レ照時  レ利  レ路船難レ前  レ所レ願  回レ船濠洲将レ尽辺  世評紛紛何足レ意  士気倍レ  挙レ杯  千涯秋影入レ舟来  レ花時  吾始遇レ君如二旧知一  誰得レ敵  驟雨欲レ来雲脚  レ愛  レ収  卜レ晴郊外試二吟遊一  知レ吾独有二  レ風葉  レ声  驚客裏年如レ夢  背レ花四月  レ勝何論華  レ蛮  レ雷香港海  蕉風吹レ  作レ山  寒烟鎖レ海路難レ攀  南風吹レ雨天  レ雪  狂浪巻レ船鯤海風  人臥二客牀一静如レ夜  濠洋茫不レ  極地応レ  レ氷  レ知何処是西濠  レ知喜望峰何在  天為二屋壁一海為レ筵  レ船  竺海雲連レ水  終日逐レ船行  レ際  レ津  海接レ天辺  有レ垠  レ吾船是一繊塵  レ濠旬日  レ山  行雲含レ雨晴  游鳥追レ風  屈レ指欲レ知幾週後  繋レ船南亜尽頭湾  回レ首客  レ海動二乾坤一  レ句試題此光景  竺海浪如レ山  レ海  レ識身何在  回レ首天涯遊跡多  レ飽  路傍成レ列立  呼レ客勧二乗車一  環レ湾皆屋一街長  阜頭風月冬如レ夏  人来晩納レ涼  レ海海如レ銀  レ就  レ求二甚解一  二仰付一被レ為レ下候得者  重畳難レ有仕合  二仰付一被レ為レ下候  レ有仕合  レ地  虫声如レ雨  親レ仁善レ鄰國  口能言レ  身能行レ  レ讀二經書一  國必不レ能レ立レ國矣  レ學  レ政  則愛レ國愛レ類  隨レ  徳與二日本一稱レ  レ保二帝國  レ會有レ書  其徒如レ雲  其書如レ阜  レ耻可レ痛  四十曰レ強而仕  レ惑  也何敢望レ囘  囘也聞レ一以知レ十  賜也聞レ一以知レ二  弗レ如也  吾與レ女弗レ如也  囘也視レ予猶レ父也  噫天喪レ予  天喪レ予  爲一レ慟而誰爲  四十而不レ惑  七十而從二心所一レ欲  レ踰レ矩  而知レ之者一  子絶レ四  毋レ意  毋レ必  毋レ  毋レ我  レ語  寢不レ言  レ中レ門  レ履レ閾  隨分吹レ毛求レ瘢的  レ賊  惟坐待レ亡  一レ  臣受レ命  寢不レ安レ席  レ味  臣鞠躬盡レ力  嗣子可レ輔輔レ  如レ父  汝雖レ欲レ  レ爲  其可レ得乎  盡レ忠益レ時者  雖レ讐必賞  犯レ法怠慢者  雖レ親必罰  而不一レ賞  一レ貶  刑政雖レ峻  以二其用レ心平  視レ謖猶レ子  レ父  以二佚道一使レ民  雖レ勞不レ怨  以二生道一殺レ人  雖レ死  レ怨二  下別治レ生以長中尺寸上  レ使下内有二餘帛一  及レ卒如二其所一レ言  紂烹爲レ羹賜二文王一曰  聖人當レ  レ食二其子羹一  文王食レ  食二其子羮一尚不レ知也  易牙蒸二其首子一而進レ  易牙爲レ君主レ味  君之所レ  君所レ知也  得而食レ  レ厭  嬖人伍參欲レ戰  令尹孫叔敖弗レ欲  レ捷  參之肉其足レ食乎  參之肉將レ  レ得レ食乎  二以分一レ人  吾將レ使三秦王  食レ肉  醢レ肉  敝邑易レ子而食  析レ骸而爨  楚攻レ宋圍二其城一  民易レ子而食レ  析レ骸而炊レ  食レ人炊レ骨  中山君烹レ  作レ羮致二於樂羊一  樂羊食レ  二蘭成心肝一食レ  上聞而讓レ  何至レ如レ此  先食レ  至レ卿邪  賊俘レ人而食  納二人於臼一碎レ  合レ骨而食  連レ兵  レ息  富掃レ地矣  就レ  賊棄レ砦  處耘釋二所レ俘體肥者數十人一  黥者先入レ城  レ擒者悉爲二大軍所一レ啗  縱レ火焚レ城而潰  飢荒至レ此  死亡滿レ路  屍纔倒レ地  レ可レ止  成都食レ人尤甚  レ人而食  爲二強盜所一レ食  出爲レ屑以食焉  落草爲レ寇  レ得レ已而爲レ  レ喫二一  欲レ待レ  孝弟禮爲二餓賊所一レ得  孝聞レ  レ賊曰  レ如二孝肥飽一  賊大驚竝放レ  レ能レ得  復往報レ賊  願レ就レ烹  遂不レ害  レ食  仲義一欲レ烹レ  涕泣伏レ地  所レ  レ從  レ可レ食  願就レ烹以代レ夫死  聞者莫レ  レ哀レ  乃殺二其妻一以食レ  至レ曉將レ  レ馬  レ油點レ燈  李逵盛レ飯來  却不レ會レ喫  登レ車就レ道  遇二餓者一則賑レ  死者則葬レ  レ子以奉レ母者上  爲レ  二私錢一以濟レ  民聚爲レ盜  至下車載二乾尸一爲上レ糧  易レ子而食  嘗面剖而膾レ  以レ酒呑二人膽一  謂レ人曰  呑レ此千枚  則膽無レ敵矣  日計レ數而給レ  レ犒レ軍  以レ酒呑レ  食レ膽至レ千  レ敵矣  人相食有二誘而殺レ之者一  輒折レ脛擲二城下一  食レ  父食レ子  夫食レ妻  兄食レ弟  レ可レ問矣  二面剖而膾一レ  至二食欲一レ盡  嗟乎儻非下名將仗二皇威一而勦上レ  飮レ  竝殺レ  并レ骨銷盡  欲レ食二其婦一  婦知レ  踰レ墻而遯  令詰レ  申レ州録レ事奏  レ勅杖一百而死  欲レ噬二其肉一  レ詩上二衆官一  衆官做レ官却做レ賊  鄭廣做レ賊却做レ官詩  弄レ兵玩レ寇  遼兵至則從レ遼  宋兵至則從レ宋  滿奴食レ  滿奴衣レ  レ南兩児  レ廟  レ井  抂レ尺而直レ尋こと  足レ食  足レ兵  民信レ  レ敵主義  レ使三制レ梃以撻二秦楚之堅甲利兵一矣  レ此也  信知生レ男惡  是生レ女好  レ女  得レ嫁二比鄰一  レ男  醉臥二沙場一君莫レ笑  豐折レ臂翁  至レ今風雨陰  レ眠  レ悔  レ收  應レ作二雲南望郷鬼一  レ打レ釘  レ當レ兵  以レ公  爲レ將  得レ  レ用二公策一  勿レ  レ關焉  輝レ徳  レ觀レ兵  レ服修二文徳一以來レ  滿人衣レ  レ南兩兒  述而不レ作  信而好レ古  温レ  而知レ新  二以爲一レ師矣  曰爲レ高必因二丘陵一  爲レ下必因二川澤一  爲レ政  レ因二先王  レ謂レ智乎  尊レ  而卑レ今  殷周所レ都  歴二聖賢一而不レ作者  必不レ可レ立  河廼大禹之所レ道也  聖人作レ事  師レ古  レ師レ  レ我始レ古  レ我作レ故  始レ古  作レ故  王莽謙恭下レ士時  眞僞有レ誰知  稽二唐禪一レ虞  レ今以往  レ樣畫二胡蘆一  蕩蕩懷レ山襄レ陵  肉袒牽レ羊  簡而易レ行  以二色絲一繋レ  富人用二珠金一爲レ飾  民漢服及削髮不レ如レ式者死  レ從二本朝拜一  レ頂至レ額  世祖起レ  恬不レ知レ怪  上久厭レ  至レ是悉命復二衣冠一如二唐制一  於レ是百有餘年  無上レ所二分別一  下予以二文教一定レ民  レ茲以後  天下臣民照レ舊束髮  ペアレ  遇輙無レ  漫無レ邊  レ識二東西一  レ所レ准  望レ  レ命者一  有二遭レ賊遂亡レ身者一  レ至レ唐  レ駐  空擲中如レ矢  二早達一レ京  レ京七千五百廿里  レ可二記盡一  レ奈二牡丹何一  年來未レ覺レ新  龍塞始應レ春  此國所レ給衣糧  僅以續レ命  レ足二束脩讀書之用一  竭レ力涸レ財  レ拔二一毫一  レ能レ雇レ人  レ所レ對  願レ師二日本一  願レ留二日本一  兵操則思レ改二日本一  語言則樂レ效二日本一  手疵為レ負者四人  レ勝レ数  傳レ重  レ重  謂二繼レ父  一レ祭  云レ  凡治レ人  莫レ  愼レ終  民徳歸レ厚矣  孝以事レ君  事レ親孝  忠可レ移二於君一  以レ孝事レ君則忠  レ私忠也  爲レ人謀而不レ忠乎  上思レ利レ民忠也  以レ孝治二天下一  當二由レ是而行一  賜レ  國語孝經一卷魏氏遷レ洛  レ達二華語一  養レ老  必於レ學者  人倫莫レ先二於孝弟一  レ由二以見一也  使レ得二於聽聞觀感一者曰  致二其敬一如レ此  萬乘之尊且如レ此  爲レ孝者  慈惠愛レ親曰レ孝  レ君  二發下一レ獄  成レ疾  陛下方以レ孝理二天下一  此所レ  レ言レ有二老母一  如二卿所一レ言  朕何爲不レ赦レ  歸レ家  レ告三人殺二其父一  與レ魯  レ欲レ泄  賜レ盡焉  以レ己量レ人謂二之恕一  如心曰レ恕  如下從レ心  中心曰レ忠  中下從レ心  天下可レ運二於掌一  推レ恩足三以保二四海一  レ推レ恩  之人所二以大過一レ人者  善推二其所一レ爲而已矣  吾道一以貫レ  謂レ仁  道レ  以レ政  齊レ  以レ刑  民免而無レ恥  以レ徳  以レ禮  レ恥且格  而非二制レ治清レ  レ籍  レ財  レ闕  若作レ樂  釋レ服從レ吉  匿不レ擧レ哀  忘レ哀作レ樂  レ人等  遇レ樂而聽  勿レ論  レ子  居二父母喪一生レ子  二父母喪一生レ子者  レ亡以  雖下於二服内一而生レ子者上  縱除レ服以後始生  レ律得レ罪  犯レ禮傷レ孝  二人情一而太過者有レ  禁令服内勿レ生レ子  朕覽レ書度レ意  凡罵レ人者笞一十  告乞二免レ死養一レ老者  謀レ  凡謀レ  それ以上謀レ  其不レ言二  レ忍レ言也  レ文  無下謀レ  凌遲處レ死  雖レ痩二死獄中一  已殺者皆凌遲處レ死  罪莫レ  レ焉  レ問二傷レ人  一レ傷レ人  レ問二首從一  疾應レ侍  權留養レ親  レ逮  レ問二已招  一レ招  聽二其奔赴丁一レ  終レ制日  令レ得二逃亡一者上  知レ情藏二匿罪人一  令レ得二隱避一者  父爲レ子隱  子爲レ父隱  雖レ有二患禍一  レ死而存レ  能違レ  レ今子首匿二父母一  妻匿レ夫  其父母匿レ子  夫匿レ妻  父母匿レ孫  有下考レ子  問中子所上レ在  則犯レ上之奸生矣  レ宣レ令下子孫  レ辭  虧レ教傷レ情  莫二此爲一レ大  家人與レ囚相見  使二民以明伏一レ罪  レ須下責二家人一下上レ辭  莫レ大二於君臣  至レ如二刑法  爲レ裨二補教化一  當下以二人倫一爲上レ本  近年有レ罪者  其弊至下於使レ人  復知上レ有二綱常  惡事有レ  レ遂二詮議一  僞無レ  レ可二取上一事  品有レ  胡可レ比也  百行孝爲レ先  論レ心  レ論レ事  論レ事世間  讎弗二與共戴一レ天  レ兵而鬪  レ討レ賊  レ臣也  レ子也  レ人者死  傷レ人者刑  レ人必殊  爲二人所一レ  而子孫擅殺二行レ兇人一者  死者勿レ論  レ是民間  割レ  應レ  療レ疾  而其迫切救レ母  實屬レ難レ得  已加レ恩准二其旌表一矣  佛道説レ教  仍令上レ致二拜於父母一  レ得レ受二父母及尊者禮拜一  竝令レ拜二父母一  廢レ  事レ親者  居レ上  爲レ下  レ亂  レ爭  知レ爲二人子一  レ親  レ能レ報  レ子而求二其孝一  レ恕也  レ朋  レ楽乎  禮不レ下二庶人一  レ上二大夫一  而子孫別レ籍  レ財者  兄弟別レ籍  忠臣以事レ君  孝子以事レ親  謂レ謀レ危二社稷一  謂レ謀レ毀二宗廟  謂レ謀二背レ國從一レ僞  謂レ謀下背二本國一僭從中他國上  レ如二本方一  レ如二本方一及封題誤  作レ樂  受レ業師一  レ闕者  レ從而違  レ供而闕者一  六十宿レ肉  七十貳レ膳  レ珍  受レ業師  已成レ業者  一レ學  竝同二見受レ業師  事レ  如レ一  父生レ  師教レ  君食レ  レ生  レ長  レ教  壹事レ  唯其所レ在  則致レ死焉  報レ生以レ死  報レ賜以レ力  而罪莫レ大二於不孝一  父母命者勿レ論  居二父母喪一生レ子云々  不孝有レ三  レ後爲レ大  其父攘レ羊而子證レ  レ死而存一レ  鞭二父母一問中子所上レ在  如レ此者衆  レ相二伺之一  由申レ  レ妻  故買レ妾  レ知二其姓一則卜レ  三十而有レ室  違レ律  婚爲レ首  男女爲レ從  男女爲レ首  婚爲レ從  レ嫁從レ父  既嫁從レ夫  夫死從レ子  レ家制二於父一  必有レ從也  與レ夫  レ體  其夫毆レ妻  二折傷一勿レ論  斷レ罪離異  レ願二離  驗レ罪收贖  レ由レ所レ由  レ成レ婚  レ成レ棄  二七出及義絶之状一而出レ之者  雖レ犯二七出一  二三不去一而出レ之者  レ用二此律一  婦人學レ事二舅姑一  レ學レ事レ夫  レ事二舅姑一  レ如レ  レ妬  レ聽二婦言一  レ所レ受無レ所レ歸  諸犯二義絶一者離レ  レ肯レ離者一  兩不レ願レ離  以二造意一爲レ首  隨從者處レ從  妻欲レ害レ夫者  欲レ得レ官  レ人  レ火  鄭廣做レ賊却做レ官  以レ夷制レ夷政策  レ足三以威二於外一  關中官命啓レ土  允レ付レ梓  一レ土  佯掘レ  レ天行レ道  レバレ誠ニ  レ動カ  レバレ才ニ  レ治ラ  才ト與レ誠合シ  才智之所レ  レ養もの  レ愼  如レ此體  此レ英雄  而智者之所レ  事業如レ此  ドウセ破れカブレ  雖レ佳慵レ命レ駕  連レ袂歌呼  レ枝妄抛  レ酒僵臥  レ聞綿蛮和  花謝人絶レ踪  草嫩堪レ充レ茵  レ碍レ舸  行楽何知鬢欲レ華  隔レ水  レコック  正義所レ引  當レ本二先漢  レ信之史料上矣  化レ人  比レ人  能物レ物  明レ乎一レ物レ物者二レ  独治二レ天下一而己哉  遊レ乎二レ九州一  是謂二レ独有一  謂二レ至貴一  終ニ是レ悠々タル行路  止レ  憂鬱詩人レナウ  政道ハ紊レ  レ障子  アワレ美事  其方共申立ヨリ相知レ候  ハナレ  望用何愁レ晩求レ名  得レ寧雲梯終有レ望帰路  望用何愁レ晩  求レ名  得レ寧  雲梯終有レ望  妄想スル莫レ  オノレ藤兵衛  御家人クズレ  トリイレ  アブレそう  徒ラニ夢ニ悲泣スル勿レ  オノレ祈り  ペイレ  アワレ憫然  流行カブレ  レ動兵営静  レ有くも  清風明月是レ  スガレ  レ永観ニ談ゼヨ  今度アブレ  莫レ論二勝敗跡一人我暫時情一物  妄想スル勿レ  秀雅鮮麗ト挙ゲラレ  者ト生レ旃陀羅ガ家ヨリ出タリ  我レ日本  伊十院有レ  レ笑事  レ初  一統樣御機嫌能可レ  レ遊二御座一  乍レ  思召可レ  レ下候半  察可レ  レ申候得共  レ惡候向  レ有共  一笑可レ  參不レ申候  儀難レ有  レ下度  御仁宥可レ  當不レ申候  安心可レ  足踏不レ致  豫參有レ  レ爲レ召  レ得二尊意一候  覽可レ  レ爲レ成  レ成候儀  レ遊候段  レ遊候  レ伺申候  レ知候  レ望時  レ能レ及候  レ拜候  レ忍  一同樣先以御機嫌能御暮被レ爲レ遊候由  左樣御安心可レ  レ逢  レ成候始末  如レ此御座候  レ爲レ  賢察可レ  笑納可レ  レ致候  レ申候而  レ申候處  レ申段相答候  レ致者  決而無レ  レ致申候  レ食樣  レ申候間  コブレ  平民自身モマタ奴隷タルベクコノ世ニ生レ出デタルモノニシテ  ルハ夫レコノ流ナリ  破れカブレ  シャガレ  秋来見レ月  カバレ  トーレ  是レ平生人心  レ二肯テ  勿レ二  明籌不レ可カラレ摸ス  ニ勤ム二王事ニ一是レ眞儒  レ希ハ兒子  養レ子望二聰明一  レ災  レ難  キモレ開クレ運  レ僕造レ船以備レ變  レ減ゼ昔人  兒島高徳行宮題レ詩  酷暑有レ感  書レ感受ケレ辛  經レ苦  傲骨從來與レ俗違フ  レ古名聲多ク作スレ累  レ如カ林下荷ウテレ耡  レ因  レ願ハ二多能  レ作獨リ  レ適セ二時情ニ一  ビ生レ一  滿ツルレ耳ニ清風身欲スレ僊ナラント  聲不レ聞カ已ニ三年  晝情夜思不レ忘レレ君  青雲遼隔不レ容ベカラレ親シム  至テハ二于事フルニ一レ君ニ  論辯不レ止マ  レ知ラ二其  一レ爲ス  レ謀ラ  レ設ケ  レ可ラレ  ル二千思萬慮以テ救ハ一レ  シテ而雖二尋常諫疏百口陳ズト一レ  レ如カ二一死以テ諫メンニ一レ  ニ有ル一レ爲ス  レドモ死者人之所レ難ンズル焉  此レ  所レ謂ハ神盟者也  是レ所下以從二事シ於戊辰之役ニ一尊ビレ王  シテレ覺エ應ズル一レ  シレ暇レ救フニレ  歴レ年  經レ月  レ失ハ二神盟  夫レ戊辰之役ニ  レ能ハレ  而テ我レ  乃チ欲シテレ言ハントレ  彼レ  子其レ維二持シテ  北方ヨリ衝イテ上レ  上がりシダレ柳  夫レ医卜トハ素封  青鞋好欲レ趁二  待レ君  レ至  敲レ句  レ使二吾儕死一  處青山含レ笑迎  征途有レ恨君看取  アートレ  レクラス  何スレゾ其レ  烏鵲南ニ飛ブハ此レ曹孟徳ガ詩ニアラズヤ  此レ孟徳ガ周郎ニ  レキセル彗星  結局以レ和爲レ  伴フ児童落花ニ戯レ闘ヒ  空シウスル莫レ時ニ范蠡ナキニシモ  タダレ  レ苦  裾休レ曳此蕭森  連城抱レ璞多時泣  通邑伝レ書百歳心  レ暮林烏無数黒  歴レ年江樹自然  蓮塘欲レ継梁翁集  レスター  レプレゼント  禅宗カブレ  レ位助け  位シビレ  ソレ  アブレ者  レ及レ申  手形如レ件  違乱申者有レ  杜子美玉露凋傷楓樹林巫山巫峽氣蕭森江間波浪兼レ天涌塞上風雲接レ地陰叢菊兩開他日涙孤舟一繋  朧日出襯二今代一君作一篇足レ起レ予  ギ上レ  レ有ル段相聞エ候  之レ有ルニ於テハ  欲レ弁已忘レ言  ニ来レ  マンガレ  カブレ花  チ是レ空ナリ  チ是レ色ナリ  チ是レ空  チ是レ色  レ負二君親一  レ主  以レ首臨二白刃一  含レ歯戴レ毛者  二愛レ生  レ生来  因レ何有レ死  応啼レ生勿レ  レ智  レ得  以レ和為レ貴  従レ因至レ果  従レ果  是レ大神呪ナリ  是レ大明呪ナリ  是レ無上呪ナリ  是レ無等等呪ナリ  レ虚カラ  レ零五二・四三  坤為レ地  ニ作レ客ト百年  レ席  シメレ  心持ちカスレ  ノアレ  垂レ懐  オノレ妖怪  八方ヤブレ  レペル氏  レペル先生  レペル  レペル先生自身  レイス岬  所謂以レ水止レ水以レ火止レ火  天下火葬従レ此而始也  召レ上レ  レ皆  図レ  クズレざる  レ為二  尋可レ来  レ忝候已上  レ為二仰付一被レ下候  吉祥院南小島為レ本  殺生斗可レ致旨  レ之  是有レ罪人曝二道路一時  先以レ竿棒  是出レ  レ棄二不浄一者也  召レ  最初大工雖レ  レ可レ為之間  於可レ営レ  二棄塵埃一者謂レ  記レ  レ下レ  レ恙勤来候  於レ  龍顔開レ眉  于レ時有二遺子一名曰二副国一  凡所レ  レ有二刑戮一  磔レ尸  梟レ首  レ申候様  レ成可レ  レ為二仰出一候御法度之御趣  堅相守り可レ申候  為レ其頼申書付如二  レ申行当り  レ願候処  レ可レ致事  以軽可レ  類於レ有レ  官人騎レ馬射レ狗  為レ食者也  レ能レ窺二神明高貴  乍レ弁  為レ致候段  申渡置可レ  仕置可レ  レマス  忘レ  己レ  以テコレ  今使譯所レ通三十國とい  女王國東渡レ海千餘里  レ國  二山島一爲レ居  レ處  二女王國一東度レ海千餘里  而不レ屬二女王一  レ貢朝賀  二山島一爲レ國  度レ海千里  此女王境界所レ盡  能惑レ衆とい  佐治レ國とい  傳レ辭出入とい  景初二年六月倭女王遣二大夫難升米等一詣レ郡求下  斷レ髮文レ身  作レ衣如二單被一  貫レ頭衣レ  以二男子一爲レ王  乃共立二一女子一爲レ王  レ主二字  以二男子一爲レ王とい  寵臣レスター伯  継父レスター  レスター夫人  愚人食レ塩喩塩  乗レ船失レ盂喩  五人買レ婢共使喩五人  二商主一祀レ天喩一隊商  緑葉成レ陰子  レ枝  請レ帰二政権一也  内外政事親裁レ  雖レ用二大君名称一  橋以レ柳為レ名而不レ植二一株  夫レ等僅少ナル寸法  モーレ橋  充二観国賓一読レ書  レ筆如レ有レ神賦料二楊雄敵一  レ可二絶尽一也  倭武天皇為レ巡二東陲一  レ人奏曰  ラブレ  レタラ  ニオレ  レタガ  ソウハ切レ升マイトテ  荀與レ楊大醇而小疵  咸自作レ書  丁傅董賢用レ事  起レ家至二二千石一  レ雄以二玄  而雄解レ  所レ薦莫レ  レ徙レ官  及二莽簒一レ位  レ侯  恬二於勢利一乃如レ此  於レ是捨レ書而歎曰  問レ人  艱レ知也  レ難也  王莽折レ節以鼓中虚譽上  レ人焉  則可レ謂二仲尼一乎  敢問レ質  レ草而説  レ豺而戰  レ有二漢公之懿一也  莊周有レ  レ欲  問レ活レ身  君子所レ  越用レ明保二愼其身一也  一レ治  レ鳳  曰若レ鳳  レ諭  如レ玉如レ瑩  如其レ智ナラム  レ容作二離騷一自投レ江而死上  悲其文讀レ  二嘗不一レ流レ涕也  以爲君子得レ時則  レ得レ時則龍蛇  何必湛レ身哉  レ出二於老子一  レ昧也上  箔料ニトテ清衡令レ献二砂金一云々  レ請レ  清衡令レ押二領王地一  其時ハ可レ  仍不レ可レ請レ  法性寺殿令レ書二所々額一給之間  額ナリケリト令レ聞給テ  基衡雖レ廻二秘計一  擬レ検  基衡件郡地頭大庄司季春ニ合レ心テ禦レ  已放レ矢及二合戦一了  レ疵者甚多  基衡令レ領  三箇年終レ功  雖レ有二其議一  レ能二果遂一  自立為レ帝  以レ徳懐レ  遂称レ臣  而背レ  二発レ兵  レ煩二百姓一  匈奴唯以レ仁懐レ  レ得二以レ威  欲レ果二其事一  レ聴レ  レ受レ  基衡必増レ  レ及二定仰之数一  レ所レ増  レ増レ  二子求二小利一不レ顧  成佐所レ言雖レ巧  レ及二二子一  恥何事如レ  レ悲  レ及二追討一  仍以二陸奥住人秀平一可レ  レ任二彼国史判一之由  二申計一之趣不レ可レ及二異議一  惣以非二道理之所一レ推  事已難レ治  仍不レ顧二後害一  レ知二傍難一  為レ成二  レ行レ  令レ申二  レ経二院奏一  只以レ詞如レ此令レ申許也  秀平為レ責二頼朝一  因レ茲武蔵  仁之感レ物  応レ仁  二影随一レ形  二声致一レ響  みんなアッパレ  汝所レ居山  人民レ  飲食勿レ奠者  舎弟等成レ謀  我レ世々  レ可レ免  レ及二言語一候  密談移レ刻  レ法槍  レ及レ申候  レ用  如レ此一巨島  許レ  レ絶渡海  于レ時兩氏計策  魚獵難レ爲之由  先年松平新太郎因伯兩州領知之節相窺之伯州米子町人村川新兵衞大谷甚吉至レ  爲二漁獵一向後入島之義制禁可二申付一旨被二仰出一可レ存二其趣一  祿九年因幡國與朝鮮國與之間竹嶋與唱候嶋有レ  レ禁候段從  レ滿  此島周圍皆如レ此  浮レ之  レ明  レ知とき  渡し有レ  レジュール尊者  レアル  ボロキレヲスツポリカブセヨチヨチアルカセテユクトソノ手首ハブランブラント揺レ漫画  レバ既ニ家ハ壊レ  頭モ顔モ脹レ上リ  タ青年石ノ上ニ倒レ  アタリニハ負傷者倒レ  立レ橋  レ前人  為レ妃  輕薄爲レ賢誠實愚  是レ所謂井蛙  且ツ我邦ニハ是レ  示レ人天皇  終つてシビレ  示レ人  如レ斯古来未曾有  レ斎二祀本居桜根大人一而於二大前一祈白詞  レ識レ翁  レ減二少時一云  既而意有レ所レ決  魯読レ  為レ  従レ古  称二書難一レ暁  曰レ伝  レ知レ存  温レ故知レ新  二以為一レ師  レ知レ古称レ師如何  レ傳焉  レ可レ召  レ爲二管仲一者乎一  言羞レ稱二乎五伯一  召忽子レ  レ仁乎  レ以二兵車一  レ能レ死  吾其被レ髮左レ衽矣  爲レ諒也  重言レ如二其仁一者  此仁爲レ大  死レ節仁小者也  葢管仲雖レ  レ得レ爲二仁人一  而其利澤及レ人  治レ産  レ如二丹圭  則以二仁與一レ義  則以二財與一レ利  レ寢  巽以揚レ  レ可レ及也  レ法與  以二楊子之意一推レ  レ許レ  而未二嘗予レ  以一レ仁  レ曰下論二管仲一者  以二事功一論レ  如何其以レ仁也  如何其以上レ仁也  由也千乘之國可レ使レ治二其賦一也  レ知二其仁一也  焉得レ仁  エンドレ  始祖エンドレ  レ心  レ効半歳間首邱幸得レ  レ死如二仙客一尽日洞中棋響閑  病院ハ誰レ  シビレ薬  是レ亡友漱石  運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死  愚レ民而治主義等  民爲レ  啓レ民而治主義等  二肥前國松浦縣美彌良久埼一發レ舶  直射二對馬一渡レ海  郡ハ准レ上  日向アタリ所レ謂投馬國ナラント覺シケレバ  渡レ海千餘里  東渡レ海千餘里  男子爲レ王  倭女王卑彌呼與二狗奴國男王卑彌弓呼一素不レ和  二筑紫之訶志比宮一將レ撃二熊曾國一之時  於レ是太后歸神  西方有レ國  金銀爲レ本  謂二爲レ詐神一而  レ控默坐  二應レ知國一  於レ是建内宿禰大臣白  至レ勢以レ音尓稍取二依其御琴一而  那摩那摩迩此五字以レ音控  レ聞二  擧レ火  二國之大奴佐一而奴佐二字以レ音種二  於レ是教覺之状  二汝命御腹一之御子所レ知國者也  如レ此言教之大神者  欲レ知二其御名一  上筒男三柱大神者也此時其三柱大神之御名者顯也今寔思レ求二其國一者  事二鬼道一能惑レ衆  二男弟一佐治レ國  レ爲レ王以來  給二飮食一傳レ辭  縛壁ハ以レ席  以レ毒制レ毒  碧樹如レ烟  レ尽客  レ来風雨多  レ妻百病身  残冬欲レ尽帰  二人望一レ倚レ門  レ限好  市成レ渠  レ地風來枯葉  伯勞吐レ氣一聲  三寳之聲聞二一鳥一一鳥有レ聲人有レ心  レ成候所  皆效レ  将士銜レ  馬結レ舌桶  如レ桶雷擘裂  竜喪レ  レ面  帰レ  キナレ亭  グレーレ  刻レ木作レ神相対安置  頭上加レ冠  鬢辺垂レ纓  レ貌  所レ作女形  対二丈夫一而立レ  レ知二何祥一  時人奇レ  狼岩ニ集レ  レコート  欠レ知  従レ艸従レ開  ク分レ下垂シテフサノ如シ  爛レ  ニ栄ヘシ枝ハ枯レ行クモ  ク枯レ尽ルコトナキ多年生  レジョン  特攻クズレ  相用ヒ可クレ申候仍如レ件寛政  是レ一  黒レイス  レ下候様  持可レ  レ下候頼存候  ヒューレ  斷レバ水更ニ流レ  断レバ水更ニ流レ  己レ逸楽  嗟夫レ華族ヲシテ  己レ能ク無用  温柔ニシテ馴レ易ク  紺ニ暮レ  此三門輪転而被レ勤レ  レ置レ  レ為二強勢一  レ願  引渡可レ  風格、駄ジャレ  レノック巡査  レ美女  トウレ  ハ違背スル勿レ  乗レ勢テ他人  犯ス勿レ凡隊中所費  私スル所アル勿レ  挙レ事用  推察可レ  御機嫌能可レ  レ成二御座一  休心可レ  推覧可レ  加はり可レ申  九月廿三日龍尊父様御貴下御状被レ下  帰国可レ  安全可レ  乍レ憚御休意  レ下度候  レ下千万忝  御仁免可レ  成可レ  元利共必然皆済可レ致  仍レ  借用始末如レ件候  レ希  文難レ有拝見  レ命候事ニ  ニ有レ  企有レ  レ出  レ出バ大兵西下  らん可レ  レ成候時ハ私  聞被レ遊候  隊頭立候者ニ面会可レ致  以レ長  レ成候六条ハ  レ故  考可レ  心積可レ  彼レ両人  心得可レ  一筆啓上益御勇壮大賀至極奉レ存候  レ申事相成候  レ下候段  仍而何歟為レ酬レ  鑒被レ下度候  如レ此候  聞込可レ  レ成候ハ  手紙有レ  数々有レ  レ頼候而  レ拠長州  レ成度  聞被レ成候得バ  レ伺候  レ云  候思在レ  為レ知候  レ存候得バ  レ存候間  印置可レ  レ希候  受取可レ  咄有レ  何レ拝顔  出浮被レ成候得バ  出浮被レ  浮被レ成候得バ  何レ後期ニ  レ変  レ計  レ申セ  何レ近日二度ビ関ニ出候而決定可レ致  文難レ有  レ可レ謝御事ニ御座候  レ成度御事ニ付  レ参  一飯一宿其事一切存不レ申事  引合可レ  レ申分ハ  二成下一奉レ頼候  レ帰  レ申こと  レ賀候  レ下度如レ此御座候  レ成度候  レ得レ止訳  聞可レ  レ候人  レ頼候  機嫌能可レ  レ成二御座一目出度奉レ存候  レ共先ヅ後藤  申聞奉レ願候  候事有レ  仕度候得ども何レ長崎  見合可レ  何レ近日  レ察候  レ対二早々ニ一頓首  咄可レ  突可レ申  為レ聞可レ  為レ聞  卒報如レ此  一同可レ  レ及  発可レ  レ忘  レ下難レ有  出し可レ  渡し可レ申ハ  一通御達置可レ  ハ可レ為  御供可レ申  レ候  皆手長以下人兼居レ  杖レ酔退出  レ思罪免  桃花源記ハ陶淵明ガ己レ  レ候ヘドモ  ト無理ニ引キツレ往キシ  以レ夷制レ夷  レ残提灯  ホーレ  加レ  湯殿一之人所レ着衣也白絹也  カストレ  コルレ  一二六九年コルレ  レスリー筆  レ字レ小  レ事レ大  以レ小事レ大者  レ天者也  レ天者保二其國一  レ道則  二巻而懐一レ  而其所レ為  啻立レ気斉作二威福一  レ動二声色一  以レ此至レ捍二当世  此戦国余習未レ改  其私義廉潔以有レ  レ是衰  曷可レ  レ感焉  而無レ所二激憤一  レ激  其行雖レ  レ軌二於正義一  レ愛二其躯一  而不レ矜二其能一  羞レ  二足レ多者一  儒以レ文乱レ法  侠以レ武犯レ禁  夫侠之為レ言  レ生高レ気  排レ難解レ紛  レ身成レ仁者是已  レ成候事  レ免候  度可二申付一品有レ  度曲事可レ申候  海畔移レ居氣亦新  梅花籬落自成レ春  田家避レ  斗酒與レ誰歡  雜雜排レ山果  將代レ席  富レ家  レ用レ買二良田一  レ用レ架二高堂一  出レ門莫レ恨レ  如レ簇  レ妻莫レ恨レ無二良媒一  書中有二女顔如一レ玉  效レ此  隱レ身也  流字以上十字以レ音  此神名以レ音  訓レ  訓レ立云二  フェルトレ  至レ夏苦熱  蓋藉二其凉津一沃レ肺也  レ庭而奏  レ遂  孤村至レ曉  イマイチド生レ変ッテ仏法  レ暴  以下其近レ己而俗變相類  議卑而易上レ行也  學者牽二於所一レ聞  レ察二其  因擧而笑レ  此與二以レ耳食一  愛レ民  レ與曰レ惠  辟レ土服レ民曰レ桓  レ内  レ禮曰レ煬  レ天虐レ民曰レ煬  レ能レ制  レ謀二其政一  寡人得下見二此人一與レ  レ恨矣  三代之書經レ秦殆盡  レ讓二土壤一  レ擇二細流一  レ覩二皇居壯一  失レ道而後徳  失レ徳而後仁  失レ仁而後義  失レ義而後禮  レ治二夷狄一  山東出レ相  山西出レ將  關西出レ將  關東出レ相  南方爲レ優  北方爲レ  深夜聞レ鷄起  半生事業何所レ成  レ毒而亡  レ知二何処一  乾此云レ賦  吾レ死スルノ後  応レ慎  レ堅二御身一  レパルス  是レ史乗ニ所謂  是レ余ガ伊太利米蘭  勿レ釈レ甲  勿レ卸レ鞍  食レ於レ馬而後食  唯吾所レ嚮是視  窃嗤レ是曰  風雪如レ此  二三百騎一冒レ雪馳  昧爽抵レ城  晴信分レ兵為レ三  応レ  レ戦而潰  疾如レ風  徐如レ林  侵掠如レ火  灰之所レ及  レ愛二黄鶯一聞二杜鵑一  人造人間レマルク君  レマルク君  ウッカリ夫レ  マツテ武人ニ生レ  義仲ハ是レ  レ居給フ  麓ニ流レアリ  レドメイン  レ可レ謂レ  其間経路有二極難レ明者一  例如レ対  二必皆可一レ信  レ覚百感交集  栂原山也気乃曾里縁魔乃土也以二山巓一為レ界  二砺砥沢北一而隔レ山沢水西流合二片品川一  樹木以レ火焼レ  於二山中一作レ炭  レ清語  レ知二其異人一也  臨レ行以二一巻書一  レ清云云  レ山作レ炭云時一  遇二神人一授上レ書也  蒋氏以為二厳青始作一レ炭者  



前後の言葉をピックアップ
る報  る言  る説  る骨    レア  レアカー  レアッテ  レアティス  レアリスチック


動詞をランダムでピックアップ
ない切り払いくぼまひそまなわくわしちびる守らあぐねるひみ知合う引継ぐ刳り縮らし乗り後れ走り込む思ひ鎮まっ助け出せ
形容詞をランダムでピックアップ
おそれおおい淋しきいがらっぽいきめこまかはなはだしみれんがましいひどかろ無いエラからきつかれ青黒しひよわくほいなくすべっこい華々しくあしい若き恐き長たらしく重かろ