「モ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
モの下から出たりはいったりしている  モ好ク似  モウケてくる  モの字一字で聞き分けたり  モ少し幼少い時分から稽古して置けば  モと同知して置く  モをムと訛る  モの訛と取れば  モ少し善くハガキ運動について考へて見なく  モウケている  モウケたと云っても  モ少し種々なことをいひ  モ少し種々なことをいいあってから  モ少し何とか優しい事を云つてからでなくちやならん  モ少し行くと  モ重ンスヘキ日本国ノ国法ヲ無視スルニ止マラス恐  モちっとも怨みには思いませぬ  モとイッサの相似たるも彼と此との上にはいでじ  モ少し負けろ  モ少許真摯に考へて見ませう  モ少し見たら  

~ モ[名詞]1
それがモの  商いをしてモ  聞ひて頂くならモ  天津教ではモを  ムもモの  自分がモ  之からモ  何百倍とモ  古物ハ言フ迄モ  

~ モ[名詞]2
まだモ  

複合名詞
モ能  彫刻モ高イ石段カラ割レテ墜チ石段ワキノ  海ニホトンド何モ  イカナル真理モ  風物モ  酷薄曝ラサレタ歌殷賑タレ歯モ露ハニ眠ルモノ死ノヤウニ  歯モ露ハニ  モ強劇  是モ  口碑ト雖モ事理ニ合スルヲ信用スルモ妨ナシ  予モ  兎モ角モ  モ一つ名前  キ縁モ  昨今デハマズマズ健康ニチカイ方デス文壇モ  慾ニハ私モ東京ニイテ  シ申シマショウ私モ華族  二モ  三モ  猿ト雖モ  余モ  リ候儀モ  僕モ汗ガナガレタリ  予モ君モ共ニ漢朝  周公モ及バザルコト  今夜モ十二時ニハオ婆サンガ  日モ夜モ祭  君モ魏  君モ足モト  ツパニツクツク並ンデ立ツテマス帽子モ揃ヒノ帽子  デス袴モ揃ヒノ袴デスツクツク  雀モ  モ一度私  ヨリ削除セラレタル一行一句ト雖モ日本  而モ人類歴史アリテ以來  監視セントシタル英國ニ發スト雖モ  則チ如何ナル國民モ間接税  現役將卒ト雖モ何等  而シテ私有財産ニ限度アリト雖モ聊カモ勤勉  資本ニ達セザル時ト雖モ  モ有力ニ説明シ盡シタルハ人  頽廢モ  出現モ國家  ナル大帝國建設モ百年  而モ非常ニ遭遇シタル時國民  行ハズシテ而モ徒ラニ同盟罷業  而モ改造後  而モ小地主對小作人  モ嚴勵ナルベキヲ以テナリ  父生存シテ而モ父ニ遺棄セラレタル兒童  ガ他家ニ嫁シテ餘力アル者ト雖モ  愛情アリト雖モ扶養能力ナキガ  滿十六歳マデノ女子ハ男子ト差別スベキ必要モ理由モナキヲ以テナリ  只英語ホド普及セズシテ而モ英語思想以上ニ影響  モ急進的ナル羅馬字採用  教育者モ  モ不便ナル國語ニ苦シム日本ハ其  作リテ而モ健康  素質ニ於テ二等卒モ今  其不合理ナルコト恰モ現時  恰モ政治的特權者ニ  自由モ自由ナリト結論セシムルモノナリ  恰モ英國ニ  企劃シテ勞苦止マザリシト雖モ  恰モ百萬圓  如キ希フト雖モ生起セザルハ論ナシ  而モ革命佛蘭西ガ  恰モ等シキ人間  而モ根本原因ハ日本資産家  取得スベキ時期ニ達セザル者ト雖モ  而モ此  信ジテ而モ  軍隊的軍艦的訓練ハ如何ナル專門的使命アル者モ身心  キ將來ニ於テ千百人ト雖モ足レリトセザル必要アリ  苟モ  西洋史ニ認メテ而モ二十世紀ニ至リテ  此名モ彼等ニ由リテ始メテ用ヰラレタルナリ  石製利器發見サルヽニ及ビ恰モ鐵器ニ先ダチテ青銅器  使用スル事能ハズトノ理由一モ存スル事  人民ナリト雖モ開化  日本石器時代人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ  祖先ナラザル事モ  者モ假ニ此名  シト雖モ  明言スル事甚ダ困難ナリト雖モ  間ニ存スル口碑ニ由リテモ幾分カ窺ヒ知ルヲ得ト雖モ  問題ナリト雖モ  點モ  ダ明言スル事能ハズト雖モ  勞モ空カラズト謂フベキナリ  流行デアツテ何モ私  消費モ  モ正確ヲ期セナケレバナラヌ種類ノモノバカリデアル  ソノタメニイササカノ不便モ感ジテハイナイ  レ得レ止ニ出ルト雖モ  オ金モ  マタ来月モ持ツテ来ルデセウ  今頃モ修繕シタコトガアッタッケガ  モ一箇  ロシク膨脹シ男モ女モスベテ一ツノ型ニカヘルオオ  苟モ此数策  モ一人外交専門  モ一人硬派  一モ言イ得ズ  君モ  私モ  ル間モ烈シク一様ニ押シ流サレテ居ルヨウダ  時モ州内ニ常備兵  交際モ絶ユベキガ  英国人民モ共ニ是レ聾盲ニシテ  而モ  而モ政府  而モ輦轂  時何トナク気ニナリマシタノデ暫ク経テカラ私モ便所ニ行ッテクルカラト申シテ室外ニ出マシタ  何モ云ウ権利ハナイ筈ダワ  私モ二言三言申シマスト  シテ自分モ自殺シヨウト決心シタノデアリマス  スノニ何モ物ヲ使オウトハシナカッタノカ  シテ自分モ死ヌ気  君モ道子  モ膝  オ種ト私ガカケツケマスト奥様モ目  ソレデ奥様モ夢中  モ一つ  モ一つ其お隣  モ些  モ軍対日仏連合軍  スト雖モ官民協力将来ニ於テ仏蘭西  日本人モ扨  滅却スレバ火モ  モ一つ擲  官モ爆弾売リノ仲間ト認メマス  波ノウエヲクネクネト四百メートルモ彎曲シ  芙蓉モ及カズ美人  モ一本  モ一遍  モ一ぺん水車小屋  モ一ぺん  モ一人  乞ヒ百銭ニ一銭モ受ケ落スト云フコトナシ  北条氏モ中興  柄モ  布地モ  アノ狡イ爺サンゲエテ閣下モ  モ一度  死モ  シ生モ  名前目録モ相添  モ簡単ニ諸君  モ愛スベキ忠犬ナレバ  間モ  スベテ一日モ  長者モ三尺余ニ  霧モ  モ中  コノ義戦ニ神モ霊威  尤モ  モ入念ニシテ  モ復讐  何事モ起ラザリシガ如ク平然トシテ歩ミ  教フト雖モ無益也  ヲ烹ルト雖モ無味也  善クスト雖モ  而モ敝衣襤褸ナラバ西子モ  糸毫モ錯誤スベカラズ  我許スレ君ニ君モ也タ許スレ我ニ  安武之家モ  雖モ二彼  モ犯スモノノ如シ  南蛮ニ往来スル倭船モ  尤モ僻陬  社内ニシテ而モ久古  モ群  リト雖モ其  モ君  一刻モ  重宝モ  モ甚ダシ  人モ家モ  和田モ  弓ノ勝負モ結構  詮議モ終ラヌサキカラ  草モ木モ靡シ秋  ヲサナイ歌モ  イ慾モ捨テルトヨイノニ  草モ木モ靡キシ秋  ヘル者ノハリツメタ心モ知ラヌ  モ来テ  奥モ住ミウシト云ヘリ  何事モ十年デス  艦隊モ駆逐艦一隻損傷  受想行識モ  クレ色モ  ク二受想行識モ一  ク二眼耳鼻舌身意モ一  ク二色声香味触法モ一  ク二眼界モ一  シ二意識界モ一  ク二無明モ一  ク二老死モ一  シ二苦集滅道モ一  クレ智モ  シレ得モ  諸仏モ  モ美シイ芸術ホド  ナタ様モ怨ミマセン  北海道ハ秋モ晩クナリマシタ  山人ト人モ  身モ心モ元気ニナッタ  耳モ  モ須要ナリ  譲ルト雖モ経略  其妻モ同様御所方ニ召サレ候ヘバ  モ一度越前屋  娘サンタチノ声ハ五町モ六町モトオルデス  モひとつ不平  モ一人他  事業モ  信神渡航者ハ一人モ往復  一人モ  半個モ  イハユル英雄モ豪傑モ  一人モ意気精神  而モ美醜間ニ於ケル眉目  イ人間モ存在シナクナルデアロウ云々  金モ  親父モ  兄モ  モ毎日見タ  衣服モ出来ルナラ  ソノウチ普請モ  モ治マッテ  ヤカマシイババア殿モ  人モ用イテクレルカラ  安全ヲシテヤッタコト幾人カ数モ知レズ  参詣モ  百万石モ持ッタツモリヲシ  世話人モ残ラズ玄関マデ出タガ  兵庫モ出テ  何事モ知ラヌト  大竹モ逃ゲタカラ  ソレカラ何モ知ラナカッタ  講中モ断ワッテヤッタ  南平モ悦ン  小林隼太モ  身分モ尊シ  二十位ハ幾度モ  断食モ三四度シタガ出来ヌト云ウコトハナイモノダ  地代モ宿賃モロクロクヨコサヌカラ  ソレカライロイロ家作モ大破ダカラ  イト引責モ出来テ  家来モ六ツカシク  葉山モ江戸  フダンカラ誰モ世話  ソノ後モ五両ニ壱分  孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ  時モ一緒ニ  ソノ時モ  タ時モ世話ヲシテ  誰モ嫁  何モ持ッテキテガナイカラ  道具モ高相応ニシテ貰ッタカラ  家作モ  暮シ方モ百両故  掛金モ出来ヌトイッタラ  又兵衛モ  稽古モ稽古場  ソレモムチャニナッテ幾組モ勝負ヲスルヨウニナッタ  御用モ下ルシ  ソレカラオレガ借金モ抜ケタカラ  オレガ云ウコトヲ誰モ云イ  私モ上  犬モ朋輩  鷹モ朋輩ダカラ  大兄モ  精一郎モ留メタガナカナカ聞入レガナイカラ  私モ今度  世間モ  断食シテ一日モ  心願モ疾ウヨリ止メタ  弟子モ皆  オレハ一度モ逢ッタコトガナイカラ  始メテノ挨拶モ済ンデカラ  カネテソノ咄モ聞イテ居タ  キナ物モ知レヌ  マタ酒モ呑メトセメタラ  ニ風景モ  ソレガ徳ニナッテ路銀モ  先モ武士ダカラ  何事モ  何モ間違イガ  帯ガ切レテ大小懐中物モ残ラズ落シテ逃ゲタガ  罰モ  手跡モ  キ友達モ  頭取扱モ不断ニ敵対シテ  モ兇悪ナル旅行者  モ犬  町方モ  三十荷モ持チ出シテ  火モ静マリ  華モ顔ニ火傷セリ  頭モ顔モ脹レ上リ  彫刻モ石段  石モ倒レルアリ  学徒モ  馬車モ来ル  福屋モ内部ハスベテ焼ケタリ  楠モ倒レタリ  墓石モ  浅野図書館モ死体収容所ト  胴体モ腕モケイレン的ニフクレ上ツテヰル  学徒モ四名死亡  嫁達モ  リニ出掛ケタ人モ  怪我シテヰタ人モ  タガッテ居タノハ君モ知ッテルダロー  物ハ観ルヲモ厭フ輩モ  我邦モ日ニ月ニ開明ニ進ム  千年モ  ニシテ百年モ  印モ  ルハ余モ同意ナレド  古物館ト云フモノハ一宇モ  モ驚ク可キハ王莽  交際上ニ於テハ毫モ論ズ可キコトニ有ラネド  ソノ些々タル影響モ受ケテイナイノデアリマス  モ申述ベテ置ク次第  接ス其状權貴モ如カザルモノアリ漱石  運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死  結果ニ屬スト雖モ忘ルベカラザルコトナリ漱石  リト雖モ贅疣  事モ  妹ガ家モ  テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺  シ葉オニグルミヨリ長大ニシテ核モ  ニ仁モ  アリ是モ  セシモノヽ別ニ葉モ花ラシキ者モナキ寄生品  変化物ナラント云ヘリ当時余モ葉  意アリテ尤モ喜バル  何度モ  一里モ先ニアル村  モ忠實ナル下僕  モ忠実ナル下僕  ヤガテ高木モ夜トナレバ  私モ以後  先日モ翔鶴丸ハ水夫頭  尤モ徳望智識アル者  尤モ始メハ  風モ治マリ  此項モ東京朝日新聞  兎モ角モ人間  怡モ樂シムコトナレド  此處原文トシテハ簡潔ニテ氣韵モ高ク感ゼラルレド  尤モ用  モヤ  毛甲類モ  文詞モ面白ケレバ  モ愛ス可シ  モ一度清子  モ一つ吉野  砲弾モ炸裂スル  爆弾モ毒瓦斯モ  滅亡モ  眉目モ美シウ情モ  



前後の言葉をピックアップ
メーンマスト  メーン・ドゥ・ビラン  メー・デー  メー・トリー            


動詞をランダムでピックアップ
さしおきはりさけよ心付け焼か組敷かまがえる焦らそ要っ相まつ取り繕うめしぐす驚く申し上げよ打ち明けおれあいぎし成る代わり折りたたみ
形容詞をランダムでピックアップ
丸く聡く罪深くゆかし有り難からねつく空々しい気恥し偉かろ美しゅう明く空恐ろしきたのしいいたましく五月蝿眩しくっやわらかくつまんないみっともない思わしくなくっ