「マア」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

マア[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
マアどうした  マア図らざるところでお目に懸りました  マア暑いから羽織を脱ごうよ  マア早くお帰りになりました  マアお早くお帰り遊ばしました  マアよく似ておる  マアお健かでいらっしゃいます  マア持って行きなさい  マアこんな意味合もあって  マア珍しいことがある  マア続いた事は西洋のお話もいたしましたが  マアあつて見  マア何とも仰しやらない  マア御らんなさいませ  マア随分うまいことを云っていらっしゃる  マア何故そんなによそよそしい風をあそばしますの  マアそんな事を云う  マアどう遊ばした  マアどうなすった  マア聞き給え  マアこのひろい中にたった一人になってしまった  マア考へても見  マアおかみさん心配しねえが  マア思い掛けない  マアどうもいけしゃ  マアおかめを私の処へ連れて来て置く  マアこうやって  マアお達者なお顔を見られやんした  マアよく考えて見ろ  マア殺すべいとまでに悪企みをされやしたから  マア上って倶に一盃あがっておく  マアそう云わんと  マア聞き玉え真理を話すから  マアしかし  マアいいじゃありませんか  マアゆっくり遊んで  マアあの二人を山の畑へ遣る  まあにしか来ない  マアこの安さんの口入れで決まった  まあにし  マア大きくみればかかる  マア堪えてくれろといわんばかりに書いている  マアそれでもいいことを聞いた  マアごかんべんを願います  まあも少しあとを聞いて  マア待て待て  マアどんなに自分が女だという事を情なく思って居た  マアと思う  マア篤り胸に手を宛てて考えて  マアお這入なさいナ  マアかにして上げましょう  マアもう些と御亭主さんの傍に居て  マア聞いて御覧なさい  マア考えて見給え  マア考えて御覧なさい  マアもう些と辛抱して  マア隠れ御礁の磯が鳴る  マアちょいと上り給え  マアその通りですけれども今日のは上等にして  マア御緩りとお遊びなさい  マア遊んで居給え  マア長い繊が出来ましたね  マアともかくも僕らに任せ給え  マアどうぞ終いまでよく聞いて下さい  マア助かんなさったと  マアこの二人の人は悲しそうな顔をしている  マア有難う存じます  マアはいって  マアまだ社会へ出ないで  マアどうも実にあきれちまうよ  マァざっと然ういう  マアこうしておきましょうとか  マア思はれる  マア待つて居  マア御覽なさい  まあらしのようなものもいれば  マアお妙ちゃんが死んだ  マア考えてみた  マアやりはじめた  マアしかしシェークスピアを読ませたいと  マアさうかもしれませんね  マア旨く役立つといいが  まあに見えますがね  マアどうしたら  まあも少し面倒をみてくれたっていい  マアと後へまわす  マア折々御辛抱下さい  マアいいにしておきます  マアいいその位のもんだからつけときましょう  マア探っただけを話して見よう  マアこういうのもある  マアそういう点まで一応訊ねさせる  マア凡そわかる  マアよい事をしたと  マアなるつもりでセイゼイ鼻毛を伸ばすが  マアそんな事云う  マアと云ったって  マア度々あっては  マアああいう  マアこうしてすこし手当すれば  マアということにして  マアいいと思います  マアすこしの間吻っとします  マアとお思いになる  マアいいと云うだけでないから  マアと思うと  マア御らんなさい  マアこの際役不足を我慢して  マアとびっくりして  マアあんなことも云って見るという  マアともかく一休みと横になっていたら  マア何とかそこは又捌ける  マア何と睡い  マアこの鳥籠二階はゆれる  マアときどき国府津にでも行って  マア珍しいと笑いました  まあかなのと桜のましろいのとがいろどり  マア起きていた  マアそういうふうに解釈している  マアそんな風に考えられてきた  マアこんなところへ何でお出でになっている  マアこの辺から出られる  マア何とかやってゆけるでしょう  マアと云われたりする  マアすこし勝手がきくぐらいの  マアそう考えつきました  マアお珍しいと売ってくれました  マアどういたしましょう  マアこの暑さに皮ジャケットなんか生きている  マアそういうあわて  マアそんな事はどうでもよいがその人が何じやといひて  マア何とも早や言語に絶つて居るとか  マアお入りなされの  マア貴嬢のような人は御座りませんぞ  マアかへりませう  マアどうも何とかお怒り遊して  マア好い事聞いた  マアお上りなさい  マアお顔を洗つてらつしやいな  まあもすこし行ってみよう  まあもすこし行つてみよう  

~ マア[名詞]1
殿様が召すからマア  これはマア  折角だからマア  アラ彼奴はマア  事はマア  それはマア  違つて藥なんかマア  違つて薬なんかマア  時はマア  それがマア  私はマア  私もマア  お蔭でマア  私をマア  それもマア  運命がマア  あんたはんのまあに  頃はマア  中でマアと  それはマアとも  そんならマア  人たまあに  志を説いてマアとも  何んとマア  沈着ようはマア  芝居だからマア  夜でマア  方はマアと  あなたもマア  ことはマア  私はマアと  文学にだけはマア  その間はマアという  アンポンだからマア  上手につけてマア  何かマアと  稿料がついて来たからマア  帯でマア  不足かも知れぬがマア  ひとはマア  俺はマア  のならマア  のもマア  妙だけれどもマア  是はマア  今日はマアか  そりやマア  根治とはマア  其中でもマア  

~ マア[名詞]2
どうもマア  よくマア  本当にマア  痛いまあ  嘸マア  くマア  誠にマア  どうぞマア  どうしてマア  大層マア  どうかマア  なにしろマア  さぞマア  一寸マア  ともかくマア  

複合名詞
マア何  マア兎  マア女  マア一緒  マア何ゆえ  マア往き  マア四月  マア余り  マア健か  マア思い掛  マア不思議  マア此様  マア積ッ  マアこれ  マア支那人  マア元気  マア使  マア夫  マア私  マア君椅子  マアそれ  マア免  マア出  マア不得要領  まあよう  まあ戦  マア闇  マア散歩  マア殿さまハ  マアほんとう  マアしずか  マアそう  マアお嬢さん貴方  マアどこ  まあ一寸  マア商売  マア村  マア低能  マア訳  マア待ち  マアさよう  マア大変  マア紫陽花  マアそうサ  マアお話  マア我慢  マア橋本さん  マア物  マア貴方  良人マア  良人マア幾歳  マア貴方心配  マア火事  マア大  マア心得  マア御免  マアおかみさん  マアお前さん  マア此処  マア此間  マア八九月あたり  マア軽躁  マア大事  五八マア此方  マア名主  マア頭  マア斯  マア真実  マア先  マア炭  ほおまあ  マア可哀相  マア聞玉  一体マア  マア一服  マア疲れ直し  マア一つ皆さん  今度マア  マアお上  マア奥  マアどっち  マア一口  マア十二年  まあ機  まあ買  マア怎うしよう  マア以前  マア此方  マアさ  マア揶揄つて  まあ差  マア御存知  まあら  マア君  マア双方  マア職業教育  マア世の中  マア今  マア私娼  あれマア腕  マア薩摩  マア日清戰争  マア男  マアこれ沈着  お前さまマア此方  マア沢山  マア目  マアお待ち  マア君待ちたまえ  マア上手  マア別荘  マアどれ位私  マア上り  マア先生  まあ内  マア一つ話  マア我輩二三人  マア普通  マア聞  マア落胆  躰マア人  マア文さん  マア返事  躰マア何  マア本田さん  マア芝居  マア願い下げ  マア本田さん聞  マア傍  マア人  マア寄席  マア大洗沖  マア首領株  マアちゃん  マア家  マア僕  マア綺麗  マア辛抱  マア寡  マア坊  こんど一つマア坊  マア坊の  マア怪我  マア学校  マアそこ  マア一杯  マア淫風  マア三  マア一種  マアしばらくぶり  まあ群行  此マア汗  マア別  マア決心  マア能  マア豪勢みたい  まあ訳  マア報い  マア景色  マア意地  マアのんき  マア大槻  マア御覧  マア小林さん  マアこっち  マア幸福  時マア  マア此事件  マア何うしろツ  まあ書き  マア伯爵  密使マア  マア伯  マア小説  マア云つて  マア何方  マア悠乎寝  マア野村さん  マア悠乎寢  マアきれい  マア滅多  マア日本  マア何ん  マア小山内薫  マア三人  マア数分間  マア三枚  あれマア旦那様  マア大騒ぎ  マアお前  そりゃあマアそう  マア仕方  マアお上がん  マア理窟  マア一俵  まあ気味  マア十年  マア今日  マア二冊  一仕事マア  マア殺し  マアただ  一体マアお前  マア卵子頂  マア無事  マアよう  あらマア  マアお正月  マア印象  マア雨  マアあと  マア土地  マア二時間  マアお茶  マア静観  マア一番栄さん  マア結構  マア色どりゆたか  マアいずれ  マア自然  マア満点  マア一寸  マアどうしたんだい  マアお年玉組  マア話対手  マア七八分  マア多賀ちゃん  マアあすこ  マア十円どまり  あらあらマア  マア三ヵ月  マア変  マアいくら  マア読者諸君  マアいちばん妥当  マア俺  マア僕ら  マア情報省  マア吾  マアここ  マア自慢  マァそれ  マア決着  マアあれ  マア思い  マア避暑  マア其  マア辛棒  マア私たち  マア借金  マア人間  マアそいつ  マァそう  マア気  マア二十分後  マア一つ屋根  マア静養  マア空想  マア痴話  糸マアそ  マア旦那  マアおき  マアあなたこ  マア上品  マア城主様  マア可いよ  マア此人  マア眞箇  マア可  マア小母さん  マア彼  マア臥床  マア祖母さん  マア自重  マア口許  マア言つて  マア日向先生  マア小説みたい  マア何処  マア巧  マア済み  



前後の言葉をピックアップ
        まあ  間合  間合い  マアイツタイドコカラ  マアカム  マアガリン


動詞をランダムでピックアップ
果てきしめかとりかかる預かれる摘めなげこめ押し広めふてくされるとりはからわかかわる色めか攻めかけこづか摩ん見付かり留置か被り落ち行けおさまら払いこま
形容詞をランダムでピックアップ
濃き情ないいろっぽく芳しからにがにがしき未練がましき芳しい華ばなしい容易しいぶかしかっ目ざとい忌まわしくくすしおそろし険しきばっちいあぶらっこい涙脆