「テ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
テあっさり言われたら困り  テをいつも用いる  テ之ニ武器ヲ与ヘ  テもなくこの陰謀に引ッかかってしまった  テはないのだからボロいその夢は忘れられない  テはたびたび用いたので  テにかかったら  テもう一ぺんあの女を妾にしたる  テの字の焼き印のある  テけれども夫に感心しては  テあるもんかと泣きこんで  テというのが今いう  デなくッて成程人減らしだッて罪も咎もない者をそう無暗に御免になさる  テこないしたらええいう  

~ テ[名詞]1
思ヒ出シテツクヾヽト考へテ  猿ニ似テ  狸をかついで行くテは  ぶんが出かけてゆくなんてテは  ほかにテは  熔接なんてテは  受ケテ倒レテイル姿ヲ見テ  おれかテ  片仮名のテの  メに見テ  事実とは云われぬテ之から  事を言うテけれども  タとテの  やつにしがみついてるなんてテは  地口をいうテは  ハジメテ見テ  大勢ガケンマクヲ見テ  オレニ庭ヘ出テ  んやテ  横になったかテ  

~ テ[名詞]2
強テ  このテ  そのテ  無いテ  痛テ  

複合名詞
面テ  テ微笑スルバカリデアラウカ十二月  撃テ  テ解レ鞅心空飽新  ニ尋テ二芳草  一歩スルコト因テ  舞衫歌扇總テ成レ塵  高温ニ於テ  使用スルヲ以テ自然  アイノニハ造リ得ザレトモ童人種ハ却テ  以テ長年  高山山巓ニ於テ  テ四五十名カト思ワル  以テ通信  國防線ハ分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍  テ供給  カサルヲ得ス人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國  ク旺盛ナルヲ以テ竟ニ英國  聚合ニ由テ容クルニアラスヤ  リト言フニ於テ孰カ能ク  交フルヤ第一線タル海軍ニ於テ制海權  テ是ト揆  一ニセサルモノ果シテ幾何カアル國防ニ於テ既ニ  以テ敵  米西戰爭ニ於テ一タヒ米軍ノカビテ及ヒサンチヤーゴノ海戰ニ大勝  以テ  延テ帝國國防  曝ス處ニ於テ海軍少佐  テ驚ク穴トイフハ小キ穴卜思ヒシニガランドナリ心持  んテ  以テ中止イタシ候  慶応三年八月長崎表ニ於テ坂本龍馬ヨリ受領  後日野間原泉口番所ニ至リテ直右衛門ニ書テ  合テ三両二朱余払フ  其時件ニ付テハ曽テ木桂ヨリ来書アリ  合テ云々ト  丙寅五月二日ワイルウヱフ破船五島塩屋崎ニ於テ死者十二人  略記都テ後日結写文飾  テ二了義経ニ一  此法華経ハ於テ二  以テ名  明治三十七年十月病テ歿ス  ラクハ僧ト為テ心了セザルコトヲ  僧ト為テ心了セバ  以テ金言ト成ス所ナリ  ヲ以テ  夜半来テ天明  此国人笑テ突出  ダ嘗テ開カズ十五  以テ祖宗  デ調  層台ニ登ッテ情ヲタノシム中天ニ華観ヲ立テ飛閣  威嚇シテ以テ東道トナス  以テ労  以テ彩ル  泰ンズルヲ以テ徳トシ任トスル武門  テ十万  ソノ序戦ニ於テ  必ズ出テ戦ウ勿レ  以テ我ガ王世子ト  テ下サイ  以テ四海同胞皆是仏子  以テ彼  治メテ以テ尺寸  大正八年八月上海ニ於テ起草セル者ナリ  從テ何等カ  以テ限ラルベシ  以テ此  從テ  從テ其レガ左傾スルニセヨ右傾スルニセヨ  與ヘタル隣邦支邦スラ酬ユルニ却テ排  我ガ日本ハ彼ニ於テ  以テ終ニ天皇  階級鬪爭ニヨル社會進化ハ敢テ  以テ四海同胞皆是佛子  以テ天皇  其範圍ニ於テ土地ト人民トヲ私有シ其上ニ君臨シタル幾多  從テ天皇ハ  從テ同時ニ宮中  クノ場合ニ於テ感情的雷同的瞬間的ナルヲ以テナリ  以テ組織セラルル所以  日本國民タル權利ニ於テ平等普通ニ衆議院議員  ナリト云フ意義ニ於テ選擧ハ  本質ニ於テ  従テ假令國外出征中  彼ニ於テ婦人參政運動トナレル者我ニ於テ良妻賢母主義トナレリ  以テ東西文明  以テ財産  以テ組織サレザル社會ハ奴隸的社會萬能  私有財産限度超過額ハ凡テ無償  以テ國家ニ納付セシム  以テ現行法律ニ保護  嘗テ家  以テ徴集スル所以ハ  以テ悉ク此等  以テ國家  以テ血族其他ニ分有セシメ  紊亂スル者ニ對スル立法精神ニ於テ  セバ物質的享樂及ビ活動ニ於テ至ラザル所ナシ  至上權ニ於テ國家  以テ血族其他ニ  私有シ得ル所以ハ凡テ國家  地主ハ其經濟的諸侯タル形ニ於テ中世貴族  ニ私有財産限度以下ニ於テ所有權ニ伴フ權利トシテ賠償  ニ於テ拙劣ニ試ミツ  思想ニ於テ遙カニ後進國ナルハ論ナシ  土地問題ニ於テ英語  以テ其所有タラシム  一大地主トナシ以テ國民ハ國家所有  所有權ニ移シ以テ土地民有制  資本ガ限度以内ニ於テ各人  其限度内ニ於テ確實ナル所有權  從テ改造サルベキ社會組織  土地ハ凡テ  ヲ以テ市  從テ都市  以テ利得  國際的分配ニ於テ將來  從テ國有トシテ國家  國際的分配ニ於テ不法過多ナル所有者  以テ生産  自由ニ於テ表ハレタル者ニツキテ特ニ保護助長スベキ者ナリト云フモ其四  建設的理論ニ於テ  超過セル生産業ハ凡テ  以テ交付ス  限度及私有財産トノ關係等凡テ私有財産限度  徴集ニ於テ其等  超過シタル時ハ凡テ國家  ヨリ敢テ凡テヲ事業家  基礎及ビ範圍ニ於テ直接且ツ密接シテ國家社會  以テ資本トス  海外投資ニ於テ豐富ナル資本ト統一的活動  却テ  以テ遠洋航路  東西比利亞ニ取得スベキ運命ニ於テ  爲ニ凡テ關税ハ此省  從テ國家  從テ基本的租税以外各種  權利ヲ犯ス者ナルヲ以テ單ニ手數料  以テ公私  從テ軍人官吏教師等ハ勞働者ニ  以テ發揮シ得ベキ者ニアラズ  以テ修養ニ享樂ニ自由ナル人權ニ基キテ  斯ル場合ニ於テ  事業ニ於テ將來  株主會議内ニ於テ決定シ  家庭ニ於テ勞働スル者ハ此限リニ  以テ認識セラルルハ論ナシ  天地トシテ  兒童タル權利ニ於テ  經テ給付ス  場合ニ於テ國家ハ  ハ特種能力ニ於テ教養セラレ得ル兒童ハ  武士ガ凡テ後顧  國民タル點ニ於テ國民的人權  ジキハ凡テ此  以テ其  從テ從來  權利トシテ受クル者ナルヲ以テ  以テ國民タル常道常識  以テ國民教育  從テ女學校特有  家庭ニ於テ父母  進歩ニ於テ英語國民ガ世界的知識  以テ浮薄輕佻ナル知識階級ナル者ヲ作リ  國民教育ニ於テ英語  復活的躍動タル根本義ニ於テ特ニ急務ナリトス  配列表現ニ於テ悉ク心理的法則ニ背反セルコトハ  讀ムニ凡テ日本文ガ顛倒シテ配列セラレタルヲ發見スベシ  以テ國民教育期間中ニ世界的常識  以テ國際語トセント決議セシ  從テ今日  キ將來ニ於テ  權國民ガ西比利亞ニ於テ露語ヲ語リ濠洲ニ於テ英語ヲ語ル顛倒事  以テ肉體  訓練アルヲ一理由トナスヲ以テ其レヲモ廢止スルガ  兵役ニ於テスベキコトハ凡テ兵營ニ於テスベシ  程度ニ於テ海上ニ  國民教育ニ於テ只陸軍的模倣ヲナサシメテ海兵的訓育  施サバ以テ海兵ニ用フベク以テ陸兵ニ用フベシ  素質ニ於テ二等卒モ今  戲ルルハ其興味ニ於テ  以テ滋養價値等  以テ一切  服ガ普及シタルヲ以テ其レ  根本的革命ハ戒嚴令施行中ヨリ實施スベキ者ナルヲ以テ  中學校程度ニ於テ別個  以テ婦人  父母タル立場ニ於テ其  權利ニ於テ殘虐ナル一方  以テ放火  以テ臨マザル方針  紊ル者ナルヲ以テ別個  意味ニ於テ加罰スル者ナリ  訴ナキ場合ニ於テ姦通罪  受クルヲ以テ  蹂躙シテ却テ得々タルコト我國  ズ從テ辯護人  以テ直接ニ法官ト對セシムル能ハズ  適用ニ於テ遺憾  從テ此  時ニ於テ  從テ其  以テ相續セラル  遺産ハ夫タル父ニ於テ凡テ相續セラルベシ  能力ナキコトヲ第一歩ニ於テ立證スルモノナリ  從テ過般  程度ニ於テ日本ハ幾百倍ヲ感ゼザルベカラズ  タルハ凡テ其  リ得ベキ特權階級タリシ點ニ於テ  敢テ今次  以テ日鮮  戰ニ於テ  彼ハ講和會議ニ於テ其  間ニ於テ彼  亡ビタルヲ以テ  民族ナル點ニ於テ屬邦タルベカラズ  ニ於テ自決スルヲ得ル覺醒的民族ト  ニ於テ自決スル能ハザル八十歳  家庭ニ於テ老婆少女  以テ噴飯スベキ此  末節枝葉ニ於テ如何ナル非難アルニセヨ  日本人トシ日本人タル權利ニ於テ其  道念ヲモ生活ヲモ腐敗シ盡シタルヲ以テ  根本組織ナルヲ以テ現在及ビ將來  權利ニ於テ其  日本ハ凡テニ於テ惡模倣ヨリ蝉脱シテ其  是レ主權國民タル自負ト欲望ニ於テ忍ブ能ハザル所  國ニ於テ先ヅ此  二十年後ニ於テ日本人ト同一ナル生活權利  領土内ニ在郷軍人團ナキヲ以テ  文化ニ於テ日本人ト略等シキ程度ニアル者ニ對シテハ  領土ニ於テ三年後ニ取得シ得ベキ理由ハ  體ニ於テ優秀ナルヲ以テナリ  支那ニ於テ傭兵ト云フ者英米ニ於テ義勇兵ト名付ク  誕生地ナルヲ以テ  會議ニ於テ英米ガ傭兵制度  凡テニ於テ  併呑シ以テ私慾  者ガ軍國主義ナラバ嘗テ陸上ニ於テ  海上ニ於テ英國ノナシツツアル者ハ實ニ遺憾ナク完成シタル海上軍國主義ナリ  從テ傭兵ト徴兵トノ強弱ヲ論ズルコトハ無用ナル詮議ナリ  テ其  キヲ以テ  意味ニ於テ  抱テ夫ニ殉死スルコトヲ天國ニ行ク道ナリト信仰ストモ  ジキ意味ト程度ニ於テ  中途ニ於テ  状態ニ於テ信仰  地上ニ於テ  ジキ一神教ニ於テ  低級ナル者ニ於テ斯ル例  教育的差等ヨリ結果セル者ナルヲ以テ  少尉級ニ匹敵スベキヲ以テ  ルコトヲ以テ一種  以テ戰ヒシ英米  テ許ス可カラザル  キ將來ニ於テ千百人ト雖モ足レリトセザル必要アリ  隊外生活ニ於テ物質的差別アルベキハ  範圍ニ於テ貧富ニ應ジタル自由アルガ如シ  テ開戰スル如キハ國家  近代ニ至テ世界列強ガ戰爭  從テ利己其者ハ不義ニ  利セントスルニ至テ正義  状態ニ於テ不義ナリシ如ク  ニ於テ彼等  テ彼等ガ  テ富豪タルト  冠トシテ之  ニ於テ食フベキ土地  從テ今  失敗ハ凡テ日本ガ日英同盟  從テ英國ガ一時的全勝將軍タルガ爲ニ瞬時雌伏スルニ  却テ戰後ニ於ケル利權設定等  以テ海軍力  支那ニ於テ二國ガ  戰中ト講和會議トニ於テ彼  而テ支那保全主義  堅持スル日本ハ彼トノ衝突ニ於テ  以テ立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ  日本ハ支那ニ於テ東洋  批評ニ對シテ男子的ニ是認シ而テ男子的ニ反省シ改  戰中ニ於テ日本ハ獨逸  敢テ軍閥内閣ト黨閥内閣トニ差等  彼等ハ講和會議ニ於テ英國  以テ露國  ル程度ニ於テ支那  而テ印度獨立  三大國是ニ於テ  始メニ於テ背後ニ迫レル露軍  却テ其  却テ米國  以テ獨逸  逆用シテ却テ兩立スベカラザル敵國  以テ先ヅ今  切開手術ニ於テ日本  トヲ墨守スル者ハ革命論ニ於テ羅馬法皇  以テ存立スルコトハ  以テ今  通ジタル歴史的進歩ニ於テ各々其  設定ニ於テ  國ハ凡テ謎  以テ語ラル  甞テ土耳古  改造シ以テ來ルベキ史上未曾有  以テ始マル  改テ知ルト云事スクナク  頼母敷トコロ有テ  也末代以テ如此成ヘシ  以テ利器原料  カリシヲ以テ  以テ爭鬪シ  以テ耕作セリト云フ  此名ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名  炭層トニ於テ發見サレタリ  此ニ於テ人類ハ石時代ヨリ  研ギ以テ鏃ト成シ斧ト成シタル人民何ゾ自然  地方ニ於テ偶マ斯カル變遷有リシトノ事  キ所ニ於テ石器  以テ移住民  一人民ニ就テ石器使用  テ石器使用人民棲息  度ニ於テ古代亞米利加  ダ以テ  經テ始メテ明カニスルヲ得ベキハ  ヲ以テ甲ハ乙  ヲ以テ甲ト乙トハ  點ニ於テ遺物  一致スルヲ以テ知ルヲ得  部落ニ於テ幾分カ宛存ス  以テ葺ケリ  地ニ於テ爭ヒヲ生ジ  以テ造レル舟  以テ屋根  以テ呼ブ可シ  移住ニ於テ南方ヨリ北方ニ  以テ證スベシ  クトモ北海道ニ於テ  地ニ於テ絶滅セシカ  以テ身  レドモ總テノ點ニ於テ  以テ純然タル  カニスルニ於テ有力ナルノミナラズ  日本ト云フヲ以テ  石器時代人民ト云フヲ以テ唯野蠻  ヲ以テ既知遺跡實踐  ヒラガナヲ捨テ切レヌ人ハ  復スルヲ以テ  甚ダ以テ相  捨テ  敢テ難シトセズ  伏テ願クハ公明正大  以テ天下ト更始一新セン  スット奥カラ出テ来タソウデス  カク手ガ氾濫シテ来テ  ノッソリ出テ来テ  形假名唐文字以テ寫シ寶卷皇祖皇  形假名唐文字以テ寫シ寶卷  自然ニ従テ世界中  以テ考フレバ  以テ国内  以テ我諸州  以テ人民  之ニ由テ国政  附与スルヲ拒テ裁判局  テ無事  以テ文局  以テ我人民ヲ制伏セント欲シ  結テ其党  テ我州民  述テ其罪  テ妄ニ害  以テ我諸州ヲモ独裁  テ師  リタルニ由テ  雇テ我国ニ  世ニ出テ人  洋中ニ於テ我国人  テ其親戚朋友  卑フシ謹テ願訴シタレドモ嘗テ  随テ願訴スレバ随テ  テ此国ニ移住セシトキノ景況ヲモ述ベ  以テ懇談シ  嘗テ  謹テ次件  以テ独立シ  都テ独立国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ  以テ購ウ  誠惶頓首頓首謹テ奏ス  伏テ惟ルニ臣田間  匹夫敢テ規  伏テ望ムラクハ陛下  伏テ惟ルニ東京  業ニ離レ飢テ  食ナク病テ薬ナキアリ  テ他国ニ流離セリ  テ憂悶手足  議会ニ於テ大声疾呼其拯救  ヲ圧抑シ誣テ兇徒ト称シテ獄ニ投ズルニ至ル  伏テ惟ミルニ陛下不世出  以テ列聖  以テ念ト為サヾルニ  地ト人トヲ把テ如此キノ悲境ニ  竭サシメ以テ陛下  報効ヲ期シテ敢テ一身  以テ利害  冒シテ以テ聞ス情切ニ事  伏テ望ムラクハ聖明矜察  子細於テ可レ届  バカリ二五ヶ所一於テ召仕  以テ6033ト記シタル唐紙片  スルト軈テ二階カラ人ガ  ソレデ彼女ガ便所カラ出テ来タトコロヲ廊下ニ擁シテ話シタノデス  テ居ル間ニヒソカニ道子  テ居ルラシイ事ヲ室  ハ昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作  以テ証明ス  テミンナ  政虎聞キ候テ可討留物  どすテ  扨テ前日  興長主武蔵ニ謂テ曰ク  上刻向島ニ於テ  成候テ可  申候テ爰元  以テ尊ニ代ラントシテ入水シ給ヒシ為  之由風聞ス仍テ  以テ淡路國廣田庄  数ヲ増サムトスル現勢ニ鑑ミ本邦ニ於テ  ニ必要ナル施設ヲ講シ以テ是等学生ヲシテ安シテ学  スト雖モ官民協力将来ニ於テ仏蘭西  伊加留加宮ニ於テ山代大兄及其  面前ニ於テ  以テ柱  待テ乃チ  以テ班揚ニ比ス  テ隣近所  テ無学  テ谷間田  ニ帆影ニ随テ  テ土  吹テ暮秋歎ズルハ誰ガ子ゾ  相似テ相似ズ  テ凶天  ル相似テ  シカモチリメンノ袷着テ  都テ公儀  日本橋ニ於テ  地ナルヲ以テ  控制スルニ便ナルヲ以テ  鎮府ヲココニ建テ  テ文章ニアラザルモノトシテ  シ万里雲尽テ  貴下ニ於テ  欲スル場所ニ於テ  我等ハ敢テ云フ  宛テ賜ハルベキ也  宛テ行ハルベシ  如クナルヲ以テ  行ウヲ以テ塩  テ畜身ナリ  以テ字トナス  手紙テ  働クガ如キハ嘗テ聞カザル所ニシテ  テ剣法ヲ学ビ  コレヲ以テ欧羅巴  以テ平民  以テ敵ニ  ニ於テ  ク視テ幸ヒヲ望ム  以テ容  法何ゾ以テ  敢テ  認メ二得テ天心  英雄却テ  レ二肯テ  テ買フ二林泉  願クハ留テ二魂魄  專ラ顧テ二君恩  起テ整ヘテ二朝衣  兄稱シレ弟ト弟却テ稱スレ兄ト  ク凌テ二波浪  一却テ姑息  失題幾ビカ歴テ二辛酸  一志始テ堅シ  謬テ作リ二京華名利  時來テ牲犢應ニレ遭フレ烹ニ  易テ二榮枯  ルレ能ハ二敢テ言フ一者  而テ下情上達シ  癸亥年英艦來テ戰フ二於鹿兒島港一  安武以テ二多年勤勞之功ヲ一  以テ二賜金  シテ以テ爲ス二天神  始テ知ル二安武  從テ而歸レバ  以テ修ム二徳業  當テ二此  ラ奮テ謂フ  ル二千思萬慮以テ救ハ一レ  レ如カ二一死以テ諫メンニ一レ  以テ爲シ二薩人ト一也  テ告グ二  答テ曰ク  テ而上ルト二于政府ニ一  リ歸テ具サニ以テ二其  安武以テ二忠實之資ヲ一  以テ二其  而テ欲スレ  ンコトヲ下以テ二存亡  願クハ蹈テ二大義  以テ鼓二舞ス一郷之子弟  而テ我レ  ホ下見テ二昔日戰亡  以テ二此  以テ得ンレ代ルヲ二彼  以テ得ベカラズ  如トシテ以テ意  優游シテ以テ歳ヲ卒ルベキモノ  余嘗テ山東洋ニ問フテ曰ク  古人ト言語シテ以テ胸間  ダ嘗テ人  危坐シテ客ニ問テ曰ク  挙ゲテ以テ相属ス  三面ハ渾テ本郷駒籠谷中  ケテ以テ稍ク二三ノ楼  キハ曾テ算フルニ遑アラズ  テ這地  以テ巨擘トナス  開イテ以テ仲街  吉野ニ於テ崩御ノオ聞エアルニ  妻ニ於テ一家  其必要ナル程度ニ於テ借財  為シ以テ一家  夫ニ於テ予メ  解シテ始テ其裁判ハ悉ク情理  以テ申入候  テ空キ苔  以テ血  モ来テ  テお前  復員軍人テお前  良心テ一体  たかテ  兄貴テ  掏摸テ豪勢  掏摸テ  テ茲ニ  洋上ニ於テ  以テ急追攻撃セシメタルモ  叩イテ以テ一夜  シカシタイテイハ風トイッショニ雨ガバラバラヤッテ来テ道  内地人テ  新任ねずみ会議員テ氏  テねずみ  テねずみはぶ  以テ歿ス  スグニ帰ッテ来テ下サイ  以テ負担スヘキコト是  踰エナガラ正当ナル理由ナクシテ絶テ  ヲ管理セシメ以テ予  以テ刺スコトヲ為サン  ツテ以テ秦楚  テ仙法ヲ学ビ松  以テ衣  テ仙法ヲ学  鑒識スルノ興奮ハ視官ニ於テ最盛ナリ  以テ吾人  待テ  リ以テ其數ヲ増ス次圖ハ其製式ナリ  其欲スル所ニ從テ其數ヲ増スヲ得其版圖  馬場ニ於テ  日暮テ  テ兵役ニ就キ老弱者ノミ止リテ村  十一時五十八分テ事  ココデ真似テ  書生さんテこと  御免テ逃げツ  藤野さんテ  治世ニ於テ  テ英国  リ着クトコロヲ以テ  彼等ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ  以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ  元年ニ至テ歸朝セリ  ワタクシハ予テ世間ニ於テ人間  解テ  上下歯クイ違テ  五十以テ  人足ガ出テ  若者ガ来テ  シハ出来テ  テ居タガ  取扱ガ来テ  支配ヨリオンミツヲ以テ  シタガッテ来テ  テ金  テ居タ  前町ヘハイロイロ商人ガ出テ居タ  大頭伊兵衛ガ道マデ来テ云ウニハ  テ門マデオ迎エニ出ル  ソレカラハ講中ガ残ラズ出テ馳走ヲスルカラ  兵庫モ出テ  オレガ裏店神主ト云ッタヲ聞キオッテ腹ヲ立テ  翌日皆ンナガ尋ネテ来テ  残ッテ居テ  殿村南平トイウ男ガ来テ居タカラ  本所デモ大勢弟子ガ出来テ  テ別レタト聞イタ  大勢ソノムレガ寄ッテ来テ  テ礼  相弟子ヤ心易イニ出シテ取出立テ  借金取ガ来テ  キニ腹ヲ立テ  イト引責モ出来テ  三千両ホド借金出来テ  五十両持ッテ来テ  テ云ウニハ  仁ガ来テ  二郎ガ来テ  一ト心得テ近所ハ  段々家ガ衰エテ来テ  ハソノ株ガホカニモ出来テ  ソノウチ大兄ニ近親共ガ来テ相談シテ  待ッテ居テ  オノシ等ハ先達テ中  ソノウチニ姉ガ来テ  肩衣マデ着テ行ッタ  諏訪部ガ来テ  テ居ロト云ウカラ行ッタガ  ニ虎ガ出テ  テ居タカラ  テ来タ  手代ガ二三人来テ熊  テ佐野槌屋  会所カラ大勢出テ引分ケタガ  額ナリケリト令レ聞給テ  テ三ニ  テ帰参云々  忍郡者基衡蔵テ先  基衡件郡地頭大庄司季春ニ合レ心テ禦レ  聖ダンテ  テ其病  静ニ処シテ以テ動  以テ生ル  禁ヲ立テ  玉ノ井テ  便所ニ居テ頭上ニサクレツスル音アリテ  テ間モナク強烈  テ西洋  ヲ愛玩スルニ就テ  賞鑑スルニ於テ  甚シキニ至リテハ争テ其  形ニ就テ  愛玩スルヲ以テ  却テ支那  建テ  比外国人ハ競テ日本古物ヲ買求ムレバ  却テ我邦ニテハ自国上代  余ガ曾テ  価ハ至テ廉ナリシト云ヘリ  有テ其  農村ヤ工場ニ於テ  以テ窒息セシメタ各国  彼奴ハ内地ニ於テ  懷セシムルモノニアラズヤ漱石明治四十三年此地菊屋ニ於テ舊痾  有志相謀リ其忘ルベカラザルモノヲ明カニシ併テ  公園ニ建テ漱石當時排悶  ヲ擴大セルモノ由テ以テ片鱗  以テ贅疣ト爲サンノミ  ナラザルナリ況ヤ此碑ニ於テヲヤ敢テ需ニ應ジテ碑陰ニ記スト云フ  達磨さんテ  經テ  訛テ云  鴛鴦フタツ居テ  五倉通路ニ於テ密航者  秘密ハ当地ニ於テ  なんテ  以テ明示スルニ至リテハ  以テ第三者ニ対抗スルコトヲ得ス  告訴人ハ我国土ニ於テ著作権法並著作権法施行規則ニ則リ其  ラハ告訴人等ハ右譲受事実従テ右主張  以テ被告人其他  做サレ従テ同盟  裁判所ニ於テ偽作者ニ対シテ訴訟  著作物ニ表示セラルルヲ以テ足ル  テ生ズ  開テ傍ニ  ハ聚テ筒  如ク末ハ開テ  以テ帰京後  以テ此種  フトキ処ヲシゴケバ皮細カニ砕テ離レズ  ラ切テ落  テ長ジテ尖鋭  味至テ辛ク可食偶  テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺  テ長崎ニ来ル  如ク以テ飢  ニ風ニ遇テ輙チ抜ケテ旋グル  飛蓬ハ飄風ニ遇テ行ク  テ車  類ナリ根ハ蔓ニシテ長ク地上ニ延ク処処ニ茎立テ地衣  庁ニ於テ罰金弐拾円ニ処スル旨  従ッテ右罰金ハ被告人ニ於テ納付シタルモノニ無  グ成テ  テ言ハデ連れダ夫婦  成テ  以テ二ニ応ズル事也  以テ二ニ応ズル時ハ必ズ勝ツ  刀ヲキ抽テ水  抱テ放心逸楽  ヲ視テ  人ヲシテ敢テ言ハズシテ惘レシム  愛セシメバ以テ家  誰カ敢テ誹議センヤ  テ二尺ニ足ラズ  以テ求道  何テ  独リ江楼ニ上テ思ヒ渺  上告審ニ於テ事実審理  テ出発  ニシテ前審ニ於テ手数料及謝金  清党ニ付テ  命令ニ付テ  以テ遺棄セラレタルトキ七  場合ニ於テ離縁アリタルトキ  為シタル場合ニ於テ離縁  凡嘗テ本藩  為スヲ以テ主トス  今後自他ニ論ナク其志ニ従テ撰テ  乗レ勢テ他人  時ハ薩州人さし立テ  関ヨリ行テ下  ヲ求メテ以テ仁  シテ以テ仁  兼テ  大政ニ参与シ兼テ  旋風ニ就テ  ルベキヲ以テ  テ先方  以テ廣ク之  功用ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ  兼テ二段  テ後日  目的ニ於テ  帝国領土内ニ於テ  帝国領土内ニ於テ存在シ  出願以前ニ於テ  公知ニ属スルヲ以テ  従テ本願ハ  以テ拒絶セラルル理由  発見セザルヲ以テ  皆テ  以テ吾ガ国ニ臨ムモノアラバ  大抵視テ以テ狂トナス  奴テ  テ阿呆  テ構め  古金舗ニ於テ  本栖湖ニ至テ最高ク  テ陸奥ニ奔ル  捨テ子  以テ語リ会ツタ  以テ勲等簿冊ニ記入ス  於テ他  



前後の言葉をピックアップ
手まり  手釣り    手々  手文庫  手間取り  手仕事  手仕舞  手のうち  手のもの


動詞をランダムでピックアップ
偏る抱えこま働かせ着せれ乾こ先立たつけこみ嘉せのべれそめよちぬるはじきかえす抱きすくめよさきがけ有り得れ御する引っ込める心がける吸っ引きゃ
形容詞をランダムでピックアップ
けばけばしそらおそろし冷っこく物すさまじく弛う如才無く明るくっひよわい憎らしきごつい宜しはげしけれ温かけりゃ甘う手荒き厚ぼったい惜しから気遣わし粘く聞きづら