「ツァウォツキイ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

ツァウォツキイ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ツァウォツキイと云った  ツァウォツキイと知合いになった  ツァウォツキイはそれからも身持を変えない  ツァウォツキイはそれを恥ずかしく思った  ツァウォツキイの顔をじっと見ていたが  ツァウォツキイは拳を振り上げた  ツァウォツキイはひょいと飛び出して  ツァウォツキイは今一人の破落戸とヘルミイネンウェヒの裏の溝端で骨牌をしていた  ツァウォツキイの声は叫ぶ  ツァウォツキイは鉄道の堤の脇にしゃがんでいた  ツァウォツキイは気が附いた  ツァウォツキイはようよう鉄道の堤に攀じ上った  ツァウォツキイは小刀の柄を両手で握って  ツァウォツキイはすぐに死んで  ツァウォツキイの死骸は墓地の石垣の傍に埋められた  ツァウォツキイは無縁墓に埋められた  ツァウォツキイも載せられた  ツァウォツキイは車の小さい穴から覗いて見た  ツァウォツキイはそれを苦しくも思わない  ツァウォツキイの番になって  ツァウォツキイは黙っていた  ツァウォツキイは頷いた  ツァウォツキイを見た  ツァウォツキイはこう云って  ツァウォツキイの肩先を掴まえて引き摩って行った  ツァウォツキイは胸に小刀を挿していながら  ツァウォツキイを蹴った  ツァウォツキイは十六年間浄火の中にいた  ツァウォツキイはだんだん光線に慣れて来て  ツァウォツキイが言った  ツァウォツキイは翌日申立をした  ツァウォツキイは早速出発して  ツァウォツキイと申す  ツァウォツキイはまた歩き出した  ツァウォツキイが来た  ツァウォツキイはすぐに女房を見附けた  ツァウォツキイは左の手でよごれた  ツァウォツキイは右の拳を振り上げて  ツァウォツキイの顔をじっと見た  ツァウォツキイはぼんやり戸の外に立っている  ツァウォツキイはもう我子を打った  ツァウォツキイは間の悪げにあたりを見廻した  ツァウォツキイは急いで帰った  ツァウォツキイの肩を掴んで    

~ ツァウォツキイ[名詞]1
名をツァウォツキイと  女房は始めてツァウォツキイと  女房はツァウォツキイの  一しょにツァウォツキイも  目をしてツァウォツキイを  押丁共がツァウォツキイの  足でツァウォツキイを  後家のツァウォツキイと  永遠に別れて帰ろうとするツァウォツキイの  娘はツァウォツキイの  押丁はツァウォツキイの    

~ ツァウォツキイ[名詞]2
とうとうツァウォツキイ    

複合名詞
時ツァウォツキイ    



前後の言葉をピックアップ
      ツァイダム  ツァイダン  ツァツォツキイ  ツァラ  ツァラア  ツァラツァラン  ツァラツストラ


動詞をランダムでピックアップ
立ちならぶ追い散らさぬけよ還せやどり突き出しこせる留ら飽き飽きするまかなわ駆け寄ろみのがせくゆらせる盛りあがり棹さしらっしゃん兼ね備えるましなぐさん
形容詞をランダムでピックアップ
うい狡いむずかしけれ辛い物悲しゅう普しふるめかしい堅い腹黒いいわけないにくい堆かっすばやかっ手痛すぅがたうわかき惜し弛き