「サア」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

サア[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
サア出せと一言いえば  サアと流れ出せば  サア大きなり  サアは七人の清らかな若い強い騎士を選んで  サアこうなると  サアお乗ンなせへまし  サア入らっしゃい  サアという仕方を我々に向ってする  サア早う上つて下さいと  サアおすいなさい  サア出てもい  サアもう一度来い  サア話しが段々煮えて来た  サアこうしち  サアどうぞお受け取り下さい  サアどうか上つて下さいましな  ザアと降る  サアこの信号を解する  サアこい来たれと  サア其の翌日から教頭の宅に葉書が盛んに舞ひこむ  サアこうなって来ると  ザアと降っている  サア浮くわ浮くわ  ザアという雨降りの音のようなただ一本の棒をひき  ザアと雨降りの棒一本の落下音がのびてくる  サア出せと叫んだ  サア出せいやなら十杯飲めと迫る  サアと成る迄は  サア既に男とすれば  サア既に斯まで手配が附て居れば  ざあと流れる  サアその古學流の腐敗した  サア来るわ来るわ  サア早く食べておくんな  サアこの菓物を取り給え  サアどうする  サアそうなると良人や私どもの苦しむ  サアその事は私も色々に研究して  サア持って来なさい  サア早く旦那を出して下さい  サア出かけようじゃあがあせんか  サア多舌て居る  サアしつかりして  サアもう一軒訪問したら  サア上って下さい  サア早く茲へ来て下さい  サア其の神様は秀子に命をも捧げさせようと云う  サア立って居ては  サア其の決心と云う  サア其の鍵で其の戸をお開き成さい  サア御勝手にお帰り成さい  サアお這入りなさい  サア其の証拠は何所に在ります  サアといって立てないほどになった  サア御主人様の所へ行け  サアこうなって見ると  サア早く茅町の通りへ行って  サアと二人の兄さんは大層口惜しがって  サアは起き上って  サアが寝ている  サアには何でも斬れる  サアは一番に飛び出して  サアが刀を抜いて  サアはまた残りの半分と二番目のお姫様を貰って  サアのお妃の父親の王様も死んでしまって  サアも立派な鬚を生やした  サアは大層怒りました  サア駈け出そうと言うと  サア駈けろと言うと  サアとなれば  サアとなれば困りや仕ないと信じている  サア待っていらっしゃい  サアもうしめたというので  サア来たと私は思った  ザアと釜にあけた  サアそろそろ出掛けようか  ざあと通るばかり  サアいよいよ奈落の底に落ちて来た  ザアと降って来た  サア喰ってやるから  サアお久さん花を買って来るよと  サアこの話がどうしても叔母に言い出されない  サア聞いてくれ  ザアと小粒の雨がそそぎ入る  サアという声を発しさせようという  サアと一応そわつく  サアをつけました  ザアと音して  サア出て行かぬか  ザアもゐず  ザアの代りにその数人を発見した  ざあ寝てて  サア寄越せと云ふ  サアしみったれた見方なんかするない  

~ サア[名詞]1
中に落ちてサアと  手でサアという  雨がザアと  そこからザアと  事は出来ませんサア  川がざあと  覚悟して待っているとサア  私ですからサア  ぢやないかサア  呼申したよサア  大変ですからサア  アアとサアと  アアとサアは  兄さんのサアが  あとからサアが  アアとサアの  アアもサアも  弟のサアは  野猪がサア  薄に攀じ登りサア  それにサア  一かたまりになってざあと  復たザアと  私はサア  手をひろげてサア  女のサアという  水柱がザアと  一人のザアの  何百人と入れてサア  

~ サア[名詞]2
あんなざあ  

複合名詞
サア何奴  サア私  サア迚  サア如何  んざあ  サア來  サア何  サアそれ  んざあ器量  私なんざあ  サァ刀  サア大変  ざあッ  んざあ絶対  ざあー  サア二三十円  俺なんざあ  ザア水  サア何時  サア何日頃  サアそこ  サァ明朝  サア天狗様  先週なんざあ  サア今度  なんざあ吾儘  サア繰出  サア此  サア言  サア路用  サア我々  サアこれ  サア此処  サア打  サア信書  サアここ  なんざあ  サアこっち  サア戦争  サアわし  サア洋燈  ざあ腕っこき  サア只今  遽然ザア  サア温柔  サア斯  サア返杯  サア鋤  サア野原  サア喧嘩  サア博賭宿  サア罪人  サア夫  サア是  サア此三本  サア一理屈  サア精  サアさ  サア平馬殿一献  サア今日  證據物なんざあ何  サア廻礼  サアこちら  サア君  サア阿古屋立ち  サァ長州兵  武者修行なんざあ甘え  ロシヤ語なんざあ  んざあ文久錢一文  んざあ外  おらなんざあ  逸見なんざあ  サア皆  サア鰤  サア事  サア容子  知らざあ  んざあ眼中  サア大原さん  サア大体  サア代  サァ空襲  んざあ駄目  お前なんざあ  んざあ文字  繩なんざあ  んざあ粋  瓦職なんざあ豪気  おいらなんざあ  んザア  サア床  ざあ人前  奴なんざあ  サア道さん私  サア丁度手品  サア高輪田さん  サア高輪田さん秀子さん  サア今  サア網  サア余  サア其所  サア婆さん  サア何方  サア其処  サア誰  サア確か  サア日頃  サア直ぐ  サア斯様  サア丸部さん是  サア茲  サア昨日何処  サア慝  サア正直  サア奥  サア理由  サア旦那  んざあ学者  サア情  サア小吉出ロ  サアの  サア王  サアあそこ  獅サア  サア試そう  ざあ死  んざあ何  サア議論  サア妃  サア町  サアみんな  ここなんざあ  わたくしなんざあ湊合  なんざあ年  サアこんど  サア祝儀  サア接吻  サア姫  サア家  サア法水君  これなんざあ  サア目  サアどこ  んざあ石岡  サア何處  サアどっち  サア仕事  サア四十七分  サア座間君どっち  サア桜井さんあなた御存知  雨ざあ  サア之  努力なんざあ  手品なんざあ  兼サア  



前後の言葉をピックアップ
  差しかえ  差しのべ  サァガ  サアン  サアァッ  サアオオ  サアカス  サアキイ  サアク


動詞をランダムでピックアップ
端折るひきつづき殺せ進ぜ架る浸りまつっ舞いあがり廃す曇り敷けよ篩わ発し聞きはずす射通さ歩ん休む突き返さなきはらし買い漁り
形容詞をランダムでピックアップ
烏滸がましく宜しからめざましい臭かっ軟かい腹立たしかっきづかわし薄ぐらにがし少なから堅く大人しきな臭くこちたきほほえましくやるせなく苦々しくいたけれ醜うしかつめらしい