「ア」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
アと溜息が出た  アありゃアしない  アそんな事を聞くと  アちっとも物を食べた  アに手前が往く  ア近々に死ぬ  ア取殺すというような訳の分らない  アないよ孝助は殿様の物を掠ねるから  アありません両人で手を引いて来ます  ア盗んだ事が露顕して  アこれから百両の金の来る  ア入っしゃい  アどう云う  ア殺すめえと思うよ  アおみねお前先へ入れ  ア流石飯島は智慧者だけある  アさっぱり訳が分りません  ア出て来たねえ  アけど今ア荷い積んで  アえらく金がある  ア惚れてもい  ア本当に困るな  ア酔った紛れにツイ摘食いをしたので  アねえと思いやす  ア上げられねえ  アおや今の騒ぎで重箱を何処かへ落してしまった  アお父様の店受彌兵衞と申しまする  アおッ切られてしまう  ア挟み打ち  ア死んで行く  アいと囃し立てた  アと言はれる  アにお互に負けず  ア帰っておくれ  ア借りとく  ア時々会ってなどといったが  アほんの少しばかしたが  アだ転げ廻っていて  アと申しました  ア早く来てくれ  アあんな高尚な言葉を使へる  アと云った  アと嬉しい気持で構内をちょこちょこ走り  アと思った  アとひとびとは言う  ア少しちがう  アと涼しい顔をしていたじゃねえか  アよく存じませんが  ぁ来られないよ  アお嬢ちゃんおんぶしておくれ  アお仲さんにまかしておいて  アおられねえ  アその先は万吉には分らないが  アないかと思っている  アいったとか噂をしていた  アお逃げなさい  ぁ済まないものと思ってた  ア居られない  アするかも知れないわ  アちょっと待ってくれないかな  アしゃアと通っていやがる  アよしてくれ  ア苦しいにきまっていら  ア及びませぬ  アいられねえ  アはいろう  ア走って行くとしよう  ア善くない点がある  アそうやろう  アと誰かがきっと云ってますよ  アと思っていた  ア済まなくなりますからね  ア其の窓が祟る  アわかるようにしてやる  アないじゃありませんか  アないかも知れません  ア小さな丸い球をおっことす  アれがつくる  アがい  アに別に逃げはしないが  アお手当てになりゃ  アござんせんか  アねえかと思っておりますよ  アあるめエし  アあんまり見かけない  ア高いと云われないよ  アにどっちからも惚れ合っている  アたいさうに川の景色が違ひますぜ  アごうせいにめかしているな  アこのくるまに乗って  ア押しかけて行って  アと突きつけた  アわざわざ日本橋を大まわりして来た  アえらいことになっている  アよく知っていますが  ぁ実際気がいらいらする  アふアと笑いだし  ア小さすぎる  アちゃんとわかっている  アやりかたがすこし派手すぎた  アお慈悲ということもあります  アならないということになる  ア飲もうと思って  アと馬鹿な声をあげ  ア長いあいだかかって企んだ  ア飛んだ粗相をしました  アと感嘆の叫び声をあげる  アどうもいけませんな  アその曰くというのを聞こうじゃねえか  ア凄いことになりました  アまるでじぶんが殺りましたと見せびらかす  アむずかしいことはなにもありゃしなかった  ア調べりゃアすぐわかります  アあったという段になってから  アならなくなる  アお急しい  アごあせん  ア困りあんすでば  アもう八時になりますね  アごあんせん  アにい  ア防ぎとめられない  アいいと思う  ア至り得ざる  ア好いお客は来やしないから  アないかてえますから  アだのが姐さん本当に旦那は何うなすつた  アないと云ひました  アお兼どんお蒲団とお煙草盆をヘイ行つていらつしやいまし  ア張ったり張ったり  アないかと呶鳴っている  アまアお母さんを救う  ア無いのだからお前も思い切って  ア宜い  ア解るから呼んでくれ  アいけないと云ったら  アしないかと思われますねえ  ア御親類からお金が四百でも五百でも出来て  アしく云うけれども  アしない詰らないじゃ  アに人てえ者は見掛けに依らねえ  アないんでげすが  ア買っといておく  アおまはんの些たア罪も消えると云う  アに私が落した  アなんだ違うよ  ア必ず云いません  アに今に帰るだろう  アお着換えなさい  ア見得張る  ア附かない事も有りません  ア往かないてえんで  アになんて瞞かして仰し  アそれだけ金が減って行くで  アどうする  アまたいつ来るか解らないで  アこの上の物干しへでもお上んなさい  アお此さんの絽の方のを直すだけれどな  アならないのかと思うと  アと私は彼を眺めて  アありませんか別嬪ばかりずうっとさ  アならんと申しましたが  ア恐入った  ア大きにお邪魔を致しやした  ア落ちていませんでしたか  アもう其処らに有る  ア好いがお客が先へ往った  アに彼れは二三度遇った  アあるめえし  アおいねえ事をしました  ア取って置いて呉れる  ア寝られませんぜ  アえらいねえと噂アして  アがって何とも呆れ返った  ア出る処へ出て  ア真に銚子屋に預けられて居ても  アお帰り遊ばして  アと云う  アねえから銚子屋へ行って  アに葬式がありましてねえ  アいられないから  ア有難う存じます  アと平伏してしまった  アしめえのう  アどうも私の考えでは何うも  アお止しなさい  アねえと思って  アどうも飛んだ  ア飛んだことが出来た  アそんなことを云って  アがって此の通り疵がある  アなし宜いじゃ  アお役に立つ  ア半治さん此処へ出なさい  アもう許さない  アお立退きなさい  アしめえ  ア露われるから  アしないかと本当にそればかり心配しましたが  アしつかり  ア出て来い  ア死んで了ひますから  ア見られないなあ  アござんせんよ  アもう云うまでも  アしない桶で蓋をしてあるから  ア有り余る物ですから燃しちゃっても  アに阿  アお打擲に遇いまして  ア知れやアしませんよ  ア済まぬ事をしたと云うので  ア往くめえと文吉も心配して居るが  アから食物アねえが不自由はさせねえ  ア最う構わず  アから子を持った  アが一杯遣りなさい  アから喰わぬ  ア御不自由ならお梅は仕事に上げ  アと云えば  ア済まぬが金十両借りたいが  ア早く急げ  アこの御酒を召上りませ  アどうも草臥れました  アとかぱアとか云って  ア斬りやアがったな  アがったなと空鉄砲を持って  アはと評判ぶって居りやす  ア貸して遣ろう  アお酌を致しましょう  アお掛けなさい  ア殺してしまえ  アがるから嚇しに押える  アと云って倒れる  アに依って  アと思うても  ア最う斯う云い出したら  ア明けてお呉んなさい  ア殺すならお殺しなさい  アお切りなさい  アないから諦めるが  ア存じながら御無沙汰を致しました  ア成らぬと云うので  ア拠ろなく叩き斬るぞ  ア宜いと申す  アお繼さん脊中合せに寝ましょう  ア成んなさいと云うので  アちょっくら帰らないな  ア悪いぞと云うと  アがると拠ろなく斬ってしまうぞ  アならねえから待っちろと云うのに  ア斬って殺すと云うは  ア大した力量の有る  アと鉦太鼓で捕  アがる騒々しい喋っちゃ  アまことに何うも  アに早く遣っ付けろと仰し  ア立つてる  アしねえからお見せなせ  アこのシャレはわかりませんよ  アしてお客をやりこめて  ア却って弾が当らない  アと叫ぶと  アに響き  アのみならず  アとの間に文學上の便宜の存せざる  アの作家は當國の法律の保護を受くる  ア思う存分の自由を与えてやるから  アなくなったし  アとすれば  アと決定する  アお帰りに待ってますぜ  アと騒いでいら  アに出ても  アないと思ったが  アはア下ります  アに子がなければおかめを勤め奉公に売っても  ア貸しておく  ア貸して下さい  ア貸さなければ殺しますよ  アに心配するには及びやせん  ア案じていたのに  ア案じて居る  ア分らねえから云うべ  アに詰らねえ  アこれから此の小柄を持って行って  ア二度と再び来る  アあるしするから  アえれえこんだが  アと呟やいて居ますと  アがると此の家へ火を付けるから  ア詰りやアしません  アに貴方彼奴だって私の子ですから私の気に入らなければ叩き出しても  アまア魂消たな  アお作が己ん所へよこした  アお這入んなせ  アしねえかと思って  ア心細くなって  ア阿魔を小言いって  アいけねえからと思って  アまだ留めるか  アあるめえし拝みや  ア承わりたい  ア承わりてえ  アおえいは  ア飛んだ迷惑な所へお出でなすって  ア入るだけ買いなさい  アねい  アしねい  アに医者にも及ぶ  アにお前さんの言葉は下野も上州も武州も方々の言葉が交って居る  ア置けねいから  アどうか突出して下せい  アから一と通りの事をいうだ  アと一つ首を捻り考えると  アから止めろや  アお芽出とうございました  アと云って  ア若し荷送る  アならないが多分の事も出来ないが  アに心にさ  アに立聞はしませんが  アに直ぐに来やす  アに一寸したので  アどうも有難うがんす  アねえ倹約をするだよ  ア何とも云へない凄い怪談がある  ア大いに驚いて  アんエーと云つて女の子が追つ掛けて来るから  アもう不審でたまりません  アそうなると  アあンまり馬鹿にしているよ  アだれ一人知らぬ  アに今朝の六時前に警察でお鶴さんの死骸を持って  アいいじゃないかと仰せられた  アに書きゃ  ア逃げようと尻をまくって  アごあせんか  アる家と違い  ア少し違う  アほんとに素晴らしい傑作がありますぜ  アお午後ぶらぶらと向を出て  アと云って出かける  アがつた事を忘れて  ア真平御免なさいやしか  アどうにかかうにかして  アいまさらいつたつて  アは知らないよ  アがどうにかしてやるよ  アやはそんな気休めばかしいふよ  アを呼んで来てくれろ  アの処へ行かれる  アに逢ひたく  アの事をいふと  アの事を思ひ出した  アの事をいつても  アの事は怒つてゐない  アを連れて来  アは須磨の村雨亭といふお茶屋にゐると  アがいつ  アは疾くに大坂へ行ツちまつたとさ  アに逢ひたくな  アはもう帰らない  アが帰らなきや  アに逢ふ  アは居ない  ア何かと用事がある  ア困まってしまう  アあのとき私がきいた  アにこれはお増にやる  アとの掛声で棉もぎにかかる  アして居る  アもしたら  アして仲好くして居た  アいって叱っては  アとて立ちあがる  ア見舞ってやりたかった  ア悪いことをした  ア戻って来る  アと思いましたよ  アつと足の甲を洗ふ  アないかと思ふと  アやるんならやつて見ろ  ア働いて生きて行け  アに釣れるですとも  アどうも入牢仰せ附けられて見ると  ア今ぢき行つて談判してく  アこういうことア一度起ったら  アにそんなに案ずるには及ばない  アにをしてる  アどうしてもいけないて  ア見てろといって  アならねえてえことが人間にようやく呑みこめてくるな  アと吹っかけておいて  アという切支丹信徒の女性が家康の側女になる  アに四五里の道だし自轉車ならわけはありません  アに誰があんな所へ行く  アそうなれば  アと読むなんて  アがアいって集る  アとは思ってました  アに文公が払えない  アもう一本飲れ  ア全く閉口する  ア喰うに困らん  ア高い処から低い処へ落ちた  アずっとお通りなはれ  アと満足するに  アと思う  アと感心する  ア思ひ出す  アどういふ  ア少も分らんネ  ア爾う金起さんは  ア爾う別々で逢う  ア爾う親指の来た  ア行こう光栄ある  アで押通し  ア待ってますからな早く調べて下さい  ア寝て呉れ  ア引っこ抜いてやろう  アもう入りましょう  アえい  アに家さ作って置かね  アおめいが鎌を取っといてくっだ  アにお前がそういうなら  アいられねえな  ア行ってくれという  アに構う  アがアと鳴りわたって飛び散っていた  アんすが  アさあそこに見えられる  アと思ふと  ア取つた柿を返せ  アと感心した  アこう身を入れてやれる  ア無え首を二つやりやす  ア酔っちゃ居りやせんよ  アありゃアしねえや  ア死んだとなると  アいけないと心得て  ア出られない  ア本当に寄ってくれた  ア解せないところが一ツある  アいけねえなんぞとワケも分らずに  ア居られますまい  アがるか見て遣りたいと  アく帰りました  アしないかと思って  アがった事を忘れたか  ア直に火が這入ります  ア置かれません  ア置かれませんから  ア詰らないから立派に出しておく  アがると只ア置かねえ  アしないかと思って居ります  アから貴方も気を落さずに  アずっと此方へお出でなさいまし  アねえぞ前橋の友達までに耻をかいて居るぞ  アないか知らんと  ア困ると仰し  アまだ締めない  アそう云う  アなえし  ア来なさい  アから分らぬ  アねえし  アがったから己が打返したので  アどうも御親切に馬方さん何分願います  アまア買って置きますよ  アもう確かに亭主はありませんよ  アどうも深い訳があるに  アどうも酷うごすね  アまア貴方も恟りなすったろう  アお聞き申しますまい  アそうと早く云えば  ア満更色気の無えお方でもごぜえやすめえ  ア又伊香保で会おうぜ  ア早く出る  アちょっと出来ないて  アないと思いましたが  ア随分退屈は退屈でげすな  ア頼まれやしねえが  アりと大胡座をかいて  アがった時に何と云った  アのやうな奉答文を朗読する  アのやうな奉答文を朗讀する  ア見に行きませう  アへ往か  アはぐれさし  アそう思うと  ア泣き止んで  アにあれは正式の学問をした  アはもうぼれてしもて  アこの辺に隠居処を建てようと思う  ア実は爰処で陶器をやる  アな顔をした  アとの訣れの  アなどと話合う  アお上りやす  アるちうて  アこう来い  アまアお話ししてみますが  アおいお前たちそうじゃ  アに俺達日本犬の手際を知らんで威張くさる  アとうなずいた  ぁ向ふさ着げば撰鉱だがな運搬だがな夜でば小屋の隅こさちょこっと寝せ  アしまいし  アそろそろ始ま  ア負けたア負けた  アお言いなさい  アやるせが  ア思うさま管を巻いておくれ  アもう支度をしてる  ア寝てもいられまい  ア来られないと言うしさ  アありゃアしないよ  アありゃしない  アとても魚をよく食べる  アつとしてお袋を叱りつけた  アという嬉しさがありありと見えた  アによくした  ア思われないわ  アあの女を知ってる  アになっちまった  アねえかも知れねえ  アいけねえのかも知れねえな  アどうせ物置で寝なきや  アないのかしらぬ  ア宜じゃア有りませんか  アそんなに言わなくなりましたよ  アないが我だッて何も役に立たないという  ア聞くかも知れないから  アならないと心懸なければならない  ア無いとおもって  ア無いけれども私の不名誉になります  ア宜ろしい  アあんな者をどうなッてもよさそうに思われるだろうけれども  ア行ってまいります  アな顔をして  アないかと思いますね  アどッちだ  アの様な事いうてや  アはアいわせながら引き揚げて来る  ア極った  アまた殖えたぜ  アありアしない  アは来  アもう水がはいりよるで  アれもきいてやしないだろうな  アまで増し  アもう寝よう  アと微笑しながら  アありゃしねえ  ア突いておくれ  アどうぞこちらへお入り下さい  アに今の茶店から七町しか無いといふ  アかア勘三郎雀はち  アこれから一緒に出掛けよう  アどうぞお入り下さい  アそうしましょう  アいけねえ射っちゃいけねえ  ア及ばねえうっちゃって置いてくれ  ア少し休まして  アあの嬢さんもみたろう  アいられないよ  アまたこんだ  アえらいこった  アしておいらアからッ車を曳いて  アありゃアしねえとよ  アわかるこってす  アどんな人がかいた  アいいところでお目にかかって  アこの釣竿に縋れ  ア早くあつちへ  ぁ偽こぎ  アいけないとすっかりわかってる  アな気持に襲われて参りました  アまだ見えませんが  アと大きな声で叫んだといっている  アとどなる  アは悪いやつだから見られない  アとあきれて見送る  アないそれとも少し起きて見る  アこうする  アちゃっと山へ逃げろ  ア直きに行って  アねえじゃござんせんか  アしやがって  アしてやがって  アあんまり聞かねえからね  アどうしたという  アちっとばかりしゃくにさわっていた  アにたいしたこつ  アと全然斜陽族にきめこんでしまった  アないとつくづく思う  アないかしらと思っている  アとノドから手と声が一しょに出かかった  アノ忘れられない  アと思いました  アやつて居る  アいよいよ家へ還ったぞ  アがつてもう此方が一ト足入れると  ア好いで殺して  アでは都市を建てるに  アまああっちへ参りましょう  アせんと云う  ア食うや食わずだな  アこっぴどく叱られますよ  ア流行っている  アそろそろはじめようか  アまだ一つ残ツて居た  アどうも抜き差しがなりません  ア思われ  アそう決めた  ア実際君の知ってる  アに鶴や膃肭臍が滅多に取れる  アどうなるとおもう  アちと違う  アならない事をしておくれか  アいられねぇ  アたいそう七面倒くせ  ア必ず儲かる  アやっぱりあんた  アさっそく一斗桝のほうへとりかかります  アと沈黙せしめられたるくらいだから  アてとか何んとかいって  ア結構だす  ア出て来た  ア御話にも何にもなりやしやせん  アと言ふ  アと歌った  アと歌って  アとても競争が出来ない  ア解ってるさ  ぁ酔ったぐれだな  ア草深え川路の山奥に納谷という旧家があって  アいられねえと  ア少し伸ばしていただきたいと頼んでおきました  アならない事もあるし  ア寄らせていた  アとても腹一杯に物を捉え食う  アやろうと稽古をたのしんでいる  アという気がする  アを喚ぶ  ア随分あったが  ア行って来やす  アなかろうと思われる  ぁ心得てる  ぁ控えることにしますからな  ア良く出来てる  アそう致しましょう  ア悉皆内へ入ちゃったよ  アの画馬を見て始めて鳴いたから  アが画いたが気に入らず  アの仇人王の幸臣に頼み王使と詐りアを王の宴に召かしめた  アをして  アのほかの者が作るを禁じた  アを重んじた  アの筆のほかにその術なしとあって  アその痩せて増すべからず  アに賜いし  アがこのパンカステをモデルとして全力を竭し仕上げた  アさては成田屋め俺を抱き込みに来おったな  アもうだ  アえらい御ツつおうや  アとこせ  ア随分探した  ア云う目が出るという  アなど平気をよそおう  アそう思うと振り向いて見たく  アないかと怒鳴ってや  アないまだ生徒なんだというと  アねッからお話になんねエ  アよくよくだろうが死んじまえば  アと声の無い叫びを出し  アな顔をすると  ア何故我々だけは無事にあの扉を開ける  アやんと呼ぶ  アやんを見舞った  アやんはもうどっかへ疎開していて  アやんは家族の人たちと一緒にせっせと焼跡を掘りだしていて  アやんは頼っていく  アやんは言い  アやんが洒落の名人であったことを想い出し  アやんと別れ  アあるまいし大事に飼って置く  アと促されて  アにわたしは別段用のある  アねえと思ったが  アすぐ分るさ  ア知ってるが  アと思うと  アと思わず口に出して  アと哄笑する  アと哄笑した  アもありゃせんと  アと後悔した  アな酒のみになつてしまふ  アつと机のおもて  アぜもおこらず  アないから罪にはならねえや  アは血の道をあげるという  アかけ出さなくちゃ  アならないと思っていた  アいう型に陥った  アないかと囁き合ったくらいでした  アいけないと仰し  アいけないと思った  アいけないって仰し  アないつもりになれば  アないと思うわ  アわア騒いでも  アないかと思って  アしっくりいかないから  ア知っておりますわ  アないのかもしれんよ  ア置かれねえ  アといふ  アでもお相手致しましょう  ア早く帰ったら  ア死んじまう  アきゃア騒いでるばかりだ  アは何も知ってませんや  アあるめいし  アならなくなったし  アならないことがございます  アいつも無礼講で通っているから  アもちろんです  アどうだか分りませんが  ア来られない  アちゃんと遠くから呼んできて  アと繰り返す  ア取りあげてくんなかったし  アをい  ア負けたか感心なんまいだぶ  アと今にして思いますね  アと思ったりした  アと思っていると  アと思っている  アだけとなった  アもうここまで来て  アできるこった  ア御百姓の御話が出来ますから  アの字の下半分が磨滅して  アに止むさ  アをかしい  アれに抱かしよ  アいいことをした  アお起きなさい  アの字の間違いであったことがすぐ気づかれて  アと言ひましたよ  アねえんでげしょう  アをのむ  アに書くよ  アと呼びた  ア隠すなら何所へ隠す  ア何で包んだ  ア直に行う  ア実に困た  アお這入り成さい  アと心付いて  アお夕飯はいり  アそろそろ御褒美を出しても  アところげてしまった  アとなる  アと驚いた  アと感嘆された  アこんなところまで来て稼ぐ  アすぐにお昼になっち  ア買うことにしよう  アと仰有ったわねえ  アないと思いますけどね  アと思つてものを書いてゐるだらうか  アがるのはトいふ  アならないというなら  ア分りゃしねえよ  アの発音はアを独立して  アは前例どほり上の音と二重母韻をなし  アいよいよ来たぞ  アと思い出した  アいずれグデングデンに酔っ払って  アとしか言えない  アと込みあげて来ました  アかえってこまる  アがつてつかまる  ア知ってるわよ  アという気が出て来ます  アと思って  ア何と申しましょう  アじゃ出かけようと  アくなって  アといふのが思案に餘る爺さんの口から庄次へ浴びせた  アにお父さんを説き伏せて  ア両軍の対峙は続いている  アに日本にばかり陽は照らないさ  アにまだまだなんと言ッておるけれども  アと叫ぶ  ア今更驚くに当りやしない  アお止しよ  アんはこ  アにわけ  アこれから阿  アお入りなはれ  アとこうやって  アあまり怒るなよ  アと後から声をかけた  ア会わない方がい  アずつとお寄りなさい  ア御相談がなかつたらいらつしやらないの  アいらつしやいまし  アに真実に申します  アおひどうごす  アどうかさやうでいらつしやる  アに隠すも  アにさ  アのコータンにもあった  アしゃべらないかというと  アと二声ばかり呼ばり  アと二声ばかり呼ばわりたるを聞けりとぞ  アと答えたれば  アありゃしないよ  アとの聯關において把握する  アは有として再生されねばならぬ  アに長い欧州航路を上陸をせずに  アとあざける  アなで今日はうたわね  アにおごってもらう  アが省作さアに惚れてる  アは省作さアのわき離れねいだ  アに無理はねい  アの新鮮な大気を呼吸する  アの元気ある  アのタイラントは却つて若い種に活動の元気を与  アの細やかなマルゲリトは抑も何事を語るであろう  アお否でせうよ  アどうぞと別室の襖をあけてしまった  ア行こうと娘の手を取ると  アと力なく泣く  アこりやこりやきたわいな  ア困ると思った  アやって見て下さい  アはいるわ  アっと笑った  アって云いました  アに所番地なんか要る  アと考えたが  アこんなことはありません  アこんな例外がある  アどうも嘘をついてもはじまりません  アというアンバイで埒があかない  アとうてい実演する  アお父さまにも犯人は判りますまい  アと思ってね  アともう作者の意図は読み抜かれた  アと祝婚行進曲の節をもじった  アの繰返しへ戻りながら  アと思ふ  アと長吉はしみじみ思った  アがつて何を悪戯をしてゐる  アに午後からだつてい  

~ ア[名詞]1
そりやア  甥じゃア  ッて威張るこたア  厭だアよ  何をしやア  なにサ左様じゃア  訳じゃア  側にあるじゃア  梅じゃア  五六杯も喰わなくっちゃア  人に知れやア  贔屓に遊ばすから知れやア  了簡が定まりゃア  事はありゃア  心を知っているじゃア  不思議じゃア  使じゃア  女じゃア  女なんぞは来やア  成程死ぬなア  それじゃア  お方じゃア  云やア  歩きやア  者じゃア  嫉妬をやかれちゃア  お札を剥さなけりゃア  一生困りゃア  そればかりじゃア  気性も知っているじゃア  ようにしているじゃア  居やア  所じゃア  向きなすっちゃア  是にゃア  日にゃア  考えじゃア  思いの外なアに  気でいちゃア  私にゃア  #私どもにゃア  訳じゃアね  冗談いっちゃア  のだアけど  名前を出しちゃア  久藏が来やア  斯うやらやっていたんじゃア  事を云うじゃア  何を打ちやア  儘じゃア  一緒に行こうじゃア  誰も来やア  男ばかりじゃア  冗談言っちゃア  二本のと転がっちゃア  ものじゃアねえと  百両くれろと云われちゃア  村じゃア  不思議だなア  事じゃア  奴じゃアね  貴方に抜かれりゃア  叶やア  源さまが飛出して斬付けりゃア  遁げるも引くも出来ア  侍じゃア  一同わア  むづかしい字ですなアと  云つたぢやア  ぢやア  君ぢやア  ッてなりゃア  手配しなきやア  しかたがないじゃア  タイマンぢやありやア  ものじゃア  ヤケじゃア  あなたでなきゃア  歎かせちゃア  お前を苦しめちゃア  ことじゃア  喰ひたかアねエ  何でもありゃア  干渉なすっちゃア  辻褄が合わないじゃア  ちのしなけア  張つてゐなけア  うしなけア  きじやア  血圧下げてもらアね  無茶やなアと  ッて変りゃア  似合じやア  もんじやア  ものかなアと  はりまんねんなアと  んじゃア  片腕たア  フン辻斬りかアと  嫌たア  裏道へ登ってゆくじゃア  夜かでなきぁ  てつかア  姉やア  垢ほどもありゃア  どこまで行きやア  のじゃア  何遍も立ったというじゃア  お召だろうじゃア  尼寺じゃア  気絶ッちまったというじゃア  云つてゐやア  んざ一粒だってありゃア  子じゃア  筑紫でなけりゃア  一生懸命研究しているじゃア  上つちまわア  つて云やア  何かにしなけぁ  もんぢやア  今時分うろついちゃア  家によっちゃア  気にゃア  晩かア  奴はありやア  んぢやア  アしゃアと  嘘じゃア  言ふなア  骨を折らしゃア  稚気さえ持っているじゃア  マア不思議じゃア  あっしばかりじゃア  鹿笛じゃア  人じゃア  あたしかまやア  季節じゃア  思やア  身の上にゃア  悪人じゃア  年じゃア  奴じゃア  ア云う迄もありゃア  お前さんそうじゃア  失敗しようじゃア  人間じゃアね  立派じゃア  それどころじゃア  俺らを疑っちゃア  仕置をしなけりゃア  アバタのアの  汗のアの  ことをしてるなアと  そこをどいて下さア  そこをのいて下さア  人だなアと  方がよかア  心配するこたア  やつて見なけれア  五名じゃア  問題じゃア  気狂いじゃア  つもりじゃア  ことぢやア  これじゃア  雨蛙じゃア  恋わずらいじゃア  男娼じゃア  時世じゃア  場所じゃア  絵を描くだけじゃア  人柄じゃア  キーシュは逃げ出しちゃア  うえ苦しめたかア  値があるじゃア  ことを書いてゐやア  馬鹿にしてゐやア  つてゐやア  顔ばかり剃りやア  休みなんてありやア  んだア  喰つてゐやア  溜飲を下げてゐやアが  温くめたア  追従じゃア  寄合いじゃア  物じゃア  言やア  ことを吐かしゃア  顔役じゃア  児じゃア  人間じゃア  男じゃア  十八番じゃア  手柄顔も出来ないじゃア  約束なすっているじゃア  当り前じゃア  お話を伺おうじゃア  旦那じゃア  茨右近さまにかかっちゃア  もんじゃア  ことはありア  何も泣くこたアね  兎公じゃア  図じゃア  冗談じゃア  五人囃じゃア  お前さんなんかに舐められア  江戸じゃア  何を吐かしゃア  よそじゃア  首が笑っているじゃア  首を忘れて来やア  ろうじゃア  着付けじゃア  船じゃア  皮を剥いちゃア  跳ねやア  どころじゃア  手がありやア  昼ぢやア  毛虫どころじゃア  貴様の知ったこっちゃア  使いかたをしちゃア  わけじゃア  やつじゃア  蕩らしこんじゃア  お誘いすりゃアよか  市じゃア  口をきいちゃア  おいでになるこたア  無事じゃア  鼻をあかしてやらなけりゃア  自慢にもなりゃア  マゴマゴしているこたア  木戸も出ちゃア  野郎なんかにゃア  俺にしちゃア  んだかわかりゃア  笑いものにされなくちゃア  アふアと  #道がちがやア  菱垣にしちゃア  いちど御船蔵へもどらなくちゃア  こっちにゃア  それにしちゃア  名のって出りゃア  船手役人でなけりゃア  餘りじやア  気をもむにゃア  ゅうゆうじゃアじゃア  ゅうじゃアじゃア  段じゃア  三進もいきゃア  返事をすりゃア  溜りもありゃア  造作もありゃア  不思議はありゃア  得にもなりゃア  声を出しゃア  証拠をさがし出しゃア  先にわかっていりゃア  ア調べりゃア  ぜんぶ調べて見なけりゃア  腰をすえられちゃア  なにもありゃア  夢中になって逃げて帰ったとア  ものありやア  事でアね  譯でア  今それを出されでア  言ふもんでア  いでアね  もんでアね  樣でアね  來たア  減つたべア  受取つた訳でア  様でアね  お家から迎えが来たア  減つたつたべア  幸福すぎちゃア  小判を投げちゃア  気持も察してくれなくちゃア  たかりたかア  素直にうけてくれなくちゃア  冗談云ッちゃア  コンクリートをまちがえちゃア  君だけじゃア  君とねたかア  本名じゃア  ぼくとしちゃア  顔にしてやらア  いっぺんに治らア  ワケじゃア  自分だけじゃア  ひとりぎめに諦めちゃア  タンコブじゃア  白骨じゃア  パンパンでなくちゃア  人相ぢやア  失策たんぢやア  旦那ぢやア  訳ぢやア  ウソじゃア  廉うがア  惚られちゃア  浮れなすっちゃア  幇間を云っちゃア  事ちゃア  浄瑠璃じゃアね  粗末にしたり落しちゃア  なに落雁じゃア  事を云われちゃア  声じゃア  所を云って下さらなくっちゃア  芸人じゃア  恋でも有りゃア  機嫌を取りゃア  娘を打ったり叩いたりしやア  彼じゃア  お前泣いたりしちゃア  車夫さん幌は漏りゃア  頭じゃア  逸まっちゃア  其処へ来ちゃア  処じゃア  其処へ立っちゃア  店に置いちゃア  訳が有りア  義理じゃア  無闇に上げちゃア  身代じゃア  お話しにさえなりゃア  ことをおかア  人情じゃア  お寺詣りをして遣ろうじゃア  なりやア  雨を止めようじゃア  何かでなけりゃア  こいつア妙じゃア  廉くお買いなすって下さりア  ア誂れえりゃア  迷惑が掛っちゃア  持ち腐れじゃア  馬鹿ア云っちゃア  訳のもんじゃア  車挽じゃア  五十円じゃア  い話じゃア  面倒だア  ア此りゃア  其処を明けちゃア  気を落しちゃア  立引にア  跣足じゃア  金さいありア  そうじゃア  人間の歩くだけきゃア  筈はありゃア  樣に聞いて見れア  此處で降りて歩かなきア  何處へ飛んで行きア  一日でも遊んでいれア  氷屋でも出せア  そこへ居坐って出て来なけア  一本もよこせア  ほかにア  金庫を打ち壊さんけれア  それでなけれア  大切にしなけれア  失敗らなけア  弁当を拵えてやらなけア  家にア  彼奴にさえ見つからなけア  んだなアと  太鼓を買おうじゃア  ア此奴が有りゃア  柏手じゃア  一寸様子が好いじゃア  お参りに来なくっちゃア  ッちゃア  見事じゃア  中で知れやア  気が附きゃア  此処にゃア  構やア  目に懸るたア  師匠じゃア  娘だから有りゃア  前じゃア  挨拶して行くたア  アこれアはア  勘弁をはア  嚇かしやアがって  間違やア  海に出たのア  私達のア  ように騒いじゃア  颶風と知って居れば来やア  風もありやア  ア是じゃア  向にゃア  王様がありゃア  安心しないじゃア  お前喋っちゃア  一町ばかりきゃア  馴染様じゃア  口外してくれちゃア  止めやア  騒ぎじゃア  供を連れて来たなぞと云われちゃア  違やア  肩を持ちやア  野郎書きやア  家にゃア  ほうだアへ  兄弟じゃア  冗談じゃアね  それを嫉みやアがって  切りやアがって  為やア  後から追掛けて来やアがって  為やアがって  何かア  酒があるじゃア  事をしやアがって  生埋にしやア  何処から這入りやア  方にゃア  事をいっちゃア  庭じゃア  兄貴も困りゃア  容易にゃア  ア容易じゃア  加減して居ちゃア  出やア  事を忘れやア  何もありア  芝居をやりたがりやア  吉原にだってありゃア  夫ぢやア  勿体をつけるじゃア  ことをしやア  瞞しゃア  鞘を直しにやらなけりゃア  立ン棒じゃア  凄味に惚れちゃア  お話を聞こうじゃア  ナーニ中へは入りゃア  神様が住んでいなけりゃア  真似をしやア  生死問題じゃア  身分じゃア  お家じゃア  二十両たア  瞬間にゃア  家じゃア  誰も知りやア  土地じゃア  ものはいたわらなくちゃア  毎に直して行かなけア  俺達がしつかりしなけア  大損をしやア  ことぢやありやア  弱味を付け込みやアが  時節柄だなアという  さ力持じゃア  苛いじゃア  ア仕様がないじゃア  ア身体じゃア  二階中寝られやア  ア知れやア  それだからいけやア  人が来やア  家もうなやにゃア  田舎だアから  云ッつけやア  女郎だアから  内へは置かれやしねえじゃア  退屈じゃア  忘れやア  間夫じゃアからと  膝へ叩き付けてな忘れやア  此処は離れやア  罪じゃア  物じゃアが  云うた事じゃアから  時にゃア  様に入れて置いたから知れやア  お前本当じゃア  前金を返さなくっちゃア  事を云っちゃア  私なア  出家じゃアって  付きやア  開きやア  吹ッかけでは向うから渡って来やア  足を留めようじゃア  出家じゃア  果じゃア  真言寺じゃア  勘付かれやア  大聖寺じゃア  人違いじゃア  私は知りア  ア斬りやア  汝れ斬りやア  者じゃアはと  左様言ったって聴きア  ようじゃア  近村に有りゃア  腹を立っちゃア  お前さん口を出しちゃア  左様じゃアって  お前さん腹を立っちゃア  なに泊めやア  思いを遂げさせなくちゃア  きいきい云やア  邪魔アしやア  吐しやア  庄吉はきゃアと  紛れに云うじゃア  娘じゃアと  何も出やア  ため瑕瑾が付くじゃア  御寝なるじゃア  婆ア比丘尼じゃアから  手助けしようじゃア  芸者じゃア  主じゃア  大事に云って呉れるじゃア  水の泡に成るじゃア  宥せじゃア  世間に知れちゃア  付けやア  因縁じゃアに  身の上じゃアに  他人じゃアが  身の上じゃア  女房じゃア  傷では死にやア  力に成りやア  それ故にはア  繼には分りゃア  何も有りやア  出来やア  姿でなけりゃア  冗談を云っちゃア  アぱア云われちゃア  誰も通りゃア  冗談しちゃア  アぱア云やア  災難じゃア  頬片を嘗めやア  恩は死んでも忘れやア  わけは有りやア  合宿が有りやア  助太刀どころじゃア  お前さん一人で討っちゃア  往きやア  縄に掛って引かれやア  長生すれア  #かんばいじゃア  物でア  アんたア  討にでも成ってア  貴方が知らないとは云いながらはア  貰やア  初めやア  なに出来やア  是やア  なに嘘じゃア  立ちやア  代を取らぬと云うこたア  侍に切掛けられア  女一人じゃア  奴は有りやア  何と云ったか聞えやア  時分別れて知れやア  のじゃアね  畜生め親父を殺しやアがって  一種じゃア  あたしンじゃア  始末におえねえじゃア  身振までするこたア  胸気じゃア  娘さんじゃア  串戯じゃア  尋常事じゃア  毎晩じゃア  場じゃア  舌を吐いてるじゃア  可哀相じゃア  只事じゃア  皆様笑いごとじゃア  野郎じゃア  往つて来るにやア  ぢやアね  怒りやアが  江戸ツ子ぢやアね  覚えやア  葬式ぢやア  喰つて居やア  つてやア  処ぢやア  往きやアが  確かじア  唐変木じゃア  理窟で読んじゃア  人間は云いたいだけ云わして置きゃア  ものにゃア  いやだアと  あいつじゃア  どこまで行きゃア  天才でなくちゃア  ものかアと  此様なにあっちゃア  アはア  家でなくっちゃア  どじをふんじゃア  其代りにゃア  失錯遣っちゃア  所にゃア  気にしちゃア  女のこっちゃア  人が来るなアと  田舎じゃア  火を付けられちゃア  勾引かしたなんぞと云われちゃア  ことを云っちゃア  往っちゃア  気が利かないじゃア  誰も云いやア  騒ぎやア  しまやア  事を言っちゃア  家なア  草が入って居ちゃア  一枚でも取られちゃア  仏じゃア  事を知りア  魔じゃアね  就ちゃア  切りやア  家が立てられなければ死ぬにゃア  代をよこさねいじゃア  ようにしやアがって  それべいじゃアね  八右衞門様じゃア  声をなすっちゃア  言葉を掛けちゃア  ア打捨っちゃア  不憫だアから  考えだアから  奴だアと  礼をしなくっちゃア  事をしちゃア  ア迚も買えやア  其方へ行っちゃア  家へ上っちゃア  お前遊ぶじゃア  上下ぐらいは着なくっちゃア  約束をしなくっちゃア  倹約をしなくっちゃア  #己ア家じゃア  父つアん  只者じゃア  女にかけちゃア  のかもしれないじゃア  わたしたちを出し抜きゃア  屋敷じゃア  飯屋なんてありゃア  金なんてありゃア  ア証人控室へはいって行くじゃア  殺人事件に立会ってるじゃア  いどころによっちゃア  アひとつ賭をやろうじゃア  古市さんじゃア  ンじゃア  鶴なんか鳴きゃア  終いたア  そっちへ行っちゃア  埓をあけれア  南じゃア  わたしじゃア  立花さんでア  イヤー立花さんでア  タダじゃア  これを囲うたア  浅薄ナ論じゃア  覚悟せんけア  人たア  酌しなけア  今日からでも働いてもらわなけれア  一度は行かなけア  一枚も引っ張って行かなけア  まりやア  何にもありやア  何にも知りやア  米代だけはとれたアよ  あいつめ背中を叩きアが  意地めやア  忘れやアが  八幡ぢやア  アものもいへやア  私やア  ものもありやア  喰べたきりぢやア  二度とはいはれやア  はしやア  米よりきやア  高値くつくか知れやア  ツかアは  ツかアが  いくら力になるか知れやア  ちやんが怒つたア  頼みやア  ツかアの  笑やアが  つても聞かなきやア  ツかアに  金持にならなきア  雨は降りゃア  今降り出されちゃア  尾ヒレをつけられちゃア  それじゃアとて  約束ぢやア  夜にゃア  のかなアと  あるじやア  亭主じやア  帰つたつて可いじやア  五年じア  それやア  晴れやアが  知つてゐやア  ためじゃア  木ッ葉役人たア  胡麻化されちゃア  其手じゃア  碑ぢやア  介意ふこたア  はりやアが  父つア  みなけりア  お話になりやア  小切手じゃア  んだしてやらアという  法律じゃア  大事にしなきゃア  ごらんなさア  息かなんかふわアと  我をアと  ためにがアが  妙やなアとは  一本で足りなきゃア  二度じゃア  平民様もありゃア  音をさせア  石塔をころがしたりしやア  自慢をするじゃア  情死じゃアね  ハハハハビフテキじゃア  イヤ笑いごとじゃア  芋ばかし喰っていなきゃア  馬鈴薯ばかりじゃア  名物だって言うじゃア  馬鈴薯さえ有りゃア  かぶれやア  ように肥ってるじゃア  格闘しようじゃア  柄じゃア  堕落たア  要領を得ないたア  要領を得ているじゃア  比喩じゃア  喫驚しちゃア  いじゃア  はずやなアと  一ぱい喰いたいなアと  私はいって見たこたア  一生懸命に見詰めてゐるじやア  何もゐやア  第一声が通りゃア  説ではないじゃア  物を作りゃア  青二才じゃア  愛想ぢやア  しまやアが  會やア  行ッたア  言ッたア  時やア  仕送りつて出来やア  何も知りやア  処女ぢやア  ンかありやア  病院へでも入れてやりやア  戦争にやア  正気ぢやア  浅草へ行きア  轢逃げ事件だけじゃア  盲じゃア  事っちゃア  日本男子だアね  金ちゃんじゃア  お方をすりゃア  喋舌っちゃア  お方があるじゃア  のかわかりゃア  ア人間じゃア  なんでもありゃア  場所をいわせて取り返さなけりゃア  粂は殺しちゃア  兄弟分に知らせなけりゃア  正規の召し捕りじゃア  邪魔をしちゃア  胴を突きゃア  背中を小突きゃア  こいつらばかりじゃア  イイエそうじゃア  医者へ行かなくっちゃア  出世しやア  何にもなりゃア  事を吐きゃア  下に潜って下さア  腹じゃア  手裏剣たア  ことを忘れちゃア  二人いなきゃア  フイにしなくちゃア  犯人じゃア  跡を残しちゃア  のを忘れちゃア  ノド笛なんぞ噛みきらなきゃア  帰りじゃア  崖じゃア  ひた隠しに隠さなくちゃア  ほかにゃア  アがアと  心配なさるこたア  阿賀妻さんじゃア  ときじゃア  考えにゃア  越後でがアん  わけじア  給料でやりゃア  独り占めにしちゃア  品物を預っていて殺されちゃア  朝方じゃア  幽霊じゃア  のだなアと  のぢやなアと  オレじゃア  田舎碁打じゃア  要心しなきゃア  石を探さなくちゃア  一筋縄じゃア  損っちゃア  明日じゃア  千代じゃア  気兼ねするこたア  金持じゃア  本妻が出て行かなきゃア  ワケはありゃア  我慢しなきゃア  塩竈に立ち返っちゃア  把れア  何も救われるたア  楽しみ半分にやるなア  訳にゃア  人を頼るこたア  れきてるじゃアね  下だたア  違いがありゃア  把れやア  長屋中にゃア  用じゃア  覚えはありア  世間なみじゃア  井戸じゃア  道楽じゃア  日本人じゃアねえの  指図に出ちゃア  コマ五郎じゃア  紋附ぐらい着ちゃア  ア問題じゃア  大男じゃア  私らじゃア  足じゃア  牢屋にいるじゃア  火消人足じゃア  一目リョウゼンじゃア  奴が居なくちゃア  棺桶じゃア  ことを考えちゃア  犯人ができちゃア  オカズだって知れてるじゃア  物を食わなきゃア  金を貸しちゃア  一服しなきゃア  うっかり目アキに突き当られちゃア  指図ぐらいできるたア  ムコにもらいたかアね  ウスノロじゃア  ウタタ寝しちゃア  アンマにゃア  ヒックリ返しちゃア  #うまかア  それじもア  先生をもんでいなきゃア  口がかかりゃア  ッてらア  ネダをあげたにしちゃア  #虎にしちゃア  風じゃア  外国風を用いなくちゃア  タダゴトじゃア  タケノコを使わなきゃア  値にまけてもかまうこたアね  天狗でなくちゃア  飯でも喰わなけりゃア  矢張り金は有りゃア  虫が落ちるだろうじゃア  夫婦に成らなけりゃア  お客にして騙しやアが  蔵じゃア  火事でも有りゃア  枕を並べて寝に掛ったから助けちゃア  棄っちゃア  彼奴を斬らずにゃア  世の中じゃア  為やアが  おさんどん同様にこき遣って居るじゃア  子供まで出来て居るじゃア  私を騙かして置くじゃア  私は斬られちゃア  割りやア  程五つ打ちやア  今度来やア  子供でも出て来やア  親と思うじゃア  母は来やア  耻ッかきじゃアねえぞ  殺しやア  幸さんじゃア  垂れやア  一緒じゃア  覗きやア  仕合じゃア  宅さえ有りますじゃア  妹じゃア  何じゃア  座敷に居れば知れやア  投っちゃア  扶持を出して抱えて置くじゃア  お前じゃア  木彫じゃアねえ  仏師屋じゃア  先方で打ちやア  豆じゃア  プーンと来るのア  込みやア  コウ冗談云っちゃア  一度に這入っちゃア  高かア  彼りゃア  事を云っても分りゃア  唯後からくっついて来るなア  腹ア立っちゃア  馬鹿にしちゃア  お出でなさるからにゃア  ナニ何をしやア  気の毒じゃア  太皷口をきかれちゃア  松さんじゃア  供じゃア  ア喰べられやア  碌に弾けやア  誰にも喋っちゃア  なに私は喋りゃア  静か処じゃア  静かにしなくっちゃア  其方へ出ちゃア  刀を提げて出られちゃア  川俣村まで往くにゃア  其方じゃア  雷にゃア  其方から這入っちゃア  神楽じゃア  首捻りじゃア  旦那ア遠慮をしちゃア  冗談なすっちゃア  末じゃア  禽獣じゃア  不都合じゃア  恥辱じゃア  話じゃア  浮気を為ちゃア  サ往こうじゃア  汝此処へ来やアがって  子たア  心持じゃア  役じゃア  人を縛っちゃア  独断でアの  獨斷でアの  つたぢやア  山じゃア  どこさアへ  方でさアは  失敬じゃア  ことがありゃア  辛抱しなけれア  駄目ですなアなどと  お出でやア  なつたア  荻生さんなア  給仕してあげようじゃア  お前たちそうじゃア  此為ぢやア  今揚げたア  いがべぁ  マリアのアの  さッちゃア  摺ッてるじゃア  らやア  門迷いをしちゃア  ア負けたア  負けにまけたア  大分紛雑てるじゃア  一人者じゃア  奴ッちゃア  奉公人じゃア  献げようじゃア  私ゃ管でも巻かないじゃア  かまやア  行ッて来ちゃア  放擲ッといちゃア  発ッてやア  油虫じゃア  #私ゃ生きちゃア  一言言やア  言ッて騒いでやア  ア吉里が来ちゃア  名代部屋に戦えてるたア  しようがないじゃア  一つ頂戴しようじゃア  顔も見せちゃア  十日ッきゃア  ようがありゃア  心配もいりゃア  人ッちゃア  承知しやア  義理知らずはありゃア  談話がつくじゃア  上苦労するがものア  台辞じゃア  私しゃ忘れやア  私に覚えていられるじゃア  アそれッきりじゃア  万歳をいってくれたなアという  一興じゃア  神様なんてありア  主張を通さずにア  糞でも嗅がしておけア  出世して行きア  居眠りばかりしてゐやア  云ふことなんてありやア  思つて嫉妬してゐやア  場合ぢやありやア  ものを飲みやアが  ものぢやア  云つてやア  何でもありやア  ア餅じゃア  エサじゃア  落第になってるじゃア  澄ちゃんがあるじゃア  筈じゃア  趣味があるじゃア  遠慮にゃア  銀じゃア  白金じゃア  ニッケルにしちゃア  厭じゃア  贋金じゃア  アやアという  売れ残りなんて言われてやアに  事じゃろうて教えておきましたれア  問題ぢやア  何をしても諦めなきやア  これぢやア  殿様ぢやア  足軽ぢやアねえかも  人ぢやア  目的ぢやア  金さへありやア  わけぢやア  キリストぢやアね  ぐらゐ色ッポク仕込まなきやア  ハキダメからやり直さなきやア  物置で寝なきやア  あんた商売ぢやア  餓鬼ぢやア  品物ぢやア  属吏じゃア  #職分は尽きてるじゃア  指図じゃア  余りじゃア  鍋ばかりじゃア  言ッちゃアから  頃じゃア  程有りゃア  世辞じゃア  孝行じゃア  厭味なんぞを言われちゃア  婦人じゃア  惚じゃア  ヘン跳馬じゃア  婚姻どころじゃア  心持でいちゃア  嫁に往かれりゃアとも  我儘気儘をしちゃア  マア呆れかえるじゃア  尼じゃア  サ戯談じゃア  ッかり焼けてなりゃア  嬢さまじゃア  些たア  チョックラチョイと有りゃア  此方にゃア  お前さんにゃア  聾者じゃア  用は有りゃア  犬じゃア  老婆ばかりじゃア  返討じゃア  貌をしているじゃア  何にも成りゃア  何百度泣たか知れやア  近辺じゃア  ッて成りゃア  艶じゃア  雪じゃア  お前にゃア  ア嫉妬じゃア  化粧にして来りゃア  厭味なこたア  云やアが  決心じゃなアじゃ  関やア  言やアが  立てやアが  手も附けられやア  三歳児じゃア  人さまにゃア  訳が解りゃア  押しやア  熱ぢやア  息をはアは  ようツたア  目ざめじゃア  あとのこっちゃア  子供ぢやア  蟇ぢやア  是りア  鎧ぢやア  こちらさアは  イからアまで  正覚坊じゃア  真黒に窪ましているじゃア  顔だなアと  返事をしちゃア  別条はありゃア  ことはありゃア  たくさん通っているじゃア  何か云っているじゃア  ジェンキンさんじゃア  烏はかアか  雀かなアという  仏蘭西語じゃア  結婚して貰わなくちゃア  事情には通じ過ぎているじゃア  計りじゃア  気じゃア  どこじゃア  後家をたっちゃア  講堂じゃア  ことはしりゃア  花時分たア  ナアニそれりゃア  らちくちゃア  あてになりゃア  議論ばかりじゃア  ッていやア  さださんじゃア  こッちゃア  当人にききゃア  手には負えなくちゃア  三郎などぁ  そこ取んなアと  淫をやりア  祝儀を下さるじゃア  賤しいじゃア  服装じゃア  一枚しか遣りゃア  連中だなアと  來たらなアと  ウフフとやるこたア  なにも気どるこたアね  眼をつけるっていうなア  生かいちゃア  笑うこたアね  めに会わすたア  ばちア  泥たア  袋仕立てになっているたア  場になってのがすたア  なにも泣くこたアね  みなこたア  寸をつめていってくれなきゃア  それがじつア  おまえたア  腹が減ってきやア  夜参りするたア  ホシをさすたア  格子たア  手をかまれるたア  木石じゃア  育ちだなアと  難産したア  自殺じゃア  會話じやア  推込じゃア  涙じゃア  雀わなじゃア  つてしまやア  めえれア  脚にぶつかりアが  鄭重に扱わなくちゃア  欲かア  ことを忘れとりア  意味じゃア  ちの畑じゃア  案じやア  代作をなすっちゃア  家たア  桂君じゃア  ア源女じゃア  先生に知れちゃア  杉さんに張らせちゃア  早晩腕づくで争わなけりゃア  手を出しちゃア  ところはありゃア  男だってあろうじゃア  どこも切られちゃア  好男子じゃア  事件でも起こらなけりゃア  女が行くじゃア  小判じゃアね  九郎じゃアね  素っ飛んで行きゃア  八五郎じゃア  手出しをしやア  ナーニ切りゃア  野郎が舞い込みやア  親分さんじゃア  やる気じゃア  ばかにしてやア  強盗になりゃア  のとア  ことを聞かなくちゃア  ンだなアと  春だア  お前がやりゃア  ホラ今さんじゃア  何一ツ燒きやア  男おなごやア  魚ばア  駄目だアと  ぢやがア  根本三之助などと威張りやアが  エエばア  児ぢやアね  ッたぁの  手じゃア  タクミじゃア  熊坂長範よりゃア  こいつア割かずにゃア  じきされるじゃア  つて来らア  地主さんに聞いて貰わなけア  皆に話して貰わなけア  時申告すれア  俺れアの  こっちから持って行ってやらなけア  ことなんかありやア  馬ちゃア  オヌシを上げちゃア  とこを察してくれなくちゃア  旦那からかっちゃア  つて言ふじやア  楽ぢやアね  誰か来て下さア  もんだなアという  ッてるこたア  寿命が縮みやア  何人組というなア  袖さんたア  取引きじゃア  中国じゃア  お金をまきあげちゃア  覚悟してなきゃア  ことならちったぁ  ことをすれぁ  ラムもちったぁ  カルタ札だってこたぁ  植木屋さんにしちゃア  気になりゃアがって  灰が被けて有るじゃア  了やア  画馬を見て始めて鳴いたからアを  像をアが  アをしてアを  画像をアの  拝ますはアの  寵姫を思い切ってアに  つて幾分並みぢやア  事ぢやア  邪魔ぢやア  つて有りア  似顔絵でも描きやア  誤解なんかするこたア  ものがありゃア  きたひにゃア  一人だってありゃア  死りゃア  其円じゃア  キレイでなくちゃア  子供じゃア  雨ですなアなど  先生じゃア  野郎じゃアねッから  ことを言うじゃア  ッてやア  エなア  ところじゃア  僕ばかりじゃア  次第じゃア  開放しなくちゃア  犯人にきまってるじゃア  峯吉にきまってるじゃア  大事に育てなけア  馬じゃア  ところだというじゃア  縁談じゃア  引攫って行ってしまうじゃア  山分けにしようじゃア  側へ行けやア  只者じゃアねえと  妾じゃア  結束はア  卑怯者去らばア  使やア  酒屋じゃア  徳じゃア  百円あったらなアと  つてしまやアが  事をしたなアと  奴等ぢやアねエ  胴巻を忘れて行きやアが  のを忘れて行きアが  高音じゃア  家へ寄りつきゃア  自慢じゃアね  口がきけやア  産前のかかアは  片手じゃア  ものをつけなくっちゃア  ことをしても行かなくっちゃア  何をするじゃア  冷飯もござりやア  のもござりやア  ことじゃアね  竹光じゃア  はずじゃア  宿をとらなくちゃア  大穴を穿けやアが  賽錢を踏めアが  景色やなアと  小説なんぞを書いてちゃア  綺麗じゃア  気質じゃア  ことしちゃア  先生達にいいつけたりなさりゃア  小娘じゃア  駄目じゃア  石じゃア  莫迦げた子じゃア  嫌いじゃア  泣虫じゃア  #セエラちゃア  欲しかア  事に慣れなけりゃア  傍見なんかしてちゃア  そばに寄っちゃア  気違いじみているじゃア  財産家でいらっしゃるじゃア  一銭だって返しちゃア  つもりなんぞありゃア  人形どころのさわぎじゃア  宮様じゃア  親切じゃア  部屋じゃア  お茶をこぼしてるじゃア  顔してるじゃア  子好きじゃア  お話しちゃア  乞食みたいになんかなっちゃア  ミンチン先生が睨めてるじゃア  のでなきゃア  罠じゃア  上に上って来たりしやア  みたいじゃア  乞食みたいじゃア  わけでもないじゃア  娘が怒りゃア  乞食じゃア  支那人じゃア  民衆がわアわ  発音を間違えただけじゃア  娘を見付け出さにゃア  さじゃア  時なんてありゃア  誰か来やア  利口じゃア  メルチセデクじゃア  泥棒じゃア  ここにやって来やア  今日ばかりじゃア  #そうじゃア  私じゃア  指一つさわりゃア  あなたじゃア  御馳走どころじゃア  夢じゃア  さっき夢じゃア  こと憶えちゃア  お前は帰らなきゃア  ようにならなきゃア  妖女じゃア  娘じゃア  始めにゃア  一つあるじゃア  生徒じゃア  何でも聞かなくちゃア  子を怯えさせちゃア  びっくりしちゃア  方じゃア  儘のさばらせちゃア  俺らにとっちゃア  ッ母さんじゃア  独りでうぬぼれてやア  アきゃア  心配にゃア  ほかでぬすみ喰いをしゃア  蛙じゃア  一つ蕎麦をふるまってもらおうじゃア  馬鹿じゃア  #東京へ帰れないじゃア  国府津にゃア  お世話にゃア  ア仕方がないじゃア  公園で出なけりゃア  時じゃア  方がつくだろうじゃア  往復しなけりゃア  人が出て来るかも知れやア  可哀そうじゃア  借金持ちよりゃア  ッともおうなは召しあがらないじゃア  馬鹿にしゃア  たんちんじゃア  順じゃア  芸者のつとめじゃア  陽気に行きましょうじゃア  なりじゃア  前でのろけを書きゃア  物ア返しゃア  分まで払うのア  苦労人じゃア  目くらになっちゃア  入院しなけりゃア  無事どころじゃア  心配は絶えやア  娘だなアと  アちゃんかア  ほんとうにつまらんなアと  てんではア  蜜柑ばア  子供でなア  木の芽のさア  のじゃないかなアと  変だなアと  ものはアだけと  骨折らしアが  雄弁滔々まくしかけられちゃア  ンわア  医師もいうじゃア  機嫌さえとりア  博ちゃア  撃退しなきゃア  一人じゃア  二両賭をしてやろうと言い出しゃア  手下ら云うじゃア  言葉ばかりじゃア  夜叉じゃア  何んでもありゃア  目さえ通さないじゃア  庭へさえ出ないじゃア  武家さんじゃア  ことはないじゃア  詩じゃア  ナーニ何んでもありゃア  巧みに抜き取るじゃア  奴なんかありゃア  約束したア  シがアの  生意気だつたらありやア  酒など飲みやアが  んじゃないからなアと  味方になっちゃア  顔を見て置きゃア  真似はしやア  てめえにつき合っちゃア  ホシじゃア  冗談云っちゃア  一晩だけア  微かにアと  ッたなア  異議なア  吾だけア  そうもないじゃア  十あったって足りゃア  頭もありゃア  仲じゃア  とどたりわアと  俺ら百姓だがアと  田舎だなアと  都だなアと  気楽でもなかろうじゃア  私と遊んじゃア  素人じゃア  いい加減はア  半分は持ってきて下さらなくちゃアと  変なこたア  汝じゃア  場所がらじゃア  ッたらないじゃア  吹雪じゃア  声をしやア  貰つてこなきやア  腕が立たなくちゃア  一人でなくちゃア  牛じゃア  運動会じゃア  出前を届けるこたア  練習をさせなくちゃア  手ほどきしなきゃア  身体ができなくちゃア  タマゴを欠かさず食べさせなくちゃア  それをやらなくちゃア  こいつをやらなくちゃア  内職じゃア  一家殺しをやらなきゃア  子供にしちゃア  ウチへ泊めなくちゃア  腕にならなくちゃア  カンベンして下さいだけじゃア  歩かア  打者でなくちゃア  方に行かなくちゃア  それでなくちゃア  腹を立てちゃア  指しさえすりゃア  それぢやア  発音はアを  バヅアのアは  ーなアかで  廻りをしちゃア  いちゃいちゃしたければ芝居なんぞ見に行きゃア  待合がありゃア  洒落一つわかりゃア  ざまじゃア  お客様にされちゃア  おかげじゃア  分りやア  何かやらなけれア  みたいなアという  ことをして呉れたなアといふ  口ではなアに  賢こいじゃア  手品じゃア  可かア  言ふのア  アんなんかにア  辰つアん  ぺしよられると思はなきア  つもりで呼びア  自分で出さなきア  一人前たア  アにわけアね  インチキじゃア  アナタ負けちゃア  定はア  粉にして働かなけア  俺がやらなけア  自分さへ捨てられなきア  イヤ旦那そりやア  筈じやア  何もありやア  うじやア  これやア  タダモノじゃア  サービスしなきゃア  用心しなきゃア  かまうこたア  それに先立つアとの  歸したるアは  訴へるたア  百姓はやア  いやにつくってるなアと  おとよさア  省作さアに  ゃなんねい事があるたア  おとよさアが  #作さアに  省作さアの  おとよさアは  #作さアの  大概想像が着くじゃア  校長じゃア  昨日はアの  そりやアや  何がははア  御免やア  貯金しときゃア  貧乏じゃア  ことをやらなくちゃア  オレにまかしときゃア  婢やア  子供を産んじゃア  仕事じゃア  みんなわアっと  土左衛門になろうとしているじゃア  紙が落ちていなけりゃア  真似をしゃア  音を上げさせちゃア  眼をあいているじゃア  仕方がないじゃア  お金がありゃア  両親だからなアって  大事にしなけれア  商売だアという  ものではなア  見通しじゃア  暗闇じゃア  無念だなアと  一メートルじゃアは  父じゃア  あれやア  かさごやアと  高砂やアの  大阪だなアと  ヘイヘイと諾いてゐやア  遊びに来りゃア  月だなアと  二十七度強だア  入りやアが  

~ ア[名詞]2
さア  なア  痛ア  なきゃア  づらア  つたなア  いやア  てあらア  わかけれア  なけれア  なけりゃア  辛気臭ア  沢山ア  なきア  無けりゃア  これからア  早ア  只ア  悪くア  時にア  もしやア  ただいまア  まあア  つらア  次にア  しかるにア  厚くア  実にア  何でぁ  よけれア  ちっとア  いかア  どんなア  眠たア  ここだア  まだア  

複合名詞
ア失敬  ア木村  らア  母アさん  アん  げえなア  母アさア  叔父さア  それぁ  金持アうしろ  厭ア  とこぁ薩張り  たちぁ一気  誰ア  俺ア  母アはん  これア  母アちや  ア寅  ア僕一人  ア此方  ア貴方  ア変  ア迷惑  サ婆ア  ア己  己アいや  アあんまり  ア明日伯父様  ア私  ア田中  えなア  婆ア  これ婆ア  胡麻アすり  ア蚊  アお前  ア二晩  アしめ  ア斯  ア胴巻  ア申訳  ア殿様スッパリ  己ア全体酒  アあすこ  馬鹿ア  ア腹  ア今晩  アそう  アこれ  ア何ん  ア狼藉者  アの  己ア冷  ア手前手  ものア  己ア  ア掛合  ア大変  アいね  ア一寸  婆ア何  私ゃアいや  ア土  ア荷  ア御免  己ア此家  己らア  ア旦那  アおら  ア笹屋  ア男  ア危険  私ゃア別  アがれ  私ゃア今  私ゃア  ア百両  己ア医者  嚊ア  家ア陰気  ア内  ア志丈さん  おらア  事ア一体此方  ア何方  コレ婆ア孝助どの  私ア  ア余り不思議  ア女  彼奴ア途方  ア仕様  己達ゃア林  わきア  お母様ア  ア源次郎  ア恩義  そいつぁ滑稽  おれぁ  それぁ私  それぁ君  これぁ  これぁ駄目  様ア  アい  僕ぁ学校  豆腐屋ア  奈アちや  ア百姓  ちゃア  りやア  それア  アせん  アりやア  わしア  わしア死  あれア  山ア  俺らア  専造さア  ちやア  ちやア勉強  んざア  アいや  花ア  それゃア当座四五日  ア百  ア言  ア大丈夫  芒ア穂  物ア何ぢ  ア此處  アここ  アあなた  アお気  ア人間  ア可哀そう  なんざア  アあなた体裁  ア関取  ぎゃアぎゃア  わしぁ一日一杯  ア碩寿翁様  ア何  ア兄  ア河面さ頭  つけア  俺ア百姓ツ子  それア無理  何ア  母アどこ  母ア  母ア遲  のげア  俺アなんぼ醉拂  ア源  俺ア俺ア  ア分  芳ア  俺アそつ  ぁ霜  僕アおなか  僕ア  僕ぁ  ア鍵  ア直ぐ  ゃア  ア匂い  いやア  ア子  あらア  ア女ア  品川ア  納豆屋ア  ナットー屋ア  つまらア  かい魚ア石地蔵様  皿ア打挫  難波ア  一寸間ア  年増ア  わなア  ア浪人  俺ア厭  ア尤も  俺らア弱味  あいつア人間  ざまア  ア因果  ぁ薄荷  一體お前さん等ア今日  ア其樣  ア石川さん  こいつア上方のち  こいつア大  こいつア  ア痛  こいつア一世  アさア  アみんな  こいつア俺の  アしかた  ア一大事  こいつア大変  そいつア旦那  こいつア一人  浜風ア身  前田河ア  うちの人ア  俺アびっくり  ざア  アら  会社ア  痛ア  お客様ア  下町ア火事だい  綱ア  千絵様ア  お嬢様ア  ア当り前  二ア  ア忘ア  ア痛ッ  そいつア大事  ア駄目  俺ア霜  ア積  蓋ア  ひつぺがすなア造作  事ア  ア此処  菊さア  それア昔  そいつア  丞様ア  怪我ア  ア先  ばばア  これア女  ばア  閣下ぁ  貴様ぁ  ぁ醋酸  ぁ妻  ア使  アその後  俺ぁトテモ苦手  君等ア薄野  ア可  それア先ア  こいつアすてき  そいつア側  ア薄情  親方ア  帆方ア  ふつちやア  奴アみんな  ア源次  ア今ここ  こいつア片輪  こいつア腑  ア今夜  アお母ちゃん  アむづかしいんですもの  一本橋ア  橋ア  声ア  アさ  鼬鼬ア  鳩狐ア  鈴虫ア  星流れ星ア  離れ星ア  星ア  渡り星ア  烏ア畑  烏ア  夕闇ア  夕星ア  アさ日暮ぢ  ア阿波  ぎゃア  アもっとも  アあいつ  ア樵夫さん  ア眼力  ア手  ア手前  ア誰  ア娘  アお前さん  あいつア別嬪  ア猿若  ア悪事  ア俺ら  俺ア毛虫  俺ア虫唾  俺ア笛  世話ぁ  君ぁ  僕ぁソロソロ委員会  あん時ぁ  アお前あたり  ア御苦労  ア姉  アお前らぼんやり  ア気の毒  態ア  アめ  ぁ物  ちやア並大抵ぢ  貴様ア馬鹿  つたア  ア埓  ア埒  つてらア  婆アさん危いよ  ことア  おれア金  宿屋ア世間てい  ア商売往来  足ア  ア嫌  ア不意  アしな女  滅茶滅茶さア  おれア日本室  アちゃん  ア返事  アぐらゐにほとほと感心  ア村  わしらア  暴れア  八さア  旦那さア  医者さア呼ばら  之ア  そいつア初耳  まさア  奴ア帰り  そいつア別  金持ア  ア迚  妾ゃア  こいつア不思議  ア汝等寸刻  ア子供達  ア宮部  ありまさア  何アん  これア仲  頃ぢア  面ア  アがれッ  ア八百八町  汝ア何  汝ア気  ア喧嘩渡世  ア喧嘩  おれア実  ア幸吉さん  あれアお前さん  ア一目散  おれア  あっしア  ア痛タタタ  これア俺  のア  これア寝言  ア不可  ア世話  先様ア  旨ア  これア何家  これアおいら  おいらアこれ  ア先生  こいつア余燼  ア市助どん  ア丸  ア御前  アさアお先  アこちら  ア夫婦  晩なんざア  御身ア  面ア間抜け  アそれ  わたしア  アおれ  ア鯨  アあっし  アおかげ  やつア  ア話  むきア  ぎらア  ア気  ア複雑ん  筈ア  こいつぁ  ア身  ア野伏乞食  ア千太  ア化物  こいつアいっそう手  ア場所  汝ぁ誰  汝ぁ  らぁ  何為ぁ  ぁ世界中  ぁ悪戯  それぁ幅  アわけ  アしょうが  アなに  ア妙  ア上  ア船腹  アほんとう  ア雑作  ア船頭  ア濡れ鼠どころ  ゅうゆうじゃア  ゅうじゃア  ア大敵  そいつア逆  こいつア胡麻酢  アあんた  ア駕籠舁  ア素人  ア手廻し  こいつア理屈  これなんざア  ア藤五郎  ア甲野君  これア一体  者ア  ア棺桶  ア材木  わア  アいちばん  ア大事  ア壁  ア加代姫  ア神隠し  アどうし  ア大和屋  ア並み  ア市中  ア駕籠  アあまり話  ア赤腹  正月ア長閑  そりア素的  下手ア  世の中ア  ア來  今年ア來  あんすべアすか  二十人位ア來あんす  それア私  今俺ア  先生ア眞箇  俺ア學務委員  それア安藤先生  行ぐべア  今年ア  二十人位ア来  先生ア  俺ア学務委員  今年ア作  神樣さア喜捨  ば用ア  俺ア酒  先生樣ア  づア  奴ア  腰ア  先生樣ア醉  俺ア來  巡査ア彼家  時ア裏  顏色ア惡  俺ア赤痢  神様さア喜捨  先生様ア  汝ア  先生様ア酔  顔色ア  アさん  旦那ア  アたくさん  くらア  いまさア  ゃるなア  ざまアねえや  ア之  ツちやア  夫ア  さりやア  上げらア  ア皆  ア神戸  ア松源さん  ア婆さん  ア美代ちゃん  旦那ア本当  アお母さん何  忌ア  お茶ア  ア車  ア藤川氏  ア左様  アいかん  ア銭貰い  ア奥  此家ア裏ア何処  裏ア  ア口  ア耐らん  ア縁  ア致し方  腹ア  雇婆アさん  僕ア道楽  ゃっちゃア  ア四百円お金  私ゃアいつ  空ア  是ゃア御免  御新造様ア  ア仕方  こいつア妙  ア不思議  ちゃアん  ア誂  そりア一寸  すりア  私ア溝  中びしゃア  腹ア空  車ア  ぴしゃア  私ア胆  私ア縁  時私ア  此方ア  ア私ア  ア罪  ア手許  ア此  ちゃア此処  ア事  ア後  がらア  ア学校  ア彼様  ア遠慮  ア下手人  ア一  ア衆  今あれア  アどこ  私ア丸山さん  それアそれどころ  それアよう  アあれ  それアそう  アじき金  ア刃物  ゃア篦棒  ア婆さん此金  ア斯うしよう  ア此奴  ア仏様  ア先刻  ア疵気  ア大夫此方  ア失  彼ア  ア桂庵婆  お前様ア丹波屋  飯ア  お前様ア斯  お前様ア先  お前様ア  人ア  噂ア  アこれア  ア私ア勘弁  ア何うし  金ア此  お寺様ア  ア種々世話  ア是非半ちゃん  私ア間  これア貴方  家ア女  周玄さんお前なんざア是  旦那私ゃア急  私なんざア鯖ア  旦那貴方ア両方  是ゃア鯖  旦那私ア急  ア旦那何  私ゃア釣  ア立ち  ア是  私ゃア矢張船  ア化物屋敷  アお寺  ア命  ア馬作なんど  アお先  能くまア  ア出刄庖丁  ア何処  ア訳  此奴ア些  ア判然  ア馬  ア一寸  アしめえな  ア一通り  是ゃア  ア騒ぎ  ア止め  ア増長  治さア  胡坐ア  アがらア  ア其処  ア大分実  兄貴め腹ア立ち  胸倉ア  外ア  アお前さん何  ア友達  こいつア何  ア六年あと  ア重畳  ア愚僧  ア金  ア八つ  ア筆  ア坊主頭  世話ア  ア兄貴  ア挨拶  ア此奴らア  ア坊主  ア小兼覚悟  ア蝋燭  ア一緒  ア小兼  ア千島さん  兼めぎゃア  時ア兄貴  喧嘩ア  ア望み  ア彼奴  事ア訳  ア多勢  ア海禪さん  ア叩ッ  ア悪性男此方  ア速  ア一番縁  ア容易  能くまア斯  此女ア芸者  ア山三郎殿  能くまア悪党  ア文学青年  そいつア参  こいつア耐ら  さらア  オオオオこいつア  アあっち  ア親分さん  ナーニこいつア  ア不安心  ア悪党  ア狂人  こいつア変  ア勘兵衛  時あっしア確か  そいつア仕方  アあやめ  そいつア不可  こいつア敵  ア奥様  ア使賃  ア来年  ア君  アひとつ今晩徹夜  アねえや  これ何ア  あれ何ア  ア鬪士  それア機會  これア惡  やつぱりお母ア  嬶ア  嫌ひだア  ア美くしい  ア貴公  婆ア此処  アお客  ア身体  貴方ア切腹  ア相談  ア案内  ア山平殿  ア心配  子供アよう  ア奉公人  無沙汰ア  食物ア  御無沙汰ア  蕎麦ア  お前様ア留守勝  己ア方  おらア方  ア正太  ア一つ災  ア旦那江戸  頭ア  隠居家ア建て  ア一杯  ア往  ア憫然  ア遠島  己ア二度  ア藤屋  ア十両  ア出ろ  私ア瞽女町  ア其様  ア三拾  ア三十両  毎日婆ア  ア召  爺婆ア  アお前何  ア富山  能くまア念仏ども  ア帰り  ぱア  しらア  婆ア今  ア信心者  ア此処ら  ア彼  造作ア  ア傳次さん  私ア旅魚屋  はなア  アお父さん  ア御膳  ア姉さん  邪魔ア  婆ア比丘尼  ア汝  ア立派  ア遠く  ア中  ア望  アぱア  アぱア云  ア何卒  ア脊中合せ  ア三十三番  ア済み  ア是非  婆アさま  あんたア誰  これア私  ア足  己ア為  ア七十  物置蔵ア  ア細田  ア婆様  あんたア立派  あんたア子供  私ア二人  ア折々店  ア江戸  ア菓子  ア屑  ア末  何処えなア  是ア  ア按摩  ア地面  ア年  なにこれア己  貴方ア  あんたア  ア人違い  是ゃア不便  ア機  ア旦那様  ア頭髪  ア水戸笠間辺  ア水攻め  ア嘘  ア尋常漢  ア造作  ア水  己ア九才  ア神様  ア此畜生  アがん  ア兄様  今度ア私  母アさま  ッ母ア  母ア様  そいつア是非  ア伝さん  ア希望  今日ア  胡麻ア  アハヽヽ親玉ア  己ア馬鹿  ア直  ア腹掛  ア往つて  ちやアいかん  己ア手前  私アお前  療らア  喰つてらア  そりア結構  ア仮病さ  そりア仕事  そりア素適  アお嬢さん  しばアらく  それア何処  ア船  それア大変  時ア  俺ア仕事  これア秘密  俺アこれ  俺ア今  おれぁ庄吉  僕ぁ斯ん  倉ア  ア以外  ア僕  これア卓越  そりア  そりア私  ア行  ア結構  ヤリテ婆ア  ア蟒  私なんざア年中斯  私アこいつ  ア何うしますえ  ア磯之丞さん先  己ア今金  ア名主  汝ア脇差  己ア命  己ア四十二歳  ア厭  おばアさん  アこ  母アお前  母ア勘忍  母ア彼奴  ア秩父  己ア人殺し  己ア嚊ア  己ア家  己ア旦那  ア三田  ア商売  ア七歳  ア女房  縄ア  己ア泥坊  私通ア  青鼻ア  己ア娘  己ア元村  己ア青  己ア此  茶ア一杯  伯母さん己ア母親  婆アさん  悪戯ア  汝ア達者  私ア先  ア己ア家  アあんめ  己ア死病  己ア分家  ア人  己ア子  ア山国  かく婆ア  ア化  己ア何  ア些  ア三十四両二分  ア二年  私ゃア田舎者  己ア此処  ア盗賊ざア  盗賊ざア盗賊野郎  私ア斯  ア番頭さん  己ア金  私ア道連  ア突出  己ア小平  ア遁  ア分署  私ア小平  ア打捨  私ア縄  ア盗人仲間  己ア汝  己ア旦那様  己ア愍然  己ア気の毒  らア此  己ア真直  私ア二十両  アきまり  ア多助どん  ア町内  彼是いやア  己ア実  ア同道  ア多助さん  私ア蓄ら  己ア口  己ア身体  ア敵同士  ア樽屋さん  私ア計り炭屋  己ア稼ぎ  ア夫婦倶稼ぎでなければなんねえに  己ア一途  ア上下  私ア此  ア他  己ア斯  己ア醜男  己ア精神  己アよう  己ア言葉  ア其人  ア梅廼屋  雨がさア  おばアさんたち  ア地雷火  ア成瀬様  わたしゃア小母様  アがれエーッ  アがれーッ  ア世の中  ア絶対  ア証人控室  アただ  アひとつ賭  これア何  ものア阿呆  ア鶴  アこっち  それア稀有  ア警保局  それゃア  呼吸なんざア  ア文句  ア古市  違いまさア  ア道  それぁ無理  僕ぁ王様  俺ぁ娘ッ子  繁ア  若松樣ア  若松様ア  ア貰  そいつぁ些  ア明日  ぁ山  ア自分  これゃア  これぁイミ  私ア不安心  小野君私ア  私アこっち  ア申し分  己ンとこア  それア己  ア一月  わけア  其奴ア  ことア私  ア気楽  ア可笑い  アだらし  それア冗談  ア大変秋山  私アその頃籍  それア鄭重  私ア恁  ア忰  ア一ペイお上がん  落ツこちらア  アもの  なんざアあまりお前  アお前人間  ツ母ア  おらアそれ  おらアいくらちやん  おらア松坊サ  ア伯母さん  おらア何  おらア一人  奴ア脊負  盗賊ア  鼻紙さア  茶ア公  一雨ざア  ア祝杯  ア乾杯  ア今井さん  ア乃田  ア小田原  ア政夫さん  なんざア駄賃取り  ア民さん  ア野葡萄  ア春蘭  あらア口  ア政夫  アお上  ヨすすきア姿  蜻蛉釣り烏ア  蜻蛉ア姉さん  サイサイ千鳥ア宵  霜枯れ姿東ア  アさ日暮れぢ  蜂ア  田螺アたんこたんこと  ト鳶ア昼寝  気ア  もの恋ア  月ア田舎  霧ア雲  鶏アなほ  百姓ア  鳥鴫ア田  極楽とんぼア  極楽とんぼア用  処ぁ牛  不漁ぢア仕様  ア壷焼き  義理ぢア  奴ぁ僕  アちや  アちやん  アつて  ア区別  ア空  ア一体  僕アむかむか  僕アこんど  僕アはじめ  ざまアみやがれ  ア家具  今度ア今  今度ア左様  今度ア  余命ア幾何  明日ア天日  ア何時  ア居  ア奴等  此奴等ア  ア一生  ア何様  事ア夫  コウ手前達ア  餓鬼共ア  ア出発  ア静か  雷神樣ア  ア稻  そいつア俺  かんなア  時ア一緒  ことア一度  アおかみさん  ア美智子  奴ぁ急  ゅア  お方ア  俺ア熊  俺ア大急ぎ  ぢきだア  腹ア減つた  俺ア何  ア寿子  ア交番  御苦労様ア  アどうしよう神さま  ア入湯  人たちア  あなたア  すぎらア  雪さア  すりぁ大丈夫  すりぁ  これぁ立派  嬢さア  ア案内人  天嶮すぎらア  ア危  ア道具  俺ぁ前  先生ぁ  足ぁ  ぁ何  ぶん足ぁ  ア伏見  訳ア  森ア  さア  ア鴉奈良  ア鴉おまえ達  私ぁ  私等ぁ  僕ぁ雑誌  僕ぁ一人  僕ぁ取り  俺ぁ  事ぁ  俺達ぁ  君ぁ俺  俺ぁ今  そりぁ  僕ぁ人間  僕ぁ賛成  僕ぁ此方側  僕ぁ向う側  ツバぁ  僕ぁ自分  お前さん達ぁ尻  俺ぁルンペン  僕ぁせい子さん  あんたぁ  それア弁当屋  これアいかん  ア手前たち  嫌ア  ア勇気  アテコ  暫らア  静かア  これア大変  ア暖  ア燐寸  糸子さア  ゃならないんだがなア  ア帆村さん  ア行き倒れ  ア一度  ア親父さん  ざア何  ぐわアぐわア  人ぁ  ア豚  ア鬼  ア酷  ア馬鹿  おばアさん一時  おばア  はさア大変  おばアちゃん  混血児娘たちア  アわし  見えまさア  彼奴ア隨分點  奴ア英語  ア熱  譯ア  僕ア實  ア一つ  先ア  姑婆ア  狸婆ア  ア歯医者  厭アよう  それア妾ん  あれア誰  五月蠅えなア  俺ア葉ちゃん  ア俺  俺ア葉  ざアい  俺ア指輪  俺アせん  俺ア皆んな  俺ア不幸  ア却つて可  こいつぁ俺  ア初めろ  こいつアただ事ぢ  實ア己  一昨日ちやアん  アいふ  ア頭  アたしか  アつてつて  來なかア  ア非常  ア調べ  先ア君  ア冗談  夫ゃなア何  貴方先ア  ア欺  先ア私  先ア東京  先ア前  ア爾  ア前田  そいつア名案  アどなた  アお願い  咽喉ア塞  俺ア年  あわア  アツテチン  ア大津  そいつア本当  ア一味徒党  ア姐  ア二十本以上  妾ア  ア一両  こいつア銀  妾ア花魁泥棒  父さア  祖父様ア  おらア元  ア荒場  アどこだい  ア傷  ア昨夜  ア風  ア店  ア猛獣  ア我慢  ア真相  ア阿賀妻さん  アだんな  ア門田  ア餅  ア家老  鋸屋ア  ア虎  ア想像  うますぎらア  ア部屋  ア下  ア文吾  ア碁  ア秘密  私しゃア  ア支度  ア甚八  ア生涯ウダツ  ア私たち  松の内ア仕様  これア見世  ア縁側  ア今  ア兄さん  アそいつ  物ア  男ア  ア可哀想  ア向う  こいつア平賀源内  うちア  ゃこゝア  おいらアお腹  今年ア恵方  ア深川あたり  ア損得ずく  アお上さん  ア京伝  男ア大嫌  アいくら  ーぁ  アぞう  ア三千円  ア合  ア下女下男  ア持  はまア  アちょッ  ア出  ア出入  ア錠  ア私ゃ  ア問題  アかけがえ  ア塚原卜伝  化け物婆ア  ア妾  ケチンボー婆ア  オカネ婆ア  ア便所  ア用  化け物婆アめ  とき婆ア  因業婆ア  ア持主  ア花嵐  ア慰藉料  ア目  ア子供  ア寒  アお前たち  鬼婆ア  ア別  家主ア東京  ア為  ア二人  ア衆人  アお父さん能  ア内証  私ゃア茂之助  能くまア斯ん  私ア貴方  ア御新造さん私  今坂なんざア  アあなた方  ア家内  えなア無理  私胸倉ア捉  暇ア  私ア暇  ア三  己ア名  己ア市四郎  腹ア立て  ア先方  己ア体  又坂ア  ア喫  ア勘定  ッぺしちゃア危  馬ア窮屈  馬ア眼  麁朶ア  嚊ア麦湯  ア在  ア大屋さん  ア乗  お世話ア  ア西洋洗濯  アお前さん後  ア頂戴  彼女ア旦那何処  若衆暇ア  ア立場  ア何うに  容ア  此方ア高  ア元  横ッ腹ア  ア極  ア今月一杯  ア旨  こいつア失策  私ア市城村  奴ア盗賊  私ア筏乗ゆえ上仕事  ア警察署  ア喰  ア珍  ア講釈  私ア気  危えなア  彼ア何  私ア胸  彼奴ア幾人人  ア侍  己アお前  ア剣術  ア老爺さま  力業ア嗜  ア貴方此方  旦那ア遠慮  ア上等  ア一口召上  ア文  ア貴方御免  ア真実  アこれ何処  親方此間ア  私ア江戸ッ子  私ア何  ア本望  ア客商売  ア茂之さん  私ア金  君ア庄司利喜太郎  私ア庄司利喜太郎  此後私ア唖子  君方ア判官  君ア  私ア南楼  此ア  婆アちゃん  ア原  ちやア橋  ア弥イ陀ア仏ウ  そいつぁ乙  娘たちぁどこ  それア相当  洒ア洒ア  アあなた私  ア脈  ア平家  ア源氏  ア皆さん採りッこ  ッただア  ア嬢様  ア湯  友さア  ア昼飯  おばアさん相  アあたし  ざアざア  汝アおれ  ア謡  ア豪勢  こいつア油屋  妾ア気がかり  俺ア鼠小僧  わたしぁ  ア食事  それぁ明けっぴろげ  ア大川  アそうだ外  讚岐屋ア  ア行き  ア姐はん  讃岐屋ア  それア誰  春ア  ア画  女さア  あいつらア矢  俺ア気  貴様等ア  妾ア湯呑み  ア重助さん  妾アお供  先ア糠喜び  先ア斯  ア寝坊  くらぁ  悲ア  アそこ  ア毒  アいかが  アしようが  ア外見  見えらア  ア吉里  アあちら  アしな  そいつア剛気  こいつぁア強気  ア善さん  私なんざア流連  ア献げ  ア吉里さん  ア暮  ア比較物  ア損  アお笑い  ア小万さん  アそれッきり  アおと  アぼんぼん  わしぁ  ちやア駄目ぢ  アいま  ぺなア  構ア  ぺなア兼ツ  ア聽くもん  丸アるい  そいつぁ思い付き  そいつぁ趣向  ア逢  アみじめ  ア油揚  俺ア奴  俺ア脳味噌  解らア  私ア十三年間  お前さん達ア悪事  牧師ア私達親子  其奴ア女  私達ア  ア解つて  アがら  ア私の  解つてらア  あたしア  ア涙  ア君子  ア自殺  ア幽霊  そいつア始め  そいつアほん  ア見当  八ア  頭ア下げっ放し  ア安  眼球ア  俺なんざア  なつちやア  ちやア不便  ア必死  ア妖怪変化  ユスラレちやア商売  なつちやアこれ  ア酒  ア道づれにならうぢやないか  ア替玉  ア大層  ア噛  ア主義  ア一言  んざア七里  ア母親さん  ア此地  さすぎらア  ア親  ア文さん  ア拝借  ア今度  私ア何処  ア屁  ア無駄  ア免職  ア仇  文三なんざア盆  ア洋服  ア嫉妬  ア慈母さん  ア厭味ッ  僕ア議論  僕ア何  僕ア失敬  僕ア喧嘩  ア課長  アラー御新造さア  此奴ア  私ア大嫌い  ア私ども  ア家  ア茶断  ア尤  ア沢山お笑い  私ア腹  私ア自分  そいつア痛  あたしゃア  春信かいなア  歌麿かいなア  あいつア  こいつア変テコ  やつちやア  麦鍋ア囲爐裡  花盛り蛙ア眼子菜  雀ア  行列ア  塩ア  そいつぁ  わしアびつくり  ア人間業ぢやあ  手紙ア  こいつぁ熊  ア今日  ぢア  ちやア側  ア性  ア先刻お前さん所  ア想  者共ア  ア東京  俺ア行つて  俺アいや  つええなア  ア今ごろ  ア一本  ア違  桂子さア  郎ア  母アちゃん  ア急  ア師匠  いっちア  それアお前さん  ア姉妹  私厭ア  あいつぁ  僕なんざア斯  神さまア  ア坊や  世帯さア  ア勘三郎雀  アドンヤツドンヤツどんやつ  ア人心  すかア  ア安治川君  ゃろかなア  何だっしゃろなア  食わせものだっしゃろかなア  アアル  こいつぁ勘弁  そいつア強気  こいつア悪  こいつア駄目  ア夜  ア命がち  婆アめ  ア油断  そいつぁ勘弁  ア踏舞  ア浜子さん  アなにサ  おばアさん今日  アちげ  ア二階  ア試験  アあし男くん  ア君あす  ア相沢さん  あたしなんざア  ア仕事  わたしゃア独立  アQueen  おいらア  おいらア正直  おらアむね  ア牡猫  ア貫之風  ア扇屋  ア可哀さうに  アちょうち  アうつむてんてん  腹アすか  夜ぁ明げ  火ぁ  おれぁ二度起ぎ  どっちぁ  ぁ泣  何ぁ  三郎ぁ  人ぁ楢鼻  天気ぁ  おれぁ迎ぃに行  のどぁ乾ぃでも雪  達ぁ先  願ぁ  あどぁ平ら  弟ぁ  こいつぁ一きり  これア不思議  ア痛タタ  ア棋士  俺ア子供  赤ア  夫りやア  ア大  場ア負  者ぢア  ものぢア  こいつア藪  俺ア詫び  面ア真  役人面アねえや  ア丹波  癒りやア  校長さア  それア僕  奴ア一人  ア乞食  んざア一人  これ先生さア  つてそれア餘  俺ア感心  ぁ贅六  持ち主ぁ女  手下たちぁ敬公  アだれ  ア辰  はずア  アなにごと  ア感心  ア数え年三つ  ア猿  あいつぁ共和演説  こいつぁ儲けもの  君たちぁ  やつぁ  うちぁ  アおいら  ア粂五郎  秘密ア  アただ者  やつアこれ  伝六ア  伝六さア  手間ア  それア不可能  話ア  人足アいくら  ア天下一品  捕物ア  あっしゃにおいもかいだこたア  つたア何  アどなたさま  うちア三蓋松  建物アたしか  こいつア江戸  こいつアやけど  こいつア雪  辻占ア  ア二つ  君ア知らず  ア本当  先ア娘兼帯  ア十二時  先ア否  オヤ先ア傍腹  先ア浦子さん  先ア静か  先ア敵  ア途中  先ア彼  イヤ先ア  先ア能  とら婆ア  アうんざり  アしの  ア元通り  熱アねえや  俺ア頭  ア負  電話ア売つて  そっちア  手の内ア  おらア当り前  今日松竹座ア  夕暮ア市  ア市  母さア  船霊様ア  ところア  アぶり  鹿の子ぁ嫁ぃほしいほしい  かの子ぁ嫁  ぁ嫁ぃほしいほしい  ア舌  何ア莫迦  家ア奈何  いまア  ぁ杉山  ア智慧  わしぁ好き  そりぁ先生  松ぁ  銀様ぁ  こいつぁ変  アあと  あんた様ぁ  タクサンあらア  ア逐  ヘエー其奴ア便利  彼ア云  ア其  ちやア大変  ことア勝手  ア浜子  能くまア腰  ア梅ちやん  僕ア心配  僕ア外国  アおい  ア夕刊  こいつぁ相手  かいなア  アいもの  びつこなんてこたア  ア段違い  ア源女  そいつアこっち  一体こいつア  わたしゃアお前  こいつア妙案  そいつア変  ア何かいお山  ア博奕打  ア真剣勝負  汝らア高萩  こいつらア猪  こいつらア  ア親分  奴らア  ア物  ア気絶  あたしゃア承知  ア熊  ア狂い  こいつアひで  こいつア幸い可  ア品  ア逸見先生  ア主水  ア娘っ子  そいつア秣  ア奇麗  ア麦  ア香の物  こいつアただ  ア高萩の  ア爺  ア鴫澤  あれア陸奧丸  あれア陸奥丸  節ア  ア目ッ吉  アどうもく  アだめ  先方ア  話ア眞實  蟲ア  老爺ア  權作ア此老年  明日ア歸  行ぐ時ア空馬車曳  ア老爺  俺ア老人  明日ア  俺ア此頃  俺ア眞實  汝ア頬片  俺ア明日  明日俺ア  八重ツ子ア今夜  此人ア  ア表出  アすか  ツ子ア遙  尻ア  汝ア共ア逃げ  虫ア  行ぐどもせア  権作ア此老年  明日ア帰り荷  俺ア真実  ア亀  ア亀井  ア銭  先ア僕  ものア運  ものア欠片  空腹ア  我アひょっと  ものア汝  ものア空財布  ア栄華  衣服ア善人  わたしゃア  今度アこれ  ア万次郎  手前ア  ア元旦  小母さア  我折つたやア  ばばア様  奴等ぁ  わしぁ学問  ア本物  ア裏  虔十ぁ今  ごとぁ  杉ぁ植  畑ぁ日影  杉ぁ枝打ぢさ  畑ぁ日かげ  杉ぁ  がさア  国元ア夜逃げ  根本さア処  娘さア  ア五六千円  客様ア伴  郎さア  巡査ア  彼奴ア  アせんだ  奴等ア  我ア  これア気の毒  アばか  私なんざア  話ア話  仇ア  村ア  此輩ア  ちやア余り  ア相違  一銭銅貨ア  粟アくつ  土ぁ  霜ぁ  畑ぁ  音ぁ何  ものぁ何  小便ぁ永ぃな  書物ぁ倹約教  ぁ三河町  ぁ祭り  書物ぁ倹約教え  ア不足  俺らア男さ  そいつア土蔵  肚ア立ち割り  夏ア景気  ア白状  なほイヽさア  ツさア  地蔵さん空ア火事  つてくらア嘘  獺ア  お祭ア  三毛猫ア馬鹿  太郎作ア  けらア柿の木  雛鶏ア  ア小作  相談すべア  それア俺  それアん  そこア  俺ア何アん  これア敵  それア本当  これア一  けりぁ  今度ぁ  奴ぁ  ア謙一さん  ちやア仲  これア犯人  それア理窟  おばアちや  知らア  ア相当  ア都合  ア名折れ  ア工場  貴様ア  ア記憶  これぁ便利  それぁ右  あれぁ  それぁ俺  己ぁ  ぁ一ギニー金貨  己たちぁダブルーン金貨  ぁ子供みたい  これぁ大  これぁ何だい  ぁ書物  これぁ平水夫  己ぁ五十  ぁ己ぁ  ぁ舵  それぁビリー  それぁ神様  あれぁアラン  ぁフリント  それぁ己  ぁ俺  あれぁ何  これぁ己  己ぁ学問  ぁ己  己ぁ万事相談  ぁ己ぁ一度  己たちぁ一人  ぁ言  己ぁ規則  これぁ縁起  ぁ確か  己たちぁ明日  それぁアンダスン  そいつぁ己  ぁ柵越し  此方己ぁ  己ぁ気  これぁ船乗  これぁ自然  これぁ指針  これぁアラダイス  あれぁフリント  ぁ謀叛人ども  ア氏  ア大工さん  先ア安心  ア二三日前  入用ア  愚態ア  先ア関係わん  先ア後  ア画馬  ア曰く王  ア航海中暴風  詐りア  ゃべくるをア  前橋ア鈴蘭燈籠  小石ア  刻ア  莫迦莫迦莫迦ア  ア風邪  ア与里  それア腹  それア一目  俺ア今度  十六日ぁ  今日ぁ  ア列音  ア列  ア列イ列ウ列  ア柳生様  こいつアお前  ア去年  ア飯  水浴びせよつたなア  ア身上  道婆アさん  俺ア先刻  俺ア覺  山ア坊主  田ア何處  田ア  川ア  やつア町  ア福助  ア我儘  物ア直ぐ  アなかッ  ア此二月  ア貴女  アほか  ア口上  うめえなア  おいらア四合  おいらアいくら  ア種  ゃれてらア  とこア  ア諸君  ア勝手  ア一番あと  ぢぁ  俺ア嫌  私ア昼寝  旦那様ア  姉ちやア  おばアこ  おばア子節  親方ア金持  ア永  ア総司さん  ア脱走武士  場ア此処  アお互い相棒  妾ア何処  今日ぁ午  牛ぁ  牛ぁ逃げ  童ぁ  むすこぁ  達二ぁ居  どんづまりはなア  それア何  糞婆ア  藤野様ア水車  ア喃  首玉ア真黒  此乞食ア  藤野樣ア水車  首玉ア眞黒  ア貴女軍人  ア母上さん  ア今一度  ア見合い  ア結婚  ア益  アつて云  俺ア駄目  ちやアん  それぢア  つたぢア  嘘言つてらア  ア笹田さん  勝栗ア  勝栗ア神田  アくし  ときア  丹波ア  おれア伊賀  ア縁ごころ  ア萩乃さん  ア源三  キリキリ立ア  ゃあしゃア  それア狂言  ア引っこみ  アほん  ア鼠  ゃればいいじゃア  噪ぐんじゃア  ア郡役所  ア華族様  婆アさんサ  俺ア眼  これア神経衰弱  ぁ野原  今年ぁ  喜助ぁ先  アそりゃア  貞婆アさん  しゃがア  時ア私  ほかア  おれたちアみな恨みッこなし  承知ア  ア関係  物ア手  ア毎月小百円  アお供  アさい  ア一銭  玉ア  ア教  アうどん  こいつア楢柴  ア櫻眞盛り  アかい  ア御簾  私ア文楽さん  奴ぁ大嫌い  こいつぁ本物  これア耐らん  武夫さア  こいつアいかん  いるかア  ア行活用  ア段  ア行ヤ行ワ行以外  ア行音  ア無茶  アどうしろ  アそれぢ  アほんと  皆自腹ア切ッ  ア川島  ア大将  僕ア算術  僕正行ア大好き  正行ア大好き  僕ア海軍  僕ア中将  鎌倉ア男児  ア母さん  てめえア  鉄砲玉ア  旦那様アいつお帰り  ア野田さん  ア名刺  ナニさア  奥様ア  チン屋ア  ア教授  ア彼方  千鳥ア宵  舟ア  笠松ア  蔭雉子ア  雉子ア小松  雉子ア  雉子ア鳥  芽ア  鮎ア瀬  茶摘みア  雀ア家蔵建て  行々子ア  ヨ石ア  波ア  ウとんぼア畑  茶ツ葉茶ツ葉一雀ア  二雀ア来ちや  雀ア茶ツ葉  狭霧秩父三峰ア霧  烏烏ア  烏ア南瓜  烏ア柿の木  烏アちよろ  ほととぎすア  松並ア風ざら  ボケちやア  こいつア検死  ぁ主婦さん  ぁ天地  程これア  あれア石垣  私ア真実  私ア家  父様ア  ア目茶苦茶  妾アお前さん  陸稲ぁ  ぁ虫こぁ  ぁ半分  わなア光  ぢゃア  ア坊  俺ア承知  十一二ぐらゐのとこかなア  十四ぐらゐかなア  腎張婆ア  俺ア斯  アヒル婆ア  云つたア  ア百遍云つて  ア云  ア地底機関車  俺嫌ひだア  ア量  ア黒門町  筋ア  ア梅窓院通り  ア大奥  者ア気  ア小娘  痛えなア  ア夜半  ア一しょ  おいらア一巡り  ア竹  こいつア袖  ア九時  ア此文字  ア時  先ア内儀  先ア探偵  田アちゃん  夫ア何歳  男有たけア  雪ア解ゲデセエ  田ア忙  夫有タテ何ア目  風ア眼サ  春風ア吹グ中  嚊ア此方  ア情  ア伊東頼母  ア誘拐者  汝ア何者  ア乾児ら  ア松五郎  ア野郎ども犬侍  大島ア  万歳ア  万歳アい  金太郎万歳アい  ぁ一万  みなア  ア招  藍丸様ア  ア帯  ア部屋代ぐらゐ  ア歌  ア生命  オレなんざア  ッぱなしだったなア  ア二割引き  ア人々  ア物騒  つてア  ア大統領  春風ア日一杯  春風ア  春風ア岩  才兵衛ア坊主  成らア  竈ア  エサ火ア  山背風ア七日  ぐでりんになつてしまふづらア  んざアみんな舟  俺ア十二三  んざア喰  ア柴山  アしな人  こいつぁ金言  そいつぁ不可  ょろたかア  ア身躰  お松婆アさん  なんざア愉快  乃公ア  擔架ア  それア君  おいらア皆  本田ア  素敵さア  冷ア  ア宅の  泡アふっくら  ア貴様  ア皆さん  時ぁ盆ゴザ  實ア  アそり  そいつア嘘  覺悟ア  お前達ア馬鹿  ときアえびす顏  俺ア師匠  つて來らア  違つてまさア  彼奴らア人間  いやがらア  照井さア  ア竹さん  ア旦さん  乘つたかいなア  ア次  ア物騷  ア何處  ア奧さん  おばアさん自慢  ことがちアん  何時もちアん  もちアん  ア私たち恋  これア戦場  それア素晴  ちやア自然  ツ母アさん  ア母  アお前明日  さい行ツちやア  ちやア身躰  これアきみ  待ア  己ア一足先  これアたしか  アゆ  母アさんただ今  母アさん何  ア庄太郎  奴なんざア  ア後楽園  イヤ何ア  ア様  穀つぶしめア  ぢぁ欠げ  ア省作お前  あらア人  はまさア  ア政さん  あらアいや  おらアおと  おらア大きらい  ゃだめだなア  おらアたしか  皆ア  愛荏得ア行エ  ア黒田  アあなた一生懸命  今度ア女  只今ア  電話ア  木崎さア  あたしア高見  ア可ん  先生ア今日お菓子喰つてら  それア違  ア先生許  此處ア瀬  彼奴ア駄目  其奴ア可  其奴ア珍聞  ア一ツ拙者  ア高給  先ア可  先ア其積り  此処ア瀬  ぢア何  これぁ不可  われア親爺  ア買手  ア時ちゃん  ア二銭  ア質屋  ア何処だい  弁天松代ちゃアん  ア怨み恋  ゃんすなア  それア何度  これア骨  これぁ辞職  ア我々  ア実演  ア邪魔  ア父  濟ア  時ぁ  子供たちぁ  やつぱりさうだつたのかなア  そいつア豪儀  ア御両人  ア不自由  



前後の言葉をピックアップ
ぁんはやうやく  ぁんはやがて  アンモ  ぁんもうどこまで    ああ  アア  アアア  アアアア  アァアァア


動詞をランダムでピックアップ
やり過す呼び込めもたせれはせつけるよぎ溜め込む越せ差延べえきす撃ち取る冷かすうまっ抜取る見回しつく汲みだし踏み外さ召し振り乱すうけいれ
形容詞をランダムでピックアップ
湿っぽ愚かしくくろく豪かっさとく疎からすがすがしゅうほそながく極まりなしまだるっこ思いがけなかっおもいがけないまずしき甚だしいいとけなきまずし物足りないそうぞうし寝ぐるしい円く