「わすれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ わすれ[動詞]
どんど波波がわすれ  夜風にわすれ  雪空、わすれ  浮世のわすれ  いまにわすれ  恩は決してわすれ  格言をわすれ  ことをわすれ  われをわすれ  わが身をわすれ  さをわすれ  恩はわすれ  へそをわすれ  事を決してわすれ  くちづけしはた、ことごとく、わすれ  いちめんのわすれ  なのだが、わすれ  恩義をわすれ  ことなどはわすれ  のもわすれ  ことさへわすれ  そのままにわすれ  わたしはわすれ  時をわすれ  家をわすれ  ことはわすれ  みことごとくくちつけしはたことごとくわすれ  傷のいたみをわすれ  今ではもうわすれ  傷のいたみもわすれ  月もまだ寝わすれ  仏菩薩にこそおわすれ  のをわすれ  きれいにわすれ  恩を何でわすれ  事をわすれ  心配ごともわすれ  ことがわすれ  恩義は終生わすれ  輪に入りて少しわすれ  ことなのですがそれだけに、たれもわすれ  こともわすれ  あれをわすれ  あひるさんは、とても、わすれ  話はわすれ  國際平和主義をわすれ  ことを、わすれ  むかっ腹もわすれ  不快もわすれ  人から萱草、わすれ  言葉、わすれ  苦痛もわすれ  杯もわすれ  読者から名がわすれ  粛をわすれ  気持をわすれ  何か陳べわすれ  日もわすれ  渇をわすれ  小さな私怨などわすれ  寝食もわすれ  けんか、わすれ  艱難をわすれ  恩もわすれ  言葉などは、もうわすれ  ことは、わすれ  ほどはわすれ  千二は、わすれ  先生、わすれ  のを、わすれ  ご苦労をわすれ  囁きをわすれ  一時、わすれ  聖書をわすれ  大空だけだぞいわすれ  自分はわすれ  青空をわすれ  これをわすれ  何も打ちわすれ  山がわすれ  なにもわすれ  あらしのわすれ  ことなどわすれ  殘してわすれ  月日をわすれ  恩顧をわすれ  前もわすれ  旧怨をわすれ  ことなぞわすれ  何も、すっかりわすれ  それをすっかりわすれ  名前はわすれ  何事も打わすれ  恋ふとなく思ひわすれ  危険もわすれ  暴風雨をわすれ  自然、なやみもわすれ  印象をわすれ  それから書きわすれ  恥もわすれ  あんぽんたんがわすれ  時、わすれ  約束、わすれ  南北をわすれ  お召しをわすれ  約束をわすれ  男をわすれ  存在をわすれ  時をおわすれ  すべてをわすれ  見得もわすれ  恩顧もわすれ  箸も、持ちわすれ  汗をわすれ  分もわすれ  立場もわすれ  気まぐれにわすれ  労苦をわすれ  冷えもわすれ  殿もおわすれ  時もわすれ  いまもわすれ  事件をわすれ  数日らい寝食もわすれ  おじいさんがわすれ  なにもかもわすれ  直射もわすれ  汗もわすれ  君恩もわすれ  母子をわすれ  恩寵をふかくわすれ  怒りもわすれ  功臣を、おわすれ  遺業をわすれ  義務をわすれ  味をわすれ  羞恥もわすれ  きれいな時にはきっとわすれ  日長もわすれ  小首をひねったが、わすれ  さもわすれ  春だけはわすれ  ことを常にわすれ  涙をわすれ  朝をわすれ  ことどもをついわすれ  勉強をもわすれ  歌ききたまへわすれじなわすれ  春のわすれ  目だまはわすれ  旅をわすれ  復讐をわすれ  我をわすれ  経験は、すぐわすれ  役をわすれ  区別をわすれ  遭難はわすれ  恐怖をわすれ  挨拶もわすれ  事実をわすれ  今はわすれ  筋をわすれ  子どもはかわきもわすれ  苦しみをわすれ  苦労もわすれ  ものをわすれ  姿は、わすれ  個性もわすれ  さも長くわすれ  はるの夢とわすれ  京に得ぬわすれ  だてもわすれ  事はわすれ  顔さえ見ると何もかもわすれ  人は長々見わすれ  歸路をわすれ  私くしすらわすれ  事、御わすれ  それはもうわすれ  寝食をわすれ  すつかりわすれ  前後をわすれ  病苦をわすれ  住吉にはまだ、わすれ  武蔵をわすれ  世もわすれ  辺りをわすれ  氣にしなかつたのでわすれ  そりを、わすれ  ことも、なにもかも、すっかりわすれ  ことを、ついわすれ  ことなどは、きっとわすれ  しんぶんをのこらず読んで、のこらずまたわすれ  れいは、おわすれ  口を見つけて、にい、わすれ  私怨は、わすれ  間、こうしてなにもかもわすれ  ことなど、すっかりわすれ  いまでもわすれ  うらみもわすれ  格闘もわすれ  家族をわすれ  まり苛責をわすれ  香があってわすれ  のもつひわすれ  王はわすれ  路をわすれ  一つ家であり、わすれ  ようになって、何もかもわすれ  浦島はときどき、ひさしくわすれ  何しろ昼飯もわすれ  効果がわすれ  姿勢をわすれ  自己をわすれ  私、わすれ  中には、しばらくわすれ  名をわすれ  徳川夢声さんに会ったらわすれ  眼からもわすれ  わが子もわすれ  良心のありかもわすれ  草履もはきわすれ  者をわすれ  お年玉をわすれ  夕食をわすれ  節は、おわすれ  科をわすれ  二八あれはわすれ  五いもはわすれ  しかつたのか、それともおわすれ  ように、わすれ  ヘンデルがわすれ  汽車賃をわすれ  老母をわすれ  自分のいたみもわすれ  歌をわすれ  上五文字をわすれ  僕たち、何もかもわすれ  存在が決してわすれ  夢にわすれ  韻いまもわすれ  ことなど、わすれ  宣伝はわすれ  事を言いわすれ  



前後の言葉をピックアップ
わする  和する  忘れ  忘れ形見  忘れ  和すれ  忘れよ  忘れれ  忘れん  わすれかけ


動詞をランダムでピックアップ
飛出せ拉げる取り掛はばん名乗り出より分けもま深まるねだろさしひかえる引っこぬく引き取っにえくりかえる學ぶ請合わ乗り通しくらみひらつい打ち合わし笑い転げ
形容詞をランダムでピックアップ
揺るぎない泥深いあかし塩辛かっおもわしく切なく勿体なき大層らしいうとうとし偉う有り難く甘ったるくとめどなき土臭柔らかき金臭いまばゆし上手けれ憎々しかっ憂く