「れ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ れ[動詞]
案内され  間では、格別可愛がられ  唆かされ  バンガロオを追い出され  日本人は好かれ  催促され  嗄がれ  炎熱にだまされ  言葉まで、書かれ  一ぱい書かれ  生捕られ  漬され  闇に包まれ  光に包まれ  レンブラント張りだと評され  スケッチをしに来られ  真剣なのに驚かされ  使い方に驚かされ  事であると思われ  いはゆる限られ  しら水にもまれ  眼はつかれ  青年論がされ  評価され  激励され  ところ大なりとされ  期待が語られ  さについて語られ  意味を云われ  慰安とせよ、と云われ  充足され  傷けられ  思いやりとで結ばれ  可能を見出され  社会生活が形づくられ  吸収され  経過され  消耗され  暗示され  力にうたれ  親爺から怒鳴られ  ものときりはなされ  圧倒され  中に含まれ  練達洗練され  勝敗のみに限られ  実感され  葛藤にまきこまれ  計算がつくされ  ことが書かれ  皮膚をひんむかれ  裏書きされ  小説に描かれ  想像され  記録され  調子で書かれ  ものは、語られ  全部ではなく、語られ  複雑が隠され  それゆえ語られ  構成され  風に書かれ  しか思はれ  清一に出し抜かれる怖れ  のけ者にされ  気がして、凝としても居れ  涵され  録され  蛇紋化せしと知られ  当主いまだに放たれ  窓はむなしくとざされ  興味をもたれ  ように思われ  たくさん行われ  一に驚かされ  実現され  知恵にもとづいて作られ  主張され  説明され  議会が開かれ  神さまにかたどって作られ  拘束され  裁判され  どんどん歌われ  オペラがなんともいわれ  作曲家から渡され  適当に使われ  無罪といわれ  首肯され  提出され  ばかにしておられ  秘密にすればするほどいいと考えておられ  世論にはなんともいわれ  改良され  離籍され  事実と離れない、いうにいわれ  一部の限られ  報道をされ  他人からも謂われ  編入せられ  看守せられ  金文字で記され  右手によって置かれ  今日から入所され  秘密でも隠され  原書が開かれ  先刻やられ  ことがうなずかれ  殺害され  四宮理学士が疑われ  所長が殺され  破壊せられ  秘密が隠され  探偵され  恐怖にうたれ  二階に殺され  狐につままれ  絞殺され  一手段で行われ  中に買われ  他人に知られ  名を知られ  おれは欺かれ  しづとおろされ  得こそ死なれ  誌され  心地に駆られ  何だか冒涜さへ感じますが、一度、そんな思ひに打たれ  久保は、怖れ  行手を塞がれ  杉垣にはさまれ  ことを思ふと、怖れ  手紙を出さずには居られ  招待され  常軌を脱れ  簡単に記され  一册沒收され  四週間置放しにされ  大金を取られ  呼吸もつかれ  言はれ  氣を取られ  來るかと思ひ取られ  此處へ連込まれ  誨えられ  紹介され  居城で華々しく行われ  脳天を打ち砕かれ  発掘され  から諸方へ運ばれ  陳列され  ピストルで打たれ  実行され  拇指をはさまれ  更迭が行われ  母に死なれ  蜂に刺され  人に頼まれ  上場され  ように云われ  二の次にされ  曾て云われ  ケレンが最早喜ばれ  近時発表され  俳優本位から考え出され  小説などに描かれ  理も示され  婆さんに抱かれ  兇漢に刺され  往てつかわされ  事とも想われ  本多少佐は死なれ  朝歿くなられ  造花を持って来いと云われ  葬列に加わられ  葬式に来られ  時にはどうされ  綸子に蔽われ  ように擦り減らされ  一役を振られ  弔辞を読み上げているなどとは思われ  何とも云われ  割引を余儀なくされ  心を打たれ  表はされ  伝承され  精錬され  行を以て綴られ  高揚され  名文は決して単にひねくられ  為になされ  そこに描かれ  とつて、描かれ  誰に何といはれ  配分され  四人称に限られ  用ひられ  痛感しつつもはや長く悩まされ  於て示され  累積され  芸術として許され  神経に許され  忽にされ  沒却され  事実のみが語りつくされ  使駆され  率直に語られ  漢文体なぞが行われ  ように殺され  方が殺され  みんなやられ  エドナ夫人から招かれ  普遍実用化され  取り付け出され  使役され  若い夫人から絡みつかれ  集りなどが行われ  支配され  両分され  免がれ  上演され  混同され  上にのせられ  読み方しかされ  その後寄贈され  吟味も行われ  母親に抱かれ  母親に気取られ  ここへ買わされにやられ  ここを追っ払われ  莫迦にされ  電車に揺られ  陽に濡れて叩かれ  ザンザン叩かれ  女だと叱られ  先きでプンプン匂わされ  波とにさそわれ  波とにだまされ  男に拾われ  飯の盛られ  家賃だって今月は少しかためて払わないじゃ、追っ払われ  事を叱られ  横面がじいんとするほどはりたおされ  衿首をつかまれ  まま引きずられ  劇に組まれ  先生にも嫌われ  雨戸が閉ざされ  悪戯して叱られ  沢崎といわれ  風とにさそわれ  しろといわれ  誰にも愛され  色々に描かれ  トラックにはねとばされ  一晩中、聞いてゐれ  ばさんからあんなにたのまれ  当惑せずには居られ  面を脱され  羅馬字にて書かれ  上に、有るか無きかに思われ  大衆文学として広く愛され  社会生活におかれ  ように書かれ  姿で描かれ  菊池文学が愛され  菊池寛が広く読まれ  出版物は広く読まれ  方向で読まれ  方で読まれ  乞食の子には思われ  ものを盗まれ  あなたは、なにか盗まれ  人形を盗まれ  冬景色が描かれ  名前の、よく仕込まれ  繪ハガキに貼られ  いくつも流され  ペンキを塗られ  まん中におつぽり出され  名前で知られ  棄らかされ  まり世に知られ  綿々と語られ  教科書として讀まされ  怯やかされ  みんな釘づけにされ  物音に充たされ  一本へし折られ  縫ひつけられ  奴に蹴とばされ  眠りから醒まされ  いまおれのはふり出され  革命がひらかれ  掩ひ隠され  吸はうと与へられ  欺され  虐使され  切断され  脅喝され  それを怖れ  風呂に行かれ  白木綿で包まれ  中に隠され  発見され  人間だと思われ  ものを出しておられ  ことを許され  あるがままに許され  はじめて何物にも使われ  心を引かれ  ものを、だんだんと奪われ  回復され  ことをいっておられ  理解され  のを見ていて、見ておられ  ものは押され  から片方が押され  きわまで押され  向こうが強くなるとまたどうしてもだんだんと押され  自分が押され  雇主と雇われ  ときに押され  目的としてつくられ  のを見ておられ  ほんとうに踏みつぶされ  お話を頼まれ  潔癖性といわれ  攻撃され  道を聞かれ  ことを考えておられ  ようにしたらよいかと聞かれ  区別され  敵に殺され  ことをいわれ  検束され  私は生み出され  人間に可愛がられ  そのものによって生かされ  批判され  中江藤樹などのいわれ  ものであるとされ  聖霊に導かれ  私は許され  ものから救われ  世の中に行なわれ  問題としてゆかれ  厳粛さにうたれ  前に持ち出され  弥陀のはからいにはからわれ  もののはからいにはからわれ  法然上人のいわれ  ように申され  ことをいってはおられ  ふうにされ  のが許され  リードされ  念仏を申され  これで許され  ようにいわれ  ようにといわれ  それで許され  目をさまされ  特質をもっていたといわれ  人生をあわれ  樹明兄に招かれ  雑草が刈られ  サイダーなどとやられ  川棚温泉で拒まれ  まり納豆が喜ばれ  虫のちぎられ  ″\おくられ  銭がなく、寝てみたが寝つかれ  美にうたれ  おだやかに運ばれ  風にふきまくられ  枝をおろされ  明るみに持ちだされ  雑誌にもよばれ  はいひきれ  寝床にはいる、とても寝つかれ  電燈から子蜘蛛がさがりれ  賞美せられ  後者は見向きもされ  錦を以て飾られ  みんなもがれ  てきめんなのに驚かされ  しまつたが、眠られ  白船居でめぐられ  違約され  家によばれ  百舌鳥におこされ  人にいはれ  みかんみんなもがれ  仕事も為され  それに捲き込まれ  ものに縛られ  言葉は、強いられ余儀なくされ  者は、既にもう救われ  殆ど区劃を許され  死に呑まれ  死に見舞われ  それが営まれ  解釈され  浄化され  義理人情で結ばれ  気をとられ  娘達にかこまれ  十分同感され  組織せられ  殘され  紙で張られ  併呑され  ことは見過され  さが失われ  面に飾られ、置かれ  内部からつくられ  裡におかれ  外部へ吸い出され  一きわむき出され  中に突き出され  工夫がほどこされ  人々に知られ  実用には使われ  室がつくられ  装飾され  強調され  リズムがつかまれ  吟味され  考案され  内にはらまれ  そこにふくまれ  期待され  採算がとれるとれ  水準は守られ  中に喪われ  筒袖なぞは着せて置かれ  ようにしか思われ  五十いくつになるとは、どうしても思われ  ものだろうと言われ  報酬であるとは思われ  友だちから冷やかされ  ことを書かれ  のもめずらしいと言われ  旅行者に笑われ  私にふさわしく思われ  ようであったと言われ  保障され  機運に促され  おっくうに思われ  形で示され  ことを余儀なくされ  集録され  出版され  訪問もされ  時分送られ  粗末に扱われ  上にのこされ  ことも思い出され  心をひかれ  翻訳出版され  吐露され  ことに、驚かされ  内に、追い下され  和尚さんにひどくしかられ  男に追いまわされ  古道具屋に売られ  さらされ  和尚さんに買われ  尻から火あぶりにされ  口上に釣られ  流行に誘われ  他に犯され  発育され  上に引かれ  へんにありはしないかと思はれ  侵入に脅かされ  百パーセント発揮され  ところ殆どハルビンに限られ  香りとに抱かれ  やうに思はれ  屏風にされ  云はずには居られ  伴れて来られ  つたのには驚かされ  前に引出され  春雨にうたれ  つたのでかう尋ねずには居られ  不安に駆られ  つけに取られ  伴れてゆかれ  息の根を絶たれ  雨に打たれ  沈黙がはさまれ  今は申され  一言も許され  指導に依て奏され  笑はずには居られ  従者にされ  さへ許され  世で最も美しいと称され  ものと思はれ  ことはないと思はれ  世では許され  香に包まれ  中に居たのに、と思はれ  ために写し出され  さへ思はれ  幸福は未だ充たされ  気附なされ  通読して下され  私もひとり残され  迷され  自由を与へられ  トオトルと差され  開始され  表示され  事は許され  分野だけに限られ  芸術部門だけに限られ  間から提出され  公に作られ  曖昧にされ  所謂文化問題が含まれ  於て形づくられ  如何に美しく大きく描かれ  検討され  現象として示され  十分発揮され  ことが誤られ  創造され  愁歎のいはれ  既葬られ  時呼出され  名で知られ  蛇は、もたれ  そいつは云われ  練絹に包まれ  介抱せられ  刊行され  ほとりに移され  がん張られ  問題にされ  占領され  安来節などに押され  禁止され  化粧され  情調がかくされ  政治問題とされ  手を引かれ  見物に取り巻かれ  首を斬られ  形成せられ  形が作られ  ここに作り出され  完成せられ  統一され  から言われ  契機のみが残され  開示せられ  創造せられ  物を持つてゆかれ  言つたら、いはれ  人が怒鳴られ  問題に限られ  諒とされ  実施され  方々で行われ  分野は数えつくされ  ためにされ  合理化され  まま残され  こととして感じとられ  可能がひらかれ  割合実感され  魔法つかいといわれ  万能に近かったと語られ  着手され  想像に動かされ  ときにつくられ  伝説はそう結ばれ  骨といわれ  禿鷹についばまれ  自由だったと思われ  奴隷として許され  評価され、愛され  上にきずかれ  上につくり出され  解放され  消長が語られ  解剖され  おしもおされ  注文され  のをほったらかしておかれ  すかをくらわされ  ちもと、さしずされ  鼻からとられ  すぐきっとなられ  手をあげなさいと、見まわされ  ペンキでぬられ  春吉君はつきとばされ  同化され  空色にぬられ  先生になられ  ことはされ  気ふうにならされ  なんどくり返され  心をうばわれ  ぶんにそそがれ  集中され  期待もうらぎられ  退屈だったので、誘われ  婦人から物を頼まれ  人に知られ  わたしほんとに救われ  油揚げをさらわれ  記事を書かされ  洗練され  図星をさされ  臣下に諮られ  廢せられ  利用せられ  珍重せられ  珍重され  編纂され  つて作られ  研究せられ  發音せられ  其整理され  爲に作られ  一隅に呼び出され  何を読んでゐると聞かれ  本棚に囲まれ  松村子爵が殺され  ものは全然見出され  十分訓練され  警察でひどくつっこまれ  それ所か相当可愛がられ  まさか彼が殺したとは疑われ  警察で疑われ  子爵が殺され  森木国松に殺され  立証され  動機が見出され  違いないと云われ  清川によってまず破られ  必要はない、と云われ  蹂躙され  刑罰を言渡され  半以上蒲団におおわれ  証明され  人間が、あわれ  夢幻におそわれ  三字がよまれ  展開され  あなたの云われ  公判が開かれ  僕はうら切られ  妻に裏切られ  あなたから云われ  罪つぐなわれ  ものとは思われ  予感におそわれ  衣川にこう云われ  何ものかに殺され  廊下でつながれ  寝泊りされ  主人だけが持って居られ  格闘の行われ  扉に打つけられ  文字が読まれ  直にのばされ  絹手巾がもしゃもしゃにまるめて握られ  歯で咬まれ  ところを見ると、咬まれ  から雇われ  先年なくなられ  店員に噛まれ  一しょに行かれ  星村薬局へ寄られ  ところへ行かれ  奥さんがなくなられ  奥さんのなくなられ  昨夜殺され  店に居られ  谷村に叱られ  大原さんの殺され  身を汚され  もの、殺され  手のものできれ  呆気にとられ  大原さんの使われ  操を破られ  誰にも怪しまれ  扉にさされ  女に知られ  麻酔をかけれ  暴行され  せい子さんが、ただ汚され  歯骨を捜しに行かれ  血で汚され  数日中に殺され  拳銃でやられ  自宅に招かれ  わたしはいくらか裏切られ  瞳に呼び覚まされ  胸を刺され  警察署へ運ばれ  ところまで来ていて殺され  全部裏返され  マークは剥ぎ取られ  埋葬に付され  記念品を贈られ  だれから何を贈られ  中に投げ込まれ  役場で聞かされ  景清にいざなわれ  底に葬られ  今宵逗留せよと云われ  帰りなされ  しかと返事をして下され  流浪なされ  ここには置かれ  お待ちなされ  立腹なされ  お越しなされ  お立ちなされ  わたくしにまかせてお置きなされ  迎いに来てくだされ  笑顔となって、早々に出てゆかれ  ようぞまいられ  方々はなんとされ  先を越され  これも、助けては置かれ  お出でなされ  通りなされ  かたへ参られ  おいでなされ  ここへはまいられ  勝手に連れて行かれ  那須へ帰られ  お前をすてて行かれ  勘当をゆるされ  世を送られ  選みいだされ  風にもまれ  そばへは参られ  利用され  どれほど残され  如実に窺われ  炎天に蒸され  飽和され  思い出話をよく聞かされ  博覧会が開かれ  ように寝かされ  生徒からこわがられ  規定され  話を聞かされたりして威され  ようで眠られ  象徴であるように思われ  美化され  純化され  憂愁に包まれ  土用波にひどく揺られ  噂をされ  言葉に盛られ  つもりで書かれ  古され  注意をひかれ  ところにされ  うちに運ばれ  つき合いも保たれ  ものとされ  それを思えば随分ひろげられもし強くもされ  ジグスのあわれ  なかにおかれ  別に芝居として仕直され  災され  感慨に打たれ  月々執筆され  自画像である、描かれ  自画像で、書かれ  虫がおしつぶされ  ことを聞かされ  熱意には動かされ  そこに書かれ  全身を切られ  からか、とにかく与へられ  雪風にふかれ  つたのやら送られ  活気を残され  大根みんなぬかれ  鋸をいれ  寄つてくれた、誘はれ  樹明君から来状、来てくれといはれ  木にかこまれ  私は断られ  歓待され  百足は殺され  参内せられ  恋され  文を送られ  女房も持って居られ  内裏から召され  外に佇みなんかして歩いて居られ  君に召し置かれ  気にもならないで居られ  空恐しいので出され  ふところに入れて歩き出され  行方知らずに失せてしまわれ  臣下達らもとやこうとそねまれ  役に召され  御事を思い出され  さにさそわれ  ひきになるあわれ  ゆっくり遊ばされ  外へおし出され  すぐきき出され  京に送られ  生捕にされ  一人生捕にされ  みな様をかえられ  中にはあわれ  のもあわれ  内をさそわれ  夢に見ん、さむれ  討死をなされ  ように云われて悪かったと思われ  あきもあかれ  底に入ってしまわれ  息もたえてとうとう死んでしまわれ  年月恋をなして居られ  ふみかへされ  寵愛して居られ  和歌を送られ  人にとられ  数年召つかわれ  事なんかを夜っぴてはなして居られ  歌を送られ  返事を書かれ  返事にそえて送られ  声に出て叫ぶほど苦しく思われ  近所に住んで居られ  ものだと思って居られ  から船にのって出てしまわれ  都へ行きたいとは思われ  田舎につれて行かれ  小松殿につかえて居られ  様子をうらやましく思われ  為義が斬られ  頃京洛中に又とないと云われ  屋敷にとめて置かれ  車で送って居られ  太政入道殿へ呼ばれ  人に呼ばれ  人事とも思われ  ように又呼ばれ  つるこそむれ  心をうつしてしまわれ  のがもどかしく思われ  んだから、だけれ  西八條殿から暇をいただいて出され  内を出され  命をとられ  物に思われ  一日二日呼ばれ  三年もの間呼ばれ  都を出され  内よばれ  所に坐をとって置かれ  一寸も思われ  内がおしはかられ  かげで召され  ひまをお出され  事とは思われ  のもうなずかれ  貴女の呼ばれ  口で云われ  思をひかれ  事が聞き出され  虫にそそのかされ  魂をうばわれ  人にはきかれ  スシとを与へられ  不快を与へられ  一羽拾うてきた、打たれ  ママとよばれ  から、招かれ  やつとこやしをあたへられ  他から軽蔑され  何かに刺され  ブチコハシをひやかされ  まんま殺され  朝月に放たれ  血を吸うて殺され  花は盗まれ  任意持参せられ  郊外に取り残され  創設せられ  編入され  ように断られ  ものをあてがわれ  はじめて上場され  俳優として知られ  紐育で作られ  上に立たされ  扇で打たれ  だしに使われ  田舎住ひを余儀なくされ  菓子すらも決してつくられ  誰にも覚られ  ところに見いだされ  ことも言われ  脇腹を刺され  外国商館に雇われ  ほんとうに殺され  関係があるらしく思われ  風説が生み出され  謎として残され  あれに惹かれ  胚胎せられ  夙くに失はれ  方角へ行く、と解かれ  樹てられ  木綿が括られ  どん/″\と取りかへられ  其に引かれ  花籠を下され  ものとも思はれ  ものとして居られ  倭武天皇に斬り殺され  ものとは思はれ  具象せられ  父帝から下され  諸国から貢進せられ  痕は辿られ  重宝がられ  子も寝かされ  深みに引きずり込まれ  壱円札をひょっと盗まれ  何か動かされ  関係を結ばれ  秋夫に死なれ  春死なれ  割合寛大に置かれ  柿の木二本が遺され  女房に死なれ  遣り取りされ  分割され  思ひ出され  餅が搗かれ  二人遺され  たけ様と呼ばれ  観音様が建てて下され  動員され  盃がつき出され  命名され  惜気もなく潰され  他へ運ばれ  納屋とが崩されて運び去られ  やうに抜き去られ  膏を絞られ  一つ文庫蔵が残され  子供と共に取り残され  労働が思ひ遣られ  云ひ渡され  返済を迫られ  負はされ  背負はせられ  ちゃんと机が置かれ  岡島家から持って来たと聞かされ  インキ壺だの置かれ  定紋が染め抜かれ  幾度となく聞かされ  やうに遠く見渡され  皮を剥かれ  運送に積まれ  方へ運び去られ  曝け出され  しょんぼり残され  ガランと投げ出され  林が伐りつくされ  から蛇に見込まれ  公民講座がどしどし開かれ  頭から難れ  話などが興味深く語られ  焦燥にいつも駆られ  憶ひ出され  糸量で引かれ  一枚紙片が貼られ  風にふかれ  妻君にこづかれ  樹明君に招かれ  短冊に書かれ  父に死なれ  不治の病気に犯され  宿直室も灯され  誰何され  旅のつかれ  友情こまやかなるにうたれ  木の芽、いつもつながれ  ことにそんなに悩まされ  新聞社から発行され  免職され  狐にでも化され  涙に誘はれ  うつツてしまふ怖れ  先生にされ  私になられ  軽蔑され  非難でもされ  存在とは思はれ  嘲笑はれてゐる見たいな怖れ  気を取られ  やうな思ひに打たれ  会はずには居られ  潮風に吹かれ  二三十持ちながら、あわれ  苞を取られ  巡査さんに引きずられ  充分にかもされ  若葉でつつまれ  月の光りに浸され  照され  黙過され  有効に行われ  疵とも思はれ  貰ひたいと思はれ  奧床しく思はれ  展覽會なぞが開かれ  淺ましく思はれ  筆太に書かれ  紙札が貼られ  札が貼られ  糸に操られ  壓され  刪り去られ  やうにお思ひなされ  自分が怒られ  手に渡され  歸りなされ  おこし下され  それに動かされ  百六十里も手繰られ  ものに引つ張られ  用事を頼まれ  勿體なく思はれ  身分やあれ  呆氣に取られ  らなけや、叱られ  馬に曳かれ  飮まされ  ぼろくそに叱られ  何んで叱られ  初めに叱られ  のかも知れぬとさへ、遂には思はれ  ぐぐ、つつ、ぐいと持ち込まれ  から、切られ  環境がなかなか赦され  下級層ではさうは赦され  だんだん研究され  組織され  所感は書かれ  感じにつき動かされ  作品化され  明かにされ  言葉としてあらわれ  相互的統一におかれ  社会がおかれ  中でいわれ  どころを揺がされ  生活に結ばれ  可能を示され  中につき放たれ  当時いわれ  ことはいわれ  多数人へ示され  風に云い出され  ことがいわれ  内包され  状態におかれ  將軍となられ  僕も驚かされ  行はれ  返上され  其會議に省かれ  調練などを頻りに遣らされ  五稜廓の討ち洩らされ  木の実ころころつながれ  五月、いつもつながれ  雑草につつまれ  見舞に来られ  愚痴なんどきかされ  蠅は殺され  すべて、殺され  接待役を頼まれ  記念会が催され  螫され  ぐらゐ螫され  食慾は充たされ  性慾も充たされ  てふてふよつかれ  さんが来て抜かれ  つても叱られ  狂犬に追つかけまはされ  六月廿七日曇、よく睡れ  油をしぼられ  づたかく盛られ  我儘を許され  米を与へられ  空梅雨いちにち、どなられてぶたれ  陽にやかれ  リフアインされ  煽動され  感心され  此一文を読んで、たいへん動かされ  子供にひやかされ  風で倒され  猫にとびつかれ  つてきた、うたれ  劃され  町へ運ばれ  一つの、もぎのこされ  払ひ除かれ  私に残され  overvalueされ  巧妙とにうたれ  買ひ被られ  生活から遊離して作られ  人にもまれ  直接知らされ  てゐて、こんなにされ  もみづるところ放たれ  周二居に誘はれ  ちやんに送られ  いつまでも失はれ  かくも生かされ  ことは許され  私が生かされ  いつしよに出て、わかれ  把握され  冬夜いつのまに豚をぬすまれ  私に与へられ  練習試合がおこなわれ  使用され  ごめんね、と言われ  それに、有り難う、とも言われ  僕は狙われ  誘惑なんかされ  誘惑され  陽に照らされ  気楽にそう言われ  ふたりは包みこまれ  蓄積され  改善され  信頼され  陽ざしに照らされ  風にあおられ  肩からあおられ  蚊に刺され  まりによって洗われ  髪があおられ  クーラーで冷やされ  姉から頼まれ  買い物を、渡され  コーチに見こまれ  選手にされ  馬鹿だと言われ  わけではないけれど、冷たいとか気どってるとか、あるいは、すましてるなどと思われ  出題され  さされ  発散され  一月一日から七月三十一日まで、すでに切り離され  ディテールの描きこまれ  あとを押されたり押し切られ  タイプであり、押し切られ  巧みにまわされ  三枝子から離婚され  カウンターで言われ  冷房され  建築され  製作され  残骸同然にとり残され  映画館ぜんたいに言われ  増幅され  景色が映し出され  短編に強く惹かれ  撮影され  かなり大きく動かされ  女性に惹かれ  明記され  完全に組みこまれ  映画が、写し出され  はずれにとり残され  彼は強く惹かれ  どこかにかくされ  上映され  デザインのされ  訂正され  永遠に失われ  家でおこなわれ  芝生で囲まれ  そこにほうり出され  宙にほうり出され  すべて注ぎこまれ  空に吸いこまれ  凝縮され  長方形に切りとられ  ホミと呼ばれ  リリと呼ばれ  恵子さんに引き取られ  看護婦さんたちに励まされ  整頓され  苦悩が、少しも書きあらわされ  日として、いやがられ  木村にひっぱられ  実行せられ  看破され  先生たちに言われ  ちゃんと書かれ  呶鳴られ  去年わかれ  カルチベートされ  客間に飾られ  災難に襲われ  意味が含まれ  銭湯で言われ  実感せられ  銀座へ、さそわれ  ホールで催され  厭だな、面白くねえや、などと思いながらも、つい引きずられ  三度やられ  人に指さされ  口を言われ  遊びに来ないか、と言われ  説教され  何も言われ  予言者たちを殺し、遣され  烈風に吹かれ  焼鏝が押され  松風園と呼ばれ  侮辱され  肩を叩かれ  交番に連れて行かれ  ていねいに取りあつかわれ  三本切られ  砂に吸い込まれ  人に言われ  汽車に取りかこまれ  バンザイと書かれ  狐にだまされ  いま、だまされ  のではないかとさえ疑われ  夜もなかなか眠られ  目ざまし時計におどろかされ  僕には、思われ  報告され  者には知られ  兄さんに叱られ  情報を得ようと、たくらんだが、見破られ  校庭に連れ出され  ひとさまから馬鹿にされ  買収され  姉さんたちに甘やかされ  どん底にたたき込まれ  みんなに野次られ  僕は、ずたずたに切られ  祝福され  見送って来られ  試問され  広小路でわかれ  玄関払いなどされ  門口まで見送られ  邪魔され  矮小を思い知らされ  兄さんに引っぱられ  斎藤市蔵先生特別講演と書かれ  ちょっと好感を持たれ  たしかに好意を持たれ  きのう写真屋から送られ  三枚送られ  宣告され  注意され  二部屋にわかれ  隣室に通され  敵意が含まれ  一ばん救われ  称讃せられ  谷底へ吹き落され  火の海に呑まれ  交る襲われ  人生は、彩られ  誤解せられ  悪口を言われ  折檻され  事にのみ追われ  進歩的俳優とも言われ  中から選び出され  恩寵に包まれ  完全に、やられ  若旦那に背負われ  箱が置かれ  白ペンキで書かれ  タイプライターで打たれ  断念せられ  朗読せられ  採用され  破壊され  名は呼ばれ  三十分くらい待たされ  こんど呼ばれ  引率され  部屋に通され  二つ置かれ  先に呼ばれ  人生は彩られ  一本、やられ  指図され  一人ずつ呼ばれ  からめ手から来られ  三文字書かれ  それは言われ  名が書かれ  僕には、そうは思われ  尿もとられ  ものだと聞かされ  停留所でわかれ  比較され  大根と言われ  きれいに吹き飛ばされ  決定され  祖父に死なれ  余り人に愛しもされ  方寸に捌かれ  泣され  お祖母さんに泣かされ  求るが、許され  達者になると言われ  散々私に悩まされ  友達に囃され  滅多に打たれ  大切にせられ  お辞儀しろと言われ  其後両親に死なれ  下駄を取られ  物に蔽われ  想出され  吠付かれ  時には、それに消圧され  頭から何かで包まれ  領元を撮まれ  処からドサリと落され  雨に打れ  其晩一晩啼通され  小言を言われ  覊され  手に引離され  浮世へ突放され  幅を取られ  何処へ行ったって可愛がられ  毎朝二度三度覚され  ポチは抱かれ  廊下へ吐出され  昇降口へ吸込まれ  ポチも殺され  札が附いてたって、殺され  突飛され  二三度彼方此方で小突かれ  前で殺され  其様なにされ  ポチが殺され  所を殺され  ポチは殺され  嘘らしく思われ  ポチの殺され  悲観され  競馬へ引出され  事務を執らされ  事は為て呉れと、言われ  親に拒まれ  聴され  処へ放され  眼界を鎖され  監獄へ送られ  散々こぼされ  力を入れて言われ  無理に誘われ  客扱いにはされ  面会を願われ  話を長々と聴かされ  放免され  殆ど同時に覚され  草むしり迄やらされ  使いに遣られ  惹起して度々喧しく言われ  何かを出され  ものを居ないと言われ  書生にされ  監督を頼まれ  書生扱にされ  コキ使われ  手招ぎされ  何だか霧にでも包まれ  婚礼に呼ばれ  者に思われ  性慾に駆られ  何だか雪江さんに欺かれ  潤色され  人から観たら、嘸ぞ苦々しく思われ  種々と説き聴かされ  ものだ、とか聴かされ  宝となる、とか聴かされ  真髄が動く、とか聴かされ  其他まだ種々聴かされ  毒に中られ  住居とは如何しても思われ  圧倒せられ  除籍され  ものだと、何故思われ  除籍せられ  口から断然断られ  のだが、こう断られ  何だか先生夫婦に欺かれ  此前奥さんに断られ  左程にも思わなかったが、然う言われ  触れもされ  接近され  更少し濃かったらと思われ  脊中を叩かれ  何かが想い出され  下女同様に追使われ  金など包んでは出され  貴女は一杯喰わされ  大喰わされ  仙台くんだり迄引張り出され  目に逢わされ  送金を迫られ  のかと思われ  糸さんは執られ  二の腕を痛か抓られ  此様になられ  とき、おりおりいうにいわれ  胸にわいた、でかれ  手先に使われ  インドへ追いやられ  どこかへ追いだされ  仲間にゃされ  同級生になぐられ  しゃもじがなぐられ  春日に照らされ  あだ名され  横にかみついた、かまれ  ジロリとかれ  扇動され  しりを押され  犬がひきだされ  恐怖に打たれ  垣にさえぎられ  あっけに取られ  今日はやられ  ぎをよくして人にわらわれ  こととてかれ  生蕃になぐられ  家業においつかわれ  膳が運ばれ  目に見まもられ  永久にわかれ  豆腐を食われ  横面をぴしゃりとなぐった、なぐられ  ためにさいなまれ  息子に食われ  母に起こされ  火をたきつけた、このいきおいにおされ  拘留され  あっけにとられ  監獄へまわされ  疑問として葬られ  乳母にだかれ  人にふまれ  鶏舎にいましも追いこまれ  友情にみたされ  どん底にけおとされ  光一はかれ  悪化され  校長室によばれ  やくそくせられ  脅迫され  取り調べが行なわれ  一番最初に呼ばれ  校長に注がれ  心に打たれ  めにあわされ  幹部として知られ  学校を追いだされ  伯父さんにだかれ  停学され  先生とわかれ  前校長ののこされ  翼にだきこまれ  全然葬られ  人に踏まれてもけられ  ためにおいはらわれ  何人にもきらわれ  町長にひどくしかられ  親父にふりまわされ  退校され  間隔を取ってさとられ  煙に巻かれ  火は消され  ここに開かれ  まま病院へ運ばれ  繃帯され  こと、しかられ  棒を打ち込まれ  退学され  繃帯にひかれ  君にたのむよ、いいか、どうしてもわかれ  感慨にうたれ  閉鎖され  柵が結われ  阪井にそそがれ  先生にわかれ  中を見みすかされ  光一に送られ  学友に打たれ  げたで踏まれ  先生にしかられ  分離され  呼び捨てにされ  土塀にがたんとつきあたったと思うとかれははねかえされ  君は選ばれ  夢に包まれ  ばかといわれ  印刷され  武蔵野のかれ  安場にしかられ  嘱目され  ばかにされ  朝日に照らされ  背骨を打たれ  選手がたのまれ  左側に打たれ  敵に打たれ  気分におされ  たしかに手塚に取られ  チビ公に打たれ  犠牲にされ  増長させている、かくてかれ  春風にふかれ  横から斬りこまれ  けがされ  幸福に満たされ  友達にいわれ  母にわらわれ  雑誌がくずれるまでに積まれ  母に叱られ  学校では聞かれ  母はどんなに怒るだろう、怒られ  女は去るにも去られ  手塚ににぎられ  忠告され  演劇趣味をふきこまれ  幸吉もそうそうはいつも斬られ  秘密をあばかれ  犬に追われ  おれは売られ  説諭され  両方にわかれ  束縛され  みなに押され  拍手に送られ  侵掠せられ  隷使され  一蹴され  一半はくじかれ  やつそれでひどくなぐられ  手首はくじかれ  英雄にしばられ  差料になされ  丁々と打たれ  勘弁下され  価を附けたが、高くて買われ  人は見込まれ  プッツリと切込む、斬られ  三つに切られ  呆気に取られ  切り徳切られ  その後御親父様には亡くなられ  改名され  旅路に赴かれ  暮れ、明れ  君に蹴られ  手を握られ  何処へ行かれ  情を含んで言われ  剣術を願われ  引取られ  親はと聞かれ  斬殺され  前で斬られ  告り、討たれ  坊主首を斬られ  物が云われ  母さまから譲られ  取締だと云われ  ズンと切られ  様子があれば気取られ  死去され  何分にも熱くって寝付かれ  勘当をされ  御主人から頼まれ  から打たれ  坊主首を打ち落す、といわれ  米も引続き亡くなったと申され  勘当に成っても、斬られ  女に掛り、騙され  勘当され  乳母にも云われ  御寝なられ  親に殺され  幽霊に見込まれ  事をも頼まれ  一緒に葬られ  死霊に悩まされ  矢張這入られ  折で打たれ  聞済み下され  木刀で打たれて殺され  胸ぐらを取られ  助打たれ  時藏も打たれ  さん/″\に打たれ  女なんぞを引きずり込まれ  嫉妬をやかれ  立聞かれ  日中は大層いきれ  孝助に誑され  坐りなされ  何うも疑られ  殿様から正直と云われ  両方から抓ねられ突飛ばされ  何者にか騙され  盗賊におとされ  幽霊なぞは這入られ  此奴があると這入られ  物を持っていると聞かれ  家捜しでもされ  家捜しをされ  のを取ったかと思われ  手打になされ  汝に討たれ  告り討たれ  脾腹を突かれ  よう剣術を教えてくだされと、頼まれ  しずまりなされ  養子をなされ  打擲され  時打たれ  萩原様は取殺され  宮野邊源次郎と見違えさせ討たれ  立合なされ  事を覚られ  刃に打たれ  併し打たれ  孝助に突かれ  一本突かれ  肩先へ切込まれ  槍で突かれ  声人に聞かれ  誰にもいわれ  通りになられ  馬鹿にもされ  婚礼をしてくだされ  愛想を尽かされ  善藏に送られ  不便に思い、貸して下され  天眼鏡を取出され  海音如来などを盗まれ  別嬪にもたつかれ  皆に大きに可愛がられ  お礼を云われ  隠しだてをされ  奉公人同様に追い使われ  頭を打つ、打たれ  所へ引張られ  今になって見放され  私ゃア縛られ  首を切られ  切殺され  突とおされ  幽霊に頼まれ  通りに喋られ  療治を頼まれ  あっちこっちから療治を頼まれ  伴藏さんに突かれ  追剥に殺され  手を下げて頼まれ  百両くれろと云われ  口外され  一本よこせと云われ  なに孝助殿が帰られ  帰宅なされ  便りも出来ず、どうなされ  八方より取巻かれ  其奴らに見付けられると殺され  から、早くお逃しなすって下され  刑に行われ  そっけなく云われ  者に逢われ  死をお遂げなされ  御剣術を仕込んで下され  手に掛りて討たれ  おなりなされ  國源次郎がかくまわれ  鼠同様、覚られ  お母様に対しても置かれ  押て迫られ  情に引かされ  お前達を討たせては、亡くなられ  孝助様に切られ  ッ切られ  中へ放り込まれ  形見に譲られ  から死ぬと云われ  先生の云われ  屋敷を追出され  良石和尚も云われ  ふいに切込まれ  邪魔に成って斬れ  名も知られ  奥へ誘はれ  皆きちんと書かれ  同様、生きては行かれ  保証され  論議され  廊下に立たされ  風に吹かれ  君に促され  解決され  金が吸いこまれ  公売にふされ  案が示され  理由としてつかわれ  緩和され  払拭され  ことが運ばれ  もっともっと自分たちの置かれ  ために払わされ  おろそかにされ  感觸からだけでもあつたらうとうなづかされ  まり注意され  中へ出され  女性には居たたまれ  與へられ  態度とされ  ポーズとされ  人間理性も追いこまれ  ときとり出され  教養に磨かれ  精練され  知的麻痺がひき起され  人々がつきおとされ  声がきき流され  躾けられ  測定され  投獄され  共産主義者だといわれ  ことがわからないでいわれ  計量され  今日行われ  よび名で装われ  媒介せられ  表現せられ  心持ちに貫かれ  滲透せられ  指摘せられ  実現せられ  明白に行なわれ  可能にせられ  ほうにはあまり使われ  ほうに使われ  反対に引きもどされ  月に照らされ  一人きり待たされ  いつか追ひやられ  それきり世に知られ  蚋にやられ  母に抱かれ  大事に飼われ  者が選び出され  三年勝ち越され  報告が齎され  侍とかぎられ  お礼をおっしゃられ  ものだと思いながら、出され  微笑とに送られ  人に飼われ  千草と呼ばれ  霧に呑まれ  鼻をつままれ  人影があろうとも思われ  やつらを斬り散らして下され  声に結ばれ  兄妹から贈られ  見送りに来られ  演説後僕に言われ  熟読せられ  流行を追うものの如く思われ  道と知られ  士籍とはいわれ  鼓吹され  ことなく広く施され  武士道と言われ  デモクラシーが行われ  駄目だ、拭きこまれ  マガママモノといはれ  ゼイタクモノといはれ  相手にされ  なつたと知らされ  表現され  迎へに来られ  温情にうたれ  ヒヤカされ  渾然たるにうたれ  痛感され  デリカシーにうたれ  朝飯をよばれ  行つたので、さんざ叱られ  白船君にだまされ  友情で生かされ  亂され  摸ねされ  惱まされ  音にこそたてれ  女なれど、思はれ  ポシンゲルわかれ  赦るされ  綜合せられ  炎天に曝され  何処をやられ  中途からポツクリ折られ  竹藪は薙ぎ倒され  自然と拓かれ  間脅かされ  中ほどまで煽られ  まり跳ね飛ばされ  爆撃され  一様にやられ  函は放り出され  浮き沈みして流され  儘引抜かれ  微光につつまれ  シヤツも引裂かれ  髪が焼きとられ  手を焼かれ  河原にとり残され  闇に鎖され  爪跡が印され  保護され  一時間位は待たされ  数も限られ  あたりに残され  顔をやられ  大分馴らされ  吹奏され  配置され  抹殺され  置換へられ  色から解放され  処刑され  確保され  それから処刑され  判決され  十九名釈放され  ものがつくられ  改悪され  血に赤く塗られ  釈放され  数人処刑され  明言され  点でだまされ  こんど釈放され  児玉機関といわれ  公表され  のを読まれ  石川達三談として書かれ  言葉が公然と云われ  注射され  確立され  一番完成したといわれ  宣言され  国際的ファシズムに結ばれ  ほんとうに社会的に生かされ  的に行われ  すべてにおいて、行われ  これまでもいわれ  ためにひらかれ  手足をかっ浚われ  何かしばしば満たされ  感情として注意深くみなおされ  血ぬられ  文学サークルでもしばしば云われ  本質において語られ  指導され  研究され  刺戟され  地球から消され  中に流され  労働者生活とかいわれ  言葉が叫ばれ  自責の念にせまられ  ことはうれしいが、持たれ  買ひかぶられ  蜆貝を掘る、食べるだけはすぐ与へられ  ビールをよばれ  樹明君来庵、誘はれ  一新され  のだらうか、刈りとられ  来訪され  記憶せられ  今後も絶えず繰返して為され  ことも描かれ  言はずにはをれ  つて酒宴が開かれ  事実にごまかされ  飯をよばれ  酒をよばれ  整理され  戦争だとされ  賛成決定で行われ  海軍によって行われ  勝利したと信じこまされ  中に植えこまれ  勝利によってもたらされたと教えこまれ  暗殺され  制度であると示され  観念はつくられ  発布され  意識され  無視され  皇后の巻かれ  わが子のもがれ  感涙によって洗い流され  言葉でよばれ  適用され  教育され  式にうけとられ  妻たちに示され  非国民と罵られ  奴隷的賃銀とされ  非国民とされ  国賊とされ  赤とされ  強制され  言葉におびやかされ  不安に襲われ  勤労動員され  侵略戦争であったといわれ  一五〇〇万人とされ  社会文化費にまわされ  発表され  人自身によって云われ  拡張され  分析され  資本主義国にもちこまれ  滑稽なあわれ  自覚され  明瞭にされ  たび廃止され  民主生活がどう語られ  苦痛によっていくらか賢くされ  投票が果して正しく行われ  発揮され  日本があわれ  犯罪とされ  これはさわがれ  正義のために裁かれ  多くさらされ  安着せられ  調整され  そうに思われ  翌朝夢さむれ  もの思いがおこり、眠られ  高みに築かれ  名声も失われ  設置せられ  火に焼かれ  風にたをされ  人に伐られ  ために汚され  労をとられ  庭と呼ばれ  原子爆弾に襲われ  なかった、やられ  中途からポックリ折られ  中空で削ぎとられ  空に攫われ  シャツも引裂かれ  喜怒哀楽に乱され  涅槃に、痛ましく悩まされ  手帳を盗まれ  価値もないけれど、盗まれ  ぢつとしてはをれ  留置場にぶちこまれ  検事局にまはされ  けつきよく、また連れ出され  犠牲となられ  流れに流され  うちに拓かれ  生存苦になやまされ  報道され  今夜も睡れ  石で囲まれ  湯に浸され  延長せられ  外観美なれども攫まれ  ひとにとられ  猟をなされ  何も獲れ  鞦韆をあそばされ  お笑い遊ばされ  怒りになっておられ  お待ち申しておられ  保存され  詩人だといわれ  他所に取払われ  急務に追われ  恋を書かれ  金魚鉢と共に置かれ  呼び声に紛らされ  心持よく聞かれ  興味に誘われ  屋根に遮られ  一中清元などに含まれ  それが洗い晒され  植木屋老人に誘はれ  喘息らしくなる、睡れ  至情にうたれ  それからはどうしても寝つかれ  午後、誘はれ  やつて来られ  けが残され  夜は招かれ  存在はつながれ  短冊一枚書かされ  古典である、動かされ  彈きかへされ  押流され  耳を打たれ  手ぐり出され  髪毛風に吹かれ  脳天を撃ちのめされ  酒は飲むべし、飲まれ  毛を刈り取られ  御飯までよばれ  瓦斯で焼かれ  不安に誘はれ  問答が交され  愛撫され  帰つて床についても眠られ  柵門で防がれ  眼の離され  梟に脅かされ  牧瀬に誘はれ  虜にされ  一種洗練され  充され  花も散らされ  悔恨にくやまされ  鉛筆で汚され  草花などが押され  ことを云って寄越され  手紙を出され  のものを書いて貰われ  滝田さん自身話され  検索され  たくさんよばれ  鏡子さんに皮肉られ  妻君から不快を与へられ  のも、なるほどとうなづかれ  西市まで送られ  召集され  会食した、よばれ  馬鹿と罵られ  ビフテキをよばれ  庵され  老人はたうとう死なれ  老人も死なれ  街燈に照らしだされ  矢鱈無性に不安に襲われ  病的に削られ  胸倉をとられ  風に吹きとばされ  弥次馬に追越され  ネオンサインで書かれ  大竹さんと呼ばれ  前に亡くなられ  先生は既に亡くなられ  合点がゆかれ  神田仁太郎と呼ばれ  駭かされ  赤オートバイに追駆けられ  彼に行かれ  恐怖を覚えずには居られ  貴方様は、遂に亡くなられ  興味がひかれ  繰返し発信され  暴露され  手に握られ  名誉とを握らされ  記憶され  印象を鈍らされ  衝動に駆られ  胸を充たされ  涙に浸され  血を吐かれ  胸を打たれ  だれからも好かれ  ものが隠され  者には欺かれ  はいられないと言われ  時代に書かれ  問題として取り扱われ  対決を迫られ  だんだん実現され  悲劇が描かれ  正面から取り扱われ  リズムによって行なわれ  創作形式として選ばれ  形式が選ばれ  多分に含まれ  事を云われ  和田君に誘はれ  さん来訪、誘はれ  彼に飲ませた、たいへん喜ばれ  下駄をかへられ  運動委員が選ばれ  一員にされ  話を聞かされ  玄関に出て来られ  生菓子を出され  好きだと見えてよく呼ばれ  おかしがってくすくす笑われ  逐字的解釈をされ  自分によこされ  神戸からよこされ  帰朝され  微笑をされ  二三枚取れと言われ  んだと言われ  から帰れと言われ  話をされ  酒だよと言って飲まされ  一本持って来たと言って笑われ  寛容をもって臨まれ  リアルに描かれ  のを喜ばれ  それから早稲田南町へ移られ  大患にかかられ  彷徨され  自分には思われ  年を取られ  ものをかいて楽しんでおられ  顔をされ  一ぺん見に行かれ  ヒューザン会展覧会が開かれ  同行され  のを贈られ  いつか謡って聞かされ  事を覚えておられ  面会を許され  人力にゆられ  もっと長生きをされ  きれいに吹き払われ  そうには思われ  人でないとはどうしても思はれ  明日までは頼まれ  許りは思はれ  茲からと思はれ  六時にはもう帰られ  呉郎さんに連れ出され  さんに招かれ  さんに誘はれ  真実にうたれ  Sさんから誘はれ  呉郎さんにいたはられ  君来訪、誘はれ  謹慎を余儀なくされ  請求され  呉郎さんから知らされ  胸をうたれ  手紙を読まされ  美人を以て招かれ  間寝つかれ  五通神になやまされ  招待せられ  故をあまり精しく訊かれ  大風に漂わされ  何か怒られ  学徒まで含まれ  地図もふくまれ  声に引かされ  医師はそのうち帰ってしまわれ  人でないとはどうしても思われ  皆はいうけれど、そうばかりは思われ  ここからと思われ  人でないとは思われ  油の少なく引かれ  却って充たされ  もやもやと蒸し返され  侵略され  バビロンと呼ばれ  時代から間断なく行われ  間知られ  回教化され  フスタトと呼ばれ  マスルと呼ばれ  基礎が置かれ  改変され  純血が保たれ  理由だとされ  からキリスト教化され  純粋もよく保たれ  制限され  婚姻が行われ  煤で塗られ  エジプトに売られ  手から手へと渡され  炬火競走が行われ  日本が選ばれ  母屋を取られ  堆積され  征服され  カイロに運ばれ  芸術家によって描かれ  それの行われ  力がないとは思われ  転送され  眩惑され  猜疑され  嫉視され  一度に放りこまれ  氷に張り閉され  馬に引かれ  檻から放たれ  光芒に包まれ  内密で持ちこまれ  流れに押され  酒精が、持ちこまれ  国内で作られ  駆逐せられ  露西亜人にやられ  没収され  脇にひっぱりこまれ  手綱が引かれ  田川がうたれ  交換され  社会主義的建設が行われ  駆逐され  哈爾賓から河航汽船に積まれ  黒河へ運ばれ  商品とかえられて持ちだされ  俺れもやられ  みごとにうたれ  呉清輝はうたれ  橇いっぱいに積みこまれ  俺ゃ、まだ起られ  濁流に押し流され  哈爾賓から運ばれ  搾取され  ドシドシ潰され  夢を喰われ  誇りにされ  中で、最も練り抜かれ  ところに開かれ  金に逐われ  風雅人鑑賞家として知られ  瞞着され  鼎を取られ  彩色され  點され  夜具も運ばれ  窯鼎をお預かり致してまゐれ  霧に包まれ  心を浸され  手によって再び立ちあがらされ  鼓舞され  癒やされ  ために書かれ  抑圧され  反映に照り輝かされ  多数が薙ぎ倒され  孤独者によって書かれ  著者によって書かれ  毒され  中に戦われ  光によって照らされ  伝記が書かれ  同胞らが悩まされ  ことによって引き裂かれ  夫に先立たれ  戦いとして示され  呼びかけが聴かれ  責務を負わされ  日々が過ごされ  形成され  感情が形作られ  野心的情熱に噛まれ  疾患に始終なやまされ  人に気づかれ  諦念へみちびかれ  僕に残され  熱情につかまれ  ベートーヴェンは赦さなかったといわれ  熱情の、欺かれ  さを悟らされ  悲しみを味わわされ  表示が書かれ  一八〇二年に書かれ  心をさらわれ  精神にやしなわれ  基底を置かれ  再現せられ  反映に彩られ  献呈せられ  中に記され  心をつらぬかれ  年に書かれ  先人たちから手渡され  中で広く知られかつ好まれ  霊感され  いつまでも待ちぼけを喰わされ  破棄され  ベートーヴェンに気づかれ  ことをもはや許され  ために残され  魅了され  列をつくって並ばれ  帽子を取られ  数カ月間に書かれ  作品だと評され  心を奪われ  業務にわずらわされ  停止され  人々から切り離され  苦労に悩まされ  血をもって書かれ  それに対してまったく支払われ  苦労を味わわされ  少年を取られ  おんみが造られ  あらわに示され  転用せられ  心を噛まれ  抑制され  作曲せられ  宗教的信仰から霊感され  作品を示され  念に打たれ  初演せられ  晩年に書かれ  それらが作られ  弦四重奏曲の書き直され  さに包まれ  靄に呑まれ  天空から追い出され  世の中から歓喜を拒まれ  上に築かれ  一七九五年三月三十日に行なわれ  プルタークに養われ  性格と見なされ  精妙に取り扱われ  すべてがいいつくされ  発音され  解釈せられ  歪曲され  ため痛く悩まされ  から解放せられ  照明せられ  描写せられ  大器又あるべしとも思はれ  歳から歳へと欺かれ  苛酷に押し戻され  私には許され  放逐され  病状を気づかれ  ように想われ  照覧され  一度もなされ  ベートーヴェンに遺され  一番騙され  小作人から選抜され  選抜され  酌取りに選ばれ  提灯に飾られ  肩へ移され  足に踏まれ  吸ひ込まれ  提灯とに飾られ  迎ひも出され  中に曝され  狐には騙され  狐に騙され  地主に騙され  今日は騙され  名前を聞かれ  約束され  注意を惹かれ  袖を引かれ  花に注がれ  音さへ聞かれ  機会から掘り出され  つてそのままには見過され  押へられて、大弱りに弱らされ  前に通され  随一と呼ばれ  なかに投げ込まれ  発見せられ  仲間風情にしてやられ  納戸に留めおかれ  献上せられ  巧者として許され  珍重なされ  のをあわれ  機銃で射たれ  大勢やられ  絶対に知られ  ほんとうに機銃掃射でやられ  頭脳が弄られ  按摩笛が吹かれ  手に追われ  聴力が少しもそこなわれ  僕が悩まされ  幾度も悩まされ  必要があると思われ  病気から解放され  運命に打ち負かされ  お母さんが亡くなられ  願いが果たされ  何にもまして歓ばれ  大皿に盛られ  アルコール分は含まれ  制約せられ  ライフから切り離され  追求され  足跡から強く動かされ  絵を描くだけではどうしても満たされ  ものから促され  人からいわれ  私に受け取られ  ところを動かされ  気持に襲われ  あんたが打たれ  道具はずれを鋭く刺され  少年時代からゴッホに動かされ  先生から愛され  優遇され  内部を動かされ  解釈を下され  なかに描き出され  さが云われ  外で語られ  彼に揺すられ  占から逃がれ  弾丸に撃ち抜かれ  腹を当てて、打ちひしがれ  ボナパルトの知られ  ロベスピエールに殺され  ジョゼフィヌに比べて、割られ  ルイザから圧迫され  油を注がれ  二に選ばれ  緋緞帳に囲まれ  練磨され  刺繍され  いかがなされ  さなかった胴巻が蹴られ  上から掻き落され  圧迫され  自尊心を打ち砕かれ  無理をなされ  三面鏡に包まれ  ナポレオンに引き摺られ  静にお休みなされ  狂いなされ  ルイザは引き裂かれ  上へ投げ出され  下から憂鬱に繰り出されて曳かれ  全面に漲らせ、荒され  熱とが注ぎこまれ  経験され  勇気とを汲み採られ  太陽に照らされ  演奏され  ように投げ飛ばされ  旋風に運び去られ  音楽はその選ばれ  部分がいちどきに聴き取られ  ことに驚かされ  作を通じて取り扱われ  変形され  発見によって示され  捕獲され  制御せられ、馴らされ  それは時には釈き放たれ  圧搾され  ところの、閉ざされ  原稿から写され  日記が含まれ  提示され  ものとなされ  終曲こそは、打ち倒され  製造せられ  芸術と呼ばれ  魂が、贖われ  到達され  それが超され  名前はと聞かれ  迷信家扱ひをされ  感情が描かれ  暗がりに包まれ  抜き書きが織り込まれ  肖像が作られ  多数複製せられ  為事をしなれ  このごろ新しく雇いいれ  爺さん役者をだまそうとして、かえってだまされ  ひまを出され  事が、いっぱい書かれ  ひとつ置かれ  男に抱かれ  自然に行われ  返報せられ  腹痛に襲われ  短剣で切り込まれ  立皺がきざまれ  手交せられ  一孤島に流され  選定せられ  貝殻蒐集家として知られ  孤島に流され  誰とも知られ  解雇され  邦訳され  完成され  徹底的に取り扱われ  危機に書かれ  日々へ編み込まれ  芸術家が時に消され  肉体化さえされ  質的変化が行われ  涙が出たくらいに、あわれ  質的にすぐれているとは思われ  苔に被われ  食ひきれ  怠惰屋なぞになられ  皮を剥され  勇気を消され  焔に焼かれ  貫ぬかれ  関東へやってきたとは思われ  なかへ引き込まれ  渓流に取り遺され  一杯になるといわれ  双璧であるといわれ  心うごかされ  恵与され  充分にたのしく救われ  自動車に追い抜かれ  ようにくしゃくしゃにもまれ、まるめられ、ぽんと投げ出され  本にひきずり廻され  眠りを破られ  皆やられ  不思議に思われ  ものばかり食わされ  虫が知っていようとは思われ  質問され  ようにも思われ  結婚なされ  結婚はなされ  賢であるから、とても望まれ  張閑雲から強いて言われ  ため男おんなに愛され  口にうたわれ  白熱に書かれ  種子はもう蒔かれ  種子は蒔かれ  王自身で言われ  心には、踏まれ  うちによび覚まされ  チュレンの子によって造られ  神の手に奪われ  一人で眠ってはおられ  コンリナスと呼ばれ  ピサルと呼ばれ  耳をそばだてたが、ひらかれ  焔に包まれ  無精さやかき起され  姿さへ写され  煩はされ  談を費すに及ばずといはれ  無理に持たされ  厭がられ  絵師さんとよばれ  尻に敷かれ  七十四五としか思はれ  やうにして結ばれ  それも訊いてみなかつたが、騙され  道楽者で、たらしこまれ  給され  刑事を怖れ  ことを何より怖れ  関さんに頼まれ  かいな、と冷やかされ  根柢を疑られ、おびやかされ  厭がられ、出て行けがしにされ  故郷を追ひ出され  人に好かれ  一杯食はされ  一緒に送られ  属性は全く掻き消され  顛倒され  やうに送り出され  山が築かれ  愛にひかされ  一統され  穂を喰い取られ  前者は行われ  連絡を絶たれ  直ちに採用され  任命され  擒にされ  為に欺かれ  から伏勢は追い出され  真中に取囲まれ  如くであったと云われ  朝鮮に遣わされ  私に喋れといわれ  質問をだされ  今日使われ  濫用され  流布され  通り今もっともやかましくいわれ  装飾が施され  ことだと思われ  認識され  それから古来もともとやかましくいわれ  洋次郎自身一寸気味悪くさえ思われ  顔に取巻かれ  それを愛するばかりに、乱され  タッタ一つ残され  それを荒され  トントンと叩かれ  矢や点され  言葉もなく云われ  狐狸にでもつままれ  案内くだされ  睡眠に襲われ  獣は殺され  三筋弦から放され  外から開かれ  奥義が記され  人々に学ばれ  浪人達に喜ばれ  亡魂が残っておられ  怪異を示され  求めになられ  極意を許され  四方海にかこまれ  於てなされ  各地で行われ  放置され  讃美がなされ  なかでなされ  楽しい散歩場所が開かれ  方向に整然と開かれ  世界一のものと云われ  鋪装しつくされ  一律に守られ  乞いによって残され  建設され  改築され  者が、困るといはれ  ことをすれば、すぐなぐり殺され  ペスは、もう殺され  言葉に含まれ  報告をきかされ  敵意を見せて怖れ  度胆をぬかれ  女から送られ  目にチラついて睡れ  懇願され  娘としか思はれ  親爺に頼まれ  看護婦先生が殴られ  家に帰り、許され  所をつかまへられ  家へ連れ戻され  僕にだけ見送られ  つて遠慮なしに負かしたり負かされ  復讐され  遊びとして創り成され  生活問題まで含まれ  ドシドシ蹴落され  綽号され  交情が結ばれ  尤も結ばれ  話が持ち出され  無造作に奪われ  ものに思われ  それに引きずられ  つきを失い、かき乱され  苦痛を感ぜずにはいられ  中には含まれ  女嫌いだとされ  女嫌いだと思われ  男嫌いだと言われ  男、と思われ  温かみを呼び起され  徴用され  ことりと叩かれ  家庭生活についての怖れ  ところへ再び突き落され  愛情に包まれ  素っ裸にされ  三度笠馬に乗られ  三度笠手綱とられ  情立てましよと泣いてわかれ  男にだまされ  きりぎりす機場に売られ  不幸に打ちくだかれ  中に書かれ  私たちのおめでとうも云いかわされ  対策が行われ  一九四七年のおめでとうは、云いかわされ  もので、とどめをさされ  娘さんがまじって、もまれ  仕合せがもたらされ  きれいにうちくだかれ  それがもたらされ  輿論調査が行われ  一番希望され  力量が待たれ  父兄であるとされ  要求され  改正され  様に思いこまされ  首切られ  生活を奪われ  抗議さえも奪われ  事実が語られ  解放がねがわれ  戦争挑発は、実にはげしく行われ  私語がかわされ  予定され  役割を負わされ  人生がおかれ  歳費を支払われ  さにわずらわされ  氣が付かれ  男冷かされ  附与され  感に打たれ  圧迫を強ひられ  発作に駆られ  先は、ともすればねらひが脱れ  焦慮に駆られ  予期に脱れ  悪声を放たれ  かい蜂に刺され  臀部を刺され  槍に刺され  ところで、やられ  ベッコウにやられ  神から遣はされ  思ひ出します干され  銘をうたれ  欺瞞され  破壊へつきおとされ  女性の眠られ  戦争にかりだされ  他民族のけちらかされ  あいだにおかれ  めざまされ  ことも許され  名によって行われ  真実に消され  ニュース映画がつくられ  なかった唇が、やっと語られ  いま公判がひらかれ  執筆され  安定がうばわれ  表明され  習慣をもたされ  それによってこわされ  原因までさかのぼって、つきつめようとされ  非難され  合作でつくられ  ことも知られ  道をひらかれ  ために、書かれ  あらわに思い知らされ  軍国主義にだまされ  身に刻まれ  流れで語られ  条件におかれ  臆測され  ように語られ  さまは描かれ  感情におかれ  そこに巻きこまれ  一切考えてみようとされ  唾棄され  良人によって保たれ  さをもって叫ばれ  あきらかにされ  布地でつくられ  煉磨され  絶滅され  発行され  専門学校で使われ  盗賊にねらわれ  毛筆で書かれ  ダイヤを盗まれ  叔父さん一人知っているだけなのに、こうして開かれ  ものとも思われ  做され  同氏は笑いながら言われ  五六冊開かれ  前夜行われ  どこへか飛ばされ  風に吹き飛ばされ  枝に残され  間、あわれ  こまどりにあわれ  祀りによばれ  のですから、とても出され  皆でなくても、出され  程になるので、出され  蛇と呼ばれ  孩兒も怖れ  愉快も打消され  囘され  ラポールトにとられ  三十ピアスターでとられ  あはれ眼はとざされ  女中に軽くあしらわれ  女中に起され  気持ちが乱され  ここにかくされ  おしをもって語られ  切望され  威嚇かされ  点をはたと打たれ  不自然に聞かれ  脳味噌をじゅっと焚かれ  風に誘われ  旦那様から冷かされ  圧制され  いるかと云われ  間に醸され  銭をとられ  ままあっけに取られ  小雨の吹き払われ  まり感嘆され  ためだと云われ  煙に捲かれ  狸に致され  雨にうたれ  子の可愛きに引かれ  悪魔に似たりとさへ恨まれ  警察にさへ睨まれ  万人にわめかれ  萬人にわめかれ  入学宣誓式が行われ  中にまき込まれ  宗教だと聞かれ  からぜひやれと云われ  前に立たされ  いつか私邸に呼ばれ  中央気象台に買取られ  講義だと思われ  せいだろうと思われ  いちばん必要であろうと思われ  冗談交じりにひどくこき下ろされ  ここで行われ  講義であると思われ  私邸に招かれ  相伴に呼ばれ  カイザーに呼ばれ  講義が思い出され  期間出席され  相手につかみかかるかと思われ  学者と思われ  ままでゆられ  のとに悩まされ  芸術らしいと思われ  誡語なりとて語られ  擧ありと聞かれ  おのれに語られ  七十八歳にして身まかられ  在勤せられ  歸朝せられ  おのれも招かれ  傳へられ  下賜せられ  編せられ  全部を寫され  風なりとこそ聞けれ  完結を迫られ  玉はみがかれ  周囲の幽暗にくまどられ  男とそして、奪われ  彼自身が、そして奪われ  男であり奪われ  書くことが許され  大逆事件で再び捕へられ  釋放され  談話がかはされ  當てられ  遂行され  マダムから發せられ  殆ど毎晩續けられ  事が書かれ  袋に包まれ  稱せられ  國際博覽會が開かれ  一大變化が齎され  詳記され  誇りを持たれ  ことでしたが、次に驚かされ  興味をそそられ  買ひ求めに遣られ  下手者に選ばれ  兄に叱られ  内に捕へられ  養子にされ  買ひこまれ  繩に縛られ  幽囚せられ  飜弄され  カルタ會に招かれ  寢せられ  福田家に托され  福田氏に引き取られ  兄夫婦に引き渡され  過去から斷ち離され  ひまくられ  そこにも長くは居れ  環境から與へられ  感化され  交はされ  光景にうたれ  盛に引きあひに出され  熱愛され  唱道され  創刊され  入社を許され  直ちにキリスト教徒から敵對され  掲載され  生活環境から育成され  教會から破門され  家に招かれ  生活態度であつたと思はれ  心から感謝せずには居れ  整へられ  創立せられ  眼前に示され  翁において生かされ、輝かされ  喰はれて眠られ  へん翁に喜ばれ  新紀元社に泊られ  續けられ  處せられ  買收され  相談が持ち込まれ  ことは、どうかと思はれ  拘引され  番頭さんにされ  告發され  幹事に選ばれ  警察にまで呼び出され  本郷警察署に呼び出され  罰金を取られ  のが開かれ  秩序壞亂で又やられ  伊井蓉峰君から招かれ  云つて居れ  樂屋に通され  のにつり込まれ  云つてをれ  それから巣鴨監獄に移され  二人は引き離され  十一監といふところに移され  許可され  希望の光明に充たされ  つて與へられ  典獄と申され  面會も許され  扉が開かれ  滿たされ  つて病監に移され  同志がゆるされ  全部押收され  廢刊され  迎へられ  出獄歡迎會が開かれ  浴場におしやられ  件で、捕へられ  護送され  千葉に送られ  ものを汚がされ  中から見出され  押收なされ  晝食時を少し過ぎたので出され  怒りもされ  告發せられ  想像せられ  外國船に積み込まれ  大雨にうたれ  引致され  來訪され  渡邊から特に知らされ  一先づこれ  代用され  縁があろうとは思われ  意に使われ  意にも使われ  模範が示され  言葉をうつされ  相として示され  複雑で、限られ  ものも含まれ  撰択に示され  選択され  訓練され  口語体で書かれ  雨戸がくられ  石段をのぼらされ  はじまる大鳥居だとは思いあわされ  女にそうきかれ  バスにつみこまれ  心に刻まれ  気運が、そこで開かれ  椀によそって出され  くりぜんざいにはつい釣られ  ところに縛られ  日に晒され  相川は眠られ  風に送られ  そこへ持運ばれ  人とに満され  警固され  内蔵助以下十七名が送りこまれ  家中から選ばれ  祈願に参られ  木枯らしに吹かれ  ことも訊かれ  妓にもてなされ、帰され  おつまみなされ  においで下され  お気に召され  幾つも取り出され  癖があって、よくからかわれ  源蔵殿、どうなされ  一服お遣わし下され  役目とされ  あいだに醸され  のに誘われ  みんなは話しておられ  先によばれ  仕舞いなされ  吉田忠左衛門殿おいでなされ  パノラマ式画でおおわれ  力づよい群像で飾られ  国営農場へとられ  草花が植えこまれ  この世に送り出され  印象され  目覚まされ  予期され  訓馴され  評判され  いま赤色をはられ  誰が愛され  セラフィモヴィッチなんか読まれ  ものみたいに扱われ  革命が描かれ  鉢で飾られ  設備され  配列され  樹木でかこまれ  住宅近く配置され  何段にもわかれ  船尾から海中に投げこまれ  大群にかこまれ  放送され  ものと思われ  がかりがえられ  秘密がかくされ  声に送られ  上におろされ  希望は、すっかりじゃまされ  英国軍港から特派され  信号旗がおとされ  信号が送られ  カンカーンとはねかえされ  ルゾン号にすくわれ  しか思われ  メリー号からほうりだされ  事務長から呼ばれ  ドブンとほうりだされ  海上を引かれ  マルラはじぶんが怒られ  目をやられ  運転され  濃霧につつまれ  海霧につつまれ  国に持っていかれ  から船長が来られ  乗組員はまだ生きていると思われ  それに来られ  予知され  太陽の光に照らされ  発射され  崩壊がおこなわれ  ことを思い出され  間にとりかわされ  派遣され  翼にそめだされ  撃沈され  火薬のけむりとでもって、すっかりつつまれ  自由をうばわれ  かわいそうに、やられ  光景にのまれ  たしかに証明され  ルゾン号に救われ  舷にそそがれ  さっき弾丸にうたれ  弾丸にはじかれ  不安にとざされ  ドアがやぶられ  しろにはねとばされ  弾丸にはねとばされ  ようにひきもどされ  包囲され  上を、ひどく打たれ  海底ふかくひきずりこまれ  ことをゆるされ  カバーでつつまれ  カバーがとられ  ことはゆるされ  足どりにされ  嘲笑され  ことをなされ  尋問され  失踪され  位苦労をなされ  名が呼ばれ  格闘を始めて、殺られ  本国へ帰られ  手ばなすとは思われ  注意から設計され  よう教育され  博士もそれほどまでにいわれ  海底大陸に分捕られ  うちにくりかえされ  ためとめおかれ  遮光され  からたたかれ  海底においておこなわれ  しずかにおかれ  別に水にぬれているとは思われ  空中にうちだされ  光弾に照らしだされ  そとにしめだされ  待ちにまたれ  手によってすくいだされ  潜水艦隊に生けどりにされ  承知され  うちされ  同情され  船艙がひらかれ  ちゃんと海上におろされ  命令され  決行され  いまはすいこまれ  マイクロフォンがかつがれ  たくさん海底超人に殺され  申しこまれ  王子をうばわれ  大学の奥深く連れ去られ  今はわかれ  みな海水にのまれ  海水にのまれ  宇宙線粒子にさしつらぬかれ  儀礼をこのまれ  学説にあおられ  用意され  気持におそわれ  今日必要にせまられ  抗議され  市民たちにふみにじられ  下におろされ  ぺちゃんこにひしげてしまったかと思われ  いっしょにころされ  ロロー殿下をうばわれ  恐怖から少し救われ  体もつかれ  金をせびられ  答へて、怒られ  風につながれ  妻とよばれ  つけにとられ  政治にかつがれ  亡者にかこまれ  壇に飾られ  吹雪に包まれ  やつぱり狐にだまされ  東京に居られ  感心せられ  窓は悉く開かれ  女に導かれ  年から使われ  窓はことごとく開かれ  四方板べいで囲まれ  少年ごころにも言い知られ  徳二郎にしかられ  三分の一ぐらい盗まれ  みんな盗まれ  鉄フタが盗まれ  工場に売られ  心理状態に襲われ  奴だと思われ  英訳が置かれ  全部チベット語に訳され  発売され  踊りが行われ  ために作られ  言葉を思い出され  一生だまされ  有象無象にとりかこまれ  フロイド博士に殴られ  毒気に打たれ  目され  人につがれ  誤解され  日に照らされ  色紙で造られ  言葉が思い出され  そればかり思われ  男どもに気づかれ  目をふさがれ  ガラガラと引かれ  目を隠され  開催され  検討がされ  討論され  制約され  批評のおかれ  推察され  奨励され  専門的面にかぎられ  考察され  波に揉まれ  参加され  成功され  から人に可愛がられ  化され  足を踏まれ  神様に撲られ  つて縛られ  顔であるとは思われ  世界から解放され  だれかに、何とか言われ  なかで揉まれ  ひとと思われ  今日物わかりのよいとされ  一人ふやされ  なおざりにされ  何かみたされ  風に掻きまわされ  雨水に洗われ  風に吹きちぎられ  微風に揉まれ  和智君ははね飛ばされ  二人敷かれ  家に圧され  女が曳き出され  そこここに投げ出され  地震が来るとこわれ  批判が行われ  芸術家といわれ  幽霊に脅かされ  不幸といわれ  ギャングにさらわれ  浄い少年が、ついに助け出され  女が置かれ  忙殺され  望みをみたされ  そこから描かれ  中に生かされ  試みが示され  労働から生み出され  永久に負わされ  眼光におされ  愛読され  ことが記され  私にもきかれ  条件つきでされ  一括され  姿に蒙らされ  予想され  感情から脱けられ  ことが、はっきりされ  真実が語られ  翻弄され  寄贈され  要に迫られ  鉄則から釈放され  気拙い思ひに打たれ  はつきり誘惑され  打水され  花に驚かされ  東京築地本願寺で催され  過日物故せられ  博士から頼まれ  帝国教育会館で開かれ  頭村と言われ  並称せられ  世人から殆ど特殊扱いにされ  この世におられ  噂され  風説が行われ  細民部落改善協議会が開かれ  局長から依頼せられ  六月二十日逝去せられ  供給せられ  洗腸され  水に洗われ  水に浸され  原稿を頼まれ  共産主義国家によつてつくられ  挙行され  手に引かれ  為めにされ  共産主義者によつてなされ  模範学校と呼ばれ  世話され  程食はせられ  感銘を与へられ  隔離され  烙印を押され  擾き乱され  扶助され  最上のものを与へられ  供され  線で描き出され  隅から隅まで語りつくされ  尊重され  ものだと、云われ  言葉を送られ  眠つた街が見渡され  歌はずに居られ  十数篇が選ばれ  弱味を握られ  感じも与へられ  云はれ  何よりも嬉しく思はれ  ことであらうと思はれ  母から大いに叱られ  惜まず尽され  私に送られ  儘にされ  近頃余り心を動かされ  首将と共に励まれ  今不眠症にも犯され  経験から割り出され  生活に孕まれ  三上於菟吉氏も書いておられ  反覆応酬され  僕には思われ  僕に思われ  永年かかって植え込まれ  影響され  親が倒され  発揮せられ  目的からのみ書かれ  企てに動かされ  連載せられ  私へ言って来られ  方が軽く取扱われ  うしろの正面だァれ  改良せられ  採用せられ  ほかにあったろうと思われ  世にひろく行なわれ  遊びとして、最もひろく行なわれ  カネジョとも呼ばれ  ことが許され  種類が限られ  種類も限られ  遊戯であろうとも思われ  着物をよごして来てよく叱られ  ネンボウは深く刺され  風呂のしたに焚かれ  吟味せられ  伊豆あたりまで行なわれ  語が行なわれ  弓太郎などと呼ばれ  人がないともいわれ  まり喜ばれ  ものが行なわれ  承認せられ  心ではおられ  公認せられ  目的に使われ  意味は分らぬなりに久しく守られ  聯想せずにはおられ  一つ失われ  お株を取られ  船着場には行なわれ  以前に行なわれ  姿としか思われ  勝利をもって結ばれ  子どもに知られ  今もまだ行なわれ  揺かされ  自治が行なわれ  使い走り、だまって追いまわされ  濫用せられ  皆さんは多分まだ心づいておられ  阿連村などに行なわれ  保存せられ  最小限度、守らずにはおられ  語と言われ  柿など切り刻みて、呼んだり呼ばれ  これは呼ばれ  上流に限られ  特に姉様と呼ばれ  親がこしらえて与えたとは思われ  制定せられ  大館附近に行なわれ  言葉しかくり返され  名ざされ  鬼が怖くて行かれ  人々に口ずさまれ  近ごろまで行なわれ  現在もなお行なわれ  確かに行なわれ  人までが見ておられ  中でも行なわれ  ここから運ばれ  百度もくり返され  興味をひかれ  ネンガラ・ネンガリなどがひろく行なわれ  相手に打たれ  鹿遊びが行なわれ  遊戯が行なわれ  頃まで行なわれ  是から研究せられ  景気も思いやられ  小屋主ももう打っちゃっては置かれ  あとから連れ込まれ  枕に殺され  なぶり殺しにされ  念を押され  屏風に隠され  爪から放され  子分たちに送られ  六三郎が連れて行かれ  無事に帰され  夢にでもおそわれ  そういつまでも寝かしても置かれ  方へ買われ  香に酔わされ  垂簾にかくされ  いい加減にだまされ  なぶり殺しにでもされ  吉五郎に見限られ  女に見限られ  此方に立たされ  ものに驚かされ  ことに思われ  友情で結ばれ  土にくまどられ  黄金で包まれ  私に守られ  写真に撮られ  普通いわれ  仕事が案外やられ  木が吹き折られ  殆ど知られ  氷点以下に保たれ  昇華作用と呼ばれ  零度以下に常に保たれ  関係が見出され  不用意に使われ  彼女に惹かれ  さんに頼まれ  そいつも斬られ  譚にこう言われ  読誦せられ  方は忘れ去られ  家名が失われ  中国へ持って行かれ  機微なのに再び驚かされ  人格化され  宅へもらわれ  希望も持ち出され  直感され  それはほとんど生きているとは思われ  復って来ようとも思われ  危険だと思われ  中止され  一時に呼びさまされ  ほうでもどんなにひどくされ  内へもらわれ  ものではあるまいかと思われ  それぞれもらわれ  三毛に養われ  家にもらわれ  大事にされ  故人となられ  アメリカに帰られ  買つて来られ  和気乃と呼ばれ  東京に出て来られ  けいこに召され  二つ三つ教へに行かれ  お稽古日とされ  応待され  物を持つて行かれ  事をいはれ  留守居を置かれ  人と思はれ  から他家に縁づかれ  顔を出され  上京され  貯へをして置かれ  ことだらうと思はれ  そこらを見廻され  口はきかれ  器用に持たれ  何か書かれ  眼をつぶられ  翌朝亡くなられ  のだとも云われ  楽観にひきずられ  背負い投げを食わされ  感受され  回避され  刺激され  挑発され  責任を負わされ  国防予算は少しも削られ  ファクターは削られ  一見止めを刺され  風にも云われ  健康観念であると云われ  還元され  要求するだろうと云われ  清算され  配合され  おもしがおかれ  姿がかくされ  実在は消され  純粋さにおかれ  妻におされ  婦人作家によって書かれ  ことが云われていると思われ  夜眠られ  興味がおかれ  真実は云いあらわされ  一つもないと思われ  姿であらわされ  押出され  誠意をもってたどられ  そこに同時に生かされ  集注され  姿で行われ  かげが映され  年月叫びくりかえされ  態度にうたれ  生活に追われ  完訳され  空気に吹かれ  必要に追われ  ものに追われ  獻身して捕へられ  斷せられ  それに書かれ  音信さへ許され  參加なされ  物とりに入られ  ものをとられ  のはいけないと叱られ  ものがどう扱われ  上へ描かれ  すじにわかれ  斑点だけに被われ  外ではきっと気づかれ  だれにもじゃまされ  もの思いによって置かれ  ゴールには思われ  両親にも聞かれていけないとは思われ  一ことだっていわれ  文書類をまだ読んではおられ  処置がとられ  ふうに響くだろうと思われ  セールスマンなんて好かれ  事情をよく見抜いておられ  カーテンは吹きまくられ  上へ飛ばされ  手ににぎられ  ほかに残され  しろへひきずられ  もう二度と開かれ  みな閉ざされ  外側からさしこまれ  明りが消され  設計すべきか、じゃまされ  好奇心に駆られ  水がつがれ  音でたちまち驚かされ  のが聞かれ  ことは話され  手に残され  中断され  特別に呼ばれ  ことにしてくれ、と願い出て、許され  空っぽにされ  ままに残され  手でもう運び出され  母親から遮断され  逃がれ  彫刻され  家具でさえぎられ  釘づけにされ  視力はもう失われ  なかに残され  公認され  一晩じゅう、いつも磨かれ  ところによると、売られ  不幸に打ちのめされ  食べものがおそらくほんの少し味わわれ  壁に沿って引かれ  別に好奇心に駆られ  背中に振り下ろされ  部屋に移され  ゴールにはたいていは運ばれ  晩に閉ざされ  家族には気づかれ  前に置かれ  奇妙に思われ  部屋で弾かれ  ふしぎに思われ  道が示され  はじめて彼の役に立つだろうと思われ  父親に押しまくられ  恐怖に襲われ  不自然に思われ  最後にはすっかり消えるだろう、と思われ  柔かいほこりにすっかり被われ  ところからずるずると押しやられ  三人はいわれ  術ありと思はれ  加はるの人物と知られ  ゲーレスと呼ばれ  害は成され  席に着かれ  約束に抑へられ  ケーを召され  絹ごろもを召され  廣間に張られ  餘處にされ  士にされ  鼻挫がれ  主人が縛られ  馬が繋がれ  居城で過ごされ  遠慮めされ  やうとも思はれ  劍は打ち飛ばされ  直ほされ  中華料理と言わなくちゃいけないと言われ  めいめいあてがわれ  風でゆすられ  休み、なんにもされ  くまされ  中で、こんがりあぶられ  魔女は、あわれ  ぬき取られ  凹凸があり、欠けて掘り出され  自由が許され  何人にも許され  新築され  スクリーンに映され  新聞社から派遣せられ  記者によって、送られ  感謝せられ  戦争に巻込まれ  確定され  オーケストラボックスは取払われ  挨拶をせられて居られ  握手せられ  数間奥深く飾られ  舞台一面にかざられ  柱にからまれ  臨席され  反古として葬られ  廃墟的存在に蹴落され  胃腸カタルに冒され  裡を押され  幹部諸君が集まっておられ  赤化組合に引ずられ  軽視され  筈もなければ、来られ  奉仕しておられ  画債に逐われ  京都においで遊ばされ  表装を仰せ出さるるやも計られ  気な思ひに打たれ  限り知られ  うちに踏み潰され  退治され  科白で誘はれ  自由に運ばれ  列からは脱れ  腕をとられ  足でも踏まれ  ために与へられ  業とも思はれ  壁に包まれ  蔵され  私は怖れ  文芸講演会に誘はれ  仕業さへ見つけ出され  自分とも思はれ  肚を見透され  思つて酷く怖れ  念に苛まれ  五六間も追ひ抜かれ  其後もよく繰返され  二間つづきに作られ  その後もよく繰返され  滑稽化され  塁が築かれ  水門にせかれ  声に呼ばれ  草履で歩いて来られ  顧慮され  風に思はれ  庭に引き出され  誰に頼まれ  聯想され  激情の煙りに巻き込まれ  偶像観念から開放され  験べて見ると、悉く盗まれ  剣に射抜かれ  娘に頼まれ  傍に寄り過ぎて、でれ  回想され  建物に挟まれ  やうに望まれ  驚され  やう頼まれ  謙遜され  頭は醸され  おとづれてくるやうに思はれ  物音に負かされ  皿にもられ  化粧づかれ  嘴にほじられ  闇につきおとされ  すいあま皮に包まれ  なかにのまれ  憂愁にとざされ  馬銜をかんで繋がれ  日にむされ  足にふみにじられ  なかへおひいれ  羂につつまれ  かなしみにつつまれ  から、やみつかれ  くさりにつながれ  きものにつつまれ  皿のうへにもられ  しめやかなうれひにとざされ  そよ風にふかれ  あなたにわかれ  嵐気にかくされ  とぐろをまいて、わかれてもわかれ  やうに、つつまれ  かげにつつまれ  指でさはられ  年齢あめいろにいろどられ  ゑのにほひをおもひながら、やはらかにみがかれ  影にかこまれ  夢に刻まれ  くしをされ  ちゃんと記され  電気にうたれ  辻ヶ谷君にいわれ  うち消され  なにを笑われ  みんなにあやしまれ  の摂氏十八度に保たれ  どんどんはこばれ  字体で記され  とおりに記され  月光に照らし出され  照明が行われ  観光客によろこばれ  一度見て、おどろかされ  左右にわかれ  左へひったくられ  ようにえぐられ  向こうへ押し込まれ  製造され  傍からああして押し出され、うちこまれ  工事が行われ  土木工事に使われ  平らにならされ  底から掘り出され  発明され  手を引張られ  二分間ばかり待たされ  僕たちはなぜ待たされ  消毒をされ  殺菌され  測定が行われ  目を奪われ  人に聞かれると笑われ  ちゃんと診察され  診察され  たしかに診察は行われ  消毒され  一人ずつ歩かされ  私に出され  カスミ女史からずけずけいわれ  何万円だといわれ  冷凍され  材料に使われ  物置などにはよく使われ  壁にされ  工夫せられ  クリーム色に塗られ  円陣がつくられ  組合わされ  中にふせられ  人間があろうとも思われ  服が脱がされ  世界によびかえされ  姿に戻され  ダリヤ嬢とよばれ  二十年前に戻され  焼跡へ戻され  姿へかえされ  努力が払われ  改造進化が行われ  いつか僕が聞かされ  やつにはずいぶん悩まされ  僕はやっぱりおどろかされ  気持ちでとりのこされ  タクマ少年に送られ  誘拐され  上に寝かされ  寝巻ははぎとられ  場所へ連れこまれ  水を吐かされ  溺死をくりかえされ  道具にさんざん使われ  処分され  襲撃され  本校から追放され  ダリア嬢たちから深海へ放りこむと嚇され  ようにやられ  何者かによって狙われ  防水耐圧扉がひらかれ  中へふみいれ  僕は、そういわれ  外部から何者かによって狙われ  君は殺され  僕なんか殺され  君がこれから出かけて殺され  手にかかって殺され  幻が、殺され  ごま化され  世界で殺され  僕はいわれ  本当だとは思われ  ことは知られ  完全に失われ  穴へ引きずりこまれ  中へひきずりこまれ  風に荒され  地底からも、あわれ  オンドリにいわれ  今残され  惨殺され  今トロ族に殺され  ため殺され  悪魔に呪われ  いに見送られ  案内せられ  前へひっぱり出され  ただちに逮捕せられ  黙認され  いろいろな気づかれ  感じを持たれ  翻訳され  心配され  トロ族代表は、次々におくられ  ヤマ族に攻めこまれ  火に包まれ  何事も知らされ  半日で打ち切られ  荷物を持ちあぐみながら、いわれ  全部満員ですとあっさり断られ  先手を打って断られ  さっき断られ  此処で断られ  辞儀をされ  本が積まれ  ところに来られ  奉職され  田舎から徴用され  一日中追われ  培養され  奥様がいわれ  争いと救われ  充実して盛られ  ところまで深くつかまれ  客にのこされ  表現をとのぞまれ  雄弁につかまれ活かされ  性質としてゆるがせにされ  拡大され  家は、雇われ  家に雇われ  房枝は雇われ  刎ねられ  泥棒に這入られ  余計に取られ  紙幣が掴まされ  皆んな検束され  悪口を云われ  ために知られ  人様に笑われ  物で包まれ  ぼんやりと照らされ  手を折られ  収容せられ  和洋装いづれを好まれ  俥にゆられ  それぞれ割合てられ  手に移され  下賜され  喰ひ付かれ  茨で裂かれ  虫食われ  作品に依って知らされ  唄で、どんなに救われ  とおり咳がたてこんで出たので、眠られ  ノックされ  方から叫ばれ  放漫と思われ  ドアが軽くたたかれ  加減ですまされ  から行かれ  気性として出抜かれ  病菌によって蝕まれ  詩集が開かれ  時計台が造られ  風に揉みちぎられ  一つ一つが踏みへらされ  星野から託され  姿に吸いこまれ  家並で挾まれ  園に追いこされ  空気から解放され  鬱蒼と飾られ  感じに打たれ  彼は持ちだされ  手紙を頼まれ  何通もああして開かれ  ほかに見出され  波及するかと思われ  園には思われ  手を重くあてがわれ  首府というよりも、むしろ気づかれ  綿雲に閉ざされ  むだに流され  なかったかしれ  上から一掃され  けんまくに少し怖れ  冗談口が交わされ  短剣に貫かれ  群衆に取り囲まれ  保安裁判所に引かれ  緊張さとが描かれ  同窓からも取り扱われ  中に揉みくだかれ  間に撒き散らされ  最初に頼まれ  ように頼まれ  先方からいわれ  耳をひかれ  免除され  ものを奪われ  ようには寝つかれ  指揮され  それがすぐに思いだされ  人ごみに揉まれ  子同様に思われ  人にこづかれ  人に思われ  身体をもみまくられ  あいされ  窓から突きだされ  母にはぐれたり、背いたり、厭われ  残りなく織りこまれ  ほかにははっきりと思いだされ  ざうざするほど積まれ  のではないかとも危ぶまれ  父に気づかれ  お前がたに牽かれ  感触に甘やかされ  悪夢に襲われ  興奮に誘われ  それに誘われ  腰を折られ  気持にされ  黒渋で塗られ  不安に満たされ  愛嬌にされ  時のいうに言われ  油を搾られ  時真暗らだと思われ  かなたに催され  色彩をもって思いやられ  柿江は眩しく取り巻かれ  ガンベに誘いこまれ  俺はかじられ  先をすでにかじられ  不愉快にされ  おもちゃにされ  それですまされ  酒にそそがれ  声で言われ  揺ぶられ  渡瀬に残され  色に牽かれ  前垂の、いうにいわれ  一面に書きつづられ  定理が思いだされ  だんだん単純化され  瞬間にこう鋭くいい放され  世界に引き戻され  掃除され  大事に取り扱われ  はいまいと思わされ  書生であるとは思われ  躊躇され  るい障子が磨りへらされ  しまいこまれ  不意を衝かれ  曝らされ  からからに乾いて蝕まれ  動揺に捲きこまれ  方へと吸いこまれ  気分でかき乱され  ことだとはいわれ  咳に襲われ  声はほざかれ  多量に吐きだされ  一つ見やられ  人から軽蔑され  ものに眺めやられ  隠れ家だとされ  手蔓を見出され  口からおめきだされ  ことに誘いこまれ  それに襲われ  ゆり動かす怖れ  心の怖れ  渡瀬さんに気取られ  心を揺り動かされ  それがまた思いだされ  切れ切れにいいだされ  袂ごと胸高に締め、しばられ  適当かもしれないが、争われ  明かに読まれ  心持が気取られ  純潔一つで操られ  純潔が奪われ  さに欺かれ  言葉を吐かしたかが怪しまれ  何んだか打ちのめされ  前につきだされ  今日、救われ  園とにつき添われ  仲人口と取られ  火鉢にかざされ  ところから没義道にひきもどされ  節減され  平手で押し拭われ  悲哀に打たれ  父がよろしくと申され  釘を打たれ  明かに思いだされ  一人から送られ  中から細字で書きこまれ  前に引きだされ  かいにされ  準備され  小母さんにいわれ  それを曲って取られ  果てしがあろうとは思われ  席へ呼ばれ  情にひかれ  期を逸しては、亡くなられ  お年を召され  激励せられ  前へ引きだされ  楊参政は殺され  びっくりなされ  ために、迫られて亡くなられ  墓が発かれ  綉褥に包まれ  しようがないので、いっそ寝ようかと思ったが、どうも寝就かれ  賊に迫られ  ようにと云われ  上り込まれ  ために打消され  者をおかれ  投り出され  消化され  何もかも持ってゆかれ  他人に持ってゆかれ  学校に行かれ  相手から先を越され  証人にでも引張り出され  打割られ  永久に救われ  去勢され  麻睡され  しか行われ  器官が弱らされ  全快され  説明を聞かされ  闇に呑まれ  お気がつかれ  差込まれ  ねじ伏せられ  押伏せられ  距てられ  嫌というほど叱られ  母にそう云われ  気勢に打たれ  お父さんが亡くなられ  ことをされ  無断で掠ってゆかれ  図をされ  辰代から云われ  変梃に思われ  澄子に引張られ  調子でそう云われ  恋の行われ  鑑定に招かれ  間に窺われ  鞄を狙われ  秘密を知られ  袖が握られ  一首も貫かれ  歌の選ばれ  支配せられ  意見が取交され  限定せられ  ものとして選ばれ  のを御聞きあそばされ  臣を召され  百人一首に選ばれ  此時作られ  清涼殿前に召され  蟄居して居られ  一つ選ばれ  江戸に送られ  ために殺され  發行せられ  喧伝せられ  類に取り込まれ  江州高観音近松寺から出され  為に綴られ  名宝があらうと思はれ  宝比べを催され  辱しめられ  命を召され  切つて遣はされ  細工に送られ  禁制が、書かれ  一つ寵愛なされ  嵐ふくな、と申し置かれ  影向せられ  唐崎に着かれ  名のられ  梢に上られ  名前とは思はれ  提供せられ  神の残され  閑却せられ  下に書かれ  愛称で呼ばれ  誰からも愛され  愛情にも曇らされ  多く動かされ  一つ公にされ  思想といふよりも寧ろ生み出され  らばその生み出され  機構に織り込まれ  部面におかれ  民主化され  おしにおかれ  諒解され  特輯として扱われ  ここで扱われ  方向が示され  一つとして、書かれ  地図として書かれ  買出しにしばられ  空となって、遂にほうり出され  戦争で奪われ  集結され  封建から解かれ  ように強いても握らされ  なかで握り直され  旗として、かざされ、振られ  世の中とも思はれ  骸骨あえれ  本は、あらかた売り尽され  兵隊にとられ  家も焼かれ  限定され  なかに愛され  神秘化され  不自然でなく思われ  愛嬌に思われ  注意がひかれ  連載され  雅号とされ  天国に呼ばれ  ネネムもすっかり釣り込まれ  先生に吸い込まれ  みんなに囲まれ  番兵に引っぱられ  しろから押され  毎日ただ引っぱり廻され  男は、しばられ  タンイチもしばられ  みんなペタペタしばられ  一列にずうっとつづいてひっぱられ  方は、あんなあわれ  講義につり込まれ  肩から胸から腰へかけてすっぽりと斬られ  椅子とが持ち出され  テーブルに置かれ  テジマアと呼ばれ  声がして、その食われ  ポンポン叩かれ  妹をさらわれ  検事はすっかりつり込まれ  ちゃんと落とされ  左右せられ  是非せられ  むがために造られ  それ然り、然れ  こととなす、然れ  単純化され  文章で描き出され  一貫性で語られ  死が扱われ  消長したかも語られ  人に誘われ  牀席をよごしたので、とうとう逐い出され  愚弄されたり、ひやかされ  尊敬も払われ  普通にとりかわされ  邪魔をされ  近ごろ任命され  胸を突かれ  姿が思い出され  士とみなされ  注意もはらわれ  筆生として残され  くり返され  どこからともしれ  犠牲の払われ  何者かに切り落とされたといってかつがれ  ためには良いと言われ  グリゴーリイと呼ばれ  大祭日に限られ  まりよく知られ  主婦にさえ気づかれ  ぎれは探せばありますよ、布きれ  言葉を聞かされ  女房にぶん殴られ  悪魔に小突かれ  新調せずには済まされ  沙汰とも思われ  同意でもしたかとも思われ  二杯飲まされ  ところへ移され  ようになって運び出され  長官から叱責され  扁桃腺を冒され  見殺しにしたといわれ  封印はされ  遺骸は運び出され  埋葬され  興味を持たれ  不幸に圧しひしがれ  守衛が遣わされ  幽霊が現われて、盗まれ  ペテルブルグじゅうに拡がり、盗まれ  綿いれ  目潰しをくわされ  めちゃくちゃに叱り飛ばされ  ことは考え出され  とおりいかにもおかしく思われ  襟髪を掴まれ  発作にでも襲われ  声とは思われ  外套を剥ぎ取られ  どこへ行っても聞かれ  豚に突き倒され  一七六六年ロシアへ招かれ  管理され  三面飾窓で囲まれ  憂愁を焚きあげて、屠られ  うち貫かれ  ひと時を怖れ  落暉にうたれ  ≫ひとたび扉口は手荒く閉ざされ  糧秣はぶち撒かれ  壊はされ  敷布が繋がれ  隈どりで残され  むざんに釘うたれ  搏つて、失はれ  濺がれ  楔の外され  扉口に吊られ  光栄に曝され  サイレンが鳴らされ  力につらぬかれ  錆びいろとなりふき晒され  拒絶され  大外套其処には投げだされ  ごつごつ曝らされ  挺転に捲き込まれ  それ伐られ  熱気に煽られ  畏怖にひき摺られ  気配にそそがれ  かぎり覆され  終駅にえぐられ  はいつそうむごく残され  風に捲かれ  輝に犯され  天末に削られ  手からふり撒かれ  啖ひながらも、発かれ  裡に織りこまれ  兇行の果され  冷然ときりひらかれ  炎に裂かれ  秩父颪に吹きまくられ  やうに流され  やうに巻かれ  運搬され  溶解され  眼鏡は屠られ  嵐ははげしく呼ばれ  黄塵にうたれ  酒杯は砕かれ  一筋の知られ  ところ無造作に引かれ  ダイナマイトで壊され  強ひられ  女にちやほやされ  尾世川も思わず釣られ  尾世川に渡され  文字通り救われ  雪に覆われ  さばかりとも思われ  漠然婦人運動者と呼ばれ  満され  雑誌へ書いて、うんと断わられ  ところへ来ては、そんなに思われ  時は釣り込まれ  若葉照りにつつまれ  思いつきとは思われ  暮しに追われ  座席に投げ出され  西日が遮られ  理解せられ  もとにおかれ  説得せられうるとは、思われ  証明せられ  ことを得ず、と言われ  神に就きて知られ  神について知られ  究明せられ  下に開かれ  論証せられ  人々によって持ち出され  ものとして持ち出され  道も開かれ  ものと看做され  解放せられ  多く見出され  らも書かれ  論争せられ  信頼せられ  存しないと看做され  完全にせられ  闡明せられ  論証と看做され  理解せぬと思われ  公にせられ  フランス語で書かれ  本性に属すると言われ  完全とは言われ  駁撃せられ  しか見出され  説得せられ  人々によってなされ  労力をとられ  判断を下され  慣用せられ  区別せられ  そこでなされ  六省察において作られ  通り結論せられ  ことが知られ  変化せられ  解説せられ  認識せられ  結合せられ  智能によって知られ  たまたま取扱われ  仕事であると思われ  憂いから放たれ  感覚から汲まれ  否定され  蒸気でかき乱され  意識によって騙され  ものに象ってでなければ作られ  絵に画かれ  その他すべて複合せられ  善であると言われ  ここで言われ  熟慮せられ  性質のもの、すなわち、すでに示され  提出せられ  うちに投げ込まれ  薄弱にせられ  本性に導かれ  部分に注ぎ込まれ  形体によって限られ  場所によって囲まれ  知覚せられ  意味が知られ  私に知られ  私自身から分離せられていると言われ  思惟によって形作られ  私には思われ  統御せられ  理解せられると思われ  巣から取り出され  容易に掴まれ  要求せられ  味は除き去られ  形体は毀され  延長そのものもまた知られ  はかように思われ  自動機械が隠され  動物でも有し得ると思われ  習慣はそんなに速かに除き去られ  漸次私にいっそう知らされ  確実であり得ると思われ  判断において見出され  私自身によって作られ  構像せられ  観念は作られ  ようにせられ  明示せられ  側に動かされ  概念から引き出され  私によって作られ  うちに置かれ  うちに見出され  観念から構成せられ  私自身によって生まれ得たとは思われ  判断においてのみ見出され  観念から引き出され  形相的には含まれ  うちに含まれ  ものであり得ると思われ  現実性にもたらされ  増大せられ  容易に持たれ  困難と思われ  部分に分かたれ  原因によって、作り出され  追求せられ  ものとしては見出され  像りに従って作られ  ここから引き出され  眩惑せられ  生活に置いて許され  物質から分離せられ  ようには思われ  実有から創造せられ  神から賦与せられ  何ものが作られ  神によって作られ  私には知られ  はずであり、あるいは少くとも作られ  誤謬も見出され  局限せられ  厳密に観られるならば、いっそう大きいとは思われ  呈示せられ  決定せられ  強要せられ  仕方で疑われ  私が奪われ  それから取り去られ  容易になされ  私は注意深いそしてしばしば繰り返され  私にまったく知られ  無であるとは言われ  本質から分離せられ  分離せられ  存在しないにせよ、互いに切り離され  直線で囲まれ  先入見によって蔽われ  完全に知られ  ものとして作られ  根拠も持ち出され  明かに知られ  ことは疑われ  ほかは、決して作られ  三つの線によって囲まれ  辺によって囲まれ  思惟せられ  論拠も取り出され  影響せられ  刻印せられ  あり得ないように思われ  部分から構成せられ  ように、決して切り離され  本性上作られ  物から区別せられ  私から区別せられ  悟性作用もまったく含まれ  生産せられ  賦与せられ  混合せられ  多くのもの、例えば、為され  ことは為され  光によって知られ  味に欺かれ  ここから結論せられ  制限せられ  時計が、悪く作られ  精神によってではなく、行われ  調整せられ  合成せられ  意図せられ  人間や悪く作られ  観念や正しく作られ  精神から取り去られ  仕方で動かされ  のでないと、動かされ  それが動かされ  ことも考え出され  何物もまったく見出され  から合成せられ  感覚せられ  脳裡で作られ  私に知らされ  思惟から帰結され  言葉によって表わされ  うちに描かれ  肯定され  それ自身によって知られ  賦与され  肯定せられ  ことが含まれ  何か知られ  真で疑われ  偶然的存在が含まれ  要請五において言われ  いま証明せられ  ことから証明せられ  ものによって作られ  通りに、作られ  何か満たされ  目醒まされ  三年前には知られ  経験がたたみこまれ  時間だけで計られ  ようにして迎えられ送られ  一ねじりされ  題で訳され  情景が描かれ  効果で描かれ  効果的に描き出され  欺むかれ  十字架に繋がれ  つがいされ  匿され  整備され  理論からひき出され  プロレタリア的イデオロギイが含まれ  プロレタリア的イデオロギイに貫かれ  中心としてまき起され  法典を与へられ  現在与へられ  性質上与へられ  独立によまれ  手段とされ  つて評価され  批難され  作家によつて描かれ  先づこれ  政治的規定を与へられ  ぱりと抛棄され  マルクス主義から命令され  紛飾され  あらはされ  中から戦ひとられ  つて戦ひとられ  やうに祭られ  結合され  於ては許され  先づ政治的見地からされ  心ひかれ  獨立によまれ  つて評價され  粉飾され  婉曲に言いあらわされ  中から戰いとられ  つて戰いとられ  ように祭られ  評價され  政治的見地からされ  作品にあらわされ  尺度をもつて行われ  近因に誘われ  心をうたれ  ナチから解放され  誰を推すか、と訊かれ  企画され  運営され  のだとしか思われ  警告され  一部に好かれ  愛好され  一部の人にもてはやされ  ヒヒヒヒ笑いに誘いこまれ  強圧され  独立を奪われ  境遇におかれ  晴やかにするとは思われ  継続してされ  人生とはもたらされないし、創りだされ  猿にひきまわされ  自己批判がひきおこされ  明文化され  計画され  機械化され  農業が行われ  日本によく知られ  組織に結ばれ  ソヴェト同盟で書かれ  ように扱われ  観察され  含味され  表現を導かれ  紹介に記され  特殊性によって生みだされ  立場におかれ  ソヴェトでよまれ  学者グリフツォフ博士によって行われ  数種出され  デュ・ガールがよまれ  性質も、わかっていると思われ  英訳され  揚棄され  課題がいわれ  暗示され、語られ  短縮され  奨励せられ  ころから執念ぶかくたたき込まれ  表明せられ  遺族から持ち出され  摘み肴が盛られ  手許に置かれ  手許に置いとくとまた釣り込まれ  だんだん失われ  世もあられ  官憲から改宗を迫られ  本能慾が取り残され  塀に書かれ  常識に打ち壊され  根が遺され  ものだと言われ  誘発され  擒えられ  解決から弾ね返され  問題に悩まされ  江戸で行われ  数を設け、置かれ  スポイルされ  慧鶴は頼まれ  奈落の底に引きずり込まれ  うちに喰い尽され  さがもどかしく思われ  誰にも解され  促進され  程取り残され  部分と、取り残され  書物は並べ放しにされ  宗教によって救われ  どこかへ吹き飛ばされ  それは直ぐに取戻され  注意力しか奪われ  座に注がれ  朋輩に拾われ  どこかに放たれ  座禅思惟を取られ  老人の叱られ  手紙によって報じ越され  幻影化され  偶像にされ  法事によばれ  儘でいうにいわれ  友に招かれ  伴れに誘われ  西へと歩いて行くと思われ  何を問われ  世間咄しに乱され  地震が繰返され  現実のものとは思われ  それへ注がれ  煙に注がれ  群に覆われ  背景に浮出され  座は立たれ  それから村一統も焼払われ  ために潰され  災難から脱れ  感じが受取られ  雪に誘われ  眠りに覆われ  正受老人からきつく叱られ  眼を開かれ  からであると言われ  最後に残され  道眼を開かれ  押しも押され  砧うつ声風に送られ  郷里から推され  全部否決され  出席であるから、一応申され  解散され  附託せられ  行つて帰られ  帝国議会が始めて開かれ  樹立され  七日召集され  心配下され  東京控訴院へ移され  横領され  二審公判が開かれ  夜分眠られ  融合され  謫せられ  引用され  問題とされ  扶けられ  それは限られ  救治され  強化され  欠陥が含まれ  ソヴェート自身も余儀なくされ  清党工作が行なわれ  対外的必要から行なわれ  強要され  完全に行なわれ  次から次へ倒され  存在するというだけでは済まされ  制御され  力説され  インノセンスと呼ばれ  海は越され  注意を促され  ことがあったと云われ  御殿へ召され  事を頼まれ  猛火に焼かれ  心が惹かれ  自由自在に出て行かれ  それがとうとう搦めとられ  うず潮に吸われ  むげに受け取らぬとも申され  驚きに襲われ  没落さえ救われ  一生懸命に、掴まれ  中へ蹴倒され  二度目に蹴倒され  首を曝され  首を打たれ  大体取り除かれ  教育が行われ  能率を害され  法治主義的に行われ  原理に従って行われ  国家にのみ限られ  学者によって説かれ  青山秀夫教授が著され  収容され  陶冶され  編集され  公示され  規律され  定立され  処理が行われ  十分理解され  下に行われ  形で行われ  意識的に行われ  阻害され  法学者によって書かれ  解説的に書かれ  形で書かれ  教育が多少行われ  解説され  ために使われ  予定して書かれ  本を作られ  法典失われ  仕組で作られ  法規に含まれ  技術を通して導き出され  法によってなされ  解釈からはどうしても見出され  現在行われ  ことがしばしば書かれ  現在法学といわれ  法であるかが説かれ  法を見出すといわれ  想定され  前提として作られ  大体三つの方法がとられ  法的正義観に導かれ  現在我が国で行われ  体系化され  伝統を追って行われ  法学教育が行われ  創造が行われ  熟練によってのみ行われ  人々に読まれ  間に読まれ  書に盛られ  過失が償われ  文章の書かれ  自分とともに造られ  長逝せられ  哀愁に包まれ  裡に葬り去られ  故国を追われ  插され  半ば樹立に抱かれ  君と別れて取り放され  倦怠に襲われ  粗笨に思われ  医者から宣告せられ  彼女には知られ  エルヘーヴェンされ  溺愛にちやほやされ  風に揉まれ  空より切り落とされ  なかに包まれ  造蓄が含まれ  それに悩まされ  おまえに去られ  日光に晒され  発表せられ  傾注せられ  価値意識より放たれ  ままにほうり出され  我々に与へられ  初めより含まれ  思考され  統一に打たれ  束縛せられ  含蓄され  可能性が含まれ  会得され  包摂され  体得され  人格的要求に促され  真理が含まれ  未来とより切り放たれ  充せられ  要求に押され  創作衝動に駆られ  とこしえに閉ざされ  苦悩が窺われ  瞳が見張られ  存在に驚かされ  圧力に迫られ  地位に置かれ  叙述され  私は充たされ  愛に包まれ  統合され  有機化され  釘付けにされ  形而上学的空気につつまれ  友に抱かれ  寂寥に襲われ  さとに迫られ  気持ちに脅かされ  霧に抱かれ  要求に促され圧され  骨組まれ  異性によりてのみ引きいだされ  移植され  そうにも思われ  強迫され  往つたら這入られ  中で揉まれ  双方共背後から押され  噪ぐ声に消され  名によって出され  二〇%前後改善され  指摘され  政府からあんなにくりかえし示され  それで食べてゆかれ  窮地においこまれ  森沢氏からつっこまれ  急所はこうしてはずされ  ケメトスを招かれ  気がされ  舌を捲いて驚かれ  王を招かれ  宴を催され  ケメトスを召され  技を見せてくれと頼まれ  所望され  びが焚かれ  お祖父さんから聞かされ  どこにも見出され  二カ月後と書き直され  ひとにだまされ  死ぬほど好かれ  顔を出し、たのまれ  意味に使われ  皆、書かれ  志を持って居られ  ひとたちに言われ  夕立に打たれ  ようで、心もとなく思われ  恢復なされ  排出され  身を投じ、たちまち、もまれ押され  上に飾られ  愛想をつかされ  二つの感情から結ばれ  上に注がれ  奮闘を余儀なくされ  名声をうたわれ  牧師であられ  前に書かれ  公にされ  改訂せずにおかれ  孜々として倦まれ  音に送られ  朝から岩見沢で開かれ  続行され  好意でのこされ  からはじきだされ  中和され  きょう首され  記念され  アメリカ式と思われ  にのこされ  表紙に謳われ  いつまでも記憶され  戦時中台座から追放され  野望が含まれ  追放され  接収され  条約後買収され  児玉作左衛門先生に買われ  市から陳情が行われ  手で拓かれ  国を追われ  鋭意強行され  当時よばれ  囚人労働によって行われ  弾圧され  翌年廃止され  根室三県がおかれ  東旭川にもおかれ  支柱に阻まれ  酷使され  から信頼され  いまおかれ  撒布され  選出され  現像され  局限され  封土をうばわれ  集約され  際に行われ  呪法としても行われ  仮装舞踊劇が行われ  物語に示され  各地に歌われ  そこにうかがわれ  中に示され  義経山と呼ばれ  意味に解され  意味だったと思われ  明らかにされ  伝説に語られ  名で呼ばれ  前で行われ  ものではござるまいとおぼされ  扶持して置かれ  由つて伴天連にも、すて置かれず思され  我を折られ  偽はあるまいと思され  剛力に打たれ  信心ものぢやとは知られ  思召され  人に遮られ  肩に余るげに思はれ  それと知られ  雷に打たれ  姿ながら、ひしと抱かれ  梁に打たれ  腕に抱かれ  救ひ出され  手に舁かれ  さへ、あらうとは思はれ  耳をすまされ  おごそかに申され  ここまで申され  姿を見守られ  外に何一つ、知られ  意義が掴まれ  仲間からとり入られ  批評せられ  上に残され  意としか解かれ  意も牽かれ  可能が許され  略称され  言はないとは思はれ  通俗的に解して、最もよく知られ  代表とされ  から伝承され  今後私どもに残され  つて調味され  一大沙漠地を造られ  人間が、殺され  古河市兵衞に頼まれ  友達になってくだされ  心を動かされ  秀才として知られ  軍にやられ  眼を惹かれ  間に揉み込まれ  体よく断られ  人波に押され  人に揉まれ  赤ン坊をつぶされ  依頼せられ  棄子とは思われ  検挙せられ  誘拐せられ  警察に知られ  幸され  息遣いを見て居られ  赤ン坊は抱かれ  息子に背かれ  みんなから可愛がられ  底も汲まれ  白雲に送られ  中心として築かれ  苦渋にもまれ  無理が含まれ  意志が織りこまれ  恋愛問題が含まれ  現象と思われ  創造力を持っているとも思われ  関係にすると思われ  恋愛に対してもそうであろうと思われ  大切と思われ  礼讚せずにはいられ  一たび覺めては、またとは眠られ  詩が書かれ  二つにわかれ  傳ふこれ  心とは一度壊されて更に新しく築かれ  分子が含まれ  考にも誘はれ  喜びに、育まれ  中で繰返され  沼地で過され  汝は知られ  懐に抱かれ  風に堪へず吹き切られ  世にあまされ  家はこぼたれ  うちひさがれ  うち出され  蒼空がのぞかれ  季節は知られ  遠く吹き飛ばされ  鮮かに見わたされ  廻わる風に吹き払われ  大気中に含まれ  前触れをするかと思われ  心の焦られ  ところが見透かされ  方へのみ引かされ  女房にされ  嫁にやられ  草花のみは取り残され  野分に催され  風に吹き靡かされ  間に嵌めこまれ  カアテンにさえぎられ  そのままにされ  一人きり取り残され  何だか始終人に使われ  時からそつくりそのままにされ  一人きり取り殘され  呆氣にとられ  頃世間にもてはやされ  不思議に思はれ  つて洗練され  景色の如く思はれ  武藏野に移され  のは、一度引っ張られ  爪を抜かれ  眼を抜かれ  髭を抜かれ  なかに隠され  会話がかわされ  幻燈に映し出され  諏訪様と呼ばれ  上から掴まれ  孫を殺され  蛇も殺され  孫も殺され  ようにしてくだされ  釣りこまれ  供にうながされ  端を掴まれ  引戻され  自由を奪われ  手に掴まれ  他家から頼まれ  お気になされ  命を、たった今召され  詞は忽ち遮られ  処でばてれ  花魁あがりが、てっきりばてれ  昨夜はばてれ  怪力乱神を語らずと云われ  比、ばてれ  蜃気楼もあまり立たないと思うておりゃ、またばてれ  治左衛門に送られ  妻室に死なれ  人に見られ聞かれ  子供扱ひにせられ  學士に送られ  空気がかもし出され  相手から読まれ  思念に救われ  ポーズから解放され  ヴォリュームが目指され  開拓され  計画せられ  頃起され  着手せられ  処に移され  光景に馴らされ  ことを説き聞かされ  水門が築かれ  以って造られ  夕靄とに隠され  顔を近づけねば読まれ  あたりに限られ  水蒸気に包まれ  小笹に蔽われ  二分せられ  抽象され  確定されたとは云われ  現出され  幻影に惑わされ  庭園に囲まれ  招聘され  答弁で軽く受け流され  米国へ招かれ  皆釣り込まれ  ものとも云われ  人も少ないと云われ  不思議とは思われ  心持はおそらくただ選ばれ  併合され  問題が残され  一つ残され  雪がふるい落とされ  娘に気づかれ  糸につながれ  ニュアンスは全然失われ  日常行われ  これについて持出され  学校生活中に襲われ  生涯取り付かれ  鞭撻され  標準は動かされ  兄さんにいわれ  のですが、しかし、もう疑われ  私に尽してくだされ  天に忌まれ  劫かされ  知恵とは言われ  酒を飲み歩いて、追剥ぎに殺され  ダイヤモンド一つぐらいじゃあ償われ  夜が織り出され  お腹を探られ  幸福かしれ  んだか寝つかれ  だれかに突き飛ばされ  何を盗まれ  調べに来られ  前日波瑠子から託され  刑事に伴われ  一室に置かれ  経帷子に包まれ  波瑠子さんが亡くなられ  隨分道具あつかひされ  意味からいふと葬られ  仕打をされ  擔はせられ  いやでもおもひ出さなくてはすまされ  みんな、しかられ  みんなをれ  片手をもぎとられ  やうに、にらまれ  片手をやかれ  色に包まれ  ものばかりで飾られ  世界が包まれ  嫁にいってしまわれ  目を細くしていわれ  お母さまがいわれ  いまごろ、どうなされ  南アメリカから、送られ  日が待たれ  顔を見て、にっこりと笑われ  手に抱かれ  葡萄酒を沢山飲まされ  世間に知られ  逢はされ  ぢろぢろと注がれ  やうにされ  たくさん飲まされ  方へじろじろと注がれ  ようにされ  棚が高くて執れ  真中に放り出され  直ちに召喚され  連行され  手紙なんか出され  めちゃめちゃにされ  人に附き纏われ  仕業ではないかと疑われ  召喚され  二人を殺したとは思われ  あんたが嫌われ  吉川さんに連れて行かれ  あれほど嫌われ  中に握られ  根本から覆えされ  短刀はもぎ取られ  心臓を突き刺され  黙契され  姿が彫り込まれ  皮膚を破られ  澄され  路を運ばれ  謬つて伊曾に愛され  つて磨かれ  状態に置かれ  習慣に甘やかされ  状態から急に呼び起され  様に思はれ  全然発散され  そのまま断たれ  随所に見出され  彼は引きずられ  今まで堰かれ  多く気を取られ  牽引され  明らかに見てとられ  争はれ  巧みに包まれ  母親として残され  惑はされ  自ら瞞され  格闘が果てしなく繰返され  東京に連れ帰され  三の宮駅で離され  不恰好に歪んで吊され  吐息に蒸され  つて置換され  微笑とも思はれ  鞭うたれ  明子の失はれ  手足だけに切り離され  脂肪にはじかれ  近ごろ出版され  それに引き込まれ  しか想像され  間推し秘され  音色がきかれ  お国に帰られ  一面雪におおわれ  屋根は、黒く描き出され  こと、なくなられ  お話しなされ  仲間になられ  先生はいわれ  きつねといわれ  ことだといわれ  お礼をいわれ  お母さんに聞かなくて、しかられ  石で造られ  貝で造られ  貴女の書かれ  苦労をなされ  野原へほうり出され  魂はつられ  暮色に包まれ  お姫様と言われ  色どられ  船に横切られ  水煙に消され  ぱい盛られ  ランプばつけれ  だまつて、さつさとけづかれ  神樣におこられ  行つたら、怒られ  今に、見てれ  惡戲され  部分明るく思はれ  音で包まれ  吸ひこまれ  なつたりして流され  誰か人がゐたら知らせれ  方へ流され  側に、力一杯に漕ぎ出され  眼かくしされ  尾鰭ではじかれ  ひつつかまれ  今思はれ  氣をとられ  勝には思はれ  足音であるやうに思はれ  天氣と思はれ  くつきり對照され  それに引かれ  尊敬され  一寸すると、ころばされ  身體を投げ出され  食つて由はとばされ  行つたと聞かされ  全部氣を取られ  氣味に思はれ  不意にやられ  源吉に抑へられ  一つ殘らず持つて行かれ  何臺もつながれ  小僧にだかれ  頭を長く下げてつながれ  切つて行かれ  場合に限られ  何度も聞かされ  土に結びつかれ  氣をひかれ  馬鹿にされ  一番働かされ  ちよろまかされ  つんのめされ  前にとり出され  言で、押しつぶされ  好きがられ  廣野を吹雪かれ  畑が踏み荒らされ  土間に蹴落され  こツ恥かしくて見せもされ  小作料を納められないので、立退きをされ  ことなどを口説かれ  頭から、どなられ  氣でも呑まれ  兩側を守られ  そこから呼び出され  顏をなぐられ  粘土でもぬられ  床に投げ出され  三日間駐在所に置かれ  表へ出され  角につながれ  幕でも降ろされ  すつかり消され  うちに又消され  源吉には思はれ  あちこちに置き捨てにされ  配達され  芳は、放り出され  面をなぐられ  誰かに力一杯押しもどされ  何かに握られ  立場にも置かれ  齒がゆく思はれ  氣付かれ  装置せられ  ことばかりが取り残され  地上から放射され  私に許され  塵一本も残され  永久に失われ  死を賭してこの呪われ  掲載せられ  神を怖れ  服用せられ  神によって造られ  から組織せられ  操縦され  発生せられ  かば失われ  逮捕せられ  訓戒も含まれ  片隅で行われ  満足され  分布され  収斂級数で表わされ  代表され  日常身辺に行われ  時から、なんとなく騙され  知らない男からラヴレターを投げこまれ  母に可愛がられ  登美子さんに誘われ  挨拶され  根底に失われ  三木に口説かれ  忠誠を誓わされ  私にいわれ  国賊などと呼ばれ  戦争にとられ  召集解除ですぐ帰され  不愉快で、ほんとに弄ばれ  肩をだいたが、抱かれ  私は抱かれ  肩をだかれ  方へ廻され  神田がやられ  有楽町がやられ  下谷がやられ  私は吸いとられ  世界がひらかれ  私のだといわれ  ようにこしらえておあがりといわれ  さにしか思われ  ことが、こうして実際行われ  代理みたいに威張られ  専務にひきとられ  休みなさいなどと皮肉られ  方にひかれ  ところで降され  チヤホヤかしずかれ  人波を追いつ追われ  臓器をいじり廻され  天然自然の育ち創られ  束縛、そう思われ  シマッタと思うとズルズル押され  たわいもなくやられ  取り返しがつかないほど追いこまれ  横綱が投げとばされ  圧縮され  町内ではそうよばれ  シマッタ、とか、やられ  大横綱などといわれ  コロコロ負かされ  女は口説かれ  全勝で買われ  すべて予約され  窓がひらかれ  ブン殴られ  崇拝され  テゴメにされ  強姦され  思想によって生みなされ  ことも口説かれ  私はいきなり軽々と掴みあげられ、担がれ  豆電球をつけなければ眠られ  その他お茶によばれ  ダンスに誘われ  ものが失われ  死をさのみ怖れ  自分が見放され  鬼にだかれ  気持をゆたらかに持たれ  ゴマ化され  俥に揺られ  弟が、訊かれ  嘲弄され  医者に、抱き取られ  つても寝付かれ  本位とせられ  関係が離され  習合せられ  特殊神事とせられ  外見に包まれ  脱却せられ  初春毎にくり返され  行はせられ  行事がとりこまれ  山の神と見なされ  十月にとり越され  山づとと呼ばれ  交易せられ  言ひ出され  神とせられ  人々に与へられ  伝承せられ  御言伝宣者は、選ばれ  旋転あそばされ  神人がほき宣り続けて、作られ  自ら宣られ  献り来られ  手際よく結ばれ  幾度威圧され  何よりも怖れ  披露され  瞳に貫き通され  憎悪を懐かれ  好意を感ぜずにはおられ  恐怖とを、感ぜずにはおられ  いちばん造詣が深いといわれ  地上に取り残され  魅惑され  その時まで給与され  ために、こんなに手ひどく扱われ  ますます拡大され  痛快に思わずにはおられ  賛嘆せずにはおられ  憂鬱に襲われ  音も無く開かれ  署名され  捺印され  考察を奪われ  威圧され  僕が盗まれ  解釈、盗まれ  のが待たれ  主人に呼ばれ  底までを腐らされ  偽りだとは思われ  枕を並べながら、眠られ  雄吉は気がつかずにはおられ  盲目にされ  背負わされ  土足で踏みにじられ  呪詛し、憤らずにはおられ  除名され  生活を、考えずにはおられ  ために悲しまずにはおられ  圧迫を感ぜずにはおられ  そこにしまわれ  間に、いつとなしにしだいに裏切られ  建築は起こされ  なかに見出され  不快に思われ  ものらしく思われ  電燈に飾られ  のが望まれ  ここで過ごされ  友人とに招かれ  砂がところどころ刳り取られ  時に、刳り取られ  義姉に思われ  浜風に吹かれ  帰りが急がれ  彼らではないかと思われ  石が敷かれ  人たちによって置かれ  評議され  うち料理が運ばれ  私はこてこて持ちだされ  苺が、終わりに運ばれ  カリフ様と呼ばれ  ことも云われ  反対とも申され  店先などに、転がされ  連枝様と呼ばれ  爺と呼ばれ  世人に謳われ  眼が眩れ  月光に照らされ  武士に、俄然と切ってかかられ  宮川茅野雄は、化かされ  貴殿の買われ  貴殿におかれ  拙者を討とうとなされ  宮川茅野雄は、また化かされ  覚悟をなされ  適中しないとは云われ  調度で飾られ  番頭さんに睨まれ  感付かれ  名手によって、描かれ  ふしだらをなされ  ところから五十歳ぐらいにしか思われ  不意に打たれ  妹をいたぶりに参られ  書面に書かれ  宛名が記され  包物を、どうともして取られまい取られ  包物は渡され  包物を取ろう取られ  眼に云われ  何をなされ  ここへ出張られ  愚老には聞きたく思われ  信任され  女は、奪われ  ようにも云われ  諸家様から招かれ  無数に仕切られ  篏め込まれ  中に置かれ  台が置かれ  木箱が置かれ  奥所に置かれ  燈され  そこに置かれ  お手前におかれ  処へ参られ  思いも及ばないでおりましたので、驚かされ  あなた様におかれ  頓馬に思われ  返辞もしないで、取られ  一種いわれ  先手を打たれ  誰かに追われ  急所を突かれ  光が遮られ  ように織られ  一つへ投げ込まれ  猫のように扱われ  下手人も探され  介抱もされ  邸へは帰られ  真ん中から二つに切られ  御幣の切られ  出合いくだされ  妾は殺され  浪人者に、突然切ってかかられ  花木とに装われ  雑草に蔽われ  芒に、間もなく蔽われ  藤蔓とで作られ  形で、充たされ  ことだけは思われ  浪江から送り来され  ことが繰り返され  人達に知られ  名さえ知られ  丘によって囲まれ  四方を囲まれ  守護され  遮断され  桧に蔽われ  どっちがどうとも申され  危険だと云われ  影法師に蔽われ  ご覧なされ  ことから襲われ  手へは渡され  以上は打ち捨ては置かれ  武士を打ってお取りなされ  地上へ抛り出され  仆され  切り仆され  柄で蔽われ  斃され  のだとは云われ  さで送られ  小枝が奪われ  掠奪をされ  蹄で蹴られ  一時全く蔽われ  数間に渡って張られ  蹄で掘られ  穴と、蹴殺され  野兎と、折られ  枝と散らされ  葉と、崩され  刺に刺され  華やかに飾られ  遠くへ送られ  郷へまでは、送られ  手筈が行なわれ  度胆を抜かれ  しか貴殿におかれ  乙女を、遮二無二助けようとなされ  貴殿が討って取られ  貴殿が助けようとなされ  依頼され  邪魔をなされ  方々ようこそ参られ  精妙とは云われ  気を呑まれ  場合にも、笑われ  お方らしく、云われ  丁寧にあつかわれ  碩寿翁は、云われ  山国へ来られ  一方に注がれ  人間に狙われ  足もとに置かれ  光が放たれ  門口からかき出され  森林に囲まれ  大分変わられ  陰気になられ  浪江によって、招かれ  郷民達に襲われ  歓迎をされ  無事を祝され  娘を、奪い返され  四方森林にとりかこまれ  完全であるとは云われ  さに充たされ  敬まわれ慕われ  覚明殿が許され  森林に蔽われ  予言され  心を巡らされ  内陣に置かれ  森に蔽われ  足を打たれ  のは、いわれ  事件が行なわれ  囲繞され  何用あって参られ  所におられ  人に知らさず、こっそり行かれ  弦四郎様は申され  肉親といえども許され  杖が振り下ろされ  方々出合って打って取りなされ  覚明殿に見抜かれ  外へ出ては行かれ  ように行なわれ  地上へころがされ  放牧され  驚きに打たれ  心理に動かされ  扉がひらかれ  眼球が失われ  看取され  黄金で作られ  大理石で作られ  燈明が点され  礼拝堂に則って作られ  けが、見ひらかれ  胸、むきだされ  見えなされ  結果行なわれ  ために切り崩され  のに引かれ  高手小手に縛られ  白河戸郷から持ち来たされ  亜剌比亜へ送り返され  保存されたとも云われ  文献に記され  卿に許され  無駄であったとは云われ  方は眠られ  皆から笑われ  なかにはらまれ  青春が語られ  埒で阻まれ  背中は美しく少しねじられ  いらっしゃいといわれ  髪についていわれ  目を据えていわれ  文句を書かされ  何が云われ  髣髴させたが、叱られたり、睨まれ  名がよばれ  叢葉が颯と煽られ  弟には殺され  迷はずには居られ  想像では許され  私はさう思はずには居られ  話などされ  母達から大変に叱られ  容易に破られ  今度発見され  酔はされ  さつきまで開かれ  音に誘はれ  それは許され  灯火に照し出され  名前を呼ばれ  下に眺め渡され  滅され  妃につかはされ  涙を誘はれ  水音に誘はれ  云へ、とせがまれ  すゝまないと、いくらおどかされ  何され  伴れて往かれ  学校相撲が催され  文句が読まれ  ら醸し出され  云つて冷やかされ  上から壓し潰され  やうに、慌しく呼ばれたり呼ばれ  迷ひ込んで、いきなり捕へられ  興味に誘はれ  先生に可愛がられ  物にされ  惡く思はれ  繪看板に描かれ  私だけが投げ出され  袖たたみにされ  かんがへられ  毛皮につつまれ  なかに揉み消され  無頼漢に取り捲かれ  小衝かれ  逆に衝きもどされ  無意味につひやされ  背中から報告され  肩におかれ  いふ路上から誘はれ  きりと彫られ  やうにも思はれ  懸念と、さうされ  釘打にされ  やうに坐つて、白く曝され  日の暮れるまで坐り込まれ  力なくへしをれ  國境あたりに打たれ  三時ごろまで坐り込まれ  何かに繋がれ  らに限られ  全てが許され  やうに慣らされ  はつきりと覗かれ  外から誘はれ  穴と投げ出され  だんだんに馴らされ  累ねられ  賞讚され  それがすぐ掻き消され  位、はぎれ  引摺られ  心もちは段々釣られ  ゑがああした罠から脱けられ  上におかれ  しりと置かれ  ものであつたが、よくならされ  それもすぐ何時の間にか賣られ  さがかんじ出され  話づかれ  緊張され  氣分から移され  目を揉まれ  たびも繰り返へされ  却つて變に思はれ  母を奪われ  大木のかげと頼まれ  から予想され  五体をおかされ  方法が考え出され  放射線を受けて、ついにおかされ  気配がうかがわれ  金属でよく包まれ  しか破壊され  規約はよく守られ  法律によって行なわされ  そのまま歌われ  引っ張り出され  看護婦長から振る舞われ  肉体に射ちこまれ  診療せずにはおられ  みんなにいたわられ  現在が吹き飛ばされ  過去も滅ぼされ  未来も壊され  焼け跡から拾われ  地獄へでも突き落とされ  観察者として選ばれ  それまで暗く圧しつぶされ  繃帯に包まれ  知人から変わり者と思われ  大村市で開かれ  楽屋に放り出され  それが許され  賛美せずにはおられ  聖地に燃やされ  天に召され  焼け跡に立たされ  邪魔が取り除かれ  いくつか持ちこまれ  ぽっくり先立たれ  手もとに引き取られ  野獣として狩られ  ララから贈られ  ヤミ相場では、いくらもうけても食うに追われ  愛情にはぐくまれ  嬢ちゃんと呼ばれ  誠一にそそがれ  間に交わされ  きずなで結ばれ  花に埋まって送られ  ことが悟られ  地位を譲られ  だれにも奪われ  だれにも汚され  いっしょに殺され  何かい、焼き殺され  口先ではだまされ  世に知られ  老人から怒鳴られ  軟禁され  建物を返され  運営法が見いだされ  愛着に動かされ  ひととおり収容され  大人がだまされ  ねこよりもかわいがられ  目ざわりになるとて嫌われ  ヤミ行為だとて追われ  ならず者仲間と共に狩られ  少女であっても、悪くならずにはおられ  仲間から笑われ  先生から怒鳴られ  壁で取り囲まれ  実行せずにはおられ  算えられ  すずめにまされ  絶対に頼まれ  一秒たりとも生きてゆかれ  ことも、飲まずにおられ  裸では過ごされ  天国に行なわれ  目にあわされ  人とは、創られ  良識をもつとは言われ  おじいさんになっても抱かれ  地獄へおちたら、もう救われ  永遠に隔離され  花にだまされ  黒板に大きく書かれ  それこそ許され  罪はないけれども、やられ  一に果たされ  肉身がどんなに虐げられ、さげすまれ  とき、あざけられ  物を奪われ  大勢に笑われ  まばらに敷かれ  植え込みに囲まれ  軍艦が次々曳かれ  浮き世で呼ばれ  剣で貫かれるだろうと言われ  運命を知らされ  天使から知らされ  こまやかな愛にはぐくまれ  一人選ばれ  風に吹きたおされ、たおされ  助け合い、支え合って、揺れてはいるがたおされ  麻に被われ  罪に誘われ  家庭に隠され  孤児にだけ贈られ  原子野バラックに引き取られ  離れ離れにおかれ  途も開かれ  孤児に贈られ  親を奪われ  一本残らず吹き倒され  ご馳走にだまされ  童貞さまからかわいがられ  お金をすられ  弁当をぬすまれ  線路に突き落とされ  ことばが思い出され  何度も呼ばれ  愛情だけに包まれ  情にはぐくまれ  出品され  頼り頼られ  二年生におされ  前におかれ  綱に引っぱられ  このごろ見直され  そのまま教会装飾にわ表され  天使にとりまかれ  力におのずから引き出され  原子爆弾にやられ  大丈夫だろうと思われ  頭を割られ  かすり傷ひとつ負わず救い出され  天国へ召され  二人の子がこもに包まれ  かごに担われ  山へ埋めに運ばれ  いちばんよく知られ  お祭りをされ  歴史家から悪口を言われ  死刑は行なわれ  人に尊ばれ  耳を切り落とされ  町を引きまわされ  わを打たれ  祝祭が行なわれ  昔から言われ  戦争せずにはおられ  者が偉いとされ  ことも、まだ許され  命令は出され  ちゃんと用意され  神から創られ  居眠りを覚まされ  自由意志とを正しく用いて、隠され  常識にされ  粒子説が正しいとされ  波動説が正しいとされ  太陽から放射され  放射され  光に照らされ  明かりに照らされ  直射光に照らされ  ものが使われ  節約され  設備が壊され  物質的貧困から救われ  開業医から見放され  患者からおがまれ  腕も磨かれ  ことはできないと、はっきり言われ  原子学が取りあつかわれ  中堅どころとされ  上手と言われ  百合を贈られ  一人一人を愛して創られ  不幸不運と思われ  成績帳を示され  世間で言われ  神から善とされ  特徴などと言ってはおられ  手で折られ  ように出され  今でもつづけて行われ  ものとは云われ  女がもって行って飾られ  嬌態化され  ことが語られ  なかったものがあらわされ  さが語られ  仕事でひどく気づかれ  棚にのって飾られ  レールが敷かれ  来月から七分搗と云われ  山とつまれ  米俵が運ばれ  刷りものが貼り出され  瞳が細く開かれ  花一つにふくまれ  葉は抱かれ  輸送車にのせられ  前に運ばれ  肉体は運ばれ  戸が開かれ  石で畳まれ  輸送車は引き込まれ  上に置かれ  男が運ばれ  あたりに置かれ  身体は運ばれ  二十重にしばられ  彼女はそっと抱かれ  上にねかされ  どこに置かれ  母親から渡され  さに捕へられ  風にゆられ  輸送車に運ばれ  窓際に置かれ  自分の蒸され  斜に置かれ  輸送車が引き出され  壁にさへ切られ  事を許され  身が悲しまれ  看護婦におさへられ  ベッドが置かれ  自由を失はれ  喧嘩を売られ  はいかんとか言うので、と言われ  顛倒が齎され  のを見て驚かされ  餘りにいはれ  心を惹かれ  滿足され  發行され  ぶん撲られ  轉載され  釀され  體は語られ  風に吹き曝され  白絹に包まれ  悩殺され  こまかに書かれ  もので覆われ  から賓客扱いをされ  値にだまされ  一味から買収され  駐在所に持ち込まれ  十分に買われ  只食いをされ  ために費され  ひそかに含まれ  から誇張され  色彩に塗りたくられ  ほかに、どことなく言うに言われ  筈はないと思われ  新聞にも使われ  ボートはひっくりかえされ  ボートをつかまされ  系統づけてされ  たび応募され  父を殺され  道づれを殺され  権力そのものによって殺され  敵にころされ  戦争によってひきおこされ  方向へ生き越され、くみとられ  地球から絶滅され  問題がふくまれ  中におかれ  抗議が語られ  事実が示され  人にゆるされ  見学プランがしのばれ  島とされ  さかながないので行われ  美作の国へ流され  預り処へ廻され  残しなされ  勢至丸を遣わされ  才と云われ  当代に許され  法橋ともいわれ  心を以て作られ  者から聴かされ  書籍などを渡され  のを聞かれ  御室から法然を招かれ  月日を送られ  善知識に召され  志を尽され  際に居られ  胸を合せて抱きあわれ  肩に置かれ  通り会釈され  ものであるぞといわれ  物を云われ  たか思いやられ  事が許され  安置せられ  照して見て居られ  天井にもつかずして居られ  福寺に止まって居られ  法然上人が選ばれ  特に召され  慈覚大師が初めてとり行われ  法然が召され  それが特に召され  式を行われ  性法橋から進呈せられ  先達とせられ  学者達を召され  功を積まれ  戒を奉られ  崩御遊ばされ  書写せられ  らい申され  招請され  正座を譲られ  仔細に及ばないと申され  日本往生伝に記され  流罪に行われ  術を尽され  念仏一万五千を申され  肩をたたかれ  書物を持って来られ  もとは譲り渡しと書かれ  印であると申され  弟子となられ  要義を問われ  示し下され  程そう云われ  才名世に許され  ものは食われ  相伝えられ  往生せられ  特に許され  医者を呼ばれ  様々療治を尽され  病に冒され  大師法然上人の云われ  輪廻して救われ  一部分しか含まれ  慈悲に催され  法然からそういわれ  法然はやがて寝込んでしまわれ  お前は聴かれ  通りであったわい、あわれ  ことじゃなといわれ  四国へ流され  ことなどを云われ  ことを説かれ  安心起行を問われ  療治はゆるされ  四十八願を悉く説かれ  ことを尋ね越され  消息を遣わされ  悪道に落され  お談義が聞かれ  手紙で細々とさとされ  要旨を教え越され  処へ渡され  程も思い合わされ  誡め置かれ  子に死なれ  女人を見るべからずと迄云われ  奴に捕えられる怖れ  法然が請われ  大路をわたされ  衡によって焼かれ  衡卿から贈られ  和歌を作られ  弁護釈明をされ  重き罪に行われ  ことを聴かれ  庭上に召され  死刑に行われ  ことを語られ  のはしなれ  その後上人が許され  法然が流され  折大赦が行われ  ことは赦され  ことだけを赦され  配流され  出入りを許され  十五具整えて施され  出入がまだ許され  ことなどがあって驚かれ  のは如何なる謂われ  法然の云われ  僻事をなおされ  名誉を落され  英傑とうたわれ  撰択集を贈られ  賞め申され  勅命を下され  叡山へ送られ  傍若無人と云われ  後悔せられ  念珠を贈られ  進上せられ  法然もあわれ  申残し置かれ  貴女は帰って行かれ  只人とは思われ  上より召され  為に起され  人より頼まれ  国々へ流され  そこで亡くなられ  破門され  人それをあやしまれ  煙草商に養われ  防備隊に引っぱり出され  一郎までが引っぱり出され  留守番に傭われ  青空にくっきりと限られ  松林に囲まれ  何物にも乱され  煙に巻かれてやられ  三年、おかしくなったと言われ  汽車に轢かれ  伊東は、弾かれ  言葉が交わされ  例会が開かれ  何を頼まれ  庭園にかこまれ  病毒に汚され  毒薬をのまされ  岩そっくりにされ  診断され  のを怖れ  訴訟などを起され  女中が出かわって雇われ  心はすっかり掻き乱され  監禁され  噂に驚かされ  自然に負かされ  日露戦役後に費やされ  スッカリ眼を醒まされ  絶頂に達したかと思われ  惨殺せられ  そこに写され  様に云われ  遺棄せられ  只一突にやられ  左肺を貫かれ  滅茶滅茶に切りきざまれ  紙片が残され  小屋に帰られ  午後十時頃行われ  鑑定課に廻わされ  人間に殺され  兇器でやられ  左肺をやられ  検事によって破られ  男に刺され  何者かに刺され  満座はまた驚かされ  手にしっかり握られ  時計店に連れて行かれ  白昼強盗事件が思い出され  支配人がやられ  社員一同まんまと欺かれ  様に云い渡され  はと直ちに非常線が張られ  巡査はすぐに呼び出され  起訴せられ  巡査に伴われ  仲間に知られ  宅などは焼き払うがよいとまで申され  家に帰られ  理由を申され  不審そうに指され  分解せられ  夕刻位になされ  ため刺し殺され  そこまでつき合って呉れと云うので、伴われ  嫌疑で捕われ再び放され  宝石を奪われ  どこかに隠され  何を云われ  左翼とまちがわれ  中間に立たされ  努力され  現在刊行され  虐殺され  下につながれ  民主化同盟とよばれ  正常さでうけとられ  最近行われ  上にうけとられ  ファシズム権力にひしがれ  読後感を叩かれ  二作を示され  験され  厳粛に行われ  放免せられ  検非違使等に見あらわされ  強奸せられ  投獄せられ  出獄放免せられ  ことを申し渡され  使役せられ  中から採用せられ  名を以て呼ばれ  所なめれ  内密には行われ  雑色などとも並べ呼ばれ  ものに呼ばれ  名に呼ばれ  放免と呼ばれ  非人として待遇せられ  非人として扱われ  使用せられ  不浄役人などと言われ  居所として知られ  姿が示され  嫁けられ  前に点され  檀寺にやられ  みな寺に運ばれ  玄和尚として知られ  和尚と共に葬られ  冷遇せられ  放擲せられ  一度ぐらいは引き出され  瞥見され  標点けられ  力に誘われ  とくに磨かれ  詩想に導かれ  水あふるれ  自然に動かされ  生活はわれ  とくには思われ  目に彫り込まれ  詩に導かれ  方がごまかされ  景色のいいに釣られ  幾度も叱られ  かな眺めを持つかとも思はれ  場所であらうと思はれ  うちに持ち出され  遠くでもあられ  眞近に見下され  所に思はれ  雨戸が固く閉ざされ  膳を出され  疊の敷かれ  間に刻み込まれ  建立され  寺封を取除かれ  ころはどんなであらうと思はれ  うにと思はれ  羽衣を奪われ  そうにさえ思われ  容色に打たれ  酒も開かれ  私もつり込まれ  色鳥とあやまられ  鉄砲で撃たれ  何人抜かれ  限りなく繰り返され  赤土を出され  為に出され  屋根から落し込まれ  玉串を与へられ  託宣せられ  意義が含まれ  狩りせられ  社に祀られ  其以前から保存せられ  忘却せられ  逆に書かれ  解釈もせられ  誇張せられ  悪用せられ  語源が説かれ  神聖せられ  搜し出され  非難もあると書かれ  田舍藝者にふられ  走り書きに書かれ  輕蔑され  上大雨に降られ  寢かされ  二つの浮標が置かれ  女中たちに誘はれ  東京にはひれ  それからはどうしても睡付かれ  ことも思はれ  音に脅かされ  懷かしく思ひ出され  打碎かれ  今に、引きずられ  友だちに聞かされ  互ひに好いて好かれ  途中まで送られ  さにも、何やら悲しい思ひを誘はれ  氣もされ  氣がされ  大抵肺炎位は冒され  豫感が繰り返され  とり/″\に彩られ  暗闇に脅かされ  一日一日が延ばされ  宿料に迫られ  二欺きしても、生き延びれ  時に讀まされ  金に替へられ  叔父に護られ  車窓まで見送られ  ままに遺され  自然等閑に附され  注意が惹き起され  此の怖れ  北に引き離され  建立せられ  古伝が失われ  説の行われ  明らかにせられ  調査せられ  一致しておられ  間に聞かされ  主張せられ  設計せられ  数字を以て割り出され  論究せられ  専攻せられ  手腕を持っておられ  没頭せられ  会得せられ  注意を払われ  メスを振るわれ  論結せられ  これに由って動かされ  形に置かれ  伝唱信奉せられ  謳歌せられ  人があろうとは思われ  講演せられ  史学雑誌とを取り出され  指示せられ  事を好まれ  さそうに思われ  建築せられ  自ら法隆寺大御所を以て任じておられ  北畠男爵から招致せられ  論議せられ  造立せられ  その頃造営せられ  上に作り出され  立派に裏切られ  編纂せられ  中門等が取り遺され  平子君の引かれ  排列せられ  手鑑とせられ  由緒があるべくも思われ  創始せられ  年代間は並び行われ  寺院より移され  移入せられ  屋蓋に葺かれ  論断せられ  立論せられ  これに促され  進歩に促され  復興せられ  従来飛鳥式として呼ばれ  天智朝罹災後再建せられ  頃に行われ  予想せられ  正面が無いと言われ  正面が無かったと言われ  ひとり法隆寺にのみ限られ  住宅であったと言われ  敬造せられ  居室として遺され  法隆寺のみに限られ  造営せられ  法隆寺塔礎内から発見せられ  収蔵せられ  盛んに行われ  多く行われ  完成したとまで言われ  測定計算せられ  一尺一寸七分六厘であるとせられ  基礎とせられ  計算せられ  解体せられ  近ごろ行われ  発見が続々行われ  報道せられ  変更が、しばしば行われ  東院礼堂下から発見せられ  除去され  堂成りてまず作られ  再建せられ  寺から移され  斑鳩宮のみに限られ  研究から導かれ  論定せられ  応用せられ  前代に置かれ  調査研究が行われ  紹介せられ  推古天皇時代に行われ  不意に掻き起され  薪に伐られ  其名を知られ  否認せられ  奴にぶら下られ  廃され  一つ一つ塞がれ  弱点を握られ  打割られるよりは黙って喰われ  すっからかんに搾られ  決算せられ  前村長時代から持ち越され  アンチ瘤派と思われ  野郎に乗りこまれ  瘤から頭ごなしにやられ  一洗いざあッと洗われ  村全体根こそぎ持ってゆかれ  ためには多少は喰われ  側か、それとも多少は喰われ  六十五歳とはどうしても思われ  サ引張ってゆかれ  陳情され  笑話など聞かされ  それが守られ  きれいさっぱりと持ち去られ  そのまま通され  ことを言われ  こないだ村会で大いにやられ  取調べをされ  戦争状態にまで捲きこまれ  落成祝いに招かれ  一部で云われ  良心の問題として挾みこまれて語られ  事情に置かれ  母親はとられ  養子に貰われ  所に戻され  慾張りと云われ  文吉はこき使われ  不思議だとされ  人に引き合わされ  夕飯が出され  刺身などが出され  何んぞ用だっかと問われ  あっ気にとられ  手を切ると、先ず、けんが赤うなってるぜといわれ  矢張り誰にも知られ  美津子にはっきり嫌われ  郷愁をそそられ  身装りで雇われ  らへんわ、そして握られ  すけべいと云われ  賞め方をされ  匂いに感づかれ  エスプリがないと思われ  前に佇んでいたといわれ  口を縫いこむぞといいきかされ  日が急がれ  内にと急がれ  別室に運ばれ  順平は突きとばされ  素気なくされ  言葉が囁かれ  と金造にいわれ  車掌に揺り動かされ  連想され  匂いにはげしく誘われ  人に叱られ  掴えられ  十円とられ  天王寺市民病院へ担ぎ込まれ  にしだといわれ  夢のように思われ  女に拒まれるという怖れ  奴にそそのかされ  順平に飛び出され  のではないかと思われ  北田にそそのかされ  全部とられ  図星を指され  頁で読まれ  博打に負けて取られ  北田に見送られ  住込みで雇われ  目の廻るほど追い廻され  薄給から金をしぼりとられ  十五銭毛布代をとられ  女中に雇われ  世話してやろかと冷やかされ  間だけだがと追い廻しに使われ  お前出来るだろうといわれ  ひと先ず帰され  留置され  為に呼び出され  喧伝され  局され  判決を下され  徳島刑務所へ送られ  賄場で働かされ  口にいれてはいけぬといわれ  外燈の消され  十一銭とられ  ときかされ  一口にあんぐりやられ  みんな釣り込まれ  目玉を抜かれ  鼻を切られ  後でしちに取られ  机上におかれ  注意は惹かれ  役をふられ  出入を許され  わが国にも知られ  初演され  フィルムに焼きこまれ  映写され  ダウンされ  スローモーションで落とされ  スクリーンに映し出され  一瞬へと、ひき延ばされ  上から何度も弾き落とされ  フィルムにとらえなおされ  移しかえられ  投射され  なかにほうり出され  ペイントで塗られ  装備され  すべて撮影され  発信され  工夫され  海上にひき起こされ  ペイントで描きこまれ  体験され  きれいに塗られ  さらされ、塗られ  一般公開され  公開され  デイヴィスは、ひきあわされ  ティーと呼ばれ  ここまで届いたとされ  頑丈に作られ  幾すじも刻みこまれ  雲にさえぎられ  空に、ちぎれてとり残され  なかに吸いこまれ  かたときも休まずに繰り返され  大波に巻きこまれ  霧でふさがれ  解消され  オレンジ色によっていっせいにくまどられ  極限にまで研ぎすまされ  内部に巻きこまれ、ひきずりまわされ  持主に操られ  つなぎあわされ  前に降ろされ  設置され  代々受けつがれ  センチメンタルに歌われ  トラックに積みこまれて運び去られ  サーファーたちに囲まれ  前面に押し出され  設立され  ワイキキに作られ  走り書きされ  強風にあおられ  音にかき消され  げに覆われ  経営され  厳禁され  宗教儀式のおこなわれ  僕は叩き起こされ  風に叩かれ  島へ叩き返され  回航され  どんどん流され  ラリーから紹介され  録音され  きれいな編曲がほどこされ  調整がなされ  窓で仕切られ  確実に失われ  十日間にわたっておこなわれ  発表がなされ  回収され  ワイメア湾できたえぬかれ  緊急避難命令が出され  北太平洋にひき起こされ  車が押し返され  総合すれば、いつもいきなりやって来るので知られ  逮捕され  足をすくわれ  頂上を削り取られ  彼方へ吹き飛ばされ  ボードごとあおられ  全身を叩かれ  鮮明に刻みこまれ  内部へのみこまれ  アーチに抱きこまれ  なかに抱きこまれ  人たちから聞かされ  風に乗って海に運ばれ  陸風にあおられ  風にひきはがされ  いまも繰り返され  視界がふさがれ  完全にさえぎられ  密かに結ばれ  ようにひき延ばされ  上半身がひねられ  かば本能的におこなわれ  ボードによって切り裂かれ  光がさえぎられ  僕も抱かれ  置き去りにされ  手で握りつぶされ  しろから僕に向かって押し出され  波に洗われ  林にさえぎられ  波に巻かれ  珊瑚礁に押しつけられ、さんざんに叩きのめされ  あいだに押さえこまれ  波に叩きまくられ  トゲで囲まれ  林に囲まれ  テープで聞かされ  マティルダに頼まれ  さに惹かれ  森に覆われ  加工され  急速にたくしあげられ、巻きこまれ  相手に抜きつ抜かれ  しづかみにされ  樹に囲まれ  幕が張り渡され  ここを追い出され  しろに、雇われ  会社に雇われ  写真を撮られ  設置がおこなわれ  調整がおこなわれ  彼方へ引きこまれ  録音がおこなわれ  煙が吹きおろされ  燃えかすで覆われ  煙が吹き飛ばされ  明かりに照らし出され  全員が弾かれ  無数に寄り、流され  溶岩にのみこまれ  西に向かって吹き流され  溶岩ですっかりふさがれ  なかにとり残され  噴火が繰り返され  送別パーティがおこなわれ  ルームで聴いて打ちのめされ  からめとられ  胴体によって削りとられ  胴体に叩き割られ  上へ、ほうり出され  ようにほうり出され  白い雪崩と追いつ追われ  風に押され  みごとに抱かれ  しろ半分をのみこまれ  もう一度作れと言われ  下から叩かれ  波打ちぎわまで運ばれ  呼び名で呼ばれ  グリーンに塗られ  線路はとり払われ  線路の敷かれ  複写され  かたっぱしから揺り起こされ  肉が焼かれ  消費され  美人コンテストがおこなわれ  57番サーフについて聞かされ  レストアされ  塗装をほどこされ  埋設され  抵抗運動宛てに送られ  捏造され  波乗りで知られ  男としても知られ  実行委員会が作られ  陰に押しやられ  ブロー・アップされ  スクリーンいっぱいに映し出され  再現され  好意的に書かれ  復元され  線路が敷きなおされ  土手に敷かれ  症状にとりつかれ  四十七年間にわたって失われ  盆踊りがおこなわれ  ロープが張り渡され  日本から派遣され  集会で導き出され  大幅に覆いかくされ  心臓発作にみまわれ  四角に切りとられ  ウォーカーに頼まれ  水がはぎとられ  虹に見守られ  サーファーとしては知られ  雲に覆われ  アーチに突き飛ばされ  飛沫に打ちのめされ  不気味におこなわれ  向こうへえぐられ  壁に吸い寄せられのみこまれ  壁に引っぱられ  チューブに追われ  砂浜に向かって運ばれ  ペンキが塗られ  毛布に覆われ  視線に結ばれ  デザインされ  昔から冗談に言われ  ダフネから訊かされ  人生相談がおこなわれ  安置され  カフーラウェ島にはばまれ  貨物列車にひき殺され  僕はのみこまれ  水に押さえこまれ  アーチにさえぎられ  チューブに抱きこまれ  何度もひき殺され  潮で洗われ  かたっぱしからふるい落とされ  一直線に引かれ  絵から作成され  うちに物語られ  昨日おこなわれ  陸で吹き鳴らされ  固定され  インサートされ  出会いが語られ  僕たちは叩きのめされ  僕たちは運びこまれ  同時録音され  描写され  波にひきずられ  僕が置かれ  救助され  頂上から空に飛ばされ  角川春樹さんから依頼され  宣伝され  収録され  ガラ刷りと呼ばれ  痕跡を受け渡され  視覚的に思い描かれ  両者は重ね合わされ  ようにしていいかと訊かれ  感冒だと思われ  床高に作られ  飛行機から撒かれ  火焔に包まれ  密集に見舞われ  制圧するかと思われ  空を蔽われ  世界に思われ  久江は思わずつりこまれ  相談され  看護婦に促され  夢のようにも思われ  簡単に行われ  上枝が切りおろされ  下枝まですっかり切りおろされ  三段に伐り倒され  地面に転がされ  幹が全く伐り倒され  援け起され  つて引摺られ  ふところからとぎすまされ  へとへとにつかれ  とこへ引っぱられ  小十郎にやられ  熊に食われ  そのまま射たれ  ようになって置かれ  青蛙堂に誘い出され  怪談を聞かされ  執行され  昔から岡と呼ばれ  生捕られて殺され  戦闘が行なわれ  城は焼かれ  そのまま保存され  小袋明神として祀られ  尊崇され  明神跡と呼ばれ  そのままには捨て置かれ  夜のふけるまで働かされ  ことは否まれ  葉が踏みにじられ  啼声を聞かされ  露にひたされ  彼によく似ているらしく思われ  土から曳き出され  社前に据え置かれ  台石とは掘り返され  そばから蛇にまき付かれ  狛犬が掘り出され  ことはなからうと思はれ  現在用ひられ  闘つたのが当然であると思はれ  記入され  古蹟と呼ばれ  ものが癒され  家へ帰され  それで帰され  情熱に迫られ  幸福に思はずには居られ  空想さへ許され  同情せずには居られ  真実とは思はれ  渾名せられ  発音せられ  ユキから聞かされ  幽閉され  志貴山に居られ  帝は許され  蹶起され  眼光で睨まれ  ツと噛みつかれ  喰ひ折られ  何時までも瞑られ  騷がれ  憎しみに煽られ  お過ごしなされ  人は殺され  ユキに促され  のを、度々聞かされ  緑葉に包まれ  何か騙され  呉服屋へ嫁いで行かれ  茶屋から煩さく呼ばれ  負け惜しみに引き摺られ  小舟がつながれ  私は誘はれ  ふところに抱かれ  はりをされ  中に突き落され  日の光りに照らされ  のも知らずにいるとさえ言われ  どこにでもあるとはいわれ  とき自由性に、置かれ  発生によって、描かれ  本領を守って、犯され  中にだけ見出され  それ以外には、恐らく、見出され  秋霜にひしがれ  つて綴られ  大空に見せてはをれ  人とも思はれ  蒲団に包まれ  寐つかれ  大変に叱られ  行つてまた叱られ  お父さんにあたられ  摩擦られ  やう詞とも、思はれ  故と知られ  自分が悪くいはれ  何だとへ、怒られ  人にも知られ  学校へも遣られ  はりに追廻され  母に怒られ  慾張りと言われ  匂いを感づかれ  金全部とられ  目の廻るほど追いまわされ  信用を汚され  刑務所へ送られ  絶対口に入れてはいけぬといわれ  外灯の消され  一緒くたにされ  左遷され  予感に襲われ  記憶にひたされ  払拭せられ  知識欲に駆られ  祖と仰がれ  一時間もまたされ  囚徒然とつめ込まれ  地下人の入るを許され  警官に捕へられ  木戸口に推し出され  來てあると申され  予期して書かれ  傍題され  自ら打たれ  乳母車にのせられ  コロロホルムを嗅がされ  私にゆるされ  試練され  どれほど焚き殺され  汽車にはさまれ  手術後はまた動かれ  ために悲しく、淋しくされ  硝酸銀でやかれ  私に求めに、愛され  自ら描かれ  時に涙ぐまずにはいられ  時描かれ  あなたの書かれ  交際を思い出さずにはいられ  心を乱され  妹に会われ  休息とが思われ  ゼーンズフトを感ぜずにはいられ  学者になるだろうと思われ  青い花の封じ込まれ  心を誘われ  私の最も怖れ  ことを怖れ  思いに満たされ  こととは思われ  彼女のあわれ  青年が描かれ  精化され  印象を残され  あこがれをそそられ  先生から贈られ  神様はさながらあわれ  平安を乱され  のではなかろうかと思われ  私のように誘われ  事情風物をも責めずにはいられ  自ら誘われ  のも正しくないとはいわれないかと思われ  ソリチュードなどが思われ  謙遜にならずにはいられ  私はそう思われ  ことができはしまいかと思われ  刺激せられ  鍛錬され  感じなされ  考えなされ  従弟が訪ねて来たのでそのくわだては行なわれ  創作にいそしんでいらっしゃるかでしょうと思われ  まれだろうとおもわれ  出来事について聞かされ  丈夫そうに写され  ことと思われ  シーンが思われ  私は創られ  眸をめでずにはいられ  尊敬せずにはいられ  多く残され  さに、訳され  感動され  ところなどに動かされ  失望するだろうと思われ  気分がもられ  ものを描かずにはいられ  神に祈らずにはいられ  人々に送るいのりをせずにはいられ  作物によって、運ばれ  直接に感じて動かされ  ことはあるまいと思われ  シュルドとして感ぜずにはいられ  もっともとうなずかれ  愛することはできないと思われ  問題から促され  周囲から迫害され  ことでもあるまいと思われ  栄とは思われ  十字架が取り去られ  顔を赤らめずに語られ  私たちにはたとえ許され  それを恐れたからと思われ  恋といわれ  要求と思われ  感傷的にならずにはいられ  間ゆるされ  相当しているとは思われ  verfeinernされ  あなたに感謝をもって思い出され  気分におそわれ  ものに思わずにはいられ  運命に毀たれ  驟雨に洗われ  私にはまだ残され  学校へは行かれ  神に造られ  虫けらのごとく貧しく醜く造られ  相当しないとは思いながら、嬉しく思わずにはいられ  あなたが、愛するよりも愛され  それには愛され  人々から排斥され  文体にはなられ  謙さんにはよろこばれ  ことになりはしまいかと思われ  無理はないと思われ  ように愛され  気にはなられ  好都合であるまいかと思われ  不安になっておちつかれ  ためと思われ  ものだと思われ  ことにあったと思われ  他人から喜捨され  感服いたされ  ほうがよいと思われ  もっともに思われ  宗教だと思われ  ものではないかと思われ  ほかにはないと思われ  ことはできないと思われ  のだと思われ  喜捨され  家にでも、招かれて行かれ  祝福せられ  私たちが造られ  世界観がたしかであると思われ  はずに思われ  価値が付せられるべきと思われ  エルヘーベンされ  源であろうと思われ  慈悲に包まれ  われにかわゆく思われ  福山警察署に連れて行かれ  関係を知られ  巡査に守られ  病院に送られ  親戚ではげしく叱られ  監禁せられ  空虚とを衝かれ  解決のごとく思われ  あくがれ  地上に置かれ  天香師は申され  ことを叱られ  虚偽だと思われ  無駄ではあるまいと思われ  一燈園で養われ  運命に押され  手紙がしみじみと書かれ  気持ちがしのばれ  注意せられ  壮健を保たれるといわれ  西田さんを捨てて行かれ  同情せられ  方だと思われ  まことにあわれ  責任を感じずにはいられ  思想は、いうにいわれ  小さな汽船に揺られ  春西国巡礼をせられ  信愛され  気持ちでしかせられ  仏壇に飾られ  恋慕せられ  絹さんがあわれであわれ  心地につつまれ  絹さんをあわれにあわれ  ものとなって受け取られ  欠点と思われ  指示され  どちらにも進まれ  微笑したり、また時としては救われ  ごとくにのみ思われ  態度もうなずかれ  さらなくてもよろしかろうと思われ  時にお会いなされ  姉崎さんのいわれ  私ははげまされ  手紙を読まれ  ことを頼もしく感じると申され  今は砕かれ  隙間を衝かれ  天香さんに衝かれ  病気が死に脅かされ  aneignenされ  仕事を選んでゆかれ  もっと出精せねばならないと励まされ  あなたのいわれ  ものですから、いつも行なわれ  主となられ  犠牲とに教えならされ  内から何か促され  ものに押し流され  帰省なされ  暮らしなされ  まま動かれ  声につつまれ  力に打たれ  ものとはいわれ  急に死なれ  死に脅かされ  やみに練らされ  ところと思われ  死によって起こされ  私はあわれ  頃はあわれ  肺をやられ  気にせずにはいられ  健康の怖れ  窮乏に打たれ  他人にはうかがわれ  人に毀たれ  予感せられ  芸術に生かされ  たくみで創られ  ストリンドベルヒなどの負わされ  なりはしないかと思われ  意識が救われ  臆病にされ  ことなど思われ  ものが書かれ  鬼界ヶ島に流され  一緒に流され  京に帰り、ただひとり残され  ものしか描かれ  健康が侵され  運命を拓いてお進みなされ  鍛錬せられ  親切に深く動かされ  手紙で濡らされ  往来して暮らされ  神様に養われ  だんだん発表され  不幸に襲われ  不幸を負わされ  読み書きも許され  手をとられ  新小説からたびたび頼まれ  君が帰られ  無邪気になられ  海岸から帰られ  感謝せずにはいられ  子守とに囲まれ  こともゆるされ  公けにされ  美にまで解かされ  あなたが分け入られ  仕事もされ  これまで書かれ  非常に多く含まれ  何といわれ  あなたが読まれ  あなたが使われ  ために打ち砕かれ  東京に送って行かれて帰られ  なかに含まれ  要素、本当に磨かれ  ゲーテの優れた、かつ耕され  調和され  小説を書かれてはどうかと思わずにはいられ  かいおじさんにひきとられ  おじさんからいわれ  扉にとざされ  怪塔王に気づかれ  砂上にのこされ  ピストルがしっかとにぎられ  自動車に跳ねとばされ  檻にとりかこまれ  胴中から、ちょんぎられ  尻をはさまれ  尻ですから挟まれ  検察隊本部がおかれ  東京から派遣され  気にされ  一言もいわれ  壁でふさがれ  怪塔王におされ  軍艦淡路から砲撃されると聞かされ  海原にとりかこまれ  どこにも知られ  胴中からひきだされ  一番おどろかされ  信号兵がえらばれ  手旗信号が交され  ことにされ  秘密兵器でやられ  大風にふきとばされ  じゃまをしたので怒られ  のは、なかなかだといっておられ  用意せられ  二隊にわかれ  五つ六つ、ぱっと放りだされ  弾丸とに囲まれ  銃丸とですっかり囲まれ  鎖でつながれ  二人あるとは思われ  あたりは、まっくろなけむりでおおわれ  みんなふきとばされ  命令におびやかされ  尾翼はもぎとられ  偵察機もまるでつきとばされ  夕日にてらされ  飛去るかとおもわれ  一ばん早いかと、聞かれ  中に放りだされ  軍艦がどんなにひどくこわされ  軍艦がひどくこわされ  空中へぽいと放り出され  帆村からいわれ  しかたがないと言われ  中に居られ  ようにおもっていたらしくおもわれ  爆音とともにこわされ  室内につくられ  飛行隊に追われ  怪塔をとられ  しろにまわされ、しっかりとしばられ  怪力線網がかくされ  ことが行われ  こととおもわれ  生ゴムでつくられ  しろにしばられ  手をしばられ  まきにされ  口がひらかれ  怪塔王にかつがれ  ごまかされ  霧にまきこまれ  だめになったかとおもわれ  小浜兵曹長にきかれ  命がおしくなられ  小浜兵曹長にからかわれ  つもりであろうと思われ  ままでは、ぐんぐん遅れてひきはなされ  のか、それともひやかされ  錨はぶうんとはねとばされ  とき弾かれ  空中にえがかれ  輪は小さくしぼられ  飛行機に追いこされ  まわりされ  ロケットにひっぱられ  そのままひっぱられ  司令はよろこばれ  焔につつまれ  体はふきとばされ  壮挙により、はなばなしくかざられ  火だるまになって焼け死ぬかとおもわれ  さにおそわれ  間にはりわたされ  ものだとおどろかされ  体をやかれ  風にもぎとられ  ためにふりおとされ  二人ともふりおとされ  風とにたたかれ  怒濤に洗われ  運命もおわるかとおもわれ  波浪にばっさりと呑まれ  雨にたたかれ  軍艦に来られ  扉はまるで弾かれ  磁力砲にやられ  ようにおもわれ  軍艦淡路をこわされ  飛行機をうちおとされ  編成され  うちにつくられ  怪塔王一味に襲われ  一階下へ落され  いまさらに思い出され  磁力砲にうたれ  暴風雨に叩かれ  ほんとうに無人島であるように思われ  好奇心をそそられ  暴風雨にさえぎられ  手にも握られ  俺に投げとばされ  たまにうちぬかれ  頭を蹴られ  司令官はおどろかれ  まさか大国賊になろうとは思われ  無人島上につくられ  磁力砲などをもって来られ  頭をけられ  どこかへほうりこまれ  光に照らし出され  光に照らしだされ  海底牢獄へ、とつぜん下され  そこから下へおろされ  僕たちは殺され  もんどりうって投げだされ  ーんと蹴られ  後手にしばられ  怪塔ロケットであると思われ  兵曹長にしっかり握られ  面を取れといわれ  巻にされ  外につれだされ  大勢にかつがれ  んと放りこまれ  梯形編隊にわかれ  圧迫せられ  三機械筒につながれ  術をむりやりに教えこまれ  中につながれ  怪塔王にさとられ  ものを、盗まれ  ことを知られ  マスクをとられ  あべこべ砲にやられ  みな火焔につつまれ  国宝科学者といわれ  上着が遺され  言葉に釣られ  ここまで引出され  洞穴があるらしくおもわれ  魚油灯に照らしだされ  前にとびだされ  ここへつれこまれ  気をのまれ  流にとりかこまれ  ためにあおられ  帆村は、ぽんと蹴られ  渦にまきこまれ  浪にのまれ  ものにうたれ  渦巻にまきこまれ  潮に流され  荒潮にもまれ  痛みに襲われ  ことが思いだされ  神様もよろこばれ  たびも考えなおさずにはいられ  国宝的科学者ともいわれ  ものとおもわれ  こっちへ来られ  謎にみたされ  ために、殺され  さっき帆村探偵にすくわれ  怪塔王からいわれ  もので、すっかりおおわれ  破片にやられ  硝煙につつまれ  名をよばれ  まいこといわれ  空中戦がひきつづきおこなわれ  あざやかにえがかれ  姿をみると、もうじっとしておられ  小屋にかくされ  翼をもがれ  怪塔王はふきとばされ  ためにはねかえされ  ことはいい尽され  発送したが受け取ったかと書かれ  正門は閉ざされ  旅費までも含まれ  搬入され  絵はどっしりと置かれ  結果などばかり考えて描かれ  十数点程出され  空気に煩わされ  人間はとうていだまされ  霊鏡に照らされ  本性を見破られ  ものはどうかされ  画に描き込まれ  家はいつも閉ざされ  ものが置かれ  悲観せずにはいられ  混入され  要求でもされ  展覧会が開かれ  ものであるとさえされ  風に描かれ  関係が描かれ  生活的調和を試みようとするならば、即ち許され  迷惑を感じずにはいられ  仕事として楽しまれ  工芸品として作られ  蓋へ嵌込まれ  器具へ嵌込まれ  一般に行われ  何しろ輸入され  ものが残され  勢で作られ  盛に作られ  輸出され  愛用され  応用され  ガラスへ描かれ  浮世絵風に描かれ  等が描かれ  装飾として嵌め込まれ  額面用として作られ  筆法で描かれ  沢山アメリカへ買われ  雲鶴等が描かれ  扉へ嵌込まれ  周囲に貼られ  色に蔽われ  絵具で塗りつぶされ  事も、怖れ  画面は飛ばされ  嘔吐を遠慮なく吐き散らされ  死ぬことを大して怖れ  幸いにして残され  間に造られ  必要に迫られ  鹿に侮られ  胃病に悩まされ  骨がめぐらされ  座敷へ運ばれ  灌ぐ実写が写し出され  灌がれ  大阪人にのみ取り囲まれ  事が、かえって甚だ悲しく思われ  算術から解放され  用件を聞き洩したり頼まれ  常習者らしく思われ  感じに打れ  袋から吐出され  合理的に行われ  南京虫にかまれ  煙幕が張られ  小出楢重画工と記され  一定され  トランクを盗まれ  税金が申渡され  のには驚かされ  ように聞かされ  空気を吸えと随分うるさく説かれ  散々悩まされ  水難から救われ  金まで取られ  風邪を引いて笑われ  テンプラは積まれ  それを許すまいと思われ  噛殺され  人間に悩まされ  屋根で蔽われ  針金が渡され  如く一面に塗られ  毒気に悩まされ  処、やられ  ちょっとやられ  一枚の限られ  神様が作ったと云われ  ものが作られ  上に頗るよろしく保たれ  自然にとりちらかされ  ものが営まれ  前から押され  後から突かれ  黒煙に包まれ  おやじなどいわれ  さきは叱られ  天狗につままれ  何をいわれ  皆死刑に処すと記され  山水にかこまれ  何ともいわれ  修繕され  巧みに取扱われ  雨が降りだすと追ひ出され  三時までと限られ  後に待たされ  呈出され  思ひ出ばなしやらが持ち出され  所藏され  經文が彫られ  狼に追われ  野火にやかれ  ときなくなられ  二子がすぐ釣り込まれ  誰とがわかれ  粘土かにわかれ  涛で削られ  方から頼まれ  一つお探しを願われ  泥に吸われ  ゅうと突き出され  濤で削られ  母に送られ  ことは争われ  紳士で知られ  これはいけないと思われ  料理は食われ  ことに騙され  中には騙され  画など掴まされ  それは争われ  それに慣らされ  ものを見に行かずにはおられ  器が使われ  晒らされ  かたに売られ  人に笑われ  腰紐が結ばれ  群にけとばされ  満洲にさらわれ  じき売られ  青い太陽にてらされ  私を売られ  壁に張られ  私は、もらわれ  山盛り店へ運ばれ  上に投げ出され  モッブにとり囲まれ  方が、気づかれ  しかされ  陽様に照らされ  タジタジと圧され  中へ、巻き込まれ  思いに殺され  カフェーに囲まれ  古里に養われ  煙草をくゆらしながら、投げ出され  壁に押され  ブウブウやられ  ところへ、まねかれ  お茶をよばれ  ブジョクされ  散々に破られ  ポプラで囲まれ  雨にでも降られ  新聞が張り出され  事芝浦までゆられ  そしゃくされ  何と言われ  唄にかこまれ  太陽から隔離され  伝票が張られ  仕事はドンドン運ばれ  私が通され  フンサイされ  お父つぁん油しぼられ  改造社から近刊され  巡査になぐられ  白人国に買われ  関心を持たれ  恋人でも取られ  主人にたのまれ  屠殺され  馬に追われ  笑声に押され  鎖につながれ  犬に食われ  暮色に押され  殆ど全域にまではたきつぶされ  一度たたきつぶされ  半分ばかり抜かれ  市政は整然と行われ  達成され  新聞で嘲られ  ドシドシ検事局へ引っぱられ  みんな体よく断られ  処へ持って行くと、一度断られ  二度ことわられ  張りことわられ  内幕を見すかされ  ように持ちあつかわれ  言葉を味わって見ると、云うに云われ  底を見すかされ  内幕をのぞかれ  大勢に押され  漢語芝居が行われ  暗黒化され  処に行われ  ドシドシ行われ  閉がれ  何だかそう思われ  市民にちっとも知られ  道路工事を見て、すっかり引っくりかえされ  チョン切られ  一掃され  資格が無いとか云われ  運命を悲しまずにはおられ  無残に曝し出され  火事で焼き払われ  犯罪の行われ  復興院が握り潰され  復旧案が持ちあつかわれ  容易に行われ  代表していると云われ  それが実際に行われ  これがわかっていて行われ  東京人に押され  あべこべに笑われ  待遇をされ  名を呼ばれ  江戸ッ子が含まれ  育ちは争われ  一争われ  タタキつぶされ  ショーウインドに追いまくられ  ポスターに蔽い隠され  表からと皮肉られ  恥しめられ  公園を汚すと云われ  公共的精神が無いと云われ  冷笑され  意気地もなく取り残され  一般市民からいくら軽蔑され  根性を、これ程までに罵られ  都として開かれ  事は疑われ  ききものがもてはやされ  金で使われ  都会にしか作られ  補充され  当初から、こうして呪われ  子が出来るかも知れぬと冷かされ  河に呪われ  都会生活に揉まれ  何にも取られ  研究で生み出され  何かに雇われ  安物で養われ  そうで、云うに云われ  仄かに漂うて、云うに云われ  初め雇われ  中までも押し及ぼされ  失敬され  朝夕訓練され  火事に脅かされ  神経にあおられ  雑踏に押しもまれ  高潮され  母親にたった一度叱られ  手段に依って作られ  歓迎され  仲間外れにされ  バラック気分に充たされ  のだと冷かされ  軽蔑されても罵られ  推賞され  殆ど一掃され  まわり道楽に見込まれ  親仁にしかられしかられ  慨嘆され  学生に限るとまで云われ  下に芽生え育まれ  養成され  二年では書き尽され  人事相談所に持ち込まれ  非常に夥しく持ち込まれ  凧にされ  顔が見合わされ  なりはしまいかと思われ  多量に含まれ  上流社会に持て囃され  名所として知られ  病気と向き合わされ  肩書きに引きずられ  日本電気から発売され  処女作にすでに示され  稲葉俊夫さんに救われ  誤字大全と呼ばれ  巨大都市に仕組まれ  特に一まとめにされ  どこかが叩かれ  のか、守られ  集中して行なわれ  手直しされ  高速化され  対応して書かれ  疑問に引き裂かれ  制圧され  時うどんも繰られ  自殺寸前にまで追い込まれ  テーマを盗まれ  立場に追い込まれ  予算が組まれ  司法省から出され  価格設定に驚かされ  机におかれ  断崖絶壁に立たされ  東芝から商品化され  定価六百三十万円とされ  ハノーバー・メッセで開かれ  実証され  一拍遅れで送り出され  リーダーシップは貫き通され  新宿センチュリーハイアットで開かれ  マスコミ向け見学ツアーが催され  一から日本で編まれ  はじめてキャバレーに連れていかれ  さとされ  谷川ユズルは、そうかまされ  アラン・ケイが招かれ  二日目に開かれ  名を使われ  接続され  プログラミング環境が組み込まれ  大衆化され  イメージから発想され  二十五字以内で述べよと言われ  作家として描かれ  心のひだをくすぐられ  世の中に吐き出され  沈滞を余儀なくされ  大資本に連なる限られ  独占され  巧妙に取り行なわれ  半分ふさがれ  受信可能とされ  名前にだまされ  京都電灯によって行なわれ  開発され  電熱器が仕込まれ  表紙などに使われ  サーモスタットも組み込まれ  部品化され  当初よく使われ  大型用に作られ  ここでひねり出され  配付され  パーソナルコンピューターで広く使われ  一緒にされ  流れにすっかり取り残され  側が待たされ  メモリの食われ  度肝を抜かれ  ソニー本社で開かれ  新設され  ラスベガスで開かれ  裏側に組み込まれ  電子化され  電脳化され  ウイルスにやられ  声に誘われ  ツラレミア大原病にやられ  留守番電話に吹き込まれ  ウイルスに取り付かれ  オレの取り付かれ  殲滅され  ウイルスに冒され  絶命寸前まで追い込まれ  大脳皮質まで冒され  ハードルが残され  一九九〇年五月十六日に開かれ  OSに組み込まれ  書き手にまかされ  なんだかんだ聞かれ  議員に送られ  これまでは許され  二つの領域で押し込まれ  客にされ  TEPIAで開かれ  ウイスキーを手渡され  入試中止に追い込まれ  重量空間に放り出され  かまされ  均質化され  マシンに向けて押し出され  マシン達と引き裂かれ  葬式にされ  人質とされ  英語で書かれ  日には、実にまったく驚かされ  コピーが作られ  SPARCアーキテクチャに貫かれ  約束は果たされ  繋ぎ合わされ  体験を通じて織りなされ  やきもちをやかれ  布が折り込まれ  未来から付託され  拉致され  機器に組み込まれ  鬼と呼ばれ  二十四時間世話焼きマシンと書かれ  オレに託され  デジタル化され  現在搭載され  指定され  道具に取り囲まれ  電脳社会が生み出され  社会に放り込まれ  ところにはりめぐらされ  たっぷりとかがされ  中止に追い込まれ  下に押しやられ  合間に聞かされ  向こうからすべて断られ  けがよりすぐられ  日本電気から依頼され  指差され  のでは、噛み砕かれて飲み込まれ  文化コンプレックスに犯され  日本で育まれ  ファクシミリに送られ  ソフトバンク方面で使われ  これをやらされ  回覧され  提案を示され  三冊刊行され  拡張本に使われ  リンクされて組み込まれ  イラストが呼び出され  注釈の付され  何かが失われ  カバーされ  紙から解放され  幕張メッセで開かれ  マシンをつかまされ  あちらで売られ  日本市場にほうりこまれ  人質に取られ  標準規格とされ  標準で組み込まれ  AT互換機に組み込まれ  2に囲まれ  それこそ見向きもされ  標準化され  結局足元を食い荒らされ  上から殴られ  混乱に悩まされ  虎印気付薬をかがされ  ケイらによって育まれ  時代に置いていかれ  解任され  方をぐっと掴まれ  ことが言われ  そこから情報がどう読み込まれ  左右され  会社を起こされ  墓場と呼ばれ  方針変更によって、あわれ  断裁され  ランキングされ  こいつに選ばれ  バージョンが作られ  想像下され  日本で問われ  比較検討され  削減を余儀なくされ  着目され  開発部隊が見舞われ  いくつもの公開され  問いに答えよと迫られ  ワークステーションに、先ず活かされ  今に語り継がれ  家庭に置かれ  ことが問われ  値下げを迫られ  枠組みに従って裁かれ  川守りをしながら送られ  メーカーは、押され  サンフランシスコで開かれ  マイクロコンピューターが使われ  ROMにおさめて組み込まれ  書き手に任され  一九九〇年五月から出荷され  千回は読まされ  心を引き裂かれ  マシンもうまく抑え込んでこれ  日本製部品が使われ  パーソナルコンピューター産業は取り残され  とげを抜かれ  状態にないと初めて知らされ  要素が含まれ  言葉が垂れ流され  ダウンサイジングと書かれ  編集者にからかわれ  道具として使われ  出版社側が電子化され  きれいな文書が吐き出され  物真似作法と使われ  足を取られ  ここに取り込まれ  確かに押され  半分飲み込まれ  ネコに囲まれ  雨に降られ  視線に包まれ  金助が訪ねて来ないだろうかと怖れ  金助は叱られ  三回盗まれ  連中素人浄瑠璃大会が開かれ  朝夕きかれ  救助網に撥ね飛ばされ  びとに取りかこまれ  一言もきかされ  暮、頼まれ  仕立に追われ  石地蔵が祀られ  年中行事が行われ  のかと訊かれ  平気で居れ  村田は怖れ  教師に叱られ  彼に撲られ  豹一は立たされ  提灯に書かれ  金持と言われ  慾張りとも言われ  乱暴をされ  辱かしめられ  生意気だと撲られ  狸寝入して、呼ばれ  俄かに想い出され  へんかと言われ  仕立物に追われ  身を縮めて、ばらされ  さだけは認め、怖れ  者に取り囲まれ  者にとりかこまれ  鉄拳制裁をされ  点取虫と言われ  様に思われ  的だと騒がれ  表情で来られ  不良学生かと思われ  もう少しゆっくり歩かれ  作用され  のを見抜かれ  豹一には思われ  想いに悩まされ  紀代子は、やっぱり嫌われ  ようにこき使われ  事をされ  言葉が気に入って、やや救われ  恋文を見せて貰われ  のははばかられ  ことが済まなく思われ  俺は嫌われ  部屋に飾られ  一生記憶を去らずに悩まされ  妙に想い出され  気になったなと、すっかり驚かされ  利子に追われ  応待をやらされ  蔵から品物が出され  丁稚に言われ  ことを訊かれ  調査表を配られ  豹一が選ばれ  太鼓判を押され  候補に選ばれ  平気で居られ  余り人から好かれ  支給され  一時間と限られ  限り許され  偽善者と言われ  紙片が貼出され  肩を敲かれ  連中に撲られ  真似をされ  言葉を言われ  自分は撲られ  赤井も撲られ  赤井に突然訊かれ  郷に従うたと思われ  あなた今何を喋られ  高等学校から追い出され  父親に愛され  赤井に言われ  絵看板にあくどく彩られ  圧迫から脱れ  男から先輩だと言われ  ためだと思われ  ことが想い出され  なかへ吸い込まれ  ポスターが貼られ  マークが描かれ  楽隊が雇われ  日頃無能だと言われ  反対され  故意にすっぽかすと思われ  嵐踊が行われ  最近豹一もかり出され  太鼓を敲かされ  人に愛され  寄宿舎を追い出され  人質から解放され  阿呆らしく想い出され  教授会議がひらかれ  審議され  教授に睨まれ  壁に小さく貼出され  一時間以上も待たされ  責任感に悩まされ  理由を訊かれ  君達にも会われ  二人に見送られ  賃仕事に追われ  想い出され  のが、一層あわれ  半生が踏みにじられ  返送され  没にされ  応接間へ連れて行かれ  ほかに待たされ  食ていかれ  六十円でもやって行かれ  一時間も待たされ  三時間待たされ  男に見送られ  募集が出ていると、もうそわそわして寝つかれ  理由で断られ  男に言われ  足で踏まれ  宛名を書かされ  整理をやらされ  ひとごとならず、情けなく思われ  仕事をやらされ  のではないかと、思われ  肩を小突かれ  場合やあれ  社長から渡され  自分自身から見離され  埋草だけに使われ  間髪をいれ  さだと思われ  朝から興奮に駆られ  電燈に照らされ  似顔画描かなにかと思われ  自分に注がれ  方向を見抜かれ  毎日質屋へやらされ  ことだから、嫌われ  女にされ  先生とはよばれ  足をとられ  さが想いやられ  返済され  勝に撲り倒され  チリチリ後悔され  勝に撲られ  無意味に待たされ  から半時間待たされ  夕方まで掛ったりされ  問題用紙が配られ  人に済まないとも思われ  空気が息苦しく思われ  没籠にほうり込まれ  速達され  まり必要とされ  通知され  普通ドモンとよばれ  気持よく、ああ、あるよと出され  人から生真面目に思われ  注意をそそられ  入口でそうきかれ  豹一はすかされ  のであろうと思えば思われ  ものがあるとも思われ  東銀子も失われ  銀子が失われ  のやよって、叱りとうても叱られ  誰からも親しまれ  編輯長室へ呼ばれ  遠慮して小さく扱われ  賑かに取扱われ  冗談にいわれ  ことが思い出され  給仕に呼ばれ  編輯長に言われ  出鼻をくじかれ  編輯長にいわれ  見出しに使われ  散々報道され  苦手だと思われ  電気掛りに雇われ  女優といわれ  女優とよばれ  無理に渡され  執拗に注がれ  ざまあ見てけつかれ  ボーイに雇われ  テーブルへ連れて行かれ  無意味に残され  後悔され  答えでは済まされ  ベンチが置かれ  上へ吐きだされ  灯がぽつりぽつりと消され  ひとつひとつ消され  掌に押され  寒い風に吹かれ  靴下に包まれ  多鶴子から渡され  安心して居れ  骨身を削られ  裏づけされ  警察へ呼ばれ  豹一が出され  しかし、待たされ  いま帰られ  味わされ  女中にそう言われ  風に言われ  さきに帰られ  油が注がれ  しわがれ  多鶴子に言われ  時田舎者だといわれ  風にされ  活字に組まれ  アイスクリームが運ばれ  ますます心を動かされ  醜行をあばかれ  あいつ村口多鶴子に頼まれ  刺戟に馴らされ  誰にきかれ  発露され  想い出さされ  気持が裏切られ  風に思われ  愛相をつかされ  弱点を掴まれ  途中まで送ってくれと、頼まれ  ひとにきかれ  若い男を撲ったと思われ  新聞に書かれ  勝は頼まれ  裏路次で撲り倒され  簡単に撲り倒され  誰にも知られ  豹一にとられ  氷枕をあてがわれ  人に口説かれ  嫌いだと言われ  記事を読まされ  それに、出され  末なぐられ  昨夜豹一が撲られ  嫉妬をそそられ  すみませんテあっさり言われ  男たちに取りまかれ  さが想い出され  態度が続けて居れ  北山にからかわれ  想いで想い出され  土門に言われ  奴さんともかくやられ  豹一はからかわれ  二人に誘われ  野崎に誘われ  取引され  貼紙され  夕刊が貼出され  鄭重に扱われ  君、撲られ  色に彩られ  電話され  ように吊され  木戸を突かれ  出足を呼び返され  うっかりすると魅入られ  ゾロゾロ吐き出され  堂塔は淡くぼかされ  小粒でもないだろうに、盗られ  千絵様から頼まれ  秘密を気取られ  帳場格子へ投げこまれ  天王寺で逃げだされ  宥され  捕縄を捨てて逃げたといわれ  ギリギリ巻きにくくられ  縄目を解かれ  疲れた瞳を吸われ  侮蔑に包まれ  悄々と通され  突ッ返され  将軍家でも怖れ  形式をとられ  鴻山から事情を話され  胸を掠られ  縹緻のぞみで貰われ  里へ帰され  燃える炎を包まれ  恋女房でも乗せては行かれ  酒に酔わされ  前へ投げ出され  傷を負わされ  者に救われ  性根でそうはいったものの、呪われ  お隣で断わられ  様子、取られ  吹ッ消され  命を磨り減らされ  大輪に払うと、払われ  目をつぶされ  剛の者といわれ  名を指され  沸りに駆られ  魂を操られ  ようおいでなされ  水へ投げこまれ  一本釘を刺され  繞らされ  固めを、どうして潜って行かれ  駕づかれ  羞恥につつまれ  おしまいなされ  あなたに捨て残され  口はかたく結ばれ  よそに見てもいられ  深い闇へつきのめされ  戸板へ寝かされ  病を知られ  風にそそられ  列に挟まれ  眼をうばわれ  雰囲気につつまれ  襟がみを引っつかまれ  胸へ抱きこまれ  風に舞わされ  灯にまたたかれ  男からいわれ  方へ惹かれ  目先を拭われ  緑色につつまれ  途端に、抱き倒され  疑惑につつまれ  蛍草に押され  掌にふさがれ  腕に絡まれ  蛍草が揉みにじられ  辺りをドンと突かれ  裾を踏まれ  綱さんに好かれ  弦を張られ  しろへ引かれ  草から草へ吹かれ  山に包まれ  脅やかされ  冷血と罵られ  ように思いなされ  霧に描きだされ  仕打を怨まずにはおられ  幽寂につつまれ  催しならば、どうぞご遠慮なくお使いなされ  鳩に結ばれ  大切に持っておられ  誰より怖れ  所へ潜り込まれ  釣り込まれ  不意を打たれ  肉へ斬り込まれ  半ば開け放され  灯影に照らされ  所へ引かれ  鼓膜をつきぬかれ  霽れて、研ぎ出され  根こそぎにされ  眼を吸われ  雷にうたれ  芽生えを忘れ残され  江戸を偲び、逢うに逢われ  隈どられ  心をひきずられ  お呼びなされ  涼しい眼に見透され  市が、さだめし案じているだろうと思いだされ  見舞に行ってみろといわれ  切ッつ切られ  真っ先に斬られ  間で、ズタズタに斬られ  大勢に、取り巻かれ  しかとは申され  臍をかまれ  銀五郎が押し込まれ  珠を奪われ  嵐にふるい落とされ  中から引きずりだされ  紅に塗られ  侍たちには、無論荒々しく扱われ  縛めをうけて、押し込まれ  者と知られ  噂いたされ  茂みにつつまれ  徳川様に見出され  さは、斬られ  丞に持たれ  四人は斬られ  怯気に襲われ  江戸へは帰られ  榛の木にかこまれ  無念がおもわれ  一緒にいたので睨まれ  こちらに住まわれ  平賀殿と申され  意図を知られ  姿をくらましたらしく思われ  何しろワッと来られ  ようなと思いだされ  米にそれほど思われ  大津より戻られ  叔父に厳しく叱られ  時には、争われ  血と呪われ  叔父御にせがまれ  縹緻よしに思われ  声に急かれ  脇の下に掻い込まれ  察しなされ  米は、あわれ  深みに隠され  苞からむきだされ  庭つづきで行かれ  裸火にてらされ  目付へ知られ  そこにあらず、どう切られ  叢竹が、程よく配られ  幕府から睨まれ  桃園帝からは、いたく頼もしく思され  自由を縛られ  阿波侯におかれ  何者かに乱され  阿波殿、少し酔ってまいられ  縄尻をとられ  一緒に、蹴落され  剣山に匿われ  毒殺され  綱倉へかどわかされ  孫に語られ  幕府からは好まれ  櫓落しに投げ飛ばされ  天井からはね落され  功を奪われ  中へでも飛びこまれ  旦那が浮かばれ  名を汚し召され  衆に囲まれ  右へ向って突き出され  手配りを破られ  ゆえ戻られ  前から手廻しされ  混雑をつけこまれ  これで清々しく拭われ  秘密につつまれ  由次に逸早く持って行かれ  自分にあてがわれ  母に抜かれ  懸念され  耕地から何時とはなしに押し流され  それから畦に投げ出され  父親にどなられ  おっちにどうかされ  配給され  こと、言われ  ものが含まれ  ばら撒かれ  身上引っかき廻され  包みを抱かされ  肺病にでもとっつかれ  のか、怒られ  最初答えようとしなかったが、うるさく言われ  肉体が持てあまされ  風にあふられ  あかりはけされ  頭をぶたれ  インターネットで広く使われ  考慮され  頭に置いて作られ  工夫も、こらされ  コード化され  前に移され  前へ呼ばれ  龜さんから申込まれ  兒にきかれ  書評が書かれ  模倣され  平野謙に叱られ  家庭化され  原書で読まされ  拒否せられ  患はされ  希ひが果され  つて調和よく刻みこまれ  異常と思はれ  ものであらうと思はれ  すべて化粧の施され  化粧を施して語られ  化粧を施され  男は圧しつぶされ  日頃忿懣を語りあつてゐるのであらうと思はれ  電話によつて呼びだされ  嫉妬をうけるいはれ  電話に呼びだされ  心が見すかされ  上で焼かれ  意味であらうと思はれ  寝床の敷かれ  傷みも残され  油ぎつた光にみたされ  据ゑつけられ  負け目に思はれ  遊びに来て欲しいと書かれ  いのちが失はれ  計量せられ  苦悶にとざされ  粉飾もなく書かれ  永遠に突き放され  彼方のものにしか思はれ  二目まで打込まれ  やうに思ひだされ  万年床が敷かれ  目がかくされ  腕はむきだされ  まり虱に悩まされ  食はれ  偽装せられ  ことも怖れ  悔いと怖れ  時間の怖れ  力に押され  上演せられ  三間ぐらいだろうと思われ  右左にわかれ  遠慮会釈もなく、おしつぶされ  相手がのぞかれ  三角形にくりぬかれ  縄でしばられ  殺人がおこなわれ  たかてこてにしばられ  なにがおこなわれ  あいかたがころされ  家でころされ  二三度こけつまろびつ、あたかもはなたれ  なかへ吸いこまれ  発覚され  逆がおこなわれ  真犯人にされ  虚脱され  留置場にほうりこまれ  そのままぽかあんとしてまたされ  なにしろ狐につままれ  こっちにむかっておしこまれ  いままさにおこなわれ  こはされ  意気地なしにされ  砂が盛られ  ぼんぼりがともされ  ぴつたりと絶たれ  延長され  作品が読まれ  出版社から刊行され  注視され  萩野に誘われ  自分も加えて欲しいと返され  野口に問われ  点が結ばれ  URLへ移され  入力され  田町で開かれ  注目され  システム化され  トップページに置かれ  権利については記され  ときから予想はされ  まり使われ  特にプロジェクトは組まれ  登録され  自由に開かれ  音声化され  シリーズ化され  収蔵され  便利堂から刊行され  プロジェクトが組まれ  非難され、時には喜ばれ  突き動かされ  稲田に注がれ  労働力はいかばかりかしれ  なんど読まされ  交換船で送り帰され  度肝をぬかれ  木柵に囲まれ  手を出され  趣味で飾られ  一人ぽつねんと、眠られ  さとに打たれ  横取りされ  彼方に、吹き飛ばされ  なつて投げ込まれ  骨張つた身體が包まれ  文字が讀まれ  潛んでゐようとも思はれ  滿足に敷かれ  變人とも思はれ  傳へ下され  大根が摺り減らされ  変化がもたらされ  腕を掴まれ  発作的症状に襲われ  前に呼び出され  インクだらけにされ  鉄管工場を追い出され  工場を追い出され  秘密にされ  ほうを追い出され  丘に張り出され  コンクリートで畳まれ  鏡を作られ  具体的に挙げろと言われ  わたしに聞かされ  割り砕かれ  永峯が殺され  突さ落とされ  立場に置かれ  一緒に殺され  発作に襲われ  體に守られ  むほんをおこされ  隆吉におくられ  むしかへされ  開放され  卵子は同時につぶされ  三人から度々聞かれ  環境におかれ  目的があってするとは思われ  芸を仕込まれ  自分にはどうもそうばかりとは思われ  連鎖でこっそりつながれ  空想も起され  円タクに揺られ  文春記者に叩き起され  絶交したりされ  新雪に、おおいつくされ  一度ふれると、すっぽりと吸われ  質問がよこされ  申し分があろうと思われ  感動をひきおこされ  活され  感情として描かれ  そこに失われ  家なし、と云われ  ちゃんと片づいて置かれ  雲につつまれて描かれ  心持にも失われ  動揺され  幸福が獲れ  変化にひきずられ  愛が満たされ  必要におかれ  若い人々によまれ  盲目的に押しながされ  なかで語られ  気分からだけされ  心全身でぶつかって行かずには済まされ  熱火に焼き尽され  粉微塵に吹飛ばされ  矢張り何かで被われ  傾向が決して無いとは云われ  経験に打たれ  自分から産み出され  力に働かされ  作家に対して、屡々繰返され  社会規約から除かれ  力に引っ張られ  瞬間に、もう云うに云われ  底力に押され  感興で彩られ  哲学が呼び出され  選択が行われ  人々に遺され  私は、与へられ  移入され  興味につながれ  虚を衝かれ  宅地に売られ  ここがよいかと訊かれ  編輯され  手によってされ  一般に知られ  記録に表わされ  一つが使われ  筆者も持たれ  敷衍され  人は、笑われ  キツスをされ  信用され  見をさめではないかと思はれ  肌に、食い散らされ  積土され  木株が植え込まれ  広告ベンチさえ曝され  他愛もなく踏みにじられ  木立に蔽われ  土塀にかこまれ  ボイルされ  黒門に吸われ  端に投げ出され  路らしく踏みにじられ  壁も蔽われ  撲殺され  動脈を切り開かれ  胴なかを揉みしぼられ  さに掘り抜かれ  犬の投げ出され  上に掻き出され  肛門から切断され  水汲みにぼい使われ  魂をさらわれ  程に蹴とばされ  股倉に曲げ込んで、ぬるぬると吐き出され  宿泊所へ運び込まれ  骨ぐるみさらって行かれ  領事警察に引っこ抜かれ  ッさらって行かれ  殺人事件が惹き起され  強盗に襲われ  掠奪され  犬の飼われ  中にも居られ  境遇に置かれ  いつか気を奪われ  工夫がされ  内容を知っておっても読まずにおられ  しかし、何故かといってきかれ  梟けられ  奉行様に裁かれ  出世もなされ  人々に罵られ  顔をなされ  気持が書かれ  奉行様に罵られ  騙りと云われ  後家が殺され  奉行様は殺され  処に永く飼われ  家に飼われ  御覧になって居られ  ッて裏切られ  美醜に動かされ  時居られ  拝見なされ  場に居られ  様子をすっかりお見届け遊ばされ  事実を信じまい信じまいとなさって居られ  紀州に遣わされ  往来をなされて居られ  邸に参られ  たくさんに開かれ  外形にばかり注がれ  ところとも思われ  年齢になられ  意味もあろうけれども、失われ  話だの、語られ  正確に掘りだされ  宇野流に語られ  実感などはあるにしても、失われ  人にとっては、失われ  いるかに思われ  多く救われ  畳が敷かれ  ままヌッと這入りこまれ  そのままズッと出て行かれ  人ごみにもまれ  誇りとか、顧みて怖れ  さに打たれ  いつか真杉静枝さんに誘われ  浅草へ買われ  孤独は癒され  小説を読ましてくれとせがまれ  自動車にひかれ  ものに見離され  この世では許され  こちらが殺され  信条におかれ  韜晦され  いつ殺され  白刃を怖れ  発案され  武蔵は打たれ  試合を願い出で、許され  三寸程切られ  上へ築かれ  誰かに負けて、殺され  彼も救われ  それ以外に救われ  使い手と言われ  名人と言われ  魔にみいられ  捕吏に取囲まれ  配布され  ことを最も怖れ  絶望とされ  軽症と思われ  僕に許され  冥想を破られ  いくら圧迫され  永久に会われ  一人に許され  幕僚などに見送られ  一ぱいになっていて眠られ  何んと思われ  哀がられ  拘留せられ  亭主に泣いてはならぬと云われ  手からお前さんを救って下され  靄に鎖され  見附けられ  処々夏草の茂りに蔽われ  靄に包まれ  ずしずしと揺られ  藍と、あわれ  劫され  ゃきゃと透る、しかし、あわれ  膚つきが得う言われ  袖近く、あわれ  雲に包まれ  靄を分けて、はっきりと描かれ  言を聞かれ  まさか、巻込まれ  私のように思われ  ものに誘われ  私たちは、誘い込まれ  張り感動せずに居られ  天上生活が開かれ  伝説から切り放され  中に描かれ  それに釣られ  瞬間鮮かに浮んで来ただけ、その閉され  跡かたもなく取払われ  歯朶で縁どられ  買いになるといわれ  奥さんたちはお困りになられ  別荘もすぐ売りに出され  お方なので、いくらお困りになられ  入口に、あの亡くなられ  そのままにして置かれ  御主人の亡くなられ  方もお困りになって来られ  手放しになってしまわれ  気の毒に思われ  ように言われ  話もふいと思い出され  二十を越され  母様似になられ  乗合に揺られ  何を言われ  私だっていつまでも居られ  気になって行かれ  帰りになられ  ちょっと話しておられ  から何分よろしく頼むと言って寄こされ  人達になつかしがられ  ために取払われ  私ひとりだけはどうしてだかなかなか寝つかれ  思いすら誘われ  私はなかなか寝つかれ  ポーヱと呼ばれ  名を残され  死後も亦甚だ浮ばれ  微塵に砕かれ  手に依つて為され  仕方がないものかと思はれ  狭間田に開かれ  昏然なり、然れ  こと全からず、然れ  冠しめられ  鋸にてひかれ  刃にて殺され  其前に置かれ  簡短である、然れ  前に召出され  キリストが説かれ  ために著され  ために著わされ  由て著わされ  涜され  谷は埋られ  是未だ充たされ  簡短に記され  聖書殊に新約聖書は書かれ  平和を説く、然れ  言葉で表され  事にされ  殆ど記され  山奥のものに限られ  衆などいはれ  武家に好まれ  舞台で殺され  概念化され  霧につつまれ  美には打たれ  部分を奪われ  異常に早く行われ  訳載され  石に打たれ  熔岩に流され  ホモイはつかれ  お前さまに参られ  ものですから、ついつりこまれ  大事になされてくだされ  あとで笑われ  実をとられ  あしたはきっと食われ  政治家などがいわれ  もっと面白く思われ  中で送られ  雑誌などに時々書かれ  討論が行われ  確証され  発表しようとされ  間培われ  学問であるとはよく言われ  郷愁になやまされ  はらわたをかきむしられ  哀愁の思ひにそそられ  幻像にあざむかれ  發見され  中にもまれ  中をもまれ  もののかくされ  道はひらかれ  幻想あかるくてらされ  やうですされ  風に飛びされ  つくりかへされ  夜風にふかれ  綿が積まれ  遠く俥にゆすられ  生づくりにされ  刷毛で塗られ  風にふきながされ  燕もふきながされ  一隅に投げ倒され  夢魔におびやかされ  風景はふきながされ  幽囚され  發表され  此所に示され  傾向が語られ  つて刺激され  乘せられ  區分され  つて代表され  哲學から胎出され  閑却され  中に包まれ  選定され  高調され  趣味から胚胎され  形體に示され  空間上の限られ  集つて構成され  擴大され  者と呼ばれ  觀念され  重視され  つて構成され  包括され  表象され  唱歌され  感知され  つて語られ  作家にだけ許され  工合にして書かれ  表白され  讀過され  改造され  傳統され  つて高調され  つて胎出され  蟄伏され  根柢から覆され  反感とが示され  實現され  姿がうかぶといはれ  最初手にとられ  署名をせられ  山脈にとりかこまれ  思慕され  萩原さんがもつとも苦しまれ  見事に溶け込まされ  もんなら殺られ  誰がためにか獲たる、あわれ  變りなされ  淨化され  僞りなく告げないではおかれ  なのは和泉式部一人のみでないと思はれ  戀され  悲しみ、これ程泣かされ  世もなく泣かされ  先き立たれ  枝を送られ  業縁を果すべく結ばれ  寢息がきかれ  ことは普通言われ  必要にせまられ  不安にも襲われ  現在分裂病と云われ  二ヶ所縛られ  二人に抱かれ  外来室へ運びこまれ  発病直後送られ  松沢へ送られ  判断せられ  手段が失われ  間があると思われ  撃退するに手こずられ  二時間もかかったとこぼしておられ  八と呼ばれ  俺頼まれ  夕方お前さんが頼まれ  伯父さんから別荘を譲られ  旦那がなくなられ  狐に撮まれ  電報が打たれ  用で行かれ  呆けを食わされ  茅ヶ崎へ行かれ  今朝までおられ  身分を知られ  宅に居られ  長距離を揺られ  待呆けを食わされ  六枚かざられ  ところばかり思い出され  ここで死なれ  冥官から福を削られ  交といわれ  村役人につかまって、ひどく打たれ  下男が打たれ  嗾けられ  監獄に繋がれ  黄吏部は怖れ  周は放たれ  初冬とは思われ  居城として知られ  父に叱られ  さらいこれあり、頼まれ  円タクに蒸され  草いきれに包まれ  圧え、潰され  三階から、ほうり出され  からね、叱られ  焼出され  中に、争われ  半四郎茶屋と呼ばれ  鴾氏に誘われ  これに悩まされ  催促をされ  女じゃ食われ  信也氏も誘われ  傍に寝かされ  傍へ寝かされ  煙突とがのぞかれ  眼がはっきりと見開かれ  悲しみに鎖され  姿に結ばれ  煙突に裏切られ  熱に襲われ  世人に知られ  葉にて葺かれ  三種破壞攪亂され  物質は異れ  於て固く括られ  其二種に限られ  布とは異れ  界され  形に作られ  樣に作られ  如何にして作られ  所を見て疑ひを解かれ  常食として撰ばれ  嗜好品として撰ばれ  串に差され  葉に包まれ  上に直に置かれ  部分打ち欠きて作られ  ものと、研ぎ磨きて作られ  固着され  貯へ置かれ  其攪亂され  手にて直に握られ  如何にして造られ  詳ならされ  橢圓石發見され  形に造られ  通例彼此相混じて施され  從來發見され  數個發見され  由つて知られ  此地方に運ばれ  地に追ひ込まれ  北方に追ひ遣られ  云々と記され  考を記され  事を繰り返へされ  有たらうと記され  のかと思はれ  根據を示され  樣に記され  採集され  義と記され  チャンバアレーン氏の著され  づの堰かれ  引上げられ、干され  反感を持たれ  それにおどかされて忽ち打ち消され  所謂熱情に駆られ  引づられ  統一されて、よく、面白く描かれ  筆で書かれ  自分が殺され  喜びを裏切られ  つて簡潔に書かれ  程に語られ  云つたらうなづかれ  大概自然に運ばれ  幻滅を与へられ  徹底して書かれ  可成り穿つて描かれ  鮮かに描かれ  つて統一され  融和され  コンクリートされ  温みに包まれ  処々に現され  気持がかなり細かく描かれ  飛び込み、やがて漉され  何時も引かれ  中に醸され  彼から何かを盗まれ  ように操られ  其処には残され  風の音にふらふらと揺られ  しか残され  魂しか残され  夢の中から無理に引きちぎって来られ  グラスとが置かれ  ものが吹き込まれ  真実が失われ  スティムで蒸され  中にあって、ごたごたに積まれ  彼に思い出され  小降りになったかと思われ  瞞され  蝶番ごとそっくり剥ぎとられ  破壊し尽され  何回となく繰り返され  ことを知らされ  夢から自由にされ  怯かされ  それに彫られ  無邪気に描かれ  症状が思い出され  看護婦たちに持て余され  少女たちに取りかこまれ  工場でやられ  銭が投げ込まれ  彼によって使い古され  誇大され  スターリンにしてやられ  食人鬼のように描かれ  可決採用され  犠牲であり、欺かれ  それがなされ  ジイドによって描かれ  才能と称され  ステイムで蒸され  つて、ごたごたに積まれ  なつたかと思はれ  壞され  蝶番ごとそつくり剥ぎとられ  盡され  何囘となく繰り返され  邪氣に描かれ  餘され  ことを誓わされ  ことの許され  私一人によって保たれ  山中に立て籠っていると聞いてさえ驚かされ  納得して呉れるとも思われ  通報され  躊躇せずには居られ  門灯に照し出され  あなたに三度四度と鳴らされ  乍ら受信が続々と行われ  憲兵隊へ呼ばれ  宿泊を余儀なくされ  帰宅を許され  妄想に駆られ  事実をつき留めずには居られ  雑草には蔽い隠され  殺害せられ  ことであろうと思われ  半ば爆弾に溶かされ  肺結核に襲われ  これも並び称され  全部統一され  社会から指弾され  車に曳かれ  偶然とは思われ  好感を呼びさまされ  中へ包まれ  その後ずっともてはやされ  懇請され  余輩はどんなに頼まれ  噂が絶えず聞かれ  寺沢君から伝達され  我輩の悩まされ  手古ずらされ  人気を煽られ  女優なしと思われるほどに騒がれ  警視庁あたりでも睨まれ  検挙をされ  没落かと思われ  絶対的に許され  彼には見破られ  ことが出来ない、凡そ好かれたり、よろこばれ  親切は大いに憎まれなければならない、大いに怨まれ  新聞雑誌記者もなし、また聞きに来られ  板垣伯は亡くなられ  世間から悪く云われ  世間からビリケン呼ばわりをされ  烟たがられ  降下され  星亨の殺され  星が殺され  連載時代から愛読して居られ  先方では取り合われ  出版記念会が開かれ  全部焼き亡ぼされ  紙型だけが焼けないで残され  東日へ誘われ  そこで絶たれ  今日に残され  表面上譲り渡すことにしていたが、譲り渡しはしても譲り渡され  はじめて発表され  主筆田川大吉郎氏に拾われ  寝返りを打たれ  縁は全く断たれ  意気に動かされ  力に余儀なくされ  一言云われ  一切清算され  歳月についやされ  自分に云われ  言葉はつよくうちこまれ  店が張られ  物乞いをされ  ペイチカまでさらわれ  端が踏みにじられ  踵をかまれ  鶏売りにはさまれ  ナースチャは聞かされ  ナースチャはきかれ  石油が売り出され  いまは思われ  数冊パンフレットがおかれ  駄目だって云われ  組合へとられ  リヴォーヴナに云われ  リヴォーヴナにほのめかされ  ことをきかれ  どこかを突かれ  虚言の見破られ  わたしぶたれ  繩が張り渡され  干物をすっかり盗まれ  人たちは盗まれ  リヴォーヴナは、盗まれ  犬に嗅がれ  輪廓だけ刻まれ  寒冷さにおかれ  低気圧もあらわれ  成層圏飛行が行われ  これがまだあまり行われ  幌で揺り動かされ  上へ降ろされ  茶碗に盛られ  尻は撃たれ  顔は揺られ  油が注ぎ込まれ  夫から贈られ  つもりで与へられ  種子が、ようやくちらほらと、蒔かれ  命令を下され  剛に睨まれ  父に遮られ  争ふなど思はれ  奉職せられ  あおむけにねかされ  最後に聞かれ  鎔和され  つても汚され  聯繋をも強ひられ  からといつて鎖され  私も怖れ  傍で溶かされ  はじめて許され  急に鋭くされ  絵具が溶かされ  線で描かれ  奥につつましく流され  ルーティヌに従ってなされ  ように取り行なわれ  自覚的にされ  講義を聞かされ  心にのこされ  元より知られ  先生らしさと云われ  対象と化され  漠然直感され  一瞥と同時に動かされ  責任もおのずから含まれ  間で語られ  中で語られ  足をふみ出さずにはいられ  それによばれ  カレンは踊りつづけずにはいられ  花で飾られ  中からはこび出され  手足をひっかかれ  いっしょにいかないかとさそわれ  上へのぼって行って、さわられ  そのままお寺へもっていかれ  女には振られ  第一歩がきられ  花を食べてはいけないといわれ  神さまにまつられ  大神とまつられ  老爺に頑張られ  決けられ  出口を塞がれ  引ツ攫まれ  斜にせられ  眞ツ白に晒され  傳播され  やうに説かれ  情に打たれ  踏消され  永年牢屋にぶち込まれ  急に放たれ  ツたらかされ  ツ散かされ  繃帶され  壓潰され  何物かに嚇され  誰かに可愛がられ  むることができると書かれ  添加量は次第に増され  手段がとられ  城壁が築かれ  かくの如く考え出され  二人は殺され  足を執られ  何物にも動かされ  犠牲が払われ  人は、救われるとか救われ  ために破られ  買い物にやらされ  近所へ呼ばれ  風にひたひたゆすられ  指揮すべく、引っぱり出され  幾人となく引き裂かれ  切り千切られ  あいだ打ち砕かれ  ヘシ折られ  世間から狂人扱いにされ  誰かやられ  クレエンに釣られ  大の字型に投げ出され  キチガイ扱いされ  私に小突かれ  鼻を抓まれ  金貨を探しに来られ  ものに睨まれ  奴等に打ち殺され  水雑炊にされ  無頓着に行われ  意味をもって行われ  会はそのまま開かれ  しかし、招かれ  舞踏会が開かれ  眼前で行われ  平素冷静そのものといわれ  暗殺の行われ  平素女丈夫と言われ  他殺され  弾丸が取り出され  輸入され  方面から観察され  身替りになって殺され  記載され  外相の殺され  電燈が消され  一つ手ぬかりをしていると言われ  冷静そのものといわれ  雑作に行われ  当夜招待され  外相に知られ  水面を吹かれ  浮世ばなしを促され  親が優しくされ  人にも話され  神隠しか、攫われ  ことで、攫われ  格別、何とも申され  山と積まれ  どんづまりのその女郎が殺され  杖でのろわれ  中へ縛られ  ことなんぞ謂われ  是非、だまされ  草取やらに雇われ  草刈に頼まれ  声では謂われ  耳を揃えて頂かされ  験のある祈をされ  それは殺され  爪先を取られ  金子を頂かされ  そこを見込まれ  我ながら思われ  ように結ばれ  心が蔽われ  間に醸し出され  茲まで引きずられ  お母さんから云われ  一つがんと殴られ  五年間父親から無視され  計画がめぐらされ  物色せられ  父から怒鳴られ  彼は憐れまずには居られ  運命に塗られ  まま単に通り越され  女からお辞儀をされ  糸に繋がれ  変に気味悪く思われ  ようにさえ思われ  白粉に包まれ  手で抱き取られ  雨になるかと思われ  電気の光りに輝らされ  無理にしめくくられ  罠を張られ  皆闇に包まれ  火がともされ  情熱に駆られ  ものまで持ち出され  皆からあやされ  方が、よく教え込んで置かれ  室に寝かされ  幾代に呼ばれ  不安に思われ  自分が慕われ  神経を悩まされ  唇が、色褪せてきっと結ばれ  依子はどう取扱われ  中に巻き込まれ  依子はじっと抱かれ  窓に置かれ  雨戸が鎖され  ぽかされ  何かを聞かれ  つて一晩拘留され  今朝假に許され  罪に落され  知らせを出しはしまいかと疑られ  繃帶で鎖され  院長から注意され  病院だとも思はれ  下に涙ぐまれ  藥でも注され  注し藥をされ  先を敷かれ  藥を注され  標本圖だらうと思はれ  それぎりどうしても寢附かれ  いふ事は、履かれ  繃帶をされ  なぞをされ  注意が引かれ  こちらへ置かれ  默つて給仕をしてゐれ  考へ返され  小女は叱られ  厭さうにされ  した、置いて行かれ  氣まぐれに選ばれ  下へおろされ  大切にしてやられ  ほんとうに君たちに好かれ  目かくしされて飾られ  旗にかざられ  三人立たされ  誰に取られ  手足ないのでおきやがりこぼしほうり出され  舌を切られ  口もきかれ  蟹猿から貰つた柿の種だまされ  蟹はだまされ  四ウ耳は塞がれ  團子にされ  糸をまかれて、しめくくられ  抽象化され  時間をとられ  ガードに守られ  最初になされ  確認され  ものは、思い出され  家が壊され  指導がおこなわれ  膜で覆われ  彼女に言われ  相当に知られ  スカウトされ  ブリーチされ  自動車事故にまきこまれ  研究されつくされ  最後に打たれ  調査が、すでにおこなわれ  調査され  フィクションが組みこまれ  日本から送られ  観光客にきかれ  ひとりに聞かれ  海へひっぱりこまれ  ハワイで作られ  片隅に焼きこまれ  英文字であしらわれ  急速に失われ  シャツと呼ばれ  野蛮人扱いされ  検免島と呼ばれ  なににも使われ  正面の開け放たれ  気持ちを動かされ  上には、こまかく砕かれ  何度塗りかえられ  あなたに頼まれ  彼女は、こう言われ  なにだか、言われ  触発され  鏡とにはさまれ  スロットにはめこまれ  営業のされ  半分はふさがれ  視界をふさがれ  年月にわたってよく使いこまれ  外にとり残され  つながりがほぼ断たれ  むずがると父に叱られ  父に叩かれ  昔にひきもどされ  シティと呼ばれ  半分ちかくが叩きこわされ  海へひきずりこまれ  再建され  再建はされ  人たちに親しまれ  競売に出され  修復され  紙に包まれ  引き渡しがおこなわれ  ぼくは知りませんけれど、描かれ  譯され  つて發明され  考へになるかと訊かれ  われわれには閉され  刺戟せられ  嘱され  鼠色にぼかされ  眼をひかれ  葛西家に使われ  夜も眠られ  月の光にぼかされ  女伴に怪しまれ  月の光に晒され  海風に送られ  気羞かしく思はれ  雰囲気がつくられ  白眼視するだらうとは思はれ  抹殺し去られ  影であらうと思はれ  下から風に送られ  両足を掴まれ  逆しまに吊され  人垣に隠され  砂浜伝ひに運ばれ  緋奈子に誘はれ  黄昏が来ると、促され  国にやられ  十分にもてなして帰され  金銀で飾られ  お姫さまは、うれしく思われ  安心をいたされ  お姫さまは、待っておられ  お召しなされ  縁談を断ってしまおうかとも思われ  かわいそうにも思われ  嫁にいって、なぐさめてあげようかとも思われ  ときは、思われ  お姫さまに贈られ  物とせられ  人々からおそれられ、よく知られ  黒に見込まれ  心配なされ  顔にあてては、泣いて悲しまれ  お姫さまはぞっとなされ  船に積まれ  お姫さまは驚かれ  姫から贈られ  中に沈んでしまわれ  風情に誘はれ  粉雪につつまれ  かに胸を衝かれ  陰翳が抉られ  困苦を強ひられ  危機に晒され  子供心に印され  手伝はされ  椅子が運ばれ  幕が張られ  掲示され  方へ導かれ  跳繰りだされ  こともなく、与へられ  風に煽られ  むき出しで晒され  きり切開かれ  兵隊になられ  方へ運ばれ  うんざりするほどきかされ  嵐に揉みくちやにされ  爆弾が撒かれ  返事され  露出され  間に置かれ  天井から吊され  魅力に惹かれ  脇へ外らされ  なかに投げ出され  本土決戦が叫ばれ  卓上に置かれ  何かに追ひつめられ  いま作業から解放され  添つた堤に出て、崩され  下に晒され  荷物持たされ  目に描かれ  嵐にあふられ  川に区切られ  門は開け放たれ  警戒警報も解かれ  空から撒布され  炊事道具さへ持出され  前から規定され  窮鼠の如く追ひつめられ  枠に嵌めこまれ  まりひどく叱られ  引ぱり出され  校庭に立たされ  話をきかされ  座敷に敷かれ  馬車で運ばれ  一脚ぽつんと置かれ  家とり壊され  一杯喰はされ  建物疎開ですといはれ  ままにされ  空襲で焼かれ  のだといわれ  露子は、いうにいわれ  露子をあわれみ、かわいがられ  外国へいかれ  外国へはいかれ  お姉さまはいわれ  王さまが、よこされ  船を迎えによこされ  お迎えに出され  のを悟られ  恋愛が形づくられ  錯綜に絡まれ  包蔵され  心地がされ  人を思い出さずにはいられ  風になよなよと吹かれ  炎に彩られ  正面に視れ  焔でも発しやしないかと思われ  気もされ  証書をも書かされ  ひとりが残され  器用に儲けれ  空想され  引摺り込まれ  脚を取られ  から聴かされ  幾度聴かされ  ものに見込まれ  通力を抜かれ  中でも封じ込まれ  レッテルの貼られ  何物かで強く打ったかとしか思われ  身が恥じられ、また悲しく思われ  ことは、余程呪われ  気が強くされ  斯う云われ  蚊に喰われ  ことで打込まれ  弾力から弾き出され  ものに描かれ  とげにつきさされ  実がつきさされ  春が待たれ  くじがまたひかれ  満足に思われ  催おされ  豊後守から指図をされ  季節外れと嘲られ  比を見ずといわれ  脈絡通ずるとまで持て囃され  勝川春章に追われ  前栽に隠され  旅宿から不意に追われ  言葉が頷き難く思われ  主人大変喜ばれ  夕立ちに襲われ  承引くだされ  絵絹が巻かれ  役をお退きになられ  釋詮考され  僞傳され  爲に殺され  收採され  道家にされ  口授親傳され  得了され  附加され  つて傳へられ  方へ引張り込まれ  他人から注がれ  心持に動かされ  彼に導かれ  もっと完成され  感情にならされ  態度をされ  事を考えずにはいられ  位置におかれ  教育はされ  一時よくいわれ  所有され  憧がれ  中に入って暮され  世界で暮らされ  上から望まれ  ところへ気が付きなされ  上からも望まれ  二度断られ  国へ売られ  お婆さんは、騙され  山を眺めて怖れ  鼻を撮まれ  人間の顔とは思われ  何かに襲われ  飼育され  鈴が鳴らされ  料亭に呼ばれ  会員を有すると云われ  写真版が売られ  安価でなされ  工作も行われ  水の都とされ  自爆され  幾筋も開かれ  中に築かれ  三段にめぐらされ  昊天上帝を祭られ  数が選ばれ  坊市場と云われ  そのまま使用され  閉鎖放置され  頭に深く刻まれ  他意識され  トンポエムが作られ  表出され  了解され  どこかへ持ち去られ  云ひ聞かされ  發しやしないかと思はれ  壓倒され  氣持にされ  から聽かされ  幾度聽かされ  身が恥ぢられ、また悲しく思はれ  氣が強くされ  中に入って暮らされ  気がつきなされ  おばあさんは、だまされ  隨分適用せられ  合はされ  自分が招かれ  入唐せられ  姫君は、早くなくなられ  降嫁せられ  母によりて護られ  父に依りて護られ  父母によりて護られ  兄弟によりて護られ  姉妹によりて護られ  親戚によりて護られ  種姓によりて護られ  法によりて護られ  占有せられ  かこはれ  話を持ちこまれ  氣に入らないかと訊かれ  つたのだと聞かされ  誰にも犯され  部屋はないといはれ  所まで行くと、見る見る押し流され  波に呑まれ  それは長く思はれ  一生懸命に泳ぎ、押し流され  向う岸に取りつくかと見えたが、やはり流され  力もなく脆く押し流され  彼に残され  なかに呑みこまれ  さまが、おられ  おしになって、もまれ  ふみおられ  盗人と思われ  いわし屋にぶんなぐられ  五百袋も配られ  母親にそそのかされ  朝日理髪店と書かれ  嘱託され、だから死なれ  それで焦らされ  仕様むない男に貰われ  格式が落ちたと思われ  ところを突かれ  頭を刈られ  義枝はあわれ  何時果つべしとも思はれ  迷はされ  習慣を与へられ  決意が示され  ことをしたと開き直られ  外にはないと思はれ  あさまし過ぎると思はれ  外にはないと思われ  あさまし過ぎると思われ  自分では歩かれ  背におわれ  糸で結ばれ  そこにおろされ  あたりでつくられ  綱にひかれ  綱に引かれ  猿に引かれ  さん/″\膏を取られ  野郎におどかされ  大屋さんに叱られ  ボーイから剣呑を食わされ  不思議で無く行われ  ダンスが行われ  トップを切られ  かいされ  ノタリノタリと漕がれ  此処で行われ  子を育てるとさへ云われ  人口二百万と称され  満艦飾され  ブルジョア有閑婦人によって作られ  矢に突刺され  迫害され  享楽され  クタクタにされ  洗濯され  豚に食われ  火にでも焼かれ  白昼攫われ  露路へ引き込まれ  ベタベタ書かれ  内地化され  何んとも云われ  仄かに暈され  おおまかに作られ  これらのものに包まれ  数尺高く造られ  部屋は充たされ  幾筋かに織られ  実を出され  白系ロシヤ人によって行われ  引っ張り込まれ  日露戦争当時よく歌われ  夕陽に照らされ  風情に誘われ  筆蹟にも窺われ  雑用を手伝わされ  みんな取払われ  気を奪われ  通りがぐいと思いきり切開かれ  ここにも窺われ  送別会が行われ  揉みくちゃにされ  予習が行われ  ものは何時のまにか見喪われ  建ものが取払われ  堤に出て、崩され  訓示が行われ  眼に描かれ  嵐にあおられ  炊事道具さえ持出され  工場疎開はのろのろと行われ  満洲ゴロに一杯喰わされ  建物疎開ですといわれ  疎開でとりはらわれ  頭、割られ  担任され  敬語を使われ  大阪朝日新聞記者に対して使われ  返事をされ  大臣になられ  ビスマルクに牛耳られ  締結され  幻惑され  説は行われ  ために、次々に亡ぼされ  細菌に食われ  具体化され  水に遮られ  兵で、頼まれ  大学におられ  水でもはじき込まれ  小村侯によって、覆えされ  さうに思はれ  手段として残され  日本大使館内におかれ  境に運ばれ  丘陵に遮られ  撞出され  溝掃除で、掘り返され  温泉へ行かれ  部屋に頑張られ  二万元以下じゃ、見のがされ  威力に圧され  地底深く追いやられ  構築物ももたないといわれ  不可能と思われ  最小限生活に追いこまれ  邪魔扱いにされ  煎餅の如く伸され  パンに挟まれ  地底戦車にとり囲まれ  ブチが眠られ  のですかと問われ  幕で美しく飾られ  父に伴われ  ことが懐しく思い出され  情調がすっかり破られ  常識化され  ところで決して行われ  自然淘汰が行われ  ポルトガル語だといい聞かされ  はじめて開かれ  殆ど駆逐され  殆どすべて翻訳され  近くパーロー女史等の来られ  あれが時々思い出され  誉を謳われ  殆ど失われ  兵燹に焼かれ  小説で云われ  重用され  応用して、深く探ったとも云われ  居士号を許され  襖は閉ざされ  人数が配られ  其結果見付け出され  後年字名を呼ばれ  人波に揉まれ  脳天を割られ  行方を探がされ  事実が記され  厳重に縛られ  間へ捨て去られ  遷座なされ  切仆され  弑虐か、それとも救い出され  尊敬を払われ  猛者どもに、おっ取り巻かれ  水夫達に依って、繰られ  後へ残され  水夫達に導かれ  柬埔寨風に飾られ  夫れへお掛け下され  何処に居られ  松火が点され  イルマ将軍とも云われ  援助下され  行方不明になられ  対面が行われ  恢復され  過程が行なわれ  これはすでによく知られ  陸地におおわれ  ものがほとんど全くおおい隠され  阻止され  眼をさまされ  突のめされ  畜生、やられ  一槍も合さずに討たれ  幾十艘となく、繋がれ  鉄砲で打たれ  奴が見つかったなら、撃たれ  七八百人やられ  軒に釣るされ  敵に入られ  肩を撃たれ  誰も撃たれ  見えない力で、へし折られ  自分の撃たれ  鉄砲にうたれ  職場から追っぽり出され  全然無視され  眼で睨まれ  野郎がやられ  機械にやられ  片手をやられ  担架で運ばれ  現実を知らされ  戦争はおこなわれ  結果としておかれ  分別を呼びさまされ  戦争で殺され  中で打砕かれ  自分達の失われ  民主化がいわれ  封建性はなかなかとりのぞかれないといわれ  問題とはいわれ  社会のしくみが動かされ  精神がつかまれ  民主的政党からだされ  三人同時に斬られ  註され  浄瑠璃に歌われ  陽気にひらかれ  逸みなされ  菊に送られ  中まで思い遣られ  後手へ廻され  小宮山彦七が殺され  昔名与力と謳われ  市民にとっても恐ろしく思われ  睡眠に誘われ  お前に行かれ  不足に思われ  海賊に襲われ  乳母に抱かれ  後は残らず殺され  間に押し伏せられ  助けなされ  吃驚なされ  訓しめられ  財布は引き出され  木津川へ投げ込まれ  あべこべに追われ  妾は行かれ  前身夜鷹とは思われ  お話し下され  敵に襲われ  捕方共に囲まれ  掛声もなく突き出され  ここお開け下され  信用なされ  信用下され  静かに引かれ  中からとざされ  首級お受け取り下され  船首に描かれ  首を討たれ  中にて討たれ  それ以前から、お籠りあそばされ  お立ちになられ  身をやつされ  蓑笠で蔽いあそばされ  君に見出され  勢に追い討たれ  愚考いたされ  先般関東方我に破られ  一戦もお交しあそばされ  尽瘁せぬとも限られ  橋で破られ  松明がおびただしく焚かれ  戦意頓に失われ  赤坂城を復され  城は乗っ取られ  ものができていると聞かされ  刺身をふんだんに食わされ  どこへ売られ  網で獲れ  本社から嘱託され  空に彫られ  のが見わたされ  だんだん森のおくへおくへと、さそわれ  死にそそがれ  胡桃色にともされ  望みばかりのこされ  光にかがやかされ  ふみくだかれ  なかに遺され  霧にとざされ  きれいに掃かれ  息子から渡され  とも使はれ  土に投げ出され  緑につつまれ  指にはさまれ  晴雨が気遣われ  中に追い込まれ  劃大され  地所ぐるみ人に取られ  馴致され  身体が剥き出され  風に吹き払われ  性を抜かれ  摩擦され  都会偏愛のあわれ  時代文化に取り残され  中へ弾き込まれ  貝原に待たれ  洗煉され  ものは争われ  貝原に買われ  方から、云い出され  悲哀に襲われ  謬着物をもぎ取られ  初は襲われ  父とそしてあわれ  舟に護られ  操縱され  のを頼まれ  浄化せられ  便宜が次第に失われ  統一とをもって形づくられ  大変読まれ  風土化され  のだから、読まれ  本は読まれ  断片が盛られ  推奨され  知らない状態におかれ  売れ行にも示され  本の読まれ  心理にうながされ  例外に置かれ  読者として置かれ  猿がつながれ  殿と謹んで記され  立札に記され  表札に記され  戦死をされ  万国旗がはりまわされ  となりに語られ  ことから割り出され  目前説明され  感銘からは消され  意図が示され  明治時代に描かれ  資格として語られ  がきされ  冷汗におびやかされ  矛盾に悩まされ  子供を残され  応接間に通され  云つて来られ  意見を与へられ  から尊放され  身装で来られ  気勢に煽られ  執拗におしこまれ  泣言を聞され  指一本でも指され  夢に誘はれ  読されて、引き裂かれ  恰好をつけれ  馬鹿にされ、小突きまはされ  民蔵に持つて行かれ  欠陥が見出され  女にのみ負わされ  目前に積まれ  女性によって書かれ  のは、争われ  女が放たれ  ものとして取扱われ  反省的に取扱われ  旗がひるがえされ  それを取られ  目を引かれ  二つの赤旗がおりおり高くひるがえされたり、すぐにまた引きずりおろされ  巡査に引きずられ  仕方がない、やはり連れて行かれ  当時よく使われ  無政府主義者と言われ  警察に連れて行かれ  警視庁に移され  刑をしょわされ  起訴され  希望が語られ  侵入され  譲歩しないだろうと思われ  姿は云いつくされ  運命におかれ  日本でもあんなに読まれ  春陽堂文庫に訳され  この間翻訳され  箱一つにも絡まれ  関係で充たされ  範囲だけ許され  ところに云われ  今行われ  節約整理され  それのつかわれ  必要が示され  お抱えとしてうけつがれ  要約され  芸術化され  象徴され  思いつきで舞われ  健全と思われ  若い脚がのびたいだけ伸ばされ  美とされ  社会生活からもたらされ  剪りこまれ  不健全な使われ  はなし鈍らされ  関係におかれ  のだと知らされ  堕落と云われ  ところにのこされ  顔を近々と照らされ  トウストが出され  食堂へよばれ  中に徐々にかもし出され  何かがかくされ  全身でひきこまれ  ーと照らし出され  こっちへとゆすられ  気持で思い出され  本立てで挾まれ  興味は一向に動かされ  燈に照らされ  顰蹙され  ソーヤーに睨まれ  私またきかれ  複雑にのこされ  ふだん畳んでしまわれ  切りはなされ  中に囲われ  お汁粉が出され  私宅へ呼ばれ  勧告され  気分で受取られ  不愉快に思われ  打合わせはされ  さ、語られ  私どうにかされ  ランプに照らされ  左右にふられ  ドアがしめられ  さっき左右にふられ  さわさんを戻され  前半だけでねじこまれ  葡萄酒などが出され  推薦され  泰造が、はがゆく思われ  雰囲気に包まれて書かれ  母とならされ  空費され  そのままちっとも真直ぐあらわされ  大体たのまれ  角を削られ  生彩は失われ  学生たちがはぐらかされ  声にふくまれ  さっき云われ  斜かいにおかれ  ものにしか思われ  勢におされ  風にさからい、流され  素朴にあつかわれ  理窟って、考え出され  丁度前学生集会所へ撒かれ  南風に吹きあおられ  壁際に置かれ  鴨居にまで貼られ  真昼間行われ  こととして思いやられ  ペンキで塗られ  何年もの風雨で曝され  希望から絶望へと絶えずつきころがされ  好奇心を動かされ  かお友達にたのまれ  拷問され  ことは、殺され  住居へ運ばれ  詰問され  生活を余儀なくされ  生命が失われ  撤廃され  面をうたれ  一笑に附され  のかとばかり思はれ  胸一杯のものに駆られ  発刊され  快適そうに思われ  唐紙で区切られ  それを見ておられ  どころが置かれ  敬意をふくまれ  鑑別され  感覚さえ失われ  判断が曇らされ  流行にひかれ  うちひらいて微笑まれ  次から次と読まれ  ドンドン押され  現実に追いまくられ  旺に云われ  側から表現され  課題とされ  機械的に絡み合わされ  それを云われ  作家たちの読まれ  鑑別がおかれ  大衆から選挙され  感じにうたれ  女が搾られ  そこにおかれ  一つ一つ実現され  勇気にみたされ  心を脅かされ  姿を見いだされ  おおかみに踏まれ  きつねに踏まれ  口に出していいもされ  不安におそわれ  ふうに繰り返され  肩に止まって愛され  幾年費やされ  遠くへ流され  島にでも救われ  物知りにあざむかれ  つて見てゐるらしく思はれ  讃美に思はれ  学校で聞かされ  本能寺で討たれ  街頭に引き出され  ユーモアに微笑まされ  ものに引かれ  同心に駆られ、曳きずられ  萩原さん誘惑され  相に思はれ  やうに引きずられ  普通和蘭屋敷と呼ばれ  奉行から遣はされ  事の許され  信者である事は金輪際許され  商売を強ひられ  比較をされ  貴方は断わられ  ものに捧げられてゐれ  鎖を引きちぎられ  肴とが運ばれ  お上から廻はされ  正直者に思はれ  脳裡に刻み込まれ  彼は実に撃たれ  如くうすれて行く如く思はれ  者に思はれ  過ちを免れて来られ  幸福に充たされ  近頃のばてれ  仁がばてれ  悪魔に見込まれ  俄かに思はれ  いつまでも童顔の失はれ  病気で来られ  傷口にさはられ  引剥がされ  秩序とが保たれ  性質を与へられ  つて万人共通的に作られ  つて教育され  恥辱に思はれ  りつけられ  釜が置かれ  鼻は塞がれ  帰つても寝かされ  時から聞かされ  前に驚き、打ちのめされ  人間が生かされ  ものに思はれ  婚約は許され  天草から脱走して来られ  事を怖れ  逆吊りに浸たされ  フェレラは冷やかされ  亡者が浮ばれ  此道を通られ  長老は来られ  巨獣の吼える如く思はれ  湛へられ  つて与へられ  間にはさまれ  その男は抑へられ  夢としか思はれ  其形に並べて鏤めたとしか思はれ  伯母に起され  事を強ひられ  事に思はれ  神から与へられ  楽しみに待つて居られ  話に思はれ  手頸を掴まれ  君達に頼まれ  為めに捕へられ  為めに残され  踏絵は置かれ  面被が剥がされ  布で塞がれ  縛され  後ろに引き倒され  為め信者と誤られて殺され  云ふばてれんが殺され  妄想に病まされ  打ちにされ  敗され  落第を怖れ  笑殺され  絹に包まれ  親爺から勘当され  やつぱり眠られ  松にはさまれ  夫に揺り起され  髪を掴まれ  行つて赤ん坊を抱かうとすると、やられ  女に締め殺され  声とも思われ  足をも攫われ  ただ一人取り残され  常ならば動くべしとも思われ  音のみにそそのかされ  魔に誘われ  春風に吹かれ  夢に襲われ  個霊の消え失せて、求むれ  惜気もなく断たれ  風に打たれ  袖を、乞われ  上に描かれ  こに繋がれ  錐に刺され  ぐる十日を繋がれ  足台は覆えされ  火打石と化して、吸われ  容赦もなく描き出され  襟に括られ  雷火に打たれ  様もなきに容易くは追い付かれ  中に織り込まれ  魔に襲われ  模様が描かれ  腸で脅かされ  急にはっと思い出され  七時頃でなければ帰られ  横浜へ行かれ  戦が戦われ  氏が来られ  先に帰られ  応接室に待たされ  手当が為され  粥を一杯許され  氏が帰られ  特別に許され  氏がまた見舞って来られ  氏が云われ  氏は云われ  氏が見舞って来られ  病気を知られ  磁石を持って来られ  感情をそそられ  時母から云われ  堯に向って為され  児に向って為され  注射が行われ  氏が見舞われ  頭が少しも侵され  胸に行われ  まま吸収され  回診して来られ  氏も黙って居られ  筆が添えて持って来られ  氏が居られ  方に廻され  肉を掴み去られ  虫仲間からたのまれ  みんなはつかれ  カイロ団長は、はやしにつりこまれ  縁談からきめてかかるべく余儀なくされ  格別閑却され  近頃世間に騒がれ  人生観が織りこまれ  苦しまされ  人に取られ  言葉に動かされ  上に揺られ  さひろごれ  露骨にとり扱われ  こととされ  厳重に守られ  俺は押しも押され  ツクナイを取られ  償をとられ  ホパラタと呼ばれ  疫病神に対してもおこなわれ  北東亜細亜に広くおこなわれ  何物にか狙われ  端れに向い、言われ  針をも取られ  さいくばくとも量られ  かたちとも思はれ  物ねたみされ  方法によつて築かれ  自由になされ  統制され  責任感にしばられ  時日が限られ  国へ返され  隊附はされ  教へ込まれ  一卓が与へられ  酒宴が開かれ  道を絶たれ  我儘は許され  内地から派遣され  並び倒され  これこそ殺気立つてゐると思はれ  好意を示され  間で読まれ  城壁に囲まれ  撃墜され  念にうたれ  扉は重く鎖され  幾重にも築かれ  昨夜五十嵐君から紹介され  つて破壊され  タイヤをやられ  買出しにやられ  破片でやられ  省略され  目下準備され  批判を含んでゐると思はれ  風貌をもつて、与へられ  吟味が施され  家に限られ  籌らされ  不審に思はれ  裏返しにされ  概念から割出され  隅々に張りめぐらされ  私は指され  手で戦はれ  風習に慣らされ  廻廊に取巻かれ  上へは打ちおろされ  一節が物語られ  なつて差出され  名海外に知られ  綺麗に磨かれ  植ゑつけられ  何しに来たと訊かれ  南からは睨まれ  料理が運ばれ  文字通り支那群衆に取り巻かれ  事変で、こつちへ送られ  人はどうかと思はれ  日本語に移され  名刺を出され  文句を述べたてられ  壁で仕切られ  三氏に送られ  廊下へ持ち出され  すべてに可愛がられ  喰はせられ  童謡にのこされ  惜むものゝやうに思はれ  滝にうたれ  発見せられては消され  中所に吊られ  鐘が慌しく鳴らされ  交へて吐き出され  何だか馬鹿され  口に表わされ  月の光りに照らされ  草に抱かれ  ばっかりにつくりなされ  時に引き出され  朝顔狂と言われ  いま思ひ出され  時計虫とも呼ばれ  月並化され  性格とされ  面喰わされ  能弁家にすっかり弱らされ  綱で繋がれ  照し出され  きりと画かれ  暇乞をしに、呼ばれ  十字架に死なれ  上に鎖され  併し撞き放され  風に吹き消され  わたしは頼まれ  命を取られ  けが喧伝せられ  出版せられ  者は気安くして贈られ  神も許され  忙殺せられ  裏に葬られ  新聞紙上に現され  澆ぎ出され  窃盗罪にて捕へられ  意かと思はれ  由いひこされ  変更せられ  近頃出版せられ  方へ移され  身より奪ひ去られ  郵送せられ  感に撃たれ  数へるほど詠まれ  間にもてはやされ  から採られ  十三年頃詠まれ  歌会で作られ  黒髪長くつくられ  評価して居られ  柿浸され  温泉に浸され  一人高野山に登られ  想像しながら詠まれ  朦朧となられ  半切なども書かれ  ここでは沢山よまれ  行つて居られ  いふ雨が降つたと思はれ  大分よくなられ  水荘で聞かれ  余りものを考へずに休んで居られ  つては、せめて残され  印象の残され  歌さへ作られ  詩人に与へられ  つて継承せられ  中心が置かれ  凧吹かれ  頃一碧湖といはれ  先生夫妻の好んで遊ばれ  数首作られ  逗留して居られ  広広と見渡され  湯から法師温泉を廻られ  とつて弱られ  見聞され  家と結ばれ  抛棄せられ  標準が示され  千鳥吹かれ  網羅され  幾つかを廻られ  土産がもたらされ  多数詠まれ  髪に結ばれ  ゆはせられ  野尻湖でよまれ  時蕪村を学ばれ  影響を受けて居られ  時を同じくしてなくなられ  東京会館で催され  一人あらうとも思はれ  中道腰輿など許され  海浜ホテルに泊られ  作が残され  一夜を明かされ  一泊され  思つて読まれ  わきから助言され  日光に遊ばれ  無常観に打たれ  自ら含まれ  島に行かれ  三つにわかれ  馬を降りれ  室に居られ  馬からすぐに下りれ  ぐらゐ欺され  ためにつかれ  馬にけられ  床にすとんと落され  どこから敵が見てゐるか、あなどられ  王は早速許され  頭がつつまれ  患者達に飲まされ  それにこすられ  雪空に遮られ  天候區域へ運ばれ  底へ投げ返され  つて、怒られ  笑はれたり蔑まれ  食はされ  扉が押しひらかれ  手先にやられ  どこをやられ  誰にどうされ  毒は飲まされ  何度ジャコビン党に殴られ  俺はまだ殴られ  殺気が含まれ  全然黙殺され  酒宴がひらかれ  類ひあるべうも思はれ  父親からしかられ  明治三十三年わかれ  袂ながらに盗まれし盗まれ  琴なればはだやはらかういだかれ  手とられ  んにうなづかれ  姉のおもこそにほひくれ  くせこそ泣かれ  くら戸はひらかれ  君はしかられ  良人に叱られ  つたが、寝つかれ  ますます寝つかれ  わんぱくに捕られ  ば執られ  夜風に吹かれ  焔を立つれ  芽が出ようとも思はれ  へ達に殺され  叫びに引かれ  氷と、され  音律にも消され  前に描き出され  はつきりと描き出され  光明が見出され  間をおいてともされ  瞬間に失われ  風にこきおろされ  向側まではっきりと照らされ  光に照りかえされ  道がへし折られ  縊り殺され  帳場と呼ばれ  赤坊は泣きづかれに疲れてほっぽり出され  真中に切られ  三度横面をなぐられ  光とが追いつ追われ  一部分しか耡起され  衝動にさいなまれ  衝動に駈られ  蓆が持ち出され  二つ取出され  ぼけを喰わされ  幕は開かれ  たか打れ  ものはつり込まれ  熟睡から破られ  現実に呼びさまされ  力に思われ  赤坊に飲ませろとさし出され  川森に付添われ  姿から叫ばれ  捜索が行われ  厳重に行われ  控除され  中で怒鳴られ  襤褸につつまれ  汝れもたたき殺され  裸身にされ  気分を怖れ  自然から奪い去られ  中に呑み込まれ  奴だなんていわれ  今断られ  ところを見込まれ  性質を愛され  のではあるまいかと思われ  建物も押しつぶされ  ところから呼ばれ  手からぐいっと持ってゆかれ  支柱に組み込まれ  腐蝕され  光沢とによって磨かれ  音があるといわれ  水から造られ  毎時もよく洗われ  投書すると、すぐに採られ  詩人連に挟まれ  泪は落つれ  御馳走がひらかれ  時分から人に可愛がられ  幕が引かれ  内気な、それでいて怖れ  ときから印刷工場に勤めていたといわれ  みな燈明がともされ  土器にそそがれ  点火され  燈明がぱっちりとあかるく点され  町が判るといわれ  寺院に貰われ  上にそっと弱弱しく寧ろだらりと置かれ  手はいきなり引かれ  合掌され  恐怖におそわれ  目にいつもありありと描き出され  世間では決して許され  盗みが行われ  毎日せられ  懐中へねじ込んで、まるで蹴飛ばされ  さに閉され  悪事を看破られ  たくさん彫られ  頭にきざみ込まれ  望みが充たされ  心にそそぎ込まれ  別に命令され  あした仕事を知っているらしくも思われ  彩色せられ  雪駄をはいてはよく叱られ  から背後から押し込まれ  二寸三寸と開かれ  ところにありありと隠され  ように取り残され  真実に行われ  ことさえ疑わしく思われ  加減に言われ  花がいつも挿され  水玉が染め抜かれ  夜露に打たれ  僕はやられ  お玉さんによく握られ  本堂へ上って行かれ  本堂を降りて来られ  僕だって愛され  だんだんにするするとむかれ  孤独になやまされ  間に小さく挟まれ  いま思い出され  室で焚かれ  赤襟といわれ  ように開かれ  それに打ちまかされ  挿入され  空想によって描かれ  砥がれ  色にぼかされ  あちこちに寂しくとり残され  横臥えられ  マッチがパッとすられ  頭を撲りつけられて殺され  本来、与へられ  役員会が開かれ  頭を叩かれ  君にしてやられ  医者が呼ばれ  それが語られ  私に思はれ  於ても、語られ  まり問題にされ  道徳意識によつて導かれ  それに馴らされ  意志によつて示され  タオルで塞がれ  厭に思はれ  横を一寸刺され  姿に思はれ  長女として思はれ  手に持たれ  さが思はれ  お土産が出され  叔母から語られ  千枝子にそそがれ  叫泣をされ  先刻頼まれ  上へかざされ  書斎へ運ばれ  蒲団が敷かれ  やつぱり寂しく思はれ  胸に置かれ  口が利かれ  二時間ばかり喋らされ  吸はされ  青年乙が組敷かれ  底へ引きずりこまされ  心惹かれ  言葉に擽られ  列挙され  軽視が含まれ  夫に死なれ  点綴され  転売され  自立性を乱され  一枚ずつめくられ  急に吸いこまれ  私が打ち拉がれ  竹垣で仕切られ  彼から嘲笑され  批判が為され  真空は満たされ  ためにのろわれ  姿にかえられ  かえるにされ  時期に行われ  己れに附され  討議され  軍事行動はなされ  中心におかれ  まり民主化され  建国記念日とされ  ポツダム宣言受諾後最初に行われ  純粋性は失われ  戦争熱であおられ  公職から追放され  眼からかくされ  預金封鎖とよばれ  示威運動も行われ  時使用され  表面上解体され  便宜に使われ  幕間劇が行われ  提案され  承認され  数箇条がふくまれ  掌握され  一九四七年四月に行われ  社会党左派といわれ  公定価格の引きあげが行われ  ためとして行われ  差別され  増額され  増大され  男女平等がいわれ  待遇におかれ  監視が行われ  収監され  道徳的堕落に誘われ  こともしられ  構成にも驚かされ  経済再建に示され  申訳的に行われ  余地が残され  役目につかわれ  前年から開かれ  A級戦犯被告としてとりのぞかれ  弾圧によって殺され  血にみたされ  虐殺が行われ  中世的流血をもって彩られ  全部合算され  盛に行われ  GHQから出され  軍事官報を読まされ  これまでよまされ  刷新が行われ  徹底的には行われ  取扱いをされ  半封建的空気につつまれ  新聞紙上に扱われ  権威をもって扱われ  一般に読まれ  官報的統制におかれ  廃刊され  二円で売られ  一九四五年十一月に行われ  通信社がつくられ  日本人民はたぶらかされ  悪用され  地方で行われ  軍歌ばかりをつぎこまれ  洋楽愛好家にとって愛され  委員会がつくられ  活溌にされ  禁止は解かれ  中絶され  余り注意され  軍事統制を行われ  編集の自由は失われ  淘汰され  分与され  結成され  四六年一月にひらかれ  条項が示され  指名をされ  改正などが行われ  指名され  観点から注目され  再刊され  正式許可され  雑誌が多く選ばれ  現在日本がおかれ  関心をひかれ  重版され  選定がされ  提訴され  条約無効が言い渡され  原則的とりきめが行われ  ものに限られ  封鎖状態におかれ  明示され  指令が出され  目標が示され  ためにも行われ  中等学校にも行われ  四六年十一月廃止され  最近においてなされ  決議され  教壇から追われ  復帰が行われ  一九四五年につくられ  単一化が行われ  全国に起され  予告され  生活難から引き起こされ  全国父兄大会まで持たれ  全面的自由は失われ  世界に知らされ  働きを余儀なくされ  危険におかれ  追加され  千八百円ベースでしぼられ  中等学校から出され  成績順が決まるといわれ  根絶され  更新がなされ  編纂発行され  研究批判され  勤労階級のおかれ  関係も描かれ  なめらかに扱われ  悪天候に害され  歴史が書かれ  デマゴギーが行われ  皮相的に扱われ  ふうに書かれ  支出され  ことに誘われ  屠所にひかれ  公布され  努力もされ  殆ど行われ  従来使われ  時間がついやされ  漢字を使って書かれ  文章によって書かれ  感じで行われ  民主化が行われ  別々で、書かれ  不便がとりのぞかれ  試用され  ことと信じこまされ  戦時中強く植えこまれ  うち破られ  標準語が乱され  廃止され  指令され  伝統はたち切られ  考え方から閉め出され  遊戯とされ  平和運動が起され  感覚され  うちに植えこまれ  癌がいやされ  学術組織改組準備委員会がつくられ  委員が選ばれ  七部門からえらばれ  一九四七年八月首相官邸で開かれ  選挙母体から選出され  民主主義科学者協会から選出され  学閥ギルドから放たれ  ことがのぞまれ  一九四六年以後久しく行われ  五日間大阪でひらかれ  東大で行われ  等が行われ  科学技術のおかれ  可能が失われ  力にむしばまれ  前線に送られ  多く需要され  民主主義にまでのばされ  現代からとり残され  根跡が強く残され  彼等のおかれ  詭弁が好まれ  文相とされ  明らかによみとられ  封建的絶対主義につつまれ  集積され  個人生活をしばられ  戸口をふさがれ  間に封じこまれ  中におりこまれ  文学実践が行われ  彼独特に扱われ  外におかれ  間には生かされ  人々に愛され  難解にされ  メーデーに歌われ  作詩され  存在が許され  余地をのこされ  基準とされ  ようにして殺され  からきりはなされ  殺戮され  しか書かれ  批評され  文学的形式として親しまれ  下に隠され  前線に運ばれ  暗記され  いま印刷され  監視され  脱走兵のあわれ  前夜に、許され  機会を奪われ  ことは知らされ  愛好とが示され  生命さえおびやかされ  日本にもたらされ  ペーソスとをもって愛され  輸入公開され  アメリカ映画館がつくられ  免許制で行われ  調和をもっておりこまれ  典型とされ  上演禁止をされ  公演され  創立され  戦争中全くつぶされ  小劇場を焼かれ  仕事とされ  期間上演され  だんだん組織され  めにも要求され  生活から奪われ  ドイツ音楽だけが許され  ものにされ  音感教育がやかましくいわれ  音楽教育から閉め出され  経済困難にさらされ  外国によく知られ  多くきかれ  中に残され  方向から注目され  官僚統制におかれ  戦争中情報局によって考え出され  ヨーロッパ名画展がひらかれ  一種として買い込まれ  問題が含まれ  立場に立たされ  浮世絵展覧会が開かれ  日常生活から抹殺され  一九四七年六月ストックホルムで開かれ  参加を許され  ミットを買ってくれといわれ  ストックホルムで開かれ  採択され  留保され  可決され  オミットされ  関心がよびさまされ  一九四七年メキシコにひらかれ  はじめ準備会が開かれ  十分知らされ  一パーセントとされ  内閣移管が行われ  立案され  任命するとされ  スキャンダルにつつまれ  一般に知らされ  ようにつとめなければならないとされ  内外から注視され  関心からとりおとされ  官僚統制され  民主化にたいして負わされ  理由から行われ  休業が行われ  のをみても、甘やかされ  カン蛙とわかれ  足をかじられ  規模で行われ  時期に書かれ  文学的活動は華々しく行われ  作品が書かれ  文学史にも記され  目を醒され  下に見直され  間なくして消され  小橋市長によってもくろまれ  もとになされ  生育され  質的低下を示していると云われ  彼はその限られ  心づかいが満たされ  方へ出てゆかれ  土蔵に持込まれ  砂地に晒され  力によって、刻々に壊され  中間に、ぽつんと放り出され  雨雲が引裂かれ  展望され  ひとり置去りにされ  二つにたち割られ  横づけにされ  糸によってあやつられ  幻影で覆われ  送附され  魔術が読みとられ  砂埃に遮られ  永遠によって貫かれ  あざやかさがひとり取残され  うち砕かれ  ところに投げ出され  こころ惹かれ  予感がしきりにしていたが、そうして待たされ  一切から見離され  置きざりにされ  靄につつまれ  頃よくきかされ  船をあかれ  非常に云われ  農民におかれ  多勢によまれているであろうが、描かれ  大衆化が云われ  技術的範囲に限られ  闡明され  日常におかれ  こんぐらがってもち出され  研究とが、とかくいちどきに語られ  方向に導かれ  方向に志され  賃銀を払われ  生活環境におかれ  類でさえ書かれ  読者大衆から要求され  十分知られ  共同条件に圧され  外部的に云われ  表現も行われ  これまで云われ  団扇ではたくと、ちりちりとあわれ  三宿といわれ  作家たちに好かれ  排斥され  継子扱ひされ  くすぐったいように笑っておられ  歎願に動かされ  諸家によってされ  心持が語られ  人に読ませたら、おそらく読まされ  数行を読まされ  表現で書かれたらばと思われ  転換期と称され  多くが畳みこまれ  ことが云われ  目標として語られ  方面からとりあつかわれ  契機がつかまれ  存在にふれておられ  着眼であると思われ  異にまで迫って、語られ  ことを云われ  縦横から相当突こんで語られ  諸相も示され  当りかたから角度を鈍らされ  小説について語られ  字面で書かれ  ことについて語られ  作品がどっさり書かれ  真実さが見なおされ  時流におされ  うちにのこされ  おとといはと目が誘われ  それぞれ工夫がこらされ  動的につかまれ  改訂され  反映され  前面へ押し出され  かかわりなくたたみこまれ  物語が語られ  省察され  状況に対して見開かれ  水火に在っても動かされ  七千万といわれ  明日に向って明るく開かれ  若者だけが負わされ  中に打ち込まれ  事情におかれ  可能とされ  圧えられ  牢屋にまで送られ  自分達に蒙らされ  口に言われ  こと、書かれ  二十五歳で打ち砕かれ  玉砕と言われ  写真まで撮られ  自分の扱われ  ような扱われ  愚弄され  民主化が言われ  長男が奪われ  風に扱われ  最低四百五十円といわれ  悪条件で働かされ  力から無理強いされ  摘発が行われ  中に、隠され  キッチリ結ばれ  ところに言われ  同級生に愛され  下で眠られ  嚥まされ  山毛欅に縁どられ  下積みにされ  やうに結ばれ  どなたからも叱られ  ポキリと折られ  制定され  授与され  困難なく選ばれ  日本歴史の研究その他で知られ  関係に置かれ  意見が出され  民衆は何と描かれ  姿が写され  口から口へと語られ  特別に見直され  まま自覚され  前面に置かれ  ことは既に知られ  形で言われ  人によって言われ  リアリズムについてなされ  作家達によって言われ  転調をされ  打開策として言われ  文壇でやかましく言われ  ドストイェフスキー等が読み直され  云々され  於て言われ  限度に置かれ  紹介等もなされ  日本にも移され  従来理解され  提唱され  インテリゲンツィアによって作られ  知識分子とによって作られ  社会活動と全く切り離され  外へ押し出され  形で残され  インテリゲンツィアに依って作られ  活動から閉め出され  生活に置かれ  心からだけ選ばれ  参加から切り離され  社会的立場に置かれ  知性によって切り離され  注目せられ  上にされ  蒲団に寝かされ  ようでいかにも惜しく思われ  僭越は許され  不幸に蝕まれ  紫にぬりつぶされ  殆ど伐り尽され  黄に彩られ  新に掃かれ  粧飾され  木立に遮られ  雪が望まれ  針葉樹林に包まれ  吾妻山が望まれ  一目で知られ  切明けとに導かれ  風に吹き倒され  根名草山がちらりと望まれ  焚火に焼かれ  半ば雲に包まれ  雲から吐き出され  針葉樹林に囲まれ  針蕗に刺され  目隠しをされ  木立に取り巻かれ  黒木に遮られ  家に連れ戻され  深林に囲まれ  灰色の雲にすっぽりと包まれ  念に襲われ  飯盒で沸かされ  何処かへ吸い込まれ  通過され  急流に押され  湯気に包まれ  樋で導かれ  気分に濃く塗られ  さに駆られ  区劃せられ  まりもなくへし折られ  雑草に生い茂られ  上に、ぽつりと投げ出され  しかし、次に獲れ  煮込みであると言われ  ところの話され  含有せられ  名案が考え出され  面白い失敗が繰りかえされ  金城鉄壁だと思われ  のじゃないかと思われ  根こそぎ切り落とされ  黄色に塗られ  間に行われ  それよりも一層驚かされ  中に盛られ  枚挙され  山の上に築かれ  講演をされ  仕事に追われ  点がないとはいわれ  帷帳を開かれ  方法にあるとも言わば言われ  表現であるとも言われ  芸術品と言われ  包含され  事が多いと言われ  ものとも言われ  群から圧迫せられ  これには及ぶまいと思われ  高熱せられ  気圧とに限られ  圧縮せられ  接地され  何ものも怖れ  なつて示され  自分に与へられ  偶然に示され  ものが開かれ  半ば閉され  青年にのみ許され  つて諸君に指し示され  学校にはひれ  婚期が、もはや含まれ  道をたしなまれ  結果、いとも気高くなられ  それぞれに示され  真面目が示され  関係で織り込まれ  私どもは、まづこれ  言葉が放たれ  単純が磨かれ  もので満たされ  研究もされ  下に葬られ  家政とか呼ばれ  科学化され  判断され  厳格に守られ  選択範囲も比較的限られ  全身にくばられ  それは守られ  不用意になされ  実践され  形でやられ  レッテルを貼られ  のだと思はれ  方法がとられ  愛嬌ですまされ  言葉が与へられ  必要とされ  想は磨かれ  青年にはゆるされ  ことが、とかく誤られ  防備され  方をされ  皮膚が犯されるか、犯され  女でなければ示され  無理だと思はれ  しかと保たれ  偉大に撃たれ  から知られ  点があると云われ  放棄され  徴発され  希望を与へられ  遊びに来いといはれ  酒肴が運ばれ  熊川忠範は、もし許され  あながち、死なれ  言葉に悩まされ  沓掛で降ろされ  どこまでとなく運ばれ  背中をどやされ  宣告を下され  種蒔きなどに駆り出され  すべてを委せれ  向うから挨拶でもされ  みんな鳥にやられ  土蔵は取り毀され  あたりに注がれ  初め、揺り起され  座右に置かれ  間検挙され  美人が殺され  時折いまだ知られ  ことなどが書かれ  位置にて作られ  血が拭い去られ  秘密の暴露せられ  建設せられ  ものは、まだ行われ  書物としては著され  商業的敏捷性もまた疑われ  科学者によって行われ  これらの広く読まれ  有用化され  雨にふり暮らされ  青空が一層高く仰がれ  お越し下され  慇懃に断られ  杉多く、あわれ  入浴八時かぎりと触れ渡され  岩に堰かれ  みな驚くだろうと思われ  見送りつつ揺られ  宝物一覧を断られ  ためであると首肯かれ  頼家が討たれ  悲劇であるように思われ  硝子だから、はひれ  批判攻撃され  具体性が失われ  具体性と思われ  それから導かれ  いくらでも疑われ  科学的引用を許され  検証され  ものから代表者として択ばれ  内にどうしても含まれ  実験的研究から切り離され  実証的精神などは吹き飛ばされ  封鎖され  改竄され  理由は無論全く見出され  実証的精神によって貫かれ  三方水に囲まれ  正四位を贈られ  引合に出され  太田三楽に取られ  三楽に取られ  為に亡ぼされ  観念が、尊ばれ  流行し又親しまれ  時間口にされ  全体についても行なわれ  漫画化され  常識のものとされ  今日提出され  科学として持ち出され  文化問題として持ち出され  普通に理解され  幹部にも推され  計画に含まれ  「夢」そのものが運ばれ  色彩に塗りつぶされ  掟に縛られ  つて破られ  努力のうへに築かれ  自然に創り出され  典型が創り出され  過大評価され  典型が失はれ  消滅もまた当然とうなづかれ  社会から軽視され  具体的に示され  欲望は満たされ  妄想ともなり、また、いはれ  筋書には書き込まれ  夢を破られ  蓋をされ  眼を与へられ  口にされ  根こぎにされ  云ひきれ  秋の七草と呼ばれ  倣され  千切り飛ばされ  理想が含まれ  そこに見出され  つて創られ  燈台守になられ  我国では行われ  今までに知られ  理解するを許され  光明に照らされ  杜絶せられ  いずれもの苦悩に襲われ  きれいに削られ  つえが造られ  かわいそうとも思わずに、苦しめぬいて捨ててしまわれ  面白がられ  可怖がられ  名も呼ばれ  屋号で呼ばれ  今私には許され  退潮とを余儀なくされ  探求され  文学とが結びあわされ  日常的自由は激しく脅かされ  摂取され  風にうけとられ  公式主義と云われ  箇人化され  ことが続いて云われ  十分紹介され  特にもてはやされ  傾向によって読まれ  作家が見なおされ  不安であるとされ  要因は含まれ  不安を激しくされ  名をもって呼ばれ  文章読本が広くうり出され  末技的に云われ  讚辞を惜しまれ  動性、負かされ  中でだけ描かれ  春創刊され  文学的気運が醸し出され  情勢におされ  一九三〇年組織され  要求によって結ばれ  文化的行動が起され  中にふくまれ  ようにうけとられ  階級動向理論に煩わされ  当時問題作とされ  ぬきにされ  姿におかれ  波瀾にもまれ  ナウカ社から発行され  一般からよろこばれ  年次は開かれ  ままにのこされ  一九三二年後半になされ  さにもまれ  モメントとされ  自意識され  問題が溶かされ  純粋小説論にふくまれ  疑いを含みつつ示され  明確にしかつかまれ  地盤にのこされ  まま通過され  異質のものに覆われ  作家に扱われ  様々に見直され  両者の混ぜ合わせが行われ  横光氏によって叫ばれ  パリで開かれ  上に行われ  海外紹介され  支持され  例にとられ  理由から室生犀星氏と取かえられ  沈滞期に叫ばれ  東洋的諦観に害され  客観主義と云われ  俗流化され  意味され  氏によって云われ  三木氏によって云われ  問題のおかれ  政策的方向におし流され  点として押し出され  接触に揉まれ  脱出が望まれ  誇張され  数年前に書かれ  潮に励まされ  扉を開かれ  抽象において云われ  業績などが押し出され  除外され  かたに伝え嗣がれ  努力がされ  発言され  対立に置かれ  正当に見通され  原則を知らされ  味を知らされ  明され  十分認識され  どれ程さわがされ  知識人中心に扱われ  用としていないと云われ  齎らされ  素直さとして扱われ  特徴が語られ  親友鈴木春山とが描かれ  続篇として書かれ  運命とが扱われ  フランス支部から提出され  方面から明かにされ  問題がおこされ  堕落におかれ  人々によっておこされ  文学青年的層によって繋がれ  提案がされ  生活が描かれ  対比して出され  翻訳紹介され  文学を通じてもたらされ  手にとられ  わたしされ  政論化され  自省され  随筆化されたと云われ  作家のおかれ  抽出され  合言葉ではもたらされ  日独協定が行われ  日伊協定が結ばれ  検挙が行われ  今回選定され  政論化が行われ  中でつくられ  心につくられ  念願に立って書かれ  行動的低徊に繋がれ  展開が期され  翹望され  夢想だにされ  無力化され  従来云われ  選がされ  下に詠まれ  困惑とに浸され  発止と打ちおろされ  一つに縫い合わされ  藩士からも出され  からただちに刑場にひかれ  会津藩でゆるされ  エリザベス朝時代にもひきさらしはおこなわれ  公衆にとりまかれ  橇につながれ  刑場に曳かれ  綱があまり早く切られ  左右に立ちわかれ  火煙につつまれ  ときも行かれ  純綿ものでも出され  読後感に打たれ  それだけが語られ  端倪すべからざる沈黙におかれ  作の描かれ  思い出が語られ  んだらうつかれ  海づら照らされ  さぶしかつたらうな彫られ  空彫られ  さらさらとながされ  言葉が使われ  山にかこまれ  伝播され  精華であるといわれ  萌芽などがふくまれ  生産品を買わされ  ままで残され  生産され  靴をはいて画かれ  主にして画かれ  男性に対して行われ  仕事にこき使われ  社会的空気がかもされ  歴史に残され  時代にも、分りにくくて結構だという建てまえで書かれ  態度が示され  結果として、そう云われ  今日通用され  ところに、寧ろ示され  下で見直され  百姓達に叱られ  うちに吸い込まれ  かすかに聞き取られ  様がすぐ向うに見て取られ  殆んど刈られ  千里をはばからず、と記され  食ひ荒され  それよりもこの荒され  喰ひちぎられ、打ち倒され  柔かに、しをれ  ままで、わかれ  修理され  のではないかとも思はれ  おいで下され  滅茶滅茶にされ  原文に書かれ  料理され  一緒に運ばれ  商つて居られ  お嬢様に好かれ  お嬢様から懇望され  仕舞ひなされ  涙を流され  お家へ帰られ  処へ来られ  なぞ身を縛られ  身を縛られ  迎へて縛られ  義理も強ひられ  他のものに代られ  場面が喜ばれ  背面に限られ  名前をきかれ  小説はわれ  恋女房に先立たれ  主人に欺かれ  手許に送られ  妻子に引渡され  吹倒され  風雅に思われ  上には取払われ  響が放たれ  其後銀座通にはうっかり行かれ  頃から見限られ  裏あたりからも追われ  執行せられ  道路が開かれ  以前目貫といわれ  時運に取り残され  足音に消され  推定せられ  里に囲われ  之御免下され  都合なし下され  折御立より下され  お誘い合され  一度もともされ  見張りをしても居られ  葭簀に遮られ  さが又むし返され  ように聞きなされ  為に遣われ  一読せられ  最初から不正暗黒として知られ  人ではないと言われ  尋問せられ  他所から移され  素見客にからかわれ  糸の繋がれ  此の許され  其生立をも、問われ  雨戸に遮られ  身受けをされ  身受をされ  稲妻に照らされ  額さされ  間に連ねともされ  朱で塗られ  貼付けられ  開鑿せられ  冷却せられ  塩梅せられ  其店もまた閉され  枕についても眠られ  袖を牽かれ  任ねられ  天麩羅を誂え断られ  暴行は繰返され  尽力していただきたいと言われ  挙行せられ  ために行われ  許可せられ  禁止せられ  舞踏の行われ  公開せられ  理窟詰めにされ  何となく耳新しく聞きなされ  角まで運び出され  裏通に移され  能く馴らされ  採録され  ことしか思い出され  世界であるように思われ  言葉でつづられ  わされ  「記録」され  完結したとは言われ  客観され  妙味も味わわれ  定義され  総合され  問題に関して行なわれ  関係が疑われ  ようになるまでに行なわれ  悪漢に欺かれ  日常茶飯事的環境に置かれ  もとに書かれ  中に飛び込んで焼かれ  カムフラージに迷わされ  秘密の暴露され  大統領に選ばれ  偶然的に織り込まれ  洞察され  少数な選ばれ  環境に置かれ  展開を見せないとは言われ  進歩に取り残され  慣習が行なわれ  断じて許され  探究され  排列され  方法が示され  普通に行なわれ  脚色をもって描かれ  こととしか思われ  系統化が行なわれ  帰結であると思われ  かなたに取り残され  ためとしか思われ  支障があろうとは思われ  関係が見失われ  免疫され  作文を作らされ  我田引水と思われ  道とも思われ  これなしに生きて行かれ  飯だけでは生きては行かれ  十分であったとは思われ  田丸先生友田先生からいい聞かされ  研究仕事を手伝わされ  ら笑って断られ  言葉に励まされ  子供子供等にからかわれ  釣台で運ばれ  たくさんに書かれ  時子が失はれ  のに驚かされ  人にのみ知られ  誰れにも気づかれ  身体をふかれ  良人にとられ  繁吉に呼ばれ  気がとられ  忰に先だたれ  ことが忍ばれ  やうに唸られ  実業之日本社から出版され  訳者からおくられ  いろいろに動かされ  豊富にされ  なかにかくされ  偏見に煩わされ  一つとして書かれ  樹蔭へたずさえて行かれ  北海道で行われ  探究にふれて語られ  岩波文庫に訳され  すえどころから語られ  埋蔵され  人に働かされ  鮮明に語られ  物語をよまされ  業績に立って書かれ  本として読まれ  面に行われ  百科全書で出され  立場からもたらされ導かれ  割愛され  三冊訳され  現象にとりまかれ  ままに放られ  物理学はいかに創られ  抄略され  近く扱われ  補足され  生命さえ脅かされ  時に甘やかされ  づれにされ  幻覚に悩まされ  昂奮に駆られ  むしろ孤独を強ひられ  環境から躾けられ  中に持たれ  一貫され  中では一向活かされ  非難が屡々云われ  精神に導かれ  福祉はもたらされ  葉をもがれ  宗家といわれ  事情は申され  文字が書かれ  お上に見なされ  命が下され  目明し根性を出すなよ、といわれ  今日呼びこまれ  前と同じに繰り返され  上でなければ申され  智慧にからかわれ  つかみ取りに引き込まれ  必死に考えずにおられ  声ばかりでなく、ひしとつかまれ  人間とは思われ  不思議に聞かれ  手を離され  意外なおどろきにうたれ  綱から口約束を取られ  ことはやらしておいて、頼まれ  望みが繋がれ  吾から頼まれ  ように、とち狂われ  ご免をこうむられ  襟を取られ  武士扱いをなされ  ためにさえぎられ  きき腕をつかまれ  根を揉み壊され  先で、突かれ  万吉に頼まれ  袋詰めにされ  匕首をもぎとられ  小指を咬まれ  車返りにはねこまれ  気にとられ  中へはねこまれ  どこかに伏せられ  闇、ドーンとはねこまれ  塀をのり越えてまいられ  裏へ呑まれ  入りなされ  質に取られ  仕事を振られ  一生涯、脅かされ  恋仇、頼まれ  お前が嫌われ  綱に嫌われ  名を洩らされ  一寸一寸と、彫りこまれ  底に沈まれ  鬼気にかき消され  肖像が描かれ  あなたに泣かれ  しめに、こうまでたえては行かれ  お十夜がひきずられ  ッただ中に巻かれ  境が削りとられ  音にハッと驚かされ  怪訝におびやかされ  万吉から頼まれ  体にはかえられ  屋敷に隠され  悪党にふみにじられ  切り破られ  結びコブシが作られ  花魁に売られ  吉原へ売りとばされ  それに巻かれ  アおられ  蔭などからは、まるで、蒸され  手をつかまれ  舌さきに焼き殺され  口をふさがれ  綱にかばわれ  身が焦がされ  底から叫ばれ  狂い火が、蹴破られ  畳に押し伏せられ  逃げ道を塞がれ  火に追われ  梅にとり囲まれ  火に焦がされ  紅蓮に巻かれ  幸いにして焼かれ  橋を越しちゃ行かれ  身をかわされ  それをもぎ取られ  一と突き飛ばされ  千絵様を、うぬに、取り返され  丞様に頼まれ  銀蛇に追われ  巣から焼け出され  永えことはおられ  京橋まで歩いちゃ行かれ  道をさえぎられ  ざまにひっくり返され  相手にねばり強くつかまれ  足を割り込まれ  刀を絡み込まれ  真心にうごかされ  旅川周馬に呪われ  くらまされる怖れ  それを果たされ  余燼は消され  のか、または、焼け出され  今日も帰られ  大雪に焼け出され  神田で焼け出され  から、ほんとに焼けだされ  あいつに踏み込まれ  おれまで釣り込まれ  今さら人に揉まれ  気がつかずにいたが、そういわれ  普化宗関東支配所にて問われ  約束を迫られ  橋渡しをせがまれ  意気を持たずにはおられ  合力に出ておられ  お供なんていわれ  魔道から救われ  興味に眺めてもおられ  あれッ、連れて行かれ  手に引きずられ  向うへ引きずられ  境地へ去られ  どこにおられ  宿院へ来いとゆるされ  人へ引きずられ  耳をつんざかれ  三輪にきかれ  家へ泊ってゆかれ  廓へ売られ  綱にだましすかされ  名妓といわれ  男親に売られ  因果がむくわれ  顔がむきだされ  頭巾に飛ばされ  一劃から出たとは思われ  指にとり巻かれ  掏摸にやられ  出来心とは思われ  先をふさがれ  気を失って引きずられ  鴻山の手に救われ  内に守られ  原士に斬りこまれ  感激につつまれ  者に抱き戻され  寄宿をゆるされ  軒へ吸いだされ  不安がまだ拭われ  香に吹かれ  手馴ずけられ  虚をつかれて、まっ先に、斬られ  血煙につつまれ  今斬られ  そぼろ助広を抜いて脅しにふりこむと、頼まれ  あけすけにいわれ  そち達に頼まれ  それへ出され  門番にどなられ  昨年改易され  誰だ、斬られ  肋にかけて斬られ  ところを斬られ  侍に斬られ  松平輝高は、召され  人に嫌われ  屋敷に呼ばれ  事情をわけて頼まれ  丞様にすがっていなくっては、生きておられ  まま江戸に揉まれ  幾ら何といわれ  綱といわれ  所へも行かれ  手にひかれ  妙に思いだされ  ウム、そう話され  ときめきにうたれ  消息をすら絶たれ  裏に、ありありと読まれ  不思議さにうたれ  それにつりこまれ  才といわれ  虎につきまとわれ  事情にしばられ  若鮎が埋めこまれ  目乱れにおびやかされ  駕尻軽く下ろされ  丁重に呼ばれ  父上に会われ  養育して取らせい、とおっしゃられ  あっ気にもとられ  仲間はずれにされ  魑魅妖怪に満たされ  身をやかれ  こいつは飲まずには居られ  欲望に駆られ  原稿を持っていかれ  波にもまれ  近眼になるなどと言われ  端坐しておられ  対手は待てと云われ  真直ぐに運ばれ  閻魔だ、と怒鳴られ  口から抜出され  おもしに打たれ  膝に置かれ  婦を取持たれ  これに随分驚かされ  糸に吊され  ムカムカしてくる怖れ  泳ぎに誘はれ  イカモノに思はれ  母から意地悪るをされ  のに怖れ  翌年になるともう誘はれ  教育を施され  剣幕に怖れ  助長され  仇うちをされ  国民化され  調印され  配慮され  外国人に書かれ  自由貿易が許され  長崎に許され  安政四年までまもられ  頭を振られ  おとうさんがばかされ  身をゆすぶられ  上等品は白く、やわらかく、ふうわりとしていて、真っ白く削られ  西片町へ引き越され  名主にだけは許され  監督せられ  アバレ者としかられ  んだといわれ  非難せられ  一丸となされ  引越しをされ  肋骨を蹴られ  風に叱られ  今度殴られ  さが思い出され  新聞紙に包まれ  木に囲まれ  僕は惹かされ  女は、そんなに惹かされ  部屋に取り残され  何匹も曳かれ  奴に取られ  ビンタ殴られ  トロッコで流され  赤ちゃんを抱いて立ち上がられ  お母さんに抱かれ  同僚から軽蔑され  世間を知らぬと言われ  曲解せられ  失笑なされ  幻覚に襲われ  麻薬中毒と間違われ  生活が失われ  誇りに駆られ  発明せられ  政策が行われ  手段が行われ  漁荘を出て乗り込まれ  擁護され  賞味され  山にとり囲まれ  胴あげをされ  つて脱け出るべく余儀なくされ  間に写され  要もなからうと思はれ  暗闇につつまれ  橋を渡って下され  なかへひとり取り残され  香が消され  六畳へ通され  真中にぽつりと敷かれ  火鉢などに取りかこまれ  明けはなたれ  にわかに居たたまれ  さしよれ  虐待され  夕飯がはこばれ  女はすかされ  それがなにかあわれ  わてはだまされ  膝を突かれ  言葉が、改めて思いだされ  盃が渡され  科学的であると云われ  予測され  中に限られ  科学者とは云われ  自白され  ことはよく知られ  目隠しされ  そこへ連れて行かれ  科学的といわれ  ものが窺われ  存在が知られ  事実が窺われ  当時行われ  成敗され  不義とは申され  信奉者であったと思われ  ものが織り込まれ  づと含まれ  眼が離され  警察に呼ばれ  世界が思はれ  学生から提出され  ことなどが、もちだされ  簡明に書かれ  から救われ  引延され  むりに間引かれ  四方から盃が差出され  中に、いつの間に成され  扉が明け放たれ  自分独り取り残され  欝に引き込まれ  ところを掴まれ  力に犯され  塗つた鳥籠が置かれ  両方に明け放たれ  奥さんにも叱られ  先生の言われ  その後で描かれ  感心さされ  昔出品され  鼬を描かれ  お祝いを致され  先生が亡くなられ  みんなにうんとはやされ  姿が描かれ  ようにして、潰され  臆病者と呼ばれ  絳衣大冠すと驚かれ  気胆に痛くも打たれ  恥かしめられ  森と呼ばれ  三奈木より募られ  剣銃にて突かれ  牛馬のごとく追い使われ  こにか立ち寄られ  姐子よ呼びに往かれ  病院に運ばれ  日世に知られ  尼となられ  佐太郎に送られ  三四茎日に蒸され  磨滅され  一週間も経たれ  ままに死にて置かれ  使者の来たれるかとも思われ  路のごとく思われ  闇よりもひときわ黒く釣られ  案山子は焼け焦らされ  法廷に牽かれ  風に揺られ  一事はなお往々にして争われ  音に紛らされ  誰かにこっそり持って行かれ  大声で怒られ  二人は座らされ  志だけをお汲み下され  そこでやってゐるらしく思はれ  間にすっかり縛られ  くるくるにしばられ  うに殺され  方へ申しあげれ  えり首をつかまへられ  やうに引っぱり出され  炭化され  署長が吊られ  映画に含まれ  映画技術家の選ばれ  政府から派遣され  期日までに行かれ  斯様申され  ポンと抜かれ  東京新聞に書かれ  ころ、よく食わされ  冬木は、なんといわれ  このごろは、なかなかきかれ  立派ななされ  割に挾まれ  覺まされ  群れゐふくまれ  耀ふみれ  いつか解かれ  舌を絶たれ  ぬきのなれに呼ばれ  鳩尾でも、どやされ  葉も揉まれ  枝は伐りとられ  包圍せられ  鹿が放たれ  押殺され  大陸は作られ  軛に繋がれ  腦中に築かれ  飜が蒸暑く、踏まれ  心はわかれ  花、蔑まれ  花、噛まれ  香烟につつまれ  戀人に噛まれ  肌は通され  墮ちて、突き刺され  田舍者は殺され  翻訳せられ  意味にはまだ使われ  檀那と呼ばれ  檀那とも呼ばれ  ために毀たれ  追放せられ  願行寺に葬られ  巻はほとんど数え尽され  時に呼ばれ  鶴等が招かれ  囲物にせられ  木場へ還され  興行せられ  眉を剃り落され  虎列拉に冒され  沽却せられ  豊花に拉いて往かれ  指尖で穿たれ  印刷せられ  巷に歌われ  祝儀包が配られ  興を破られ  刊行せられ  店は鎖され  塋域に葬られ  芥子の花あかり盗まれ  修築せられ  忌日には来られ  その間に挟まれ  舌に舐め残され  お金が残して置いて貰われ  店の鎖され  みいちゃんと呼ばれ  事を余儀なくされ  改善せられ  先づ無かつたと思はれ  秘密に附され  緘口令が布かれ  こととも思われ  兇行の行われ  無惨に打ち砕かれ  遺留され  整頓されて、小さな堆に積まれ  芝生にも、踏みしだかれ  興味を持たされ  道路から囲われ  推参され  御存じなされ  合点のゆかれ  私はこう云われ  ボタンは外され  これまでかなとも思われ  のであろうと思われ  ようであったと記され  苔に蔽われ  一人ぽっちにのこされ  危険が取りのこされ  僕には全く気づかれ  感興を起され  癪を起され  茫然と放たれ  唇は固く結ばれ  ものであると思われ  尾けられ  私はただあっと驚かされ  窓かけは下され  君自身と思わされ  襟巻に包まれ  場合にも劣らず、あっと驚かされ  前方に伸ばされ  まま展開され  輪廓が、開け放たれ  外光を遮られ  皺が刻まれ  身を屈めて開かれ  照準され  線の刻まれ  巡査に遮られ  意外に驚かされ  酸に侵され  半身像の打ち砕かれ  威嚇され  ために、誤魔化され  夙くから注目され  科学論時代が齎され  外国で行なわれ  日本でも行なわれ  名を以て、呼ばれ  マルクス主義をめぐって行なわれ  学術的尊敬を払われ  動向によって動かされ  内から絞り出され  一時行なわれ  解答され  浪費され  根本的に取扱われ  内部化され  戯曲を、極めて限られ  マスタアされ  戯曲もある程度まで引きづられ  上に導かれ  レツテルを貼られ  方言を以て書かれ  顔に注がれ  更注がれ  から行われ  間で、悦ばれ  中に委しく書かれ  白村氏の書かれ  詩に抱かれ  左様ならを云われ  知識階級に悦ばれ  戦争中に書かれ  上梓され  五十男の物語りが書かれ  困難に打ち叩かれ  妻には死なれ  持回わられ  ヤグラ嶽と呼ばれ  人民にはこよなく怖れ  影にのみおびやかされ  密林に囲まれ  自分が打たれ  両手で覆わずには居られ  お前に送られ  将士あまた招かれ  冠の、失われ  ように齧りつかずには居られ  気配を悟られ  蹄に蹴られ  筒先に見出され  古来から記録に残され  流言され  日暮に出遇う怖れ  芝草に覆われ  野火に襲われ  野火に囲まれ  上もなく忌み嫌われ  類いが出没すると云われ  今時狐などに化され  念に打たれずには居られ  彼奴に悟られ  鎖がつながれ  重荷に圧しつぶされ  距離を曳きずられ  誘惑にも駆られ  書斎に帰って、呪われ  得も云われ  稲妻に打たれ  随時提供され  かくようにと云われ  感銘が思いかえされ  感情がきつく示され  普通とされ  それはまざまざと書かれ  さながらに描き出され  客観的に描かれ  智にされ  モメントがふくまれ  芝居に釣り込まれ  つて相手にされ  舞台化され  日本がおかれ  三つ手際よく引抜かれ  社会には存外もう知られ  物に脅され  必要があるとは思われ  十分そう云われ  それは勿論、そう云われ  理性は一度脅され  のとに、悩まされ  記憶から編み出され  必巫女として費され  便宜が与へられ  学者にのみ与へられ  併合せられ  神に仕へられ  近親から択ばれ  宮廷から否定せられ  混同せられ  民を統べて居られ  軍に居られ  総大将ともなられ  宇陀を伐たれ  編成せられ  あれ程に困らされ  近年までくり返され  誰とも知らずに申され  後、つひに出され  空想せられ  妣は祀られ  許に行かれ  島に上られ  天子が出向いて連れ戻られ  語部と言われ  巫女として費され  意義に使われ  軍におられ  あれほどに困らされ  後、ついに出され  だんだん空想せられ  職名外間祝女と言われ  ずい分馴らされ  何かに祟られ  化け物に絞め殺され  確かには申され  明かるくなるであろうと思われ  塀にかこまれ  紙をもっておおわれ  非常に古くむしばまれ  場所も見いだされ  監禁を赦され  人物とは思われ  二つの武器をも奪われ  化け物屋敷に取り残され  継ぎ目さえも見いだされ  もっと物理的であろうと思われ  わたし自身が怖れ  威力を揮われ  木で作られ  手であるらしく思われ  正面に直され  姿を窺っているらしくも思われ  影につかまれ  影に呑まれ  今まで光りを奪われ  犬が追い込まれ  骨が実際に砕かれ  暗中になされ  手によってなされ  犯罪の行なわれ  発見するだろうと思われ  催眠術をほどこされ  不自然とは言われまいかと思われ  ぎわにその頭脳から他へ運ばれ  上に作られ  屑をもっておおわれ  華麗に飾られ  一七六五年と記され  老人から聞かされ  液体がみたされ  文字がしるされ  木でしきられ  なめし皮に巻かれ  言ひ聞され  わたしが殺され  のだから、殺され  前へ出され  奉行に出され  しかしまつは呼ばれ  いちは指され  いちの面に注がれ  教唆せられ  西奉行所に呼び出され  万病にきくと云われ  見せ物にされ  一に疑られ  後登志に送られ  アブラをしぼられ  一発ズドンと見舞われ  オレはだまされ  オレの盗まれ  仕掛けがほどこされ  在郷軍人分会へひったてられて罵られ  戒しめられ  タタリを怖れ  ニジにいろどられ  濡れ衣もそそがれ  駐在所から送りだされ  子供に呼ばれ  殺さないでおいてくださいと言ったって、それではきかれ  名を問われ  年を問われ  事を問われ  順序に呼ばれ  自分が呼ばれ  いちはさされ  赦免仰せいだされ  お辞儀され  結局阿Qがやられ  形式上負かされ  辮子を引張られ  乃公はつまり子供に打たれ  両手を縛られ  幾つも蹶飛ばされ  子供に盗られ  違いないが、打たれ  評判になるし、打たれ  本家だと言って打たれ  前から阿Qに侮られ  人から酒に盛りつぶされ  剪り取られ  晩に限って少しも睡れ  皮にこすられ  若い尼になやまされ  足を挟まれ  神威に打たれ  彼に向って振り下され  上をどやされ  しかし、ぶっ叩かれ  前に打たれ  一通り教訓され  鞋底に使われ  仕事に頼まれ  黒点が挟まれ  狗は取残され  物の数にされ  さくらいに思われ  調子が脱れ  中に揺られ  眼ぢかに殺され  自分であるように思われ  体裁にされ  改革なしでは済まされ  歳時記が行われ  のは決して許され  バサリとやられ  棒引され  趙家がやられ  品物は運び出され  引廻され  つまみ出され  外へ引きずり出され  勢に押され  中に抛り込まれ  中から引きずり出され  外へ脱れ  もとから時に依ると、抓み込まれたり抓み出され  丸太格子から抓み出され  挙人老爺が寝つかれ  手は縛られ  それは盗られ  中から失はれ  タノモしく思はれ  さと、知られ  事を知られ  伯母に知られ  所へ呼ばれ  迎へなされ  何をされ  使を頼まれ  母から頼まれ  物を頼まれ  半年雪にとざされ  太陽から距てられ  物せられ  聞よくなどいはれ  一つおくられ  錦よといはれ  から気づかれ  まり気をとられ  昨日誘拐され  脅迫状を受け取られ  誰にもよび起こされ  手からもぎとられ  自動車で連れてゆかれ  狐にばかされ  俊夫君から引き離され  夫人がもう来られ  富田夫人が来られ  豊を連れてゆかれ  金までとられ  帰宅はされ  小田さんが来られ  別に誘拐され  松の木に縛られ  自動車で送られ  手から帰され  限りなく喜ばれ  にこにこしておられ  膝にだかれ  一人に背負われ  住家に連れこまれ  眼かくしとをはずされ  橋で下ろされ  松の木にしばられ  生きものであつたと思はれ  現はされ  十九世紀頃には知られ  私にはどうしても受取れ  味噌溜と大きく書かれ  板塀で囲まれ  奥へ吸いこまれ  必要がないなどと思われ  中から竹皮に包まれ  ますか、とうとうなくなられ  身の上を少しばかりきかされ  正月もなくなられ  もので、点され  光に、よく磨かれ  膝を揃えて坐ると、焚かれ  値をいわれ  鉄柵でかこまれ  ためにたのまれ  念に噛まれ  ア高いと云われ  今日中には帰られ  懐中を覗かれ  じきに行かれ  一生独身で暮らされ  孔を突かれ  撫廻され  二の舞はなされ  宗匠、いよいよ遣られ  叩落され  水鉄砲まで食わされ  棄っては置かれ  若殿が殺され  二千八百石は譲られ  いくらでも抱き込まれ  感附かれ  それに引かされ  慾として、あわれ  現状を見る、然れ  運を甘んずべし、然れ  霞につつまれ  ままに置かれ  線ひかれ  私語きおわれ  ままに誘われ  教育訓練され  恋だと書かれ  憎しみを怖れ  閉出され  ことを、見られてはならぬ、知られてはならぬ、気取られ  浪に、あわれ  個弄ばれ  刎返され  ものに喰われ  これには勝るまいと思われ  王と言われ  ヤソと呼ばれ  衣につつまれ  どの人よりも美しく思われ  形を織り出した、織り出され  音楽に満たされ  ユダと呼ばれ  さそうに喰い荒らされ  ためにさんざん負かされ  金を取られ  年を召され  七年前に亡くなられ  リザヴェッタは取り残され  ために待たされ  世の中からちやほやされ  砂糖を使いすぎたと言って叱られ  感動に騒がされ  心に沁み込まされ  絶対に許され  彼女に可愛がられ  馬車から舗道へ踏み出され  前に牽き出され  あいだに手紙が残され  大胆には驚かされ  態度にいよいよ驚かされ  わたくしは頼まれ  文句に酔わされ  外套で深く包まれ  玄関さきへ牽き出され  外套に包まれ  明かりがとぼされ  夫人は眠られ  指定なされ  結局はあわれ  声にほほえまれ  お年を召しておられ  おいでになられ  射殺され  彼に知られ  トムスキイによってえがかれ  感動に打たれ  しかも、このあわれ  お迎えなされ  手を取られ  玄関へ運ばれ  あなたに殺され  口によって繰り返され  封が切られ  ことを、見られてはならぬ、知られ  氣取られ  搖ぎさうに思はれ  身體單個弄ばれ  ものとして語られ  計り知られ  祝典が催され  この声があるだろうと思われ  暮しが営まれ  拒けられ  丞にやられ  臆病風にさそわれ  いつまで火の玉みたいになってはおられ  こめかみを打ったので、さすがのかれ  ッつ斬られ  音におどろかされ  夢だけに繋がれ  人とは思われ  切銘が読まれ  矮生植物につつまれ  誰か人が斬り殺され  たしかに誰か殺され  主が斬られ  横顔を打たれ  洞窟に封じ込まれ  あけび巻きにされ  微動もゆるされ  遺伝され  山野へ放ち飼いにされ  自由所領とされ  山牢へ送りこまれ  山牢に封じこまれ  気づき召され  ここへ送られ  安治川屋敷に押しこまれ  短気をなされ  密雲につつまれ  雲に蔽われ  看過され  筆が運ばれ  大江山へでもさらわれ  森啓之助様の思われ  米の囲われ  話に釣られ  間違いでもあられ  柵に囲まれ  貴様は雇われ  巣を荒され  いつまでも待たされ  船底が思いだされ  先にいわれ  家へ帰られ  あなたのために殺され  島流しにされ  早打がきているのに、帰らずにはおられ  胸を押され  にわかに起こされ  駕がおろされ  番頭に取り巻かれ  ことにでもお逢いなされ  四国屋とよばれ  道中が、ほんとに思いやられ  それに惹かれ  疑惑され  湯気にさえぎられ  竹にはね返され  平和はおびやかされ  景観にうたれ  口をつりこまれ  ちょっと耳をひかれ  顔が合され  者にゆすり盗られ  人違いをされ  四日四晩もつきまとわれ  強奪され  内幕を探られ  絶壁に塞がれ  利腕を取られ  襟がみをつかまれ  そこへ取り囲まれ  扱帯を解かれ  野分に吹かれ  胆をのまれ  群影に揉みこまれ  孫兵衛にいわれ  一分二分ずつ、磨り減らされ  吹ッ飛ばされ  足とともにふって落され  二ツに割られ  犠牲に散らされ  土埃に蔽われ  修羅が気づかれ  どこへ運び去られ  星に導かれ  風にでも誘われ  上に限られ  いろいろに云い現され  片隅に置かれ  敷布におおわれ  蝋燭に照らされ  町で作られ  自然に馴らされ  中から発見され  小屋で開かれ  冷静なるをもって知られ  励しきに甚だしくおびやかされ  らるるのみならず、押し倒され  挫がれ  髪はかき乱され  しろへ、激しく揺られ  部分はさながら暈され  人を越えて、踏み荒らされ  殴打され  とくに裂かれ  ずたずたに引き裂かれ  証拠はあるまいと思われ  あとに残され  行儀よく置かれ  手に因って殺され  上部は引き裂かれ  間はぼかされ  三枚剥ぎ取られ  記事は失われ  信号が鳴らされ  一部に限られ  隅に注がれ  ナイフは握られ  腰を掛けて死なれ  事位思ひ出され  人に気取られ  中止せられ  提灯行列のながれ  力が呼び出され  気分が撒かれ  上で流され  ものにかぎられ  警報にひかれ  ものをとかれ  心がけとしてとかれ  気分に煽られ  召使とにかしずかれ  歴史から負わされ  場面においてさえ、負わされ  靭められ、逞しくされ  外とにのこされ  私たち一人一人の置かれ  のち書かれ  社会だけに限られ  浄祓式がおこなわれ  近く思われ  間さえぎられ  ように長くも思われ  夢におそわれ  色が描かれ  楽園を追われ  顔を見せないであろうと思われ  はさほどむずかしいとは思われ  衣服も持たない、あわれ  ことが行なわれ  隙もないほどに深く結ばれ  うちに、大きい充たされ  口唇に繰り返され  永遠に破壊され  一度は驚いて怖れ  路を作ったかと疑われ  灯に照らされ  ようにして下され  室とは思われ  腕をのばして、なんともいわれ  そこに繰り返され  名を聞いて、驚かずにはいられ  時におおわれ  その間に、なんとも言われ  出来事が思い出され  屍衣に包まれ  彫像をもって満たされ  蒼ざめて、呼ばれ  無効で二度と呼ばれ  姿を見て、言うに言われ  クラリモンドを愛さずにはいられ  幻覚に誘われ  腕はおのずとおろされ  雑草にかくされ  僧侶とは思われ  物をさらけ出され  確かにおかしく思われ  わたしは思わず引き倒され  私はそう言って、示され  ところで限られ  間どこかの狭い限られ  一部であるらしく思われ  電気ベルに呼ばれ  中から運ばれ  小屋へ運び込まれ  物語に誘われ  私はおそらく眠られ  脂布とで作られ  自責の念に駆られ  けさ殺され  機関車に轢かれ  ものですから、たちまちに轢かれ  亀を見て、あわれ  岩を飛んで渡られ  穴が開いて、こわれ  袂をつかまえたのに、引張られ  二条針を刺され  嫗に握られ  まさか居ようとは思われ  だって、睨まれ  間にしてやられ  掉っては帰られ  煙に包まれ  はい、申され  おいの、され  一体建立して欲しいと言わされ  気になられ  ことじゃ、と申され  方へ行かれ  喜捨なされ  片時もこうしてはおられ  頤につれて、片がりながら、さそわれ  いつか心の取られ  手に畳まれ  風に取られ  向うへ引かれ  底、おされ  いるかと疑われ  上へ釣られ  ッくと立ったが、あわれ  とあるにもあられ  紙に描かれ  そうも料られ  顔が描かれ  水を召され  毛のすくすくと蔽われ  廊下では、その握られ  手を貸され  上げされ  五足ばかり、釣られ  垣根へ誘われ  婆に挟まれ  一人に導かれ  そうであわれ  浜辺を引かれ  夜中から暁へ引出され  浪に誘われ  下界に追い下され  波に曝され  はじめてここに見出され  得も言われ  悪戯をするなとか、何とか言って叱られ  我を呼ばれ  露に宿ってあわれ  潮に濡れて気味が悪いなぞと、申され  ものに誘い出され  発見したかを怪しまれ  品をと望まれ  可哀相で見ておられ  私と言われ  石屋に頼まれ  読み取り下され  ここに書かれ  目をかけて下され  から誹謗され  古代のかれ  詩に歌われ  発作におそわれ  その間におこなわれ  問い合わせに驚かされ  気違いにされ  亡霊かと思われ  夫人は抱かれ  淫婦に欺かれ  貴君に殺され  庁へ通され  詞が思いだされ  衣服に包まれ  ことを知りなされ  見事に生かされ  方も、断られ  苦慮がおもいやられ  原稿がよく書かれ  製本され  病苦になやまされ  決心され  三子に分たれ  知友間に知られ  んもてきづかれ  頼りにされ  矢つぎ早に書かれ  決戦戦争が行なわれ  鉄砲が使われ  鉄砲一発でやられ  そのまま利用され  遺風であろうと思われ  金で傭われ  容易に行なわれ  見学を許され  のがよいと思われ  なかったと言われ  財政的顧慮などにしばられ  自分はやられ  精神的にやられ  猫ににらまれ  徹底的にやられ  絶無でなかったと思われ  連続して行なわれ  統一運用され  構築され  守勢をとるべきだったと思われ  想像もされ  唱導され  魅力は失われ  世論だと言われ  軽重は問われ  伝持遊ばされ  いじめ抜かれ  速やかに造られ  狂人扱いをされ  一人おられ  お釈迦様が亡くなられ  人によって書かれ  インドで雑然と説かれ  受胎され  みずから末法に遣わされ  公表せられ  翌年に亡くなられ  世の中に出て来られ  予言をして亡くなられ  佐渡に流され  ちょっと言われ  時を待つべきであると言って亡くなられ  昨年亡くなられ  行動され  使い分けをされ  七十年を残され  算盤を弾かれ  世界に残され  武力を御用い遊ばされ  決行遊ばされ  掌握遊ばされ  最終戦争が行なわれ  亜熱帯から追い出され  政治力が養われ  亜熱帯とは言われ  融合統一され  宣明せられ  ものらしいと言われ  決勝戦とは思われ  宗教戦争などが行なわれ  不思議もなく行なわれ  ものとは言われ  明治初年に行なわれ  近く必ず行なわれ  国家間に行なわれ  転換せられ  今日のかれ  持久戦争を余儀なくされ  買収が行なわれ  決戦戦争が主として行なわれ  活用され  革命が行なわれ  郡県政治が行なわれ  逐次実行され  空想と笑われ  百億トンと言われ  感にうたれ  丁寧に読まれ  想像すると、居ても立っても居られ  知合になられ  亭主が帰られ  亭主でないとはおっしゃられ  家を訪ねて来られ  死別され  才を惜しまれ  あとを継がれ  だんだん言い負かされ  眼を引かれ  婢に導かれ  気をつけて、嫌われ  きり離され  私は救われ  すべて特別につくられ  わき窓が開け放たれ  人づき合いは限られ  だれかに見守られ  ブランコ乗りはそうやってじゃまされ  ドアも開け放たれ  考えに悩まされ  上に刻まれ  東京で開かれ  女性人物が描かれ  夏に描かれ  六枚出され  授与せられ  日本に来ておられ  眼に止められて大そう気に入られ  岩井蘭香さんがおられ  幼児について云われ  徴発せられ  劉祥に縁づかされ  蝶番ひの脱れ  處にも絶えず繰返され  子供に限られ  身体によって作られ  変化が、なにか知られ  世界がすっかり閉され  さに満たされ  彼女は、そしてまたすぐ知られ  身が、殊更にあわれまれ  妹をなにがなしにあわれ  一人残され  若い男女学生が記され  姉に逢われ  ことがたまらなく悲しく思われ  方に吸われ  來ずには居られ  實母の肖像が生まなましく描かれ  さを以て描き出され  隱され  殆ど見出され  肖像はいつも描かれ  形式で書かれ  以前に書かれ  後に書かれ  作品以上に、盛られ  描寫され  時期以前に書かれ  主張以後に書かれ  堅固に描き出され  澤山讀まれ  諷刺され  中で最もよく描かれ  げに、語られ  直線的に貫かれ  背負はされ  世間から款待やされ  露伴も飽かれ  緑雨だけが相変らず読まれ  昨年縮印され  相伴者として描き出され  立派なのに打たれ  日の光りが拝まれ  陽気だとは思われ  こよりも早く作られ  科学者にはよく知られ  研究材料であろうと思われ  危険が含まれ  心にかけているといわれ  毒薬を作ったとさえいわれ  科学研究熱に関して語られ  途中である人にさえぎられ  上にきっとそそがれ  生命を吹き込まれ  圏内に追い込まれ  顔が現われて、じろりと睨まれ  姿に驚かされ  庭園内に限られ  温情に包まれ  うちに移され  ベアトリーチェに握られ  材料として選ばれ  狂熱によって失われ  存在するとは思われ  彼女に握られ  とき、なんとも言われ  毒気が含まれ  感情に満たされ  息で殺され  態度はおおわれ  呼吸で養われ  雷にでも撃たれ  わたくしをあわれ  毒薬で養われ  神様に作られ  これほどに悲しくそこなわれ  医者から証明され  わたくしは恐れられるよりも、愛され  最初から含まれ  合理的に作られ  誤用され  犠牲となって、あわれ  雷に撃たれ  奥へはいられ  電気に打たれ  胆をひしがれ  旋風に追われ  計略は、すぐに見破られ  少女とは思われ  鋼索が断たれ  全然責任がないとは言われ  父兄たちに喜ばれ  国民国家全体が背負わされ  軽減され  簡単には言われ  白蟻に食われ  材料がおおかた伐り尽くされ  合理的に行なわれ  事件に関して行なわれ  教授によって行なわれ  収集され  第一歩と思われ  犠牲者は全く浮かばれ  だれにも知られ  ひと息に洗い去られ  津波にさらわれ  災難に養いはぐくまれ  トルナドーに見舞われ  満載され  植物にはぐくまれ  奥へはひられ  少女とは思はれ  無理に早く起され  扉の開かれ  無窮に長く思われ  上衣に覆われ  縦横に縛られ  頭から足まで包まれ  好奇心とに促され  革紐で縛られ  目前に行われ  周囲に行われ  人が殺され  死が恐ろしい、言うに言われ  骨折で思い附かれ  味はされ  京都へ取り残され  私は裁かれ  再版を怖れ  敢て怖れ  墓にきざまれ  イツハリ、かくされ、祈られ  積極にされ  犯罪にとわれ  民主化と云われ  告発され  作家が招かれ  コーでひらかれ  ジャーナリズムでいわれ  オックスフォード運動とよばれ  輿論からはじき出され  各国から招待され  コーでもてなされ  頭で起きあがるべく余儀なくされ  六つかしく私が書かされ  カーテンだけに囲まれ  番小屋にやられ  玩具にされ  悪魔に魅入られ  意味を与へられ  彼等に囲まれ  神と呼ばれ  所のもの潔れ  声に打たれ  色彩に欺かれ  ダシヌケに降り出され  ツイ釣り込まれ  そのまま二円で買って行かれ  矢鱈に使われ  前に立っておられ  ブチ込まれ  花園を逐われ  スッポ抜かれ  本を借りて行かれ  ソンナ事をなされ  ソウ仰言っておられ  桃源郷といわれ  一つも刺され  口もとをとられ  麥畑が作られ  大抵伐採され  乱暴にいささか驚かされ  情の著るしく含まれ  大風に襲われ  寝床から連れて行かれ  私もすくなからず驚かされ  心を掻き乱され  鯡猟に行かれ  瞑想に呑み込まれ  静かな生活を送られ  理性が冒され  わたしは思われ  蒸気が保たれ  容易に動かされ  顔に刻まれ  上にそそがれ  合理的だとは思われ  神経を奪われ  うちに表わされ  声に悩まされ  力があるといわれ  わたしにはとうてい測り知られ  われわれは鎖され  闇に吸われ  夢魔にでもおそわれ  枠から切り取られ  航海日誌に書かれ  船長がやや少し若く描かれ  日誌に記され  皆踏みにじられ焼き枯らされ  皆殺され  一時中止され  つもりで、おつくりなされ  海へ押し流され  水に流され  うに僕が戻つて行かれ  迷惑がられ  足蹴にされ  根底から震駭され  ところに触られ  方向へ流され  粉砕され  惨劇が繰返され  一人づつ車上に積込まれ  一人見に行かれ  場が少し暗いといつて断られ  条件についていろいろきかされ  条件に縛られ  何ものにも侵され  突落され  何かに追つめられ  ぱな気持にされ  物質から影響され  そこへ貼られ  僕は起され  両手で荒々しく掻き廻され  親に叱られ  うず高くつまれ  後に描かれ  推定され  収むる無しとうたわれ  二年前に描かれ  まま保存され  一般には思われ  木簡とかに残され  前に使われ  まま発掘され  力に追われ  流砂に追われ  火焔につつまれ  芭蕉扇にあおられ  侵蝕丘陵地帯に挟まれ  世界から隔絶され  塩に蔽われ  完全にぬぐい去られ  如くに蔽われ  御飯によばれ  母親に叱られ  四といわれ  数句が記され  人物ばかりを以て催され  人々とに囲まれ  貰つて離縁され  毛蟲に刺され  都会生活に馴らされ  神経衰弱に侵され  変へられ  死顔が照らし出され  ハンカチーフは浸され  腹を突飛ばされ  事が記され  金子五郎と記され  道にくたしめられ  なんされ  もと末何かはわかれ  和歌のながれ  もすそふまれ  建築に挟まれ  窓を覗かれ  それを聞かされ  のではないかとも思われ  たましいを奪われ  幻影におそわれ  隙間から光りが洩れているらしく思われ  悪魔めに喰い殺され  魔法から解放され  世の中からまったく隠され  食堂が開かれ  幻影に悩まされ  うちから選抜され  告訴され  ために執り殺され  邸内から何者にか攫われ  安否を案じわびて、どうしても眠られ  叫び声におどろかされ  廃宅に隠され  妄信に釣り込まれ  それっきり二人はわかれ  空虚は決して満たされ  地べたにつくばって、あわれ  わなにかかられ  感情を動かされ  組合わせにもあみこまれ  ものに押され  低下を余儀なくされ  鬼と云われ  まことに救われ  展開が行われ  新生が行われ  眼を醒まされ  後悔させようとなされ  神様から追放され  人たちから離され  神様のあたえてくだされ  なかに取り残され  国に破られ  自由に駆けまはられ  ぢいさんに抱きおこされ  皺がきざまれ  波にみがかれ  物じゃあ飲まれ  時始て開かれ  視点に立って出され  中で出され  そこから新しく見直され  区分され  公的と思われ  下におかれ  統一しようとされ  生存意義とされ  守備としてのこされ  暴力がふるわれ  虐として語られ  リストされ  何人私たちに知られ  現実ばかりを知らされ  手おくれに知らされ  頭株をとられ  婦人参政権はもたらされ  生命によってあがなわれ  社交性につり出され  一つずつ持込まれ  兄はもう救われ  あれを引裂かれ  敏子をなだめ、引裂かれ  なんどもきかれ  上を引きずられ  一時間位も待たされ  女中へと渡され  看護婦に寄り添われ  二ノ宮と云われ  台に置かれ  はり絶えず限られ  世間から范獺子と呼ばれ  出来とも思はれ  卓はみがかれ  人たちに知られ  気候に犯され  往診に呼ばれ  医者にいわれ  懇望され  悪夢におそわれ  音によって破られ  病いに冒され  のを聞かされ  ような、眠られ  情に駆られ  一生から取り除かれ  感情に駆られ  露台に囲まれ  微笑に送られ  八ヵ月以前に死んで葬られ  ウェッシントン夫人に雇われ  反駁され  いつでも正しく保たれ  ために、あまりに奪われ  幽霊などに襲われ  幽霊に襲われ  かなりに経て来られ  神様が知っておられ  群集に巻き込まれ  舞踏会に招かれ  名を謳われ  卒業され  薔薇を以てまきちらされ  品行方正と云われ  上秀才と云われ  あなたに愛され  今ほど訳され  武器を以て責めぬかれ  人生を進んで行かれ  無関係では行かれ  非常に動かされ  不眠症に罹っておられ  会話は眠られ  犠牲になっておられ  毎夜眠られ  今もつながれ  魂を吹き込まれ  土曜日に開かれ  今まで云われ  秀才と云われ  品行方正といわれ  雑誌屋に傭われ  活動写真館に傭われ  時が来たと思われ  雑誌社に又雇われ  世を送って行かれ  あなたによって蒔かれ  不快に襲われ  場合、殺され  彼女が呪われ  興味に駆られ  露子は殺され  之が残され  被害者にはさとられ  立場に立っていたとしたら、必ず執られ  夜、眠られ  このごろ夜ちっとも眠られ  調合され  処方され  このごろ夜眠られ  何かでつつまれ  お前ゆうべは眠られ  私ねむられ  あなたからおっしゃいって云われ  頭を打たれ  のじゃないか知ら、とさえ思われ  胸倉を取られ  薬をのまされ  地上におられ  汽車に揺られ  永遠に知られ  気に襲われ  不思議には思われ  東京に送り返され  前に引き出され  何遍云われ  全部もって行かれ  気もちに襲われ  誰からか聞かされ  三四米先へ投げ出され  妹すみ子に送られ  救つてくれたとはどうも信じがたくも思はれ  下っ端に雇われ  電車でもまれ  軒並に切取られ  ようになされ  何だかはぐらかされ  安心下され  若者も及ばぬほど働き居られ  水あたり食あたりなどされ  筆で太く書きしるされ  中から根こぎにされ  思いに駆られ  薄ら影に包まれ  自然から根こぎにされ  都会から窒息され  胸が塞がれ  反響して吐き出され  興奮にも駆られ  窒息され  煌々とともされ  怨恨から行われ  ことが疑われ  追跡され  有様に飾られ  結び合わされ  親しみ深く思われ  横町とでしめくくられ  自然を奪われ  空もじっとりと汗ばんでるかと思われ  ままを拭き込まれ  酒が冷えてしまうと再三促され  誰にも気付かれ  ものがすっかり吐き出され  横がかえにされ  なかに置かれ  僕は寝れ  声に脅かされ  ものを煽られ  戦争によって引裂かれ  今日の引裂かれ  海辺に拉し去られ  うちに微笑まれ  諛ひに慣らされ  照子に依つて慣され  すつかり振られ  夢に駆られ  説明をされ  病はされ  さつきから別に感情なんて害され  三十分の上待たされ  満足を与へられ  残念に思はれ  満足してゐると思はれ  云ひながら出され  食卓が新しくされ  兵隊に取られ  何だか西岡は取られ  イヽ話をすつかりきかされ  光つて見渡され  西岡におされ  了つたやうでもあり、また若し放され  大高と彫られ  截り出され  讃めそやされ  いま揺り覚まされ  模様がえを聞かされ  後のあわれ  巴里で聞かされ  正面に、ほの青く照り出され  逆に照り返され  傷手が、一々、抉り出され、また癒され  ものに顧みさせられると、同時にまた、なつかしまれ  巴里に残され  テーブルにまくばられ  父に促され  他人から聞かされ  巧みにいい返され  冗談にされ  方へ誘い込まれ  美術学校へ入られ  一人で置いて来られ  一人で、よく置いて来られ  いくら馴染みになっても決して借を拵えちゃいけませんよ、嫌がられ  ベッドが持ち込まれ  伎倆がたのもしく思われ  キャフェにあるとさえ云われ  キャフェへさえ行かれ  環境はするする手繰られ  愛感に馴染まれ  居たたまれ  気持に牽かれ  框で区切られ  先に取られ  幾側かに取り囲まれ  青銅で作られ  劃切られ  近くシャンデリヤに照らされ  まま感情に引きずられ  習慣に慣らされ  オレンジに塗られ  二三枚覗かれ  攪き廻され  タブって並ばされ  仕舞いに泣かされ  ものを吹き込まれ  痛みを刻み込まれ  爛らされ  サヴォン・カディウムを訊かれ  二人だけで呼ばれ  タクトされ  中へ織り込まれ  流れに送られ  肩を衝かれ  流れに織り込まれ  いますぐ、出て行かれ  感覚に誑され  だんだん意識され  態度に欺かれ  中へ投げ飛ばされ  気持に取り残され  熱情にひかれ  不良青年にでもおびやかされ  青年に惹かれ  卑怯至極に思われ  フリジヤがあっさり挿され  働きを閉され  小布を冠され  儕輩たちに好かれ  国々へばかり廻され  点ジャーナリストから重宝がられ  一般に使われ  彼女は従えられ鞣され  市場へ運ばれ  都会へ吸い取られ  形骸的にならされ  頃に養われ  父さまの云われ  あとからつけて来られ  不良青年に見込まれ  あなたと仲好しにされ  愛感に襲われ  蔦に覆われ  マイナスにされ  名所と云われ  生活能力も偉れ  一列で小さく仕切られ  人家に取囲まれ  女は辛うじて救われ  よう着こなされ  夫人をあわれ  女に気取られ  ことにむしろ悩まされ  著書に引っぱられ  ご馳走攻めされ  満足させようとしたと云われ  性慾も含まれ  精神から見放しにされ  風聞にもはや動かされ  芸術餓鬼といわれ  一郎君が云われ  子に送られ  僕の愛され  今読んで打たれ  半面が、それで多少なおされ  提供され  世界に造り出され  女はつくづくうたれ  立てに直ぐ来られ  人の出盛りが見渡され  笑いに誘われ  ところで愛され  小児寄宿舎にやられ  逸作も釣り込まれ  そのまま持ち込まれ  道路まで並べ出され  エッフェル塔が見渡され  区劃され  青木に囲まれ  ほどが気遣われ  此儘ニは居られ  敷設され  設計され  一座が救われ  格納庫へ引き渡され  ほうがむしろ驚かされ  僕も少なからず驚かされ  忠告をおいれ  船室にはいられ  わたしに話され  心をみだされ  うねりに揺られ  ことが考え出され  静かに横たわっていたが、とても眠られ  観念に駆られ  致命傷を負わされ  敷布ははっきりと照らし出され  両手でおさえていたが、ともすると押し返され  跳ね飛ばされ  僕につかまれ  ところは、引き延ばされ  たしかなことは言われ  がいにやられ  私はついまたつりこまれ  から磨かれ  きれいに綴られ  タネリは食われ  両足をつかまれ  きれいにならされ  婦人雑誌に書かれ  其人ありと知られ  絹帽に挾まれ  心に誘はれ  素性を知られ  此口つるしても置かれ  言へば、しだらも無く抱かれ  お話しがあらば聞かして下され  免るされ  屆きたりとも、つれなく返へされ  覽なされ  仕舞なされ  願ひなされ  義理に引かれ  樣に思はれ  願ひたきなり、され  もとに呼ばれ  他人ごとにして嬉しとは聞かれ  工風は無きかと頼まれ  連れ行かれ  花と呼ばれ  立身なされ  代りに出され  ー川柳へ入れたらよかろうと笑われ  基として作られ  ことを仕込まれ  六月から稽古にやられ  博士にとられ  一番拙かったなんて云われ  母に起され  耻を掻かされ  瞬間にはいきなりとられ  誰に見破られ  あんたに断わられ  重病患者があって行かれ  魂を奪われ  死亡したと思われ  夫博士によって覆えされ  毒薬が塗られ  たしかに計画的に行われ  百合子さんに恨まれ  内から少なからず動かされ  好奇心に動かされ  いやに思われ  問を出され  行く末を思い、ぞっとして、いても立っても居られ  私には、そう思われ  門であると言われ  故郷を追われ  滝谷と書かれ  人たちに取り囲まれ  眼がそそがれ  心にまでも喰い入って来て、掻き散らされ  一同は救われ  永遠に打ち砕かれ  のであるが、こういう呪われ  寝床は敷かれ  人々から忌み嫌われ  提議され  布地は引き裂かれ  刺をさされ  建設はなお行なわれ  掩い包まれ  奴隷に護られ  から、坐っていても眠られ  アウレリウスから本心を聞かされ  美に就いてのかれ  直射され  総で飾られ  歌は唄われ  国事に追われ  ところへ招かれ  邸へ招かれ  悪夢に絶えずおそわれ  ところへ呼ばれ  力に駆られ  首斬り刀はすでに研がれ  細工が施され  みな塗りつぶされ  変装に騙され  牙から辛うじて救われ  空間に呑み込まれ  喜怒哀楽に打ち負かされ  眼から追い出され  彼の呪われ  ように、呪われ  竹にとられ  かくまで貧しくなられ  上月景光主のめされ  うち見奉られ  題詠の行われ  いまされ  人のせに負れ  毎月おそわれ  わたしが頼まれ  幸福が打ちくだかれ  みな取り散らされ  気を取り鎮めたとはいわれ  内心はまだ怖れ  捜索され  女が隠され  着衣につつまれ  種ぎれになったろうと思われ  城に呼ばれ  取調べはまだ行われ  なかったくらいだから、行われ  今日まで葬られ  フランボー自身によって開かれ  部分引はがされたり、もぎ取られ  貴金属より抜取られ  生埋めにされ  嵐にもまれ  通り汚され、引裂かれ  落書さえされ  ちょっと大きくなったかと思われ  夜嵐におそわれ  頭を吹飛ばされ  寝込みをたたき起され  相続者にされ  両親にたのまれ  何ものにも犯され  感じが失われ  母が縫われ  声でそう言われ  傍らまでいざり寄られ  先を持たれ  ものに想われ  五章にわかれ  ところへ送られ  外とにひきおこされ  意味を話され  消極的に扱われ  話として語られ  怪我でもされ  歌集をおくられ  そこへ通され  サインされ  かの子さんによって重々しく出され  外国から帰られ  客間に通され  幻想的と云われ  奔放さと云われ  形容され  デカダンスとも云われ  まわりに書かれ  追想として書かれ  人物に選ばれ  年寄が描かれ  悲劇がかもされ  可能のかくされ  主人公とされ  雨ふればそれなり濡れそぼたれ  胚種は護られ  刺激に動かされ  不貞をされ  十分描かれ  もう一歩ふみ込んで書かれ  中に語られ  お八つぬきが行われ  均衡の失われ  明瞭に、出され  動機だけをさぐり出され  感動的に描かれ  救護され  過程に描かれ  生きることのよろこびとともに鳴って描かれ  引おこされ  二つの段階が示され  成就され  ここにこそかくされ  納得され  力に追いまわされ  人間の救われ  美が喪われ  うちに吹き込まれ  作品中に取扱われ  人々によって導かれ  何にも描かれ  作は救われ  丸彫にされ  武者小路氏によって使われ  丸彫にせられ  ずり廻され  大溝に叩きこまれ  人に聞かれ  愁訴にさえぎられ  沢が斬られ  曲者に奪われ  そこにもおられ  水野に捜し出され  そうも測られ  塵欲に惑わされ  グルグル巻きにされ  仏縁は争われ  川波に揉まれ  上に飛び乗り、押し流され  鐘ガ淵へ落しこまれ  毒気をぬかれ  狼にでも喰われ  科であんなえれ  手渡しされ  先生に行かれ  ところがあるとは思われ  村垣と呼ばれ  畠を荒らされ  善人と云われ  モジフハイされ  学生仲間に可愛がられ  まり世間には知られ  まりひろく読まれ  書物などがしまい込まれ  家具と呼ばれ  器具がいろいろ積まれ  感情をもって満たされ  物でもあるらしく思われ  技巧が施され  非常に驚かされ  高値を吹かれ  さから逃がれて、初めて救われ  幻想にいだかれ  人生から逃がれ  驚きと怖れ  接近させるかとも思われ  出来事にひどく驚かされ  宝石を取り去られ  夜は眠られ  気に誘われ  熱情も報われ  独り取り残され  地殻を破られ  完全にしるされ  何とも申され  胸にいだかれ  鏡を持ち去ったとは思われ  コスモにも覚られ  鏡が盗まれ  みんなが怖れ  一室に、生きているとは思われ  いるかと思われ  私は報われ  答えは聞かれ  幹につながれ  朝ざくら討たば討たれ  狂人よとてはやされ  むかし怖れ  人に怒られ  小説に書かれ  お姫様は斬られ  姫君のきられ  黒ずんだ隔座敷へとほされ  眼をふせて、まへにおかれ  つたと驚かれ  塊がおかれ  格付され  鼻であしらわれ  通りだから、怪しまれ  鳳凰角を盛られ  本心を覚られ  武家育ちと思われ  途中で殺され  容貌も救われ  のだろうと思われ  老人に祟られ  果てしもなく待たされ  時節であると思われ  顔をしたろうと思われ  叔父さんであるとは言われ  選挙され  悪化しようとは思われ  虚無党に殺され  子供部屋と呼ばれ  んだから、さぞ変られ  誰からも頼まれ  老翁に嚇され  薄情ななされ  がたはたちまちに隠され  なにしろそのままにしてはおかれ  手をひかれ  地獄へ送られ  しただらうと思はれ  歴史的地盤から構成せられ  世界史的使命を奪われ  原理が含まれ  家族主義も含まれ  歴史的世界性が含まれ  壓迫せられ  改って聞かれ  雰囲気に依って知らされ  尊敬を以て読まれ  改つて聞かれ  雰圍氣に依つて知らされ  尊敬を以て讀まれ  一つの限られ  廐でやられ  囲場から択りぬかれ  凡と言われ  支那から舶載され  顎十郎づれに、いつもうまうましてやられ  呉絽を織らされ  落毛を集めてくれというので、言われ  青坊主にされ  魂胆を見抜かれ  わけなぞはないと思われ  ひとに投げこまれ  普断ならば、寄って来られ  咽喉を斬られ  頸動脈をふかく斬られ、斬られ  なにひとつ所持品が失われ  仕業だとされ  一本やられ  咽喉笛を斬られ  汐風にでも吹かれ  耳にもいれ  魚に釣られ  魚にからかわれ  質にとられ  夕風に吹かれ  二歳鱚なみにされ  釋尊以前盛に説かれ  案出され  證明され  踐倒され  つて引用され  能く知られ  港から輸出され  相殺され  大風に吹かれ  智慧があろうとは思われ  紋が丸く切りとられ  紋なりに丸く切りとられ  三年前から堺屋へ引き取られ  手代がわりに働かされ  弟もろとも追い出され  新たにつくられ  秘書課から合宿所宛に送られ  作詞され  ジヤツキーと呼ばれ  夜勤を許され  公会堂でも催され  説明を申し込まれ  幻灯会が催され  縦横に張り回され  篝火が焚かれ  念に誘はれ  大書され  架設され  赤線で書き込まれ  奏楽され  開幕され  条「W」が次第に圧され  言葉が綴られ  保管され  恰度平均され  誰かに聞かされ  迎へにやらされ  自家へ戻され  乱打され  心配するいはれ  木遣音頭におくられ  地へ移され  中に深く切々と折り畳まれ  一服盛られ  肩なんぞじゃねえ、殺られ  鍼を打たれ  蕩らしこまれ  千賀春にいわれ  一昨日おいでと蹴り出され  中へ投げいれ  竜と呼ばれ  男を寝とられ  あちきは、もう、どう疑われ  あちきが殺したと思われ  口をふさいだと言われ  引になったと言われ  俥で越され  樹立も、大方切払われ  多くが取払われ  山家と頷かれ  峠には、謂われ  牛妖に、少なからず驚かされ  横啣えにされ  宙に描かれ  御免下され  あれあれ峠を見され  こいつ嗅がされ  生血を吸われ  我ながら攫われ  処へ立たれ  熊にでも乗られ  先達にも見て取られ  気を引かれ  雑草に遮られ  三造は誘われ  俯向けに投出され  後髪を取って引かれ  尠からず驚かされ  辺がお思いなされ  苦笑いなされ  私に起こされ  蜿いても抜出され  上から圧伏せるかと思われ  一人らしく思われ  腰を円くそう坐られ  賞翫なされ  登山され  膝に抱かれ  姉さんと言われ  釘を刺され  迎いに出ようとは思われ  眉を顰めずにはいられ  命令をされ  急に問われ  緒を取って扱かれ  何とも言われ  それ、貫かれた、抉られ  のかも料られ  魂を抱取られ  歎息をされ  口を利かれ  底も測知られ  腸で、切裂かれ  蹌踉けなりに投出され  声で怒鳴られ  突離され  出会頭に聞かされ  大勢に抱え込まれ  何に誘われ  若いものに悩まされ  吸消され  雲から吐出され  人さらいにさらわれ  静寂へとり残され  中につつまれ  男の結ばれ  一躍りして指され  形にむすばれ  必要に垂れ流され  彼が満たされ  現実に行われ  ツヤが立ち、結ばれ  美が描かれ  何物も怖れ  ことがなかったので、怖れ  過去を思いだしても、裏切られ  衝立に仕切られ  首はつるされ  首にだまされ  女に憎がられ  嬲り殺しにされ  ゴッちゃに隠され  どっちも焼かれ  首は蹴られて打たれ  あげくに殺され  歯に食いつかれ  毛がむしられ  庭でも怒鳴られ  臆病風に吹かれ  勇気が失われ  顔は裏切られ  ノスタルジイがみたされ  彼は怖れ  らが落ちたとも思われ  ような怖れ  さにつつまれ  ハワイに移され  手にかかって、殺され  首を締められて殺され  湿気が、小さく切りとられ  ひとに愛されたい、好かれたい、嫌われ  つまみだされ  仕事に使われ  電車に轢かれ  ガスにやられ  それっきり二十年間、わかれ  新聞が送られ  目に掛けずには、居られ  修行をなされ  私が、さんざんに殴られ  胸が、どきんどきんと騒ぎ立ち、いても立っても居られ  中で、いても立っても居られ  遠州灘あたりでだいぶん揉まれ  掏りかえられ  川なかへ投げだされ  廓にわかれ  六棟にわかれ  ょろ松に揺りおこされて曳きずられて来られ  何人ほどおられ  誰にたのまれ  めえし、たのまれ  骨を折らされ  役割部屋で養われ  こじつけとも言われ  糸巻からくりだされ  先にあやつられ  すゐれ  しづかにすゐれ  一人ですゐれ  獣にお殺され  言つて、わかれ  はかへれ  子に泣かれ  天井に映され  神に愛され  目を覚まして、どんなにさびしがっているだろうかと思うと、泣かずにはいられ  世界へ帰られ  お願いをかなえてくだされ  月の光にさらされ  不思議にも思われ  雪におおわれ  女に、抱かれ  墓地に葬られ  ため動員され  下痢に悩まされ  親許から寄来され  地に描かれ  縞瑪瑙に畳まれ  狐に化され  私達にとり巻かれ  私は、泣かされ  腕を執られ  びこれを相手に叫ばれ  び閉され  講義に続かれ  大分待たされ  五つと担ぎ出され  止胸を打たれ  木立にとり囲まれ  から怖れ  ことを考へると、失はれ  巡査に叱られ  声援に送られ  顔も美しいとは思はれ  ものを思ひ知らされ  潮時に獲れ  験があると云われ  芸者にあなどられ  人物と見なされ  酒乱と見なされ  犯罪とせられ  のは、いや、飲まされ  作法さえ時たま行われ  歌を聞かされ  英雄豪傑にのみ限られ  事をいまさらの如く思い知らされ  炎天に照らされ  順々に送られ  番衆に押しもどされ  一人にしてまいりまして、こうしておりましても、万一を思われ  ことがあっても外され  棒ばなで薙がれ  きり息もつかれ  ことは申され  嘘をいっているとは思われ  そくにもなりますまいが、せめて頼まれ  駕龍を追いぬかれ  待伏せられ  ことじゃだまされ  これは盗まれ  運わるく投げこまれ  仰向けに倒され  手を捕へられ  習慣が行われ  キレイに吹き払われ  ことして附け込まれ  内側に隠され  物も実に測り知られ  湾がつくられ  斷りなされ  見知り置きくだされ  東海道を上られ  かしこでも追ひ散され  逢ひなされ  殺生をせられ  やうに悟られ  やうに生きても居られ  われ等も努めて居るとは知られ  案内なされ  美濃路まで進まれ  千住小松川すじでおこなわれ  手飼いなされ  寵愛なされ  思召しもあられ  ものか殺され  中川にかこまれ  釣りに行かれ  老中より申し聞かされ  靴は叱られ  ようになあ、と云われ  露店の許され  法、嫌われ  男が、釣込まれ  苦虫と呼ばれ  手を伸ばされ  桜見物に誘われ  歯切れがなんともいわれ  諸君、騙され  廣府とも呼ばれ  市舶司の開かれ  愛讀され  一とみなされ  雰囲気が醸し出され  幾度も繰り返して聞かされ  他人から騙され  代わりに払わされ  非常にいたわられ  仕事にも追われ  どこから売れって言われ  大切にされ  卷込まれ  光明に包まれ  はじめて創刊され  化粧箱がおかれ  斜にして、置かれ  封建といわれ  福日社から頼まれ  百出しまして、とうとう打ち切られ  ノック・アウトされ  知らない人からコンナ目に遭わされ  絵によって窺われ  意味からでも、取られ  振舞によばれ  みんなはよばれ  祭りを延ばされ  見舞いにとられ  必然に置かれ  召命され  誤謬が含まれ  大別され  万事が含まれ  トルストイ翁の言われ  特命され  愛を以て抱かれ  予知せられ  侵害せられ  田稲は刈られ  姿がしのばれ  葛飾にわかれ  きりぎりす姉上さまにはだまされ  母上さまにもだまされ  名にだまされ  夢にそそられ  ハンカチになにか書かれ  唄ひませうよわかれ  糸誰かに引かれ  二つに裂かれ  さきを知られ  さまがみまかられ  作りごとされ  辛苦をあわれ  ここで追っぱらわれ  血統は争われ  味方をしたって、どっちみち、良くはいわれ  仕事じゃあるまいし、いわばほんの頼まれ  ざまにされ  上で、ああそうですかじゃ、いかにもおどされ  南北にわかれ  大掛りに探され  たしかにまっぷたつにされ  やつに殺られ  相がある、といわれ  魚をもらって歩かれ  足がついたとも思われ  剣気のぬしは、死んだと思われ  廃嫡され  土井摂津守利勝からわかれ  榎谷氏のいわれ  幾部分汚され  同胞で取り囲まれ  処が世にもあろうかと思われ  偃松で織りなされ  霧裡に奪い去られ  綽名をされ  私共にやらされ  ままでやられ  誰から別段たのまれ  後から急かれ  西洋人に知られ  須山からそう言われ  夕風に吹き込まれ  かくにも、こうしてつとめて来られ  間に呑まれ  ゴムひもでくくられ  グルグルと振りまわされ  蔑視され  断絶され  快感から誘われ  緊縮せられ  活人そのままのかれ  町木戸がふやされ  諸侯から所望され  大地に吸いこまれ  抜擢され  まりひとに好かれ  泥をぬられ  三つ、さんざんに打ちこわされ  天狗にひっさらわれ  御嶽山へでも持って行かれ  今ごろは、さんざんに口説かれ  草がそうとう踏みにじられ  いくらひどく踏みにじられ  天狗を召捕られ  コケにされ  生やさしいこっちゃねえ、攫われ  横あいからだんまりでさらってしまわれ  まりゆっくりかまえてもいられ  グルグル巻にされ  板の間にころがされ  百叩きにこそされ  門をつきだされ  偏光で照らされ  出陳され  本があるので、ついついだまされ  錯覚からよびさまされ  ものが喜ばれ  代り母はとられ  びそした苦情が持ちだされ  瞬間ほぐされ  仕草も想い合わされ  藩屋敷が置かれ  登勢に抱かれ  病室へ移されて、見るなと言われ  蚊に食われ  んにすかされ  染がとられ  お茶子に雇われ  薩摩屋敷から頼まれ  怪談を聴かされ  黄金蟲が招かれ  一二枚書いて読み直して見ると書かれ  上には見出され  顔に、頼まれ  笑いものにされ  建造され  廻航され  馬の背につまれ  席にもいたたまれ  師匠が、れ、れ  幼稚と思はれ  柄杓で汲まなきや汲まれ  御飯が炊かれ  風が吹かなきや帰られ  薄にや切られ  ことが囁き交わされ  そのまま家に帰され  学校に呼ばれ  手紙が残され  目に遭わされ  八つ裂きにして殺され  洋服をかけていかれ  もので、長々と書かれ  杖によって隠され  ポケットの中で行われ  自宅へ呼ばれ  否定したと思われ  ことが話され  実習に引き出され  歯で噛まれ  何かに噛まれ  子犬は追われ  そこにのこされ  作品に鋭くふくまれ  ところにおかれ  創作され  例証として、最も多く読まれ  それがなくては生きてゆかれ  ように、思われ  どこかに見開かれ  要望され  吐息が聞かれ  瞬間まで保たれ  意識を以て為され  数頁が書かれ  荷い通され  上に曝され  克服され  ちげえねえが、そうと知っては見すごしても行かれ  四月十五日としるされ  長閑に行われ  長崎会所から送られ  親兄弟にたのまれ  弱味につけこまれ  伏鐘一味におどかされ  一味におどかされ  そのまま八丈島までつれて行かれ  闇やみと騙され  むかしさんざ使われ  浸潤され  拡大が行われ  踏襲され  市民一般のおかれ  疑いとして出され  ちがいとしては抉り出され  砦を壊され  大衆にとって、買って読まされ  反射として書かれ  ように書かれたか、或は書かれ  困難におかれ  混乱に陥ったと云われ  沈滞が云われ  時代が来ている、と云われ  従来対置され  病気と闘っておられ  事によると一杯かつがれ  筆を絶っておられ  片っ端から読まれ  権威となられ  物を書きよいと言っておられ  場合は書くと言っておられ  エネルギーが宿され  それでいいではないかと言っておられ  中で行われ  驚嘆しておられ  独自の研究につとめておられ  改善が行われ  誰に読まれ  知識階級によってなされ  何が書かれ  貸家札を貼られ  松林で囲まれ  ように、騙され  とき引き離され  事情をきかされ  自動車で来られ  下に巻き込まれ  手入れよく刈込まれ  病院に連れて行かれ  看護婦が雇われ  心持に打たれ  特別感興をそそられ  目醒され  評として書かれ  前半に語られ  骨格になじみにくくされ  評論集は読まれ  屋台骨ごと揉まれ  濤にうたれ、洗われ  一篇についで書かれ  偏見にとりかこまれ  解明され  性質もひき出され  篇にふくまれ  あとがきに書かれ  ここに示され  今日云われ  人間が動かされ  そこから創り出され  興味ふかく語られ  成立すると云われ  今日十分身につけつくされ  制作され  そこからつくり出され  作品のつくられ  燈に映しだされ  気のどくに思われ  老人は怖れ  脚下を包まれ  中へ引き込まれ  妖道士に騙され  灯があおられ  椅子にもどって来られ  そのままに置かれ  佐原屋が絞め殺され  ふうにして殺され  急務だと思われ  白刃をふるって斬りこまれ  別間へ呼ばれ  駕籠に揺られ  ガクとあおられ  ょろ松が、指さされ  和泉屋が殺られ  座敷で締め殺され  明けがたまでに殺られ  家をつぶされ  あなたがた五人組につぶされ  不具にされ  提起され  嵐に吹きちらされ  なりゆきに置かれ  文学といっても、なんとなしいきなりつき出され  現実から遮断され  ことを奪われ  動きについて知らされ  文学についてもまた知らされ  翹望が語られ  誕がよろこびをもっていわれ  ニュアンスでいわれ  まとまり整理され  論争が行われ  さかんに行われ  それに導かれ  ありのままにうけとられ  結論され  明瞭に示され  自然ひき出され  改悪からひきおこされ  けが強調され  ものとして行われ  ローラーにひしがれ  外見上解体され  聰明にされ  個人はふたたび見なおされ  予約され  印象に立って行われ  あとから、歌われ  自覚されるされ  眼は見開かれ  呪文的にもち扱われ  欲望につき動かされ  直感にひかれ  表現でいわれ  把えられ  現在ソヴェト同盟に行われ  作家から質問を出され  感想にうたれ  ところから解説され  対立がのこされ  統一確立され  機械的に結び合わされ  明瞭に語られ  理論がこねまわされ  支離滅裂にちぎられ  説明が行われ  照応する活かされ  先頃平林彪吾さんが死なれ  殆ど同時に逝かれ  力をつくされ  命を終られ  生涯の閉され  私たちに語られ  魏法師に云われ  飜案せられ  第一人者と云われ  墓に引込まれ  ことについては争われ  女にだまされ  一番打たれ  ものを知っていないとやられ  身辺小説といわれ  自分が負かされ  弁解され  用心をされ  質問を出され  虚構は、許され  足とられ  寄稿をたのまれ  ちょっと知られ  又右衛門は、憂れ  又右衛門だけは、ゆるされ  いま、なんとか言われ  ことは言われ  女体に行きあわれ  古木にかこまれ  顎十郎も誘われ  幕に写しだされ  のだぜ、と囁かれ  頃から聞かされ  事を聞かされ  一緒に追い散らされ  お元気ですか、と問われ  何気なく問われ  すみませんと言われ  子供に慕われ  問題がかくされ  流用され  内部的矛盾が示され  科学が選ばれ  綜合され  角度にあらそわれ  文学的感情と云われ  ために未だのこされ  部分がのこされ  波頭におされ  科学的裏づけとしてつかわれ  立場において書かれ  本質が語られ  契機として行われ  承知して引きまわされ  専攻され  対象とされ  精神活動に馴らされ  考え方に慣らされ  好感をもったと書かれ  殆ど正気と思われ  逆説でつかわれ  ことがはっきり書かれ  五・一五から語り出され  農村でひろくよまれ  部分しか書かれ  抱負を話され  一部発表され  野地にかこまれ  現実のものとして確りからみあってつかまれ  二派にわかれ  ナウカ社ニュースが送られ  意企せられ  可能性は少なからず含まれ  である、といわれ  作者によって書かれ  アンケートが送られ  先入観に絡みとられ  文化は潰され  話が出て、誘われ  涙をしぼらされ  巧に殺され  先生方から鼓吹され  情熱を吹き込まれ  光来をねがわれ  おつきなされ  お待ちくだされ  気宇がうかがわれ  褥がおかれ  得もいわれ  さもしのばれ  江戸一と言われ  丸腰にされ  猶予くだされ  面目次第もこれ  ものは、と訊かれ  二三照会せられ  江戸一といわれ  小波にうまくしてやられ  扉はとざされ  ことをすると、ぶったたかれ  おいおい亡なられ  訳もなく見やぶられ  気持そうに揺られ  シテやられ  なにをどうやられ  背中と、さんざんに斬られ  ここに斬られ  ここへ運ばれ  脚下にもよりつかれ  寄附され  感じに襲われ  のに少なからず脅かされ  ものであろうと思われ  容易に見出され  雰囲気に包み込まれ  雰囲気に包まれ  であるように思われ  律動であるように思われ  幾遍となく繰り返され  考究され  応用もされ  世間から尊重され  世間からうるさく取りすがられ  前に押し出され  毛端立ってぼやけあるいは捲くれ  鋏によって穿たれ  当日行われ  一般には云われ  人もまるでないとは云われ  近頃西洋から輸入され  仮装行列が行われ  効果は必ずしも悪いばかりとは思われ  数々掲載され  チャームがすっかり打消され  胡麻味噌に浸され  象徴化され  ことは云われ  明滅としか思われ  恐れがないとは云われ  薫風に吹かれ  先生に差出したら忽ち見破られ  覗きには行かれ  風に流され  永久に焼払われ  前世紀から焼け出され  間違いでも仕出かして、一度出され  江戸友禅ももうあかれ  深川を追われ  地面は譲られ  三階建をつくられ  女房から別れ話を持ちだされ  女房を寝とられ  俺ににぎられ  このごろではもう押しもおされ  のじゃなくって、殺され  中へ投げこまれ  これは殺され  毒を盛られ  ほうだけだとこっそり削られ  しっぽをつかまれ  床に飾られ  台所に置かれ  重荷は下ろされ  展開せられ  ここに許され  奉仕しようとて作られ  工みが含まれ  原料が失はれ  縁が結ばれ  保障せられ  経済的事情に強ひられ  手に托され  美が許され  雑器と呼ばれ  表面に、画き出され  のものであるから粗略にされ  適応せられ  つて保持され  本質は殺され  流れに犯され  放置せられ  職人から作られ  片田舎から運ばれ  下物と呼ばれ  あたりをやられ  今では押しも押され  ンだから、間もなく盗まれ  江戸に持ちこされ  鯨が盗まれ  狐に化かされ  見物にかこまれ  小屋へ運ばれ  ようにかこまれ  関所にかこまれ  連日報道され  写真をうつされ  ニュース写真にとられ  姿を撮され  新聞記事に仄めかされ  感想をひき起され  我々に負わされ  中にあみこまれ  医学的記述は示され  結合におかれ  流動的には行われ  忠告しておられ  社会欄にさしはさまれ  奉仕され  歴史的根源をついておられ  クラス会が開かれ  良心に悩まされ  客が来ると聞かされ  一方を切られ  廊下にかこまれ  ことがあると言われ  毒でも盛られて弱らされ  万屋からかつぎ出され  四方からかこまれ  息を引きとられ  外へ突き出され  西洋建築で青く塗られ  真正面に見渡され  石棺が置かれ  室内へひきずり落され  男に縛られ  室へと突き出され  織物に張られ  僕は握られ  洞穴へ連れて行かれ  何処かへ連れ去られ  たか殺され  東京へ送り帰され  狂人にされ  世間は誤魔化され  こいつアやられ  恋しくてならねえと言われ  声じゃ申され  尻をにぎられ  ひとに知られ  これは一応しょっぴかれ  藤波に威張られ  顔を怖れ  ところへ出かけて行かれ  それは、言われ  手もとに召しだされ  簀巻きにされ  退院を許され  事実が行われ  獄に送られ  ブノンスで行われ  のどを切裂かれ  腹をえぐられ  牧場で見出され  後許され  夜間に行われ  狂犬にかまれ  そうだが、と問われ  判決が下され  人にかつがれ  半分くすぶりながら引ずり出され  否認は許され  事実とは思われ  家政婦としてつかわれ  女に養われ  嫌疑はいよいよ深くなり、さんざん言いこまれ  解剖が行われ  心臓は突刺され  一つあかるみに持出され  判決が言渡され  子供が殺され  態度が窺われ  さを責めずにはいられ  発奮せずにはいられ  態度に動かされ  渦を巻いて掻き廻わされ  うちに握られ  奴にすっかり聴かれ  あんたに殺され  背負込まされ  事件に引きずられ  第三者によって操られ  碑銘が刻まれ  ように嵌め込まれ  ただ一脚だけ離れて置かれ  中に吸い込まれ  脳漿を撒き散らしてあわれ  屈辱感に襲われ  小さな泉水盤が置かれ  床が磨き込まれ  まま、堆高く積まれ  こととはどうも思われ  なにしろ、うまく遊ばれ  ひとから托され  世界大戦によって惹き起され  葩去され  明らかにうかがわれ  チェッコ・スロヴァキヤに挾まれ  青ペンキ色に塗られ  凝集され  横ッ面をぴしゃりとやられ  気まぐれに弄ばれ  茶毒され  死ぬにしても、そうでなくては、浮ばれ  波にゆられ  胸を射貫かれ  全部開けはなされ  みな閉され  ものがないとすれば、盗まれ  写真だけが盗まれ  視され  写真を盗まれ  そのままそっくり抜きとられ  土嚢が積まれ  間待たされ  正午近くなってようやく呼び込まれ  糸杉で囲まれ  丁寧に切り抜かれ  二本突き出され  無残にひき裂かれ  ひと掴みにされ  染色され  薨去され  好意を持たれ  到着され  作成され  二列縦隊に並ばされ  一同が引き出され  二間おきぐらいに立たされ  調子で、打ち鳴らされ  相似で貫かれ  ホテルから王立病院に移され  強打され  化膿を気づかわれ  中へあわれ  式部官に導かれ  うちに育まれ  感情に襲われ  黒雲におおわれ  ひとり、ぽつんと投げ出され  方に、突き出され  エレアーナは連れ戻され  波瀾にあやなされ  現在タッタ今置かれ  恐怖に打ち拉がれ  しかも、そんなにまで打ち拉がれ  此処まで追い遣られ  射出され  星田が引っぱられ  モウ担がれ  刑事二三人に囲まれ  刑事に気付かれ  違い無いと思われ  格別に驚かれ  そのまま宙に吊るされ  名人などと言われ  大砲でも盗まれ  奥から頼まれ  どこに押し匿われ  菊人形にされ  呼売りをして歩いたと言われ  名を騙られ  五代目をしのぐと言われ  娘に取り巻かれ  調室に引張り出され  何人にも知られ  検事局で、怪しまれ  如何にして殺され  警視庁へかえされ  揶揄され  五万円かたられ  癲狂院に送られ  検事局に廻され  この間殺され  寺尾に示され  承知せられ  検挙され  扉がグッと開かれ  立所に殺され  誰かに威かされ  時私の取りにやらされ  籠絡され  こっちは切られ  師匠にかつがれ  膝小僧をだいて揺られ  道をゆられ  青二才に見かえられ  一家が殺られ  ほかはないが、殺され  急所を射抜かれ  謎がとかれ  無知に馴らされ  手で訳され  つた二人から大事にされ  力で曵き出され  それはすぐに舐めつくされ  つた者でも動かされ  側面を護られ  いくつもの危険に曝され  特別につくられ  一ぱいにされ  機会を免れようとして、殺され  虫に荒され  木で知られ  程落雷に打たれ  枝はもぎとられ  木として知られ  貨幣が見出され  勘定され  私達に許され  神様から召され  立派に思はれ  叔父さんは、頼まれ  ハンマアで打たれ  づり取られ  つた空気に曝され  考へ出され  それは直ぐに伸びて、潰され  地は耕され  毛を刈られ  脇へやられ  沢山栽培され  火に焼き崩され  栽培され  成熟すると、刈られ  機械なりで紡がれ  足台に推され  方へ吹き飛ばされ  槌で叩かれ  雨に曝され  二行程書いてくれと頼まれ  パルプにされ  板に引き延され  層に引き伸ばされ  インキを塗られ  写本に限られ  紙に書かれ  縁がとられ  総称で呼ばれ  色彩で飾られ  つてつくられ  中には、全く含まれ  ミルクよりはもつと含まれ  さにすつかり包まれ  横に折り畳まれ  圧しつぶされ  蚊からさされ  千もの糸が含まれ  クレエルにひかれ  手段がまた繰り返され  人に恐がられ  手で叩きおとされ  木靴で、すぐに踏みつぶされ  十分に知られ  武器として与へられ  方法でつくられ  扱つて怒られ  蠍に刺され  肉につきとほされ  蝮に咬まれ  不意の怖れ  蛇に咬まれ  中に注ぎ込まれ  何かに引掻かれ  光つた帯で飾られ  毒に害され  横ぎつて、切られ  半分むしられ  歯であんなに荒らされ  坊主にされ  駄目にされ  空気に取り巻かれ  猫は放され  撥返され  中から導かれ  何時もよく導かれ  端に吊され  人間が投げ倒され  誰かが打たれ  すつかり光りで包まれ  皆んなは怖れ  ロマは殺され  電気が満され  松の木が撃たれ  神様から与へられ  それに促され  人が打たれ  木は壊され  処から救ひ出され  儘で居れ  空気に飲まれ  井戸から汲み出され  皿だけが残され  噴火口から噴き出され  焔に照らされ  熔岩が噴き出され  風で運ばれ  雉ぎ倒され  下に圧しつぶされ  壁に取り囲まれ  火は取り残され  前後に揺り動かされ  岸から押し戻され  足で踏み潰され  鶴嘴で掘り出され  旅人はよく、まだ掘り出され  何でも壊されるか打ち倒され  牢屋が開かれ  中で絶えず造られ  ″\前へ押され  後へ押され  上に堅く敷かれ  蒸気に動かされ  確かに思はれ  バスケツトから取り出され  目的はちつとも果され  砂粒が撒き散らされ  事はして居れ  野仕事に引出され  中から引き出され  色で飾られ  蕋に取り巻かれ  花は切り落され  別々に包まれ  蜜に誘はれ  かも堅く閉され  ものに包まれ  笠に破られ  匂ひに誘はれ  目を覚まされ  手に取り囲まれ  促がされ  水に呑み込まれ  そこへ呑み込まれ  顛覆され  そつくり呑み込まれ  中に呑みこまれ  地面へ持つて行かれ  場所から抜き取られ  地面へ移され  何んにも残され  谷底へ呑みこまれ  そこに呑み込まれ  逢つて潰され  生埋にされ  裂穴へ呑み込まれ  湯に包まれ  皺で飾られ  国からすつかり追ひ出され  其処に含まれ  者に取られ  線で区切られ  線で囲まれ  海に注ぎ込むと見積られ  中に呑まれ  地上に残され  風に鞭打たれ  切りちぎられ  海に穿たれ  破片は砕かれ  なつて放り出され  大洋に含まれ  奴に見つけ出され  四方に運ばれ  地面にしみ込み、濾され  水を造られ  海に駆られ  何物も失はれ  女王に導かれ  殖民地はもう見つけ出され  武器を剥ぎ取られ  巣箱から掃き出され  垂直に吊され  間で揉まれ  蜜蝋でつくられ  一つの窪みがふちどられ  封ははがされ  つて制禦され  女王蜂が残され  方法は許され  仕事は残され  ふうで、注がれ  まさかそうも言われ  まんなかをぶっ通され  五寸釘でぶッ通され  五寸釘でぶっ通され  悪旗本にからまれ  ところかと思われ  ものでも盛られ  薄月の光に照らされ  蝮蛇に咬まれ  企てがなされ  必然的にされ  予示され  冒頭に話され  ことが多く含まれ  偶然に行なわれ  彼らによって担われ  失なわれ  変化すべく余儀なくされ  獲得され  のは、殺され  事件においても、殺され  土塀が築かれ  ように割られ  大かた現場が踏み荒らされ  場所から死体だけ運びこまれ  仕業ではあるまいかとも思われ  十二時頃に行われ  ごみがつかまれ  著書に詳しく書かれ  白粉と違って、殺され  小田刑事が立っておられ  口調で話しておられ  震災当時焼死してしまわれ  名刺を、殺され  一同あっけにとられ  焼死され  方へ帰ってしまわれ  ように、殺され  大村氏自身が作られ  気分に包まれ  行方不明になってしまわれ  はじめ僕は殺され  精密に行われ  ものがあまり行われ  夫人の言われ  言葉によって、殺され  家族を訪ねて、殺され  自動車に揺られ  殺害の行われ  狐に誑かされ  相手に気づかれ  墓地で行われ  時間に殺され  他所から運ばれ  小田刑事が立ちあがられ  から、どうされ  扉を押して、あたふた出てゆかれ  私たちを促され  二台用意され  私たちは感づかれ  小田さんに引っぱられ  自動車にのせられ  警視庁へ運ばれ  家を追いだされ  それを感づかれ  生活から影響され  もっと自由が許され  施設によって全く踏みにじられ  ぎ取られ  柵がまわされ  針で突かれ  のも、そのすり減らされ  くらまされ  笑みに隠され  ものとみておられ  つるぎ山から帰られ  拝顔を得たいと申され  そこもとは好んで招き召され  惧におそわれ  城とともに揺さぶられ  目的が果たされ  死骸は、すでに運び去られ  声を出されておられ  太刀が呆然と持たれ  蔭もなくなって、仰むけに寝かされ  間に、許され  自分ひとりに注がれ  自由は解かれ  まま藪へ帰され  それが放たれ  泣き落しに誘われ  上へ取り残され  身の上を聞かれ  小僧にやられ  待遇され  顔を見あわすかと思われ  阿波へやられ  お方に、会われ  ものと聞かれずにはおられ  一角に撲られ  狼藉に取り散らかされ  言葉が思い起こされ  人とがどう考えても、同じだと思われ  からね、黙って、泣いて、踏みにじられ  毒を呑まされ  何も忘れていたが、こう笑われ  のと、そうおっしゃられ  気を惹かれ  武士とは思われ  みんな船から突っ返され  血縁につながれ  雨に叩かれ  川波に揺れ振られ  寒気にでも襲われ  浪にももまれ  あなたがなくては、生きておられ  分りなされ  汗に粘って、もがれ  肉感に怖れ  つぼに溶かされ  心を話され  会釈もなく踏みこみ召され  身を交わすと、残され  ように怖れ  袂まで曳かれ  舟売女と思われ  容、なお、つつまれ  おのれに伏せられ  間に投げ散らされ  綱を解かれ  水に押され  下へ流され  手元へ引かれ  周馬もつりこまれ  半ばむしり取られ  冷蔑にどやされ  ン出され  句に作られ  時代のかれ  運座へ誘われ  夜食が運ばれ  大通りを、揺られ  めちゃめちゃにやられ  腰ですか、斬られ  どこかを斬られ  そこへ運ばれ  町を担われ  狐にでも化かされ  気を廻され  血だよ、どうして斬られ  万吉さんが斬り殺され  ゆうべ安治川屋敷へ連れてゆかれ  充分に救われ  お先に使われ  空気につつまれ  犬に食いつかれ  道化役者が撲られ  一角もつり込まれ  疲れた足にすがられ  日傘を引ったくられ  力まかせに打ちのめされ  独り言に誘われ  足にふまれ  ことが、やはり女らしく迷われ  無理に、かどわかされ  底になげこまれ  匕首が落され  そちに匿われ  啓之助に囲われ  はめに立たされ  米はぽつねんと取り残され  邪推され  不意にはずされ  使いにおどろかされ  家に寝かされ  万吉は仰むけに寝かされ  桃谷のかれ  金創を巻きかえなどされ  門番も叱られ  押ッ放され  おはもじとは思いひるまれ  家から頼まれ  体を動かされ  他人にされ  目から放たれ  殿様へでもしゃべられ  部屋へ運ばれ  梅渓右少将様からお頼まれ  四国屋に託され  血にぬられ  依託され  容体ではとても起たれ  後ろ髪をひかれ  やつに斬られ  荷が吐かれ  裾を下ろして、やや急かれ  船出祝いに出され  居眠りをし召され  居眠りをさまされ  うっかり話も交わされ  竹屋卿には話され  先へ気どられ  ことを召され  食慾をそそられ  空腹をみたされ  金紋に怖れ  屋台を引っくりかえされ  袈裟がけに切られ  はいいきれ  すきも、ハッとふりほどかれ  出没にじらされ  原士が斬られ  部屋から密かに運び出され  方策だといっておられ  釘でも打たれ  口に噛まれ  一緒に吸われ  願いは覆され  船へ運ばれ  いつのまにか運び出され  かなりきびしく行われ  囲繞されて、送りこまれ  中ほどをきわめてゆるく押しだされ  胸につつまれ  原士には怪しまれ  水勢に押され  松兵衛が突きのめされ  胆をつぶされ  剣が抜き払われ  掩わずにはおられ  左舷へ引きずられ  つり下ろされ  つづらを運ばれ  暗礁からつき出され  舷を叩かれ  蓋が開かれ  中が覗かれ  ためらいなく、被われ  人形みたいに吊るされ  下に投げだされ  容易に抱き出され  ぇッ、うまうまと騙られ  呆ッ気にとられ  いたずらに茫としてはおられ  潮水で洗われ  巨影にかばわれ  潮風に消され  虚空へさらわれ  手を振られ  艶にむきだされ  合羽を剥がれて押し込まれ  間に行なわれ  何者かに手繰られ  何者にか組み敷かれ  シュウッと削り落され  それらに来られ  切ッ尖に追い廻され  帆は切り裂かれ  外海へつきだされ  体ぐるみ吹ッ飛ばされ  海水をすくうかと思われ  一週間といふ限られ  さによって彩られ  手を曳かれ  岸に繋がれ  機屋に望まれ  船縁から岸に渡され  子供に引くりかへされ  親類に呼ばれ  矢張息子に早く死なれ  ことが思はれ  やうにすら思はれ  容易に眠られ  さんごなどで飾られ  お送りなされ  大軍を破られ  病気にかかられ  占い者に問われ  空を仰がれ  王さまはいわれ  王さまは問われ  憂いに沈まれ  運命を悲しまれ  ことを見もし、また、しつくされ  静かな生活を送りたいと思われ  生活は煩わしいと思われ  なにものにも煩わされ  家具に取囲まれ  ような閉ざされ  小料理屋にひっぱって行かれ  霊智に依つて知らされ  お前にわかれ  神にむすばれ  から突き落され  下着類の散らかされ  上から照らされ  スウェータアに包まれ  中に解きはなされ  笑いがかくされ  気分にまぎらされ  重吉から引離され  亢奮とをもって読みまわされ  わきに置かれ  花かげに置かれ  胸にのこされ  デスクが置かれ  配色が寂しく思われ  扱いをされ  ところによせて置かれ  鴨居には貼られ  鋪装をほどこされ  ソーヤーに云われ  室内に点され  自動車に悩まされ  別な光りに照らされ  瑛子が、惹かれ  菜種も呼ばれ  菫も呼ばれ  ことがうなづかれ  考へ書かれ  必要があると思はれ  ことだろうと思われ  以上、作られ  はずだと思われ  ことになって来ると思われ  一番好きだ、と言われ  風の戦ぎにあおられ  片が漉き込まれ  片々が見出され  世界に張り渡され  釜で混ぜられ、こなされ  言詞が思い出され  どれだけよくこなされ  どれだけ洗われ  昔から探査され  つて突破され  人々に見送られ  両機に積みこまれ  なかに包みこまれ  西へと押し流され  のには、驚かされ  臆測がなされ  飛行機によつてなされ  千九百二十四年に作られ  格納庫につながれ  発動機もなほされ  三十二個に増され  すつかり積みこまれ  格納庫から引き出され  航空中になされ  窓は開かれ  アメリカ大統領から与へられ  記念として置かれ  だいたい人に知られ  陸地は見出され  北極と呼ばれ  のが見てとられ  貫徹され  破片が見出され  大波に呑まれ  嘘にもあつたとは思はれ  泥棒に盗まれ  道破され  夢として書かれ  綱を引かれ  前後左右に振られ  生憎引き裂かれ  五軒茶屋の名によつて呼ばれ  ぢいさんと呼ばれ  大食堂に引き出され  手合いに対して残され  写真もほとんど限られ  うちにあわれ  範囲が限られ  岩に限られ  淘汰はまつたく行われ  好運にあまやかされ  選択がまつたく行われ  もとに作られ  もとに置かれ  飯を出され  生徒に盗まれ  燒出され  友人に送られ  女學校出とは思はれ  つても居られ  招牌は出され  默つて首を低れ  ちや決行され  世に呼ばれ  ことが出来ると言われ  人に漕がれ  眼は見えなくされ  剣に引かれ  切れ切れにひきちぎられ  たましいもみちびかれ  声を出して引かれ  河に洗われ  女学校出とは思はれ  つて首を低れ  先年亡くなられ  研究家として知られ  為めに作られ  所と思はれ  米が食われ  のは面白いと思われ  国だとしか思われ  異常に珍しくなつかしくも思われ  強風に吹飛ばされ  頂上へ登られ  中から切り出され  浜まで送られ  駅員に守られ  出船間際に連れ下ろされ  警官に見送られ  來漢譯され  翻譯せられ  住處より取り出され  調伏され  智者は護るべし、護られ  業は、善く作られ  與に造られ  御者に善く馴らされ  網を脱れ  造作せられ  惡用せられ  王が亡ぼされ  利にして脱れ  根侵され  擾亂せられ  一切事件に汚され  指定せられ  住持にも気に入られ  肚でも痛まれ  医者にかかられ  待夜に招かれ  今更実家へも帰られ  女に裏切られ  怨霊に悩まされ  家へ引き取られ  家へまた引き取られ  福田旅館と書かれ  福田と書かれ  眼が冴えてしまって、なかなか眠られ  山水や、失われ  日本独立後初めて行われ  昨年十月召集され、現に開かれ  抱負経綸が示され  占領下に失われ  継続され  代表せられ  事実上停止せられ  断じて打開され  強弁され  むだに使われ  三十億五千八百万円といわれ  会計検査院の限られ  のごとく使われ  延べ百三十余名といわれ  本土から分離され  国交回復はおこなわれ  企図され  決議にもられ  回復がなされ  四月からおこなわれ  永定河に作られ  百三十七万人失業者が出るであろうといわれ  倍加され  三千億になるといわれ  犯罪が行なわれ  はじめ締結され  改定が行なわれ  交換が行なわれ  朝鮮において行なわれ  五百億ドルといわれ  修正をされ  正常化され  導入され  単独強行採決がなされ  攻撃せられ  紅葉館で開かれ  席を起たれ  女中達大勢に取り巻かれ  肉体をこきつかわれ  科学精神がめざまされ  暇を出され  主人に重く使われ  家で作ろうにも作られ  神神から下され  自ら凌霄にからまれ  枝に遮られ  枝で遮られ  膝へ抱かれ  張つてランプが吊され  板の間近く膝に抱かれ  藏も流され  膳が引かれ  牛が悉く積まれ  二側につめられ  横木に括られ  塀がとりまわされ  たかえされ  間を仕切られ  煉瓦でつくられ  塀からとって来られ  ようだと語られ  靴が吸いとられ  即売され  ことばかりとも思われ  冬がもたらされ  一区画がとりこわされ  いくつも積まれ  親切心に動かされ  のですかと訊かれ  苦情も云われ  なかにくっきり照らし出され  目をひかれ  赤坊ケープがつくり出され  破綻からわかれ  あとにのこされ  口から友達たちに話され  友子から出され  軟くひきのばされ  飛行公園になるとか云われ  一日じゅう掘りかえされ  小屋掛けがとり払われ  コンクリート塀に囲まれ  すり紙がはり出され  外米八割と書かれ  名が記され  光景にも語られ  編輯がされ  肩が描かれ  目の見開かれ  ことも知らず描かれ  そこに語られ  世界中で云いふるされ  部分実現され  失業におびやかされ  むき出しに照らされ  今日利用され  展望を障られ  推測され  家とは思はれ  處に祭られ  注意せられずに忘れ去られ  人が這入つて蒸され  寢附かれ  是認され  惡事までゆるされ  押戻され  丸山に呼ばれ  歓待を尽くされ  鱶にでも食われ  原住民に限られ  者に覚られ  元気もないだろうと思われ  日本人は攫って行かれ  人を喰おうとは思われ  好奇心にそそられ  岩にせかれ  押流されるかと危ぶまれ  飛沫に打たれ  雨水に浸され  稲妻がまた光って、その光りに照らされ  方へ行ったらしく思われ  我慢にも歩かれ  怪物に誘い出され  河へ吸い込まれ  河に呑まれ  つて東京の宿へおくられ  徐ろに招かれ  筆を執るべく余儀なくされ  北海道から送られ  印象に刻まれ  団体は解かれ  点は些かかるく扱われ  燒け出され  言葉が聞かれ  やうに詰め込まれ  一杯に詰め込まれ  三人は下ろされ  間に挾まれ  喜びを感ぜずには居られ  全然別に仕切られ  ふちのすり減らされ  歌が聞かれ  滅多に聞かれ  渡つた時馬に蹴られ  雀程にも珍しく思われ  懐古園と呼ばれ  橋があるといわれ  谷に架け渡され  まり市區改正をやられ  天から與へられ  女ではないかと思はれ  適切ではないかとも思はれ  日光に照らされ  力で押され  鍛練され  求刑され  ちの今日でさえ、いても立っても居られ  覺えられ  あれ佐渡立ちわかれ  文学的熱情を誘ひ出され  篇中に委しく描き出され  半分靄に包まれ  ところだとは思はれ  叙述せられ  前後から説き起され  庭が見下され  背が望まれ  電車に替へられ  調和が破られ  趣味から作り出され  むるは浮かれ  聴取せられ  文学的熱情を誘い出され  名所といわれ  ところだとは思われ  屋敷の取払われ  蔦かつらに蔽われ  音にさそわれ  居住を許され  丹念に読まれ  自分でも作られ  相手に思われ  戸が激しく叩かれ  肩を揺られ  援けられ  おばさんから閉めだされ  泥を払われ  李に渡され  小さな手帳が渡され  印が捺され  貯金までさせて下され  フランス語に移され  それで起され  ことを云い出され  中をひっかき廻され  半分ばかり食われ  凡そ提出され  道を逐うて運ばれ  話題に促され  そこに取り扱われ  交互作用と呼ばれ  於ても許され  自我から演繹され  筈であるとは云われ  記述され  説明されると云われ  明るみから匿され  覆いを取り去られ、照らされ  他から決定され  出発に選ばれ  ものを拡げ、含まれ  譬喩され  他から区別され  特に対象が選び出され  対象が選ばれ  特にそれであるとは云われ  反対とは呼ばれ  ものとして見出され  口授され  関心され  却けられ  時、問われ  歴史は書かれ  故郷から追われ  学問され  そこに説かれ  事実上提供され  リッケルトによって説かれ  概念によっては尽され  同一視され  独立化せられ  疑問はかくして解かれ  常々迫られ  規定も亦省かれ  場合にも許され  誘導され  普遍妥当性と呼ばれ  さま体系概念へ運ばれ  之から区別され  必然的に導き出され  実践的規定として見出され  夫として見出され  観念的規定から区別され  始めから許され  根柢と思われ  無関係に、必ず一応は解かれ  方法が学ばれ  特に方法が学ばれ  等置され  処理され  於ては運ばれ  ことが出来、又行なわれ  区分せられ  原理的に導き出され  自由芸術から区別され  分類され  支配しなければならぬと思われ  実在から区別され  自然科学的形而上学が破られ  従来期待され  科学から区別され  ことすら許され  哲学から区別され  ことも無論許され  事実上区別され  事実区別され又され  変更され  内から、見出され  代表すると思われ  何処にも見出され  科学論に含まれ  それに含まれ  無理なく受け取られ  何であるかをば或る限られ  理解し尽され  形式と呼ばれ  形式論理学から区別され  から理解し尽され  課題であるとは思われ  ように見なされ  材料は引き離され  歴史科学と呼ばれ  有つが故に初めて択ばれ  カエサルと呼ばれ  偶然に選び出され  却って個別化され  一般化に含まれ  充分理解され  個別化され  之に基いて或る限られ  記述され得、又され  仮定され  他にしては、許され  困難が実際かくされ  事実上暴露され  時から名前を聞かされ  亭主に死なれ  ぢりかなんかしてゐれ  やうにも話され  もので、施され  縁に引かれ  遇され  外にないと云われ  諭功行賞が行われ  畏敬され  策があっても行われ  策が行われ  脇で待たされ  陣中、遂に破られ  使をせられ  いかように思われ  他愛なく崩され  軍と言われ  どれ程深く切り込まれ  鎖に捲き倒され  容赦なく押流され  鎖に捲きたおされ  大和川に流され  家康いたく喜ばれ  合戦の開かれ  人にも笑われ  軍勢にはばまれ  追撃され  肉附とはくっきりと区切られ  地肌へひきつられ  のか、噛まれ  地肌にひきつられ  小さな料理店が作られ  それが更に建て増され  殊に気を引かれ  感情をくすぐられ  情念をそそられ  裏口も閉めきられ  却って救われ  マダムから誤解されて、怒られ  寝床へ連れこまれ  肱で突っつかれ  体温に引かれ  荷いきれ  白銀色にいぶされ  間に開かれ  捕縛せられ  捕縛され  押送され  繁昌とは思はれ  ぐわかればなしになつてしまつて、そのわかれ  店開きが遅くれ  風にもつてゆかれ  ものをやられ  やうとは思はれ  帰へれ  何となく気にいらないわかれ  ものかねえ、悪くなつたら、わかれ  あだなされ  深みに葬られ  ムルタックの葬られ  惶れに包まれ  アングウスと呼ばれ  楽のひびきがふくまれ  ようにおつくりなされ  海霧にとざされ  無惨にもひきさかれ  撲殺夫に撲り殺され  なにによってひき起され  上にただひとり残され  静寂に充たされ  一歩も歩まれ  出血斑で蔽われ  過熱され  もう一度焼かれ  北風に煽られ  狭山ももちろん吹き飛ばされ  ように燻され  これもおし潰され  いまにも吹き飛ばされ  柔和に見ひらかれ  岩で畳まれ  土間に運びいれ  胸をとざされ  人間だとは思われ  十本ほど丸めこまれ  ポケットにさしこまれ  雪にとざされ  小屋からひきずりだされ  胴上げをされ  これでいっぺんに覆えされ  死滅するかと思われ  緘黙によって保たれ  はじめて明らかにされ  投棄され  深い闇に包まれ  そこにうつしだされ  私はうまくしてやられ  柱暦に巻き込まれ  眠りからさまされ  嫌悪したり怖れ  音にとざされ  中のものを取られ  陳述され  花子がされ  どこから見ても見あらわされ  小屋に来られ  狭山に殺され  恰好に思われ  私は腹立たしくなったり可笑しくなったりして、長く寝つかれ  あなたが落っこちでもされ  何だか馬鹿にされ  憂欝にとざされ  だれかにぬすまれ  あしはぬすまれ  人国記にもいわれ  首が、並べて斬られ  事があると、頼られ  藩からは、睨まれ  帰国され  沿海を窺われ  助から、たてつづけに聞かされ  何度か脅かされ  お先棒にかつがれ  落首が貼られ  伊能矢柄にも、愛され  伯父によばれ  淵は、突きだされ  酌され  一瞬によごされ  浪人たちに、やられ  嫌だなんていわれ  御家人屋敷へ、積みこまれ  灯と金屏風とに囲まれ  先がいそがれ  櫓稽古などが行われ  脳裏からいつか駆逐され  金一封ずつが渡され  凶く、裏切られ  頭からそうどなられ  曲者に騙られ  重喜に話せば、無論許され  のだろうと恐がられ  一句に、すっかり引きずり込まれ  兇行に使われ  者に叱られ  ツリこまれ  妙だナと思いながら、いわれ  あっちへ行って寝ろといわれ  さじゃ寝つかれ  これだけは隠され  他人に拾われ  眼八といわれ  捕縄がつながれ  体を起こしながら、縛られ  口が固いと見込まれ  親方から固く頼まれ  ショッ曳かれ  喉笛をしめられ  どこに匿われ  お家様には可愛がられ  嫌とはいえずに頼まれ  口止めされ  浪にもまれ  から諜しあわされ  晩傭われ  所へ頼んでくれと渡され  手当てにも追われ  弱腰を蹴とばされ  同心、少し出しぬかれ  顔は暗く隠され  まま、どなられ  から度胆を抜かれ  境内で召捕られ  源次を見捨ててもおかれ  居すくみをどやされ  それは、打たれ  土岐鉄馬は斬られ  脛を払われ  縛めを切られ  手で研がれ  捕手に追われ  人数に囲まれ  順路をとって行かれ  岩脈に阻まれ  趁い廻され  眠りつかれ  丞も眠られ  力が結ばれ  それも待たれ  かいにもまれ  不意をうたれ  腹を打たれ  油液を採りつくされ  哀寂にうたれ  一緒になっているから、とても乗り超えてはゆかれ  同心に追われ  唇を締めて、こうしてはおられ  陰影がつくられ  断定され  気構えを割られ  しろ、或いは思いだされ  頭巾を見て思いだされ  頭巾といわれ  畳代えにも雇われ  何を話され  使いに出され  十夜頭巾が脱れ  俵一八郎が殺られ  から治まっているといわれ  長に見破られ  響きにうたれ  力は、同時に抱かされ  ころがされ  力ではね返され  力の練りだされ  毛穴をよだたせて、つかまれ  腕をつかまれ  減殺され  真っ白に隠され  一人斬られ  立派に斬られ  眼八も斬られ  楽そうに押され  方寸がたたみこまれ  もの狂いに振りほどかれ  妖雲にわずらわされ  情にひかされ  意気地に押され  ようなけむりを曳いて持たれ  心臓を射ぬかれ  空を打たされ  杖はふたたび持ちなおされ  今はじめて許され  胸で圧され  短銃にうたれ  危機に吹かれ  丞の撃たれ  霞にぼかされ  あやしさにうたれ  社会的存在を許され  ことは、広く知られ  光芒を奪われ  特徴は押しも押され  まり区別され  一様に通じては行なわれ  ように受け取られ  ものと貶され  験化され  自己崩壊とへ導かれ  考え方が相当広く行なわれ  悟性的とけなされ  歴史科学から特に区別され  認容され  しかつき合わされ  普通に感覚と呼ばれ  正当に使われ  鼻祖とされ  帰結として導き出され  設定され  のは好く知られ  ありのままに掴まれ  仕事は単に、すでに導き出され  実践に就いて最も誤られ  普及され  組織化され  客観化せられ  社会的規定だと云っては済まされ  偶然から切り離され  人為化され  社会化され  マスターされ  示唆され  分解され  SocialScienceと呼ばれ  サブタイトルに書かれ  疑問にされ  テーマにされ  高揚と共に持ち出され  マルクスによって生かされ  科学意識に動かされ  夫から区別され  反覆は許され  しか表現され  しか許され  実質的連関が見出され  言語学と訳され  主体化され  他人として提出され  機械的に断ち切られ  歴史によって貫かれ  関係から導かれ  夫から導かれ  大衆的に知られ  から、切り離され  上でしか受け取られ  ためにしか受け取られ  ことは、よく知られ  客体化され  叙述方法から区別され  操作から区別され  却って総合と呼ばれ  断片化され  生徒に侮られ  月給の渡され  言つて居られ  敬服せずには居られ  生活をして居られ  解職願ではあるまいかと思はれ  渠自身に注がれ  教室に導かれ  今それを出され  生活され  いらしてくだされ  公主といわれ  物に怖れ  舅さんに知られ  ために縛られ  前へ引き出され  王であると言われ  ものを描かされ  日言われ  反対意見を出され  大半連袂辞職され  私にそう言われ  有楽館でひらかれ  改題せられ  光栄に打たれ  伝奇小説を読まれ  煙草店に雇われ  差遣され  始末書を取られ  一幅いつ見ても掛けかへられ  出で来られ  間に通され  人に頼み込まれ  時遊びに来られ  ことを得べしといはれ  楽しみとせられ  据ゑ置かれ  内相を失はれ  居を移され  編輯局に送られ  木曜会に赴きしいはれ  書斎に通され  先方より切出され  労を取られ  語出され  引合され  滞留せられ  巴里に来られ  むづかしからむと申され  推薦なされ  時、とても帰られ  東上せられ  ものなるべしと語られ  烟となれるが如き思ひに打たれ  弱味を突かれ  だんだん深く掘られ  眞劍さに打たれ  蜂に殺され  みんな踏みつぶされ  尻を持ち込まれ  大変叱られ  師表と仰がれ  仕方がない、だまされ  否や談判を開かれ  烟に捲かれ  いくら月給で買われ  車屋から親方と云われ  事を笑われ  しかしだれがしたと聞かれ  前へ抛り出され  馳けられ  鼻垂れ小僧にからかわれ  仕方がないから泣き寝入りにしたと思われ  魚も握られ  上を揺られ  前任者がやられ  赤シャツから口留めをされ  余まされ  未来のためによくないかとも思われ  のは、なぐられ  揚足を取られ  宿直にあたられ  軽侮され  温泉に行かれ  んだが、なるほどそう云われ  から読んでくれと頼まれ  芋を食わされ  出ろと云われ  釣瓶をとられ  から行くがええと云われ  駄目だと云われ  説明で取り去られ  一番人に好かれ  胡魔化され  残念がられ  赴任され  ひだを正して申し込まれ  芸者に叩かれ  間毒気を抜かれ  傚され  所で、行き詰ったぎり、押し返したり、押し返され  うちにかぎられ  喧嘩は止せ止せと揉み返され  喧嘩をとめにはいったんだが、どやされ  石をなげられたりして、恐れ入って引き下がるうんでれ  無茶苦茶に張り飛ばしたり、張り飛ばされ  鼻柱をなぐられ  毀損せられ  学校を休んだなどと云われ  顔よりよっぽど手ひどく遣られ  校長に呼ばれ  辞表を出せと云われ  いや云われ  から処決してくれと云われ  辞職され  漁船に引かれ  工業クラブに開かれ  釘を打ち込まれ  線で示され  印録され  日本化され  ひざにだかれ  中へおかれ  先入見にわずらわされ  争議解決後新設され  普通新官僚と呼ばれ  提唱だと云って買い被られ  何かをなし得ようとは思わないだろうし、又そう思われ  ものだとさえ云われ  まり秘密裏に行なわれ  腹案によると云われ  旧封建領主から解放され  コヅキ回され  最近になって殖えたとも思われ  人物が殺されたり殺され  徹底され  条件が見出され  私的化され  忠君愛国とかが叫ばれ  高唱され  よう特に厳命され  大量的に失われ  ものが催され  処で覆され  鉄道網が敷かれ  排日宣伝ビラが貼られ  事件が惹き起こされ  負担を負わされ  何かに魅入られ  三つ設定され  まりもなく吹き消され  一二報道され  妙ではないかと思われ  善導され  中味通りに貼られ  資本主義化され  軍部によって作られ  充実せられ  しか配慮され  必然にされ  社会的不安に襲われ  ゴマ化し去られ  説法され  彼等は鞭打たれ  教示され  表面上は少しもおびやかされ  主人そのものからは少しもおびやかされ  社会から進歩的と睨まれ  一緒クタにされ  ボカされ  陸相更迭が行なわれ  産業資本だと云われ  初頭に行なわれ  擁立され  白紙一任され  錯覚され  無条件信任され  要求は、一応、充たされ  声明され  一致として説かれ  妥協が見えて来たと云われ  持久的過程が持ち越され  名目化され  相互扶助があり得るとは思われ  意識化され  まり行なわれ  ものは見出され  強弁が行なわれ  着色され  最近ヒューマニズムとも呼ばれ  場合尊重され  実行に移され  魔力にしてやられ  下に置かれ  所有者としても許され  容認され  習慣に置かれ  左右にすべき謂われ  知恵として行なわれ  しか理解され  指導啓発され  愛国心だって本物ではない、とさえ云われ  外敵から幸福に防がれ  人民と呼ばれ  最近発見され  場合にしか保たれ  合言葉として選ばれ  そのまま是とされ  ことは、見逃され  儀式が行なわれ  一つであると思われ  バーバリズムだと思われ  放擲され  区別を置かれ  危機についても云われ  神聖化され  地上にまで引きおろされ  元来神聖化され  神聖視され  文学が行なわれ  今日行なわれ  一等発達しているといわれ  手中に置かれ  敬遠され  技術によって促され  是正され  カットされ  相互作用は、広く知られ  方針として持ち出され  ことがうかがわれ  点は、ねらわれ  検閲行為が含まれ  学生にまで及ぼされ  助成され  一九三六年十一月一日から実施され  けが許され  批評は許され  転化され  対立におかれ  幻滅され  継ぎ穂され  熱情に駆られ  有名にされ  色で彩られ  一時はすっかりしてやられ  京都帝大に招かれ  流行などに動かされ  エラボレートされ  そこに使われ  当時からドイツで広く行なわれ  唯一の残され  概念として持ち出され  普通呼ばれ  剥脱され  愛用語とされ  ために召し出され  東洋的フィロロギーから導かれ  ために呼び出され  ことは、相当ひろく知られ  稲がやられ  内容は実はいつも既に知られ  彼に云われ  主任教授西田先生に呼び出され  訓誨を施され  改装され  一策として持ち出され  不足があるとは思われ  内にまき込まれ  世界に限られ  許容され  何となく疑問を持たれ  不満を持たれ  ものがないとも云われ  自然だとされ  油そそがれ  社会的生活から切り離され  排撃され  要求に迫られ  今云われ  ヒューマニズムと呼ばれ  一部で行なわれ  対置され  資本主義社会で行なわれ  言論でさえも許され  放送代表に選ばれ  於て許され  社内で下され  ディクテートされ  流言が行なわれ  馘首され  内容とされ  翻訳ではあっても、相当読まれ  予想が含まれ  ジャーナリズムから排除され  排除され  戸籍変更が続々と行なわれ  段階にまで著しく殺減され  のは、読まれ  地位におかれ  労働用具から切り離され  陳列会が行なわれ  社会的に許され  却って明るみへさらけ出され  一日ユックリ邪魔され  者には案外知られ  まり自覚され  出版は著しく衰えて来たと称され  一般に云われ  限度がおかれ  出版現象が行なわれ  十五万部配布され  頃駅頭で沢山売られ  作製配布され  間から流布され  寵愛され  罷免され  改組され  判定され  安全と思われ  脂をしぼられ  単元化され  文芸物であると云われ  かに宣伝され  岩波講座から削除され  独善主義とか、呼ばれ  まり注目され  特色によって貫かれ  疑問とされ  自己統制が行なわれ  利害を介して行なわれ  編成がえされ  代表者として選ばれ  以て貫かれ  理由だけで出来るだけ小さく取り扱われ  事情から引退を余儀なくされ  箝口令が下され  内に含まれ  画一化され  半分裏切られ  釘が打たれ  今日一等興味を持たれ  合同会見しか許され  他人からディクテートされ  処罰され  分裂を余儀なくされ  社会道徳圏から見放され  危険に著しく曝され  パーセンテージも示され  政治的意図を以てなされ  政治的意見も含まれ  支度され  宿命に置かれ  神経をつかれ  政治放送は行なわれ  事実上許され  言葉に直され  通俗化され  位置にしか置かれ  ためにその限られ  点は、見落され  センセーションは全く断たれ  それ自身記録され  中心とすると云われ  意味を持たされ  固有名詞でなくされ  今日許され  一任され  匹敵すると見積られ  ラジオ開設以来教育され  下車して気がついてみると、盗まれ  君もやられ  僕もやられ  二十数年間行われ  期間独立を保ったが、遂には亡ぼされ  時期に遅くれ  ミジメに亡ぼされ  死骸を投げこまれ  帰依すると聞かされ  ロシアは救われ  のに擽られ  勘当が許され  為に、わざわざ頼まれ  羅列され  ハヽヽ、捕へられ  軒先に限られ  貨物自動車に楽々と積み込まれ  から彼女等に出し抜かれ  矢鱈にされ  あまり名の知られ  礼などされ  ところを写され  想ひに打たれ  詩に書かれ  息子に聞かれ  間で交され  著書一本寄贈され  んだが、勿論読まれ  雪にぼかされ  永遠に詞想からとり残され  嘲笑が含まれ  費消され  子供諸共戸外にほうり出され  程頭を殴られ  壁に塗り込まれ  彼は、怖れ  煩さがられ  心まで見透され、操られ、打ちのめされ  中に封じ込まれ  こと招かれ  手蹟で、れいれいと書かれ  うに問ひ返され  清々と好いと思はれ  つもりになんてなられ  母に憤られ  講義され  出入りされ  突ツ放され  賞讚を博され  云つて悸され  刑事に踏み込まれ  胸を戦かされ  これが失はれ  さし出され  照しだされ  隅々までくっきりと照らしだされ  鮮やかさで思い知らされ  男が殺され  懐から男たちを奪われ  夜毎兵士に守られ  平和は求め叫ばれ  意味してつかわれ  おかげで殺され  人権がふみにじられ  密告され  色で描かれ  ポスターがはられ  用心と書かれ  獄外で殺され  英雄として、新しく見なおされ  先頃上映され  これまでひたかくされ  虐が行われ  餌食とされ  生涯から奪われ  横浜で行われ  孤独にされ  出征し殺され  悲しみから濾過され  一段からもち出され  扱いなく行われ  極端にゆるがされ  一部分として扱われ  社会的基盤さえも失われ  原因からひきおこされ  根源に立ち入ってとりのぞかれ  手ですかされ  ことをたのまれ  時局問題講演会が屡々催され  張り出しがされ  げに出され  駅まで揺られ  買ひ取られ  金使ひについて聞かされ  指一本で投げ倒され  配属され  毒ガスにやられ  ヨオロツパに来られ  食堂に導かれ  寝台車から抛りだされ  頓に失はれ  廣大にせられ  掣肘せられ  消化せられ  鍛煉せられ  ドアがあけはなされ  晩行ったが突きかえされ  翌日も突きかえされ  クビをきられ  関係でやられ  去年佐太郎がやられ  豊多摩刑務所におかれ  場所へ出かけ、遂にやられ  必要だと言われ  はるか後方に取り残され  経験せられ  必要から全然解放せられ  戦争経験をも含めて造られ  それが現に行なわれ  賛美され  著名を謳われ  未亡人にしてみせますよといわれ  前にひらかれ  動乱がひきおこされ  戦争がひきおこされ  真実を開かれ  二回世界平和擁護大会が開かれ  戦争行為が行われ  希望に導かれ  やうに置かれ  話にわづらはされ  死神にとつつかれ  つて左右され  緊縛を許され  砂中から拾い出され  輸送され  分配され  装填され  時としては、書かれ  作品よりも、書かれ  潮州に流され  ようにして下さい、と云われ  人事課から念を押され  強盗にかみつかれ  神さんにやられ  勤務を移され  みんなによろこばれ  逆撫でされ  はたに知られ  会社につくられ  不平がよく洩らされ  ために雇われ  らい目にあわれ  我知らずつり込まれ  バカらしい雇われ  集金にやらされ  クビきりをやたらされ  小使にぐったりとだかれ  応急室につかわれ  みんなから信用され  何病で死なれ  二十五円もとられ  かたはされ  カロリー表が貼り出され  一番しぼられ  ように働かされ  素人写真を撮られ  手紙に動かされ  響にのまれ  繩でくくられ  引導をわたされ  中では切り離され  穴銭がぶつぶつ云い始めたらしいのよ、少しぐらいまわり切らなくても、崩され  柳から渡され  それは示され  世の中そのものが組立て直され  呼びかけが貼られ  あとあとまで睨まれ  ままただで搾られ  どんどんされ  こと云われ  ものとられ  沖本によばれ  研究心に促され  魔法で化され  評判せられ  女達に追い廻され  厳禁せられ  これに驚かされ  持物だと云われ  親族会議が開かれ  上役から証明せられ  山毛欅に囲まれ  自分の行きたくて行かれ  食堂とは思われ  馬鹿にされ、踏みつけられ、裏切られ  目を打たれ  統治し得るとは思はれ  山がきづかれ  何物かに、怖れ  姿に怖れ  秀吉に愛され  反撥され  軽蔑で表され  抱擁と認められ愛され  賞讃され  秘密でみたされ  眼を思ひだして、いはれ  流説にとりまかれ  ひそかに、殺さなければ殺され  冗談ごとのうぬぼれにいはれ  遺子であり、怖れ  秋田へ流され  今は召され  父信長に愛され  狂つたが、殺さなければ殺され  希ひも絶望にすら思はれ  心を怖れ  秀吉は、切られ  時間が切られ  一時にきられ  しぶきにもまれ  大八車につみこまれ  三条河原にひきだされ  やうに斬り殺され  穴がほられ  高野から運び下され  死骸と合せて投げこまれ  一つのせられ  段がかたられ  根問ひに弱らされ  すべて屍を焚かれ  二つの暗示を含めて置かれ  姿が残され  死霊の畏れが含まれ  着物を脱ぎかけて通られ  上流とに挟まれ  為に、浮ばれ  肉体を求める浮ばれ  梟せられ  風葬とも限られ  人にせられ  曾て失はれ  事も否まれ  茶荘で逢おうからといわれ  しかし、いわれ  誘惑にやまれ  密室へ通され  さに追われ  ところに運ばれ  誰にも探しだされ  晩も、寝つかれ  丞殿から、頼まれ  宗友に頼まれ  気もちに誘われ  糸にひかれ  何を嘲られ  対手につかまれ  腕をつかみ取られ  俺が頼まれ  カラリと蹴られ  二重に結ばれ  形ばかりに解かれ  灯に彩られ  語句が吹かれ  明りをさらわれ  孫兵衛ははじかれ  胴巻や、めくり返され  さにうたれ  細字で綴られ  手先に踊らされ  網雪洞にほの暗く照らされ  馬上からだしぬけにいわれ  大事はついにくつがえされ  どこかで聞かれ  敬意を払われ  足をつかまれ  勢いと、放され  茨に掻かれ  風にさらわれ  無謀だろうと思われ  浪にゆられ  グルグル潮に巻かれ  それに曳かれ  一艘渦に誘われ  渦に巻かれ  ように流され  底を噛まれ  秘帖が奪いとられ  江戸へ持たれ  秘帖にそそぎこまれ  わしは浮かばれ  しぶきに見失われ  足がかりを探していたが、いくら急いて呼ばれ  綱の切られ  面罵され  晩、かどわかされ  あいつに出し抜かれ  捕縄に引かれ  足を巻かれ  秘帖が隠され  さかと思われ  人形箱が蹴とばされ  一緒に踏みつぶされ  それにうたれ  顔色を悟られ  グルグルグルグル廻され  袈裟がけにされ  三位卿もよく聞かれ  大地を揺すられ  自刃され  肩をちぢめたが、吹かれ  助広の尖にかすられ  小手を叩かれ  声にささやかれ  猟奇心に駆られ  手に解かれ  眸を吸われ  飛耳張目に使われ  ほうへ知られ  髷に挿され  髷に縫われ  宣教に来られ  年寄から聞かされ  奇蹟と申され  笄を刺され  禁教者とみなされ  察し申さずにおられ  錆槍でえぐられ  綱へ渡され  ために救われ  ところによるとはいえ、救われ  一部が裂きとられ  ふところに持ち帰され  万吉にも、同時に怪しまれ  口をかわされ  誤解して下され  本望に思われ  前にいいだされ  数奇に結ばれ  気持に迫られ  剃刀でズタズタに切り裂かれ  言質をとられ  十手にびくびくおびやかされ  牢舎で洗われ  法則どおり一札を渡され  女スリとして扱われ  縄尻を突かれ  人々に残され  魂を抜かれ  谷底へでも突き落とされ  万吉は、初めて、どやされ  骨身に沁みてよび起こされ  幽閉は解かれ  牢舎でゆるされ  時間をとられるかとられ  あらわれといわれ  南画にも、もう亡くなられ  遊びに行かれ  素描などを試みておられ  まま二十何年ぶりで見つけ出され  一今までに余り知られ  所以は、描かれ  具有され  昔からの言い旧され  林檎を描かれ  朱肉で押され  墨とは思われ  出鼻を折られ  ちゃんと表装され  実験がされ  奥さんとが来られ  片っ端から賛を入れて行かれ  頭をひねっておられ  賛をされ  表装され  掲示が貼り出され  緊急会議が開かれ  失望せられ  うち断たれ  安心せられ  刑務所に移され  素ッ裸にして抛り出され  素ッ裸にされ  二つに折られ  しろ、軽い憎れ  巧みに貼り込まれ  刑務所を出され  圧えたい衝動に駆られ  遺棄され  沼などに取り囲まれ  葛飾は、裏切られ  一人取り残され  小野さんに死なれ  宅へ行かれ  小野が殺され  死体から発見され  ことだと云って居られ  訊問され  あなたに一撃され  小野に絡みつかれ  なぞかけられて巻き込まれ  懲役を云い渡され  一人取りのこされ  気を悪くして、殴り倒され  発見して、投げ出され  葛飾に殺され  宰相某とか申され  引き取りになられ  世話になられ  御方もあられ  女ばかりがお残され  行末が心細くお思いなされ  花のように誰にも知られ  京に住まっておられ  ことを申し出され  まことに思いがけなく思し召され  遠慮いたされ  手放しなされ  以前殿とおかたらいになられ  事なんぞを何かと思い出されて細々と書かれ  最後を結ばれ  君が出向いて往かれ  京へ連れて来られ  出立させて、いよいよ寂しくなられ  事にでもなりはしないかと思われ  仲を絶とうとしては絶たれ  反省せられ  しようがない、まあ暫くは知られ  一足先きに来てしまわれ  小声になって訊かれ  それについ釣込まれ  方が削がれ  哀いとお思いなされ  ように問われ  少女を見入られ  邂逅には泣かされ  袖を引き出され  目を拭われ  方へふり向かれ  髪などをしきりに撫でておられ  がちに、帰って往かれ  歌を思い出され  撫子なんぞとあわれ  車ごとお這入りになって来られ  降りになられ  少女が呼ばれ  上機嫌になられ  御相手をせられ  乗りになり、帰って往かれ  一種言うに言われ  夢ほども惜しいと思われ  関心に見過ごされ  殿には見とうもなく思われたろうと悔やまれ  きらびやかにお通り過ぎになって往かれ  前をお通り過ぎになられ  認めになられ  隠しになられ  そのまま其処を通り過ぎて往かれ  何を思われ  殿から御文を寄こされ  事もあまりあるまいと思われ  見えになられ  ように言い出され  撫子を呼びにやられ  帰りになって往かれ  頃私自身にさえ見向きもされ  お立ち去りになって往かれ  ように寄こされ  おれには往かれ  稲束が刈り干され  これを仕立ててくれなどと言って来られ  ように思い返され  非常に歓ばれ  いくつになられ  熱心に訊かれ  許に引き取られ  仰せにはなりませんでしたか、と訊かれ  取りになられ  差し上げよと言われ  お前がおかしく思われ  ゃって来られ  お立ち止まりになられ  絵に描かれ  縁に上がられ  相手にしばらく物語られ  お許し下さらぬからだと思われ  妻戸からおはいりになって来られ  間に立たされ  許に引きとられ  君は語り出され  間に坐られ  まま立ち上がって往かれ  心もちに駈りやられ  ところに立ち寄られ  日を空しく待たれ  いつまでも上がり込まれ  意地めなさりはすまいかとも思われたが、そうされたらばされ  自分には言われ  ように言って来られ  気がいたされ  とき私に向って言い出され  心待ちにされ  そうにせられ  事をせられ  あしらいしかなされ  方まですさって往かれ  出になって往かれ  私はとても生きておられ  同車して帰って来られ  認めになって寄こされ  気もちになられ  遠慮がちになされ  宿世が思い知られ  のか、書いて寄こされ  そうにもてなされ  ために思いがけず蘇らされ  こちらへ入らしってしまわれ  端に坐られ  ように空しく待たされ  心もち縁からいざり寄られ  殿から寄こされ  先まで滑り出して往かれ  方へすさって往かれ  巧みにすかされ  方から再び言われ  君がそう言い残され  其処を立ち去って往かれ  半分ほど更に引きもがれ  何かしきりに口ずさまれ  しった姿が思い出され  別に御文を持ってよこされ  けがましく書いてよこされ  左京頭がお亡くなりになられ  約束せられ  心を残され  山寺へお籠りになられ  消息をおよこしになられ  切なる希いとに充たされ  山に籠られ  ようになられ  姿を暗ましてしまわれ  のだろうと、悔やまれ  墨で消され  黒幕に蔽われ  波濤にもまれ  鍵のおろされ  銅をもって張られ  便乗を許され  狂風に吹かれ  四五人は斬り倒され  船員中六人はすでに斬り倒され  容易に開かれ  板一面に張られ  以前のごとく閉ざされ  洗去られ  羅針盤は砕かれ  海中に呑み込まれ  そのままどこにか持ち行かれ  一面に張られ  大龍巻にでも巻き込まれ  身を打たれ  海水に洗われ  巨浪に呑み去られ  夜に包まれ  手に引込まれ  暴風に吹飛ばされ  呑去られ  とき疾風に吹飛ばされ  疾風に追われ  かたわらに、積まれ  果に押し流され  氷にとざされ  数字を記され  七八千円に値切られ  緊縮され  口とがぽつりぽつりと置かれ  手に託され  君は貢いでるか搾られ  戸田に呼ばれ  不正が行われ  関係方面に為され  於て、ずいぶん行われ  姙娠され  天国に行かれ  さうにも思はれ  時何気なく十字架に彫られ  数へ尽され  前へ運ばれ  噛りながら、暗れ  やうに掃き出され  間青つしよびれ  横面をなぐり飛ばされ  顔にはめこまれ  ぁんが来たと取り次がれ  飽きも飽かれ  極印を押され  三人が通され  気に打たれ  女中に導かれ  和蘭あたりで作られ  ところに刻まれ  掌中に握られ  上、下ろされ  方は下ろされ  それまではいつも外され  釘一本小楊子一本でも許され  人に、悟られ  熱狂にあおられ  魂を盗まれ  生命をとられ  静かに開かれ  仮り枕をお使いなされ  臥しなされ  昨夜はよくお寝みになられ  秘策が練られ  履され  布で巻かれ  後に残され  脱走され  警戒が敷かれ  あたしは特に選ばれ  媒助せられ  荷田大人のいはれ  九百余年前に撰ばれ  墨守せられ  字面が使われ  これら景仰せられ  不覚をあわれ  三花が含まれ  捕捉せられ  他動的に迷わされ  ように聴かされ  大変可愛がられ  もっと勉強しなければいけないと言われ  編輯をやらされ  妻は呪われ  御主人が訪ねて来られ  世に出して貰いたいと言われ  ところへ来られ  のかなあと思った、などと言われ  方に来られ  囲いが仕切られ  運転手は弾かれ  滅茶滅茶にやられ  砂利場から動かされ  屍体収容室に移され  チヤホヤされ  記者に囲まれ  釘をうたれ  底から発見され  眼に感じないとされ  重宝され  人体で遮られ  二もなく蹴飛ばされ  乱雑にひっかきまわされ  滅多に開かれ  追懐され  警視庁から呼ばれ  伯父が呼ばれ  何一つ書きのこされ  手によって書かれ  ジャズに囃され  赤外線男に抱きつかれ  アリアリと覗かれ  滅茶滅茶に壊され  乱雑に掻き廻され  一枚のこらず引裂かれ  狼藉が行われ  隠し金庫が開かれ  ものが盗まれ  後に縛られ  一つきやられ  脾腹をやられ  自由は失われ  報告書も作られ  サーッとまくられ  窓は明け放され  突きにやられ  模範警官といわれ  殊に課長がやられ  視力を奪われ  事務室で盗まれ  どこでやられ  犠牲になられ  眼鏡もとられ  男と女とが刺し殺され  泪を誘われ  本人が殺され  帆村は間違われ  二つ三つ蹴られ  警官に護られ  電灯がパッと消され  映画が写し出され  密閉され  於て行われ  プラットホームからとびこまれ  服装を持って居られ  それっきり自由を奪われ  名称は、殺され  秘密を握られ  目を醒まされ  眼を犯され  結核菌に侵され  連続して行われ  ことから脱がれ  板塀にかこまれ  ボストンバッグが置かれ  奈々子にこう云われ  戦災で大方やられ  腕をうたれ  一撃され  庭に放され  奴さん、やられ  ミゾオチを打たれ  百合子に叩き起され  アゴを打たれ  ミス南京とよばれ  注射して殺され  小さな家から発見され  奈々子宛に送られ  たしかに香港から発送され  奥に押しこまれ  ッかきまわされ  香港から飛行機で送られ  もとへ送られ  そもそも奈々子の殺され  裏が隠され  百合子にこう云われ  猛犬に襲われ  猛犬も飼われ  邸内へ通され  広間へ通され  とき庭に放され  現実を忘れさせる怖れ  注射をうたれ  左腕に巻かれ  家から発見され  だんだん密輸ルートが見破られ  お金で買われ  皆運動場へ立たされ  リボンが結ばれ  ものを怖れ  拾ひ上られ  祕藏され  獄を出され  四階までもう運ばれ  山崎直方先輩の書かれ  拾つた石鏃は、亡くなられ  發明せられ  なほ使用せられ  しまつて到底作られ  制作にかかられ  次第を話され  ブッ放され  上にじかに置かれ  ヨロケで取られ  チフスで取られ  神さまに見放され  石標に導かれ  繁昌も思ひやられ  猟奇趣味で読まされ  動物園に連れて行かれ  なかったから、いやいや歩かずにはいられ  シナリオを書かれ  経験しつつ、作られ  説明はされ  質問が出され  限りでされ  一插話として軽く扱われ  心をつかまれ  ことに慣らされ  ように導かれ  おりから配達され  全然ないとも云われ  獣に脅され  心臓病にかかられ  生命のほども受け合われ  風に飛ばされ  獣に脅かされたなどと思われ  卒倒なされ  一つ閣下におかれ  エチガライさんが来られ  どちらから参られ  印度から当地へ参られ  女中でございまして、叱られ  扉口まで送られ  樹木に囲まれ  近頃阿弗利加から送られ  血を吐いて死んでしまうと云われ  財産家で選ばれ  他人に云われ  眠りは醒まされ  あちこちに置かれ  香が開け放され  香に誘われ  明日からは聞かれ  軍に殺され  私達兄妹は救われ  者だけにかしずかれ  あいつを生かしては置かれ  時嗄がれ  死病にさえもとりつかれ  威厳に打たれ  姿に打たれ  鉄で造られ  さに食われ  カルチュアされ  僕には怪しいとは思われ  学者とは思われ  時連結され  ところは云われ  人間どもに盗まれ  駱駝とを盗まれ  中へ投げ込まれ  天幕へ投げ込まれ  迷信とに養われ  真紅に塗られ  夜会をひらかれ  白昼誘拐かされ  大官に売られ  遁がれ  古代回鶻語で記され  羊皮紙に書かれ  白人によって奪い去られ  伝説によると、失われ  全然ないとは云われ  ことがあるが、葬られ  それに刻まれ  謁見室に、わずかに置かれ  青葉に蔽われ  支那の産まれとは思われ  錠はいつもおろされ  金も一文も盗まれ  不思議な殺され  高位顕官が殺され  有力者が殺され  将士が殺され  名ぐらい知られ  本名を知られ  ハタと閉ざされ  いつか二つの窓をとざされ  決心に押され  ため自然果たされ  設計図が書かれ  居然と置かれ  ここに置かれ  言葉にも尽くされ  紅玉はそう云われ  秘密が保たれ  北京警務庁に頼まれ  ソワ付かれ  扉を開け放され  扶壁が作られ  人に苅られ  人に謳われ  のさえかえって寂しく思われ  滑稽に思われ  争奪戦が行われ  彼らによって運び出され  鉄鎖で縛られ  蓋はすぐに蔽われ  無残に打ち倒され  舷頭に点され  時一つの不思議が行われ  繃帯で包まれ  君から明かされ  手にまた奪い返され  魔法化され  朝陽に照らされ  土とで作られ  湖とに守られ  山とに囲まれ  秘蔵され  文句に含まれ  ボルネオ土人から幾度となく話して聞かされ  幾個か張られ  身動きもならないほど取り巻かれ  混雑とに充たされ  一張張られ  一つも盗まれ  天幕二つに満たされ  類が順序よく並べて置かれ  うず高く積まれ  食料は少しも盗まれ  土人軍に守られ  荊棘に蔽われ  戦闘が行われ  親切で一旦奪われ  邪教に誘われ  料理人として雇われ  私は喰われ  厳粛に打ち拉がれ  草が苅り取られ  厳重に造られ  昔に造られ  銃眼が造られ  一枚板でつくられ  二つに仕切られ  寝具が敷かれ  もっと以前から小屋は造られ  足もとに手繰られて置かれ  小屋へ貯えては置かれ  木の葉に蔽われ  獣肉の食われ  苦痛とは思われ  友達を取られ  悪漢に襲われ  毛に蔽われ  叫びに誘われ  苦痛に思われ  広場で行われ  人間が縛られ  捕虜にされ  花でしばらく蔽われ  それが恐ろしく思われ  篝に照らされ  杭にやっぱり縛られ  雷にでも打たれ  満月に照らされ  所へ連れ帰られ  土人に追われ  一大宝庫が隠され  熱に蒸され  土人に襲われ  筋が引かれ  火事に追いつかれ  暈かされ  高原に囲まれ  林に蔽われ  ためにかえって物凄く思われ  毛で蔽われ  鉄槌で打たれ  牙から遁がれ  渦に巻き込まれ  どこへ運ばれ  残念に思われ  湖水とで飾られ  原始林とで美しく飾られ  中へ連れて来られ  口から聞かされ  底に隠され  不文律が行われ  怯じ怖れ  千切られ  洗礼され  石で刻まれ  老人とに養われ  間に取り交わされ  奇遇が言祝がれ  船は送られ  半分飽気にとられ  白泡に閉ざされ  水勢に引かれ  地下に吸い込まれ  水穴が閉ざされ  奇蹟が行われ  湖中に流され  何物にか引かれ  渦巻に巻かれ  花輪に飾られ  もんどり打って投げ込まれ  水勢に巻かれ  散々揉まれ  地底へ引き込まれ  原始林に取り囲まれ  火山岩で造られ  怒りを示され  湖水に隠され  眼に打たれ  上制限され  狛犬に守られ  期待に充たされ  纜ぎそれ  地下に造られ  人猿に守られ  灌木があしらわれ  瓦斯灯に照らされ  風雨に曝され  濁水に流され  要諦とされ  ガラス板で仕切られ  みんな無残に塗り汚され  通例巻雲と訳され  ような、なんとも言われ  今日でもまだ行なわれ  姿を乱され  ようになびき、吹きちぎられ  そうに描かれ  女の子として取り残され  詰め腹を切らされ  縁側におろされ  鳳仙花とは思われ  役割とは思われ  心持ちに襲われ  焔にあぶられ  生命を焼き尽くされ  小枝のもぎ取られ  半ば泥に埋もれて、脱れ  ために洗い流され、押し流され  美人とは思われ  無残におしつぶされ  不思議につぶされ  石垣にたたきつぶされ  花とは思われ  想像して、寝つかれ  ガソリン臭い川風に吹かれ  頭に描かれ  切り子ガラスの花瓶に投げ込まれ  ウエトレスに導かれ  すみに取り残され  室へとおされ  酒も出され  舟に乗せて還され  宴が催され  右近衛権少将にせられ  人に問われ  森で飾られ  とこらしくあたらしく掘り起こされ  指ざされ  とこに雇われ  ふくろうにだまされ  悪魔にやられ  わたくしも釣り込まれ  まっ黒にそらにすかし出され  モールが張られ  コップがそのまま置かれ  書斎にして書かれ  皆あされ  女中から筑前琵琶を聞かされ  琵琶を聞かされ  秀夫は欺かれ  つた室へと通され  針付けにされ  後家神に、いたぶられ  お待ちなされて下され  蟻に連れて行かれ  へびに噛まれ  蜘蛛からあざけられ  役にたてと仰られ  あはれは知られ  茲に居れ  中に振り播かれ  縮小され  区劃内に限られ  誰やかれ  瑕を捜され  ことも全くないとは云われ  ところが選ばれ  姑にいびられ  種にされ  遁され  十分とは云われ  おいおい、やられ  あかり照らされ  二寸ばかり斬られ  蟷螂に斬られ  アカデミイ会員に推され  演出を観て来られ  のは頼まれなくても頼まれ  濶達に描かれ  聽きとられない怖れ  王とよばれ  目出たいものにされ  ときに呼ばれ  醋鮹だともいはれ  家憲にしばられ  つて檢討され  言ひあはされ  江戸のみに限られ  大騒ぎをされ  囲りが明るくされ  繞って飾られ  朱書され  賞美され  常用され  便利がられ  巧に造られ  俤は失われ  ことは特によろこばれ  初期に作られ  からたちもやがては抜き去られ  生垣で包まれ  からたち寺と呼ばれ  のは珍しいといわれ  部分を取除かれ  だんだんに削り去られ  早晩取払われ  ブランダと呼ばれ  子供らにかこまれ  ままに施され  山へ行かれ  実を見てああほしいなあと云われ  生活から游離され  霊魂が、浮ばれ  からうかと思はれ  それから胴切にされ  刎ね返され  均らされ  木が、伐り倒され  前歯を抜かれ  紐帯も、ズタズタに引きちぎられ  革を取り去られ  実力をうたわれ  身ぐるみ持つていかれ  半玉に取りかこまれ  碁を頼まれ  相手にあやしまれ  区画され  一といわれ  朝鮮では行われ  製され  事の行われ  素志果して行われ  奇計妙策、たちまち実際に行われ  利害におおわれ  公私に雇われ  日本人の雇われ  つた奴は、一度さとられ  木村項の知られ  平面に取り残され  維持せられ  ロンドンで開かれ  全部押収され  軽業師として知られ  田舎から、こうした掘り出され  ハーウィッチで見失われ  瓦斯があかあかと灯され  昼間からとりのこされ  金色に満たされ  僧侶も憐れまれ  疑惑に襲われ  会話は聞かれ  理性によって繋がれ  哲学話をきかされ  それが気づかれ  旅客なり、然れ  んとて遣はされ  ことにあらず、然れ  秘宮開かれ  基督なり、然れ  社会に放たれ  珍らしがられ  嘗会にひき出され  殆ど神格化せられ  御柱を廻られ  想化せられ  合理化せられ  一日居るのみで、追ひ返へされ  浮され  弟達に屡々聞きとられ  舵は流され  末孫から贈られ  無惨に掻き消され  気合ひに打たれ  「文藝春秋」できかれ  おなじに、よばれ  賤民とされ  期限でおとされ  金持町人にはさまれ  男を近づけなかつたともいはれ  友だちから愛され  維持され  やけ死され  人が死んで葬られ  倫理的感覚が呼びさまされ  ひとつに融かされ  関心せずにおられ  討究され  気をひかれ  却って閑却され  止揚され  解決は望まれ  崇高感に打たれ  刺衝され  抑制せられ  被覆され  因子が含まれ  目が覆われ  財から抽象され  下に行なわれ  独善性から公共に引き出され  個人的快楽から導かれ  人間倫理学がつくられ  動機は選ばれ  理念に導かれ  泥を塗られ  呪詛され  維持発展され  好だと云われ  時に持って来られ  義太夫を語られ  本の行われ  頃から弄ばれ  異端視され  月光に育まれ  偶然であつたとだけには思はれ  諧調を破られ  修錬され  整調され  世間から山師と呼ばれ  火花に照らし出され  母からよく聞かされ  籠に盛られ  花瓶などと共にかざられ  先年大阪でひらかれ  縞も隠され  瓦一枚浮かしたほどにも思われ  流れに引かれ  四五日前まで、久しく引かされ  三昧にされ  天火に曝され  一人願われ  一人でされ  御寮人と云われ  掴出され  立方禁制と言渡され  の圧に打たれ  気を打たれ  新橋へ帰られ  供養にとて放され  昔売買をされ  重量に圧され  一は照らされ  私は申され  町並灯の点され  ものも申され  腰をお掛けなされ  方が養われ  核吹かけられ  引摺廻され  鮮麗に織込まれ  隙がない、頼まれ  裾袂、追いつ追われ  帳にも蔽われ  表二階へ引出され  毒害され  丸官に呼ばれ  鯱に追われ  揉込まれ  ふしぎに思はれ  気分をあたへられ  子に去られ  警吏に絶えず追ひつめられ  真珠ボンタン万人に可愛がられ  宿に送られ  腹に吸い付かれ  巨魚タマカイに追われ  三本喰切られ  病と呼ばれ  鄭重に祭られ  前に出され  一人に酷く叩かれ  労働に追い使われ  司祭に導かれ  蛸には吸い付かれ  ものとは到底思われ  日が来るまで、解かれ  大名と呼ばれ  伴に召され  祈祷され  舌を捲かれ  問答せられ  よせふと申して、えるされ  祭司とに守られ  心耳にとどまって、いても立っても居られ  いつか妻に抱きとられ  しろ好運に選ばれ  支えんとしても崩され  優美に造られ  幻にまだつつまれ  説がつみたされ  享楽的漁色的材料から帰納され  目は呪われ  下に押しかくされ、眠らされ  経験から考えてそうは思われ  戦線におもむくといわれ  若者はおどらずにはおられ  イデーによって、衝き動かされ  それを惜しまずにはおられ  よう、眠られ  ことを望まずにはおられ  相手に裏切られ  相手に死なれ  非常に限られ  玄人にはとうてい見出され  そこにいうにいわれ  常套的レディは次第に取り残され  型が見出され  エネルギーに充たされ  昔からよく知られ  印銘され  中に運ばれ  墓地である犯罪の行われ  記憶が喚び起され  飲料を振舞われ  水薬を飲まされ  のも当然であろうと思われ  気がせられ  牀下へ伸ばされ  結果から見て、正しいと言われ  押潰され  美に打たれ  髪の毛を剃られ  喰切られ  空中に撒き散らされ  タマナ材は直ぐに切出され  友人に欺きとられ  己の欺かれ  最近妻に死なれ  禁絶され  音としか思われ  事実は打ち返され  上りに轢かれ  誰が轢かれ  生徒の轢かれ  のを助けようと思って轢かれ  番の轢かれ  一つ取り残され  林におおわれ  牛に曳かれ  精神にありとさえいわれ  谷底へ跳ね飛ばされ  失笑さずにはおられ  鼻毛を読まれ  足掬われ  迚も食われ  村落で嚇され  雑草で蔽われ  中を汲みに遣られ  眼玉で睨み殺して賜われ  腰骨でも蹴られ  足を掬われ  首筋を刺され  沙汰とは思われ  妙案もあわれ  淫売宿へ担ぎ込まれ  引摺り込むかと思われ  毒虫にでも襲われ  思い出を持たされ  装釘され  涙が織り込まれ  感奮が描き込まれ  そこにそんなにべったり坐り込んで居られ  番頭さんに言われ  面と向って言われ  大変心残りに思われ  橋本関雪さんが居られ  私が乗って見せようと言われ  紹介が行われ  燐鉱掘りに狩出され  意識的に張り廻らされ  マルクープと呼ばれ  前に連れて来られ  手入が行われ  何よりも驚かされ  人々が捲き込まれ  自由は保たれ  扉開かれ  最勝寺様が申され  国とか申され  子供には行かれ  指腐され  昔蝦夷と呼ばれ  流れであったと思われ  蝦夷に取り返され  島と呼ばれ  罪を犯して流され  必要が無くなってしまうだろうと思われ  世の中から失われ  殆ど奥羽地方にのみ限られ  有力に行われ  学説が行われ  蝦夷の子孫じゃなど言わるるものの、実際少からぬには驚かされ  浜に取り遺され  解放の行われ  名称を以てはあらわされ  普通に日本人の如く思われ  連絡が保たれ  日の本将軍と呼ばれ  上でいかに言われ  抱擁せられ  日の本将軍とも言われ  反抗して殺され  浜へ流され  毛人と言われ  これを従えたかの如く思われ  為にお殺され  為に殺され  改葬遊ばそうとなされ  防人として送られ  ものですから、いずれ択ばれ  内地に移され  宗教的性格は釈かれ  意識せられ  日に焼かれ  性格におされ  しろしめされ  途次で殺され  これにならされ  主観的にわかれ  国他国に破られ  無視するは許され  清澄山を追われ  熱誠に打たれ、動かされ  日蓮は許され  ことが思われ  清澄を追われ  故に怨まれ  一笑にふされ  至情黙視しておられ  頭をはなたれ  馬に乗せられて、引き回され  頸刎ねられ  順徳上皇の流され  十一年三月日蓮は許され  極諫もついに聞かれ  人々等へ書かれ  天雨を脱れ  消息も書かれ  頸切られ  御身を若くしてとどめ置かれ  波木井氏から贈られ  守護せられ  人にもとられ  群衆に揺られ  愛にうながされ  本能的悲愍につき動かされて、やむにやまれ  民族共同体への隠され  習慣にむしばまれ  しかなされ  接触せずにはおられ  結成せられ  読書と結びつかずにはおられ  問題がおかれ  徴され  改革され  ひねりつぶされ  から指定され  一体歪曲され  歪曲はされ  歪曲などされ  圧迫され踏みにじられ  社会的位置は決して選ばれ  学生であるが故に許され  ものとして取り締られ  於て最もよく飼い馴され  憧憬され  批判に書かれ  英雄として読まれ慕われ  目かくしされ  願いも含まれ  狂犬にさえ噛まれ  白布が除かれ  広場に敷かれ  姉は叱られ  みたいに愛され  釈清妙童女とされ  先生から聞かされ  死体の置かれ  血がしぼり出され  前線に引張りだされ  言葉に送られ  素裸にされ  風雨に刻まれ  沼土に吸いこまれ  人を殺したり殺され  毛を毟られ  表情がよみとられ  蛆などに食われ  玉砕をきかされ  のにも惹かれ  ひとから相談され  手放しで泣かれ  身悶えされ  全て裏切られ  青年に愛され  ことに、救われ  無心に誇っては噛みつかれ  一時、防がれ  十年いきのばされ  血に汚され  義絶され  のを愛され  本国に帰され  それから結ばれ  心も結ばれ  ぼくはその汚され  リエに惹かれ  裏側には、汚され  感性的には汚され  忽まちまきこまれ  道徳的義務感に追われ  義務感に追われ  侵略にかりだされ  観念が失われ  祈りの含まれ  日本人に使われ  不治とされ  邪魔にもされ  中ひとに知られ  憩いの許され  つて為され  対立感情が失はれ  暴露せられ  撃墜せられ  道学先生から柔弱男子などと罵られ  復讐せられ  痛感せられ  確立せられ  薫熟され  放任せられ  鑄出され  中に葬られ  殊別に養成せられ  壞せられ  何も、おこなわれ  相手によって売られ  浪にゆすられ  火事にも焼かれ  ために笑われ  脇の下をくすぐられ  比留間先生に張り倒され  後頭部を突かれ  石を欠かれ  ように、うなずかれ  しらないではすまされ  日本皇帝よりおくられ  横ッ腹をふみにじられ  とまり木がおかれ  外出をゆるされ  国からもおわれ  鳥に贈られ  ばかものだとおもわれ  びょうきにかかられ  かわりにえらばれ  そばにおかれ  丸岡明君に誘はれ  要約せられ  ことをするかは、だまされ  順序がひっくり返され  真昼間にさらけ出され  ぼんやりと描き出され  変化を経なければ行われ  耕作され  中にも絶えず繰り返され  のとに驚かされ  百姓どもに逐われ  森は荒され  演説会で話され  冊子で説かれ  ものとすらいわれ  大胆さで行われ  ことに使われ  下に打ち倒され  考えが、ぐらつかされ毀され  無にされ  さにもかかわらず聴かれ  落胆者どもによって拡げられ養われ  革命家等は殺され  ものは、なおさら殺され  ものは殺され  神聖にされ  うまいサラダを食わされ  ロンドンだといわれ  者が、突如として放り出され  サラダがつくられ  謎はついに解かれ  中で冷やされ  町へ持ち出して行かれ  心もいくらか紛らされ  ランプが点され  洗湯へやられ  中へ送り込まれ  田舎でこそ押しも押され  物が運ばれ  子供連に囃され  生活がしみじみ想い出され  薪片で打たれ  亭主にされ  一つ一つ新しく想い出され  夜具にぐるぐる捲きにされ  隅にうっちゃっておかれ  方へ注がれ  裁ち縫いされ  ハタハタと吹かれ  綯らされ  庄は寝かされ  小言でも言われ  主婦はじれ  日影に曝され  叔母から聞かされ  臥かされ  財産を減らされ  懐へ吸い込まれ  苦労ばなしが、また想い出され  負せられ  方へやられ  母親に捜し出され  銀貨まで浚われ  仲働きに睨まれ  女中から聴かされ  ところへ隠され  内儀さんからこう言い渡され  シャがれ  方へ送られ  混合にされ  腰巻きをつくねておかれ  鳥に聞かされ  何だか担がれ  何していると聞かれ  母親に送られ  心張り棒がさされ  一人ここへ廻され  請負師に連れ出され  方に囲われ  その男にうっちゃられ  語を思い出され  ヒステレーに陥っていたらしく思われ  庄は随分働かされ  油を絞られ  母親が引き取られ  砂埃に吹き曝され  ことなどが想い出され  調子に釣り込まれ  古こびれ  叔母に睨まれ  一緒に抱かれ  悪戯され  さまが見透され  駄目だと言われ  戸締りをして寝かされ  髪を切られ  庄にもおかしく思われ  他へ譲り渡され  ことを考えれ  波動に漂わされ  方へ引き戻され  庄に笑われ  じきに押し出され  根底から壊され  病人が見放され  上にやっと運び込まれ  どこへもお出なされ  二時ごろまで待たされ  夜も昼も聞かされ  台から移され  母親に言われ  形のごとく飾られ  奥へ呼び込まれ  蓋がやがてぴたりと卸され  物を亡くされ  愚痴が、また言い出され  抽き出され  錠の卸され  奥から引っ張り出され  声が想い出され  から、どう言われ  仕草で始終笑わされ  掲けられ  札が張られ  丼を誂えにやられ  桟橋際に繋がれ  ことなどが詳しく話され  田舎へ引き戻され  何をしたって食べて行かれ  丈夫だと言われ  胸に想い回され  庄から金を渡され  口からもたびたび聞かされ  手切れまで取られ  手紙で呼び出され  目に立って、長くもいられ  口からまた言い出され  ころ悩まされ  想いやられ  こととばかり聞き流してもいられ  遊び行るいていてばかりもいられ  うえに置かれ  耳を澄ましてもいられ  側に置かれ  安火がなくちゃどうしても寝つかれ  あいだ慣らされ  方にも思いやられ  後援をされ  一言も断わりを言われ  友達に呼び出され  さげに話し出され  叔父に言われ  ことが、時々思い出され  画家から籍を取り復され  口から言い出され  遊びにやらされ  病気で始終悩まされ  双方から取り交され  橋廊下で繋がれ  方へ呼ばれ  媒介人に引っ張られ  三味線などが持ち出され  酌に出され  頭髪に挿さされ  ことも、始終気遣われ  ここから逐い出され  憶い出され  商売がして行かれ  ことを聴かされ  座敷へ出され  お袋にちやほやされ  ことをいろいろ言われ  ッとしてもいられ  刃物を振り廻され  廊下段階子などが見透され  欲ばかしにかかってもいられ  衆に思われ  家が畳まれ  どこかで繋がれ  二度売卜者にも聞かされ  数珠玉などを数えていたが、示され  お袋にそう言われ  たか撲られ  ことも聞かされ  ように飾られ  磯野らしく思われ  ここを覗かれ  家にもいられ  鼻を明かされ  庄はそうして長く坐り込まれ  前に持ち運ばれ  女中に呼びに来られ  自腹を切る謂われ  いろいろに言って聴かされ  四日前に畳まれ  行李などが、もう運び込まれ  それに釣り込まれ  輪にでもされ  部屋へ導かれ  身の上談などして聞かされ  庄もつい引き込まれ  ことも言い出され  ことも始終言い出され  悪戯をされ  物もくるまれ  奥の押入れへ隠され  庄は落ち着いて坐ってもいられ  ことも話され  ビラの張られ  遣り繰りして、許され  こともないとは云われ  呼び声にしばしば脅かされ  問題で、一概に云われ  残り肴をとられ  ことをしなされ  髪はこわれ  一人に軽がると抱かれ  空室に運ばれ  邸はとりこぼたれ  つては売られ  浪に揺すられ  腋の下をくすぐられ  碌々眠られ  上損でもされ  嫌疑者にせられ  ダイアモンドを盗んだと思はれ  訴へられ、又聞き取られ  頭を低れ  遂行せられ  議決せられ  ブリツジへ連れて行かれ  猿に注がれ  克明に書きこまれ  インクで書かれ  一冊にされ  插入され  絵の描かれ  筆記され  ものが語られ  考えで作られ  斜光に照らされ  黒髪のかげにかくされ  本たちを焼かれ  本は失われ  ぢめに思はれ  気恥かしく思はれ  反射を怖れ  ぼんやりと照らしだされ  しまつたやうに思はれ  配色され  しまつたのかとさへ思はれ  まんまるい味瓜が描きだされ  奇跡的にも思はれ  抱きしめるやうに思はれ  二つのもぎとられ  女に引ずられ  門柱とに挾まれ  丁寧に折畳まれ  金をとられ  帽子とに遮られ  半吹き折られ  私自身が捕へられ  海軍監獄へ送られ  懲罰をゆるされ  人間はゆるされ  鉄道が敷かれ  今迄知られ  講究され  發揮せられ  本年四月下旬東京に催され  縉紳にもてはやされ  收容され  算へられ  實施され  びたゞしく棲めれ  お母様に叱られ  貴女は引かれ  二つの意味が含まれ  常態とも想われ  薨去せられ  習俗として行われ  陋俗までが、なお依然として行われ  渉って行われ  情態に置かれ  尋常とされ  屍体となって縛られ  心持を察しると何とも言われ  伝説化され  支解分葬され  簡略化され  五種が行われ  供御となるからだと云われ  水葬ばかり行われ  火葬も並び行われ  風葬を行われ  奈良朝以後には相当に行われ  転訛であろうとまで云われ  地に祀られ  戦場から脱れ  信仰が含まれ  我身の上とぞ思はれ  心が偲ばれ  信仰から導かれ  習俗ではなくして限られ  島々に限られ  内地にも行われ  風葬が行われ  人達に伴われ  今も行われ  七尾地方に行われ  前夜に招かれ  殆ど全国的に行われ  山形県に行われ  愛嬌とが結ばれ  さが結ばれ  気持ちをまぎらされ  今日いわれ  共産主義者といわれ  言論の自由をうばわれ  社会に欠かされ  小説で讀まされ  言つて蕎麥を出され  油を取られ  周樹人と書かれ  六日間連載され  事など、どんなに書かれ  画像とまるで違って書かれ  曲解され  空襲警報が鳴って、おどろかされ  開始せられ  夜店もひらかれ  墓と言われ  乞食、と言われ  いま世界中で、あわれ  ヴェニスと呼ばれ  隔絶され  一つとしていいと思われ  勧学篇に依ってあらわされ  曲折され  事の無かった言うに言われ  支那から特に選ばれ  努力してみるものの、どうも、その、選ばれ  下には、きまってその選ばれ  乱闘でも行われ  自分たち学生に負わされ  押し売りされ  渇望され  医者にあざむかれ  確定せられ  気分に襲われ  客死され  鬱積され  珍重がられ  無下にしりぞけて怒られ  いつか汽車に乗られ  時、持って来られ  不思議に結ばれ  存在をゆるされ  ちゃんとネクタイをしておられ  ものの如く思われ  理由ひとつだけで結ばれ  のんきに結ばれ  滓沈され  非常においしく思われ  家にかくまわれ  お酒が持ち運ばれ  清国から派遣され  藤野先生に裏切られ  不良少年だなどと言われ  標本どもに取巻かれ  新聞を読んで居られ  人から言われ  ように低く言って、しばらく黙って居られ  座長に推され  決裂するかとも思われ  説教をされ  ふつうのあわれ  支那通と言われ  饗応され  のではないかとさえ思われ  柱にしばられ  鞭でひっぱたかれ  講義をなされ  人骨のむれに取りかこまれ  先生から返され  不言実行せられ  励行せられ  津田氏に引張り出され  藤野先生に叱られ  何物かがあるくらいでは済まされ  推進せられ  真剣に行われ  木の葉の如く、たわいなく吹き飛ばされ  Essenzでもって築かれ  捕虜になされ  決死隊に御はいりなされ  まり心をひかれ  中に貫かれ  巧取豪奪が繰り返され  勧奨され  妻に抱かれ  ものがおそろしく思われ  愚説にだまされ  落語にされ  のだ、と言っておられ  風発せられ  出席せられ  名誉職を奪われ  んとさえ疑われ  日本に渡って来ても、つい巻き込まれ  それぞれ収容され  散歩もゆるされ  日本カブレと言われ  裏切者とさえ言われ  達成せられ  思想にさえ見放され  力で行われ  口火を切られ  話なんか聞かされ  要領よく編み直され  開演せられ  混沌の渦に巻き込まれ  道は失われ  怒濤に巻き込まれ  怒濤にもまれ  目撃せられ  於いて行われ  表彰せられ  清国政府から選ばれ  今こそわかれ  気持も含まれ  前から徐々に行われ  右眄もして居られ  逝去せられ  様子であったが、とうとう言い出され  二字書かれ  希望され  希望せられ  選集にいれてもらいたい、と言われ  最近出版され  出征なされ  一部送ってやれ、とでも言い残して行かれ  小説を好んで読まれ  架空の中に置かれ  家主から迫られ  女性にとり巻かれ  最初に云われ  最後にも云われ  それが云われ  のは、云われる云われ  中から創造され  醫學生から意地惡をされ  投込まれ  烙印され  駕籠で揺られ  四方を取り巻かれ  猿ヶ京と云われ  戸はもう下ろされ  旧家だといわれ  のでも頷かれ  お嬢様がおありなされ  駕籠に乗られ  一人で帰って来られ  湯治場へ行かれ  若党と明かされ  片耳を切られ  輿入れなされ  男をたぶらかしたとあっては許され  湯気とに包まれ  女に云われ  がいもなくぶつかって来られ  裸身でぶつかって来られ  朴の木に囲まれ  ことも思われ  父様がお切られなされ  父親から竹法螺をひったくると、蹴放され  用心なされ  手下に護られ  妾は救われ  中へねかされ  筋につぶされ  バクロされ  檻につながれ  薫化せられ  解決せられ  過半達成せられ  二月に開かれ  二月初旬に作られ  歌の作られ  叙景せられ  ざまにへし折られ  それまで眠らされ  涼しげに敷かれ  むざんな経歴が思い出され  外廓に築かれ  赤ちゃけた木目だけを見せているが、あのおもてには、なんと書かれ  猿だ、と書かれ  侮辱が書かれ  甲羅をうたれ  甲羅をくだかれ  仇を取られ  大金をとられ  死刑の行われ  だいなしにされ  排泄され  あてものでも云って見なされ  手を置いて考えて見なされ  日光にてらされ  手はずをなされ  姿を思い出して見なされ  何と云いなされ  若人のするほどにも思われ  小じわ二つも入って居らぬ、何とか云うて下され  口がきかれ  哀れに思われ  シリンクス、何とか云うて下され  死ねとでも云うて下され  云いなされ  ょうだんだと聞き流され  主さまからしかられ  自分はどうされ  誰にもどうもされ  森に囲まれ  狼に喰い殺され  夜風に誘われ  十三人生き肝取りにかどわかされ  ば縛られ  口ふさがれ  背に負わされて歩け歩けと打ちたたかれ  胸を割かれ  自分のおかれ  隆盛を誇るも、然れ  懇切に諭され  たるも、然れ  径路あるも、然れ  枝にからまれ  其人をあわれ  王藏に送られ  大に笑われ  一來法師もかくあらんかと思われ  籠に満れ  耻ずるが如きも、然れ  籠を用いたるも、然れ  事能わざるを以て帰るとするも、然れ  六七丁なるも、然れ  さにより圧され  太古にはかくやらんと思われ  発作あるも、然れ  滋養物を絶えず送られ  数回促され  忍びざるも、然れ  来診せられ  土人にひかれ  泥水に浸され  喰するを好むも、然れ  牧塲にのみ傾きたるも、然れ  喰慾は復するも、然れ  事無きも、然れ  宿痾に侵され  軽蔑せられ  猶子であられ  日を送って居られ  軒に立たれ  誦経されて行かれ  あたりまで濡れて居られ  廻りなされ  斎糧にありついて生きていると言われ  黒子を持っておられ  山寺にお住みなされ  庵を結びなされ  幾つも掘り出され  山芋を埋めて置かれ  不自由はしていないと申され  ちゃんと決めて行われ  闍利さまは申され  御坊振りをなされ  おねがいいたしましても、笑ってはこう申され  お尋ねしますと、笑われ  姿に包まれ  程をお汲みなされ  寺を見廻り下さいと申され  おかえりなされ  笈一つを担うて行かれ  童子が伴うておられ  ひと言、こう申され  丈夫になられ  間に見違えるくらい大きくなられ  枕べに坐っておられ  闍利さまを見詰めておられ  ひと言そう申され  くみに行かれ  眼をとじて居られ  頭をふっておられ  そばを離れず、取乱して嘆いておられ  死骸に取縋って泣いておられ  声と思われ  臭気には立っておられ  げに注いでおられ  眼もなかれ  悪相を偲ばずにはおられ  明け暮れあんなにいとしがって居られ  あけびを摘んで食べておられ  何となく薄気味悪く思われ  何か考えておられ  ふり返られ  童子はいかがなされ  身がまえをせられ  小者に背負われ  菊世は驚いてどうしてお亡くなりになられ  のいわれ  間違いがあっても、打ち消され  バス炭坑見学とだけは繰りいれ  町では公然と許され  自主的に行われ  石片とで築かれ  一条張られ  風に散らされ  はじめて穿鑿され  牛乳支給が行われ  統制に掘りかえされ  裾を煽られ  試掘が行われ  バラック建でつくられ  キャンプ用寝室も置かれ  試掘の行われ  新労働者住宅へ移され  言葉に出しては語られ  銃殺され  突立ち工事が起され  拱は叩かれ  末、遂に許され  魂は返され  事とも思われ  供給が絶たれ  かい莖を折られ  名の知られ  空に、高く翳され  神として祀られ  外気に曝され  氷に包まれ  一切包まれ  蝶ヶ岳から押し流され  液汁に溶かされ  平ったく晒され  ところ、洗われ  後髪を引き倒され  孤り残され  復活は、行われ  路が出来ている、放され  落人と見られて取り囲まれ  皮が厚く、渋くて喰われ  破毀され  話に、どんなに動かされ  我らは詛われ  蛇紋が掻き破られ  味噌汁として出され  むちゃくちゃに掻き廻され  活動に誘い出され  自由民権が叫ばれ  声を奪われ  文字を奪われ  云ひ尽され  もう一度吟味され  この先どうなって行くだろうかと訊かれ  前面におし出され  作家によって書かれ  幾つかよまされ  目的によって貫かれ  燈火管制され  攪乱され  市街戦の行われ  ものをめぐって扱われ  どこと見てまわって、書かれ  只中に在るというだけでは尽され  平和が齎され  ワグナア祭典が行われ  評価が語られ  そこにあるとされ  世界事情は知られ  パッショナリーアと呼ばれ  眼もかくされ  犠牲とされ  紹介しておられ  日本にもよく知られ  翻訳でひろくよまれ  経歴が役立ったといわれ  一台おくられ  第一歩がふみ出され  軍国主義教育でやしなわれ  家にとりのこされ  狙撃され  公演禁止され  危険にせまられ  広汎におこなわれ  劇的に描かれ  映画化され  道と書かれ  うちひしがれ  日本にもしたしまれ  感興をうごかされ  故国にとりのこされ  さや、いつわられ  知性は、洗われ  きよらかにされ  弑され  三好長慶が殺され  松永弾正も殺され  ご免下され  蔽て、軽く結ばれ  これが記され  中に作られ  こんもり庭木にとりかこまれ  身分とは思われ  健康美に充たされ  それが手繰られ  窓も閉ざされ  眼を覚まされ  辺りに、うっちゃってあろうとは思われ  紅を塗られ  父の殺され  者よ、救われ  会話が交わされ  大人などを差し向けると、すぐ気取られ  用心され  稗女などとは思われ  研究室であり、また殺され  四方板壁でかこまれ  その間に、云われ  メソメソ泣かれたり悲しまれ  それとして、せっかく残され  場所が語られ  有場所が、記され  逆さに置かれ  特に置かれ  仮名文字が記され  妾に買って下され  細工をなされ  研究材料など、隠してあろうとは思われ  それが売られ  躊躇も許され  人形は売られ  報告を聞かされ  様子は、どうなされ  書物に記され  苦心をされ  町は広くとも、探して探され  人形をお売り下され  人形はいよいよ返され  取り返し下され  人に仕込まれ  人形の返され  一人切られ  民弥に切られ  紗布に包まれ  何物か投げ出され  鎖で巻かれ  民弥は釣られ  ご存じなされ  子供は争われ  腕を取られ  逆手に返され  他国へ売られ  何者かに殺され  上他国へでも売られ  善人であろうとは思われ  杭に繋がれ  雨戸がビッシリと閉ざされ  厳重に閉ざされ  上両手は縛られ  懐刀を奪い取られ  足を攫われ  オッとそうそう縛られ  親方、やられた、攫われ  横取られ  昔に縛られ  手にかかり、連れ戻され  娘ごどうなされ  用捨はいらない討って取りなされ  人買が切られ  危難を救われ  難題を出され  グルグルと取り囲まれ  威令行なわれ  胆を奪われ  気の毒だが渡され  それに守られ  内から閉ざされ  静かになされ  織田信長に滅ぼされ  男女が縛られ  人達に、捉えられて縛られ  人形も取られ  鷹さんに取られ  鷹さんはよかろうが、取られ  茨組共に、奪い去られ  茨組共に、連れて行かれ  賊に奪われ  静けさは破られ  大丈夫と思われ  優待され  南蛮寺へ葬られ  南蛮寺はとざされ  謎は解かれ  秘密は明かされ  状態にされ  安土城内において行なわれ  いずれも捕らえられて殺され  糸にあやつられ  毒舌を奮い、一杯担がれ  内容以外に、隠され  調書まで読まれ  薩張り満足せられ  前だろうと思われ  腕にしっかり抱かれ  手に堅く握られ  手で行われ  中座され  今夜は帰って来ないと思われ  推奨せられ  違いあるまいと思われ  誰かに殺され  ことを喋られ  中に織りこまれ  調整を壊され  夕刻から開かれ  静寂に襲われ  煙草をくゆらしたり、貼り出され  蹂躙せられ  一つ置かれ  空気に圧され  気分に蔽われ  人々によって踏み荒され  室に残され  上に印され  健康が許され  室に共に寝をとらせましたが、どうしても寝つかれ  魔物に乗りかかられ  呻され  色にぬられ  委され  まり荒され  押収せられ  剖検され  姉は殺され  それは未だ残され  夜の目も睡られ  字句が記され  待ちに待たれ  自記され  線装置が置かれ  しるし出され  中にのこされ  横軸に記され  結果、ひきおこされ  熱量は奪われ  熱を奪われ  口にせられ  一隅に置かれ  彼奴はしてやられ  受信機に気付かれ  身体が焼かれ  注意ぶりが窺われ  胃の腑に運ばれ  中に丸めこまれ  方へいつの間にか引き戻され  精神異常だと言いふらされ  如何に罵られ  河童にしゃぶられ  天狗にさらわれ  どこへ行かれ  明月に、覗かれ照らされ  以って行われ  術は喜ばれ  徒以上に好かれ  浮気をされ  趣向がたくらまれ  三好はからかわれ  熱に浮かされ  五右衛門は、さては聴かれ  小僧に聴かれ  こっちがやられ  道場へ通され  槍と思われ  槍に突かれ  虚栄心に動かされ  術を破られ  中へはいって行かれ  明りに照らされ覗かれ  ように黙っておられ  法螺を吹かれ  おしまいになられ  のだろうと、改めて思われ  茶漬飯をふるまわれ  ふところへ入れたので、すかされ  道場を荒され  信玄どのも驚かれ  雲の上でそわそわとされ  術を、許され  普通に行われ  楢夫はつかれ  足をからまれ  草原におろされ  由と呼ばれ  戸は鎖され  樣に貼られ  一粒種、甘やかされ  合宿を頼まれ  兩方から吸込まれ  前金を出され  丁度十四歳に成られ  中腹から耕され  何日しか取除かれ  店も張られ  苦痛が刻まれ  誰か遣られ  松太郎に聞かれ  俺ア赤痢に取り附かれ  錐でも刺され  逆様に貼られ  頭脳を悩まされ  夜更まで寝付かれ  両方から吸込まれ  恰度十四歳に成られ  様に置かれ  前に公然と裁かれ  われわれに下され  法律によって裁かれ  良心に依って裁かれ  われわれに残され  連中が引っぱられ  転出して来られ  アッハハ、やられ  手紙から察するとだいぶ弱られ  挺身隊にも引っぱり出され  とこでも、さんざん、悩まされ  家賃がたまって追い出され  椅子に坐っておられ  絶対に入れないと言われ  二度、しかも悠々とやられ  音にじゃまされ  われわれ国民は、だまされ  官僚に、だまされ  ふうに、だまされ  アカじゃないかと言われ  証文を持ち出され  危険にさらされ  無理やりに書かされ  犬を連れてもいられ  奥さんの変られ  二度目に、この、引っぱられ  ところに駆けこんで来られ  なにされ  内へ帰ったりしちゃおれ  耳を取られ  あれを聞かれ  一般国民は、だまされ  力から強制され  空腹の満たされ  引受人がなくてはときっぱり断られ  人にも怪まれ  蹈返され  険突を食わされ  螫られて睡られ  書生さんと呼び慣らされ  一番稼人だと言われ  木賃宿が浮ばれ  ことを聞かれ  田畑もすっかり流され  腹探られ  上さんに言われ  口も利かれ  女房を奪われ  一人取残され  そこから托され  書面を贈られ  誰かに殴られ  扁平胸といって生れながらに醜くおしつぶされ  蔭口をきかれ  声高く叫ばれ  曰くありげに積まれ  批評をされ  遊戯に誘いこまれ  二度もひかれ  心をそそられ  女文字で書かれ  文章は、たけりたけって書かれ  教師を雇いいれ  将校であるとも言われ  詩人であるとも言われ  二十代だとも言われ  軍事探偵であるとも言われ  自慢の子、えらばれ  机上に高く積まれ  無慙にも剥ぎとられ  話題にされ  手わたしされ  隅に小さく組まれ  ひとりとして描かれ  毛をむしられ  枕元に置かれ  名も記され  醉ひしれ  扁平胸といつて生れながらに醜くおしつぶされ  聲高く叫ばれ  遊戲に誘ひこまれ  喧傳され  文章は、たけりたけつて書かれ  雇ひいれ  同情してゐるとさへ解され  家に居られ  周囲にかこまれ  自身に怖れ  働きで、行かれ  無駄に思はれ  ものを吹かれ  電話で起され  百合子に気づかれ  電話に起され  百合子がいとほしく思はれ  陶酔に誘はれ  窓を叩かれ  若者に誘はれ  年寄に呼ばれ  伴れ戻され  彼は弾かれ  森さんから頼まれ  森で打たれ  太一見たいなあんなでれ  凭つたが、空け放され  仕事を頼まれ  大上段に振り翳され  中に振り落され  下男に引かれ  太一郎はてれ  バネで弾かれ  封印され  づと了解され  暗闘が繰り反され  丸太格子に区切られ  云はんばかりに掛け放され  招び込まれ  末端を跨いで掛け渡され  窓から差し出され  太一郎に打たれ  海軍将校から贈られ  凡そ二十分近くも待たされ  スヰツチを切られ  規を脱れ  煙に閉され  心地に誘はれ  ヒヤリとする思ひに打たれ  感情に掻き乱され  波にもてあそばれ  何も解られ  原稿が破かれ  笑はされ  娘に限られ  共和生活が保たれ  誘惑に駆られ  選手に選ばれ  心地に打たれ  丘にとり巻かれ  脱稿され  紛争に取り囲まれ  町人もまれ  天然生まれつきは、繋がれず縛られ  日輪に照らされ  はずなるに、いわれ  馬にも乗られ  所業と思われ  恩威ともに行なわれ  プロイセンに生け捕られ  窘しめられ  裁判所には叱られ  育せられ  適宜に行なわれ  主人に取り押えられ、すでに縛られ  出で、したがって殺され  みずから天誅を行なうと唱うれ  うちより選ばれ  国に行なわれ  今年に行なわれ  商売も行なわれ  灌ぎて蚊に食われ  世上に行なわれ  説ようやく行なわれ  文明に促され  人に雇われ  寺にも行なわれ  並び行なわれ  恩威行なわれ  これに欺かれ  歎息せられ  二千年前に行なわれ  御殿に行なわれ  世間に行なわれ  間にも行なわれ  世間にも笑われ  とおりに行なわれ  世話は行なわれ  人に嫌われ、あるいは怨まれ  馬鹿にせられ  国土に行なわれ  一人これを唱うれ  みずから資本の乏しきに迫られ  物を盗まれ  ことなくまた殺され  これを唱うれ  人に厭われ  己れをも知られ  情に捕へられ  切りまくられ  豫約され  コップが置かれ  何枚かつまれ  蒲團のつまれ  一人遊びをのぞきこまれ  空とに惹かれ  功利に曇らされ  仏文でこう書かれ  職を退かれ  某をお訪ね下され  刈込樹に蔽われ  四面をかこまれ  ように、薄気味悪く思われ  半ば口髭でおおわれ  様に見えたが、殴られ  一端が見破られ  事を云っとられ  孤巌に取残され  絶縁され  空に放たれ  夢魔に襲われ  突殺され  サレーダイン公爵は殺され  平和に食われ  君もつかれ  庭に殺され  弾丸にでも打たれ  老人を殺され  ころ四十五歳だと申され  先生に聞かれ  眼蓋を伏せていはれ  趣旨の行われ  これを許され  改革せられ  通覧せられ  刺衝せられ  籠絡せられ  先例を示され  突つ返され  手元を見透かされ  四五町宿やへ曳かれ  舟一ぱいに撒き散らされ  愛が示され  あげく殺害され  九行が書かれ  今買うて置かれ  苦笑され  ことも想い出され  プラネタリュウム見物を誘われ  コップに注がれ  はいと飲まされ  存在を知られ  それもあるがと、注がれ  運命に操られ  争いに惹き込まれ  下腹部を斬り取られ  中で殺され  終りに殺され  静子に誘われ  接吻され  魅力に惹きずられ  筆致で描かれ  立小便に悩まされ  板場仕事に洗われ  描写かと思えば、あわれ  上京すると言われ  応接間に連れ込まれ  女のあわれ  手があれば、引っぱられ  言論の自由が許され  一本無心され  二十円取られ  雑閙に揉まれ  横堀がやられ  女が焼けだされ  声に弾まされ  腕を抓られ  夏が想い出され  金で買われ  ポン引に誘われ  無理に読まされ  夫婦、繋がれ  お里へ帰られ  自由が全く保たれ  夏から延ばされ  本堂で催され  腕を持たれ  締めにされ  小鉢が蹴り倒され  心臓をやられ  ように倒され  僅に残され  まま曳かれ  ここやられ  洗濯竿の脱れ  母屋かしれ  戸口までずるずる引き摺られ  それは弱々しいとり残され  我慢もしよが、どんと寝附かれ  あんとこで死なれ  自然出て来るであろうと思われ  嫁さんに頼まれ  霜は差し出され  胸を突き刺すであろうと思われ  小屋から戸板に吊られ  小屋まで運ばれ  秋三に動かされ  木畑のよく刈り摘まれ  留に呼び醒まされ  歴史によってつくられ  ものに、どんなかくされ  身におかれ  本能的に行われ  内に限られ  中によろこびを感じようとされ  歴史からつくられ  評価されて描かれ  ものとして造られ  自由にさしはさまれ  内外から影響され  著作も読まれ  歴史との扱われ  中心として語られ  自家製に語られ  著作者自身には知られ  現実で示され  文化的に書かれ  広汎に読まれ  不満とをはっきり語られ  客観的に書かれ  こととが云われ  過去によってつくられ  目で見直され  そのまま共感され  内側からだけ語られ  結論で示され  中へつき出され  多く完成され  家並に挟まれ  声に釣られ  おっ母さんにきかされ  訪問づかれ  猪之さんと呼ばれ  主人にみっちりと仕こまれ  算盤玉ははじかれ  金に追われ  中をかきまわされ  髪がひっぱられ  気もちが次第に結ばれ  一そう親密に結ばれ  私御膳を盗まれ  種に云われ  お初にでも乗りこまれ  もの顔にされ  針に刺され  それに惹きいれ  母にはきかされ  金が流され  内儀さんへ奪われ  これが死なれ  根気にまかされ  気もちがはぐらかされ  さが汲まれ  お針を仕こまれ  言伝てを頼まれ  気もちに駆られ  日がくりかえされ  胸毛を白く割られ  仲をさかれ  前日から雇われ  それなれば、売られ  昨日雇われ  左門は斬られ  おゆるしなされ  長兵衛に促され  前へ積まれ  蚊帳を持って往かれ  静にしてくだされ  顔とは思われ  薬をくだされ  点けなされ  庄七さんに頼まれ  助にせまられ  神田川に投げこまれ  長曽我部氏に屠られ  事跡を持たれ  巡遊され  つて確認され  渉らうとされ  遺跡として知られ  大国主命をまつるといはれ  ため蹂躪され  今後に残され  禅寺に移され  土壇場にまで突き込まれ  熱病でやられ  事実だと云われ  ショックに打たれ  酒代に怖れ  自然にかもし出され  変人だと思われ  市木さんが知られ  多く知られ  市木さんというだけで知られ  音を度々聞かされ  竹垣は作られ  教訓でもされ  枝は切り取られ  同行を許され  明確に取り行われ  場面に立ち会わされ  席へ招かれ  相手に招かれ  ように、亡くなられ  奥さんが亡くなられ  胸を衝かれ  金額が、ちと多すぎるとでも、思われ  ホテルから追い出され  中心の凹みに落ち込んで、忽ち吸い込まれ  縦横に引かれ  竹田さんから頼まれ  干渉だと言って怒られ  前に投げ出され  一冊として著わされ  愛を傾けて書かれ  準備をされ  思想史には見出され  著者によって描かれ  対照され  東とにわけて語られ  綜合的に掴んで示され  断面をも示され  技術的にうまく書かれ  図案が鋳出され  近代文明に醸され  日本人によって起され  経験から惹き起され  次の如く書かれ  手紙の書かれ  耳にされ  八正道と呼ばれ  上に居られ  血に流れ合わされ  周囲に居られ  複雑さの語られ  感動に満たされ  いふ心は起され  ためにつくられ  恋愛がかくされ  人達に好かれ  山で取巻かれ  具され  エキスされ  書体で書かれ  兵式体操を課され  すべて皆ニイチェから影響され  から紹介され  哲学が含まれ  賞頌して書かれ  中に飾られ  水をさされ  のが飾られ  先生も説かれ  何か話しこんでいかれ  逆襲され  伯父さんに怒られ  留守居は頼まん、といきなりやられ  仔細に聞かれ  勧告してやる、そう言われ  切先で抉られ  とある二階へ連れ込まれ  ふさぎでござりまするのとやにわに打ちこまれ  認けられ  仮り名にとどめてあわれ  置炬燵トント逆上まするとからかわれ  狐欺され  執心をかきむしられ  男を取られ  性悪者めと罵られ  のだと心得れば好かれ  御用はないとすげなく振り放しはされ  柳に受けるもやや古なれどどうも言われ  連合策が行われ  照会もなく引き取られ  座敷をいとしがられ  名を唄われ  帰り際に残しおかれ  女に食われ  姉さんにしかられ  しか、思われ  雛段が、飾られ  火焔宝珠と云われ  気丈女、落籍され  ぬくもりで覆われ  寮に送られ  店に突き出され  愛着で結ばれ  雛段が飾られ  提灯が畳まれ  世界が作られ  内裏雛に注がれ  窓が切り抜かれ  一叩き食わされ  方に運ばれ  締が幾重にも回され  誰かに切り殺され  ししむらが想い出され  式部さんとしか思われ  上野に催され  そこから放たれ  事は、また怖れ  動作に惹かれ  紅色に塗られ  可成り悩まされ  筆から譲られ  新聞に持ち出され  ように戦き出したと思われ  大観覧車に殺され  入りになられ  祖母さまは思われ  下向きを怖れ  貞操を守られ  常春藤に蔽われ  耕地はよく耕され  續きらしくも思はれ  緑に包まれ  のも物すごく思はれ  京都方面に多く結ばれ  言葉もうなづかれ  崎も望まれ  畫で知られ  ふさはしく思はれ  廣くも世に知られ  關東方面に限られ  來て見て動かされ  海へ突き落され  地としても知られ  力に引きずり込まれ  側に繋がれ  ちよつと思はれ  岡田君にうながされ  私には思はれ  ところも望まれ  山岳は望まれ  樂しいといはれ  中に投げ出され  時を過られ  足を噛まれ  起りとされ  語り古され  談判を迫られ  上に運ばれ  かすかに望まれ  十數年を送られ  後世まで遺され  激發され  傳説が織り込まれ  のみは思はれ  港もかなり遠く思はれ  武裝を解かれ  堀尾吉晴によつて築かれ  茶室で知られ  古川二君に導かれ  他から移され  人達からも持ち込まれ  何か書けとせがまれ  機會があらうとは猶々思はれ  朝靄に包まれ  亡命せられ  荒魂をうけついだといはれ  迫つたことを知らされ  庭園で知られ  地として知られ  老熟期に達したといはれ  上陸を許され  人達に促され  見事に覆へされ  變つてしまつたといはれ  靈が祭られ  宮司に導かれ  菅田庵あたりは、もつと知られ  空氣に包まれ  一緒に残され  しんが冴えて、どうしても寝つかれ  ことにこだわってはおられ  荷物の取散らされ  調馬師に牽かれ  大家から親しまれ  足跡が印され  母が呼ばれ  開墾家で知られ  電車から終点へ下され  雨滴にたたかれ  光に輝かされ  日上様清八を召され  傷も痛まなければ、活きているとは申され  ことを怨まれ  無礼をされ  脾腹を斬られ  怙がなかったとは申され  見事だったとは申され  見事にとられ  面を取られ  それは打ち果さずには置かれ  御所に召し使われ  がまんにも下げておかれ  奇才だといわれ  茄子図を描いたともいわれ  下駄や、布きれ  風に消され  人に知らされ  一人下車せられ  重みにおしつぶされ  札幌から来られ  先生が話され  言葉を、嫌っていたし、怖れ  言葉で打ち砕かれ  あまに追い廻され  何かにつけては怒鳴られ  みんな町さばり持ってかれ  お祭りさ行かれ  ように使われ  パラソル一本買ってもらわれ  決意に満たされ  中に握り合わされ  ように刈られ  此環境によつて延ばされ  多分に織り込まれ  丁抹語で書かれ  つて解決せられ  尊重せられ  つて研究せられ  其骨子はよく知られ  つて形成せられ  講師として呼ばれ  開所せられ  新築せられ  これに移られ  増築せられ  サイクロトロンが作られ  増設せられ  つて始めて解かれ  つて指摘せられ  問題は解かれ  要望せられ  つて抽象せられ  記述せられ  巨視的事象から抽象せられ  實證せられ  譽會員に推され  國で開かれ  招聘せられ  來朝せられ  日を送られ  敍せられ  根にも創られ  頭は喰い欠かれ  鼻を摘まれ  先導され  火でも点され  獣にでも喰い取られ  愛鷹山は洗われ  強風に吹き飛ばされ  凡てが燻され  軟風に吹かれ  斜に推し倒され  風に吹き落され  衣も徹され  亀裂するかと惑われ  勁風に吹き飛ばされ  やうですから、もう書かれ  二つ三つ背中を打たれ  希望の繋がれ  雨戸は閉され  貯蓄があるらしいと言われ  肩さきを斬られ  文句をつけて来られ  襟元を突かれ  汽船にゆすられ  階段口から叫ばれ  一晩じゅう寝つかれ  脳が斬り取られ  声だと思われ  からだが硬張って動かれ  三角形が刻み込まれ  ことを信ぜずには居られ  微笑をせずには居られ  闖入者に驚かされ  のを感ぜずには居られ  鋭角三角形でとりかこまれ  強直され  歯は食いしばられ  戦慄に襲われ  傾聴され  ことが書き綴られ  ところから結ばれ  ものこそかわれ  死去がのがれられない呪われ  一度も疑われ  意地悪くこき使われ  者に知られ  私は少しも怖れ  私は、きらわれ  女に好かれ  魅こまれ  驢馬に跨り、とぼとぼ進むあわれ  外を潔くす、然れ  こと幾度ぞや、然れ  いま、つけねらわれ  霊感に打たれ  ていねいに洗って下され  眼つきをなされ  人からそう言われ  底から、きらわれ  感慨として書かれ  邪魔がられ  作家とは言われ  二間に限られ  蕾さえも持たずして、空しく枯れてしまうであろうと思われ  師匠に可愛がられ  てつと大きく書かれ  ように張られ  朝にはまたもや大きく張られ  魚に食い破られ  毎日払い落され  内にあるらしく思われ  隅へ投げ込まれ  奥にあるらしく思われ  響を発するであろうかと思われ  娘は揉み殺され  車に揺られ  引分けられ  奉公に出され  全然聞かれ  残酷に追い払われ  謎であるらしく思われ  悪寒に襲われ  乞食かと思われ  死ぬかしれ  建物も、いつしか取り払われ  芸術が生れようとは思われ  素人に許され  ところもあるだろうが、そうばかりとも思われ  明かに云われ  山がたが描かれ  我儘の含まれ  胸を掻き乱され  てにはされ  家中が笑わされ  将校連が通され  烟につつまれ  中へ巻き込まれ  大広間へ通され  一ぱいに開け放たれ  人たちに取巻かれ  こと待たされ  顔つきで、えもいわれ  わけもいわれ  月世界へ抛り出され  香油を塗られ  招ばれて行かれ  一ぱいに開けはなたれ  ように思い描かれ  岸にふちどられ  がんじがらめにされ  驂馬と呼ばれ  袋が積込まれ  馬にひしひしと取巻かれ  大砲が曳かれ  面影が、くっきりと描き出され  時、または眠られ  入日に照らされ  前にさらけ出され  耄碌と云われ  閉塞され  皮膚病に冒され  んじてもいいであろうと思われ  叫び声は聞かれ  実習用に使われ  用水に汲まれ  器物が投げ込まれ  利用されず棄て置かれ  際に投げ込まれ  玩弄物に売り出され  畠がつくられ  一つ作られ  小屋は取り壊され  横腹に穿たれ  四つ目垣が結い廻され  所々にあしらわれ  酒が出され  物も投げ込まれ  あちこちに作られ  近所で囁き交わされ  間で囁かれ  崖に穿たれ  すべて奪われ  白日に曝され  黒髪に蔽われ  ことが為され  誰からともなく見出され  つまり人から蔑まれ  会話がとりかはされ  巡査に追越され  増補され  いつまでもいつまでも発見され  生命を狙われて殺され  分譲住宅地として取り残され  逃を打たれ  加味され  ように、握られ  彼が何より怖れ  催眠され  一般が握られ  何かに押され  映画館で拾われ  兵器に狙われ  人生はひらかれ  松夫は叩けよ開かれ  首を長くして持ちこがれ  七ツ八ツ盛られ  衣鉢は継がれ  人間的魅力にひかれ  鉛筆で書かれ  視野を遮られ  別々に吹きちらされ  名とを呼ばれ  少年たちは云われ  形式ばって引合わされ  さに押され  なかに織りこまれ  自分たちに云われ  内から云われ  背中を照らされ  新造され  サイレンにふるわされ  一団で撮られ  足許におかれ  ことと云いわたされ  二つもとられ  半分云いまかされ  きのうあたり頼まれ  囁き声なのに、弾かれ  うちに話しすると、ひどくおこられ  そっちへ引かれ  おっかさんに云われ  酒づかれ  教育しとったと云われ  変に思われ  大通りはいつもより遠くまで見とおされ  茶色に塗られ  男と思われ  森といわれ  返事は聞かれ  救援隊がつくられ  ふもと村からはこばれ  山中はものすごく照らし出され  彦太にはげまされ  兄さんは殺され  ざんねんにも両足を折られ  魔神といわれ  怪物につれていかれ  人込みに揉まれ揉まれ  先へも行かれず、押しつ押され  投出され  間に繋がれ  思出され  別に引張られ  封鎖に驚かされ  なつたらしく思はれ  大抵亀戸から焼け出され  七十円取られ  魅され  凶精に取っつかれ  近く仮祝言でもといわれ  出羽守に犯され  山肌に拓かれ  お側に召されて引っさらわれ  村ぜんたい、すっかり荒らされ  不問に付しおかれ  三羽烏と言われ  お告げとも思われ  煩悩に焼き払われ  大風だとて、吹き飛ばされ  気をつけなされ  何者とも知られ  いま斬り離され  七郎、やられ  指はすっかり切り離され  手を取られて阻まれ  三国荒れに揉まれ  浪に揺られ  耳を疑いながら、弾かれ  途中でずっと降られ  さが、大きく描かれ  何をしておられ  はいかが召され  ぼんやり呆気に取られ  重傷を負わされ  着物はところどころ裂かれ  さっきから憑され  一面に切り裂かれ  顔ぜんたい繃帯に包まれ  顔じゅう繃帯に覆われ  十字乱れに刻まれて、まるで打ち砕かれ  ひと巻き二まき、ほごされ  女に斬られ  殿に斬られ  世話をして上げてもいいけれど、知らせなかったと言われ  あとで恨まれ  先生がやられ  山から帰って来られ  無理難題を持ち出され  そちが守り通してくれようとは思われ  金創十字に斬り苛まれ  そちは、怖れ  そちに嫌われ  闇黒に呑まれ  綾糸に手繰られ  田万里から伴れ出され  一行に取りまかれ  下屋敷へ送られ  妾に斬られ  伴れ去られ  内儀にさんざ叱られ  引なしとまで言われ  書に遺され  果てに飛び出してしまわれ  千浪殿にはよくおわかりになられ  賛成され  姿を消すといわれ  お許しなされ  先に立って歩いておられ  法外先生に斬られ  姿を消され  大次郎先生を探され  ここにはおられ  白覆面にかどわかされ  武士に伴われ  出羽とばかり思われ  師匠法外先生を殺され  それはこうしてはおられ  ために亡ぼされ  あなたに奪われ  白衣に包まれ  光線から開放され  鬼といわれ  見事外され  肩をやられ  与助に送られ  大勢に送られ  ここへ連れ込まれ  間違いでも起され  川俣伊予之進に見込まれ  一寸刻みに刺され  駕籠へ刺され  ずたずたに刺し殺され  笄で飾られ  参拝していると思われ  そばへ押し出され  女髪兼安が抜き放され  ように消えたと言われ  十字に刻まれ  修整され  皮膚に蔽われ  畜生が切り離され  腫物の切り離され  午前に行われ  ガーゼで覆われ  無力にされ  表面にのみ注がれ  右手が切り離され  後方に引かれ  ため、切り離され  手配をうちあわされ  権力におどかされ  写真はとられ  道があるとは思われ  赤布で飾られ  手すりからも張りまわされ  両端に置かれ  今夜来られ  順ぐり送られ  下に出され  ここに送られ  つり出され  それから放ぽり出され  希覯書とは称され  何時か織りこまれ  きれいな処かと言われ  一と世に知られ  灌ぐように飲まされ  姿が思われ  のが、目くるめくばかりに思われ  いつか額に置かれ  室に通され  ものが言われ  項低れ  玄關番にうるさがられ  荒寥たる思ひに閉され  彼女へ遺され  切羽詰つた状態に置かれ  朝霧に包まれ  木立にかこまれ  編輯室から風に送られ  扉のまだ開かれ  乘つて曳船に曳かれ  身の上が思はれ  雲に閉ざされ  千登世にゆすぶられ  圭一郎は抑へられ  壓石から摩脱けられ  惠まれ  作つて居られ  必定起らずにはすまされ  お子さんが大きくなられ  のものに甘やかされ  玄關先に立たれ  根こそぎ子供に奪ひ去られ  心に思ひ返され  ぐつと衝かれ  緑にとりかこまれ  柳田君も既に言われ  俗称になったとは思われ  説明を試みておられ  例とされ  うまいものを見付け出され  同一とは思われ  室町時代に行われ  そと呼ばれ  夙とも呼ばれ  堤下などとも呼ばれ  非人とも呼ばれ  名を以てのみ呼ばれ  ポンスケなど呼ばれ  参考され  灌ぐやうに飮まされ  姿が思はれ  殘つたのだらうと思はれ  のが、目くるめくばかりに思はれ  人とは思はれ  棧橋かと思はれ  つては投げられ、掴んでは倒され、捲き上げては倒され  ぱつと紫陽花に包まれ  紫陽花で包まれ  引挫がれ  花に包まれ  一直線に飛下りた如く思はれ  会議がひらかれ  一服もられ  風格が失われ  殺気を怖れ  酒場には雇われ  から、雇われ  家も失わなければならなくなる怖れ  安住の地を失う怖れ  風采が雇われ  瞬間から玄斎は雇われ  威風にみちた雇われ  服装こそは、雇われ  狂六先生とも思われ  ことをつい口走る怖れ  代りに選ばれ  世界一だと云われ  文字に書かれ  並木先生にそそがれ  観察が行われ  人がそう云われ  ウチから追放され  さりげなく云われ  愛想を示され  まりあっさりとやられ  上でか、嫌がられ  絵が書かれ  人であればあるほど、ぽつりぽつりとばらまかれ  斑点がばらまかれ  顔だけが書かれ  点が残され  世間に隠され  二時間ばかり繰返され  気持に駆られ  紙がはられ  肉体化され  一句も説かれ  言葉が語られ  武生へ降りて許され  桟橋かと思われ  病苦を救われ  人殺に疑われ  くるくると巻かれ  形で、取っては投げられ、掴んでは倒され、捲き上げては倒され  紫陽花に包まれ  乱るると見れば、計知られ  一直線に飛下りたごとく思われ  校庭に養われ  焚火に救われ  故郷人にいはれ  川とに囲まれ  夢さまされ  音に驚かされ  ことのみ急がれ  竜にやならんと思はれ  雨になぶられ  雲を流して突きてはわれ  名物なればと強ひられ  夢を驚かされ  これを調べておられ  豊後海峡と呼ばれ  潮流に洗い流され  これに巻込まれ  虎とも呼ばれ  はいたたまれ  焦燥に満たされ  三号室に纏めて移され  反映を見せたりして云うに云われ  挨に包まれ  板塀に囲まれ  錠がおろされ  間といえども決して許され  脳味噌が抜きとられ  増援され  直ちに派遣され  言葉をよく使われ  赤沢脳病院へ連れ戻され  本署へ連れて行かれ  微塵に轢き砕かれ  結末、と云われ  警察から差廻され  殆ど人に知られ  如く物々しく仰がれ  不器用とも思はれ  苦心を余儀なくされ  幾人もの若者に取り巻かれ  花泥棒に出し抜かれ  矢に射抜かれ  花束で叩かれ  得意にされ  グルウプにおされ  鷹狩を仰せ出され  御鷹を放たれ  鷹野を仰せ出され  氣性で、一旦仰せ出され  變替は遊ばされ  キツト面體をやられ  命が絶たれ  格天井に描かれ  中央に祀られ  ベタベタと金箔を置かれ  香が投げ込まれ  間近に置かれ  ために手渡され  點けられ  金箔を置かれ  岩陰に繋がれ  橋板が渡され  父親にそう云われ  顔のあかくなる思ひに打たれ  独りしよんぼりと残され  放縦に祟られ  頭がいくらか限られ  点では許され  何かに盗まれ  襟がみをとられ  づり返され  実が蒼白い光りを浴びて、光りに磨かれ  心から訓練され  板で仕切られ  何をしたって叱られ  影法師が写し取られ  まっ黒に塗られ  語り綴られ  つて復讐され  歴々と刻まれ  上へ残され  傲然とおし流され  心に思ひをひかれ  ままにまかされ  切りひらかれ  根気が根こそぎ失はれ  婦人と思はれ  ちよつと見えたと思はれ  ぐあひから、どうやら女らしいと思はれ  懐にいだかれ  流れに打たれ  ット山腹にひらかれ  自動車から降され  嬌声に送られ  そこでは残され  若いひとは、あわれ  神となられ  私にからかわれ  服が無かったり、いろいろ目立って、からかわれ  指導しておられ  一斉にからりと取り払われ  覚悟をしておられ  列記せられ  さきには死なれ  悦びは決して見出され  梅林にかこまれ  人間がもっとも大いによろこんで殺され  ぱんに解釈せられ  建設が許され  信仰は、依然許され  見物は許され  家は焼かれ  子供は焼き殺され  粉みじんに吹きとばされ  ドヤされ  突きとばしたり、突きとばされ  女房になぐられ  欠配だの、焼けだされ  気魄などには大いに怖れ  煙に追いまくられ  感情にまきこまれ  虐たらしい殺され  醉を吹かれ  人體とは思はれ  ば先づこれ  屋敷に呼出され  から、許され  お前に怒られ  萬三郎が許され  柳橋で殺され  つて外へ飛出しましたが、暫くすると、つままれ  眼玉を突かれ  繪にもされ  眼を突かれ  つて發見され  うちに許され  眼を刺され  銀簪で刺され  特徴は、殺され  奴が殺され  嘘があらうとは思はれ  手に捕へられ  手籠にされ  奴に見替へられ  のどを切られ  町へはこばれ  くさりでしばられ  一しよに投げこまれ  かいほうされ  ッかへされ  づむちでもつて半死になるまでぶたれ  シベリヤへおくられ  すつかりしをれ  ロシアからおくられ  そいつをおさへられ  ときには、永くゐないでかへれ  イワンは聞かれ  犯人にされ  気もちにおさへられて、眠らうとしても寝つかれ  上にだかれ  ことも思ひかへされ  かさに、こつちが殺され  おれはなぐり殺され  あいつはそくざになぐり殺され  世に行われ  鬼才といわれ  彼等は、言われ  料金を取られ  一パイ喰わされ  嫌疑者として目指され  次から次へと重くされ  風呂敷で包まれ  里方に招かれ  板敷に抛つて置かれ  キツカケに、執念深く繰り返され  日に限られ  中へ入られ  若い平次にしてやられ  まりもなくやられ  事を仕出かさうとは思はれ  者があらうとも思はれ  筋などがあらうとも思はれ  遠慮しても居られ  麻繩に縛られ  梟され  灯影に、物凄まじく描き出され  兩親やられ  脇差は叩き落され  勇吉に誘はれ  聽かされ  鞭でたたかれ  運動をしたが、どうしても赦され  指械をせられ  わしを帰して、逢わせてくだされ  愚にせられ  財産が買いもどされ  肴にされ  ソロバンとも思われ  一本クギを打たれ  カチンスキーとよばれ  司令官に頼まれて、いわれ  何をやろうかといわれ  ッぽりだされ  私だけ取り残され  一人ぎりの常識にしばられ  日本ではいわれ  手だといわれ  ときに、吊られ  姿形まで描かれ  手をやられ  前途有望と云われ  足を向けてねられ  なぞと云われ  私もおどかされ  雪女がでるぞといっておどかされ  とたんに行われ  昔から云われ  遊びが許され  呪文を唱えて大そう怖れ  ことは全く知られ  後指をさされ  先生にともなわれ  清水さんが乞われ  手中に吸いこまれ  コロコロやられ  風景を見ようなぞとは夢にも思われ  とうしろへ引かれ  他流に笑われ  梵字で書かれ  問題だといわれ  ように描かれたり考えられたりされ  取沙汰され  ヒタ隠しに隠され  ことは案外知られ  悪魔にみいられ  野望にみいられ  人にいわれ  ジャンジャン提供され  よう頼まれ  人材であるといわれ  日殿様に呼出され  一瞬といえどもありえようとは思われ  自由に許され  ダンピングされ  風に使われ  シェパードを扱わされ  素人にもだまされ  のだが、殺されてバラバラにされ  から殺されてバラバラにされ  から泣き寝入りとは踏まれたりけられ  口説かれたとか口説かれ  十番碁が行われ  カンキン状態にされ  コヅカイを下げ渡され  ブチこまれ  世界大戦は行われ  小戦が行われ  戦争が現に行われ  しか九州で行われ  名古屋市で行われ  ときから始まったと云われ  描写をやられ  文章が含まれ  表向き閉鎖され  肩先三寸斬られ  一本ぶちこまれ  バカにされ  足音に悩まされ  三四時間前から、負かされた、負かされ  諸方に限られ  なぞといわれ  毎年泣かされ  イブされ  法廷に立たされ  腹芸なぞと云われ  生活苦に追われ  石垣が取り去られ  城をつくり、失われ  特に踏み荒され  城址を怖れ  姓名が書かれ  名の記され  発明できようとは思われ  国禁され  飜案小説をたのまれ  代り、殺され  広瀬川で一度行われ  九州で行われ  雲仙で行われ  懊悩ぶりがうかがわれ  日本において行われ  門内に吸いこまれ  思い出に化かされ  喰べ尽され  そうだなどといわれ  舗装もされ  舌を噛みきる怖れ  イナリ界隈は安いとされ  居間につくられ  なぞと、頼まれ  先生とよばれ  環境にとりまかれ  観戦記者にたのまれ  部屋へ通され  異とされ  人に喜ばれ  シッカと握りしめるばかりで、怒られ  ウンザリして、誘われ  漫画にされ  私はいくら人にさそわれ  モーローと失われ  アンジローとも云われ  貿易商じゃないかなどと云われ  日本に知られ  人に殺され  キツネに化かされ  類とは見なされ  革命が現に行われ  それぞれ何十となくぎっしりつめこまれ  露にうたれ  スリにはずいぶんやられ  ヨタモノにやられ  ムダだと見放され  奇蹟と云われ  んだと云われ  試めされ  桐生で行われ  説明せられ  此村に来られ  証拠人として立たれ  奥様でおありなされ  海に流され  海に放たれ  屋敷前まで、押し流され  菊野の殺され  畳屋へ遣ると嚇され  きんたま挟まれ  小学生仲間から、始終なぶられ  京都牛蒡が捨て去られ  客席に出され  時分愛好され  伸張され  一致をもって結び合わされ  一転換を誘われ  ものといわれ  縷述され  状などは、さながら彩られ  演技され  父に寝ろ寝ろといって叱られ  お力と呼ばれ  考違へをされ  左樣おもふて居て下され  娘あがりとは思はれ  お預けなされ  横づけにもされ  貴君から叱つて下され  甚九かつぽれ  たかと聞かれ  何だと聞かれ  夫れかと切込まれ  出來なされ  お前さん此子をもいれて遣つて下され  我身が思はれ  一徳、だまされ  やうに心がけて下され  お前に弱られ  つて下され  擔ぎ出して打ちつ打たれ  世渡りをして居て下され  事はしなければ死んでも死なれ  やう思はれ  聞なされ  附合て居て下され  何となく尋常ならず思はれ  承知して居て下され  方もある、持たれ  お上から止められたとやら、ゆるされ  御機嫌に障つたらばゆるして下され  詞はよして下され  打しをれ  此日が過され  滿足には呑まれ  めに釣られ  なつて下され  心元なく思はれ  世間一體から馬鹿にされ  別物にされ  手足の延ばされ  堪忍をして下され  堪忍して下され  離縁され  堪忍して置いて下され  此子に免じて置いて下され  何うしても置かれ  手には置かれ  盡しなされ  思案もありますまいけれど、よく考へて見て下され  一處に歩いて話しはしても居たらうなれど、切られ  處を遣られ  ドタリと落され  強かにやられ  此時漸く下され  摺り替へられ  一つもあるとは思はれ  雙方から頼み込まれ  うちに替へられ  誘拐かされ  裏を掻かれ  國にでも持出され  空屋に吊され  心意氣に打たれ  界隈でよく知られ  一刻も見ては居られ  長崎へ叩き賣られ  眼を打たれ  胴の間には、縛られ  花嫁、踏み碎かれ  條件なり、然れ  斷定せられ  鑑定せられ  追記せられ  直書シテ諱マズといはれ  一例となされ  智におかれ  歓喜も奪われ  眼目としてつくられ  欽定憲法と呼ばれ  人民全体が扱われ  今度改正され  平等であるとされ  平等であるといわれ  十分に保たれ  矛盾が含まれ  日本でつくられ  仕掛に行われ  字づらで示され  ささえ奪われ  削減され  楽しいわが家と歌われ  病毒に飾られ  間にもたれるべきだと思われ  半分にされ  疎開され  男性の性も守られ  安定も保たれ  傭主につかまれ  一致を裂かれ  十分共学され  共学され  スポーツもされ  条件からもたらされ  それが行われ  しか克服され  才能をひしがれ  民法改正が行われ  封建差別がとりはらわれ  財産に頼られ  半分飢え、絞られ  ことができるといわれ  人のおかれ  うえにおかれ  男性が見出され  個人的にまもられ  努力で営まれ  ばらばらに壊され  中で伸ばされ  天質も決して人間らしく伸ばされ  才能も殺され  隷属から解放され  毎日母親から金を渡され  五萬兩はあるだらうと思はれ  とあるだらうと思はれ  觸れて歩かれ  一人殺され  誰に殺され  ガラツ八におびき出され  嘘があらうとも思はれ  取柄があらうとも思はれ  品位に押され  それから殺され  平次はさすがに打ちひしがれ  視線に送られ  燃える好奇心に釣られ  舗装され  はつきり思ひやられ  跡の深く刻まれ  崖に遮られ  眺望を限られ  ものには居られ  立上りさうに思はれ  底に残され  牆に圧しつぶされ  鼠がはさまれ  待遇せられ  舐める代もので、お安く扱われ  中へ入れると、あわれ  口を突出され  小鳥に、教えられ、導かれ  ものでもなされ  林に包まれ  町中に、あろうとは思われ  一つはうかうか誘われ  スッと含まれ  森につつまれ  宿にともなわれ  山に囲まれ  収穫され  犬にも噛み付かれ  とあるから、殺され  一思ひに刺され  田地を取られ  當てこすられ  柱に縛られ  乍ら、縛られ  朝兄が殺され  質問に引出され  土とに荒され  美代が賣られ  東京へ戻され  アンデフィニッサアブルだとも云えば云われ  日出新聞社から頼まれ  のは、頼まれ  悪口を書かれ  ジレッタントだと云われ  人形にせられ  現代人にもなられ  男にそう言われ  気をそそられ  屋号にされ  道さえ、寂びれ  音に誘われ  目にも見て取られ  めにまた叱られ  迷児と呼ばれ  騒動ではございますが、捜され  児とは思われ  松崎の、うっかり帰られ  間に、聞かれ  十日も経つと、また出して見て洗い直すまでにして、頼まれ  日に頼まれ  死をされ  皺がれ  縁が繋がれ  さで、あわれ  フッツリと食切られ  背後のみ見返られ  背後に曳いて襲い来るごとく見て取られ  恋をせかれ  情を破られ  縁を断られ  十九を見され  手に摘まれ  断り言われ  袖で払われ  手首を持たれ  二度添にされ  電光に颯と送られ  猶予ったが、棄ておかれ  古本店を焼け出され  私にはどうしても思われ  草双紙はもう行き詰まったと言われ  前からそういわれ  それもあかれ  稗史世に行われ  風を作られ  人が持て囃され  皆敵討ものに引きずられ  西宮にそそのかされ  職場を荒らされ  出馬され  篇血をもって覆われ  山と嘲られ  あべこべに化かされ  自分が言われ  青本が行われ  悪鬼に掴み去られ  記乎汝と言われ  順つて変化され  人に思はれ  芸術価値が高まらうとは思はれ  そつくりプルウストの語られ  からには、元来物語られ  プルウストの失はれ  みな外にすみあかれ  公主にいはれ  逝去され  批難を怖れ  満足であらせられたとは思はれ  物語を愛され  評定が行われ  会議が行われ  大義名分に恐じ怖れ  特に列席を許され  将軍家におかれ  兵を募られ  王事に尽され  寄り下され  拙者はぜひお加え下され  控えなされ  中座せよといわれ  私情に拘っておられ  意気に打たれ  三度は誘われ  雨戸をお開け下され  障子がさっと開かれ  龕灯に照し出され  吉川が斬られ  延期され  死は、殺され  太政官に召され  どこかへ縁付かれ  中は掻き乱され  成田様といっておられ  兄様と呼ばれ  いつ上京なされ  難儀され  さに襲われ  塾へでもお通いなされ  父頼母を殺され  側腹を刺され  半分斬り落され  父祖殺され  父が殺され  院議に付され  父のむごたらしい殺され  新一郎は、名乗って討たれ  殺人だと思っていただけに、名乗って討たれ  肺を侵され  諒とせられ  良縁あらば、嫁がれ  心をもたれ  いふ名で呼ばれ  娘とに見送られ  つてもう、殺され  急に、とりのぞかれ  見事に斬られ  誰にも気づかれ  家材道具が運び出され  好み範囲が限られ  十年は持ちこたへられ  伊賀倉と呼ばれ  つて満たされ  つて撰びとられ  エレーヌだけ覚えれ  柏木と呼ばれ  御文をよこされ  お方とは変ったなされ  常談ともつかずに仄めかされ  何を措かれ  方はいとしがられ  事は忘れまいなどと御誓いなすったりせられ  行末ばかりが思われ  それからまた黙って出て往かれ  ようにと書き残され  手に取られ  お出かけになられ  ゃって出て往かれ  帰りになってしまわれ  方が奪いとられ  なのだろうなどと言われ  事を言ってよこされ  姿を見て覚えずほほ笑まされ  ようにときどき思い出され  急にそんなになってしまわれ  ちょっとためらわれ  謹慎中だからと言われ  途中だといわれ  人には言われ  お移りなって往かれ  言いようもなく辛く思われ  何もかも自分に一どきに思い出され  返事がないので、はしたなく思われ  者たちにかれこれ言われ  ゃって帰って往かれ  一そう心憂く思われ  鷹も飼えなくなられ  人に送られ  雑色などに送られ  物も言われ  お側に置かれ  ゃってお帰りになられ  寐入ってしまわれ  京に上って来られ  信仰が悔やまれ  前駆させながらお近づきになって来られ  そのままお通り過ぎになってしまわれ  気づきなされ  所へしじゅう御歩きなされ  風にときどき思い出され  事を言って来られ  何か訊かれ  籬が結われ  木々に覆われ  ままこうしても居られ  ことも難しいかと思われ  どちらとへともつかず動かされ  何かしら異様に思われ  自分から好んでせずにはおられ  気もちがされ  この間御覧なすって帰られ  うちに言うに言われ  手水などされ  お答えなされ  口を開かれ  物語などし出され  私も思っていたが、大ぶ弱られ  そうに言い残され  経などが置かれ  ずんずん先に出て往かれ  車に乗って来られ  由を言い置かれ  おなりになられ  装束などもすっかりなすってしまわれ  急にお苦しくなられ  差し障りが出来たので往かれ  根を絶たれ  今度伊勢守になられ  数珠を投げ散らかされ  自分にお立ち返りになられ  常談なんぞを言われ  心をこめてお語らいになられ  免され  父親を打たれ  念が、洗われ  顎が隠され  向うに、伐られ  鳥飼八太夫とは申され  存分にお討ちなされ  われらを討ち申され  折ならば、なかなか討たれ  弔い下され  手に、研ぎ澄まされ  寝返りを許され  半ば閉ざされ  扉に、貼られ  敵に死なれ  父が討たれ  助言から滝沢休右衛門に打たれ  弥五兵衛が討たれ  親類縁者によって開かれ  同情が含まれ  祝酒が下され  懐胎され  年暮の下され  祝い酒を許され  膳番を勤めていたとさえ思われ  横恋慕をして、きかれ  脇腹を抉られ  読売にまで歌われ  幸田源助が討たれ  夫を打たれ  上聞に達して、召し還され  百石を下しおかれ  先歩きたくも歩かれ  一人ぼっちとり残され  襟首をつかまれ  家人にとり捲かれ  心に持つて居られ  如何に書き綴られ  影を踏まれ  相手は踏まれ  あたし踏まれ  誰に踏まれ  父には叱られ  動悸におどろかされ  其儘には済され  手が離され  次郎に送られ  一人も見出され  母からも叱られ  結局実行され  母に呼ばれ  注進におどろかされ  肩から袈裟斬に斬られ  記憶につながれ  家に挾まれ  暗闇に点され  中に点され  歓語で充たされ  感じにつつまれ  方々から貝塚がほりだされ  杉林はきりはらわれ  米倉はとりこわされ  かすみにつつまれ  子どもらからしょっちゅういわれ  夕もやにつつまれ  ところに思われ  自転車などで、うかうかと歩いてもいられ  家から追い出され  彼はいても立ってもいられ  厭伏をしていただくと、きっと良くなると言われ  魂を掴まれ  翻案せられ  黙殺され  中で、その詰み込まれ  息を抜かれ  入口から降ろされ  卓子が運ばれ  つた腹に巻き込まれ  ジロリと睨まれ  ような、云うに云われ  ジロリ、睨まれ  別荘に雇われ  年からここに雇われ  大抵推察され  容赦なく取毀され  何さま一種云われ  者にされ  附箋で返され  期間に、望まれ  家庭教師に就かされ  池水に彫み込まれ  話に釣り込まれ  雪子に聞かれ  拒否され  弟に迫られ  底から攪き廻され  被虐性も織り込まれ  喰ひ込まれ  釜うでにされ  幔幕が張られ  活人画が催され  番組され  方々から指命され  婆さんに見張られ  伴れ出され  さに煽られ  生垣にとり巻かれ  杭などが打たれ  計画が持ち込まれ  何百辺聞かされ  苦悩にさいなまれ  四十分も揺られ  狭隘に迫られ  用件に迫られ  糊がつくからとこぼされ  言ふと怒られ  付き合ひきれ  お出で下され  喉笛を掻き切られ  惡くて殺され  ところをやられ  下手人は、待たれ  ところを殺され  土はよく均され  聞を怖れ  佐野松さんは殺され  これでやられ  一杯擔がれ  葉にうんと怨まれ  つて殺され  手ごめにされ  八五郎親分に見張られ  誰に怨まれ  一本食はされ  時は殺され  時は、もう斬られ  團扇では憎らしいほど叩かれ  なつて突き出され  俺達二人は煙たがられ  ツイ釣られ  手でやられ  木偶坊扱ひにされ  笠に被て、荒され  苗字帶刀を許され  人殺しがあつたとも思はれ  女に殺され  八五郎に引かれ  つた女房か去られ  つた紐が強く引かれ  イチヤイチヤされ  亭主に追ひ出され  灰を掃かれ  佐野松が殺され  恩義があるか、脅かされ  尻をつかまれ  搖ぶられ  あれだけ焙られ  幸ひそれ  葉さんを出され  寢つかれ  錢形平次は、引くに引かれ  言ひ負かされ  網が張りめぐらされ  ことを話され  男に任され  石を抱かされ  父親にも可愛がられ  松に睨まれ  水に放り出され  土塀で囲まれ  極意書に記され  鎖ざされ  武士のあわれなるあわれ  きよらとも、あわれ  幽霊武者に担がれ  たしかに案内され  こいつは遣られ  もんどり打って投げ出され  心が付かれ  ようだが、とうとう諦めて帰られ  ことはなされ  今後はなんとなされ  襟を正され  秘巻を譲られ  相手に行われ  同情のされ  電灯の光りに遮られ  彼に突き飛ばされ  幸い社におられ  俥に乗って来られ  話をよくされ  瀧田氏を訪ねて来られ  豊富に飾られ  藩に置かれ  封建制におしひしがれ  不思議と思われずに使われ  帝大といわれ  帝大とよばれ  分野に植えこまれ  道が開かれ  博士号をおくられ  徹底してとりのぞかれ  身分平等化が行われ  偏見がとりのぞかれ  一つとして奪われ  アジア婦人大会がひらかれ  代表がえらばれ  地図に描かれ  統一戦線がつくられ  確保がおびやかされ  警戒され  法律をふりかざして行われ  建設的推進力が見にくくされ  非常にされ  鎖にからみつかれ  自分たちのゆがめられしぼられ  結婚され  発展され  上に組み直され  解放運動は、広く知られ  うつされ  論議をかもされ  理解におかれ  一九三〇年に書かれ  ことが、描かれ  小説を書かれ  宣言せられ  小説の書かれ  利害と一応きりはなされ  面にも払われ  心に印され  結婚せられ  異によっては、全く裂かれ  立場において結ばれ  気分にまぎらわされ  注目をあつめて、たたかわれ  予想がうらぎられ  こころもちも動かされ  当選が知らされ  再開され  判決公判が開かれ  戦争資材として扱われ  こころにうちこまれ  人類にたいして犯され  罪はさばかれ  道をこわされ  かたわにされ  手足をもがれ  判決の行われ  ように狩りたてられ  追及され  あからさまに示され  減刑運動が許され  有罪とされ  共和党デューイ当選確実とおもいこまれ  任意とされ  国有にされ  一部にふくまれ  披瀝され  なかにふくまれ  放送でも語られ  二大政党制はアメリカでうちやぶられ  大統領選挙においても示され  他人に聞かれ  目にあはされ  それがみつともないとされ  真似なんてされ  歌も許され  自分が擽られ  同情をされ  滅茶苦茶に引き裂かれ  体得せられ  剣を与へられ  心となりて立ちて行かれ  着用せられ  此の際一掃せられ  三十分の上も待たされ  悪友に誘はれ  汽車に運ばれ  人生も覗かれ  旧友に誘はれ  合奏され  あれを吹かれ  自由につくられ  総選挙が行われ  ことなどが記され  前文に記され  ことにかぎられ  お仕事だけをされ  関係され  にいさんを送りだされ  うちの人を、なくされ  自由は、けっして奪われ  これを侵され  四年ごとに行われ  理由を問われ  國会は、年中開かれ  國会が開かれ  自由にきかれ  権利がふみにじられ  監督され  反省して見ましても、亡くなられ  のに驚かれ  自由が失はれ  種彦物などが親しまれ  説明して聞かされ  自分を思ひ出さずには居られ  意味が失はれ  尻ごみして、けなされ  陳列せられ  漢字典から掘り出され  言つた詠歎だけではすまされ  省線にワーッと押しこまれ、ワーッと押し出され  意味が仄めかされ  一つに欠かされ  ひとから意見を問われ  うちに、かもされ  着眼点に移され  文学座にのみ開かれ  女がおかれ  感情表現だけで、きりひらかれ  計画的につかわれ  割当計画され  帰朝者に知られ  同感され  感情にうたれ  木立に取り囲まれ  悪臭には実に悩まされ  それをそんなに強く怖れ  白漆喰に取り囲まれ  医療機械に護られ  生活に踏みしだかれ  襲はれ  気持に押し流され  様に殴られ  ただ殴られ  妻君は常に殴られ  存分に殴られ  搏撃され  瘋癲院へ送られ  点描され  自分では獲れ  ように取られ  灰色に蔽われ  ものに構って居られ  二升食われ  何に使われ  近くにも葬られ  文句が使われ  大本営発表しか知らされ  配備され  ことも平然と書かれ  同情さえそらされ  捜査され  手は使われ  弟に殺され  さにだまされ  生活権をかっぱらわれ  大げさに書かれ  のへ向って流され  批判にならされ  人たちによってしばしば使われ  壁にはられ  からいわれ  線でむすばれ  自覚でむすばれ  ことでもはっきり示され  発展史もよまされ  あなにうちこまれ  論拠とされ  餌じきにされ  時間と金を吸いとられ  実存主義によって語りだされ  商業主義に流され  分析がまず行われ  そこまではいわれ  太宰もよまれ  線でつながれ  十分自覚され  もっともっと親愛され  達成そのものが闘われ  社会的活動から遮断され  要素は、全くけとばされ  責任等がぬかれ  形にしばられ  標が貼られ  いちばん取っつきやすく思われ  最初紹介され  注文によって注がれ  横顔を殴られ  ことを避けていた、ただ争われ  序幕が開かれ  半ば以上破壊され  影もなく打ち壊され  生死が気遣われ  世界に呼び戻され  死際にも、呪われ  意地につきまとわれ  言葉で書かれ  肉声化され  真実性が描かれ  夜をつまれ  車輌のとどろきとともに運ばれ  生産動員に向って招かれ  裾さばきと、短くされ  民営工場に雇われ  子供たちといわれ  それらについては語られ  ように支払われ  大阪でも行われ  重点をおかれ  活動が引きあわされ  提言され  生産を守られ  常識にうちこまれ  細井和喜蔵氏によって著わされ  前借で売られ  写真で飾られ  石炭に呼ばれ  苦しみを負わされ  計算され  本来が守られ  刻苦精励に向ってふるい立たされ  生産面に結ばれ  流露され  讚美され  疑いもはさまれ  鑑賞され  ものとしていわれ  嫁しずけられ  あちらへ動かされ  こちらへ動かされ  マリアが見たとされ  さがいわれ  女らしさで息づまるばかりにされ  男女によって行われ  観念がつみとられ  推進がもたらされ  魑魅魍魎にとりまかれ  今日では大して怪しみもせずにいわれ  本心から抱かれ  二様にだけいわれ  ことから必然され  うまい草にひかれ  そこにゴタゴタにつみこまれ  幼年時代について書かれ  浪費が描かれ  ときおかれ  そこに追いこまれ  思い出に云われ  戦争気分へひきこまれ  受諾され  可能が奪われ  理由とされ  一作の書かれ  生産復興と云われ  間にばらまかれ  九時間以上職場にしばられ  めどがつかまれ  いま云われ  川ばたにあるこわれ  音楽をきかないとねむられ  セロを弾いてつかれ  セロへ合わせてもらって来いと云われ  何をわらわれ  他は忘れ去られ  世にもてはやされ  手にうごかされ  踵をかへされ  さへられ  しまいなされ  旅商人などにきかれ  広間はあけはなされ  声にさそい出され  硯石箱が置かれ  歌はよまれ  ほうばいに抱かれ  光君は居たたまれ  一番可愛いと云われ  皆に知られ  ポタポタとよごされ  光君は、はなされ  人にすかれ  方がよいと思われ  ごとごと云われ  ものネ、そんなにうらまれ  谷川で叫ばれ  枝でもなかれ  母君は居たたまれ  だれがたのまれ  美くしいあわれ  自分でよんだりして居られ  ようにして居られ  何物かに引かれ  欄干によって見て居られ  フト何とも云われ  音に巻かれ  戸はとざされ  旅をしなれ  さを思いながらゆられ  賞められたりうらやまれ  部屋に引き込んで呼ばれ  流れにつり込まれ  答がこの上なくうれしく思われ  心持を以てきいて居られ  中にもよろこんで居られ  さしてとられ  様にかたくとざされ  貴女にはそんなに思われ  色につつまれ  から何とも云われ  女達は居たたまれ  家に帰って仕舞われ  身の上を思って居られ  たよりにたどって行かれ  女達にからかわれ  几帳のかげにかくれてしまわれ  手習がされ  大変つかれ  程に思われ  兄君に引かれ  一人のこしてかえってしまわれ  道切りをされ  そとに走り出てしまわれ  まま人形を抱いてつっぷしてしまわれ  対へも知らされ  対へかえってしまわれ  意得なんかを云って居られ  涙をこぼしながらかえってしまわれ  ことを問われ  様に話して笑ったり泣いたりして居られ  手にされ  生が新らしく又吹き込まれ  賞えられ  金目をおしまずに行われ  みんな散らされ  魔神の手なぐさみにされ  何も云われ  ものは思われ  波につつまれ  ことを云われて居る、つきとばされ  水がかれて白い、洗われ  ことはないだろうかとそう思われ  人形をだいてはなされ  何かに見込まれ  紅におこされ  それが思われ  藻に抱かれ  私の呪われ  あいそうにおもわれ  根元からきられ  曲者なんて叫ばれ  あっちへ追われ  こっちへ追われ  アんと云われ  お開きなされ  嗜みも想われ  飜えし、組まれ  行手を遮られ  人一人にもお逢いなされ  誰何なされ  賊に入られ  咲き得も云われ  助け下され  裏に造られ  日を暮らされ  妖怪と申され  廻しか、ようこそお立寄り下され  世を去られ  東京に来られ  あちこち歩きながら、ぽつりぽつりと話され  秋出版され  中で記され  名もまだ広く知られ  私は聞かされ  胯で歩いて行かれ  勉強され  急に救われ  生長され  ようにして作られ  自由に任され  ことはせられ  ことを望まれ  新刊書なども広く読まれ  講義が行われ  聴講され  ことによっておのずから養われ  蒐集され  書きされ  思い附かれ  ドイツ語で書かれ  声で云われ  今は亡くなられ  一緒に出され  小説を読まれ  本を書かれ  論文を書かれ  長篇論文を書かれ  テーマについて書かれ  環境から限定され  大学へ来られ  まり知られ  日本的哲学を作られ  大学を退かれ  心情がよく写され  ようにつまれ  感興に打たれ  画債に追われ  なかったことがうなずかれ  天井絵は、べったり置かれ  気持で、描かれ  屏風が欲しいといわれ  売約を申し込まれ  売約され  これを惜しがられ  かんげいされ  おいでなさいといはれ  ぼんやり照らされ  伐採され  盛に積まれ  君臨され  扉はこわれ  考慮せずにされ  送還され  機関車にひかれ  窓がやられ  二ヵ月以上収監され  密林でおおわれ  中途から頼まれ  誰にも踏まれ  貨車が引きこまれ  符牒を書かれ  木橋がつくられ  上につまれ  繋留され  完全に取り去られ  森もあれば、えもいはれ  国へ追ひやられ  ちやめちやに荒らされ  女中から伝染され  波に煽られ  舷側から吊し下ろされ  あれで連れて行けと頼んだが、きかれ  間に挟まれ  船室へ導かれ  会議が開かれ  熱誠に動かされ  忠実であるかどうかを試さんとして、送られ  許可も取り消され  Scabiesimpetiginosumに冒され  手に返され  禁錮せられ  感激を受けずにはおられ  たかどうかを考えずにはおられ  伝染病であるかどうかが、疑われ  跡かたも残さずに過ぎ去られ  為めに造られ  娯楽で費され  為めに使われ  混乱とに悩まされ  芸術を奪われ  民衆にとっては醜であり、又選ばれ  害毒された、選ばれ  少数の、選ばれ  蹂みにじられ  狂信に惑わされ  目下行われ  森にかこまれ  花は刻まれ  天河石と、打ち劈かれ  光の雨に打たれ  宝石に打たれ  ダイアモンドがそのみがかれ  つぶにもわかれ  お母さんから訊かれ  滑つて、歩かれ  寝込みをあんまり早く叩き起され  ことされ  廻つて叱られ  椅子が置かれ  草花に包まれ  奴隷達から開放され  うまい工合に吹き送られ  部屋へ呼ばれ  今切離され  土地が残され  小さな家も無論取こぼたれ  無造作に引抜かれ  焚火がされ  何者にも耕し古るされ  心は再び新らしく呼び起され  略一町七反であると云われ  殆ど識別され  必然性に動かされ  肉に彩られ  紙数を許され  つて毒され  順つて批判され  東京拘置所から栃木刑務所に移され  仕方で追いだされ  笊ごと攫われ  戸籍から抹消され  きれいさっぱりやられ  一句にうたれ  ベルトのあわれ  あさひ自身、送ったり送られ  情に襲われ  侵かされ  これまでにもいくども誘われ  のは、刈込みにでも逢って、知られ  ことがあばきだされ  洲本市役所にひきつがれ  終止符が打たれ  ケースが置かれ  欺まされ  高台に挾まれ  感じに包まれ  調べ室へ連れられて行かれ  病院へ運ばれ  女だと思われ  東京拘置所へ移され  再演され  から割り出され  神経衰弱に悩まされ  自動車に跳ね飛ばされ  奥さんに叱られ  博士は激しく跳ね飛ばされ  胸に抱かれ  壁に作られ  クシャクシャに踏み潰され  ミミ夫人に掴まへられ  霓博士は蹴られたり殴られ  土肌へツンのめされ  跳ね飛ばされたり叩きのめされ  散々やつつけられ  歎きや怖れ  ものであると思ひやられ  魂を掻き消され  行つて欲しい、と頼まれ  親しまされ  燭され  神経を疲らされ  人が招かれ  手紙と思はれ  雪洞に照らされ  雪子から切に頼まれ  和服を失され  病気にでもなられ  生垣に挟まれ  中断を余儀なくされ  つもりでゐるのであつたが、現れると忽ち打ちひしがれ  擾乱され  胸を打れ  鼻孔を擽られ  貴族階級の甘やかされ  手交され  のが選ばれ  眼配せが交され  つぎに運ばれ  スパイが呼び込まれ  腹帯から取り出され  写真に写され  立場に置かれたといわれ  すべて着衣から取り出され  後日処刑され  インドに送られ  金銭ずくで、雇われ  個性が現われるといわれ  インド時代に築かれ  ところで珍しがられ  大鏡が置かれ  人ありと知られ  密偵部にさんざん踊らされ  思い違いをして笑われ  暴れ者に買われ  鼻を空かされ  スパイが選ばれ  ここへよび出され  付加され  空襲を怖れ  潜航艇に遣られ  狙い撃ちされ  信用できないと言われ  書類の埋高く積まれ  全裸にされ  報告しておられ  切り札が残され  内報され  密偵部から強要され  召還され  摘出され  番号で呼ばれ  軍事裁判に付され  二十年以前から予期され  変改され  刑場に引き出され  ことをささやかれ  発砲され  政争の具に使われ  めちゃくちゃに遣られ  特赦され  完全に封じ込まれ  ことを繰返しきかされ  ことを頼まれ  世話をやらされ  ことを堅く言い渡され  金光教会へ引きとられ  責任を問われ  送金を絶たれ  辰夫に頼まれ  瞞著され  問題にせず、打ちのめされ  修三に誘われ  自由には駆けられ  臆病に打たれ  錯覚に打たれ  体じゅうに押し出され  女対男の限られ  シッポをつかまれ  一失敬され  下足番になぐられ  言ひ渡され  修三に誘はれ  血の気が失はれ  さに釣られ  房が結ばれ  石垣にはさまれ  家に悟られ  わけ知らずであつたと思はれ  三つもはさまれ  火の車に煽られ  痴夢を醒され  綺麗にはさまれ  主人から渡され  牡牛星に導かれ  私にも悟られ  凱歌に送られ  談され  勇は捕へられ  地に殺され  幾度もくりかえされ  調節され  鋭さにひどく悩まされ  感覚におそわれ  なかにひたされ  あいだ乱され  銅で蔽われ  仕事もうちすてられ、または忘れ去られ  声はもう聞かれ  息吹に吹きあおられ  空想にだまされ  銘しるされ  物音に気づいているとは思われ  上にしるされ  相当に行われ  故老から聞かされ  それから言い出され  流言が行われ  二十九日と限られ  混雑で、もう売切れであると断られ  方へ行って断られ  一つも言われ  内でも食わされ  菩提寺で営まれ  のではないかと疑われ  年よりも若いといわれ  兼はすぐに通され  噂に追われ  手拭で絞め殺され  何者に殺され  番屋へ牽かれ  人間であるから手先に嚇され  慰み物にされ  古浴衣一枚にされ  番屋へしょびかれ  そこに見いだされ  庄吉の聴かされ  手に殺され  姿はやはり見いだされ  そこにも居たたまれ  半分は逐い出され  力になってくれと口説かれ  小梅で殺され  女にあやつられ  ように踊らされ  母もだまされ  ままに引出され  であるから、どうしても逢わされ  手に葬られ  登場人物に限られ  力にひかれ  情も異れ  感興を殺がれ  末節にされ  あやとうなづかれ  女性は遂に招かれ  生まれ故郷で呼ばれ  ことも、思い出され  ことが刻まれ  ちょきんと切られ  のこぎりでひかれ  温室からひき出され  歯に引きちぎられ  店屋などまでに感づかれ  味は試され  やうに泣かれ  かいとは云われ  土地を奪われ  壟断せられ  ように喜ばれ  束髪が行われ  終結せられ  統一せられ  何度も繰返され  修正され  何人も認めずにはおられ  功績は決して争われ  卑俗視せられ  ように看做され  特筆され  尊敬せられ  感服され  今でも折々繰返され  公人と看做され  感嘆され  壮語として聞かれ  世間から軽侮せられ  歯いされ  職業と比べて余り喜ばれ  意見され  全然社会から無視せられ  園遊会に招かれ  實生活から切り離され  戲曲でないといわれ  演劇に多少ずつでも生かされ  閲され  いふ風に書かれ  一日一日が生み出され  ことが、知らされ  中から選ばれ  中心的に語られ  ものとしてうけ取られ  発見しようとして書かれ  ゴーリキイについて書かれ  間に書かれ  常識とされ  過程が描かれ  三年ほどかかって書かれ  熱望につき動かされ  叫びとして描かれ  それは、まだ描かれ  信頼がかくされ  自己撞着から解きはなされ  ときに書かれ  土地関係におかれ  若い作者のおどろきに見はられ  追究され  生命の消され  二次的に扱われ  限界が示され  中で営まれ  短篇に語られ  未熟さによって、ひきもどされ  詭弁から解放され  正義と云われ  一九三二年いっぱいに書かれ  ものしか許され  ままにすてておかれ  圧殺され  報告の書かれ  文学サークル組織のつくられ  亭主に訊かれ  家に引き取られ  今年まで養われ  ますます削られ  引手茶屋から送られ  他人に踏み荒らされ  縄張りを踏み荒らされ  立花屋から送られ  ひとこと、こう言われ  耳うるさいほどに聞かされ  八橋からひきあわされ  次郎左衛門に誘われ  いくら注意され  意味も含まれ  火鉢が運ばれ  たぐいも運び出され  噂を聞かされ  立兵庫がむしられ  ようにむごたらしく掻き散らされ  八橋はじれ  目見得にも行かれ  丞には心苦しく思われ  次郎左衛門に引き合わされ  前に曳き出され  丞は言い知れぬ怖れ  たびごとに言うに言われ  千両仕事であるらしく思われ  胡麻化され  治六も驚かされ  主人から勘当され  ようにしてくれと口説かれ  急に思い出され  客におそわれ  彼女からも聞かされ  わたくしに請け出され  丞としては見くびられ  それらしく思われ  愛想をつかしているらしく思われ  口外しなかったらしく思われ  下に踏みにじられ  八橋に覚られ  みんな蹴散らされ  真っ白に塗られ  主人に叱られ  使いにやらされ  そこに待たされ  それを奪られましたと言って唯おめおめとは帰られ  ままには済まされ  大抵推量され  人間と見積もられ  金を掠めたと疑われ  奥へ通され  全額をつぐなえと言われ  そのままに捨てても置かれ  松の内は無論くるわへは行かれ  今まで焦らされ  秘密を聞かされ  嘘ではないらしく思われ  大抵想像され  忌とは言われ  おかしいように思われ  他人におどされ  ように誘い出され  奉公にやられ  間にのみ保たれ  仕方は、いよいよ男らしくないと思われ  自分が恨まれ  次郎左衛門に恨まれ  女にしっかり握られ  今まで欺かれ  くやしく思われ  意気地なしと言われ  弱虫とあざけられ  すべて八橋に操られ  わたしに突き出され  こともまた思い出され  約束になっているらしくも思われ  八橋に救われ  方から突き放され  一度は行ってくれと頼まれ  日にあぶられ  三つにそそのかされ  灯のかずでも知られ  兵庫屋へ送られ  八橋に取っては恨めしいを通り越して憎く思われ  ほとぼりはまた煽られ  糸に引かれ  丞から訊かれ  釣り出され  頃はどうなされ  腕がふるわれ  早帰りに驚かされ  水も溜まらずに打ち落され  肩を切られ  柄から斜めに切られ  逃げ路を塞がれ  現実となって現われたのに驚かされ  手当てを受けに連れて行かれ  死罪におこなわれ  不安にされ  内閲から戻され  作品を歪まされ  発表禁止され  意識不明になるまでとめておかれ  検事局へよばれ  一月から警察にとめておかれ  戦地におくられ  生死からひきはなされ  明日を知らされ  言葉がぼかされ  関係がぼやかされ  裸にされ  不明瞭に書かれ  ころに書かれ  題材にされ  それから数年後に書かれ  ことについて深く動かされ  世間で偉いと思われ  日かげの、あわれ  細分され  うちにおかれ  洗ひ流され  中に捲きこまれ  日記に書かれ  彼女からよく聞かされ  薪が積まれ  欄間に描かれ  朱色で描かれ  機会からモスクワで打ち破られ  からこと新しく揉まれ  本質はつかみ出され  ようにあつかわれ  評論にふくまれ  そこからひきおこされ  どおりをしずめかねて、うたれつつたたかれ  感想がもらされ  経験から学びとられ  左にもわずらわされ  ことを思い合わされ  もとにどんなに圧しひしがれ  その他において示され  本能にみちびかれ  ファシストになるべきとされ  問題としてむしばまれ  転向をよぎなくされ  近代社会にのこされ  インテリゲンチアの負わされ  単純だとは思われ  パリに開かれ  報告から刺戟され  文学にのこされ  希望を奪われ  国際性から区別され  国として教えこまれ  観念にならされ  経験が語られ  失敗にふくまれ  からソヴェト小説を、とうけもたされ  目的をもって書かれ  うちに行われ  現在、最も歪められて扱われ  戦争挑発者によってそそのかされ  目的意識にみたされ  ものだけれ  泣声をきかされ  五月蠅がられ  新聞に出され  話を思い出して笑わずには居られ  眉をひそめながらも笑わずには居られ  朝から晩まで使われ  どんなにかひねっこびれ  事ではあるけれ  毛虫あつかいにされ  共、絶えずのぞかれ  事をやられ  雨でながされ  笑種にされ  赤ちゃんも寝つかれ  濁声にかきみだされ  人達の感じるより多く深く動かされ  騒ぎが繰返され  此世で会われ  好奇心に誘われ  皆はずされ  事にならされ  それに追われ  まさか背負っても行かれ  評論集に書かれ  内容、書かれ  政策に押しまくられ  屈従に追いこまれ  鼓舞的に云われ  スペインに開かれ  ナチスから追われ  権力によってだまされ  批判がふくまれ  ひとつひとつ切りはなしていわれ  要求にそくして云われ  ようにさえうけとられ  関係なしに作られ  ヒラキキと呼ばれ  さそうにも思われ  事は少しむつかしく思われ  参照され  背中を突かれ  袂をくぐられ  日本プロレタリア文化連盟から出版され  特権者によって行われ  打開され  家庭からどしどしはたき出され  数年前には知られ  明日にかくされ  戦争的美名にかくされ  波にはゆられ  現象で、はぐらかされ、かどわかされ  彼女のおかれ  環境からしみこまされ  妻としておかれ  下に溺れ死なされ  困難にからまれ  上に置きなおされ  前進によってもたらされ  樽がころがされ  人目から遮断され  暗がりにころがされ  人々は、云っていいと許され  中に運び出され  栓がぬかれ  人によばれ  博士に諭され  石のごとく運ばれ  逆立ちするを余儀なくされ  中枢が冒され  スリガラスと書かれ  翻訳家である宮原晃一郎さんが訪ねて来られ  小樽新聞にのせられ  いつか失われ  自分によってどんなに扱われ  自分たちの殺され  新聞にのせられ  趣を保とうとされ  人物にあらわされ  取材され  自覚なしに行われ  立ち上りが示され  全うされ  ニューヨークで書かれ  未亡人に甘やかされ  残酷に扱われ  頻繁に行われ  作者にとって公然と行われ  下から拾われ  一室で書かれ  社会でつくり出され  意味が語られ  生活権が犯され  道のひらかれ  子供らは売られ  海できりはなされ  外国についてきかされ  間に植えこまれ  偏見にだまされ  判断をうばわれ  気力も失わされ  偏見から自由に解き放され  本にしるされ  事実は見知らされ  それぞれに書かれ  秋ごろ発表され  暴圧され  たいようにかかされ  明確にされ  憎悪などが描かれ  分析批判され  読者によまれ  プロレタリア文学運動のおかれ  生活そのものによって読まれ  同感され読まれ  なかに解きはなされ  現実問題としてうけとられ  二十数年がけみされ  多くつかわれ  人によまれ  侵略戦争に追いこまれ  口はふさがれ  幕がはられ  しらふで話され  的とされ  経験がされ  たび訂正され  当時伏字にされ  人について書かれ  國といはれ  國ともいはれ  區分せられ  つて觀察せられ  採集せられ  噴出したといはれ  數へられるといはれ  觀測せられ  ように思はれ  ようだとよくいはれ  燈臺と呼ばれ  夜であるならば、吹き飛ばされ  ソムマといはれ  沒せられ  所在地が見失はれ  現在死火山と思はれ  噴出せられ  火と思はれ  一といはれ  鎔岩に荒され  地盤沈下によつて失はれ  計上せられ  つて吹き飛ばされ  明治二十六年に至るまで知られ  貯藏せられ  蒸氣が大抵吐き出され  中央火口丘から噴出せられ  泡末が含まれ  實驗せられ  光を出したともいはれ  採集されたといはれ  氣づかれ  貯藏され  比較せられ  音に葬られ  例がないといはれ  整理せられ  發せられ  ものだらうといはれ  經驗せられ  火口から打出され  經驗され  最善を尽くされ  消防予行演習が行なわれ  中に行なわれ  闇に葬られ  程度に取り扱われ  梯子をとられ  自分の名まえが呼ばれ  手をぺろりとなめて、いっそうあわれ  ところ狭しとおかれ  毛におおわれ  のをゆるされ  部屋に運びこまれ  ことがあきもせずにくりかえされ  犬とは似ても似つかない、まるまるふとった、あまやかされ  綱で引っぱられ  まりなんども聞かされ  悲鳴で起こされ  音にも、なぜか、寝つかれ  板壁にかこまれ  賊徒とは思われ  貴重に思われ  そこでつくられ  異国からわずかにもたらされ  秘用にたしなまれ  地獄がえがかれ  天下は救われ  汗をぬぐって振りかえると、焼きはらわれ  首が折れて、わかれ  劉備は怖れ  襟がみを持たれ  あいだに挟まれ  丘陵に抱かれ  一枚はこわれ  仲間に殺され  郷土でいわれ  みな野に追われ  気を失われ  盲目的にうたわれ  屍を積んで、焚き殺され  李と呼ばれ  丁峰は、呼ばれ  白馬がひかれ  人のあまりに美し過ぎるので、なんとなくためらわれ  地方県城を預かっておられ  県城は焼かれ  領主は殺され  賊に知られ  事おわれ  振り落され  勢力に怖れ  槍を打落され  馬のりに組み敷かれ  柄は折れ、打たれ  県城を焼かれ  主君は殺され  跳梁に脅かされ  病気らしいぞといわれ  疑いで、縛られ  代わりに持って行かれ  心にとざされ  それからようやく救われ  群れから脱出してきたが、再び追いつかれ  母によろこばれ  簡単に聞かれ  果てなされ  家すじは断ちきられ  骨身からよび起され  職人として雇われ  悪漢に脅され  酒は呑まれ  誕生日も、祝われ  幾つも違うまいと思われ  中に、あわれ  無礼はどうかゆるされ  布令を読まれ  あれを見て、どう思われ  感じも抱かれ  張飛に救われ  ように圧しつぶされ  楊柳に囲まれ  手燭に照らされ  人に騙され  馴じまれ  おれに喰われ  率きつれ  兵隊に取囲まれ  雲長からもよくいわれ  首を払われ  音がくり返され  僧にひき合わされ  犬にでも噛まれ  犬に咬まれ  もってのほかであると叱られ  光がつつまれ  土地にはおられ  そこに囲まれ  乱暴者から、そういわれ  高風に化され  張飛から紹介され  薪の焚かれ  莚へ運ばれ  眼を奪われ  椅子がかつがれ  考えを呼び起され  左右から詰めよられ  から約束しても、遅くないと思われ  大丈夫の誓いは結ばれ  推進力が醸され  張飛にやられ  それがしへ引渡すといわれ  豪商といわれ  暴兵にさらわれ  生命まで共に奪われ  罪はゆるされ  稗粕をなめて生きる、あわれ  名にまどわされ  二将が打たれ  参戦をゆるされ  何処で雇われ  会得しておられ  ごみを衝かれ  不意を襲われ  旗本七騎につつまれ  人物と思われ  しか扱われ  気色を害され  拝され  中に、揺られ  面を俯せている、あわれ  派遣せられ  今度勅命にて下られ  不届きありと奏され  褫奪され  姿は、どうなされ  雲におおわれ  冤罪は拭われ  獄府へ引かれ  ような叱られ  官職に就かれ  賊軍にさえ、蹴ちらされ  賊子といわれ  討伐され  烈風に吹きとばされ  術に怖れ  内心怖れ  化ったかと思われ  感情にも動かされ  張宝すでに討たれ  一角も奪れ  先に討たれ  ためといわれ  官軍はわれ  里子に遣られ  父親に可愛がられ  かわりに置いて行かれ  あいそづかしをされ  絵が描かれ  目に会わされ  から、頼まれ  好奇心に釣られ  氷を買いにやらされ  喜びイ、とうとう追いだされ  父に追いだされ  父に可愛がられ  母親みたいに想われ  一番早く起され  ちょぼんと置かれ  大正琴に誘われ  一人、どっと押しだされ  商品を汚され  大阪にいたたまれ  重役に引かされ  おりから瀬多川で行われ  土地にうろうろされ  若い者を探してくれと頼まれ  谷口さんに頼まれ  手で振られ  男には遣らぬと言って、引き離され  ことが想いだされ  感覚を持たされ  興味を惹かれ  夜店に晒され  独り息子であるから、ずいぶん可愛がられ  敬遠せられ  理解者として選ばれ  百円送られ  大隅君にぎょろりと睨まれ  あまい事なども書かれ  気味わるく思われ  設備せられ  邸宅から脱れ  そっぽを向いて、暫く黙って考えて居られ  首肯せられ  北京から送られ  見事に禿げておられ  苦労にもまれ  坊ちゃんではおられ  代表して叱られ  しんから、ほっとなされ  結婚式が行われ  記事にして行かれ  敗かされ  ノートがかためて置かれ  主人である私が時々おびやかされ  から誰も見ていないので笑われ  姿なり、然れ  内容が含まれ  裏にかくされ  意味がはっきり窺われ  礼を厚くして招かれ  一生を終ったといわれ  意味が自ずから窺われ  画題に含まれ  趣迫疎林と書かれ  一筋も描かれ  寓され  痕跡がありありと窺われ  安直に取扱われ  批評が語られ  顕示され  首肯せずにはおられ  人為的に導かれ  武家屋敷の取毀され  たくさんに見いだされ  鶏をしばしば食い殺され  父ももう打捨てては置かれ  浴衣一枚ではちっと涼し過ぎるほどに思われ  それに圧しつぶされ  出来事におどろかされ  息づかいでも知られ  ように掘られ  父に呼び起され  夜風に奪われ  草の踏み倒され  そのままにしては置かれ  穴が掘られ  昔から掘られ  近頃新しく掘られ  ために掘られ  夜の明けるまでおちおちとは眠られ  以前に掘られ  近ごろ掘られ  ように作られ  何かに驚かされ  足音におどろかされ  それに吹かれ  眠りをさまされ  幾つも作られ  父に追われ  穴は見いだされ  奥さんであるらしく思われ  屋根瓦もずいぶん吹き落され  立木も吹き倒され  家は潰され  崖くずれに押し潰され  結局この世にあらわれ  から終電車にやられ  関係かさんざ焦され  鮮かにやられ  首とを轢かれ  車庫に廻され  私たちは振り落され  霧雨とに悩まされ  首とが轢き切られ  刻込まれ  ずたずたに轢き切られ  背をもたれ  どこから青大将が来て、轢かれ  ところまでけし飛ばされ  後ろから、気づかれ  毎日警察に呼び出され  人なんかに、じゃまだ、あぶないといわれ  ほんとうにポチが殺されるかぬすまれ  妹にいわれ  腰っ骨でもやられ  おかあさんに連れて行かれ  正当に思われ  明察を揮われ  象眼され  土塀で鎧われ  十六夜月に照らされ  拙者を襲われ  烏乱に覚され  善悪両様に取られ  成程、そう解され  貴殿諾かずにおられ  士官なされ  燈火に照らされ  者らしく思われ  秘蔵がられ  ために惑わされ  色彩で描かれ  二ヶ所ばかりでなく、青く塗られ  ベタベタ描かれ  もので飾られ  そこに作られ  持札を写され  裏ばかり掻かれ  悲鳴を立てて切られ  ミッシリ峰打ちに叩かれ  逆に雇われ  異って流され  籠められ、眠らされ  辺りに刳られ  熱に冷やされ  髪に包まれ  火に照らされ  加賀屋と記され  中に積まれ  渦高いまでに積まれ  やり口とは云われ  部屋にも居られ  厠にも居られ  渡り縁で繋がれ  木立に囲まれ  平され  乱暴に折り取られ  何者かに狙われ  旅籠へ連れ込まれ  血に塗られ  弊に仕込まれ  裸体に剥かれ  黒板塀に蔽われ  町人とは思われ  帰っておいでなされず、いまだに帰られ  心をしっかりと持たれ、決してお取り乱しなされ  気が狂われ  事情に遮られ  日中狐につままれ  悪党に追われ  こいつもうっちゃっては置かれ  一味に追われ  乞食とは思われ  切り折られ  怒りなされ  門がひらかれ  犬に嗅ぎ出され  手入れをされ  厳重に下ろされ  俺とは云われ  お気が狂われ  部屋から抜けて来られ  狂信者に包まれ  心にかけられ居られ  信徒に囲まれ  方々出動なされ  竹光で刺されて殺され  東三が疑われ  平野屋から委託され  説が行なわれ  遷御せられ  大雪に苦しまれ  狼に襲われ  ありがとうございます、どうかつけてやってつかあされ  敬はれ、喜ばれ、珍しがられ、愛され  価とが記され  定跡にあてはめて書き下ろされ  なかから書かれ  意味で見直され  立廻りに置かれ  印象で書かれ  三人称で書かれ  一見すると使い古され  偽ものだったと見破られ  事務室へ閉めこまれ  ように取扱われ  一度発覚され  胸ぐらを掴まれ、ゆすぶられ  ところへ連れこまれ  一室に通され  何をきかれ  露西亜語で云われ  憲兵隊へつれて来られ  憲兵隊に使われ  十円に釣られ  ことを試され  俺は殺され  軍刀が引きぬかれ  背後に高く振りかざされ  軍刀は打ちおろされ  靴で、蹴落され  一尺ばかり斬られ  半殺しにされ  注意を奪われ  偽札を掴まされ  ロシア人も、掴まされ  誰が殺され  あの花束は亡くなられ  意嚮の洩され  事実指名をされ  告白され  い少年にだまされ  葬式なんかに招かれ  新次はことにくらくされ  むぐり込んだけれど、どうしても眠られ  何かで、そう云われ  ものが許され  契機され  通常視され  合法化され  下に盛られ  早晩清算され  非公式心理によって多少とも裏切られ  矛盾が孕まれ  左翼とか呼ばれ  動員的旋回が行なわれ  官尊民卑と呼ばれ  特色は、失われ  公式表現そのものによって蔽いかくされ  出勤前だといつて居られ  選者を頼まれ  完全といはれ  ためだけに作られ  当時巴里から帰られ  頃組織され  宰相などは叱られ  ことなどが、しみじみと感じとられ  そこにないあわされ  独自さとぴったりしていて、うたれ  時期に入っていると思われ  作歌され  努力が希われ  風流なすさびと思われ  確に当っていると思われ  古典はやはり読まれ  仕方だけ残され  力をもっていると思われ  感情化され  必要とすると思われ  激発され  重荷にひしがれ  累せられ  虫籠を示され  ことを怠られ  白金で造られ  海光に曝され  言葉とかを、決して使われ  ことが気づかれ  さなかに作られ  愛蔵され  愛孫を失われ  歌集に歌われ  田がすき返され  路といへばまた帰り行くなどと歌われ  田がすきかえされ  占領せられ  みんな差押えられ  午餐に呼ばれ  どこへ呼ばれ  処へ呼ばれ  中に沈みゆられ  中に浸され  老人連からイヤがられ  時代から取り残され  中から外を眺めて採りいれ  彼は惜しまれ  通に愛され  廃止する、とねじ込まれ  ヘゲモニーをとられ  サークル員でしめられ  恥なく仕組まれ  しめ込まれ  十時間労働でしぼられ  十分、まだとり扱われ  窪川鶴次郎もやられ  出版所長壺井繁治がやられ  煽情的に書かれ  言葉が云われ  強制動員され  議案が書かれ  中に活かされ  自ら階級的見地で扱われ  書記局は襲われ  敵に奪われ  窪川鶴次郎がもってゆかれ  型では行われ  心につよく刻まれ  実質的に守られ  検束拘留され  朝釈放され  弁当を食い倒され  截然と切りとかれ  生活が営まれ  板壁に大きく刻まれ  ものに満たされ  四谷署へまわされ  完全に組敷かれ  金棒から脱れ  こちらに限られ  世間から遮断され  特別地帯とされ  蔵原がやられ  ひとりでやられ  方向転換が行われ  留置場へ戻され  島台に飾られ  男爵と呼ばれ  男に残され  浪に打たれ  言葉さえ許され  ゆび指され  ここで待って居れ、と言われ  言葉さえ思い出され  しろから、低くそう呼ばれ  訪問客になやまされ  ものをたのまれ  背中を押され  おまえなんかに、たのしまれ  ことなど思い出され  故郷へ呼びかえされ  それをしなければ、とても生きて居れ  上で行われ  思潮に甘やかされ  坊主殺せば、と言われ  結局ずるずる引きずられ  応接室に通され  走り使いなんか、やらされ  ぎもを抜かれ  好人物と言われて笑われ  ばかと言われ  指弾され  廃人と言われ  しろからえり首をつかまれ  きな粉でまぶされ  霧にかくされ  意味に叫ばれ  紛糾に圧され  折から叫び出され  活躍が示され  明治文学研究も行われ  最初叫ばれ  努力でつくられ  いい加減に残され  かたでされ  流麗さで持てはやされ  諦観に貫かれ  愛に満され  ポーズされ  内容され  うちに閉され  作家たちもまきこまれ  理解に煩わされ  一様化され  ことに置かれ  意企され  しの形で出され  自然にかこまれ  誇張が生じていると思われ  前進をよぎなくされ  のであるが、その騒がれ  リアリティーをもって描かれ  キューと描かれ  横光によってたどられ  リアリズムによって書かれ  行動者として扱われ  社会的モメントに置かれ  ひき起され  文学提唱に際してかつぎ出され  情勢に圧され  方向になされ  指導性座談会が催され  問題にふくまれ  実例について語られ  婦人作家をこめて送り出され  読書を奪われ  負惜しみだと思はれ  ためにのみ費され  死損つた私に与へられ  氷に閉され  餘つた血潮は怖れ  自分はおほそれ  さになぶられ  何時來るとも思はれ  心には死に捕へられ  一片が望まれ  僧侶がよばれ  食事が配られ  四時すぎ夕食が配られ  お父さんがわざわざ会いに来られ  完全に果され  片腕をもがれ  弦に張られ  下手に繰り返され  さに引き延ばされ  両方一度に脱れ  んなされ  脹満だと云われ  それゆえ人に笑われ  事を告ぐれ  刺貫され  不況に祟られ  一般人士には早くも飽かれ  封殺され  木立に包まれ  呼出され  署長殿からモウ帰っても宜しいと云われ  中に嵌め込まれ  窓硝子に遮られ  轟氏が殺され  申上られ  一人で仕切って受持っておられ  手から引取られ  他人に盗まれ  散々聞かされ  夢を吹き飛ばされ  足首を遣られ  から笠支配人に頼まれ  コンナ話をされ  コンナ事を云われ  お姉さんお姉さんと呼ばれ  ズット前からよく云っておられ  旅行中に拾って来られ  轟さんを殺され  そこまで睨まれ  芸術慾に焼き尽され  チョロマかされ  轟さんが殺され  ところから、そう呼ばれ  押立てられ  手を廻され  因縁に引かれ引かれ  女房から踏み付けにされ  感激に打たれ  義憤に駈られ  女蛇に魅入られ  一番ドン底に隠され  興行師と呼ばれ  皆アッと驚かされ  落札せられ  蔭に蔽い隠され  コテコテ塗られ  エキストラに雇われ  処へ立たされ  妾見込まれ  加減ドンキホーテ扱いにされ  口止めをされ  拍手に蔽われ  全部、いつの間にか閉され  等々力久蔵に計られ  柳仙夫婦の殺され  不自然な可愛がられ  轟九蔵からあれほどまで可愛がられ  のではないかと思はれ  者とせられ  示現せられ  殊に八幡神関係について詳しく説かれ  動座なされ  吸収せられ  方はつかれ  父上の話され  存在を消され  女房にならないかと云われ  りょうのぞみでもらわれ  子供につき落され  誰か轢かれ  多勢若い男にとりかこまれ  人には嫌われ  八重電報で呼ばれ  皆云わずには居られ  養女にやられ  年上の女に愛され  彼女選ばれ  男にひかされ  spoilされ  紙やすりでこすられ  友達にだまされ  急に出され  平気なので、盗られ  男によび出され  から表現され  イノチは、やられ  お喋りは、なぐられ  時も、なぐられ  よせよ、もし、ぶたれ  千五百円とられ  もの、頼まれ  奴に、のさばられ  奪取され  オレが殺され  自分から、言われ  ケンカをうられ  オレじゃないよ、と云ってるのに、ポカポカなぐられ  そうで、行かれ  味があるかと言われ  ふつうに行われ  風やい、もう取られ  子供にしばられ  天から吊るされ  かぜにもまれ  暑い太陽にむされ  心持に打れ  宗教によって培われ  友人に誘われ  ことで甘やかされ  生活にもまれ  なつて殺されたり可愛がられ  大井広介にたのまれ  新進作家とよばれ  小説を書かされ  別室へ去つたが、残され  からで、残され  ウブだから、残され  つて怪しまれ  心はみたされ  本心であるとは思はれ  私は置き残され  娘にかこまれ  酒を飲まされ  地獄へつき落され  エッセイを書かされ  時事に書かされ  矢田津世子から、きかされ  ジョルヂュ・サンドにふられ  私が連れこまれ  宿命が仕組まれてゐたとしか思はれ  それよりも怖れ  ことへの怖れ  街角を怖れ  人を怖れ  矢田津世子に思はれ  幻覚になやまされ  ハリアヒが失はれ  微塵にうち毀たれ  樹立せられ  寸断され  端艇迄追ひやられ  非常線の張られ  切断せられ  殺傷せられ  仏艦スチツクス号に捕へられ  海戦は開かれ  発砲せられ  砲火が開かれ  微塵にうちくだかれ  悉うち砕かれ  後部甲板が打ぬかれ  ものとして扱われ  繋せられ  ことを思いあわれ  opera-singerにだまされ  貴女可愛がられ  decideされ  何かに向って云われ  から阻まれ阻まれ  伊藤によってみたされ  雑誌に書いて、うんとことわられ  人が、そんなに思われ  為とか、愛され  佐藤春夫の見失われ  ケットウが惜しくてわかれ  本野子爵に呼ばれ  傍に居られ  事は言われ  私は笑われ  笑いにつり込まれ  結局断わられ  悟りきれずに苦しんでいるあわれ  ケーベルさんに笑われ  意識になやまされ  枯木雪につつまれ  悲しみに打たれ  二人でねられ  星座にすかし出され  心を留めて聞かしゃれ  二十も殺され  身となられ  ことでなられ  途方にくれなされ  見附けなされ  上より落され  菩薩となられ  穂吉と呼ばれ  棲ひなされ  覚悟遊ばされ  唱へなされ  聴聞なされ  直ちに説法をなされ  たづねて見なされ  からだはつかれ  巣がつくられ  ば折られ  脚を折られ  のか折られ  直かに申され  黄金色になられ  親子をば養われ  仏にあわれ  棲いなされ  胸にたずねて見なされ  寝所つくって下さいね、と眠られ  五段おとされ  名は言われ  思いに泣かされ  みんな捜し出され  答えに打たれ  足げにされ  四隅に打ちこまれ  翁の救われ  黄塵に呑まれ  ばか、と言われ  もののみごとにだまされ  七十倍ほどだまされ  しずかに差し出され  墨くろぐろと貼り出され  青ペンキで塗りつぶされ  さんとほうり込まれ  ぴしゃんと錠をおろされ  ちょっと平岡さんに頼まれ  此世に残され  階子段に取られ  衣服が着せてやられ  衣服は着てゆかれ  ためにさらわれ  意味がわかって、笑われ  兄さんは、いわれ  きょう先生にしかられ  三十分も立たされ  お姉さんが、いわれ  だれが、しかられ  ことはないけれど、笑われ  話をなきれ  自分が笑われ  いたずらをしてしかられ  デパートメントストーアーが見出され  買物が既に抱かれ  検閲され  幾度も繰返され  凝りで塞がれ  風呂敷に包まれ  店から頼まれ  ッ、決して頼まれ  住所が記され  刑事とも警視庁とも書かれ  跟けた時から彼女が知って居たのに驚かされ  白状しては叱られ  鉄槌に打たれ  電気にでも打たれ  丈夫になさいと云われ  無闇に造って使われ  僕にすっかり見破られ  無理に引込まれ  警察へ連れて行かれ  やうに驚かされ  皆にひやかされ  幸子から知らされ  氣持からされ  檢束され  不意になぐられ  和服に守られ  それは見て居れ  處を起され  搜索され  人に連れて行かれ  そこをやられ  わけも分らないで引つ張られ  處さ引張られ  何かで抑へられ  一もみにもみ潰され  まりもなく、投げ出され  インクに浸たされ  風にして連れて行かれ  やつぱり檢束され  スウイツチが切られ  子守にやられ  廻はされ  畑へ出され  由は打ちのめされ  子供は掻かれ  半分隱れたりして貼られ  由から知らされ  取調べに引かれ  二日遲れて引張られ  差押へをされ  ことに思はれ  ことでやられ  ツ返へされ  警官に守られ  夫達がだまされ  横付けにされ  先きに入られ  渡が呼び出され  云ひながら、呼ばれ  論爭され  誰かに呼ばれ  最初組合に踏込まれ  實行に移され  ムキ出しにされ  渡はさう書かれ  區切られ  廣場に移され  皆表に出され  工藤が呼ばれ  見合はされ  ツつかれ  わけで引張られ  警察に引張られ  間に押され  割り當てられ  引ツ張られ  口を抑へられ  肩をつかまれ  巡査にうながされ  轉がされ  やうに放りこまれ  彼はなぐられも、蹴られ  フンづかまれ  ことで引張られ  身體をゆすられて起され  片方が引きづられ  巡査に起され  警察から龍吉がにらまれ  心から慘めにされ  監房へ移され  一日五十錢で狩り出され  ハツキリ知らされ  目隱しをされ  檢擧され  一握りにされ  扉をさえぎられ  警察を出され  順繰りに送られ  抑留され  入念に刻みこまれ  民主的自覚がおくらされ  先日日比谷で行われ  演説をされ  十二月二十日に行われ  ユネスコに限られ  勤労者によって書かれ  作曲され  中からだけとやかくいわれ  可能性が示され  注意をよびさまされ  大会で行われ  民論によってはげまされ  年度においてとりかえされ  ペンによって語られ  就中最も深く刻まれ  生命を取られ  光つた如くに思はれ  凡て枯野に描かれ  無事にや帰られ  中へ錬込まれ  変事でも起らうかと思はれ  雨露に曝され  死に亡くなられ  霧に打たれ  つて伏せられ  やつて、お脱ぎなされ  桂木は弾き飛ばされ  綿で包まれ  引落され  桂木は最うあるにもあられ  投落され  ことと、きっちり結ばれ  民主化はけっしてすらすら行われ  良心的に行われ  正直にも行われ  人々によって創られ  出版事業にひきずられ  問題に処してつくられ  闇におしつぶされ  まじめにあつかわれ  カムバックしたといわれ  カムバックといわれ  十分にやられ  非合理に殺され  ものに見いだされ  主人公が心ならずも置かれ  自分はよこされ  学校から兵隊にされ  意企で書かれ  私たちが知らされ  自身をむちうたれ  確立がされ  複雑にされ  確立がいわれ  昨今注目され  軽薄にいわれ  崩壊が、あやしまれ  試みがされ  人には、そうとう読まれ  詩からとられ  表現が強く書かれ  三回目になって思い出され  親から聞かされ  二回に語られ  親父から罵倒され  一回にいわれ  少年によってつくられ  上に書かれ  民主主義文学のいわれ  文学を、こんなにもひねこびれ  まり無視され  率直に示され  十分近代化され  側から組織され  注目をひかれ  展け、つきだされ  課題が示され  苦心され  成果としてもたらされ  主張から拡大され  心持が示され  一つも示され  社会史観とか、こき出され  本はどう書かれ  意見がいわれ  ことが、やかましくいわれ  無知にされ  口実につかわれ  論文は書かれ  新日本文学作品コンクールが行われ  選が行われ  本に書かれ  ワナにかかる怖れ  部長に笑われ  ゲラゲラ笑われても、たのしまれ  運動員にかこまれ  ところだけでは、殴られ  仲間にだかれ  トラックへ連れ去られ  トラックへ運びこまれ  路上まで送られ  のが残され  横ッ面を張られ  下から発見され  ころに殺され  違反を怖れ  別に曰くがあるとは思われ  ウワゴトとは思われ  ことすらも知らなかったほどの失われ  メモを取り返され  ブンなぐられ  江村にせびられ  前身も知られ  寒吉につきそわれ  男子に由って作られ  運用され  のでなくて、全く失われ  私たちはこの辛うじて開かれ  席上でなされ  所といわれ  源氏に奪われ  進歩していないのに驚かれ  のを憐れまずにはいられ  徹底して知っておられ  一面であると言われ  孵化され  人だといわれ  ようにして送られ  中に吐き撒かれ  楽しい空想に追われ  惣治の最も怖れ  ように織りこまれ  堀返され  これに励まされ  坊主山で塞がれ  林檎畠に拓かれ  藁がいっぱい積まれ  何度も建てなおされ  惣治から送られ  老父は聴かされ  のだろうと危ぶまれ  儘には出てこれ  頬を打たれ  細君に笑われ  吹下ろされ  このごろはほとんど睡れ  亡霊に襲われ  家を追われ  離縁状など出され  耕吉に見下され  思いから、だんだんと悩まされ  上三人の子まで産まされ  手に養われ  不眠に悩まされ  彼には思われ  胸に繰返され  思いのされ  ものにも思われ  手紙を持たされ  家族関係で揉まれ  妄想に悩まされ  湯呑で蔽われ  弟にもそう言われ  画室へ通され  市内に限られ  手へ押しやられ  止めを刺され  念に悩まされ  疑惑に悩まされ  彼等はさんざんだまされ  牛に踏まれ  大分興味を殺がれ  一杯喰わされ  説破せられ  読者の既に読まれ  従来作られ  つて主唱され  彼によつて見出され  つて育成され  非難されなければならぬいはれ  たる名前に早くも取り巻かれ  社会とされ  何ひとつ用意され  他数名と共に招かれ  まり多く発表され  評価はまさに下され  批判とがなされ  一八六一年に書かれ  無規律性交の行われ  訳出され  訳者の云われ  彼によって印され  知識に照りかえされ  歴史性の古いと云われ  必然がかくされ  頁が開かれ  から、限られ  一握りに限られ  単位として行われ  資産が失われ  研究者によって訳され  間違いなくあるにしても、書かれ  学生たちが張り付き、吐き出され  商品に盛り込まれ  これらに盛り込まれ  日本で行われ  巻末に示され  コピーが送られ  きつねにつままれ  物語を盛りたいと思われ  後ろ髪を引かれ  熱にあおられ  直後に見舞われ  課題を出され  「詩」といわれ  前で読まされ  代にも引き継がれ  懸念が語られ  特集号が編まれ  意気込みが語られ  文章には、送られ  教師から聞かされ  日本で広く使われ  形に合わせて削り取られ  蝋がはがされ  江戸以来使われ  会社で使われ  世界中で使われ  先人から借りたと思われ  販売され  布告され  同社から発売され  四百八首が選ばれ  感情や置かれ  テーマとして組み込まれ  昭和恐慌に見舞われ  身売りされ  試みは押しつぶされ  嘘が書かれ  自分自身や、置かれ  家業に追われ  大波にもまれ  因襲を暴かれ  ガリ版刷りで産み出され  自己批判と共に語られ  フォントと呼ばれ  文字で書かれ  源泉徴収され  二つに引き裂かれ  二つの世界にかなりはっきり引き裂かれ  まま放置され  画面上に開かれ  小型機も作られ  コンピューターで広く使われ  キーが押され  やり取りされ  かなり効率化され  一般的に使われ  人には知られ  卒業後、送られ  祖母とは持てませんでしたが、残され  機会を与えられず、広く読まれ  風見潤によって訳され  テープ化され  リリースされ  小型化され  電子本化され  映画評が盛り込まれ  資料が組み込まれ  マッキントッシュ用に作られ  しょっちゅう紹介され  動作が、必ず挟み込まれ  読み書きが行われ  ボイジャーに送られ  液晶が使われ  さに驚かされ  よう指示され  雑誌から依頼され  標準的に使われ  商品化され  仕掛けが組み込まれ  アルダスから出荷され  原稿と受け取られ  パーソナルコンピューターでも広く行われ  頁が打ち出され  ディスプレイ・ポストスクリプトも作られ  DTPと呼ばれ  紙に縛られ  完全に振られ  頁に記され  注釈機能にも活かされ  ツールキットによって作られ  機能が組み込まれ  活性化され  寒気に襲われ  構造が、すでに知られ  体内で使われ  関連して使われ  気分に押しつぶされ  例年通り幕張で開かれ  関東大震災で失われ  胸を焼かれ  コンサルタントとして雇われ  メディアラボに招かれ  そこまで追い込まれ  力はもう、残され  いつかあそこに書かれ  人々には読まれ  ツールキットは創られ  大切なことが消えずに残され  東芝EMIから発売され  拡張もほどこされ  軒並みふられ  組み立てキットが売り出され  人は、そう聞かされ  当時最先端とされ  連載化され  ボストンで開かれ  レーザーディスクは、使われ  から期待され  段取りが練られ  ソフトハウスによって書かれ  仕組みが盛り込まれ  魔力を怖れ  試作され  マック上で書かれ  かけらが送られ  束を読まされ  たくさん組み込まれ  大半を食われ  力に対する怖れ  喜びで満たされ  目から描かれ  際に失われ  製品化され  最初に言い放たれ  予算によって築かれ  システムには打たれ  責任者として招かれ  大学を結んで築かれ  インターネットで結ばれ  プロヴァイダーと呼ばれ  コンピューターに残され  事実に励まされ  手仕事で貫かれ  今回独立され  世界中から送られ  道を選ばれ  一本取られ  正確に突かれ  放映され  映画には盛り込まれ  たくさんリストアップされ  民主党大会が開かれ  たくさん公開され  そのまま掲載され  ネットワークされ  添付され  MLで書かれ  起動され  直前まで開かれ  外で開かれ  コンピューターに置かれ  施設に置かれ  フルに使われ  送付され  優先順位にも貫かれ  本に囲まれ  数十ページ分と限られ  ことに気づかされ  原子爆弾を落とされ  これに続いて行われ  ブラウザー側に手渡され  更新され  うまみが醸され  たまたま僕に割り振られ  今、そう言われ  いつか、吹き飛ばされ  電子本は読まれ  現在に強く縛られ  模様で飾られ  印刷本に先立って書き写され  隙間なく組まれ  朱書きされ  ようにして近づき、向き合ってみて先ず驚かされ  画集にしか使われ  日課とされ  代々受け継がれ  版が選ばれ  書見台に置かれ  台に繋がれ  鉄枠で囲まれ  鋳造が繰り返され  前漢から使われ  聖書に残され  まま各地に送られ  製本を施され  まま買われ  写字生たちに気づかれ  アヒルの子に囲まれ  量産され  理論家と呼ばれ  アラン・ケイに引き継がれ  私たちはこれから問われ  好奇心に引きずられ  議論が戦わされ  今成就され  現代から取り残され  意味を言われ  均霑され  今日まで取り残され  恩恵から除外され  正当になされ  占拠せられ  二大国に挟まれ  休みだといわれ  セルロイド紙とをもって、うつくしく飾られ  各国使臣とに取り囲まれ  手が、つとのばされ  膏血によって、もたらされ  彼は叱られ  ごらんなされ  供給され  集中せられ  中へ吹きとばされ  訓練せられ  一遍にやられ  怪人たちに知られ  装置され  カモシカ中尉から叱られ  カモシカ中尉にいわれ  機械類にとり囲まれ  軍隊ともしれ  スイッチは切られ  扉が、荒々しく開かれ  長官が死んでしまわれ  数分前新任され  あれにやられ  補され  完全に包まれ  連絡せられ  遠くに置かれ  兵器が、かくされ  水中超音波とで送られ  遭遇するやも量られ  力を持たれ  発見なされ  機体から跳ねかえされ  すべて反発され  爆破撃沈され  毒瓦斯に包まれ  発電所をやられ  アカグマ国に亡ぼされ  編制され  爆発に襲われ  イネ建国軍に知られ  のがせいいっぱいであると思われ  河合にはげまされ  左右にひらかれ  乳をしぼられ  先に投げ出され  ぺちゃんこに押しつぶされ  綱に曳かれ  つきあいなんかされ  地上にうちたおされ  望見され  本部が置かれ  放出され  現場からはこび去られ  二三時間放っておかれ  ことはまだ許され  地球では知られ  巨塔にとりのこされ  考えでおられ  艇をつくられ  お前に委せるといわれ  絶望かとも思われ  コーヒーに追駆けられ  映写幕へうつしだされ  ものでつながれ  底に放り込まれ  三舵が飛ばされ  たくさん持っていかれ  燃料を持って行かれ  いっしょに振り廻され  隅へはねとばされ  本艇はだいぶやられ  外壁などは、大きくもぎとられ  身体を出すと、吹飛ばされ  老博士からいわれ  中に巻込まれ  ように大きく見開かれ  急に引かれ  助け起され  エンジンは外され  山師とあざけられ  もっと稀薄であろうといわれ  十分に行われ  激変が起ると思われ  直結され  襲撃をうけて、たちまち踏みにじられ  褐色瓦斯に蔽われ  前に引張り出され  危険に曝され  幕が吹きとばされ  噴出孔を出るなり吹きとばされ  噴気孔がふさがれ  孔をふさがれ  空中へ放り出され  中へ叩きこまれ  山木に呼ばれ  ものが、だんだんとおろされ  頭を叩き割られ  握手をもとめているらしく思われ  あなたがたの来られ  ちょっと気をのまれ  中へのりこまれ  器械器具材料などをこわされ  ブブンに言い負かされ  地球へ来られ  横腹に書かれ  成功は望まれ  平和精神が盛られ  ように積まれ  牝牛が描かれ  守備兵に引きずりおろされ  檻車にほうりこまれ  董相国にも愛され  貴公のいわれ  木に吊され  腹はかえられ  寝顔をのぞかれ  郷士が動かされ  献物が取次がれ  中央から惑星視され  衆望に推され  厳をもってのぞまれ  何頭となくつながれ  何をお迷いなされ  呂布どの、待たれ  小勢につり込まれ  鮑忠は、難なく取りかこまれ  兵糧を送られ  孫堅はなにか疑われ  輸送を絶たれ  寄手は、たちまち駆けみだされ  軍紀は行われ  胴体がほうりだされ  突破され  中軍もかき乱され  一ツずつ置かれ  ほかへ移さぬと危ないと思われ  刀下に斬って落され  ために討ち取られ  手玉にとられ  焦躁に駆られ  地に降りたかと疑われ  華雄に笑われ  山川もうごくかと思われ  勇将が、むざむざ討たれ  内応でもされ  愛臣を討たれ  二つにされ  片腕を斬り落され  怒濤に押され  赤兎馬に蹴ちらされ  一歩弓手にすぎないと思われ  無位無官をさげすまれ  うちに討たれ  鉄扉かたく閉ざされ  百官へ云い渡され  びっくりされ  楊彪の申され  真っ黒に追われ  天も曇るかと思われ  外へ吐き出され  遷都は早く行われ  悽愴さに打たれ  兵馬はつかれ  相国には、たった今落ちのびて行かれ  山道へ誘いこまれ  殲滅的に打ちのめされ  兵は、打ちひしがれ  兵もさんざんに打ち減らされ  大地へはね落され  たかに踏まれ  馬に踏まれ  鮮明に彩られ  訓えられ  希望は、決して失われ  灰を掻かせたり、掘りちらされ  盞を酌み交わしてわかれ  せいとも思われ  これを一体、どうなされ  指命せられ  祥瑞と思われ  精神は疑われ  軍に追われ  伝国の玉璽がまだ失われ  劉表に遮られ  当方へ譲られ  まま射殺され  手にわかれ  戦端はひらかれ  厳綱を打たれ  一勝一敗、打ちつ打たれ  朝廷におかれ  宴が開かれ  態よく断られ  姫たちは、どうなされ  ことばに、救われ  軍敗色につつまれ  いちど軍をお退きになられ  援助を乞われ  退路を断たれ  土砂に悩まされ  馬より斬って落され  孫堅が討たれ  これで除かれ  見劣りがされ  彼によばれ  者があるかと思われ  我より問われ  呂布に掴み出され  市に売られ  邸に飼われ  お家に養われ  永劫に救われ  ために殺し尽され  董太師に知れて、怪しまれ  衛兵にかこまれ  左右前後を護られ  帳は開かれ  府へ帰られ  舌には欺かれ  盛宴が張られ  館へ伴われ  饗宴に招かれ  目ざめになられ  魂を掻きむしられ  用向きを問われ  病にかかられ  人からも疑われ  血を燃やされ  顔いろをさとられ  李儒に説かれ  睡魔に襲われ  炎に駆られ  ように可愛がって下され  花は、ふみにじられ  前と変らず持っていても、汚され  老人をそんなに、怖れ  助け賜われ  大軍に囲まれ  纓をもぎ取られ  太師におかれ  呂布に頼まれ  禽獣のなされ  王允に誘われ  一室へ通され  酒杯を出され  董太師に汚され  わが身に誹りを受けるより辛く思われ  武士ぞといわれ  三族を亡ぼされ  非難を怖れ  義理に縛られ  使いを、頼まれ  天子におかれ  決意なされ  詔をおうけなされ  地球だって年中氷にとざされ  またまた愕かされ  愕かされ  大村と同じぐらいではないか、とすら思われ  果実に取りかこまれ  花が、そういわれ  志賀さんが作られ  殊に限られ  誠子と呼ばれ  注射器などが置かれ  皇太子となられ  東進せられ  日時を費され  経営に当られ  偵察され  つて戦死遊ばされ  戦死され  武士を、失はれ  征服して行かれ  平定せられ  詔を下され  それに盛られ  九州地方全部を巡られ  志願され  降臨せられ  従はせられ  天つ神を祭られ  崇敬され  隋に遣はされ  国際的関係を結ばれ  留学生を送られ  業を起され  国記を編まれ  三経義疏と呼ばれ  引用して書かれ  断行され  皇位に即け奉られ  大化元年とされ  輸入せられ  用ゐて、記され  漢文に依つて書かれ  おん自ら活躍され  十分加味せられ  政を聞し召され  打破され  三百五十年前に書かれ  一世紀先に書かれ  革新に当られ  白河天皇に譲られ  希望を拒まれ  信任遊ばされ  願つて許され  問はれ  院政を聴かれ  起用せられ  聞召され  潜幸遊ばされ  つて隠岐に遷され  行幸遊ばされ  掌らしめられ  関白をも置かれ  鎌倉に流され  ために、遮られ  凡そ王土に孕まれ  内訌軋轢に悩まされ  魚腹に葬られ  貿易が許され  敵味方に怖れ  雲が除かれ  人文に育まれ  ものがもてはやされ  家康を怖れ  舞台にされ  神君が定め置かれ  巧緻精妙化され  学者に正しく承け継がれ  水戸学と称され  経典の如く読まれ  吟され  難解とされ  魁首とされ  四大人と呼ばれ  忌憚され  本質内に含まれ  家の子郎党に取り囲まれ  腰元などに取りまかれ  つて、脅かされ  互市場として開かれ  ことが約され  通商条約が結ばれ  三港が開かれ  六角牢へ投げ込まれ  断罪が下され  検挙網は布かれ  野山獄につながれ  江戸へ送られ  微罪になると思はれ  刑場へ引かれ  尤もらしく振りまはされ  今まで夥しく流され  馬上でなければ奪れ  切つて落され  一使者が遣はされ  大軍によつて守られ  三條実美を召され  鎮定され  至難と思はれ  創始され  浜離宮に召され  奉呈され  嘉納あそばされ  つて指導され  広島で開かれ  精励遊ばされ  オジャンになる怖れ  見物を許され  談たまたま去年死なれ  撃退され  五尺四寸ぐらいはあろうと思われ  才能があるとは云われ  興味は引かれ  皮膜でおおわれ  事が知られ  空白として残され  水が満たされ  闇から引き裂かれ  停滞が破られ  蒼鉛一味に染め出され  二つに截ち切られ  無数にたたまれ  詩人として知られ  陽炎が放たれ  雰囲気がふりまかれ  潮風に煽られ  精華と謳われ  破壊され荒され  だって貴方は、怖れ  方にこよなく愛され  海から招かれ  墺太利沿岸封鎖が行われ  大半破壊され  ように記され  拿捕され  朝枝に連れ出され  事実が吐かれ  坊間流布され  海戦で、撃ち洩らされ  独艇を怖れ  電球は取り除かれ  濤に阻まれ  警砲が放たれ  限りを尽され  援護され  奇蹟的にも救われ  引揚げ後内火艇に繋がれ  のちの怖れ  浮説に惑わされ  恐怖に駆られ  いっさい取り払われ  匂いその他になにかと繰り出され  水苔で美しく装われ  鍵で閉され  装甲で包まれ  扉がまだ開かれ  鉄板のみで作られ  舞台としか思われ  血栓で覆われ  具象化され  ものが印され  感覚をくぐって、知られ  想起され  あれに示され  作され  推断され  やつを作られ  十二世紀末に編まれ  ワグナーに編まれ  息吹が吹きこまれ  変容となって描かれ  うち負かされ  心は、怪しくも乱され  諫めたが聴かれ  猪にさいなまれ  槍が突きだされ  一ヶ所を貫かれ  隠れ衣に欺かれ  跡が示され  釘づけされ  瞞らかされ  今日このごろ記され  部分は、ことごとく切り取られ  敵襲の怖れ  風波強いらしく思われ  諸君よ、怖れ  予想もされ  海軍高等審判に附され  詩が記され  神秘が、いちだんと濃くされ  地に置かれ  ジーグフリードが殺され  ジーグフリードを殺そうとして、殺され  何事が行われ  部分はことごとく切り取られ  貴女は切り取られ  忠誠が報われ  生還が望まれ  姿も知られ  呪縛にくくられ  犯人などどうでもよいと思われ  感覚は、まったく根こそぎ奪い尽され  一面に覆われ  拱門形に切り抜かれ  クルージイと呼ばれ  紡車が置かれ  魚などが吊され  士官が描かれ  時胸を抉られ  愛によって救われ  名で表わされ  さに怖れ  魚油が灯され  ハーゲンに殺され  窓も鎖され  何ものも含まれ  どこで使われ  一度氷島で使われ  面前で行われ  声で遮られ  人名が掴み出され  グイと噛み切ったほどに、驚かされ  憐らしく思われ  のだったが、もちろん怖れ  紡車が巻かれ  テオバルトも一応は疑われ  生活は失われ  抹殺をされ  燃え屑が握られ  証明されたとは云われ  文字を示され  眼を怖れ  ことはなかろうと思われ  衣を脱がされ  それはとうに外され  真裸にされ  後になって気づかれ  曝露され  恐怖はよりいっそう濃くされ  激動に打たれ  確実にされ  頁も切られ  移動が記され  上に記され  訓され  悲嘆に襲われ  八住が殺され  先で印され  十七年間も馴らされ  昔、失われ  扉が、開かれ  中に固く握られ  ヴィデが襲われ  名で怖れ  死が、覆され  僕らはさんざん悩まされ  たかに思われ  のを許され  唇から突き出され  許に連れ戻され  浮説に包まれ  クライドから送られ  感が描かれ  何よりも、怖れ  除され  どこへ隠したと云われ  水銀槌と呼ばれ  犬射が驚かされ  永久結末がこないと思われ  いくつとなく吊され  それから以前八住が殺され  のは、ちょうど知られ  いつのまに鍵が下ろされ  沈下したと思われ  手に導かれ  心は明るく照し出され  潜水服が吊され  符号にあざむかれ  愛に打たれ  言葉を使われ  研究だけは続けなさいと諭され  昔に言われ  一つ含まれ  毎年毎年繰り返され  癇癪を起され  中にも書かれ  実験室へはいって来られ  赤熱され  透明物質に包まれ  鎔融物質中に包まれ  充満され  表面から放出され  時射出され  静寂も味わわれ  物質で包まれ  条件が満され  母に先立たれ  騷ぎですつかり臺無しにされ  住宅で、殺され  亡妻追悼録を贈られ  素晴さを話され  誘發され  土居市太郎八段から贈られ  牢屋から出され  常時なされ  民衆に選ばれ  日本人に愛され  誇示され  政治をやられ  チャンピオンシップが争われ  現代から捨てられ見放され  趣味家で、失われ  芸術的遺物であるが、その造られ  型として、取り残され  洗錬され  打者と云われ  罪悪視され  於てもぬきんでるとは思われ  ものか知られ  投入せられ  作品だとは思はなかつたが、まづこれ  彫琢され  賞に値するであらうと思はれ  どっちとも云われ  二階家に遮られ  児は放りだされ  中から救い出され  連絡調和が失はれ  向上が阻まれ  心持について、まづこれ  生々育成され  努力によつて、築かれ  どこまで活かされ  風俗が作られ  お医者さんは気がつかれ  職域組織が作られ  つて喧伝せられ  模範村にかぎられ  大事だと思はれ  事業を侵され  愧ぢざるなり、然れ  尤なり、然れ  文豪なり、然れ  期待が持たれ  戦つて死なれ  武器庫から被服が運び出され  位置を聞かされ  出っ端に往かれ  上に持って往かれ  叔母にはぐらかされ  稗搗節を聞かれ  ような、あわれ  風に吹き散らされ  宅、なにか盗られ  なにも、盗られ  ショバをとられ  叫び声に追いまくられ  もの憂く、あわれ  コナゴナにされ  愛一郎にすこしでもよく思われ  サト子は、あわれ  鎌倉ではよく知られ  松林で区切られ  叔母に言われ  んだから、どうされ  ひとりだと思われ  この世には、殺され  芯がくたびれるほど悩まされ  場から解放され  なにを言われ  空巣だと思われ  サト子は叱られ  人たちに会って、誘われ  やつだと思われ  カオルは、はじかれ  愛一郎は、あっさり寄り切られ  カオルに押えこまれ  外勤なんかやらされ  パンスケなんていわれ  間代をためて追いだされ  アパートに連れこまれ  アメリカ人にかわいがられ  車で送られ  ように、あわれ  突きまくられ  んでしょうけど、残され  髪をとばされ  物思いから呼びさまされ  相手にもされ  ひとだと思われ  釣りだされ  タブラカされ  新橋から氷雨に降られ  娘に養われ  コナされ  坂田に殺され  労務者カードをもらって来いといわれ  なかを、いわれ  差配に起され  ボスに、たのまれ  茶碗ひとつ、おっ欠かれ  家じゅうが悩まされ  外勤をやらされ  なにも知らされ  曽根さんに扱われ  ひとに養われ  廊下へおしだされ  あっちこっちからこづかれ  叔母に知られ  いちど強くつっこまれ  サト子のあわれ  空から吹き落され  青年だが、すこしでも美しく見せたい、よく思われ  ひとも愛され  風に吹きまわされ  言いようのない、あわれ  日除が、吹きちぎられ  収入に甘やかされ  愛一郎は、うたれ  秋川だけには悪く思われ  耳に、いかにもそらぞらしくひびいたので、すっかりやられ  あいだ、たえず脅され  神月を怒らして、なにもかもさらけだされ  サト子も釣られ  その間に、気づかれ  なにかに追いまくられ  五十メートル以上もひきはなされ  ものに取巻かれ  遺贈され  花圃が取払われ  国外へ連れだされ  生活からほうりだされ  ように動かされ  悪党だと思われ  まり、よく思われ  砂袋で叩かれ  番人だから、盗まれ  姑く望まれ  置せられ  変化に誘はれ  横ぎつてある地点に渡され  ものには見なされ  語は造られ  正語序に置かれ  なり遅くまでくり返され  語序変化にとり残され  傾向から誘はれ  氏名から放され  つて印象せられ  やまといはれ  運搬せられ  単純化せられ  語尾に移され  一方はどうしても、さうは読まれ  我が国では、久しく保たれ  語序時期が示され  一に置かれ  あや按司しられ  ことも記され  記録せられ  大按司しられ  美御前の大あむしられ  女官にあむしられ  庫裡のあむしられ  南風のあむしられ  作事のあむしられ  のあむしられ  明確につかまれ  意見をされ  近衛公とされ  雄心を愛して居られ  悪癖が、争われ  ひとには、さっぱり好かれ  友だちに、とりかこまれ  誰だって肉親に死なれ  父に早く死なれ  いきさつについて語られ  情景がいきいきと描かれ  洋行から帰られ  洋行され  役所へ行かれ  あちこち廻つて帰られ  大勢に囲まれ  外国から女を連れて帰られ  逢ひには行かれ  頼りにして、頻りに縋られ  人任せにはせられ  のに欺かれ  ことと思はれ  音が、閉され  讃美され  時が過され  考へに捕へられ  気を、とられ  不思議を感ぜずには居られ  彼女は、すっかり捕へられ  幻からやうやくはなされ  三重にも引かれ  のだろう、と云われ  加勢を乞われ  御感状下され  腰物下され  撰み出され  信長に殺され  武勇人に許され  小谷を追出され  免許ありて差置かれ  仕度をぞ急がれ  中にも、最もあわれ  川水をみだして逐いつ逐われ  戦端が開かれ  中に取り巻かれ  義景から特に頼まれ  七尺八寸あったと云われ  柄一人にやられ  為めに撃たれ  匂坂兄弟に撃たれ  父が撃たれ  一番陣を望んだが許され  初め百余人撃たれ  討靡けられ  一時は相当やられ  擒りにせられ  鑑定人にされ  美濃三人衆等に囲まれ  甲板におかれ  倒おされ  千切られ、引裂かれ  リレーされ  どこに運ばれ  市役所で渡され  まにまに運ばれ  砲弾に耕され  夜中に限られ  コンナ話を聞かされ  土煙に蔽われ  中から後送され  遥かに投出され  斜面に寝かされ  イツモ軽蔑され  腓を射抜かれ  顔面を打たれ  縦横ムジンに投出され  交る照らされ  お金を吸い取られ  上官から撃たれ  頭低れ  軍医大佐殿が待っておられ  殺気に鎖され  感謝され  林から運び出され  周囲に折れたり引裂かれ  縦横十文字に投出され  林から隔離され  近距離から発射され  ジットリと蔽われ  霜に蔽われ  皆、弾かれ  腕を撃たれ  綿に包まれ  負傷兵から区別され  光弾に照し出され  端々までも仕込まれ  各国から撃滅され  父母兄弟に送られ  絶対に洩らされ  軍法会議にも渡され  片端から破壊され  是非とも殺され  シッカリと頼まれ  私はグングンと吸い込まれ  軍隊では許され  慾望の満され  人間だったら、見ちゃ居られ  逆さまに吊られ  経理室から配給され  裸にひきむかれ  分配せられ  ものがつめこまれ  徴募され  銃を持たされ  モギ取られ  保護色に守られ  みな殺しにされ  薪は皆目かつがれ  靴に踏み砕かれ  蒙古犬に喰われ  前漢頃からでもあらうかと思はれ  發掘せられ  共通され  整備せられ  飜刻せられ  人にもいわれ  一せいに寝かされ  横倒しに置かれ  柱が読まれ  十年間水に噛まれて、削られ  人に呼ばれて、惹かれ  秘密を背負わされ  愛に守られ  富に護られ  男を想い出して、かれによってそそられ  主人にとび出され  挨拶したり、ちやほやされ  これでみると、描かれ  声で起こされ  手が、除かれ  暴風雨に追われ  障子のかげに置かれ  風にとられるのでさされ  雨に光って吸われ  わで置くべきかと、あわれ  直ちに断わられ  わしは、そんなに待っとられ  浪にさらわれ  船具がさらわれ  仕方がなく、開かれ  場に引き散らかされ  別に不思議とは思われ  足をやられ  真中に置かれ  私たちのものに戻され  強行され  間私どもが置かれ  偏見的に置かれ  あなたに救われ  者とはどうしたって思われ  家で行われ  お子さんが殺され  赤ン坊が殺され  姙娠までされ  非常に可愛がられ  一種なのだと申され  小遣なんかやるナと申され  場からひかれ  赤ン坊を残して逃げたと云われ  品物がいっぱいになったと言われ  たくさん立たれ  お移りになられ  お祭によばれ  ア、と言われ  遊びに来られ  ことをたずねに来られ  画学校をもって切られ  中にうかがわれ  成果によって行われ  上に立ってなされ  固定的に扱われ  一貫して云われ  批判にも繰返され  指導部でされ  批判がいささかもなされ  欠如そのものによってひき起され  自己満足であるといわれ  一人とされ  危険とされ  傾向を以て書かれ  関係において常に結ばれ  文章は書かれ  大衆にとわれ  日程にのぼされ  ために闘われ  批判中に示され  組織活動とがなされ  組織活動がなされ  方法でなされ  眼目としてされ  ためにのみされ  新しい光に照らされ  ことなしには行われ  感覺に突き刺され  拾てられ  森先生に呼ばれ  どこをきかれ  水におくられ  聴く可く余儀なくされ  ちよいと居睡りが見つかつて、叱られ  戯曲的要素が失はれ  冷淡にならされ  ウイスキイに祟られ  学問だとは思はれ  馬脚が露れ  僕が頼まれ  奥まで吹かれ  何度となく繰り返され  涙さえ催され  勝手にされ  鸚鵡まで持ちこまれ  掛合まで聞かされ  言葉をもって織り出され  人でないと思われ  専門にやっていたか、どうも思いつかれ  せんたく物までも、ことごとく言うに言われ  昼飯をよばれ  寝床にねかされ  から行かぬかと誘われ  欠席され  ちょっと不思議に思われ  洗いさらされ  つて実現され  部分が失はれ  書斎に呼ばれ  方から、ちつとも愛され  一緒に行けと言われ  細君は浮ばれ  友達に遺され  世話して呉れと頼まれ  妨害され  心霊波で結ばれ  女工に送られ  年中用意され  散々あやつられ  のぶなに囲まれ  血の滲むまで噛みついて執られ  これほどしつこくはあるまいと思はれ  彼は殴られ、投げだされ、蹴られ  一列が裂かれ  微風に送られ  爾に穢され  我に穢され  昼に狙われ  中に抱かれ  使部に護られ  肩口で押し破られ  剣に包まれ  横に振られ  糸で隠され  団塊に切られ  剣が撒かれ  蒲団に被われ  巣を乱され  兵士に守られ  首とが斬り落され  庭に積まれ  鉾尖に突き刺されて崩され  宮を、吹かれ  めて殺され  剣に殺され  兵士に殺され  中に転がされ  藤蔓で巻かれ  遠くへ荷負われ  山上に揺られ  格子が降され  皮が纏われ  奴隷は吹かれ  格子に区切られ  良人を刺され  良人を撃たれ  剣を刺され  庭園に積まれ  手によって崩し出され  葉を取られ  耶の大きく開かれ  二人に挾まれ  絵は閉され  裸体にされ  今まで積まれ  漬物が作られ  使部が、積まれ  絵に倒され  油は蹴られ  羽毛が、叩かれ  床へ投げ出され  絵のとり残され  王子に殺され  腰に敷かれ  隙に刺され  片手に握られ  耶は呻きながら刺され  衝動を叩かれ  焦燥に揺られ  小山の頂きで行われ  手には絶えず抜かれ  剣が握られ  弥を追われ  一日に選ばれ  三に選ばれ  ために奪われ  羅に殺され  宮殿から送られ  他に選ばれ  肱には磨かれ  嘴で造られ  共なわれ  香取の次ぎに選ばれ  ために選ばれ  乙女が選ばれ  圧伏され  生命を救われ  上に下され  兵士に担がれ  弓弦は張られ  川下から派出され  対岸から放たれ  敵軍に包まれ  三方から包まれ  円を描いて担がれ  眼は、引っ掴まれ  方へ近か寄って来ると降され  地に刺され  電話口へ呼び出され  関係から演習に引張り出され  何ひとつ明らかにされ  中にかくされ  みんなに可愛がられ  そのままにおかれ  妻に死なれ  父に会い、いろいろさとされ  妻に先立たれ  葬式が行われ  のではないかと云われ  ふたりはわかれ  まぼろしになやまされ  勇士が択ばれ  男はいわれ  地獄穴とされ  雑草に覆われ  風雨に冒され  気分で結ばれ  切り穴から看守につきそわれ  差入れをたのまれ  アパートとして使われ  バットに限られ  乱雑に取り乱され  たか言われ  ところを起こされ  隣から指を食わえて聞かされ  女に愛され  間柄であったと言われ  証言がなされ  私には気がつかれ  私は殺され  ために、ちやほやされ  んじゃないかと気づかわれ  咽喉をしめられ  あんたが行かれ  の子は殺され  ときはもう殺され  悪魔に乗り移られ  話を聞かれ  南風に吹かれ  経過したとはどうしても思われ  厳守せられ  池に残され  時候が著しくおくれているらしく思われ  老婆がひかれ  ドイツ人ユンケル氏から晩餐に招かれ  夕方招かれ  二階から降りて来られ  その後何処に行かれ  さわって殺され  買物に行かれ  タタキ落とされ  泥棒はすぐに縛られ  お話をされ  確実に繰返され  クローズアップされ  結核患者とは思われ  絹で覆われ  クリーニングされ  尖鋭され  反復され  泪にうるんで大きく見開かれ  看護婦にうながされ  最近再発に悩まされ  死因が疑われ  唄に誘われ  包紙に包まれ  安眠があたへられ  経験をなされ  醇化され  私はあたへられ  ちょっと驚かされ  富があたへられ  天気赤ちゃんにひっかかれ  強健があたへられ  人を与へられ  絶え間なく打たれ  さがあたへられ  さんが出され  一人とり残され  平岡先生が来られ  為に戻って来られ  毎に怒られ  んがさういはれ  真心から与へられ  お話をなされ  今日旅から帰られ  アイヌが頼まれ  近所のもみれ  七八寸開かれ  のとわかれ  そばへもよりつかれ  床に就かれ  たらに引張り廻され  引摺りまはされ  酬ひられ  アイヌ全体がかうだとみなされ  奥様にほめそやされ  心に残り刻まれ  銀紙につつまれ  あとおしをされ  国につれて行って呉れはしまいかとなんか思われ  園につれて行かれ  一緒され  首人形をふみつぶされ  原稿を破かれ  あなたにひやかされ  みんな死んでしまって、笑われ  フンワリと包まれ  斯う思われ  もみじめに思われ  んだからと云われ  草にうらまれ  暑いからと云われ  母に云われ  四十分も立たされ  んじゃあないかと思われ  迎に行かれ  ざまに笑われ  方が好いだろうと云われ  妹にふみつぶされ  十六と呼ばれ  私にはそんなにはなされ  事が思われ  口に云われ  事なんかがたまらなく思い出され  ほんとうに気持よく思われ  のが相すまなく思われ  事も思ひしのばれ  気持にもなればいくどもいくどもうちこまれ  何かしら空まちにまたれ  ものだとも思われ  事は云えないけれ  手ぎわに思われ  世の中の選ばれ  我心のかこまれ  前にしてじっと、ふられ  一代記を見て思わされ  練習され  日本人によって書かれ  陸軍大学教官となって来られ  傾聴せられ  人々から歓迎され  訓練によって養われ  日蓮聖人によって示され  途中ベルリンに来られ  公開演説に引出され  ときに作られ  中耳炎に冒され  情報会議が行なわれ  謄写刷りにされ  手に配られ  事変前から知られ  事変前から唱導され  企画せられ  三氏がおられ  袖は振られ  拡充が行なわれ  統一が行なわれ  ふうに打ちのめされ  パリを引払われ  所有されており、広く読まれ  簡単に行なわれ  大規模化され  蛇蝎の如く嫌われ  ドイツ側から放送され  戦争指導が行なわれ  意見が行なわれ  送付せられ  命令せられ  成文化され  年から単一化せられ  招来せられ  一因と云われ  革新行なわれ  短日月に行なわれ  買収行なわれ  持久戦争が行なわれ  通常行なわれ  後半期以後急速に行なわれ  不可能とせられ  敵に脅かされ  外交的躯引が行なわれ  構築せられ  撃破せられ  リウマチスに冒され  包囲せられ  一七七一年出版せられ  強制せられ  陪観をも許され  議論せられ  排斥せられ  改正せられ  これに選ばれ  適切敏捷に行なわれ  ナポレオンに依って救われ  鼓吹せられ  継続せられ  唱導せられ  電信採用せられ  殲滅戦争が行なわれ  配備せられ  堅実とは言われ  涙なくして読まれ  唱道せられ  風潮に押され  完全に迷わされ  果敢に行なわれ  主張に引きずられ  作戦が行なわれ  巧みに行なわれ  縮小せられ  撃滅せられ  準備せられ  敵に塞がれ  装備せられ  考慮が充分払われ  工事を施され  工事が行なわれ  協同が行なわれ  文明化され  特別な限られ  戦争ジャーナリズムは、極めて限られ  執筆家によって動かされ  点特に重きをおかれ  戦略戦術に限られ  角度に限られ  政治的見解が示され  捻出され  戦争でだまされ  みな口を揃えてだまされ  ものとだまされ  官にだまされ  上からだまされ  ほうからだまされ  なつて互にだましたりだまされ  状態に追い込まれ  人間がだまされ  それによつてだまされ  意味するが、しかしだまされ  責任から解放され  こととは、され  罪は、ただ単にだまされ  うそによつてだまされ  国民全体がだまされ  最初から断念され  つて、残され  つて決定され  ため、送られ  記述はほとんど何一つなされ  現在知られ  最初から明らかにされ  文化運動とのみしるされ  上陸され  昔からこわいといわれ  習慣から切りはなされ  心理がやしなわれ  何年間かそれでもってやしなわれ  戦争によってこわされ  明らかに画かれ  野村には好もしく思はれ  身請けされ  のではないか、と思はれ  リヤカーにのせられ  いつしよに焼かれ  君は可愛がられ  性根を憎むせゐだらうとしか思はれ  女郎に売られ  女は大きな開かれ  戦争にならされ  ことさえはばかられ  作品発表がゆるされ  位明かに思われ  考えはあくまでもねられ  明かに思われ  事は思われ  寒とは思われ  私の集られ  歯ぐきを切られ  非常にくやまれ  非常に掻き乱され  さに迫られ  様ではあるけれ  学校には行かれ  共鳴され  共行かれ  時もなく沈んでおられ  残兵に守られ  行幸せられ  うちから訊かれ  先へ逃げ落ちて行かれ  地方へ逃げ隠れてしまわれ  岸まで落ちて来られ  下を覗かれ  声を放たれ  舟に乗り遅れて殺され  情け容赦なく突き離され  部落があるかと思われ  飢え渇えておられ  観念なされ  皇后にいわれ  何事もうなずいておられ  さから救われ  旧都へ還られ  そこに立たれ  半日もさまよい歩かれ  悔恨となってひしと思い起され  人々をかえりみて問われ  普請が急がれ  洛陽にかえろうとも思われ  兵数十万といわれ  許容なされ  還幸され  皆どこへ行かれ  根をふるわれ  のが仰がれ  急を諮りながら、呪われ  うちに哭いておられ  上策かと思われ  座を起たれ  南へ向って、あわただしく落ちて行かれ  悲鳴につつまれ  奔って来られ  頼母しく思し召され  眉を開いてうなずかれ  上にも、歓ばれ  がっかりなされ  故宮へ入御され  曹将軍が上られ  人気につつまれ  今日、選ばれ  下に召され  背中を叩かれ  陣へつかわされ  勅使に選ばれ  梢を振い落され  帝はうなずかれ  特に私が選ばれ  登用され  元老とかいわれ  風に慣わされ  詔勅をもってゆるされ  使者からそっと渡され  敵にも見抜かれ  心情に打たれ  関羽につりこまれ  荀正が討たれ  紀霊も追われ  軍律は守られ  みな振り飛ばされ  俺に撲られ  物を受けに参られ  内部から開かれ  者より、討たれ  徐州城を奪われ  間で結ばれ  興亡浮沈にただよわされ  わが子にまつわられ  食客として養われ  思いを馳せずにはおられ  小池に飼われ  亡父孫堅から譲られ  煙と共に吐き出され  疑いにつつまれ  征伐され  随身を許され  後でなされ  枕元に立たれ  なんの怖れ  臆病風にふかれ  ために潜むかと思われ  手頸をにぎり取られ  味方したもうかと思われ  物とされ  太史慈に笑いかえされ  馬に踏みつぶされ  本城を攻め取られ  荒野に捨て去られ  柩が守られ  五行にわかれ  陳横も、討たれ  決死隊が募られ  何百年もの風雨に曝され  火にはおわれ  太史慈には励まされ  闇から乱箭が注がれ  窪にわかれ  なかへほうり出され  本陣へ引かれ  軍に打ちのめされ  人には飼われ  激戦がくり返され  王朗はだまって見ておられ  査涜が襲われ  完膚なきまでに殲滅され  野にかくれたばかりだが、またすぐに見出され  当家で養われ  人々に抱き止められてようやく連れ戻され  よう来られ  さら疑惑に脅かされ  挑戦され  一ぱい喰わされ  圧服され  息子なんかに貰われ  ように思い出され  一家におかれ  内輪から苦情をもち出され  彼にいわれ  妙に思われ  順調に運ぶとは思われ  綾羅が縫われ  祝宴は張られ  城門はひらかれ  列に護られ  城外へ送り出され  手脚がもがれ  二人に挟まれ  いずれかに喰われ  意見などに動かされ  狐にでもつままれ  二百頭も奪われ  強盗に奪われ  直ちに呼びだされ  劉備を怖れ  そこに取り残され  胡弓をお弾きになっておられ  胡車児はやがて呼ばれ  典韋と呼ばれ  悪来とも呼ばれ  なぶり殺しに討たれ  眼を射ぬかれ  河へ来て討たれ  陳弁なされ  予は泣くまいとしても、どうしても泣かずにはおられ  感激され  訓練とについて屡々語り聴かされ  頭をとられ  感情に引き摺られ  他から命令され  思想が含まれ  生活図が描かれ  人工に蝕まれ  反動的批判が含まれ  ら保たれ  風な、限られ  の如く指し示され  調味され  調子にだけなりと示され  病的な膨らみが観取され  だんだん失はれ  物自身の清く磨かれ  鍛へ、磨かれ  囚はれ  ら美化され  感覚によつて作られ  力が注がれ  頃、屡々促され  人情が含まれ  殆ど完全に含まれ  強がりに過ぎぬと思はれ  処置は取られ  鍛へられ、錬られ  針を突刺され  平素から教えならされ  札を巻きこんで送られ  彼等に殺され  時からつめこまれ  シベリアへよこされ  日本人がやられ  相手を突き殺したり殺され  遊覧飛行イルミネェーションで作られ  綺羅によって飾られ  出張に置かれ  委任され  言葉によってあらわされ  予感され  島々ごと戦争にまきこまれ  過程をもって、次第に削られ  感情の導かれ  からされ  ラヴ・レターと語られ  横行している、笑わされ  から崇敬され  国内戦がおこされ  不安におかれ  アメリカでかつて行われ  活動は描かれ  六月二十五日に破られ  六月二十五日朝鮮でのたたかいがひきおこされ  爆弾をしらされ  戦争行為におかれ  愛国心にまどわされ  危険がふりまかれ  平安にあざむかれ  戦争にひきこまれ  アカだとされ  アカらしい、と思われ  禁圧され  批判によまれ  うちによみとられ  バルザックがよまれ  西鶴がよまれ  推進され  うちにつつまれ  ようには学ばれ  情景が、もれなくとりそろえて描かれ  絶壁に立たされ  可能がまもられ  タイコモチにばかりかこまれ  自分に許され  美くしいとは云われ  独りで居られ  佐藤氏も来られ  卓上演説、切り離され  俥をひっくり返され  昨夜佐藤氏の話され  から、くれろと云われ  なかった彼の死んで組み合わされ  のを作らずには置かれ  のを書かずにはすまされ  石井柏亭氏が来られ  工合よくなくて行かれ  説明をきこうとしたが、どうにかしてはぐらかしてしまわれ  大変なやまされ  柳津あたりが寒くてとうてい行かれ  雲に遮られ  大変うれしいと云われ  何だかよく眠られ  かい日にてらされ  芸者がよばれ  佐藤氏が来られ  夕方小倉氏が来られ  心持には、すっかり打たれ  ところよりもうたれ  弟さんが話され  ときには、思わず涙ぐまれ  非常に動かされたが、又そうされ  レファインされ  彼もどうにかされ  大変心を打たれ  変心を動かされ  空気に包まれ  ときにあらそわれ  兄さんと云われ  大野隆徳氏の行かれ  ものを得て来られ  ものとしてあつかわれ  悪に導かれ  昨夜は、ろくに眠られ  殆ど完成され  交流も行われ  考案にうながされ  殺人は許され  兵器化され  無限にのべられ、祈られ  科学的方法によって為され  短文に、つくされ  戦地へ送られ  ものが、許され  根柢に失われ  公正厳格に行われ  魂は失われ  言葉が許され  子供によってつくられ  罪悪が失われ  蒙昧が失われ  不幸が失われ  歴史から解放され  我々に残され  日暈にとりかこまれ  腕に抱かれないでは癒され  間際にまで及ぼされ  現在が淋しく思われ  易々と見破られ  私は、鞭打たれ  血潮噴くまで打たれ  言葉が出てしまって、見こまれ  菰に包まれ  嘘を、見破られ  私は、だまされ  率直に打ち明けて下され  疑惑を少しでも持たれ  豊作を迎えようとしています、と言われ  検事局から呼ばれ  苦茶にされ  図はあわれ  粗末にされ  全部しめ切られ  顰蹙なされ  島から追放され  盛んに云われ  支持せられ  裏付けされ  云為され  民衆がおかれ  芽とがかくされ  誤りが含まれ  因子がふくまれ  場合にも見落され  今日圧殺され  強力に行われ  大量に行われ  表面から隠され  大衆なみにおかれ  害虫がとりのぞかれ  境遇は、語られ  胸をうごかされ  投資され  眼から行われ  発展的にされ  一二年前提唱され  中心としていわれ  最近書かれ  真似をなされ  念仏無間と罵られ  手になされ  爪弾きされ  毛嫌いされ  絶滅したとは思われ  エタと呼ばれ  一般世人から賤しめられ  自ら旃陀羅の子なりと言われ  境遇に堕され  従事遊ばされ  牧畜も行われ  一視せられ  安房国に流され  他にないとは言われ  ことを歌っておられ  自身それを歌っておられ  事には及ばれ  三界四天を譲られ  恭敬せられ  辞があるとは思われ  小港浦に流され  彼らは取り遺され  化縁外に置かれ  済度され  上に及ぼされ  感謝とに満たされ  訳か行って見てくれと云われ  思いでもされ  愛に洗われ  手跡で書かれ  加藤氏に云われ  tendernessを踏まれ  輝きも示され  泥棒に来られ  祖母様に来られ  独りでは居られ  独りで居ずには居られ  蒸殺され  母上の知られ  Finetalesなどに盛られ  観察によって示され  殆ど眠られ  彼に抱かれ  自分の動かされ  勇気を殺がれ  涙をこぼしながら、とられ  動す、あわれ  昔なら切られ  胸から永久に引きはなされ  理屈で消され  限り安心して居られ  原因によって保たれ  今死なれ  頭を下げずには居られ  努力は要され  愛に励まされ  刑場に牽かれ  來るだけ切離され  問ひ返され  僕が、酷く揺られ  うちは、どうも待たれ  一つ破られ  脚で踏まれ  狡猾なグレシア人に騙され  云ふことさへ忘れて、旨く騙され  ユリアの打たれ  のは、ひどく打たれ  心もちに、煩わされ  書物に説かれ  古来神品とも称され  裏へ隠し込まれ  ものであるので、隠し込まれ  忘却され  智恵に縛られ  ものをやらされ  部分が、引離され  乗物によって引きずられ  本心にちょくちょく飛出され  神様から見離され  何かに売飛ばされ  コンテーを以て描かれ  毛筆等で描かれ  肥料が施され  どれだけ捨て去られ  これらが多く描かれ  うちに殺され  気ままとが許され  完全に生かされ  時代において為し尽され  材料であると思われ  完全に潰され  必要であると思われ  要素が捨てられ、潰され、再び拾われ  結果において、ともかくもなされ  単化が行われ  世の中は充たされ  事とさえされ  白紙へ引かれ  賞玩され  自由にされ  簡単にされ  油絵具を持ってなされ  日本は蔽われ  上に盛られ  省略がなされ  画面に行われ  心が隠され  万事が許され  永久に縛られ  から足を延ばせといわれ  世界はもたらされ  事が繰り返えされ  事がないといわれ  答が盛られ  関係もなく頼まれ  障子に嵌め込まれ  ガラス絵が嵌め込まれ  ガラスに描かれ  魅惑に迷わされ  ビードロ絵ともいわれ  フレームで飾られ  年代も記され  文字が記され  多く造られ  濃厚にかつおもしろく描かれ  偶然にも行なわれ  風景だけは描かれ  目下製造され  線描きが施され  溶解されて塗られ  朝鮮で作られ  ために嵌め込まれ  山水鳥獣がおもしろく描かれ  事も怖れ  一般化され  民衆化され  平凡化され  絵描きは立っても居ても居られ  矢張り出品され  淫婦にだまされ  ことではすまされ  中心として描かれ  挿絵を頼まれ  阪神地方に限られ  写実が含まれ  手足が最もうまく描きこなされ  修業が積まれ  島原が取払われ  妻を奪われ  自分は殺され  ために、いいとか悪いとか、いわれ  悪口され  神様が作ったといわれ  上にすこぶるよろしく保たれ  間にも怠られ  女の肖像がすっきりと描かれ  精魂を吸い取られ  随筆を頼まれ  何者かである如く思われ  評判だけは聞かされ  市価が生み出され  商業化され  二物を与えずともいわれ  人に買われ  縁につながれ  望みを奪われ  本能に引ずられ  フットライトに照し出され  地図ですかと訊かれ  工夫統一され  ことがあるが、その描かれ  多く徳川期から招待され  風景に必ず織り込まれ  技法的にも許され  観賞し得るが、隠され  家に使われ  寄進が行われ  しとやかに行われ  認るのみ、然れ  身蒸され  心塞がれ  怪なり、然れ  癡に駆られ  協力によって行なわれ  音がまだ聞かれ  進歩がおこなわれ  ためロケットはやぶられ  原稿が回され  事件が描かれ  社会相もそのかげに映しだされ  はじめ学校全体から理科用電池を盗んだと思われ  出発をよぎなくされ  さは描かれ  あとにとりのこされ  実感をもって描かれ  ヒロイズムで結ばれ  安田君と呼ばれ  舞台から駆逐せられ  文学に縛られ  暗示を与へられ  価値はないと叱られ  探検され  暗黒大陸と呼ばれ  探検がなされ  父と呼ばれ  水源とされ  蛮人に殺され  本当らしく思はれ  千八百六十九年五月三十日に出され  人夫にかつがれ  ザンジバルから送られ  大かた盗まれ  病気に冒され  手紙を託され  甘藷などがつくられ  十発づつの弾丸がくばられ  のだとされ  礼儀正しくなされ  土人にとり囲まれ  縦横にわかれ  愛情で結ばれ  戸外に持ち出され  準備がされ  地理学協会から派遣され  困難を怖れ  イギリスに運ばれ  ウェストミンスター寺院に葬られ  謁見を許され  彼らは全く驚かされ  街路樹に包まれ  畑に覆われ  洪水に浸され  さは洗い去られ  常盤館に行かれ  ものが磨かれ  悲しみにも掻き乱され  芸術家だとは思われ  さのさんの訳され  不平は云われ  独りに向って開かれ  店に売られ  のがおどろかれ  自信され  夫人が来られ  から出して呉れと云われ  苦痛をとり、煩わされ  不思議にさえ思われ  肺でも悪いと云われ  福井から来られ  雪に閉され  皆吸われ  親に愛され  兄弟に愛され  良人に愛され  彼にわずらわされ  自分には、愛され  決定を迫られ  とき行われ  友情を示され  ほか思われ  ようには書かれ  一緒に戻って来られ  脳溢血でも起され  鶴を下され  従四位下侍従兼肥後守にせられ  長岡氏に養われ  介錯を頼まれ  関殿も来られ  願いをして許され  殉死を願って許され  封を除かれ  児小姓に召し出され  代に召し出され  とき忠利に召し出され  追腹を願っても許され  から願書を出して、とうとう許され  切米取りにせられ  切米取りに召し出され  菩提所に葬られ  そばに葬られ  ようにおしなされ  頭をさすって下され  殿様は、もうお亡くなり遊ばされ  恩になっていなされ  追腹は切られ  詞も交わされ  物をいわれ  悪口は、うかと言われ  懇にせられ  配分せられ  それから殉死者遺族が許され  弟どもにおつかわしなされ  髻を払われ  処置せられ  縛首にせられ  差しおかれ  兄弟わかれ  弥一右衛門殿の言いおかれ  人間にも見放され  一足も出され  千石で召し出され  先手へおつかわし下され  殿様に言われ  取立てをなされ  あれをおやりなされいと言われ  たしかに承ったと申し上げて下され  極印を打たれ  止めなされ  皿に盛られ  手をお負いなされ  引きなされ  自宅へ舁いて行かれ  手柄をなされ  家督相続を許され  当番をゆるされ  胸板をつき抜かれ  変質者としか思はれ  ダマされ  男に好かれ  クビをしめられ  首をしめられ  誰にもさとられ  裏道ばかり歩かされ  男には騙され  玩弄され  羞じ怖れ  その男にだまされ  自分も亦愛され  思いもしたろうと思われ  如くに思われ  多く誤読され  建築作業が行われ  念頭に置かれ  黄苞車でぐるぐる引きまはされ  外国船に救われ  船から下ろされ  藩籍からも除かれ  滅多に疑われ  好奇心に煽られ  子供を産むと、そう云われ  者によって担い込まれ  体を洗われ  部屋へ、導かれ  寝室へ送られ  無限に繰り返され  寝室へ通され  燈火もともされ  位だといわれ  孫生にたのまれ  女からばかにせられ  郷試に選ばれ  たくさんの下され  耳に聞かれ  子供がだまされ  若者は、雇われ  工場から出され  毎日雇われ  人が雇われ  乱暴者からなぐられ  血を流され  鋳物で造られ  牧師でなくては喜ばれ  牧師でなくては繰り返され  キスをせずには置かれ  わたしに抱かれ  研究されずして遺され  規定せられ  地位以下に置かれ  存在が示され  大御宝と呼んだとは思われ  オオミタカラとは呼ばれ  班田収授の法を行われ  登録せられ  通婚が許され  飼養せられ  駆使せられ  合意的に売られ  シュクと呼ばれ  齢され  身分に置かれ  某部と呼ばれ  徒として取り遺され  没収せられ  編戸せられ  向上せられ  将家などと呼ばれ  雑戸だといわれ  全然ないとは言われ  鬼筋などと呼ばれ  つまり新陳代謝が行われ  無籍者だと言われ  名称を以て呼ばれ  賤視され  以上乞食と言われ  空也上人が始めたと云われ  京都近在で行われ  千秋万歳法師などと呼ばれ  乞食と呼ばれ  河原者と呼ばれ  上方地方で呼ばれ  非人と呼ばれ  豊富に遺され  犬法師とも呼ばれ  法師とも呼ばれ  妥当であるとは思われ  彼らに教えたと云われ  ツルメソと呼ばれ  越後に流されておられ  非常に喜ばれ  ように嬉しく思われ  自治制が行われ  国法以外に置かれ  峻烈に行われ  役をあてがわれ  世間から賤しめられ  度外視され  統率せられ  近江と呼ばれ  街道筋であったとは思われ  癩病になられ  子孫等は、取り遺され  シュクと云われ  普通にエタと呼ばれ  社会から賤視せられ  忌避せられ  贅沢は言っておられ  肉食が一方では行われ  同一視せられ  中から抽出され  軽重があるとされ  程度までは許され  ものが這入って来れば、その這入られ  忌避され  社交圏外に置かれ  人間仲間に置かれ  役人村と云われ  六ヶ寺から絶交を申し込まれ  身であると言われ  御坊とか云われ  者とも呼ばれ  下り者といわれ  下り者と云われ  エタとせられ  ものもないと言われ  三昧聖と云われ  他から軽侮され  軽侮せられ  トウナイと呼ばれ  法師と呼ばれ  悪人だなどと呼ばれ  まり収容され  源空もかなり悩まされ  事を言ってはおられ  事を言われ  宗旨に救われ  疎外され  エタと云われ  カネウチ筋と呼ばれ  訛りであろうと言われ  ショーモン筋と呼ばれ  者と云われ  領主とまで云われ  唱門などと呼ばれ  陰陽師と呼ばれ  空也上人に救われ  濫僧と呼ばれ  声聞師と呼ばれ  法師などと呼ばれ  法師を以てせられ  天部と呼ばれ  たまたま保存され  式楽とまで呼ばれ  河原乞食とか呼ばれ  新陳代謝が行われ  皮坊などと呼ばれ  頃から着手され  発布せられ  ことを忌まれ  説に誤られ  肩書きを除かれ  エタとされ  後裔だと言われ  請待され  三千三百万と云われ  二千戸に達したとも云われ  歓迎もされ  乞食待遇せられ  誤信され  彼らに紛れ込まれ  ますます圧迫せられ  ますます去勢せられ  氏族制の行われ  水呑百姓だとか云われ  凡下に下され  従来賤民階級に置かれ  際多く解放せられ  名称を以ては呼ばれ  自由労働者と呼ばれ  乞胸と呼ばれ  奴婢と呼ばれ  賤民階級に置かれ  どこまでも行われ  戦地にやられ  野良から検挙され  同道され  藥をすすめてゆかれ  下から刺戟され  休養を申渡され  渇仰され  只見され  中へ引込まれ  鄙吝れ  聖母マリアと云われ  さは選ばれ  天より遣わされ  ため天から遣わされ  知恵伊豆と謳われ  十万と称され  葡萄酒が注がれ  春の出ばなをくじかれ  私は先ず驚かされ  天草松島といわれ  策源地といわれ  船員にだまされ  バスはありませんよ、と、いわれ  船員にはばまれ  産地として知られ  開所され  斬首され  敏感で、暗に亡ぼされ  待ちぼうけをくわされ  めちやめちやにあしらわれ  のがよいとされ  鱗ごと焼いて出され  白皮と称され  直接関係され  自ら実験され  報告をされ  今まで知られ  種だけでは済まされ  生物線などの知られ  援助をされ  携行され  実験をされ  狂奔したかを話され  述懐され  余り感謝され  説明されようとは思われ  ことが度々言われ  昔から知られ  理解はされ  十分償われ  護符をおくられ  尼たちであるが、送られ  寄進され  叙され  弘安二年己卯六月二十日に書かれ  持妙尼とよばれ  六十歳ごろまでにおくられ  御膳料を送られ  從のわかれ  死別ほどのはあるまいなどといはれ  歌も書かれ  むづかしい教理がふくまれ  出産前に書かれ  親になられ  佐渡へ遠く流され  女人佛になると説かれ  女神の築きいだされ  教主釋尊像を造られ  女人であると思はれ  此殿をつかはされ  つの世にわするべしともおぼへずとよろこばれ  つた事をはなしたので書かれ  病ならば癒して、よく生きなければいけないといはれ  生きることを示され  綽名され  龍馬等が斬られ  会津方に捕へられ  対照せられ  誰れかやられ  ツかけて来はせぬかと悟られ  あなたやられ  ウムやられ  龍馬に叱られ  龍馬が斬られ  十一月十五日で丁度斬られ  雪山に語られ  寫眞を贈られ  餘儀なくされ  學のものに限られ  記事に含まれ  日附で書かれ  九行にも繰返され  穿鑿と思はれ  さう聞かされ  知され  此中に知られ  知せられ  稱に含まれ  於て見出され  ヂュープとされ  疑問視され  如くに思はれ  面倒で陰れ  船を破られ  髷はこわれ  中へ巻きこまれ  汽車にやられ  夢を見たよと云われ  智嚢と云われ  中堅とせられ  毒殺せられ  記憶を呼び起され  粉末を飲まされ  本店から急に呼び返され  腹部を引かれ  自動車に轢かれ  手を延べて執ろうとしたが執れ  経営せられ  甚く悪く云うな、では、ふられ  買収せられ  歿くなられ  者にたずねると、そっくりだといわれ  立てとか、すわれ  ッたり倒れたさかい、どないにやられ  鳥渡敵弾にかすられ  金がたんとあって、寝ておられ  高須大佐に導かれ  ッてしまうやろ云われ  上官にしかられ  それに照らされ  今更電気に打たれ  何度も聴かされ  おかしい思われ  行てもあないに落ち付いておられ  みなやられ  軍曹どの、やられ  君が深く打たれ  認定せられ  僕がやられ  目も覚めて来て、再び眠られ  波頭に巻かれ  声に呼び醒され  毎に、光りに打たれ  竜巻に呑まれ  怯堕を鞭打たれ  夢を消され  花瓶が運ばれ  とり脱けられ  一つ一つ投げ出され  アルジエリア・マンに包まれ  隠見され  中に丸め込まれ  愛を囁かれ  影響を怖れ  のではあるまいかと危ぶまれ  感傷的文字を書かれ  松岡譲氏の書かれ  自殺して仕舞われ  父上の死なれ  おかあさんに頼られ  それに死なれ  夫人がよまれ  親に死なれ  ものとはなされ  新緑に包まれ  強請され  習俗的に教え込まれ  芯を感じ、打れ  自然に包まれ  礼を云われ  心持に襲われ  布地に描かれ  タイチが描かれ  生存を吹き込まれ  感に打れ  さに食い殺され  益され  霊化され  害心も含まれ  人として知られ  途中から雨に降られ  左へ廻られ  昨晩、眠られ  丈生かされ  駄目だから、と云われ  視覚が閉され  ガラスのいれ  長屋がこわされ  熱中して居られ  態度のわかれ  反省に打れ  そこに、云うに云われ  洞見され  善行とされ  指をさされ  機械的道徳律で縛られ  気に動かされ  善行をして居ると云われ  さもしい便宜に捕われず生きて行かれ  心を打れ  愛を持って居られ  心持であったとさえ云われ  苦痛に包まれ  道徳には縛られ  ことで知られ  うにかされ  何かに追われ  憂鬱に燻され  ものが満され  それが裏切られ  曖昧がとりのぞかれ  人道主義的徳義空想であおられ  かたまりがほごれ  処でピンされ  心持が拒まれ  愛敬され  ように買いかぶられ  生活を縛られ  許しを乞えば許され  百姓に使われ  母上などのよろこばれ  宮原氏を通してたのまれ  目もおそろしい、と思われ  返事を送られ  母などに知られ  笞に打れ  心を考えると、あわれ  為死去され  野上臼川氏も出て来られ  母上二晩も眠られ  斯那ことを云われ  疑問に打れ  インタープレテーションだと云われ  美に打れ  ようになれと云われ  ことを思い立たれ  切はなされ  愕きに打れ  彼が死んだとは思われ  さを知らされ  例によってよく眠られ  大瀧一家やけ出され  事務所に行かれ  務めさきをやき出され  地下室にやけ出され  一馬さんに救い出され  犬猫にあらされ  開成山に居られ  わきにやけ出され  何人殺され  顔をして居られ  星野さんもやけ出され  艶やかに包まれ  子供に死なれ  無事で居る、と云われ  りんも家中やけ出され  貞さんに死なれ  泉沢に死なれ  あまり痛わっても居られ  ようにして休んで居られ  三年前友人に誘はれ  実権を握られ  間反目され  祠として祭られ  伊勢まで行かれ  虚心とによって書かれ  方から転送され  裡に含まれ  光に照り出され  激され  問題が繰返され  記憶に満たされ  ゆっくりあれで遊んで居られ  心に燃やされ  教訓的見地からつづられ  ためにのみ記され  立場から書かれ  猶予され  予想して書かれ  憾みがあつたとされ  魅力だなどと、書かれ  成る、と書かれ  鎖に繋がれ  楼閣に迎えられ、送られ  墻壁となるかと思われ  後向きになれば、下られ  寝台ももう畳まれ  乗つて居られ  仕事に思はれ  それはどうして守られ  さしずで美しくつくられ  手でされ  話から打たれ  無理に起され  幾条もの赤旗が飾られ  具合に搾られ  みんなにからかわれ  映画が使われ  立場から成され  ことが正しく守られ  ままにこき使われ  坊主にだまされ  乳をのまされ  時間でなんか飲まされ  牢にぶち込まれ  工場で搾られ  教育にだまされ  からくりに騙され  二年ごとに行われ  言葉の刻まれ  権利を守られ  大衆的に行われ  ソヴェト役員に選ばれ  きれぎれに引き裂かれ  巴旦杏につながれ  土がはね返され  皮が生々しくむき出され  鯛ちやんは、掘り散らかされ  非常によく写され  脚本が書かれ  高度に行われ  金助が訪ねてこないだろうかと怖れ  電車に敷かれ  盛大に行われ  女教師たちに可愛がられ  井戸端に祀られ  人にきらわれ  顔を撲られ  乱暴され  昼食すら出され  狸寝入りして、呼ばれ  敬服し、怖れ  点取虫だと言われ  傲慢だと思わされ  返事にしてやられ  見世物に出され  自分は嫌われ  紀代子はいよいよ嫌われ  寄り集りだという怖れ  者に撲られ  工面に追われ  一時間ばかり待たされ  翌日行ってみると、やらされ  廻わるほどこき扱われ  昇格させてやると言われ  円タク助手に雇われ  学歴なども訊かれ  運転手に撲られ  想出にそそられ  十八にもなってと嘲られ  取引きされ  博奕打ちに落籍され  妓たちに好かれ  とき胸を突かれ  色が刻みこまれ  姿を想い知らされ  助手をやったと聞かされ  身に余りすぎると思われ  本能的に怖れ  妓に裏切られ  さと思われ  男にしきりに口説かれ  男に口説かれ  のだと聞かされ  店員に雇われ  美貌を買われ  係に使われ  除名もされ  飜譯化され  藝術化され  つて注ぎ込まれ  頃聞かされ  色取られ  女狐にでもたぶらかされ  狸にだまされ  祖母から聞かされ  父もやられ  混血児が雇われ  欧風化され  マルセーユから催眠酒をのまされ  フロレンス辺まで吊され  田舎者だと思われ  そのまま張られ  禍いされ  夜景に挟まれ  貴女が抱かれ  列車に投げ込まれ  そのまま扉が固く閉ざされ  別荘に招かれ  乱雑に投げ出され  奴隷にされ  エレベーターに吸われ  満が引かれ  電光が絞られ  私は打ち負かされ  熱帯風が吸いこまれ  身を揺られ  具体的に描き出され  傾向について書かれ  ときとられ  緊張につつまれ  国際化され  演らされ  個性が生かされ  十分与へられ  薪を採りに行かれ  祝宴が開かれ  無意味にしか思はれ  対蹠関係におかれ  文学を棄てるまでに導かれ  フォルムによつて、与へられ  つて知悉せられ  つて取りまかれ  印象を与へられ  無電小僧なんて書かれ  先生の亡くなられ  警察へ突き出され  無電小僧に入られ  抵当に取られ  清水に取られ  世界に知られ  様子を見ると叱られ  これでぶたれ  指紋とかをとられ  二人が疑われ  前に呼ばれ  事で一杯喰わされ  先頃新聞に喧しく出され  翻訳の頼まれ  上に打たれ  んだけれども、ひどくぶたれ  後手に縛られ  後ろから来て縛られ  奴にやられ  無電小僧にやられ  スイッチを押して居られ  事をいわれ  外へ出され  秘密にしておられ  清水に呼ばれ  ちょっと掠り傷を負わされ  前後不覚に寝かされ  電気仕掛けと共に隠され  永久に葬られ  保護すべく頼まれ  紅茶に酔わされ  木村君に看破られ  木村君にしてやられ  それから先生に呼ばれ  続きをやられ  内野さんなんかが疑われ  フランス文学から影響され  外国文学の悦ばれ  世間から歓迎され  翻訳を読まされ  一番世に知られ  俗化され  年月とに晒され  鰻が獲れ  その間に穿たれ  境地から、きっぱり言い切られ  だっていいヨと突放され  原語で読まれ  友人に笑われ  不可んと叱られ  高速度印刷機から吐き出され  表現を迫られ  ことに注がれ  ことにあるとされ  ように狭く限られ  紅葉につつまれ  黄葉を低れ  言が思い出され  なごりなく望まれ  声に驚かされ  印象せられ  編輯に急がれ  ものされ  中へもたらされ  高貴さに語られ  なかに案外ふくまれ  部分だけ買わされ、よまされ  広告にもつられ  訳をよまされ  向上がひろく云われ  配本され  疑問がのこされ  把握をされ  今日私たちの置かれ  文学作品の創られ  漫画化されて描かれ  兆民先生は語られ  労働組合と訳され  力がなくては出来ぬと語られ  殆と失はれ  時代から繰返され  言葉がひどく使われ  満足しておられ  特別作曲され  階級的見地からの見なおしが行われ  芝居がよろこばれ  会社につかわれ  組織的にされ  社会主義からきりはなされ  芸術労働者大会がひらかれ  国定相場で支払われ  八級ばかりにわかれ  賃銀標準ではらわれ  なっちゃ、いよいよきかずにすまされ  悪習をもつと云われ  逆につくられ  それで叱られ  デマをとばされ  プログラムまではり出され  現実的に追いつ追われ  技術とが活かされ  自己批判され  平気でされ  観点から扱われ  表現として生かされ  革命によって洗い出され  新しい光りで照らされ  萎縮され  世界にひろく知られ  もとから紹介され  斜面置舞台がつくられ  照明に照し出され  単純に云われ  方法とされ  観衆から期待され  反対して云われ  音を立てて鳴らされ  博物学教室で飼われ  試育され  詩人マヤコフスキーによって書かれ  けが示され  表現はなされ  現実と結ばれ  演出され  写真にとられ  ガッチリうちこまれ  爪先にうたれ  型に圧しつぶされ  一つも扱われ  十三しか組織され  なかった時に書かれ  矛盾を含みながら保たれ  実現されたにしても、案外ごく限られ  幻想され  の残され  番され  カンカン日にてらされ  樹にかこまれ  イデオロギー的躍進がつつみこまれ  上に示され  革命的作家団体間に強く行われ  各個人間に行われ  プロレタリア美術展がひらかれ  標に盛られ  厳守され  立派に保たれ  神聖が保たれ  立看板などが吹き飛ばされ  傘を折られ  新聞で持て囃され  こととであろうと思われ  さがないとは云われ  大半がつながれ  通しに読まされ  翌日人に誘われ  私は少なからず驚かされ  品川までくり返され  釘付にされ  ものが淋しく置かれ  名前も知られ  遠慮され  あなたは度々通られ  真顔で云われ  渾名され  鉄砲でうたれ  どこから頼まれ  巻き物を渡され  寺を追い出され  腹が痛くなりはしないかと思われ  心配でいても立っても居られ  心は、いつの間にか掻き乱され  うちに、取りのこされ  光に照し出され  さま承諾され  診察がおこなわれ  捜査が行われ  他人から殺害せられ  豊乃が呼び出され  親とに縛られ  非常に薄く擦りへらされ  故意にそうなされ  刑事が呼びだされ  湯呑み茶碗をわざと倒され  行動と思われ  証拠として残され  星尾に握られ  星尾に盗まれ  豊乃に盗まれ  川丘みどりに拾われ  のだと気付かされ  とき、ほっと救われ  五円昇給され  昇連中素人浄瑠璃大会がひらかれ  天牛書店二階でひらかれ  枯涸され  親族会議がひらかれ  汚れ物が一杯押しこまれ  金網にはねとばされ  石地蔵がまつられ  井戸端にまつられ  悪人に追われ  虚栄にうながされ  奇蹟はあらわれ  単調に繰りかえされ  顔を打たれ  婚礼が行われ  ところを起たされ  前で降ろされ  手をひっぱられ  輝きは見逃され  余り人に好かれ  部屋で寝かされ  敵意を託され  画が破られ  物音に驚かされ  気持を抱かされ  冒涜され  敬服し怖れ  点取虫だといわれ  時間に思われ  返事に、してやられ  矢張り嫌われ  境内で会おうと断られ  不良といわれ  接吻をされ  様に働かされ  姿が改めて痛々しく見直され  彼を見て、近頃雇われ  豹一もやらされ  者になぐられ  調子が乗り、唄ってくれといわれ  元通りに働かされ  三日目に戻され  口ならあるといわれ  へっぴり腰を蹴り飛ばされ  のかしら、と思われ  十八にも成ってと嘲けられ  遣手婆にいわれ  こっちゃないと何か救われ  森田にいわれ  半分は作られ  夫婦といえますかと言われ  罵倒され打たれ  色が濃く刻まれ  森田は追い出され  言葉に絶えずおびやかされ  安二郎は打ちのめされ  皺が刻みこまれ  から一緒に暮そうといわれ  妓に仕込まれ  重態ときかされ  小田に挑まれ  妊娠しているときかされ  小田にいわれ  皆んなに笑われ  様に乾され  プラカートがはられ  アーク燈に照らされ  計画的に行われ  集団化され  悪影響によって動かされ  仲間から批判され  どこででも行われ  機能清掃が行われ  宣伝部から派遣され  射撃され  富農に倒され  村から追放され  辻堂などもとりはらわれ  時、既にはっきりと云われ  努力によってされ  明瞭に云われ  間で揉まれ、試され  歴史的に扱われ  芸術的技術で書かれ  発表し、読まれ  尖鋭化され  テロルによって殺され  五パーセント拡大され  社会主義化のかげに費され  光で明るく照らし出され  新鮮さも失われ  自由売買等が許され  同伴者に許され  必然が語られ  ものでも生かして使われ  討議が行われ  大会が開かれ  世界的に知られ  現実からとられ  死は弔われ  分裂するかと思われ  読者に知られ  組織的に行われ  内部にも行われ  生産に即して行われ  黒ずんだ線から区切られ  公衆食事が扱われ  アーク燈に美しく照らされ  如何ほどまでも尊ばれ  苦心焦慮するかはいろいろ語られ  仕方もいろいろ聞かされ  驚歎され  ちやうど許され  雑誌新聞から派遣され  箱が積まれ  道を揺られ  停車場へと運ばれ  から、たとえ破られても、焼かれても、また轢かれ  飴チョコは、そこで降ろされ  菓子屋へ運ばれ  田舎道を、引かれ  工場で造られ  中に揺すられ  先年出版され  今日まで進んで来たとしか思われ  潮流に押し流され  先生から注意され  流用せられ  現在から刻々に追い捲られ  心はひき込まれ  羽目でふさがれ  三方羽目に塞がれ  雨脚に打たれ  土でさえ次第に流され  通つて全身を照らされ  すみにわづかばかり仕切られ  共同生活が行われ  先日なくなられ  上から落され  社会主義者から煽動され  自由を守らなければならぬと叫ばれ  官憲から脅かされ  保護検束され  市ヶ谷刑務所にぶち込まれ  中止命令に服さないといっては持って行かれ  市長選挙が行われ  巡査にすかされ  ツて見ても居られ  ぐるツと取卷かれ  里子にやられ  養家へ引きとられ  形にとられ  頂を切り取られ  幌自動車に移され  処が出来るのであらうかと思はれ  客一人から聞かされ  ニュアンスをもつて彩どられ  殺風景に思はれ  甲斐があると思はれ  此処だけに限られ  蕈が運ばれ  雨雲に隠され  傘を取られ  出水に流され  新造したばかりであらうかと思はれ  まり静かなのに驚かされ  静かであろうと疑われ  風が開け放たれ  山々が望まれ  それから三ヵ月以上収監され  息子に限られ  十分各々行われ  社会的問題として注意深く扱われ  価値で引つけられ  ものとしてつかわれ  今日五ヵ年計画がどう行われ  十分に含まれ  それから解放され  非常に取りこまれ  聖像は取り外され  紹介とされ  演説が撮され  映画にされ  人間が食われ  中に捲込まれ  社会主義的に行われ  天気が気遣われ  のであろうかと思われ  一人から聞かされ  ニュアンスをもって彩られ  草原に白く曝され  殺風景に思われ  甲斐があると思われ  ここだけに限られ  新造したばかりであろうかと思われ  交渉され  伝統さえ活かされ  友達が悲しく思い出され  中が見下され  顔をして、帰られ  方にと引かれ  方に引かれ  シャンデリアが映し出され  横えられ  感情のもつれが描き出され  ものをのこされ  生活にたたまれ  皮相的利己主義だと片づけて云われ  世界が描き出され  朝夕おがまれ  テーマで描かれ  犠牲にたたされ  一番広いとされ  法則に脅かされ  なかへ巻き込まれ  實は是非書けと迫られ  當時創設され  世間から愛讀され  一日に行われ  日本で読まれ  事実を思いかえさずにはいられ  飼犬にされ  人にもてはやされ  首にしるされ  我足音に驚かされ  情に打ち勝たれ  項にのみ注がれ  心のみ急がれ  縛して放たれ  夕暮使して招かれ  海に葬られ  膝の頻りに戦かれ  宿はと聞かれ  家々に挟まれ  そこから指され  ことをいうと、ともかくも通され  特別展覧会が開かれ  そうに云われ  きせるから煙をプカプカ吹かされ  腹を抱えて笑われ  お父さんが云われ  お父さんは慰めながら云われ  葉に吹かれ  糧足らずされど往なれぬながされ  馬耳ふかれ  花たき火によばれ  ばおこられ  わたつみ見ればいだかれ  何すと更に怖れ  橋に涼みぬ召され  日すみぬわれ  水蘆むらにわかれ  あるじにおどされ  髪おちてやがて捲かれ  鶯まゐれ  呂布は動かされ  主君だけは欺かれ  甘言にたばかられ  運送され  娘に守られ  息にゆるされ  盛儀を挙げんとまでなされ  諒解を得られようと思われ  深夜を選ばれ  陣にさとられ  明日になされ  錦繍につつまれ  父に負われ  濁流にひたされ  芥と共に浮いては流され  うちに寝かされ  看護され  侍者に起され  何十本となく射込まれ  支えをはずされ  人情をかけてはおられ  将軍が愛され  大将軍曹丞相と敬われ  階下にひかれ  腰を蹴られ  降伏して、除かれ  縊殺され  拝をすまされ  特に昇殿をゆるされ  涙をながめて、怪しまれ  下問され  情を繰返され  気運も醸され  叔父となされ  狩猟をなされ  逍遥馬に召され  喊声におわれ  早口にいわれ  駒をすすめて行かれ  制止され  黙止しておられ  諄々と説かれ  伏皇后は、そっと問われ  落涙され  一顰一笑のみ怖れ  詔詞を書かれ  芯に縫いこんでしまわれ  董承を召され  殿廊を渡られ  艱難を何かと語られ  宗廟が保たれ  石段を上がられ  三礼され  肖像が画かれ  高祖皇帝におかれ  建て遊ばされ  嘆息していわれ  御身の説かれ  のぼりになっておられ  御衣玉帯を賜われ  浴され  功労を、時に思し召され  密詔でも秘め置かれ  曹操にせがまれ  書斎へ行くと怒られ  ようにお見うけされ  九族は滅ぼされ  義盟にむすばれ  案内で通され  お供なされ  功臣閣にのぼられ  変に気どられ  門前から逐い返さんとなされ  住居としてあてがわれ  好みがうかがわれ  丞相のなされ  曹操にたのまれ  ように、濃くふかく結ばれ  今から隠者になられ  生れには、ちと解し難く、思われ  真似事ばかりなされ  一心同体とは申され  お供について行かれ  遍歴もされ  答えをかわされ  集めになられ  数を知らずといわれ  興味につい誘いこまれ  八俊と呼ばれ  ご覧になられ  小覇王とよばれ  きょう丞相に招かれ  義弟に護られ  深慮を聞かされ  の遠謀を説き明かされ  侍臣にともなわれ  蚕食され  退路をたたれ  敵になだれ込まれ  増強され  俄に思い立たれ  宮門まで見送られ  曹操に気どられ  思いを打たれ  雷怯子めにしてやられ  直ちに都へ引っ返され  玄徳めに欺かれ  軍勢に付けおかれ  麾下は、討ち減らされ  うちに、行われ  二陣も蹴やぶられ  野盗に襲われてはぎ取られ  陳登にせかれたり脅かされ  まま行われ  みずからほくそ笑まれ  子のごとく愛され  おかけ下され  特に託され  一見くだしおかれ  是非二派にわかれ  英傑といわれ  ときを、さまで怖れ  統治され  敵視され  礫刑とされ  張飛に打ちたたかれ  真っ裸にされ  火に捲かれ  捕虜とされ  隔意はすてて充分おすごし下され  ほかにあろうとも思われ  士と聞いていますが、どう思われ  めを抱かずにはいられ  大君袁紹におかれ  三つの将来が約され  曹操から派遣され  対手にもされず追い返され  名も辱めまいと思われ  省台にひらかれ  鼓を打たせて辱めようとされ  舌長なくされ  府でも、行われ  旨とされ  無事に帰してしまわれ  人質として留めおかれ  寛大にさしおかれ  肴に飲まれ  卜してくれといわれ  歓称され  勅問され  名医といわれ  労され  それに励まされ  ひと口おあがりなされ  重態となられ  長袖者と思われ  ことなど許され  百打たれ  百以上叩かれ  話は聞かされ  縁切られ  しかも殺され  寄り集りですよ、殺され  男として知られ  借金をしょわされ  一面に彫り出され  べたに彫りきざまれ  度ぎもを抜かれ  機械にでも巻きこまれ  夢とは思われ  何時までも思い悩まされ  僕は愈々すっかりおびやかされ  詳細にしるされ  ために引きずり倒され  拉致し去られ  散々に踏みみだされ  何だかついつり込まれ  皮膚を剥ぎそられ  しか出ていませんでしたが、それでもその殺され  命をつけねらわれ  裏面に刻まれ  支那人はすでに殺され  面白い物語を聞かされ  廣く知られ  任用され  荒武者に詰め寄られ  ピストルを放され  歴史によって生み出され  ように、ただ押し流され  創見と結び合わされ  記念としてのこされ  厭やがられず愛され  慾念に絶えず悩まされ  世間に当然許され  完了され  面倒に思はれ  もので、要するに騙され  人柄としか思はれ  行先を突きとめたとしか思はれ  気持が隠され  過失を怖れ  言ひだされ  紅庵にきかされ  蕗子に口説かれ  感傷にひきづられ  煙草を渡され  一皿の妖しく焙られ  言ひきれ  半ば失はれ  作用いてゐたと思はれ  つまり雨宮紅庵のある隠され  仮装を強ひられ  医され  異国情趣に打たれ  話を切りだされ  話はよくきかされ  昨日今日紅庵にそそのかされ  そつくり実践され  伊東伴作は怖れ  お菊さんはてれ  感じを裏切られ  奴に連れて行かれ  賛成したとは思われ  アメリカ人に読まれ  講和がむすばれ  殺傷され  委託され  国民全体からえらびだされ  国民から委託され  棚あげされ  決定にまかされ  あなたはよかったと思われますか、よくなかったと思われ  十三ドル五十セント取られ  先ごろ注目され  日常生活から失われ  具体的に語っておられ  支配勢力によって動かされ  大波にのまれ  興味もありますまいかと思われ  範囲に限られ  ことは、申され  当時から開かれ  一区画として知られ  出生前からもらわれ  中山源七方へひきとられ  天狗と云われ  眼が覚めて睡られ  妖怪に怖れ  八郎は怖れ  ことはない、何といたされ  信心なされ  妖怪に悩まされ  働きにやられ  桃桶を持って来いと云われ  皆なに笑われ  気持よく伐り倒され  面白いかしれ  皆に笑われ  結局散々コキ使われ  棒を指していたと思われ  牧野さんで、殺され  場合つくり直され  誰ときかされ  生きることに尽され  影がすこしも隠され  裏打され  却つて死にみいられ  小川のせせらぎにとりまかれ  翌朝奥さんにどやされ  人に許され  神経衰弱で殴られ  仮構され  彼に洩らされ  さがいささかも隠され  死がけがされ  印象はと聞かれ  術を心得てゐるらしく思はれ  通りに、出てゐれ  作品に生き生きと描かれ  真実をもって描かれ  時書かれ  友情によって終生結ばれ  その間にとり交され  故国で行われ  ジャック・ロンドンが最も多く読まれ  ことが示され  一番青年に愛され  母と共に引き取られ  ところなく描かれ  等に描かれ  一片皿にのって置かれ  大衆から歓迎をされ  驚ろかされ  世界的に祝われ  記憶に刻まれ  そのまま魚市場に使われ  ゴーリキイ市と呼ばれ  芸者というもののおかれ  如実に描かれ  奔流に巻きこまれ  母に対して、払われ  関係等にもきびしく描かれ  母にかまわれ  中に押しやられ  ものとして描かれ  少年時代から自分の置かれ  一点として保たれ  見習小僧にやられ  家に帰され  母に気づかれ  淫売窟へ誘われ  いかがわしい連中にとり囲まれ  瞳には、開かれ  人生から放逐され  まま押し流され  貧乏に見舞われ  罠に嵌って呪われ  あるかのように言いふらされ  筈であるとさえ言われ  のではないかと、呪わしく思われ  尾行され  謎が含まれ  のであるが、すでに行われ  空気に打たれ  何ものかにナイフででも切られ  何ものとも名ざされ  みな読みふるされ  間に積み込まれ  筋書とかに限られ  ところへひきずられ  常設され  声の叫ばれ  胸を叩かれ  感じに抱かれ  なかへ誘い込まれ  言葉で盛りかえされ  考えに逐われ  周囲に取り散らかされ  無惨にも掘り返され  ちょっと気を奪われ  煩さく思われ  狡猾とは言われ  青沼は打たれ  細やかに描き出され  熱情に煽られ  三百四十円と書かれ  母親から送られ  放校され  嘘を吐かれ  機会は失われ  昔に盗み去られ  ように吹き消され  落下に奪われ  観客は荒され  無惨にも蹴散らされ  力は含まれ  縁へとりのこされ  私には悲しく思われ  嘘を申され  此度あなたのなされ  こと実行なされ  日光に遮られ  証拠ではないかと思われ  アンセルムと呼ばれ  端によく言われ  弄絡され  真実に逐いまくられ  なかに取残され  なかに、未だに織りこまれ  彼は怪しく織りこまれ  何ものかに唆かされ  驚愕に襲われ  頭は叩かれ  雪に蔽われ  立退を申込まれ  光が隠され  へんに待たされ  ワルツが繰返され  襟に添うて開け放され  因循姑息に犯され  クラリモンドに愛され  弊がありはすまいかと思われ  同一視する傾が生じやすくはないかと思われ  逆上られ  事としか思われ  情操もないとは申され  一題目の下に括られてしまっては括られ  ものだとは云われ  のが当然であろうと思われ  ものとして取り扱われ  なりはせぬかと思われ  年が越され  趣で取り扱われ  婦人でもおられ  事が申され  この間亡くなられ  建立されたかのごとく思われ  しか申され  合点が行かれ  経験とも申され  冒かした、もしくは我が冒され  主観的とも申され  撰択せられ  撰択され  事だろうと思われ  世界に抛出され  事は云われ  ちょっと暇がかかるだろうと思われ  客観的関係が畳み込まれ  自然を怖れ  左右に割って置かれ  どっちが間違っているとも評され  離婚を申し込まれ  ために煩わされ  叙述だと解され  いたずら娘を持ったと云われ  身内だと云われ  世間からどう云われ  手の平へ乗せて見せておくれんかと云われ  議論になるだろうとは思われ  作物そのものについてこそ云われ  欠点かと思われ  人とは申され  自殺と云われ  人だと云われ  方面だけを撰ぶにしても、撰ばれ  発現され  涵養物を奪われ  我を忘れて釣り込まれ  むやみにふくれてなどとどやされ  ものとまで思われ  性格とまで云われ  連結され  到着しはせまいかと思われ  因果を離れるとは申され  経験上熟知され  種類ができはしまいかと思われ  事と思われ  二潮流が押しつ押され  馬鹿にしているといって憤られ  のだと笑われ  何となく欺むかれ  筋からハグラかされ  自動車に轢き潰され  八ツ切りにされ  スピード時代には望まれ  薄墨色で描かれ  癇癪をたかぶらされ  マルを誘はれ  台なしにされ  認めされ  聯想におびやかされ  身を焼かれ  一時止絶され  柱につながれ  欲望に強くつかまれ  方に導かれ  駆使され  手紙にはしるされ  それ等の呪われ  肩先を斬られ  木といわれ  介抱され  奥さんに思い付かれ  親類一統から義絶され  家出をされ  家出され  一口も云われ  程きかされ  鼓を持たれ  ものを打たれ  何か書いておられ  先生はニコニコして見ておられ  静かに云い聞かされ  義歯を見せて笑われ  内弟子からいつも叱られ  先生はいよいよ亡くなられ  苦笑いをされ  先生は落ち付いて云われ  方へ吹き出され  ショボショボと閉じたり明けたりされ  披露をされ  風呂敷包みを渡され  顔を見ておられ  眼をしばたたかれ  木立ちにかこまれ  内輪で済まされ  笑顔に釣り込まれ  職人から欺され  私は思わず釣り込まれ  家へ来られ  鼓を打たれ  まんま九段へも帰られ  鼓に呪われ  姿をかくしておられ  事だけ云って行かれ  先生にまで見込まれ  先生が打たれ  私もどうやら呪われ  好奇心に満たされ  箱から取り出され  事を知って来られ  遺言をきいて来られ  身に迫って来て、いうにいわれ  切れ切れに云われ  高林家に引き取られ  一つされ  中を掻きまわされ  鶴原家に来られ  詞で知られ  いそぶりをされ  往来が行われ  一つに通され  壮漢に伴われ  田舎へ退隠なされ  鉛色におくすみなされ  度くて来られ  案内をさせなされ  荘先生には如何なされ  我儘を見に来たと云われ  境に引きいれ  幅三十間といわれ  将軍家になられ  手討ちなされ  頭巾をいただかれ  羽織りになられ  お方が来られ  隠居あそばされ  口調で申され  それは斬られ  小石と、むしられ  苗字を許され  奥から出て参られ  ことゆえ、召され  それでさがし出して討とうとなされ  さがしなされ  振りかえられ  足を運ばれ  ように言って、歩き出され  江戸へうまうま連れ出され  玉とは思われ  殿様から下げ渡され  持田様へ抱え込まれ  厳重に囲まれ  厳重に鎧われ  屋敷から脱け出され  ただで頼まれ  出合い下され  江戸柳営より遣わされ  小半町ほどはなされ  人質にとられ  乞食に計られ  喜びなされ  安心なされ  諫言申し上げたれど聞かれ  隠居なされ  大船を造られ  主君から渡され  巧みに仕組まれ  侠気とか、長く培われ  光に輝らされ  ものはと聞かれ  客から呼ばれ  紗に漉され  僕自身も呪われ  中から、救われ  何かに打ちのめされ  ものに充たされ  義務感に悩まされ  頭から醸し出され  却って便利がられ  彼から頼まれ  鼬に化かされ  二人ともそうではないかと思われ  心配しておられ  誰かにそそのかされ  奴に汚され  十分にしつくされ  私は、いはれ  ひとに移され  から二年以上になられ  お世話下され  島田にあげてくだされ  やうもうされ  雪の下にかくされ  おんぶされ  夫はじめ皆さまに驚かれ  里子に出され  作物がまかれ  品種改良がされ  そう感謝され  みごとさがおもひやられ  具合お悪くなられ  あいにでもまけて切られ  花垣と呼ばれ  木蔭にぼかされ  そこから廻廊が渡され  泉水に飼われ  それから逃がれ  旗二郎、化かされ  前で、かどわかされようとなされ  それへ盛られ  それに描かれ  類稀で、近づきがたくさえ思われ  欠点とは思われ  苔でおおわれ  円が描かれ  味方であるとしか思われ  話が交わされ  どっちともいわれ  玉を取られ  ものが、ズルズルズルズル引き出され  一声立てたが切られ  一刀に割られ  味方両人してやられ  石橋を渡られ  時ではない、頼まれ  ピッシリ閉ざされ  おかしいようにも思われ  手練だ、切られ  人には好かれ  足が少し開かれ  襲衣に包まれ  襟が捲くれ  アラビア文字が描かれ  張り紙に書かれ  死病にとっつかれ  琢磨氏も随分そそのかされ  女もちのものに散らかされ  好奇心を惹かれ  花が染出され  肚を立てずには居られ  唾を呑まされ  声が放たれ  ことばかりで悩まされ  鵜呑にされ  呼吸を乱され  興味も失はれ  実現はされ  止胸を突かれ  ぢろがずには居られ  服部等にとりまかれ  声にとられ  洗濯屋に使われ  空巣狙いに見舞われ  警察へ移され  指紋で消され  警察へ引っぱられ  洗濯屋だと聞かされ  次回に廻され  喚問され  あとになって聞かされ  放火事件に呼出され  判決を言渡され  斟酌され  部屋へ来られ  現場附近で、殺され  決心をされ  毎日役所へは出て来られ  んと仕込まれ  女に思われ  バタバタッと片附けてしまわれ  見物され  昼飯でも食べに行かれ  ものを持って帰って来られ  ことを頼んで来られ  礼まで云われ  写真機を持って帰って行かれ  日まで持越され  ムキ取られ  一枚抜き出され  トラックに積まれ  警察へ運ばれ  公表によって引き起され  事から動かされ  それによって引き起され  ように置かれ  彼によって残され  装幀され  ピリオドまでうたれ  ワルワーラと呼ばれ  シベリヤに流され  目標とされ  喧嘩にまきこまれ  更祖父さんからひどくひっぱたかれ  母親に見込まれ  生活にはさまれ  神に滅ぼされ  心持を伴って繰かえし思い出され  朝から晩までころがされ  手ほどきをされ  罪とはされ  かさぶたで、掻くなと云われ  家へかえされ  死人について云われ  写真をとられ  ボール箱が開かれ  光に満たされ  一面に飾られ  布で包まれ  銀紙が貼られ  さにこづきまわされ  飽きもせず繰返され  特別に怖れ  別にそうやって洗われ  日夜くりかえされ  スムールイとわかれ  修業が奪われ  突込まれ  毎晩居間へ持って行かれ  拡大せられ  そこで行われ  仕事でひきずり廻され  国で書かれ  終りを結ばれ  本に描かれ  バルザックだけであると思われ  萌芽として見落され  ポケットから財布を掠めもするだろうと思われ  反撥が語られ  小市民的雰囲気に限られ  理由もなく殴られ  目覚めを遅らされ  皇帝が殺され  皇帝の殺され  瑣事に覆われ  彼自身が息苦しく封じ込まれ  風に受けとられ  石だねと云われ  心臓に注ぎ込まれ  人間じゃなくて、造られ  特に退屈に圧され  手足をとられ  内側にぎっしりつめこまれ  可能性が想われ  これまでこき使われ  思いやりなく砕かれ  憲兵に引っぱって行かれ  言葉を知らされ  ピョートルがやられ  使命は果され  生活から直接獲得され  中に揉まれ  誇張されて書かれ  しかなく思われ  解決もふくまれ  燈明の光りだけに照らされ  鉄格子で覆われ  必要もなかったと思われ  臭い、いきれ  程生活に圧しひしがれ  後年書かれ  朗読され  ゴーリキイはきかされ  それらの云われ  思想に編みこまれ  声が遮られ  声に満たされ  会合、読まれ  それを繰返され  基礎を置かれ  興味ふかく描かれ  意味が失われ  道がまだはっきりと示され  一八八五年に行われ  目をはなせば盗まれ  プロパガンダも行われ  才量で行われ  シャポワロフには知られ  中に最もつよく叫ばれ  引続いて行われ  抽象的に書かれ  小説が書かれ  ところに使われ  流刑され  頃流刑され  農奴解放が行われ  ナロードニキ達によって知らされ  理想化され  人々が生きていると聞かされ  女たちにいつも愛され  細工のされ  パンコフがやって来て、こわされ  富農から挑まれ  イゾートが殺され  しろから破られ  村へ呼ばれ  倉庫代用につかわれ  後から殴られ  商品のかくされ  ゴーリキイによって描かれ  そこに生きて、そして殺され  村で置かれ  役者は取り巻かれ  充分に行なわれ  職人と言われ  合祀され  完成したとは思われ  仏供養が行なわれ  霊が共に祀られ  将軍家から下され  讀書家といはれ  者といはれ  鑑別法が書かれ  書物などに書かれ  皮肉をいわれ  結論は下され  吸息状態で行われ  人から尊がられ  エドナに奪われ  医師が呼ばれ  裁判所に廻され  内容が少しばかり取り出され  砒素が含まれ  武士階級以上に限られ  鴻章李と呼ばれ、または書かれ  ぢくられ  ぜいたくは許され  宿題として残され  自慢を聞かされ  日本全国からイヤというほど送られ  寒風に吹き荒まれ  わたしの与へられ  ことに思ひを駆られ  月に照らし出され  一香気が失われ  年魚と言われ  生簀に飼われ  地元で獲れ  はらわたが抜かれ  竿釣が行われ  妙にかなしく懐しくさえ思われ  海流に洗われ  糸を切られ  王者として扱われ  洗いづくりもやられ  汗がさっぱりと拭われ  上に組まれ  鑑定され  雨ざらしにされ  筆らしいと騒がれ  農奴解放は行われ  絶え間なく投げ交され  心持で繰りかえし思い出され  印象に満たされ  罪悪とされ  若いゴーリキイがこき使われ  希望を呼び醒され  憲兵に引っぱられ  集りでも読まれ  脚をとられ  窖につめこまれ  店をやかれ  危く殺され  シベリヤとで滅ぼされ  さに置かれ  要求に衝き動かされ  友情が結ばれ  数年前書かれ  もっともっとだまされ  淵に引きずり込まれ  俥にたおされ  それとさとられ  わが身にちかく、ひたと寄りそわれ  下ごころ看破され  教養され  風化され  実証ゆるされ  美談として語りつがれ  ため、あわれ  いちど素直にだまされ  人からずいぶん強く推され  持ち込み、殴られ  みんな、だまって居られ  此一文を書かずには居れ  同伴され  前後赴任され  感謝せずには居れ  電報を打たれ  途中ロンドンに来られ  相談なされ  推量され  考を抱かれ  あとから否定され  為に悩まされ  埃風に吹かれ  表などで飾られ  皿にのって置かれ  期待して書かれ  引き合いに出され  自分の置かれ  期待は満たされ  シベリアに移され  喧嘩にまき込まれ  見習にやられ  筆致をもって描かれ  頭をわられて殺され  放火され  ところで殺され  方向をそらされ  時分コロレンコに励まされ  まま、いくらか悲しんでわかれ  家宅捜査をされ  後検束され  チフリスへ送られ  証拠がなくて許され  外国でまで行われ  一九〇七年に書かれ  目のひらかれ  一九二六年から着手され  共産主義アカデミーで行われ  底から霧に吸いこまれ  雪のきれと思われ  美味は失われ  質がわるいとされ  一番とされ  等閑に付され  原料とされ  末期まで結われ  都市それぞれに結われ  二尺なおあまれ  程は知られ  キーシュにいわれ  だんだん村人たちから尊敬され  やつに気がつかれ  運命に置かれ  間におとしてゆかれ  はじめて刷られ  からしあわせにされ  ことばに訳され  みんなしあわせにされ  黒つぐみ、焙じこまれ  鐘のぼれいそいそ、またおりなされ  くまんばちにさァされ  ゆらゆらゆられ  それがふかれ  めうしにおきざりされ  しっぽでつくられ  こびっちょの男の子がつくられ  かわいい女の子がつくられ  饅頭をつくられ  何時もごまかされ  ほうが泣かされ  五年まえに殺され  髪の毛を切られ  母親が殺され  心臓を刺され  差しこまれ  窓はかたく鎖され  闇が裂かれ  苦しみをなされ  釈明を急かれ  さまを、ことに、そうでないといわれ  そこだけが刳り抜かれ  母が殺され  療養所に奪われ  五分ほど切られ  間に切られ  お母さまが殺され  提燈が畳まれ  お母さんにしかられ  ようにして、連れてゆかれ  山田一人をつれてゆかれ  山田にいわれ  そこに立たされ  先生に立たされ  デリケートに置かれ  妥協され  要素のふくまれ  趣味化され  何ものをも怖れ  出版圏内の限られ  執筆せられ  戯に言われ  芸術的感動に打たれ  しか米国におられ  三田から遠ざかっておられ  最初雇われ  衣食に追われ  事が言われ  ボーイとよばれ  解剖せられ  時代物であると言われ  意識がまだ失はれ  無職と書いて怪しまれ  宿ではまた眠られ  竹藪に囲まれ  僕たちに取られ  友人に取られ  手によって選り出され  松山鮓とよばれ  俳句が記され  名前がしばしば繰返され  座敷が作られ  夏目先生は死なれ  串戯も申しましたが、死なれ  運命だと思われ  後夏目先生が死なれ  奇しく思われ  明るみに取り出され  おばけが出るよとおどかされ  志望をきかれ  春光に蒸され  牢記され  民友社から出版され  事は削られ  原稿紙に書かれ  分量に驚かされ  冗長魯鈍とか何とか申され  機会がなくて死んだろうと思われ  魚に呑まれ  冒かされ  人が参られ  まり人に知られ  事實上實行され  講義として讀まれ  けが記され  作品を遺して、亡くなられ  明治三十八年に書かれ  ままのこされ  絶頂的に扱われ  性格として描かれ  女として描かれ  欺瞞性とにおかれ  積極的にしたらどうですと云われ  彼女から翻弄され  ままにおかれ  対比的に描かれ  茶席へ通され  危険も救われ  発達され  僕が負かされ  仲を割かれ  すべてを知られ  それがなくては生きては行かれ  前で踊らされ  ようにして捨てたと云われ  霊とかに縛られ  私は生きていかれ  心霊だとかにたぶらかされ  北とを取り巻かれ  壁に囲まれ  帝国ホテルで催され  静かに控えておられ  なかに描かれ  時勢に流され  犠牲なしに行なわれ  ようになり、さそわれ  理由なしになぐられたり、どなられ  作で書いたと言われ  犠牲において作り出され  電化され  きれいな紅葉に取り巻かれ  細君にやられ  解釈されもてはやされ  充分だろうとは思われ  言葉だとはどうしても思われ  意味で望まれ  尋常一般に行なわれ  態度とは受け取られ  今後発見され  専門家以外には味わわれ  ものばかりであるとは思われ  ものに使われ  除却され  一朝にしてくつがえされ  惜しげなくとは言われ  棄却され  常識的におかしく思われ  観測され  攫す、然れ  可し、然れ  豪傑、然れ  肉が切られたり、摘まれ  身体を切りさいなまれ  秋風に誘われ  こころがうたれ  花がひらくとおもわれ  夕陽につつまれ  十年とは遊ばれ  気もつかで、飽かれ  忽一掃せられ  中とは思はれ  趣売女とは思はれ  人といはれ  会開かれ  小説戯曲に仕組まれ  君に先立たれ  雪見に誘はれ  薬合せを盗まれ  人にも実に憎らしがられ  女が返され  女が撰ばれ  秘し隠しにされ  直ちに縄を打たれてひきだされ  糸を抜かれ  城下へ曳かれ  彼奴が死んでも殺され  吹ッ込まれ  たか計られ  姿が読まれ  火ッ気に煽られ  警固荷役に守られて送り出され  山城守に睨まれ  殿中で刺殺され  江戸城本丸に移され  詭弁とされ  皆なに起され  修身点を引かれ  保証人が呼び出され  づと組織され  慴され  許に呼ばれ  零にされ  邪魔物扱ひにされ  実家に知れて引き戻され  勘当を申し渡され  鼻をとられ  耳を釣られ  口唇を引かれ  独言が尚も繰り反され  案出せられ  大分知られ  寺で、描いて居られ  ぞうさんにかしては、こわされ  時から舌にならされ  それが置かれ  境界におかれ  それ自身において満たされ  摂受され  廃棄され  生活に脅かされ  衝動によって動かされ  人が長く養われ  加はらないか、と誘はれ  浅原から同人雑誌に誘はれ  同人から叱責され  真剣さを見出され  引き合はされ  女性になり得るとされ  外敵に荒らされ  ときはいつの間にか荒らされ  文化連盟に関して調べるといわれ  留置場へぶち込まれ  調子がきつくなって来たといわれ  日本プロレタリア文化連盟から奪われ  連絡は全く断たれ  から許され  かく報道され  十八年間監禁され  予想が記され  頭文字のみで記され  中になされ  証拠に基いてなされ  ように行われ  正体を見破られ  待伏せされ  所持品を渡せとやられ  中へ撃ち込まれ  事柄に取巻かれ  鞭でぴしりとやられ  嵐に吹き消され  さの測り知られ  眼だけが見つけ出され  為替手形が支払われ  前に開かれ  望みはすっかり棄てておられ  今しがた口で言われ  口で言われ  時に残され  旅客にあてがわれ  髪の毛で作られ  下で始終明るくされ  朝食が運ばれ  目を覚され  役目を任され  時に、亡くなられ  ムシュー・マネットが亡くなられ  処へ行かれ  後にお遺され  捜索を決して怠られ  中でまもなく死なれ  目に遭われ  額に刻み込まれ  街路に落され  指で引掻かれ  くも碾きに碾かれ  中に鋤き込まれ  家々から突き出され  中にも繰返され  粉々に切り刻まれ  景気よく描き出され  間押しこめられて暮して来られ  囁き声で行われ  ために造られ  屋根裏部屋で行われ  望みの絶えた救われ  沈黙はまた破られ  間掻き消され  霧に覆われ  一語も話され  わしが呼び出され  北塔へ連れて来られ  間乱され  家へ連れて来られ  冷い、眠られ  蝕い取られ  諸君に宛てて書かれ  前で打ち落され  始末され  今言われ  ように祈られ  ために出し抜かれ  風にやられ  減少され  悪事が行われ  刑の行われ  それから下され  薄割きにされ  それから臓腑を引き出され  ちょん切られ  門番に逸らされ  囚人が連れ込まれ  言語道断な切りさいなまれ  切れ切れに裂かれ  前述のと言われ  絞首され  四つ裂きにされ  鏡に映され  表情が掻き動かされ  ところからそれはいっそうのろのろと押し送られ  そのまま発見され  恐怖にも動かされ  非難にも動かされ  心として知られ  人から蹴られ  階段から蹴落され  ところで蹴られ  ために蹴られ  政府に雇われ  中傷され  ここにおられ  中に消され  ほんとうにそう思われ  ために、話され  眼の注がれ  彼が呼び出され  囘復して下され  証人が呼び出され  同僚弁護士に命じて頂きたいと請われ  彼女が連れ去られ  非常に苦しんでおられ  お父さんがいたわっておられ  滓が濾し取られ  一日中出席しておられ  一団から肩で押し出され  肩で押し戻され  全部消され  音を立てて鎖され  今日命拾いをされ  テルソン銀行へと担がれ  同情されたり泣いてもらったりされ  ように振舞われ  風味され  沙漠に囲まれ  職業が営まれ  オルガンが造られ  浮彫を施され  食堂にも使われ  今は使われ  ように尽され  靴を造っておられ  意見を持っておられ  問題に決して触れようとされ  心から愛著しておられ  正気をなくされ  自分のじっとしておられ  一本調子に絶えず悩まされ  間、建て塞がれ  D.I.C.と読まれ  それまで話され  反響だと思われ  護衛され  平身低頭され  装飾で飾られ  招集され  上流社会には知られ  保持され  修飾され  ことが残され  そこに残され  悪魔に喰われ  微かに撮まれ  前でぱっと散って、時々は轢き倒され  もう一度見て遣しもされ  上でちゃりんと鳴ったのに、掻き乱され  嚮導され  真紅色に浸され  輪止が取り外され  ものが呑み込まれ  先触れされ  供奉され  確実に削り落され  姿が削り落され  片手にして連れて来られ  悪魔にさらわれ  後に取残され  もっと星が出て来るにつれて、消され  彼に向って開かれ  ところで差し出され  狩猟短剣などで物凄く飾られ  それで打たれ  馬鞭などでいっそう物凄く飾られ  通りにされ  ダーネーとして知られ  間に交され  珈琲が出され  瀬戸際まで連れて行かれ  望みがないと思われ  期限に送り込まれ  境遇に取巻かれ  犬どもがひっぱり出されて絞め殺され  短剣で突き刺され  家名よりも憎み嫌われ  黒焦げにされ  銃身から発射され  開き窓は開かれ  閂を外され  列席しながら、牽かれ  十二章に記され  幽霊だと言い触らされ  往時行われ  創建され  審問が行われ  棄され  作の書かれ  処刑が行われ  監獄に移され  妥協苟合を許され  理性の失はれ  誰に誘はれ  二字に尽くされ  地に砕かれ  投りこまれ  障子もしめられ  放心に悩まされ  首をくくられ  夜空にくりぬかれ  道の残され  襖が開け放たれ  首でもくくられ  さへ運ばれ  音にとりまかれ  ものとしか思はれ  山間地方へ運ばれ  さまではとどくまいと思はれ  つて砂上に置き残され  出口まで出掛けてみたが、吹き倒されるかと思はれ  心が失はれ  見込、としるされ  生活を見透され  気がして差出され  清朝活字で刷られ  乳だけの、ずたずたに切られ  壁に貼られ  ちょっと興味をひかれたので、差出され  夢のように拡大され  混和され  水木にそういわれ  畳、そして切込まれ  方が、どんなにましだか知れないと思われ  天井から吊るされ  水木に頼まれ  ように、脱がれ  シーンと吸込まれ  容貌に押され  中に、のびのびと寝かされ  上密閉され  あな気持に襲われ  小手を取られ  小手も取られ  脚力を持ち出され  途中で焼き殺され  一面に、こう照らされ  雨かなとも思われ  雨に誘われ  万遍なく捲き込まれ  風に吹き浚われ  羽目を蹴られ  曹操から贈られ  命をうけて来られ  たしかに良化され  山寨へ持ち運ばれ  徒と呼ばれ  役にも立つかと思われ  落着きを聞かれ  通過をゆるされ  往還を待ってはおられ  掟され  此方としてゆるされ  血しぶきとともに斬り落され  千騎も増され  門をひらいて通され  あたりはたちまち彩られ  孟坦が討たれ  韓福は怖れ  関所も難なく通され  思いに打たれ  主人王植が申され  汝南へさして落ちて行かれ  河北へ行かれ  いずれかが折れたかと思われ  後にて思い出され  馬もつかれ  人もつかれ  関羽を阻めて斬られ  由を聞かれ  道をかえられ  孫乾に守られ  一人が跳ねとばされ  泥棒たちは、放され  縁を切られ  否やおぼつかなく思われ  世上にはばかられ  誠意にうごかされ  扈従をゆるされ  人々に問われ  震い怖れ  二股膏薬にだまされ  燭がともされ  計をめぐらして脱れ  鉄鎖に囲まれ  内分になしおかれ  不覚をなされ  風におわれ  お迎えして参られ  儀が行われ  江上監視隊に怪しまれ  本城へ送られ  太股をふかく突かれ  ために、ずたずたに斬り殺され  蒋林が帰りましたが、お会いなされ  蒋林は訊かれ  街頭へ出て行かれ  乞食老爺にたばかられ  妖道士に惑わされ  道士などといわれ  術もなく殺され  壇が築かれ  万戸洪水にひたされ  于吉を怖れ  罪もなく殺され  道主にうながされ  いまあなたに逝かれ  七日間にわたってとり行われ  時そういわれ  当主に立たれ  呉三江を継がれ  土民に殺され  ところなく、追い返され  使者は追い返され  二手にわかれ  転回するいとまもなく、さんざんに討ちなされ  いつかそのまま霹靂車とよびならわされ  所に盛られ  兵糧を焼かれ  量をむなしく焼き払われ  部内から白眼視され  鼻つまみに忌まれ  今日、追われ  持久戦にひきずられ  増派され  河北風俗にならって彩られ  番に起され  鎗で突き殺され  徹底的に叩かれ  耳鼻を削がれ  敵から送られ  淳于瓊が斬られ  晦冥がきたかと思われ  沼を逃げ渡られ  名も見出され  獄につながれ  前にひかれ  味方に守られ  聯絡はズタズタに断ち切られ  親を討たれ  舌にうごかされ  監せられ  ことだけを聞かされ  底に思い出され  鼓声に送られ  鎗先に追われ  耳近く聞かれ  兵に挟まれ  たびか包まれ  父上、どうなされ  仰向けに寝かされ  名を取られ  もとに斬り落され  散々に討ちのめされ  鳥にもついばまれ  君主に立たれ  無茶をされ  両翼にわかれ  雷にでもうたれ  生き埋めにされ  血路を開かれ  城門から押出され  物笑いにされ  妻子一族四十何名が殺され  曹操は救われ  袁譚は怖れ  急を救い給われ  大将彭安が討たれ  彭安が討たれ  兵にさえぎられ  市に見、哭くまいとしても、哭かずにはいられ  者に刺し殺され  二度三度はくり返され  地とされ  万全が尽され  富強され  若い郭嘉に先立たれ  これは、亡くなられ  私議論争され  守備を厳になされ  凶馬とされ  もっと凶いといわれ  から忌まれ  中におられ  手薄とうかがわれ  気にさわられ  万々歳と思われ  式は開かれ  饗され  着かえなされ  そこで断たれ  何を怖れ  霧風にもてあそばれ  問答はしておられ  水鏡先生と申され  ほうに望まれ  耳を洗われ  災難にお遭いなされ  言に追われ  人なしとは思われ  夫人を亡くされ  天命に選ばれ  基礎を計られ  所どころに、伐り残され  男に襲われ  緊縛され  通行人に救われ  強姦扼殺され  立樹に囲まれ  フリント市ビュイック自動車会社から呼び返され  捜査会議が開かれ  猫柳に取り巻かれ  罪に問われ  汽車から引き下ろされ  警察に渡され  即時釈放され  悲喜劇が繰り返され  少女がされ  犯人を奪われ  私刑にされ  リンチされ  のだと言われ  呈供され  州から除かれ  妙に寝つかれ  努力に疲れ切って、打たれ  全教会員に押され  話題が持出され  極度に悩まされ  焦燥に駆られ  長老職に押され  ペイルソルプに説かれ  逆証され  ホテリングに送られ  全部持出され  通り穏厚篤実をもって知られ  グリイン氏のまえへ引き出され  室へ突き込まれ  刑事に囲まれ  魅縛され  激情に促され  真剣な怖れ  許りか、訊かれ  非常召集され  移送され  在地ミシガン州アイオニア市に移され  申請され  私刑され  のだろうと言われ  よしをほのめかされ  ようにすら思われ  ここへ貰われ  枝ごと吊され  一日苦使われ  従順に引張られ  安易とにうたれ  おりから里にやられ  母親に疎まれ  人達から尊敬され  養家へ貰われ  心持は、段々裏切られ  親たちから疎まれ  納戸に寝され  声ではないかと疑われ  板に張られ  沢山日に干され  庭に作られ  庭木が多く植え込まれ  あちこち手入をされ  女工と共に働かされ  苦使われ  主婦からはがみがみ言われ  忌嫌われ  時につけ廻され  意嚮を洩され  島坊と呼びなずけられ  全然除けものにされ  ことを学ばされ  掻乱され  灯が点され  から聞かされ  養父から不足を言われ  口から言出され  日当りへ取出され  母から口止され  様子で感づかれ  家庭に縛られ  人につれられて貰われ  面で訊かれ  養父から小言を言われ  島に来られ  因業を言張ってばかりもいられ  垣根に囲われ  それぞれ分割され  人に憎がられ  なかに揉まれ  養家へもらわれ  憶起され  口を抓ねられ  突出され  鋤鍬の仕舞われ  そのまま錠をおろされ  上り込んで来られ  父親に色々聞され  田地も含まれ  事実となって刻まれ  自分がひどく脅され  箪笥から取出され  買足され  のを待設けているらしくも思われ  その男におちたと聞され  刈残され  部屋に敷かれ  膳椀などの取出され  席へ直され  青柳に引張られ  若いものに取囲まれ  徹宵眠られ  可羨しく思われ  何時まで頑張ってもいられ  母さんに叱られ  身上は譲られ  麺棒で撲られ  母にやいやい言われ  誰からも聞され  島に感づかれ  人からも話され  礼服がしまわれ  秩序もなくおかれ  二階に竦んでばかりもいられ  思いに取着かれ  西洋草花が取出され  自分が全く嫌われ  なかを見せつけにでも連れて来られ  鶴さんは欺かれ  悩され  口から聴され  不断に取出され  家へ還され  心が、歯痒かったり、妬ましく思われ  棄が投出してあったり、蔽いをとられ  突転され  寺へ送られ  噂をおりおり聞され  紛紜から脱れ  二人とも嫌われ  張出され  母親に遮られ  ゆうから離され  側に寝かされ  島はじっとしてもいられ  手から取離され  人に囲われ  土塀に囲われ  垣根に仕切られ  搬び込まれ  人達さえ懐しく思われ  巾の張られ  封され  持囃され  あいだ生家へ帰され  花圃に蒔かれ  島も時々遣られ  女の囲われ  兄さんにすっかりかつがれ  思遣られ  戸が閉され  中に仕舞われ  憶出され  なかったことが悲しまれ  冬中閉され  挨拶が聞かれ  文言でも受取れ  温泉宿へやられ  建出され  眠に襲われ  浜屋にしつこく言われ  体を売られ  架渡され  繭の盛られ  水に返され  片を持たされ  厭味に思われ  手を打たれ  帳場に坐ってばかりもいられ  小野田の傭われ  郵便局に使われ  紙が張られ  棚が作られ  道具屋から持運ばれ  あいだに仕舞われ  心が急かれ  方におかれ  世話を頼まれ  興味が、段々裏切られ  掃除をされ  惰けるなどと云われ  島の試され  上官に可愛がられ  彼は救われ  いるかとさえ疑われ  二三日前に、ふっと引込まれ  下に使われ  景気よく飾られ  ように描かれ  形に取られ  空豆の作られ  億劫に想われ  無気味がられ  それを断られ  計画を鈍らされ  広場へ吐出され  関係の怪しまれ  蔭口を吐かれ  日に干され  顔を潰され  げに想い出され  愛執が盛返され  島に喰ってかかられ  成算を打壊され  気分を欺かれ  三畳にもいられ  日を紛らされ  苦痛を堪え忍ばされ  頃開かれ  手紙に誘われ  ように、紛らされ  邪魔もの扱いにされ  から用心しろと言われ  溶され  もの、どうせ好くは言われ  ように呼出され  人達に笑われ  傍にもいられ  博覧会が閉され  これまで紛らされ  建物の、日に日に壊され  喚起され  車で運びこまれ  小野田に言われ  ときから顔を知られ  掻廻され  働きが鈍らされ  店だって飾なしにおかれ  辞が思い出され  茶話に呼ばれ  話も聞かされ  人の住むとも思われ  いつでも飾られ  心の知られ  カサコソとまだ寝付かれ  ように荒らされ  詞にも表わされ  線が引かれ  石垣にふさがれ  ものもめずらしいと言われ  上をかつがれ  中に見いだされ  記事で満たされ  死をあわれ  病死を惜しまれ  人たちから騒がれ  自分ながら思われ  ことがしきりに思われ  ものかしれ  ことには、たよろうとするあわれ  ことも気づかわれ  中で抱かれ  父からよく聞かされ  見納めであろうとも思われ  から次ぎへと追われ  しるしに贈られ  ここに挙げ尽くされ  役目は、果たされ  仲間が殺され  一つ残さずとりつくされ  西瓜をよばれ  手につまれ  茶会に招かれ  柚味噌をふるまわれ  もののみが取り残され  お蔭でどのくらい引っかきまわされ  肌を弄られ  反逆気に焼かれ  そのまま残され  草木がよく描かれ  草が描かれ  席に持ち出され  雛をかえさせるので知られ  ほととぎすを聞こうとは思うが、どうしても聞かれ  目で測られ  訳者として知られ  旅人で暮され  動物園にもいられ  博物館長あてに差出され  半分方削られ  ために頼まれ  旅づかれ  仕事に、引きずられ  灌木に囲まれ  なかに円く取り残され  桜にしてもそうでないとはいわれ  先々にまで持ち運ばれ  なかに寝かされ  そこで捕られ  光明を怖れ  肉がうまいので知られ  正視を怖れ  二度とはあるまいといわれ  なかを覗いてみると、なみなみと盛られ  池を泳ぎまわり、絶えず限られ  出来とも思われ  脚に踏まれ  所望せられ  川で獲れ  ためではあるまいかと思われ  行灯が持ち出され  天王寺に催され  常陸山なぞもやられ  常陸山に勝とうなどとは思われ  常陸山につり出され  牛蒡抜きにやられ  一軒家に通され  植字場へ廻され  少年はすっかり弱らされ  上に取り残され  中から取出され  禿を見つけられて冷かされ  そのまま買い取られ  とき宗教雑誌から訊かれ  そうとは思われ  小さな靴を穿かされ  大層珍重がられ  手から紀伊大納言に下され  千宗左とが呼び出され  老巧者として知られ  物は手早く取りはずされ  参府はとても望まれ  先刻から何ものかを待っているらしく思われ  参府も望まれ  もう二度と聞かれ  手足を縛られ  こほろぎに鳴かれ  なつてゐるつかれ  芽蕨がもう売られ  馬は叱られ  の子にたたかれ  さうないつもつながれ  サンギヨウスイギヨウとも読まれ  ものに悩まされ  木のかげ残され  咲きそろふべしわかれ  木をかさねしみじみ生かされ  個人句集では許され  なつて帰られ  馬も召され  蕗のとうわかれ  ゆたかに盛られ  変りがないと思われ  掬み尽され  野獣に脅かされ  生活はなされないとは言われ  社会は造られ  証明もされ  物質的文明で飾られ  正直に営まれ  人間性が取り返され  宣伝せられ  輯録せられ  感激が含まれ  ことがあつたとは思はれ  大赦で許され  下総へ送られ  浄さの保たれ  散文に書き取られ  飜され  浦島子伝が書かれ  上にも、見出され  強調せられ  記述では知られ  重用せられ  なつたとも思はれ  漢文で書かれ  配流せられ  頃に赦され  御歌と書かれ  新歌でも尊ばれ  贈答せられ  唱和を、頼まれ  短歌にのり越され  手で作られ  ものとせられ  意見を出して居られ  挿入せられ  啓示せられ  対話敬語に犯され  感じが持たれ  努力の積まれ  敬語と誤られ  もので書かれ  洗煉せられ  中、度々くり返され  語幹に含まれ  特徴、とせられ  やりとりせられ  ら描写せられ  おし出され  無関繋には見過され  形が遣ひ出され  纏つて保持せられ  九州では、まだ失はれ  盛んにとり込まれ  中央から撒布せられ  凡変化なく保たれ  語原意識は失はれ  手には取られ  やうに書き残され  借金され  借金取に追廻され  魔手に悩まされ  人士と盗まれ  風に吹飛ばされ  つて看破せられ  刃物の如く磨かれ  変革され  毒薬を盛られ  電車にひかれ  ハムマーで殴られ  ピストルでやられ  真似なんかされ  座敷に点され  縁の糸に引かれ  盃が運ばれ  順々に廻され  後から後からと運ばれ  荷物を背負わされ  女だと言って可愛がられ  外まで見送られ  ように引き廻され  まさか手ぶらで帰られ  我ながら浅ましく思われ  作はもう飽かれ  意嚮がそうであるらしく思われ  感情が浅ましくも思われ  子供が出来れ  喧嘩して、毒づかれ  打撲され  寝込みに踏み込まれ  顔を洗う間もなく引っ張られ  今朝になっても帰され  投ち込まれ  オイそれと言って出て来られ  ことも頷かれ  裁判所へ送られ  者よりか、残され  キチキチされ  弓張が点され  ことなど想い出され  何だか家中引っ掻き廻され  嘘を聞かされ  北風に白く晒され  座敷へ通され  店頭へ降され  不足を言われ  干渉される謂われ  るい屠蘇を飲まされ  ほか惜しまれ  胸に刻み込まれ  気長に構えてもいられ  なかったが、言われ  物につつまれ  女がいるなんぞと思われ  以前愛され  話し声で消され  人達にとりまかれ  老人に促され  氷河に限られ  アルプスに限られ  沿岸に開かれ  氷河などでも、よく知られ  濃霧にとざされ  薄膜とは、揺り動かされ  そこに争われ  講和条約は結ばれ  社会であると言われ  充分なほど成され  飜訳によって除かれ  具備され  内蔵され  足掻きがとれないと、看做され  見解であるとされ  生活雰囲気が余りに色濃く描かれ  二つの精神に貫かれ  脱却され  形をとられ  初歩的試みとして、そのつくりかえが行われ  形式はこわれ  要素によってつくられ  立場から研究され  主体の置かれ  圧迫されながらしばられ  文化活動につかわれ  自己批判が、扱われ  はじめにされ  ガタクリ揺られ  指摘され、笑われ  弁証法的に扱われ  相手として書かれ  入学され  勉学上注意され  講義も行われ  如何にかかわらず、実際行われ  目的として行われ  大学で行われ  公平に取り扱われ  考える力は、少しも失われ  貴族院でされ  まり行われ  考える力が少しも養われ  事實が含まれ  氣に打たれ  根柢から搖崩され  此新たに掘り出され  表に刻まれ  矢張三十年近く呼ばれ  男に蹴倒され  龕を造られ  參拜に行かれ  一人きりに取り残され  別れ話をもち出され  いつか一つずつ失われ  女にはたまらなく思われ  いつか伐り取られ  屋形で使われ  世話をせられ  男に見いだされ  余所に引きとられ  てい伐り倒され  女には逢われ  心はすこしも驚かされ  すべては失われ  いつまでも居られ  上京せられて来ておられ  方には逢われ  思いを誘われ  ようにでもして居られ  はじめて切り出され  お方には逢われ  自分にさえ忘れ去られ  力に引きずられ  お方にさげすまれ  いま自分に返され  伝令兵に選ばれ  練習に引き出され  マッサージ師に押され  紳士から直視され  なかに区切られ  花が飾られ  見事に放り出され  鬣をつかまへると、引きずられ  人間に与へられ  いつまでも廻つてゐると書かれ  者だと書かれ  新聞に罵られ  先づ驚かれ  ところへ、吊され  処狭きまで積まれ  本宅かと思はれ  人の入られ  嘱託せられ  賜暇を許され  背広姿を見上げ見下しされ  文字に残され  事実が含まれ  根底から揺崩され  茂つた杉木立に囲まれ  龕が造られ  参拝に行かれ  王さまが言われ  城へ行かれ  アラジンが引かれ  ここへつれて来られ  兄さんが殺され  切りきざまれ  ろぼうに切りきざまれて殺され  人にさとられ  カシムが殺され  家へつれて行かれ  みんな殺され  かっさいされ  鉄槌で打ちのめされ  姉に担がれ  伝統的に磨かれ  町へおろされ  夢のように費いはたされ  食物が運ばれ  方々連れて歩かれ  しんこが盛られ  去年細君に逝かれ  さに浸され  兄にきかれ  山から降ろされ  大変に気に入られ  それを言われ  スッポリ切られ  祐経に殺され  女を奪われ  五郎が怒られ  魂をぬかれ  西を追われ  結婚してくれと実は目下せがまれ  みんな、やられ  葉にさされ  葡萄牙語にて書かれ  宰相になれると言われ  名馬をくだされ  役人に怒鳴られ  左遷せられ  無実の罪をおわされ  腹を突き刺され  風にいつも吹かれ  会いたいから、つれて来いと、おっしゃられ  波にもまれながら、とうとう、おき去りにされ  島におき去りにされ  からだにむすばれ  くるくるまわされたり、つねられ  神さまに見はなされ  だれかが殺され  島にとり残され  ぼろぼろにちぎられ  肉をたべているらしく思われ  商売が行われ  ほんとうとは思われ  妻は落され  間は、泣くにも泣かれ  ボートがおろされ  つれ返され  話をするから、と言われ  中へほうり出され  おじいさんは、投げ出され  あちらこちらと流され  船はとられるし、殺され  みんなどれいに売られ  どれいに売られ  木の根が掘り返され  お前には会われ  縮写され  大成され  かく書かれ  様式化され  世界にあらわれて、まだちっとも使い古され  鳥居がおかれ  遙に軽くおかれ  別様に扱われ  動きを消され  簡明にされ  こころうたれ  文明からきり離され  春日に乾され  詩壇に導かれ  知つて啓蒙され  一應は讀まれ  一般によく知られ  擇され  寫眞に撮られ  易風社から寫眞師をよこされ  狹量さに驚くよりも、全くいはれ  屈辱を蒙らされ  邪魔扱ひにされ  噂さされ  ものなぞは積まれ  下に造られ  腰を巻かれ  打ち出しブリキ板で張られ  外部から覗き込まれ  高所に開かれ  目的から為され  腕は突き出され  私から発見され  つて屡ば描かれ  其処へ持ち出され  音楽が仕組まれ  壜が握られ  恋の思ひに打たれ  方からもって来られ  一緒に置かれ  着物がよく似合うとからかわれ  ピストル強盗までもやられ  どころではなく本当に馬鹿馬鹿しく思われ  人だと言って笑われ  迎いに来られ  八監内かに置かれ  室に置かれ  警視庁から東京監獄へとつれて行かれ  カードを作られ  裁判所へ呼び出され  腰縄をつけられて引っぱられ  日本では、とても望まれ  一番はじに置かれ  新発田へ逐いやられ  インスピレーションに打たれ  巣鴨へやられ  中で打たれ  建物に連れて行かれ  労働運動は許され  今に到ってまだ果され  方が、その現され  ように呼ばれ  願書とを突き出され  声で呼ばれ  憚かられ気味悪がられ  押丁に怒鳴られ  看守に落され  押丁に落され  意外なのに驚かされ  その後幸徳等が殺され  幸徳等十数名が殺され  巧妙にきわめて力強く、描き出され  羽根を挾まれ  こっちへ移され  それをはずされ  一度も叱られ  囚人に、よほど気に入られ  いつまで経っても叱られ  ことは叱られ  官吏抗拒に問われ  東京監獄へ送られ  刀で斬られ  千葉へ移され  鎖づけにされ  花に囲まれ  看守され  流行性感冒にやられ  今日学校で叱られ  のですえもいはれ  犬えもいはれ  菜の花畑で吹かれ  波に、ひかれひかれ  煉瓦干され  愚痴でもあらうと思はれ  草を抜く抜かれ  ためしはなく、あわれ  森鴎外先生のなくなられ  緊張さであったと思われ  それを見通され  魅力が失はれ  情死され  白花につつまれ  こと丈は争われ  粗野に取扱われ  明かにこなされ  のは争われ  題で書かれ  感傷癖でなつかしく思われ  われわれは少し悩まされ  遺言され  丁寧に記され  大胆に描かれ  間で伏せられ  やうに、仕組まれ  菓子折をさげて来られ  これでもともとだと思はれ  名を与へられ  度たび繰り返され  為に打ち倒され  シヨツクに欺かれ  何度叩いても開かれ  さきごろ名誉教授をやめたいと願い出て、ゆるされ  肩書をうばわれ  スイッチが切られ  伴なわれ  ことが、出来るとは思われ  中にひっこんではおられ  背中を、どすんと強くなぐられ  見当から、なぐられたり、つきとばされ  怪物にしめ殺され  うたものと思われ  大江山捜査課長から大いに叱られ  はいはいと言って聞いておられ  命令が聞かれ  のか、それとも殺され  家出か殺され  者に組みつかれ  何かで縛られ  あいかわらず、寝かされ  血管は裂けてしまうだろうと思われ  僕は縛られ  からだを縛られ  中でゆられ  肩から下され  丸木からおどかされ  むやみにおどかされ  丸木におどかされ  服をひっぱられ  丸木にからかわれ  そこには、美しく飾られ  紙幣が握られ  丸木に蹴られ  警視庁にひかれ  怪人丸木にこきつかわれ  留置場へ、放りこまれ  壁にとり囲まれ  留置場へほうりこまれ  ようにとめおかれ  写真が使われ  先生が、みちびかれ  千蔵さんがやられ  ゆうべ火柱でやられ  ここにかつぎこまれ  ままここへかつぎこまれ  火柱にやられ  事件が、はっきり織りこまれ  一しょにいってくれと頼まれ  中に持ちこまれ  きれいさっぱりと禿げておられ  あなたに先手をうたれ  草にとられ  形になるとは思われ  新田先生は、もう立っても坐ってもおられ  世の中からわる口を言われ  本庁へ行かれ  打合わせが、行なわれ  警官によって、ぐるっと取りかこまれ  だれからなんと言われ  鬼課長として恐しがられ  彼は、突然ゆるされ  佐々にいろいろと、たしなめられたり、たのまれ  天地に放たれ  警視庁から放免され  おまわりさんに叱られ  車に轢かれ  一人として助るまいと思われ  煙とにつつまれ  椿事がひきおこされ  本がひらいて置かれ  前で聞かされ  ため地球がぶち壊され  のではないかと聞かれ  怪人丸木にさらわれ  少年がかどわかされ  何者かにさらわれ  電車にはねとばされ  自分がはねとばされ  話だとは思われ  警官によって守られ  ここで焼け死んだとは思われ  気をうばわれ  ドイツで出来ると思っておられ  どこで作られ  火星国でつくられ  新田先生にあばかれ  新田先生に言われ  それから先生に気づかれ  こっちへ連れて来られ  注意をうばわれ  佐々に笑われ  車外へつきおとされ  けさ警視庁から放免され  佐々に抱きつかれ  それを知られ  肋骨を折られ  首を落され  帽子も奪いとられ  話に、たいへんひかれ  先生から言われ  穴が取残され  ボートにつれこまれ  暗号鍵によって開かれ  壁でとりかこまれ  人間がいるとは思われ  動物がいる、と言われ  のであるが、ふと気がついてみると、もうぐずぐずしておられ  放送がなされ  放送を聞かれ  水をつぎこまれ  から放送され  録音せられ  言葉に訳され  再放送され  学会へ知らされ  真夜中にもかかわらず出て来ておられ  変だと言われ  あまりはげしくなぐられ  ために、け殺されるかと思われ  時首を落され  両方からひっぱられ  綱で、ぎゅうぎゅうとしめられ  経過があやぶまれ  連去られ  体になるかどうか、あやぶまれ  震災は、それほどさわがれ  者はともに焼かれてしまうか、たとえ焼かれ  軒下で押しつぶされ  ロケットがつくられ  岩にかこまれ  みんな電波などで動かされ  ようにしぼられ  上目かくしまでされ  前に押され  方まで、連れて行かれ  光の中へ押出され  言葉で、呼ばれ  代表に選ばれ  息づかいも聞かれ  ほんとうだと、思われ  二つのボタンに、ぐっと睨まれ  二つのボタンに、睨まれ  場所を取られ  ことで、ぐずぐずしておられ  話はきまったかと聞いて来られ  火星人たちに取られ  方へ、引きずりこまれ  上に、なげだされ  故郷を、奪われ  さっき強く打たれ  丸木に叱られ  灯火がにぎられ  後にさがれ  ことは、許され  中に飛びだしたものの、吹飛ばされ  みな日本語に直され  人間に勘づかれ  人間に気づかれ  刑事に怪しまれ  人間に見あらわされ  新田先生によってすっかり聞かれ  のにはおどろかされ  東京へ帰って来られ  それは、だまって許しておかれ  ように飼われ  火星人に引張って歩かれ  火星人にさらわれ  絶えまなく行われ  牛小屋へほうりこまれ  ためにうまくしてやられ  重戦車に、はね飛ばされ  犬だと思われ  火星人に殺され  たかに打たれ  ため押しつぶされ  言葉つきからも、うかがわれ  博士に言われ  火星人も、気づかれ  火星へ行かれ  火星へ行けないと言われ  全部殺され  壁にかこまれ  藻に包まれ  何です、その思いつかれ  天井から投げこまれ  寄生藻にやられ  衝突され  誰にも知られたり、じゃまされ  部屋はあるまいと思われ  じょうぶにされ  ようにつくられ  博士に叱られ  相談せずにはおられ  言葉が、くりかえされ  大驚異の世界が開かれ  地上なんかにおられ  一しょに持って行かれ  百円は、ただどりをされ  人間はつぶされ  我々だけにかぎられ  ものでおおわれ  火星まで行かれ  宇宙艇にやられ  音がして、その折りたたまれ  そばで使われ  別にくさりでつながれ  電波でしばられ  自由をしばられ  人間に取られ  姿におびやかされ  秘密を保たれ  地上に取残され  帰され  人間だと思っておられ  博士は、聞取れ  博士におこられ  出口が、すっかりふさがれ  ところへ連れて来られ  ようにして問いかえさずにはおられ  自分のしゃべることをけっして聞かれ  絶対に気がつかれ  放送を聞かないではおられ  一ぱい食わされ  ことを聞かずにはおられ  警官隊は、むしろじりじりと押され  撃出され  火星人たちは、黄いろいけむりに包まれ  まりもなく押しつぶされ  火星人にやられ  逃帰られ  火星へさらっていこうというあわれ  ため家畜とされ  奴と言われ  わしもやられ  皮をはがされ  正体を見やぶられ  幕は切って落され  人間との、追いつ追われ  ため、殺され  通り千二少年に起され  ために、すっかりやられ  ため電気帽をかぶらされ  偵察艇から無電が放たれ  ぐうんとうしろへ、引かれ  ように、しばられ  ところで下され  艇はこわれ  二台はうちおとされ  ことばに、はげまされ  みんな撃墜され  学者といわれ  火ぶたは切られ  正面をひきさかれ  敵艇にとりかこまれ  だんだんあとにとりのこされ  にとりのこされ  敵味方は、ぐるぐると、うちつ、うたれ  下になり、追いつ、追われ  博士、ずいぶん、若くなられ  それを聞かないではおられ  雲にとりまかれ  どこへいかれ  ように、つくられ  なにをしておられ  大空艇でひらかれ  ベルトではこばれ  思いにとざされ  モロー彗星につきあたられ  モロー彗星にうちあたられ  涙もこぼされ  旗あげをせられ  ところを救われ  ため、すぐ奪われ  博士にいそがされ  ものが、よくつかわれ  しりごみをしておられ  先生にさいそくされ  敵にやられ  間に、今や、撃ちつ撃たれ  ためくりぬかれ  丸木にさらわれ  ためにとりかこまれ  すべて、はぎとられ  やすやすと、うばわれ  副王となられ  忠誠をちかわれ  火星国をにぎられ  むざんに掘りかえされ  丸木が、ついに、あわれ  丸木は、とうとうあわれ  ふたがひきだされ  目からすくわれ  衝突からすくわれ  火星人にとられ  若い曹操に倒され  二分され  大観され  先生が起たれ  物だからといわれ  官人となされ  潰走を余儀なくされ  中に射たおされ  基業をおひらきなされ  黄祖敵中にかこまれ  端に飼われ  もっと登用され  城に伴われ  櫓を奪われ  江上に下ろされ  先陣は、破られ  大将黄祖は、さんざん討ちくずされ  二十騎ばかりに守られ  先手を取られ  檻車にほうり込まれ  父を奪われ  わしは、殺され  孔明をたばかられ  申生を殺してしまわれ  黄祖が討たれ  空気が醸され  軍令が行われ  ほどこそ知られ  夏侯都督には、如何なされ  真っ先に進まれ  ものに襲われ  車まで焼かれ  首を掻かれ  林に追いこまれ  十万騎は、残り少なに討ちなされ  時かと思われ  抵抗をするまもなく、召捕られ  兄弟とも斬られ  炎とされ  守りに赴かれ  これに来られ  ため、わざわざ来られ  下に、あわれ  首は斬り落され  太守が亡くなられ  非常時色に塗りつぶされ  態がうかがわれ  気抜けに襲われ  人馬もつかれ  黒煙につつまれ  手脚を踏み折られ  趙雲にはばまれて、さんざんに打ちのめされ  河北においてこそ、あまねく知られ  葛先生が居られ  ただ事とも思われ  文聘などに取囲まれ  兵はほとんど討たれ  敵につつまれ  藩論区々にわかれ  面と向っていわれ  上機嫌で申され  十重二十重、護られ  忙におわれ  曹操から譴責され  劉表に託され  みな怖れ  草におおわれ  伏兵には待たれ  眼をくらまされ  三十余騎に討ちへらされ  馬に蹴られ  君は、どう遊ばされ  敵軍につつまれ  擒りとなられ  中を、逃げ走って行かれ  人浪にもまれ  敵兵に駈け散らされ  休息なされ  案じなされ  趙雲に討たれ  敵に突かれ  かば兵火に焼かれ  怪剣を使うといわれ  兵団に囲まれ  埃につつまれ  ように泣き叫んでおられ  公子を護って下され  両手へ渡され  威光を負いながら、追い崩され  親衛兵にかこまれ  渦中に巻きこまれ  予が怖れ  危険がないと思われ  孫権から直々にこう問われ  通達され  分りになっておられ  呉主孫権からも、くれぐれよろしく申され  仇にされ  玄徳におかれ  使いされ  孔明に説かれ  態をしておられ  重臣間に行われ  反感をそそられ  若い孫権は動かされ  兵力を問われ  魯粛に導かれ  山にかくされ  新野も追われ  期待は破られ  図とは思われ  高祖に亡ぼされ  心を取りひしがれ  論破され  弁舌におおわれ  中門まで通ってくると、開かれ  面にそそがれ  君におかれ  万恨を託され  壮気も疼いておられ  言を吐かれ  孔明に出しぬかれ  曹操には破られ  大事を計られ  輩に語らわれ  言に過られ  ご苦労をなされ  七対三ぐらいにわかれ  孫策に知られ  ために踊らされ  意見を抱いておられ  呉君におかれ  弱音にひかれ  ために、築かれ  建国され  覿面なのに、かならず驚かれ  文人間に知られ  低吟をそそられ  漢朝も悩まされ  二女は、養われ  重きをなすかと思われ  軍に呪われ  孫権が残され  不安を残しおられ  司令旗などに囲まれ  郷土とわかれ  みな弟から云いだされ  説破され  思いどおり実現され  観念され  孔明に侮られ  孔明にいわれ  独りひそかに誓われ  多分に疑われ  ことすら、聞かされ  あざやかに立たれ  座をはずされ  玄徳を生かして帰してしまわれ  都督、なんとされ  視野もさえぎられ  弟を討たれ  主力が叩かれ  個々にわかれ  何が降るかと、召し呼ばれ  下江を図られ  関心をもたれ  出鱈目に掻き集めて、抛り込んだとしか思われ  毛布に包まれ  只一発で殺られ  逆さまに積まれ  弾丸で撃たれ  間に交わされて、この殺され  フォニックスから線が継がれ  夫人に頼まれ  フォニックス市警察から供給され  人波に呑まれ  家内は頼まれ  通り名で呼ばれ  十五弗胡魔化され  秋陽に照らされ  ように悩まされ  ジュッド医師は、すっかり打ちひしがれ  何を訊かれ  家へ呼ばれ  一時釈放され  ことをしたとは思われ  それとは気が付かれ  人在りと知られ  一人あとに残され  興奮に駆られ  トランクが開かれ  左手を撃たれ  左右から挟まれ  深夜に行われ  顔が洗われ  お話ししてしまわなければ、とても眠られ  アリゾナから証人が呼ばれ  フォニックス市法廷で開かれ  二つ法廷へ持出され  飽気に取られ  抱擁から引き離され  中へ導かれ  水をせき止めしわかれ  築地垣が廻らされ  情熱に動かされ  方とは思われ  身体を動かし始めなされ  人焦らしに漕いで来られ  ものが漉き込まれ  阿呆にされ  破談を怖れ  面汚しとされ  近村に知られ  博奕の行われ  帳場に使われ  ことの償いとして許され  羨望され  金が費され  極言され  出入禁止をされ  十万円は貯めているだろうといわれ  威厳に圧され  完全に許され  名目で行われ  名手といわれ  十五年間泣かされ  拍手され  外出され  金を払わされ  時から使われ  簡単に裏切られ  前後二回いわれ  私は出て行け言われ  客に押され  人間だといわれ  投資金丸損とされ  伝三郎に叱られ  四十円無心され  沖仲仕に雇われ  今朝暇を出され  板場なんかに雇われ  雨に祟られ  お寺に掛け合って断わられ  訴訟を起され  値で買取らされ  春松の醜く押しつぶされ  手は挟まれ  田地家屋までとられ  電送され  態度を買われ  情にからまされ  年齢も買われ  あとで洩らされ  義理に迫られ  妻は、せがまれ  二十日間留置され  百杖敲かれ  青麻頭といわれ  喜びにひたされ  虫で気に入られ  虫とせられ  天子は大いに悦ばれ  太陽の光りに焼かれ  異母弟はいづれも家を焼かれ  誰も動かされ  これで亡くなられ  三年前に亡くなられ  かたをされ  地球を飛びだされ  ことを、まざまざと思いださずにはおられ  機械が作られ  実験され  私はそういわれ  ものではないかともいわれ  渋谷先生でもこられ  どっかへ持ってゆかれ  時間を書いてゆかれ  セットを作られ  宇宙旅行に飛びだされ  生還などはまったく考えておられ  アナウンスされ  生命によって買われ  映像はにわかに掻き消され  平塚でもやられ  本性がむかれ  家を焼かれ  男に落籍され  羽田飛行場がやられ  生活が失はれ  不良にいたづらされ  山にとりかこまれ  野村に愛され  私は愛され  煙にかくされ  樹木にかこまれ  野村に可愛がられ  直撃され  私達が焼けだされ  つて機銃にやられ  日本人はあらかた殺され  野村に抱かれ  戦争に殺され  働きに連れて行かれ  月光にてらされ  女は焼けだされ  可愛がつたり可愛がられ  矢にはさまれ  姿はもはや失はれ  過去へ押しやられ  昼とわかれ  男に愛され  ために愛され  やうに、愛し、たはむれ、怖れ  うちに、つつまれ  ように吐き出され  雑踏に押し揉まれ  中に渦巻かれ  何枚も貼り出され  ために示され  農家に雇われ  警察から釈放され  陽に灼かれ  なにも行かれ  消毒法をも施され  骨と思われ  幾度となくきかされ  脚本にしないかなどと言われ  ものが行われ  過去へ引き戻され  火の手が切られ  実相を告げ知らされ  天皇によって救われ  永遠にとざされ  家をやかれ  我慢がされ  心理状態にもてあそばれ  終せられ  恋人にでも送つたらうと思はれ  男から恋愛を強ひられ  体をなげだされ  溝口先生が、なくなられ  国と申され  ハ唯だまされ  むざんに描かれ  いまやっと知らされ  いつか、あわれ  急激に襲われ  みじめな、あわれ  時から、醜い醜いと言われ  女には好かれ  拍子で好かれ  ことなんか、ちっとも書かれ  金色で細くいろどられ  日本全国に知られ  必要に応じて作られ  要求にひきずられ  活動が行われ  扁桃腺をやられ  つて呼び醒まされ  云ふことだけが書かれ  タイプライタアで打たれ  眼差が注がれ  端に貼られ  仕事を託され  校正を託され  やうに仕組まれ  つて完成され  夕日に照らされ  背後に隠され  つて喚び起され  彼は渡され  彼等を待たなければ、書かれ  兼模範的恋人として香を焚かれ  謝罪召され  礼ぐらい言われ  若年者に侮られ  二目も置かれ  雷おやじとして怖がられ  大目附へ召し出され  園絵殿と言われ  二人が篩い落され  礼をなされ  ものを言われ  態度を取られ  口論でもされ  毛で覆われ  何だか後悔され  番詰所へ投げ込まれ  命令けられ  そのまま平河口から網乗物に抛り込まれ  琴二郎まで召捕られ  近江之介を殺され  女子供が踏まれ  御書院番を見破られ  訴人をされ  相手に気取られ  内裏雛と言われ  訳もなく釣り込まれ  口も利けないほど、打たれ  汝あただ、言われ  白眼みつけて急き立てながら、感づかれ  気魄に打たれ  伊豆伍夫婦まで召し捕られ  者に感づかれ  の好かれ  男に言い寄られ  雨にやられ  がたが、おずおずしながら通され  家来達に取りまかれ  庵に訊かれ  一同も打たれ  酌で、さしつ差され  言葉が吐き出され  評判の追われ  思い思われ  注意から救われ  直接売られ  容易と捕られ  弟琴二郎まで召し捕られ  察し下され  思いを聞かされ  鳶にでも追われ  路傍に下ろされ  筆屋幸兵衛に頼まれ  番士たちに騒がれ  差し出され  御書院番に召し出され  溜りへ投げ込まれ  髪を取られ  これはこうしてはおられ  緒を切られ  発起人でナ、ま、喜んで下され  人にも聞いて下され  はいれと言われ  底に呑まれ  いま渡され  自分は、弾かれ  助力を求めて来られ  さもいつの間にか脱れ  園と謳われ  こころをしっかりお持ちなされ  助がいると聞かされ  犬に食われろなんて言われ  切腹を延ばされ  山城守は、いても起ってもいられ  ママお気を悪くなされ  誰も、斬られ  一剣でやられ  ように、開け放され  ほうも頼まれ  造酒に促され  夜番に頼まれ  疾風迅雷的なのにかなり悩まされ  御存じなく、きちんと坐られ  絃に叱られ  障子に貼られ  呪いに縛られ  四人殺られ  いかが召され  どこからおはいりなされ  時に参られ  首にされ  金山寺屋は、ぴったり平れ  逢瀬があわれ  陰影に呑まれ  気もちに包まれ  一緒になられ  悪ものに追われ  席へ持ち出され  閉門を許され  前まえ頼まれ  伊豆伍から奪われ  まり面白く思われ  商家に頼まれ  助に挾まれ  ポンポンやられ  いつか聞かされ  何を書かれ  ところへつれて来られ  経机が置かれ  妻ではないかと問われ  インチキが露れ  私情に動かされ  一本刺され  場から直ちに、呼ばれ  三方は遮られ  一方を遮られ  木戸は脱れ  乱暴に乱され  於て嬉しく思われ  塊りに覆われ  お前から引き離され  入道雲に遮られ  あれにはなかなか行って居られ  アトリエに使われ  ように押し出され  何か言われ  父に見送られ  松にすっかり包まれ  一帯に見渡され  診察室に呼ばれ  レントゲンで撮られ  確信して居られ  一そう完全に保たれ  鼠色に徐々に侵され  いつまでも生きて居られ  いつまでも寝つかれ  私達がなかなか寝つかれ  ように寝つかれ  気さえされ  風にお互に分たれ  患者達ばかりが取り残され  位に悪いと言われ  二三本ばかり伐り取られ  看護婦から渡され  日覆を卸され  中は薄暗くされ  何物かに脅かされ  思想に押され  病人達に取り囲まれ  それからそれへと促され  習慣から取残され  何かに脅かされ  私はもう寝つかれ  何んともかとも云われ  山から雪に追われ  縛がこんなにも引きちぎられ  音を引きむしられ  雲にすっかり鎖され  廊下へ呼び出され  四方から包まれ  病人もまだ寝つかれ  異様な怖れ  自分達から失われ  姉娘がその締め切られ  姿を思い出され  私にも思われ  物が既に失われ  いつまでも何か充たされ  何んともいうにいわれ  廻送され  つて見るに、とり残され  気もして来れば、とり残され  歌よみが沢山ゐれば、とり残したくともとり残され  用ふるとすれば、やはりとり残され  三十一文字に限られ  形式に限られ  とき父が死んで、残され  中学を追いだされ  蝮にかまれ  男にたのまれ  転居され  下宿料が上らなくなる怖れ  ドッコイ、許され  結婚でつぶされ  幻だけでみたされ  距離が失われ  生命によって充たされ  女から取り残され  あなた方に愛され  不幸とは愛され  オモチャにされ  虱たかりと云われ  キリリとまなじりを決するので、踏みしだかれ  野放しにされ  志向に追われ  私に怒られ  先生に叱られ  子供はてれ  落第生におどかされ  ことがバレて叱られ  魂から唄われ  ものが生かされ  一寸興味を惹かれ  何と云われ  もっと深く堅く結び合され  私に聞き返され  何でも、差され  恥をかかされ  場所で聞かされ  それにつり込まれ  気になって、解き放され  同情をそそられ  日初めて聞かされ  可なり悩まされ  眼付から度々そそられ  解決を迫られ  反抗心に駆られ  念に駆られ  妄念に弄ばれ  ために引きずり込まれ  味気なく見渡され  助長せられ  電話は切られ  二室に仕切られ  私は長く待たされ  品が運ばれ  遠くへ突き離され  焦慮に襲われ  私はどしりと打ちのめされ  たいような、泣くにも泣かれ  河野さんに突っこまれ  気に駆られ  ことが見渡され  影に包み込まれ  決闘で殺され  まま、差出され  万年筆で細かく書かれ  お願いしずにはいられ  河野さんに呼ばれ  一番匂がいいと云われ  俺から解放され  撒布せられ  家で開かれ  火事に焼け出され  中に深く根ざされ  質問にはなやまされ  若い同志達に笑われ  臭気に悩まされ  首をしめられて、引きずられ  警部は、引きずられ  馬鹿にされされ  中の、持てあまされ  中に押し込まれ  監獄に送られ  理屈にまかされ  世辞をつかわれ  境遇に追い落され  そして今は全く隠され  ために惜しまずにはいられ  いふにくまれ  僕は、まだ眠られ  楽屋へ招かれ  ハグらかされ  新富座へ招かれ  痩っぽちって怒鳴られ  水準におかれ  仲がよくなくなったといわれ  川上を助けたとはどうしても思われ  彼女にはともすれば拭われ  急を救ったといわれ  こともあるといわれ  第一歩を与え導かれ  何よりも争われ  固定していようとは思われ  貞奴は導かれ  完全はのぞまれ  波動に包まれ  動機が読みこまれ  他から見るとそうは許され  のであろうとはいわれ  彼女によって示され  知己に説かれ  興行中に贈られ  いつまでも摺りへらされずに保たれ  川上音二郎としるされ  逸才が多く生れ、育くまれ培われ  侠妓に養われ  気を吹き込まれ  公然にされ  最上級に見なされ  春風になぶられ  見物をたのまれ  日ごとに繰りひらかれ  野村子爵に伴われ  山師と見あやまられ  顔が出され  婦人に招かれ  公然許され  頃新築され  開場式に呼ばれ  視線の悉くそそがれ  持座を奪われ  大森海岸から漕ぎだされ  毛布が運ばれ  鎮守府に呼ばれ  何処とも知らず流され  事を述べて許され  懇篤に教え諭され  釘附けになって閉され  笑殺され、見返られ  魂を食われ  団結も頼まれ  綺麗に剃られ  香水がつけて梳ずられ  何事にも追われ  公使館夜会に招かれ  絶望であろうとされ  空前絶後とされ  売出され  劇壇から裏書きされ  事として語りあわされ  貴女は、愛され  白樺林にかこまれ  博士に知られ  はつきり印刷され  のと呼ばれ  法師姿で描きあらわされ  多く調理せられ  予想しておられ  援引せられ  材料が少からず遺され  遠慮せられ  述懐せられ  世間から馬鹿にされ  不思議と思われ  熱湯を飲まされ  口々に問われ  ことをすら許され  午前にのみ限られ  安全に住みついたとは思われ  浮浪人と言われ  坊主と呼ばれ  ものにくっつけて呼ばれ  沙門に限られ  人に限られ  法師と呼んだとは思われ  語をもって呼ばれ  三井寺焼かれ  頻繁に繰り返され  三千坊あったと言われ  四百二十一ヶ所の多きに及んだとも言われ  多く繰り返され  ものであったかをかなりよく示され  産所と呼ばれ  賤しめられ  玩味され  観察せられ  引証せられ  十分引証せられ  下位に置かれ  中世には行われ  語が行われ  本来声聞とのみ呼ばれ  猿引・番非人等として知られ  声聞と呼ばれ  エッタ法師と呼ばれ  名称は次第に失われ  社会から馬鹿にされ  あるかの如くみなされ  柳田君も引いておかれ  場合において失われ  名が失われ  名称をもって呼ばれ  鉢屋などと呼ばれ  エッタと呼ばれ  辻子といわれ  類だと言われ  南城戸町に移され  登大路北側から歌舞伎芝居相撲小屋等を移され  本来不浄とみなされ  西南に移され  臆測とも言われ  勝君より示され  横行として知られ  唱門と呼ばれ  際には召し出され  徒に祭られ  夙と呼ばれ  猿楽法師と呼ばれ  森口奈良吉君から注意され  異議を申され  唱門師と呼ばれ  五箇所と呼ばれ  五箇所唱門と呼ばれ  家伝かとも思われ  野田山上に移ったと言われ  同一に扱われ  多く引用せられ  辻子と呼ばれ  中に繰り返され  唱門どもが召し出され  当時非人と呼ばれ  名がしばしば繰り返され  指斥せられ  概括せられ  名はまったく失われ  サンジョと呼ばれ  サガリ者とみなされ  類なりと言われ  由に言われ  世間から嫌われ  まり世間から区別せられ  柳田君の言われ  詳述せられ  筋だと言われ  陰陽師とも呼ばれ  特殊部落とみなされ  沼田君から示され  所と呼ばれ  所法師と呼ばれ  間違いによってか殺され  ナデージュタ・ペトローヴナと呼ばれ  根を切られ  色で塗られ  そこに撒かれ  朱色に塗りたくられ  婆さんも釣込まれ  スウェタアに包まれ  騙りとられ  店位とられ  真心から動かされ  煩らわされ  彼女の部屋着はもう着くずされ  却って可愛ゆく、覆われ  活動写真に映され  中央へ引出され  人に覗かれ  賛江と染め出され  笛のあわれ  回送され  不良少年に口説かれ  為に折角醸され  槍に貫かれ  芸術的衝動はどうもあり得るとは思はれ  前にも聞かされ  水とに祟られ  隈どりがほどこされ  服部君達から聞かされ  ところに出され  ことをいはれ  介抱位ゐはされ  埋立てられ  だらしの無い、取り残され  先生と呼ばれ  人から遠く突き離され  独善などと言われ  事であったと思われ  特筆大書され  普通に言われ  高踏派と言われ  茶飯事から採られ  不滅と思われ  事を、いやになるほど、はっきり知らされ  身の程を、はっきり知らされ  身の程を知らされ  風になぶられ  ようにとられ  公式化せられ  礼儀とも思われ  のんきにいたわられ  ちゃんと指摘され  具現せられ  嘲笑せられ  出鱈目を言わずには居られ  煽動せられ  濫費され  女中は聞かれ  痛憤して、なかなか眠られ  戸口が開け放され  二枚敷かれ  もみくちゃにされ  女に拾われ  自重下さい、と書かれ  留守番をしています、とも書かれ  女中から通知され  部屋へはいって来られ  どこかに持って居られ  廻りになるとか、おっしゃって居られ  あなたに飛び附いて、叱られ、たたかれ  綺麗さっぱりと洗われ  程が思いやられ  山師めにだまされ  最後かと思われ  子供に見送られ  女中に送られ  そよ風に吹かれ  口から口に呟かれ  命令で短く刈られ  一節を読みきかされ  丸坊主にされ  外へ運び出され  柩車に移され  重油でやかれ  窯から押出され  ひだ委され  醸生され  法事に強つて招かれ  名木で造られ  そこへいって住みたいといわれ  音色に聞きとれているごとく思われ  耳をお澄ましなされ  お姫さまは申され  ほとりへいったら、きっといいだろうと思われ  気楽に思われ  心に誇られ  町にお住みなされ  肋膜炎にやられ  夜中に起され  神経痛にやられ  肝を抜かれ  喉頭癩にやられ  右足を冒され  父親を示され  附添を頼まれ  花などがまつられ  風景とは思はれ  念仏がとなへられ  音楽家に救われ  これ以上は譲られ  名前を知られ  思想が行なわれ  思想のかくされ  認定され  自由主義哲学と呼ばれ  近代文化化され  工夫し出され  種類が含まれ  政治的判断が下され  基本的方法は、すでに広く知られ  文献学化され  哲学化され  宣布され  客観化され  可なり動かされ  叙述ではあっても、書かれ  歴史的用途から解放され  戯画化され  ものから区別され  直接比較され  現在使われ  夫が使われ  研究によって示され  モディファイされ  国訳され  飜訳され  有つことは、決して許され  ハタき落され  常識的にしか掴まれ  有たされ  点は、よく知られ  生理解剖学的定位から抽象され  弱点が含まれ  社会層に行なわれ  完全に見落され  ドイツ化され  理性だと云われ  ここで示され  初めから否定され  平均値に準じて考え直され  から区別され  原理と呼ばれ  水準と呼ばれ  どこから導かれ  常識内容と呼ばれ  しか分析され  息の根は圧しつぶされ  エンライトゥンされ  啓蒙され  蒙昧化され  意識的に導き出され  政治的自由主義から蒸溜され  蒸溜され  文化的自由主義に限られ  逆立ちが立て直され  対比してそう呼ばれ  ロマンティシズムと呼ばれ  運動が貫かれ  特色にだけは限られ  反覆され  正面に押し出され  人だとも云われ  於て初めて使われ  講壇化され  役割が果され  模造百科辞典が少なからず造られ  思想体系に織り込まれ  所産にされ  急速に萌され  そのまま適用され  しか把握され  科学にだけ限られ  模写され  系譜と呼ばれ  コンデンスされ  批判され得る又され  文芸復興され  解釈し去られ  政治上想定され  利用もされ  一頃列強と呼ばれ  表徴せられ  から決定され  調法がられ  分裂が繰り返され  兌換され  自身によって行われ  手記され  深化され  ように説かれたり又受け取られ  ギャップがおかれ  非常によく云い表わされ  挾雑物から醸造され  批判改造され  構造連関が取り出され  人間関係が表わされ  嘆願運動をしたと云われ  問題がまだ残され  今日主張され  意識とだけ云っては済まされ  復興が叫ばれ  一つ一つ破壊され  ことに含まれ  西暦七世紀頃に書き残され  今日統制とは呼ばれ  育成され  宣揚され  名目上決定され  視学制度が敷かれ  今日に至るまで蒸し返され  意識と呼ばれ  農村と呼ばれ  そう批評され  観念論は葬られ  位置に置かれ  復興され  一遍書かれ  観念論と銘打たれ  普通云われ  言葉が一応活かされ  個々別々に切り離され  慣用され  連関を暴き、隠され  創設され  後退したと云われ  完全に解き放され  範疇的に異るとも云われ  言葉によって呼ばれ  文学的範疇で考えられたり書かれ  容易に気づかれ  文学的自由主義と呼ばれ  ように云い振らされ  思い做され  弁証法的神学に近づいたと云われ  一致すると云われ  内に追い込まれ  近来確立され  カトリック主義的と呼ばれ  以上限定され  ノエマ的につかまれ  弁証法が使われ  仕方で見出され  永久に切り離され  重大視され  頼みにされ  精製され  高橋氏自身も、決して迷わされ  全体から区別され  それから区別され  部分が含まれ  琢磨され  端初にすでに含まれ  消去され  立場に呑み込まれ  媒介され  所謂始元として選ばれ  之から媒介分化され  そのままでは満され  づまっていると云われ  危機から復興され  運動に取り残され  復興によって打ち倒され  正面から媒介され  そのまま拡大され  徒され  道が断たれ  一時云われ  人間から説明され  言論にばかり限られ  自負を裏切られ  ように力めれ  自暴自棄からだとは云えないと思われ  敷衍さえされ  内々仮定され  最近復興され  監視から開放され  苦悩とされ  自他共に許され  インテリと呼ばれ  和讃され  社会学現象主義的インテリ論と並び行なわれ  充分展開され  文明から区別され  通俗的に使われ  使い方で行なわれ  側から提出され  内から選ばれ  天国化され  体制によっていい表わされ  並置され  却って刺戟され  意味で使われ  ことは、無論許され  所謂文学にだけ限られて使われ  カント化され  今日現に行なわれ  個人的私事などはもはや許され  問題が尽くされ  帰属され  弁証法的唯物論と呼ばれ  家系が断たれ  思想家とは云われ  裏うちされ  裏打ちされ  文学主義化され  決定的に仕切られ  人から戒告され  必要に揺り動かされ  文献学主義は気づかれ  転用され  観点が注意深く織り込まれ  対比され  そう断定され  点好く知られ  粛正選挙が行われ  発展から規定され  ことだ、というよく知られ  まり前面へ持ち出され  いくつもの関節が含まれ  契機が含まれ  反動期にあると云われ  日常化され  道徳化され  研鑽され  特徴だとされ  デマゴギーに動かされ  から発布され  一部分組織され  方針におかれ  之は広く知られ  発揚され  特色が導かれ  自由主義者と呼ばれ  今は必ずしもそうは呼ばれ  哲学として受け取られ  統一化が齎され  重大内容が含まれ  政治的出発はいくど新たにされ  雜誌などに頼まれ  うに思はれ  三十五圓も取られ  改革は望まれ  喜劇化され  ブラックチェンバーであったといわれ  いま正に創られ  中から行なわれ  極秘にされ  えりこまれ  協力せられ  ものと、思われ  戸が少し開かれ  こんどはごまかされ  光にてらされ  そこに寝かされ  上にほうり出され  板一枚にしがみついて流され  海賊に救われ  直線に押し包まれ  光に打たれ  出入を赦され  ように詰め込まれて贈られ  時には磨かれ  そこでは吐き出され  群れに包まれて押し流され  一団に包まれ  皮をひき剥かれ  水を打たれ  三十八銭もとられ  急流に洗われ  時局柄君自身が狙われ  屋外に引張られ  中毒で殺られ  ホスゲン瓦斯などにやられ  入口が大きく開かれ  壁で囲まれ  七人やられ  窓へ吸い込まれ  放散され  宮中に残され  つて保護され  一番完成され  上に現され  上には或る限られ  様に書かれ  殆ど例月やられ  様に仕組まれ  ものを突破られ  裡に引込まれ  いふ風に造られ  平行に造られ  部分だけ彫られ  筋肉だけが彫られ  つて保存され  手に依つて作り出され  徳川時代にやられ  為に書き下され  工夫をして斬られ  歌舞伎劇でやられ  特別な選ばれ  統轄され  興行的にやられ  先づ持たれ  間に取交され  前から深く刻み込まれ  方へぐいぐい引ずられ  中に寝かされ  視線がちらと外らされ  一つ置きざりにされ  電光に打たれ  中に刻み込まれ  前に押しやられ  静けさに包まれ  両親が未だに時々困らされ  後へは引返され  幾度となく誓われ  底までも貫かれ  境に導かれ  うちに包まれ  底に取り残され  午後家に運ばれ  それから一人置きざりにせられ  群集に担がれ  高熱に襲われ  中につき落され  代りにはられ  東側に葬られ  不意にこうして縛られ  あの世へ連れて往かれ  怪談を頼まれ  遠くへやられ  学校におられ  高田とよばれ  三郎にそう言われ  きのう言われ  みんな言われ  上へもって、言われ  きれいに刈られ  そこらはなんとも言われ  ように激しくもまれ  幾枚も吹き飛ばされ、ちぎられ  ほうへ吹きとばされ  着物をもって行かれ  会社から電報で呼ばれ  尺八を吹かれ  壁画に描かれ  子孫を残すに過ぎないと思われ  風俗画が描かれ  ようされ  神は知られ  賞用せられ  紺といはれ  袷一ツに包まれ  これに睡りを醒まされ  夢醒めむかと危ぶまれ  独りで行かれ  人たのもしく思はれ  要望すると語られ  煩はせられ  指先でめくられ  聽いて居られ  ものとがあると思はれ  戰亂に荒らされ  家臣に殺され  衰微あそばされ  つて居られ  手離され  のをどうしても離さずに持つて居られ  京都に召され  傳をなされ  破門せられ  信仰といはれ  於いて發明され  於て最も貴ばれ  支那から傳へられ  日本人から傳授され  變調法がられ  外國から輸入され  發明され  つた環境に置かれ  停止せられ  國がおかれ  進歩を阻まれ  不安に脅かされ  視野が限られ  つて進歩が齎され  そこからひき出され  時間にせかれ  基盤とするといわれ  疑問にうたれ  規定は、おかれ  カッコされ  前提され  ものとしてだけ、語られ  こともされ  基準が失われ  討議がされ  発展をめざして行われ  注意されなければならない、といわれ  抗議がふくまれ  手と、むすばれ  事柄があまり書かれ  方も、ひきずられ  反駁として云われ  実感をもっていわれ  文化的モメントがひきだされ  作品に描かれ  角度から関心をひかれ  善とされ  世界に描かれ  人々によってよまれ  方向においてふみだされ  実感によって描こうとのぞまれ  能力がつよく、みずみずしくつちかわれ  人間に扱われ  一つ一つきりはなされ  懇談会記事に云われ  どころがはっきりつかまれ  文学愛好そのものから変革され  文学的区わけで話され  問題にたってひらかれ  傾向があるといわれ  大局から考えなおされ  角度からだされ  見地から報告討論され  活動もけっして見のがされ  点とが、かみ合わされ  規定そのものが見直され  足もとをふみわけようとされ  部分などにも、云われるべくして云われ  方向を示さずに語られ  欲求され  濫用が行われ  ようにならされ  往復され  才色を見出され  都に召され  火山に限られ  縦走せられ  大連嶺に限られ  了解せられ  今日限定せられ  それが知られ  埋没され  屋棟と言われ  ことにも、与みされ  からからと鳴るかと思われ  天鵞絨に包まれ  中では、見出され  黒砂に描き出され  氏名が貼り出され  荷物が積まれ  背中をもたせかけ、出され  両親を迎えに行き、ひとしきり揉まれ  今日までにすっかり話しつくされ  門燈に照し出され  まま揺られ  前電報が配られ  サービスにひかれ  慰安会が行われ  封緘ハガキに書かれ  淡彩で描かれ  肥料を流され  引しめられ  息子たちがいたからこそやって来れ  話は話され  例をきかされ  防空演習が行われ  さにかかずらってもおられ  いくつか書かれ  様子が思いやられ  指導者によつて叫ばれ  教育のされ  空地として取残され  テキヤに口説かれ  位ぶん撲られて追ひ出され  あとから建て増され  鉢植の置かれ  ガラス障子でくぎられ  養育を託され  爺さんは驚かされ  感情は失はれ  文句に充たされ  電燈も消され  達磨茶屋に売られ  熱病に冒され  残念にも思はれ  署名を強ひられ  代表者に選ばれ  一しよになられ  指一本でなされ  ために掻き消され  配達もされ  誰にも起され  戦死が知らされ  戦争にまきこまれ  仕組みにされ  一部におかれ  現実はどう解かれ  複雑にくみ合わされ  関係にだけおかれ  幸福が守られ  出入口から出て来られ  みんなはわかれ  火にすかし出され  下り、わかれ  足切られ  何だって足を切られ  帆や白く塗られ  友だちぐらいにしか思われ  傘はぱっと開きあぶなく吹き飛ばされ  風にこわされ  頃ほんとうに僕たちはこわがられ  あれで少しずつ押され  船もあれば白く塗られ  西風に送られ  ように烈しくもまれ  二三枚飛び吹きちぎられ  どんどんどんどん北の方へ吹きとばされ  きものも取って行かれ  風にひきさかれて持って行かれ  一様には云われ  方が、どんなにか美しく思われ  くしを取られ  ななめに吹きとばされ  ひらひらと吹きとばされ  擴張され  ものとは限られ  素性が知れると共に奪ひ返され  奧州に置かれ  望み通り與へられ  航路の開かれ  採訪され  交附され  友人の殺され  以てけなされ  能事おわれ  けが発見され  鬘に隠され  感動を催され  竜巻に巻きこまれ  夜が明け放たれ  姿は蹴飛ばされ  インフルエンザに犯され  諸々方々から大分問題にされ  のであると観破され  進言あそばされ  決心をあそばされ  発足あそばされ  出陣あそばされ  自ら御執りあそばされ  興こされ  自らお認めあそばされ  煬帝に遣わされ  太子様の執られ  問い遊ばされ  礼無しとも申され  こととなられ  以って押通され  以ってなされ  ますます高度化され  支那に知られ  形造られ  つて形造られ  藏せられ  解釋され  魏略に依つて書かれ  名で記され  講筵も開かれ  舶載せられ  純粋が保たれ  学者に知られ  過程は呑み込まれ  敷衍せられ  修史事業に繰り返され  ために打倒され  犂きかへされ  ひだされ  生み落とされ  ものの取去られ  馬鹿だと罵られ  店店はみたされ  刈り干され  言葉によろこばされ  靈魂を奪ひ去られ  やすらかに抱かれ  摺臼に投げこまれ  生みいだされ  腸から吐きだされ  ちやにされ  對も許され  畏敬とにみたされ  みんなから、きらわれ  宇宙が塗り潰され  独裁が布かれ  とおり暴力が持ち出され  旦那がやられ  暴力でやられ  養父がやられ  弁当が渡され  酒が配られ  諫めに励まされ  儂もこうしてはおられ  ただ一人取残され  旧恩に動かされ  私心に動かされ  誓紙を差出され  退路に伏せておられ  絶息するとは思われ  黄龍が躍るかとあやしまれ  矢が射交わされ  焼打ちされ  飛沫につつまれ  歇みかと思われ  世に謳われ  槍に追われ  敵に追いつかれ  樹林もろともに焼き払われ  彼ありともいわれ  土中から発掘され  おかけ遊ばされ  大敗なされ  どれほど討ち取られ  危難を見のがされ  赤壁から呉へ運ばれ  直ちに案内され  油江口におられ  お答え遊ばされ  手に奪れ  玄徳とお会いなされ  時、何と宣われ  責めを問われ  痛罵され  中に封じこまれ  敵勢に囲まれ  救いに来られ  大体三手にわかれ  味方にもまれ  混乱におとされ  ことばかり怖れ  周瑜は取巻かれ  陣歿され  蜂の巣のごとく叩かれ  大半を討たれ  すべて玄徳色にいろどられ  世間からいわれ  領域は侵され  火はもうあらかた消され  手擒にするといわれ  ずくめに包まれ  唾され  それに蹴ちらされ  大刀に逆らわれ  のんで見とれてしまったといわれ  ここで討たれ  旗頭に推され  玄徳にやさしく諭され  襄陽から追い落され  お迎え下され  玄徳に取られ  程普に救われ  利己主義だといわれ  不信を問われ  孔明に出し抜かれ  復命され  後、また召され  協議され  正室をおむかえになられ  周瑜あたりから云い出され  大事をとっておられ  使いに選ばれ  孔明から渡され  一般から崇敬され  正室となされ  届け召され  玉碗銀盤に盛られ  七種つがれ  十字紋石とよばれ  その間、試されたり、脅かされ  殿に導かれ  ため、参るにも参られ  から周瑜都督が示され  軍師にはいわれ  孔明から餞別に送られ  玄徳も驚かされ  不吉を仰せ出され  母公も決して許され  万燈がともされ  一たん良人と契られ  みな深く怖れ  疲れは思いやられ  先へ行くほど、塞がれ  中から訓えられ  呉へもどられ  周瑜ばかり怖れ  何か怖れ  理に打たれ  江岸江上をふさがれ  あらまし討たれ  若い孫権、そう励まされ  呉を怖れ  聯合を怖れ  あいだに配され  苦しみから救われ  声を放って、お哭きになられ  孔明に一杯喰わされ  孔明からいわれ  心をくだいておられ  番につけ置かれ  重臣たちに励まされ  遺骸は篤く葬られ  色もまだ拭われ  名文によってつづられ  囑目され  奔って行かれ  何だか大変楽しく思われ  のが可笑しく思われ  たしかに火葬せられ  中で焼かれ  脳貧血に襲われ  火葬場で焼かれ  焔に忽ち焼かれ  四方八方板で囲まれ  祭壇に置かれ  隙間から望見され  火気から保護され  ものに載せられて、引張りだされ  中で取行われ  肩に担がれ  蓋を開かれ  グリーン色に塗りつぶされ  海原が見渡され  すべて曲線で囲まれ  ように紅く彩られ  日本とは思われ  永眠を惜しまれ  一宮大将は亡くなられ  ここへ来られ  隅に抛り出され  戸籍面からハッキリ除かれ  幽霊だと思われ  お葬式を営まれ  年寄りになれば、老いぼれと蔑まれ  帰心に襲われ  マルキストと言われ  処罪され  講師にまわされ  背を押され  シルエットに区切られ  先方へ連れて行かれ  みんな、ひっくくられ  上に押し出され  正面を向いて明るく照らし出され  お嬢さんお嬢さんていわれ  神さまから叱られ  判決をくだされ  あいてを怖れ  人見から視線をそらされ  今井も釣られ  エスさまに、しかられ  あとに取り残され  苦悩に打ちひしがれ  セケンから迫害され  一刻も耐えて居られ  お母さんも呼ばれ  眼をやられ  三月に焼け出され  憲兵隊でもやられ  お前たちや、ただ、おどかされ  方に会ってしゃべりますと、気づかれ  加盟され  こともいわれ  間牢獄にとじこめられて来られ  興味を引かれ  此処へつれて来られ  国賊だなんていわれ  一同の置かれ  ゴマカされ  支配階級からゴマかされ  みんなから、ぶたれたり、けられ  ために、こんなに怒られ  手を合せながら連れて行かれ  裏切りといわれ  俊子など、泣かされ  とこに引っぱりこまれ  トウテイ救われ  おれたち日本人は救われ  上に起きあがって坐っていたが、いわれ  イジメぬかれ  クリスマス・イヴには、もうすこし持って来られ  みんな解決され  言葉で打ちくだかれ  君からいわれ  竜子も釣られ  三時にたたき起され  私服刑事に、こづかれ  ナニされ  から廻され  音にのみこまれ  音に消され  其をきかされ  教え込まれ  さとにおどろかされ  群集のつめこまれ  稍ともすれば聞かされ  名を聞かされ  山で囲まれ  つて厳禁され  づと点頭かれ  これがよいとされ  心持ちにわずらわされ  必要はないと思われ  つゆをかけて出され  著者に話され  一般にとは申され  ことをするとなおさら睡れ  大分恥をかかされ  歌として引き延ばされ  複製され  ブルヴアルで売られ  云つた風に撮られ  巴里にも居られ  つて夢に引きずられ  何も焼かれ  今汽車に轢かれ  通つて来ると、踏みつぶされ  本だよ、と云われ  そこで扱われ  何かバラバラとめくられ  文句で買われ  広告で買われ  人工的につながれ  厭味にこねくられ  四季に分けて書かれ  落第を余儀なくされ  一本祖母から叱られ  御免蒙られ  了見を見透され  両親には知られ  召上れと云われ  私に遺され  謡がきかされ  身に代って思い遣られ  そこに祭られ  祖母自身から聞かされ  布に包まれ  調子がふくまれ  問題が蒸し返され蒸し返され  だんだん明らかにされ  やうに運ばれ  ために絶えずおびやかされ  いふ性格が形づくられ  衣裳がほどこされ  軍国主義的封建政治に馴らされ  云ひふるされ  欠陥にありとされ  云つただけではすまされ  あやしまれ  やうに見過され  ことは、限られ  つてなされ  無理に受けとらされ  種々批判され  感慨をこめて語られ  たしかにくじかれ  今日までさんざんなやまされ  感覚をとほして語られ  美と呼んですまされ  報告がなされ  つて指摘され  均衡が保たれ  前提で話され  一国民学校長から提出され  料理が作られ  感覚が失はれ  平衡が保たれ  感覚が鈍り、または失はれ  領域や、限られ  数百年以来徐々に醸され  説はかなり知られ  それが示され  なぞは許され  下にをれ  なほ不用意に受け継がれ  脅威がとり去られ  圧迫が除かれ  ものではなく、また、与へられ  ことは、ある限られ  家族制度は、その強ひられ  時代的に限られ  つて営まれ  是認せられ  気味合がふくまれ  子供に多いとされ  目的で書かれ  習性化され  習性を与へられ  飼ひならされ  どこかをつねられ  云つてはすまされ  表情にとざされ  家をすつかり焼かれ  ごとではすまされ  対決を余儀なくされ  視線に取り囲まれ  それすらも失はれ  良心がゆすぶられ  誰かれ  それについて聴かされ  三時間も待たされ  侵害され  行列が作られ  敵手に捕へられ  なつてゐるか、もしくは、ある限られ  無用視され  つて曝露され  患者を運びこまれ  何を与へられ  何かしらを与へられ  豊かにされ  つてのみ計られ  重要性が度々説かれ  使はれ  今日叫ばれ  法文化され  気持で読まれ  図書館です、と指し示され  希望をもたされ  云つて笑ひきれ  輪廓が示され  今さら叫ばれ  改善が施され  動作に織り込まれ  畸形化され  健全に保たれ  標準として作られ  厳密に守られ  今日なんびとかによつて強く叫ばれ  手紙に書かれ  蔽はれ、曇らされ、汚され  力が残され  書物に書かれ  ぎこんだりするおそれがあるとは思はれ  掛値なく受けとられ  あらはには書かれ  私はされ  硝子瓶がちらばら置かれ  心は引かれ  思いをさせ始めたとしか思われ  群集から脱れ  指先きにやっと掴まれ  形にすつかり馴らされ  ことに馴らされ  やうに馴らされ  真剣味が含まれ  強味になりはしないかと思はれ  妥当であろうとは思われ  ふところにはぐくまれ  分化され  もみ砕かれ  頻度をもって繰り返され  国立公園として推され  特色をなしているとも言われ  灰砂でおおわれ  日本では夢にも見つかろうとは思われ  海で切り離され  ために広く深く掘りえぐられ  大陸と切り離され  岸べに限られ  保育され  欲求が満たされ  地盤であろうと思われ  とき自然にいだかれ  ビタミンとともに、そこなわれ  統括され  建築に示され  中にいだかれ  のであると言われ  規約され  生まれ崇拝され  土地から移植され  地震台風に鞭打たれ  科学者に残され  詩人によって養われ  進歩に脅かされ  論述され  一刀に切られ  金短冊に書かれ  傑作と申され  婦人方には好かれ  かんざしを盗まれ  ところ摘切られ  若者が無暗とさらわれ  十数日たつと送り返され  罪悪は行われ  棚からぼた餅といわれ  ばっかりもいわれ  トンチキでないとはいわれ  枯草が敷かれ  内から閂でも下ろされ  兄貴さえ、呑み込まれ  こいつァどうにも逃され  鶯谷で襲われ  俺等二度目をやられ  連中に囲まれ  切りたおされ  野郎殺され  病気が進んでなくなられ  額ぎわを斬られ  あめが入っていると思われ  精神として示され  一月もたてば与へられ  先づ祖国のために、この与へられ  生活は築かれ  間に叫ばれ  趣味とによつて貫かれ  つて限定され  厚意を示され  戒厳令が敷かれ  猛火に包まれ  消失され  たまたま配達され  やうに積まれ  一泊なされ  雨雲に閉され  車上に揺られ  脳底に彫り込まれ  其一人に導かれ  帰つて来られ  軒に至るかと思はれ  山燃るかと思はれ  一直線に作られ  平地が開かれ  境を撰んで作られ  中に托され  和歌が記され  消灯され  中央に置かれ  信号も送られ  総てが運ばれ  殺人が行われ  係員から手渡され  封筒が残され  平面に限られ  危険と思われ  さに対して抱かれ  警戒管制が敷かれ  んだと思はれ  やつがとられ  先生は、いわれ  使いに雇われ  人間になると思われ  先生は、おっしゃられ  仕度をなされ  自動車に触れて、はねとばされ  直ちに病院へかつぎ込まれ  家宅捜索をせられ  徴発して行かれ  畑は荒され  彼は打たれ  自分も殺され  何者かに促され  馬の背から取りはずされ  雪に喰い取られ  靴を取られ  流れがせかれ  上を追いまわされ  何か云われ  商人にだまされ  雪に包まれ  雪に取られ  お父さんに見ぬかれ  しろにとりのこされ  握手をしてはいけないといはれ  応接間に区切られ  ひとから悦ばれたり、うるさがられ  つてか、相惹かれ、相結ばれ  とつておかれ  狐はつぎつぎに、殺され  心臓にうちこまれ  丁稚奉公に出され  転々と引き廻され  ひとに誘かけられ  家を焼け出され  ことだと思はれ  解雇を申し渡され  家臣どもから追われ  白頭城が築かれ  身をくだかれ  ところがお見うけされ  群将に守られ  馳け破られ  出征を図られ  戦に誘われ  馬つなぎも、ことごとく流され  合力され  書簡も返され  仁愛に富まれ  知らない人といわれ  首斬りが行われ  ために研がれ  無言にふさぎこんでおられ  酒は開かれ  酔態を語られ  紫虚上人といわれ  鼓につつまれ  串刺しにするかと思われ  後陣へ送られ  矢に救われ  敵に生け捕られ  扼され  連絡は断たれ  孟達は呼ばれ  髪を短く切られ  仲間へ落され  ちょっと気づかれ  忠言下され  魏延に待たれ  心をとられ  心を惑わされ  紅燈青燈に彩られ  大地へ吸いこまれ  孔明から説かれ  状はよくうかがわれ  水陸二手にわかれ  意をうごかされ  命はよく行われ  あな、あわれ  玄徳軍は討たれ討たれ  窓から下へ蹴落され  軍議され  曹操に破られ  敵に飼われ  趙月は殺され  兵はふみつぶされ  費観は伴われ  英雄とのみ思われ  決戦が行われ  交換が行われ  馬超に討たれ  賢人といわれ  玄徳に頼まれ  道具につかわれ  いまは憂いも除かれ  幾つにもわかれ  これへ来られ  家訓よく行われ  後方へ送られ  斬罪に処され  呉宮の内へ召され  みな獄から解かれ  書簡は引き裂かれ  ふたりは打たれ  独り世に生き残っておられ  部下に追い払われ  珍器に飾られ  内三郡だけを返すといわれ  所業といわれ  偃月刀が持たれ  魯粛がつかまれ  魏王になられ  金璽を持たれ  位に進まれ  市へひきだされて、斬られ  色を気どられ  出御しておられ  物音におどろかれ  色を失われ  ことを覚られ  内へかくれておられ  昏絶され  言に従われ  曹仁はやっと通され  軍議に追われ  鉄環につつまれ  天を怖れ  兵燹から救われ  むかし甘寧に討たれ  大半以上討たれ  敵に追われ  胆にふかく刻みこまれ  馳けくずされ  危険に陥るかとすら思われ  帆を裂かれ  二軍に待たれ  累々と積まれ  紅になるかと怪しまれ  彼方にあって揉みつつまれ  将士に守られ  黒風白沫にもてあそばれ  陳武は討たれ  烏角先生とも呼ばれ  羊を殺され  病室へ召され  それは行われ  牛を盗まれ  手へ戻され  のにもだし得ず、ついに伴われ  重臣が死ぬと思われ  開封され  スイスから追放され  最近満足に開かれ  久しぶりに開かれ  夏日本から追放され  ように見せるので、よくそう言ってからかわれ  顔を見知られ  不可能にされ  難病に襲われ  ことが、大ぶ感づかれ  連合創立大会が開かれ  警察へ引っぱって行かれ  ホテルへつれて行かれ  うちへつれて行かれ  掃除代まで取られ  テーブルに坐らされ  頃発表され  ドリイにわかれ  プリゾン・ド・ラ・サンテに送られ  首をさらされ  気持にあおられ  拘禁され  二人だけは残され  みんな出され  病院に移され  無造作にむしろ驚かされ  中ででも大ぶ聞かされ  官憲から危険人物扱いされ  筋に知られ  等に許され  からだも、どうなるか分らんとおどされ  集会にも出れ  あさってと言われ  間に闘わされ  示威行列は許され  労働者町で催され  みなはがれたり破られ  郊外では行われ  足どり難なく引っぱって行かれ  警察の奥深くへ連れこまれ  女連はさんざん蹴られたり打たれ  巡査に来られ  方へ連れて行かれ  肩を握られ  ドイツ人に買われ  監房へ連れて行かれ  留置場へぶちこまれ  サンテ監獄に送られ  みんなから話され  誰かに聞かれ  んじゃないかしらとも思ったが、叱られたら叱られ  予審へは一度呼び出され  五月二十三日に開かれ  メーデーでやられ  セン・ドニでやられ  法廷に引きだされ  あなたもすぐ出れ  監から出され  巡査に送られ  がちゃがちゃと開けて押しこまれ  今から上へ呼ばれ  その男等は呼ばれ  奴が呼ばれ  最後まで残され  上へは連れて行かれ  そのまま放免はされ  室に連れて行かれ  室で待たされ  主事室へ呼び出され  なかった理由になろうとも思われ  力だと思われ  生命を失ったと言われ  一時も居れ  言論の自由を許さなければならないまでに、余儀なくされ  棒でぶたれ  靴で蹴られ  寺院区とまで言われ  のには少々驚かされ  ドイツに買われ  発売禁止され  サンテにほうりこまれ  鄙見の行われ  道始めて行われ  容易に許され  包羅せられ  法律さえ行われ  封建時代にありても、決して許され  社会に許され  擯けられ  多妻を許され  弱点を襲われ  御座に出され  文明に誘われ  縁取られ  結果であると言われ  火に脅かされ  風に脅かされ  大掴みに記され  二万三千余であったと言われ  惨禍に脅かされ  押送せられ  大風に吹き煽られ  森山君には少し焦らされ  毛嫌ひされ  民族的自尊心が含まれ  国でも度々繰り返され  現代日本の選ばれ  がちつと強すぎて、どうせさう思はれ  横書きされ  現実がきりこまざかれ  意味がふくまれ  標本として示され  普通解釈され  あちこち案内せられ  詩人と云われ  からとり行われ  親切にもほだされるといわれ  目ざまされ  母の、つながれ  光景がくりかえされ  復古へ誘いこまれ  点景人物として映され  作品がつくられ  何が語られ  判断とが溌溂と盛られ  雪崩れでそぎとられ  基礎として行われ  裁判が行われ  雑誌を出され  希望等に限られ  山の手に限られ  境に達した押しも押され  戸山ヶ原などが選ばれ  探偵小説は、見るもあわれ  姿が生き生きと描き出され  ことは望まれ  圧し潰され  黙許され  芯をつかれ  三十前に書きつくされ  つて作品を書いてゐれ  變化され  複刻され  翻刻され  傳寫され  將來され  奧書せられ  繼續せられ  ペルリに迫られ  耕作せられ  どん/″\莊園は許され  途中で捕つたり殺され  發布せられ  税を取られ  今日は押しも押され  均衡が著しく失われ  音楽家などがまるで選ばれ  社会科学者が選ばれ  反面も含まれ  先駆をなすと云われ  研究に這入ったと云われ  リアリティーを持っているからかも知れないと思われ  大変助けになったと云われ  止めをさされ  今日では広く知られ  ボイコットされ  人間形成がめざされ  宮内省からきりはなされ  自主的にされ  ことを考えずにはいられなくされ  葉子にはおもしろくながめやられ  色が見抜かれ  ケーベル博士からののしられ  容姿に吸い込まれ  母に感づかれ  一間で執り行なわれ  悪意をこのあわれ  女中部屋に運ばれ  ほんとうにむちうたれ  胸に書かれ  微笑にひたされ  惰力に引かされ  好みに任せてあてがわれ  遺産といってはあわれ  今鋳出され  過去を聞かされ  天井に描かれ  手にもてあそばれ  すみにぶちなげて置いて、払い残され  正面からはね返され  世話をやかれ  反感に襲われ  糶売りをされ  遺産はあてがわれ  一部分だけあてがわれ  inspireされ  力に引っぱられ  心に先だたれ  唐紙牋に書かれ  上に踏みにじられ  ほうであてこすられ  人から距てをおかれ  冷ややかに酷く思われ  だれにもいわれ  存分に打ち砕かれ  わたしはもう見放され  人をあわれ  間に取りかわされ  心に描かれ  香につつまれ  貞世に引っぱられ  みごとにさえぎられ  気分に満たされ  ものになられ  いちばんはばかられ  中性動物として取り扱われ  気分はくずされ  ように、食い荒らされ  七月十六日から先ははがされ  見送り人に囲まれ  裏書きをされ  気が取られ  葉子にいわれ  ものがあじきなくも思いやられ  腕でがっしりと巻かれ  手からおろされ  上に張り渡され  熟睡からちょっと驚かされ  中にもまれもまれ  事がはっと思い出され  塩がれ  生まれる前から運命にでも呪われ  荷を背負わされ  避暑をしておられ  事がいわれ  絆から解き放され  女に許され  くすぐるように楽しませて思い出され  斎藤と呼ばれ  事務長だけは、いっこう動かされ  気分に促され  上に織りなされ  物慣らされ  半ば気を奪われ  へんにはまだ見いだされ  じんじんと痛み出して、泣きつかれ  甲斐なく思われ  音がするかとさえ思われ  中にともされ  舷をめぐって叫ばれ  末とは思われ  いちめんに塗りつぶされ  顔が、かき乱され  幻影はすーっと吸い取られ  岡と呼ばれ  今不用心に開かれ  事務長にあわれまれ  憎しみをもってながめやられ  よそからは決して動かされ  習俗から解放され  桟橋につながれ  表情に読まれ  目に立たないで戦われ  肉体につつまれ  皮膚に嵌め込まれ  ハンケチが取り出され  ようにつながれ  だんだん太くつながれ  手からぶきっちょうに札が捨てられたり取られ  林が切り倒され  足先をはさまれ  一区域と見なされ  邪魔物扱いにされ  老人は殺され  労働に縛られ  老人に引きずられ  声が投げかわされ  あなただまされ  わけもなくひしがれ  防衛に駆られ  葉子は切って落とされ  ただ白く見やられ  どこまでも引っぱられ  微風にあおられ  今まで切り放され  強敵に襲いかかられ  一刻も過ごされ  さびしさに促され  葉子はしみじみ思わされ  人に思う存分打ちのめされ  人に犯され  何事が語られ  ようにして使われ  お世話をお頼まれ  あてもなく動かされ  予想に押しひしがれ  氷で巻かれ  泡を立てて盛られ  それを気取られ  根こそぎくずされ  予想で取り乱され  葉子はさえぎられ  猫に見込まれ  船に結ばれ  支店長から聞かされ  眼窓から見やられ  社交から葬られ  事務長から残らず聞かされ  腹まで探られ  ように託され  哀れ深く思いやられ  沈黙が取りかわされ  先ほど呼ばれ  背負投げをくわされ  感情に打ち負かされ  refineされ  事を書かれ  事ではごまかされ  電火にでも打たれ  悪者扱いにされ  出迎え人に囲まれ  遺族に取り囲まれ  ようにも思いなされ  ごまかしくらいではだまされ  腹の中が見すかされ  事がされ  勝手に紛らされたりほごされ  切手のはられ  姉とより思われ  二人は互いに相あわれ  おろして来るかと思われ  冬とに囲まれ  さがさらけ出され  どん底にほうり出され  後ろ指をさされ  人と思われ  希望がいち早く断たれ  生まれるときから呪われ  気先をくじかれ  事務長に抱かれ  意外に打たれ  上になされ  故あって、はるばる渡られ  治療を請われ  もう少し放っておかれ  陥落せずにおられ  大将に選ばれ  烽火台が築かれ  建業に来られ  一地方におかれ  内外に知られ  発令され  猛者のみ択ばれ  不名誉とされ  しきへ移され  街に曝され  罪を問われ  呉軍に囲まれ  ただ取りにされ  調達され  みずから出陣され  完滅せしめんと御意遊ばされ  横に配され  関平を追うかと思われ  白髪首を争い奪れ  なだれを打って追われ  一族妻子も生かされ  彼に誘われ  子に届けて給われ  薬を下され  民に頼まれ  未練に駆られ  確信してよいかと思われ  人々に送られ  曹操にそそがれ  外交工作によってとりのぞかれ  さに消され  将士から疑われ  場合にのみ限られ  剣をもって脅かされ  潘璋が呼ばれ  途中で討たれ  こよいは如何召され  脚も埋めるかと思われ  岩にあたって圧しつぶされ  脚をからまれ  将士に欲しがられ  片腕といわれ  口々に醸され  当時流布され  関羽が斬られ  先を処してゆかれ  家庭におかれ  呉氏に呼び起され  うらみをそそぎ賜われ  疲れに描かれ  玉歩を運ばれ  遊びになられ  呂蒙に計られ  荊州を奪われ  怨みを怖れ  胸に畳んでおかれ  建てになられ  棟木があるまいと思われ  材木は運ばれ  程にいわれ  これは惜しい、孕まれ  毒矢にあたって苦しまれ  充分にあるらしくうかがわれ  これへ参られ  お立ち帰りなされ  縊って、あわれ  目のまえに斬られ  賦され  郷侯に貶され  口につりこまれ  誅され  前に引かれ  冷遇していたとは思われ  ことばにひかれ  胸を掻きむしられ  上庸におられ  魏王におかれ  内殿へ起たれ  勢力に追われ  際会され  ひとりになってしまわれ  曹皇后がそっと歩み寄られ  無言を守っておられ  礼節とされ  返事を聞かれ  眉を開かれ  面持ちを示され  台に立たれ  冊文を読まれ  時折はふるえておられ  階下に降られ  諡され  驢馬に召され  田舎へ落ちて行かれ  都を逐われ  漢家から持ち出され  朝廷で作られ  啓示され  天に選ばれ  南に築かれ  大志も、老来まったくしぼんでしまったかと思われ  政務にもつかれ  苦境に立たざるを得ないだろうと思われ  激情にふれて、よく撲られたり、蹴られ  武人にさえぎられ  守備にのこされ  玄徳に促され  下で浮かばれまいと思われ  世人にいわれ  所にこそあるであろうと思われ  心も洗われ  足労願われ  関羽を討たれ  策略におどらされ  威にうたれ  ひとといわれ  兵馬は続々送られ  威厳を侵され  魏を怖れ  小男めに一杯くわされ  援けを約され  王になられ  名によって贈られ  背に美しく積まれ  幼稚に思われ  緊迫感に襲われ  張苞に討たれ  大将まで討たれ  兵に斬られ  途中で斬られ  敵に焼かれ  年七十にあまれ  死神にでもとりつかれ  槍を奪われ  黄忠が追い込まれ  耳もとでいわれ  画像が祀られ  潘璋は、組敷かれ  首を取られ  見世物に曝され  駁され  秀才とも思われ  儀式を営まれ  軍律を厳に守られ  悪戦苦闘を続けておられ  これに臨まれ  昂揚され  改革が行われ  奇略といわれ  下問になられ  移し遊ばしても遅くはないかと思われ  勢いを怖れ  落胆なされ  戦闘が描きだされ  諸人に囲まれ  部下もろとも討たれ  挟撃され  わけをきかれ  うにと、考えずには居られ  歴史にひらかれ  方が倒され  たつは殺され  子供を見ると、治してやらずにはおられ  ひょうばんもよく行われ  ここで祀られ  後も、永くもてはやされ  ことかと思われ  夫に憎まれて、殺され  井戸に投げ込まれ  名をもって知られ  弘く行われ  心を、起さずにはいられ  大師の来られ  水を飲ませよといわれ  池をこしらえて下され  ここを掘って見よといって行かれ  水をほしいといわれ  一ぱいくれといわれ  老女にいわれ  水が飲みたいといわれ  弘法大師の永くおられ  杖を投げて置かれ  水が赤くて飲まれ  弘法大師が来られ  開きに来られ  水を飲ませてくれと申され  大師はだまって飲んで行かれ  水がほしいといわれ  入り口にさして、出して下され  寺に頼まれ  狩りをなされ  方へ、持って行かれ  芽を出すであろうといって行かれ  潮を呼んで下され  粥をもって祭られ  難儀をなされ  のは苦しいだろうといわれ  弘法大師が祀って置かれ  法力をもって救われ  信仰について、古く行われ  ほとりに祀られ  城が攻め落され  主にだまされ  御覧なされ  人に気付かれ  霊に取り殺され  独眼竜といわれ  もっと後までも行われ  昔話になって行われ  船がかりなされ  落馬なされ  戦いに行かれ  突きなされ  目を突かれ  潰しなされ  目を突いてひどくお痛みなされ  中で討たれ  片目をつぶされ  作物はお好みなされ  怪我なされ  片目が小さく造られ  姫神に頼まれ  後を見返ってはならぬといわれ  うちからおそれ敬われ  信仰せられ  竜神に取られ  今でもよく知られ  下りなされ  身を投げて死なれ  箸をさして行かれ  一本木ともいわれ  建てなされ  さしなされ  戦いなされ  人には、とうてい望まれ  めなされ  いま少しとのぞまれ  出発なされ  領分境をきめようとせられ  内に休んでおられ  所まで行かれ  信濃にはいられ  出あいなされ  馬と出あわれ  出直して行かれ  降参なされ  盃をなされ  地へ埋めて行かれ  筑紫に流され  ほんとうとも思われ  沓をはいてお蹴飛ばしなされ  神様に蹴飛ばされ  頭を蹴折られ  足を挙げて蹴くずされ  伝説は、ずいぶん広く行われ  喧嘩をして斬られ  方々に行われ  遠くへ持って行かれ  お巡りなされ  歌に詠んで下され  妻になされ  仲裁をなされ  神に頼まれ  怪我をなされ  守護をしておられ  神に祀られ  小豆で養われ  首をひき切られ  綱ですられ  手にして話され  名前も持っておられ  役に使われ  泥だらけになって立っておられ  手を斬られ  地蔵が代って下され  石地蔵はしばられ  若い衆にかつがれ  散々に叱られ  影響する怖れ  公式主義的に使い古され  倫理学主義と呼ばれ  風に云われ  問題にされたとさえ思われ  反省につつきまわされ  個人から抽出鍛冶され  政治性と云われ  教養とか呼ばれ  ブルジョア文学は失われ  民衆とつぎ合わされ  文化的特色から引き出され  ことは出来ない、許され  跋渉され  引合ひに出され  黒光寺山にはさまれ  団九郎坂と呼ばれ  所業とされ  わけで怖れ  河太郎と呼ばれ  劇につくられ  神格を与へられ  貴方らしくなくも思はれ  二三行宛抜萃され  顔の赤くなる思ひに打たれ  想ひにばかり打たれ  手紙を渡され  小林秀雄に依つて知らされ  はじめて聞かされ  女學校にやられ  すつかり打ちのめされ  戰死され  てゐたので差上げたらば、大層よろこばれ  禮を申され  戰死をされ  摧残され  大通りからそれと浅く透かされ  そこに出され  もっと整理され  空気がかもされ  女隠居から買いにやられ  心持に誘われ  もとに運ばれ  不滅に残され  広場がつくられ  喜びに満たされ  空気が深くたたまれ  さがのぞかれ  昔からいわれ  そこに繰返され  そっちへ引っ張られ  上にひとりでにかもされ  あそこに上ってしかられ  あたりに綴られ  ことが繰返され  神が招かれ  即位なされ  其処に降りて来られて落ち着かれ  方ではなく、与へられ  多くから愛読され  楽しい計画がふくまれ  別に許可され  勇敢に闘われ  人波にもまれ  腹を立てているとは思われ  イワレがあろうとは思われ  外苑を歩かされ  荒波にもまれ  記代子にもれるかも知れないが、知られ  方には、知られ  架空の話をきかされ  地回りに、なぐられ  のも、殺され  二にうながされ  構図され  ドタ靴はかされ  選挙に立たされ  有志にしつこく推され  北川君にきかれ  志望を煽られ  泊りにきてくれと頼まれ  別居だとも思われ  さに打ちひしがれ  京都まで訪ねて来られ  顔は、打ちひしがれ  心境を語られ迫られ  別居され  屁理窟ではごまかされ  オイハギにやられ  返答してもいられ  地ならし道具に使われ  水じゃ救われ  見事にふられ  通りふられ  大庭君にふられ  勘定を救われ  思いにうたれ  姐御にたかられ  秘密をさとられ  過労を怖れ  ヴェールにつつまれ  恋愛はふられ  土足にかけられ、ふみにじられ  自殺なさるかと思われ  自分にからかわれ  芸者にかこまれ  酒をさされ  酒肴に襲われ  特に目をひかれ  女手に握られ  誰にも握られ  下座がてらされ  素足がてらされ  脚がてらされ  蝶ちゃんとよばれ  出版部をまかされ  誰にも悟られ  手にみとられ  男は、憎まれたり疑られ  あれがふられ  大庭先生に叱られ  観劇をさえぎられ  お姉さんと思われ  私にきらわれ  出口をふさがれ  対象だとは思われ  記代子さんは、限られ  ことで、怒ったり、怒られ  指が噛みきられ  宿へもどったが寝つかれ  お前さんなんかに、可愛がられ  鎖をつけて吊るされ  お前なんかに可愛がられ  ルミ子にみちびかれ  宿屋へねかされ  オジサンが、こう救われ  ほかには知られ  さにおしつぶされ  ところで行われ  無邪気さが、あわれ  心が洗われ  失踪をしらされ  こッぴどく叱られ  時間またされ  家にも居られ  こちらへ立ち寄られ  どこにも立ち寄っておられ  さら寝つかれ  バカらしいと思われ  幾時ごろ行かれ  宿を知らされ  罪悪感にさいなまれ  訪れを怖れ  話をきくと、ぶちのめされ  捜査に当っておられ  ハガキぐらいはくれるだろうと思われ  女給にからみつかれ  愚連隊にやられ  青木のなぐられ  青木がなぐられ  ジジイに好かれ  己れにもゆるされ  お客にさそわれ  おまけにひっぱたかれ  何かにためされ  利巧だけがためされ  バカなりにためされ  キッピイにぶんなぐられ  キッカケでもあったし、又、ぶんなぐられ  悪党だとも思われ  カズ子にこう言われ  ように渡され  姓名が記され  料理のされ  十日間ほどもてなされ  煩悶され  自殺の怖れ  ように罵られ  ギマンされ  電車にもまれ  下町がやられ  町内がやられ  荒波にもみまくられ  それにしては、選ばれ  たか、と訊かれ  世間体を怖れ  パンスケを養って、かしずかれ  パンスケにかしずかれ  女社長に可愛がられ  誰に知られ  はいなかったが、殺され  右へ叩き返され  左へ叩き返され  フラフラふりまわされ  上へねかされ  キレイにふきとられ  ことを思うと、救われ  表門は堅く閉され  戸にはさまれて、つぶされ  応接間へ通され  綱から放され  花屋だけでは、損するばかり、食って行かれ  一生をかけてだまされ  さを感ぜずにもいられ  針をさしこまれ  それが嫌われ  中へ突きとばされ  愛想づかしをされ  有様ですよ。よくも怪しまれ  一生なやまされ  姿がかき消され  とき八十万円ほどかすめとられ  自分がかすめとられ  彼女親友は押しも押され  片棒だけをかつがされ  女にもてなされ  サイソクされたり、叱られ  心を洗われ  言葉がうとましく思われ  跡にしるされ  看護婦にくどく言い渡され  大半は失われ  ヤエ子は追われ  全て失われ  前後左右たちふさがれ  ことで悩まされ  世辞なんか使ったって、だまされ  人たちに気づかれ  邸宅にかくまわれ  ピイピイ、あわれ  記代子をあわれ  娘には、踏んだり蹴ったりされ  冷いもので触られ  人が、甘やかされ  条件は、すでに失われ  記代子もつりこまれ  ように仕込まれ  義理人情にも突き放され  義理人情から解放され  義理人情にも見放され  男が多くあろうとは思われ  チョイチョイ戻られ  傷口にさわられ  キレイにぬぐわれ  心は洗われ  東京を怖れ  祈り殺され  行路病人みたいに扱われ  屍体にだかれ  半分にねぎられ  ことができましたし、ぶんなぐられ  お金を取り戻され  大罪人とよばれ  お金をとられ  人手にひきだされ  むしろ人に盗られ  私が何より怖れ  一つの怖れ  特に正装とも思われ  今は解かれ  意はみたされ  身体検査され  真鍮の磨かれ  動きに押され  後から押され  幕のおろされ  ときから一列におかれ  席まで運ばれ  通告され  開会され  塩梅され  音響に充たされ  議席に置かれ  歴史にも語られ  何ものかが語られ  法律としてつくられ  言葉が生れて使われ  距離をもって行われ  そこに営まれ  作家によって描かれ  持続され  戸口から吐き出され  遠く思われ  伝達せられ  権威具備せられ  ことは、択ばれ  其ひつぎのみこに択ばれずに居られ  為向けを受けて育たれ  育成せられ  遵奉せられ  貯蔵せられ  象徴的に示され  神言に含まれ  載録せられ  保有せられ  詞章が作り出され  製作せられ  つて表現せられ  保持せられ  つて記録せられ  冒涜だとせられ  其故、書かれ  筆録の拒まれ  文章が作られ  天上から将来せられ  其名がくり返され  はじめて表現せられ  其用例から認容せられ  命令なされ  修練せられ  改竄せられ  記入せられ  改作せられ  邑に隠れ居られ  自ら別に推測せられ  凹凸なく葺かれ  志をおうけ下され  浄土とせられ  上に著れ  諷誦せられ  伊予の国に流され  記載せられ  舎人を殺さうとせられ  心に迫られ  宮廷に召され  地に上られ  行つて引き返され  滞在せられ  迎へに遣され  迎へにやられ  問ひなされ  うたひなされ  お歌ひなされ  鎮りなされ  宮廷に還られ  ことが繰返えされ  胸に縋り、抱かれ  月はかわれ  秋田氏に導かれ  身近く使われ  風習ではあるけれど、話しながら送りだされ  ように招かれ  芸術座脚本部から頼まれ  女がないとは言われ  門前払い同様にしたといわれ  全部を奪われ  ものだとさえ思われ  氏が話され  連発され  ようだといわれ  小山内薫氏が訳され  代名詞につかわれ  最後に廻され  のを待つべく余儀なくされ  私は泣いてはおられ  なかには泣かれ  顔だといわれ  訃がもたらされ  養女に貰われ  実家に引き取られ  戸板裁縫女学校を選らまれ  彼女も知らずしらずに動かされ  動揺から解散を余儀なくされ  客席へ招かれ  蜚語され  永眠され  統率され  すべて抱月氏のにならっておこなわれ  花環に取りかこまれ  しゃる事にはそむかれ  信州へ持ちかえられ  から用意せられ  混淆せられ  常世の国から齎され  伝へ残され  臨時詞章に限られ  固有せられ  所を纏めて、形づくられ  元来挿入せられ  中に納めたとばかりは、思はれ  混用せられ  早世せられ  主が失はれ  事、語られ  残りに語り置かれ  持続せられ  新撰せられ  習俗化しても、長く守られ  間に限られ  神自身から与へられ  形が選ばれ  独のこされ  これとかれ  巴絵を描くにみちびかれ  影も失はれ  姿も消え遂に拓かれ  裡に包まれ  ますます発揚せられ  貞観元年従四位下を贈られ  経営なるかな、され  殆あさりつくされ  幸田氏のものされ  さを殺がれ  南蛮から輸入され  光にぬらされ  堀割に沿うて造られ  家々にともされ  戦争以来大分伐り倒され  上下左右に動かされ  前後にだけ動かされ  仕方は、もう許され  御前と云われ  心地せられ  理なり、然れ  妖魅す、然れ  巧句を得べし、然れ  神霊に動かされ  異人の住むとせられ  常世の国から将来せられ  称へられ  諡を持たれ  発言せられ  区別があつたとも思はれ  役目をなされ  春天降られ  平安朝に引継がれ  随身として、召され  於いて征服なされ  混乱重複して説かれ  呪術から導かれ  汎称せられ  多く国々から召され  家々から奉られ  国々から奉られ  覓めて歩かれ  臨時に召され  帰一せられ  語で表され  つて組織せられ  叙事詩に含まれ  期間持続せられ  宣命に多く含まれ  中にも、催され  啓発せられ  内省には悩まされ  名札が置かれ  虎とよばれ  欺瞞が隠され  昔日本に行われ  昔行われ  日本には行われ  外国には行われ  木橋がとりこわされ  東京で行われ  教養を仕込まれ  圧倒され、追いまくられ  のではなく、息せききって追いまくられ  木戸が開け放され  不敬罪に問われ  爆破され  山々にかこまれ  めいに叩き潰され  隠元に限られ  特に払われ  ために支払われ  銀座だとは思われ  場所に置かれ  すべて除かれ  デコボコに張りめぐらされ  意識して成され  からざる必要にのみ応じて、書きつくされ  年長者から導かれ  殆ど確定せられ  漸次知られ  つて變形され  變形され  部落が形づくられ  つて形づくられ  確實に記され  つて栽培せられ  文化を形作られ  運動があると思はれ  講演を頼まれ  流行ことばが結びつけて云われ  濫造され  もののちからで消され  感じは、育くまれ  場所で行われ  結果について書いておられ  なかにくまれていたと書かれ  投票され  一つとして考えられ扱われ  先頃朝日に出され  経過が辿られ  本が出され  扮飾され  字で書きなぐられ  口から話され  方がいいと思われ  子供に取りまかれ  出版書肆へまわされ  まり遠く押し流され  都会へ持って来られ  自分が叱られ  何円か取られ  一色から報告され  彼女に誘われ  噛いちぎられ  一時に呼び覚まされ  手巾に包まれ  のだったが、そう言われ  葉子に言われ  苺にあやされ  そこまで送られ  桐で指され  狐に摘まれ  自慢して聞かされ  間にすでに持ち込まれ  屋敷に招かれ  家へ来ると、貰われ  世間からとやかく言われ  ゴシップ化され  感情が、一気に揺り動かされ  さが、充たされ  心は鎖され  のだったが、拒まれ  ものが、こてこて取り出され  腰障子で仕切られ  感じも、失われ  胸をさすられ  幾枚もの色紙に書かれ  切手のべたべた貼られ  酒場に塗り潰され  翫具がこてこて置かれ  激情に動かされ  半分繰り出され  以上、そうやってもいられ  くり髪を切られ  生活から脱れ  ことをしてよく殺され  型そのままだと思われ  震災ですっかりやられ  時お座敷に呼ばれ  お座敷へ呼ばれ  のを見込まれ  クルベーさんに感づかれ  ように取り散らかされ  四十度以上もの熱に襲われ  拉れこまれ  仔猫を取られ  妹に呼ばれ  六畳に移され  荒療治が行なわれ  座敷ばかりへ通され  ものもまだ失われ  煮え湯を呑まされ  のであったが、誘い出され  青年文学者島野黄昏に送られ  悩みもやや癒され  大風呂敷に包まれ  むやみに買いこまれ  庸三はじっとしてもいられ  休み茶屋に連れこまれ  部屋へ担ぎこまれ  病気見舞かと思われ  ためかと思われ  無残に掻き乱され  講演などを頼まれ  辺だろうかとも思われ  気焔を挙げているであろうと思われ  苦悩から解放され  貨車で運ばれ  真中へ積みこまれ  壁を塗りかえられて残され  脂に燻しつくされ  ために醸され  短かい生命は刻まれ  病室から搬び出され  興味的に知られ  茶碗大に刳り取られ  日に追われ  気持が釈かれ  クルベーに来られ  牽制され  キスされ  病名の記され  部屋へ持ち込まれ  あたりにも、脹らみが取り戻され  間、来てはいけないと言われ  葉子に感づかれ  迹かとも思われ  想見され  ように慣らされ  応接室へ入って行ったが、しばらく待たされ  赭ら顔が照らし出され  白粉に冷たく塗られ  瞬間後へ引き戻され  因縁の結ばれ  石炭が燃やされ  博士もいられ  仄かにぼかされ  節制され  言葉が囁やかれ  庸三は圧し潰され  目を蔽われ  莫迦げた道化師にされ  二方庭に囲まれ  ホテルで聴かれ  頸元を吹かれ  前からドクトルに言われ  眠りに誘われ  床についてもいられ  女性へと注がれ  ボッブされ  絨毯が敷かれ  噂話が交され  魅力に惹かされ  どじばかり踏んで叱られ  友達にそう言われ  機嫌になられ  乱暴なので怪しいと睨まれ  若さに打たれ  二人に送られ  行動に移され  戸はもう鎖され  袖垣で仕切られ  小夜子に言われ  日常から解放され  ものにも、襲われ  園田さんに送られ  その男に見込まれ  鍵が握られ  誇張に彩られ  忖度され  それが窺われ  綺麗事で済まされ  川風に吹かれ  廊下へ呼びこまれ  彼女から聴かされ  酒が持ちこまれ  必要だと思われ  鏝にさわられ  魅惑にも引かれ  昨夜連れこまれ  ことは、連れて来られ  社会的には全く打ちのめされ  会議室で作られ  世間から何といわれ  雰囲気の含まれ  貴方が持って行かれ  スウブが運ばれ  とき贈られ  若い人たちに騒がれ  隙もなく連れて行かれ  悩みも思われ  現実面へ持ち来たらせられ  必要から割り出され  庭で仕切られ  社会面記事から惹き起こされ  部屋中押しつ押され  誓文を書かされ  証文を取られ  まま折り畳まれ  口から聴かされ  気分に誘われ  彼は誘われ  辺までお乗りなさいといわれ  菊野さんに言われ  敵対観念が含まれ  思いに引き摺られ  世間から隔絶され  家を脱れ  田舎へ招かれ  放肆を恥じ怖れ  会に呼ばれ  有耶無耶では済まされ  先生も汚いなと思われ  晩神山に送られ  葉子から電話で呼び出され  感傷を誘われ  方に積まれ  買いものだと思われ  居所を、すでに感づかれ  葉子がいないと言われ  ジャアナリストに見放され  家で催され  納会に誘われ  時にはぐらかされ  熱心に誘われ  師匠にいわれ  祝宴が催され  海嘯にさらわれ  ベルに起こされ  雰囲気の醸され  会話が取り交され  手から難れ  采配ですっかり積みこまれ  学芸欄記者に拾われ  印刷職工から相手にされ  頭臚を殴られ  意地わるく皮肉られ  老大家に甘やかされ  タイルで張られ  途中で降り出され  思いやりなく浚われ  ドアで仕切られ  中を呼び出され  自動車に引き摺りこまれ  彼女から案内され  葉子から聞かされ  帰りに誘われ  マダムに愛され  書斎に持ちこまれ  闇へ葬られ  これが行われ  改訂せられ  から我が国に行われ  平安朝頃に至っても頻りに行われ  事も行われ  太古以来行われ  自ら焼かれ  火中から飛び出され  屍体をまでも焼かれ  家ぐるみ焼かれ  我が国に行われ  のみは言われ  事が行われ  歓迎せられ  南部支那等に行われ  の葬法の古く行われ  我が国においても行われ  式によって葬られ  風のかなり行われ  文学にも扱われ  スリルがかくされ  ば光り現れ、犯され  つて計られ  流儀からみて低いと思はれ  小説文学が創り出され  生活に織込まれ  そこに生かされ  整備完成され  一般に受けつがれ  西洋人らしいと思はれ  利用せざるを得まいと思はれ  現れではないかと思はれ  云つて出され  立木に囲まれ  完全に保たれ  結果であらうと思はれ  思想に貫かれ  人間が大きくなるとされ  娯楽化され  ざかつてゐるやうに思はれ  横好きが許され  ところがあるからだと思はれ  配慮とも思はれ  恥とされ  日本で叫ばれ  拡大強化され  ものが屡々行われ  俗称され  色揚げされ  日本以外に、行われ  ものから解放され  自分の失われ  公家達が居られ  お話せられ  事のみが書かれ  學問せられ  精通して居られ  自分におかれ  遺言遊ばされ  掟を示され  自筆で書かれ  慕つて居られ  革新思想を持たれ  革新的思想を持たれ  學問をされ  人を召され  宋學をやられ  禪宗などもやられ  復古的方法まで進まれ  書風を書かれ  書風を採られ  北條方からめしとられ  禪學をやられ  祈願を遊ばされ  後宇多天皇がなされ  位に居られ  やつて居られ  祈願遊ばされ  考を持つて居られ  考を持て居られ  空間も写され  語から促され  新作せられ  僕も少し頼まれ  処へこう云われ  身請をされ  車に引かれ  他へ買取られ  事をして下され  久次郎に渡され  身請なされ  持料になされ  庄三郎に突かれ  置去りにされ  五十円で買われ  まことに済まん、貸され  日に逐われ  何うあっても貸され  喧嘩でもしてそう思われ  アしないかと思われ  から誘われ  お前さんに誘い出され  んなさいとも云われ  一度でも呼ばれ  五六度呼ばれ  者に騙され  所に請出され  煙管を何で買うかと思われ  提灯を切られ  恩返しの仕られ  方から救われ  二度とも参られ  処へなんぞ申して参られ  時計を頼まれ  盗賊にでも取られ  預り金を取られ  なんども、呼ばれ  処には往かれ  男に請出され  坊ちゃんとは思われ  何か致して斬り殺され  矢張お酒を飲むかなんかして、暴れて斬られ  物を取られ  私さえ殺され  身請され  適宜かと思われ  品だとは云われ  直観から統一され  奇異に想われ  たかに驚かされ  ものだからとて誤魔化され  真面目に取り扱われ  眼は開かれ  ものが見出され  民藝館に来られ  民藝品に見出され  外国にもないかと思われ  からざる怠慢だと思われ  通達せられ  拘引せられ  護送せられ  同人の引かれ  警戒を解かれ  名初めて知られ  亂用せられ  小林丑治外二名檢擧せられ  差押へられ  公判開廷され  樣子あり、未だ知られ  訊問にて放還され  市中は歩かれ  洞門のうがたれ  微笑され  舟人に操られ  ふつうかつおぶしが使われ  鉋をもっておられ  世間には行われ  産出され  需要から必要に迫られ  表面がほとびれ  災いされ  方に好まれ  たくさん送られ  方から養分がとられ  気持になられ  昔から使われ  一つ撲され  洒落と云われ  痛快がられ  何所かへ掃き出され  助から注意され  助に誘い出され  朝親爺に笑われ  庭が仕切られ  為に汚され  何遍聞かされ  談義を聞かされ  何を叱られ  糠雨で暈され  父さまから云われ  親爺から聞かされ  浪士に殺され  誰かに斬り殺され  京都で殺され  旅宿へ踏み込まれ  容赦なく遣られ  縁側へ呼び返され  旅宿に残され  気が咎めて行かれ  汽車で長く揺られ  様に暈され  助から贈られ  昨夕寐つかれ  園遊会に呼ばれ  此所へ呼ばれ  失意にも思われ  鉄道で轢かれ  この間三千代から頼まれ  息子を頼まれ  改たまって聞かれ  外に押し流され  鱗で蔽われ  狂瀾に捲き込まれ  平岡によく思われ  君に笑われ  平岡から意見され  料理を食わして、叱られ  埃及人に遣られ  んだと聞かれ  為に余儀なくされ  二度程悩まされ  多く費やされ  今こう云われ  二返呼ばれ  二階家に挟まれ  吟味をされ  門野から催促され  あとから席に導かれ  父から呼ばれ  囚えられ  生活慾に冒され  生活慾に襲われ  財産が欲しくはないかと聞かれ  気はないかと云われ  罰は、斬られ  父に呼ばれ  座敷まで上って来られ  支配を受けるべく余儀なくされ  顎で招かれ  薄暗がりから物に襲われ  活計に追われ  因果に曝され  不意に馬鹿らしく思われ  アンニュイに襲われ  問題に襲われ  返事を促され  兄から注意され  二三度繰り返され  却って滑稽に思われ  催おすにも拘わらず、知られ  念に冒され  様に仕込まれ  それは、去られ  乙に移るべく余儀なくされ  行先を問われ  自分を駆って、凝と落ち付かれ  旋風に捲き込まれ  君から説法され  哲学を聞かされ  人から偶像視され  生存競争が行われ  英雄なぞに担がれ  男だと云われ  能く考えてみろと云われ  青山へ呼び出され  賽が投げられ可く作られ  関係にばかり注がれ  父さんによく考えてみろと云われ  通りには聞かれ  電車に持って行かれ  身体に冒され  空気に鎖され  向うから襲われ  さらないかと云われ  上へ押し寄せるかと怪しまれ  用かを聞かれ  二度聞かれ  世間から切り離され  婆さんからも切り離され  甚く愛され  秘密として葬られ  啓発され  残酷と云われ  貴方から復讎され  互と怖れ  物に襲われ  途中雪崩れに圧され  差支があると云って断られ  道を鎖され  謝絶され  端まで押し出され  差違はないと今更ながら思われ  あるかの如くに思われ  だって何時殺され  吾知らず吸収され  不安に圧され  から、宜しく云ってくれろと云われ  寐付かれ  日に洗われ  願が繰り返され  君から云われ  毀損され  復讎を取られ  単簡に聞かれ  父さんから云われ  産物も、だんだんと失われ  今もなお古えに思いつかれ  私たちに示され  務めを果され  慨歎され  日本人から愛想をつかされ  喝破され  食器に盛られ  徹底しておられ  ことがしきりに叫ばれ  それによって知られ  多くが迷わされも惑わされ  危機が来たされ  問題があるとせられ  活溌に行われ  いろいろに取扱われ  思想から継承せられ  急に叫ばれ  注入せられ  気運が開かれ  それにわずらわされ  変化に誘われ  ようにして呼びさまされ  抑圧が解かれ  潤色せられ  机上で作られ  偏見のうけつがれ  思想から学ばれ  ことの如く説かれ  統治せられ  物語に語られ  二句にいいあらわされ  主張がせられ  ことのいわれ  かたから誘われ  ように説かれ  かたがせられ  神といわれ  はじめていい出され  ようにさえいわれ  長寿であられ  解釈なりがせられ  思想のうけつがれ  君主となられ  後世になっていい出され  祭祀が行われ  問題に関しても、また行われ  解釈が行われ  形でいいあらわされ  天上にある如く語られ  渡来せられ  研究がせられ  それが形づくられ  何人にも明かに知られ  皇族であるように記され  思想的根拠として思いつかれ  詔勅として記され  特色が示され  ことも行われ  作といわれ  家族的精神によって行われ  シナ思想によって書かれ  ことが、示され  規制せられ  歴史によって養われ  後世になって次第に形づくられ  学校教育によって教えこまれ  見解が行われ  エド時代になってやや広く行われ  何ごとが行われ  儒教思想に誘われ  由来の語られ  国家的意義が含まれ  国家的意義は含まれ  一つのしごととして行われ  局に当られ  参与せられ  天皇とはなられ  大化の改新が行われ  実務を執られ  ところからいい出され  古典に記され  記紀に記され  先史時代と呼ばれ  構成せられ  らが多く語られ  こととして記され  朝廷において作られ  研究によって知られ  昔書かれ  それに記され  編纂者によって棄て去られ  何人によって書かれ  明かにせられ  語が作られ  普通に知られ  ように、ともすれば思われ  問題とせられ  皮肉とが含まれ  不思議にもそのきられ  放蕩三昧、あわれ  先方から怨まれ  費となって失われ  大阪に催され  祝にと買い賜われ  聴客を以て満たされ  思のするかは推したまわれ  其頃諸侯方へ召され  見知り置かれ  同行なされ  間は打ち切られ  子に先立たれ  前に坐らされ  なんかに書いて居られ  賞揚して居られ  方も多いであらうと思はれ  仏から許され  当時持つて行かれ  海岸に投げ出され  大に驚かされ  山の上からお寺で取りかこまれ  仕事でも出来て死なれ  つたであらうと思はれ  子と称して居られ  方法を見せたと思われ  朝郵送され  上にじっとそそがれ  動乱を蒙らされ  軍によって示され  すべて正され  私自身、もう葬られ  訪問され  質問に、思わず笑わずにはいられ  手紙は書き出され  発作に悩まされ  迫観念に襲われ  三つ四つしるされ  事実はこう思われ  平和をかき乱され  煙草の煙がもくもくと吐かれ  首は、ひねられ  たしかにパイプで吸われ  パイプなしで吸われ  上にすわらされ  探偵本部ではよく知られ  死刑にされ  盾を破られて殺され  探索され  徴兵に取られ  命を捨てなければならないと教えこまれ  神様であると教えこまれ  思想を吹きこまれ  ように思いこまされ  極端に脅かされ  蕃人征伐に使われ  中へ吸いこまれ  徴兵医官に睨まれ  室へつれて行かれ  名前がはっきり書きこまれ  それからシベリアへやられ  生活を繰りかえせと云われ  競争が行われ  混雑に驚かされ  学長は取り合われ  分析的考察が行なわれ  月某日某所で行なわれ  場所で行なわれ  従来取り扱われ  ところを買ってよまれ  悲惨にひしがれ  不在地主とやらでただどられ  作衛にみまもられ  脳がおかされ  私ひとりじゃきりまわされ  自分自身があわれ  からかわいがって云われ  背に負われ  六人だけは打ちあけて、持ちつ持たれ  ところへポツンと置かれ  知性も、失われ  下男なみに扱われ  ことで出しぬかれ  物欲しそうにとられ  店で働きたいと申しこまれ  知らないウチへとられ  背中からドリルで突き刺され  上へはじかれ  刃物でえぐられ  女がいじらしく思われ  試みによってひらかれ  街を引きまわされ  靖国に祭られ  痰つばを吐くと叱られ  つたものまでも捲かれ  湯気にかこまれ  方に注がれ  人だなと頷かれ  クージカは送り還され  旦那に打たれ  背後からがあんとやられ  仙洞などで催され  口授せられ  事は、勿論許され  制約の守られ  流行に圧され  後宮から発起せられ  清書せられ  詩合せに促され  気勢を煽られ  変名を使うて居られ  今様でこなされ  詠せられ  皆文学意識は持たれ  却つて盛んに弄ばれ  今様合せを催して居られ  形を以てせられ  歌に与へられ  論理が導かれ  おし貫かれ  其音頭をとられ  鑑賞せられ  伝聞しては、さすがに泣かされ  降下せられ  期間が含まれ  上に移され  つて導かれ  保護せられ  其最初から角のすりへらされ  変化は許され  勅撰せられ  欽定せられ  競争意識を持つて居られ  本歌に引かれ  文学論者からは与へられ  信条とせられ  感覚が写され  醇化もせられ  強調もせられ  先導せられ  平安朝以来歌を好まれ  保護者となられ  直観せられ  此作風もとりこまれ  略称せられ  為に置かれ  情趣に包まれ  具体化せられ  いつまで引きづられ  密にしてゆかれ  唄も嗜まれ  行はしめられ  上には出され  上に出され  体得して居られ  理会せられ  暗示せられ  追求して居られ  開拓せられ  享楽作物として作られ  個性を貫いて行かれ  抜き手をきつて居られ  抽象化せられ  作風から導かれ  けしき其他から刺衝せられ  匂ひとして、とり込まれ  極点まで貫かれ  院の持たれ  境涯を拓かれ  歌や、切り込まれ  一世に騒がれ  評価せられ  限り保存せられ  音律などがとり込まれ  必しも喜ばれ  から、主として導かれ  電燈に輝らされ  虚を突かれ  裏から覗かれ  女中に説かれ  方々かきまわされ  皆から云われ  彼もつりこまれ  ことを、よく聞かされ  景がかざられ  独楽を産み出し、産み出され  のか、作られ  全身黒く塗られ  色に照らされ  程度にまで読まれ  譲り下され  苦労もなされ  アッハッハッ、切られ  抜身を刺し込まれ  これまで盗まれ  眼を落とし、書かれ  好奇心は失われ  ことが見てとられ  朦朧と照らされ  熟視され  中納言家は訊かれ  半眼にして考え込まれ  頼母、盗まれ  柳営より下され  従来盗まれ  幾品となく盗まれ  他に遣わしたとは言われ  中納言家は言われ  中納言家が言われ  庭へ出てまいられ  花お手折り遊ばされ  引き上げなさろうとされ  苦悶され  そのまま卒倒なされ  中納言家には立って来られ  そうに呟かれ  四辺を見廻され  植込まれ  小声で訊かれ  中納言家は佇んでおられ  長屋らしく思われ  雨戸がとざされ  白刃に囲まれ  形成られ  主税は取巻かれ  交叉され  独楽に記され  隠語を解かれ  隠し場所を知られ  汝に探し出され  結局斃され  後へ引かれ  方々待たれ  のが見て取られ  お気が付かれ  真底から可愛しいと思われ  武者窓もとざされ  海鼠壁によって、高く仕切られ  病気を癒して下され  言葉でお説きなされ  みんな除去って下され  屋敷へ呼ばれ  声などとは思われ  木で殺され  何者に頼まれ  命令をお受け遊ばされ  使命を執り行ない居られ  調和よく蒔かれ  字に結ばれ  暁には、たとえ殺され  昼間奥方様に呼ばれ  ごらんと云われ  数字を書かされ  ように書かされ  彼女は呼び出され  誰人にも頼まれ  品物が盗まれ  他人に奪い返され  秘蔵なされ  秋御殿で催され  お許し下され  ように叫ばれ  為に計られ  紐で、締め殺され  植込に囲まれ  土蔵造りにされ  高手籠手に縛られ  所に縛られ  飛田林覚兵衛に襲われ  目隠しをされて運ばれ  目隠しを取られ  秘蔵あそばされ  腕を縛られ  眼をとられ  時あっしア確かにみっしり、締め殺され  ア、殺され  田安家へ植えこまれ  木の、植え込まれ  陰影に暗まされ  月光に化かされ  高麗家と並び称され  旧家と尊ばれ  家出をなされ  誘拐されたり売られ  人に羨まれ  間に、持ち出されて使い果たされ  隠匿所へこっそりと、仕舞い込まれ  唾を呑み、握られ  ことが窺われ  お方に頼まれ  ように引かれ  事情によっては許され  酒肴などがとり散らされ  燈光に照らされ  主税に斬られ  縄を切られ  内懐中から抜かれ  頭上へ振りかぶられ  水脈にせかれ  一本突き出され  空へかざされ  浪速あやめによって、締め殺され  横倒しに倒され  悲しみとで、塗り潰され  廻しなされ  一緒にこそ住んで居れ  覚兵衛たちに襲われ  無理なく思われ  囲いにかこわれ  長年蔽われ  木々に囲まれ  美貌は失われ  全体に窶れが窺われ  文句と飛び離れて記され  巣におられ  花簪を買って下され  お母様はみすみすズルズルと、引き込まれ  懺悔なされ  お方の、いまだに浮かばれ  闇とに包まれ  何者かに奪われ  ように綴られ  月の光にも照らされ  ことの出来ないほどに、住んでいると云われ  内側から、又自ずと閉ざされ  方々お手伝い下され  無残に殺され  亡魂などにたぶらかされ  燈火はなく、堅く閉ざされ  一枚だけ外され  憐れみ下され  人影が、組みつほぐれつ、追いつ追われ  御寝なされ  十年とざされ  ここへは来られ  大丈夫だ、殺され  裏戸の破られ  とおり迫害され  体をしばられ  地上から梯子がかかってい、閉ざされ  徳川によって滅ぼされ  荏原屋敷に隠され  方々お続き下され  中に詠まれ  財宝が隠され  中央にして作られ  荏原屋敷から失われ  二人に持ち出され  堤防が作られ  独楽は引かれ  血闘が行なわれ  二階で討って取られ  接近なされ  懇意になされ  わしは殺され  横領し、隠され  身じゃ殺され  紐は手繰られ  今度こそ本当に殺され  悲鳴とで充たされ  じい静かさに包まれ  場所へ移され  浄財としてあるいは使われ  孝養され  仇討とはいわれ  それが最も行われ  討にされ  討にしても、生きて還され  兄を討たれ  道筋に限られ  錦花氏のいわれ  元禄曾我と唄われ  浄瑠璃に唄われ  人形にも仕組まれ  闇から闇へ葬られ  採用されず、したがってあまりに知られ  株を取られ  斜谷から進まれ  夏侯楙に励まされ  七旬を越され  四人も討たれ  退路は断たれ  二将が討たれ  城中へまぎれ入られ  時を移さず、開かれ  恩賞を約され  口ありと思われ  詐りを看やぶられ  城中で結ばれ  親書にまぎれもなく思われ  計に陥され  噂なども交わされ  奇略に落ちて、さんざんに駈け散らされ  捕捉され  敵中につつまれ  張苞に救われ  青空へ放たれ  土地にいたくもいられ  ことだけは否まれ  軍に囲まれ  輜重隊に守られ  伏兵に待たれ  手勢はことごとく討ちとられ  大将に守られ  説伏され  言にうごかされ  郭淮が選ばれ  張苞などに守られ  風もありといわれ  偽善にまどわされ  魏に飼われ  乱、ついで起り、あわれ  垢をのぞいて、よく聞かれ  うつ向いていたと思われ  たかに討たれ  二戦線を張られ  敵に目ざされ  部下に取り巻かれ  充分に守られ  左右からつつまれ  多角的に打ち叩かれ  進発あられ  ようにうかがわれ  孔明にさとられ  真額を射ぬかれ  うえに押し揉まれ  申耽に追いつかれ  洛陽へ送られ  市に曝され  食を断たれ  誘いに吊られ  麓を囲まれ  心理には特に選ばれ  新手におびただしく討たれ  水の手を断たれ  平西都督驃騎将軍司馬懿と読まれ  悵嘆なされ  気勢に怖れ  月に吹かれ  軍に襲われ  不意を討たれ  引揚げになってしまわれ  嘉納され  いま新たに思い出され  言も聞かれ  水を断たれ  死をいい渡され  梟示され  棺にそなえて、あつく葬られ  生活を約され  胸をいためておられ  心を悩まされ  常とされ  周魴にあざむかれ  疑いを抱かれ  陣後に残され  賞され  詭計が行われ  戦端がひらかれ  上洛され  そこへ導かれ  臂を落され  腕に救われ  ことばが読まれ  結集され  彼によってなされ  顕わされ  曹真はうごかされ  騎馬武者にかこまれ  身ぶるいに襲われ  人もつぶされ  中を押し揉まれ  魏勢は残り少なに討たれ  痛撃され  ひそかに行われ  仲達のはからいで来られ  附言され  彼奴に騙され  みな挫きつぶされ  二軍に阻まれ  手勢を討ち減らされ  順に呼ばれ  五十里も追われ  一刻においておびただしく撃たれ  潰滅し去るかと危ぶまれ  魏将の討たれ  史上、記すにいとまなきほどであるといわれ  中止なされ  例外なく焼き払われ  馬も流され  斜谷にわかれ  害虫毒蛇に襲われ  伏勢に囲まれ  部隊も危ぶまれ  軍に護られ  魏延が呼び出され  黒布につつまれ  一隊にまもられ  言が行われ  軍とも思われ  大会戦が行われ  敵方に奪われ  武士たちへ渡され  むちを打たれ  死をゆるされ  声が行われ  後主劉禅もまたついにうごかされ  言に惑わされ  追撃をいかにして防がれ  五路にわかれ  お召し還し遊ばされ  うつ向いておられ  奴隷に落され  牛馬にされ  兵のつかれも思われ  将が呼ばれ  前途幾段にもわかれ  炎が飛ぶかと怪しまれ  茫然、怪しみに打たれ  危地へ誘いこまれ  麦を刈り取られ  四つ編制しておいて、追われ  彼に説かれ  予報され  帰路を断たれ  宣言なされ  不愉快がられ  気障とか言われ  者たちに、あざむかれ  支持におされ  ひとから言われ  通有のあわれ  まり使用せられ  古来、負けるにきまっていると思われ  作品にくらべて、読まれ  ように受取られ  世の中から、追い出され  ものに満され  なんだかと言われ  活字で組まれ  却ってみなに嫌われ  作品は、厳しいとか、何とか言われ  軽蔑感が含まれ  所謂批評家たちの気にいられ  伝統を打ち破ったとも思われ  拝したと云われ  別嬪なぞに拝まれ  言伝を頼まれ  今頼まれ  死ぬかと思うが死なれ  死ぬにも死なれ  者は切られ  後から抱付かれ  何か取られ  彼れを盗まれ  から厭とも云われ  女の子に可愛がられ  今夜は眠られ  船でなければ行かれ  七人に買って来て呉れてえ頼まれ  包を盗まれ  太閤殿下が常に召され  手に有ると云われ  から直に往かれ  何時まで立っても居られ  のと誘われ  義理で誘われ  浦賀へ誘われると帰られ  彼是二十二三畳もあろうと思われ  娘が縛られ  首尾能く連れて来られ  浦賀奉行を立ておかれ  手に釣りあげて、あれまた獲れ  揚げ打下され  打揚げられ打落され  幾百里吹流され  から、だがたんと流され  家があって、毀され  国へ流され  篦棒と云われ  所へ来られ  棺桶へ入れられて埋られ  死人を掘返したとでも云われ  柔しゅう云われ  何うでも活きてはおられ  私が申したとしか思われ  急ぎ下され  何うせ来られ  承引下され  是までになって遣られ  此所では申され  位に云われ  宅にも居られ  私が来られ  親から譲られ  事柄を頼まれ  方は頼まれ  儘には捨置かれ  妹藤をやられ  上は助けて置かれ  尊来下され  何事か知らんが頼まれ  此処から行かれ  中は話され  近辺に居られ  供を連れて来たなぞと云われ  沢山意見され  何うすると云われ  私は今更帰られ  留守居の無いので、頼まれ  物が云われん、ようまア考えて見なされ  事を知っているな、困ったな、好いわ知られ  お前に抱かれ  今更江戸へも帰られ  海禪は縛られ  大夫如何成され  上からは助けては置かれ  彼も知られ  楽に暮して、縛られ  榎に縛られ  造作もなく縛られ  から一人宛は縛られ  昨夜から縛られ  耻しめられ  匿まい下され  ことは否み得ないと思はれ  野心よりも、知られ  盛名を得て、つまり知られ  芸術から締出され  僕自身に裁かれ  雑草をいはれ  さと怖れ  夜を怖れ  つて距てられ  情慾に惹かれ  お金をせびられ  口実に苦しむ怖れ  岡本にたのまれ  金をゆすられ  であるが、つけこまれ  光沢は失はれ  やうにむしりとられ  訴へかけてゐるのであつたが、語られ  谷村は常に怖れ  就て怖れ  そこから投射され  却つて心を惹かれ  始めから仕組まれ  谷村には思はれ  彼自らであるといふ突き放され  死ぬ怖れ  物象とがぼかされ  半ばカーテンを引かれ  分野がくっきりと分たれ  人から同感され  過程として選ばれ  姿によって奏され  序幕はひらかれ  時をも超えて残され  葛女祠として祭られ  それと結ばれ  点において救われ  挿話がひろく行われ  本も残され  人物の少ないといわれ  車に乗って押され  ことは余りいわれ  筆に悪く書かれ  他国に侵され  愛食され  魏に亡ぼされ  官嘉に流され  魏に喰われ  烈々と誓われ  佞臣を排され  防備などは、少しもしていなかったといわれ  丞相孔明が逝かれ  蜀宮に召され  眦はいかにふさがれ  言は聴かれ  初めから約束され  平時に見のがされ  洛陽に遷され  むかしを思い出され  起工され  造営され  惜しみなくかけて造られ  人夫三十万といわれ  曹叡には肯かれ  石にひしがれ  點から釀され  曲折を出すだらうと思はれ  洗煉琢磨され  頭が下らずには居られ  しみ/″\感じずには居られ  時おかあさんにいわれ  熱に冒され  汗で染め抜かれ  医者に騙され  一分時さえ許され  容易に寝つかれ  風に攫われ  通過を待つべく余儀なくされ  のが、はなはだ名残惜しく思われ  首をきられ  無理に飲まされ  眼が冴えて眠られ  高瀬川にはさまれ  美貌をうたわれ  意味で知られ  一色に閉ざされ  先を起され  衣裳代に取られ  おかみに口説かれ  簡単に汚され  換算され  ままに流され  ことを見抜かれ  望月に掴まれ  標題に惹かされ  本が訳されて読まれ  美少年といわれ  作家として知られ  五年間いて、追い出され  百円をすられ  翻訳家として知られ  電車に押され  家風にいたたまれ  色彩に彩られ  後悔されて、満たされ  宮子にうながされ  応接室へ通され  採用下され  点を買われ  恋愛関係に陥ったので、追われ  家庭教師に雇われ  眼に会わされ  君勇にふられ  縦皺が刻まれ  雪は抱かれ  宮子に勘づかれ  女中として雇われ  家に居れ  先斗町から呼ばれ  小説をけなされ  しろから肩を敲かれ  大阪ではかなり知られ  商品も焼かれ  桔梗家へ呼ばれ  芸者として許され  お貰いが掛ってせかれ  女中にいわれ  絵だとは知られ  砂糖千斤隠匿され  何だか小郷に圧され  建物といわれ  キャバレーに選ばれ  視線が注がれ  皺となって刻まれ  ような、すかされ  妾だといわれ  一緒に落ちぶれるかと思われ  力に圧され  小郷に抱かれ  小郷に握られ  世話してくれと頼まれ  女中に呼ばれ  小郷に呼ばれ  気持に悩まされ  運命を背負わされ  おかみにうながされ  隣の部屋でかわされ  鶴雄は、なぜ撲られ  傍へ倒され  お客さんに泣かされ  鈴子は失われ  姦通され  ちょっとすかされ  あたし、たのまれ  家を追い出され  案内されて通され  ビールが運ばれ  奥さんに追い出され  計画をきかされ  通俗小説でなくっちゃ読まれ  現実に殺され  男から撲られ  中に殺され  文化都市だと云われ  弓子は、もういても立ってもいられ  一晩中自由にされ  刃物を突き刺され  警察へ呼び出され  映画館で殺され  小郷が殺され  昨日鶴雄君に会われ  目に合わされ  小野屋旅館から拘引され  君勇が呼び出され  誤植され  科学的実験に依って行われ  飼養され  移殖され  女性を、あわれ  人がいようとは、どうしても思われ  残忍にやられ  右肩は全く切り取られ  楯井さんは、この殺され  のではなくて、殺され  気が引かれ  さとで蔽われ  おなかさんが殺され  恨みもあの殺され  根本まで印され  事があろうとは思われ  入口には実際殺され  ほんとうであったろうかと疑われ  剔され  上皇となられ  賞美遊ばされ  御膳所へ運ばれ  嗜みになられ  縁家から海老を贈られ  賞味遊ばされ  御製を遊ばされ  料紙を召され  短冊を召され  私共にも下され  江戸へ召され  質素を忍ばれ  鬼瓦は、打ちしをれ  たちがわかって、ぼつぼつ話しはじめたと書かれ  はじめて面会を許され  上にひきもどされ  ものが示され  言葉をきかされ  検挙投獄され  性質のものとしてうけとられ  いざこざに巻きこまれ  検事に云われ  使用人たちによって云われ  十分監視され  機具まで運びこまれ  確信が語られ  一日は、すでに知られ  法廷両側に貼られ  時にもらされ  歩かされ  牢獄につながれ  人民のえらばれ  逆用され  混乱につきおとされ  公判廷でとられ  翌日放送され  八月二十八日起訴され  特に追求され  心理状態においこまれ  情状酌量され  私は云われ  糺弾され  公訴され  所定され  名をのこされ  から、できればしらべにあたられ  問答が交わされ  調書にとられ  横谷にそそのかされ  冒頭に語られ  センセーショナルに扱われ  調書にもとられ  鉛筆とをわたされ  調書をとられ  要求が、行われ  発言をされ  その他曖昧に書かれ  起訴が行われ  全貌がいかにつかまれ  謀議が行われ  閉廷され  起訴事実否認が行われ  はじめにいわれ  同日放送され  からとり消され  弁護人がいるといわれ  数十回継続され  あらわにされ  かなめは、これからほぐされ  顏を照らされ  力なく低れ  暴風に揉まれ  眞面目なのに釣込まれ  経をよんでくれる、ありがたう、望まれ  護摩が焚かれ  機関銃が持ちこまれ  待つてをれ  光景、そして遠慮なくよばれ  揮はせられ  夜、招かれ  厚情にうたれ  紙もところどころ食い破られ  工合に使われ  モードについて書かれ  国際的傾向であると書かれ  行動がとられ  人類生活から根絶され  一つ方向にむすばれ  女性にもしたしまれ  情熱で結び合わされ  インドで行われ  力で破られ  ひとてに負わされ  家庭から前線におくられ  友交が保たれ  ナチスに追われ  すき間もなくふさがれ  英語がとりのぞかれ  音盤とよばれ  使用禁止され  世界から遮断され  本質が示され  海もてかこまれ  ファシストであり、狩りたてられ  ことさえしらされ  尊重が見直され  上品に語られ  丸刈りにされ  侵略戦争にうちこまれ  裂けめが開かれ  人民にひろく知らされ  良心の自由とが失われ  昔討取られ  言葉が費され  要素がふくまれ  講演記録に見出され  感想がひかれ  轢殺され  拘置所から帰され  ところには見出され  人々だけに限られ  直接党にむすばれ  可能が開かれ  変だ、と思われ  なかに送られ  意味で云われ  連続的に行われ  まり世間に知られ  つた手続き規則が、少しもぬかり無く守られ  上に引き出され  のかもしれないと思われ  支配されているだろうと思われ  必要になるであろうと思われ  風向計風速計として使われ  提供するであろうと思われ  根気よく繰り返され  そうだと思われ  たましい音に驚かされ  注意をよびもどされ  せいであったろうとばかりも思われ  小雨に降られ  者にでも叱られ  引とられ  そいつはとても言われ  ように投げ出され  枝までついた、ぼりぼりに折られ  厚遇され  理由から奏功したといわれ  カムフラージュされ  主唱され  副将軍的念慮から結合され  真向からふりかざされ  襲用され  時を同じうしてなされ  言及され  兵力に護られ  相続され  運輸故障せられ  貿易港市をもたされ  改革によっていくらか救われ  藩制改革が行われ  招致され  奉戴され  進路が見出され  手で殺され  雄藩改良派ブロック中で争われ  梟首され  京都に移され  外人に雇われ  禁裡護衛を解かれ  醸成され  ことなしには解かれ  いかんを弁ぜずいどまれ  ますます幕府から袖にされ  それに押され  申告され  提案がなされ  当面要求され  思惟され  予見され  翌年召還され  演説がなされ  日本もみこまれ  藩士尊攘派が追われ  仏幕連合によって行われ  伊藤から暗示され  長州に引張られ  要求がなされ  彼等に知らされ  鹿児島訪問まで行われ  勅許され  審判され  界隈に限られ  よそへやられ  ちょっと呆気にとられ  手提金庫が開かれ  両手をしばられ  麻酔薬をかがされ  娘に騒がれ  麻酔薬を嗅がされ  中を見回しましたが、何一つ取り乱され  二三冊きちんと積まれ  両手はまだしばられ  泥棒にはいられ  誰に縛られ  何しろ両手を縛られ  後ろから殴られ  ーんとやられ  人間のしわざとは思われ  奴のしわざとも思われ  ただちに警察庁へ送られ  自動車にて送られ  問い合わせ下され  至急解放いたしやり下され  お伝え下され  一任下され  昨夜留置され  一つくわされ  二人に追われ  先手をうたれ  後ろ手にしばられ  籠を出され  二本が失はれ  奪略され  死を許され  斷行され  僥倖に引きずられ  立上られ  目隱しされ  彩どられ  惰性に引ずられ  側に積まれ  朴の木で作られ  雜作に折られ  血しほが流され  皮で張られ  手垢にみがかれ  なに物に強くふまれ  彼女は強ひられ  肉にかくされ  肉體に盛られ  水に梳けづられ  艶やかに塗られ  櫻いろに美しく切られ  爪は美しく取られ  繃帶に卷かれ  嘆のみが繰り返され  一人取り殘され  いまにも誘はれ  家庭でも美味くつくられ  みな殺され  料理は殺され  自家でつくられ  おいてけぼりにされ  ために、今にも押し潰され  樽御輿がかつぎまわされ  演芸会が催され  庭にだかれ  母屋と仕切られ  手ほどきを頼まれ  演芸会に出てくれとも頼まれ  気がひかれ  樽神輿がまたかつぎ出され  片方だけ深く刻まれ  襯衣がきちんとたたまれ  彼女に連れて来られ  残酷に弄ばれ  肉にきざみこまれ  お盆ごと、持ち去られ  一本打たれ  秀吉が最も怖れ  黒田如水を怖れ  両雄にはさまれ  中から助けだされ  虚をつかれ  者のみが又選ばれ  火はもはや消され  大名に取りたてられ  敵意を怖れ  一緒に怒られ  肚を怖れ  心の許され  反旗をひるがへすといふ怖れ  心が許され  娘にふられ  息子に背かれ疑られ  二人、煮られても焼かれ  真田昌幸に背かれ  理知を縛り、突き放され  やつて下され  秀吉から上洛をうながされ  植ゑ、招いたり招かれ  杭は打たれ  秀吉に怖れられ、然し、甘く見くびられ  名前が隠され  名が隠され  ものによつて為され  奔走、頼まれ  秀吉にしてやられ  つて見てをれ  終生足利義昭になやまされ  ところを見せれ  もので、まして振られ  同志ではあり、ふられ  吉報お待ち下され  関白を怖れ  如水壮年時代から一枚看板、けれども煙たがられ  一決の如く思はれ  疎略にされ  端くれに連なり、頼まれ  ものが打たれ  使丁にとられ  戦争を怖れ  雰囲気にまきこまれ  怒りを怖れ  さらでも睨まれ  行長にだしぬかれ  軍議一決の如く思はれ  才幹を見込まれ  近代化され  衝突戦法に破り去られ  宋応昌に蹴られ  尤も引裂かれ  国書は引裂かれ  何のいはれ  存分に仕込まれ  敵にかこまれ  買ふ、だまされ  完備せられ  小さな約束に縛られ  意志から絶縁され  刺違へて殺され  通路がひらかれ  構想がねられ  直江山城を怖れ  秀吉に圧しつぶされ  献策忠言、頼まれ  筑前五十余万石から越前十五万石へ移され  出陣せられ  家康めにしてやられ  私から云い出され  私たちにはっきりと気づかれ  三人きり取り残され  自分だけで取り残され  父様の亡くなられ  病みつきになられ  避難され  そのまま使われ  お前に見透かされ  ティ・パアティに招かれ  立ち話をされ  傍に近づかれ  安宅さんが行かれ  車などのはいって来られ  一人で降りて来られ  それらに遮られ  枝を折られ  そのまますぐ帰って行かれ  ボオイかなんかだと思われ  上に坐り直され  帰京され  上りにもならずに帰って行かれ  から両親を失くなされ  私に思い出され  掩いかくされ  そのまま投げ出され  同封され  それは忘れ去られ、葬られ  元気になられ  急に立ち上られ  会釈され  それすらためらわれ  私ひとりきり取り残され  数週間病床に就かれ  息を引きとって行かれ  日本を去られ  支那へ赴かれ  書きになって寄こされ  運命を見透され  家にばかり閉じこもらされ  五つ違いとはどうしても思われ  用事に追われ  娘にしか思われ  私にされ  手帳に描かれ  たちに聞かれ  他から頼まれ  縁談を持ちこまれ  考えについては行かれ  相手を望まれ  お前に戻され  容易には返され  上で、眠られ  一番終りに記され  何を思い立たれ  意識を失われ  まま開かれ  から渡され  戦前まではよく使われ  雨戸をあけていないと、ねむられ  ほんとうに使用され  星に来られ  下に掘られ  バイキンはすっかり殺され  地下へ送りこまれ  色でぬられ  四十パーセント程度に保たれ  区長にいわれ  技師からいわれ  みんなから、ほら吹きだと思われ  氷に閉されて葬られ  口どめされ  キンちゃんとよばれ  窓もひらかれ  カコ技師にいわれ  材料で作られ  点検が行われ  話がとりかわされ  戸も、開かれ  太陽の光で照らされ  光で照らされ  地球かに照らされ  岩がけずられ  まきとられ  んだから、ぬすまれ  部屋からルナビゥムがぬすまれ  ルナビゥムがぬすまれ  倉庫からぬすまれ  位置でぜつめいしたとは思われ  一団にとりかこまれ  採掘具がとりだされ  装甲車をうばわれ  そこを叩きわられ  ように吹きとばされ  もんどりうってつきおとされ  はじめ、救われ  のであろうといわれ  ことは、ほとんど知られ  遺跡によって、ぼつぼつ知られ  流行病にやられ  天災でやられ  時代にくりかえされ  格納せられ  ルナビゥムが盗まれ  いっしょに行ってもいいといっておられ  世話して下され  それがそっくり盗まれ  アブラ虫にくいつかれ  探検隊長として知られ  予定日を狂わないだろうと思われ  赤橙色にぬられ  じゃまをされ  ものだともいわれ  のだともいわれ  宇宙塵に吸いとられ  塵にぶっつかられ  配線が、あたらしく張られ  宇宙塵にやられ  キンちゃんが呼ばれ  塔が建つとは思われ  人間業とは思われ  願いは、ついにゆるされ  なんだ、おどろかされ  方法も記され  お先まわりをされ  下僚にも憎まれもいやがられ  縁もよくふきこまれ  事など聞かされ  石井翁は取り残され  爆弾でこわされ  妻に守られ  綿が飾られ  為につぶされ  家ぐるみ破壊され  政治家として葬られ  哀悼され  巧みに受流され  自分も釣られ  三ッ原苦しまされ  毎日グラグラ変られ  から呆気に取られ  儕輩に推され  キリスト教側から起され  喪に包まれ  冤を雪がれ  何度もいわれ  のが裏切られ  力に推され  騒ぎに巻き込まれ  今も大いに叫ばれ  都督がおられ  壁に立て掛けて、叱られ  菓子は一度買って来いと云われ  自分に言っているとは思われ  さんに呼ばれ  云なされ  温泉へ立たれ  湯治場から帰られ  私を怖れ  愛人に憐れまれ  オダテラレ甘やかされ  女流作家が怖れ  良識が最も怖れ  現実を怖れ  オダテラレ、甘やかされ  不安と怖れ  求され  ときは、救われ  今書かれ  相手に感づかれ  洪水に見舞われ  太平洋へ押し流され  自責に襲われ  全身から力が失われ  体力も失われ  偶然くっついて運ばれ  楠は切られ  再生され  危くされ  そこから絶対に閉め出され  人間が使われ  世界に向って開かれ  為に作り出され  後に生み出され  象形文字で書かれ  勢力を奪われ  宿だと思われ  物音におどろかされ  魚におどろかされ  それを食わされ  せいだとはいわれ  それで覚られ  なにを訊かれ  駐在所へ呼び出され  女中から聞かされ  わたしも頼まれ  世の中には珍しがられ  所長をしておられ  芳香につつまれ  人から贈られ  一呑みにされ  初め呆気にとられ  なん遍もいわれ  刀で切られ  甚兵衛の縛られ  杉木立にかこまれ  心を抉られ  心が鎖され  放流され  月光が遮られ  毎日行われ  腹を裂かれ  水槽に投げ込まれ  力に引き戻され  全然抛棄せられ  人生問題が包まれ  さは亡ぼされ  つて汚され  鎖で繋がれ  改作され  價値をおかれ  了知下され  演出下され  爲され  教育せられ  壓せられ  漸次精練せられ  譯せられ  飜譯せられ  幕が省かれ  興行され  民間に行なわれ  ことと同じだといわれ  非常に怖れ  淡島はけがれて流され  武士に贈られ  船でたびたび渡らなくては往かれ  子供衆もおいでなさるし、もうそう遠くまでは行かれ  遠慮せずに来て下され  どこへ往かれ  辞儀をせいと言われ  通りにさせなされ  汐はそれでは汲まれ  浦から買われ  立聞きせられ  何よりも心強く思われ  三郎様がおられ  お笑いなされ  烙印をせられ  わたしにもそうらしく思われ  都へも往かれ  母あさまにも逢われ  お迎えにも来られ  乱暴をせられ  火に照らし出され  下人を捜しに来られ  多人数押し寄せて参られ  三門を開けと言われ  そこをよう思うてみて、早う引き取られ  人買いに取られ  由良へ売られ  持仏にしておいでなされ  本復せられ  丹後の国守にせられ  僧都にせられ  故郷へ還され  ねんごろに弔われ  心が牽かれ  正道は縛られ  其れぞれ  病院へ送られ  荒瀬に揉まれ  子供が生きて行かれ  苦痛に苛まれ  所作が公然と行われ  犯罪者植民が行われ  事蹟が残され  嫌疑が記され  遠望され  嵯峨家から発見され  うちに、いつとはなく忘れ去られ  油絵とが送られ  心臓を掴まれ  出帆したが、わけても困らされ  法水にそう云われ  懐古とも怖れ  孤島から救われ  色調で描かれ  紋様が描かれ  読者諸君は、すでに気付かれ  符合に打たれ  特徴が見出され  島に流され  あながち奇蹟とは云われ  血が失われ  直助権兵衛と書かれ  里虹に刺され  しろ、そうと知られ  儀右衛門に云われ  蠱惑に、ぐいぐいと引かれ  名人と云われ  証拠としきゃ思われ  とあるところが、開かれ  どん底に叩き込まれ  足首に捺され  文章が記され  恐怖から、はっきり截ち切られ  恋情にも、なんとなく怖れ  釘付けされ  廊下に向けて開かれ  ゲッとばかり開かれ  誰かに吊され  為十郎に注がれ  原因も云われ  悲劇が捲き起され  肌襦袢に包まれ  点が多少どうかとも思われ  検出され  一同は少なからず驚かされ  表を返され  五本の指痕が印され  儀右衛門に示され  薬下され  戸板が差し出され  肢首が括り合わされ  うち水門が開かれ  頸動脈が貫かれ  報告がもたらされ  幅広に作られ  幕間にでも殺され  水中に押し出され  ように打ち込まれ  中に移ったかと思われ  手を待つとも思われ  昇汞で殺され  腹話術ではないかと疑われ  光につつまれ  さまにとってめずらしくおもわれ  雲でつつまれ  御殿へはこばれ  色ランプは、とうに消され  下にゆられ  上をゆられゆられ  水の上におしながされ  なかへはこばれ  画でかざられ  ものが、とうとくおもわれ  はるかに大きくおもわれ  音楽もきかれ  張りめぐらされ  くせに引きこまれ  ひとり、つかまってしめころされ  ことにおもわれ  つるぎを、きりきり突きとおされ  そこの、わかれ  かんしんしずにはいられ  色ランプがともされ  ことを、おもいうかべずにはいられ  つばめが追われ  きれいに切りとられ  はさみで切りとられ  顔を見せたばかりで振られ  四五日置いて来ましたが、また振られ  から止せと云って大きに笑われ  何も最早聴かんで宜しい、再度欺かれ  大勢に云われ  役柄で余儀なく招かれ  歯は立たぬなどと云われ  切倒され  者には振られ  殊に面部を打破られ  門を跨いでは帰られ  父様お母様にも云われ  開封致しては相済みませんが、捨置かれ  他人に取られ  儘では済まされ  不義と云われ  いかんなどと申され  事で、頼まれ  倶に行って下さいとは云われ  密通もせぬに然う思われ  ます扇でそっと突かれ  通りで捨置かれ  仇を討たんでは帰られ  此処へは置かれ  内へは置かれ  悪口云われ  墓場から覗かれ  二つ三つ云合うたが、知られ  何れ此方から出向かれ  お父さんに云われ  埓が明くかえ、貸され  一緒に引ずり出され  庄吉は直に縛られ  庄吉は縛られ  町会所へ送られ  叩きされ  義理は済まぬと思いながらも打たれ  あんたも直に縛られ  一体は食われ  往って引張られ  何かへ貰われ  出家に成られ  勘付かれ  庄吉が引かれ  忰が殺され  子を打たれ  婆さん忰の殺され  から、覚られ  府内にも居られ  ぼくが割れて縛られ  極りが悪うございますが、頼まれ  相談して貰いてえと頼まれ  姓名を明かされ  お前さんは頼まれ  此の前張倒され  胸をどんと突かれ  頭へ少し切込まれ  何処へ担がれ  間逗留して下さいと云われ  斎に頼まれ  義理に引かされ  事が云われ  惠梅は取られ  奴に取囲まれ、切られ  事は聴かれ  事を聴かれ  掻されては帰られ  姉の切られ  百姓共に取捲かれ  汝に死なれ  無にして行かれ  非業に殺され  一人で行かれ  アぱア云われ  横っ面を打たれ  力に思い思われ  気が置かれ  大変だから、うっかりと打明けて云われ  縄に掛って引かれ  人だと問われ  小言を云われ  自分が縛られ  口い利かれ  物も取られ  屹度先方に斬られ  もんだ、よしんば斬られ  助が斬られ  敵と呼ばれ  不調法から貴方に斬られ  告って逢われ  市に討たれ  勾引され  此の世に生きて居られ  現在殺され  首領が打たれ  死目にも逢われ  今こじられ  儘打捨ておかれ  親が討たれ  親父は殺され  正太郎左官と云われ  嘘をついているとも思われ  たか、と思はれ  爛漫として咲くだらうと思はれ  十種には入らなくても、最讀まれ  抱懷せられ  人間的にあつかわれ  植民地化され  生活から解放され  ブダペストで開かれ  スナップ写真がとられ  当時行かれ  隣近所に気付かれ  横にされ  結核などに汚され  上へこぼされ  彼にも嫌われ  のを思って、あわれ  死を怖れ  涙に満たされ  ひそかに怖れ  たんぼに残され  孤立は許され  別荘にのこされ  ミスにしかられ  判定せられ  年頃になるとしばしば叱られ  文章によって養われ  当時に吹き込まれ  手に奪われ  少年時以来養成され  小学中学で教え込まれ  飛鳥寧楽時代においても失われ  分会うまいと云われ  母に愛され  まま、開かれ  さに惑わされ  誰も生きていないだろうと云われ  西風に吹かれ  方へ引張られ  研究がなされ  遺書一つ発見され  後に至って思い合わされ  灯りに照し出され  これを頼まれ  抹消され  上から湖面へ向けて撒かれ  北東へ流され  一つ電話を切られ  氷で蔽われ  金槌かなんかで打ち砕かれ  幽霊に殺され  蹂躪され  真中に引きだされ  幽霊に追われ  上空から撒かれ  檣から檣にかけわたされ  床の間に飾られ  事がしっかり思わされ  中から挨拶され  葉子には思えば思われ  肉太に書かれ  歌人として知られ  仕事だとして見ると、どの道書かずにはおくまいと思われ  心待ちがされ  あまに付き添われ  いろいろに描かれたり消され  宿から回され  財産家に落籍され  部屋から廊下で切り放され  三か所に置かれ  きれいにかきならされ  用箪笥のはめ込まれ  間取りかわされ  二年にも思われ  頭を切り取られ  後ろ指一本さされ  中に取り囲まれ  ように抱かれ  周囲からこづき回され  女学校でなければ履かれ  のさえさげすまれ  どこにも見いだされ  新聞紙上で雪がれ  あなたの帰って来られ  静かにほごれ  木村から頼まれ  下から、深く隠され  秘密がなんであばかれ  どん底を誤たずつかまれ  事はいわれ  横浜に行ったと思われ  倉地さんに落籍され  情にかきむしられ  きずなにつながれ  夜となく打ちのめされ  身も心もかきむしられ  娘たちに取り巻かれ  妻にかしずかれ  胸にたわいなく抱かれ  事に思われ  大事らしく見やられ  内外から声がかわされ  ひょっとするとあざむかれ  葉子から持ち出され  運命にしてやられ  中にやむにやまれ  梶棒がおろされ  雲で固くとざされ  葉子には思われ  中は暖かくいきれ  わたしはただ引きずられ  ために責めさいなまれ  本店から呼び出され  さびしさにひしひしと襲われ  んとも思われ  ために吹き乱され  庭が見やられ  内とは思われ  前には見渡され  ちゃんと飾られ  頭はあわれ  家に持ち込まれ  ふき掃除がされ  香いが暖かい空気に満たされ  心持ちがさもしくも思われ  縦横にしるされ  いたずら仕事とのみ思われ  束にされ  障壁で高く囲まれ  色彩に包まれ  木村から葉子に送られ  いつのまにか去られ  辺に導かれ  情緒が見いだされ  中に正しく織り込まれ  孤独は破られ  ほうから切り出され  ほうから持ち運ばれ  のを余儀なくされ  座敷に持ち込まれ  容赦なくいわれ  木村さんからお頼まれ  世間から見くびられ  除け者にされ  秘に知らされ  境界では許され  饗応に呼ばれ  スピーチになやまされ  ほか信頼され  失望に打たれ  手紙が見いだされ  五日前に書かれ  事によって等しく選ばれ  情緒を誘われ  時らしくも思われ  社会的に殺され  友だちにまで突き放され  最後のものかと思われ  それがはばかられ  山から掘り出され  皮膚に包まれ  ようにぼかされ  恨みつらみで満たされ  妙に裏切られ  顔にははっきりと描かれ  縁に置かれ  義眼され  岡に伴われ  ようにどなられ  それにすわれ  木村に貢がれ  腰が折られ  必要だと思ったのでいい出され  氷で包まれ  妹たちに取り巻かれ  自分があわれまれ  恨みがましく思われ  倉地に食い込まれ  心持ちに働かれ  底から掘り起こされ  うろこ雲で飾られ  門の堅く閉ざされ  蠱惑に全く迷わされ  軟らがせられ  手でかき乱され  かたみがわりに見やったりしていたが、とうとう居たたまれ  葉子にそういわれ  ように変わられ  葉みじんにしかり飛ばされ  三度も繰り返され  病理的の憂鬱に襲われ  霧で包まれ  化粧焼けとも思われ  胸はかきむしられ  矢で貫かれ  図案され  葉子に呼ばれ  ように見れば見なされ  ゆっくり見やって、握られ  葉子は裏切られ  言論界には説かれ  間にはかまびすしく持ち出され  ごみを襲われ  白粉、きわ立って赤くいろどられ  ようにきりっと重ね合わされ  衣装にまとわれ  痙攣に襲われ  倉地はかまれ  力は使い尽くされ  葉子はしかしたった今ひき起こされ  一人であるかとも思われ  うわさされ  耳打ちされ  かぎり古く寂びれ  若葉に包まれ  存分揺られ  夕靄にぼかされ  向こうに行くと吸い込まれ  橋を行っても行かれ  木部は近寄られ  女にいわれ  手は握り合わされ  倉地から絶縁され  後あわれ  大半消され  明らかに示され  礼儀とかにわずらわされ  仕事もまだにらまれ  倉地に養われ  金をむざむざとせびり取られ  数々葉子は聞かされ  一語一語思い出され  事もはばかられ  杉森で囲まれ  不思議さに襲われ  すべてに見限られ  界から救い出され  やつに見込まれ  ものだが、見込まれ  思いやりもなく、踏みにじられ  沈黙が繰り返され  打算が行なわれ  顧慮してされ  熱鉄をのまされ  違いなく思われ  いちばん端に寝かされ  自分はどうかして見放され  夕闇に包まれ  葉子はすっかり打ちくだかれ  木村さんから頼まれ  気はないといわれ  失望は思いやられ  複雑らしく思われ  所が汚され  手もなくはじき返され  あなただけに限られ  言葉をもうそれ  よどみがかきまわされ  自分にはっきりつながれ  担架に乗せられたそのあわれ  ように短く思われ  溺愛もされ  寵児ともされ  はさほどと思われ  連想に飾られ  足跡の印され  憤怒に襲われ  道わきにともされ  不満とにさえぎられ  腹部とにあてがわれ  下宿から送られ  昔に行なわれ  脊髄まで襲われ  倉地さんに何とか思われ  顔もさほどとは思われ  悪意にゆがめられ  すべてを冷たく暗く包み終わるかとも疑われ  争闘が行なわれ  死の恐怖に激しく襲われ  葉子は泣くにも泣かれ  しめやかに開かれ  面に激しく注がれ  葉子はすわれ  ここに呼ばれ  口びるから岡に向かって飛ばされ  事にさえ思われ  心持ちをあばかれ  蚊にさされ  近ごろ新築され  金が使い尽くされ  祭壇とされ  天上から送られ  いちずにそのあわれ  さらひっそりと思われ  硯箱が飾られ  車で揺られ  気分はくだかれ  兜を見透かされ  口車には乗られ  さし込まれ  葉子から暇を出され  言葉に引かされ  倉地からも見放し見放され  暑気に蒸され  ハンケチがあてがわれ  岡君から聞かされ  生命が見いだされ  神から見放され  葉子には思い出され  情けに引かされ  呼鈴の音で呼ばれ  愛子に聞かれ  天降ったとも思われ  身の上が気づかわれ  葉子に握られ  指にからまれ  世の中から救い出され  看護婦に囲まれ  上にたらされ  医員に取られ  血は凍るかと疑われ  死ぬとも殺され  西風に伴われ  下腹部にあてがわれ  薄闇に包まれ  息気ばかりが強く押し出され  痛みさえなおしてくれれば殺され  医員に促され  佛蘭西語で書かれ  救濟され  中心に置かれ  一番興味を惹かれ  人々にしか知られ  つて面白くされ  退屈と呼ばれ  公刊され  書類が残され  興味は惹かれ  ことが申しあわされ  大量殺戮され  成果がひきのばされ  アメリカでおこなわれ  入れ研究してみようとはされ  信子とよばれ  ことはしばしば話され  日記に残され  裕かにして、嫉みによりて破られ  着想され  心持に置かれ  環境的にもたらされ  意力ははぐくまれ  ために未だはっきりとは示され  筆をつくして描かれ  生まされ  安易にまとめられて描かれ  可能性が見出され  序文に書かれ  懺悔は語られ  講壇で語られ  懺悔としての語られ  人によって読まれ  ことを求めるに反して、語られ  それゆえに語られ  度となく裂かれたり焼かれ  人々によって読まれ  私のかくされ  謀があばかれ  野心がすっぱ抜かれ  ように、語られ  私の語られ  これに反して語られ  私に隠され  私は語られ  最初には疑われ  人々に、語られ  正当に解され  場合においてさえ語られ  哲学においてのみ許され  魂は欺かれ  反省をもって語られ  食事したといわれ  別に必要に迫られ  活動慾に駆られ  懐疑そのものは含まれ  方向に向ってまたにおいて行われ  夢において保たれ  傍に積まれ  もっと純化され  透明にされ  内に翻され  外観に迷わされ  哲学に対しては選ばれ  感得され  反省され  事実経験され  哲学者と呼ばれ  お守りをされ  抱つこされ  大崎まで送られ  厳重に引きはなされ  私達に残され  公判が開かれてゐるらしく少しばかり開かれ  徳とされ  お前に断わられ  裁判長が気づかれ  無理におかれ  却下され  云つても、たつて置かれ  努力をあまりに強ひられ  原因はあるだらうが、書かれ  いふ限られ  言葉によつて語られ  断言され  ひそかに許され  効果は書かれ  はつきり区別され  洗煉もされ  国境以内に開かれ  生活にひしがれ  われにまた残され  場面を選ぶか、限られ  人物らしく語られ  地位を与へられ  調査に行かれ  此章が、その下され  風化せられ  系図も含まれ  棟にはさまれ  楽しいかしれ  たぬきがしばられ  日の光りを遮られ  幾度心を打たれ  頭に刻み込まれ  姿を見出され  露骨にひやかされ  いつまでも子供扱いにされ  石牌からぬっと差出され  何処からかじっと覗かれ  様子に思われ  眼の光りに、いつも脅かされ  私は絶えず脅かされ  彼に脅かされ  髪も短く刈り込まれ  ちゃんと剃られ  夜が明けると共にさっぱり拭い去られ  一寸可笑しく思われ  玄関へ出て行かれ  義姉さんは云われ  兄さんも帰って来られ  手短かに話され  それに引きこまれ  非常に重く思われ  喫驚して立ち上られ  室へ連れて行かれ  義姉さんから云われ  義姉さんは立って行かれたが、暫くしてまた戻って来られ  義姉さんは時々立って行かれ  喫驚され  用があるなら云ってほしいと云われ  名僧となられ  あなたまで誑かされ  夢に弄ばれ  のを延され  お寺へ出かけて行かれ  話を持って来られ  東京へ連れて来られ  大変喜ばれ  和尚さんは思われ  兄さんが行かれ  兄さんは云われ  色で塗りつぶされ  真黒に塗りつぶされ  方へ内々頼まれ  懸念に脅かされ  者に見込まれ  坊さんに見込まれ  兄から揶揄され  学校から解放せられ  影に鎖され  前から除かれ  お母さんが云い出され  お母さんと話され  非常に驚かれ  せいだと云われ  相談せられ  人達に思われ云われ  通りに済まされ  のでも無く、怖れ  ヤイヤイ云われて貰われ  圧潰され  挨拶が交され  ウソにいじりまわされ  中村は少し凹まされ  中てられ  気がすると、居ても立っても居られ  ここまで説かれ  崎はまた驚かされ  諒知下され  酒呑童子に連れて来られ  女はぶたれ  寄され  叔母様から手渡され  叔母様に渡され  鵞鳥が呼ばれ  あたしは、また打たれ  声に怖れ  腕組をされ  糸で巻かれ  ことから導かれ  ことながらはっきりは思い出され  話をせられ  書物を借り出して来て貸して下され  教科書として書かれ  書くことを好まれ  名は思い出され  学生時代に聴かれ  ことになりはしなかったかと気づかわれ  ことを数えあげるとなおいろいろあろうが、一々は思い出され  普通にいわれ  教授であられ  研究室を作られ  ことにせられ  別があるだらうと思はれ  身を呑まれ  霜に打たれ  需要を充たすに足るべしとは想われ  従来閑却せられ  従来行われ  十五年来欺され  運動場に立たされ  みんなから愛され  地を堅く踏まれ  事実に行われ  邦に行われ  両様並び行われ  ことがあろうとは思われ  前後も知らずに深く眠られ  母親を思うあわれ  医者さまに叱られ  人達から警戒され  鋏から剃刀まで隠され  ところへ飛んで来るし、あわれ  新に誘われ  旦那から踏みにじられ  一番父親に似ているとも言われ  眼の放され  気を張って来られ  心持を引出され  蜂谷に言われ  年齢の争われ  破壊し尽くされ  人達から鋏を隠され  小刀を隠され  熊吉に誘われ  船にでも揺られ  まりおさだに悦ばれ  ようにして見さっせれ  鶏も眠られ  言葉までが妬ましく思われ  声では言われ  人にさされ  悪戯と思われ  坂を揺られ  何だか狐にでもつままれ  養生園から誘い出され  ここへ来さっせれ  我知らず引き込まれ  何にそそのかされ  三号雑誌と言われ  のが、やたらに淋しく思われ  音たてて立ち、あわれ  私たのまれ  以後休みなくひらかれ  小川に放たれ  地平さん、と呼ばれ  思いにこがれ  あのころはよかったな、といても立っても居られ  二十六歳のかれ  頃生活派と呼ばれ  足もとを覗いて、やられ  フラッシュで撮され  心にてりかえされ  写真がとられ  インタービューがされ  手紙をよこされ  リストにのせられ  抗議もされ  フランスから紹介され  測定がされ  輿論が、どんなにふみにじられ  文学の置かれ  家に置かれ  不安定と結ばれ  ために開かれ  意図がふくまれ  祝を催され  ときはそう言われ  意見を促され  一つ開け放され  燈火に照らし出され  地獄が感づかれ  横にするにも、魅入られ  なかへ吸いとられ  陰鬱に刻まれ  なかにきわだって明るく照らされ  上へ張り出され  ものは暗く閉ざされ  眼が惹かれ  なかに干され  新知百五十石に召し出され  喉を突かれ  負を取られ  違いばかりではすまされ  紋に欺かれ  姿に欺かれ  彼にはつらく思われ  感激が催され  侍のかくまわれ  感服しながら、云われ  のだか、まだ参られ  安心めされ  仲間にも、あわれ  声を上げて惜しみ悼まれ  尾上家に頼まれ  ことがありますか、かつがれ  二度まで揺られ  口も返され  斜に描かれ  啣え去られ  流に攫われ  咽喉を突かれ  秋のあわれ  艶、あわれ  両親には甘やかされ  から、争われ  ように見て釣込まれ  胸に描かれ  落ちたか落され  両親も居なさろうと思われ  こはあわれ  両親に許され  乱伐せられ  草は踏みにじられ  のであるが、来て見ると、まだそれほどには荒らされ  さまがつくづく思い返され  皆閉され  人から失われ  俳句に言尽され  全然関係がないとも言われ  地中に隠され  日向に干され  鳳晶子といわれ  卜居され  称美され  天竺牡丹といわれ  いつか普及せられ  普及せられ  珈琲店が開かれ  勒され  筆らしく思われ  いわれがしるされ  神が祀られ  落葉の朽ち腐され  路傍に残され  継川ともしるされ  水門から導かれ  思合され  列植され  諏訪田とよばれ  菅野と呼ばれ  群をなして、耕され  堰に遮られ  駅であろうと思われ  跡が深く掘り込まれ  幾艘も繋がれ  姿によって破られ  潮流に流され  暗渠に流され  の憂鬱感に襲われ  養育され  希望せざるに知らされ  市に移され  狂人と呼ばれ  気体に包まれ  老女に導かれ  襖は開け放たれ  まま、突然に襲われ  私が聞かされ  鯉が何故獲れ  注文せられ  網では獲れ  二三日前から頼まれ  狐にでも撮まれ  程鯉は獲れ  俺に獲れ  魔者が住んでおる、入られ  犬に噛まれ  話を聴かされ  道路に仕切られ  赤裸にされ  意味に振り廻され  弾ね飛ばされ  厭世教に取られ  雁江は満たされ  夢想が育まれ  人から口をきかれ  口をきかれ  環境を怖れ  何か裏切られ  頃であったが、それでも開け放され  何処に葬られ  綺麗でないとは言われ  何かを撰んで見ろと言われ  ふしで唄われ  ものだとは言われ  それが切れてしまったとは思えないが、すっと長く伸ばされ  疲れが癒され  列車はおそろしく混んでいて、もちろんすわれ  衰弱だろうと思われ  ことができるとは思われ  者を失い、見知られ  岡もよく耕され  現在おかれ  感心せずにはおられ  以って置かれ  ただ舞台を飾るというだけに置かれ  舞台が造られ  日自動車に轢かれ  画面に写し出され  愛がうたわれ  継ぎ目にもさしはさまれ、刺し込まれ  鋏でつながれ  ざつな色に包まれ  感じがふくまれ  ものがふくまれ  音が響くと弾かれ  草が踏みしだかれ  家へ貰われ  散々味わされ  なり祝福され  家に、引き取られ  孫達に心から愛され  前では一寸話され  何となく懐しく思われ  ように懐しく思われ  評判が、嬉しく思われ  役者に騙され  のが、少しも恥しいと思われ  意外に思わずにはいられ  座に居られ  名残が深く惜しまれ  役者とは思われ  私を弄んでおられ  私を見詰めておられ  たいように、恥しく思われ  拒絶せられ  のだと、考えずにはいられ  胸を撫でずにはいられ  私は考えずにはいられ  感銘を受けずにはいられ  恋を、面白く思わずにはいられ  ひとに取りかこまれ  必要から案出せられ  豪華と思われ  よそへ行って出され  人から非難せられたり、怒られ  者に見破られ  葉みじんにやられ  ひとりから教えられて、だまされ  事を教えられ、犯され  母に聞かれ  図案化せられ  背後から突き刺され  業火に包まれ  葉みじんに見破られ  化け物に傷めつけられ、おびやかされ  陰惨を見破られ  道化と見なされ  四年から受けて見よ、と言われ  左翼思想とを知らされ  カフエに引っぱって行かれ  男にさえ打ち破られ  絨緞が敷かれ  煙草屋の娘から手渡され  一部買わされ  恐怖から解放せられ  マルクスに依って結ばれ  部屋には坐っておられ  信奉者に見破られ  烈火の如く怒られ  裏切者として、たちどころに追い払われ  小遣いを手渡され  誰かに襲われ  ボーイたちにもまれ  自分のこの絶えず追われ  鮮明に思い出され  歯痛に襲われ  詐欺罪に問われ  気流に包まれ  堀木によごされ  自分とわかれ  霹靂に撃ちくだかれ  顔を見合せ、哀しく微笑み合い、いかにもそう言われ  思いに襲われ  蒲団だけが残され  病院から警察に連れて行かれ  署長に呼び出され  胴を縛られ  ワザ、と言われ  脊中を突かれ  地獄に蹴落され  刑を言い渡され  ひそかに送られ  全然、断ち切られ  気力さえ失われ  今夜一晩まじめに考えてみなさい、と言われ  説教せられ  じい気配に襲われ  完全に取残され  ほこり風に吹かれ、破られ  間に、失われ  だるい喪失感になやまされ  あまり名前を知られ  絶縁せられ  家が思い出され  恐怖すればするほど好かれ  シヅ子に押してたのまれ  堀木にそう言われ  どれだけおびやかされ  さらば血に塗られ  荷をば負わされ  誰にも汚され  恐怖で、坐っておられ  から眉間を割られ  怒りが、眠られ  ヨシ子が汚され  信頼が汚され  のち永く、生きておられ  ようにすがすがしく思われ  人妻の犯され  悲惨な犯され  から割られ  美質に依って犯され  箱にはられ  半分以上も掻きはがされ  それにはっきり書かれ  除去せられ  完全に打ち破られ、葬り去られ  恐怖におびやかされ  鍵をおろされ  ここに連れて来られ  のではなかろうかとさえ思われ  虫に食われ  数度へんな犯され  真理らしく思われ  風景がおもに写され  音にひかれ  空襲で焼け出され  経験を問われ  手記に書かれ  小包が送られ  上に立て直され  上に結ばれ  虚無感を誘い出され  座談会で語られ  ヒダにはさまれ  訴訟法に反してつくられ  活溌に云われ  範囲をひろげてつかわれ  傍観され  必要なだけされ  点におかれ  問題はきりこまれ  認識にひきずられ  のものに限られ  非合法におかれ  前衛的性格がおりこまれ  昔から仁術であると云われ  死方、否殺され  姉夫婦が殺され  胸を閉ざされ  から、盗られ  刑事にこう云われ  為に斬られ  二尺ばかり、開かれ  首に捲かれ  紐を解かずには居られ  姉夫婦を殺され  兄さんも、やられ  母を思わずには居られ  致命的であるかを考えずには居られ  ことを祈らずに居られ  易々とは寝付かれ  憎悪を感ぜずには居られ  肉親を殺され  晴したいと思わずには居られ  姉夫婦の殺され  しょうが、殺され  心持に、ならずには居られ  心に駆られ  姉が殺され  のだと、思われずには居られ  恨みとを持たずには居られ  娘を殺され  姉夫婦だけが殺され  感銘を受けずには居られ  非道に殺され  父とは、段々心細く思わずには居られ  戦慄を感ぜずには居られ  充分に晴らされ  姉妹なりを殺され  被害者は単に殺され  命こそ奪われ  禁獄され  日ではないかと、怖れ  此の世界から駆逐され  心も全く取払われ  心持を懐かずには居られ  世の中から永劫に葬られ  夫を絞め殺され  自分自身を絞め殺され  その男に依って、殺され  頬を打れ  ことだと考えずには居られ  身も心も共に救われ  晴され  期待は、全く裏切られ  ことは、夢にも思われ  人間だと云われ  世の中に生きて居られ  心持はどんなに恐ろしく思われ  生命を奪われ  天国なりへ行かれようとは、思われ  ものだとされ  極楽なりへは、決して行かれ  坂下鶴吉に殺され  魂は浮ばれ  強盗にでも殺され  無学を発かれ  恍惚感に打たれ  云ふと、試される怖れ  ものを押しわけて敷かれ  電燈に写し出され  紙魚に食い貫かれ  母は弱らされ  しかし、少し動いてもすぐ脱れ  生活に打ち込まれ  彼に打ち込まれ  ところ待ち伏せされ  新聞紙が押され  小石に阻まれ  一つ転ると、また運ばれ  心は惹かれ  ゴミ箱が倒され  彼が限られ  上に失われ  町を過るかと思われ  ラジオは許され  河童にとり囲まれ  並み木にはさまれ  中へかつぎこまれ  ことの行なわれ  僕は抱きつかれ