「るい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

るい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
るいから御気を付けなさい  るいとまもなかつたからね  ルイが古い壁の穴の中で蛇を捕へ  ルイは二人仲間を連れてゐました  ルイはもう兄さんと同じ着物を着たので  ルイを連れて  ルイは小羊を曳いて行きました  ルイとは蝶を追つかけて  ルイが叫びました  ルイはそれを一つちぎ  ルイは吐き出しながら  ルイはそれを食べて見て  ルイにキツスして  ルイは聞きます  ルイという廿歳になる  ルイを及ぼす  るいだろうか非常に気に掛かる  るい笑い方をした  るいという規則がありますか  るいと華族や金持ちと喧嘩は出来ない  るいかならん  るいてふ  るいは融けて  ルイも馳けまはつてさがしましたよ  るいかも知れないよ  るい親しさがこもっていた  るい強い香が二人の間に立ちつつあった  るいだとおもふので  るいは顔をあからめもせず  るいが馬鹿にするので  るいのことなどを訊いて見たが  るいとも俗悪なライオンの刺繍が目をむいていたりする  ルイと林檎を三つ重ねたくらいの  ルイだのと呼ばれる  ルイの大祝日があるので  ルイといって  るいをうんと集めてきて  ルイを及ぼすかも知れないと  るいは新らしい考え方かも知れない  るいかたまりになった  るいしするから  るいと冷やき  ルイ第十五世時代に出来た  るいはゆる  ルイとロロの写真を掲載して  ルイとロロを受取った  ルイとエミールが向かって行く  ルイとエミールの二人にはどこかに顔を出している  ルイのメーキアップはかなりチャプリンに似た  ルイとエミールはこれらのあらゆる囚獄を片端から打ち破り  るいとまもなく逃げ出す  るいかわいげな様子を誇張して包み隠していたし  るいは障子に写った  ルイなどという西洋の名をつけていた  るい起こりでなささうに思はれる  るいやしき物更にみるべからずなどいはん  るい重くるしい夜のくさむらで白い蛇が二匹こんがらかつてくる  るいは風俗習慣や年中行事のうちの何かを挙げて貰いたい  るいと云う  るいみじき歎きの為めなれば  るいい人であつたと云ふ  ルイとボナパルトと敵と味方の泪を吸って  るいを来してしまいますね  るいはそんなこともあるかも知れない  るいは踏み越えてはならない  るいは柿沼の食膳にも出すだろうかと  るいは来なかったらしい  るいは事務的なものの持つ  るいがかんざしおこしてくれよと  るいから私が背負って行って  るいとたふとき民あるをしり  ルイと西班牙の踊子が居る  ルイは植木い  ルイの顔にも似ない  ルイが少しづつ身を引く  ルイが瓶を取つて注いで  るいはば一點に盡きる  るいぽかんとした  

~ るい[名詞]1
中にルイを  ジヨセフとルイとは  お母さんはルイに  妖術魔法のるい  方へルイを  岩石のるいが  扶けするいと  交りて聞えたるいか  あときはみて落つるいて  岸のいきるるい  ぜんとかるいから  重量挙げのルイも  声がるい  つて雲を見上げてゐるるいの  家やるいの  洋行土産と称するいとも  機械係のルイと  声を聴きとるいと  枯草のるいを  さんにルイを  声を発するいと  無意義なるいは  膝を屈するい  急行してルイと  逆もどりしたルイの  構へるいと  舌ったるいか  まつたるい  云へるい  東京に於けるいは  ようなルイの  実質的にはくるいを  リムボに懸れるいと  主人のルイと  やうにルイが  コツプを持つとルイが  目を上げたルイと  孤立したるいは  幅ったるい  扮したるいや  

~ るい[名詞]2
あのルイ  突然ルイ  或るい  まあるい  かくるい  まだるい  羨るい  このルイ  

複合名詞
まんまるい月  ルイ十四世時代  聖ルイさ  ルイ王朝  精密器械るい  死屍るいるい  るい障子  惡るい事  惡るい  惡るいの  惡るい地面  惡るい方  惡るい教育  歩るい  機械るい  來るいろ  つたるいやう  るい男  るい雲  るいん  男女菅沼るい京野精一土屋園子  菅沼るい  狡るい人  ルイ十六世  ルイ拾六世紀  狡るい笑  引摺るいぢ  まんまるい眼鏡  びつこのルイ  日ルイ  ルイはちよ  るいるい  るい一通り  ルイ十四世  ルイ十一世  るい船脚  るいほり  るい言葉  るい事  手温るい事  るいよう  るいの  るい教師  丸るい影  るい奴  るい所  まんまるい顔全体  惡るい者  惡るい人  つたるい声  つたるい言葉  るい感じ  しんるい  まんまるい黄色  ほたるい  シダるい  るい心持  遊び行るい  まんまるい味瓜  るい客間  まんまるい  ルイ十六世式  つたるい  るい顔  ルイ十四世初期  円るい舷窓  円るい光  円るい波紋  るい口  つたるいもの  友ルイ  下着るい  苦めるいろ  つたるい感情  昆布るい  るい屠蘇  ヒュールイ  るい香水  惡るい臆測  惡るい癖  るい家  惡るいみのる  惡るい仲間たち  惡るい人生  惡るい微笑  鍋るい  つたるい眼  つたるい蠱惑  るい一種  るい事件  聖ルイ島  円るい芝生  身軽るい散策気分  るい様  徐々歩るい  まんまるい処女  まんまるい目  倦るい悲哀  まんまるい硯  るい色  仏蘭西国王ルイ十四世  仏王ルイ十六世  ルイ十五世  るい抱擁  るい人  ルイ十五世ふう  るいもの  まんまるい仏像  るい感情  迫るいぢ  ルイ王朝時代  るい者  ルイ十四世代  惡るいこと  一ルイ  まま歩るい  丸るいもの  ルイ十何世時代  昔ルイ十四世  來るい  つたるい家庭小説  るいたづら  るい阪道  るい汗  つたるい洋紙  るい返事  るい虫  まんまるい虫  眠るい  気倦るいもの  気倦るい空気  倦るい音  交るい  るいろ  んるい  三るい  ルイ十四世以来  るい影  るい臭気  るい響  ルイ王様  聖ルイ  ルイ九世  るい話  猾るいやつら  丸アるい  るい声  つたるい匂  まんまるい春  るい小細工歌  器械器具るい  搜るいろ  まんまるい雲  るい石  るい法衣  歩るいていらしった  垂るい金玉糖  アカルイ  るいのち  顏にこにこわらつてまんまるい  つて歩るい  つたるい話  まんまるい眼  まんまるい形  亮るい月  ルイ大王当時  ルイ十五世式  わーるい  ーるい  るい音  温るい  るい体  ルイ十四世以来フランス人  るい言葉つき  つたるいこと  明ルイ作家  ルイ帝王  るい庭  聖王ルイ  ルイ朝最後  十七世紀ルイ十四世  るいさ  反故るい  渉るい  るい皮膚  るいえな  猾るい商人  るい分子  ルイ花  ルイドール金貨  ルイ金貨  るい友情  惡るいさ  るい目付き掃部さま  るいづれもの沼  つたるい料理  ルイ風  るい出来事  つたるい人間  つたるいウヌボレ  るい膨ら脛  まんまるい横柄  三十里歩るい  るい口調  るいおしり  ルイ寮  まんまるい梨  るい屋根  るいところ  つたるい香り  惡るい靜けさ  晴るい色  ルイ十四世大王  クモモナクアカルイ  るい蹴鞠  廣くまるい肩  ルイ十四世式  るい好奇心  慄るい  ルイ十三四世  ルイ朝  ルイ十三世  輕るい乳母  工作機械るい  フランス国王ルイ十六世  まんまるい顔  るいなめらか  丸るい  つたるい眼つき  兵器るい  親るい  一ルイ位  狡るいこと  ルイ一家  温るい計画  るい計画  ルイ十八世  ちくるい  フランス王聖ルイ  長子ルイ死  九八七年ルイ五世  ルイ五世  むルイ五世  フランス王ルイ九世  一三一五年フランス王ルイ十世  一一四七年フランス王ルイ七世  子ルイこれ  繼ぎルイ  ルイ十世  ルイ女王  円るい鏡  円るい型  仕掛るい  ちよるい  ルイさん  ルイさん達  るい風  るい御方  まんまるいもの  るいおなか  円るい傘  るい積  



前後の言葉をピックアップ
ルアン  ルアーブル        ルイウチニ  類縁  類火  累加  塁間


動詞をランダムでピックアップ
懐い言わし悦べつれる宿し替るふるわし思いがけよ入れかえよさそいこま思わさ授けうつしだす流行り退ろいいかねかずけるつきそう艷めかさそう
形容詞をランダムでピックアップ
厳しから瑞々しい女らしおしいこく辛気臭あつき宜しくっ暖かく間遠侘しいどぎついおもはゆうましひくし悪かろともかれはなはだし面倒くさかっ旧く