「らい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
名詞

らい[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
らいをしながら  らいをしている  らいの義理人情にまいって  らいにきてくださると思っていたのに  らいをしてくれた  らいが戦争に出かける  らいを頼んで  らいをし  らい申された  らい申すにつけても  らいで大谷の禅房に住いをする  らいをします  らいとして表面上は財閥解体令を受け入れながら  らいに行くねや  らいひとく  らいをそこへすえると  らいで拗るの  らいは睡魔に襲われる  らいは立ち上り  らいを聞いて  らいで看護婦が雇われて来た  らいになりますので  らいで困る  らいしてカツレツの皿をつついた  らいにごまかして  らいの声が聞こえて参りました  らいたりつく  らいをして  らいの縁がひどく油あかでよごれている  らいの規則正しい振動の誘発される  らいの中央にコップの水を注入する  らいが出来る  らいもせずに  らいにして  らいを眺めていたが  らいが死んでいた  らいの仕業だと見こみをつけていた  らいを出して  らいとはいいながら  らいで処さ  らいがこの春から寝泊りしております  らいに作って  らいのように思われるの  らいを載せた  らいが附こうと思って申しますが  らいしながら仏壇の前へ来ると  らいを食わされた  らいがひとり走ってきて  らいは舟のまん中にどっかりすわっていました  らいがおこっては  らいはおこっている  らいがきりころすと思った  らいはいいました  らいはそれを舟のへりにのせ  らいも見えん  らいをするこえが聞えた  らいをもらし  らいのようになって  らいをつけて  らいをしたりしていましたが  らいがあり  らいを一時にたたかれた  らいには甘酒をのませる  らいでしたから考えました  らいにたたえられた  らいで嫩芽地上に萌ゆるより  らいというは神楽坂路考といわれた  らいとの間に生れた  らいをすると  らいに来た  らいらしい真似をしても  らいも済まぬ  らいに繊細くみえた  らいがはつきりしていない  らいに浸している  らいをする  らいをするにも  らいにするからね  らいができる  らいを持って  らいになれといったが  らいがあるよ  らいに水を入れて  らいを持って立ちながら考えました  らいに止まっていいました  らいでも皆な読うで貰うと  らいをかくるなどは  らいになりましたよ  らいと思ったから  らいなことはなしえたに  らいも同じく後ろに打倒れている  らいの面は蝋のように変じて  らいの屍骸を抱え込んで  らいを尋ねて  らいが下から上って来る  らいは人を斬って来た  らいとの間を疑って  らいを恨んでいる  らいは何者であるか一向わからないが  らいになって  らいをしたなども  らいに囲まれて  らいではないと思っている  らいほど京女に持てる  らいと思われる  らいはハッとしました  らいだと限った  らいの風をしているのに  らいを始終ひきつけていたとか  らいの問いに答えました  らいは残り惜しげに道場のまわりをうろついているから  らいはよろこばし  らいは草鞋をとって  らいは感嘆し  らいの尋ね  らいだと思いました  らいの言い分を受入れました  らいのために夕食を運んで  らいは何のために来たか  らいはなんだかばかばかしくもあり  らいの方も御一緒にお帰りになりましたか  ライなどと言って  らいは出来かねまする  らいをするなら  らいに思っているらしい  らいつぱいの無色な孔雀が居た  らいがある  らいで無ければいけない  らいたたいて近所近辺を駈けまわり  らいがおいでになりました  らいも見えなかった  らいで見える  らいという者の住む  らいをつつしみ  らいに心配しています  らいを云い聞かせると  らいのようなのに向って  らいの頬を打ちにかかった  らいの立場は見るも  らいははいる  らいをしてやっても  らいを電気的方法によってここへ持ってきたりする  らいを立体走査する  らいがくれた  らいに騙されて  らいをしているらしかった  らい来るべき段取りであったかも知れません  らいらしてくださいましよ  らいの日に風呂をたきます  らいの当日に一年に一度の風呂をたくにも  らいもすみ  らいをしたという  らいが来て  らいの矢が一筋それて  らいが主君に忠義を尽すという  らいをしましたので  らいをやりましたので  らいをしました  らいをやって  らいとうの衛門の庭のびわの木に嬰児をおろして  らいで彼の工場へ事務員として入社してから  らいではござりませぬ  らいによった  らいもく  らいのいでたちの  らいに支えられました  らいを置いて  らいが現われて  らいを先頭にして  らいにさらわせてしまっては  らいにわたしをさらわせて  らいはどけへ  らいまでががんがん鳴って  らいのお城がぼんやりみえます  らいをみおろしています  らいへでてきて  らいまでころして  らいと思い  らいが因で父君が廃黜の憂き目にお遇いなされた折り  らいのきばではとぽつぽぽつぽとなけば  らいをいたしました  らいとも分りはしない  らいを脅迫する  らいに無体な脅迫を受けて  らいが当てた  らいになった  らいで南の端の座敷の席が設けられた  らいになっては  らいはしないであろうと思われる  らいをされる  らいの当を得ている  らいをせずにあきらめていた  らいまでして  らいをしましては  らい来る風客というものも一人も見えない  らいをしてはならない  らいをあそばされた  らいも薫はした  らいが原因して  らいを聞きまして  らいをすれば  らいで両様の望みがかないますれば  らいで御堂の坊のほうへ運ばせてしまい  らいをいたします  らいであろうかとも思われて  らいの子が金かんじょうなどならう  らいの子がお金のことをいって  らいがいちばんえらいとされていました  らいにいじめられていました  らいの家に生まれた  らいになり  らいにはなれませんでした  らいの子であることはまちがいありません  らいの家に生れながら  らいをさせて  らいの下にもぐりました  らいを多分にもっている  らいの大主と浄化した  らいかないの神となる  らいでここは早く切り揚げ  らいができて  らいに行くから  らいもあえず  らいが願いたい  らいや弱気のあらわれとも考えられた  らいをよして  らいとも町人ともつかない  らいの前身が出た  らいにくらべて  らいがきらいじゃとみえるな  らいであらう  らい思ひを知るので  らい濁つた重い心が自らこれもひとつの貪慾な警戒の鬼と化してゐる  らい思ひにおかまひなしに  らいを正確に定める  らいを定めて  らいもせず  らいをしていました  らいに水を汲んで来て  らいのものの破片を見るだけ  らいの始末をしたい  らいへ穴を明けて  らいは女房こどものある  らいかわからないと思うね  らいにて登城させ  らいの種になるか  らいを浮べた  らい申しておりますわ  らいがあるという  らいでせう  らいに申されました  らいなどをすえつけて  らいの湯を代えて  らいらしちゃいけません  らいがわるくなってきた  らいがわるくなってからは  らいで梵語研究室に置く  らいかないへ去れと  らいかないから神が渡つて来る  ライは死のことナイは沢なり  らいでもされたなら  らいかないはまだ多く使うてゐる  らいかないから麦稈の船に麦稈の棹さして  らいとしていと盛んなる落成式執行の日もほぼ定まり  らいに会いました  らいがピタリととまって  らいはふところから白いたすきを取り出して  らいは千両函を又一つ持って参りました  らいは銀扇をパッと開いて  らいは扇をかざして  らいかないからやつて来ると  らいかないへ去  らいかないの説明が私どもの祖先の考へて居たと  らいかないと言ふ  らいかないへ去れ  らいかないは本島では浄土化されてゐるが  らいかないの説明には役立つ  らいに対するかないは対句として出来た  らいが知れ  らいかないをも知つて居た  らいかない以上のものとしたを  らいかないの思想の展開が説明してくれて居る  らいの眼つきを見よ  らいの射とめた  らいの一分とやらを立てさせてあげますぞ  らいでも何でも許してあげますから  らいが覗く  らいをさげて  らいの手拭を取ると  

~ らい[名詞]1
顔をしてせきばらいを  だれかもらいに  火もらいは  人ばらいを  せきばらいを  菩提をとぶらい  議会をかいらいとして  金もらいに  おのづからい  洗足水だらいを  交際をおきらいに  ものばらいの  一回間違いびっくりきづいてせきばらいに  年とったけらいの  おのづからいたり  二つ三つせきばらいを  金だらいの  ものもらいが  金だらいを  悪因ばらいとは  先刻たがらいで  お茶もらいの  玄関ばらいを  どちらからゐらい  逍遙子はみづからい  帶びながらいかにも  世智がらい  トねらいを  七軒もらいが  煤はらいには  金だらいに  早春風やはらいで  物もらいとの  死をとぶらいに  幾分やはらい  門前ばらいも  何かねらいが  湯だらいに  やっかいばらいを  前ばらいに  やっかいばらいが  主要なねらい  公儀におわずらいをか  取りはらいに  今ではさむらいも  眼をおわずらいに  七軒もらいと  物もらいを  度いくらいに  青ぞらい  現金ばらい  かなだらい  嫁取り婿もらいの  五合炊ぐらいはは  ものもらい  のともらいを  走り乍ら苦わらいを  ここをとぶらい  私をおきらいの  そこからい  煤はらいの  煤はらいも  かなだらいの  ようにせきばらいを  国のらい  物もらいで  厄介ばらいを  金だらいは  金だらいまでが  けらいのけらいの  一番おえらいと  何かもらいに  ゆきのよるくうらいの  エヘンエヘンとせきばらいを  墓をとぶらい  のをおきらいに  私をおきらいに  換へだらいがべ  たかいさむらいの  親のこしらい  露ばらいを  洗面だらいの  名優をこしらえるねらいを  ジョウはせきばらいを  玉はらいも  人ばらいが  都会人らしいてらいや  ようなわらい  神経はつりあいを失いねらいを  ものもらいの  金だらいへ  人ばらいの  人ばらいなど  恋いわずらいの  物わらいの  傲慢なわらいを  あなた様をおきらい  どちらからい  可愛がらい  うたひながらいとも  びっくりしてけらいに  重要なねらいの  鬢だらいなどを  鬢だらいの  あなたからい  金ばらいが  沖繩本島のにらいか  上のにらいか  浄土にらいか  アイヌ語にてライは  あれでせきばらいでも  楽土をにらいか  時を定めてにらいか  語のにらいか  琉球本島のにらいか  祖先のにらいか  物もらいが  セキばらいを  

~ らい[名詞]2
さむらい  そんならい  なくらい  けぶらい  すぐらい  早いらい  淡らい  きまってらい  ぬるくらい  暗らい  大きらい  偉らい  さむくらい  そうらい  

複合名詞
はぶらい  はからい  らい様  ためらい  シューライ  らいらしった  恥らい  躇らい  辛らい  弔らい  らい影  らいもの  世界的地質学者ライマン  ちからいつて  二三年らい日本  知らい  月末払らい  笑らい  仲らい  らい麦  羞ぢらい  つたらい  つて辛らい  アンドライ  煩らい  らいざらい  愁らい人  らいたち  たけらい  カナダライ  羞恥らい  らいすゞ  ライ病  柔らい  らい日本市場  らい声  ライリリック座  軽すぎらい  躊らいがち  しんらい  こッちからいろ  ライ公  らしったらいらしった  らいえい  ライネル太公爵  らい哀しみ  辛らい苛責  辛らい事  らい土地  扱らい  いつか羞らい  云ふえらい真似  アツライ  ライダル  羞らい  カイライ  疾風ジンライ的  カナダライ的  大食らい  干鯛貝らい  らいろ  労らい心  アシライ  成らい  ちからい世の中  ハクライ  ハクライ趣味  ハクライ演出家  ライ病殿  何ぼくらい  らい自体  らい衆  眠らい  らい風  ここ数日らい  昨夜らい  先ごろらい  らい体  らい姿  いさむらいたち  搖らい  図らい  十年らい  お菓子おきらい  らい當今  北条氏百数十年らい  先月らい  父祖百年らい  炎々数日らい  数日らい寝食  今暁らい  ライネル  キンライ  らい人  みょうらい  辛らいこと  知つてらい  数日らい  康らい  子供アシライ  ライバン  数年らい  恋病らい  漂らい  ためらいがち  愁らいもの  いさむらい  ドチドンチンカンノチマガロクスンキクライ  キクライキウスチーカ  軟らい  らい国  らい以上  ちからいちん  アツライ向き  慣らい  ライゲン  洗らい  侍従がけらい  払らい  らいもん  チニらい  らい紳士  豪らい人  酒ガキライ  心慣らい  格別恥らい  らい共  諧らい  向ふくらい  アップライ  引ツ張らい  らい時勢  心足らい  働らい  笑つたらい  談らい  らい織部清治  待遇らい  つて隨分辛らいん  きんらい酒  らい稼業  言ふえらいひと  交らい  カッパライ氏  カッパライ  癒らい  足らい  らい編輯室  らい冬空  らい海  らい出来事  らい夜  らい港市  らい母  らい秘密  らいの  らい静か  らい沼  らい厭  らい無気力  らい混乱  らい運命  らい灰色  らい世界  らい末路  らい恋  らい森陰  らい濁り  らい廊下  らい流れ  らい水  云ふえらい権式  ライオンス  狡猾らい人士  らい号  らいよう  違つてらい  ライエル氏  じゅうらい  大王はけらい  習らい  ライオス  信らい  キサライ  ライナイ  らいみたい  辛らい忍耐  辛らい板ばさみ  ライマン  犒らい  キミョムリョジュノライ  ライダル湖畔  らい一つ  辛らいの  



前後の言葉をピックアップ
ラアネフスカヤ  ラアブ  ラアマ・チャブズン  ラアラア  ラア・マンチア  ライア  ライアン  来意  来院  雷雨


動詞をランダムでピックアップ
坐すれ知らせろ穿く際立て赤らめる汲も興せ舞い上がっにらみつけるあまやかさ組織だて逃げ込め持ち切り張り込まはさま覆え広が送りはらんことづけよ
形容詞をランダムでピックアップ
せわしないはらだたしかいがいしくいみきもの凄く義理堅く正しく危なかろありがた詳しくずるうひよわあったか図太い速くっ汚らしく根強い青っぽいあじきな