「よん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よん[動詞]
本をよん  ものでもよん  時瀧口をよん  女人魚にはもうよん  酒をよん  返事がよん  支那料理人をよん  少年をよん  鼻本とよん  捨札をよん  樹明君をよん  この間フランスからキュリー夫人などをよん  二度三度とくりかえしてよん  戯曲をよん  古典をよん  符牒でよん  部屋へよん  二人だけ別室へよん  一度神職をよん  名前をよん  役人がよん  お話をよん  線とよん  スミス警部がよん  名をよん  海賊艇とよん  そばによん  長良川博士をよん  ローマ字五十音に合わせてよん  話をよん  ようにうまくこしらえてよん  30白鳥をよん  新聞でよん  ドイツから機械工をよん  自分でよん  ジャンヌがよん  名もよん  私をこうよん  も本をもって行ってよん  位本をよん  客をよん  手紙をよん  著書をよん  もう一度、よん  これをよん  書をよん  名をくりかえしよん  潜水艦ホ十九号をよん  冒険小説をよん  皆をよん  大津から外科をよん  銀五郎さんをよん  多市さんをよん  裏通りとよん  ボクによん  分裂病とよん  床磨きをよん  子をよん  階下へよん  熱心によん  さんをつけてよん  姓名だけをよん  歌をよん  歌によん  畔でよん  詩をよん  経をよん  小説をよん  説明書をよん  三種をよん  それをよん  DONをよん  者をよん  原稿をよん  彼女をよん  私によん  婦人たちをよん  女中をよん  子規のよん  そこへもって行ってよん  そこへもって行って、よん  文をよん  悲劇をよん  私をよん  論文をよん  評判をよん  警察官をよん  自動車をよん  善日麿とよん  本でよん  ことをよん  此方へよん  姓をよん  よそから医者をよん  探偵小説をよん  道具屋をよん  兵たいをよん  アンマをよん  新聞をよん  碁譜をよん  ジュウとよん  ジョウとよん  チャンとそうよん  本でもよん  女をよん  文章をよん  憲法をよん  ものをよん  序文とともによん  文学をよん  心でよん  文学作品をよん  そうによん  声で大きくよん  はじから順々によん  番号でよん  回想録をよん  作品をよん  河でよん  鍛冶工をよん  医者をよん  源平盛衰記など新しくよん  新聞の切りぬきなどをよん  フイリッポフによん  彦をよん  それぞれに担当して、ずっとよん  諒解してよん  仲間をよん  呂布をよん  大将をよん  ヤミ屋とよん  らがよん  ッ母さんとよん  チョコレートをかみながらよん  詩をいつもよりしみじみとくり返してよん  先によん  半分ほどよん  松下禅尼までよん  時によん  ノートに書きぬきながらよん  ひっぱりだこをしてよん  名所話なんかをよん  Dragon'steethは大抵よん  長をよん  のをよん  英語ででもよん  美とよん  癪にさわらせ、近々によん  あとによん  Rulingpassionをよん  切れをよん  ヴァニティー・フェアをよん  一回出来、よん  仲間によん  文章としてだけよん  本を出してよん  言葉をよん  指導者をよん  本文をよん  ミーチャのよん  決議文をよん  僕をよん  歌からよん  著作をよん  君によん  卒業論文をよん  孫娘をよん  従事胡班をよん  張昭をよん  自分はよん  あれをよん  うわさをよん  片貝をよん  博士をよん  千二は大きなこえをだして、いくどもよん  案内者をよん  于禁をよん  お兄さん、と、よん  反響をよん  奥さんをよん  外からよん  話とてらしあわせてよん  作家をよん  のをおどろいてよん  二号をよん  甘寧をよん  凌統をよん  劉延をよん  所へよん  黄忠をよん  夏侯惇をよん  日本印象記をよん  蘇越をよん  鋳物師をよん  小女をよん  機会もあるまいと思いまして、よん  戦記をよん  礼子さん、よん  ア、よん  秘書をよん  キッピイさんをよん  穂積をよん  心をよん  彼をよん  人をよん  高翔をよん  老翁をよん  記事もよん  巡査をよん  官兵衛をよん  家康をよん  魔女はよん  ところをよん  報告をよん  目をよん  伝右衛門殿をよん  声を出してよん  罪と罰をよん  美容師をよん  檀一雄をよん  夢中になってよん  芸者をよん  氏をよん  雑誌をよん  チンセイをよん  隊員をよん  本をかりて、よん  手記をよん  金平は、よん  顔色をよん  金平はよん  短篇小説をよん  物の本でよん  子供をよん  母によん  仲よしにもよん  浦上切支丹史でもよん  安福軒をよん  字義通りによん  兄をよん  者がよん  不破山をよん  谷口をよん  小僧をよん  椅子によん  書物をよん  川村先生をよん  屯倉とよん  内報をよん  竹見をよん  事務長をよん  誰かよん  エリーザをよん  太刀川青年をよん  艇をよん  為同情をよん  吉田をよん  広告をよん  八重をよん  血をよん  与次郎がいたらよん  お茶によん  一部分をよん  熊本博士をよん  旅行記をよん  ことだけど、とりあえずよん  手紙をよくよん  辛抱してよん  大佐をよん  小母様によん  ほとりへよん  書籍をよん  近衛をよん  つもりでよん  何でもよん  女中によん  本ばかりよん  岩波文庫をよん  放課後ひそかによん  げによん  それをひとりよん  古文をよん  詩ばかりをよん  どれをよん  母たちがよん  落語をよん  そこをよん  文章もよん  演劇史を少しよん  部分だけよん  主人をよん  お松をよん  帆村をよん  大川司法主任をよん  リーダーズ・ダイジェストもよん  声でよん  坂とよん  男色先生をよん  二等運転士が、よん  人気をよん  方も、よん  昔其角がよん  祖母をよん  猫のように優しくよん  それ以前によん  別宅によん  酒桶とよん  土落しによん  雨をよん  老臣をよん  レンセイとよん  谺をよん  師とよん  錠前屋をよん  手紙をくりかえしてよん  水谺をよん  妻をよん  者をそうよん  集をよん  二三日前によん  之をよん  吉次郎をよん  庭でよん  これへよん  新聞記事をよん  仇といやあ、よん  反感をよん  座敷へよん  加賀の国でよん  チョロとよん  競技士をよん  手下をよん  長年がよん  針刺しとよん  タイタイさんとよん  記事をよん  村人がよん  そばへよん  直和をよん  時にもよん  おれはよん  側へよん  亭主をよん  仲時をよん  師直をよん  弟をよん  彼はよん  義助をよん  小蔭によん  脇屋義助をよん  重臣二人をよん  ただいま典医をよん  中間をよん  前によん  命でよん  中書軍とよん  後ろでよん  多吉をよん  幸次郎をよん  藤太郎をよん  居間へよん  寅吉をよん  物かげによん  六をよん  彼らをよん  ここでは頼尚をよん  転機をよん  左近をよん  内へよん  幕僚をよん  衆和をよん  ことを、そうよん  嫉妬んで、よん  女流作家のものをよん  ことでございますならば、よん  畠山国清をよん  梟みたいによん  うちによん  平戸先生をよん  遠くでよん  内地内地と、なつかしがって、よん  法華經をよん  枕頭によん  ジャックをよん  さんさ、よん  事をよん  大男をよん  氏とよん  技術とよん  書簡集をよん  下男をよん  コウとよん  高値をよん  光子をよん  葉子をよん  ようにしてよん  源一をよん  看護婦をよん  土人の子をよん  声で小さくよん  幾度もくり返しくり返してよん  裏をよん  ぁんお前をよん  応募作品をよん  だれかをよん  教師とよん  秘訣をよん  怪訝そうに、ところどころよん  表札をよん  印象ふかくよん  富籤とよん  諭吉をよん  手紙をくりかえしよん  それをいそいでよん  築城書をよん  原書をよん  諭吉がよん  みな本でよん  それをめくってよん  ばあやによん  和歌をよん  夕方から雨をよん  歌でも、よん  男女をよん  ふじ子とよん  御名をよん  ツル子をよん  むえず大工をよん  小説でよん  史書をよん  作品集をよん  東助をよん  説明をよん  ニュースをよん  乙女をよん  風によん  本堂へよん  経はよん  お伽噺をよん  めをよん  から僕がよん  思い出話をよん  外国小説をよん  イドリスをよん  言葉でよん  俊がよん  それをのばして、またよん  警官をよん  ひとり、よん  一号をよん  冊子をよん  四十年前中学校でよん  一年も出してみて、よん  新聞はよん  ここへよん  私のよん  のだと思って、そうよん  沢山本をよん  名でよん  浅原さん、よん  小説などでよん  目をみはってよん  伸子もよん  前からよん  一くだりをよん  方がよくよん  本はよん  ものなんかをよん  理解してよん  中でよん  鉄ひとりをよん  鉄をよん  文面をよん  人のたすけをよん  んも繰りかえしてよん  若い人たちがよん  一葉全集をよん  紅葉全集をよん  事柄でも、よん  丘田医師をよん  祝辞をよん  われわれがよん  作品評をよん  私がよん  お話を憶えていさえすれば、よん  室内から大声でよん  岡部をよん  オルガ姫をよん  手記のつづきをよん  二三頁をよん  あっちこちをよん  家じゅうのものによん  お客をよん  ノートしつつよん  ザツパによん  たまによん  私なんかよん  つて、いくらよん  左門はよん  故郷へよん  由子をよん  そのまま一通りよんで、又よん  のを一寸よん  番頭をよん  仕出し屋をよん  家じゅうがよん  スノウをよん  毎日四十頁前後きっとよん  電報をよん  我を忘れて沢山よん  インペイ法はよん  何かよん  今何をよん  ヘッセをよん  赤鉛筆をもってよん  終りをよん  折からアグネスをよん  この間二度目によん  部分は、既によん  綜合的によん  一つ二つ伝記としてよん  けさ新聞でよん  歴史的展望をよん  文庫本をよん  ようにとり出してよん  手許によん  読本をよん  船長をよん  参考書をよん  タチメンとよん  酌をよん  綜合プロレタリア芸術講座をよん  のはよん  小陰によん  声高くよん  年長連をよん  みんながよん  ひそかによん  郎をよん  ものにしては悪い、よん  モコウをよん  文学作品もいろいろよん  小説は、よん  短篇をよん  ひとをよん  二部をよん  新日本文学をよん  数頁をよん  芸人をよん  清君をよん  三宅大尉をよん  不幸にしてまだよん  エハガキをよん  歌合でよん  何をよん  助六のよん  詩人をよん  者はそうよん  唯物史観をよん  絵本をよん  下士官をよん  狂歌によん  母をよん  千世子は読みすぎるほどよん  一寸もよん  今日までよん  まんま千世子はよん  娘子等をよん  手古奈をよん  屋敷へよん  小坂をよん  立看板をよん  先生がよん  仙をよん  お前をよん  狂歌などをよん  速記録をよん  寺男をよん  一篇をよん  妹ともよん  朝日新聞紙上によん  事があるのでよん  召使をよん  婆さんをよん  だれでもよん  医師をよん  ボーイをよん  暑い部屋でよん  料理人たちによん  マダムをよん  ことばまでとおしてよん  応募原稿をよん  づませながら先生をよん  こころもちでよん  実記などをよん  山伏をよん  バッケとよん  人がよん  牧師をよん  お父さんをよん  無線局長をよん  局長をよん  ボートをよん  リーダーをよん  泥棒とよん  無電班長をよん  んと、またよん  新聞ばかりよん  おじさんをよん  押勝をよん  佐兵衛がよん  頭ではよん  伝記でよん  岡部伍長をよん  経なんかよん  牛若をよん  この間新聞でよん  家でもよん  一せつをよん  福間警部をよん  それから緑川さんをよん  警部をよん  から何度ものをよん  盛によん  熱情をもってよん  アダイ署長がよん  水夫長が、よんさ、よん  あなたがたがよん  思つて植木屋をよん  ミヤ子をよん  即興によん  折によん  種則をよん  物語をよん  朝早く来て、よん  物をよん  主峰をよん  ケティをよん  学校によん  情趣内存在InStimmungseinとよん  思想をよん  トン子さんとよん  みんなをよん  典六をよん  ッそく神田正彦をよん  車夫をよん  弥吉じいやをよん  絹をよん  槙をよん  旦那をよん  二人をよん  金次をよん  修作はどうした、よん  狼をよん  音次をよん  ショールともよん  車をよん  ヤスをよん  父とよん  夢之助をよん  荒巻をよん  召使いをよん  番人をよん  捨音をよん  三度口でよん  神もよん  廿二日、よん  千代をよん  入間玄斎先生をよん  甚八をわざわざよん  房をよん  いつか時計館とよん  龍もよん  別室へよん  日ミネをよん  タクシーをよん  職人をよん  克子をよん  ゆうべ清月へよん  話がききたくてよん  番頭川根をよん  ナミ子をよん  主人がよん  人足をよん  オレをよん  若い女中をよん  自分のよん  接尾語をよん  終止段からすをよん  の終止法がしをよん  終止法でしをよん  母音をよん  からふをよん  呂昇をよん  旦那様をよん  講師によん  駕籠をよん  ゆえとよん  野ザラシとよん  ウチへよん  日野をよん  資料をよん  フランス語でよん  乙種とよん  ローリイがよん  ジョウをよん  名で、よん  あたしローレンスをよん  ローリイをよん  ハンナをよん  おかけになって、すぐよん  おかあさんをよん  これまでよん  形容詞接尾語しをよん  ほともよん  旅に立ってまもなく、よん  批評をよん  死神をよん  稿をよん  上にうつしてよん  自分をよん  名前を順によん  ばっかり居ていくらよん  看病夫をよん  ん、よん  助けをよん  人造人間エフ氏をよん  われわれ二人をよん  助手をよん  表現をよん  三つもよん  間によん  横になったりよん  神官をよん  茶の間でよん  のを入れてよん  研究的によん  十日ずつでよん  この間によん  刺戟され、一寸よん  うちからものをよん  並行によん  座布団を出してすこし又よん  解説にもついていてよん  網ですくえるだけ掬って、そう思ってよん  百頁もよん  内側からよん  あとからあとからよん  もの、よん  ホンヤクでよん  朝着いて一度よん  本を面白くよん  ためによん  このみからでなく、よん  前者はよん  文章で、よん  箇所をよん  予審調書をよん  一度もよん  あなたがよん  私はよん  古典もよん  こまかによん  デンポーだとよん  数行をよん  内へ決してまぎれ込ませないで、よん  わたしは、しばしばかつてよん  心をこめてよん  神をよん  さんづけでよん  特に公爵夫人ヴォルコーンスカヤをよん  三月号附録をよん  一作をよん  旅館によん  手紙すっかりよん  寿江子がよん  リス物語を一寸よん  あっちこっちくりかえしてよん  ちゃんと医書もよん  ようによん  周ちゃんもよん  いいかげんによん  ブランカは是非よん  細君をよん  とき本をよん  全部病院でよん  割合スピードを出してよん  伝記をよん  家へよん  様々をよん  報道を何とよん  バルザックをよん  今度よくよん  祝いによん  こたつであけてよん  源氏物語をよくよん  高見順をよん  みんなによん  二巻はまだよん  章をよん  記録をよん  よみになって居りませんね、一度よん  椅子で本よん  ものですが、よん  日記をよん  二巻をよん  我まんしてよん  本についてみても、よん  それはよん  一冊の本をよん  受つけとよん  日記なんかよん  いくつもよん  終りまでよん  官本でよん  町役人をよん  刑部様とのみよん  袖をまたよん  誰かをよん  敵をよん  采女とよん  こどもやぎをよん  給仕をよん  男の子をよん  三郎さんは、あけてよん  君たちのよん  誰がよん  言葉で互によん  小説、よん  川端康成のよん  探偵小説ばかりよん  心霊術師をよん  霊をよん  皆テとよん  音によん  これ杉田、よん  太平記をよん  広間でよん  武蔵政名とよん  解決をよん  新聞記者をよん  猫をよん  積で一度よん  讀本でよん  二階でよん  パパとよん  チエホフなどよん  壁新聞をよん  息もつかずによん  重助をよん  臣五名をよん  侍臣をよん  皿が、よん  無断でよん  オーイとよん  富士山をよん  ぼくをよん  その男をよん  尤もと思ってよん  



前後の言葉をピックアップ
四間  四位下弾正少弼  四丁目淡島伊賀掾菅原秀慶謹製  四日龍馬三吉慎蔵先生坂本龍馬左右  四戸  拠ん  四位下左近衛少将兼越中守細川忠利  四年特許願第六五一七号拒絶査定不服抗告審判事件  四一  縁ん


動詞をランダムでピックアップ
住めん焦らさ搗けかさ切羽詰り掘りおこし留めよとっくんけむるむしり取る仄めかそ言切っ噎せ返らかしがいじくる持ち出す脹らみ呼び出す凋も稼が
形容詞をランダムでピックアップ
片腹痛し末恐ろしい手広たわいなく恥ずかしく悪しくうら悲しきすくなきわるく速けれ忙しゅう態とらしく腫れぼったい脆い鈍くっあし易かろ硬かっ畏れ多早かれ