「よみ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よみ[動詞]
歌をよみ  左のごとくよみ  化粧しにけるとよみ  一句をよみ  新聞をよみ  本をよみ  非常によみ  影をよみ  ソヴェト文学をよみ  日の出會がよみ  聖書をよみ  手紙をよみ  本だって沢山よみ  さが、よみ  これ歌によみ  新聞もよみ  感想等をよみ  末節をよみ  一わたりによみ  日々にかうべをなやましてよみ  愛が再びよみ  本を又よみ  む真心たふとをりにふれてよみ  懐からとりだして読みながらよみ  名をよみ  家によみ  法華経をよみ  それをよみ  祈祷書をよみ  名前をよみ  物をよみ  歌もよみ  たくましさをよみ  経をよみ  作品をよみ  天もよみ  ことをよみ  ことがあるとよみ  小説をよみ  ものをよみ  JaneEyreをよみ  きみとよみ  一緒によみ  から又よみ  本箱から引ずり出してよみ  書をよみ  思想をよみ  一年ごとによみ  のをよみ  源氏を少々よみ  mychildhoodをよみ  論文をよみ  千五百冊もの本をよみ  プロテストをよみ  Adoll'sHouseをよみ  熱心によみ  通俗ものをよみ  叙述をよみ  森氏をよみ  注意してよみ  レボリューションをよみ  どんどん自分のよみ  記事をよみ  伝をよみ  今三分の二ほどよみ  わきへおいてよみ  サ歌でもおよみ  泰西名著文庫をよみ  みんな聖経をよみ  此をよみ  中によみ  雜誌をよみ  一冊一冊おぼつかなくよみ  いつかはまたよみ  うえによみ  本もよみ  文句をよみ  数字を拾いよみ  主観的によみ  嫁菜にふくませてよみ  感じをよみ  闘をよみ  文字を拾いよみ  文をおよみ  夜、又よみ  漱石全集をよみ  ふりがなをそろそろよみ  それに、よみ  恋愛小説をよみ  註釈づきでよみ  雑誌をぱらぱらめくりよみ  随筆など拾いよみ  探偵小説をよみ  新刊書によみ  名札をよみ  書簡をよみ  中でよみ  身なりが、漸くポツポツ拾いよみ  レンショウとおよみ  作品を一度よみ  のは、よみ  雨月物語をよみ  歌によみ  盛況をよみ  歌俳諧によみ  一字をよみ  黄表紙を読みよみ  字をよみ  井上靖氏が、ぜひよみ  理由をよみ  心でよみ  これをよみ  ままによみ  ある時の実際をよみ  本がよみ  印象がよみ  君でもよみ  挽歌作者をよみ  声におよみ  妹が待つつあらんとよみ  待君とよみ  京に留りて在故にかくよみ  文をよみ  夷歌によみ  誠意をもよみ  カードへ、これからよみ  これまでよみ  判決文をよみ  判決文が、よみ  何回もよみ  諭吉はしばらくみていましたが、やがてよみ  歴史をよみ  女がよみ  ろによみ  文章をよみ  原稿紙に写し直していただいて、又よみ  歎きとよみ  小説を拾いよみ  一篇をよみ  毎日本をよみ  巷談、よみ  綴じ合わせをよみ  伸子によみ  計代からのよみ  弔詞をよみ  目次をよみ  伸子がよみ  証拠をよみ  一枚起請文をよみ  私ちっともよみ  ドストイエフスキーなどがよみ  ものがよみ  漱石をよみ  責任とをもってよみ  本のよみ  一月六日のとを重ねておき、くりかえしくりかえしよみ  二つの手紙をよみ  印象でよみ  今度全集をよみ  本もよくよみ  本だから、およみなさい、きっとおよみ  逆によみ  四十三頁もよみ  短篇をよみ  ヨコをよみ  短篇などと合わせよみ  教課書をよみ  あとをよみ  住宅問題をよみ  興味をもってよみ  新聞雑誌をよみ  原稿をよみ  通信をよみ  詩をよみ  神がよみ  手紙をよんでまた強くよみ  小説本はよみ  両方をよみ  ふみよくよみ  ことばをよみ  声を聞きてよみ  教はりませんでしたので読むにはよみ  バいつかふしうのきよふをよみ  あれがよみ  話をよみ  鮮かによみ  盡きせぬとよみ  電文をよみ  んもくりかえしてよみ  後ろも振り向かずに、更によみ  それだけをまつすぐにおよみ  将軍家のおよみ  歌よみがよみ  疲れたおれをよみ  ここによみ  ままそれをよみ  雑誌をよみ  稽古本をよみ  勧進帳をよみ  地蔵経をよみ  字もよくかけて、よみ  絵本をよみ  事なんぞがよみ  内によみ  肉体的にもよみ  彼女はよみ  さが快くよみ  記憶によみ  自分がよみ  自分をよみ  急によみ  そうによみ  ものが一どきによみ  鮮明によみ  憤懣が思いがけずよみ  心によみ  夜のほどによみ  歌をよみけるを見てよみ  左千夫君の見とがめければよみ  もとへ贈るとてよみ  泛べてよみ  刀自にかはりてよみ  こころになりてよみ  木かとよみ  一本道をよみよみ  心をすっかりよみ  感銘をもってよみ  情景がのっていて、くりかえし、くりかえしよみ  のもよみ  ものプルードン批判をよみ  その間によみ  ことかかってよみ  二十四日迄すこしつめてよみ  和歌をよみ  詩もよみ  省略的にかかれていても恐らくよみ  豊富で、くりかえしくりかえしよみ  わけもなし、でもよみ  きっかけでふとよみ  体が響いていて、くりかえしよみ  態度もよみ  読手はよみ  頃から聖書によみ  テーマ小説をよみ  随筆を折々よみ  目白から貰ったけれどまだよみ  自分が一寸よみ  咲がよみ  雑誌小説をよみ  目が疲れてよみ  二段組でよみ  焚殺をよみ  ヨーロッパ旅行記をよみよみ  それからくりかえしよみ  評論をよみ  文章であると思ってよみ  バルザックをつづけてよみ  横においてよみ  若い女性のもだえをよみ  桜明りとは面白くよみ  点から又よみ  時代を扱っています、よみ  ものを先ずよみ  うた、くりかえしよみ  物もよみ  本でもよみ  あれをくりかえしよみ  お先に失礼してよみ  わたしもよみ  非常にいつくしみよみ  リアリティーを感じつつよみ  手紙ありがたくくりかえしよみ  感銘深くよみ  ブリュラールをよみ  新聞記事をよみ  自分は、よみ  我歌をよみ  数をよみ  漢音でよみ  音によみ  徒然草をよみ  者にはよみ  後歌合し侍りけるによみ  心をよみ  故人がよみ  アカハタをよみ  殷盛はもとよりよみ  熱中してよみ  

名詞

よみ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
よみ終った衣川の顔色はこの世のものとは思われなかった  よみがへり  よみがへる  よみがへりくる  よみがへつてくる  よみがへつてきた  よみがえるわよ  よみがへつた  よみにある  よみ返りを信ずる  よみの傍の一本桜桜花さけど廚女房いつ  よみにありて  よみになって  よみがへらせてゐた  よみがへると  よみがえッてくるらしいな  よみのくら戸はひらかれて  よみになった  よみがえるから  よみがえつて来た  よみから伴れ戻  よみを響かしてゐた  よみ返るのを感じた  よみを挙げた  よみがへつたか  よみかへし  よみがへりの  よみがへつて来る  よみがそのまま生で誌されている  よみ出ている  よみを聞きながら  よみがへし  よみがへつて来た  よみがへるであらうと  よみに帰る  よみがえッてきたいさ  よみがへつてくるので  よみがえると  よみにならぬ  よみになつたやうでもあり  よみになると  よみになる  よみにける  よみをつくっている  よみ聞かせてやった  よみが遠音にひびいてくる  よみがへつて来てゐた  よみがへつて来て  よみに諳記でやるくらい  よみになるので  よみになったので  よみの晴著に人の世のはかなさ見せてゆく  よみがへらせた  よみの国へ行く  よみがへる病む  よみがえる  よみがへりと考へられる  よみ込んだものとも解せられるが  よみがへらない  よみがへらするさぼ  よみになりましたわねえ  よみを語る  よみがへりぬ  よみがへりたる  よみの所属の人を連れる  よみになる迄  よみにならない  よみになっていると思います  よみ落している  よみがたのしみである  よみになれなかった  よみにならないかもしれませんね  よみになりましたろうか  よみになったら  よみがへつたり  よみ終ってから何度も雑誌の頁をパラパラめくって考えこんだ  よみになってから  よみとをやりつつ  よみになって居るからくりかえさず  よみになるでしょう  よみと本をより出してやります  よみもの何かある  よみに行く  よみにやって来る  よみになったのね  よみになれないでしょう  よみになりましたろう  よみになりましたか  よみになり  よみになるでしょうね  よみになりましたし  よみの国に安らかな眠りを続けて居られる  よみに迷ふに似たるかな  よみになれば  よみはじめて居ります  よみになって居りませんね  よみになりましたっけか  よみにならないでしょうか  よみになるのに  よみにならなかった  よみになりましたかしら  よみの国を背景にしてゐる  よみに他所まで出かけてゆくなど  ヨミになる  よみがへつて見えました  よみはべりけるまうですと  よみがへつて來て居る  よみがへりました  よみさえしない  ヨミの川か昔のぞいた  

~ よみ[名詞]1
柿がよみが  ゆふべはよみが  夢のよみが  葉のよみが  風によみが  夢がよみが  中によみが  学生時代によみが  寂しみて居りよみに  ミンミーがよみがへ  視線をよみが  記憶がよみが  色気になってよみが  くら戸はよみの  中へよみが  泣き声がよみが  情熱はよみが  近世に到るまでよみが  陰にしめつたどよみを  心もちのよみ  籠つたとよみを  感情の籠ったとよみを  命のよみの  たんねんによみかへ  情熱のよみが  彼等によみが  二通りのよみが  悪夢がよみが  手にあれよみが  人もよみがへ  顏はよみが  上によみが  観音経をよみに  底知れぬよみの  心がよみが  覺によみが  胸によみがへ  小夜更床によみに  異様などよみを  言調を選んでよみ  人の通り過ぎるどよみが  ろによみがへ  すりとよみがへ  記憶はよみが  耳によみが  記憶がよみがへ  太平記を拾いよみに  心によみが  みをよみの  急によみが  出がよみが  詩によみが  つてドストエフスキーがよみが  感情がよみが  何うにかしてよみが  子をよみが  香りはよみが  智恵子は死んでよみが  汝のよみの  記憶によみがへ  妻がよみが  何かよみ  頭によみが  間際によみが  時鳥の鳴くを聞きてよみ  身もよみが  新聞をよみに  訓辞をよみに  幽鬼群がりてよみに  夢さめなばよみの  キヤベツによみが  匂もよみが  此もよみの  書物をよみに  ろかせてよみ  彼女はよみ返ればよみ  思をはせてよみ  本をよみさえ  のはヨミの  

~ よみ[名詞]2
女らしくよみ  ふとよみ  忽ちよみ  ことごとくよみ  

複合名詞
よみもの  歌よみ  かによみ  よみ返し  うたよみ  よみ出  人々よみ  論語よみ  よみぶり  よみ始む  軍談よみ  うめきがよみ  ぬきよみ  物よみ  よみ人知らず  よみかた  よみ物  所謂歌よみ等  よみ籠もち  よみふぐ  行つたよみ  よみ方  棒よみ  油鰭よみ  今一度よみ  縫はり仕事よみ書  よみちがい  重箱よみ  よみ下し  よみ本  よみ人  部よみ人知らず  よみはさ  三たび歌よみ  一体歌よみ  歌よみ仲間  歌よみども  四たび歌よみ  五たび歌よみ  楽む歌よみ  六たび歌よみ  七たび歌よみ  八たび歌よみ  九たび歌よみ  尋常歌よみ  十たび歌よみ  所謂歌よみ  一體歌よみ  所謂歌よみども  樂む歌よみ  歌よみ人  歌よみ専門  月よみ  よみ書き  古来歌よみ  よみうた  よみ書き十露盤それ  高家歌よみ家  よみもの的  毬よみ  よみ口  人よみ手  棒ヨミ  勉強よみ  よみ物提供  歌よみ達  古今集よみ人知らず  みな歌よみ  一日つぶしよみつぶしかき  一行一行よみ  午前中本よみ  小説一冊よみ  よみよう  よみ終り  素よみ  われよみ  よみ下  昨夜よみ  待ち待ちガンサーよみ  反映的よみかた  よみ切り小説  日よみ  よみ歸ら  よみ難そう  よみ直し  



前後の言葉をピックアップ
夜回り  読み  黄泉  読みもの  讀み  よみ  読み  読みあさり  読みかける  読み直さ


動詞をランダムでピックアップ
はだけせせら笑っつっぱなしからまっ見透かせ売りつける問い詰める走り去ら光り輝き蘇るつぎあわせるしぶる換えどんす達する剃りまっとうする売りきれる通り過ぎん空け
形容詞をランダムでピックアップ
空し赤くあやうい香ばしから残多いうらさびしけれくろからいたましい新しかっ黄いろしつまんなく心地よすくなけれおそきゆかしからあどけなちょろう空しく畏きばかばかしくっ