「よび」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ よび[動詞]
収穫とよび  皆をよび  私をよび  うちによび  先生とよび  ケリムをよび  私がよび  蛇をよび  海底超人族とよび  妻とよばれて、そのよび  声をあげてよび  呼吸をよび  ひかりをよび  焼跡へよび  世界によび  船童をよび  ジャンヌがよび  自動車をよび  煩ふなよび  主体派とよび  爺さんをよび  名をよび  一彦をよび  イオーイ見えないよび  昔からさうよび  軽蔑をよび  兄とよび  帯つみびとわかきをよび  声でよび  資産家とよび  中によび  姐子をよび  誰にもよび  老僕をよび  花をよび  歌とよび  枕もとによび  出家をよび  大葉とよび  記憶をよび  お母さまをよび  好意をよび  骨身に沁みてよび  間青つしよび  時計屋をよび  秋蘭とよび  ちょっと舌をならしてよび  國会議員をよび  ここへよび  千生は又よび  骨身からよび  女中がよび  正常波をよび  男によび  民主主義のよび  赤三角研究団とよび  万波をよび  堂から母をよび  当時はそうよび  ちさうによび  韓嵩をよび  緊張をよび  児をよび  高等とよび  政中村家政代とよび  中にむかってよび  駒をよび  風をよび  いつかそのまま霹靂車とよび  兵糧をよび  千鳥のよび  刑事をよび  一波万波をよび  火をよび  魯粛をよび  人間的あこがれをよび  日をよび  上へよび  二将をよび  枕詞がよび  雰囲気をよび  落鳳坡とよび  傅士仁をよび  枕頭によび  雪をよび  者をよび  天漿とよび  立証段階で、よび  わたしをよび  ミスをよび  屋から出て、よび  生命をよび  医者をよび  トウトトとよび  九州男児をよび  人気をよび  全員をよび  斎藤兼吉とよび  芸術家とよび  金兵衛をよび  雲をよび  記憶し、ちがったよび  前によび  位山とよび  日本タケルとよび  神様をよび  刀をよび  オツネサンをよび  医師をよび  魂をよび  裏へ、よび  ひとりひとり、名まえをよび  妻なよび  のなよび  電話によび  電話でよび  恐怖をよび  入口から平岡をよび  嵐をよび  大佐とよび  夫人をよび  叩もてよび  網翅類をよび  紅色をよび  君をよび  夕眺めするなよび  仲間をよび  本名をよび  人物バラオバラコによび  使いがよび  冷水だとよび  タクシーをよび  濡れしよび  高値をよび  万犬の吠えをよび  異変をよび  佐野十郎をよび  敵とよび  人からよび  家庭から社会的勤労へとよび  夢をよび  手によび  恐竜をよび  人間感をよび  戦時景気をよび  門弟をよび  広前に、よび  馬をよび  さで、よび  職人をよび  姉をよび  眠りから彼をよび  それをよび  鑑賞をよび  弟をよび  二陣三陣のくずれをよび  面々を、よび  雀をよび  大臣をよび  役人をよび  チロとよび  妓家からよび  これへよび  渦紋がよび  巡査をよび  旦那をよび  七蔵をよび  話をよび  気味をよび  彼をよび  角をよび  女をよび  徳をよび  源次をよび  兵衛はよび  番頭をよび  女房をよび  勘蔵をよび  逆賊とよび  味方をよび  店口へよび  吉助をよび  子分をよび  万吉をよび  自身番へよび  用があったら又よび  六助をよび  鉄をよび  上によび  紋七をよび  紋作をよび  表へよび  物蔭へよび  都からよび  空駕籠をよび  吉兵衛をよび  用人をよび  遠視電話でよび  赤坂城へよび  岡田四郎兵衛友治をよび  兄をよび  不穏をよび  居間へよび  幸之助をよび  つや子のそのよび  母親というよび  上からせいいっぱいよび  愛情をよび  城へよび  氏とよび  さんとよび  君とよび  反響をよび  女中をよび  一坪館へよび  から、とに角御よび  民族的感情をよび  記憶がよび  鮮明によび  生のよび  脅威をよび  魔力をよび  何かの病気によって突然よび  表面によび  注意をよび  根津権現前へよび  妹とよび  名前、よび  一同をよび  人から、よび  母とよび  めをよび  方言のよび  イドリスをよび  仙戯とよび  僧をよび  美とよび  団洲とよび  三升とよび  保をよび  医者のよび  三人をよび  新聞記者らをよび  運転手をよび  気分をよび  娘をよび  吉之助をよび  声を出してよび  徳次ら外一人をよび  罪人をよび  八月十一日によび  関心をよび  倅をよび  高等によび  恋心とよび  愛とよび  感情をよび  社会的興味をよび  記憶によび  影をよび  部下をよび  斎藤豊吉をよび  村上もよび  人をよび  後者をよび  俳味をよび  鳴きかい相よび  友をよび  応接間へよび  親友とよび  正ちゃんをよび  一流どころをよび  物蔭によび  役所へよび  王をよび  夫をよび  抗議的拍手をよび  家へよび  桂庵婆をよび  小女をよび  ものは、残らず来いとよび  情熱のよび  名前をよび  放火犯人とよび  思ひ出をよび  来訪でよび  動揺とをよび  皇命とよび  家来をよび  幾をよび  健次郎をよび  楊博士とよび  みんなをよび  窓から首をだしてよび  東京へよび  僕をよび  あま戸そとくるわれをよび  姉の名よび  私が濡れしよび  スパスパ火をよび  胸によび  ツルゲーネフのそのよび  肉屋はくちぶえをならしてよび  犬をよび  渡り風をよび  つぶやく様によび  そばへよび  主人よりよび  通称をよび  母性をよび  父嫡子をよび  不安をよび  幕僚をよび  無電班長をよび  国許から金をよび  それぞれのよび  兼とよび  名をこえ高くよび  鹿の子もよび  客をよび  ハクスターがよび  お手伝いをよび  助けをよび  警官をよび  水先案内人をよび  川口もよび  三つをよび  奥さんとよび  局長をよび  群をよび  心によび  しまはり、よび  春をよび  二十数名をよび  槙をよび  十郎をよび  これをよび  加助をよび  空地へよび  女中たちをよび  敏司をよび  一室によび  甲板によび  甲板へよび  念をよび  感動をよび  陶工をよび  ソノをよび  入間玄斎をよび  チヤッコとよび  カールペとよび  ため當時かくよび  輩下をよび  機運をよび  ぱらから男爵閣下のよび  一人盆に向かい、よび  みやびか、なよび  力をよび  欲望をよび  家政婦をよび  草蝉とよび  水夫たちをよび  一つのよび  婦人がよび  甲種とよび  妖精をよび  下からよび  おかあさんをよび  メグをよび  バンクス先生をよび  人たちをよび  なみをよび  成功とよび  から医者をよび  和太郎さんはよび  御前によび  情緒性へよび  赤ちゃん一緒によび  集りなどには出ても来ないし、よび  イオーイと見えないよび  ギクとよび  召使をよび  躾がよび  弟よとよび  番太精神をよび  藪八とよび  茶坊主をよび  お次によび  義平太を、よび  お次をよび  動揺をよび  哀愁をよび  座敷へよび  なつたらよび  譲治とよび  女の子をよび  理性へのよび  豚をよび  源五郎がよび  妙は又よび  消炭をよび  武断をよび  童心がよび  ランスモールLandsmaalとよび  昼によび  館によび  教壇のまえへよび  父をよび覚ませ、よび  カクウがよび  冬坡をよび  墓地へよび  母をよび  病人運搬車をよび  髪なぶる風のなよび  後輩どもをよび  家人をよび  山妻をよび  子供らもよび  源氏とよび  妄念雜念ばかりよび  かめえられてしよび  



前後の言葉をピックアップ
呼ばわる  呼ばわれ  呼ばわろ  夜番  呼び  予備  喚び  呼び上げ  呼び上げよ  呼び上げる


動詞をランダムでピックアップ
受け継ご見過せ逃がしゃおこらやって来い位置づけよはまっもぐりいぶい寝付い醒まそ蹴破ら商う按ずれ持ち崩せ歩いききおよば泣きつき揃いちゃかし
形容詞をランダムでピックアップ
生温くく残り多めでたく易かろわるしかわいらしくとろいたわいなきあぢきなき騒がしゅう古めかし悪く若かっ回りくどいあたたかなにげな真新しい少なかろ