「ゆる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ゆる[動詞]
いはゆる  銀屏流沙とも見ゆる  息あつくしていばゆる  開化郷士と見ゆる  しかもいはゆる  目に見ゆる  煙が消ゆる  下に見ゆる  真夜中に映ゆる  薄黒う見ゆる  方々が見ゆる  ように消ゆる  海の見ゆる  一見頑固にも見ゆる  徽章とも見ゆる  幽かに見ゆる  光のみゆる  同胞に見ゆる  殊にさやけく見ゆる  蟻のごとく見ゆる  歓楽を覚ゆる  直系と認められ、謂わゆる  それは謂わゆる  のではないかと思われるほど透き通って、有らゆる  それは総ゆる  非礼は、ゆる  きくもゆる  どもたゆる  伝右殿、ゆる  やうに見ゆる  ように見ゆる  社会主義国家では有らゆる  子供達は有らゆる  見世物学校は有らゆる  向うに見ゆる  恥を覚ゆる  憐れを覚ゆる  冒涜を覚ゆる  有頂天を覚ゆる  佐久間象山のいはゆる  足のいかに心細くも瘠せて見ゆる  夕日にはゆる  頂上のとがりて見ゆる  大にして高く見ゆる  獨りつき出でて、尖りて最も高く見ゆる  所々につきて見ゆる  死首の見ゆる  頂上の見ゆる  色透きて見ゆる  そこに見ゆる  麓に見ゆる  雨で、見ゆる  城の見ゆる  其様にゆる  塊かとも見ゆる  可憐嬢とも見ゆる  日毎に見ゆる  足にゆる  天平頃のものと見ゆる  波に映ゆる  危惧を覚ゆる  日影はゆる  用ゐたりと見ゆる  觸れたりと見ゆる  如くに見ゆる  違て極めて新しく見ゆる  うに見ゆる  親しみを覚ゆる  欠点のみに見ゆる  一見明らかにさう見ゆる  彼と見ゆる  もの珍しく見ゆる  今はと見ゆる  眼からは淡く見ゆる  対象と見ゆる  船の見ゆる  さまも見ゆる  鉦打ち鳴らして過ぎるも見ゆる  如く見ゆる  健気に見ゆる  それかとも見ゆる  妹は魂消ゆる  はいはゆる  髪やみだれてもゆる  一見熱情的にも見ゆる  顔さえ見ゆる  跳りかつ消ゆる  城壁のしるく見ゆる  二夫に見ゆる  問題はいはゆる  破れ目から見ゆる  七島も見ゆる  海のごとく見ゆる  あとの見ゆる  底見ゆる  音きこゆる  独断的に見ゆる  はしと見ゆる  ルーズさを覚ゆる  義が見ゆる  世界の有らゆる  國民、有らゆる  岩も見ゆる  爪さきの白う見ゆる  讀經ももはや始まつたと見ゆる  沖に見ゆる  謂はゆる  鉄は、有らゆる  綿は、其の有らゆる  糸はゆる  味をつけ、有らゆる  眼には見ゆる  あれに見ゆる  主人らしく見ゆる  おのれもまたいはゆる  のは、しかし、決して謂わゆる  往来から見ゆる  櫓が見ゆる  潮ふけるが見ゆる  火焔の消ゆる  所によく映ゆる  やうにも見ゆる  中に引込んだと見ゆる  目ぞ見ゆる  いそかげの見ゆる  不快を覚ゆる  豆類には足りて忌むべきを覚ゆる  遥に見ゆる  いつか有らゆる  事に当たれば必ず足らざるを覚ゆる  特にいはゆる  左も、見ゆる  やくざ浪人とも見ゆる  語の古く見ゆる  榮えなく見ゆる  むろう樣子のみゆる  仕出しはゆる  吾妻鏡に見ゆる  思ほゆる  二人ともいはゆる  満足を覚ゆる  音が消ゆる  文学座はいはゆる  平民労働者ではない、謂わゆる  民衆芸術論の謂わゆる  ロメン・ロオランの謂わゆる  為めに、有らゆる  女史も亦其の謂わゆる  魂の有らゆる  労働者をして、有らゆる  近代の謂わゆる  同様に、有らゆる  から、有らゆる  これがいはゆる  思い、見ゆる  破れ且つ傾いて見ゆる  あざやかに見ゆる  知的要素に恵まれたいはゆる  本尊がいはゆる  絶対にゆる  文選に見ゆる  勇士たちのいはゆる  心やすげに見ゆる  興味からいはゆる  方向にあるいはゆる  直径二十町とも見ゆる  明かに見ゆる  家君見ゆる  目からも見ゆる  當時いはゆる  われわれは有らゆる  栄なく見ゆる  世人がいはゆる  まことにうるわしゅう見ゆる  二十位とも見ゆる  それがいはゆる  涙をこぼすと見ゆる  立勝って見ゆる  結城たか子はいはゆる  洛外に見ゆる  洛外などに見ゆる  式に見ゆる  久米はいはゆる  らるべき、有らゆる  骨柄も見ゆる  連合軍司令部からいはゆる  現在のいはゆる  私はいはゆる  夜目にも生々しく見ゆる  顏に見ゆる  汝らをゆる  ば見ゆる  朧に見ゆる  押伏せて見ゆる  傚して、あるゆる  手まわしとみゆる  あたりに見ゆる  不都合を覚ゆる  殿下はゆる  當にいはゆる  一口召上って、ゆる  鈍痛を覚ゆる  安心を覚ゆる  姿の見ゆる  孔から安房上総まで見ゆる  数月未だ愈ゆる  気配いさえ見ゆる  年頃二十三四とも見ゆる  閻羅と見ゆる  無視していはゆる  やうにしていはゆる  シラーのいはゆる  ことはいはゆる  理論をいはゆる  気持ちを覚ゆる  病いゆる  黒髪長くかかって見ゆる  着物を着てゐても見ゆる  彼方に見ゆる  山みな見ゆる  曲つて青木家の見ゆる  顎に白く見ゆる  光とも見ゆる  波に似て、見ゆる  海は、見ゆる  歸來るを待つらしく見ゆる  まぼろしかと見ゆる  跡が見ゆる  斜に見ゆる  あらわに見ゆる  屋を圧して刻々に迫るを覚ゆる  のしさのまざまざ見ゆる  夢に見ゆる  史書に見ゆる  人かと見ゆる  インチキ企業家など、あるゆる  能はいはゆる  手もとに見ゆる  情味さえ解したまわば、その馬鹿らしと見ゆる  光チラと見ゆる  玉とも見ゆる  場面とも見ゆる  苦労にたゆる  於いてはなるほど謂わゆる  西側の謂わゆる  狩遊びと見ゆる  二番目がいはゆる  今宵も消ゆる  星の見ゆる  はたや消ゆる  何処より見ゆる  白雲はゆる  人また見ゆる  身はゆる  歴々として見ゆる  梓神子にいはゆる  理想にして、見ゆる  今新聞などに見ゆる  新聞などに見ゆる  新聞雜誌などに見ゆる  逍遙子がいはゆる  叙情詩に見ゆる  作にて見ゆる  裏にほの見ゆる  意味同じと見ゆる  實感なるべく見ゆる  ために、ゆる  蕾も見ゆる  あしたは消ゆる  主謀と見ゆる  趣に見ゆる  背高く見ゆる  中へ、はらりと出でて見ゆる  番煙草と見ゆる  痣かと見ゆる  一筋一筋見ゆる  結び、有らゆる  事なく、有らゆる  風も出て来たと見ゆる  張つて謂はゆる  点を為して見ゆる  風にも見ゆる  向方に見ゆる  ツと見ゆる  消印鮮かに見ゆる  さまよふと見ゆる  目の下に見ゆる  爽快を覚ゆる  息もゆる  生命の光もゆる  汗を覚ゆる  閑ある如く見ゆる  ものと見ゆる  場かとも見ゆる  島かと見ゆる  畑で、黄いろくも黒くも見ゆる  海少し見ゆる  姿に見ゆる  主膳を侮ると見ゆる  場合になってきたと見ゆる  道具と見ゆる  息たゆる  印象記はいはゆる  世間のいはゆる  常人の堪ゆる  若年にしていはゆる  眼に見ゆる  ほのぼのもゆる  情趣をかんじほんのりもゆる  闇にもゆる  花、消ゆる  重げに見ゆる  のを覚ゆる  色かゆる  辺りにほの見ゆる  愛好者であるが如く見ゆる  羽影の透きて見ゆる  山方に見ゆる  若党と見ゆる  ものが見ゆる  一つ星のごとく見ゆる  しらでやは垣間み見ゆる  王陽明のいはゆる  頭が割方大きく見ゆる  立派に見ゆる  つて冷かに見ゆる  方からも引出せる、有らゆる  ことはゆる  花いろ衣を透きて見ゆる  嫋えて見ゆる  綾羅色をわかみ、透きても見ゆる  海とゆらゆる  齋殿深く焚きくゆる  野にくゆる  峰つづきが見ゆる  香消ゆる  心境を覚ゆる  蒸気船便もまた、はなはだ遅々たるを覚ゆる  愉快を覚ゆる  云はれて、ウーンと有りと有らゆる  月影に見ゆる  妙にゆる  姿勢はゆる  尾花のゆる  存在するかに見ゆる  ことをゆる  態度に見ゆる  意義を見出そうとしているげに見ゆる  發表された有らゆる  高氏はそんなに疲れ果てて見ゆる  薬餌であったとみゆる  海が見ゆる  美う見ゆる  極悪人とも見ゆる  たび、お若うなって見ゆる  山家じゃが、折々見ゆる  冷汗を覚ゆる  幼顔に返って見ゆる  地点より見ゆる  名前を問えば、もゆる  草木のもゆる  答えか、ゆる  恨みをむくゆる  上に見ゆる  一事を思い出したかに見ゆる  諸君に見ゆる  宇曾利山見ゆる  島は輝き見ゆる  夏より見ゆる  島とも見ゆる  舟とも見ゆる  斷續に見ゆる  葡萄蔓かとも見ゆる  前へ、有らゆる  血潮が有らゆる  野心に駆られ去ったとみゆる  険悪に見ゆる  手も見ゆる  金魚の総ゆる  瞬目するかと見ゆる  坊かと見ゆる  パラティーノは謂わゆる  植民地域が謂わゆる  さを覚ゆる  雲に達するかと見ゆる  方向にゆる  部屋に入れられたが、謂わゆる  真っ赤に見ゆる  頭痛を覚ゆる  感覚を覚ゆる  疲衰を覚ゆる  妹はいはゆる  甲府盆地に見ゆる  低能に近いほどに見ゆる  娘、もゆる  手はぐんぐんと、もゆる  ようにあらしめ、もゆる  時に、もゆる  行儀よく待っていたが、もゆる  足で、再び、もゆる  枕を上げて聞くと、もゆる  往来しているのに、もゆる  茂太郎は、もゆる  室では、もゆる  茂太郎と、もゆる  席に見ゆる  手勢と見ゆる  お雪ちゃんは、見ゆる  燦々と見ゆる  乗船と見ゆる  名の見ゆる  お松ともゆる  笠を傾けて送り給うと見ゆる  ほかは、ゆる  可憐に見ゆる  ゆつたりとして見ゆる  知らず淋しく見ゆる  これはいはゆる  総大将と見ゆる  気性も雄々しく見ゆる  命はよくよく惜しいと見ゆる  爪かと見ゆる  様子にも見ゆる  色彩を剥がれ、有らゆる  娘もゆる  梢を伝って、見ゆる  欄はあるが、つかまつてゆる  騒立ちて心細く覚ゆる  日など見ゆる  如く丸く肥えて見ゆる  夕暮など多く見ゆる  大抵此雲見ゆる  黒雲見ゆる  記録に多く見ゆる  らんぷは消ゆる  なう節ゆるうゆらゆる  軟風のゆらゆる  帆きゆる  絃して消ゆる  ほのかに見ゆる  玻璃のおびゆる  雨はまたゆる  光かすかに消ゆる  苦痛の暗きこゑまじりもだゆる  しか、消ゆる  香も消ゆる  かなしげに疲れて見ゆる  灯も見ゆる  いづちともなき軋に、潤みて消ゆる  頃流行のいはゆる  餘りゆる  これが有らゆる  事のゆる  ごと雲居に見ゆる  母御に似たと見ゆる  不満を覚ゆる  旭に消ゆる  二の腕の見ゆる  平凡に見ゆる  シーボルトのいはゆる  發電機いはゆる  今日のいはゆる  小間使とも見ゆる  眞にいはゆる  鳥居の見ゆる  うつつも消ゆる  母親と見ゆる  奴は、見ゆる  今日只今ここに立って見ると、見ゆる  類かと見ゆる  あからさまに見ゆる  雲と見ゆる  雲とも見ゆる  不足を覚ゆる  十五六とも見ゆる  燈火の見ゆる  小皺見ゆる  色に見ゆる  樹間隠れに見ゆる  合はず見ゆる  森に至るまで、見ゆる  影や見ゆる  手に成れりと見ゆる  八女縣といふも見ゆる  秋思ほゆる  あらはれていとど浅くも見ゆる  厭ふにはゆる  さまざまにくゆる  二階の見ゆる  列車は、ゆる  愛惜を覚ゆる  厭気を覚ゆる  衆に超ゆる  これをゆる  禅宗のいはゆる  何処までもいはゆる  今日いはゆる  沈鬱して見ゆる  先生に見ゆる  赤門見ゆる  声はあれど隔てて見ゆる  影さえ見ゆる  浅香山影さへ見ゆる  俺がゆる  土饅頭のいまだ新らしく見ゆる  手に取るごとく見ゆる  身に起こるあるゆる  みなへし萎れぞ見ゆる  露しげみ昔おぼゆる  過大に失せるがごとく見ゆる  関係なきがごとく見ゆる  障子にはゆる  等に見ゆる  記事中見ゆる  あるかなきかに消ゆる  見物がいはゆる  その間いはゆる  事はいはゆる  やつたいはゆる  女郎花かと見ゆる  狂公子にのみ見ゆる  威風ありげに見ゆる  気色見ゆる  発見を覚ゆる  所々に見ゆる  生ふべく見ゆる  袖さへ見ゆる  盛りと見ゆる  向はん刃なしと見ゆる  光見ゆる  待ちげに見ゆる  仄に見ゆる  是れぞと見ゆる  毛の濡れて見ゆる  燈たしかに見ゆる  山よく見ゆる  陽に映ゆる  心なしと見ゆる  われを知らぬげに見ゆる  神もゆる  薔薇もゆる  ひなをゆる  一見幸福なるが如く見ゆる  色合の見ゆる  パースペクチブなどにいはゆる  舟はゆる  峡より見ゆる  之を抑ゆる  中心としてゆる  伊東はいはゆる  おばあさんのいはゆる  名しばしきゆる  田巻安里は、好んでいはゆる  椎子を失うたと見ゆる  よう見ゆる  十三回まで取り替ゆる  紀行に見ゆる  馬らしく見ゆる  日紫に見ゆる  白が青く見ゆる  色替ゆる  全敗せしめたなど見ゆる  自滅と見ゆる  年よりまして見ゆる  たぐいなく見ゆる  相が見ゆる  これはいよいよむずかしゅう見ゆる  清げに見ゆる  相好が変わって見ゆる  物に狂うたとも見ゆる  気が狂うたと見ゆる  その他古書に見ゆる  東京下町のいはゆる  興行会社といはゆる  経に見ゆる  何事もおほせ出だされず、ゆる  最中と見ゆる  成功ありと見ゆる  ていはゆる  徹夜していはゆる  云はゆる  啄木のいはゆる  彼はいはゆる  ろうがましく見ゆる  それもいはゆる  浪に消ゆる  時間も見ゆる  季節で、黒ずんで見ゆる  窓から見ゆる  窮屈ないはゆる  のも見ゆる  窓より見ゆる  煙つた樣に見ゆる  走り穗の見ゆる  紅ゐを含んだとも見ゆる  樣に見ゆる  松原の見ゆる  畑も同じに見ゆる  常よりは高く見ゆる  夫人に見ゆる  瘠は見ゆる  四辺に見ゆる  花たばと見ゆる  はじめて見ゆる  帆かと見ゆる  聲を分けて、有らゆる  關する有らゆる  灯見ゆる  端もほの見ゆる  障子にすきて見ゆる  四十五六歳かと見ゆる  そくもおもほゆる  鴎外兄がいはゆる  彼処に見ゆる  一二種類と見ゆる  前記地図に見ゆる  嫌悪を覚ゆる  代表せる如く見ゆる  困難を覚ゆる  中央に見ゆる  旧家達はいはゆる  毒はいはゆる  春日和はいはゆる  一般にいはゆる  大尉になりてほどもあらじと見ゆる  伯よりおいたりと見ゆる  面のいろの蒼う見ゆる  人のをりをり見ゆる  すきまに見ゆる  煙見ゆる  人のおりおり見ゆる  技巧的にも見ゆる  柳里恭がいはゆる  ものはいはゆる  事明に見ゆる  真面目に見ゆる  舐るようにゆる  復讐心にもゆる  私はまだ、あるゆる  四十五六とも見ゆる  内心には心細く覚ゆる  煙の見ゆる  五十余りと見ゆる  屋根のみ見ゆる  夫婦と見ゆる  私たちに見ゆる  息の煙りがあんなに見ゆる  色丹く見ゆる  大部はいはゆる  るいはゆる  はるかに見ゆる  あかりもきゆる  不憫さを覚ゆる  反魂香もかくやと見ゆる  追剥、あちゆる  つて謂はゆる  先に見ゆる  苦悶を覚ゆる  あらはに見ゆる  ほとまりてあかう見ゆる  霞ふかく見ゆる  白雲と見ゆる  花のかがみと見ゆる  あと見ゆる  もみもみとある様に見ゆる  のならゆる  やうにぞおぼゆる  屋根越に遠く見ゆる  山も見ゆる  あらはるとなく消ゆる  人気を博したいはゆる  念を抑ゆる  真中に刺された如く見ゆる  漾う如く見ゆる  頭をあげて、ゆる  人はゆる  のであるが、ゆる  今行幸道路を隔てて見ゆる  内部には、ゆる  山の見ゆる  つたはつてゐるいはゆる  車潮なりにいたくおびゆる  ソレかと見ゆる  ごとふるさと見ゆる  心地おぼゆる  みなわれよりえらく見ゆる  一つ出て来て、ゆる  山深く分け入ったが、見ゆる  ところでゆる  言行はいはゆる  づつ見ゆる  馬上に見ゆる  あたりしみじみと見ゆる  さへ見ゆる  フランス人のいはゆる  正面に細く鋭く浮んで見ゆる  一面に白くほの見ゆる  世にいはゆる  こはいはゆる  血ぞもゆる  若人よもゆる  ともしび神うつくしきもゆる  肌もゆる  目の見ゆる  白壁の見ゆる  反撥を覚ゆる  戯作者気質をしていはゆる  とき生れつきとは思へども侘しく見ゆる  四十あまりに見ゆる  青空が気軽く見ゆる  行く末遠くおもほゆる  きまりをわるがるだらうと思ひ返して、わざとゆる  殊勝に見ゆる  負傷と見ゆる  ツイ其處に見ゆる  煙つて見ゆる  雪の見ゆる  山々の見ゆる  漆黒色に見ゆる  のかとも見ゆる  火もゆる  めに見ゆる  うるみの見ゆる  反省になんらもだゆる  とくに見ゆる  自然に動きおるがごとく見ゆる  ときめきを覚ゆる  身の丈けぐらいに白い光りの見ゆる  火が見ゆる  史上に見ゆる  あかり見ゆる  濁世のあるゆる  婆もつい染まったとみゆる  木の子見ゆる  單にいはゆる  古巣と見ゆる  現在有りと在らゆる  とき痩せてゆる  出埃及記に見ゆる  佛本生經に見ゆる  からは、有らゆる  つて見ゆる  歯ぐき白く見ゆる  時靡いて見ゆる  釦三ツばかり見ゆる  なかに凍てたるが、透せば見ゆる  四肢がなゆる  白波いたくほゆる  光の消ゆる  月にほゆる  右舷に見ゆる  左に見ゆる  城が、およそその見ゆる  金字見ゆる  吊橋の見ゆる  雨はふる、ふりそそぐ、にじむ、曳く、消ゆる  笛がきこゆる  灯が見ゆる  花火が消ゆる  紫陽花の見ゆる  光つては消ゆる  三十四五歳に見ゆる  紳士でないか知らぬが、有らゆる  素振りの見ゆる  非常に恐ろしく見ゆる  不恰好に見ゆる  心配気に見ゆる  慈悲深く見ゆる  げに見ゆる  力なげに見ゆる  清浄に見ゆる  優長には見ゆる  近く見ゆる  エールにいはゆる  がいはゆる  大体いはゆる  彼女達はいはゆる  風に、ゆる  底がゆる  法力がゆる  手練ぞ見ゆる  遠く詠むれば、見ゆる  一目に見ゆる  吾人に見ゆる  呼吸身に迫るを覚ゆる  素振りも見ゆる  風流げに聞こゆる  肉の見ゆる  算數學がいはゆる  げろふもゆる  わたしたちの最もゆる  卑下よ、消ゆる  何處やらをとなしく見ゆる  気に見ゆる  生と見ゆる  八ばかりと見ゆる  三と見ゆる  処に、ひろびろと見ゆる  火を点したりと見ゆる  処女らしく見ゆる  奥は知らねども見ゆる  姿、見ゆる  海も霞みながらに見ゆる  汽車が見ゆる  他書に見ゆる  下に凍ゆる  証文には常に見ゆる  人家見ゆる  牛豚開店と見ゆる  浄く厳しく聳えて見ゆる  風に述べると花々しくも見ゆる  而していはゆる  吾社會の有らゆる  能度が見ゆる  色情無きが如く見ゆる  魂も消ゆる  露はに見ゆる  浪の白きのみぞ見ゆる  みな浪とぞ見ゆる  山も行くと見ゆる  上に暮れ残りて白く見ゆる  海原も見ゆる  盡さんとのみおもひてもだゆる  頂もゆる  後チェンタウロは煮ゆる  こなたにては煮ゆる  適ふ、されど、煮ゆる  今も見ゆる  脂煮ゆる  中に見ゆる  姿消ゆる  二ながら煮ゆる  遠くかなたに見ゆる  二二・一〇三に見ゆる  一曲に見ゆる  神話に見ゆる  下には煮ゆる  著作に見ゆる  根本をゆる  灯の見ゆる  運動を現ぜざるに、すでに現ずるがごとく見ゆる  まねをすれば消ゆる  奇妙にいゆる  彗星の見ゆる  一尺回転するがごとく見ゆる  ときは、大きくなりて聞こゆる  ゆらはゆる  下二段のゆる  新聞に見ゆる  一見高貴と見ゆる  裾より現れ見ゆる  樣にも見ゆる  能く見ゆる  政治家に見ゆる  ものは謂わゆる  それはいはゆる  流れの名消ゆる  汝のおぼゆる  忍耐強しと見ゆる  あらはれてまたきゆる  音細りてきゆる  良と見ゆる  羽と見ゆる  我に短しと見ゆる  變りて見ゆる  饑うとみゆる  今は近くして見ゆる  世界より見ゆる  一九・一〇六以下に見ゆる  右にすきあるごとく見ゆる  瘧のいゆる  気がものすごく見ゆる  奇怪に見ゆる  彼は有らゆる  弟と見ゆる  來た如く見ゆる  自意識に上せて居らぬ如く見ゆる  流れ紋の見ゆる  書に見ゆる  特別意義も無きかと見ゆる  氣穴論に見ゆる  衞氣篇に見ゆる  醫書に見ゆる  腹帯ゆるみて見ゆる  肉感を覚ゆる  棟の見ゆる  棄つれば見ゆる  さま/″\に見ゆる  間にて異なりと見ゆる  燃ゆと見ゆる  人にさとりがたしと見ゆる  爲に消ゆる  汝等が再び見ゆる  出づるものありて、その見ゆる  特によろこばしく見ゆる  これ豫め見ゆる  己に見ゆる  處に見ゆる  事ありと見ゆる  萬物の描かれて視ゆる  世より最小さく見ゆる  月と見ゆる  邊に見ゆる  この世に見ゆる  前と異なりて見ゆる  淑女は、かのごとく遠しと見ゆる  一聯によるも次に見ゆる  不正と見ゆる  燃燒によりて見ゆる  しか見ゆる  愛に然ゆる  曲に見ゆる  十曲に見ゆる  これを貫いて見ゆる  あるかなきかに見ゆる  夕空に見ゆる  光の見ゆる  場合に見ゆる  念消ゆる  これより遠ざかりて見ゆる  上方に見ゆる  三卷に見ゆる  能はじと見ゆる  聖書に見ゆる  一樣ならざる如く見ゆる  つて下に見ゆる  百足らしく見ゆる  これが謂わゆる  味方勇しく見ゆる  巻き線がゆる  潮來の見ゆる  日々にあつけくなりまさりてたへがたくおぼゆる  根の深けく、おもほゆる  らゆればすなはちもゆる  穗ぬれに見ゆる  女のほの見ゆる  淡路のみゆる  染汁に浸てきと見ゆる  海や見ゆる  仄かに見ゆる  騷ぐ朝まだき木綿波雲に見ゆる  船も見ゆる  むのぞみありぬべしいためる心いゆる  窓もあけたればすなはちゆる  こともなきぞと見ゆる  神秘時代に属するが如く見ゆる  独立心にもゆる  僅かに見ゆる  間に見ゆる  陰影は黒く暗く見ゆる  以ていはゆる  ここにいはゆる  色彩はいはゆる  芭蕉のいはゆる  大正年間に及びていはゆる  これいはゆる  白雲の飛びて行くへも見ゆる  眼にもふたたび見ゆる  なさけは熱くもゆる  枝とにもゆる  妹もゆる  口にもゆる  ことならで消ゆる  加はつて居ないと見ゆる  殆ど皆無と見ゆる  思想と見ゆる  波まより見ゆる  さまに見ゆる  本栖湖本栖湖のへうべうたる、往き、消ゆる  傳統主義はいはゆる  ギリシア人のいはゆる  つて思想家といはゆる  ところから、有らゆる  他の有らゆる  床下の見ゆる  色に映ゆる  限と見ゆる  葉越にもゆる  偽ならず見ゆる  可らずと見ゆる  穗がゆる  労作に堪ゆる  ばいはゆる  陽に、もゆる  光に見ゆる  火に見ゆる  そんならゆる  風にゆる  鼻緒のゆる  息子株とも見ゆる  二たちさかゆる  七七もゆる  照り映ゆる  面白気には見ゆる  烟の見ゆる  正面に見ゆる  夫に見ゆる  奥からほの見ゆる  西に見ゆる  光を受けてちらりちらりと見ゆる  真情は見ゆる  火のぱっと燃え立ちすぐ消ゆる  ふんどしの見ゆる  奴と見ゆる  ところにいはゆる  必要な決してゆる  丘が見ゆる  かすかに見ゆる  脅迫と見ゆる  感慨殊に深きを覚ゆる  それには有らゆる  方がなかなかに奥ゆかしゅう見ゆる  眼にはかならず見ゆる  ぎほのめくゆふそらにはかなく消ゆる  家も見ゆる  火に消ゆる  それによって有らゆる  悟性と見ゆる  相反して見ゆる  身辺には有らゆる  それらの有らゆる  満足すべき有らゆる  衣に見ゆる  夜を送り、そのほゆる  それが謂わゆる  山と見ゆる  家来で、謂わゆる  水でゆる  いつのまに消ゆる  涙頬にくゆる  汽車が消ゆる  心おびゆる  汽笛のきこゆる  來たいはゆる  説明に見ゆる  三町を超ゆる  色映ゆる  見渡せば見ゆる  腕のなゆる  空間であって、見ゆる  海野がいはゆる  決意は、もうびくともゆる  

形容詞

~ ゆる[形容詞]
凡ゆる  燃ゆる  酬ゆる  用ゆる  聳ゆる  甘ゆる  越ゆる  悶ゆる  率ゆる  吼ゆる  強ゆる  悔ゆる  燻ゆる  支ゆる  聞ゆる  冴ゆる  冷ゆる  絶ゆる  決してゆる  相見ゆる  教ゆる  ひきゆる  報ゆる  裾ゆる  栄ゆる  飢ゆる  跡見ゆる  母ゆる  焔ゆる  あめゆる  夕映ゆる  滅ゆる  控ゆる  くゆる  悉ゆる  覺ゆる  罪ゆる  癒ゆる  加ゆる  

~ ゆる[形容詞]
ここでゆる  袖のゆる  いはゆる  さかゆる  断乎としてゆる  作りがゆる  君よゆる  傾斜がゆる  沽券がゆる  釘拔にかゆる  

ゆる[形容詞]
ゆる里長  ゆるころ  ゆる類  ゆる数  ゆる正当  ゆる時  ゆるの  ゆる宏大  ゆる群  ゆるほか  ゆるさ  ゆる自然  ゆる七  ゆる声  ゆるやう  ゆる心  ゆるかげ  ゆる人  ゆる暮れてゆく春  ゆる生産  ゆる日  ゆる面  ゆるかも盃  ゆる程盛ん  ゆること  ゆる所  ゆる筈  ゆるに違  ゆる者  ゆるには暴  ゆるは此奥  ゆる瞬間  ゆる事  ゆるもの  ゆるは牛  ゆるを耐忍  ゆる程  ゆる高級  ゆる方  ゆるはあはれ  ゆる寛容  ゆるの趣味  ゆる不可能  ゆる異常  ゆる観  ゆる方面  ゆるとき  ゆる思想  ゆる五月  ゆるは論  ゆるかとばかりかすか  ゆる室  ゆる間  ゆる感情  ゆる一  ゆる橋  ゆるにしづ  ゆる断末魔  ゆる暮れて行く春  ゆる破壊  ゆるる中  ゆるを口  ゆるを待つて一  ゆるふしぎ  ゆることな  ゆるに國  ゆる業  ゆるしかと  ゆるつき  ゆる松  ゆるまで耳  ゆるの形  ゆるの情  ゆるまでに源  ゆるは泛  ゆる二  ゆるの悲哀  ゆるほどの割合  ゆるの挙  ゆる限り  ゆるの健康  ゆるに立憲  ゆるの擧  ゆる心地  ゆるら  ゆる光  ゆるまで無花果  ゆるよう  ゆるかもと云う歌  ゆるかもと長良  ゆるも瞬く間  ゆるまでも合掌  ゆるお山  ゆる今朝  ゆる当世  ゆるばかりぞ命  ゆる途端  ゆる名  ゆるしな  ゆる響き  ゆる帚木  ゆるるの  ゆる一切  ゆる八  ゆるわれ  ゆる来し方  ゆる期  ゆるを追う王子  ゆる相  ゆる大師  ゆる高  ゆるまま  ゆる冷厳  ゆる音響  ゆる朝  ゆるまで一  ゆる壯  ゆる状  ゆる様々  ゆる昼  ゆる点  ゆる売  ゆる幽か  ゆるまでさかえの人  ゆる夜  ゆるを目送  ゆる帛  ゆる歌  ゆる兆  ゆるは筬  ゆる有名  ゆる不純  ゆるぞかし  ゆる那智  ゆる空  ゆる位  ゆる翌朝  ゆるたび  ゆる花火  ゆるごと  ゆる藍色  ゆる昨日  ゆる人種  ゆる職業  ゆる高等  ゆる三  ゆる干萬  ゆるうち  ゆる百  ゆるを筆先  ゆる頃  ゆるとも実  ゆる不法  ゆるみ  ゆる悲しみ  ゆるによりて能力  ゆるばかりになりてなほ  ゆるにいたる途  ゆるを見て我  ゆる處  ゆる折  ゆる分  ゆる像  ゆるに適  ゆる思ひをもて日  ゆるを述  ゆるに譬  ゆると共に人  ゆるまでに二  ゆる優秀  ゆるかもを思い出し幾度  ゆる九月  ゆるにとなり  ゆる消える音  ゆるは衣  ゆる時期  



前後の言葉をピックアップ
ゆる    揺る  揺るが  緩まり  ゆるい  緩い  揺い  揺るい  ゆるい


動詞をランダムでピックアップ
滑れおぼえる釈い取り戻せるごわすれつけくわえ搦める締め括っ寄せよゆるごふみこみたたむ役に立つげび羨む咽びわき起こりいわ告げん立退か
形容詞をランダムでピックアップ
力強きものめずらしいあつかっつよし心苦しい気高いつまらなけれあっけなく生じろい何気ない賢かっねむく洽き薄気味悪かっ勿体ないぼろきみじかし痛いたしい心弱いふがいない