「やつれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ やつれ[動詞]
彼女のやつれ  間にいたましくやつれ  袖にやつれ  中身はやつれ  顔がひどくやつれ  鳥も、降りては、やつれ  憂愁のやつれ  産後のやつれ  花はやつれ  微恙を得て、やつれ  着物で、やつれ  脳髄とをもって、やつれ  すつかりやつれ  過労でやつれ  君はめっきりやつれ  母親のやつれ  かげもなくやつれ  私のやつれ  間にめっきりやつれ  やうにやつれ  一滴、やつれ  報告を、やつれ  文雄はやつれ  椙のやつれ  疲れとにやつれ  吉のやつれ  辛酸にやつれ  頬がやつれ  痩枯れていられ、同じくやつれ  病気やらで思いやつれ  相貌こそやつれ  貧乏にやつれ  度胆をぬかれ、やつれ  貧にやつれ  頬のやつれ  中で、こんなにやつれ  ためにやつれ  風邪でやつれ  憂にやつれ  貧苦のやつれ  羽色がやつれ  からなかったが、やつれ  把持を失い、やつれ  前に、やつれ  それから例のやつれ  彼のやつれ  額はやつれ  風に焼けやつれ  発音のやつれ  博士のこのやつれ  何かやつれ  美しい人がどんなに疲れやつれ  前にかたまりながら、やつれ  木部の、心からやつれ  二のやつれ  二はやつれ  苦労にやつれ  ように、やつれ  影もなくやつれ  顔にも少しやつれ  ふつと、やつれ  十ヶ月はいつたときのやつれ  狼よりも、やつれ  一日一日とやつれ  たる帯、やつれ  母親は、やつれ  生活にやつれ  病後のやつれ  ぽちで、そのうえひどくやつれ  面には、やつれ  母は少しやつれ  三十五六のやつれ  狂人のやつれ  餓とにやつれ  思つたよりやつれ  顔は白くやつれ  げの生えたやつれ  聖母のやつれ  冬がやつれ  身は、目立ってやつれ  さすらいでやつれ  姿はやつれ  身は、目立つてやつれ  身は目立つてやつれ  位はがれしやらはれのやつれ  横面が、痛ましいほどにやつれ  レエヌさんの、このやつれ  面差しはたいへんやつれ  影みれば、やつれ  頃、やつれ  今、やつれ  拍子に、一層やつれ  羞ずかしいやつれ  顔立ちが、やつれ  近頃はやつれ  ようにやつれ  旅疲れでやつれ  妻のやつれ  花子のやつれ  目にも判るほどやつれ  金銭にやつれ  顔がやつれ  非常にやつれ  彼はやつれ  覚一はやつれ  彼女はそのやつれ  面がやつれ  母のやつれ  色も黒くやつれ  下駄をはいて、やつれ  ところへ、やつれ  表情と少しも変らない、やつれ  弁信のやつれ  一生のやつれ  顔は、少しやつれ  苦労して、やつれ  顔立はやつれ  面をしてやつれ  お雪ちゃんはやつれ  時感じた、いくぶんのやつれ  言いようもないやつれ  色が黒くなりやつれ  老骨らは、やつれにやつれ  藤のやつれ  こちら母思ひしよりはやつれ  物思いにやつれ  顔だちがやつれ  気の毒に思いやつれ  仏勤めにやつれ  牧子はやつれ  トランクをぶらさげて、やつれ  顔のやつれ  レヴィー・クールにまた出会って、そのやつれ  しわくちゃによごれやつれ  風にやつれ  露にやつれ  夜のやつれ  Bullock恋にやつれ  顔はなんだか少しやつれ  作品を流しはじめたとして、やつれ  別に少しのやつれ  心労に、やつれ  今こそこんなにやつれ  ところは痛ましくやつれ  生活のやつれ  だんだんにやつれ  はいたましいほどにやつれ  お嬢さんもやつれ  病人のやつれ  手を確り握り、やつれ  上気がやつれ  野々宮は、やつれ  着任匆々恋にやつれ  顔は、すでに、やつれ  野々宮のやつれ  心もやつれ  現実のやつれ  心がやつれ  絶望にやつれ  上にやつれ  眼鏡をかけて、酷くやつれ  ゲッソリとやつれ  顔はいたましくやつれ  そこへ青くやつれ  容姿もやつれ  取り越し苦労にやつれ  意気にやつれ  しかし、やつれ  肩などはほつそりとやつれ  彼ははなはだやつれ  石塔を彫って貰いたいと、やつれ  中に見違うばかり蒼くやつれ  看病にやつれ  桐のやつれ  酔いもあるらしく、ひどくやつれ  顔をやつれ  従妹のやつれ  水はやつれ  眉よやつれ  産後でやつれ  寢てゐて、思ひもかけないほどやつれ  體のやつれ  あたしもやつれ  郎女の気高くやつれ  旅にやつれ  顔、少しやつれ  それはやつれ  さなきだにやつれ  羽扇綸巾膚寒みおもわやつれ  老人はやつれ  心配事にやつれ  照枝だって貧乏暮しでやつれ  地面にすわり、やつれ  顔にやつれ  何年間と思いやつれ  アツ子はやつれ  ヘトヘトにやつれ  ときは、こんなにやつれ  克子はやつれ  今朝はこんなにやつれ  鳥右さんをやつれ  雪子はやつれ  時から見ると又やつれ  様にやつれ  娘もやつれ  頃から見ると、多少やつれ  さびしさ、やつれ  夜ねむらなかったので、ひどくやつれ  ベスのやつれ  女房がやつれ  づれて、やつれ  格子口まで呼び出して、そのやつれ  見かけしたよりやつれ  色が青白く、やつれ  顔をした、やつれ  青い花恋にやつれ  巨男はやつれ  膝に載せて、やつれ  彼はひどくやつれ  見物にされるのでやつれ  一時にやつれ  男がいかにも思いやつれ  柳はやつれ  体のやつれ  間にめっきりとやつれ  品殿はやつれ  眼に見えてやつれ  庄吉がやつれ  寂しげにやつれ  



前後の言葉をピックアップ
奴ら  八面山  八剣  窶れ  ヤツレ  窶れる  やつれる  矢津  家作り  矢筒


動詞をランダムでピックアップ
割るふきまくる於け空うそぶきよりあつまっ締切ら支えよ息む嗅ぎ付ける見当たらおいつかわ掻き込ん切り込みふんづけよおとし入れこすれる切立ちあびしわら溢れ
形容詞をランダムでピックアップ
有難けれねたい物がなし際どきかわい空々しくばっちい温いまたとなくおもひとしい薄ら寒かっニガ重々しくなるい浅ぐろく面白きふるくくどき易けれ