「やす」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
形容詞

~ やす[形容詞]

~ やす[形容詞]
料金のやす  値段のやす  

やす[形容詞]
やすさ  やすの  やすん  

名詞

やす[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ヤスとその姉とがかたまって  ヤスが和服と暖い  やすなが淵という淵がもとはあって  やすと言ふ  ヤスといふ道具を持ち  やすも帯を解いている  やすが言う  やすもいつの間にか私の家にいなくなった  やすが真似をして  ヤスとはネンゴロな関係にあるという  ヤスは涙ぐんで  ヤスを見せると  ヤスが今まで申し立てていた  ヤスをよんで  ヤスは涙の一升五合も流した  ヤスがちょッとかくまって  ヤスは中橋を父とよんだ  ヤスは吃驚したが  ヤスを記憶しているかと問うと  ヤスが主人の姿が見えないと云って騒ぎだした  ヤスはヒサが飛龍座を訪れた  ヤスがそうさせた  ヤスはかねて  ヤスは九時ごろ行李を始末するについての  ヤスは室内に現れ  ヤスが愚を装っているという  ヤスと呼んでいた  やすが来ない  やすの電報を受取って  やすの電報は再配達の青鉛筆のマークをいくつもつけて  やすはうねのある  やすはだんだん機嫌が悪くなって  やすはへんな顔をして  やすは白足袋の爪先をきっちり揃え  やすを自動車に残して  やすはのんびりと庭をながめてから  やすは居なりにこちらへむきかえると  やすはおっとりと笑って  やすは大袈裟に首をひねって  やすはニコニコ笑いながら  やすは滋子のそばへいざりよってきて  やすは急に幅のある  やすはうなずいて  やすは茶碗を手に持った  やすはなにげないふうでチラと滋子の顔を見ると  やすは顔をあおむけ  ヤスい金であずかってくれる  ヤスの手紙を見せた  やすはふやすなど  ヤスに似た  ヤスの川の川原で會議をなされて  ヤスの河を中に置いて  ヤスの河の河原にお集まりになつてタカミムスビの神の子のオモヒガネの神という神に考えさせて  ヤスの河の河上にある  ヤスの河の河原においでになる  ヤスの河の水を逆樣に塞きあげて  ヤスはお竹と同い年の近年夫婦別れした  ヤスはバスに乗りおくれると  ヤスやセツに非難されてみると  

~ やす[名詞]1
小娘のヤスと  ためにヤスといふ  ヤスかヤスか  妙心とヤスとは  連れ子のヤスは  機にヤスは  アスアサ一〇ジパリニツクというやすの  半紙に書いたヤスの  小娘のヤスの  黄金虫ややす  娘はヤスは  天のヤスの  つて天のヤスの  神はヤスの  セツとヤスは  

~ やす[名詞]2
案外やす  只やす  どうしてやす  ごくヤス  いくらかヤス  それなりやす  

複合名詞
やすら  やすけさ  やすうり  ヤスパース  安やす  鳥渡やすめ  やす女  やすさん  佐分利ヤス  長田ヤス  連れ子ヤス五歳  娘ヤス  召使いヤス  ヤス以外  ゃずッ  マチヤス  マチヤス孫兵衛  マチヤス太郎右衛門  やすちやん  妾石倉やす  やすチク音キ  三十八円十銭ヤス  三宅やす  やす田物語  ヤス河  やす川  日ヤス  



前後の言葉をピックアップ
夜須  野洲  野洲川  やす      安さ  安上がり  安上り  安明


動詞をランダムでピックアップ
にぎわわ飛交うからまはいりおどれるくだせれ振込めなぐれくみこん存じしまお込ん差押えよ覗くめざしあがなう咳きこみ曲がりゃ封ずる讀め
形容詞をランダムでピックアップ
荒っぽつたな憎き哀しくいさぎよし善けれらうたりりしくひろし香ばしからのぞましからいとわし強かろもの恐ろしく美味くっ幼うずうずうしく汚らわしいねむた