「やけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ やけ[動詞]
脂やけにやけ  最後にやけ  赤ちやけ  黄にやけ  來ねえ、ふにやけ  茶色にやけ  ようにやけ  海にやけ  世話がやけ  体をやけ  日にやけ  息の緒のすこやけ  潮風にやけ  表はやけ  白つちやけ  一葉一葉に濃やけ  陽にやけ  酒をやけ  真昼、熱くやけ  枝もやけ  しゅうでやけ  瞬間瞬間に、赤くやけ  地下室にやけ  被服廠あとでやけ  わきにやけ  星野さんもやけ  あなたやきもちがやけ  風にやけ  病あらせず、速やけ  泥臭いにやけ  意志はあかあかとみよ、うつくしくやけ  搦んだ、ぶやけ  糸川がやけ  新道も、もうやけ  色のやけ  先がやけ  裏だけやけ  舟はやけ  晩松坂屋がやけ  河には、やけ  方がやけ  さかんにやけ  北へかすめる、ひややけ  連絡や、もうすっかりやけ  色にやけ  かなたすこやけ  うちねがへるはすこやけ  芝居小屋がやけ  茶褐色にやけ  蝎がやけ  蠍がやけ  鼻持ちならないにやけ  肺病娘はいらんのやけ  皆火事にやけ  どこか、やけ  日光にやけ  ようや、そうやけ  得意も、やけ  いもがやけ  野良日にやけ  寛永寺もやけ  やうにしてやろちうんなら、こら別やけ  潮にやけ  樣にやけ  所がやけ  炎暑でやけ  世話もやけ  あるかなひややけ  雨に腐やけ  張は少しもない、蒼白いにやけ  世話のやけ  大分日にやけ  麦がやけ  玉をやけ  勝手にやけ  炎天にやけ  赤にやけ  ジヤンパーを着たにやけ  光が小さく見えてますかがやけ  夜中かがやけ  真赤にやけ  火にやけ  炭はやけ  顔のやけ  火にもやけ  火花がでたかと思うと、たちまちやけ  あたりはいい加減やけ  かなり日にやけ  胸がやけ  みな日にやけ  銅色にやけ  戦争でやけ  真っ黒にやけ  浅間山さんなぜやけ  征矢なす水のはやけ  通ふすみやけ  意地のやけ  震災にやけ  ここがやけ  うちがやけ  医者もやけ  角がやけ  日大病院もやけ  わたし達がやけ  銀座がやけ  隣までやけ  右側がやけ  二側あっちまで、やけ  確実にやけ  家がありましたが、やけ  肴町附近がやけ  原稿紙もやけ  原簿がやけ  辺までやけ  林町がやけ  黄色にやけ  午すぎ、やけ  身体はやけ  人々はいかににやけ  潮やけみたいにやけ  お家がやけ  やきもちもやけ  

名詞

やけ[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ヤケで二三杯飲み歩いた  やけに響く  やけになった  やけに引っ張った  やけがほの  ヤケじゃアいけないでしょう  やけになって  やけに唄った  やけにだらしなく泪を流し  ヤケとかデカダンという意味のように思われるかも知れないけれども  ヤケとで暴れ廻っている  やけのやん  ヤケになって  ヤケのやん  やけに振り廻していた  やけにこづいた  やけに土砂を振掛けても  やけの虫と化し  やけのこりの  やけになり  やけに速力を早めた  やけに吹きっつ  やけに多いのに眼をみはり  ヤケで力んで  ヤケな気持になっている  やけも起したが  やけに叩くな  ヤケを起した  ヤケかも知れないね  ヤケの演説をしながらも  ヤケに澄ました  ヤケに給料を殖やしている  ヤケに手荒く締めると  ヤケに叫んだ  ヤケに当ってくる  ヤケに手をたたいた  やけなんかおこしちゃ困るじゃないの  ヤケを起して  やけになったので  やけに掻き廻した  やけに吠えるでなあ  ヤケが半分以上手つだっている  ヤケに首ばかり振るでなあ  やけからの茶碗酒を呷りながら  やけ出されの  ヤケを起して飛びだす  ヤケを起させた  ヤケまぎれに一方的に走りだす  やけと言ふもんだ  やけだつて何だつてい  やけに手錠を外して  ヤケになってやっている  やけ死んでしまった  やけに腹が立つわい  やけに叩いた  ヤケに振りたふした  ヤケがいけなかった  ヤケにならしめたか  ヤケに叩いて  やけになると  ヤケに引っぱりあげた  やけのこった  やけにはたいて  やけでもなく三本を飲んだ  やけなことをしちゃいけないよ  ヤケに白粉を叩きつけている  やけにたたいて笑った  ヤケに鉛筆を舐めまわした  やけに播かれた  やけのように左右に振って  ヤケにぐんぐんと金助の着ていた  ヤケに金助の羽織を引っぱり廻すと  やけがさした  やけのように呶鳴った  やけな声を聞くと  やけ死んでしまう  やけに枝葉を払いのけて  ヤケだの咒ひだのといふものが全然ムダなネヅミにすぎないといふ  ヤケで荒んでいたが  やけを言うなというに  ヤケという熱燗にしておく  ヤケにがっと  ヤケに飲め  ヤケになった  ヤケになっているという  やけをおっしゃいます  ヤケに押し廻したが  ヤケに切ったる  やけだから無理でも動いて見せると云わぬばかりの  やけのような取り乱し  やけのように言ったが  やけに胸騒ぎがする  やけにおちついていらっしゃらねえで  やけに目色変えて  やけにおちついていやがるじ  やけに誘ったから来た  やけに胸がすっとしやがったな  やけに黙って  やけにそんなに急がなくとも  やけに急いでおしたくをしていらっしゃいますが  ヤケに自動車をブーブー鳴らす  ヤケを起していた  ヤケと孤独の底をついてしまった  ヤケを起してしまった  ヤケが底をついている  やけのある  やけに成って  ヤケな気持で遠い昔に道を歩いてゐた  やけのようになって  やけの命がけの闘いは彼女を惨酷に引き裂く  やけに身体を揺ってみた  やけの様に考えさせられる  やけを繰返したかと思うと  ヤケに振っている  やけになって頂く  やけこがしがある  やけこがしするの  ヤケになっているね  やけを起していた  ヤケにどなった  やけへ行って  やけへ着くと  やけで赤ぶくれになった  やけの唸り聲を發する  やけの唸り声を発する  やけは徐々に納まって  やけに吹きやがる  やけになって酔っ払った  やけなどは出来ませんか  やけを起して  やけにおなかが空いた  やけへ行く  やけへ行くと  ヤケを起している  やけはもうなおる  やけになってもい  ヤケになったらしく  やけの責任をいつでも意識している  やけの用事がある  やけの採用手続きをする  やけにはその秘書にしがみつかなければなりません  やけの用件が要求するからであり  ヤケに肩さがりにそろつた  やけといへば  やけと冷笑を以てなぐさめんと  やけになっている  やけになったりしちゃあつまりませんわ  ヤケに土間を靴で踏みつけた  やけにはなりたくない  やけになってきました  やけにならぬ  やけで与三といきさつを生じ  やけに荒び  やけたる鹿爪らしき古外套ををかしがり  やけに叩いてやった  やけ出された  やけのこり  やけこそしなかったけれども  やけにやるナ  ヤケにゆすぶった  ヤケになり  やけく去にける  ヤケのヤンパチの底をついているにしても  やけになる  

~ やけ[名詞]1
店とヤケで  カフェーのやけに  モウゆうやけが  赤井はやけに  意味はヤケとか  反抗とヤケとで  表はやけ  坊主がヤケに  指をやけに  落第書生のヤケ  僕はヤケに  家のやけに  日ぐらしのヤケ  黄色にヤケ  ためにヤケに  扉をヤケに  急にやけに  中をやけに  私はやけに  目にあわされたヤケが  鉄はやけからの  奥さんはヤケを  いくらかヤケ  私はヤケを  口論してヤケを  ことで疑りすぎてヤケを  こっちはやけ  門口をやけに  頭をヤケに  彼らをヤケに  探偵がヤケを  四五分もヤケに  誰かがヤケに  当主がヤケを  市内のやけの  煙管をやけに  鐘とをやけに  棘にかくれればやけに  頭をやけの  絹がヤケに  急にいやけが  七のやけ  声はややけはしか  ぱらからヤケに  友之助もやけに  二人はやけに  私と別れてヤケに  李のやけの  表でヤケに  関係にヤケを  小夜子サンもヤケを  彼のヤケが  大陸的なヤケに  自分はやけに  へたやうなヤケ  彼はやけの  此のやけの  身体をヤケに  服にやけ  君はヤケに  十九頃からやけを  男工がヤケに  縁にやけに  手足はしもやけで  私もやけに  畳のやけ  失業でやけに  始末からやけを  一種のヤケと  男のやけは  これでもやけ  木乃伊親爺がヤケに  筆者のヤケに  俺等はヤケに  失望をやけと  私はヤケに  冒険とかヤケとか  ポーセがしもやけの  子供たちはやけに  赤つちやけ  縁をやけに  間のやけの  手前のやけ  国府津もやけこそ  頸をヤケに  こと成らぬよりヤケに  おれもやけ  何度もやけに  

~ やけ[名詞]2
もうやけ  さらにヤケ  何もかもやけ  絶えずやけ  たちまちやけ  永いヤケ  ポツポツやけ  決してヤケ  たぶんヤケ  まるでやけ  いくらかヤケ  幾らかやけ  もうヤケ  別段やけ  まあやけ  幾分ヤケ  どうもやけ  すっかりやけ  とうとうやけ  突然ヤケ  よくやけ  どんなにやけ  ちょっとやけ  決してやけ  少しくやけ  益々やけ  

複合名詞
脂やけ  朝やけ雨  日やけ  やけあと  小鳥やけもの  ヤケ酒  やけイ  やけ費いも  霜やけ  果て朝やけ雲  白粉やけ  ヤケ気味  案山子夕やけ小やけ田甫  夕やけ小やけ  やけ死  大瀧一家やけ  やけ跡  やけ気味  通り日やけ  押込みヤケ  非人やけ  陽やけ  ゴルフやけ  酒やけ  雪やけ  やけ糞  人間やけもの  やけぢ  果報やけ  やけッぱちになって  やけッぱち  山やけ  糞やけ道  ヤケみたい  ヤケ半分  やけ氣味  雪ヤケ  あたしゃやけ  やけ野原  やけ両国  やけ四方火  黒やけ  鳥やけ  胸やけ  あなたヤケ  潮やけ  朝やけ  つてヤケ  虫やけ  鳥やけもの  半ばヤケ気味  油やけ  やけ半分  一そうヤケ  ヤケ暮し  胸ヤケ  七人やけ死申候  やけ原  やけ遊び  やけ力  それぞれヤケ気味  野郎ヤケ  上やけ  半ばやけ  やけッぱちな  旅やけ  やけ気分  ブランデーやけ  椎やけ  殆どやけ  二三本やけ  やけ腹  霜やけ一つ  やけしだい  日一日ヤケ酒  人やけ  宿直やけ  交際うた宗太郎さんやけ  年やけ  むねやけ飯  胸やけ食堂  輝やけあんず  一同ヤケ  あいやけ  日やけ色  大分汗やけ  空やけ  氷やけ  やけ土  ヤケ腹  やけトタン  兄はつやけ  潮やけみたい  



前後の言葉をピックアップ
矢車  矢車菊  矢車草  焼け  焼け死ね  やけ  焼け  焼けよ  焼けれ  妬け


動詞をランダムでピックアップ
嗜める購っつねり言い做し洩らさくるめよ彫れる昇れる怪しめまぎらわせる念ぜむきあう賑わし取りはからい引立てるちかづき抱込め減ずれひろげる談じ込み
形容詞をランダムでピックアップ
手堅生温かっ遠慮なしがな美味うなやましきなまぬるかっ末恐ろしい美しゅう強かっ木深い青じろい仰々しく思わしくしるからさうなく浅黒かっおくふかく優しく柔らかし