「むく」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ むく[動詞]
皮をむく  しろを振りむく  力をむく  ためとむく  素顔をひんむく  小さな黒いむく  蓋が、むく  人形がむく  鐘が、むくりむく  女のむく  江の浦蝶のむく  本堂へむく  前へ出むく  ソッポをむく  暴にむく  人を見るとむく  どっちへむく  頭からむく  ほうへ振りむく  白雲がむく  反対に、むくりむく  晩なぞは、むく  鼬のむく  土間からはむく  頭をむく  顯れて、むく  花片がむく  雲がむく  目をむく  一矢をむく  体を、むく  帝枝たむく  気の毒になり、そのむく  七巻まいて、むく  一人が、むく  歯をむく  入道雲がむく  殯宮における御むく  酒興にむく  無慙なむく  気のむく  方を振りむく  広田先生がむく  いくら皮をむく  風を吸って、ぴたりと合って、むく  にぎやかなパッとしたむく  林檎をむく  夏梨をむく  下をむく  皮をうすくむく  風采はむく  提灯が、むく  稻塚がむく  足もとへ、むく  ツリを受け取るまでは、思いきって振りむく  反省のとり戻されぬむく  反省のとり戻されないむく  折もあらばむく  時かむく  脚が生えて、むく  口からむく  身震をしてむく  層がむくりむく  湯気のむく  からだを、そのむく  二つの動くむく  恨みをむく  ぢきにむく  後ろを振りむく  人影がむく  どっちから祝いに出むく  後を振りむく  言がむく  斬殺されて冷たいむく  道庵が振りむく  ほうをむく  代官から、むく  寝相をえがいていたが、折々には、むく  兵のむく  親分乾児は、むく  哀らしい、むく  熊はむく  もの言わぬむく  ぺたを掻いてむく  若い掛声で、むく  雛鳥は、むく  こっちをむく  祖母さんが、むく  うた彼らとは、どうしてむく  毛布からむく  ものをむく  急にむく  翁は、むく  皆餌に飽いて、むく  ぎよつとして振りむく  む遠きむく  蝶のむく  それにむく  首のないむく  延岡は、むく  玉蜀黍をむく  横をむく  薯をむく  知らないけれど、いずれむく  毛のむく  何處から來たか、むく  顔のむく  人にむく  龍造寺主計がむく  児を連れて、すっと通ると、むく  胎児がむく  小僧がむく  頭は、むく  散策子はむく  葱のむく  霧がむく  彼はむく  父は振りむく  母のむく  大海にむく  涌出するむくりむく  青年たちがむくりむく  煙の、むくり、むくり、むく  屈辱にむく  來て、むく  造つて、むく  錦葉を映すが如く色づいて、むく  形見とて焼け死にてむく  足腰も立たぬむく  包皮をむく  おばあさんにむく  蔭から、むく  手にむく  雪がむく  むるといへども賞をまたず、労するといへどもむく  眼を輝かせて、いきなり振りむく  我れむく  世のむく  たか、むく  二三羽のむく  ミルゴロドへ出むく  夢幾度かとぎれけむ、むく  大地へつき、やがてむく  岩をむく  夢さめてむく  ときかくやむく  悲もむく  塵のむく  乙女のむく  気がしてならないので、むく  覺まして、むく  一個のむく  陰に、むく  峯がむく  つて振りむく  須山はむく  とんぼう返り、むく  トッドが振りむく  お爺さんがむかうをむく  伊達巻で、むく  私はむく  一丁ほど歩いて、ふと振りむく  主君に反むく  青筋をむく  上にむく  醉ひたるわがむく  泡を払うがごとく、むく  ゆ、むく  首なきむく  女はむく  ようにくるりとむく  足音を聞きつけると、むく  何思いついたか、むく  犬のむく  眠白もむく  肝を冷やして、むく  我にむく  子孫にむく  目を大きくむく  うちに、果然、むく  袈裟がけにやられたむく  名にかかわってはと、むく  隠密古橋専介のむく  子どものむく  三つのむく  少年たちのむく  さっき子どものむく  尋常ならず乱れて、時々むく  亂れて、時々むく  かわいそうなむく  間にむく  弥七郎のむく  潮のむく  鼠のむく  そっぽをむく  音蔵のむく  うつ伏せに倒れているむく  すべて樂しき的にむく  背をむく  物にむく  ほかにむく  方にむく  性向にむく  笥にもりてたむく  なにしかもむく  口もてぞむく  渋皮をむく  声、ぎょっとして振りむく  から振りむく  霊魂にむく  方をむく  ふつと仰むく  目玉をくりむく  私のむく  からだ、虚しいむく  気がむく  シンは睡むく  みたいにむく  北にむく  ものを誤魔化しながら、むく  巨男のむく  頸をうずめてむく  やうにむく  外のむく  露はむく  顔色かへてむく  われに返って振りむく  ようですから、むく  途端に、むく  きれいなので、むく  五時間もむく  足のむく  方向にむく  



前後の言葉をピックアップ
麦わら  ムギワラスズメ  無垢    ムク  向く  報い  報いよ  ムクイ  報いん


動詞をランダムでピックアップ
擦れ違っ出来そ引留めよ戻さむき出さ座し賄う罰さ受持つ宣い粟立ち立ち合っ踞る探し出す追付ことっつかまるあばれるよじ登らなきゃふきとば
形容詞をランダムでピックアップ
短かっ寝苦しかっ小さけれ見にくい疑いぶか耀かし人恋しかっ古し酷しい疎く丸っこ多くにくい真っ黒い詳しくっ美々し生生しい青黒きそうぞうしくっ薄寒く