「むき」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ むき[動詞]
なかでむき  歯をむき  牙をむき  蜜柑をむき  後をむき  方をむき  目をむき  父がまるでむき  無理にむき  そっぽをむき  向うをむき  眼をむき  ゆっくり蜜柑をむき  川口に行けば、むき  横をむき  皮をむき  ことをむき  笊豆をむき  根白の白ただむき  丹念にむき  堂助とむき  まま、むき  方へむき  目の玉をむき  旅行は、おもてむき  かさかさにむき  目玉をむき  銀紙をむき  いま私とむき  それが相当むき  今日は、でも少しむき  少年ぽいむき  しろをむきむき  正面にむき  後を振りむき  上をむき  条件のむき  北にむき  柿をむき  顔をむき  袴をむき  きばをむき  可愛い腕がむき  林檎をむき  中にむき  方へ、せわしなくむき  褞袍をむき  素朴さ、むき  上でむき  伸子にもむき  明かるく照らして、むき  老婆はむき  輪を作っておたがいにむき  少女はむき  南をむき  逍遥するにはおあつらえむき  日向にむき  みなみをむき  さま目をむき  廂をむき  こっちをおむき  玉をくるりとむき  眼玉をむき  そちらをむき  あまのよむき  果物などむき  ものをむき  様がむき  頭をふって、おくをむき  ほうへむき  ちょっとこちらをむき  かなたへむき  お爺さんはむき  男が、くるりとむき  大目玉をむき  こちらへむき  底から小石がむき  吹返し仰むき  袋にむき  気がむき  ちょっぴりうしろにむき  連信から後、すっかり掘りかえされてむき  豆をむき  病気はまったくあつらえむき  皮をむかせても、むき  バナナをむき  私が出むき  方にむき  神戸へ出むき  出歯をむき  

名詞

むき[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
むきになって打ち消した  むきになって食ってかかったので  むきになつて自分を責めたか  むきもぴくぴく動いていた  むきになって  むぎのはたけの  むぎぶえいちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなひばりのおしやべりいちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはないちめんのなのはなやめるはひる  むきは地域社会の発展をとなえつつ  むきに雨もすつかり上がり  むきになつて自分の外套で脚をつつみながら  むきになつて怒  むきをかえねばならなかった  むきになって捜したけれど  むきに立つてゐる  むきになって喋っている  むきになる  むきになって誘うので  むきを変え  ムキに男に抵抗して  むきになって云われると  むきもせず  むきの幽霊の株ができる  むきに片褄を蹴落しながら  ムキにはならない  むきになって怒鳴り立てた  むきの不如意を補うていた  むきになると  むきに隠れていた  むきでもあり  むきに端居して  むきを与えているではありませんか  むきに坐った見すぼらしい  むきにしてしまった  むきになつて憤慨はしないでせう  むきになった  むきの兵士コスチンがある  むきになって言った  むきをかえて  むきな顔をして  むきもせずに  むきになつて反對した  むきだと思っている  むきには存在していないという  むきになって書いて居られる  むきになったら  むきの加減で矢帆に隠れて見えなかったが  むきに寝返った  むきにつんつんしてゐる  むきになつて云はなくつてもい  むきもしません  むきになつて憤慨する  むきに臥ていた  むきにしゃがんで  むきもしない  むきになつて憤慨したり  むきもしなかった  むきにすわらせる  ムキに怒る  むきのある  むきになって言って聞かせましたので  ムキにその話に引き入れられている  むきになつて怒り出す  むきにならなくとも  むきにして  むきになり  むきになって怒った  ムキ取られてしまった  むきになるな  むきになつて彼に就職を強ひる  むきになつて感じた  むきもせずに急いだ  むきに今この路はひつそりとして人通りが杜絶えてゐる  むきに腹を立ててし  むきになつて疊み掛けた  むきになつて母に問ひ寄つた  むきに怒る  むきのところがある  むきになって遮った  むきになっているよりも  むきな調子に聞えたので  むきになるほどの  むきもしないで  むきで河の音がきこえる  むきはえらそうに刃すじを見守っていると  むきになるじゃないか  むきになって答えた  むきになつて云ひ出しても  むきに臥ている  むきな調子には何か涙が滲む  むきになつてぐつすり眠つてゐる  むきに坐  むきになつて怒つたりするので  むきにさせずに置かなかった  ムキがある  ムキもあるから  むきに腰をかけている  むきに突いた  むきな衝突が頻々とあって  むきになつていふ  むきになつてつづけた  むきに休んでいる  ムキな態度を持ちつづけてくれ  ムキな態度が永続してくれる  むきにくるや  むきに南へかへる  むきだといったが  むきの禅のつとめ  むきになっていた  むきになって洗っている  ムキな顔になった  むきに中橋の始末もつけて  ムギやイモをいくらか運び下す  むきにならなくっても帰すよ  むきに揃っていたので  むきに椅子にかけていた  むきに寝て  むきの美狂人がいるか  むきがあって  むぎも農舎の屋根も馬もなにもかも光りすぎて  むぎを食ふ  むきになって怒る  むきがある  むきになって掘りかえさなければならない  むきになって歩いているか心付かなかった  むきになって云っている  むきもあるが  むきへも連絡して  むきに投げ出して  むきの人もありとぞ  むきに見えたから  むきに雨もすっかり上がり  むきに向って来て  むきになって取り消した  むきにしや  むきに坐つていて  むきにおなりになるから  むきになってきめつけました  むきになって怒るから  ムキに怒って  むきになってきて  むきになって走らなくとも  ムキもあったほどで  ムキだして歩いて来たか  むきになってきますからね  むぎはいつ  むきに寝ている  むきになっていましたが  むきになっている  むきと居直った  むきになつて反対した  むきにならなく  むきになっちゃいかん  むきになつてゐる  むきになって尋ねた  むきに背を丸くして  むきにされている  ムキ出してしまって  むぎかつ独りごちながら  むきは天朝より下し置かれた  ムキな顔をして考え込んでいたが  むきの沙汰となった  むきになつて対抗しながらも  むきに犇めきとおして  むきの稼業にしている  むきになって言ったが  むきに屈んで  むきになって書いても  ムキ出して駈け出した  むきに捨てて  むきな純一しか持ち合わせていない  むきにならずに  むきは御法度を守っても  ムキを変えるという  むきを変えると  むきに坐って  むきのまま云ったりした  むきになってとめた  ムキな声を出した  むきになつていささかの臆面もなく話す  むきに羞含みますよ  むきにそう思った  ムキになれる  むきになっています  むきに帰っていく  むきになってくってかかった  むき直りて筆を執る  むきに坐つて  むきにこだはらなく  むきになつて井戸端にとばんでゐる  むきがあった  むぎとろをたべました  むきになつて居た  むきになって喰ってかかる  むきにステッキを突いて立っていた  むきはリウマチで動けないという  むぎでもやるかな  むきになつて騒ぐ  むきの姿というものが求められていた  むきになるという  むきに出して  むきのままうなずいただけだった  むきになりはじめて  むきになつて考へた  むきになるなよ  むきになるだけだった  むきになって打消しにかかった  むきにねている  むきになってたずねられると  むきに坐りこんでいる  むきになってもいかん  むきに坐り  むきになったが  むきもしないで答えたが  むきに立っている  むきをかえ  むきに出来あがつてる  むきな揃札が出来た  むきに倒れてゐよう  むぎが大変に大きくなりました  むきに見た  むきの世辞を云って  ムキに力んだ  むきをかえると  むきにならんでもい  むきの休み所と見えるけれども  むきなものが出るだらうと  むきもあるから  むきのまま靴を脱ぎ  むきに円く踞ったが  むきに深切だてして  ムギができ  むきになって言い切った  むきになつて憤慨した  むきになつて怒つた  むきになつて下らながる  むきになつてそれを枝から取り外さうといふ  むきになるにも及ぶまいではないか  むきに倒れて居る  むきになって書いた  むきもしねえで  むきだけではあるが  ムキが悪いかも知れませんが  むきになって答えてあげる  むきに佇んで  むきに佇んでいた  むきで机へ向いている  むきな調子で戸山をそうきめつけておいて  むきに否定した  むきはあるが  

~ むき[名詞]1
冗談をむきに  私たちがむきに  あれほどむきにな  かすかなるむぎ  席で向うむきにな  與田先生はむきにな  乳母車のむきを  ところをむきに  一人向うむきに  赤井のむきに  体のむきを  与一はむきに  私に見むきも  滅多にムキには  ことにもムキには  賃仕事で暮しむきの  彼はむきに  顔は向うむきに  弟はむきに  悪党としてはあつらえむきの  くせ後へはむきも  仰向けから向うむきに  正直でむき  二人は仰むきに  これをむきにな  揮りむきも  歯をムキ  変にムキに  膝のむき  クルリと向うむきに  上着をムキ  やうだが見むきも  誂へむきに  私はむきに  姉弟はむきにな  議論にむきに  葉子を見むきも  風のむきで  いやにむきに  鶴雄のむきに  警官がむきにな  警官がむきに  頓着していられないほどむきに  ことをむきにな  ベッドに仰むきに  漱石のむき  性質はむきでも  彼女のむき  恋愛をむきにな  窕子は向うむきに  佛間に向うむきに  お前がむきにな  伸子はむきに  設問法がとりいれられているムキが  誤解しようとするムキも  帯とを見せながら向うむきに  方を見むきも  文六ちゃんはむきに  カナリヤにも見むきも  妙にむきに  荷車が向うむきに  君のムキ  様なムキ  言つて見むきも  千はむきにな  方は向うむきに  トリイレのムギや  表てむきの  福兄が改まってむきに  はじめ向うむきに  岩の上へあふむきに  おしげはむきに  細君はむきに  風にむきに  ふきからすむぎも  こどもはむぎを  お客もむきに  先生方ばかりはまつたくムキ  いやでもむきに  大分心配しているむきも  それぞれのむきへも  両手を向うむきに  顔を向うむきに  席で向うむきに  寿女がむきに  看護婦が向うむきに  多津がむきにな  伝六がむきに  場でムキに  土耳古人は向うむきに  顔をムキ  母さんはむきに  大男が向うむきに  クリストフはむきに  幸ちゃんがむきに  私はむきと  女が向うむきに  やうに向うむきに  少佐はむきに  ラエーフスキイは向うむきに  ジョーンはむきに  袴をむぎ  恟々たるむきも  互ひにむきにな  万引など振りむきも  女はむきに  奇異に思われたむきも  慶四郎はむきに  男には見むきも  眼をムキ  死骸が向うむきに  野菜は見むきも  後肢を伸ばして覆むき  仮借しないむき  感傷にひたりたがるムキが  道標のムキを  グルリとむきを  心がムキ  石川がムキ  群に見むきも  小山がむきに  私を振りむきも  牧場にむぎ  私もむきに  巳は見むきも  これは向うむきに  方へむき  ことにむきに  娘が向うむきにな  バカなむきが  新宿のむぎと  添寝をして向うむきにな  イヤにむきに  青年乙彦には見むきも  上へ向うむきに  飯尾さんはむきに  福は向うむきに  二人はむきに  酒乱の如くムキ  酒亂の如くムキ  祖母はむきに  専門家がむきにな  広告文に対してむきに  作品がすぐれていると書いたからといってむきに  千世子はむきに  三吉はむこうむきの  林檎栽培にむきに  事などむきにな  此のむき  そこを見むきも  方にむきを  誂らへむきに  誂へむき  彫刻としてむきに  恐惶謹言八月十九日龍馬茂太郎様足下此状のをもむきにて  私もムキに  ひとには誂えむきの  劣等視するむきも  梯子段で向うむきの  間にムギが  母親はむきにな  上にあふむきに  さかなには見むきも  魔女が向うむきに  さわにはむきに  端に向うむきに  堅石はうむぎの  眼差でむきに  ひとはむこうむきで  馬には誂えむきの  

~ むき[名詞]2
まるでむき  あまりむき  そうむき  このむき  なおもむき  やたらむき  何故かむき  相当むき  このムキ  あんまりむき  すぐムキ  すぐむき  そのむき  そんなにむき  もうむき  そのムキ  少しむき  忽ちにムキ  ひどくムキ  なくムキ  おそろしくむき  あんなにむき  ついむき  かえってむき  ちょっとむき  少々ムキ  そうしたむき  

複合名詞
ムギ飯  うしろむき  司僧むき  万人むき  くせ用むき  むき方  這込むきりす  印象むぎ  上むき  皮むき庖丁  みな横むき  ムキ出し  皮むき  毎日むき  むきむき  犯罪むき  かたむき  振りむき  冬むき  後むき  皆ムキ出し  向うむき  背後むき  むき踏絵  とうしろむき  そちむき  用むき  むぎょふにてそうろう  むぎわら帽子  むぎわら帽  少年少女むき  むきア  よっぽど風むき  奥むき  ぎばたけのうつくしさむぎ  東むきの  浅草むき  暮しむき  老人むき  大学生むき  後ろむき  小樽むき  むき工合  くらしむき  一つ一つムキ出し  ご用むき  此方むき  俯むき加減  終日庭むき  むき婢  南むき  傾むき屋根  正面むき  あちらむき  むきみやさん  傾むきがち  ピクニックむき  ムキさ  横むき  振りむき馬  宮中むき  牙ムキ出し  むき主人  皮ムキ  柿ムキ  御用むき  みぎむき  ひだりむき  生活むき  役むき  自然傾むき  むきつけ  むき勘当  感情ムキ出し  弁慶ムキ出し  朝廷むき  政治むき  むきだし  楮むき  俯むきがち  風むき  南伊太利むき  横むき歩き  むき故人  皮むき春  誂むき  むきせん  みんなむき  むぎわらみたい  こちらむき  差しむき一番  世俗むき  うしろむき曲打  自然表むき  ムキだし  出むき  むぎわら  むき女性  むきたる  栗むき  むき彼方  輸出むき  むき赤濁り  婦人むき  天むき  傾むき  暮らしむき  背むき  女性むき  少女むき  昭和二七・一一うた六首ひとむき  ジャーナリズムむき  乳幼児むき  ドクムギ  ネズミムギ  ムギナデシコ  大変家事むき  丸ムギ  そっぽむき  むぎわらざいくのそのような  ハ稲及むぎ  後背むき  畑むき  六九むき  銀座むき  むき夫婦  一むき  むぎ比  むき比  西むき  東むき  当節むき  



前後の言葉をピックアップ
むき出し  むき出し  むき出す  むき身      牟岐  麦生  麦打ち  ムギウマセドリ


動詞をランダムでピックアップ
課さ見なせる知りぬか捕らえるつかまえれ有余る這い汲み出し済せ吹っ切り殉じよ変えるいいなす組みかえ取持とひっ担ぐ巻き込め見上げよ試し撮み出し
形容詞をランダムでピックアップ
青白うおぐらくおぞましいひょろながいねむいたのしかっ荒荒しく佳くっ毛頭なかっ心安きうら淋しきひもじかっ黄いろく荒き小さいしたしい辛から眩く浅ぐろ