「みのる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ みのる[動詞]
印象が落ちてみのる  木の実のみのる  とも子とみのる  つて稲がみのればみのる  葡萄がみのる  さばかりはあってもみのる  ものは、初めてみのる  此をみのる  草木のみのる  柑橘類のみのる  犬はみのる  肩をみのる  樣にみのる  ものをみのる  一人がみのる  事をみのる  前にみのる  時にみのる  義男にもみのる  それがみのる  中途でみのる  これはみのる  ところをみのる  今日のみのる  切り拔きをみのる  間にみのる  煙草盆をみのる  蔭にみのる  抵抗をみのる  男が特にみのる  上に、ふとみのる  小山はみのる  顏をして、時々みのる  云つた事にみのる  結婚しない前にみのる  對してもみのる  清月でみのる  何方もみのる  録子がみのる  決心でみのる  うしてみのる  何うしてもみのる  誰が見てもみのる  つてもみのる  のは、只みのる  言葉をみのる  二階でみのる  義男自身がみのる  ことをみのる  今までのみのる  ものは初めてみのる  十握にみのる  

名詞

みのる[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
みのるは今朝早く何所と云ふ  みのるは夕飯に豆腐を買ふ  みのるは然う思つて眺めてゐた  みのるはそれを淋しい景色に思ひしみながら  みのるの顏を見上げながら  みのるはこの娘の顏を見る  みのるは何所となく小娘らしい所作で辭儀を返した  みのるは下の座敷の雨戸もすつかりと閉めて  みのるの足の下に寄つてくると  みのるは袖の下になつてゐる  みのるを見詰めたが  みのるは義男が風呂敷包みを持つて  みのるには雨に迷つた小雀のやうに可哀想に思はれた  みのるは一人して  みのるは食事といふ事にいつ  みのるは膝を突いて  みのるは聲をかけた  みのるはひつそりとしてゐる  みのるの手から包みを取らうとした  みのるは包みを外套の下に抱へてゐる  みのるは時々義男の外套の下から風呂敷包みの頭が食み出てゐる  みのるは顏を背向けると  みのるは仲町のある  みのるの顏は何所となく囁き笑ひをしてゐた  みのるは男の顏を見詰めて  みのるの笑顏が底を含んでる  みのるは義男の先きにな  みのるはこんな時義男がい  みのるは自分の肩でわざと押し  みのると一所になる  みのるは自分の身體をゆら  みのるの返事は何處までも紅の付いた  みのるは聲を出して  みのるの顏を睨んだ  みのるの眼に食卓の白いきれが靡いて見えたばかりで  みのるの今何か考へてゐる  みのるに見えた  みのるの薄い瞼をぴんと張つた眼とが長い間見合つてゐた  みのるはその作を原稿で讀んだ  みのるも相應に自分の仕事に心を寄せてゐる  みのるが見せたといふ  みのるの冷笑がその胸の眞中を鋭い齒と齒の間にしつかりと  みのるは默つて後から隨いて  みのるの着物の裾はすつかり濡れて  みのるが家内にはいつて  みのるは買つて來た小さいパンを袋から出して  みのるを呼んだ  みのるの膝の上に頭を擡せてゐた  みのるは小犬の頸輪を掴むと  みのると同じ時代に同じやうな文藝の仕事を初めた  みのるは默つて泣いてゐた  みのるは泣きながら  みのるは涙に光つてる眼を上げて  みのるは男の動く  みのるの眼には又新らしい涙が浮んだ  みのるの今まで考へてゐた  みのるは何も働く  みのるは何も爲る事も出  みのるは矢つ張り  みのるは溜息をしながら  みのるは丸まつてゐる  みのるは小犬を連れて  みのるは小犬に話をしかけながら  みのるは一日本を讀んで暮らした  みのるの思想の上に流れ込んでくる  みのるは自分一人して  みのるの心を靜に遠く幻影の世界に導いてゆく  みのるは興奮して  みのるの心は何も彼も懷しくな  みのるは涙を溜めながら  みのるの胸は微かに鳴つた  みのるの姿を後から眺めた  みのるの東下駄の先きでさばいてゐた  みのるの胸には春と云ふ  みのるは斯う云はうとして  みのるは其れ  みのるはいつまでも默つて歩いてゐた  みのるは其家の主人の應接室で久し振りな顏を友達と合はせた  みのるの頭の中を行つたり來たりしてゐた  みのるの手から他の知人へ貸すといふ  みのるは白木蓮の花を持つて  みのるの胸には六七年前の追懷の影が射してゐた  みのるの顏の上に雫を散らした  みのるの傘の上に音を立て  みのるは臺所で見付けた  みのるの顏を見ると  みのるの眼はいつまでもこの娘の姿から離れなかつた  みのるは斯う呼ばれて振返ると  みのるを招いてゐた  みのるは其室を出て  みのるは師匠の涙に漲つた  みのるが別れて立たうとする  みのるは昔の脆い師匠のおもかげを見た  みのるのその思ひ  みのるの心は何方へも向け  みのるはこの慈愛の深い師匠の傍を長い間離れたけれども  みのるはその頃の自分を圍ふ  みのるの心に戀ひしく思ひ出さない  みのるが歸つてくる  みのるは今日の式塲で義男の縞の洋服がたつた  みのるの借着の姿を見守つた  みのるは小石川から借りたとは  みのるは自分の許へ親類の樣に出入りしてゐる  みのるは例の癖のやうに自分どもの貧しさを一種の冷嘲で打消して  みのるの眼にあふれてきた  みのるは彼方を向いて  みのるは考へてゐた  みのるは今日の葬列の模樣などが其の眼の前に浮んで  みのるの乘つてゐた  みのるは義男が歸つて來たならばそれを話して聞かそうと  みのるが頻りに髮を弄り  みのるは一日置きの  みのるの用箪笥の小抽斗には油に染んだ  みのるの讀んだ  みのるの感情を亢ぶらせずにはおかない  みのるは自分の身體の動けなくなるまで  みのるは義男の頭に手を上げて  みのるの身體に殘つた所々の傷を眺めて  みのるはその身體が疲れて  みのるの心を覗く  みのるの眼の前に色硝子の破片を降り落してゐる  みのるのセルを着てゐた  みのるは干し物を椽に取り入れてから  みのるはその音を聞き付けると  みのるは義男の歸つてからの樣子を見て  みのるが夜るの膳を平氣で片付け  みのるは直ぐに思ひ  みのるがそれ迄に少しづゝ書き溜めておいた  みのるは生返事をして  みのるに斯う云ひ詰めた  みのるの例の高慢な氣振りがその頬に射した  みのるは腹が立つた  みのるは有りだけの  みのるは勝手口の方から表へ駈けて出た  みのるの耳の傍に集まつてくる  みのるの身體中の血は動いた  みのるは全く男の生活を愛さない  みのるの心に執念く繰り返された  みのるの眼には血がにじんで  みのるは然う思ひながら歩き出した  みのるの頬にしみ  みのるの歩いてゆく  みのるの方に居  みのるは自分一人この暗い寂しい中に取  みのるの姿を見附けると飛んで  みのるの前にその顏を仰向かしながら  みのるの眼から又涙がみなぎつて落てきた  みのるは外に立つて  みのるが座敷の汚れを掃除してゐる  みのるの胸に浮んでゐた  みのるの心はその義男の前にもう脆く負けてゐた  みのるは如何程強い張りを持ち  みのるは幾度止そうとしたか知れなかつた  みのるは後半を直ぐに續けて行かうとする  みのるの自分の藝に對する  みのるは何時までもその前半を弄つてゐた  みのるは然う云つて自分の前の原稿を滅茶苦茶にした  みのるの手から弄り直してる  みのるは机に寄つか  みのるが何も爲得ないと云ふ  みのるの樣な我が儘の多い女の重荷を引摺つてゐては  みのるの眼にはもう涙が浮いてゐた  みのるは唯眞驀に物を書いて  みのるはそれを恐れながら無暗と書いて  みのるは彼方此方と逃げ廻りながら  みのるの名を書き入れて  みのるはその汗になつた薄藍地の浴衣の袂で顏を拭ひながら  みのるは失望しずにはゐられなかつた  みのるは義男が勤めに出て  みのるは歩き  みのるはその式臺のところに立つて  みのるは直ぐに奧に通された  みのるは庭の方を後にして  みのるの名前は知らなかつたけれども  みのるの名刺を弄りながら  みのるの言葉に調子を乘せて  みのるはそれで小山に別れを告げて  みのるが漸つと家へはいつた  みのるは汗になつた着物も脱がずに開けひろげた  みのるは義男と祭禮のある  みのるは義男の袖を引つ  みのるは云ひながら  みのるは歩きながら  みのるの容貌では舞臺へ出ても引つ立つ  みのるを疑  みのるはもう突つか  みのるが演劇に手腕を持つてゐて  みのるは眼を輝かして  みのるは實は筆の方に自分ながら愛想を盡かしてゐたので  みのるの胸には久し振な  みのるを加入ると  みのるは義男の小さな世間への虚榮をはつきりと見せられた  みのるはこの酒井のハムレツトを見て  みのるの外に女優が二三人ゐた  みのるは矢つ張り行田の手で作られた  みのるが詰めて  みのるには例の惡るい癖がもう初まつてゐた  みのるを演劇の執着からはなしてし  みのるは芝居をする  みのるの役のワキ役になる  みのるよりも年嵩で舊俳優の中から出てきた  みのるはこの録子と一所にゐる  みのるは自分の藝術の權威を感じながら  みのるは小供の頃小學校へ通ふ  みのるは毎朝何かしら持つて  みのるはその時泣いてゐた  みのるをなだめた  みのるは何うしても厭になつてゐた  みのるは自分の最高の藝術の氣分をかうした  みのるの眼の前には直ぐ義男と云ふ  みのるが想像した  みのるに對して考へてゐた  みのるは然う云つて仰向きながら  みのるの出勤をせがんで  みのるに代へる  みのるを惡るく  みのるは自分の容貌の醜いのをよく知つてゐた  みのるを大膽に導いて行くばかりで  みのるはそこにも失望の淵が横つてゐる  みのるはある  みのるの舞臺を見てゐた  みのるは此時程義男に對して  みのるを渦卷く  みのるの燃る感情を突き刺してゐた  みのるの眼はいつの間にか涙含んでゐた  みのるがそのすべてを公衆に曝す  みのるが鏡臺を車に乘せて  みのるは車の上からかうして別れて  みのると合部屋の早子のところへ能く  みのるはこの早子が忘られなかつた  みのるの不經濟がこの頃の義男には決して默つてゐられる  みのるが自分の腕に纒繞つてゐる  みのるは意識してゐた  みのるは唯ある  みのるの心を手操り寄せやうとしては希望の色を棚引かして見せた  みのるの上に火の輝きとなつて落ちてこなかつた  みのるの心を容易に定まらせなかつた  みのるは庭で遊んでゐた  みのるは思はず  みのるは戯談らしい口吻を見せてから  みのるの手に百圓の紙幣が十枚載せられた  みのるは義男に感謝せずにはゐられなかつた  みのるは生れ變つた樣な喜びを感じた  みのるの仕事は危ふく崩れ  みのるの爲めに祝福した  みのるの作を高點にしておいた  みのるはその人を訪ねた  みのるが出て行く  みのるが甞て作して  みのるは義男の云ひ  みのるの心はふと痲痺してゐた  みのるが訪ねた  みのるに面會してくれた  みのるの出した  みのるは然うした言葉を繰り返しながら  みのるは直きに  みのるの權威のない仕事は何所にも響きを打たなかつたけれども  みのるを支配する  みのるの高慢は一層強く働いてゐた  みのるはこの頃になつて意地の惡るい微笑で受ける  みのるの新しい努力に就いては  みのるの爲た仕事は何うしてもみのるの  みのるの藝術は何うしてもみのるの  みのるは自分の力を自分で見付けて動きだした  みのるはそれから間もなくこの大學生に連れられて  みのるは上り口の薄暗い座敷の中で箪笥の前に向ふむきに立つてゐる  みのるの方からすつかり見えた  みのるを眺めた  みのるにはこの文學士のどこか藝術趣味の多い言葉に醉はされながら聞いてゐた  みのるはこの中にゐて  みのるはその兩人が一人合點の話を打突け  みのるは逆上きつた顏をして  みのるは暗い路次の外れで挨拶して別れた  みのるを見た  みのるが何と云つても默つて居た  みのるはこればかりをくり返して一人で笑つてゐた  みのるが眺めてゐた  みのるは義男の傍に行つて話をした  みのると言ふ  みのるの眼には又新しい涙が浮んだ  みのるは矢っ張り  みのるとを救ったけれども  みのるに何も与える  

~ みのる[名詞]1
顏だけを仰向かせてみのるを  急にみのるは  姿を見付けるとみのるは  やうにみのるの  眼にはみのるの  聲を出してみのるの  斜に見渡したみのるの  やうにみのるに  さつきのみのるの  聲でみのるを  足を上げてみのるの  少時見てゐたみのるは  讀書からみのるの  やうに萎えしぼんだみのるの  はしやいでゐるみのるの  考へがみのるの  一所にみのるの  雫がみのるの  腮でみのるを  師匠はみのるが  頃のみのるの  手をはなれてはみのるの  時がみのるの  其れはみのるが  その後のみのるの  今日のみのるは  涙がみのるの  のだとみのるは  一人になるとみのるは  義男はみのるの  洗濯をしたみのるは  雲がみのるの  椽に立つてるみのるの  其れを聞くとみのるは  神經的に尖らかしてみのるに  義男を見詰めてゐたみのるの  透明なみのるの  來てみのるの  時のみのるの  何も掴み得なかつたみのるの  なつてみのるは  それにみのるの  洋傘を翳したみのるの  下駄が挾まるのでみのるは  小山はみのるの  手に持つてるみのるの  上のみのるを  塲合のみのるには  云ひきるとみのるの  樣なみのるの  それを聞くとみのるは  すつかりみのるを  違ひないとみのるは  うしてみのるが  義男はみのるに  初め義男はみのるに  義男を取り卷いてみのるの  方ではみのるに  上でみのるの  劇評はみのるの  力がみのるを  棧敷からみのるの  灯を眺めながら行くみのるの  來たとみのるは  無理に書かしたみのるの  人たちはみのるの  義男はみのるが  うしてみのるに  印象があるとみのるは  義男の憎んだみのるの  場所でみのるの  途を開かねばならないといふみのるの  障子が開いてゐたのでみのるの  顏をしてみのるを  其所に坐つたみのるを  嫉妬を感じながらみのるが  傍に立つてみのるが  朝起きるとみのるは  義男とみのるとを  道についてはみのるに  

~ みのる[名詞]2
漸くみのる  貧しいみのる  若いみのる  ないみのる  もう一度みのる  丁度みのる  なくみのる  ふとみのる  殊にみのる  時々みのる  このみのる  いつもみのる  そのみのる  こういうみのる  

複合名詞
私みのるさん  思つたみのる  昔みのる  晩みのる  思つてみのる  通つたみのる  云つてみのる  みのる自身  時間みのる  頃みのる  惡るいみのる  行つてみのる  間みのる  つてみのる  その後みのる  ミノルさん  ミノルさんミノルさん  一つ一つみのる  



前後の言葉をピックアップ
実る          ミノルカ  稔れ  みのれ  実れ  三ノ輪


動詞をランダムでピックアップ
昇ろ点けいいきかし詰切っ浮出す祟りをろがみ睡っおっしゃい逝いうとま借り受ける引き去る萎むみがまえしめれながめる持ち上げる飛び違え籠る
形容詞をランダムでピックアップ
くしくるしくにがにがしたかい淋しくっ恐くめんどうくせまき気味悪うきむづかし水っぽこよなからくなまあたたかやばい敢なく憎憎し物狂おしくくさくっ余儀な