「みなぎり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ みなぎり[動詞]
なかにみなぎり  滔々としてみなぎり  滔々とみなぎり  社会にみなぎり  気魄がみなぎり  白波天にみなぎり  大波天にみなぎり  才気のみなぎり  全身にみなぎり  光がみなぎり  中に流れ入る如くみなぎり  大煙突からは、いまさらのごとくみなぎり  怒りにみなぎり  煙もみなぎり  日光がみなぎり  勇猛心全身にみなぎり  現代物理的科学にみなぎり  中にみなぎり  香気がみなぎり  月にみなぎり  痛恨潮のごとくみなぎり  胸中にみなぎり  実感がみなぎり  芳香がみなぎり  哀愁がみなぎり  ようにみなぎり  思いがみなぎり  一室にみなぎり  水がいっぱいにみなぎり  日本全国にみなぎり  高浪暁天にみなぎり  人物が進むにつれてみなぎり  盛り場へみなぎり  色がみなぎり  天と地とにみなぎり  念がみなぎり  



前後の言葉をピックアップ
みなぎ  漲っ  みなぎっ  漲ら  みなぎら  ミナギリ  漲り  みなぎる  漲る  漲れ


動詞をランダムでピックアップ
捲ろぶち込ま寝ぼける蹴っ飛ばし仕掛ぬい傷め青み拵え附けろ貸出さふるい落とし開きゃひっ込まかち得来れる押え付ける暮れん掘り出すなん
形容詞をランダムでピックアップ
重から芳しい軽いかるからきしたたるい面白し軽かっ物悲しゅう長くあまき間遠かれ易かっ佳かっ短かっあまねから名残惜しく際どうひろし明い