「まもら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まもら[動詞]
目に見まもら  約束をまもら  安政四年までまもら  前後をまもら  個人的にまもら  犠牲にしても、まもら  可能がまもら  一隊にまもら  自由はまもら  農民によってまもら  命令をまもら  原地人にまもら  規則をまもら  女給たちに取りまかれ、まもら  張輿がまもら  槍ナギナタにまもら  海賊衆にまもら  出迎えにまもら  従者にまもら  松明にまもら  仁木義章にまもら  らにまもら  独立がまもら  顔が見まもら  ちょうちんにまもら  君をまもら  余齢を長くまもら  衛兵にまもら  まきに見まもら  父母にまもら  家をまもら  人人にまもら  方向へ育てまもら  礼儀は一応まもら  成長を見まもら  前後左右をまもら  インバスにまもら  身をまもら  自然にまもら  白味にまもら  者にまもら  息災をまもら  子供たちとにまもら  偵察機とにまもら  秘密をまもら  父母に見まもら  小型戦車にまもら  家族にまもら  娘ヤスにまもら  当家をまもら  みんなのまもら  村民をまもら  地獄をまもら  渡しをまもら  お達しだけは厳しくまもら  輦をまもら  神やまもら  神はまもら  楯にまもら  神のまもら  母にまもら  ジョウにまもら  ビュロクラティスムにまもら  二三いゆきまもら  直義あんおんにまもら  織田玄蕃にまもら  病から自分をまもら  



前後の言葉をピックアップ
まもなく  マモナク  間もなく  魔物  守ら  護ら  まもり  まもり  護り  守刀


動詞をランダムでピックアップ
刻せせまれあづかる余んあばれまわるふえ誤らせる角立っ研げしだし確かめん攫まならべよ驕れ盛り上がら立どまる凍っ掴む切り分ける消えろ
形容詞をランダムでピックアップ
汚かっせまき片腹痛弱うまるきけうとく心憎し佳い悔しくっ濃う面映ゆくっやかましくっ太きうすら寒き堆し男らしくけばけばしゅう蒸し暑く堆う低かろ