「まじっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ まじっ[動詞]
米にまじっ  娘さんがまじっ  つばめにまじっ  しらさぎにまじっ  パイクソンもまじっ  風の音にまじっ  遠音もまじっ  音がまじっ  さがまじっ  それにまじっ  のもまじっ  美しい人たちもまじっ  雑音にまじっ  諸国人種と入れまじっ  バラックがチラホラとまじっ  計算がまじっ  労働者にまじっ  踊子にまじっ  足にまじっ  男たちにまじっ  気持もまじっ  丞もまじっ  九鬼弥助がまじっ  波音にまじっ  虚無僧のまじっ  咳がまじっ  のがまじっ  カレンもまじっ  音もまじっ  樹にまじっ  白髪のまじっ  藍色とのまじっ  中にまじっ  声もまじっ  読者にまじっ  席にまじっ  声がまじっ  煙にまじっ  密告者がまじっ  分子がずいぶん多まじっ  子供にまじっ  粉とがまじっ  咳にまじっ  息とまじっ  花にまじっ  奇妙にまじっ  潮流がまじっ  彼らがまじっ  人波にまじっ  セリフがまじっ  公事師もまじっ  コスモもまじっ  客にまじっ  連中にまじっ  検死にまじっ  子供たちにまじっ  餓鬼どもにまじっ  産業戦士のむれにまじっ  女も少しはまじっ  文句でもまじっ  薬がまじっ  心にまじっ  白粉のまじっ  人群にまじっ  そこにまじっ  木片にまじっ  ほのかにまじっ  闇のまじっ  往来にまじっ  反古にまじっ  音にまじっ  使にまじっ  情熱と織りまじっ  関西訛りがまじっ  著作物もまじっ  リャボーヴィチもまじっ  サイもまじっ  彦太もまじっ  芋がまじっ  まま立ちまじっ  地をふるわすとどろきにまじっ  紅とまじっ  当惑とのまじっ  半分ずつまじっ  群れにまじっ  さのまじっ  中に立ちまじっ  母もまじっ  軍にまじっ  笹芝にまじっ  哀しみのまじっ  複雑にまじっ  土匪山賊がまじっ  小野佐世男その他にまじっ  人民生活にまじっ  間にまじっ  自由主義者は、まじっ  新刊雑誌にまじっ  中に必ずまじっ  埃などがまじっ  醤油もまじっ  逆がまじっ  砂のまじっ  青草がまじっ  宇宙艇はまじっ  語気もまじっ  紀州弁がまじっ  雨にまじっ  大分誇張がまじっ  後備もまじっ  家族にまじっ  中へまじっ  兵にまじっ  歩兵にまじっ  脅威の入れまじっ  恐怖のまじっ  血のまじっ  大将などもまじっ  変装してまじっ  色がまじっ  大小いろいろまじっ  笑いがまじっ  田川夫人もまじっ  しずくすらまじっ  指輪もまじっ  間に立ちまじっ  蛮夷隊もまじっ  清水にまじっ  短編集がまじっ  ガラクタにまじっ  姪がまじっ  列に立ちまじっ  空想はまじっ  血にまじっ  被告たちにまじっ  ものがまじっ  粘土がまじっ  かまにまじっ  絵島丸もまじっ  紅のまじっ  花とまじっ  声にまじっ  遠慮がまじっ  英語のまじっ  空想のいれまじっ  好奇心もまじっ  活毛さえまじっ  列にまじっ  男もまじっ  言葉がまじっ  若木のむれにまじっ  黄はまじっ  小石のまじっ  香にまじっ  浮浪者にまじっ  一巻もまじっ  黄のまじっ  鳴き声がまじっ  皺のまじっ  意識のまじっ  皆にまじっ  連中のまじっ  言葉にまじっ  情がまじっ  青のりのまじっ  風流気もまじっ  火山灰とまじっ  粉とのまじっ  牛までまじっ  大阪弁のまじっ  鹿にまじっ  兄達にまじっ  やきもちもきっとまじっ  女の子までまじっ  子供もまじっ  雪にまじっ  店もまじっ  立ちン坊もまじっ  世辞もまじっ  二人連れがまじっ  人もまじっ  仕舞もまじっ  敬意のまじっ  者が、まじっ  者がまじっ  三百種ぐらいもまじっ  葉のまじっ  光のまじっ  女郎花にまじっ  息子さん連もまじっ  いっしょにまじっ  乗客にまじっ  失望のまじっ  気配にまじっ  ものが、まじっ  支持者もまじっ  気持がすこしずつまじっ  半々に入れまじっ  気持が入れまじっ  手もまじっ  息にまじっ  香りがまじっ  錯覚もまじっ  侮蔑とのまじっ  ままたくさん土にくちてまじっ  ジロフォンにまじっ  中にはまじっ  姿さえまじっ  銃声にまじっ  ウォルコフもまじっ  ものもまじっ  見物席にまじっ  蜂矢探偵もまじっ  銅貨もまじっ  女文字もまじっ  追従もまじっ  女の嫉みもきっとまじっ  風もまじっ  惚気がまじっ  柔かい心もまじっ  法界悋気もまじっ  下心をまじっ  嫉妬もまじっ  足音もまじっ  顔をしてまじっ  業腹がまじっ  うちにまじっ  寵童もまじっ  若い旅絵師がまじっ  町屋もまじっ  偽者もまじっ  五人打ちまじっ  冗談も幾らかまじっ  嘘がまじっ  うちに立ちまじっ  奴がまじっ  意味も多少はまじっ  男がまじっ  幽霊がまじっ  雁がまじっ  心持もまじっ  兄いがまじっ  阿野廉子もまじっ  金蔵もまじっ  百姓地もまじっ  嚇しもまじっ  恨みがまじっ  源蔵もまじっ  吃音のまじっ  笑い声にまじっ  風にまじっ  空気中にまじっ  光にまじっ  においにまじっ  男生徒女生徒もまじっ  追憶とのまじっ  化粧も濃く匂うばかりに立ちまじっ  波にまじっ  群にまじっ  開拓使女子留学生たちもまじっ  うまい鮫もまじっ  空ビンにまじっ  さもまじっ  奇術にまじっ  羽もまじっ  鉛筆箱とまじっ  見物にまじっ  武士がまじっ  若い女がまじっ  その間にまじっ  群集にまじっ  音に時々まじっ  酒にまじっ  通行人にまじっ  先生血いまじっ  粉がまじっ  望みがまじっ  人物までがまじっ  悪鬼どもにまじっ  鮮色樫がよほどまじっ  香気とまじっ  鈴の音にまじっ  尺五上もかなりまじっ  競争におくれて立ちまじっ  祇園ものにまじっ  成瀬のがまじっ  なかまにまじっ  坊さんたちにまじっ  雛がまじっ  近所合壁にまじっ  斑点さえまじっ  共産党が、だいぶまじっ  弾丸がまじっ  土煙にまじっ  負傷者にまじっ  幾分かまじっ  なぶり殺しに逢おうも知れまいという怖れもまじっ  感情は少しもまじっ  名前もまじっ  あいだにまじっ  声のまじっ  芝にまじっ  戯曲がまじっ  進歩性のまじっ  感じとまじっ  さとのいれまじっ  子供も、まじっ  人々にまじっ  子供達もまじっ  愚痴やひがみもまじっ  つぶがまじっ  桔梗がまじっ  百姓達にまじっ  さとがまじっ  塩水にまじっ  半々にまじっ  言葉もまじっ  方言がまじっ  神烏にまじっ  合方にまじっ  膿にまじっ  記事もまじっ  危倶がまじっ  夜霧にとけまじっ  何人かまじっ  守衛もまじっ  筆がまじっ  画家もまじっ  雨さえまじっ  家根草にまじっ  同所にまじっ  屋根にまじっ  雨も時々まじっ  血膿にまじっ  汗にまじっ  聴衆にまじっ  感触のまじっ  鐘がまじっ  人ごみに立ちまじっ  柘榴石のまじっ  声とまじっ  岩永がまじっ  意味もまじっ  鰻もまじっ  蝮がまじっ  二人ほどまじっ  ごろつきもまじっ  子供も随分まじっ  客のがまじっ  女もまじっ  為替なども、かなり、まじっ  慎重さとのまじっ  高低いろいろまじっ  無邪気さとすっかりまじっ  気持とがまじっ  あいだに立ちまじっ  気分もいくぶんかまじっ  風も少しまじっ  板切れとまじっ  愛情の入れまじっ  若草にまじっ  婆さんなぞにまじっ  炉ばたにまじっ  人にまじっ  想像が少しはまじっ  看護婦にまじっ  娘がまじっ  子供連にまじっ  泣き声にまじっ  衆にまじっ  なかにまじっ  笑声にまじっ  顔にまじっ  楽しい思い出にまじっ  偏見がまじっ  川上機関大尉がまじっ  印度志士コローズ氏もまじっ  のがわずかばかりまじっ  蝶がまじっ  パン屑のまじっ  大山もまじっ  生徒たちにまじっ  霰がまじっ  雪がまじっ  加奈子もまじっ  水がまじっ  中の人にまじっ  水にまじっ  四五名背広姿がまじっ  塾生たちにまじっ  血がまじっ  拍手にまじっ  工夫たちにまじっ  念もまじっ  糸印などもまじっ  勝子もまじっ  緑にまじっ  鼻唄もまじっ  叫び声にまじっ  学生にまじっ  鹹風とがまじっ  西風もまじっ  男衆にまじっ  若い衆にまじっ  家族に立ちまじっ  婦人さえまじっ  漢意のまじっ  三十三度供養塔なぞにまじっ  時代はまだそれほど入れまじっ  姿までまじっ  姿も少からずまじっ  毒茸がまじっ  火消人足にまじっ  娘もまじっ  物とが入れまじっ  竹のそよぎにまじっ  話にまじっ  者もまじっ  ごっちゃにまじっ  一団にまじっ  顔がまじっ  遺恨がまじっ  かすかにまじっ  匂いにまじっ  片岡君もまじっ  女役もまじっ  少年少女たちがまじっ  銀貨がまじっ  毛もまじっ  なかに、いかに親しくても、まじっ  大人にまじっ  空気にまじっ  老爺もまじっ  若い人たちにまじっ  嘆息もまじっ  羞らいのまじっ  女の子たちもまじっ  小悪魔達にまじっ  うまごやしが沢山まじっ  方にまじっ  けが風の音にまじっ  人絹がまじっ  若い娘たちにまじっ  白毛のまじっ  古典書にまじっ  目的もまじっ  君がまじっ  木の葉もまじっ  興味もまじっ  西行法師でもまじっ  道具もまじっ  歎息のまじっ  草にまじっ  中年の、いれまじっ  風がまじっ  恐怖もまじっ  半分はまじっ  白堊のまじっ  悪臭にまじっ  青線がまじっ  女の子がまじっ  女にまじっ  紅塵にまじっ  砂利がまじっ  ぺいん葱のまじっ  SETにまじっ  涙がまじっ  おとなとまじっ  人たちのまじっ  チャンピオンたちにまじっ  若い大工がまじっ  焔にまじっ  三根夫少年もまじっ  警報にまじっ  三根夫のまじっ  要素がまじっ  朗らかさとがまじっ  



前後の言葉をピックアップ
間仕切り  間仕切  マジソン  交じっ  混じっ  マジック  マジナイ  マジナヒ  マジニイ  マジノ


動詞をランダムでピックアップ
叩きつけろ申し伝える掘り返せ差出そ加わっ立並び嘯い思いやっすいつけくさすうけとれるうかびで持ち歩か申しかねる認めれいぶかる述べはやりたつ押切っ基か
形容詞をランダムでピックアップ
あかい得難かろしげけれ懐かしゅう渋く熱くたかき気疎いちょろく目ばやく久しかろつまんなけうといくわしくしつこし泥ぶかいやむをえないとぼしき熱き騒騒しく