「まあ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
副詞

まあ[副詞] ~ 1
まあしかたが  まあひとりで  まあこれで  まあ御覧  まあ鳥を  まあ餅の  まあ滑稽に  まあ自動車の  まあとうさんについて  まあ素敵  まあしようが  まあきみ  まあ是だけ  まあ喜八郎  まあ中屋の  まあ一つの  まあ厭  まあそれは  まあ簡単に  まあ十人並の  まあ心から  まあ気長に  まあすべてが  まあ理由が  まあ大概  まあ幸に  まあ鼻の  まあ相当  まあ半分半分  まあピヤノの  まあ一ツ  まあ僕は  まあおかけ  まあ差当りこれという  まあ近衛青年内閣あたりで  まあ大体人から教へ  まあ彼の  まあ何といふ  まあこれを  まあざつと  まあヨイ気候  まあ一番安全なのは小人森村で  まあ一生會へ  まあいや  まあ結構  まあお前だけが  まあ孤児の  まあ薬も  まあ長男だけは  まあ虫奴の  まあ馬鹿  まあとんでも  まあ大変  まあそれも  まあ当分は  まあ不気味  まあ蛭石病の  まあ今回はい  まあオレ自身  まあ手書きに対する  まあこれが  まあ誕生当時の  まあパーソナルコンピューターの  まあここまで  まあVGAが  まあ皆さんも  まあコンピューターによる  まあ何処へ  まあ運の  まあ無事に  まあ飾り同様の  まあ姉と  まあ隨分  まあ名利の  まあ僕の  まあ奥様  まあ今まで  まあ今晩一晩だけ  まあざつとかうである  まあ堪忍  まあご飯を  まあ一盃  まあ九鬼氏  まあどこへ  まあ綾ちやんは  まあお前  まあ五月頃から十月  まあお前も  まあピアノの  まあ芙美子さん  まあ何て  まあお待ち  まあ二三日  まあ何でも  まあ我慢  まあ君は  まあ季節はずれと  まあがりや  まあ豆の  まあ日向さんの  まあ私でも  まあ孩児の  まあ辛抱  まあ一概には  まあ御苦労でも  まあ三年の  まあ実の  まあこれだけが  まあ双方で  まあ魅まれてでも  まあ乳を  まあ上に  まあ当分の  まあ我輩の  まあ一度だけは  まあ半分は  まあ可哀そう  まあ必要が  まあ三百年  まあ三十年内外で  まあ才丸ぢや  まあモウ一度ここへ  まあ夢を  まあ妾  まあ御馳走の  まあ紹介と  まあ命の  まあ自由に  まあ君の  まあ四日ぢ  まあこれは  まあいまには  まあ節朗らかに  まあ二時間は  まあ餘韻の  まあ何んて  まあ本当  まあ私達は  まあお前達自身で  まあ二人にでも  まあ妾に  まあご免  まあいまみんな  まあ中で  まああしたの  まあ今  まあ一郎が  まあ嘘みたい  まあなんでも  まあ交際も  まあ当分だめ  まあ君  まあ五  まあ俺の  まあ普通  まあそれと  まあ尋常  まあ一個の  まあ奥方の  まあ二十円位  まあ氣候がい  まあ恕  まあ失礼  まあ仕方が  まあお待ちよ  まあ左様  まあ仏様の  まあ何  まあ態  まあ精  まあ今後の  まあ仮  まあ私を  まあ落胆  まあ一杯  まあ大体右の  まあおまえは  まあ武士の  まあ気を  まあ何という  まあ二週間か  まあ六度六分に  まあどれ程  まあ人並に  まあいっしょに  まあこれ  まあ気持は  まあ一時遁  まあ東京の  まあ後に  まあ大層  まあ頭の  まあ静かに  まあ綺麗  まあ何んという  まあ私になど  まあ何と  まあ好うござんし  まあ僕が  まあ程  まあ一万ぐらい  まあ私と  まあ噂として  まあ左樣  まあ何で  まあ何の  まあ嘘でも  まあ其樣  まあ此處へ  まあ幾歳  まあ何から  まあ大将  まあさ  まあ大体は  まあすき  まあ君も  まあ一種の  まあ大野さん  まあ一つ  まあ左に  まあ在所に  まあ辛抱しろ  まあ私個人の  まあ辛棒が  まあ平気で  まあ支那における  まあ皆から  まあ腰でも  まあぼくが  まあこっちへ  まあ話の  まあ私の  まあ旅で  まあ談  まあ達者で  まあ全部では  まあかまわず  まあ安心  まあここだけは  まあ一度は  まあ可哀そうに  まあ御覧な  まあ私には  まあ幸福者  まあ話は  まあこれ位に  まあ皆さんで  まあそれくら  まあ二日三日  まあ内の人は  まあ芸術の  まあこれだけ  まあどちらかと  まあ相当にね  まあ気の  まあ馬に  まあどっちかと  まあ君と  まあいまに  まあ別として  まあ御存知に  まあ立ち話では  まあ何年かなり教育  まあお孫さんが  まあ皆さま  まあ経験  まあ埃を  まあ勇敢に  まあ文化の  まあ可  まあ一月でも  まあ宅へ  まあ何んと  まあ太郎さんにも  まあ形容の  まあ自然派の  まあ説明  まあ例  まあここへ  まあ何年  まあ好き  まあ五六日は  まあ執拗  まあ結局我ン  まあつたかい  まあここ  まあ今度だけは  まあ一例  まあ飯を  まあ勘弁  まあ半年ぐらい  まあ大が  まあ私が  まあ信念を  まあ芳ちゃんは  まあ一年は  まあ一銭で  まあ勝手へ  まあサ  まあわたし  まあそう  まあ深みの  まあこれ位  まあこんなのは例外  まあ一番  まあ以上の  まあお前は  まあ淀屋の  まあ藤八  まあ叔父様  まあ相当に  まあどれほどの  まあ大抵の  まあそれだけの  まあイキリ  まあなん  まあ痛みは  まあ話がさ  まあ子供  まあ千人に  まあ此の  まあ姉さんと  まあ義一さん  まあこっちに  まあ岡さんも  まあ御覧の  まあ岡さん  まあいいかげん  まあ電車が  まあ愉快  まあ二円ぐらい  まあ元の  まあ話  まあ俺に  まあ御機嫌よう  まあソンナ  まあ一般に  まあお前さんも  まあ一寸と  まあどちらに  まあ可哀相  まあ奥様でも  まあ小使に  まあ呑気屋って  まあ叔父  まあ初対面の  まあ暇  まあ能  まあ今日も  まあ何だい  まあ変  まあ奥さま  まあ死骸の  まあ悧巧な  まあ話を  まあいくつに  まあちよ  まあ親  まあ一寸  まあ通用  まあお店者か  まあ御覧よ  まあお前が  まあ何ん  まあ横  まあ五人分しか  まあ約束だけでもね  まああそこらが  まあ便利  まあ何かと  まあ今年は  まあたくさん  まあ御免  まあ災難としても  まあ斯ん  まあ毒気を  まあ閑静  まあ水を  まあ俺を  まあ誰が  まあ大ざっぱに  まあッ  まあ無事  まあ月に  まあどっちか  まあ明日まで  まあ遠慮  まあ皆さん  まあ及第点を  まあ湯の花  まあ堅気  まあ大体  まあお客様に  まあ本来  まあ了見  まあ只の  まあ万事  まあこれくらいで  まあ儂の  まあ飜訳ぐらい  まあ家の  まあ芝居通  まああんたの  まあわたしが  まあ立派に  まあみんなと  まあ理の  まあ兎も  まあ海外における  まあ滅多に  まあ土質の  まあ哈爾賓ぐらいまで  まあ遼河を  まあ幸  まあ海の  まあ殆ん  まあどっちに  まあそこで  まあ大人に  まあ美  まあ夏だけ  まあ大変に  まあ月の  まあ一つ喰はんかと  まあ頭を  まあ山上の  まあ幼虫  まあもとの  まあ恁  まあ楽隠居という  まあ何を  まあ山出しも  まあ当分そこに  まあ私は  まあウマ  まあ事業の  まあ皆さんに  まあ遊びが  まあユックリ  まあ漸と  まあ心は  まあ当分静かに  まあ損害と  まあ一  まあ女の  まあ奇麗  まあ地面と  まあ仕方  まあ一盞  まあそれまでに  まあ何か  まあ房子さんが  まあ玉を  まあ私も  まあ彼方に  まあ川は  まあ家へ  まあ捨石  まあ二三年  まあ看護を  まあ親が  まあ犬を  まあ幾分か  まあ我慢を  まあ一流の  まあ若いから  まあお祝い  まあ何事  まあ麗かな  まあ何卒  まあ癒  まあお守りみたい  まあ私だけについて  まあ向こうへ  まあわたしは  まあこれでも  まあ何事も  まあルミ  まああとから  まあなんに  まあ先に  まあかわいそうに  まあまきを  まあおうむの  まあ祝盃として  まあ引取って  まあ名代へ  まあ総立ちという  まあここに  まあこれにでも  まあ初めから  まあ隔意  まあいずれに  まああれで  まあ何ね  まあ何枚も  まあそこまで  まあ今夜は  まあそれ  まあ思つたよりは  まあ現身は  まあ兄さん  まあ珍  まあ半々位  まあ姉さんの  まあ五円位  まあ彼所位  まあ百円位  まあおまえさんは  まあおまえの  まあおまえ  まあ腰を  まあこれと  まあ見当が  まあ大抵は  まあ下に  まあ恥  まあ無理は  まあ君ぐらい  まあいい加減に  まあ蔵の  まあ一つこれでも  まあカチヤには  まあ一日ぐらいは  まあ夫人さま  まあそれで  まあ六十銭  まあ一段落という  まあ一段落といふ  まあ27が  まあ一寸煙草を  まあ何卒何分  まあこん中に  まあ一生  まあ其処を  まあ大切に  まあ初陣と  まあ一つ見本に  まあ上つて  まあ芳ちや  まあ与八さん  まあ奥の  まあ狂人  まあ勢一杯に  まあ平均  まあ経済か  まあ待ち給へ  まあ仲裁ぶりに  まあ一体いつまで  まあ他の子達を  まあ様子を  まあ水の  まあお前さん気でも  まあそこ  まあおかげ様で  まあ賑やか  まあ用心に  まあ鞄持ち程度に  まあ十人が  まあ一合上戸ぐらいの  まあ奥へ  まあわたしの  まあどっちでも  まあ欣二  まあごらん  まあ背の  まあ極端に  まあ私に  まあ皆様  まあ意地と  まあこっちの  まあ勿体を  まあ御新さん  まあ近く  まあ尠の  まあ明日の  まあ仕合せ  まあ俺たちに  まあ問題は  まあ一通りの  まあ欲の  まあ道中の  まあ野暮を  まああなたも  まありっぱに  まあ温和  まあ一順  まあ仰山  まあ岸田程の  まあここから  まあ何んといふ  まあ三十歳から  まあ鼠か  まあそんに  まあ帆村さん  まあ帆村はん  まあ厄介に  まあ了見を  まあ友さん  まあちやんといふ  まあちやんは  まあちやんに  まあちやんが  まあちやんの  まあ西洞まで  まあ先へ  まあ関わず  まあお嬢様  まあ仕方がねえ  まあ僕も  まあ僕に  まあ心持ちを  まあ今の  まあ案内  まあおいでよ  まあ狂女と  まあそれくらい  まあ其他にも  まあ火夫という  まあ素晴  まあ外へ  まあザットこれ位に  まあおれは  まあ今夜の  まあ家に  まあ脈を  まあそりや  まあ今日の  まあ進行係という  まあ嫌  まあ気分屋  まあ米友  まあ四十人も  まあ惨め  まあ餓鬼  まあ金を  まあそういわずに  まあ謎  まあ十日という  まあそれには  まあ我慢で  まあわれわれの  まあ一杯と  まあ松尾氏の  まあ手槍を  まあ普通の  まあ形式  まあ私どもが  まあなにを  まあ埃と  まあ相当の  まあ倅や  まあ怪我を  まあ少時  まあ五十点から  まあ昔で  まあお前さん  まあ方々から口が  まあ敷地だけは  まあ横瀬夜雨氏を  まあ何分  まあ何程で  まあ雪に  まあ下手  まあ世は  まあ嬢ちゃん  まあ私のを  まあそん  まあ格別  まあディスイリュージョン  まあ出来損ないの  まあそれについては  まあ手を  まあこちらから願い下げ  まあユーモラス  まあ満点に  まあ中に  まあ仕方の  まあるい  まあ半分が  まああんたと  まあそこに  まあ熱心さ  まあ間違い  まあ我慢おし  まあ政子さんは  まあ友子さん  まあ二里位といふところ  まあ見事  まあるい顔  まあるい虫  まあクヨクヨ  まあどっかで  まあそれくらいの  まあ一つゆ  まあ誰にでも  まあ図書室  まあ勝負という  まあ侍  まあ白鳳期の  まあ一時を  まあそれだけに  まあ一茶の  まあ証人に  まあ前祝いの  まあ倖  まあそこへ  まあ俺も  まあ数日は  まあ乞食  まあ久子の  まあこちらでと  まあこちらへ  まあそれより  まあ五銭ぐらい  まあ落着  まあなんという  まあ懸命に  まあ麻酔剤でも  まあ感心  まあ怪我も  まあザッと  まあ精一杯  まあ人間の  まあ親切  まあ名前を  まあ女中も  まあ金が  まあ無理も  まあ奇抜ね  まあ餘  まあ獨  まあ一體  まあ二里  まあお前に  まあ仕舞いまで  まあ自然の  まあ残酷  まあ憂さ晴  まあ斯  まあ夫婦が  まあ蛇の  まあ私どもも  まあ男と  まあ嫉  まあ女性の  まあ彼女の  まあ仙衛ム  まあ口が  まあお断り  まあ落着き  まあ因果な  まあおいらの  まあ銀公でも  まあ近ごろ流行の  まあ物は  まあ妾どうし  まあ直義  まあ透明に  まあ身体に  まあ直接には  まあ落第点は  まあいずれ後の  まあびっくり  まあわしの  まあ中へ  まあ一膳  まあ少女  まあ澤山  まあ落  まあ是だけで  まあ乾草や  まあ試しに  まあ三十年も  まあご覧  まあやけに  まあご覧よ  まああすこ一軒で  まあペピユブリツクへ  まあビールの  まあコレ位に  まあるいかたまりに  まあるいのが  まあ意味も  まあこれくら  まあそれ故にこそ  まあ無事にを  まあ身のほど知らずの  まあ来月の  まああたし  まあパンを  まあ破れかぶれの  まあヒラ  まあえい天気  まあお前の  まあ暢気  まあ一つと  まあ腰抜けついでに  まあ弥兵衛さん  まあ当今あれだけに  まあ酒でも  まあ教師に  まあ八割位は  まあそれに従って  まあこれ位で  まあ喫驚  まあ黒鬼ね  まあ手探りながら  まああれだけに  まあざつとこんなことを云  まあ此處をば  まあ一日二日  まあ度胸で  まあ手前に  まあ意気  まあ一と  まあ午飯でも  まあ寿命  まあそれまでの  まあ強請とも  まあ百両で  まあ誰でも  まあ納得  まあ蚊帳へ  まあ養子  まあおっ母さんが  まあそれに  まあ市が  まあ災難で  まあ浜辺へ  まあ楽が  まあ仕方がねえと  まあ素直に  まあ念の  まあ往生  まあ文句は  まあ間違いは  まあさいわいと  まあ癒ら  まあ四角  まあ記念の  まあ台所で  まあ掘出し物  まあ目方を  まあ世の中と  まあ昔の  まあ禅学の  まあ型ばかりの  まあこれぎりなんですがね  まあア  まあ泳ぎだけ  まあ別の  まあ理窟は  まあ後廻わしに  まあ近在の  まあまし  まあ訣  まあ傾向から  まあちゃんと  まあ当分  まあ豪勢  まあ商売休みも  まあ緑屋さんへ  まあ六十ぐらい  まあ唐天竺とやらへでも  まあ足を  まあ不審は  まあ仲直りを  まあ半年ぐらいは  まあ看病の  まあ俺達は  まあ何処に  まあ消化  まあソレ位  まあ二代目の  まあ紛失物は  まあ歌の  まあ年頃  まあ独学の  まあ囲い者といった  まあ一緒に  まあ命拾いを  まあひと通りは  まあ訳を  まあひと通りの  まあ後廻し  まあ往来で  まあそれ迄の  まあ噂だけ  まあいい加減  まあ何家でも  まあ十人並という  まあ目の  まあ太っちょの  まあ心配  まあ小遣い取りに  まあ色男に  まあ急に  まあ新手の  まあみんな無事に  まあ巾着切りが  まあ万事内々に  まあ相手だけを  まあ助太刀を  まあ二日に  まあ我慢しろ  まあ大難が  まあ繁昌  まあだんなにゃ  まあ気が  まあ仕合せと  まあ一ぷく御上がん  まあ逗留中に  まああす  まあ枝葉の  まあ後の  まあ誰  まあ二年ほど  まあ意地  まあ一人や  まあ二三日という  まあ運が  まあ朗らか  まあ半年か  まあ一息  まあ意地悪  まあおかげさまで  まあそれじゃ  まあサ権九  まあこまっけ  まあ夜ふかしの  まあ兄妹みたい  まあ怪我が  まあ見学  まあ拙者の  まあいちど道場へ  まあ一休み  まあ仲間  まあ岡本さん  まあどこまで  まあそれくらいは  まあ二人  まあ折を  まあ小手  まあ二年は  まあ丁度  まあ楽隠居の  まあ晩までの  まあ三十年  まあ今朝は  まあ不思議  まあ吾  まあ出鱈目  まあ白状  まあ君ここへ  まあ君らの  まあ柿が  まあ傍から勸めても  まあ節略  まあ年長だけに  まあ恁云  まあ皆  まあ試みに  まあ自分は  まあ不問に  まあ当分エハガキを  まあ腕比べ  まあ京野さん  まあそれを  まあ他の  まああっちへ  まあ殿様の  まあ道具立は  まあそれ位  まあ今に  まあはきだめに  まあどなたも  まあ誰に  まあ現在の  まあざっと七百疋分  まあ五百疋  まあ植物の  まあこれらについては  まあ花と  まあ手ぬかりという  まあきれい  まあ些と  まあ大袈裟に  まあクラブの  まあ此処に  まあ不幸  まあ隙つぶしに  まあ私  まあ一日の  まあ此度も  まあそ  まあ当代の  まあ残念と  まあ魂とでも  まあ上手  まあ釘よ  まあ勝手  まあ駄目  まあけっこう  まあ何に  まあそれだけでも  まあお前さん方  まあ一晩安  まあ君心を  まあみんな無事  まあ運  まあ捨児に  まあ自分の  まあ人に  まあやつと  まあ一寸此方を  まあきらいでも  まあ棄児に  まあ腹ん  まあ牛に  まあ沢山  まあ参木は  まあ株を  まあ志  まあこっちから  まあひとつ  まあ三服で  まあ此処まで  まあ卜筮よりは  まあ空中にでも  まあ仮りに  まあ国家  まあそ奴が  まあ彼奴を  まあ何とでも  まあわたくしの  まあ代表  まあ岩公  まあ出来上りを  まあお正月位の  まあ謝まら  まあ感心に  まあ賑い  まあ自由思想を  まあ人並  まあ先を  まあ他流試合  まあ気に  まあそれらの  まあ鵞鳥ぐらい  まあざつとこんな風に  まあおかげで  まあ草鞋でも  まあ二  まあ京都へ  まあ三年間の  まあ殿様  まあ陣十郎さんに  まああそこに  まあ髪が  まあ証拠として  まあ千ポンド  まあいまを  まあ一度  まあ女が  まあ三月堂から男山八幡へ  まあ其時間が  まあお前といふ  まあ身の  まあ何れを  まあほかの  まあ七年も  まあ人という  まあきょうは  まあなに  まあ確に  まあ今でも  まあ神経  まあ鉞とか  まあ女という  まあ艶  まあ初めだけ  まあ大物は  まあ中肉中背  まあ百花園さんも  まあ怪物に  まあ可哀想にね  まあ喧嘩  まああんた  まあ何事にも  まあそれだけを  まあイーハトヴの  まあすべての  まあ世の中の  まあ孫の  まあ月給が  まあ此處に  まあ今度談が  まあ穏  まあ万事は  まあ今夜から商売が  まあ当分双方  まあ先生は  まあ顔ぶれは  まあ八郎  まあ折角東京に  まあ十分食つて  まあ御免を  まあ受驗生たるの  まあ健吉さん  まあ田の  まあ無理を  まああたしの  まあお前さん達は  まあ連盟の  まあ去年僕が  まあ同情は  まあ当分海岸へでも  まああとの  まあ左様二人  まあ斯様  まあ半歳ばかりの  まあ一つくらい  まあ何も  まあ身体でも  まあ行儀の  まあ何にも  まあ三分ぢやつ  まあ那樣事は  まあ最近の  まあ愉快に  まあ朝酒は  まあ私用の  まあ山ばかり  まあ格好だけは  まあ泥は  まあ二度分ぐらい  まあ四五回火入れを  まあ壮六さんよ  まあ豊ちゃん  まあ敦子  まああなた  まあつて  まあ一言で  まあ月末にや  まあ久我さん  まあ禁冶産と  まあ一人一人  まあ脱落症状と  まあそこから  まあ物数奇  まあ活計向とは  まあ比較的内発的の  まあ広大  まあ三月に  まあ邪見に  まあさが  まあ親類付合いという  まあ笑談は  まあ九分までは  まあ写真を  まあ家でも  まあ今晩の  まあどこでも  まあ四千円  まあ大体の  まあ雍正  まあ嗅タバコの  まあ永楽という  まあ閑に  まあ六十  まあ雨が  まあ上手に  まあ後でも  まあ吉岡さんに  まあ兄さんも  まあ人気を  まあお伽噺  まあおまけを  まあ小地主  まあ当時の  まあ俗に  まあ悪縁の  まあリイさま  まあ出しぬけに  まあ幸いにも  まあ知り合い  まあるい屋根の  まあお前達から  まあソレぐらいの  まあヒドイ校長先生  まあ家で  まあ平安朝の  まあ感じが  まあ叔父等の  まあ一通りは  まあおれが  まあ刺魚の  まあ別  まあ解釈  まあ自分達は  まあ彼様  まあ其処等あたりと  まあ其様  まあ夢の  まあ其樣な  まあ大目に  まあ一人で  まあ彼那お爺さん  まあ母上  まあ弟でも  まあ卯辰が  まあいろいろ  まあ一生貧乏  まあこれこそ  まあ百頁か  まあ言はば  まあ熱を  まあ妙  まあ醫者の  まあ商売とは  まあ綺麗ねと  まあ十一月二十五日が  まあ肴屋が  まあ夢中  まあ目を  まあ力三の  まあ心を  まあジョンさん  まあ正面から平身低頭  まあ大概は  まあ車代に  まあ離縁よ  まあ一人も  まあ泣き寝入り  まあ離縁に  まあ卿を  まあ歴々の  まあ主人を  まあ近くの  まあ日夜  まあ先達に  まあ八千円  まあ注意  まあ吹  まあ大事の  まあ化物  まあ愕  まあいまの  まあ海底の  まあ十何年も  まあ十銭から  まあ勘辨  まあ寢轉んで  まあざつとこんな意味のもの  まあ家政婦といふ  まあ頭から  まあるいおしりが  まあ友だちと  まあ何分にも  まあ坊やは  まあ肌身を  まあこれ以上の  まあ君達  まあ感嘆に  まあ横に  まあ大概の  まあ念には  まあ小母さん  まあ川村さんの  まあお初に  まあ酒が  まあお前さんを  まあ泥棒さえ  まあ器械的の  まあ一週間  まあ試し  まあ坑夫の  まあシキへ  まあやる気  まあ木唄と  まあ準備を  まあ年長者の  まあ二磅も  まあ行商人達を  まあ厄介  まあ代りに  まあ三人  まあ飯尾さんは  まあついで  まあそこまでは  まあ窓  まあ遊びに  まあ此子は  まあ袴だけに  まあ昼寝など  まあ適当  まあ平凡と  まあお気遣いの  まあ一しょに  まあ幾度  まあ奇怪  まあ嚊が  まあ此所へ  まあ一つは  まあ一反歩四升位  まあ肥桶一つに  まあ誰ぞいの  まあ商店を  まあ嘘と  まあここで  まあ必要  まあるい蹴鞠の  まあ鍵なんぞまでか  まあ御苦労様  まあ紙帳  まあ動物的  まあ短気を  まあ貧弱乍ら豊富に  まあ訣ら  まあ呪言とか  まあ数は  まあ低能児  まあ誰々  まあカード  まあ恥かしくも  まあ酔  まあちやんと  まあ假に  まあザット一日の  まあホツと  まあ生活は  まあ劬って  まあ三万日  まあ看病疲れ  まあ端役  まあはまり役  まああたしが  まあ十二人  まあ政府の  まあ大変ね  まあ極度  まあこ  まあ三流どころに  まあ御用を  まあ歩  まあ何うにか  まあ今回は  まあ一時すぎハイヤで  まあ食  まあ特別  まあ行つてら  まあ茶碗に  まあ毎年  まあ木の根にでも  まあ宅に  まあ褌だけ  まあ風でも  まあ東京で  まあそれ位の  まあ当てに  まあそれでは  まあ一ぱい茶を  まあ先生の  まあ芝田さんぐらいが  まあ二時間  まあ篤文家とでも  まあ此方へ  まあ問題に  まあ猿田さんが  まあこれぢや  まあ十人並以上の  まあ黒焦げ  まあざつと形容  まあ日本語と  まあ義理やら  まあ誰も  まあいつか  まあちょっと  まあ智慧の  まあ車夫の  まあ大抵夫婦一組ずつと  まあこれも  まあ大体目鼻が  まあ来年の  まあ安心という  まあ一杯ぐらいは  まあ私にも  まあ細工の  まあるいなめらかな  まあ筋が  まあ山出しの  まあ二人とも  まあ一生に  まあ穴でも  まあ今晩は  まあ折角の  まあどっちへ  まあ菊そばが  まあ憐れ  まあ何ごとも  まあ書物の  まあ二膳三分の一位な  まあ神経質と  まあ今時の  まあ内容を  まあざつとこんな調子  まあちえ子さん  まあ九月頃に  まあ何遍  まあ百円ぐらいな  まあ伯父さんにでも  まあマン  まあ宅だけでも  まあ活花の  まあそれざつと三杯を  まあ自然に  まあ十カラットから  まあ如何  まあ辛抱しなよ  まあどこまでも  まあいつか一度は  まあ土手から一番  まあ仲の  まあお祝いに  まあこれさえ  まあクレペンチャンとか  まあ一寸詩人の  まあ静に  まあこれくらいに  まあ当分見込が  まあ塵埃  まあ遠慮も  まあ感応寺の  まあ厭でも  まあ思案  まあ此方へと  まあそこらの  まあ滅相  まあ其処から  まあ是で  まあ夫  まあ内容  まああたり前さ  まあ自慢の  まあそれじゃあ  まあ花見が  まあ一長一短という  まあいまは  まあ俺は  まあ一廻り  まあ運は  まあ妾は  まあ気の毒に  まあ大体彼奴と  まあ親類の  まあわしには  まあパパ  まあ一万円  まあ端から順々に  まあ特別の  まあ大体から  まあめしを  まあ片田舎の  まあ兄さんの  まあ時男さん  まあ兄ちゃんちょっと  まあさし当りもう一度  まあ思  まあ半々の  まあ信用  まあ六平には  まあ船で  まあにぎやか  まあ事業家の  まあ祖母さんは  まあ小母さんは  まあ其積りで  まあ何方に  まあ私だけは  まあ祖母さんが  まあ口許  まあ言つて  まあ奇妙  まあ苦にも  まあ咽喉を  まあ何んで  まあ黒川さんじゃ  まあ察しが  まあ浅間さん  まあ愕くじゃありませんか  まあ動坂さん  まあ取調べも  まあぐさあし新戦場  まあお寺の  まあ南瓜でも  まあ概略の  まあ極りの  まあ昔と  まあ不入り  まあ体裁  まあ亢奮  まあ本筋には  まあ夏の  まあ筆の  まあここらの  まあ刻刀などは  まあ世話が  まあイソイソ  まあ二三の  まあかなりうまい  まあ飴でも  まあ濟  まあそれまでは  まあゆっくりお話  まあ気休めに  まあ無理の  まあ今迄  

まあ[副詞] ~ 2
まあ待ち給え  まあかういふ  まあさうだ  まあな  まあだまっ  まあ考えた  まあ見  まあ考え  まあ言え  まあ待て  まあ待っ  まあいい  まあ坐れ  まあ取  まあ諦め  まあ飛び付い  まあかう  まあた  まあ立っ  まあ知らせない  まあ出来ないだろう  まあ掛けなさい  まああがれ  まあ止さう  まあ落ちつけよ  まあ思います  まあさうだらう  まあじ  まあぶる  まあ入れ違いです  まあおどけた  まあ差支えないだろう  まあ見たまえ  まあ察し  まあ聞きました  まあ思っ  まあ呆れた  まああっ  まあ言っ  まあ怒る  まあ待つ  まあ聞け  まあ分らない  まあ這入  まあ聞き  まあ古ぼけた  まあ待ちなさい  まあやっ  まあつ  まあつもる  まあおか  まあ出来ない  まあ這入れ  まあ掛け  まあ読む  まあ出来る  まあ逢っ  まあ黙っ  まあ坐っ  まあ保った  まあ聞い  まあ変った  まあ坐る  まあ精出し  まあつまり  まあ上がり  まあ断わります  まあよそう  まあうたっ  まあ亡くなった  まあ物思い  まあ落ちつけ  まあ止した  まあ帰れ  まあ困り  まあ考へ  まあ聞き給え  まあ潰れた  まあ帰っ  まあ入れ  まあ知っ  まあ褒め  まあ助かった  まあ来た  まあ待ち  まあ出来  まあ煮る  まあ上げよう  まあ生き  まあなおっ  まあ阿  まあ帰りましょう  まあ食う  まあ貰っ  まあある  まあ思う  まあ似  まあ謂わ  まあやすん  まあ引ける  まあできる  まあありません  まあ宥め  まあ聞きわけ  まあ似たりよつ  まあ言いはじめた  まあで  まあ聴き  まあ見とる  まあはいりません  まあき  まあ行っ  まあ話す  まああがる  まあ遣らない  まあ已め  まあ云う  まあ置い  まあ買え  まあ惚れ  まあ返し  まあ飲む  まあ焼けるなら  まあ見てれ  まあ読ん  まあ黙  まあ見た  まあ泣く  まあ落ちつい  まあする  まあ飲め  まあ飲ん  まあ坐り給え  まあなる  まあかういつた  まあ死んだ  まあいった  まあ止そう  まあたとえ  まあ止め  まあ取っ  まあ出来た  まあ云いたくなります  まあ見ない  まあでしょう  まあ話し  まあくれ  まあかけ給え  まあやれる  まあ云わん  まあ困らない  まあ訊い  まあ行ける  まあ踏み  まあ取れるだろう  まあ来  まあ出来たら読ん  まあ云った  まあよしましょう  まあ田舎びた  まあ驚いた  まあ云っ  まあ使った  まあさう  まあ来なさる  まあ飛ん  まあ言われる  まあ伺っ  まあ言う  まあ捨てとけ  まあ作っ  まあ急ぎましょう  まあ静まっ  まあ聞く  まあす  まあ怒っ  まあ待ちや  まあ落つ  まあ見てろ  まあ聞けよ  まあ掛け給え  まあ任し  まあ休ん  まあもつ  まあ往かう  まあ信じない  まあやる  まあ這入らない  まあ帰る  まあこつち  まあいっ  まあ映る  まあ見合せよう  まあいえ  まあ計らぬ  まあほうっ  まあすんだ  まあ止しとこう  まあそい  まあ見込ん  まあ見る  まあ上らん  まあ急き込まず  まあ覗い  まあかまいません  まあ聞きなさい  まあ寝ちまった  まあ聴い  まあ急かず  まあ致し  まあ見ねえ  まあ措こう  まあ冴えた  まあ騒がず  まあおとり下さい  まあおとりください  まあ待て待て  まあ怒らない  まあ言った  まあせ  まああきれた  まあ買っ  まあこじつけ  まあならなけれ  まあにん  まあ当りっ  まああたれ  まあかうだ  まあつかれ  まあ落ち着い  まあだ  まあ急い  まあ打ち解け  まあ思い止まる  まあ打っちゃっ  まあ拾いあげ  まあ聴け  まあ止しだ  まあ驚く  まあつく  まあおちつい  まあ叱る  まあ殺された  まあ急ぐ  まあ着いたら尋ね  まあ有り  まあ為さん  まあ数えた  まあ頑張っ  まあ欠かさず  まあ隠す  まあ似た  まあ言い含め  まあ済んだ  まあ掻いつまん  まああわてず  まあ助け  まあ逃げ  まあ寝  まあ見合す  まあ知らねえ  まあ聞かっせえ  まあ聴きなさい  まあわかっ  まあ持つ  まあ出  まあもっ  まあ驚きました  まあ死ぬ  まあ飛んだ  まあいふべきでせう  まあさうらしい  まあ急く  まあいつ  まあ来い  まあきい  まあやらせ  まあかし  まあかうし  まあありますまい  まあやりかけた  まあ泊ろう  まあ見合わす  まあ許す  まあ殺されず  まあ乗  まあ戻っ  まあ溶け出す  まあ食え  まあ笑い給う  まあ見ろ  まあ馬鹿げた  まあよしとく  まあ足りましょう  まあ例え  まあ放っ  まああきれ  まあ教え  まあ退いた  まあ落ち着きなさい  まあ分る  まあ焼け出される  まあ上れ  まあ年寄った  まあなりません  まあ言わない  まあ休め  まあやってる  まあしてやっとる  まあしつかりやる  まあしい  まあいう  まあ申し  まあ上る  まあせよ  まあ怒りたまう  まあいいけん  まあまかせ  まあ見えるでございます  まあ構わない  まあ見せぬ  まあ云わ  まあ困つたわね  まあかけ  まあ会っ  まあ死んでる  まあおそうじ  まあ泳ぐ  まあずゐ  まあず  まあ変わっ  まあ上がっ  まあやめよう  まあ通っ  まあすむ  まあ行こう  まあ儲けさせ  まあ入っ  まあいる  まあ見せ  まあ見合わ  まあやらない  まあ過ぎた  まあかうした  まあ持っ  まあとんだ  まあし  まあ寝転ん  まあ思いたまえ  まあもうす  まあ連れ  まああきらめ  まあ困っ  まあく  まあ開け  まあ申せ  まあ取っつけ  まあ上がらん  まあいえない  まあ諦める  まあいついらっしゃった  まあ止しましょう  まあい  まあ有りません  まあ成り立つ  まあ置いとけ  まあ着せとけ  まあありゃせん  まあきまった  まあきき  まあ目立たず  まあ気取つ  まあ覚え  まあ思わっせえ  まあ許されない  まあ別れる  まあできた  まあ立合っ  まあ早まる  まあおさまっ  まあ見られる  まあ居ない  まあ気取ってる  まあ答える  まあ苦しめる  まあ飲もう  まあ坐ったら  まあです  まあでした  まあ来たら  まあ待ちなされ  まあ出す  まあ存じませ  まあ見合わせよう  まあいうた  まあ毀すなら毀し  まあ驚くべき  まあ接し  まあ履い  まあ飲みましょう  まあ見合せる  まあ遊びはじめた  まあ聞いて  まあ見せなさい  まあ働ける  まあ云え  まあのめ  まあ待ちやれ  まあ入れ違い  まあ行き  まあ話せる  まあ聴き給え  まあ慎ん  まあ思い停った  まあ隠れる  まあ断つた  まあ掛けろ  まあ逆らわず  まあ慌て  

( ~ )まあ( ~ )
まあ安い  まあ暫く  まあよかっ  よくまあ  まあ一寸  まあ一杯  まあ日ごろ  なんとまあ白々しく  一寸まあ  まあまあ  まあうれしい  まあどうして  まあいい  まあそう  どうかまあよく  なんとまあよく  まあまあまあ  まあきたならしい  まあどう  まあ怖し  まあよかろ  まあまあそう  まあ憎らしい  まあまあよい  まあ長く  なんとまあ  まあ時には  まあこう  まあいろいろ  まあよく  まあとにかく  どうしてまあ  まあわるい  まあまあとにかく  まあ時々  まあ本当に  まあ嬉しい  まあこんなに  まあ少し  まあ良い  ともかくまあ  とにかくまあ一杯  まあええ  まあそれだけ  まあそんなに  そうまあ  こうまあ色々  まあおそらくは  まあ汚い  まあともかく  どうぞまあ  まあ酷い  とにかくまあ  まあよい  まあ忽ち  まあなんと  まあ悪い  まあじっと  まあこれから  まあ幾らか  まあずいぶん遠く  よくまあこう  一体まあどう  まあ何とも  まあどうしてこんなに  早くまあ  まあよっぽど  まあどんなに  さぞまあ  まあさしづめ  よくまああんなにずうずうしく  まあ善い  まあ好い  まあ大抵  どうしてまあこう  よくもまあ  どうやらまあ  やっとまあ  まあもう  まずまあ  まあ主として  まあ面白い  およそまあ  まあよろしく  まあどうぞ  ほんとにまあ  まあどうやら  まあ怖い  どうしてまあすぐ  まあだいたい  大抵まあ  まあほんとに  まあぼちぼち  よくもまあ永い  まあできるだけ  まあいったい  まあほとんど  まあやっと  まあ宜  まあ悪く  なんてまあ  どうかまあ  まあすこし  まあさうな  まあ何と可笑し  まあ美しい  まあない  まあそれほど  まあ近い  なぜまあ  まあ一度  まあ無い  まあよろしい  まああつかましい  まあしばらく  まあなんとか  まあおそく  まあ然  まあ何と  まあ緩  まあ珍しい  まあひどい  まあたんと  まあたいへん  まあたぶん  まあたいてい  まあいわば  まあ強い  まあうまく  どんなにまあ  まあ狭い  まあどうしてさ  まあ暗い  まあ余り好い  いったいまあどう  まあまあそんなに  ほんにまあ  本当にまあ  本当にまあどうしてこんなに  もっともまあ  まあ少々  まあどうせ  まあ恐ろしい  よくまあおめおめ  まあ有難い  まあどうにか  まあ一応  まあひとまず  まあ口惜しい  まあ然うい  まあ一旦  まあゆっくり  こうまあ  何卒まあ  まあ折角  まあ極く  まあ有り難かっ  まあ後で  まあとかく  漸くまあ  まあ旧い  何卒まあ宜  まあいくらか  まあ何より  まあけっこう  まあなにか  まあいっそ  まあ一々  まあ惜しく  まあ若し  まあどうか  まあ要するに  まあつまらない  まあお揃いで  まあそのうち  まあもう暫く  まあどうも  まあ緩く  まあ悠々  まあ真平  まあ焦れったい  まあ随分  まあ深く  どうもまあ  どうしてまあそんなに  まあせっかく  まあよろし  まあ遠い  ほほまあ  まあ大きい  まあ早く  まあ寒  まあもし  まあいずれ  まあ面倒くさい  まあ恐い  まあ大きく  まあそんなに怖い  まあさ  まあなるべく  まあよから  いつもまあこう  まあどんなに嬉しかろ  まあなんとすっかり  いったいまあ  まあ詳しい  まあ恐し  まあもうすこし  なんでまあああ  まあまあほんとに  まあさよう  まあ好かっ  いわばまあ  まあ忌々しい  まあ宜しく  まあずっと  どうしてどうしてまあ  まあ多く  一杯まあ  まあひどく  まあしっかり  えらくまあ  まあ何もかも  やはりまあ早い  まあちょい  要するにまあ  まあほんに  まあ何とか  まあまあ好い  まあやかましい  まあ憎い  まあいつも  まあせいぜい  まあ広い  まあ直ぐ  まあ可愛  まあそうでっか  まあなぜ  まあずいぶん  こんなにまあ  唯まあ  まあほっと  どうにかまあ  まあ早う良う  本当にまあよかっ  まあ軽くっ  まあ仮に  まあそのうち何とか  まあそのうちどうか  まあ若い  まあまあよろしい  さまあ  そんなにまあ  まあちっと  まあ善く  ハッハッハッまあええ  まあ渋々  まあ小さく  そうまあがみがみ  まあ悪  まあこうせわしい  ちょうどまあ  まあ大層  まあ軽い  まあどうやらこう  まあひょいと  まあどんなに好い  まあまあよかっ  何とまあ  まあそっと  まあ大いに  まあ多少  とこうまあ  まあやむを得ない  まあ可愛らしい  まあまあ何より  まあ黒い  まあ楽し  まあ古い  まるでまあ  まあどんなにいい  ついぞまあ  まあさぞ  とうにまあ  まあ段々  まあかなり  かりにまあ  まあ言わば  一体まあ  まあ悲しい  まあ随分ひどい  まあよくも  まあ鈍く  まあこわい  まあおとなしく  まあ嬉し  まあまったく  よくまあこんなに短かく  まあぽつぽつ  まあ早かっ  まあまあさよう  まあ何より有難い  まあ嬉しゅう  よくまあ淋しく  まあ熟  まあ早い  まあ狭く  まあまあない  まあとっく  まあなんとにくらしい  よくまあこんなに  よくまあ寂しく  まあ互に  どうまあ  まあ冷たい  まあしごく  まあ優し  一体まあどうして  まあまあめでたい  まあ滅多にない  覚えずまあ  まあ良し  いかんまあ  ほんとにまあよく  まあそうっと  まあなんにも  まあずるずる  まあ気味が悪い  なんてまあ哀しい  まあおもしろい  本当によくまあ  まあごく  まあぶらぶら  まあ危ない  まあようやく  でんまあ  まあ善かっ  まあ断然  まあまあよく  まあまあ何故  よくまああんなに早く  まあどんなに嬉しかっ  兎角まあ  まあ恐ろしい美しい  まずまあ早く  まあしばらくじっと  まあまあ可愛  まあ涼し  まあ良  まあ大して  まあ少し寒く  まあ一体  まあ惜しい  まあなるべく短かく  まあ情けない  まあ本当によかっ  まあ暑い  まあ恐ろしく  まあ決して  まあたいていよかろ  まあそろそろ  まああつ  まあああ  まだまあ  何故まあ早く  なぜまあ早く  まあ恐らく  まあせめて  まあ実際  まあ宜しい  まあある程度  まあ馬鹿らしい  まあとにかくそうやっと  まあこれぞ  何よりまあ  まあわくわく  まあ思い思い  まあまあよほど強い  なんでまあこんなに  まあどんなに思いがけない  まあとにかく一度  まあまあいい  まあそんなふうに  



前後の言葉をピックアップ
ポー川          マア  間合  間合い  マアイツタイドコカラ  マアカム


動詞をランダムでピックアップ
剥せ緩まりひろいあげ行き過ぎれ屈しよ混ぜれ窺っ泳ぎ着こ充た移り住み力つき逃れよはかっ差うつむい追いこんつきぬいけがすむしゃぶりつい傷めん取り掛っ
形容詞をランダムでピックアップ
気づかわし無く低くったまらな粘り強詳しいか細い遅かろバタ臭いやわらかし好かっ数多忌まわしい疑い深ほそ憎々しきはれぼったい淋しき差出がましい長い