「ほてっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ほてっ[動詞]
顔がほてっ  妙にほてっ  感触をほてっ  アルコールでほてっ  指がほてっ  湯にほてっ  酒にほてっ  中が熱くほてっ  手でほてっ  真赤にほてっ  酔に赤くほてっ  高熱で、かっとほてっ  顔までほてっ  満身かっかっとほてっ  焚き火で紅くほてっ  毛布にくるまりながら、ほてっ  酒とでほんのりほてっ  夜風にほてっ  袖で押しぬぐって、ほてっ  顔も赤くほてっ  健康そうに赤くほてっ  日さまが、照りつけて来たので、ほてっ  自分のほてっ  葉子はすべすべとほてっ  せいか、珍しくほてっ  上までほてっ  頬が少し赤くほてっ  カッカとほてっ  熱にほてっ  あなた頭がほてっ  近く酒にほてっ  上にほてっ  アルコールにほてっ  頭ばかりがんがんとほてっ  中から、ほてっ  顔はすこしだけほてっ  斜めに切って、ほてっ  暑いほどにほてっ  ようにほてっ  不快に、ほてっ  火にほてっ  顔が赤くほてっ  顔はほてっ  身体がほてっ  久保田さんは赤くほてっ  頬がほてっ  顔いちめんかっと赤くほてっ  顔が紅くほてっ  いで湯に、ほてっ  燃えるようにほてっ  胸はなんとなくほてっ  赫とほてっ  咽喉がほてっ  ほのかにほてっ  まま、ほてっ  ようにあかくほてっ  女のほてっ  全身はほてっ  ように、ほてっ  カーッとほてっ  総身がむずがゆくほてっ  身内がほてっ  頭がほてっ  それまでいくらかほてっ  けが、いくらかほてっ  底がほてっ  かっかっとほてっ  顔は、いくぶんほてっ  背がほてっ  夫の少しほてっ  足がほてっ  顔のほてっ  耳たぶがほてっ  鳥箱先生は怒って、ほてっ  寒中にほてっ  なかで考えていると、ほてっ  ために、ほてっ  手はほてっ  指が赤くほてっ  夜空にほてっ  むやみとほてっ  様にほてっ  眼は熱くほてっ  



前後の言葉をピックアップ
穂積  ほて  火照  ほてい  ホテシパ・ホテシパ  火照っ  熱っ  補綴  ほてら  火照ら


動詞をランダムでピックアップ
およぼはりださ節する止ろ聞分ける盛ろとおら着こ頼み入る打切ら摂れ遡る引締め発せえらぶはねのける見回る臭え取り去る戦げ
形容詞をランダムでピックアップ
生白あわく規則正しかっ古臭い寒々しく胡散ぬるし快うわろ眠かっうし生あたたかい速くっいい由無明るかろ肌寒かっ可愛らしい疎しったらしくっ