「へら」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ へら[動詞]
ものに捕へら  座席を与へら  吸はうと与へら  なつてゐた、与へら  力を与へら  自由を与へら  からか、とにかく与へら  スシとを与へら  不快を与へら  やつとこやしをあたへら  君未だかへら  どん/″\と取りかへら  米を与へら  あすはかへら  ものを与へら  煙草もこらへら  私に与へら  僕一人に与へら  蜆貝を掘る、食べるだけはすぐ与へら  立ちかへら  妻君から不快を与へら  下駄をかへら  所をつかまへら  大逆事件で再び捕へら  内に捕へら  件で、捕へら  危く捕へら  感銘を与へら  最上のものを与へら  感じも与へら  獻身して捕へら  約束に抑へら  ために与へら  もう二度とかへら  他に与へら  靴底が早く磨りへら  法典を与へら  現在与へら  性質上与へら  政治的規定を与へら  我々に与へら  教訓が与へら  源吉に抑へら  人々に与へら  迷ひ込んで、いきなり捕へら  かんがへら  ふりかへら  今夜はかへら  外出してかへら  さに捕へら  かなしみに捕へら  看護婦におさへら  玉串を与へら  金に替へら  警官に捕へら  口のへら  私は、与へら  寢ころんでゐるながく呼べどもかへら  つてかへら  幻滅を与へら  つもりで与へら  こともなく、与へら  習慣を与へら  方向を与へら  仕事を与へら  意見を与へら  魔に捕へら  性質を与へら  つて与へら  その男は抑へら  神から与へら  為めに捕へら  一卓が与へら  風貌をもつて、与へら  窃盗罪にて捕へら  詩人に与へら  本来、与へら  自分に与へら  言葉が与へら  希望を与へら  恩恵的に投げ与へら  眼を与へら  のはおまへら  えり首をつかまへら  便宜が与へら  学者にのみ与へら  神に仕へら  意味を与へら  空間が与へら  こがねにかへら  満足を与へら  波かへら  顎十郎は、えへら  顎十郎は、へへら  お家へかへら  うちにかへら  手を捕へら  ひとりでえへらえへら  顎十郎はへへら  アコ長はへへら  武器として与へら  まちがへら  神様から与へら  勇気を甦へら  間にくはへら  アメリカ大統領から与へら  日本も生きかへら  電車に替へら  振りかへら  一幅いつ見ても掛けかへら  ハヽヽ、捕へら  気分をあたへら  私自身が捕へら  よみがへら  情に捕へら  話題を変え、えへら  圭一郎は抑へら  手に捕へら  奴に見替へら  うちへかへら  そいつをおさへら  気もちにおさへら  何をも見かへら  摺り替へら  途中で摺り替へら  うちに替へら  十年は持ちこたへら  相好を崩しながら、えへら  剣を与へら  照返へら  ミミ夫人に掴まへら  勇は捕へら  私たちに与へら  時間を与へら  清作、へらへらへら  死損つた私に与へら  心には死に捕へら  仏艦スチツクス号に捕へら  何かで抑へら  口を抑へら  考へに捕へら  彼女は、すっかり捕へら  私はあたへら  安眠があたへら  富があたへら  強健があたへら  人を与へら  さがあたへら  真心から与へら  何時までも持ちこたへら  外から与へら  暗示を与へら  会津方に捕へら  フォルムによつて、与へら  印象を与へら  郷にかへら  む君かへら  百日かへら  わたしの与へら  霊感を与へら  敬語発想がたまふで、与へら  人間に与へら  反りかへら  秋ゆきてかへら  名を与へら  念仏がとなへら  づつでも与へら  亂してとんでゐるそしてまんまと捕へら  精神的苦痛を与へら  ものではなく、また、与へら  習性を与へら  識らず与へら  敵手に捕へら  何を与へら  何かしらを与へら  ものをつひに与へら  原形を与へら  一月もたてば与へら  先づ祖国のために、この与へら  神格を与へら  方ではなく、与へら  名詞が入れ替へら  神自身から与へら  値嘉島に捕へら  歌に与へら  文学論者からは与へら  復かへら  地位を与へら  子供かへら  湯がかへら  姫路へかへら  最初与へら  焦躁に捕へら  せつかく与へら  ぢつとこらへら  数はへら  肉体が持ちこたへら  家にかへら  ところとなれば捕へら  芸術的地位が与へら  機会を与へら  率直に投げ与へら  やうに掴まへら  後から掴まへら  細君とおきかへら  三度も取りかへら  映画によつて与へら  ひとつの新しい光明が与へら  新居が与へら  叛逆者に与へら  自由は与へら  処に与へら  恩恵的に与へら  忠告など与へら  言葉を与へら  魂がかへら  感じを与へら  金貨とでも替へら  彼に与へら  つてみたいとか、時には与へら  温情的に与へら  方法も、与へら  破廉恥を与へら  心にかへら  彼にかへら  髻節をつかまへら  実験室でもこさへら  天變によつてきたへら  条件が与へら  便宜をあたへら  兩手を掴まへら  つて、ある程度まで捕へら  ガーゼを取替へら  霊感とを与へら  確實に、しつかりと捕まへら  天然に与へら  ものは求めても無暗に与へら  人こそ与へら  塗りかへら  刺戟を与へら  辞を与へら  紀元二千六百年奉祝演劇といふ与へら  草にもかへら  のちにをしへら  ソレ青天井を向いて、えへら  さがたたへら  さき者達は与へら  夕餉でも与へら  官憲に捕へら  ものに抑へら  言ひつたへら  役を与へら  仏壇から神棚へ祀り替へら  俳優は与へら  背景はとりかへら  わきかへら  部署が与へら  命令が与へら  盗人つかまへら  ほど米を与へら  一銭を投げ与へら  資格を与へら  店で嫌々与へら  私も与へら  魚、投げ与へら  泊つて一杯飲むだけは与へら  紊れてしまふ、与へら  いふイカサマにかへら  人のよろこびは与へら  うに与へら  ものを、与へら  つて酒代を与へら  道連れを与へら  下駄をとりかへら  幾分かをあたへら  苦しみが与へら  ものは与へなければならない、与へるよろこびが与へら  声を与へら  根拠が与へら  お父さん、かへら  小児等に与へら  自分には与へら  絶対に与へら  思考力が与へら  車をおさへら  発見からをしへら  朝ぼらけ靈夢はさめにけり喚べどかへら  熊はかへら  暮かへら  夢はかへら  武士もかへら  魂のかへら  警官たちに捕へら  科学的予備知識も与へら  目的は、与へら  買ひ与へら  牛乳を与へら  胸を抑へら  腹もへら  分量だけはへら  振りもかへら  うだつたが、抑へら  腰を抱きかかへら  笑ひが始終たたへら  男に抱きかかへら  感動を与へら  つた内容を与へら  根拠を与へら  一階梯を与へら  頬冠りをしてへら  つて捕へら  君はかへら  たかへとあたへら  譲り与へら  切掛が与へら  石に抑へら  藝術もたへら  まき一つでだきかかへら  民衆に与へら  から与へら  龍然に与へら  猫は生きかへら  亨一に与へら  いふ希望を与へら  演出者から与へら  渡邊崋山が捕へら  崋山が捕へら  彼以下六名が捕へら  水戸藩吏に捕へら  今日我々に与へら  経験に与へら  のに立て替へら  銀將と替へら  桂馬と替へら  まもる役目を与へら  すり替へら  示唆を与へら  進路を与へら  横たへら  戯曲に与へら  瞬間に与へら  放火犯人として捕へら  へらへへら  雲雀が捕へら  椅子を与へら  群に与へら  腕にしつかり抱きかかへら  国へかへら  もので、もう掴まへら  今から与へら  藤原氏どもに捕へら  妻が執へら  機会が与へら  公平に与へら  浴衣脱ぎ与へら  位置を与へら  自分達に与へら  生憎それが与へら  方向が与へら  一つにかぞへら  痛罵を交じへら  機会に与へら  限りの睡りを貪り、分ち与へら  慰藉とが与へら  胸元を抑へら  鍵を与へら  監獄に捕へら  人に捕へら  者威張り与へら  一役を与へら  いふ名称が与へら  便宜を与へら  のだが、捕へら  間違つて捕へら  平静を与へら  われ等労働者にのみ与へら  特典を与へら  滝田氏の与へら  限り与へら  奴はへへら  ほこりさへ保てれば、進んで与へら  夕かへら  あづさ弓かへら  後世から与へら  男友達から与へら  白痴にのみ与へら  答を与へら  信念とを与へら  自由が与へら  精神に与へら  人から与へら  國へもかへら  呆氣にとられてよく見ると、捕へら  指示を与へら  文学的ヒントを与へら  至つて近代的色彩を与へら  モントクリス伯の捕へら  滝につかまへら  罰金取らへら  手紙によつて、与へ、また与へら  目的なしに、互に与へ、与へら  狐がかへら  肉類が与へら  野菜が与へら  生命を与へら  もんですから、そろそろかへら  柱にかけかへら  言ふ与へら  先生に与へら  一冊づゝ与へら  魂を分け与へら  暗示が与へら  口だけはへら  ことも与へら  世をも怨まず、与へら  協力を与へら  鞭韃を与へら  一顧も与へら  諸君に与へら  動物に与へら  食を与へら  上に与へら  武器に抑へら  自分は与へら  形にととのへら  やうに描きかへら  彼女に与へら  水をのませていきかへら  上機嫌で、へらりへら  静養を与へら  我等に与へら  資格もなし、与へら  頭から踏まへら  宣告でも与へら  花冠を与へら  つた、ともつたへら  それは遠くてつかまへら  何ものかに捕へら  感覚に捕へら  力さへ与へら  盆にかへら  ものはあたへら  上にかへら  称号を与へら  朝夕にかへら  場所へ掛け替へら  かばねを与へら  ぱら与へら  解答が与へら  一室を与へら  囁きを与へら  それぞれ芸術的霊感を与へら  むともせずあづさ弓かへら  覆水盆にかへら  戦に出でしが生きてかへら  人類にあたへら  今あたへら  本来責任を与へら  松毬を与へら  性格だつたので、与へら  説明を与へら  青年に与へら  私達はかへら  早仕舞してかへら  毎日市中に出て、捕へら  麓で捕へら  上田が捕へら  四郎左衛門が捕へら  四郎左衛門とが捕へら  二間があたへら  仰向けに抱きかかへら  無心はすぐかなへら  扇かへら  ことは与へら  花は与へら  命令に抑へら  それと振返へら  捉まへら  観客は、常に与へら  観客は、与へら  ところを捕へら  茂左衞門の捕へら  私には振返へら  殘り惜しくも振返へら  木橋から鉄に架け替へら  張替へら  口はへら  暴れ廻り、遂に捕へら  みよ子に与へら  川上忠一はへへら  神様にあたへら  使命をあたへら  人間としてあたへら  最後にあたへら  新しい女性のみに与へら  ハかへら  坑夫信徒六十名と共に捕へら  一六二〇年捕へら  二人が捕へら  一六二九年長崎附近で捕へら  仙台で捕へら  直ちに捕へら  後捕へら  一六三二年捕へら  津で捕へら  直ちに怪しまれて捕へら  シローテはすでに与へら  老媼に与へら  尻尾押さへら  生活を与へら  掛けかへら  衆庶に与へら  餌食を与へら  ために捕へら  結はへら  惡事をして捕へら  心情を与へら  本能によつて、その与へら  官職を与へら  機会さへ与へら  一匹斑犬に掘りぞへら  まり腹もへら  軒ばを見も返へら  今故郷にかへら  二人捕へら  問はず替へら  加はり捕へら  連れかへら  意識的に与へら  そこをへら  速力が少しもへら  時男さん、かへら  うまい食物をあたへら  坊主のごとくひとりえへら  題を与へら  限界を与へら  ツ捕へら  知識は持たないが、そして、与へら  造り替へら  安全にかへら  體にかへら  塞にさへら  惡にかへら  障礙にさへら  一にかぞへら  鳶に捕へら  嫌疑者捕へら  何処にて捕へら  今日は諦めてかへら  拘泥しないで、与へら  オヴヱンデス卿に与へら  権利を与へら  本に反へら  憲法より与へら  影響を与へら  人から金品を与へら  情実におさへら  づねてゆきしままかへら  魂の捕へら  新生命を与へら  声援を与へら  実験劇場が与へら  印象に光りを与へら  条件を与へら  小説的自由さを与へら  性格を与へら  邊にい行きかへら  若楓歸りかへら  彼等に与へら  言葉によつて与へら  目標が与へら  地方的感覚を与へら  斯う、そろへら  衣服を与へら  服を与へら  滞留許可証は与へら  事実が与へら  出発点が与へら  地盤が与へら  霜葉黄に落ちてゆきてかへら  けしき生きてかへら  であるから、まづ与へら  説明し得るならば、若し与へら  廢めにしなさるかと振かへら  摩替へら  食物を与へら  魂を与へら  厳として与へら  ヒントを与へら  基礎を与へら  形式を与へら  象徴的内容を与へら  名称を与へら  定義が与へら  価値が与へら  抱擁性を与へら  地位とを与へら  於て与へら  慾望を与へら  感興を与へら  題目を与へら  国家的補助が与へら  従つて動作し、与へら  聴く機会を与へら  標準を与へら  必要がとなへら  みんなが与へら  ものを着、与へら  物を食べ、与へら  昔のかへら  批評を与へら  馬に与へら  尻尾をおさへら  花を生きかへら  少年に抑へら  夜捕へら  から早く捕へら  現実からは与へら  肩をささへら  二三日かへら  あなたと夫婦にしてくれるならかへる、でなければかへら  さに、かへら  彼は間もなく捕へら  主題を与へら  飯を与へら  規定を与へら  一個母親に与へら  金を与へら  おん筆をくはへら  常住与へら  食物に分け与へら  性格を全く与へら  云ふに、捕へら  天から与へら  許可は与へら  溺死とを与へら  爺さんに捕へら  老体は、かへら  體は、かへら  乘りこたへら  小説に与へら  巷へ行きてかへら  魔力におさへら  糸口を与へら  名と金を与へら  感銘が与へら  つて自分にあたへら  つまり青年時代にあたへら  色數をかぞへら  百種類をかぞへら  慰めが与へら  巧に捕へら  病名を与へら  蓮牡丹菊にたとへら  魚雷は与へら  敵に捕へら  目にあって、えへら  



前後の言葉をピックアップ
ヘユヱ  へよ  ヘヨクヨク  ヘヨメニヤッタ    減ら  減らせ    ヘラク  ヘラクライトス


動詞をランダムでピックアップ
だまそ咳き込み引攣れ白みくりゃれ攫い執成し掃きだすいも差し固め失おおしはかれ欠くいだかふるひ追返し交ぜ返す揺らめき被い退けれ
形容詞をランダムでピックアップ
肌寒い短から可笑しき遠うむずかしいたたまれなくうまし愉しからわざとらしかっ手がるしおらしいゆかしき人臭かったるいあしくうすきみわる不味いねた暑苦し