「へだて」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ へだて[動詞]
広間でへだて  海をへだて  時がへだて  水をへだて  谷をへだて  森をへだて  霞をへだて  硝子戸をへだて  城をへだて  膜をへだて  幕をへだて  里をへだて  廊下でへだて  壁をへだて  野球場から道路をへだて  几帳をへだて  閾をへだて  居間をへだて  路地をへだて  距離をへだて  時をへだて  流れをへだて  太平洋をへだて  大洋をへだて  築山をへだて  空気にへだて  神田川をへだて  道路をへだて  ここから川をへだて  京行灯をへだて  堀をへだて  路をへだて  運河をへだて  道一筋をへだて  食卓をへだて  だれをも分けへだて  往来をへだて  縁をへだて  ひもなくへだて  丘をへだて  土間をへだて  雨にへだて  小道をへだて  数年をへだて  鉄格子をへだて  襖をへだて  中をへだて  卓をへだて  双方を押しへだて  時代をへだて  ケースをへだて  砂浜をへだて  早崎海峡をへだて  世をへだて  溪をへだて  渓をへだて  津軽海峡をへだて  あふれる水をへだて  水蒸気にへだて  ガラスにへだて  入江をへだて  江水ひとつをへだて  河をへだて  長火鉢をへだて  百歩をへだて  碁盤をへだて  街道をへだて  廊下をへだて  年をへだて  扉をへだて  渓谷をへだて  往還をへだて  道をへだて  炉をへだて  間をへだて  わたしをへだて  ためにへだて  食堂からベレタニア・ストリートをへだて  柵をへだて  扉にへだて  竹垣をへだて  通路をへだて  空中をへだて  小径をへだて  徑をへだて  靴下をへだて  中一町をへだて  道路とへだて  通りをへだて  昔ながらの身分のへだて  つなぎをへだて  地は整然とへだて  上から諏訪湖をへだて  大町小路をへだて  田一枚をへだて  湖をへだて  御簾をへだて  煙波をへだて  大路をへだて  ようなへだて  橋をへだて  酒などをふるまうて、へだて  別府湾をへだて  簾をへだて  障子をへだて  五年をへだて  席をへだて  盆地をへだて  谿流をへだて  千早谷をへだて  二三里をへだて  ドアをへだて  土地をへだて  日除け棚をへだて  川をへだて  溝渠をへだて  人波に押しへだて  古道をへだて  下屋へへだて  所をへだて  距離とにへだて  年月をへだて  テーブル一つをへだて  屏風にへだて  中庭をへだて  三四センチをへだて  一カ月をへだて  人波にへだて  馬洗川をへだて  高山をへだて  うすいカアテンをへだて  お互いに分けへだて  河原をへだて  群集に駈けへだて  人々に駈けへだて  一間とへだて  塀をへだて  北上川をへだて  石塀をへだて  謙三郎にへだて  六十糎ほどへだて  ふしをへだて  内容によってへだて  美妙斎はへだて  事をへだて  カナルをへだて  野をへだて  青葉をへだて  峯をへだて  臭い川をへだて  鉄条網をへだて  二人をへだて  いくつか間をへだて  小山やらをへだて  上水をへだて  ものにへだて  場所とをへだて  門内の植えこみをへだて  伸子から自分をへだて  それから数年をへだて  茂みをへだて  峡湾をへだて  黒部谷をへだて  どこにも、へだて  長江をへだて  並木道をへだて  庭をへだて  台をへだて  大阪湾をへだて  海峡をへだて  ところから百メートルばかりをへだて  光はへだて  自分達とをへだて  壁でへだて  時間をへだて  空地をへだて  刑務所から道路をへだて  机をへだて  三里半をへだて  平館海峡をへだて  古参新参のへだて  年数をへだて  唐紙一重にへだて  田舎道をへだて  櫻花をへだて  池をへだて  三歩とへだて  それから廊下をへだて  なかから蓮池をへだて  十二年をへだて  山脈をへだて  垣をへだて  木柵をへだて  翠緑をへだて  のだけれど、それでも、へだて  あかり障子でへだて  入り海をへだて  間とのへだて  十カイリをへだて  中廊下をへだて  小川をへだて  太刀をへだて  田圃をへだて  雲煙をへだて  窪地をへだて  谷間をへだて  相模灘をへだて  低地をへだて  人間をへだて  野原をへだて  山谷堀をへだて  仲をへだて  面紗をへだて  平野をへだて  三間をへだて  窓から町をへだて  七とせ、へだて  向かば劔太刀身はへだて  生垣でへだて  毛布にへだて  テーブルをへだて  余り時をへだて  民族をへだて  桑畑をへだて  今後ますます社会的矛盾の現はれとして深くへだて  一水をへだて  落合川をへだて  露路をへだて  竹藪をへだて  千三百万キロメートルをへだて  



前後の言葉をピックアップ
へだたる  隔たれ  隔て  隔てん  隔てよ  隔て  へだてよ  隔てる  へだてる  ヘダ・ガブラー


動詞をランダムでピックアップ
寄せかけ言わ掘りおこさしみったれ踏みださ勝ち抜いなすりいきむ見ん定まりきらめき困らすみきる差し伸べ肥える聞取っおしいり射し込まねがっ手つだい
形容詞をランダムでピックアップ
疑い深くっ湿っぽかっしがなしなきゃ真黒うもったいなくはげしくっ回り遠い人懐っこいおどろおどろしくあまずっぱい手緩さわがしくとおしまぶしけれ奥ゆかし白っぽ悪しゅうさびしい賎しき