「へい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ へい[動詞]
用になりまする、へい  何うも恐入りましたな、へい  剣術を覚えたいのでへい  奥も守ります、へい  筈はありません、へい  上りを願います、へい  間を悪がってへい  風通しもよくて、へい  事が有っても覚えはありません、へい  勘弁を願います、へい  只今、へい  方がよっぽど明るいくらいだ、へい  旦那でございますか、へい  ことになりましたので、へい  時に、へい  左側でございます、へい  召使なので、へい  物がよく分かって、へい  ほうが、しょうしょうお高くなっておりますが、へい  わけにはまいりませんです、へい  やす、へい  ひいきに、へい  煙管で、へい  ます、へい  実説正銘にござりまして、へい  のに恐入ましたよ、へい  しました、へい  んですか、へい  攻撃をくらってへい  次第で、へい  暇致しましょう、へい  車に乗って帰ります、へい  広間にへい  如何で、へい  若者で、どうも誠にはやへい  沢山はございませんな、へい  団子茶屋おきん、へい  そつと、へい  唯今どうも、へい、へい  土のへい  そこのへい  取次を願いとう存じますんで、へい  んです、へい  ことですから、へい  何でございまして、へい  邪魔だからと、こんなに申しまして、へい  数が知れねえんで、へい  中腰になってへい  ことはへい  女にへい  どこで、へい  別荘のへい  確かにへい  身をかがめて、へい  キッスにへい  から、へい  震へましてな、へい  われわれは、へい  入ます、へい  挨拶口々に、へい  吉蔵が、へい  いくら兵隊さんにでも、へい  うご勘弁なせまし、へい  あわ喰っていますんで、へい  す、へい  麓まで、へい  あんでもねえ、へ、へい  幇間なみにへい  それがいかにもうまく通りましたので、へい  市岡はへい  泡が立ちますよ、へい  應じて、へい  熊はへい  熊がへい  来店を願いたいんで、へい  事やら皆目、へい  手前どもが心苦しい到りでございまするで、へい  土産に持って参りました、へい  莞爾莞爾して、へい  下に使ってある、へい  一斤、へい  半斤づゝ、へい  匆をいたしやして、へい  庇なんで、へい  いしのへい  はてな、へい  風にあへい  娘にへい  引手繰って、へい  引手繰つて、へい  カレンダーをへい  ことを、へい  ぴどくやっつけやした訳で、へい  いきさつでがして、へい  悄然今日だけは土蔵へ入れずに許してくれ、へい  わたしたちが、へい  鬼はへい  義朝もへい  蟻が、へい  顔がへい  いつかふへい  写野さんは、へい  お前はへい  んですよ、へい  板にへい  松の木がへい  だって、へい  少年がへへい  裏の、へい  路地奥のへい  屋敷のへい  しかって、ぴたり、へい  僕が、へい  使いはへい  玉を返してもらって、へい  向うへ行ったら、へい  工場のへい  正太君はへい  



前後の言葉をピックアップ
兵太郎        閉伊  ペイ    ヘイアウ  ヘイアノ  平安


動詞をランダムでピックアップ
噛み砕け有り得れ罹るとかし折り合っ預かたてこもり踏み出さ毀せ鳴りわたる垂れ下が誦すれ昂ら立ちあがろ醒まさ差し向け吹きとばすあそびついばま削ら
形容詞をランダムでピックアップ
拙き安っぽ鈍き気づよく弛してあらく小憎らし懈い呆気なわるから恐ろしけれ疑わしくいそがしかっ好し格好よく香しからむずかしくっあまい