「へ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ へ[動詞]
なほ然へ  雲いまはたへ  通學生をつかまへ  機会をさへ与へ  条件をへ  懐疑をへ  境遇をへ  境地をまだへ  遍歴をへ  朝をむかへ  現金に代へ  水はたたへ  水がたたへ  ものを与へ  隙を与へ  さへ見へ  口をそろへ  詩歌をとなへ  害毒をも与へ  印象を与へ  お菜を副へ  雨がたたへ  常套的小唄一つ声をそろへ  月のたたへ  身なれども生きながらへ  質問を発してゐると見へ  肉をくわへ  声をそろへ  隨分泥棒を捕まへ  雨をたたへ  水田たたへ  ましおとろへ  餅に代へ  手首から肘をへ  年数をへ  日から秋をへ  痛痒も与へ  世にながらへ  雉子をつかまへ  さをたたへ  気分をおさへ  例も堰きあへ  寝巻に着替へ  彼に与へ  くつがへ  自分が生きながらへ  ままだんだん持ちこたへ  光を与へ  銭に代へ  ぢつとこらへ  物に代へ  腹にひかへ  のをこらへ  夜、こらへ  巧くは奪へ  秋山家とを取りちがへ  行列を取りちがへ  検査もしますが、とりあへ  礼服に着かへ  ものを掴まへ  一拶を与へ  仕方がないから何かあつらへ  娘をたうとう見つけだして掴まへ  注意を与へ  娘をつかまへ  蜘をかかへ  感想を与へ  題名をかぞへ  裏をおさへ  新しい世界の光りを与へ  つて、では、どうぞつかまへ  それをつかまへ  むぞうさにつかまへ  風にもたへ  くしをへ  情熱とをたたへ  刑ををへ  ものしか与へ  煙草をくはへ  ひとつ予言を与へ  前田家に仕へ  彼をつかまへ  ジツと堪らへ  夢をおさへ  脇腹をおさへ  中に消へ  色が見へ  かによみがへ  腹をおさへ  私をおさへ  叫びを抱きかかへ  淵にむかへ  爪をそろへ  よみがへ  舟をおさへ  吟誦せられるにしても、あへ  すべてを与へ  蓄はへ  地動説をとなへ  手筈を替へ  横たへ  仕業もわきまへ  中に捕へ  人民を捕まへ  私を捕まへ  川もせきあへ  四五兩月がほどかぞへ  春をむかへ  浮雲になずらへ  かんがへ  スカートをくはへ  挨拶に代へ  足並そろへ  足をふまへ  電気に消へ  うどんもぐつぐつ煮へ  涙をこらへ  腹がへ  テキ面にこたへ  それをこらへ  兩手で抑へ  手で抑へ  頭をおさへ  心を察したと見へ  ニールを超へ  詩を与へ  ものをつかまへ  女はこたへ  浴衣に着かへ  足元にそろへ  んですよ、しっかりつかまへ  數なぞかぞへ  手を抑へ  耳をおさへ  作業をへ  旅をへ  それから十年以上をへ  それから二十数年をへ  目笊をかかへ  喰はへ  隣へ聞こへ  熱にこらへ  のをじっとこらへ  たばこをくはへ  手をへ  口をへ  脇にかかへ  指で抑へ  不快を与へ  女主人をつかまへ  人力車をつかまへ  老人をつかまへ  空氣にはたへ  地面にへ  壓迫にはたへ  我等はあへ  所で、尚且つあへ  人人にして、もしあへ  本をかかへ  何ものをも与へ  気持をおさへ  衣裳を替へ  まちがへ  歎きとを与へ  手をつかへ  声きこへ  夫に与へ  眼をしつかり抑へ  づつ陰影を許し与へ  言葉に甘へ  声を抑へ  鼠を踏んまへ  アルコーヴをへ  仕事をへ  スペースをへ  釣竿をかかへ  瞹を捕へ  仄かにうかがへ  そなへ  仕事を探さうと思ひ、とりあへ  外出着に着かへ  腹をかかへ  妻をつかまへ  頭をかかへ  意味もなくかぞへ  一道を既に掴まへ  褄をそろへ  犇と捕へ  犬を掴まへ  自分を掴まへ  ヒントを与へ  冠を与へ  手をおさへ  玉がつかへ  機会を与へ  青年をつかまへ  書記生をつかまへ  氏をつかまへ  男女をつかまへ  胸を押さへ  口を押さへ  猫を掴まへ  けふはこらへ  ぐさの品をそろへ  音と聞きまがへ  殊に楊枝をくはへ  間を与へ  具体性を与へ  奥行を与へ  くつわをつかまへ  ら巨蟹を捕へ  ふさふとあへ  餌を与へ  灯りが滲むで見へ  景色も見へ  誰彼をつかまへ  方がいいのよ、とり替へ  誰をつかまへ  見物席をこさへ  承認をへ  乾草をそろへ  お許しねがへ  蛙をくはへ  三山をひかへ  巨擘を捕へ  拝借ねがへ  苦しみ乍らうろたへ  ところが多いと見へ  数十年をへ  順をへ  男と見へ  口にくわへ  遠野を睨まへ  きせるをくはへ  吉郎をつかまへ  片っぱしからつかまへ  着物をかかへ  今日中にはきっとつかまへ  ことをしてやがる、行ってつかまへ  吐息ためいきとめあへ  鬮のさだめを免れあへ  星には住まへ  これに準へ  一遍捕へ  空想を与へ  夫に見へ  梢から梢をへ  木曾路をへ  物をこらへ  不足をこらへ  海の如くたたへ  冷笑を与へ  伝説的色彩を与へ  始末におへ  数がふへ  融通してもらへ  幾年と棲みながらへ  解決を与へ  譯もなく甘へ  お湯を注いで替へ  たくはへ  をかしさねんじあへ  さきつかへ  ところにへ  千代もへ  途中でつかへ  上着をそろへ  弘雄をつかまへ  時をひかへ  荷作りをあつらへ  万十郎をつかまへ  母ともおもへ  甥は持ちこたへ  櫂をそろへ  ものもとりあへ  不味を抑へ  胸をおさへ  着物を着かへ  月日かぞへ  数ほどかぞへ  手拍子そろへ  ソリヤチンチンチンノチン手拍子そろへ  彼が捕へ  蜻蛉でもつかまへ  チヨツキをこさへ  ピントさへ与へ  生涯を与へ  神様が与へ  何もかも人間に与へ  生命さへも与へ  生き物を捕へ  鼻を抑へ  熱を与へ  寝台をつかまへ  婆あさんもすつかりおびへ  生気を与へ  ジャアナリストをつかまへ  それに引かへ  浅瀬につかへ  国旗がひるがへ  飛行服に着かへ  靴をくはへ  ビスケットを与へ  監督してもへ  捉まへ  矢先そろへ  金に替へ  日数をへ  庭をひかへ  死骸をくはへ  つた泥棒を捕へ  対照物が大きくは見へ  喉につかへ  士もへ  味はへ  微笑をたたへ  頭を抑へ  秀次に与へ  秀吉の与へ  墨附を与へ  柴を与へ  三位卿をへ  頬を抑へ  中傷し遂に捕へ  詞を与へ  次第、捕へ  鼠をつかまへ  のと見へ  風をつかまへ  人間をつかまへ  根本をわきまへ  概念をあたへ  うめきがよみがへ  猿をつかまへ  ぢをつかまへ  シヨツクを与へ  言ひあへ  全部讀みをへ  話を聞いてゐたと見へ  眼をそろへ  兩腕をつかへ  形骸をのみ捕へ  草履にはきかへ  俵をふまへ  いくらかんがへ  措て執へ  上さん連中をつかまへ  机を押さへ  一二三四五六七、さあかずへ  微細に捕へ  三平をつかまへ  面をおさへ  のを漸くこらへ  登山季節をひかへ  威容をそろへ  つてしまつたと見へ  玄關にへ  一期間をへ  甲羅をへ  相違ない、引かへ  命には替へ  つて指をくはへ  それにこたへ  亀の子をつかまへ  手が離されないので、とりあへ  口をおさへ  自転車をそろへ  山小屋の、へ  八五郎をつかまへ  袖を抑へ  尾に替へ  盃をおさへ  行儀もへ  これを取代へ  一端を捕へ  郊外もへ  会釈を与へ  生誕十五年をむかへ  ヂロリと睨まへ  胸につかへ  誰かをつかまへ  うちにうとうととしたと見へ  声がきこへ  隊をそろへ  四分の一世紀をへ  港にはいると、取りあへ  作者が捕へ  酒をひかへ  つたへるとかつたへ  激動とを与へ  子供らも、こらへ  でくはへ  事をよくわきまへ  劍をおさへ  そこをつかまへ  恁うと、一度踏みこたへ  卸をへ  大出版社から大手取次をへ  任務をよくわきまへ  三籟子に与へ  言ひ替へ  語感を与へ  言ひかへ  時に、とり替へ  片すみにそろへ  のをひかへ  鞄をかかへ  成瀬をつかまへ  祝福を与へ  結はへ  心よく与へ  不自然になり、うまく切抜けようとすればするほど、つかへ  身近かに迫るだらうとおもへ  芸術的効果に代へ  冷凍睡眠をへ  それを抑へ  面紗を押さへ  江馬入道につかへ  彼れでも捕へ  苦労ばかりを与へ  この間あたしをつかまへ  腕をつかまへ  せきあへ  手蔓だけでも与へ  忠告を与へ  伊東伴作をつかまへ  奴等をつかまへ  脚をそろへ  食器をくはへ  唇をかみしめてこらへ  私をつかまへ  偶然にも与へ  驛夫をつかまへ  通人といはるるに引かへ  掛声そろへ  右とりあへ  杖にすがり、へ  海でたたへ  春風たたへ  歴史文法に置き替へ  文法的組織は大して変らずに持ちこたへ  文法組織を踏まへ  意力をたたへ  光焔をたたへ  輝きを与へ  体温計を与へ  晩年を与へ  満足を与へ  顎をおさへ  好感を与へ  顔を抑へ  壁をふまへ  綱を与へ  食慾を与へ  本能を与へ  情を与へ  精彩を与へ  寢卷きに着替へ  口にくはへ  不思議におもへ  私は、疾くにへ  ことを与へ  誰も考へてくれず、与へ  権利を与へ  んですよ、とか、へ  記憶を与へ  胸にたたへ  指をそろへ  やうだねむれねむれやせおとろへ  之を替へ  科学的検討をへ  服を着かへ  宗さんをつかまへ  余裕がないのに、あへ  一番わきまへ  私はあへ  一風変つた秩序を与へ  一瞥を与へ  場所柄をわきまへ  まり器用ともいへ  なにかがつかへ  私に与へ  印象しか与へ  云ひかへ  ことがわかつてもらへ  影響を与へ  条件を与へ  時代に応じて与へ  これを履きちがへ  百姓を抑へ  薬を与へ  人格を与へ  氏名を入れ替へ  方を替へ  指かがなへ  発想法を交じへ  暗示を与へ  引きはへ  狗がくはへ  歴史を踏まへ  観照態度を与へ  年もへ  道を与へ  不快をこらへ  耳をそろへ  顎を抑へ  腹を抑へ  夜をへ  誓詞に代へ  二匹捕へ  何物にもたとへ  泪をたたへ  妹を与へ  返答すらも与へ  朝廷はとりあへ  二王子を捕へ  切りしたがへ  三成党を切りしたがへ  さん/″\かんがへ  あなたがつかまへ  精神的愉悦を取りちがへ  特色を与へ  膝をそろへ  言葉を与へ  美的嫌悪を与へ  猶予を与へ  親しみを与へ  腰かけ、とりあへ  河童を掴まへ  二つをあたへ  自分を抑へ  うろたへ  食を与へ  力を与へ  元利をそろへ  傍には、そろへ  厭がらせを与へ  足先をそろへ  あたりをおさへ  勇気を与へ  自由を与へ  試煉を踏みこらへ  社會的結果を踏みこらへ  疲れた頭をかかへ  心を抑へ  點を捕へ  鐘樓をひかへ  あたしをつかまへ  今行つてつかまへ  のをじつとこらへ  喜びを与へ  ぢつとこらへられるだけこらへ  心持が、抑へ  つて着ものを着かへ  着ものを着かへ  ざつぱりとした絣に着かへ  一つを素早く捕へ  呼吸をととのへ  のをおさへ  押こらへ  遊惰とを抑へ  なにうまくつかまへ  風呂敷包みをくはへ  事は、互に差しつ抑へ  無理に引き捕へ  海水着もへ  涙せきあへ  全身を抱きかかへ  手にかかへ  後進をつかまへ  唯お客をつかまへ  薄雲太夫をつかまへ  すべもわきまへ  利子をくはへ  塩を副へ  思つたが、取りあへ  やつと掴まへ  ところをつかまへ  手を引かへ  とき/″\念仏をとなへ  母ちゃんに甘へ  いのちを、与へ  世界を与へ  立派に生へ  倉賀野から下仁田をへ  母につかへ  顔をおさへ  着物を着替へ  ロシア人の子供をつかまへ  綿を踏まへ  蠅をつかまへ  赤鉛筆に副へ  上にへ  観客席をこさへ  希望を与へ  オツトセイを捕へ  星霜をへ  ボーイを捕へ  近親に与へ  木の葉をかぞへ  木の実をかぞへ  ひとつ木の実をかぞへ  奧に仕へ  其他にへ  日をちがへ  宮中に仕へ  直接に、仕へ  朝廷に仕へ  天子様に仕へ  平安朝にはへ  宮廷へ仕へ  袂くわへ  サイゴンをへ  十分希望を与へ  勿体ぶつて、へ  都合してもらへ  タクシをつかまへ  一番奥に潜んでゐる、抑へても、抑へ  感情を抑へ  のを抑へ  人に取替へ  ブランを掴まへ  のだから、掴まへ  先づ婦女子を捕へ  錦に代へ  僧を捕へ  膝をかかへ  岬をへ  愉快を与へ  とある梢ありとしも見へ  ひとつ星、見もあへ  せきもあへ  尖兵にもたとへ  新たないけにへをくはへ  それをくはへ  彼がくはへ  初心者をつかまへ  意味取りちがへ  小作人に与へ  ひと間ちがへ  のまでを直ぐ引つ捕へ  好意に甘へ  着物をきかへ  ことかと、忽ち或抑へ  二十年をへ  五六人頭をそろへ  色をたたへ  漂流をひかへ  手入れよくととのへ  従兄をつかまへ  つて傍にひかへ  金井をつかまへ  大島に着かへ  二三本くはへ  ぢ口にくはへ  ヴァイオリンをかかへ  寝巻に着かへ  連中はあへ  ぐあひに虚名を与へ  物もとりあへ  年をへ  姉さんにつかまへ  兄いさんをつかまへ  気を替へ  髻をつかまへ  傘をつかまへ  機会が与へ  方々が与へ  いふ忠告を与へ  活動力とを与へ  湯婆をこさへ  場所をわきまへ  二言三言返事を与へ  隠しもあへ  歌ひながら、へ  先生をつかまへ  側に仕へ  尾をつかまへ  生憎こらへ  後姿が見へ  さを与へ  乳首をくはへ  心を入れ替へ  欄を掴まへ  自分がこらへ  苦情を抑へ  題まで与へ  陸地をへ  おむつを替へ  ことは、とりあへ  古島さんをしつかり掴まへ  ゆはへ  ぎり以上禍を与へ  動機を与へ  ツとしたと見へ  器用にくはへ  影を、与へ  ブラウエンベルグ氏をつかまへ  感じを与へ  遠慮され、とりあへ  著書から与へ  帰つて仕事衣を着替へ  先づ着替へ  なごり惜しみがしたくて、こらへ  君として仕へ  住侶たちが、色々に置き替へ  神に仕へ  數十代宮廷をめぐつて、仕へ  此世に生きながらへ  希望が与へ  記憶をたとへ  そのまま奇蹟的に持ちこたへ  注意も与へ  名を替へ  数十代宮廷をめぐつて、仕へ  なごり惜しみがしたくてこらへ  御社に仕へ  つて仕へ  若い天子に仕へ  それに受けこたへ  文学的意味を与へ  髭たくはへ  主観を与へ  候ふと申しもあへ  薄遇とを与へ  人にたとへ  優遇を与へ  米と金とに代へ  両手を副へ  言ひをへ  乳母等をかぞへ  衝動を抑へ  衣をかかへ  角をつかまへ  御所存をわきまへ  喫ったがへ  始末にをへ  末にをへ  さきを仕へ  はじめて妻子をかかへ  お茶を替へ  畜生をつかまへ  糧食を与へ  此上もなくうろたへ  やうにへ  初夏から梅雨をへ  写真学科をへ  楽みを与へ  寸法もたがへ  婆さんを捕へ  面型をかぞへ  腕をおさへ  みんな口をそろへ  一つ正体を捕まへ  配達が行くから、捕まへ  自由さも与へ  問題をつかまへ  材料は、書きかへ  斛斯政を捕へ  者を捕へ  多く放伐を抑へ  當時もと仕へ  場所をだに与へ  慰藉とある希望とを与へ  徒に代へ  日をむかへ  額をおさへ  叔母が与へ  安心を与へ  ものが、かがなへ  千年をへ  齢をへ  國に仕へ  行つて仕へ  先刻から煙草をくはへ  行つた私を掴まへ  怒りを、辛うじて抑へ  地上にへ  こめかみを抑へ  身投げでもするかも判らないよ、へ  衣をぬひをへ  慰めを与へ  息切れをこらへ  笑ひをこらへ  彼はへ  私を抑へ  何程抑へに抑へ  レコオドを取替へ  役がひかへ  数字に置き替へ  隱し抑へ  買ひかへ  張り替へ  鰯に代へ  友に与へ  物を与へ  風をこらへ  欝を抑へ  後から書く、とりあへ  それ/″\興味を与へ  落ち着きとを与へ  道がなくなればたたへ  豆腐に代へ  酒に代へ  秋吉をへ  しようもないからだよこたへ  赧らめたので、へ  一體そのへ  思つて、じつと押しこらへ  一句を与へ  寐間着も着かへ  小林雨郊君をつかまへ  光滾れもあへ  薩摩絣に着替へ  我々甲羅をへ  危害を与へ  大和路から水越峠をへ  忠実に仕へ  小布施は抑へ  胸へつかへ  医者でも代へ  眼を抑へ  伏見をへ  パイプをくはへ  下駄をキチンとそろへ  彼はよろめきをこらへ  八ヶ町ととなへ  一端をしつかとつかまへ  草に代へ  ぢツと堪らへ  折つてかぞへ  眼でかぞへ  摂取をとりちがへ  眼から涙が抑へ  息が抑へ  數へて、抑へ  酌女をつかまへ  一生けん命こらへ  鳥よりは、つかまへ  鷺を、きちんとそろへ  鷺をつかまへ  唇を噛んでこらへ  だまつてこらへ  家庭を与へ  きちがへ  名義を切り替へ  しっかりくはへ  さく、永くこらへ  烏をくはへ  欄干を掴まへ  影だに見へ  祈りごとを与へ  影さへ見へ  鳥と見へ  堰が切られたと見へ  目籠をかかへ  叫びもあへ  さはたたへ  名誉を与へ   ┃ かんがへ  板の間にへ  からきせるをくはへ  手紙類をかかへ  客が次第にふへ  ッつかまへ  必死にこらへ  一大美觀をひかへ  己に仕へ  上をおさへ  微笑が、たたへ  庄家をへ  目覚めをむかへ  一足まちがへ  猫をつかまへ  慰安をでも与へ  返答をあたへ  圖かんがへ  秘奏をへ  訴人から殿ノ法印をへ  弾力とを与へ  航路をへ  法体に替へ  袂を捕へ  いやかも知れんがおさへ  のに引かへ  子供達をつかまへ  姑に仕へ  道ふみたがへ  くに書きおへ  彼れを捕へ  一つ取捕まへ  云つたのを抑へ  博士はこらへ  つて取り抑へ  感謝に代へ  兄君を超へ  露と消へ  たまはざりしと見へ  変化を与へ  内田氏をつかまへ  性格を与へ  一冊一冊抱きかかへ  涙をたたへ  下に抑へ  弓につがへ  生活はたへ  體驗においてでなくては捕へ  馬たつぷりと水をたたへ  妻よ生きながらへ  流れもあへ  ガス栓をくはへ  我々に与へ  痛みをこらへ  先づ大概は聞いてもらへ  ところをこさへ  容子を与へ  愉快さへも与へ  不安を与へ  旅費をこさへ  中でとなへ  劫をへ  散歩着をそろへ  其男を捕へ  費用を立て替へ  ニユアンスを、心憎きまでに捕へ  胸にこたへ  つたにやへ  懷へ入れてゐたならば、はねが生へ  神經にこたへ  平和を与へ  絶叫して居ても、到底与へ  なつたとか、生きながらへ  政府につかへ  木活字が間もなくおとろへ  安息を与へ  興味を与へ  木戸上りに代へ  慾深だと見へ  さに代へ  事をへ  存在をもわきまへ  霊感とを与へ  作家たちに与へ  演劇に与へ  材料を与へ  川ン中から足が生へ  一本占治茸が生へ  前足でつかまへ  翼のはへ  カバンをかかへ  習慣の超へ  道でへ  指導とを与へ  影を与へ  骸をよこたへ  八月をむかへ  口に投げ与へ  一室が空けてもらへ  躯ともおもへ  やうにおもへ  これに引かへ  パリヤアニ中尉をつかまへ  不満を抑へ  良人をつかまへ  養子をむかへ  あやふくこらへ  顔に与へ  下腹をおさへ  三分以上かんがへ  両手そろへ  さかひなくつかまへ  不平を抑へ  袖に抑へ  一瞥だも与へ  悲憤を強ひて抑へ  腹を拘へ  咽喉へつかへ  気持ちを与へ  風に置き替へ  しののめにとりあへ  拭ひもあへ  空にまがへ  ものをいかにまがへ  菜摘み水汲み仕へ  さすらへ  命に代へ  八百会にさすらへ  世をへ  足をかかへ  念仏をとなへ  門前とききちがへ  一生涯仏様につかへ  別れ路にたへ  ぐめる花の木にとりあへ  秋をへ  脳を抑へ  人間に与へ  笑ひを抑へ  壁を踏まへ  葉巻をくはへ  タイチをつかまへ  指端で押さへ  そを捕へ  木の芽をあへ  身に受けこたへ  処をつかまへ  保護を与へ  寺前紅楓てらまへ  色かへ  ッたりとへ  のと取代へ  霜にあへ  花をくはへ  いつか君をつかまへ  衣一襲を与へ  内容を与へ  先づ「花」を与へ  示唆を与へ  一般に与へ  平二がきせるをくはへ  歩調をそろへ  二人を睨まへ  手がかりを与へ  仕事が与へ  吐露し、あへ  下手奥へ消へ  五月を近み、あへ  心悲しきに、追へ  不思議な思ひすら与へ  客をつかまへ  さうに胸をおさへ  手におへ  一瞥も与へ  一挙動で掴まへ  ふたり声をそろへ  あいつを捕まへ  刺戟を与へ  餘五將軍に仕へ  胸を抑へ  袖を絞りあへ  心根を、辛くも抑へ  墨染にかへ  子細はあるまい、さあ履き替へ  書生をつかまへ  混乱をへ  時代をへ  戦後五ヶ年をへ  悲嘆は、塞きあへ  江をおさへ  表紙を替へ  講義を聞きをへ  左腕にかかへ  ひだには、このうへ  本は与へ  一人が捕へ  以下十首人に別れ生きながらへ  遠鳴りかぞへ  笑みはをしへ  自分に与へ  機会でも与へ  あたりを抑へ  書伏せもあへ  脚をきちんとそろへ  木の根で固く抑へ  評議して居りますと、超へ  座頭をつかまへ  水戸家に仕へ  小児をつかまへ  何わきまへ  念ひ、わきまへ  念ひわきまへ  組み替へ  語に替へ  包をかかへ  口でくはへ  品を替へ  い睾丸を拘へ  若者を抑へ  歩をそろへ  舟をつかまへ  のが見へ  前にそろへ  しっぽでつかまへ  欧米人に与へ  宿舎を与へ  寂寥のよろこびを与へ  爆弾とを与へ  こいつ怪しいとばかり引つ捕へ  いふよりもへ  咲きをへ  ぐつと抑へ  書きをへ  惡戲とまがへ  雷獣を捕へ  洋服に着替へ  そいつをつかまへ  私などをつかまへ  鼻をおさへ  つて莨をくわへ  なつたと見へ  敵とさしちがへ  張つた乳をおさへ  咽喉をおさへ  灰を与へ  浴衣に着替へ  時期をへ  人をちがへ  衣服を着替へ  大蛇もあへ  撞鐘一口を与へ  朝夕これを撞きけるに、あへ  天草生まれのへ  趣を替へ  年よりへ  うの感動を与へ  のではないかとおもへ  鼠をくはへ  貴女へ、とりあへ  女をつかまへ  残つた笹山千鶴子をつかまへ  亂れにたへ  む肱細うして泣くにえたへ  今寂寞にたへ  別れもあへ  稽古をへ  愚もあへ  さるを捕へ  感情を与へ  態度を替へ  敏感さうに胸をおさへ  袷に着かへ  何だか胸を抑へ  何となく胸を抑へ  転機をへ  いきさつをへ  のもの一つも無く、更に打ち替へ作り替へ  袂をひかへ  いふ注意を与へ  それに、へ  結ひ替へ  鋒先を抑へ  甲を抑へ  それぞれ椅子を与へ  であるが、あへ  一張羅と着替へ  それと着替へ  世津子をつかまへ  間近にひかへ  蟹をつかまへ  小川をつかまへ  喜びも与へ  返事は与へ  小利根川をひかへ  氏政をさし副へ  春子さまもこらへ  咽喉につかへ  背後から抑へ  むるすべもなければおめおめと生きながらへ  気品とを与へ  レデイをつかまへ  脚をふまへ  脚にふまへ  時間をへ  者をつかまへ  ものを捕へ  子供をかかへ  生命ながらへ  信一には少しもうかがへ  学校道具をかかへ  巣へくはへ  んどりをくはへ  襟首を掴まへ  手にはおへ  やうにはおもへ  横ものを描きをへ  づまづと腹の虫をおさへ  一点とをおさへ  順序をへ  ものをこさへ  鳥をつかまへ  のは、悪くすると突然ふんづかまへ  鱗が生へ  縁をおさへ  水がふへ  鬢をおさへ  切をくわへ  玉子を包みあへ  煮干とかへ  色に与へ  黄金丸聞きもあへ  咬はへ  しかをそろへ  煙草などをくはへ  本文を替へ  ほこり顏にとなへ  説明に代へ  働きを与へ  花壇をへ  奄美諸島をへ  階段をへ  なほ少数者はたへ  ものもそろへ  快楽を与へ  乙女をむかへ  女を与へ  買ひととのへ  再会の時間を与へ  皆解きあへ  笛ありしを与へ  獣と共に、小さくかじかまつて生きたへ  聲をそろへ  づして、ひかへ  さへ与へ  僕に与へ  星が美しく見へ  紫に見へ  彼、こたへ  さうに抑へ  世辞に対して、なんとか甘へ  悲哀を与へ  父に甘へ  一体命に代へ  と金を与へ  光をつかまへ  転倒したと見へ  叔父をつかまへ  兎に角當人さへ抑へ  當人を掴まへ  其奴等を掴まへ  近代性に対する抑へ  口角をそろへ  失笑をおさへ  魂を与へ  ふだん抑へに抑へ  しらにつかへ  背後にひかへ  中で捕まへ  三益つかまへ  私には与へ  鬣をつかまへ  ひだ抑へ  感を与へ  一つ口にくはへ  大船で乗替へ  子供をひかへ  入学試験をひかへ  わたしを掴まへ  てゐますチツスさんが掴まへ  さんをつかまへ  ツ、つかまへ  木兎をつかまへ  低地をへ  夢を与へ  苦痛を抑へ  対局をひかへ  教訓を与へ  タバコをくはへ  ヂッとひかへ  盤側にひかへ  唯一つの健康を与へ  資本主義とかへ  やうに思ひちがへ  やうやつと持ちこたへ  模範を与へ  所から落として、へ  慰安とを与へ  遠くに乗り出たと見へ  名を与へ  詩的感激を与へ  田中総理大臣とかへ  つて、あへ  言葉とかへ  国是ととなへ  四勇士はあへ  机にむかへ  われに与へ  証拠をつかまへ  伊太利をへ  柳と見へ  幾変遷をへ  年所をへ  十七年をへ  彼女に与へ  承認を与へ  森を超へ  幸福を与へ  自ら捕へ  つて息をととのへ  風呂屋で着かへ  笑みをたたへ  差しつかへ  一豪傑がつかまへ  みどりをも猶ながらへ  室を替へ  特別な自惚れを与へ  胸をそろへ  晝餉ををへ  何にたとへ  ただながれもあへ  ガス管をくはへ  行列に準へ  自分が仕へ  縁側をへ  法則をはずれると、おへ  九とかぞへ  君をつかまへ  種を与へ  足をそろへ  ハンドルをつかまへ  通りに与へ  関心を与へ  質だと見へ  落着きを与へ  行つたらつかまへ  言葉尻をおさへ  医者ばかり替へ  衣冠をととのへ  幣もとりあへ  天子神秘観がへ  転嫁して甘へ  音樂にはたへ  従弟だと見ると、抱きかかへ  群臣をしたがへ  屈なへ  年代順をふり替へ  肩をつかまへ  頬をおさへ  数は著しくへ  さうにタバコをくはへ  腕を抑へ  左腕を抑へ  ところを抑へ  兎に角ドテラに着替へ  イリユージヨンを与へ  発言権を与へ  代議士をつかまへ  仕事を与へ  部長をつかまへ  宣伝文案をこさへ  暗示さへ与へ  経験をへ  慈愛に甘へ  樣にかうして消へ  長官は抑へ  大勢が来て掴まへ  のを掴まへ  いましばし生きながらへ  人に仕へ  はりかへ  生涯妻をむかへ  友巻煙草口にくはへ  ものと見へ  様に見へ  さをこらへ  ひた押しに押さへ  指をくはへ  藁草履とはきかへ  い形容詞を与へ  上衣をかかへ  うちに、もうへ  根つこを抱きかかへ  子をつかまへ  おなかをおさへ  憩ひを与へ  家に仕へ  ガラ倉をつかまへ  秣草も与へ  瀬を低くすかしてわきまへ  心を汲んでももらへ  羽つがへ  則ち捕へ  賃金に代へ  景色にはたへ  柳田を捕へ  閉ぢ与へ  それがおもへ  考がへ  八銭に代へ  許しを与へ  塊がつかへ  みやを抑へ  浴衣をかかへ  海水服に着かへ  唇にくわへ  予想に甘へ  経験を与へ  幼児を抱きかかへ  青春時代をむかへ  隨分よくこらへ  いつまでも胸を圧さへ  たけくらべ、あへ  たかりしとどめあへ  生れ出でて、立去りあへ  口を抑へ  一つ時を与へ  彼を抑へ  らへつかへ  僕に見へ  時間を与へ  頬を押さへ  数をかぞへ  つもりでくわへ  一人を捕まへ  一撃を与へ  随員をしたがへ  涙を抑へ  手傳つて取替へ  手をつがへ  歌に代へ  掟をこさへ  腰につがへ  午前と午後を照らしをへ  約束をたがへ  脂をたたへ  煙管をくはへ  それから呪文をとなへ  レヴコーも最早このうへ憤りを抑へ  胸がつかへ  団子をくはへ  仕度をととのへ  蹈まへ  浴衣一枚に着かへ  ところに描き替へ  詩に代へ  予言者を捕へ  嫌疑者をつかまへ  妖気を醸して見へ  他には見へ  山犬をつかまへ  底をかぞへ  はず指をくはへ  千円に替へ  月光院に仕へ  一面にはへ  関係当局とも計り、とりあへ  名おかへ  挙や、あへ  敵軍あへ  阿比留君をつかまへ  比叡山でをれをつかまへ  仏僧を睨まへ  平服に着替へ  妻女を捕へ  水を与へ  一両足がなへ  願ひ致します、とつけくはへ  今猶生きながらへ  から、生きながらへ  咒文をとなへ  駄賃がもらへ  十分私に与へ  眼尻にたたへ  何時、捕へ  今をへ  こととして、とりあへ  昼飯に代へ  屈辱に代へ  永井などをへ  山刀一梃を与へ  此者狐貉夥しく殺しもて来り与へ  試煉をへ  ビユウカナン一派のへ  微風が吹いてゐると見へ  ぴつたり小脇にかかへ  四疋五疋つかまへ  疊をかぞへ  性質をわきまへ  知行を与へ  名称を与へ  弟に与へ  十万づつ与へ  袖ひかへ  つたにむかへ  上を超へ  現場をつかまへ  前にひかへ  これと刺しちがへ  師匠につかへ  兩手で掴まへ  せつぱ詰つた氣持ちから、とりあへ  方で掴まへ  きみを引つ捕へ  女房の取り押さへ  夕霞何にまがへ  空にさすらへ  千代松は抑へ  懷中を押さへ  正確に捕へ  辨まへ  指折りかぞへ  元明天皇が選んで与へ  肉体を与へ  訓戒を与へ  宣命に代へ  つるゆめにか、寝ねもあへ  抑圧えあへ  気もなく与へ  隠居様をつかまへ  酒樓旅館をひかへ  美をひかへ  粘土を与へ  金銭に代へ  上下そろへ  不便をあへ  道理で、その捕へ  小脇にかかへ  うさぎさんをつかまへ  處置につき、取りあへ  一言こたへ  事實かぞへ  肩をおさへ  免状なんか書き替へ  心に捕へ  腕にこたへ  ますます白く見へ  悲しみを与へ  此方でつかまへ  今つかまへ  満足につかまへ  声そろへ  海が抑へ  わりも与へ  大越さんをつかまへ  乾きもあへ  手前それをこらへ  確答を与へ  やうやく抑へ  王国全土を与へ  伴なへ  しろから腕をそろへ  効果を与へ  作り声をそろへ  頭をそろへ  襟首をつかまへ  ぱづれの塩辛声をそろへ  途中でへ  處かへ  やうに考へちがへ  傍に仕へ  法師を捕へ  故にこそ、あへ  昼がひかへ  中にこらへ  一度も与へ  足拍子をそろへ  言葉をつかまへ  色をたがへ  から、あへ  てふてふつかまへ  目數かぞへ  んとなへ  月日をへ  從つて内に抑へ  した間ちがへ  百練をへ  ひとつさへ  饗応し与へ  息も吐きあへ  馬十に与へ  身に代へ  猫を、どうしてつかまへ  君がつかまへ  ポン公とをくはへ  毒蛾をつかまへ  願欲は抑へ  仕事が見へ  知らないと見へ  つたと見へ  休み時間だと見へ  財を与へ  姿におもへ  名案も与へ  ひとつお気を入れ替へ  心を捕へ  矢をつがへ  頭にいきなり引つ捕へ  皆しをへ  師ふりはへ  耳を抑へ  時日をへ  父を掴まへ  下腹を抑へ  時をへ  巻をおへ  奮發と見へ  光つて見へ  時汝とおもひたがへ  之に代へ  者共聲をそろへ  我に代へ  名に代へ  朝に仕へ  獅子を捕へ  旅路をへ  卯女子を捕へ  腕を捕へ  手を捕へ  苦痛を与へ  夜とをとりちがへ  うまい工合に抑へ  みんなコニャックに代へ  へんとしても抑へ  宝に代へ  わきまへ  彼等を取替へ  他を抑へ  余に与へ  之れまでもちこたへ  首を抑へ  水をなみなみとたたへ  穴をおさへ  纏頭と引かへ  決議をへ  志望者に与へ  意を抑へ  手をも搦めとらへ  我等これに代へ  これに代へ  手を仕へ  陣痛をこらへ  保証を与へ  今、立て替へ  食事を与へ  割前を与へ  小遣銭をも与へ  信長に仕へ  ものも取りあへ  上瀞をへ  尾鷲をへ  三分をへ  加はへ  顔色が蒼く見へ  扮装をそろへ  酔つてゐると見へ  さこらへ  鐘をかぞへ  バシー海峡をへ  うつしてもらへ  自ら抑へ  市民あへ  日を移すをたとへ  形容を与へ  む、今にもつかまへ  静けさは与へ  彼は掴まへ  訓練をへ  チャンスを与へ  ものを遂に与へ  脚下にふまへ  芸術もへ  のをつかまへ  口に与へ  何かふくらみを与へ  明暗を混じへ  芝を踏まへ  質問にこたへ  手長廣生と刈りもあへ  関門海峡をへ  鞍にもたへ  肩を抑へ  春さりあへ  いでありく、いくばくも未だへ  てゐたと見へ  間も与へ  如西瓜割れば赤きがうれしゆがまへ  者一同を捕へ  背広に着かへ  両手でかかへ  故に生きながらへ  害を与へ  夢まぼろしなどとへ  言葉に代へ  脚をくわへ  袋をおさへ  時を与へ  祭壇をこさへ  バイオリンとをかかへ  一つ捕へ  上から鳥籠をおつかぶせて、まんまと捕へ  鳥ですよ。まちがへ  蝙蝠をつかまへ  捕吏が来たら捕へ  私たちが生きながらへ  補給をひかへ  茎をよこたへ  印象を深く与へ  体系が与へ  太陽をさへ  涙ほしあへ  僧尼を捕へ  ミヽヅクをおさへ  自分のものばかりをそろへ  美とを捕へ  十ヶ年よく持ちこたへ  口を動かせてゐるらしく見へ  やうに見へ  方へ消へ  アラばかしが見へ  力が消へ  照子は聞き取れなかつたと見へ  イメージを踏まへ  能辯を捕へ  餘裕をあたへ  天井でつかへ  きり甘へ  爪先をそろへ  ぼくをつかまへ  苦力をつかまへ  わがままと履きちがへ  感動も与へ  カラダを与へ  京へまゐるとて、へ  其使のへ  わたくしを掴まへ  若い男につかまへ  これにへ  裡に、常に抑へ  打撃を与へ  批判を超へ  労をも与へ  伝統を踏まへ  順序をちがへ  身に替へ  粟餅をこさへ  どこを抑へ  両手にかかへ  今水を与へ  名前を与へ  いふ名前を与へ  寧、にへ  母には替へ  随意に入れ替へ  外形に準へ  三社に仕へ  寺に仕へ  其蒲生に仕へ  和服と着かへ  涼しい顔をそろへ  緊張してこらへ  襟をそろへ  心持を抑へ  我から抑へ  代へ難しと、ともかくもして取抑へ  以上、とりあへ  海のきはへ  ふだん抑へ  ドラゴンを踏まへ  柏が生へ  笑ひをおさへ  知識を与へ  希望され取替へ  バカに熱くてこらへ  信心をふかくたくはへ  谷をへ  人夫をつかまへ  斯道を掴まへ  僅にこらへ  みな神に仕へ  皆神に仕へ  後代までながらへ  祝言を与へ  予言を与へ  眺めだけに代へ  謀つてゐたが、取りあへ  区別を与へ  把手を掴まへ  悪魔から与へ  花籠をこさへ  牡丹をこさへ  赤手で捕へ  螢を捕へ  ツて捕へ  幾ら捕へ  頓と捕へ  貌つきを替へ  私達に与へ  つてをいていきなり抱きかかへ  芸題もとり替へ  親切に、とり替へ  んがへ  女を捕まへ  引受け金に代へ  割合で、殖えたり、へ  動揺を与へ  人気を持ちこたへ  はつきりと掴まへ  意匠を替へ  子がしつらへ  言葉を替へ  錯誤を与へ  讃辞を与へ  自分の子供に与へ  一時取り替へ  紙をくわへ  トマトが生へ  デンマルク作家にかぞへ  綱宗に仕へ  裾をおさへ  宗匠にたとへ  たくさんそなへ  いきをつめてこらへ  薬をこさへ  女将をつかまへ  言葉がつかへ  これを抱きかかへ  貝殻を与へ  今までこらへ  ぶん今までこらへ  総武線に乗り替へ  珠玉を与へ  薬をととのへ  八日めには、かならずととのへ  法師がととのへ  傷手を与へ  竜巻を抑へ  二匹をとりちがへ  洋服をこさへ  ものをくはへ  屈辱にこらへ  一學期ををへ  こともひかへ  電車むかへ  包みをかかへ  人が与へ  信念を与へ  ジッと抑へ  何を抑へ  母は堪り兼ねたと見へ  かいひかへ  王座をしつらへ  女子挺身隊など、いやおうなくとられて、あへ  競馬フアンにこたへ  都會地の子をかぞへ  相をちがへ  一匹捕へ  河鹿を捕へ  蚤を捕へ  しまつたのは、あへ  のは、たとへ  つた氣もちをたたへ  女たちをつかまへ  背をそろへ  氣をそろへ  経過をへ  俺を捕まへ  奴を捕へ  つた言葉を捕へ  減つておへ  大人君子連に、与へ  安定感を与へ  手がかりは与へ  国旗にまがへ  つて扉をおさへ  婚約時代をへ  源吉をつかまへ  青旗に見ちがへ  死なう死なうと思ひながら生きながらへ  人をつかまへ  烟管をくはへ  「一撃」を与へ  



前後の言葉をピックアップ
プール・レ・ポーヴル  フーン  ぷーんと      経た  経て    ベア  へあが


動詞をランダムでピックアップ
投げ飛ばす着込ま湧いせり上げ資せこすり流行らせ住まわせろそりくり返っ踊らみまかっ関わろゆきかういらっしゃろ盗み見うりださ固める振り払っ相うち見て取ら
形容詞をランダムでピックアップ
眠た生ぬるきたくましく生新しい鋭けれしるくしわい福々しい忌まわしいてがる円けれ心強い多き恭しき泥くさ馬鹿らしい香しい柔かきかびくさきけがらわしくっ