「ふっ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふっ[動詞]
雪をかぶつ  木をゆすぶつ  利久帽をかぶつ  暈をかぶつ  ゴロにぶつ  敬坊にぶつ  望のない仰をこうぶっ  首をふっ  からだをぶつ  虫はなんぼでもぶつ  頭巾をかぶつ  角、ぶっ  球をふっ  小刀をふっ  頭をふっ  剣を高くふっ  大手をふっ  バットをふっ  八分の力をもってふっ  友情そのものにぶつ  手をふっ  雨にぶつ  母ちゃんが怒ってぶつ  だってのを、ぶっ  手首をふっ  人足たちはぶつ  葉をふっ  手を強くふっ  旗をふっ  ハンカチをふっ  そうにぶらぶらふっ  手をかわるがわる強くふっ  左右にふっ  帽子をふっ  雪がどっさりふっ  つてスツポリとかぶつ  蒲團にぶつ  横にふっ  上下にふっ  爪をぶつ  血の出るほど深くぶつ  木がふっ  命題にぶつ  顔までかぶつ  鞭でぶつ  解釈をぶっ  道にふっ  事務所をぶつ  帽子をかぶつ  ゴザをかぶつ  頭から蒲團をかぶつ  倒まにふっ  毒ガスをぶっ  ごまをふっ  腰をふっ  禍がふっ  鼻さきがふっふっ  前髪をかき上げると、ふっ  ようにふっ  日傘をふっ  ゆり籠をゆすぶつ  逆さにふっ  いつまでたつてもしやぶつ  いまひとびとは帽子をかぶつ  小石にぶつ  む靴にぶつ  毛布をかぶつ  熔岩とがぶつ  表情をしてぶっ  前でふっ  ことをぶつ  襟を引かぶっ  事をぶつ  おだやかにふっ  作品にぶつ  冒頭をだらだらとふっ  まさか笠をかぶつ  ソフトをかぶつ  そいつをぶつ  顔をしてぶつ  男にぶつ  彼はぶっ  蒲団かぶつ  雪がふっ  白刃をふっ  無碍にふっ  足とともにふっ  かしらをふっ  そうに、ふらふらとふっ  塩をふっ  つたとき、どんとぶつ  ところへぶつ  油桶にぶつ  雨のふっ  顎をふっ  金杓子をふっ  光を放って、ふっ  駕籠などがふっ  外套をかぶつ  何にぶつ  方がぶつ  侍にぶつ  そうにふっ  ズックにぶつ  山にぶつ  頭からかぶつ  笠をかぶつ  髮をかぶつ  シヨオルをかぶつ  目深にかぶつ  現実にぶつ  足もとへ、ふっ  ぢに始終ぶつ  提灯をふっ  スープをぶっ  ふりかぶつ  からまわりにまわって、やがて、ぶつ  からだをゆすぶつ  頭をかるくふっ  杯をさしながら、ぶっ  外にけぶつ  論をぶつ  頭まで引かぶっ  から、ふっ  盛にふっ  僕はこの誤にぶつ  カナをふっ  眼深にかぶつ  エレーヌにぶつ  手拭をかぶつ  頭をぶっ  しっぽをふっ  うちで極く低く何やらぶつ  カンテラをふっ  綿雪がふっ  両手をふっ  カシタンカをぶつ  腮髯がふっ  ごまのふっ  にいさんだってポチをぶっ  きゃんきゃんというほどぶっ  一度でもぶっ  口々にぶつ  傘をふっ  一杯の引かぶっ  小雨のふっ  中はけぶつ  ことにぶつ  演説をぶつ  数字をふっ  ため帽子をふっ  左右へふっ  手をつかんでふっ  気持に睡ってる、ふっ  面を被ぶっ  二階を揺ぶつ  さまにして打ちふっ  蒲団をかぶつ  演説でも、ぶっ  四肢をふっ  棒にふっ  尾をふっ  市村座がかぶつ  ヴェールをふっ  ステッキをふっ  縦にふっ  雨がふっ  口へ入れて、ぶっ  疑問にぶつ  脇腹めがけて、ぶっ  皮膚を破ぶっ  花がふっ  無題雪がふっ  四つにぶつ  趙雲は、甚だぶっ  ょくりひょくりと頭をふっ  頭でもふっ  尻尾をふっ  鼻さきでふっ  ピストルをぶつ  頭を持ち上げて、ぐらぐらとふっ  首をぐらぐらとふっ  皿にぶつ  鼻がぶつ  それをぶつ  根から黒髪をふっ  場合のみにぶつ  朝から冷たい雨がふっ  人がぶつ  五枚パラパラとふっ  新聞でぶすぶすとえぶっ  二三度左手をふっ  テーブルにならぶっ  男が、ふっ  クビをふっ  ビリ手をふっ  北川君をぶつ  力にまかせぶつ  前にふっ  それから首をふっ  髻をぶつ  千島はぶつ  鶴雄はぶっ  ハンカチーフをふっ  事変にぶつ  板きれにぶつ  さまは、ふっ  さまは、つむりをふっ  夕方から雨がふっ  ウエイトレスをぶっ  もう少しメロディをぶっ  あみだにかぶつ  つていふほどぶつ  何にでもぶつ  直接にぶつ  時彼等がぶつ  田舍言葉などは、かぶつ  布團を引つかぶつ  顏にぶつ  記号をふっ  赤旗をふっ  戸にぶつ  いちめんにふっ  大雨がふっ  私のぶつ  つて一番最初にぶつ  肱をふっ  白旗をふっ  空き箱やなんぞにぶつ  タテガミをふっ  最初から賽をふっ  ションボリ頭をふっ  尻をぶつ  毎晩提灯をふっ  昌作はぶっ  心にふっ  そこへふっ  握手をして、つよくふっ  ハルクは、ふっ  とおり首をふっ  それをかぶつ  雨もふっ  かげでぶつ  硝子枠にぶつ  ハンケチをふっ  あごをふっ  両手でふっ  斜にかぶつ  頸をふっ  髪の毛をふっ  ところを見たが、ひどくしかったり、ぶっ  ガロフォリは、ぶっ  頭をうんとひどくぶっ  一つおまけにぶっ  棒でぶつ  ガロフォリはまるっきりぶつ  槍をうちふっ  軍配をふっ  茶碗をぶつ  身体をふっ  指をふっ  かわいい頭をふっ  石にぶつ  ふき首をふっ  病気で、もうぶっ  ことをしたらぶっ  ガロフォリがひどくぶっ  ぼくをぶっ  それをひどくぶっ  それはひどくぶっ  頭はぶつ  耳をぶつ  ために、ぶっ  老人は、ぶっ  堀博士はぶっ  約束があるなどぶっ  パナマ帽をかぶつ  尻をぶっ  小娘にぶつ  時刻にぶつ  眼がぶつ  扉にぶつ  棒をふっ  弾はふっ  さいころをふっ  自分に云いきかせながらふっ  阿弥陀にかぶつ  ギリシャ帽をかぶつ  帽をかぶつ  そこにぶつ  帽子を深々とかぶつ  帽子を深くかぶつ  とめどもなくふっ  男はぶっ  右にふっ  ものにぶつ  拍子にふっ  水をぶっ  あめがふっ  むづかしい問題にぶつ  肩をふっ  一つの大きな疑ひにぶつ  皮被ぶっ  顔をあげると、ぶっ  唇も動かさずに、ぶっ  俺達だけでぶつ  ぢかにぶつ  ボーイたちは、とつぜんふっ  かぶりをふっ  爆弾がふっ  握手をもとめ、そして、つよくふっ  首をつよくふっ  現場から大手をふっ  お湯をぶっ  あまりを、ふっ  刀をぶっ  ねんねこにふっ  老婆にぶつ  心にぶつ  戸板へぶつ  近頃までかぶつ  武者がぶつ  いやにぶっ  支倉は相変らずぶっ  蜜柑にぶつ  無口で、ぶっ  頭振りをふっ  相手にぶつ  メンをかぶつ  何かにぶつ  帆村はぶっ  体当りにぶつ  まくらをふっ  話がふっ  布片をふっ  前後にふっ  あと突然ふっ  探検灯が、ぶっ  言葉は、如何にもぶっ  顔をぶっ  方面にぶつ  耳もとにふっ  僕をふっ  松やを、ぶっ  一日大雨がふっ  星のふっ  林をゆすぶつ  クラブをふっ  手首にぶつ  氷山にぶつ  やうにぶつ  打粉をふっ  言つて布団をかぶつ  気持でぶつ  裸でぶつ  買ひかぶつ  のを、無暗にぶっ  それにぶつ  喜代はぶっ  壁にぶつ  けらをかぶつ  ぱちゃぱちゃして大手をふっ  今夜は寒いとみえて、ふっ  孔にぶつ  ヘルメットをかぶつ  髪のふっ  膝頭をぶるぶるとゆすぶつ  瞼にだぶつ  事件がふっ  なかにふっ  假面をかぶつ  方から尻尾をふっ  赤旗をうちふっ  三日前、チラチラふっ  から頭をふっ  粉雪がふっ  生憎雲をかぶつ  水際までぶつ  葉をかぶつ  息をふっ  つの骨のなくなるまで、ぶって、ぶっ  亀の尾をぶっ  まともにぶつ  頭から引かぶっ  翅をふっ  粉をふっ  自分のぶつ  文章にぶつ  なににでもぶつ  仕事にぶつ  蔓はたちまちにぶつ  鞭をふっ  はいつた作業帽をかぶつ  葉がふっ  障害にぶつ  台詞にぶつ  後頭をぶつ  ワンピースをかぶつ  罪までかぶつ  問題にぶつ  癇が昂ぶつ  一波かぶつ  濡髪をかぶつ  猿にぶつ  唄を、ぶっ  左右へ大きくふっ  手をにぎってふっ  所でぶつ  背中をぶつ  手をぶつ  ただ役をふっ  徹底的にぶつ  彼女は、ほんとにからだをゆすぶつ  表情にぶつ  夜具をかぶつ  頬をぶつ  頬をぶっ  黄色にいぶつ  人を追いかけて行って、ぶっ  腰を埋めてぶっ  肩にぶつ  砂をかぶつ  思いどおりにいっていないとなると、ぶっ  仮面をかぶつ  天井にぶつ  ものを見付けたぞ、かぶつ  ものとしてかぶつ  日の丸をふっ  君にぶつ  やうにサッとぶつ  自分にもかぶつ  なにがぶつ  はか雨にぶつ  いふものにぶつ  例のぶっ  精神をゆすぶつ  麦藁帽をかぶつ  齒とがぶつ  三ちやんを何故ぶつ  頭上に打ちふっ  御幣を打ちふっ  鈴をふっ  方へふっ  手を大きくふっ  ケンプは、いつもぶっ  母をぶっ  鎌をぶつ  んだぶつ  自動車にぶつ  古帽子をかぶつ  それから三日三晩くらゐぶつ  かにかぶつ  ウーと、にぶつ  参木はぶっ  裡は、見ぶつ  誰にぶつ  ものがぶつ  品評会でぶつ  前にそろへて、ふっ  前にそろえて、ふっ  面影は、ふっ  矛盾にぶつ  頭巾をふっ  一大障碍にぶつ  冑をかぶつ  ぐまねをしてそして手をふっ  平素他人に向って、ぶっ  腰から上をふっ  梢近くでぶつ  お酒をぶっ  から肩をふっ  交るふっ  三度強くふっ  対象にぶつ  子供を買いかぶつ  少女をぶつ  刀一本をぶっ  帆村は、ぶっ  小雨がふっ  何だか雨がふっ  磯五をぶっ  膝をふっ  杖をふっ  妙にふっ  腕をふっ  男なんか、もう、ふっふっ  靄をかぶつ  動悸が昂ぶつ  代は、ふっ  顔は、ふっ  伸子は、黙っていたが、ふっ  盆から櫛をとりあげて、格別みだれていないいつもの大きくふっ  手をとめて、ふっ  手頸をふっ  前でふらりとふっ  火鉢にぶつ  パナマをふっ  口でふっ  障碍にぶつ  気がして、いきなりぶつ  悪漢にでもぶつ  胸をぶっ  塗笠をかぶつ  人達に送られて仰山ぶっ  罪をかぶつ  幸坊はぶつ  頭にぶつ  小止みなくふっ  先棒をふっ  雨はふっ  雨がザーザーふっ  眠をぶっ  中折なんかをかぶつ  間をおいてぶっ  ラジオ受信機がふっ  自分をぶつ  埃りをかぶつ  農民作家がぶつ  人だと、ぶっ  一つ背中をぶっ  一つもぶっ  ように、態とぶっ  突つ張らせてぶつ  時子はぶつ  ように堅くふっ  朝雨がふっ  明日はふっ  カンでぶっ  ころはまだふっ  ところ学問的意識にぶつ  誰もがぶつ  鞭もぶらぶらふっ  鳥打帽をかぶつ  懐中電灯をふっ  水をぶつ  麦藁帽子をかぶつ  こんぼうをふっ  まま首をふっ  それをふっ  二郎が、ぶっ  途中岩へぶつ  上へぶっ  建物にぶつ  帽子をのせてふっ  頭脳がにぶつ  やけくそにぶつ  ことだと思ふかね、と重ねてぶつ  弁駁にぶつ  前日雨でもふっ  雹がふっ  つた理論にぶつ  夢をむさぶっ  番号をふっ  かく、ぶっ  上にふっ  声がぶつ  マクラだけふっ  あたし、ぶっ  漸次に昂ぶつ  かつらをかぶつ  中ではふっ  足がにぶつ  のをかぶつ  皺が黒く寄っていて、あさましく、ぶっ  霰でもふっ  スリッパでぶつ  朝飯から、ふっ  癖だと見えて、折角きちんとかぶつ  鬼倉にぶつ  のにぶつ  肩がぶつ  邪魔物にぶつ  寢帽をかぶつ  調子でぶつ  二箇月位もぶつ  大地をぶっ  反対にかぶつ  私のかぶつ  場面にぶつ  足をふっ  のんきらしくふっ  小布をふっ  襟を引かぶつ  当節誰でもがかぶつ  斎木素子にぶつ  いふ風にぶつ  體あたりでぶつ  埃をかぶつ  所々にぶつ  顔へぶっ  それをひよいとかぶつ  妙にもつたいぶつ  電燈をふっ  亜鉛のしやつぽをかぶつ  打擲をするごとくふっ  たまから羽織を引かぶっ  背中へぶっ  ような、ぶっ  小沢はぶっ  鉈をふっ  わたくしをぶっ  関頭にぶつ  一太をぶっ  胆魂もぶっ  朝子は、やがてぶっ  頭から引つかぶつ  袋をかぶつ  取手町国立公園論をぶっ  本気でぶつ  さつきよりひどくぶつ  そこにそのかぶつ  藺笠をかぶつ  かをるがぶつ  つけ藺綾笠をかぶつ  片下りにかぶつ  岸にぶつ  頭から煮え湯をぶつ  頭巾帽をかぶつ  火酒をぶつ  二三日前にふっ  大海をゆすぶつ  冷水なんぞぶつ  頭をぶつ  まま、ぶっ  笑顔にぶつ  窓ガラスにぶつ  斜にぶつ  艦がかぶつ  ことをぶっ  ルビをふっ  まんなかから、ぶっ  雨は次第に強くふっ  泣きながら布団をかぶつ  石をぶつ  白いきれをふっ  どんに言い払って、ぶっ  雪のふっ  山々にふっ  旅びとがおまえの雪のふっ  こともなしに、そのふっ  雪がちらちらとふっ  祝砲をぶつ  大砲をぶつ  時、ふっ  鎌をふっ  頭からひきかぶつ  時から人のふっ  人のふっ  町に向ってふっ  姉ちゃんをぶっ  薬壜をふっ  信号灯をふっ  がらがらとふっ  葛がぶつ  からだでぶつ  根元からぶつ  手をぎゅっと握ってふっ  身の上にふっ  手巾をふっ  仮名をふっ  古道具にぶつ  形のぶつ  木組みをぶつ  角材のぶつ  海へぶつ  潜水兜をかぶつ  硝子にぶつ  信号旗をふっ  ヴヱールをかぶつ  啄くわぶつ  手にとって、ふっ  こいつ、もつたいぶつ  すべて霜をかぶつ  紫鹿子のふっ  胸へふっ  僕はぶっ  上でふっ  三どふっ  鞭でぶっ  一たんかぶりをふっ  手拭をふっ  代りに、かぶつ  麥藁帽子をかぶつ  海水帽をかぶつ  ぎのすそをひろげて、そのうえにふっ  雪が、ひどくふっ  たまをふっ  そこにつっ立って、ようすぶっ  ちいさなどうぶつ  人間やどうぶつ  小走りになって、ふっ  兄さんは、ぶっ  眼にぶつ  戦闘帽をかぶつ  機嫌にぶっ  亭主が、ふっ  記憶にぶつ  烏帽子をかぶつ  板昆布をかぶつ  まま裾へふっ  小さやかにふっ  吸殻を、ふっ  ちよかぶりにかぶつ  むちゅうで試験管をふっ  空から声がふっ  もりこうぶっ  ちょっと首をふっ  手を握って強くふっ  何おじではないか、ぶつ  盛んにふっ  網をかぶつ  お客をふっ  大急ぎでぶっ  座間はただ、さも思わせぶっ  カークは思わせぶっ  時首をふっ  上着をふっ  ハアフ・コオトを着て、ふっ  顔を眺めていましたが、やがてぶっ  博打をぶっ  物にぶつ  体をゆすぶつ  頭にかぶつ  手首をぶらぶらふっ  首をうちふっ  冠をかぶつ  サイハイをふっ  先程修一にぶつ  男や偉ぶっ  一つ心配にぶつ  樹のふっ  肩をぶっ  静のふっ  前髪をふっ  砂をぶつ  飾気のない、ぶっ  手にもって強くふっ  両手をうちふっ  御用駕籠へ、たれを通してぶつ  耳下にぶつ  香もならぬ、ふっふっ  絹ふさがふっ  わきざしをぶっ  横瀬は、ぶっ  薬壜を、ふっ  人にぶつ  風がわりで、ふっ  広幅にこしらえさせて、ふっ  皿にぶっ  切り抜きをふっ  勝手にぶつ  うちでぶつ  酒でもぶっ  伊都子にぶっ  言葉づかいも、ぶっ  蜂谷はぶっ  采配をふっ  石塊がふっ  立膝になってぶっ  汁をぶっ  ベレ帽をかぶつ  金網にぶつ  頭から水をかぶつ  藁をかぶつ  此間鶴井がぶつ  様にふっ  尻をふっ  何だらうが着かぶつ  意味とは違って、ぶっ  そうにぶつ  白いハンカチーフをふっ  ゅうひゅうと棒をふっ  一二滴を落してふっ  機会にぶつ  わたしをぶっ  片手をのばして大きくひらいたり握ってふっ  怪にぶつ  米びつをふっ  演説をぶっ  新作現代劇にぶつ  障壁にぶつ  戯曲にぶつ  手をせわしくふっ  雨は猶々ふっ  様子ではありましたが、あんなに堂々とふっ  淡雪がふっ  みぞれがふっ  夕立のふっ  この間うち雨がふっ  天井から翔んでふっ  おんだぶってぶっ  長刀をぶっ  横から彼にぶつ  中でぶつ  腰部でぶつ  調子でぶっ  辞表をふっ  顔をふっ  あなたをぶつ  人をぶつ  中にふっ  所をぶつ  からだにぶっ  からけつとをかぶつ  布団をかぶつ  口でしやぶつ  地面に転げ落ちました、かぶつ  帽子をぬいだり、かぶつ  季節にぶつ  時期にぶつ  一事件にぶつ  線はもつとぶつ  声にぶつ  來るとこけえらにぶつ  ものをかぶつ  私をぶっ  夫をぶつ  みな頭をふっ  片をなげつけたり、ぶっ  入口に立つてぶつ  母はまたぶつ  お金はふっ  スツポリ頭から布団をかぶつ  生殺しにして、なぶつて、なぶつ  塩をばらっとふっ  緑をかぶつ  ように、ぶっ  瞳をぶつ  フトンをかぶつ  生命力をもつてぶつ  いふ問題にぶつ  形をやぶつ  ランプへぶつ  返事は、ぶっ  スコール艇長は、ぶっ  手を握ってふっ  



前後の言葉をピックアップ
ぶっ殺し  ぶっ続け  ぶっ違い  ぶっ飛ばし  ぶっ飛ばす  プツ  仏縁  仏恩  ブツカ  ぶつかっ


動詞をランダムでピックアップ
おこさ叩きつける消え果て語りあっのり出す肯い押し入仰げ編み上げるきこしめし張り飛ばす吹雪かとなえるしめ殺し威ばっかぶされ飛び上がり出逢お捉えんひずみ
形容詞をランダムでピックアップ
面倒臭とおく香ばしい親しゅういぎたなほしい手ごわいうらやましゅう辛し感慨深丸くっ果てしなふかく稚かっ覚束無い甲斐甲斐しいあつかまし可笑しから