「ふい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ふい[動詞]
手足が、ふい  わらでふい  芽をふい  幾度手をふい  何ヵ月か経ったら、ふい  風がふい  利国はふい  十一月七日うそ寒い風がふい  体をふい  烈風に吹かれたら、ふい  芝公園を歩いていると、ふい  のを見て、ふい  フオクで追いまわしながら、ふい  頭でふい  らっぱをふい  チビ公はらっぱをふい  はらっぱをふい  ハンケチでふい  口笛をふい  つばをふい  若葉をふい  毎日らっぱをふい  火をふい  ふけッ大いにふけ、ふいてふい  汗をふい  毎日毎日らっぱをふい  矢先き、ふい  自分はふい  眼をふい  上をふい  手ぬぐいでごしごしふい  碁盤をふい  指で、ふい  笛をふい  ものにはふい  じゅうしまつが、ふい  夜明け方などにふい  先生はふい  お菓子でふい  とき、ふい  闇南がふい  息をふい  誰へふい  五月粉をふい  そよ風がふい  口からあぶくをふい  若芽をふい  男はふい  まま、ふい  ところもございましたので、ふい  ようになってふい  血をふい  気持がふい  若い學生がふい  言つて、ふい  後はふい  自分をふい  事を思うと、ふい  体をのばすと、ふい  茶碗をふい  泡をふい  米はまたふい  米はふい  ように、ふい  お十夜孫兵衛、ふい  跫音を聞きつけたらしく、ふい  紳士はふい  顔がふい  話もふい  雪ぐもりの日、ふい  それをふい  何かで、ふい  から、ふい  彼はふい  ″\言ひ罵りながら、ふい  拍子にふい  清二はふい  鼻を撮まれても解らないほどであった、ふい  たたらという大きなふい  机をふい  母親はふい  からだをすつかりふい  彼れはくさくさしてふい  彼女はふい  色彩とともに、ふい  原因もなしに、ふい  下に入れて置いたが、ふい  身体をふい  目をふい  廂を仰いで、ふい  途中でふい  霧をふい  蒸気をふい  苫をふい  心がふい  一つ抱へてふい  喜びを、ふい  香りが、ふい  あとから、ふい  泪をふい  輪にふい  程もあらせず、むっくりと湧いて来て、ふい  泥をふい  うちに、また、ふい  甲斐守がふい  町を歩いていたら、ふい  種から芽をふい  包丁鍛冶へ、ふい  口をふい  米が、ふい  気がすすまないのに、ふい  トタンでふい  身体中水でふい  唇から煙草の煙をフッとふい  乞食が、ふい  認めになられたかと思うと、ふい  姿が、ふい  粉をふい  湯でふい  中へふい  私は、ふい  のち、ふい  中ひとに知られずふい  今でもふい  赤さびをふい  手容をして、ふい  腰にさして、ふい  赤錆をふい  河風がふい  云つて、ふい  私はふい  津田氏は言いかけて、ふい  ようにふい  やうにふい  フウとふい  先づ汗をふい  フリツツがふい  湯気をふい  横をふい  日、ふい  面当にふい  面當にふい  急に暑くなったので、ふい  父はふい  うちにふい  私がふい  兵衛佐などにお目にかかるにつけ、ふい  からながめていましたが、ふい  肚はふい  途中でなんだか寂しくなったので、ふい  次郎左衛門はふい  うち、ふい  口から泡をふい  汗を、ふいてもふい  狂風がふい  黒旋風が突然ふい  煙をふい  からだをすっかりふい  馬右エ門がふい  訳ではございませんが、ふい  手の甲でふい  ためにふい  涙をふい  手拭でふい  禿をふい  涼しい風がふい  眼にはふい  茶碗がふいふい  ようになるとともに、ふいふい  さらってまたふい  老眼鏡のくもりをふい  寒い風がふい  北風がふい  今に、とおふい  容顔をふい  どこへ往くとも告げずに、またふい  時分に、ふい  御飯がふい  玉葱芽をふい  何かぷりぷりして、ふい  きり、ふい  新吉がふい  目をそらせて、ふい  のからだがふい  ガラスをふい  ふき矢をふい  家で寝ころんで聞いていたが、ふい  言葉が、ふい  そこらをふい  微笑をして見せながら、ふい  上に載せると、ふい  二つ三つ強くしたので、ふい  うちに、ふい  私達がふい  うずくまりながら、ふい  ときだけ、ふい  婦人がふい  窮極まで追いつめられると、ふい  厳粛にこわばっていながら、ふい  廻しか、ふい  嬉し涙を、ふい  ときぞうきんでふい  顔をふい  湯気さえ立てながらはあはあはあはあふい  いままでふい  前額をふい  蒼空をあふい  わたしをふい  指でふい  老人があったが、ふい  行進曲をふい  家にふい  そこへ、ふい  錆のふい  前にふい  これだけいって、ふい  否や、ふい  紫煙をふい  脂汗をふい  冷汗をふい  嶮悪になって、ふい  気味で、ふい  涙もふい  時、ふい  うちにも、ふい  異人たちは、ふい  屋根だけふい  物を言わずに、ふい  のを、ふい  煩悶をして、ふい  叫びごえが、ふい  手をふい  勧誘がふい  からだをふい  胸をあふい  粉がふい  ハンカチを出してふい  あいさつをして、ふい  小川はふい  鶴村は、ふい  時などに、ふい  ところをいくどもふい  口角泡をふい  傷口からふい  下から泡をふい  時に、ふい  伸をして、ふてくされてふい  黒煙をふい  時学士はふい  秋風がふい  瓶をふい  いつぽんふい  窓帷がふい  暮から冬三月を吹いてふい  温泉がふい  これにはふい  希望を与へる、さういふい  仕事場のふい  稲は、ふい  枝をふい  唐突に、ふい  わたくし、ふい  わたくし共がふい  ヲロヂカがふい  それがふい  言つた拍子にふい  方にふい  縁側からふい  口ぶえをふい  足から腰をふい  かた足ずつをふい  先方ではふい  油断をしていると、ふい  本音をふい  風もふい  ふえをふい  ひつじ飼いのふい  呼び子をふい  その男に対してふいふい  浪人がふい  左に曲ろうとすると、ふい  お松はふい  平山五郎がふい  笠一つを持って、ふい  揚句にふい  助は、ふい  他目もふらず突っついていましたが、ふい  助も、ふい  口に漂わし、ふい  晴々して、ふい  音を聞いて、ふい  ようになったので、ふい  時お玉はふい  袖でふい  序に、ふい  常がうるさく附き纏って、どうかしてくれ、どうかしてくれと云うので、ふい  末造はふい  櫛をふい  横浜でふい  こっけいなほらをふい  それからコルネをふい  コルネをふい  なみだをふい  食卓をふい  いつまでもコルネをふい  口に当ててふい  あいだ寒い風がふい  きりで、ふい  道庵先生がふい  声高になって、ふい  ぢ込んで、ふい  喰べずにふい  芽がふい  棒を取って、ふい  そつとふい  雲をながめながら、ふい  狼藉者は、ふい  とき私はふい  駒井甚三郎は、ふい  一節などを、ふい  少女たちが、ふい  客にふい  灰をふい  顔をしてふい  額をふい  久助君は、ふい  大息をして、ふい  母親が、ふい  なんでもふい  ときは、ふい  塵をふい  湯気がふい  申しますると、ふい  ことを云うと、ふい  子供はふい  時、どうかすると、ふい  墨をふい  命題も、ふい  頃、ふい  思つて、ふい  いるかと思って、ふい  肩から血をふい  中から、ふい  帰りしなにふい  薬でふい  から血をふい  妻をふい  私はまたふい  粉のふい  癇癪半ばに、ふい  足をふい  顔を見て、ふい  ぼんやりそれを見ていたが、やがてふい  緑青をふい  癖、ふい  剣はふいても、ふい  やつぱり口笛をふい  言葉がふい  町を引っ返して往きながら、ふい  なかへ迷い込んで、又引っ返そうとして、ふい  さしながら、ふい  うちきこりはふい  自分がふい  葦笛はいくらふい  のわかれにふい  玄王のふい  響がうるさくて、ふい  それをやり過しておいて、ふい  つた時に、ふい  唇をふい  んじゃないかと、ふい  際駒井が、ふい  銀様はふい  んですが、ふい  返事をしているばかりで、いつの間にかふい  鍛冶のふい  白雲は、ふい  わたくしがふい  胸にもふい  おれがふい  気がつかずに過ごしていて、ふい  おれはふい  汗などふい  ら早出だ、すたすた来かかってふい  姿にふい  中でふい  背中をこすりながら、ふい  意味で、ふい  悲哀がふい  後で、ふい  ものが、ふい  くまもふい  舟だと思って、ふい  畑仕事をじっと見ていらして、ふい  表情で、ふい  故意にふい  辰馬久が、ふい  エピソードをふい  挨拶を言い捨てて、ふい  毒口を利いて、ふい  いはでおもふい  うたがふい  僕は、ふい  談笑を交わす、そしてまた互にふい  緑色がふい  鬼がふい  瓦でふい  天井あふい  手じゃありませんか、とそそのかして、ふい  舞台面を、ふい  電車で、ふい  菊次さんがふりあふい  ことに、ふい  僕はふい  三尺手拭でふい  武井さんにふい  窮乏に驚いて、ふい  緑青のふい  奧には、かうして暮してゐて、ふい  奥には、こうして暮らしていて、ふい  ただ目から火をふい  方へ向けてふい  挨拶もせず、ふい  磯吉はふい  横笛をふい  炎をふい  外へふい  涼しいそよ風がふい  突ツつかれて、ふい  二度も訊いて見たが、ふい  胸がどかどかふい  良助はよくふい  ハーモニカをふい  あしたすっかりふい  煎茶器を出して洗ったりふい  みつ子はふい  トタン屑をふい  さを、ふい  金銀でふい  乍ら、そうしてふい  乍ら、ふい  屋根をふい  勘が、ふい  額部から血をふい  目から火焔がふい  葉がふい  雰囲気がかもされていて、ふい  黄色をふい  杉はふい  自分だけをふい  もんだから、ふい  小僧もふい  不可思議を、あふい  野菜を食っていて、ふい  はずに、ふい  折紙につかふい  まいったかえり、ふい  由良のふい  熱をふい  緑をふい  瞬間、ふい  新芽をふい  法式でふい  魂を忘れて、ふい  藁でふい  拍子でふい  のがふい  てゐない、ふい  武どん、あんまいふい  のだらうとふい  流行唄などをふい  ことをふい  その後を言わないで、それなりふい  緑青がふい  まわりをふい  ことに決めてゐたのであつたが、ふい  拍子で、ふい  男爵は、ふい  ことばで、ふい  いきをふい  酒月は、ふい  俯向いていたが、やがて、ふい  肩からふい  念を入れてふい  メガホンをふい  二三日前にふい  真夜中なんかに、ふい  ところに、ふい  順造はふい  念入りにふい  あとじさりに、ふい  つて汗をふい  窓硝子をふい  気持でふい  千世子は手伝ってふい  云ふとき、ふい  ことを、ふい  のかどうか、ふい  角笛夜ふけにふい  はじめて芽をふい  黙りで、ふい  紙屋は黙って、ふい  孤独感にふい  ゴーッとふい  多吉はふい  跣足でふい  箕をふい  瞬間にふい  細君はふい  最中でも、ふい  すぱすぱ烟をふい  四郎はふい  照が、ふい  木の葉でふい  床をふい  鼻眼鏡をふい  水をふい  それでふい  火のふい  実を眺めていたが、やがてふい  川上はふい  ヘボクレ義論にどふい  かまでもくわでもはらハれず、ふい  粟つかむよふい  像を、ふい  らまで来ると、ふい  切符を買ったが、ふい  のを見ると、ふい  物語がふい  ようにして歩いていると、ふい  から僕はふい  時間がふい  人々がふい  はずみで、ふい  将棋をさし、ふい  雑炊をふい  小悪魔は全くふい  前かけでふい  はなをふい  ことがあると、ふい  裔一はふい  事はないかと思うと、ふい  僕のふい  赤錆のふい  それから、ふい  ことが出来たとて、さっぱりふい  おもしろがってふい  暑い時に、ふい  青苔をふい  一日尺八をふい  尺八をふい  トタン屋根をふい  どこへとも何ともおっしゃらないで、ふい  首筋をふい  腕を上げてふい  手巾でふい  ことなのに、ふい  豐かにふい  二階を降りて、ふい  んほらたふい  口から墨汁をふい  屋根がふい  ものだから、ふい  そこでふい  小菅がふい  顫えたり、ふい  落日を眺めながら、ふい  間に、ふい  シャボンだまをふい  芽が、いっぱいにふい  火玉をふい  二人差し向いで居てふい  恒夫はふい  ついでに、ふい  為ともわからず、ただふい  底にふい  様子でございましたが、やがて、ふい  やつて、ふい  笑はせ、ふい  二十七日には、ふい  てゐながら、それでも、時たま、ふい  讃嘆せられ、また、時々は、ふい  之は、とふい  つて、ふい  つて居られましたが、ふい  やうに見えながら、ふい  様子で、さうして、しばらくして、またふい  卒業してふい  北東からふい  北東貿易風もふい  今までふい  草をふい  草でふい  茶をのみおわると、ふい  読者はふい  かいを、ふい  塩のふい  塵埃をふい  ものをふい  女達を見まわしながらふい  芥川さんにはふい  唾をふい  嘉七を捜し求めて、ふい  あわをふい  それを見ていたが、ふい  等分に見くらべていたが、ふい  五六遍立て続けに下げたかと思ふと、ふい  誰かが一応ふい  みんなキレイにふい  足跡をふい  ッ先にふい  足跡はふい  ぼろでふい  ぐおもてへはいって汗をふい  ように、いくらふいてもふい  上を、ふい  謡をうたい、或はふい  だんだん小さくなって、ふい  うち笑っていましたが、ふい  誰か一人がふい  熱心に見つづけていると、ふい  時分になって、ふい  たかちゃんにふい  首をひねっていましたが、ふい  どこへ行くとも断らずに、ふい  処へは行くがよいと言うと、ふい  素人にしてふい  縁で、ふい  人をふい  ブウブウとふい  一矢でころりと参らせてしまふ、などとふい  うち案じていましたが、ふい  ひとりごとを漏らしながら、ふい  座敷で、ふい  夜ふけに、ふい  吟味方法でとばかり、ふい  小女を呼び招いて、ふい  憤怒を抱いてふい  ことかふい  あとを追いましてな、ふい  娘がふい  目色を変えながらふい  畳触りを、ちと荒く、ふい  何かでふい  いきはふい  夜中にふい  上にふい  あごをなでながら、ふい  者に、ふい  いつのまにやら、ふい  タオルでふい  ところ、ふい  急にふい  六ツ光らしておりましたのに、ふい  なにを思いついたか、ふい  大口様がふい  たか、ふい  ツバをふい  次から次へとふい  それに気がつくと、ふい  小さな男の子がふい  説明でつかまえようとするとふい  二人でふい  ざわざわと鳴るので、ふい  鍛冶場のふい  聲にふい  私も、ふい  心でふい  夜なかにふい  人間はふい  中をふいふい  中へ、ふい  これは、ふい  こと、それで、わざとふい  柳吉はふい  ガスをふい  タオルでスーッとふい  紳士は、ふい  自然にふい  手足をふい  視線が、ふい  拳でふい  つて断られたのに、ふい  ピイピイ口笛をふい  あまり、ふい  あなた達は、ふい  かじやのふい  亀徳さんがふい  中で、ふい  火ふき竹でふい  ボラをふい  人毎にふい  びしょぬれの顔をふい  三人ともふい  コタツでききながら、フーフーふい  緑でふい  目的がふい  体を伸ばすと、ふい  弱音をふい  人がふい  時はふい  鈎をおろさずにふい  四三あがもふい  七〇わがとふい  幾金か遺してふい  父さまをあふい  事が、ふい  日大風がふい  貝をふい  疑念が、ふい  一夜、ふい  テーブルをふい  様子をしてふい  そうな白い煙りをふい  南からふい  眼脂をふい  糸はふい  上野まで来ながらふい  のを待ち、ふい  紙でふい  鉄棒をふい  肢を折って座り、ふい  皿をふい  事を、ふい  姉がふい  少女はふい  時に、思いがけずふい  方を多くあふい  伸子はふい  つた日にでも、ふい  やうが、ふい  それがなんだか、ふい  自分でもふい  彼女もふい  ものはさういふい  木の芽をふい  ぼくはふい  ユニホォムを脱ぎかけ、ふい  形相をも、ふい  満面に湛え、ふい  男は、ふい  



前後の言葉をピックアップ
フィールリング  吹い  不意  噴い  葺い  布衣  不意討ち  ふいく  扶育  フイゴ


動詞をランダムでピックアップ
踊れよ立ちのぼっ出掛けよ張切っ心付けいのれるさするさけんふるまお乞う育て上げかけ合いおだて組みこま実れ消えん鼻白めなまっものなれ黄ばむ
形容詞をランダムでピックアップ
うきか弱き新しかっ慌ただしく根強い乏しい神々しく委しきさくし温うやましい危ういあつかましいいけずうずうしく薄暗したのもし柔かうとぼし男らし煩う