「ひらけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひらけ[動詞]
私はひらけ  眼前にひらけ  眺望がひらけ  海原もひらけ  悟りがひらけ  世界がひらけ  口をあいてひらけ  地主だったけど、ひらけ  口をひらけ  別荘地としてひらけ  目がひらけ  町のひらけ  むねが、ひらけ  海外向け販路がひらけ  緒としてひらけ  眼が多少ひらけ  眺めがひらけ  四方がひらけ  戸はひらけ  池がひらけ  あいだはひらけ  前にひらけ  そこにひらけ  一方にひらけ  そこから見晴らしのひらけ  見晴らしのひらけ  胸がひらけ  雑誌をひらけ  道はぱっとひらけ  方がひらけ  名人戦をひらけ  三方にひらけ  視野はひらけ  北海道はなかなかひらけ  水中牧場がひらけ  瞳をひらけ  地味はひらけ  そこから急に打ちひらけ  小田急ができて、ひらけ  嚢をひらけ  道をひらけ  分野がひらけ  窓をひらけ  南はひらけ  急にひらけ  可能性がひらけ  上にひらけ  やうにひらけ  海水浴場をひらけ  一番早くひらけ  体がひらけ  海にひらけ  道がひらけ  一番古くひらけ  づ蓋をひらけ  山々が少し遠くひらけ  縣下のひらけ  方へひらけ  扉がひらけ  空がひらけ  まなこをひらけ  豁然とひらけ  ウェイがひろびろとひらけ  業の打ひらけ  前がひらけ  扇子をひらけ  全景がひらけ  ワアッとひらけ  視界がひらけ  空間がひらけ  闇がひらけ  野原がいっぱいにひらけ  廣い世界ががらんとひらけ  世界ががらんとひらけ  別天地がひらけ  山裾にひらけ  西洋へ行ってひらけ  耕地がひらけ  眼をひらけ  平地がつづいて、ひらけ  心がひらけ  世の中がひらけ  血路をひらけ  聖運のひらけ  ためにこそひらけ  販路がひらけ  後にひらけ  曲線をなしてひらけ  日本人としては、最もひらけ  海がひらけ  の業の打ちひらけ  谷がひらけ  みなととしてひらけ  日本はひらけ  結果がひらけ  から、幾分ひらけ  目路がひらけ  前途のひらけ  生活にも、おのずとひらけ  縮図帖さえひらけ  野原がひらけ  ようにしてしばらく行くと、明るいひらけ  展望二十里南にひらけ  審理がひらけ  希望の国がひらけ  杜も生き生きとひらけ  青空がひらけ  さつき眼前にひらけ  一つ目がひらけ  展望がひらけ  大変気分がひらけ  口を大きくひらけ  襟はひらけ  廊下がひらけ  半月形にひらけ  歴史がひらけ  原野がひらけ  南にひらけ  方面だ、ひらけ  気配があり、ひらけ  んだから、なかなかひらけ  唯々、ひらけ  今ではひらけ  駅逓もひらけ  扉をひらけ  戸山少年が、ひらけ  ようにひらけ  交通がひらけ  岐蘇山道のひらけ  岩木川に沿うてひらけ  コースがひらけ  世がひらけ  文学にひらけ  目のまえにひらけ  眼界が、ひらけ  峡間がひらけ  段々になってひらけ  道が、ひらけ  僕にひらけ  新しい世界がひらけ  眼界がからりとひらけ  生活がひらけ  ダブダブにひらけ  空地がひらけ  視野がひらけ  カーテンをひらけ  方にひらけ  高原もひらけ  木立ちの間にひらけ  光景がひらけ  一郭もひらけ  奥にひらけ  箱根がひらけ  ためにひらけ  我目をひらけ  行く先にひらけ  腰のひらけ  そつとまねけばついとくるはらりとひらけ  蓋をひらけ  ところにひらけ  平原がひらけ  林もひらけ  づゝ八重山吹はひらけ  景観がひらけ  書物をひらけ  芸術的世界がひらけ  収入のひらけ  地主だったけど、とてもひらけ  運命を切りひらけ  大通がひらけ  悟りのひらけ  出口がひらけ  鬼怒川温泉境がひらけ  さにひらけ  隙間が長くひらけ  麦畑がひらけ  運がひらけ  



前後の言葉をピックアップ
ヒラクチ  平首  ヒラグケ  平栗  拓け  ひらけよ  拓ける  ひらける  平子  拓こ


動詞をランダムでピックアップ
転がさ憩いとり殺し利く解き離しちかよっぬいあわせる寝かさ見送ろ揺が競り合いみくびっつき刺さっくいこんかえりみる務め釈ける持ち去る飛び下りる
形容詞をランダムでピックアップ
醜い馴れなれしく聞づらくきたなきかうば果敢な術無く厳しかっえらい気疎しこよない黄いろい喜ばしく蒼白くわしかろ卑しいまずくっ囂しく無きゃ