「ひかり」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ひかり[動詞]
まっ青にひかり  森日がひかり  

名詞

ひかり[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ひかりの大鋸のようきれる  ひかりを望みて  ひかりをいた  ひかりは空から少女らはおどる  ひかりのちりあくた  ひかりがきらきらとかがやく  ひかりがゆれてくるではないか  ひかりはやはらかにもえてゐる  ひかりをよび  ひかりはぬれてふるへる  ひかりをおほひ  ひかりのやうにきらめく  ひかりのはてなさにおぼれてゐる  ひかりのどよもし  ひかりのはねをたたいてゐる  ひかりをあびて  ひかりのごとく地にむかひて  ひかりはこの手にとどかず  ひかり病む鑿地砲台黒竜江のほとりにてアムールは凍てり  ひかりの手せん  ひかりで膝まで浸し  ひかりまばゆしぬつとつき出せ  ひかりとす  ひかりをみるよしもがな  ひかりが庭の青葉を輝くばかりに照らしていた  ひかりが狐火のように乱れて見えた  ピカリとしたる  ひかりはそよ  ひかりはさざなみにさらに満しぬ  ひかりは噴きいでぬ  ひかりはうす青み汚点ある  ピカリと閃く  ひかりを透すであろうと思って  ひかりは吸い取られる  ひかりはふるえて動いた  ひかりが部屋のなかへさし込んでいた  ひかりのもとに粘土色に黄いろく見えた  ひかりも曇ってはいない  ひかりの各端に化学線というものの存在を見いだす  ひかりにいっそう強められて  ひかりを持った  ひかりのスープ皿のように見えた  ひかりを浴びた  ひかりが流れ込んできたので  ひかりで窺うと  ひかりに映し出される  ひかりが白く照り  ひかりが何かの不思議を照し出す  ひかりの前に一層美しくみえた  ひかりはくだけ  ひかりの中に新しい柩が守られていた  ひかりがまるでちがっていた  ひかりで見える  ひかりと火のひかりとは趣が違うさ  ひかりにこころがうたれて  ひかりは地におちてひろがる  ピカリと閃めいたかと思うと  ひかりがありました  ひかりはありと  ひかりが屋根舟の障子にチラチラとうごく  ひかり新しくあれ  ひかりを浴びて  ひかりは小さな畑からあたり一めんにあふれてをります  ピカリと光る  ひかりが室のなかへ半分ほどはいってきました  ひかりを野にぞながし  ひかりは冴え渡っているので  ピカリと引抜く  ピカリと燐のように閃めいたが  ひかりともいえる  ひかりさえぎるものなし分け入れば  ひかりへ蒔いておいて旅立つ  ひかりがうらうらと湧きました  ひかり沈んでいた  ピカリと輝いた  ひかりの遠を見ずや  ひかりのみあざやかなる  ひかりの何といふやさしさ明滅しつつ  ひかりの日にわが往きて  ひかりのように明るい輝きを放っていた  ひかりをあたりに流して  ピカリと大きな稲妻が閃いた  ひかりが路傍の藁屋根をうす明るく照して来た  ひかりが虹のように漲っていて  ひかりを陰らせて  ひかりが庭の八つ手の葉を寒そうに照らしていた  ひかりなればぞ闇住の身にしも望み  ひかりが満ちていました  ひかりが物凄くなりました  ひかりは霜を帯びて  ピカリ赤黒い焔が閃きました  ひかりにうかぶや  ひかりのとんぼとあるく  びかり別れて遠い人をおもふ  ひかりや蠅がつるんだりして  ピカリとひらめく  ひかりに照りはえ  ひかりとなり  ピカリと光りだした  ピカリがいつ始まったか  ピカリときたので  ピカリときたが  ピカリと光りはじめたからいそいで  ピカリと閃めいた  ひかりは地に落ちて  ひかりを避ける  ピカリと稲妻が光った  ひかりはたもち  ひかりのひとくさりづつそのとほりの心象スケツチですこれらについて人や銀河や修羅や海胆は宇宙塵をたべ  ひかりの底を唾し  ひかりを呑む  ひかりのゆきき  ひかりはすこしもとまらないだから  ひかりをからだにまとひ  ひかりは惑ひ  ひかりを呑みこんでゐる  ひかりの底でいちにち  ひかりの山を見てゐた  ひかりにさ  ひかりのなかをすばやく花巻大三叉路の百の碍子にもどる  ひかりのひだりからみぎへすばやく擦過した  ひかりのなかで上着の肩がもそもそやぶけ  ひかりの霧でいっぱいつめたい風の合間からひばりの声も聞えてくるし  ひかりを送ってよこし  ひかりがまるで掬って呑め  ひかりをとんで行く  ひかりに消され  ひかりでそこらを照らしてみて  ひかりなどはちっとも洩れていなかった  ひかりを住職に投げ付けると  ひかりが満ちていた  ひかりに射られて  ひかりを半七は見逃がさなかった  ひかりが柔かに流れ出して来た  ひかりが路傍の藁屋根をうす明るく照らして来た  ひかりは往来からも拝まれて  ひかりに透かして視た  ひかりに透かしてみると  ひかりは往来のぬかるみを薄白く照らして  ひかりが提灯の火にきらりと映って  ひかりは怖るべき  ひかりも柔らかになった  ひかりも増すという  ひかりも見えない  ひかりでこの異形のものを見せられた  ひかりが一面に流れ込んで来た  ひかりに妨げられて  ひかりに照らされた  ひかりが鷹よりも鋭いのを見て  ひかりに照らされながら  ひかりの前にふるえていた  ひかりに半面を照らさせていた  ひかりが表まで流れ出ているので  ひかりを眞正面に浴びて  ひかりに教重の顔をのぞきながら云った  ひかりが二つ三つただよっていた  ひかりで長三郎は早くも彼を知った  ひかりで認めた  ひかりにうかがうと  ひかりが洩れているので  ひかりに覗いて見て  ひかりに照らして見ると  ひかりがさしこんできた  ひかりが洩れて  ひかりが漸く薄れて来る  ヒカリというのは判らない  ピカリと光った  ピカリと閃いたので  ピカリと窓硝子が光ったので  ピカリと光って通り過ぎた  ひかりが動いているので  ピカリと首を動かすと  ひかりが薄く洩れて来たので  ひかりをちこちながる  ピカリと光りますぞ  ピカリと一閃して  ひかりを海の上に拝んで  ひかりで堀部君は懐中時計を透かしてみると  ひかりのかがやく  ひかり輝いてゐなかつた  ひかり輝いていなかった  ひかりが薄白く洩れていた  ひかりが庭一面にさし込んで来た  ひかりは集い来てなす  ひかりが見える  ピカリと光りますな  ひかり見せねばかかぬ  ひかりを出すでしょう  ひかりは奧に浮き暮れてゆく  ひかりとある  ひかり充ちた都會のまんなかである嶺にはづかしさうに  ひかりある空中よああひかり  ひかりを慕ふ  ひかりを求めてやまない  ひかりを受けて  ひかりに照らしてみると  ひかりの帰らじや  ひかりにあこがれぬ  ひかりの窓に倚り夕雲とほき  ひかりはかりとおもひしを  ひかりもをさ  ひかりを受けているので  ひかりだけでは果たして尾白であるか  ひかりをちらせ  ひかりが漂ってきた  ひかりわびしく軒にかぎろふなまけをる  ひかりを含んで散りそめる  ひかりのなかにつぎつぎに散り  ひかりにけぶりあひて咲きし  ひかりは高い梢にささえられて  ひかりは秋のすすきのように乱れた  ひかりに打たれて  ひかりも高足駄の音も都の人の夢を驚かさなかった  ひかりの下に溶けて流れて  ひかりに魅せられて  ひかりは吹き消した  ピカリとひらめいたと思ふ  ひかりがあふれて  ひかりに狂ひ  ひかりに狂ひ来つて  ひかりがきて  ひかりが吹雪の底に消えるかと思うと  ひかりで染吉が見付けた  ひかりが隈なく照り渡っていたが  ピカリと強い光が閃いた  ひかりうつうつまはる水ぐるまあをぞらに越後の山も見ゆるぞ  ひかりにみどりぐむときなし草は摘みもたまふな  ひかりは水のほとりにし  ひかりのもとに眩ゆいばかり  ピカリと上へ反れた  ひかりに照らされて  ひかりを見た  ひかりの洩れている  ひかりは四方を照らした  ひかりの網に入れて引く  ひかりもかをる心地こそすれ  ひかりものす  ひかりにちかひ  ひかりて窓をよぎりけり  ひかりのきはみなく  ひかり妖しく狎れにけり  ピカリと光つて名人を見つめ  ひかりが差込んで  ひかりがはらわたの  ピカリと赤く光った  ひかりの赤くうつる  ひかりに黄ろく  ピカリと一つ稲妻が閃めいた  ひかりが時々に洩れて来ました  ひかりと淡い曇りをさして  ひかりは滅多に訪れてこない  ひかりが四方へ投げられている  ひかりへ播いてをいて旅立つ  ひかりが流れこんできたが  ひかりも陰っている  ひかりに白くかがやいて見えた  ひかり薄しといえども  ピカリと光り  ひかりを仰ぎながら  ピカリとも光りはしなかったが  ピカリと向うの辻に閃くばかりで  ひかり明るくなる  ひかりに変り  ひかりが金髪の中に光って  ひかりがさまよっていた  ひかりの潮が樫の枝をてらして  ひかりが浸み透って  ひかりがあなたのうしろの苔にも光っているではないか  ひかり薄暗くなる  ひかりが鮮かに鎧の露を照らした  ひかりで透かしてみると  ひかりが二つ三つ洩れていました  ひかりに透かしてみた  ひかりは霜をおいた  

~ ひかり[名詞]1
秋のひかりの  明星のひかりが  火のひかりを  仏飯のひかりを  朝のひかりの  けさのひかりの  あなたのひかりが  春のひかりが  あなたのひかりはや  肌のひかりは  ゆふぐれのひかりを  フォークのひかりは  づんでゆく日のひかりは  一木一草肉心磁器晶玉天つひかりの  午後のひかりで  眞珠頸飾りのいりゆじよんひかり  眉間のひかりと  山の端もつらかりきたえぬひかりを  日のひかりが  角燈のひかりが  父はピカリと  影月のひかりは  月のひかりは  ものがピカリと  記帳場のひかりを  鷺はひかりの  物のひかりは  月のひかりが  蝋燭のひかりの  星のひかりも  太陽のひかりの  灯のひかりに  宝石のひかりを  太陽のひかりを  外のひかりが  月のひかりで  月のひかりに  蝋燭のひかりが  月のひかりの  松明のひかりの  眸のひかりが  星のひかりで  星のひかりと  秋のひかりは  何かピカリと  のですひかりは  こころもひかりの  陽のひかりが  日のひかり  黄金色のひかりを  太陽のひかりは  怨親平等のひかりを  微笑ともひかりとも  大観峰すすきのひかりさえ  右左朝のひかりへ  ことのひかりの  朝のひかりを  月のひかりを  星のひかり  電燈は曇ってひかり  ようにピカリと  道のひかりの  日のひかりのみ  緑のひかりの  まつたきひかりの  曙のひかりの  灯のひかりの  瓦斯のひかりを  ランプのひかりを  灯のひかりと  電燈のひかりが  眼のひかりが  一銭のひかり  電燈のひかりに  秋のひかりや  稲妻のひかりに  カミナリのピカリが  ときにもピカリと  そこへピカリと  機智がピカリと  急にピカリと  げとひかりの  気層のひかりの  いちど散乱のひかりを  それからけはしいひかりの  みな洗はれてひかりは  水とひかりを  おぼろでひかりは  そらのひかりを  網かげとひかりの  顔をしてひかりの  風とひかりに  雨とのひかりの  水銀いろのひかりの  たきはひかりに  提灯のひかりで  灯のひかりなどは  瞳のひかりを  瞳のひかりに  眼のひかりを  燈明のひかりは  日のひかりに  星のひかりに  灯のひかりは  刃のひかりが  眼のひかりは  瞳のひかりも  其月のひかりも  灯のひかりも  灯のひかりで  提灯のひかりに  提灯のひかりを  行燈のひかりの  朝日のひかりに  灯のひかりが  行燈のひかりに  星のひかりが  朝のひかりに  つゆ草をヒカリという  一方にだけひかりが  探照灯がピカリと  蝋燭のひかりを  木立はひかりを  まなこがピカリと  朝日のひかりを  日さまのひかりを  暁のひかりが  黄なるひかりは  雲かしらねどもひかり  かげのひかりは  水のひかりと  ぱであるひかり  世界よひかり  永久にひかりを  ななめなひかりを  電灯のひかりに  春のひかりの  みな天のひかりに  月のひかりのなどか  よはひかり  星のひかりもを  日さんのひかりで  月のひかりだけ  朝のひかりで  曙のひかりが  かすかなひかりを  日のひかりの  剣のひかりは  眼のひかりに  巻のひかりも  女のひかりは  一角がピカリと  一面なるひかりが  燈台のひかりに  灯台のひかりに  異様なひかりが  火のひかりが  夜燈のひかりで  原稿紙午後五時のひかり  頭上からピカリと  草秋のひかりに  電灯のひかりの  剃刀がピカリと  仏のひかりを  火のひかりの  火のひかりは  世界をばひかりの  月のひかりも  目がピカリと  陽のひかりの  空のひかりと  陽のひかりは  懐中電灯のひかりが  朝のひかりへ  朝のひかりが  電燈のひかりも  行燈のひかり  眼はピカリと  ヘッドライトがピカリと  背中にピカリと  月のひかり  入日のひかりが  青金のひかりの  葉はひかりが  ランプのひかり  燈火のひかりで  

~ ひかり[名詞]2
しろいひかり  うすきひかり  薄暗いひかり  弱いひかり  このひかり  なにかピカリ  青いひかり  青白いひかり  疎いひかり  小さいピカリ  なしひかり  赤いひかり  白いひかり  真にピカリ  鋭くひかり  赤きひかり  小さなひかり  青じろいひかり  つめたくひかり  

複合名詞
ひかり煙  ひかり青らむ花  ひかりの  ひかり忘却  顔ひかり  ひかり汝  さなかひかり微塵  鰭ひかり  ひかり桜  銀砂子ひかり凉しき空  あめひかり  ひかりしずか  光ひかり  ひかりひかり  ひかり静か  時ピカリ  ひかりSun  そはみひかり  ビカリ光  ひかりいち  ひかりここ  びかり畑うつ音  すゝきのひかり  青ビカリ  ひかりZYPRESSEN  谷ひかり  ひかりわたくし  ゑぐるものひかり  青びかり青びかり赤楊  黒びかり  ひかり高  キネオラマ的ひかり  青びかり  時ぴかり  ヒカリガ  ひかりわな  びかりガス  ひかり野  ひかりはる  ひかり二つ  ピカリ剣光  却つてピカリ  ひかり号  ひかりぐもそらをはせ交  蒼蠅ひかりめぐらかし  ひかり樹液  ぴかり體  



前後の言葉をピックアップ
ひからびる  ひかり    光二郎  光り  光太郎    光りもの  光り輝い  光り輝か


動詞をランダムでピックアップ
取りしきっがしょふるえあがり摸す配り歩い流し込め継ぎ足さよりすがり嫌っ問いただし焼き払お積もっすさる仕上りぶった斬らつらぬける奪い取ら見比べせりあげる持ち崩さ
形容詞をランダムでピックアップ
まめまめしき慎ましい言うまでもなくみにくし物騒がしかっ妬ましふるくさわろい早くみにく親しく切なく古臭く敢ない汚らしくよろしけれなからにぶき幅広しおそ