「ば」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ば[動詞]
人にまじらは  佐伯を憶えば  主家の覚えは  額を射ば  姿に還し、訣れば  時が過ぐれば  認むれば  一心に拝みは  ものを尚ば  小田原を過ぐれば  夫浴するを見ば  日くらしながむれば  二山は必ずしも高きを尚ば  宵を過ぐれば  秤にかくれば  言ひは  暖むれば  俗衆これを見ば  すゝむれば  

名詞

[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ばその髪みだれ行けるあり  ばに春の日光の中に光って居る  ばやと竹をすかしぬ  ば好いのに男らしくもない見得  ば精しく知った  ばさりと朝日へ投げだしてくれた  ばたりぽとり  ばなもうららかにちるや  ばながほほけたままに住みなれた  ばわづらひは  ばたりとたおれた  ばとのごとくうたいつ走りつおどりつわらった  ばくち打ちやどろ  ば解りつこないさ  ばうばうともえて  ばのある  ばなは穂に咲けど  ばつンけつンけだ三お春娘は蒟蒻玉見てる  ばとで解決しきれない  ぱがあるが  ばくちをよさずに  パと使い散らす  ぱから来た  ば渡ってはなりませぬぞ  ばたりとそこへ竹竿を投げ出した  ぱと同じやうな意味を含んだ  ばたりとはね起きて見たらも  ばたりとはね起きて見たら  ば正しき美しきものと信じます  ば淋しきものと思いさだめる  ばの垣根ぎはの小徑をゆつくり  ばたりとたおれました  ばやといえる  ばたりばたり倒れてしまった  ばあの時あのちっぽけな赤い虫が何かそんなこと云ってゐた  ば云い表わしている  ばさりと音を立て  ば同じ桝に彼自身の芝居を見てゐる  ばや同じ聲やしたるととの  ば浅いに違ひない  ばやとやうやうに思ひかへしつ  ハもはや沈没して  バ御便船相願出  バ御わかち  バ早々宿にかへり又船ニも行詮義仕  バ出来ぬと御重役の御伝声承  バと一度帰り  ばさりと斬る  ばかう云ふ  ぱの茎でも強い円柱になる  ばさりと打ちかける  ばたりと倒れた  ば白くなる  ハしかられん  ハいか斗うれしかりけん  バいかで撰にい  ばたりと力なく墓石から下りて  ぱで遊んで来い  ばをきかす  ばたりとひらくと  ばたりばたりと足で踏んで  ばさりと落した  ばたりと落ちて  ばの下駄をはいて  ばより好く生きて行こうとする  ばつかり考えるから  ばやと思ひ  ば其の果あり  ばたらきのしがないむす  ばたらきむす  ば縛られ  ば吐き散らし  ば吐き散らす  ばたりと抛ると  ばたりと止めて組み合った  ば程もなく寝  ばのひろい男を指さしました  ばさりと捲ると  ばさりと幕摺れに  ばやと思ひつつ  ばをつけさせました  ば渡らずばなるまい  ばこそ氣に入らぬ  ぱを羨む  バっと開いて  ばたりばたりと踏んで行きました  ばや包むに  ば折られても  ばになって  ばになった  ばくちをしたい  ばくちに耽る  ば早く喪ひつれど  ばなのらせ  ば欺き玉ひしか  ばおこられ  ばたりと仕事のところへ落ち  ばたりと落ち  ばちがあたった  ばながくふるはして  ばうぜんとしてゐる  ばうばうとして霞んでみえる  ばうばくたる景色を行手にみる  ばの広いぴかぴか光る  ぱの中を走つて行きました  ぱの中を走  ばをこしらえて  ばのま心にしも似たるかな  ばがよきいましめぞ忘れても  ば執られて参りましよ  ば除きて言ひし  ばたり膝を支くと  ばさりと音がして  ばのひろい大きな階段が地下へつづいている  ばさりと音を立てて  ばさりと音を立てて落ちる  ばくちを横合から眺めたり  ば著しく有っていたという  ばがあっちにもこっちにもころがっていました  ばが五寸ぐらいになったり  ばその中には斯んな個所があります  ぱああ大旋風も斯る草の葉つぱからはじまつてやつぱり此の道をはしる  ぱの搖れる  ぱと大きな大きなみはてのつかない  ぱの詩晩秋の黄金色のひかりを浴びて  ぱの上を素足ではし  ぱが騷いでゐる  ぱその葉の落ちてくる  ぱの上に痛痛しい雪のやうな大霜なにもかもはつきりとした  ばなんでもなくなる  ばたりと切りはなされて  ば恵まれたるながめなるかな  ハ之ヲ説クノ時期到  ば薄い銀線の触れ合ふ  ばたりと前にのめりました  ばさうかもしれませんね  パとする  ぱに見られる  ばほしくもない粉ミルクが黙  ばたりという音がした  バを時々ガタガタ云わせる  ばして呉れなかつた  ばのきく  ば帰らないでも宜いと云います  ば有難いと云うので  ぱと倒れる  ば見ゆる  ばァやの手ごしらえばかりと聞いて  ばこそ知らずとも  ば光り現れ  ばにして  ばたりと卒倒して  ばの木のいただきに来て啼きし  ばがこのように一しょにくくりつけられているという  ばたりばたり歩く  ばをかしけれども  ばにした  ばくち場の開けている  ばさりと地面へ落ちました  ばさりと投げ入れた  ばたりと扉を閉じた  ばを入れる  ばや僕少壮の頃吉原洲崎に遊びても  ばさりと仰向けに転げた  ばばかりの川水が白く音を立てて流れてゐる  ば叱られるでせうがね  ばつらくもあるか  ば知りたりと預期すべきは  ばしこい  ばしゃばしゃと沫が掛る  ばたりとしめて  パと煙をはき出している  ばうを見ますと  ばずつと長い間日本の国で貫いて持つてゐる  ばでまっ白な髪の毛がはえて居る  ハの字もいわなかった  ハ不レ叶事拝顔仕度奉  ハいづく  ハ決して幕をうらみ  ハ唯だまされぬ  ハしく御咄し  ハならぬと存じ  ぱを割る  ばさりと刈田の上に落ちかかって  ば好いことになつてゐる  ばの方へ出たり  ば腐りかかつた  ばたりと落ちた  ばたりと畳へ手を支いた  ば取りてぞしぬぶ  ばへおきて  ばを手に持って  ばの枝を笛のやうにうならせるかと思ふと  ばなみたいにはしつてる  ば創らねばならぬ  ばに困って  ば嘲りの色の浮かび  ばもへよ  ばくち打の張番などに頼まれて  ばくち場でみた  ばにしてあつめました  ばたりと麦門冬の植えてある  ば蒼白くなる  ばに生きてくる  ばぞ垣をこえたる  ばぞの花よわりなの  ばなだからあすこでは起こすといけませんから  ばはつきり  ばたりと落す  ばたりと畳の上に倒れた  ばその女御の方にこそより多く同情さるべき  ばゆるく引っ掛けに結びて  ばあやからチョコレートの箱と林檎を三つもらって  ばたと倒れてしまった  ぱへ遊びに行く  ばさりと落ちる  パと金を遣うらしく  ばしょうの風が暑熱を吹き送る  ばおちかの髮の毛を腕にまいて  ば好いのだと女は繰り返した  ばさりと被さった  ばになり  ばしゃばしゃと落ちた  ばさりと斬  ばと恁ふ  ばくちを打った  ば浅き遊魚かな古井戸や蚊に飛ぶ  ぱのように露をきらめかして  ばやはんやくるみの森林でそのところどころにはそのいそがしく悠久な世紀のうちに山地から運ばれた  ばがあった  ばを積み重ねて  ハはワでなければならず  ハの字を消して  ばよりすこしゆるめに  ばを持っていた  ば好いと例の調子で云つてくれた  ばちゃばちゃはねる音とが遠くの遠くの夢の中からでも来る  パチクリとやつてゐるばかりだ  ばが出て来て  ば軽々しく歩行かない  ばに困つて  ばや草がもう芽吹いてゐた  ぱに直吉のそばに坐つて  ばのひろい鼻をもった  パな人間になってしまったが  パで帰って来た  ば早くも真直に立て直した  ぱへ行かうと  ばたり落ちてきて  ばにしり  ばちがあたりゃしないでしょう  ばとて夫れは見る  ば苦い顔して  ばやと欲ひしなり  ば泣き出す  ばたりと床の上にくずおれた  ばよかつたのにと思ふ  ばさらなる致し  ばとて予は決して今日の青年の思想的傾向を是認する  ハの字も言わなかった  ばたらきのものが私たちのために戸をあけてくれた  ばたとやんで  ばにして買った  ばさりと背の荷をおろした  ばたりとおとした  ばたらきのものが駈けつけた  ばさりと音をたてる  ばちがあたる  ばさりばさりと  パと振って  ば醜いむくれ  ばこの近所では誰も知らぬ  ばくちに耽ったり  ばたりばたりと響く  ば隣りの國も尊いものと斯う爲なければならぬではないか  ばたいて詰らぬ  ばやと吾は謀られまじ  ばさりばさり  ばむしりてありき  ば握りきわかれと  ばしゃばしゃで歯が七十枚おまけに足から頭の方へ青いマントを六枚も着てゐる  ばをりをり金の鰻となり  ぱは雨降りや生きる  ばで御座ります  ハデすぎるし  ばくちでも打ち  ばをきかせて来た  ばたという足音がして  ばたりと煽って  ばいかなる者をも排斥し尽さんと計る  ばしやんばしやん  ばにへってる  ば長しとも思ふ  ばといふ諺のせゐでは  ばさせる  ばくち遊びなら何でも知らぬは  ばしぼって肩の黒髪を泣きふるわせているではないか  ば抉らずにおかなかった  ばたりとさせる  ば狭い一室の卓の傍にある  ばたりと縁側へ落して  ハの部を索いて見ると  ばたかはばたで  ばでもたしかにわたくしはさう  ばちが当る  ばが終りになりました  パと合羽の塵を払い  ばうがずっとい  ば安いと云はれると  ばの冴える  ばを噛み  ばの林でそのまっ黒ないちいちの枝からあちこち空のきれ  ば覚らず喃語は聴けり  ばしゃばしゃ飛び  ばしゃばしゃした狸の毛を耳にはめ黒いしゃっぽもきちんとかぶりまなこにうつろの影をうかべ  ばしゃばしゃ降って来る  ばをきざんでいる  ばたりとまた投げだす  ばちばちっとはねる  ばなりといふ  ばこそ人も怪しい影に見える  ばをきかせている  ばさりと落ちた  ばくち打の式作法はまあお前に教わった  ばくち打だったか知らねえが  ばをうんとひろくまきつけて居る  ばたりばたりとまわり  ばの植った  ハの字も言はずにゐる  ばの植つた家の中へはいつてゐました  ばたりと倒れる  ばの植わった  ば厳しく禁じ  ぱのように動揺する  ばちを取り上げた  ばたりと投げ込んでしまった  ばとんをお渡ししなければならなくなった  ぱを囲んで  ばたりと後ろに閉めて  ば痛く排斥する  ばさりと本を伏せ  ばたりと床の上へ落ちてしまった  ばの木のことをおもいだしました  ばはなくなる  ばくちですから幾らの物でもありますまいけれども  ば触って見たれあ  ば云いなさんな  ばいうと思うた  ば聞きおる  ば放きよったが  ば作っとる  ば聞きよる  ぱになり  ハつまらぬ事にハつまらぬという  ばにぎわ敷所と聞ゆれ  ばたりと倒れて死んでしまう  ば取って娘に渡した  ばくちをかり催す  ばたりと落した  ばさりと斬り落とした  ばその腕の優しくありぬ  ばやとて身を潜めて窺っている  ぱに笑ひながら走つて行く  ばを持ってきて  ばを持返った  ば終らむと思ふ  ばさりと裂けた  ばが広くほっぺたが真っ赤に光っている  ば軽くしたりといえども  ばくち打を使ったり  ばさりと下に崩れ落ち  ば親しく実践された  ばさりばさりという  ばたりと倒れてしまった  ば多く依頼者の方からして差し出す  ばのひろい濃いみどり色のもうせ  ぱ抜いてみると  ば取らずと我儘をいへれど  ばをむしった  ばさりと叩いた  ぱに生えてる  ば好いかわかりません  ばを指さしました  ばたりと扉を閉めきった  ばたりと下へ落ちて来ましたが  ばたりとしめて帰って行った  ばをばなが上に置く  ばなが上に置く  ばさりとススキをゆする  ばをたべて  ばつかりゐる  ばさりと覗いて  ばするけにほかの者が真似する  ば好いがと案じつ  ば好いがと繰り返しつ  ばなきとし  ばくち打ちという評判を取った  ばを利かしてくる  ばの垣根の上の方ヘ音をたてて逃げてゆきます  ばくち一つ打つた  ば疑はれない  ばちゃ当たらねえ  ばをきかした  ばたりと倒れてしまいました  ばち音涼しく両人のかたわらへ近づくと  ばくちをやるといっちゃ聞こえが  ばちア当たらねえ  ばくちには入れ揚げる  ばかりゃ昔から三つと限っている  ばたりと閉めて出て行った  ハの字のつく  ばくちにいってらっしゃい  ばやなどの給ふ  ばをぎしろの  ばたと転落する  ハ未だ曾て反する  ハ単に名義上の区別にして  バ両村の人民ハ起臥共に苦楽を同じふするの  ばさりと厚ぼったい羽音をさせながら  ばが破れて  ばしゃりと水を浴びせられた  ばさりと巣を探る  ばちばち云う  ばとも思つてゐた  ばはやり切  パフッと座った  パと隣りへ行ってしまった  ばやと笑い  ばさりと障  ばさうですかと言つて死にたい  ばさうですかと言つて暖く  ぱの帽子を脱ぎすてて  ば娶り給へるなるべし  ば怒られ  ばたりと戸を開けた  ばたりと留った  ば軽く頸に巻きつけて置いた  ば詰り木戸上りに代へて  ばこそ我が大君の御名を忘れ  ばつかり話して  パキッと云ふ  ばよっく鎮めよ  ぱ抜いてあげますよ  ば薄き紺色にして  ばへ侍るに  ば深くな咎め  ばがあつめられた  ばをしっかりと二つの指の間にもって  ばちがあたるから  ばちがあたらんといふだかや  ばちがあたらにやいいが  ばちなんかあたるもんかい  ばちがあたるなら  ばちがあたつたに  ばちがあたつてし  ばちをあた  ばちで痛む  ばの泉のそばにある  ばに生きてを  ばでよくないことをした  ばではいつでも和尚さんのお供をさせて  ばでわるいことばかりしましただ  ばの森へ行かなければなりません  ばの林のにおいをしみじみかぐ  ばさりと顔に垂れていた  ばにや人麻呂をもまたかくの如き人ならむと己れに引き合せて  ばや飽かぬ  ばれいれいしく電気燈の下で演奏せしめる  ば遠く青山の方へ攀登っている  ばたり畳に落ちたと思うと  ば真白き顔の覗きしが  ハとか言ふ  ば憂しと知り  ば過に終る  ばさりと動いた  ばたりと来た  ばをきめこんでいる  ばとかおほにとかいふ  ばなんでもないのであつたんだにと思ふと  ハねかえし  ぱが散らばり  ば疑へる  ば眩しくもなく正面に見詰める  ばちを取り出し  ぱの影を見付けた  ばたりと庭へ落ちました  ばくちで当りました  ばちがあたって  ばちがあたるなどという  ばちやり  ばうと浮いて  ばたりと誰かの倒れる  ばさみで  ばくちみたいな流行鳥を飼うなんて  ばなきめぐる  ぱであるひかり充ちた  ばをかしいといふ  ばしやばしやと軒にあふれて  ばは云う  ばは光った  ばの家へ裏からこっそり出ていった  ばにも挨拶に廻った  ばのちがい  ばくち場から飛んで帰って来て  ば繰らざりしにや  ばたりと俯伏に床へ倒れた  ばずは糸しい  ば憂き事さまざま是れは何うでも話しの  ばをかしゆう  ぱに建てられた  ばに鼻をおしつけながら  ばをつくり  ばくちをしたり  ば白き錦につつませにけり  ば遠く仰ぎながら  ばきき入れませんでした  ばやと思ふかな  ばやな若き命も過ぎぬ  ばをやはらかき  ば長き鬣のうちふり  ばの帯に指をかけて  ばをうけとると  ばたりばたりやり初めた  ばやと相談した  ばにこしらえて  ば深くした  ばちすたさえ  ばちすたが  ばなどの終世寄食してゐる  ばに迷いながら  ばさりと兄弟の前に飛び降りた  ばたりと地に倒れた  パと蹴立てて駈け出す  ばたりと倒れました  ばがあちこちにころがってゐました  ばがあちこちにころがっていました  ばたりと地上に倒れた  ばたりと蒔絵の筐を落した  ばがきかない  ばをきかし  ばたりと畳の上にへたばった  ばが広い支那人が立っていた  ばをしゃべっている  ばわかれの雪ふる  ぱの真中で徐行し始めた  ば永く遂げ得た  ぱを頭にのつけて  ぱの中の一軒家に泊めて  ば多く採りすぎて  ばやな我を思わぬ  ばやなわれを思わ  ばの長い黒髪が秘めて  ばたりとばけつを  ぱの獄門にさらされた  ぱにある  ば好しと思へり  ばのひろい愛情を覚えた  ば親しく妾の指に嵌めて  ばたりと落して  ばでござって  ばたりと腰を懸ける  ばァさんをつかまえて  ばを利かせてゐる  ばをきかしているだろう  ぱに落ちてゐた  ば悪く言はれ  ば養う置く  ばたりと落としてしまいました  ばがひろくけらを着て  ばさりと音して  ばさりと振ったけれども  ばたりというと  ばたりと開ける  ばさりと振たけれども  ばたりといふと  ハの字もやらさせてくれないばかりか  ば探りいれだした  ば高くしつ  ば羽織らせ  ばその通りの効果が出て  ば著しく描き出しぬ  ば聞き知れるなりけり  ば知り得て  ばたりと倒れて  ばたりばたりとやられる  ばた痒さに身悶えしている  ばさりばさりと斬つて落す  ば無いと同様の結果になつてしまふ  ばたりとこの文放  ばつかり被せてゐるのよ  ばなの妙にそげた  ばどなられるし  ばの間を茶羅紗の肩をくすぼらし  ばよかつたと思ふ  パつととびおきて  ばうを五本よせた  ばにや氷売る  ばやなど戯れて過ぎ  ばにもあるべけれど  ばたりと落ちてしまいました  ばたあん  ば逸早く予感していた  ば長くローマに留学させていた  ぱ詰って来た  ばのうす情けほのかににほふ  ばはろばろと心うれしきもの旅にい  バ好エ花見だデバせ  ばゆゆしみ山川のたぎつ  ばは一せいに起き上って  ばくちにかけてはじつに天竺鼠のように上手に立ち廻る  ば美しと見  ばして了はうといふ  ばとて私は愛情に就て述べてゐる  ばで気をうしなってたおれてしまいました  ばや梅の花あかぬ  ばにほひおこせよ  ばを撫でた  ば少くとも進歩した  ばその本の行先を追及する  ばくちを日常の娯楽とする  ばくち打ちというヤクザを稼業とする  ばに鳴りくれば  ばたりとたえてしまった  ばたりとやんだかと思うと  ばといふ考へがあり  ばや枯れ  ばたりと閉めた  ばさりと閉じてしまった  ばたッばたッと不気味な音を立てていた  ばうだと涙を垂したといふ  ばあやんが働いてる  ばを指の間にしっかりともちつつ  ばをばさんに叱られるの  ばに困るから  ばさうだがそれでもやっぱりわからんな  ば云い忘れて来た  ばたりと次郎の顔に落した  ばは我輩の最も賤しむ  ばをむしっている  ばで四角張っているが  ばさりと落して  ば恭しく捧げて  ばたりと落ちて死ぬる  ば早く歯科医に見せざりし  ばよかつたものを其氣は付かずに  ばたと床板を踏鳴らす  ば裏切らせる  ぱを取りのけに出てゐた  ばちゃばちゃはねる音がした  ばにする  ばさりと下に落ちた  ばにこまったほど  ばうばうとした  ばくろしていると思います  ぱに切って  ぱへ行きたくて  ハもう何かの花が咲いてゐるので  ハ限らないものだと思ひました  バならん事ニなり  ハ少し入よふなれ  ハきづかいもする  ハされ  ハされたくねんじ  バどふもなり  バどふかシテつかハし  ハぬ故たずね  ハ思ひ出し  バの事ニて時々人にい  バがでたと  ハ諸隊を助ケて政府を撃との  バれ候人を七八名も同行致セしよし  バ又のりかへ候船ハ出来ず  ハ大ニ故あり  ハ打破れたり致し  ハ見へ渡り  ハ殺され  ハせんとす  ハかへるかも  ハ御咄しなく  ハなを雪げながらの  バ今如レ此の事を聞く  バならぬと心おつかいし  ハどふも  ハおかれぬ  ハおまへさ  ハしやる  バずながら天下ニ心ざし  バよろしく候得ども  バどふでもして  ハとても対戦ハ出来申すまじく  ハ又ふ  ばうばうたる白日の野邊を訪ねて  ばたりと閉じ  ばなを商う  ばさりと肘に乗った  ば預りたまえる  ば抱きながら入日を見るがごとくに歩み  ばさりとも音をたてないが  ば知らじとみえ  ば強くせ  パの音を残している  ぱの羅馬治下の国の所謂ろうまん  ばと言ふ  ばとなつたのなどがある  ば返つて何か口実をつく  ば叱られる  ばたりとぶっ倒れた  ば等しく汝より離し  ば美しき目に現はして  ぱが私をめつかちで  ぱに今ひとりの病人を見つけて  ぱに食べ飽きた  バあさんが夜なべに絹針ときたら  ば知りける  ば知りぬる  ばとて何して  ば泣いて引き留めた  ば云われぬか  ばたりと本を閉じた  ハと発音して  ばやの群れが集まってきた  ばあやどうしています  ばくち打がいた  ばちが当った  ばを起す  ばをつけたと  ばといふ条件をつけて居るので  ば恋しく思ふ  ぱアッと派手に開店するのよ  ぱを虎のお尻へ突き立てたとさ  ぱは虎の死んでしまふまで  ばや一艘の伝馬も来らざりければ  ばが握られていた  ば早くも着崩して  ばぬ一流を生じて居るからである  ば可笑しく聞えるが  ばの穢いのだけはかなわない  ばやまひの牀に繪をかきてあり  ばや大きなる  ばにつかねし  ばのない気持ちになってしまう  ば同じものがある  ばつくれば秋のかなしみ来る  ば好い今晩先づ別居の宣言をしてみよう  ばくちに賭けた  ばをがさがさ鳴らして踏み越えて行った  ば好く知つてゐた  ば口喧しく禁止した  ば吹き消し  ばたりと畳の上に落ちた  

~ ば[名詞]1
争へば  云へば  白やかばに  跡を見ばやと  きり云へば  足をば  我髷をば  身の上をば  さんがば  柿がばたり  すすきをば  すゝきをば  割かば  想へばわ  石につまずいてば  酔へば  火はば  水面をば  シリンのはばの  了へば  たけとはばとで  馬はバ  原つぱが  買へばよ  上にば  河わつぱから  スコットをば  それをば  らつぱ  即らつぱの  らつぱの  云ひながらば  生涯をば  家々のひばの  火縄銃をば  精をば  下に投げ付けて見ばやと  クゥウと鳴ってば  使へば  現象をば  新聞がば  時鳥きかばや  砂っぱの  言へば  父を思ふハ  兼而召つれ候人ニてハ  此儀相叶候事なれバ  其儀なれバ  云程なれバ  曰ク其儀なれバと  請人相立候程なれバ  手ぶり見せばや  葉つぱの  横にば  洗へば  つる世にハ  心にハ  事成けれバ  六法全書がはばを  足もとにば  扉がば  米屋さんがば  片腕をば  かたちんばの  眺むれば  換ればより  境遇にとじこめられてば  人々をも見ばやと  秘密をば  幾たび目をば  行へば  手をば  仕事をば  反吐をば  雑誌をば  彦命時代のば  肩はばの  端をば  馬にかひばを  廊下にば  丸木橋をば  らつぱを  きゅうにバっと  草をば  世をば  末節にさればや  脚をば  歌をば  兄弟みんなたばに  おこなへば  目がちんばに  父をば  だし名をば  我をば  といはば  手はば  床にば  胸はばも  聲をば  荷揚げ機械のば  手にははばの  原つぱの  誰だかば  鬱憤のやりばも  鬱憤はやりばも  花たばを  手つとりばや  中道腰輿など許されたらばを  くめづる此をばの  此をばが  ゆふべとなりぬればを  うたへば  智をば  二三度足をば  可能性をば  草たばが  ゆるやかにば  みちのはばが  葉つぱ  菜つぱの  菜つぱと  葉つぱが  もと長万部のば  想へば  うりと突いたからば  燒團子のば  二三人もば  責むればこそ  事をば  廊下をば  跣足でば  位牌はば  前へがっぱと  向へば  台所のば  手足をば  中へば  腕をば  心あらむ人に見せば  薪たばが  ところを見ば  駒下駄でば  といへばを  五本たばに  がれにば  習へば  身体のやりばの  ぜんをみたてまつるとをば  傚へばは  云へばは  從へばを  原つぱに  十間はばばかりの  花萎れば  具へたれば  哲學統をば  涙にば  障子をば  信仰をばずつと  五分位のはばで  伯爵のハの  結婚記念にば  独兄ならでハ  候ものハ  事位ニてハ  事くハ  事ニ致してハ  木っぱを  一緒にば  払へば  体温器がば  態度に取りつきばが  黄葉をば  沼のしたばへ  つて思慮の足らなかつたいなばの  一たばを  白かばの  美をば  者はば  手のやりばに  殿をば  燃へばも  帯のはばほど  顔のはば  一昨日のば  土地のば  花たばに  苦しみのしやばに  さのやりばの  妹たちが寝ば  それをばは  たいがいのば  縁にば  牧野はば  向になってば  貰へばよ  昼夜帯をば  原つぱへ  醉へば  春を見せば  如何を見ば  貰へば  布がば  かたちんばに  寧そ君をばと  血をば  ぼくのば  草っぱの  杢若をば  戸はば  教へば  雲とひばの  らはひばや  えい木偶のば  両手をならべたくらいはばが  半間はばより  ポアティエをば  水のば  番傘をば  間などをば  眼のやりばに  蓮つぱに  其葉をば  逢へば  さまよへば  葉はば  黒髮きり拂へばとて  コンクリー使へば  問へば  味方を得ばやと  歌へばよ  出でば  言へばとて  ハゲのハの  一たばに  根もとにば  膝をば  扉にあたってば  正体をば  奉仕を見ば  音がば  処置を見ばやと  団扇をば  皮をば  髪の毛がば  歎けばを  葉つぱは  らへばよ  しろうとにしてはハデ  下つぱの  郡にはばを  會へば  兩手でば  藤夜叉のば  下駄がちんばに  三等寝台はとっつきばの  急行軍のば  くらへばといふ  所領をば  身をば  胸をば  とみの小川の絶えばこそ  鏡をば  試みにハの  ていしやばでも  一たばが  七匹買へば  ころかきねのひばの  雷をば  雲はば  霧がば  食へばなりと  裏戸へ出るとば  一枚上のば  兵児帯のはばを  輪転器がば  向うのひばの  ハルトマンのハの  輪転機がば  向こうのひばの  棄つるをば  鯨舟はこっぱの  三味線のば  菜つぱを  扉をば  自然的優劣論をば  義貞のたちばは  処をば  屁をば  奴をば  音をば  作者にハ  事にハ  溝をはずれてば  兩國といへばに  タイピンをば  本式にば  杯をば  提灯をば  様を見ばやとて  札たばを  憩はば  新聞もば  さまよはばやと  顔のはばが  歌へば  禍をば  天幕がば  宗教をば  ただ街をば  連歌をば  料紙をば  盛りをば  素っぱ  問へばに  箸をば  畳のけばを  顔をば  責ふさがば  かやのたばを  俯向けにば  ばをば  親のば  記憶を繰返し見ば  骨がば  蹌踉めいてば  みな揃へば  揃へば  口をば  日本一のば  云つぱ  時間が立てばが  いちばんはばを  そこにば  者がば  心得候へば  給へば  食はばやなどの  言へばを  トルコのば  衣笠殿にば  極致に至りてハ  甲乙二県とハ  とき三味線がば  貰へばとも  云はばは  処へパ  芝居気取など致して見ばやと  認むれば  羅をば  笑へば  小川の絶えばこそ  市ノ瀬さんとば  塵をば  石垣をば  歌をのばへ  仮面をば  髪たばが  髪の毛たばを  御飯をそまつにしてもば  自分だけにば  足がば  わしはしやばで  梯子をば  人に見せば  音曲をば  坂道をば  むる香をばつつ  手がばたり  波路のしるべにて尋ねも見ばや  書斎をば  秋をば  ことをば  狂へば  上へば  残リノ金ヲバ  親類共ガ毎度私ヲバ  言葉をば  金貸しにば  人がきいても聞きばが  上にハね  きのうまでこっぱが  らん人に見せば  つて仕舞へば  日輪をば  樫のば  神さまのば  引窓がば  言へばよ  淵をば  原つぱ  人間が出てくればを  歩はばの  仲間のば  珠数をば  匐へば  東野のば  云へばを  仕舞へば  柱をば  星斗賑しき空をば  願いをば  蓮さかばやと  萩さかばやと  君に見せば  ひとはばの  中はばの  ことを為して見ばやと  出でこねばぞ  物書かばや  為事をば  感をば  心の遣りばに  彼女はば  女はば  狸はば  男はば  身体のはばが  支那人がば  ことをばを  野っぱの  発達をば  結へば  葉つぱを  校正をば  欠伸をば  ひとたばの  田舍をば  事業を遂げて見せば  指環をば  留守居のば  方がはばを  町内のば  由聞伝へたれば  絹扇をば  女をば  粗朶をば  そいつもば  肩はばが  肱をば  雨戸をば  落語のハの  呼吸をば  枕をば  掻巻をば  語頭以外のハと  嗜味をば  一条をば  それと知れるをば  いはば  奥へば  恩にば  端っぱ  三たび床をば  そこらはば  齡をば  清水と名づけばやなど  後なればにも  バセヲバのバは  木からば  息子をば  やへばの  田畔ガラ見れバ  言はば  うろっぱで  モンテ・カアロのば  ものをば  月にとはばや  東風吹かばに  シルクハットのけばを  楽しみがば  ものがはばを  西風ひばに  吸へば  伝染病のば  放送はば  砲撃がば  払へばといふ  出でばや  窓をば  検査用紙をば  屋上にば  いぬゐば  月どもあげてながめ見ば  歩はばは  視線のやりばに  仇讐をば  襟をば  所謂おてんばは  羽をば  其召物をば  逢へばよ  良人をば  水がば  みんな集めてたばに  髯がば  階段のはばは  候へば  荷揚機械のば  靴をば  病気をば  野っぱへ  登別でハ  花が咲いてゐるのでハ  野心があってでハ  長生するとハ  #うちにハか  金子などハ  知を開かずバ  はりへハ  人にハ  其罪をうけずしてハ  聞込つかハ  こしつかハ  ふかシテつかハ  ニつかハ  あれでなけれバど  万一命あれバ  私にハ  ニおどりハ  ふしにハ  私しのうバの  者人物とよバ  申軍艦ニてハ  ニ私共長崎へ帰りたれバ  育方にてハ  男子出生なれバ  四月でハ  れい候ものハ  此所に来れバ  こまちのくハ  何もきづかいハ  うちにハか  留守でハ  他にハ  薩土となりハ  山にてハ  野べハ  世と共にうつれバ  五発込懐剣よりハ  云わけにハ  きのどくなるハ  奴なれバ  幕府とハ  長崎へつかハ  廿金人につかハ  中島長崎へつかハ  婆さんが煮ば  当時わが家をば  児をば  さをいつくしんでやらなけれバ  ブランカのば  わたしのば  本当のば  今のば  ちゃぼひばの  丹頂は眠っていると見えてば  處をば  目をば  根本のパの  由をば  こをばと  土間にば  二をば  姿をば  クリストを見るをえしむれば  小わつぱが  小わつぱに  葉つぱに  今日だってずバ  野にてぞねをば  西東をば  狂へばとて  お礼をば  油煙はばや  現代のハの  五歳のば  為にけなばを  言へばといふ  人をば  銀座でぱ  力一ぱい持つてゐたらつぱを  尻に立つてゐたらつぱは  鍵たばが  衣をば  風呂とはばの  里人おとなへばや  妹に着せばや  人の曳きこじてたばに  どこにも行きばの  心のやりばに  雇へば  泛かば  小説のば  こんどのば  私のば  藁たばを  其名をば  名をば  火をば  教科書をば  中にば  謠へば  間にハ  

~ ば[名詞]2
パッパ  幾分ハ  ばたばたば  このば  やがてば  如何ハ  或ハ  大きなば  ひそひそば  そのば  先ずば  ばんば  そのままば  次にば  何やらば  忽ちば  もしやば  何卒ハ  一度ハ  こんなば  づらば  少しハ  ふとハ  時々ハ  然バ  たしかにハ  づらハ  なけれバ  おもハ  ぽんハ  やはりパ  うつくしければ  そのままハ  

複合名詞
秋ハ夏  夏ハ  秋ハ  秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル  飛行機ハ  芸術家ハ  矢継ば  山ば  ば人  ば笑  ばさん  ばちん  ば不足勝ち  ば酒  紅葉ば  ば何ん  ぱツ  ば不足  ばはだし  りつぱ  ば風  ば罪  ば一ぺい欺  中ば  パチリ  心ば  はんぱ者  パロス  ば内  板ばめ  ほおば  ほうば  かいば  井戸ば  誠ハ天  路ば  毛ば  ば絶望  ば二三首歌つて  ぱッ  ば絶待  ばあい  ハ短調  ハ調  ばあい重要  炉ば  ば伏見人形  足ば  博士ハ今パリ大学ニ滞在中  世界人類ハ最大  余ハ世界人類  ぱー  ばあや  軒ば  チ茲ハ嘉永六年六月九日米  矢つぎば  毎日素ば  ばたん  磯ば  ばほうし  ケンケンば  舟ば  ば弁解  穴あらば  ば六百円  ば出來合  ばちや  ば舞臺  ば想像  ば神  ば存在  ソノ時外套ハ枝ニ  涯ハ監獄ダ  ル野末ニ喚イテル人ガアリソノ人ハ顔ダケニナツテ生キテユキ  眼ヨ君ハ  ソレスラモナホ季節ハ残シテユクウルトラマリンノ風ガ堕チウルトラマリンノ激シイ熱  リニ倒レテアルモノハ何カ俺ハ感ジル  俺ハ知ル  隅カラ俺ハ遙ルカナ雲  ルコノ瞬間ハ  ソコニハナンノ夢モナイノダ俺ハ君  君ハ横  投下セヨ海ハ  飛行ヨ自在ナレ星ハ  ルデアラウカ星ハ  コノ道ハ忽チオレタチノ胸ニマデ切リ墜チテ来ルノダサカシマノ防風林  引キ縛ル騒擾落葉松ニ絡ム砂ハ苛立チ  藉イテインザンニ轍ハ  オレタチノ展望ハ臨海屈折ヲ犯シテヰルノダ  キルモノノガントシタ所在世界ハ  翳リイツサイノ狂妄ハ点火サレ  群ハ  イデ己ハGarshinヲオモヒ頬  グルツト西ニ偏奇シテ冬ハ水イロニ光ツテルガタガタスル  ナニカ歌フヤウニダガ君ハ  享ケル夏ハ光  叫喚ハ  燃エアガル燃エアガレヨソノ涯ハテツペン  撥ジク刹那ダ小鳥千羽ハ礫トナツテ墜チテクルコノ爛酔  歌声ハ  夏畳コム透明嵐気ノマツタダ中ダコノ酔ヒニコソ己ハ  ハ蒙昧  ば決断  窃取シタル者ハ窃盗  青ば  ボンコチヤンハボンコチヤンデイヤイヤモンコチヤンニカブサリマシタカラ  タイ方ハ裏表紙  ば狂  行ば  尻ば  ばぢ  由ば連れ  畑ば  轉ば  ツぱ  ば一日  口ば  素ば  ば子  ば手  ば次  ば先づ股引  ば上  ば大  ば骨  ば北海道本島中竪穴  日本内地ニ蔓延シ信美北越武總羽等ハ其巣窟ナリシコト  コロボックル人種ハ日本人ト交通セシコト  アイノノ祖先ハ穴居セザリシコト  アイノニハ造リ得ザレトモ童人種ハ却テ  ばよう  予ハ  信号ハ微弱ナリヤ  信号ハ  局ハ予  予ハ決死的ナリ  予ハ神戸  所在ハ  局ハ当方  予ハ了解セリ  予等ハ九月四日只今  目的ハ山岳地方跋渉ニ  予等ハ此地点ニ通リカカルヤ  彼等ハ異様  其時ハ何処  ハ日本人ナルカト思イタレドモ  ニ至リテ彼等ハ日本人ニハ  局ハ引続キ当方  一団ハ何ヲナセルヤ  予ハ彼等  所持品ハ没収サレタリ  室ハ倉庫  予ハ其  総員ハ  局ハ左  事情ヨリ推察スルニ怪施設ハ  生命ハ只今ノトコロ安全ナリ  暁ハ  予ハ決死  送受信機ハ何処ヨリ手ニ  予ハ案内人  信号ハ衰減セザルヤ  予ハ一切  通信ハ  当方ハ此後  國防線ハ分テ三ト爲スコトヲ得ヘク第一線ハ則チ海軍  二線ハ則チ海陸軍  三線ハ則チ陸軍  二線ハ海岸要塞海中障碍物水雷艇隊等是ナリ而シテ此  輕重ハ國  五分ノ四ハ海外ニ  カサルヲ得ス人民ハ海外貿易ニ倚ラスシテ衣食スルモノ幾ト罕ナレハナリ顧テ我カ帝國  ヤ人口ハ益  繁殖シ海外貿易ハ  牢固ト破滅ハ忽チ帝國興亡  局面ハ現在未來ニ論ナク汪  隆替ハ一ニ其  シ往昔ハ問ハス今日ニ於テハ實ニ經濟上ヨリ人  ラ揣ラス篇中海上ニ關スル事ハ君  河ば  てんばさん  ば中學一年  ば口  幹事ハ打合セノタメ至急庶務ヘオ出  ば君  濠ば  ば色  切ぱ  ケレドモ私ハ自分デヌフコトガデキマセン  私ハ仕立屋  私ハ持ツテヰマス  附着セサル弁当箱ハ特許スヘキモノトス  応募者ハ本日午前九時履歴書  トイフ句ハ遥カニ進歩シテ居ル  ば糸  ば闘争  ば指向的  ば求婚  海ば  ちんば  ばッ  ば挨拶  ば石家荘あたり  ズル時ハ賢王ト成ツテ愚王  行ズル時ハ僧ト成ツテ正法  コウ思附イタ上ハ  昔ハ御機嫌伺イトイウ事モアリマシタガ  イヤハヤ我々枯稿連ハ口  道楽ハ  ばさ  三角ば  遍路ハ其折  高柳ハ明光丸頭取  高柳曰ク此度明光丸ハ於長崎ニ  論議ハ長崎  申上候事ハ間違  候事ハ  義論ハ此処ニ  其上今年ハ外国人  かぎりハ申兼事ニ御座候  此危難ハ是非  候時ハ  思召難レ有此度ハ勘定局重役  重役ハ  ものハ仕方  ものハ其用  此儀ハ後刻彼  願候事ハ  事ハ誠ニ  論ハ外ニ  其内自然公論ハ  事ハ御船明光丸  御船ハ長崎  主用ハ相達  私義ハ要用  ハ此度出崎  上ニ申候金ハ  儀ハ夫  只今ハ何分道中  此義ハ長崎表ニ  ハ奉行所ニ  事ハ夫ニ  事ハ私申上候事能  諸君ハ日数ハ  私ハ此  御船ハ  レ下候時ハ臣下  ハ正金ニ而ハ  レ下候時ハ右  事ハ会計方  彼是申ハ  ハ頼  私ハ十分難レ有  レ有候得共私荷物ハ  筋ハ成就  心中ハ難レ  事件ハ逐  長崎ハ不案内  其求候品ハ私方ニ  高柳曰ク何分長崎ハ一  是ハ長崎ニ  頼ハ  候事ハ私手ニ  何レ人情ハ身勝手ニ筆とりひと  其壱万余金ハ品物ニ  此儀ハ右品物ハ  長崎用達ハ  ハ申分ケ難レ立候処  願候ハ  其御手順ハ  頼ミ金ハ御用立  期限相立候事ハ出来申間敷候  其故ハ私  ハ主人  云事ハ  候時ハ拝借  夫ハ昨日以来  ハ高柳楠  レ申時ハ国本  ハ申  御願申上候ハ土佐商会  此者ハ私  バ数万金  候得バ  御座候得バ  候得バ必争論難レ止  候バ尤可レ  ニ出帆仕度候得バ  バ今日  御事ニ候得バ  バ自然ウらむところ  バ公法  バ此御船  返答申上兼候得バ  候得バ両国  候事ニ候得バ  事ニ御座候間其後不二相叶一バ夫  バ後日ニ  レ下候得バ  返金期限相立候得バ必  バ出帆  ば何  廿三日ハ乙丑  留守居ハ汾陽五郎右門也  右ハ当月何月分慥ニ頂戴  右ハ印鑑  ばなに  桜ば  山ざくらば  みちば  ばア  秋花ハ  トシテ秋草ハ黄ナリ  耿耿タル秋燈秋夜ハ長シ  風雨ハ来ルコト何ゾ速ナルヤ  敵ハ幾万アリトテモ  一徹ハ  川ば  ば人雜  ば食  ばちよ  かたハ霜こ  今宵ハ  手ハ  判者ハ朝野  我ハ父  撰ハ忘  ハ何  地ハ薄  バさま  人喜バ  喜バ  ば決定  ば分類  ば下  ば札幌農学校  日本ば  原ッぱ  手ばさん  ば反覆  パレート等  扶持ば  馬嘶キテ白日ハ暮レ剣  タル我ガ心ハ渺トシテ際リ  ばさま  ばさま二人  此法華経ハ於テ二  先生諱ハ坦  通稱ハ捨藏  父祖ハ美濃岩村藩執政タリ  先生諱ハ種樹  ハ元老院議官ニ  ハ貴族院勅選議員ニ任ゼラレ  寂々タル孤鶯ハ杏園ニ啼キ  顛狂スルノ柳絮ハ風ニ随ツテ舞ヒ  桃花ハ水  百歳ハ風前  ば人猿ども  らば余  招ば  ばくり  ば所謂  いそば  はかば  ば小北山  ば約束  ソノ所以ハ  マタ猿ハ阿諛  赤キ雙頬ハ羞恥  書ハ読ミタル者  読マザル者ハ必ズ阿呆ニナラン  成ス所以ハ  隠棲成ス所以ハ  フィート七円パ  ばしり  言ば  ば三日  是ハ余等  意ハ略スガ音律ニ  ネスパ  ぱアツ  三家者位牌事三家ハ日本ニハ云フ二坂者ト一  燕丹ハ燕国王楚国王ニ  ば持  ば洗濯  ば出  ばうた  へんば  船ば  ば使  ばさんだつ  君ハ君タラズトイヘドモ  ハ親タラズトイヘドモ  マア殿さまハ  向日葵ハ太陽  ば唄  ニ戯レ郎ハ竹馬ニ騎シテ  バ馬鹿ッ  惜まねば  漢鹿ハ  舌ハ  木ッぱ武者  兄弟ハ手足  妻子ハ衣服  私ハよそ事  紋ハ二重  上ハ将校ヨリ庶民ニ至ル  治ムル者ハ人  毛バ  二人ハ  子供ハ  ぱ微塵  荒ス者ハ  一犬一鶏タリト盗ム者ハ  婦女ニ戯ルル者ハ  弄ブ者ハ  憂ウル時ハ臣辱メラル  遼東ハ兵ヲ用イズシテ攻ムベシ  ば報告書  右ニ付村内ハ  差別ナク騒ガシケレバ其為ニ百姓共ハ農事  どれば  ばさよう  コノ稿ハ昭和七年三月三十日正宗白鳥君  好事家ハ  今夜ハ  客様ハ  今日ハ小峯公園ニケイ馬ガアル  ケイ馬ハ面白イ  馬場ノムカフガワニ馬ガ行ツタ時ハ  ば眞夜中  ふろば  パチン  紳士ハ  眼ハ  巨塔ハ  虚ナル則ハ  ナル則ハ虚トス  妙計ハ天下ニ高シ  貔貅ハ紫  銅雀台ハ高ウシテ上天ニ接ス眸  山川欄干ハ屈曲シテ明月  留メ窓戸ハ玲瓏トシテ紫烟  歌風ハ空シク筑  民ハ強クシテ地ハ険  孔明ハ  ぱ草  谷川ば  ばしわ  ば万葉  ば星  ば掛け  ふみば  輅ハ金車  戎輅ハ兵車  門戸ハ紅門  ッテカ天ハ洪  北ハ曹操  東ハ孫権ト和ス  レル所以ハ  徳ハ宏大ニシテ  パトリ  ば観念的  イツモダト私ハ知ラズ知ラズ  ば二人  自身素ば  勝手ば  在世ば  此軒ば  びをもしたひ学ば  ば百中  雲ハ  豆ハ釜中ニ  思ウ所アッテ自分ハ魏  君ハ羅侯子  統ハ既ニ漢中王  央ば過ぎ  ば想定  ばローマ主義  ば出版関係者  ば掲示  ぱ持ち  ッぱ  同胞ハ我ガ扶導擁護  ば取り  ば余  ぱ一  ぱ冷  豆マキ福ハ  オウチニ鬼ハ  パラ鬼ハ  ダ福ハ  土筆ハ  花ハ山茶花  はつぱ  ば水  往来ば  天ニ従ウ者ハ昌ニシテ  モシ臣死スルノ日ハ  公論ハ敵讐ヨリ出ヅルニ如カズ  辞ハ達スル而已矣  知ラザル所ハ  ッぱ屋  ッぱ酒  右ハ  療養所患者ニシテ七月三十日ハ其  ば十四擔ぎあつたと  ば用ア  ば十四  堀ば  改造法案ハ世界  行數ハ謄寫本  折ルモ大樹ハ損傷サルルコトナシ  初頭ハ眞ニ世界  人類ハ聰明ト情意  漫ナル愚論ナクシテ解悟スル能ハザル穉態ハ阿片中毒者ト語ル如シ  起草者ハ當然ニ革命的大帝國建設  日本帝國ハ内憂外患並ビ  數ハ生活  私セル者ハ只龍袖ニ陰レテ惶  日本國民ハ須ラク國家存立  戰ハ天其  我ガ日本ハ彼ニ於テ  彼ハ再建  云フベク我ハ改造ニ進ムベシ  全日本國民ハ心  同胞ハ實ニ我ガ扶導擁護  百年ハ一人  階級鬪爭ニヨル社會進化ハ敢テ  希臘ハ率先其レ  天皇ハ國民  國體ハ三段  一期ハ藤原氏ヨリ平氏  此間理論上天皇ハ凡テノ土地ト人民トヲ私有財産トシテ所有シ生  二期ハ源氏ヨリ徳川氏ニ至ルマデノ貴族國時代ナリ  此間ハ各地  ハ諸侯  從テ天皇ハ  此進化ハ歐洲中世史  三期ハ武士ト人民トノ人格的覺醒ニヨリテ  天皇ハ純然タル政治的中心  日本ハ天皇  歴史ト現代トヲ理解セザル頑迷圃體論者ト歐米崇拜者トノ爭鬪ハ實ニ非常ナル不祥  國家ハ各々其國民精神ト建國歴史  トハ社會ハ個人  投票神權説ハ當時  日本ハ斯ル建國ニモ  爭フ制度ハ  沈默ハ金ナリヲ信條トシ謙遜ハ美徳  宮中ハ中世的弊習  革命ハ此  ビスル必要ハ國家組織  審議院ハ一囘  審議院議員ハ各種  覆滅シタル維新革命ハ徹底的ニ遂行セラレテ貴族  ルト共ニ單ニ附隨的ニ行動シタル伊藤博文等ハ  ナキ所以ハ輿論ガ甚ダ  男子ハ  女子ハ參政權  制度ハ議會  ナリト云フ意義ニ於テ選擧ハ  義務ハ國政  セスト明示セル所以ハ日本現在  武士ハ婦人  對ナル發達ハ社會生活  政治ハ人生  タル者ハ日本婦人  善キ傾向ニ發達シタル者ハ惡シキ發達  ハ特ニ婦人參政權問題ニ  ハ何等カノ手段ニヨリテ  ハ享樂ハ  者ハ此非難ニ對抗センカ爲メニ個人  人ハ物質的享樂又ハ物質活動其者ニ就キテ劃一的ナル能ハザレバナリ  明示シタル所以ハ此限度ヨリ免カルヽ目的  以テ組織サレザル社會ハ奴隸的社會萬能  人格的基礎ハ  尊重セザル社會主義ハ  私有財産限度超過額ハ凡テ無償  國家ハ統一國家ニ  國家ハ  ハ武士等  國家ハ更ニ其  以テ徴集スル所以ハ  富ハ其實社會共同  二ハ  賠償スル時ハ  彼等ハ公債ニ變形シタル  理由ハ  スル者ハ其  國家ハ此  罪則ハ  富ハ國有タルベキガ  工夫ハ  セズ商家ハ廣キ買客  ニ刑法ハ空想ナリト云フ者ナシ  所有シ得ベキ私有地限度ハ時價拾萬圓トス  ハ其他  保護シ得ル國家ハ同時ニ國民  私有シ得ル所以ハ凡テ國家  國家ハ當然ニ土地兼併者  認ムル點ハ  土地ハ神  凡テニ平等ナラザル個々人ハ其經濟的能力享樂及經濟的運命ニ於テモ劃一ナラズ  超過セル土地ハ  國家ハ其賠償トシテ三分利付公債  超過スル者ハ其超過額丈ケ賠償公債  地主ハ其經濟的諸侯タル形ニ於テ中世貴族  所有權思想ハ其  維新革命ハ所有權  崇拜ハ佳人  超過シタル者ハ其  罰則ハ  國家ハ皇室下附  年賦金額年賦期間等ハ別ニ法律  一大地主トナシ以テ國民ハ國家所有  問題ハ  孰レカヲ決シ得ル國家ハ其  且ツ動カスベカラザル原理ハ  土地ハ資本ト等シク其經濟生活  一貫スル原理ハ  勤勉ナル農夫ハ借用地  人類ハ公共的ト私利的トノ欲望  土地ハ凡テ  市ハ其賠償トシテ三分利付市債  超過シタル者ハ前掲ニ  除外セル所以ハ  騰貴スル理由ハ農業地  都市ハ其發達ヨリ結果セル利益  都市ハ其  積極的發達ハ此財源ニヨリテ自由ナルト共ニ  騰貴ハ  家屋ハ衣服ト等シク各人  爲ス者ハ家屋其者ヨリ  爲メニ市ハ五年目毎ニ借地料  ハ大農法  利トスル土地ハ  土地問題ハ單ニ國内  ハ自己  制限ハ財産  認ムル所以ハ前掲  實的將來ハ  人權ハ生産的活動  理由ハ社會主義ガ其  超過セル生産業ハ凡テ  賠償金ハ三分利付公債  ンズル米國ハ金權督軍  政府黨ハ  國家的統一ニヨル國家經營ハ米國  富豪等ハ  スル者ハ  超過シタル時ハ凡テ國家  國家ハ賠償公債  合理ナリト認ムル時ハ  生産業ガ國營タルベキ爲ニ起ル疑惑ハ事業家  是ニ對シテ人類ハ公共的動物ナリト云フ共産主義者  動機ハ  美性ハ  制限ハ現今マデ放任セラレタル道徳性  差等ハ殆  銀行省ハ其  矛盾ハ一ニ國家ガ  ハ事業  外國同業者トノ競爭能力等ハ  ハ價格ガ私人生産業限度以上ナル各種  状態ハ實ニ  的組織ハ資本  戰ニ暴露セラレタル如ク日本ハ  ハ私人生産ニヨル一切  爲ニ凡テ關税ハ此省  私人ハ惡用スベキ  物價調節ハ一絲紊レズ整然トシテ行ハルベシ  國家ハ一般國民  シ此等ハ非常變態  支線鐵道ハ  大本ハ一ニシテ二ナシ  ハ殆  惡税ハ悉ク廢止スベシ  生産的各省ハ私人生産者ト同一ニ課税セラルルハ論ナシ  專賣制ハ  遺産相續税ハ親子  概算ハ推想スルヲ得ベキモ  勞働爭議ハ別ニ法律  此裁決ハ生産的各省個人生産者及ビ勞働者  ハ智能  從テ軍人官吏教師等ハ勞働者ニ  主張スル時ハ其所屬タル内務省ガ決定スベク  ナス時ハ文部省ガ解決スベシ  同盟罷工ハ工場閉鎖ト共ニ此  勞働賃銀ハ自由契約  其爭議ハ前掲  自由契約トセル所以ハ國民  眞理ハ一社會主義  ハ國民權  壓迫ニヨリテ勞働者ハ自由契約  勞働者ハ眞個其  社會主義的理想家ハ國民ニ徴兵制  人生ハ勞働ノミニヨリテ生クル者ニ  天才ハ勞働  レル今日トナリテハ其レニ附帶セル空想的糟粕ハ一切棄却スベシ  勞働時間ハ一律ニ八時間制トシ日曜祭日  農業勞働者ハ農期繁忙中勞働時間  私人生産ニ雇傭セラルル勞働者ハ其  配當ハ智能的勞働者及ビ力役的勞働者  勞働者ハ其  國家的生産ニ雇傭セラルル勞働者ハ此  勞働者ハ其等  機械其者ハ人類  鑛山土地等其者ハ  所有セシムル凡テノ力ハ國家ナリ  企業家ハ企業的能力  提供シ勞働者ハ智能的力役的能力  ハ日給ハ企業家  劃ニ參與スルノ權ハ此  勞働者ニ利益配當ヲ用ヒザル所以ハ  ナス時ハ非常ナル不公平  與スルノ權ハ國家全局  事業ハ其レニ雇傭サルル肉體的精神的勞働者  世紀一世紀間ハ現代  發言權ハ勞働爭議  國家ハ別個國民人權  分有セシムル大本ハ別ニ存セリ  革命論ハ繁殖スベシ  之ニ違反シテ雇傭シタル者ハ重大ナル罰金  ハ體刑ニ處ス  家庭ニ於テ勞働スル者ハ此限リニ  課スル所以ハ國家  勞働ハ男子ト共ニ自由ニシテ平等ナリ  方針トシテ國家ハ終ニ婦人ニ勞働  ハ貧困者  使命ハ國民  學教師ニ劣ラザル教育的勞働ヲナシツツアル者ハ婦人ナリ  婦人ハ已ニ男子  國民思想ニヨリテ婦人勞働者ハ漸次的ニ勞働界  點ハ女子參政權問題ニ於ケルガ如ク  人格ハ歐米  婦人ハ家庭  集合タル國家ハ百花爛漫春光駘蕩タルベシ  原野ハ六千年間婦人ニ耕ヤシ播カレズシテ殘レリ  勞働ニ服スベキ者ナラバ天ハ彼  ハ父ナキ兒童ハ  國家ハ其  場合ニ於テ國家ハ  ハ母  ハ特種能力ニ於テ教養セラレ得ル兒童ハ  憂惧ハ子女  ハ犧牲的冒險  國民ハ其  スル所以ハ  婦人ハ男子タル父ト同一ナル勞働  國家ハ夫ト子女ト婦人其者トノ爲ニ其  生活ハ母自身  父ニ強ヒザル所以ハ  ハ積極的活動  孤兒院ニ收容セザル所以ハ  保護者ナキ孤兒ハ國家  權利ハ  ハ男子ナクシテ貧困且ツ勞働ニ  ヘザル不具廢疾ハ國家  ハ養男子トシテ婦人ニ扶養  負荷セシメザル所以ハ  婦人ハ自己一人以上  ハ養男子ニ貧困ナル老親  ハ慈善家  ハ女子ニ負荷セシメザル所以ハ  ハ娘  義務ハ別ニ法律  體育ハ男女一律ニ丹田  遊戲ハ撃劍柔道大弓薙刀鎖鎌等  ハ團體的ニ興味付ケタル者トシ從來  國民教育ハ國民  校舍ハ其前期  教育ハ  男子ト同一ニ教育スル所以ハ  滿十六歳マデノ女子ハ男子ト差別スベキ必要モ理由モナキヲ以テナリ  特殊課目ハ  後者ハ  學校ハ凡テニ  英語ハ國民教育トシテ必要ニモ  日本ハ英語  思想ニ與ヘツツアル害毒ハ英國人ガ支那人  言語ハ  チニ思想トナリ思想ハ  苦惱ハ日本  不便ハ免ルベキモ言語  國語問題ハ文字  ハ單語ノミ  而シテ不幸ナル幸ハ中學教育ニ英語  ハ半年ニテ足ル國際語  兒童ハ國際語  革命的團體ハ  モ不便ナル國語ニ苦シム日本ハ其  日本語ハ特殊  日本ハ  難問題ハ實ニ三五年  劣惡ナル者ガ亡ビテ優秀ナル者ガ殘存スル自然淘汰律ハ日本語ト國際語  朝鮮語ハ  丹田本位ト決定スル所以ハ  是等ニ示サルル如ク印度ニ起リタル亞細亞文明ハ世界ヨリ封鎖セラレタル日本ヲ選ビテ天  譯的體育ハ實ニ根本  譯體操ハ特ニ嚴禁  廢止スル所以ハ  如ク日本國民ハ永久ニ兵役  且ツ一年志願兵特權ハ此等  一理由ハ日本  將來ハ陸上ニアルト  ハ根本  學校支辨トスル所以ハ  擔ハ  教科書ハ國庫  理由ハ其  理由ハ幼童  根本的革命ハ戒嚴令施行中ヨリ實施スベキ者ナルヲ以テ  自費タルコト等ハ推想シ得ベシ  中學女學校舍ハ  ハ此レ  校舍又ハ單科  ハ其子ガ自己  侮蔑スル言動ハ  婦人ハ  ハ其  婦人ト姦シタル者ハ婦  ハ罰金ニ處ス  訴ハ必ズシモ離姻  興廢ハ悉ク男女  嚴守勵行スル立法ハ實ニ一日  理由ハ國家ガ國家  ミノ父母ハ單ナル保姆  理由ハ婦人  勵行ハ彼  價値ハ戀愛  一夫一婦制ハ何等  自由ハ自由  一夫一婦制ハ妻  解釋ハ  コノ一夫一婦制ハ理想的自由戀愛論  買ハ此  國家ハ兩者共ニ法律  男子ハ家族ニ對スル權威  罰セザル理由ハ  日本國民ハ平等自由  官吏ハ別ニ法律  被告ハ辯護士  體刑ト明示セル所以ハ其  ハ鏡ニ掛ケテ  根本ニシテ明白ナラバ未決監中ノ人權蹂躙ハ  被告人ハ罪人ニ  ハ制限サルル理由ナシ  數ハ  終局ハ國民精神  ハ世界ニ對シテ勳功アル者ハ  國民ハ平等ナルト共ニ自由ナリ  ム革命的思想家ハ  凡テノ光榮ハ其レ  私有財産ハ國家  ハ他  國家ハ將來益  ハ國民  財産權ヲ犯ス者ハ  ハ乞食トシテ待遇セラルルハ論ナシ  權利ハ國家  人ハ各々其人  ハ分子トシタル小社會  者ハ國境  ハ分子タリ  收得スル者ハ國家  私産限度制ハ國家ト國民  遺産ハ其  遺産ハ夫タル父ニ於テ凡テ相續セラルベシ  現代日本ニノミ存スル長子相續制ハ家長的中世期  朝鮮ハ日本  カントスル日本ハ  程度ニ於テ日本ハ幾百倍ヲ感ゼザルベカラズ  朝鮮問題ハ  民族タル點ハ其  混ジタルカハ人類學上日本民族ハ朝鮮支那南洋及ビ土着人  多量ニ引ケル者ハ彼ト文明交渉  スルニ凡テノ原因ハ朝鮮ガ日本支那露西亞  原因ハ統治者ガ日本タラザル時ハ露支兩國  ハ同盟者タル危機ハ  彼ハ講和會議ニ於テ其  亡國的腐敗ハ悉ク事大的國是トナリテ  朝鮮ニ於ケル立場ハ英國  革命黨ハ  ハ單ナル休戰條  日本ハ露國  國防上ヨリ朝鮮ハ永久ニ獨立  脅威ハ過渡時代  襲來又ハ眞乎  ハ亞佛利加  日鮮人ハ  日本皇室ト朝鮮王室トノ結合ハ實ニ日鮮人  皇帝ハ  青年士官ハ佛蘭西ニ對スル愛國心  朝鮮ハ特ニ其  失フ所以ハ外部的壓迫ト内部的廢頽トニヨリテ自決スル力  本旨ハ人道主義ト云フガ如キ合理的命題ナリ  ル民族ハ老婆  ル民族ハ少女  強國ハ分解スベシ  明スル彼等ハ  實ニ朝鮮ハ合併以前自決  朝鮮ハ露西亞  亡國史ハ實ニ朝鮮人  國家的覺醒アル鮮人ハ之  日本ハ眞個父兄的愛情  原則ハ  横暴ハ實ニ當年  亞細亞ニ與ヘラレタル使命ハ英人  土地ハ土地私有限度ニヨリテ一度國家ニ徴集スルト共ニ  ル内鮮人ハ平等  精神ハ内外人ニヨリテ正義  日本ハ凡テニ於テ惡模倣ヨリ蝉脱シテ其  ハ生産業  日本國家ハ  日本國民ハ只其  公平無私ハ  改造ハ此  改造執行機關ハ日本内地  終リタル後ニ着手スル所以ハ  理由ハ在郷軍人團ナル好適  ハ意外  理由ハ三年間  日月ハ日本  亂ハ今  而モ根本原因ハ日本資産家  民族ハ  領土ニ移住シタル者ハ居住三年  文化程度ハ  領土ハ  爲メニ選バレタル日本國民ハ將ニ天譴ニ亡ビントスル英國  領土ニ於テ三年後ニ取得シ得ベキ理由ハ  既ニ移住シ居住スルホドノ者ハ  理由ハ東西文明  以テシテ土着人ニ當ラシメザル所以ハ主權本來  國家ハ國際間ニ於ケル國家  豫一年志願等ハ  現役兵ニ對シテ國家ハ俸給  兵營又ハ軍艦内ニ於テハ階級的表章以外  日本ハ建國精神ヨリ  國家觀ハ國家ハ有機的不可分ナル一  形式ハ獨佛ニ學ビタルモ  義務ハ  講和委員ハ何ガ  ザル事ハ  海上ニ於テ英國ノナシツツアル者ハ實ニ遺憾ナク完成シタル海上軍國主義ナリ  建國ト信念トニ於テハ傭兵ハ必ズ弱兵ナルハ論ナシ  實戰シタル軍隊ハ徴兵制  戰ニ於ケル英米ハ只海上封鎖ニヨリテ食料ト軍需品ト  徴兵トノ優劣ハ實戰ニヨリテ立證セラレタルモノニ  光榮ハ十分ニ認知セラレタルハ周知  自由ハ  ハ信仰  ハ有害ナル者  離別ハ地獄  價値ハ其  ハ世界思想ニ戰ヒテ凱歌  ハ退却  ハ降伏  號スル如キ信仰ハ  ハ刄  價値ハ天理教ヨリ遙カニ以下ニシテ  神ハ全智ニシテ全能ナルガ  宗徒ハ  神ハ  刑罰ハ斷  豫一年志願兵等ハ現時  理由ハ消失スベシ  ハ一年半  軍隊的軍艦的訓練ハ如何ナル專門的使命アル者モ身心  豫ハ速成學士  呑ミシ爆發ハ現前ニ  凡テノ國民ハ國民  恨ニ爆發スルノ日ハ則チ勞働者ト結合シタル勞兵會  ハ此  忘却ハ可ナリト云フノ理ナシ  ハ國庫  兵營又ハ軍艦内ニ於ケル將校ト兵卒トノ物質的生活  平等ニスル所以ハ自明  來將ハ卒伍  ハ亡國  連勝セシ精神的原因ハ  キ將來ハ奈翁  一ハ己レ  シテ士卒ニ赦サルル將軍ハ日本  途ハ革命カ亡國カナリ  國家ハ自己防衞  ハ民族  徹底的理解ハ  ハ侵略者  從テ利己其者ハ不義ニ  封鎖シツツアル現状ハ同一ナル不義ナリ  開戰ガ正義ナル場合ハ現状  英國ハ  富豪ニシテ露國ハ地球北半  地位ニアル日本ハ  侵略主義ナリ軍國主義ナリト考フル歐米社會主義者ハ根本思想  ハ流血ニ訴ヘテ  シ是レガ侵略主義軍國主義ナラバ日本ハ  ニ於テモ日本ハ濠洲ト  以テストモ日本ハ數年  社會問題ハ永遠無窮ニ解決サレザルナリ  印度獨立問題ハ來ルベキ  世界的天職ハ當然ニ實力援助トナリテ  失敗ハ凡テ日本ガ日英同盟  獨立ハ  十三洲獨立戰ハ其  獨立ハ永久ニ期待スベカラザル者ナリ  決定スル者ハ一ニ只英國海軍  陸軍援助ハ  決定的成否ハ已ニ海軍力  日本ハ此  日英兩國ハ中立的關係ニ立ツ能ハズシテ  碎破スルニ足ルベキ軍國的組織ハ不可缺ナリ  ハ海上ニアリ  逞ウスル所謂平和主義ナル者ハ  譯スル輩ハ  支那ハ  眼前ニ迫レル支那ト英國トノ衝突ハ日英同盟  英國ハ日本ヲ外ニシテ支那ニ  奴隸的臣從ハ  則チ彼ハ西藏獨立  堅持スル日本ハ彼トノ衝突ニ於テ  彼ハ日本  以テ立證セラルルノ日ハ則チ日英兩國ガ海上ニ  支那保全ニ於ケル日英開戰ハ已ニ論議時代ニ  日本ハ支那ニ於テ東洋  如ク英獨協商ハ香港  戰中ニ於テ日本ハ獨逸  天道ハ甲國  彼等ハ講和會議ニ於テ英國  英國ハ英獨協商  ク已ニ揚子江流域ハ英國  明治大帝ハ何  聲ガ支那ト米國トニ一齊ニ擧レル所以ハ日露戰爭ニヨリテ保全サレタル支那ト  ハ世界的排斥ニ反省セズシテ陷穽ニ墜落シタリ  日本ハ排日  リテ支那ハ只分割サレザレバ足ル  排日ハ根本的ニ永久的ニ跡  東西此利亞領有ハ日本  ハ支那  シテ日本ハ北ニ  支那保全策ハ  對外行動ハ  スルニ日本ハ日本海朝鮮支那  日本ハ明カニ英獨  ニ於ケル調印ハ獨逸  日本ハ米獨其  講和會議ハ印度洋  ラヒナルカノ如キ妙諦ハ  急迫ハ維新革命ニモ優レリ  トヲ墨守スル者ハ革命論ニ於テ羅馬法皇  ハ個人  其ハ疑問ナク  彼等ハ舊時代ニ生レ其  國ハ興リ國ハ亡ブ  歴史ハ進歩ス  平和ハ  主義ハ其  理想ハ何  日本民族ハ主權  國ハ凡テ謎  自立セシメタル後ハ  日本國民ハ速カニ此  日本ハ亞細亞文明  戰ナキ平和ハ天國  バ天下悉ク服セン  人ハ  石時代ト稱スベキモノヽ存在ハ  人類墮落説ハ古代  ハ墮落  一期ハ金時代  人民ハ  二期ハ銀時代  此人民ハ敬神  三期ハ青銅時代  四期ハ英雄時代  五期ハ鐵時代  ハ皆金屬  テハ銀時代ナル名稱ハ人  ハ黄金世界ナル名稱ハ形容  青銅時代鐵時代ナル名稱ハ考古學上  失ヒタルモ是ニ附隨セル名稱ハ  盛ニ行ハレタル時代有リシ事ハ  此名ハ其形ニ於テ明カニ青銅時代鐵時代ト云フ名  示ス好例ハ  両所共上部ハ鐵器  中部ハ青銅器  下部ハ石器  此ニ於テ人類ハ石時代ヨリ  人類ハ必シモ三時代  土人等ハ石器使用中ニ開明國人ニ接シテ鐵器  順序ハ不自然ナリ  青銅ハ二種  用ハ  發見物ハ必シモ同一人民  歐羅巴ヨリ移住シタル鐵器使用人民ハ亞米利加舊來  ハ鐵器  通ジテ石器時代ハ  ル時ハ殆ト  土人ハ其開化  關係ハ  ヲ以テ甲ハ乙  ハ人爲ニ  貝塚ハ石器時代人民ガ食余  竪穴ハ石器時代人民ガ住居セシ跡ナル事  明ナル物ハ石器及ビ土器ナリ  比較研究ハ石器時代人民生活  日本石器時代人民ハ幾種族ナリシカ容易ニ知ル事能ハズト雖モ  主要ナル石器時代人民ハ何者ナルカ  祖先ナラザル事ハ  此人民ニ關スル史傳口碑ハ日本人  此地ハ决シテ無人  住居ハ竪穴ニシテ屋根ハ主トシテ蕗  彼等ハ石製  彼等ハ始メ  彼等ハ一種輕キ物質  レ墨ハ彼等  ハ先住者  時代ハ今  遺跡ハ北海道ニ於テハ  精ク調査スル事ハ容易  彼等ハ  彼等ハ最近  風俗ハ  基礎トスル時ハ更ニ精ク追想スルヲ得ルナリ  ハ土偶  知リ居リシ事等ハ貝塚發見  堀リ凹マシテ住居トセシ事ハ彼  彼等ハ北海道  ハ更ニ北方ニ移リテ今  タル人民ハ何所ニ現存スルヤトノ問ヒニ對シテハ  容貌風俗ハ  服ハ胸  甲ハ種々  造レドモ乙ハ更ニ造ル事  甲ハ唐草  メドモ乙ハ之  スレドモ乙ハ之  ハ一  日本石器時代人民ニ關スル研究ハ啻ニ日本  是等ニ關スル智識ハ實ニ人類學  結果ハ廣ク人類學  ナル遺物ハ何レ  バ形容ニシテ  バ器具原料  ば交際上手  ば金  ばツ  一息ば  ぱらつて堀ば  ば先  二十圓パ飮ん  ば側  ば百年目  印籠ばめ  ば楽観的  ばしこそう  私ハ映画ノホウノ人間  シカモカタカナノ問題ハ現在  ニ私ハ  活字ハ  前者ハ毛筆ト和紙ニ対シ適合性  シ後者ハ適合性  趣味生活ハ問題外  コノ項ハ活字以外  シカルニ草書ト楷書ハ  ヒラガナノ構成単位ハ曲線  楷書トカタカナノ構成単位ハ直線  コノ問題ハ活字ト関係ガナサソウデアルガ  我々ハ  ヒラガナヲ捨テ切レヌ人ハ  実行ハ簡単ダガナカナカソノ気ニナレナイ問題トガアル  私ハ何  ば微笑  ば出來  ば眞面目  ば眞  パオリ  ば角  ば渡  人あらば史學會雜誌  文體ヲ審ニスルニ前後詳略アリ前半ハ追記ニシテ後半ハ  一事ハ曲筆  其餘ハ  右ハ至情  私ハ従来  後継者ハ立派ニ  起スヨウナ習慣ハ少年ノウチカラ彼女等トノ交遊ニヨツテ  非常ニ私ハ女  何ウモ君ノマハリニ集ル紳士連ハ  ば浮動  尾ば  ぱア  アぱア  アぱア云  間ぱー  ば上京  ル手ハ  彼奴ハ故郷ニジットシテイテ  四月中ば  風ガヒドクテ三匹ハ  立ちば  ば三者共  ば零落  ば称  ば延長  ル声ハ  ば力  ば間違  ば道  以上八策ハ方今天下  みんなちんば  ば余り  ば西欧  ば長州  誌すそば  函館ば  此者ハ不忠ナル  稲葉悦ばずし  ば三田村  ば一一  嬉ば  アナタノ洋服ハ一度アラツタラドウデスカ  ばちゃ  ばちゃり  ば朝礼  ば姉川  愛ハ惜シミナク  言葉ハ  ニイル水死人ハ  男ハ  女ハ  丸マゲ崩レヌヒトリノ女ハ  葛西善蔵先生ハ  良策ハ  カツテ私ハ  哲学ハ  ハ筏  果ハ  真理ハ微笑ン  ハ楽シキ小波  ば懸念  パクリ  ば事こまか  らば科學研究所  縁ば  語ば  月ちんば  ば諒  思付けば  ハ行  らば業挙らむ  明日ハ十五日ニツキ  ば越後國  ば紀伊  ば一人  高山ハ  景行ハ行ク止  径ば  人間ニ政府ヲ立ル所以ハ  政府ハ  王ハ  此通義ハ人民ニ於テハ甚ダ貴重ニシテ  議スルノ権ハ  其本国ハ内外  英国王ハ我州民  方今ハ外国  如キ暴君ハ自由寛裕ナル人民  ハ骨肉  合衆諸州ハ  ハ師  ハ和睦  ハ条約  ハ貿易  都テ独立国ニ行フベキ事件ハ我国ニ於テモ  趣旨ハ  ぱアー  葡萄牙ハ  ば家  央ば  ちゃば  ば事實  ば一種  塵ッぱ  囲爐裡ば  ば成功的  ば表現  ぱ汁  ば石  ば記實  ば度外視  ば何人  ば余り感心  ば神子田  ば酒好き  ばあやさん  ば三年前  ば一個五十銭弁償  俺ハ復讐ヲスルンダ  ばちゃん  私事ハ急用これ  先ハ早  事ハ  ハい  其後ハ御物  レ成候得バ  当時ハさつま  致候時ハ  ハ伏水  ハ幕府目下  ハ浪人ハ関以西強国  ハ今時ハ  ハ幕情不通  笑ハざる  ハ敷成可レ  此佐井ハ北奉行人町杉山佐井虎次郎幸助方ニ  ハ曽而手紙  レ出候得バ  私ハ近日  二国三国ハそふだんニ  ハ古道具  者ハ小曽根英四郎  ハ十六日龍馬  此事ハ西郷  昨日ハ  此儀ハ別紙松井周助兄  ぱーッ  ば余今ここ  今朝ハ失敬  寓所ハ牛込矢来町三番地字中  老幼ハ溝壑ニ転ジ壮者ハ  肥田沃土ハ  当局ハ  請願スルヤ有司ハ警吏ヲ派シテ  怠慢曠職ニシテ上ハ陛下  リ下ハ家国民生  横流ニ任セバ臣ハ  ば促進  坊ハ区也  坊ハ区院也  六月五日宣舜衆中沙汰衆御房奈良中唱門事ハ  是ハ朝夕京田舎以下召仕用ニ別而南里  五ヶ所唱門事ハ  近日ハ八人分奉公仕者也  此分ハ只今  此三ヶ所ハ毎事  七道者共ハ悉以十座  鳩垣内分ハ内  只今ハ申状福寺  鳩垣内分ハ  近日ハ  種姓ハ  国民等ハ令二立身一  ば後  あらば  ワタシハ玉子ハ  ば懐疑的  ば人麻呂後期  ば雨  ば可いが  ば何時  ば旅  告白対象ハ  物件ハ  右期日以後ハ何時爆発スルヤモ  リノ者ハ注意セラルルヨウ此段為念警告ス  ハ蒲団綿  ば降誕八日め  六月中ば  日ハ君臨シカガヤキハ白金  草ノタネマケリ日ハ君臨シ穹窿ニミナギリ  汗ヲ感ズレバ気圏ノキハミクマモナシ日ハ君臨シ玻璃ノマド清澄ニシテ寂カナリサアレヤミチヲ索メテハ白堊  霧モアビヌベシ日ハ君臨シカヾヤキノ太陽系ハマヒルナリケハシキ旅ノナカニシテワレラヒカリノミチヲフムEOS  ば熱  被告ハ道子  私ハ心中デハ非常ニ煩悶シテ居リマシタガ  之ハ  道子ト話ヲシタ事ハ  私ハ床  私達ハ二人トモ姦通者ナンデショウ  私ハ夫ニハスマナイト思ウカモ知レナイケレド  私ハ  為ニ生キテ来タヨウナ私ハ  被告ハ清三ガ  セバ清三ハ  被告ハ清三ニ恨ミガアルノカ  ハ二人  ソノ時ハ何シロ夢中  方ハ病人  私ハ二人ガ  ト云イマスト清三ハ床  君ハ大寺君ジャナイカ  ハ此処ニ居ル道子サン  ハ道子サント僕トハズット  道子ハ君  ソノ間道子ハ  私ハ清三  三ハ  私ハ一気ニ  道子ハ夫ガ倒レルト悲鳴ヲアゲナガラ夫ノトコロニカケヨッテ介抱シヨウトシマシタ  道子ハ悲鳴ヲアゲルト同時ニソノ場ニ気  シモシ誰カ来タラ自分ハ道子  私ハ叫バレテハイケヌト思イ膝  三ハ息  清三ハ  ぱ一本  ば二三年  死因ハ目下不明ナリ  指紋ハ四人分有リ  指紋ハ  指紋ハ未詳ナリ  ハ昭和十五年八月九日午後十時鶴見工場ニ於テ土井健作  如キ人ハ都人  ば可  ハオ年ガ  ハオヒゲ  ハトテモ  ハオドロイテ山羊サン  ハ平気  ハ仕方  ば一里  オ心アタリノ方ハ私ノトコロマデオ知ラセ下サイ  塩ば  パローマ  ば東京  ば戦闘艦  ぱッぱッ  横浜税関倉庫ハ全壊シ  着荷ハ三分ノ二以上損傷シタルモノト  ば網  ば高処  ば千とせ  ば為  京家すべてば  発受ハ親類  者ニノミコレヲ許スソノ度数ハ二カ月ゴトニ一回トス賞表  ビ瘡痍ヨリ芽フキテソノ傾ケル紅ハ茎ナガクイトハルカナル方ニムカフ  QZ19ハ  30ハ間諜座内ニ其儘止リテ  在京同志ハ悉ク明朝  ば実在界  ばさん私  仲ば  ば体  小次郎ハ忠興公  武蔵ハ興長  ルニ小次郎ハ忠興様御船ニテ  私ハ其許様御船ニテ  儀ハ幾重ニモ  明朝ハ爰元船ニテ向島  白ば  ばさー  妃弟橘媛命ハ竜神ニ  額ハ  ば料  攝津國武庫山ハ神功皇后  其三萬八千荒神ハ  ば通り  ば靜  ば窕子  ば有  ダガ僕ハ御国  僕ハ今度クルブラ島  其霊魂ハ  ば意識的  ば観念  パレート  ば上下  今日ハ手  明日ハ雲井ノヨソノ空  ば羽後山形  ば別  パピン  ば源平屋島  眠入りば  ハ氏  ば四  ば慨歎  ば戦  以テカ欧米列国ハ夙ニ莫大ナル費用  施設ハ主トシテ中華民国及満洲国学生  ハ已ムヲ得サリシ所ナルヘキモ  文化ハ泰西文明  性質上之カ遂行ハ容易ニ  股ヨリ下ハ  ハサンポ  ハオイケ  ハメガネ  ハカラダ中  ハクシヤミ  ハイマデモ  御陵ハ山辺道  御陵ハ山辺  肺炎ハ肺炎  二週間ハ注意シタマエ  花ハ火ニアラズ  ば何處  一人向けば  パロット氏  ば大言壮語  ばメモ  ば目  ば十年  バ行パ行  ば後九月  ば小生最後  せつぱ  ば十時  谷ば  いくらば  盛式ハ東京知事  大久保公ハ何処ニ御座ルカト  レドモ我輩ハ其顔  西洋人ハ  一ば  牢ハ淋シムノ意  ば事行  ば回帰的傾向  香炉持ハ左右  ば先づ學問  隊長ハ鶏  二人ハ鶏  たんば  パシーン  平均律洋琴曲ハ長調フーガ  女中ハ一人ノミ  寝室ハ  寝室ハ二階  場合ハ護身術  進駐地域ニ居住スル必要ナキ婦女子ハ  パトウ  パネム  ば二十  筋道どおり搬ば  ル場所ハ何処  日ハ何日  時ハ如何ニ  ば滿十五年  ル者ハ流三等  毆ツ者ハ皆  せつぱ詰つて  ば村  ゆば  ば三  はけば  ば威嚇  ばこと  焔ハ紅日ニ隨ツテ  煙ハ暮雲  鳥ハ眉上  魚ハ口傍  緑髪ハ波ニ隨ツテ  紅顔ハ浪  ば一対  ば先づ足利  ば武藏野  ば転身  いつか毛ば  ば外  文ハ  武ハ  知ハ  能ハ  シテレ學バ而能クス  エばよう  ソウシテ私ハ別  らば  ば上述  パアン  ば手取  ば数語  ば行  ば毎  ソノ長イ体ハ  全員ハ傷ツキ七分  海上ハ波オダヤカニシテ  台数ハ不明ナリ  針路ハ西南西  隊ハソ連潜水艦タルコト  六十戦隊ハ  大西洋及ビ太平洋合同艦隊ハ  ハワイ島ハ一躍  本艦ハ唯今  商船隊ハ  艦ハ連絡  吾ガ連合艦隊ハ  艦隊ハ既ニハワイパール軍港  海戦ハ遂ニ開カレントシ  十三潜水戦隊ハ  狹ばめ  パヅル  ば名  ば立て  ば一銭  ば一段二段  てんば  ば八千代  ば群とんぼ  本船ハ危機ニ瀕ス  計画ハ  浪人ハ其  左京儀ハ他家  ば矛盾  ばさら  ばさら執権  ばさら御家人  ばさら市人  ばさら大尽  ばさら尼  ばさら商売  ばさら大名  ばさら者  ばさら精神  火ば  相似忙ハ  肥狗ハ天ニ傲ツテ吼エ痩人ハ地ニ  官ハ従四位ヨリ以上  領ハ武蔵  政道ハ紊レ  起居ハ王侯  ハ数十人  名犬ハ税トシテモ  寡欲ナル武門ハ  門ハ賄賂ヲヨロコビ  忘レルモノカ芥川龍之介先生ハ  拵申立候儀ハ  儀ハ  ハ堂上方  候ハ  大弐ハ死罪  右門儀ハ獄門  ば流浪  ば甲州特有  ば科學者  ハ十人  タメ部下ハ相ツギテ死シ  墓穴ハ頻々タル火災ト時代  彼女ハ災害ニテ死シ  ハ生死不明トナリタリ  墓穴ニ関スル重要書類ハ紛失シ  屍体ハ  パチノ墓地  内地ニ帰ッテカラモ親兄弟ハ  ばさら狐  手ば  毳ば  ばさッ  石狩ハ  富貴ハ内地トソノ隆  文章ハ  当地ハ成田山新勝寺オヨビ三里塚  節ハ  ば寛政七年頃  欣ば  ば正坐  逃げば  ば神儒佛  パチリ鞘  上りば  飴ば買い  言ッぱ  ば五十人  ばどろどろ  やつぱ  諸君ハ別荘ト云フ言葉  ハ特別  ハ森アリ畑アリ牧場アル原野ニ  ハ云フカモ知レヌ  主人ハ自分ノコトバカリヲ考ヘテハナラヌ  責任ハ更ニ  解放ハ  ハ二十円  諸君ハ知ラズ識ラズコヽニ永代不滅  我等ハ敢テ云フ  ナホ数字ニ関スル詳細ハ本社  ハ現地事務所ニツイテ問ヒ合サレタク  ナル土地ハ  ば事  唇ば  ば二本指  ば心  ば愛づとことさらつれなくせむやかく  ば語りき  ば寄せ  剣ハ雲根  ば顔  今度ハ四方輿ナリ  女房三人ハ張輿  源中納言北畠具行ハ  源中納言具行ハ  おれば  三ば  パイエス  乳ば  基督ハ何国  ソレデハ基督ハ西洋  ソレデハ基督ハ何者  基督トイウ人ハ  余ハ  行先ハ江戸  使ニ来リシ犬ハ  賞ハ  ぱッちり  考案品ハ右  シテ完全ニ蒸焼サレタル芋ハ  滲ハ良好ニ行ワレ  商ひといふ事はじめば  乘らば  ば玉枝  奇功ハ功ニ数ヘズ  絃ハ  ば高時公  パいよ  字ハ実父  日蓮ハ日本国東夷東条安房  身ハ人身ニ  日蓮ハ日本国  日本国ハ  犬ハ白キ犬ナリ  犬ハ黒キ犬ナリ  老翁ハ孫  母ハ児  任土ハ有  てるちんば  ば解明  日ハ君臨シ  太陽系ハ  ば折檻  ば七十五里  ばちか  菩薩ハ聖代  ンシカモ丹精ハ誠ニアリ  ば正視  ばさんこォ  ル時ハ肩  歯ハ馬  爪ハ熊  髪ハ鼠色ニシテ  ば加配  日本人ハ武術  外ハ剣  抑制スルノ力ハ驚クベキモノアリ  日本人ハ  彼等ハ街上  敵ト目ザス者ニ逢フ時ハ  改メシムルノ道ハ  者ハ  面貌ハ皆  元祖戸田清玄ハ宿願コレ有ルニヨツテ  ば一週間  年号ハ停止スル  一切衆生ハ  ば六十六人  私ハ犬  オイデ下サル方ハ  痴蛙ハ憂慮ニ  性下愚ナル者ハ  佳味ハ司厨  作料ハ婦人  法ハ物  人ハ必ズ其倫ニ擬スト  ナル者ハ  一物ハ一物  治スル者ハ須ク  美食ハ美器ニ如カズト  良厨ハ  レ希ハ兒子  レ願ハ二多能  一買ハ中美田  母ハ隈崎氏  ルレ能ハ二敢テ言フ一者  ハ二其  ル二千思萬慮以テ救ハ一レ  バレ能ハ二矯正スル一  ダレ能ハ二  所レ謂ハ神盟者也  レ失ハ二神盟  血戰奪鬪シテ而斃レタル者ハ  ばちやん  麦ば  ば待ち  わくらば  ばお願い  詔ハ聞カズ  侵ス日ハ  ルニ豆ハ釜中ニ  コレ根ハ  ば種  ば冬眠中  ば山高  ニ巧思極マル時ハ則チ神妙ナリ  神妙ナル時ハ則チ自然ナリ  ハ賤ニヨシ  上ハ王皇ニ陪シテ栄ト為サズ  ハ乞児ニ伍シテ辱ト為サズ  素ッぱ  ば呼び捨て  ば仲裁人  ばごろ  ば自慢  妾宅ハ丸ビルダト言ッタラ  シ広告ハ粗美ヲ編セズ  ば一ぱい銀河  一日爐ば  旅宿ハ戸  今年ハ珍シク冬籠リノ客多数  身ハ  ばいっぱい銀河  ば取り違  精ハ人間  ハ山ニモアラズ水ニシモ  ソノ味ハ醇厚  ば山手線  描ば  ば知らず  花街ハ方今  三面ハ渾テ本郷駒籠谷中  莫約根津ト称スル地藩ハ東西二丁ニ充タズ  曰ク片町等ハ倶ニ  曰ク八重垣町等ハ僉廓内ニシテ再興以来  爾シテ花街ハ其  昔日ハ  吉田屋ハ  他局店ハ曰ク三福長屋  ハ小店ト称シ  ハ五軒ト号ケ  ハ局ト呼ブ者  且又茶屋ハ梅本  其他ハ当所  余ハ推シテ量ル可キナリ矣  ハ湯花  ヲ鬻グ者ハ  ば是認  ば確認  善ぱ  先陣ハ  本軍ハ紺辺  原文ハ  杉田ハ決心シマシタ  杉田ハ決シテ卑怯ナフルマイヲ致シマセン  ハ俺  ば一個花魁  ば四円二十銭  精一パい  懌ば  ば自殺  ば軽蔑  三篇ハ都合  此小説ハ  ば學問  圍爐裏ば  言葉ば使  著物ば著  せつぱ詰つた  ざッぱ  ばあづさ弓  安危ハ只コノ一挙ニ有ル  万事ハ休ス  性行学識并功績等ハ世  一言申上度ハ  小生ハ尊大人  学事上ハ  其恩義ハ  先ハ此段一言申述候  ぱ一つ  解シテ始テ其裁判ハ悉ク情理  ば五十  顔色ハ美ナルモ腰ハ  星ハ  ば水むや  一人八十円パ  新堀ば  道路ば  都ハ  台所ハ京都ニヰマス  平家ハ  酒ハ酔フタメノモノデス  捨テタ人ノオ気持ハ  名声ハ譬ヘバ血  叡慮ハ是非  子息ハ宥免ノツモリデヰマシタ  関東ハ源家  北条家ニトツテハ関東ハ代々  ンフルサトノ宿モル月ハ我ヲワスルナ  皇子ハ  相州ハ  武将ハ  男ハ苦悩ニヨツテ  望ンデワルイ理由ハ  子孫ハ  ば奮起一番  ば鎌倉  秩序ハ善良  目的トスル法律行為ハ無効トス  ば実在性  ば超越  ば視空間  ば制約  ば可い  日曜ハ指導員  日曜ハ慰安放送  ば万葉以来  ば承認  当地ニ来タル仔細ハ  野戦高射砲隊ハ  一中隊ハ鴨島ニ  二中隊ハ柳島ニ  三中隊ハ板倉橋附近ニ  艦隊ハ午後九時二十分北緯四十度東経百三十七度  一機ハ高角砲ニヨリ粉砕シ  一機ハ海中ニ墜落セシメタリ  一大徳丸ハ有力ナル  進路ハ西南西  爆撃機ハ九機  爆撃編隊ハ高度  針路ハ  ハ零  指針ハ  気温ハ上昇シツツアリ  色ハ  空ハ  空相ハ  金ば  ば氏  ば静思修養  養成ハ一ニ師表タル者  灰ばめ  ば祇園因幡堂  ば染筆  ば後成恩寺禅閤兼良  徑ば  ば監視  ば辛抱づよく  無明ハ生ズルトイフモイトイト心得ズ  真如ナラムニハ無明ハ生ズマジキコトナルニ  私ハ妻子  祖母ハ蚊帳  棹ハ  シカシ私ハ  私ハ皆様ニ対シテ申訳アリマセンカラ自殺シマス  ば打揮  花ハ  ば喜楽可  ば速  北海道ハ秋モ晩クナリマシタ  野原ハ  秋ハ人  アル私ハ  シカシ労働ニ害サレタ手ハ思ウヨウニ自分  自分トイウモノニツイテ思イヲメグラス人ハ  デスガ私ハ私  山ハ絵  山ハ私ガ  ほりば  あなたハ  草ば  うにりつぱ  衰ヘタ原因ハ如何ニモ明白  塩ハ昔カラ名高イ物  開墾スルナド興スベキ産業ハ天然  都ハ無意味ニ廃頽ニ帰スベキデハナイ  女子ト小人ハ養ヒ難シ  ばびっくり  ば何とせむ  ば様  パねずみ  ハねずみヒねずみフねずみ  ば云々  梅津只圓翁翁ハ  ば稽古  ば敬  囲炉裡ば  ば君達  ば雨漂漂  ば雨犁  上がりば  ぱ事件  パペ  ハ調四分の二拍子  ば滿足  予ハ予  支度費ハ予  財産ハ森しけヲシテ管理セシメズ予  条件ハ予ヲシテ此遺言  ニ予ハ茲ニ右条件  クハ扶助ハ森しけ  以テセラレンモ予ハ右  此遺言証書ハ予  執行ハ冨塚玖馬氏及予  遺言予ハ明治三十七年従軍セシ時遺言ヲ作リシニ其後家族ニ生歿アリテ事情一変セリ  有価証券並預金現金ハ小金井喜美  ハ於菟ニ  ハ更ニ三分シテ茉莉  地所家屋ハ東半部強  地所家屋ハ志げニ  地所ハ於菟ニ  ハ荒木博臣遺物並  選定セシメ其残余ハ於菟  遺著ヨリ生ズル収入ハ於菟  フ於菟ハ志げ  事ハ別ニ之  遺言余ハ少年  ク交際シタル友ハ賀古鶴所君ナリコヽニ死ニ臨ンテ賀古君  煩ハス死ハ一切  スト信ス余ハ石見人森林太郎トシテ死セント欲ス宮内省陸軍  瞬間アラユル外形的取扱ヒヲ辞ス森林太郎トシテ死セントス墓ハ森林太郎墓  ラス書ハ中村不折ニ依託シ宮内省陸軍  栄典ハ絶対ニ  ば満足  ば拍手  ば光  位置ハ  ぱ大名  ば弁護  ば創造的  ば用意  ぱ者  一ハ打シ  一ハ刺ス  久米仙ハ大和国上郡  ハ玉葱ト芋  鑒識スルノ興奮ハ視官ニ於テ最盛ナリ  大脳ハ精神  能ハ実歴親験  能ハ同一  能ハ原因結果  ハ短調交響曲  ばあやの目  此篇ハ朝夕講習  寫影鏡ハ數年  吾師既ニコレヲ實驗シ蒸汽船ハ本藩已ニコレヲ模製ス他  器ハ  此術ハ一金  リ以テ其數ヲ増ス次圖ハ其製式ナリ  木版ハ數  欄ハ學者  一年ハ現存者  以可也乘方出來候時ハ  パイカ  ば直観的  一編あまば  ば熟  ぢば  ば看病人  谷中村ハ  ハ微衷  谷中村ハ古来天産  一美村ハ之  動機ハ公共  群馬県北海老瀬村ハ谷中村  人民ハ日常往来  村ハ北  洪水ハ  人民ハ起臥共  同情ハ  冤民ハ兇徒嘯集罪  海老瀬村松本英一氏ハ自宅  仏教徒ハ医師及薬価  基督教徒ハ芝区芝口  我谷中村等ハ  ハ一村  ハ比隣  ハ一国  ハ痴愚  間牒等ハ水防  有司ハ間牒  人民ハ自ら  吾等ハ海老瀬村民  如く海老瀬村ハ吾谷中村  ハ村  利害ハ  バ谷中村ハ一面  ときハ瞬時  潴水池ハ水害予防  水害予防ハ河川  栃木県会ハ此重  栃木県庁ハ強  栃木県庁ハ谷中村買収  ハ威嚇  惑ハ  徒ハ一人  徒ハ区々  たる者ハ  健康者数百人ハ  壮丁ハ  此猾策ハ又村役場  村役場ハ  谷中村堤防復旧工事ハ絶対  有志ハ其季節  一美村ハ  村民ハ  彼等村民ハ自ら  買ハん  能ハざら  地方官ハ地方  栃木県地方官及下僚官吏ハ  所以ハ至誠  孔子ハ之  基督ハ之  ハ明々白々  吾等村民ハ日  家庭ハ冷  墳墓ハ乱  救ハ  興廃ハ  近くハ  責任ハ連帯  群馬県ハ  対象ハ人民  人民ハ是  甲乙二県ハ独立  能ハざる  ハ同志多数  ハ諒恕  バ前途洋々  らバ谷中堤内  バ自己  バ其種物及肥料代価  バ麦  バ非道其通路  バ治水  バ乙県之  ばちの打撃  くよくよ川ば  百ぱ  わたしたち子ば  フガハカラ三郎ト四郎トンネルトンネルトンネルホリノ見物人ハ一子  嬰ハ短調  称ハ  理ハ寂然不動  気ハ感ジテ遂ニ通ズ  此御方ハ柿本人丸朝臣三人目  其頃人丸ハ天皇  実父ハ  ば作  人生ハ百万台  天帝ハ彼  神通力ハ瞬時ニ消滅シ  ハ必ズシモ  此処数日間ニ密輸サレタル数量ハ時価ニシテ五十万  密輸真珠ハ  計略ハ密ナルヲ良シトス  五月雨軒ば  ば建設  其中青屋ハ  ぱッぱ  事ばよう知ッ  正当防衛ハ不正  キ行為ニ対シテモ正当防衛ハ成立スル  私ハ夜中ニ何ダカ咽喉ニ冷リトシタモノヲ感ジマシタ  私ハ次  身体ハ押エラレテ動ケマセヌ  ハナシマシタ  パキリ  ば分業  ばさん心配  ば幾月  ば計算  色ハ黒イケレド  今度ハ支那  八重山ハ薩摩  娘サンタチノ声ハ五町モ六町モトオルデス  今度ハ  車ハ木ト金ニテ作リ  楠木正成ハ人ニテ作リ  先生ハ人  南京ば  あらば余  ば幾種  ば坂  ば線  ばアー  パノー  ばあやさんお松さんそれ  コノ宗徒ハ  彼等ハ始ヨリ一宗派  一隊ハ  彼等ハ相図リテ移住  ハ洵ニ能ク此等  三名ハ先発隊トナリテ和蘭  小艇ハ  信神渡航者ハ一人モ往復  彼等ハ他  彼等ハ本国  制度ハ国  信仰ハ  コノ信念ハ外ニ於テハ国家ニ不忠  彼等ハ自国ニ住ムコトヲ極度ニ圧迫セラレタルヲ以テ  彼等ハ皆  僧侶ハ祈祷  渡航者ハ  ハ小商人ニ  農夫及小商人ハ  彼等ハ教育アリ  リ着セル時ハ  天ハ寒威猛烈ナル極月  胸臆ハ火  天地ハ満目荒涼タル未開  以テ上陸シタル一行ハ三ヶ月ニシテ五十名ヲ余スノミ  困難ハ知ル人ゾ知ラン  彼等ガ農法ハ  レル種子ハ新地ニ合セザルカ  収納ハ遂ニ皆無ナリキ  ば化  倭女王ハ倭奴王  ば比較上近く  ば注意  ばちの  鉄ハ釘トナラズ  好漢ハ兵ニ  ば益  例ば書方  ば画  囲炉裏ば  ば意味  めんぱ  ば芝居  ば東京中  夕ば  ば幾分  目ッぱ  けいこば  ば知らず妹背山  真髄ハ何処ニアリヤト考エルノニ  技術ハ  ナシ得ル部分ハ  ば芝居四方山話  ハ芸術  是ハ  ば遅滞  ば作り初め  ニノ眼ハ朱  眉ハ漆ニテ百  ば死  秋影ハ  荷物ハ人足ガ越シタガ  オレホドノ馬鹿ナ者ハ世  旦那ハ水戸  着物ハ  人ハ学問ガナクテハナラヌカラ  今度ハ構ワヌトイッタ  只今ハ改心シタカラ  自分ハ残ラズ行路  ハ恩  ハツカイ込ミシテ途方ニ暮レテイル者ハ  コノ鉄五郎ガ惣領ハ  勝様ハ世間  クオレガ御陰ダカラ当年ハ十月亥  世話人ハ残ラズ  兵庫ハ装束  ヒッキョウハコノ講中ハ  ソンナラ以来ハ  咄ヲシタヤツガ有ルソノ時ハ  オレニ昨日ハ酒興  足下ハ裏店神主ナル  大竹ハ気ガ違ウタソウダ  武士ハ武士ラシクスルガイイ  此方ハ侍ダカラ中間小者ノヨウナコトハ嫌イダト云ッタラ  大竹ハ  酒ハ一  橋本ト深津ハ後  以来ハ親類同様ニシテクレトイウテカラ  ソノ時オレガ加入シタ分ハ  オマエ様ハ天府  者ハ男ダト云ッテ  テソノ晩ハ泊メタ  ハ摩利支天  仲間ハ  ソノ時ハ綺麗ノナリデ居タト  今日ハ富  今日ハ六  ナカナカ容易ニハ寄加持ハ出来ヌ  ソノ訳ハ悉ク法ガ有ルト云イオルカラ  南平ハ何処  神ハ速カニ納受ガ有ロト思ウ  先ズ論ハ無益ダカラ  手前ハ自分  二十位ハ幾度モ  ハ王子ノイナリヘモ百日  水行ハ神前ニ桶  ハ細川主税正義  ハ梅山弥曾八  息子ハ御殿  上ッテイルカラ世話ハ  ソノ後ハ地代ソノ外  代官ハ  三十年ハ借金  ハ断絶ニナルカラ  代官ニナッタラ五年ハ持ツマイカラ  葉山ハ上リ屋  ドウゾ家ハ  ハ三十俵三人扶持ダカラ  三人扶持ハ  井上五郎右衛門ハ  ソノ時ハ  息子ハ蒲団  命ハ  命ハ今晩ニモ受合ハ出来ヌト云ッタカラ  奴ハ泣イテバカリイル  病人ハ看病ガカンジンダヨ  尾張屋ハ鼻ガアイタ  亀吉ハ疾ウニ死ンダトイウカラ  孫一郎ハ十四ダカラ  先孫一郎ハ隠居シテ江雪ト改メテ剃髪シタ  今度ハ快気ハオボツカナイカラ  ハ千五百石  此頃ハ貧乏ニナッテ弱ッテイルト云ッタラ  此節ハ困窮シテ中  此後ハ加入  市ニテハモウケノ半分ハ  ハ酒ヲ買ッテ食ワセタユエ  勝様ハ三匁五分ト云ウカラ  町人ハ壱文弐文ヲアラソウ  一ト心得テ近所ハ  ソノ時分ハ万事流儀ノモメ合イ  岡野ハ伝受ノコトハ皆  ハ髪形マデ  ソノ時分ハ  先生トハ同座同席ハ弟子ガシナカッタ  此頃ハ物ガ乱レテ  物ハ不用ニナッタカラ  昼ハ用ガ有ルカラウチヘ帰ッテイテ  一生コノ恩ハ忘レヌト云ッタガ  侍ハ支配  羽織ハ小高  ソノ時ハ役所  ナカナカ県令ハ大役  ソコガ三郎右衛門ハ分ラヌトイウモノダ  役ハ出来マスマイ  礼ヲタダス者ハ是  是ハ偽筆ニ違イナイカラ  オノシ等ハ先達テ中  ソノ時ハ逃ゲテ伯父  ソレカラ後ハ  オレモ三四年ハ  深切ハ  今度ハ燈心デデモオコシラエナサレバイイニ  ソノ訳ハ  此節ハ先ズ本所  知ラヌ者ハ人ガ馬鹿ニスルヨウニナリマシタカラ  姉ガ此上ハ改心シロトイウカラ  此上改心ハ出来マセヌ  息子ハ十六ダカラ  ソノ晩ハ吉原  ハ済マヌカラ  是ハ千両バクチ  ソノ時ハ諏訪部ニモ元手ガ三両シカ  諏訪部ハ六百両ホド勝ッタ  皆ガ先生ハ人ガイイト云ッテ笑ッタヨ  今日ハ始メテ参ッタカラ何ゾ土産ニテモ持ッテト存ジタガ  酒ハ如何トイッタラバ呑マヌト云ウカラ  修行ハ出来ヌトイッタラ  サヨウナラ今日ハ吸オウト云ウ  ソノ時ニ吉原デアノ通リノ振舞ハ出来ヌモノダガトイウコトデ  隠居ハ吉原  金十郎トイウ男ハ  金十郎ハ国デハアバレ者ト云ッタガ  勝様ハ女難  今晩ハ剣難ガ有ルガ  女房ハ貞  以来ハ情  女房ハ書置ヲシテウチヲ出ルトコロヘ帰ッテ  ソノ時ハ刀ハ二尺五寸  行ッタ時ハ  混ミ合イ場ハ長刀モヨシワルシダト思ッタ  多羅尾ハ禿頭  ソノ晩ハ何モホカニハ仕事ガナイカラウチヘ帰ッタ  ハ行衛ガ知レズ  一生女郎ハ  ハ書クノモ気恥カシイ  ハ妻子下人  ばもと  ばめら  ば混同  ば包含  ばそ  ばゆか  ぱーん  ば火  ぱーれい  ビンタば  ば躊躇  ば百五十年以上  ば所  ぱ味  ば馬  ば一ツ  ばー  ば修行中  絵ハ御苑ニアル分  顔色ハ白黒  ば余ら  其時ハ可レ  さんばさん  ば生  ば拾  七月中ば  ばあやたち  ば合資組織  ば下これ  ば一日悔い  ば間  日本蟻ば  大元帥ハ都内ニハ十供奉以外ニ伝ヘズ  君ハ百姓  ば遠慮  帯ば  引力ハ  ば中断  ば地  ば賞め  ば後様  ば後脚  王ハ丙戌  戌ハ犬ニ属ス  ハ更ニ  幟ば  江戸ば  大川ば  ば沙汰  ば科學的  ば笑ひつ  ば製造もと  ば物識  ば生意氣ざかり  ばあと言  ば放棄  ば千石  ば袋  ば天満組四十二町  ば一個所  ば余り莫迦げた長閑さ  ば生産技術  ば媒介  電柱ハ火  電柱ハ一ツノ蕊ノヤウニ蝋燭ノヤウニモエアガリ  電柱ハ一ツノ蕊ノヤウニ  ケタ樹木ハ焼ケタ樹木ハ  レバ既ニ家ハ壊レ  品物ハ飛散ル  竹藪ハ倒レタリ  火ハ熾ンナリ  人川ハ満潮  以下ハ八幡村  華ハ橋ノタモトニテ別レタリト  負傷者ハ兵隊サン  夜ハ寒シ  兄ト恭子ハ焼跡  負傷者ハ東照宮下ニ治療所アレバ出向ク  トキハ橋ノトコロマデ行クココニテ兵隊ハ救助車  毛ハ  巡査ハ一  行列ハ進マズ  夜ハ寒々トシテ臥セル地面ハ  街ハ満目灰白色ナリ  我ハ奇蹟的ニ無傷ナリシモ  サハレ仕事ハ  一同ハ  馬車ハ饒津  顔ハ  不思議ト橋ハ墜チテ居ナイ  人家ハ破損スレド既ニ  肩ニ死骸ハ手  タトコロデモ死骸ハ大概  夜ハ人魂ガ燃エテヰルト云フ  魚ハ二三日後死ン  浮上ツタガソレヲ喰ツタ人ハ死ン  蛙ハ焼ケタ後間モナク地上  今本ハ女房  伏セニナレルヲ起シテ首実検ヲシタガ腕時計ヲシテヰル女ハ一人モナカツタト云フEOS  人ば  ば三十年代  ば採用  ばあやのハンナ  野辺ハ  ハあはれ  たけあまり草ば  ハ他人  エタル行為ハ情状ニ因リソノ刑  ハ免除スルコトヲ得  ば記憶  ば一  ば水静か  手紙ハ一切廃止  手紙ハ非常ニ面白カッタ  折ハ今巴里ニ居テコーランノ処  モーソンナ者ハ食ウテシマッテアルマイ  虚子ハ男子  あんば  ことはじめば  ば薩摩者  元和五年御当代光尚公御誕生遊ば  ばさんさ  ム所ハ  数千百年ヲ歴タル物ハ  ハ欠損シテ  物ハ観ルヲモ厭フ輩モ  左ハ言  考証ハ  カヽラヌ人ハ  キ者ハ  物ハ  作ニ係ル等ハ  ルニ此鏡ハ王莽  此壺ハ義満  如ク紀元ヲ書セシ物ハ  シ古銭ハ鑑識頗ル難キモノニテ  古渡ハ一百円以上ニ価スル者有リ  余輩ハ  好古先生ハ其  疎略ニスル国ハ有ルマジト思フナリ  銭ハ僅カ十二種ナレド  古物ハ言フ  ハ印度ニテ  比外国人ハ競テ日本古物ヲ買求ムレバ  価ハ至テ廉ナリシト云ヘリ  蔵品ハ  其蔵品目録ハ余ガ家ニモ有レド  ハ空蝉ト  物ハ如何程金銀  キ輩ハ  ば四時間  ばぷちずものおん水  ざこば  ば三たび  ば形容  ば虫  ハ鎮詞  シ我工場ハ幸イニシテ  ぱッぱッぱときこえた  軍事的分割ハ  諸君ハ  病院ハ誰レ  莫大ナル出兵費ハ誰カラ出ルカ  帝国主義ハ  日本帝国主義ハ  日本ハ山東  鉄ヤ撫順炭坑カラ諸君ハ一文デモ利益  資本家共ハ  帝国主義者共ハ既ニコノ  折軍素的占領ハ  独裁官田中ハ  山東ニマデヨコサシメタル田中ハ諸君  彼奴ハ内地ニ於テ  彼奴ハ諸君  諸君ハ山東侵略  而シテ諸君ハ  諸君ハ支那  ば薬  ば鑑賞家  運行ニ因ルト雖モ忘ルベカラザルコトナリ夫レ病ハ身ヲ化シ身ハ心ヲ制ス漱石生死  勒ス字ハ  多く誌さざれば  応募資格ハ男女  ば再縁  こば  壮六ば叩き  ば幾日  ば日  ば我慢  ば枕もと  中ばすぎ  ば二箇月分  ば三人共髮  ば名古屋  ば消化  ば開花期  國ハ大和  邪馬臺ハ大和  郡ハ准レ上  狗奴國ハ  日韓古史斷ハ  狗奴ハ河野ニシテ  其官有二狗古智卑狗一ハ  其ハ國造本紀ニ  造ハ  慥ナル事ハ知リ難シ  卑彌呼ハ  云ハ  姫兒ト云フ稱ハ  曰はく卑彌弓呼ハ  卑彌ハ姫ニテ女子  呼ハ彦御子ニテ  其ハ開化天皇  トアル西道ハ  經略ハ  べらば  寢ば  ば染め出  縛壁ハ以レ席  経ば調金  ば總  爐ば  余ハ今年  いろりば  部長会議ハ食糧  事ハ決マリタリ  会議ハ承認セリ  余事ハ交川博士ニ一任シ  芽ば  ば生活  仲ハ中ニ改可シ十月九日  ば三個月以内  ハ面談料三十分間  ハ長短  ハ別  ハ金五拾円申受候月  ば費誓  ば兄  助けば  ば余り軽率  ば附加  ば説明  ば武州三峰山上  ば附  パチャン  是ハ不動尊  ば返事  ば買ひな  ば談論風発  ばすみれ  ば着  烈シキ熱気ニヨリテワレラノ皮膚ハ炉ノゴトク熱シ  ば来  詩ハ  琢磨ハ自然ニ精進ス  ニ曰ク鄙儒ハ都士ニ如カズト  ば感銘  ば伝  ば冷笑  ば取り出  ば語らむ  ば教育家諸氏  森林オヨビ生ケル自然力ニ対スル私有権ハ永久ニ  土地ハ一切  ば承知  渓ば  搬ば  ば比  ハ行音  バ行  バ行音  パ行音  パ行  モンパ  ば保管  ば工夫  ば使ふん  ば伝承  ば練習  ば保存  ば使つて  ば用  ば敵視  ば見舞い  とつぱ  秘密ハ当地ニ於テ  ば使持節都督倭百濟新羅任那秦韓慕韓六國諸軍事安東大將軍倭國王  ば通譯外交  艦隊ハ  看経中ば  ば会  ば欠伸  ば戦さ  岸ば  ば弁護もやしたま  ば頓着  あらば買  菜の花ば  泛ば  演奏ハ一般民間ニ於ケル個人  ハ音楽団体等ニ  部分ハ上ハ  告訴人ハ我国土ニ於テ著作権法並著作権法施行規則ニ則リ其  ラハ告訴人等ハ右譲受事実従テ右主張  享有及行使ハ何等方式  ば二尺  ば四メートル  ば三十メートル  ばあいだ  ば体当り  明日コロば売つて金  ば一生涯  ばつけ  高角砲ハ役ニ立タヌゾ  ば築地小劇場  ぱ頭  ぱツぱと瞬き  ば買つて  ばッばか  ば痛  ば三時  馬鈴薯ハ葉ハ樹ニ  色ハ黒クシテ円ク  味ハ苦  葉ハ樹ニ  根ヨリ生ジ円茎高サ三四尺直立ス葉ハ竹葉  開クコト一二萼年久シキ者ハ五六萼ニ至ル  ハ聚テ筒  如ク末ハ開テ  如ク緑色熟スル時ハ内ニ薄片  其子ナリ其根ハ白色ニシテ弁  フル時ハ則チ茎ハ杖ト為スベシ  蛇柳ハ高野山上大橋ヨリ奥  タリ花ハ  苞ハ緑色卵円形ニシテ外面絨毛  密布ス子房ハ卵形ニシテ外面絨毛  タリ葉ハ  リ周辺細鋸歯アリ面ハ青ク背ハ  枝ハ浮毛  レリ筑波山ニアリシ樹ハ直径壱尺余ニシテ  形状ハ  命セラレタルヤニ聞キシガたちしだれナル名ハ意義ニ於テモ  ザレバ予ハ寧ロ蛇柳  無花果ハ近世ワタル  木皮ニ生ズル処ハ一筋ニシテフトシ  蓼ハ辛草也  ハ河原タデト呼ミナ馬蓼ナリ  側ニウエシ事アリ報恩寺ト云寺ニアリシト云此寺ハ千光国師モロコシヨリ帰リテ  テ建シ寺也今ハ寺モ菩提樹モナシ畿内ニアルハ昔此寺  ソレヨリ以前ハ本邦ニナシ花  蕉ハ  ダ熟セザル時ハ  熟スル時ハ  其飛蓬ハ乃チ藜蒿  末ハ本ヨリ  秋蓬ハ根本ニ  飛蓬ハ飄風ニ遇テ行ク  胡桃ハ韓種ニシテ世ニ  駅ヨリ行ク時ハ左側  タリ此度ハ其生ズル処ハ葉  ニ栄ヘシ枝ハ枯レ行クモ  営実ハ  ゅがんぴハ其意不明ナリ  ゅハ其意味不明ナリ  浜荻ハ三津村  一名ハ玉柏本草苔類及衡嶽志ニノセタリ国俗マンネングサト云鞍馬高野山所  玉柏ハ日光  草立ナリ此ニ説ク形状ハ高野  類ナリ根ハ蔓ニシテ長ク地上ニ延ク処処ニ茎立テ地衣  ば四十  安めば  従ッテ右罰金ハ被告人ニ於テ納付シタルモノニ無  現今民国有識階級ニ於テハ華国ハ  ハ警世  出ル時ハ  ば浮動面  積極的活用ハ  ば参  譬バ  一ハ一  二ハ二ニ応ズル事也  以テ二ニ応ズル時ハ必ズ勝ツ  いすば  ば二度  ば話  人参サンガ起キタ時ハ  汽車ハ三人ヲノセタママ  三人ハ  ナゼ人参サンノ顔ハ赤イカ  僕ハ君  魂ハ恍惚  ば註釈  パアク  家令扶従ハ真  金ハ泥  如ク銀ハ土  ハ千万人  智慧分別ハ雨夜  心ハ日ニ益増長セリ  亡ボス者ハ自分也天ニ  失フ者ハ時也天朝ニ  ば美留女  らば氏  義ハ  ばころ  部屋ば  ば肢  ば一枚  ば立所  雲ハ経紙  ぱッとうしろ  ぱい使ひきつて考  ば垂死  ッば  足下ハ  垂レテ我ガ生ハ足ル  禪ハ愛スベシ  ば民  ば中  ばさま手  ばさまなんど  そいつば打ち  桃喰バ虫  喰バ  ば下田港  観測ハ  行動ハ自殺ニ等シカラン  パスキル博士  はんぱ仕事  手数料ハ左  ハ科料ニ該ル事件ハ金三十円トス  ハ禁錮ニ  経ザル事件ハ金百五十円トス  経タル事件ハ  併合罪事件ハ  謝金ハ左  ハ執行猶予  ハ追徴  報酬額ハ左  予審事件ハ  二審事件ハ  受ケタル場合ハ八割トス  三審事件ハ  受ケタル場合ハ半額トス  受ケタル事件ハ  ハ前審事件  受ケタル場合ハ三割トス  二審級以上ニ渉リ包括シテ受任シタル場合ニ於ケル上級審事件ハ  目的トシテ受任シタル事件ハ  受任シタル場合ハ  ハ二等運賃  ハ一粁ニツキ五十銭  ハ控訴院事件無罪免訴  ハ公訴棄却トナリタルトキハ三百円以上五千円以下  ハ科料トナリタルトキ  求刑セラレタル罰金ニシテ科料トナリタル場合ハ百円以上一千円以下  ハ事実審理ニヨリ被告人ニ有利ナル判決アリタルトキハ前号ニ従ウ  謝金ハ依頼者トノ契約ニ  事情アル場合ハ  規定ハ  受ケタル場合ハ適宜其額  手数料ハ事件受任  謝金ハ判決言渡  ハ調停  シ取得額ニヨル謝金ハ其  ハ依頼者トノ契約ニ任ズ  ハ事件処理ニ必要ナル費用  支払ワザル時ハ事件ニ着手セズ  ば三里  ばさんいくら云つて  ばさん御免  ばさん行つて  三十年女ハ  二十五年ニ達シタル後ハ此限ニ  ハ重大ナル侮辱  ハ養子カ家女ト婚姻  ば余処  ば御馳走  ハ違背スル勿レ  ハ学料欠乏  ば一兎  ば四五年  パナース  ば攻め伏せ  ば協同關係  六号艇ハ絶望ラシイ  ばつど  土堤ば  むしば  高央さん受験成績ハ如何  ハあまり興味  ハ一・六五〇貫  ハ真志保  ハ今日ハこれ  北海道ハ  東京ハ  アナタノ十家ヘアガッタ時ハ  心持ハ  ハよっぽど沢山  私ハ東京  偲バ  そバ  言ハれん  一世ハ  ハ元  ものハふろ  ハ私  ハ日本  このごろハ  まなこハ  ハ大義  それハ  龍ハ当時ハ病気  ハしき事  め候ハ  此せつハ  二三百人斗ハ  これハ  ハ十分  うきよハ三文五厘  ハ白石  此事ハ必  龍ハ  足下今日ハ後  収次郎ハ  バしん  バいつか  バきよふよ  バ六月廿九日  むバ  ハれん  長刀順付ハ千葉先生  此人ハ  ハ乙女とい  力ハなみ  其返しハ後  バうち  ハ積年  今日有事ハ相分り申候  ハ海外ニ  其時ニハ兄上ハ  申ハ  件ニ候得バ元  バ養子  ものハねぶ  ハ早  ハ国本  候時ハ必此者  ハ書状ハ御国ヘハ出し  上久ハ敷御国ニ  先ハ  ハかわり  当時小五郎ハ  バ此度土方楠左衛門上国  所ハ  夫ハ此度将軍長征  時ニ龍ハ下春江戸  書付ハ外国奉行  其時ハ立合呉候  事許ハ先  ハ末藩  ニ長州ハ曽  幕ハ  期根ハ九月廿七日也  後ハ安田順蔵大兄  レ出バ大兵西下  ハ二丁目赤  望月ハ死タリ  ハ三十斗  ハ一人天下  時ハ諸国人数  今日ハ九月節句  さハ一分二分斗  レ成候時ハ私  これハはたご  夫ハ  此あとハ  右女ハ  ハさ  諸国ニあらハ  ハ龍  バちよ  バさし  事ハ外  夫ハ三日路  蔵ハ外  このごろハ蔵一  候所ハ  戦ハ  数ハ  蔵ハ八九度  人ハ敵ニ  蔵ハ  飛行事ハ  蔵ハふだんニハ  事ハ千万  先ハこれ  二男並馬ハ  めハ  ころハいか  扨今日ハ節句  女ハおしろい  ハぎおん新地  ハかわり候  出し候時ハ  ばんばさんハ  わらハ  ころハ  大砲小銃打発候得バ  致候得バ  成ハ  大成ハ  ハ船  バ両方  事ハ兼而長州  案ズルニ永井ハ  長人ハ虎口  ハ薩州人黒田了介  ニ桂氏ハ先日上京  船ハ正月二日三日頃出し  成行ニ候得バ其御心積  レ成候六条ハ  方ハ拙者  シ太郎ハ  戦争ハおり  ハ兼而  先日参候船ハ是ハ  ハ火薬千金斗云云頼置候  ハ国ニ居申候  方ハ大久保  人数ハ七八百上り  翔鶴丸艦ハ長州  幕ハ夷艦  先日モ翔鶴丸ハ水夫頭  候船ハ  人数ハ死  事件ハ三吉兄  時ハ薩州人さし立テ  事ニ候得バ  幕ハ此頃英国  受候事ハ  これハ小松帯刀  ハ幕府  ハ近日国  是ハ西郷  此頃薩ハ兵ハ動  近時新聞ハ先ハ右  候得バ勝先生近日  ハ候ハ  右刀ハ曽而後藤  先ハ右用向  ハ妻  来年ハ上京  レ成候ハ  私手紙ハ  是ハ重役  ハ御国  云ハれん事  存念ハ別紙  是ハ伏見寺田屋おとセ  是ハ長州家  人々ハ  それハ薩州  是ハ長州  此頃ハ丈夫  ハ誠ニ  是ハ何  ハ相違  軍ハ別而然  土地ハ小倉江  の養子ハ  銃戦之時ハ銃  ハ辛抱  ハ三岡八郎  是ハ家老  是ハ国内軍事  此人ハ軍事ニ  ハ薩州  ハ小松帯刀  当時ハ  ハ池蔵  志ハざきにて乱板  ハ印  云ハ池蔵太事ニ而候  違ハ  此宿ハ此八月  候つれバ  聞被レ成候得バ  此頃願上度事ハ古人  ハ宝刀  男子太一郎ハ  龍女事ハ伏見寺田  是ハ学文  後ハ小松  右妻存命私妻ハ則  ニ家ハ  是ハたしか  風ハ吹もの  大形ハ  云人ハ七年  頃ハ  其西郷ハ島流  ハ政  おれバ  はるバ  バ目の  バ一日  レ存候得バ  一分ハ大村  洪堂ハ金  ハ溝渕  今日ハ金  ハ伊藤先生  バ其尻  ハ中島作  其事共ハ  ハ敷  水夫等ハ  此頃ハあかみち  ハ人  男ハ皆  其後ハ御無音申上候  今一度御面会仕候時ハ  其儀ハ彼  此度ハ  其期根ハ三月中旬  ハ多分  出浮被レ成候得バ  バ別  浮被レ成候得バ  勢ハ  其時小弟ハ土佐人高坂龍次郎  ハ隊  時ハ隊中一同  ゆハ  事ハ兼而御聞ニ  其後ハ  相談ハ  事故ニ諸人ハ竹島行  事共ハ  ハ随  レバ其事ハ行ハ  候ハ積年  大洲蒸気船ハ三月十五日  ハ相定め置  抜事ハ  彼竹島ハ地図  ハ新木  頼申上度事ハ三大夫及君御召立  ハ材木  ハ稲及むぎ  頼申上度事ハ  人ハ言  御作ハ家  バ北方  バ三日  今日ハ外ニ用向  今日ハ金子  存候得バ  其時ハ伏見  ものハ  此人ハ同志  此一品ハきみ  あれハ今どこ  此度ハ下  出崎ハ  ハ信友  通り此度長崎ニ出候得バ  所ハ三印両兄聞取ニ  一事ハ一切上  レ申分ハ  飯料ハ通常旅人宿  字ハ御手許  ハ伏水ニ  船ハ沈没  事ハ紀州ハ  ものハ申ニ及バ  争論ハ私思  此頃ハ病気  朝ハ私  今朝ハ  ハそハ  候ことハ中  ことハ紀州  ハ土佐  上京ハ誠ニ  ハ三十日  其時ハ  直次事ハ此頃黒沢直次郎  其時高柳先生ハおい  ハ此直次郎  バ先ごろうち  佛候得バ  付候得バ  白此度ハ  ハ敷ハ申  勢ハ大勢帰国  ハ聞  当時私ハ京都三条通河原町一丁下ル車道酢屋  右二ヶ条ハ  ハ一銭一文  六十両位ハ  是ハ土佐  右ハ私  其故ハ  兄さんハ島  ハ一年中ニ  ハ妻一人  さん位ハ  ことハ  当時ハ戦  まりハ付申  ハ大分よく発申候  バ長命ハ  あとハ  バ清次郎ハ  候書状ハ  一件ハ石清ニ  候得ハ  時勢ハ大様  私事ハ是  ハ飛脚ニ用ヒ候為  対戦ハ出来  船ハ夕方  見付ハ  ひま御座候得バ  たまハ  義あらバ  手書たまハ  ニ此儀ハ英人等道路雑説  御沙汰ハ  聞候得バ  ハさん  是ハ相談  是ハ先生  バ此大  此頃ハ船  渡し可レ申ハ  ハ身  バ下坂  バらく命  ハ可レ為  時ハ  ぎかへり候時ハ  候得ハ海隊援  狂者ハ進ン  リ狷者ハ為サザル所アリ  ば四五尺  ば判断  吾輩ハ猫  西ハ龜岡町  風向ハ南  中空以上ハ擴ガツテ雲ノヤウデアツタ  音ハ耳  廻轉ハ地上カラ  避難者等ハ恐怖シテ悲鳴  旋風ハ二三分位  状況ハ  風ハ其後一度東風ニ變リヤガテ西風ニ變リ  以上ハ災後二三ヶ月以内ニ著者  心理學上ノ事實ハ  ば一群  ば焼き  姿見ば  ば人ン処  鏤ばめ  ば町  せつぱ詰つた氣持ち  ば一年一年  ハツパ  デンデン蟲ハ  ば平衡  桃花源記ハ陶淵明ガ己レ  ハ思ハズ出逢ヒタル事ナレバ  林盡水源ハ  豁然開朗ハ下  ヨリヨキ語ハ無  ハ調ナレドモ  辭ハ文中  字ハ  此處ハ便  カヽル文字ハ後世古文ヲ書クニモ使用セズ  一ハ人  一ハ病死シテ目的ヲ達セズ  ば四十女  ば弾語  ば滅亡  ば打  ば強  七曲パペ  上バ  あれバ  穴あらば入り  典型的ば  ば船  ば先づ  産物ハ焼杉下駄  名物ハ鮎  ば禍  ば分  ば淨火  力あらば速  功用ハ既ニ東京ニ設立セルモノニ於テ  ハ細字ヲ書シ  ハ石盤全面  ハ亂雜ニ書スル等  ハ筆順等  キ文字ハ  ハ三度ニ書スベシ  シ其記シ方ハ  チャンパ  ば大同  ばさら風  一タス一ハ三  ば復活  ば一點  ば江戸  ば難波  ば余輩  ば人他  ば舞  ばローマ人  ば一年  ば聖顏  ば勢夜陀多良比  ゆ觸らば  パストール  パ物  パレート一派  ば量  ぱたち  事はずバ  ばイ有  ば十兵衞  パスパ  願望ハ遂ゲザレドモ  ば六朝時代  ば二十萬圓  五ハ  ぴすとるハ応ニ位記返上タルベキカ  本願ハ左記理由ニ仍リ拒絶スベキモノト認ム  要旨ハ  ハ義足ガ  仍リテ本願ハ特許法  ハ三本以上  本願ト同様ナル着想ハ  例エバ奈良唐招提寺金堂ニ保管セラレアル千手観音立像ハ  仍リテ本願ハ其  意見書審査官ハ  腕ハ  ハ左  仍リテ両者ハ根本的ニ構造  従テ本願ハ  公告決定通知本願ハ拒絶  ケハ行四段活用  キヨハ行上二段活用  ケヨハ行下二段  キヨハ行上一段  ハ行上一段  ハ行上一段活用  ハ行四段  此石板ハ余ガ外祖父杉本樗園君ガ  年経ヌレバ卓子ハ摧ケテ石ノミ存セリ  遺物ハ是レノミゾ残レリ  リ出セル物ハ川端歌合一巻  巻物ハ我ガ王父従五位下図書頭殿  今日曝ス物ハ何  此銭ハ天保二年正月八日  十二銖ハ今  帝ハ紀元百六十一年ニ即位  其次ハいつ  此草紙ハ余ガ青年  ぱ卒  富士ハ湖地高燥  我ハ是役  ば一口言  はつハ  ば熟眠  ば學者  ば構成的  時事問題ニ付テノ公開演述ハ著作者  ハ雑誌ニ掲載スルコトヲ得  ばあやを一人  ばあやの話  海面ハ次第ニ浪立ッテキタ  宿ハ稲荷駅前  ば植ゑつ  ば沢山  ば植福  ば風中  ば打忘  ば小  ば物  一ツ一ツば  海ゆかば  ば力草  さゆりば  ば足らず  ば紙  もしゃば  刀気ハ盤石  ば物好き  ば都  四ツ木鶴吉氏ハ  屍体ハ油倉庫  動坂氏ハ其  日本秋津島ハ  義仲ハ是レ  閉伊郡ハ内裏御領  コノ御台所ハ  七十名ハ  眼ば  事ハ絶エテ人知ラズ  ハ四分五厘  ハ二分五厘  ば呼吸  東方ハ日光山ニ連ル  栗原川ハ源  ば川  破戒ハ  ば二人一緒  ば檜物町  ば攻撃  ば四年  ばあやの  ゆきば(me@ "m @ "m,"me



前後の言葉をピックアップ
ノールウェー  ノールス  ノールディック  ノールーズ  ノーレンドルフ  葉煙草        葉茶屋


動詞をランダムでピックアップ
くっつける附くわだかま膨らん揺ら窺わちゃえ啜り泣く在そ到れよびだせ駆け出す取り乱し乗組んねぐとびつこ見直せ掻きたて遣い込みふっ切れ
形容詞をランダムでピックアップ
香しい大きくっ目ざましく楽しいいたいたしくきたならしかっ下らないぽき手ごわく面映ゆかっ生っ白いひろくこく見にくいじらしかっ草深きかわいらしかっ得難い力強く広き