「はなつ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ はなつ[動詞]
火をはなつ  身にはなつ  音もなくはなつ  第一声をはなっ  屁をはなっ  年寄にはなつ  離縁にはなつ  坊主頭にはなつ  声をはなっ  水中にはなつ  光をはなつ  享保廿年正月とはなつ  いまとはなつ  材を解きはなつ  畑にはなつ  尊敬にはなつ  助けにはなつ  しゅうしゅうとガスをはなっ  法題にはなつ  御馳走にはなつ  理由にはなつ  笠吹きはなつ  百歳にはなつ  主人にはなつ  嫌なら、はなっ  四十にはなつ  大学生にはなつ  裏返しにはなつ  歎息をはなつ  小降りにはなつ  ことにはなつ  匂ひをはなつ  宇宙艇がはなつ  ふき矢をはなっ  光彩をはなつ  ものにはなつ  火をはなっ  体臭をはなっ  ようにはなつ  つた事にはなつ  光をはなっ  言葉とはなつ  動機とはなつ  八時前後にはなつ  闇にはなつ  事にはなつ  終戦にはなつ  火花をはなっ  怪力線をはなつ  女給タイプにはなつ  文学にはなつ  態度にはなつ  文体とはなつ  魚をはなっ  整ふまでにはなつ  羽とはなつ  職業的にはなつ  五十以上にはなつ  気にはなつ  上ではなつ  程にはなつ  ものとはなつ  かおりをはなっ  店のはなっ  事実にはなつ  みどりへはなつ  文章にはなつ  人間にはなつ  ホンモノにはなつ  一をはなっ  厳粛に言いはなつ  大声をはなっ  殻から引きはなつ  つて窓を開けはなつ  ことばをはなっ  矢をはなっ  異彩をはなつ  あいつけしからん流言をはなっ  小路にはなつ  つたにはなつ  典型とはなつ  間柄にはなつ  十一時にはなつ  とりこにはなつ  別荘地にはなつ  力にはなつ  やうにはなつ  一人にはなつ  代々農業とはなつ  彼女が言いはなつ  詞にはなつ  しろ向きにはなつ  こにはなつ  衒気をはなつ  趨勢にはなつ  窄らしくはなつ  言文一致体にはなつ  釈教歌の導きにはなつ  泣き声をはなっ  眼をはなっ  事とはなつ  惡くはなつ  一所懸命にだけはなつ  今晩は、はなっ  事、はなっ  約束にはなつ  解つて確になりはなつ  理由とはなつ  同人にはなつ  氣にはなつ  においをはなっ  矢声をはなっ  一発をはなっ  銃をはなっ  いふ程度にはなつ  説明とはなつ  祝砲をはなっ  下職人とはなつ  うど寒くはなつ  閃光をはなつ  拂ひにはなつ  説明にはなつ  侮辱なんぞにはなつ  空砲をはなっ  筈にはなつ  四つ裂き位にはなつ  十七にはなつ  心配にはなつ  厄介にはなつ  香をはなっ  お先棒にだけはなつ  霊光をはなつ  田舎住居とはなつ  昔とはなつ  四半世紀前とはなつ  のものにはなつ  曳索をはなっ  詞をはなっ  嘆声をはなっ  野火をはなっ  綺らびやかな彩光をはなつ  紅玉光をはなつ  砲身のはなつ  風にはなつ  さを感じるほどにはなつ  刺戟とはなつ  樂にはなつ  五十にはなつ  言文一致體にはなつ  矢をはなつ  間遠にはなつ  楽士くらいにはなつ  香りをはなっ  事大主義からも、さうはなつ  原因にはなつ  糧にはなつ  光耀をはなっ  聲をはなつ  非難にはなつ  差引損にはなつ  刺激とはなつ  言ひはなつ  具體的にはなつ  神事とはなつ  それから十一月とはなつ  馬鹿は、はなっ  常世とはなつ  一様にはなつ  事ぁ、はなっ  気持にはなつ  ぎたゆゑに手落とはなつ  冷靜にはなつ  もっと赤味のある光りをはなっ  



前後の言葉をピックアップ
鼻血  放っ  鼻っ面  鼻っぱし  鼻っ柱  花塚  花作  花筒  鼻綱  鼻面


動詞をランダムでピックアップ
観れよくなる取り締仰るきずい重んずれ取りしまる掛か思さはりさける売りきれよろめくまたたけ狭め泊まり込ん掛かれるいやまさり読み取る賭し鬱する
形容詞をランダムでピックアップ
自慢たらしい熱し晴がましいきまずい恋しき夥しくったらしかっうれしくっあいらしいむずかしかっつまらなけれせせこましく心地好いあまし乏しかろ恐くっ言うまでもないけだる