「ね」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ね[動詞]
ベッドにね  中にね  頃までね  様だからね  わきにね  車のね  薬もね  晃めくはがね  土手にね  つて、ね  民族資本のね  民族資本がね  仰向けにね  汝を見むことをせちにね  ゴム管をたらしてね  夜もね  日が暮れると、突然ね  一緒にね  女とね  目がとろんとしてきて、それなりぐっすり、ね  んをかぶってね  父親のね  部屋へね  上にね  上にあを向けにね  訪ずね  眼がね  われがね  一人熱を出してね  はじめお母さんがね  病気でね  おばあさんのね  医者におね  君がね  しろにね  犬がね  肩をゆりうごかしたが、ね  右にね  らんとおもふにね  側にね  のんでね  下にね  私がね  俺にね  私がおね  飼犬がね  ふちから、ね  かけがね  始めを原ね  彼女は早くね  びょうきでね  寝息をしながら、すやすやとね  家に病んでね  やうにおね  私は早くね  ヘエ、ね  隣室にね  針がね  ぢいさんにね  いっしょにね  ウるもだいてね  被衣をかぶってね  ょうさまなことで、よくね  きり光君はもうね  十時にね  ゾックリ背中を並べてね  夜は早くね  床を取ってね  上半身をね  肺病でね  特高にね  横へね  解体すれば、さね  みさちゃんまだね  おまけにね  三時間ほどね  土肌にね  じきにね  大変よくね  体が上らず、とうとうおそくまでね  尋ずね  濁流おつる夜の音をおそれて寝ね  階下にね  病床にね  寝室へいって、ね  ひき出しに、いつも、ありがね  ぱだかでごろりとね  ぐつたりとつかれてその母もね  寝床でのびのびとね  土間にね  カゼをひいてね  私も戻ってね  安心して、ね  記代子は疲れきっていたので、はやくね  枕を並べてね  くるまって、ね  善男善女もあれば、暑くてね  軒下なんかで悠々とね  つて前後不覚にね  空気を反ね  三週間もね  んがね  庄平のね  両側にね  外にね  防空服装に着代えていたけれど、ね  うまやでね  高いびきをかいてね  いつまで、ね  路上でね  横でね  ゴロンとね  雑誌をよんだり、ね  寝台にね  白ハチマキがね  怨霊が、ね  別室にね  五日もね  ォ、ね  めしをね  男が、突如として、ね  まくり、ね  十時前にね  無駄花ばっかりでね  母さん、ね  雁がね  感冒でね  九度五分の熱でね  高熱でね  とこにね  ハルクのね  裏庭にね  下僕がね  大寺のね  そこにね  道子がね  大寺がね  俺のね  室にね  犬が、固まってね  あお向けにね  子どもがね  ようになってね  エチエネットは、どんなにおそくなっても、きっとね  そばへ来てね  中でね  いすにね  フトンをかぶってね  気持でね  ことの許されね  町中のものが、良いおね  人間がね  息子がね  代り番こに、ね  自分のね  君が丸くね  買つてくれとね  のんでよくね  あふれるなかにね  声で、ね  やうにね  恐竜のね  手当をね  野原にね  母にね  女がね  かねがね  しきにね  言つて布団をかぶつてね  まま仰向けにどたりとね  二人でね  物置でね  オウムは、ずっと、ね  それをね  床にね  茶の間にね  二人の子のね  ひろ子一人がね  額をね  父樣にね  聟がね  お客にね  わたしが病んでね  やうにゐるにはゐたがかうしてやんでね  から、ころんとね  大いびきでね  戸をしめてね  ちゃえあね  そばにもね  なつてね  宗保は、ね  奴がね  無用にね  母様にね  目がね  部屋にね  ものが、ね  伯父さん、おね  んだし、ね、おね  躍起となって、ね  平気でね  若草のね  石田がね  わきに伏せながら、仰向きにね  寝床にね  なにもね  上手にね  布団を被るとね  あほむけにね  人、もうね  二階にね  留守を見はからってね  お次にね  夫のね  蓉子のね  男が、ね  喰べられないで、ね  王様がね  それを防ぎ難ね  とき、ね  眼もね  ヨハンネスのね  瓦には長い、反ね  寝台に仰向きにね  貴方方のね  風邪でね  病人でね  夜一つもね  寝にね  蒲団でね  病人がね  とぐろを巻いてね  僕等がね  それからすぐね  床についてね  千駄木村、ね  勧請しけるにや、ね  はくがね  毛布をかけてね  わたし、すこしね  しずかにね  床をとってね  金をね  往来にね  息がなくなってね  おかあさんがね  もののね  ことをね  乱雑がね  隣にね  朝目がさめて、少し飲んで、又、ね  十二時頃一旦ね  男がね  横にね  九時だからね  両手にね  夜は出来るだけ早くね  二階に上ってね  うちでね  おじいさんは、ね  ズルフォン剤をのんで、ね  父にね  女中さんがね  今暁四時すぎにね  十二時すぎまでね  ペラ三十枚書いたら、ね  昨夜一時半から午後一時半までね  昨夜書き上げてね  眼をさまし、漸くね  十枚ばかり書いた、ね  五時にね  浴衣一枚でね  ホテルでね  徳山と又話し込んで、ね  十二時迄ね  九時帰宅、すぐね  九時半から朝十時迄、よくね  十一時迄よくね  そこで止めてね  昨夜母上と話してね  一時半にね  午後三時迄ね  十一時半迄ね  十一時半までよくね  一時迄ね  中野グーグーね  一回、よくね  十一時迄ね  ぐーぐーよくね  何とよくね  十二時までよくね  十時迄ね  十一時にね  十一時までね  十二時までベッタリとね  吸入をしきりにして、ね  一切客席でね  吸入してね  十二時半迄、全くよくね  一時迄ぐっすりね  三時半迄ね  嘉納氏楽屋でグーグーね  浜にね  戸のかげにね  みをさがしてね  床を並べてね  船室にね  眼をつぶってね  遊女もね  体がわるければね  上に長々と、ね  ッかぶってね  寝台にふとんをしいてね  押入にね  横たおしになってね  機械のね  藪陰にね  休み松林にね  昨夜草原にね  家にね  毎日、ね  人のね  かおをしてね  ゆうべはよくね  ソファーにね  いつか母にね  だれかがね  そのままソッとね  教へね  はりがね  布団にね  フトンをかぶって、ね  ッかぶって、ね  水にね  歌にね  軒でね  様子でね  かんばんにもならずただくうてね  上向きにね  菓子をね  寝巻もきかえないでね  昔話をね  散歩をね  だんなさま、おね  三時頃から床をしいてね  様におね  父様におね  伝へのほど、おね  フチにもおね  手紙をおね  程おね  ます様おね  所をおね  怪我してね  龍三月六日、ね  白がね  誰とね  二男ならとっくに戻ってきて、ね  朝まだね  中へころがってね  むきにね  復校をおね  両手をあててね  頭からかぶって、ね  さまよひてね  岩がね  づつ搖いで、ね  次郎君は、ね  今、ね  突っ込み、反ね  頭ではよんだり書いたりしゃべったり、ね  赤児のね  方がね  そばにね  隅に倒れてね  家でね  わら小屋にね  大いびきをかいてね  巣にね  お酒をのんで、ね  傍にね  弁へね  とんとんとろりともうね  彼のね  藤次郎のね  父親は、まだね  あやしい動物がね  何時にね  顔でね  ことを云って又ね  自分がよくね  病気で、ね  坊やがね  ナップキンで、ねちゃね  牛がね  槙のね  ところでね  部屋へ戻って、ね  一しょにね  ズッとね  ア部屋にね  たしかに人がね  白骨がね  じきしてね  左近とね  いつまでも女中部屋にね  部屋でね  完全にね  ヒルちかくまでね  炭小屋でね  オレが抱いてね  今時分までね  まりて泣くをね  棺桶にね  ままにね  燈りをつけてね  七時にね  カッコウをしてね  俯伏しにね  成子もね  兄はコンコンとね  野にね  円円とね  中風でね  川北先生のね  三つほどね  初雪船にね  心砂にね  こまがね  ベッドにだき合ってね  おねえさんは、どうしてね  横になってね  三日間、ね  上へね  やうに、ね  向にね  炬燵にね  顔をしてね  軒下にね  朝までね  今夜せめてのうのうとね  こと、よくね  風呂に入ってね  なるたけ早くね  昼間もね  八時ごろ一旦ね  太郎達のね  ここにね  太郎がね  そうで、ね  かぜをひいてね  砂浜にね  横向きにね  規則正しく早くね  電話をかけて、もうね  十五時間ばかりね  疎開者向ね  七時になるやならずにね  夜早くね  言葉がどぎつく、ね  四四よりね  炬燵でね  言つておね  一しようけんめいにおね  神さまにおね  處刑をこそ、おね  一におね  ふりしてね  だんだん地がね  いぬる、泣くをね  御前様におね  宿をおね  小萩とも、やきがね  分別は出て来ね  おとうさんといっしょにね  明日から学校ですよ。早くおね  やうに、おね  はいつて、グーグーね  英語でおね  一つカヤにね  頭を下げて、おね  畫であるから、ね  坊主、ね  



前後の言葉をピックアップ
  寝せる  根差し  寝つか    寝とぼけ    寝よ    根上


動詞をランダムでピックアップ
押し切ら吹っとん引き止め折返し踊りあかす押しつぶす苦しみひっかく息づきうけあっきなさん親しみ申し出よ推さ書き流さ炒れ突付けろわきおこっ聞出す
形容詞をランダムでピックアップ
花々しく遠くっ長たらしきものみだかくしどけなほのぐらきあたらしきいきぐるしい耐え難し悩ましきなかろ遅かっかわいいおもかろすっぱくつたなけれ乳臭くきよう