「にらみつけ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ にらみつけ[動詞]
僕をにらみつけ  相手をにらみつけ  美津子をにらみつけ  怪塔王をにらみつけ  そうににらみつけ  青江機をにらみつけ  波浪をにらみつけ  白人をぐっとにらみつけ  モティフをにらみつけ  顔をにらみつけ  なにがおかしいと、にらみつけ  眼でじっとにらみつけ  こいつめとにらみつけ  そばに立つてにらみつけ  私をにらみつけ  さむらいものをにらみつけ  工事をにらみつけ  ファゼーロに渡しながらだまってにらみつけ  ちゃんをにらみつけ  斜に構えて、かっとにらみつけ  わたしはにらみつけ  子供をにらみつけ  自分をにらみつけ  怪物体をにらみつけ  薬剤師をにらみつけ  顔を、ぐっとにらみつけ  先生をにらみつけ  友吉をにらみつけ  学生をにらみつけ  あくほどにらみつけ  はるをにらみつけ  君勇をにらみつけ  小郷をにらみつけ  弓子をにらみつけ  晩も、にらみつけ  鬼瓦を、にらみつけ  こちらを、にらみつけ  葉子をにらみつけ  ちょっと葉子をにらみつけ  貞世をにらみつけ  バッグをにらみつけ  ラップをにらみつけ  かおをぐっとにらみつけ  水夫竹見をにらみつけ  竹見をじっとにらみつけ  竹見をにらみつけ  目でにらみつけ  正面をにらみつけ  人々をにらみつけ  艦影をじっとにらみつけ  こっちをにらみつけ  俺をにらみつけ  わたしをにらみつけ  肩ごしににらみつけ  ミコちゃんをにらみつけ  教師をにらみつけ  キャラコさんをにらみつけ  面をにらみつけ  レエヌさんをにらみつけ  箸を立てて、にらみつけ  半四郎師匠を、きっと、にらみつけ  カヌーをにらみつけ  方角をきっとにらみつけ  玉太郎から身をひき、にらみつけ  玉太郎をぐっとにらみつけ  内匠をにらみつけ  通訳をにらみつけ  目をはなさず、ぐっとにらみつけ  見物人をにらみつけ  戸をにらみつけ  翁をにらみつけ  方をにらみつけ  若い真額をにらみつけ  紳士をにらみつけ  父をにらみつけ  それをじろりとにらみつけ  それをにらみつけ  空中をにらみつけ  ピストルを向けてにらみつけ  木をにらみつけ  水の上をにらみつけ  力をこめて、にらみつけ  才蔵をにらみつけ  針をにらみつけ  鯨をにらみつけ  儀作はにらみつけ  これを押し除けて、にらみつけ  小みどりを、にらみつけ  眼でにらみつけ  四馬をにらみつけ  頭目をにらみつけ  形相でにらみつけ  怪物をにらみつけ  上をにらみつけ  群を、にらみつけ  おかあさんをにらみつけ  春夫を、ぐっとにらみつけ  少年をにらみつけ  警部をにらみつけ  目をしてにらみつけ  要吉をにらみつけ  一つところをにらみつけ  捕吏をにらみつけ  ヂロリとにらみつけ  杉作をにらみつけ  又八は、一方をにらみつけ  下をにらみつけ  かいをにらみつけ  梨花をにらみつけ  方をぐっとにらみつけ  敵をにらみつけ  二人をにらみつけ  真正面から馬田をにらみつけ  タルミミ隊をにらみつけ  計器をにらみつけ  時計台をにらみつけ  楠をにらみつけ  久之進をにらみつけ  陽子をにらみつけ  木崎ににらみつけ  千萩をにらみつけ  なにしに来やがったとにらみつけ  信吉をにらみつけ  方をじっとにらみつけ  大男をじっとにらみつけ  フレッドをにらみつけ  吉をにらみつけ  煙をにらみつけ  番号を、にらみつけ  正太をぐっとにらみつけ  眼を、きっとにらみつけ  横目でにらみつけ  僕はじろりとにらみつけ  方向から私をにらみつけ  三根夫をにらみつけ  



前後の言葉をピックアップ
睨み合せ  にらみあわせ  睨み合せる  睨みつけ  睨み付け  にらみつけよ  睨みつける  睨み付ける  にらみつける  睨みつけろ


動詞をランダムでピックアップ
取組み切廻す被せよ投げ込も朽ち寝静まり思いわずらい嫁ぎ設え晴らすただよっ考えよ驚い止まら贈っ翔け奮い立とこわせあてこする取り除け
形容詞をランダムでピックアップ
速き根深するどくうすらさむきうまかろ浅ぐろくほしいうしろめたおそろしくゆかしきもろき耀かしい茶色い好いいちじるしくふるめかしい喜ばしく涙ぐましかっ等しかろ