「に」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ に[動詞]
水路のへりに  がまにに  自分にに  沈欝たへがたきに  ちやん、へに  尾のなるひびきにもに  ことあれども、大に  祓へに  六斎にに  今度はに  さいごに  しまひに  業をに  露にもに  ちのいとしごに  もの存じよりに  蝶のに  依田とよ子がいつもに  声に消に  ふしもに  顏見合せてに  ささがさすがに  葉にに  喧嘩構へに  名にもに  身よりに  女がに  家賃も無論に  浦はに  キャラメルのに  変つて猛りに  猿によくに  得意さうにやに  まさかりのおもみうでに  勇気がさすがに  羽根にに  倉地はいつもに  田川君業をに  一どに  声音のに  それはおに  たんびに、おに  泣きながら、のこらずいなくなってしまったおに  がっかりしてつかれきって、おに  火にに  エリーザは、おに  エリーザはなつかしいおに  おかげでおに  エリーザのおに  ほかのおに  日さまがのぼると、おに  若いおに  いもうとはそのおに  夢で、どうしたらおに  日さまがしずむと、おに  末のおに  口にだしても、おに  ようになって、おに  坑道のかべに  帽子を受け取ると、に  考へに  菜園のうへに  私もそれでほつとしてに  調子に合せて、微に  生きうつしにに  ひつこめもせずに  無口にもに  其方のに  家業柄にもに  もさもに  目のまへに  空がわづかに  今までのいきおいにに  悲鳴にに  猿にもに  羽搏きにに  ところまで、いっておに  角かどに  熔岩がんきらきら流れ出して、見るまに  あながち六不に  双肩にに  公けに  不愉快とに  傾向にに  これなく、に  不気味さともつかぬ戦きに  皆悲しみと怖れとに  高取は、に  亂れに  憂愁にに  監獄とに  者はさすがに  脚から根をつけた如くに  ぢ目がに  娘はやにはに  旗のに  ままでは、もうに  形にに  クリスマスにに  やぎにに  平生にに  巨獣によくに  食糧をに  針によくに  本当よりもずつとちつぽけに  さびしき自然のいたみに  さがに  君ならなくに  彼が、に  おばあさんは、いつもにに  はてを祈れと去に  中に微に  へびいちご、おに  ちりとりにに  言つて、に  電気鳩によくに  物をに  のに気がつくと、さすがに  御園を閉されてかどに  米が両に  私のに  手のひらにに  のは、に  カイちゃんにに  今迄に  島田髷やったが、に  挨拶はさらりとおくこっちゃ、に  水入らず、に  人間に向うてよういうた、に  ひとへに  これにに  形もよくに  ブドウにに  小さなブドウにに  それはさすがに  不安をに  小便たらしみてえに  そこには行くへに  幾微に  りやといふに  飛瀑となりて落ちくだるに足るべきに  薫もに  胸の轟きに  力は微に  そとに  のですから、いつもに  空に消に  ざっと両に  さてもよにに  右の両に  名声をに  照明、とに  シグサは、まったく、いつもに  時計を掛けてよるさかい、聞きに  五四をに  やうにに  床のうへに  音楽に悲しいまでに  式におに  此をおに  奧深くに  種子にに  



前後の言葉をピックアップ
二孔子之學一  二酸化  二軍司令部附新聞記者  二輪  二未年棟付御改帳  二段  二代五郎兵衞養母  二京東諸郡一  二日侍従職幹事岩倉具定  


動詞をランダムでピックアップ
みた泊まる綴り合せれ言わそとなえよ外す散らばる責め合っ行くつたえるひんし駆出そ見張ろ逆立てともなうおっほのめかさおしかける倒れよのまさ
形容詞をランダムでピックアップ
紛らわし古しなまっ白い可愛らしき物寂しい冷たう哀しき涼しゅう甚だしゅうかたじけないやり切れなかっいざとく清々しかっうかれあどけなく思わし危うう物憂し生じろく