「なげい」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ なげい[動詞]
力なきをなげい  ものは、どんなに悲しみ、なげい  典雅に、なげい  衰微をなげい  乱脈をなげい  死をなげい  先生、さぞやさぞなげい  我容色のおとろえをなげい  人心をなげい  山師運上となげい  病ひになげい  ことをなげい  大息してなげい  鎖になげい  イドリスは、いくらなげい  彼女は、なげい  山田君がなげい  雁を見てなげい  のを悲しみ、そしてなげい  巨男は、けっしてなげい  白鳥は、どんなになげい  海豹がなげい  君みてえなげい  世の中をなげい  目的ももう達せられないかとなげい  そうもないと、なげい  



前後の言葉をピックアップ
なげ  投げださ  投げ飛ばし  凪げ  投網  嘆い  投入れ  投げ入れ  なげいれ  投げ入れ


動詞をランダムでピックアップ
改ま引き渡せ回るしゃがまそそり立っ浮出さ架する違っ怒鳴りつけとだえる踏みはずせ剥がまちかまえ遊び回るねとっふそゆるそねとら浮ん
形容詞をランダムでピックアップ
羨ましきただしくよんどころなしよわけれねつかいう賑々し血腥騒がしけれか黒似あわしからつつまし目新しかっ度し難い色っぽ甘ったるあさいくだらな忌わしき遅かれ