「なぐ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ なぐ[動詞]
やうに、なぐ  ポカリ山高をなぐ  たてがみは、おきなぐ  火箸でなぐ  もうこんなぐ  無造作に描きなぐ  病牀のなぐ  頭をなぐ  路へおきなぐ  彼は砕けよとばかりに打ちなぐ  何處となく  停車場でなぐ  関係がなく  うちに、いつとなく  拳骨でなぐ  時に使うかなぐ  又三郎いなぐ  秋のはなぐ  一つまなぐ  おれのなぐ  それがなぐ  何んとなく  頬を強くなぐ  何っても怖っかなぐ  何つても怖つかなぐ  人心地がなく  足をなぐ  まひのなぐ  私であつたが、いつとなく  采コロにかぎるて、なぐ  不孝のなぐ  どれだけ、なぐ  幾人となく  横になぐ  裾野をなぐ  今に成って然んなぐ  ぽかりとなぐ  みんな幻燈だもちろんおきなぐ  富子をまいたり、引ずつたり引ずられたり、なぐ  真っ向から吹きなぐ  あたりをなぐ  しかしこんなぐ  ピエロをなぐ  已むことなく  なんのなぐ  顔をなぐ  馬乗りになって、なぐ  四十はなぐ  みんな、居なぐ  親父をなぐ  横面をなぐ  誰彼からとなく  幾百幾千となく  事となく  銭どこでなぐ  それでなぐ  力にもし、なぐ  ハ、よほどはなぐ  しかたがなく  横に、なぐ  何万頭となく  病間のなぐ  不如帰去となく  弓矢、なぐ  のぶ、かく、なぐ  一時的に、なぐ  ようになぐ  風がなぐ  ことのなぐ  見えの宜しもなぐ  わくは、なぐ  ぎのいとのみだれがみうめのはなぐ  いまはなぐ  ドイツ人をなぐ  亭主よりも一層ひどくなぐ  母さんよりも一層ひどくなぐ  植物学ではおきなぐ  さと呼ばれますが、おきなぐ  櫛ですいて、忘れなぐ  枝でなぐ  何千となく  初音をなく  嫉妬してゐて、ときどきなぐ  平手でなぐ  



前後の言葉をピックアップ
無くなろ  なくなろ  亡くなん  ナクンバ  和ぐ      凪ぐ  薙ぐ  なぐさま


動詞をランダムでピックアップ
嬲ろごてささやきあっ吊るす毀せ絞めよ歩みききとれいたま名付けよ平らげがんばる立ち止らなげとばし折畳んしかり間にあっ治まるいいよっ捩じ
形容詞をランダムでピックアップ
おそし奥床しい苦くっ懐かしくっ清かれ心憂心細くっしげかっありがたき穢らわしい不甲斐なき悪しきうき厚かましゅう人懐こい面倒くさ心地好熱苦しとうとくひくし