「ながれ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ながれ[動詞]
げにながれ  水のいろながれ  しらにながれ  手を解き去りぬげにながれ  ものもありながれたりげにながれ  速かにながれ  水こぼこぼとながれ  白拍子のながれ  涙があまってながれ  水のながれ  酔ひざめのつめたい星がながれ  室をながれ  心のながれ  日和はながれ  なみだがながれ  やうにながれ  そこにながれ  なかへながれ  こともなくながれ  月のながれ  花、たふれてはながれ  風のながれ  ことばを、ながれ  やうでもあり、ながれ  やすみなくながれながれ  時のながれ  気流のましたを落ちながれ  時間のながれ  漂ひながれ  川のながれ  秋のながれ  ところまで、だらりとながれ  氣もちがながれ  外にながれ  方へながれ  空気のながれ  ようにながれ  ようにひやかしもながれ  色電気のながれ  情欲がながれ  群集のながれ  どこへどうしてながれ  浪のながれ  月夜に白くながれ  浮雲がながれ  風にながれ  情緒のながれ  ろばろに行きながれ  灯のかげは白くながれ  こころよながれ  小舟、ああながれ  こころのいろにながれ  しづかにながれ  横にながれ  頬をながれ  上下をつけていながれ  河のながれ  トオカルはながれ  ひたいからは、ひやあせが、ながれ  波がながれ  雲がながれ  体にながれ  漢室のながれ  気弱にながれ  雪溪がながれ  杯をさしあげて、おながれ  汗がながれ  躰から血がながれ  歴史のながれ  面にながれ  長江のながれ  橋がながれ  雪がながれ  星のながれ  空にながれ  毛穴から汗がながれ  音をたててながれ  絶叫がながれ  権兵衛峠へながれ  顔から涙がとめどなくながれ  嬌羞よ、ながれ  きらきら光ってながれ  水がながれ  鐘の音がながれ  悲鳴がながれ  渭水のながれ  上をすうすう通ってながれ  わず船にながれ  海のながれ  うずのながれ  所までつづいていて、そのながれ  足から血がながれ  なかにながれ  私は出ながれ  勢でながれ  はるかにながれ  隅田のながれ  血がながれ  上をながれ  涙がながれ  西方をながれ  瀬をなしてながれ  威勢よく湧いてながれ  絶壁をながれ  赤切れから血がながれ  瞼をながれ  運とともにながれ  脈管にながれ  音いろがながれ  虫は、ながれ  川がうねってながれ  海へながれ  うえにながれ  心をながれ  左右にいながれ  廊下をながれ  底にながれ  谿のながれ  空中にながれ  東北に向ってながれ  大川のながれ  すみだがはながれ  谷川がながれ  今よりも青くながれ  灯かげは白くながれ  靄がながれ  昼とをよくもあんなに光ってながれ  額をながれ  纖雲縹に長くながれ  香空にながれ  瑠璃色背にながれ  すべてがながれ  朝のながれ  すべてをつらぬいてながれ  ふるさとのながれ  朝風がながれ  小殿、おながれ  東西に居ながれ  声がながれ  笑い声もながれ  山田申楽のながれ  音がながれ  涙のながれ  入道らも居ながれ  転読がながれ  いままでよほど激しく流れて来たらしくときどきちらちら光ってながれ  いままでよほど激しく流れて来たらしく、ときどきちらちら光ってながれ  顔にながれ  一瀉千里にながれ  意識して粛々とながれ  顔が居ながれ  騎馬甲冑のながれ  樹液がながれ  雉子はするするながれ  驟雨のながれ  おぼろにけむりはながれ  なかをながれ  Lentoもながれ  ろく向ふへながれ  どこまでもながれ  地平線までながれ  lentoもながれ  お月さまからアニリン色素がながれ  水も、しばらくながれ  北条家のながれ  息が固く居ながれ  人のながれ  旅芸者でながれ  空をながれ  広間に居ながれ  長蛇のながれ  衣冠が居ながれ  夜風にゆるくながれ  風がながれ  そこへ居ながれ  久遠のながれ  声にながれ  どこやらにながれ  床に居ながれ  鰍瀬川とながれ  なかに、ながれ  河はながれ  天の川がながれ  きれいな水のながれ  形式にながれ  部屋にながれ  口にもながれ  とき涙がながれ  血はながれ  河づらにもやがながれ  霧のながれ  油堀のながれ  液がながれ  ほうへながれ  ほかほかとここちよくながれ  星はながれ  涙はまたほほをつたわってながれ  小川がちょろちょろながれ  みどりのふか/″\雲がながれ  水のあかるくながれ  雲とながれ  ひとつにながれ  旗雲のながれ  溪見ゆしらじらとながれ  夕潮はながれ  利根川のながれ  涙はながれ  血のながれ  麥の遠きに連なりながれ  しぶきをたててながれ  密のながれ  水まで燃えてながれ  影を浸してながれ  あきらめのいろが濃くながれ  三味線が澄んでながれ  川がながれ  合唱がながれ  背筋をながれ  潮のながれ  中流をながれ  昨夜遊びに出て、ながれ  風もながれ  秋はながれ  上をすうすうながれ  しづかな冥想のながれ  床にながれ  全景にながれ  みなみのながれ  づがざらざらざらざら流れてゐるながれ  前をながれ  小川がながれ  苦笑がながれ  中にながれ  耳鳴りのするほど凄じくながれ  青空やながれ  細胞をながれ  雪とけながれ  山峽にながれ  華奢にばかりながれ  利根のながれ  さびしげにながれ  溝がながれ  両側をながれ  歳月がながれ  さまにながれ  けらもながれ  樹乳がながれ  光がながれ  きれいな川がながれ  パンをやくにほひがながれ  シヤボンのにほひがながれ  今もながれ  曲線がながれ  富田五郎左衛門のながれ  乳がながれ  上にながれ  気がながれ  北条流のながれ  拍子がながれ  うすい弾煙のながれ  劇薬のながれ  舟はながれ  渓流のながれ  ほうにながれ  それから月日がながれ  汗が滲みながれ  もっとはやくながれ  風流韻事にながれ  ガスのながれ  眸のながれ  誰か、分らない呻きがながれ  猿橋のながれ  桃がながれ  機嫌よくながれ  泡をただよわせながら、どしどし、どしどしとながれ  海外へながれ  外光がながれ  堆石のながれ  北をながれ  鮮血がながれ  さがながれ  血が、ながれ  水もうつくしくながれ  国土を限ってながれ  急流で渦巻いてながれ  平淡にながれ  ところをながれ  豊かで、張切ってながれ  林間をながれ  谷へながれ  大水はながれ  花もはるもながれ  ひとり水におぼれてながれ  江戸川のながれ  はかげをながれ  山精あゝながれ  沖にながれ  雲のながれ  言葉はながれ  憂鬱のながれ  色の濃くながれ  尾を曳いてながれ  きれいな水もながれ  血は濃くながれ  そこから温くながれ  静かにながれ  血膿がながれ  義歯はとけてながれ  宇宙観のながれ  液体がながれ  京大坂をながれ  清水のながれ  香がながれ  なほ水のながれ  清和源氏のながれ  そこは、ながれ  



前後の言葉をピックアップ
流れれ  流れん  ナガレ  流れ落ち  流れ  流れ  流れ歩い  ながれあるい  流れ歩き  流れ歩く


動詞をランダムでピックアップ
巧みいたり酌み引張らつかいこなせ落ち込みいきぬきふっとびとり除い下ろしおそれいりきこえよひきずりまわすはばたく念ずくりゃれ躍ったわむ宛てがわ見分ける
形容詞をランダムでピックアップ
うるわしき猛猛しなまぬるい分厚く慌しかっいたいたしかっあやうふとく若々しひどかろ気はずかしく苦し哀しいまましきこっぴどく磯臭いわかわかしかっなまめかしい眠いすばらしかっ