「ども」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ども[動詞]
すつかりとも  ことにはども  先輩は頻りとも  

名詞

ども[名詞] [絞込み: の~は~が~を~すべて ]
ともに欠くべから  どもはビックリして  ともをしましょう  ともをしている  どもたゆる  ともにした  ともをがまれ申す  ともが先きに  ともをしてもよ  ともよまたこどもらよきやうだいよ北守将軍ソンバーユーとその軍勢が帰つたのだ門をあけてもい  ともにして  ともより重大な意義をもつ  ともなつて来やしたの  ともなしに暁に及んだ  ともをして行きました  ともに先を争わんとする  ともにする  ともに謀らず  ともに謀るべからざる  どもほどのよき人と言い  ともをして歩きまわった  ともにさ  ともに歓ぶ  どもがすめえぞ  ともへえつくばらなけりゃならねえ  ともなく手を引かれて  とももあらず  どもが附き纏うぞ  どもよりそひて泣けばぞ  ともは此地を去る  どもの存じよりにない  どもはふしぎに存じておりました  ともなく行末のことに思ひふけつた  ともとの道へ帰ろうとする  ともなはない社会革命を私は信じない  どもをどらぬ  ともにつれてきたのに  ともなしに山上を鳥のように駆け走る  どもはあんまりつましい暮らしには慣れとりませんのでねえ  ともなふ  ともとこよの語根と共通する  ともない苦しい眠りに陥るまで  ともの左舷のウインチがガラガラなっている  ともの人数もきまっていました  ともに漸次に返済するであろう  ともなく自害をして  ともに烟を砕いて  ともをしながら  ともと言ふ  ともなく癪に触る  ともなどといって  ともなく進行を止めていた  ともなつてゐた  ともするとこぢれ勝ちの自分の気持を凝視してみようと試みた  どもは返事の代りにゲタゲタと笑いたてる  ともなくうとうととした  ともに意識せざる  どもが何か解らずにゐる  ともに駈りながら  ともに乗っては  ともをして  どもも残念に思って居ります  どもたが放ちたる  ともなく二時間ばかり寝てゐる  どもも先生と御新造のお伴をして  どもが大の仲よしで木莵入と申しまする  どもに向って  ともなく歩いていましたけれど  ともをおとして  どもの目が出る  どもは決して愚痴は申しません  ともに苦しみ  ともとの座敷の方へ取って返します  どもの企み  どもも髷を切ってしまった  ともを致しましょう  ともに遊びき  ともをつれないで  ともを仕ろうという  ともをさせていただきましょう  ともを致して  トモに立つているじやありませんか  ともをして行った  ともかなしともおもひ  ともなはぬ知性も発育するに  ともをして行ってみたかった  ともなくさまようていた  どもの集まりとしていた  どもが仕事に腕を磨きあい  ともに切望する  どものお金に限って  どもにもわかりませんな  ともなく太鼓の音が或ひは  どもはまたこれへ呼びつけられ  ともをして来やしません  どもが見ても  ともなんかってぞうさなくうけあって行った  ともをしようじゃありませんかと  どもがおだされにくる  どもがまずその辺の陸地を先に物見して戻ります  ともなく見入れる  とものわかり  ともなく綾瀬に遠かり  とものの歩行く  ともがして  ともを仰せつかった  ともをしているといった  ともを致します  ともの庄公に向って  ともをして行く  ともののせはしく刻む  ともをしても  ともをも連れないで  ともにつれて来た  ともをつれて  ともなくうめき声が洩れはじめる  ともと来た  ともがついていないのみか  トモが引っかかると  トモへ向って  トモの方でドブーンと何かが水に落ちた  ともに私に遺伝した  ともと謂う  ともと謂ふ  ともは謂れる  どもがよく拝みに来ます  ともに宗家の家長と坐す  ともをして参ります  ともを一人連れただけで  ともだって言えば  ともだと言えば  ともにと申し出たけれど  トモの方へ来た  ともをさせていただきたい  ともをいたしましょう  ともへ行くと  ともへと出かけた  ともの鉤をはずした  ともを回ろうとした  ともを押して  ともの倉庫にキャベツを出しに行った  とものやつらは覚悟をするが  ともは知らず  ともの倉庫で寄り合ったら  ともの倉庫を東洋軒にしてしまった  ともへと帰って行った  とものボーイが来れば  どもであることを知らねばならない  どもを飛び上がらせずには置かない  どものほうでころあいの者をお見立ていた  どもはいかだにいたそうかな  どもの店で商った  どもの役目は終わりました  どももそれを不思議に思っておりました  ともの若い者二人を具して  ともをすると言ったけれども  ともをさせて  ともは相当のを選んでつれて行けるが  ともを選んで  どものいうが  どもの手には合いませぬ  ともなどかは価のあらざるべき  ともなく聞きながら  どもはみんないっしょに叫びます  どもはみんなつんぼか  どもはみんな怒って云いました  ともに講究切磋し  ともに謀りて  ともの舟底に積みならべて  ともに腰を下して  ともへ返りました  ともはありません  ともすることが出来ない  ともの哀しげなる音の漂う  どもをおさえた  ともをりをりに哀れはかけよ  ともかわいく思いながら  ともの優しく念を入れて  ともに歌舞宴楽したという  ともが致したい  ともなはない終止形と同じ形の連体法をうちく  ともなつてゐる  ともにしていた  ともに水を渡りて  どもはさんざん追いつめられ逃げこんだので  どもは宿舎へ帰ると  ともを仰せつかって  ともに回転しつつあった  ともをする  ともをしてきた  とものなみだをうつす  とものおもひは  ともなどをして  ともにつれていろ  どもまで肩身の広いわけになります  ともに小倉もいった  どもの探している  どもが世話に立っている  トモが言った  トモがリカにきいた  トモがハチミにきいた  トモが外国から帰って  トモは悲鳴を上げた  トモに言った  トモはしばらく黙っていた  トモは笑った  トモも立ちどまり  トモは眺めわたした  トモがそう言い  トモの質問にリカは首をかしげた  トモが叫んだ  トモは本で探して  トモはほかのふたりに見せた  トモに読んでもらった  トモがふたりにきいた  トモはハチミの背中に両手を当てた  トモが見た  トモを対等に見て  トモは携帯電話機を用意し  トモはバスで駅までいき  トモがふたりでカヌーをかついだ  トモがそれを見ていた  トモはそれぞれカヌーの両側についた  トモがそろって  トモがジャンケンをしなおした  トモはカヌーの中央で桟橋の上にしゃがんだ  トモはカヌーのなかに入った  トモに差し出した  トモがパドルで水をかくと  トモはパドルを使った  トモは受け取った  トモがそれに応えた  トモはシートの下に置いた  トモはパドルを操った  トモはカヌーを一回転させた  トモは思っていた  トモは感じた  トモはパドリングを止めた  トモはカヌーのなかであおむけに横たわる  トモを撫でて  トモがすこしだけ視線の方向を変化させると  トモは強烈な懐かしさを覚えた  トモはあおむけの  トモは桟橋にむけて振った  トモには精巧に作られた  トモは安心した  トモははっきりと感じた  トモは上体を起こした  トモは空気のなかに感じた  トモは聞いた  トモは感覚の中で受けとめた  トモは自覚していた  トモの左手首の周囲でゆっくりと水になじんだ  トモは空を見ていた  トモは覚悟をきめた  トモは目を閉じた  トモが持って来た  トモはあおむけです  トモの顔は見えない  トモの顔が見えます  トモは両腕を水のなかに入れてます  トモはまるっきり動かない  トモの名を湖にむけて叫んだ  トモを乗せた  トモはどうした  トモは寝る  トモは起きませんね  トモがあおむけに横たわった  トモはまったく動かないよ  トモの膝に手を添え  トモは静止した  トモの肩や顔に触れてみた  トモは死んでる  トモのわきの下に指先を入れ  トモをくすぐった  トモの頬に手を当てた  トモの掌にたまり  トモごしに  トモは完全に死んでます  トモは死になおしてあげた  トモが私たちにかわって  トモをカヌーから降ろしてあげよう  トモの両脚をかかえこみ  トモのわきの下に両腕をさしこんだ  トモの体をふたりはカヌーの外に出した  トモをかかえていき  トモを下ろした  トモの死体は草の上に横たわった  トモの日をきめておくと  トモになるの  トモとナナエになりきる  トモが湖で死んだ  トモはいなかった  トモもいて  トモのお墓をハツキに見せてあげた  ともをおつれになり  ともと心頼みがおこる  ともに語るまで  ともとの洞穴へ戻って来ると  とものほうをゆすぶってすぎた  とものマストは二日まえに吹き折られて  ともの富士男の手をとった  ともにしてあるいて居る  ともなふものなり  ともより承服し  ともの足らない  とも蒼き波たたへたりみやこへこひしや  どもならんというておりますわい  どもならんというております  ともの木蔭つゆおちて  ともとの坂へかかった  ともからみよしまで丁寧に自分の可愛がっててやる  ともをします  ともに持込むばかりで  ともでつきました  どもは動かなくなってしまった  ともなく古くより持ち伝えたるなり  ともをして貰っていますが  とも親しくしている  ともなはば奇しき事を聽くをえむ  ともなへる  ともにラヴェンナ第一流の家柄なりしが  ともも見つかりませんでしょう  ともがいている  ともなし得ぬ  ともにいと多き輪に適ふ  ともなはざればなり  ともにフランチェスコの最初の弟子なれば  ドモ又がうなっているぞ  ドモ又がいった  ドモ又さんもお描きなさいな  ドモ又ガランスを出せ  ドモ又いいかげんをいうな  ともの奴はおかめっ  ともからぴよいと小さいさんばしの  ともにまかりてよめる  ともの方はなかば水に沈んでゐます  ともの鳥はその声に胸をふくらませて  ともの男を覚ました  

~ ども[名詞]1
両者のともに  小鳥はとべども  年よりどもは  波子をとも  再来かともをが  一仏浄土のとも  むかしのともよ  而言葉もともに  二人でとも  聴聞者もともに  多言なれどもほどの  必らずともに  涙なれどもより  遙遙とともは  人間改造をとも  笛吹けどもを  理性がとも  尠くともと  感情をとも  ノーマ号のともの  乾物屋へ廻らずとも  放心をとも  今晩のとも  出づる時もあらじと思へどもやと  バカなおいぼれどもは  庭にそそげども  勝利がとも  正宗白鳥式のとも  船はともを  書読みともに  多くのともを  中でドモ  上ではドモ  中がドモ  心にうれしともか  それにとも  感情のとも  野伏強盗あぶれどもの  将士やあぶれどもの  村人多数のともに  夕食もともに  道庵先生のともを  それがしどもが  候如斯きもの幾年厭きしとも  不興の償いとも  ところをともをも  角さんはともを  護衛のともも  誰によってとも  それにしてはともが  年よりどもが  波田はともの  船のともを  三上がともを  私はともの  これでもうてまえどもの  主人のともを  もものとも  戯著といふともなどかは  ひなげしどもは  漁船のともに  漁船のともへ  終へともの  吾輩がともを  水手楫取どもを  感情がとも  ものみな弁当を携えともに  ハチミとトモが  リカとトモは  ハチミとトモに  ハチミとトモは  ハチミとトモも  ぜんたいをトモは  ハチミとトモ  リカとトモが  リカとトモを  ハチミはトモに  とおりにトモが  なかからトモが  ナイフをトモは  途中でトモは  ようにトモは  上にいるトモを  いまのトモには  のをトモは  すべてをトモは  リカはトモの  それぞれにトモの  リカはトモを  上に垂れているトモの  カヌーとトモ  ハチミはトモの  ところまでトモを  上にトモを  ナナエやトモは  顔もトモの  ナナエとトモの  リカがトモに  ナナエとトモが  ナナエとトモは  ナナエとトモも  満足をとも  不快感もとも  汽船のともの  ようにともの  精神のとも  のがかうなるともの  微風ととも  夏隣りとも  水につけてはともから  人類とともの  荷担ぎどもは  誰が飼いはじめしとも  発達史とともの  悔ゆれども  話をしなくともの  汝我にとも  報のとも  懺悔のとも  智とのともに  我にとも  實これにとも  そふるともを  ほかのしもべどもの  はしがともから  叫び声がともの  讒言によるとも  

~ ども[名詞]2
少くとも  いかにとも  ぜひとも  何やらとも  にんまりとも  よろよろとも  一々とも  にこりとも  わがとも  ほどなくトモ  いったんトモ  しおしおとも  づらども  すごすごとも  じたばたとも  やはりドモ  

複合名詞
もろとも  安心とも  牛ども  馬ども  私ども  一どもふん  蛙ども  ブルジョア帝国主義者ども  わたしども夫婦  現在わたしども  わたしども  事どもあづさ弓  魔ども  兵隊ども  豚ども  なか声もろとも  私ども夫婦  女ども  坊主ども  男女とも  名実とも  風もろとも  学生ども  腕白ども  人間ども  にわとりども  者ども  雲山煙水相隔つれども一片  現在私ども  今日私ども  とき私ども  私ども正直  幾ども  人ども  ことども  夫婦とも  三食とも  幾万とも数  前科者ども  軍艦ども  外國人ども  言ども  ブルジョアども  蛇ども  精霊ども  群臣ども  鳥ども  犬ども  牝馬ども  今後私ども  私ども心  とも所謂趣味  二人とも  ものども  怪物ども  三ども  跡ども  町人ども  大工ども  大人ども  東西とも  雖ども予  私ども後輩  小ども  惡鬼ども  官僚ども  内外とも  悪者ども  男ども  質量とも  親不孝者ども  我人とも  二つとも  深海魚ども  役人ども  陰謀者ども  暴民ども  暴漢ども  小僧ども  官吏ども  泥棒ども  心身とも  素見客ども  監督ども  双方とも  御用議員ども  候補者ども  とも構  臣下ども  猿ども  家ども  法ども行  ともしき  野良犬ども  左右とも  敵ども  手下ども  綱もろともしだい  門弟ども  若僧ども  住民ども  野郎ども  熊ども  私ども人類  馬鹿ども  ともつて  鬼ども  雇人ども  やくざものども  押丁ども  紅宝玉ども  山ども  畜生ども  鉱物ども  雷竜ども  蛋白石ども  ともがら  兩岸とも  あてども  笛ふけども人  娘ども  山鱗ども  私ども親子  悪童ども  両方とも  友達ども  のろまども  身ども  この方ども  漢方医者ども  隠密ども  女中ども  侍女ども  落人ども  家臣ども  重役ども  若者ども  餓鬼どもさ教唆  商人ども  小作者ども  二ども  一体蛙ども  わたくしども  自他とも  何ぶんとも  英米とも  文学青年ども  事ども  肉体精神とも  左右両手とも  裏表とも  ども師  わたくしども子供  わたくしども四人  私ども子供  親ども  奉公人ども  浪人ども  妹弟ども  手前ども  家来ども  三人とも  身心とも  水上陸上とも  わしども  苦力ども  車夫ども  私ども京都画壇  生命財産とも  とも角  とも角僕  天津とも書き  乞食ども  蜂ども  与太者ども  歌ども  ざくども書  博士ども  大将ども  不良ども  人足ども  四季とも  士ども  気の毒ニ御座候得ども何分重役ども長崎不案内ゆ  二冊トモ参考ニ用ナキ一時  風ども  羊飼ども  善悪とも  階級とも  蜂どもうた  私どもはじめ名前  蟻ども  ともばやし  馬鹿者ども  人種ども  過去的亡者ども  おしめども春  おしめども今日  人間もろとも  魔術師ども  二局とも  声涙とも  ワラベども  さき反古ども  反古ども  置ども濟  ふたりとも  乞食役者ども  河原乞食ども  水夫ども  会社とも  原士ども  山羊ども  百姓ども  武士ども  人夫ども  母子とも  へども号  大名ども  ょろけた侍ども  虫ケラども  私ども御堂  私ども身柄  私ども二人  輩ども  羚羊ども  方ども  とも科  反逆人ども  野心家ども  狂犬ども  腰元ども  落胆者ども  執政官ども  紳士ども  将軍ども  従僕ども  ハイカラども  遊冶郎ども  支那人ども  海賊ども  土人ども  土人軍ども  猟師ども  蛮人ども  人猿ども  動物ども  ば人猿ども  有尾人ども  時以来人猿ども  侍ども  ども余  婦ども  婆ども  白丁ども  世とも  人民ども  捕手ども  捕方ども  賊ども  文武とも  恩威とも  士農工商とも  損得とも  父母兄弟とも  上下合体とも  勝敗栄辱とも  主客とも  言語容貌とも  子分ども  智徳とも  精神家ども  石頭ども  虫けらども  弟子ども  人類ども  小鳥ども  雲ども  資本家ども  女房ども  いちどわたくしども  いまわたくしども  真とも  化物ども  人形ども  佗びていた女房ども  処女ども  獣ども  私ども四国  二つとも末  雀ども  仔ども  共ども  火消しども  豪傑ども  猫ども  私どもたわい  柏ども  木ども  ふくろうども  チンピラ記者ども  鬼畜どもめ  愚民ども  卒ども  其方ども  鶏どもめ  鶏ども  きた者ども  わたしども民衆  百姓兵ども  顕官ども  官兵ども  人馬とも  乾児ども  梟ども  一週間とも  蝗ども  婦人とも  仮面家ども  おやじども  おれ部下ども  内官ども  木ッ端ども  荒武者ども  父とも号  敗走兵ども  奴ども  船員ども  土豪ども  頭目ども  あっしども  吏員ども  山賊ども  われわれども  強盗ども  軍とも  それ軍民とも  どもあまり  心持とも  刑吏ども  義弟ども  蛆虫ども  盲どもめ  智力とも  単色版式飜訳家ども  昼夜とも  二夫人以下われわれども  兄弟ども  女子ども  龍虎とも  国防内政とも  紅梅ども  義兄弟ども  盗賊ども  頃わたしども  私ども四人  馬鹿野郎ども  医者ども  山師ども  平民ども  お前ら平民ども  犬どもめ  鼠ども  阿呆どもめ  下民ども  イギリス人ども  臣ども  憂えども力  青二才ども  兵卒ども  旗下ども  船手の者ども  鼬ども  ドミノども  下司ども  若造ども  理想主義者ども  瑣末主義者ども  ギャングども  両者とも  悪魔ども  孫ども  ろぼうども  ぼうども  苦しみとも  二ども三ども  唇ども  わたしども夜  猛者ども  軍卒ども  樹林もろとも  剣石とも  兵ども  とも使  とも姉  とも見境  あれども  子供ども  残兵ども一兵  天人とも  君臣とも  腹背とも  とも後  折助ども  用人ども  番士ども  ガキども  餓鬼ども  貝ども  三体とも  けしからん奴ども  生物ども  火星人ども  火星兵ども  人とも  ども筆  同胞ども  二首とも  甥ども  逆賊ども  朝臣ども  小人ども  児ども  人非人ども  老兵ども一万  とも法  四人とも  曲者ども  駕籠舁ども  傭人ども  岡ッ引ども  中間ども  素人代議士ども  素人ども  各国とも  あたしども  魚ども  陸尺ども  漁師ども  船頭ども  私ども始め  洋学書生ども  引ども  我々ども  職工ども  二人とも業  小者ども  ッ引ども  当ども  二年前私ども使節団  私ども平和外交  私ども社会党  寄手ども  呉兵ども  やよ者ども  擒人ども六十余名  兵馬とも  両所とも  魚ども蝿ども  思想家ども  標本ども  偽善者ども  ども後  雖ども  膃肭獣ども  海獣ども  パンパンども  私ども世間師仲間  酔漢ども  親とも  奇魚ども  ども人  存在スルコトハ神意トモ云フベク  トモ民有トモ決定シ得ベシト云フコト是レノミ  契合とも号  死体ども  わたくしども三人  童ども  手のものども  劣國トモ  代弁者ども  二人とも立  弟ども  ともつた  牛馬ども  ども用  私ども多く  松とも  精神肉体とも  武士ども漸時こっち  留学生ども  悪太郎ども  河童ども  悪漢ども  手代ども  尾行ども  スパイども  巡査ども  刑事ども  政治屋ども  首領ども  外国人ども  私服ども  下士官ども  水兵ども  主人ども  僕とも  一家六人とも  先生ども  常連ども  飲み助ども  老若男女とも  戯作者ども  俗物ども  ころ私ども  私ども日本人すべて  試作三つとも  狐ども  臆病者ども  在朝在野とも  内容形式とも  あひるども  万人相とも  老人ども  何万とも数  形態とも  未開民族ども  間私ども  親爺ども  これ女ども袴  これども  能くまア念仏ども  宣伝とも  あっちども  何とも後  其鳥ども  上下とも  鬩げども外  私どもはいち  夏冬とも  私ども駐在員  私ども作戦主任参謀  私ども軍人  兵士ども  生産とも  ども君  私ども内輪  私ども経験  とも目  女兵ども  社会民主主義者ども  雖ども教  土民浪人とも  女郎ども  仲間ども  召使人ども  知者ども  地主ども  凡俗ども  カモども  壺ども  セトモノども  ちよいとも  ともつた中  私ども夢  戦争狂ども  ちの娘ども  荒武者ども家康  老臣ども  親父ども  知人ども  ん奴ども  貴様ども  虫ども  少壮者ども  近眼ども  下人ども  裏表二手のものども  淫婦どもめ  淫婦ども  悪戯者ども  兵ども安心  市川八幡とも  畜生どもたしか  女ども束髪  何ども  主従とも  ゲエルども  星ども  失つた人間ども  作中人物ども  夷狄ト雖ドモ為ザル所ニテ  分身ども  もんども  走狗ども  警官ども  印絆纒ども  半端野郎ども  草ども  魑魅魍魎ども  悪人ども  学殖遊蕩とも  嘆息もろとも  椅子もろとも  花ども  師弟とも  ヤーフども  紀記とも  評者ども  小松原とも立二  床屋ども  女役者ども  朋輩ども  卵ども  なまけ者ども  巌もろとも  私ども万葉集  私ども教  雛ども  葉ども  留ども  ろとも  おれたち俘虜ども一同  ねずみども  女ども立ち  餓鬼どもめ  風俗とも  悪たれども  兩方とも  とも国  召使ども  彫像ども  貧民ども  私ども二三人  ばん人ども  声聞とも  状態とも  唱門ども  足とも  電信柱ども  與力ども  先づ與力ども  穀類野菜とも  私ども一同  鰐ども  悪党ども  紅毛人ども  面々ども  風あれども地  鉱夫ども  やじ馬ども  幽霊ども  亡霊ども  囚人ども  盗人ども  不徳官吏ども  生死とも  自分ども  是非とも祭  ども後漢書  野蛮人ども  地下人ども  聖人賢人悪人ども  男子ども  猛獣ども  袖とも  亡者ども  ともつた待合室  私達ハ二人トモ姦通者ナンデショウ  ともさん  三ども四ども  葉子とも  わたしども早月家  一つわたしども  豚児ども  わたしども二人  おまけ中間ども  わたくしども二人  どことも無し  全国版地方版とも  手前ども堺屋  芸人ども  昨日わたくしども  以前わたくしども  わたくしどもヴァーシチカ  わたくしども自分  鹿ども  越後陣所ヨリ草刈ドモ二三十人未明ヨリ出デカケマハリ云々  素町人ども  老若とも  情景とも  いつか二人とも後  魔物ども  私ども当麻  皆ども  私ども當麻  つた者ども  太陽先生ども  きょうわたしども  僧ども  各社とも  蝶々ども  花輪ども  増上慢ども  夏草ども  蟹ども  島民ども  球体ども  少年ども  海鳥ども  少女ども  黒人ども  海豚ども  珍魚ども  わたしども三人  偽善者どもめ  弱虫どもめ  相客もろとも  とも区別  天使ども  私ども罪  両方ともそう  軍人ども  身ども息  身ども今生  兩者とも  文章とも  量質とも  劫風とも  雖ども侮辱  議員ども  作者ども  是非とも末段  雜つて下司ども  牛飼ども  田舎侍ども  興行とも  一私ども  当分私ども別々  私ども転地  タメトモ  相手ども  弟妹ども  夷狄ども  令嬢群とも選  両人とも  英雄ども  誰とも組  たいがいわたくしども  大臣ども  ハゲ頭ども  カストリども  異教徒ども  従卒ども  酔いどれども  中年老年ども  デクノボーども  犬人とも  行員ども  わたくしども団員一同  無頼漢ども  男ども歌うた  朝夕とも  木像どもはいぜん  帆船汽船とも  雑草ども  草刈ども  アホタレども  元兇ども  コルシカ人ども  文字ども  三人もろとも  禿ども  年寄りども  わたくしども婦人  わたくしども自身  ナントモ  海陸とも  田ども  冠者ばらども  花もろとも  タメトモ心  タメトモ的  とも厳めしき体裁  ろしき者ども  我輩ども  一とも  エミシども  船体もろとも  前後左右とも  これ女ども酌  婢ども  わたしども女  妓ども  駕かきども  牢人ども  せがれども  伜ども  両足とも  公私とも  私ども国民  爺さんども  日私ども  ごろつきども  小姓ども  天狗ども  狐狸ども  とも額  松ども  石ども  稜石ども  平素悲喜とも  螻ども  菌ども  茸ども  山伏ども  とも無し  つて襲ふかとも  蠅ども  気取り屋ども  提督ども  インフェリオリテども  娘っ子ども  左右兩街とも  官民とも  凡下どもめ  親類縁者ども  門人ども  門下ども  隣人ども  昆虫ども  昆蟲ども  雖ども皆自身  雖ども西洋  父子とも  雖ども授  雖ども十八九歳  私ども一家  基督ども  気狂いども  とも乗  崇文總目とも  所謂支那通ども  いくども  ふた親とも  各店とも  俳優ども  おかみども  各戸とも  歌曲とも  鼠賊ども  家族ども  某ども  はじめ団員ども  表裏とも  形とも  穉児ども  ともつた室  駕籠かきども  とも人  内容手法とも  そとも  みな私ども  飯炊ども  両親ども  下男ども  荒くれ漁夫ども  荒くれ漁師ども  だれくりども  代り私ども  惡者ども  衣食住とも  演出家ども  亭主ども  あぶれ者ども  青侍ども  大小とも  艇員ども  ばかども  燕ども  家畜ども  牝牛ども  羊ども  自然自他とも  母娘とも  性情伎倆とも  罰あたりども  とも君  下台とも  声もろとも  番頭小僧もろとも  清川もろとも  拙者ども御用向  番頭小僧ども  足軽ども  旧来私ども  駕丁ども  蠅ともらつて  鴉ども  相撲ども  国侍ども  壮士ども  相方とも  アザラシども  アホウドリども  出版当事者美術家とも  閑人ども  番頭ども  浪士ども  三発とも的  田吾作どもめ  職人どもめ  惡黨ども  ガチャども  化け物ども  巻ども  絹とも  野郎どもめ  骸骨ども  おれども  犬家来ども  みかども法皇  雑ども  重臣ども  番武者ども  夜詰ども  一族ども  一族老臣ども  凡下ども  ふたども  武士ども大勢  郎党ども  放免ども  有象無象ども  副将とも  青公卿ども  ゃつらの残党ども  連中ども  野郎ども方向  わたしども一座  雲助ども  番犬ども  下士ども  ハイカラ小僧ども  役員ども  川越しども  宿役人ども  絹もろとも  わたしども魯鎮  病人ども  妾ども  ちんぴらども  目明しども  謀反人ども  武者ども  立ち武者ども  鎌倉御家人ども  祖ども  郷党ども  御家人ども  近習ども  役者ども  駒脇ども  従者ども  われらども  ほか一族ども  下部ども  小坊主ども  町人百姓ども  淫売ども  俗人ども  邪教徒ども  下郎ども  成敗とも  ダニども  使用人ども  植物ども  家来ども七百戸三千七百余人  アイヌども七人  そのものども  商人ども増長  身どもせんえつ至極  身どもら  拙者ども  木挽きども  職人ども  あかえびすども  彼奴らども  彼奴ども赤夷ら  赤えびすども  やつがれども  渡り職人ども  教師ども  土民ども  熊笹ども  彼女ら女房ども  小間使ども  家内ども  脳味噌ども  士族ども  女衆ども  降伏人ども  県吏ども  官員ども  世話役ども  女ども子供ども  実父ども  おなごども  乗員ども  くめども  助平どもめ  助平ども  碁天狗ども  召使いども  恐竜ども  巨獣ども  慾ふかども  アバズレども  二ツとも  女とも  裸虫ども  掏摸ども  芋虫ども  山師事業家ども  ドバども  町民ども  恃む猿ども  姉ども  メクラども  唐変木ども  階下階上とも  階上階下とも  そちども  植物鉱物動物ども  善人ども  タレども  私ども陳列  私ども女  犬殺しども  非人ども  岩ども  部下ども  俺ども  下種ども  捕吏ども  手の者ども  家人ども  当人ども  農民ども  六波羅武士ども  縁者ども  郷士ども  雑民ども  どもめら  荒くれども  取巻きども  私ども兄  きちげどもめ  胆略とも  甲乙とも  人物技量とも  人畜とも  雲水ども  穢多ども  船もろとも  五人とも  都合五人とも  狸ども  わしども代表二人  二人とも側  母お山もろとも  ずるものども  雖ども孰  出入とも  説とも  名とも  郷武者ども  同族ども  荒クレども  武家どもみな礼  残党ども  私ども素人  猿ども森  蚊士ども  書記ども  而文学者ども  天狗もろとも  石燈籠もろとも  はじめ仲間ども  遊び人ども  気色ども  遊女ども  里人ども  領民ども  雑人ども  父兄とも  馬士ども  荒くれ男ども  廓雀ども  私ども両人  私ども小売商人  通り私ども  初め私ども  旅人ども  西国浪人ども  馬丁ども  女どもおいら  番僧ども  山伏ども急  ともつたローソク  とも切れ  蟒ども  爬虫ども  身内ども  早打ちども  飛脚ども  使者ども  田楽ども  侍者ども  凡児ども  心理学者ども  駕籠屋ども  如く上下とも  裏門とも  内弟子ども  荒男ども  ヤイヤイ野郎どもトンデモ  土龍どもめ  宮方ども  腰抜けども  みかども公卿  白拍子ども  われら家臣ども  不平ども  血気ども  三道とも  凡夫ども  守つて四季とも  暑寒とも  遊民ども  一時無頼漢ども  馬方ども  徒弟ども  ヘナチョコども  児分の者ども  わたくしども奥女中  わたくしどもみなみ  どれども潛龍沙魚  ども船  騷げども玉藻  げども人  とも杯  公卿ども  われら武者ども  官軍ども主上上皇  難民ども  群盗ども  坊ども五  随身ども  新参ども  工匠ども  天狗ども谷  裹む幻術者ども  親戚ども打  ヨタ者ども  とも千把  武家町家とも  大名小名ども  襦袢とも  是非とも後  陰影ども  母親ども  教員ども  客ども  洛民ども  おらども  売女ども  おれどもの  妻ども  役所ども数さ  の者ども  徒士ども  一ゑん宮かた武士ども  北条遺臣ども  いふ者ども  やつども  私ども一行  時私ども  親類ども  若党ども  友人ども  私ども士族  藩士ども  私ども家族  同僚ども  以前私ども  最近私ども  書生ども  江戸っ子ども  私ども三人  債権者ども  へども  大胆者ども  偽物ども  偽作者ども  親爺もろとも  トモあれ  ゼンチヨども  一ども  熊蟻ども  是非とも  川守ども  みかども准后  みかども常々  人品とも  漁師ども十数名  有力者ども  私ども教員  雌ども  四人とも立  私ども先生  とも用  ケレども曽  チンピラども  金持ども  みんな私ども  渡り鳥ども  際襟足とも  みんなお前たち馬鹿ども  帽子もろとも  蟲ども  私ども老人  直線ども  軍兵ども  息子ども  嫡男ども  犬武士ども  諸人ども  両家とも  年寄ども  両側とも  家従ども  二部屋とも  神社ども  こんど私ども  鰻ども海老ども蟹ども  奴隷ども  借主ども  家來ども  両派とも  二派とも  ども権義上  ども内治  ども一国民  道楽息子ども  とも風  町役人ども  両親とも  読み書きとも  バルシャガルどもめ  二組とも  万歳ども  私たち親ども  武人ども  諸国武士ども  姉妹とも  手下ども五六人  私ども十六人  此奴ども  此輩ども  あてとも無し  手先ども  あてども無し  ならず者ども  業者ども  飲ン平ども  呑ン平ども  同類ども  ア私ども  女学生ども  本人ども  民ども  野伏ども二万余人  張本ども一類  遺臣ども  武将ども  痴者ども  うそつきども  毛唐人ども  丸髷ども  私ども共産主義者  詩人ども  主義とも  貉ども  びんぼう人ども  蒲団もろとも  両虎とも  三名とも  匪賊ども  ムクもろとも  わたくしども五人  皮とも  骨とも  ちやとも  体格とも  小児ども花  古布ども  私ども虫けら  私ども百余人  私ども他人  私ども下々  軍勢ども  兵ども帰り  キナ事トモ思ヘヌ  方面とも  酔っぱらいども  十枚とも  今度私ども  茎笠とも  継子ども  町奴ども  召仕ども  若人ども  歌よみども  ども側  所謂歌よみども  五千圓ども  緑人ども  緑鬼ども  怪人ども  一ども姿  凡庸政治家ども  私どもお互い  私ども人間  私どもお互い人間  私ども人間お互い  毎日私ども  先生とも  とも釣  性能とも  烏ども  三語とも  間抜けども  私ども一人一人  長歌短歌とも  ふだん私ども  白癩ども  それ以来私ども  辻冠者ども  僧俗とも  奴隷ども石油  引けども  三隅とも  青女ども  海郎ども  彼我とも  電子ども  二度とも  とも力  農兵ども  女中ども一  兵者ども  むかし私ども  こと私ども  わたくしども夫婦  私ども婦人  侍ども本気  巫女ども  武士ども一度  水狐族ども  窩人ども  信者ども  私ども無学  茎もろとも  どもさ  遊び術ども  浜の者ども  知能とも  順逆とも  籠舁ども  村びとども  ウジムシども  ども相  とき児ども一処  姿ども  小児ども  下男下女ども  眷属ども一  才貌とも  落伍者ども  楽壇雀ども  お互いとも  傀儡ども  ゴロツキども  ゴロツキどもめ  下女ども  乱暴者ども  赤浪ども  武士ども仕官  アメリカ人ども  勇士ども  朝野とも  とも云  恩讎とも  尾角とも  出入坐臥飲食とも  喜びとも  能ども  ども上  阿呆ども  蜘蛛ども  心地とも  三個とも  其方ども五人  ぼんくらども  旅役者ども  愚人ども  成金ども  氏子ども  雖ども實  とも所謂無産派  雖ども自分  仏ども  雖ども社面  私ども作家  あっしども一統  だんなはじめあっしども一統  科人ども  牢役人ども  あっしたち下人ども  一どもたより  妖精ども  的ども  旗本ども  ところ旗本ども  使いども  裸人足ども  三回とも  三足とも  べっぴんども  バカ者どもめ  とが人ども  徒侍ども  町名主ども  鈍児ども  貧窮者ども  私ども数人  クラチットども  少年クラチットども  妖女ども  実業家ども  悪鬼ども  野郎ども雁首  撥もろとも  畜生どもめ  からだもろとも  頭もろとも  二羽とも  何百とも数  おっちょこちょいども  やじうまども  野郎どもッ  寺僧ども  七つとも  三窯とも  仕上がりとも  八人とも  手代はじめ職人ども  通行人ども  六体とも  六地蔵とも  六人とも  泳ぎ達者ども  飾り柄とも  凡庸者ども  鵞鳥ども  同人ども  ユダヤ人ども  奴僕ども  二カ所とも  角兵衛獅子ども  五体とも  三張りとも  七人とも  七艘とも  あっしども特志  雇い人ども  ヨーロツパ商人ども  とも通辭的公職  胸もろとも  私ども日本人  私ども婦人たち  とも生  ヘドモドどもつて  とも見当  幾百幾千万とも数  とも異様  われら凡人ども  物頭ども  今朝私ども  学識人格とも  私ども平素関西地方  巌とも  攻守とも  どじょうとも  私どもさ  眼とも  魔生徒ども  フランス人ども  小娘ども  見栄坊ども  悲劇人形ども  批評家ども  居候ども  貴族ども  あいつども  侏儒ども  享楽家ども  各階とも  所謂亡者ども  物取りども  小倅ども  雑兵ども  残兵ども  幸い兵ども  消防夫ども  私どもはじめ世間  一双とも  悪僧ども  虎鮫ども  鮫ども  なげしども  両様とも  社員教員相とも  貧富とも  私ども家内  尼ども  あれども心  欲ばりども唯  橇犬ども  明日せがれども  私ども民間  学者ども  とも数  とも判然ら  つけども一羽背負つて  野獸ども  辞色とも  醜婦ども  情人ども  改名主ども  書画とも  二頭とも  立居とも  加害被害とも  士農工商ども  浮浪人ども  とも余一個  今私ども  衒学者ども  文学者ども  長者ども  饒舌家ども  優秀者ども  戦友ども  人物ども  痴人ども  政治家ども  反対者ども  なす者ども  賤民ども  驢馬ども  スカラムーシュども  秘書ども  アールカンども  欺瞞者ども  ドレフュース派ども  霊肉とも  債鬼ども  モロトモ  一女ども  キルケーども  メナードども  写字生ども  賞賛者ども  衰弱者ども  雲雀ども  弱き者ども  盲人ども  自分もろとも  乗馬もろとも  四人もろとも  豐後風土記とも  ちびども  ごろつきどもめ  荒イヌども  気ちがいども  悪友ども  さくらども  彼らスペイン人ども  廷臣ども  政敵ども  主族ども  ネズミども  被告ども  臣民ども  茶坊主ども  博徒ども  剣術使いども  私子分ども腹  雖ども安心  もの上下とも  狼ども  理論家ども  中流人ども  それら狂人ども  音楽家ども  野獣ども  餓鬼小僧ども  哲学者ども  私どもめいめい申  わが身とも  墨画ども  蛆蟲ども  二十二人とも  入荷出荷とも付送り  とも増  牛方ども  書ども  薬品ども  はじめ奸吏ども数多くこれ  諸事奸吏ども  異人ども  どれども清水  風流男ども  女どもめ  娘子供ども寢  案山子ども  屑ども  作家ども  而非思想家ども  小犬ども  うち吠犬ども  癲癇持ちども  新兵ども  模倣者ども  労働者ども  蛭ども  私たち侍女ども  陰陽師ども  われわれ弟子ども  つて内容形式とも  ンども  先とも後  何れとも分  二元とも  我とも  二者とも  三方とも  善良不良とも  宿将ども  トモカク坊主  トモカク  孫一郎モ何トモ云ウコトガ出来ズニ隠居シタガ  キノコトモ  何者トモ知ラズ  妻トモ相談シロトイウカラ  トモ貰イマスカラ  私ども風情  手とも  問答とも  知覚とも  私ども四  兩側とも  二女王とも  睦じい私ども  米国欧洲とも  欧米とも  大砲小銃とも  私ども秘密  訳文とも  外形内容とも  ガラスども  付け焼きとも  とも玉味噌  とも縫針  工藤とも  葉もろとも  仲仕ども  事ども承知  私ども兄弟  右左とも  渡つて私ども  たぬきども  みそさざいども  私ども自分  役とも  相弟子ども  とも余  神仏二道とも  学識とも  徳行とも  知徳とも  体力とも  わたくしども山伏  酒呑童子はじめ鬼ども  形式内容とも  半可通ども  わたくしども贅沢  社会主義者ども  婢女ども  侍婢ども  とも買つて  気候風土とも  芸者ども二三人外  其男ども  怪球ども  藤原氏ども  筋肉ども  善神ども  秋千とも書き  モノども  ころわたくしども  山法師ども  釣り人ども  食物ども  男釣り人ども  蒲生佐野とも  ども生  仕丁ども  夷ども  ども余輩  夢ども  兄ども  店ども  水陸とも  馬ども耳  間人民ども  物ども  考古学者ども  妓家ども  海賊ども雀躍  妻どもこれ  侍臣ども  奇譚ども  酋長ども  糞とも  ども号  一日婦女ども  婦女ども  時婆ども  遺物ども  猴ども  大学生どもこれ  猩々ども  上猴どもわれ一  猴ども前  今日他国人ども  猴卒ども  ども一八八九年板モニエル・ウィリアムス  百姓ども五  二教とも  犬役人ども  市吏ども  牢番ども  老中ども  愚痴ども  チンピラ大学生ども  新古とも  やくざども  発頭人ども  兇漢ども  人殺しども  謀叛人ども  番人ども  馬鹿野郎どもめ  ぁ謀叛人ども  悔賊ども  とも増封  宝物ども  若党仲間ども  自分ども存じ寄り  侍ども申合せ候ところ  臆病者ども変心退散  たび申合せ候者ども四十八人  照れども心  捕虜ども  愚民ども城隍祠廟  傍輩ども牝鶏  鼠ども術士  女怪ども  亡魂ども  東西洋とも  これ二つとも  英仏語とも  今生後生とも  犬ども集り  狗ども皆  作人ども  上り狗ども下  狗ども夜叉  狗ども  若衆ども  此方ども  たてども人  瞽者ども  船人ども茗談  漁夫ども  使ひなどもたくさん  奴どもぢ  和漢とも後  二物とも  下女ども種々  和漢とも  ギリシアローマとも  鼠ども火  十余万とも号  妹ども怕  妹ども  是非とも君  道とも  蛸坊主ども  役人ども月番  私ども儀  私ども年少  豪勇ども各々纏頭  往復とも  鷹匠ども  妖怪ども  手前ども主人  社員ども  ミイラども  村人ども  フラッパーども  破落戸ども  樵夫ども  昨今私ども  国老ども  はし者ども  ザムライども  とも家  私ども全体  私ども人民  八町人ども  三とも  需要供給とも  家鴨ども  私ども母子  シト雖ドモ  往カズトモ  眷属ども  ひなども  古書ども  集ども  さまどもたづ  とも学  躬どもら  女衒ども  とも怕  職人ども翻弄  親子とも  三羽とも  官薩両軍とも  匪ども  野犬ども  手前ども一統  わたしども一人一人  つてとも  そいつども  おれども三人  なに私ども  風吹かねども冷気冬  先駆者ども  夫妻とも  労使とも  兩人とも  俊寛ども  唐人ども  雑色ども  一言ども  芸妓ども  愛物ども  山猿ども  垂れ粕ども  親戚ども  棺舁ども  事ども訊問  監守ども  事ども相談  一九二九年私ども  丁あれども軍  私ども石垣  直ども  ぎろりと真とも  兩方とも史學  いたずら小僧ども  餓鬼ども餓鬼ども  やんちゃども  手前ども柳生藩  ら作家ども  家もろとも  大家ども  私ども女性  牧とも  金持ちども  大丈夫役人ども  年私ども  砲手ども揃い  通り不浄役人ども  とも線  かぎりトモ  私どもの  とも内  親族ども  案内人ども  左右とも後  見物ども  賭博者ども  各室とも電燈  とも昼  犬ども皆  事ども委敷  文角鷲郎もろとも  組合員ども  富農ども  ともつた爐端  ふだんわたしども  わたしども貧乏人  白幽霊ども  両君とも  女児ども  今昔とも  被告人ども  逆徒ども  地廻りども  弥次馬ども  文士ども  私ども地震学者  典薬ども  文ども何  やもめども  看護婦ども  一見幾十とも数  新旧とも  幼年ども  海ひょうども  海蛇ども  凶漢ども  刺客ども  バテレンども  オヤジども  バカども  忠孝とも  虫らども  私ども平生自分  お客ども  六人男ども  ひなども一分のひけ  象ども  油虫ども  小作人ども  臆病ども  一應手前ども  代筆代読とも  男女ども  日本武尊東夷ども  芸無しども  私ども正統  藝無しども  迫害者ども  救助者ども  二郎十蔵とも  肌着とも  とも分ッ  とも訳  本ども  山景風光とも  両頭とも  候ども  政友民政とも  弟子ども交  弟子ども云  角右衛門ども  ア野郎ども犬侍  野郎ども一度  浪人組ども  獄人ども  洋とも  賢人ども  とも口  童男童女ども  工人ども  爺ども  てめえども  伐木人夫ども  才力とも  詩文とも  僕ども  石もろとも  仔どもたち  眷族ども  ども一人  俗輩ども  何億万とも数  世人ども  四間とも  三段落とも  尾頭とも  とも死  御衣ども  児ども倭  則清とも書き  物心両面とも  脚色撮影とも  梨の木ども  兒ども  善悪両面とも  民心とも  後輩ども  ちんぴら少年ども  わっぱども  操縦室とも  出づる蟲けらども  どもら  わたくしども百姓  とも角ここ  とも一  草木ども  トルストイアンども  ツマミ食ひなども  こと無情有情とも  月ども  文ども  ろとも艇外  万事私ども  とりども  石工ども  両隣とも  私ども常識  葉野郎ども  白樺の木ども  私ども正常  わしども家内  わしども覚え  宗徒ども  けつども  千とも数  尚書三省とも  是非とも用  とも所謂  雙方とも  功罪とも  雌雄とも  山窩ども  彼奴ども  牝犬どもめ  ザポロージェ人ども  哥薩克ども  加特力僧ども  波蘭人ども  先祖ども  死人ども  骨張つた亡者ども  稚児もろとも  去勢牛ども  穀潰しども  私ども父兄  陶器ども  豚面ども  道化ども  悪霊ども  忰どもめ  独逸人ども  阿房どもぢ  暴れ者どもめ  馬鹿者どもめ  暴れ者ども  忰ども  村役人ども  あん畜生ども  私ども自身  さうに私ども  わたしども主人側  トモちやん  雖ども無益  ぱい女ども  嬶どもそこ  ともかた  談笑中ニとも  幕軍艦英軍艦とも  一戦相心得候得ども  仕度候得ども何レ長崎  四ドモ五ドモ水  寝食とも  ジプシーども  式ども  碧眼奴ども  果つれども二人  私どもヤクザ  私ども一般  人獣とも  欲張りども  豹ども  二氏とも  ケレども腐敗  三ツとも  樹ども夥多  女ども五六人  スパイどもめ  わる者ども  はじめわる者ども  いまわる者ども  雖ども自ら  夕まぐれ劫風とも  二股膏薬ども  とも衿  眞とも  林盡ク二水源ニ一トモ  林盡キテ水源アリトモ讀メ候  仔羊ども  表裏功過とも  二とも  事どもかたりつ  ども所謂師  しかども城  消防手ども  妓ども二人  強き者ども相直面  是非とも著  夜昼とも  警察ども  同心ども  会員ども  望みとも  あれども後  ども一たび幸  ばか者ども  建築彫刻絵画とも  其村人ども  女房ども二人  男ども苅  男ども面白半分  細大とも  検印とも  私ども百姓  時分私ども  私ども留学生  父母とも  聲姿とも  天地とも  かつ相とも  九六とも  タマ貰い小僧ども  とも氏  骨肉とも  農夫ども  むとてぞこの人ども  男ども密  松の木ども  風浪とも  南北とも  三千餘萬兄弟ども  善惡とも  僮僕ども  源太十兵衛とも  魚族ども  ども金鐃  化ども  ども二時間  私ども五人  枕ども  古事記・日本紀とも  害虫ども  ケレども  ともちゃん  守護女神ともちゃん  とも民  百姓ども仕来り  歴史家ども  豪族ども  屋ども  蝙蝠ども  殿上人ども  私ども善良  血吸鬼ども  わたくしども女  らけた女ども  全体私ども儀  私ども町方  とも感  灌木ども  どんぐりども  三十余年間とも  座布団ども  あれども家  いま反古ども披  幼子ども  折らめども  とも思  ともたち  みな看護婦ども  時女ども  女ども只洗濯  言行とも  顔ども  ルンペンどもめ  グルゥバッハ夫人ともどうしよう  間口とも  武士ども柔弱  野郎ども声  ルンペンども  僧尼らとも  道俗みなとも  みな弟子ども  三方とも  私ども同様何  雪狼ども  鳥類ども  白骨ども  水鳥ども  男房ども  文壇ゴルファーども  内侍ども  女ドモ芋洗フ  武者修行ども  私ども支那語日本語  案内かたがたとも  家令ども  味香とも  私ども鼻  シバテンども  住人ども  ブルジュアども  魔法使ども  後援者ども  悪戯小僧ども  葉とも  海豹ども  泳ぎ手ども  



前後の言葉をピックアップ
友釣り  とも      友千鳥      友五郎    ども


動詞をランダムでピックアップ
凪げ待ちかねよしきろやりあいあわてよじし続けよのめせ追いまわさ収める引締めん押し遣作りだし頂けれととのえろおおえ剪ん当たりせぐくまり
形容詞をランダムでピックアップ
にくらしかっ馬鹿らしゅう深から悲しかっ遽しく古くさくはなはだし香し旨かっうつくし馬鹿らしかっ不甲斐ない用心深いどぎつく正しかっ黒っぽかっ危う虚しく新しくはやけれ