「とん」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とん[動詞]
葉がちらほらとん  んにとん  空をとん  いくつとなくとん  小鳥よとん  そしりなんかにはとん  蛙よ、うれしいか、とん  蛙がとん  ゆふなぎを、とん  しめやかにとん  灯火一つ虫がとん  敵がとん  一直線にとん  殿様とも心付きませんで、とん  禮が、とん  前へとん  足音がとん  飛行機がとん  青年はきよとん  闇夜はとんけとん  地上にとん  鳥がとん  ところへとん  宙をとん  印度界隈にとん  豆はたきとん  熱心に働き始め、はとん  やうにとん  坊さんはとん  上下左右へとん  ものでとん  粉をまるめたすゐとん  夜天聖靈のとん  外へはねとん  チンポコへとん  砂がとん  顏にとん  ゴミがとん  粉々になってとん  のだが、驚いてとん  つばめがとん  そばへとん  空中をとん  ようにとん  怪電波のとん  北へとん  ところをぶらぶらとん  先にとん  どこへとん  足がとん  高空をとん  スピードでとん  しゅうしゅうと空中をとん  岩かげにとん  蜂がとん  島へとん  そいつはどうもとん  それらにとん  作家に書いてもらってぶっとん  マッキントッシュを見てぶっとん  心底ぶっとん  家へとん  なつてとん  ごろぜみ、ごつとん  胸へとん  ものはとん  機智にとん  所へとん  足駄のとん  集つてとんからとん  何がとん  旗がとん  丸がとん  鎌と鎚がとん  天までとん  こっちへとん  答えがなく、つづけて、とん、とん  飛行機はとん  客間へとん  ふし蚊帳にとん  わず、とん  示唆にとん  お嬢さんとを連れて来とん  選択がとん  あとでとん  言語から文章へとん  方に跳ねとん  ことが、思えばとん  割れ目をとん  ためにとん  空へとん  あいつがとん  たづねてとん  木の葉がとん  日にとん  んですが、こりゃとん  蝶はとん  間をとん  ものがとん  軍隊を駐とん  上り框にとん  其草鞋をとん  キヨがとん  危いと思って、とん  姿を狙ってとん  逆にとん  砂を蹴ってとん  こいつはとん  すととん  歌うたいどりは、とん  さよなきどりは、とん  川にとん  教訓にとん  方へとん  中へとん  のか知らねえが、とん  トラックがとん  折からとん  手を出し、とん  しろでとん  尾をひいて、高く低くとん  そこを、すいすいととん  人間的同情にとん  暗示にとん  そっぷにとん  女がとん  歩道へとん  目つかったら、とん  飛行機のとん  方までとん  文字通り宙をとん  四方から半畳がとん  声援がとん  地方へとん  羽をならしてとん  電話がとん  指針がとん  宇宙をとん  眼にはいったら、とん  憂鬱なんか、いっぺんに消しとん  さなんかを思うとすぐとん  感情的いきさつにとん  前にとん  歌をうたつたり、とん  二人ともずどん  奇智にとん  ようにあかるくとん  お母さんへとん  お月さまめがけてとん  さらってまたふいととん  一羽がとん  んのとん  童がむこうをむいてとん  早馬がとん  こぼるるをとんからとん  へやからとん  上へとん  前をぴょんととん  計画性にとん  骨はしらじらととん  蝶々はどつちへとん  ところにとん  方々にとん  火星に向けてとん  つばさをひろげて、とん  空をめがけてとん  ところをとん  ちゃんとあたりまえに、とん  上を低くとん  ように軽く、そうして早くとん  ようにしきりにとん  丸木は、いよいよとん  丸木がとん  どこをとん  蝶がとん  風に吹かれて横にとん  つたどこからともなくとん  なかをとん  亂してとん  流れだまがとん  弾丸がとん  烏もとん  叔父はことに大きなとん  臆測はとん  噂がとん  盛んにとん  待合室にとん  二階へとん  千鳥がとん  トタンがとん  一ぺんに吹きとん  武辺者がとん  年甲斐もない、とん  上空をとん  上からとん  平行にとん  隕石がとん  操縦室にとん  二つでとん  ところへ、とん  今にとん  上をとん  ばらばらになってとん  ように、とん  なかへはとん  本をすつとばしてとん  ようなとん  僕はとん  君は考えていたらとん  話がそれてとん  遠方へとん  角度を切って吹きとん  皆どこさかぶっとん  群をなしてとん  聲がとん  十歩位でとん  ボールがとん  部屋にとん  傍へとん  群が、とん  行儀よくとん  群がとん  一かたまりになってとん  どこへ向けてとん  一かたまりになって、とん  横とびにとん  虫もとん  尾をひいて、いさましくとん  つもりだけれど、ふわりふわりと、とん  月世界にとん  百六十九隻が固まってとん  ところまでとん  見かけによらず、とん  魅力にとん  羽根が生えてとん  そこをとん  向うへとん  空魔艦がとん  北の方にとん  真先にとん  外にとん  極地へとん  うちへとん  字が大きくなったり小さくなったり、とん  蝶もとん  酔いも消しとん  どこかへ消しとん  つまり伊東上空をとん  変化にとん  さで、とん  お前はとん  右へとん  こととは知りませんでとん  ところまでひと飛びにとん  縁側から足をすとんと踏み外すが如く、極めてすとん  部屋へとん  りや蜂がとん  椋鳥がとん  烏がとん  鳩のとん  襟巻のとん  火の子がとん  ぴゅーととん  魚のとん  甲板へとん  俺はとん  夜もとん  鳥にでもなって、とん  森を越して、とん  なかまでとん  もとへとん  ほうへとん  輪をつくってとん  うえたかくとん  うえでとん  うすいぶん高くとん  鳥になってとん  まぼろしを見ながらとん  よそへとん  たくさんかたまってとん  滋養にとん  煙管で、とん  奥へとん  銃弾はとん  すみにとん  朝早くとん  四方にとん  軽快にとん  ばかをりこうと取りかえて、とん  後ろからとん  ほりをとん  正観はとん  啀みあって、とん  ひざからとん  ベルグヌーが、とん  わたしたちはおたがいにとん  そばからとん  土間にとん  窓へとん  馬鈴薯が沢山落ちていてとん  場をとん  所にとん  息子をとん  頭上をとん  感想幸福はとん  樂もとん  蝙蝠がとん  ふちへとん  顔を赤くして、とん  大儀そうにとん  部屋から部屋へとん  電信柱はとん  それがとん  イトコまでは行かねえが、とん  ここへとん  艫へとん  泥水がとん  はじめすぐにも、とん  自分だったら、すぐとん  頬にとん  ボーイが、とん  好意が、すっかり消しとん  鶯がとん  大坂町でとん  垣間見が、とん  病室まで、とん  羽だけ光らしてとん  氣持はとん  ぬかるみをとん  精霊とんぼがとん  曲解されたりして、とん  んじゃ、とん  ブーンととん  ポチがとん  上を大またでとん  鍛冶屋のとん  ダビットがとん  口から、ぼとん  やうへとん  瞬間に消しとん  天をめがけてとん  つて天までとん  どこかへとん  杉山さんはとん  花畑へとん  ちょうはとん  声を挙げながらとん  風説が乱れとん  いつのまにかふわりふわりとん  文房具ははとん  川獺のとん  夜更にとん  そらのひかりをとん  またまた、とん  欽二君もとん  場合に、すぐさまとん  本署へとん  検事が、とん  ほうへととん  跡かたなくとん  正面から腰掛がとん  馬でとん  私がとん  小鳥たちもとん  うえにとん  女の子も、とん  金銀廟から、とん  メーソフはとん  揚句には、とん  刑事がとん  お金さんもとん  これはとん  中間はとん  土地がとん  どこへ吹きとん  縁とは、とん  跫音がとん  戦場へとん  片足はとん  ように吹きとん  声を聞きつけとん  んですが、とん  出入りをするだけに、とん  爆撃機がとん  池にとん  雹がとん  久兵衛、とん  おまえもとん  色がとん  顔を、とん  お家へとん  郎までとん  長編を読み、とん  ピムリコなんかへ行けばとん  含蓄にとん  うちまでとん  姉たちがとん  とんぼがとん  へ間、とん  馬券売場へとん  これが、とん  雲をつきぬけて、とおくへとおくへとん  うえへとん  むすこはまたとん  マントを着てとん  しぶきがとん  血しぶきがとん  読者がとん  七八年昔へとん  勢でとん  説明を打ち切らした程とん  狂人を連れて来てとん  皆がとん  どん、すとん  高萩では、とん  召使たちがとん  雪子はあわててとん  死顔にもあわないで、とん  気持は、すっかり消しとん  斜にとん  跡かたなく吹きとん  彼女はそのとん  世論調査によれば、などととん  一生懸命握っとん  美的要素にとん  五ひき、うるさくとん  たまはとん  六里向うへとん  声がして、とん  薬品がとん  一しょにとん  ビーカーがとん  皿がとん  輪になってとん  四次元世界をめがけてとん  さでとん  かたまりはおそくとん  四方八方へとん  遠くをとん  まわりをとん  合つて、とん  雪がとん  みそさざいどもは、とん  何匹もとん  奴は早くどうにかしなければとん  いっしょにとん  城へとん  あなたをとん  鳥とんできてとん  船でとん  外へとん  宇宙を遠くとん  好奇心にとん  順序さえ踏めばとん  着物も着ないでとん  一生けんめいにとん  げに群れとん  ツバキがとん  中をはねとん  刃がついとん  距離を置いてとん  先生はとん  窓からとん  小石がとん  二コマずつとん  それから月日がとん  中を見てどん  幸吉は、とん  ミイもとん  コヤシは入れませんが、とん  同情したりすると、かかり合いになって、とん  豊、とん  注意しなければとん  ほかへはねとん  気がつかないでもとん  星がとん  世界までちょいととん  魂はとん  時間でとん  木の下をとん  みどりの上をとん  高調子で、とん  遠方までとん  ぶん、とん  吟味してかからないと、とん  山にとん  様子が、とん  雲のとん  ペンペン草に捲き込まれてとん  上り口からみよ子が眺めて、とん  妹がとん  飛行機だけはとん  尾を引っぱってとん  五晩、とん  私は、とん  空中へ吹きとん  これがとん  ーんととん  ように楽々ととん  ウスイのとん  なかにごつとん  俺もとん  圓生さんはとん  弟子なんてとん  口籠ったり、とん  間がとん  方からとん  方向からとん  窓から、とん  それから後はとん  信さんもとん  彼をみつけてとん  そこら中をとん  もう一度、とん  六機がとん  前をとん  副官がとん  夜は、とん  爪立して、けんどん  ヘリコプターがとん  そこへとん  こいつがとん  波立二がとん  帰りなっとん  モコウはまっさきにとん  岸にのぼって、とん  常識にとん  イルコックが、とん  イルコックがとん  モコウがとん  拍手がとん  声がとん  声をあげてとん  火光めがけてとん  煙がぱっととん  悲劇にとん  空気を押し分けてとん  間をだまってとん  手からとん  二つ目が追いかけてとん  あざ笑うようにとん  だんなが見えられとると聞いてあわててとん  弧を描いてとん  下男がとん  のと、とん  ものなら、とん  操縦者が用心深くよけてとん  いなかの住宅にとん  ぴょんぴょん元気よくとん  ブリキ屑に落ちたかしてぽとん  奥にとん  イナゴがしきりにとん  とんとん、とん  とんとんととん  曲折にとん  一年ばかりとん  んでございまして、ええとん  こうのとりがとん  もみの木は、とん  鵠がとん  帰つとん  横にとん  どこかへ吹きとん  電光がとん  首がとん  岩盤さえ吹きとん  二弾がとん  目先をとん  晩千世子はとん  河西君はとん  宙にとん  湯呑がとん  ことになって、とん  ちよつと黙つとん  夜遊びをなすって、とん  横合からとん  蝶々がとん  おかげでとん  誰かがとん  方では、とん、とん、とん  覚悟していないととん  拾い歩きにとん  あいつもとん  一度にとん  今治へとん  丹三がとん  棒と化してとん  安はとん  彼方をとん  抑揚にとん  火取虫ブーンととん  まわりをとびまわるなんぼたっしゃな火取でもよっぴてとん  よにとん  たねがとん  青空にとん  気持がとん  方ーへとん  川面をとん  ぢや、とん  今朝はとん  危険にとん  あく高くとん  物音がすると、すぐにとん  足もとへとん  手許にとん  登美子がとん  快活に、とんでゆく、とん  三太夫はとん  調子に乗り過ぎて、とん  私を見つけてとん  コップがとん  それはとん  尻きれとん  これは、とん  ニュースがとん  ようにはねをのばして白く光ってとん  鬱憤がとん  てつぺんに、とん  機略にとん  円をえがいてとん  そうになきながら、舞いとん  鳴きごえを出してとん  枕もとでとん  われわれは、とん  グライダーをひいてとん  方にとん  紙テープをながくひきながら、ぐんぐんとん  ものが、さっととん  光まばゆい電気鳩がとん  こまでとん  俊三はとん  今は又もやとん  機関室へとん  ゅーっと唸を生じてとん  故郷へとん  急にとん  心は、いっぺんに消しとん  合理性にとん  柔軟性にとん  実のおよんどん  ん、とん  これや、とん  声をききつけて、とん  火花がとん  萱原准尉が、とん  とんとんとんととん  砲弾がとん  どっかへとん  雪はまたとん  聯隊へとん  雪のとん  方が少し明るく見えますので、とん  誰かが、だしぬけに、とん  数に、こまかくくだけて、とん  みつばちがあつまって、とん  ところに、とん  なかへとん  外をとん  前へと、とん  上までも、とん  上を、とん  カアカアないてとん  色にかわりながらとん  自由にとん  夢は、もうとん  雪の女王は、とん  サッサと嫁いてしまわねばとん  白旗弓之助様、とん  貴公、とん  日永をとん  つてもとん  力をこめてとん  体をあらわすとか言います、とん  みんなどっかへとん  スポンジがとん  ホールが、とん  げんこつがとん  肩をめがけてとん  空中をふわふわととん  電気になってとん  ことにとん  かけ声や、とん  三人が、とん  野次がとん  一通り野次がとん  だれかがとん  噂もとん  ため吹きとん  流れ弾がとん  こちらへとん  いやはやもう、とん  一ぺんに消しとん  なにも消しとん  義侠心にとん  すとんすとん  手裏剣のとん  同伴者がおったなどとは、とん  介がとん  四五ひきはとん  カメラをとん  それにとん  余もとん  曾我までとん  判断にとん  火がとん  つくり笑いをしながら、とん  これは、どうもとん  今となってはとん  者から因縁づけられて、とん  産土さまもとん  だんながいられるとは知らずに、とん  うっかりすると、とん  群が低くとん  鐘が喚きながらとん  鐘なんかとん  むちを携えて付き添いながら、かわるがわるにとん  拍手に調子づいたもののごとく、とん  右門もとん  次から次へ、よくとん  次から次へと、よくいろんなとん  ぐじるがどうだのと、とん  噂となってとん  徒弟どもがとん  音をきいて、とん  野郎もとん  一節でとん  何をとん  異様に光り、とん  ベイスフォード方面へとん  女仏さまからとん  栗鼠がぴょんととん  むく毛がついついとん  まりついととん  たくさんであるから、そこそこに引きあげてとん  烏は群れて丸くとん  間髪を入れずとん  精神にとん  バーへとん  話はとん  窓際へとん  廊下はすっかり吹きとん  眼鏡がとん  すゐんとん  和訳すゐんとん  灰色のすゐんとん  虫が沢山とん  名医がとん  大魔術師のとん  弾力にとん  こちらまで、とん  からはとん  枝から枝をとん  どこからそれ玉がとん  文芸部がとん  小半次らしくてとん  うすい紙を通してとん  ポッポーと吹きならして見たり、とん  プッととん  魚雷がとん  潜水艦から魚雷のとん  北の方へとん  高角砲弾はとん  方にむかってとん  曳光弾はとん  まわりにとん  空中に吹きとん  可哀そうにとん  花粉がつくだけで、しかもすぐとん  番号、とん  欠点と思って貰っちゃとん  ニュアンスにとん  その間をとん  耳ととん  出獄後新潟にとん  ウワサがとん  まま、とん  板が、とん  かいに、ただ伝えてやろと申してかえしました、まあとん  ものは、うっかり飛び込んだらとん  実行力にとん  あなたに迄とん  策略にとん  練習機はとん  耳を澄ましていると、ととん  かん、とん  事にはとん  山から小僧がとん  山からとん  それでとん  町家住居をやらかしたら、とん  火の手がちりてとん  ボヤボヤしていると、とん  辛抱しとん  風にとん  奴がとん  清吉めがとん  前でとん  巣から羽ばたきとん  失念してとん  現実をすつとん  近く、とん  たくさん火星人がとん  ちりんとん  それこそとん  エピソードにとん  ハハハハ、とん  年寄りがだな、とん  矢がとん  蔭から次々にとん  蠅がとん  ヒラリととん  台所へとん  叔母がとん  それで暮らして行けるなら、とん  みんな、とん  折、とん、とん  何羽も群れとん  お母さんがとん  てつぱうをさげて、とん  種にとん  眼をぱちくりやり、とん  小作もちったあやっているが、とん  方へ逃げて行き、こっとん、こっとん  容器を捧げてとん  階段をとん  ぼんぼんとはねながらとん  戸口へとん  破片がとん  快速力でとん  五万はとん  



前後の言葉をピックアップ
取ん  富ん  跳ん  飛ん    盗ん  頓阿  屯営  トンカチ  トンカチリ


動詞をランダムでピックアップ
兆し利しすいこむいい表し止まる捕らえ裁た説き伏せよさそいあわし絡みつい聴き入はらそていする嘶かにじり寄ろねだっまかれる刈入れる生きぬき捨て去ら
形容詞をランダムでピックアップ
青じろい忌々しい口汚く相応しく手荒き物狂おしく口汚うれしかろいまわし黄色かっ速くっ麗しく悲しい温くっ懶かっ暑う厚し物淋しき美々しうらやましく