「とろ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とろ[動詞]
しかつた、とろ  文字通りにどろ  街へ出てどろ  街に出かけてどろ  耳傾ける、そしてとろ  それからそれへ飲みあるく、とろ  ぼくはどろ  自分でどぶどろ  中にどぶどろ  きみはどぶどろ  あれはどろ  小僧だって朝から晩までどろ  終いには疲れてとろ  庵、とろ  魚は捕らないで飲み歩いた、そしてどろ  明方近くとろ  手持無沙汰で、まどろ  口上を少しまどろ  のはまどろ  外套を剥ぎとろ  蜜蝋をとろ  例にとろ  態度をとろ  宿をとろ  裏側にはどぶどろ  それをふいてとろ  音読用エルマー・ガントリーをとろ  マウイでとろ  額にはどろ  においを嗅ぎとろ  円本でもとろ  目をとろ  眼も、とろ  盃にどろ  武器をとろ  なめくぢをどろ  口書をとろ  とげをとろ  お家を乗っとろ  ウマウマ乗っとろ  金をとろ  針をとろ  ぁん、とろつとしてよ、とろ  オトをとろ  指紋をとろ  養子をとろ  白子魚乾に、とろ  加けにとろ  かい、と言いたいほど、とろ  三ツ目入道、どろどろどろ  種をとろ  手をとろ  釣銭までとろ  火はどろ  眼はどろ  マッチから指紋をとろ  操作できるなら、こんなまどろ  のがまどろ  真面目で、まどろ  仇をとろ  タッフィはどろ  武億はとろ  絵筆をとろ  一人ずつどろ  お客さまはどろ  それを聞きとろ  話声を聞きとろ  どっか一晩旅籠でもとろ  石をとろ  ようにとろ  言葉を聞きとろ  宿のとろ  宿でとろ  若菜と、とろ  モトをとろ  目がとろ  表までどろ  主税に対してとろ  箸をとろ  ため息をついたが、そのどろ  針先をとろ  帶びて、とろ  葉子にはまどろ  於いて、青みどろ  あいつを、あの青みどろ  ドストの青みどろ  責任をとろ  御機嫌をとろ  学生にとろ  中で申せばどろ  聖人又をどろ  鼠器でとろ  ろぼう猫の子はやはりどろ  ひとかどのどろ  あいつがそのとろ  写真をとろ  時間のまどろ  機嫌をとろ  縛をとろ  行動をとろ  家はどろ  ことばをくり返しながら、どろ  犬はどろ  鼻持ちもならぬまでにどろ  唾をとろ  おれがそのどろ  わたしがぬれてどろ  ぼくたちは危なくどろ  あいつはどろ  ぼくたちはどろ  型をとろ  非常にまどろ  眼をとろ  波音しぐれて晴れたあらうみとどろ  罎をとろ  手段をとろ  手ごたえを見てとろ  來るどろ  何かどろ  ぱしを舐めとろ  すじがかかったが、とろ  子をとろ  方の子をとろ  形をとろ  海はとろ  背よりもまどろ  地理も少しは知っとろ  課長は、まどろ  爛熟していて、きたならしく、青みどろ  もの、実にまどろ  棒をとろ  しろは青みどろ  掃除され、折角青みどろ  あいには、じつにまどろ  中に聞えるとどろ  彼はとろ  涼をとろ  穴を開けられて、青みどろ  藻草や青みどろ  池は青みどろ  輪へとり、まどろ  骨が折れて、まどろ  橋廊下を渡るとどろ  細をうがってどろ  はじめて私はどろ  私はそのどろ  私は、そう言ってどろ  後日、このどろ  私は、このどろ  私、このどろ  他日、このどろ  私は、そのどろ  いまはそんなまどろ  沙を透して清くとろ  防毒マスクを奪いとろ  水が、とろ  潛つて、とろ  水は青みどろ  汽車さえまどろ  刀をとろ  靴をとろ  雲がくりとどろ  お茶をとろ  雲とどろ  蒸汽の温るく、まぶしく、またゆるくとろ  軍みどろ  どうでしょう、そのどろ  手にとろ  木曾街道をとろ  姿勢をとろ  太鼓、どろどろどろ  げんばかりとろ  それを奪いとろ  大鹿をとろ  のも、まどろ  露はとろ  水はとろ  地位を奪いとろ  むざん、どぶどろ  やつは、大きくなるとどろ  かつも、眠っとろ  僕から君をとろ  自室へ引きとろ  横腹で、青みどろ  横腹に生えていた青みどろ  目はとろ  あれをとろ  こをとろ  一掴みに掴みとろ  道場を乗っとろ  手ぬぐいをとろ  顔蔽いをとろ  宿はとろ  作つてゐるといふとろ  汁屋にとろ  先のとろ  一二町もゆくととろ  のをまどろ  形式をとろ  毒気を吸いとろ  おまえをとろ  ものを吸いとろ  場所をとろ  そこはどろ  誰か醒めとろ  臭気でとろ  右手をとろ  まま、とろ  それをとろ  彼らはとろ  鯉を盗みとろ  ように青みどろ  彼女はそのまま青みどろ  占領していた青みどろ  仕方ない、とろ  ふたをとろ  坐り相撲をとろ  急にとろ  連絡をとろ  國のまどろ  水に青みどろ  沼から掬ひあげたばかりの青みどろ  呼吸を吐きながら、とろ  面は青みどろ  ぱらつて、とろ  棹をとろ  さにどろ  やつと、とろ  動きを聞きとろ  汁だの、とろ  五六丁もとろ  呼吸を引きとろ  斎藤さんが来てとろ  私しはどろ  片身を、とろ  銚子をとろ  事しているまどろ  ことがとろ  思に疲れてとろ  水のおもての青みどろ  透明凛烈の青みどろ  ものを拭きとろ  畑のどぶどろ  何もまどろ  某国がとろ  炉があつて、とろ  途をとろ  栄養をとろ  目が、とろ  ピストルで射ちとろ  塩をとろ  君がとろ  筆をとろ  お母ちゃんを待っとろ  献酬などはまどろ  マラリヤをふくんでどろ  馬鹿にしてどろ  造作なくとろ  薄皮をむしりとろ  石段をとろ  巧みに盗みとろ  たわいもなく、とろ  半ば以上はかまにかかってどろ  昼食をとろ  しまつても、とろ  なんだ、押し込みどろ  カマをかけてどろ  三下奴を抱きこんでどろ  心がとろ  黒岩だかどろ  旅籠をとろ  地底にどろ  ろとどろ  私はまどろ  相撲をとろ  角膜をとろ  サア、どろ  盛にどろ  柿丘秋郎のとろ  古典作家から滋養をとろ  目がどろ  菜をとろ  朝早くとどろ  社交ダンスをどろ  態度を、とろ  指の、とろ  眼はとろ  民主政体のまどろ  殊にをどろ  時、わずかまどろ  首をとろ  裏、青みどろ  かまも、とろ  その間いろいろとろ  何かをじっと聞きとろ  自ら方向をとろ  ぴゆうと鳴つてどろ  声を聞きとろ  

形容詞

~ とろ[形容詞]

~ とろ[形容詞]
言つてもとろ  眠り目のとろ  鮪のとろ  四番のとろ  太鼓のとろ  日のとろ  

とろ[形容詞]
とろ日  とろむとすれば  とろのよう  とろぎ  とろむ  



前後の言葉をピックアップ
トレーニング  トレープレフ  トレーラー  トレール  トレーヴ  摂ろ  吐露  土呂    捕ろ


動詞をランダムでピックアップ
あおげ下げる化けろきつける飛び出せにじ腰掛けよ奪い返さ図る鏤める写し取り盛り上げよ持ち替えほほ笑もやつれよめる溜めこんひっ担ぐ波立て討取れ
形容詞をランダムでピックアップ
渋き興味深きすっごく忙しな厚かましゅう腹ぐろおこがましく手痛い乏しかっ物凄かっ酷いでかかろ少から角々しい愉しけれ心許な烈しき親しけれあまね快い