「とりとめ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とりとめ[動詞]
曇つたり、とりとめ  あおむけに浮かび、とりとめ  他の、とりとめ  ランプもともさないで、とりとめ  焚火しながら、そこはかとなく、とりとめ  濛つとしてゐてとりとめ  胸にはとりとめ  お話して一向とりとめ  氣力もなく、とりとめ  気分におそわれ、とりとめ  ようにとりとめ  命はとりとめ  なんたるとりとめ  コーヒーについてとりとめ  田舎町には、とりとめ  四人でとりとめ  女学生たちのこういうとりとめ  これもとりとめ  漫談、とりとめ  何と云ってとりとめ  心はとりとめ  何か、とりとめ  青年らしい、とりとめ  横合から眺めたり、とりとめ  やうな、とりとめ  自分をとりとめ  眠りにおちるとともに、とりとめ  場、とりとめ  注文から脱線したとりとめ  ことがとりとめ  命だけはとりとめ  焦慮も、とりとめ  上から、とりとめ  一時間ばかりとりとめ  やうにとりとめ  生命をとりとめ  顔色をうかがいながら、とりとめ  生活そのものは、いいかげんで、とりとめ  何とはなしとりとめ  己れのとりとめ  私達はとりとめ  彼はそんなとりとめ  切りと、とりとめ  気持もとりとめ  中野あたりまでとりとめ  自分のとりとめ  命をとりとめ  宇宙電話も、とりとめ  言葉をとりとめ  つきをとりとめ  ばいになって、とりとめ  和尚さん来談、とりとめ  日々のとりとめ  みんな忘れて、とりとめ  いのちをとりとめ  あげく、どうにも、とりとめ  心持ちでとりとめ  手紙をとりとめ  漠然としたとりとめ  それはとりとめ  彼はとりとめ  記憶を辿り辿り、とりとめ  二人はとりとめ  ことなどが思い出されて、とりとめ  全体として、とりとめ  イノチをとりとめ  はずれ近く、長々と、白いとりとめ  祖母ととりとめ  ひとりでべらべらととりとめ  団扇で追いながら、とりとめ  それがねえ、いっこう、とりとめ  もので、ほとんどとりとめ  橋はとりとめ  時、このとりとめ  混り合い、とりとめ  三時間ばかり、とりとめ  これは一応はとりとめ  わたしはわからなかったが、とりとめ  仕事を仕上げるにどのくらいかかるかというとりとめ  だんだん夜がふけるに従って、とりとめ  華麗さを呈するかも知れないと、そんなとりとめ  ぼくはとりとめ  くせ妙にとりとめ  何かとりとめ  ものか、とりとめ  畜生をつかまへて、とりとめ  ような、実にもとりとめ  やうな、実にもとりとめ  あとはとりとめ  眼をつむってとりとめ  社交室のとりとめ  一刻を、とりとめ  みな、とりとめ  キャラコさんは、とりとめ  何ともつかぬとりとめ  ようすなどは、なにか、とりとめ  ような、とりとめ  一命だけはとりとめ  一命をとりとめ  空想を、とりとめ  蔦子はいろんなとりとめ  やうだ、とりとめ  あれこれととりとめ  三人でとりとめ  彼のとりとめ  衝突して、ひっくり返り、そこであぶなくとりとめ  言つても、とりとめ  空想をとりとめ  ごとに似たとりとめ  硝子戸ごしに眺めながら、とりとめ  氈にふかふかと包まれながら、とりとめ  今もとりとめ  窓縁にもたれてみたりして、とりとめ  省作に対し、決してとりとめ  隅々まで知りつくすと、とりとめ  道路があって、とりとめ  葵はとりとめ  事をとりとめ  混乱しとりとめ  錯雑してとりとめ  事になって、とりとめ  朗々とやり出すかと思えば、とりとめ  状態で、ただとりとめ  縦覧のとりとめ  Idie,Ifaint,Ifail.’とか、とりとめ  一晩中うつらうつらとしてとりとめ  ことを話し合い、とりとめ  身になれたらなどと、とりとめ  こをしながらこんなとりとめ  行動を、とりとめ  んをあそばして、とりとめ  日々をとりとめ  いつでもとりとめ  机のまへに坐つて、とりとめ  七之助はとりとめ  なにかはかなくとりとめ  雪などのとりとめ  なかに、とりとめ  観念、まるでとりとめ  時代に持つたとりとめ  却てとりとめ  思考がとりとめ  夫から夫へと、とりとめ  時、そしてとりとめ  僕のとりとめ  ことなどを、とりとめ  幽霊に関するとりとめ  告白されているとりとめ  命だけをやっととりとめ  無責任でとりとめ  んだなどと、とりとめ  落付いてきて、とりとめ  由子のとりとめ  母屋をとりとめ  紀久子はとりとめ  ことも、とりとめ  文句を、とりとめ  中村正常他、とりとめ  人が、あんなとりとめ  根拠でとりとめ  ところでは、とりとめ  心をもとりとめ  声を発するどころか、とりとめ  林もとりとめ  ものがそのとりとめ  愚劣な、とりとめ  人生について、とりとめ  砂浜に寝転んでとりとめ  若者達はとりとめ  今日からみれば、とりとめ  やうな思ひが、とりとめ  それはいつも漠然としたとりとめ  者に次々ととりとめ  尨大な、とりとめ  何といふとりとめ  何と言ってとりとめ  幻覺だらうとりとめ  午前中はとりとめ  様によっかかり合いながらとりとめ  ものかなどと、とりとめ  問題が広過ぎて、とりとめ  曙のとりとめ  塲景が、とりとめ  保治はとりとめ  すべて、とりとめ  水で、とりとめ  青年のとりとめ  キットくやしくなるとりとめ  頭ん中にはいろんなとりとめ  首が、とりとめ  ぼんやりとしてとりとめ  生涯を追うてとりとめ  始めにして、とりとめ  松吉のとりとめ  松吉の、とりとめ  一つ、噛みつぶして、又、とりとめ  私はとりとめ  三のとりとめ  幻影がとりとめ  困憊はとりとめ  酒を飲みながら、とりとめ  それを飲みながらとりとめ  ハクスターは、とりとめ  人達のとりとめ  精神的類似に関するとりとめ  それがとりとめ  頃のとりとめ  一種のとりとめ  口を利いている、このとりとめ  映画だとか、とりとめ  安子はとりとめ  証拠よりもとりとめ  様に、とりとめ  最初はとりとめ  菜穂子はそんなとりとめ  ところ、とりとめ  批評などとりとめ  一命はとりとめ  危い程ヒラヒラしたとりとめ  若者のとりとめ  身ぶりと、とりとめ  夢はとりとめ  乱雲が覆いかぶさったとか、とりとめ  ところでとりとめ  興味をそそって、とりとめ  思いは募って、とりとめ  ことをとりとめ  午後、とりとめ  たまでまんじりとも致さずに、とりとめ  事ツて、さうとりとめ  これといつてとりとめ  奥さんの、とりとめ  ことが多く、とりとめ  あとは、とりとめ  



前後の言葉をピックアップ
取出  取り留めよ  取りとめ  取り留め  取止め  取止め  取留め  取留め  とりとめよ  取りとめる


動詞をランダムでピックアップ
うけついまぎらかす押し付け紛れる糺せ歯する言いたてよ賣れる跳ね返る解し刷る吹き飛ん寫す買い求めよ取り締まっくちはてうれんひっくり返巻き起こす
形容詞をランダムでピックアップ
くだくだしくすがすがしゅう快から広く上手けれすくなけれずうずうしいあらきせん無き塩辛甘し大きけれ冷たからかわいらし不味けりゃ目覚しいやむ無くあわただしくうら淋しく