「とよむ」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ とよむ[動詞]
男思うて恋うとよむ  名としての、とよむ  衣彩に乱れどよむ  牢も鳴りどよむ  鳥雉はとよむ  雉はとよむ  家もどよむ  のはかしらとよむ  天地もどよむ  下に返して、どよむ  足音山もどよむ  峨眉山もどよむ  ところたきおちとよむ  イソギカエレ、とよむ  六四きざしはとよむ  



前後の言葉をピックアップ
豊間根  豊実  とよみ  豊美  豊海  豊村  とよめ  とよも  トヨリ  とよん


動詞をランダムでピックアップ
ならうかこっならん造りあげよさげすも横切ら縋る書きなぐっまたい掘りおこし及ん哮るうるぶんなぐっ計らお根差し霞み匂わさ涌い志ざし
形容詞をランダムでピックアップ
おさなく易からなにげなし恥しけれ腹黒く少なすご姦しき思いがけなかっ嬉しくっほしけりゃ恨めしき拙かろこそばゆきおっかな瑞々しかっ夥し眠かっったらしいむず痒