「ともる」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ともる[動詞]
灯がともる  火のともる  かすかにともる  音もなくともる  悪文の、どもる  心にともる  倉地は少しどもる  なかった声をどもる  うえにともる  一度にともる  灯ぞともる  灯のともる  透明にともる  色を浮べて、どもる  ぽかつとともる  一つがぽかっとともる  火がともる  口がどもる  電灯のともる  一斉にともる  電燈がともる  ぼんやりとともる  中にともる  彼はどもる  電灯がともる  今夜から、ともる  癖灯りがともる  顔を上げてどもる  ランプがともる  まま、どもる  小川先生がどもる  電気のともる  男はどもる  電燈のともる  光がともる  窓にともる  莟ぐらいの小さいほのおがともる  あかりがともる  瓦斯のともる  夕べをともる  



前後の言葉をピックアップ
知義  ともら  点ら  点り  戸守  点る  灯る  点れ  灯れ  外門


動詞をランダムでピックアップ
佩かすする夢みるたどりつい列ば結び付けよゆきゃ競い合っとりのぞこ隠し持ち拭わ引き続き刺し殺す生き残り灯しのさばるゆき着きまきつき折返す遣お
形容詞をランダムでピックアップ
委しく木深いたかっ用心深高い骨っぽく忌まわしく骨っぽ事新しい潔う長くっのろわしき程遠き恥ずかしからうといたのしかっばからしい忙しなかっ弱よわしねつき