「ともし」の使い方、ほかの品詞の結びつき

日本語コロケーション辞典 テストバージョンです。
青空文庫 約12,000作品を対象に、品詞単位で分別し、ほかの品詞との結びつきを一覧で表示できます。
分析対象が50年以上前の作品であるため、用例にも古さを感じます。これを解決するため、今後新しい文章を追加、もしくは入れ替る予定です。
プログラムを用いて生成しているため、不適切なキーワードが含まれる場合があります。
ご了承ください。(これについても精度を上げていきます)
動詞

~ ともし[動詞]
自然科学ではいかんともし  火をともし  灯をともし  提灯をともし  ランプをともし  一穂のともし  事に如何ともし  燈明をともし  家々のともし  次の間にともし  灯火を明るくともし  祈りのともし  包物を、どうともし  暗夜にともし  幹はびくともし  燈火をともし  ろうそくをともし  胸に浮んで来て、いかんともし  あかりをともし  沢山火をともし  袖そがひを許せ暫しともし  胸のささやきをあこがるるともし  常として、如何ともし  前では、如何ともし  御幣ゆるぎ出、ともし  蝋燭をともし  月くらくともし  箱はびくともし  ような、ともし  電燈をともし  風前のともし  手燭をともし  ズレは如何ともし  食い違いは如何ともし  頭を垂れて、どうともし  行燈のともし  炬火をともし  燭をともし  相談したともし  異動で、如何ともし  燈をともし  微光をさえともし  照葉狂言にも度々おともし  弓張提灯などをともし  紅提灯をともし  懐中電灯をともし  はい、おともし  馬はちっともびくともし  火にともし  ローソクをともし  大ローソクをともし  不便やともし  蝋燭でもともし  龕燈をともし  中にともし  のを如何ともし  ランタアンをともし  私達もいかんともし  三四郎はどうともし  燈火をつつましやかにともし  何が来たってびくともし  年じゅう電燈をともし  灯明をあかあかとともし  カンテラをともし  上にともし  苦笑で紛わそうともし  マメランプをともし  店を活かすなり殺すなりどうなりともし  マッチをともし  電灯をともし  力ではいかんともし  のをいかんともし  頽勢は既に如何ともし  薫風やともし  救なくては、如何ともし  時間が無くて如何ともし  つくりは、如何ともし  蝋燭がともし  蝋燭を再びともし  規則は如何ともし  まことに如何ともし  私は暫く立って見ていましたが、どうも如何ともし  いつか電燈をともし  カッカと、ともし  しろ向きなのでよく分らぬが、恐らくにこりともし  夜が長いと、ともし  胸に光りをともし  松明をともし  盛んにともし  行燈でも、ともし  二つまでともし  マッチのともし  夜のともし  自分ながら如何ともし  闖入者も如何ともし  行燈をともし  紙燭をともし  中に絶えずともし  岐阜提灯をともし  生れつきは、如何ともし  ことを如何ともし  腕ずくでは如何ともし  キャンドルをともし  それが悪ければどうともし  馬乗提灯をともし  威力如何ともし  ッて、ともし  血の池がどうともし  伊太夫自身も如何ともし  方からどうともし  証明如何ともし  明りをともし  ものには、如何ともし  心にともし  弁信を如何ともし  知らないことを誇ともし  光をともし  自ら如何ともし  今からいかんともし  白晝灯をともし  孤独とでもはや如何ともし  のはいかんともし  松をともし  由を如何ともし  光栄ともし、よろこびともし  人体で如何ともし  小さな燈火をよくともし  あれをどうともし  それらのともし  交渉をだれともし  灯などをともし  医学では如何ともし  灯を明るくともし  燭をあかあかともし  君は、やはりどうともし  何なりともし  感じは如何ともし  身体窮屈にして如何ともし  名分また如何ともし  火にぎやかにともし  限りのともし  むとする心とともし  時ア私がどうともし  石油ランプをともし  盲目的で如何ともし  新にともし  新たにともし  ゆっくりおともし  近くにさえいなされば、どうともし  角燈をともし  ちょうちんをともし  恋ふるはともし  てのひらにともし  空気はそよともし  ものを、勢いよくともし  さつきからにこりともし  燭台をともし  一つのよろこびともし  それにひどく浮き浮きともし  停車場のともし  大軍は、如何ともし  貧者一燈を、更にはっきり、ともし  灯でもともし  大勢いかんともし  しまつた燈火をともし  直ちに提灯をともし  村中松明をともし  要点を如何ともし  何本もともし  子供はびくともし  ところでびくともし  草木のともし  今は如何ともし  から銅銭会員をどうともし  自分のともし  玄関にともし  木でびくともし  鯨油蝋燭をともし  品を、どうともし  奉書だけは、どうともし  窓のともし  ときは、いかんともし  人であったにもかかわらずいかんともし  頭痛烈しくしていかんともし  しろにともし  Capohacosafatta事一度行はるればまたいかんともし  角行燈をともし  人力をもっていかんともし  手にともし  裸蝋燭をともし  あんどんをともし  テバイ人等夜燈火をともし  からどうともし  せりふが気に入らねえ、にこりともし  これは如何ともし  彼女はにっこりともし  身体はがっちりともし  ライタアをともし  花のともし  實のともし  家を見ぬがともし  枕のともし  舟のともし  しかたへにはさきてともし  うち一首こと足りて住めばともし  びしゑ病みてあればともし  船はびくともし  希望の灯をともし  小田原提灯をともし  先棒へともし  一足退くと勢い如何ともし  存立上に考え至れば如何ともし  乳呑子のともし  老人として堂々ともし  擲るともどうともし  から罰金については、もういかんともし  むっ、ともし  距ては如何ともし  仕事をすこしずつなりともし  誰もが、にこりともし  前にともし  松どもともし  法規のまえに、いかんともし  武士達より、どうともし  小さなカンテラをともし  絵をかいて脅かさうたつてびくともし  土器にともし  燈台をともし  前に見えてともし  壁燈をともし  心ではどうともし  そこでともし  瓦斯をともし  身を立てようなどともし  恟々と、ともし  街頭のともし  

形容詞

~ ともし[形容詞]
灯ともし  火ともし  燈ともし  ようともし  

~ ともし[形容詞]

ともし[形容詞]
ともし頃  ともしころ  ともしなかった  ともし時  



前後の言葉をピックアップ
友作  友三郎  友沢  羨し  乏し  乏しから  点じ  灯し  ともし  灯火


動詞をランダムでピックアップ
掘出さ解するふめれ摸すかがむ酔払っ打ち倒さ突き通り居坐ら嫌うこすりすっこん組み直せ励む乗り捨て引っ張れすみなれたれさがるほめそやす振りしぼっ
形容詞をランダムでピックアップ
仰々し狡いやんごとない貴き見苦しきぬくとい手速き目まぐるしい恥しきうつくしくしつこくこそばゆき騒がしきうらめしかっ狭苦しくっ恐くっ古めかしく淡くとてつもない手軽い